2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|

2014-07-01 火曜日になった本日でも、その疲れが取れずに、ぐったりしています。 [長年日記]

今週末 ―― 正確には、日曜日の深夜 ――

At this week end, Sunday's midnight correctly,

■1億2700万個の構造体のオブジェクトの、

- According to the 127,000,000 objects of structure,

■39世代目の、

- At the thirty-ninth generations

■7500万番目くらい(番号特定できない)のポインタが、

- The the 75,000,000 pointer (I didn't specify the number accuracy),

■ヌルポインタを差し示して、

- Pointed out a null pointer,

■セグメンテーションフォールトするという

- And the segmentation fault had happened, so

デバッグをしていました(まだ、バグ取れていません)。

I had kept debugging the program (I didn't find the problem now)

バグの場所を特定する為に、1億データを、パソコンのディスプレイで表示しようものなら、風呂に入って戻ってきても、まだ一世代の計算終わりません(表示しなければ、数秒で終了するのですが)。

If I printed out all of 127,000,000 objects to specify the bug point in the program, the program could not end only one generation calculations.

火曜日になった本日でも、その疲れが取れずに、ぐったりしています。

Even today, I am tired and exhausted.

-----

最近、疲れやすいです。

Recently, I get tired easily.

週明けの疲れがもの凄いので「変だな」と思っているのですが、週末に文章書いているからだと思っていました。

Especially, it is terrible after weekend, I think it is stranger. I think that the reason is to write many documents within weekend.

しかし、デバックごときで、週明けに疲れを残すなどということに、ショックを受けています。

However I was shocked that I get tired with debugging.

認めたくはありませんが、これは「歳」でしょうね。

It does not want to admit, but I would be "old".

気力があっても、体力がついていかないのでしょう。

Even if I am full of vigor, I become to run out of gas.

-----

ただ、体力がついていかなくても、やりたいことは、まだ沢山あるのです。

Even if I become to run out of gas, I have a lot of things I want.

根本的に、体の構造改革を始めないと、ヤバイかもしれません。

Fundamentally, if I do not start a structural reform of my body, it might be dangerous.


2014-07-02 ―― 多分、世の中の多くの人は、このことを知らずに一生を終えるんだろうなー [長年日記]

会社で「安全」に関する業務を行うことになって、かれこれ1年近くになります。

I have worked about safety missions for almost a year.

この1年で、私は「安全」を実現する為の「整理・整頓」というのが、極めて理に叶った体系的な「技術」であることを理解しつつあります。

In a year, I become to understand that neatness to realize safety is a logical reasonable and systematical technology.

でもって、あたらめて思うのです。

And I think again,

―― 多分、世の中の多くの人は、このことを知らずに一生を終えるんだろうなー

"Maybe a lot of people in the world don't know the fact and become to end their life."

と。

いえ、私もこんな業務をすることがなければ、絶対に「知らないまま」一生を終えるはずだった、という絶対的な自信があることと、

Of course, I am concerned that I am going to finish my life without knowing the significance absolutely, if I do such a business.

「まあ、別段知らなくても、人生の大部分は困らんしなー」という感じも、理解できるのです。

I can understand that "there seems to be no problem without knowing it"

(続く)

(To be continued)


2014-07-03 ―― いずれ、あなたも「年寄り」になるのですから。 [長年日記]

It is a continuation from yesterday.

先日、同じ業務を担当している同僚と話をしました。

The other day, I discussed this issue with a colleague who works for "health and safety".

「他社の工場に見学に行けば分かります。安全衛生がきっちりしている会社は、『格』が違うのが一目で分かります」

"When you go to visit other company's factory, you could understand the importance."

"A company that thinks about health and safety deeply could keep high-level of the company quality.”

「弊社が、市場から一定の信頼を得ているとしたら、やっぱり『安全衛生』の徹底的な考え方に依ると思いますよ、本気で」

"If people think that our company is one of the credible organizations, I think that our company sticks to exhaustive "health and safety" seriously.

という会話をしていました。

私は、若い頃、こういう話をする「年寄り」達を、せせら笑っていたものです。

When I was young, I heard the conversation of older person with a sneer on my face.

『工場やオフィスをキレイにするぐらいで、顧客から信用が得られるくらいなら、苦労せんわい』、と。

"Nobody has to work hard, if we make our factory and office clean and get credibility from customers."

-----

で、ここで私が、何が言いたいかというと、

What I want to say in today's diary,

(1)私も、「年寄り」になったということ

(1)I become older.

(2)「年寄り」になった私の声は、やはり今の若い人には絶対に届かないであろうこと

(2)Young people never try to hear my above opinions.

(3)私達は、上記(1)(2)を何回も繰り返しながら、決して進歩しない、ということ

(3)We never progress with repeating (1) and (2) many times.

です。

まあ、若い皆さんは、私のような「年寄り」を「せせら笑いながら」、業務命令で、仕方なく私の命令(安全衛生の指示)に従って頂ければ、それで十分です。

Well, I think that it is enough that younger people are reluctant to obey instructions (orders for health and safety) in the course of employment with with a sneer on their face.

―― いずれ、あなたも「年寄り」になるのですから。

Because you also because "older" soon.


2014-07-04 『そんなミスするの? 今さら? 大丈夫なの? バカなの? 死ぬの?』 [長年日記]

昨日、この一週間、私をズタボロの体調にしてくれた、「1億人シミュレータ」 のバグが取れました。

Yesterday, I could delete a bug of my "100,000,000 person's simulator" that had made me the worst condition for this week.

昨夜、同僚のA君に「30秒だけ助けてくれ」と頼んで、「30分」助けて貰いました。

Last night, I asked a junior colleague with saying "help me for just 30 seconds", and he had helped me for 30 min.

原因は不明のままでしたが、メモリを破壊していることまでは突き止めて貰いました。

The reason of the bug left unknown, but he pointed out the problem of memory destroy.

その後、トレースを続けた結果、Cプログラミングの基本中の基本、参照呼び出しと、ポインタ呼び出しの勘違いであることが分かりました。

After that, I noticed that I misunderstood how to use the function of reference call, instead of pointer call.

あまりにショボいミス。自戒の為、私にだけ分かるコードを記載します。

It was too shabby. I left the following code to regret what I had done.

#include 
 
void fun(int *a){
  *a = *a + 2;
}
 
int main()
{
  int b;
 
  b=100;
 
  fun(&b);
  
  printf("%d\n",b);
  
  return(0);
}

-----

そして、今朝。

This morning,

「悪い。A君、原因判った。『ポインタ渡し』を失念していた」

"A-kun, I am very sorry but I found my error. That was pointer reference."

「昨日のプログラムの話ですか?」

"Are you talking about the code of yesterday?"

「ポインタ自体を使っていたから油断していた。ファンクションは、ポインタのポインタで受けなければならなかったのに」

"I was off guard. Because I used the pointer itself. The function should have received as pointer of pointer."

「あ ・・・、ダブルポインタ・・・」

"Um... It's a double pointer"

と、多くを語らずとも、A君は、一瞬で理解したようです。

Without saying much, he seemed to have understood it in a moment.

-----

「全く、情けないにも程がある。気がついた時には、本気で『首、くくろうか』と思ったよ」

It is too much of being deplorable. When I noticed it, I really thought I should put my head in the noose.

「え、やめて下さいよ、そんなこと」

"No. Please stop it really.

と、A君は、真剣な顔で、本気で心配してくれたようです。

He seemed to worry with an earnest face seriously.

-----

―― そして、今なお、

And now,

『そんなミスするの? 今さら? 大丈夫なの? バカなの? 死ぬの?』

"Did you make such a mistake? Now? Are you all right? Are you stupid? Do you kill yourself?"

と、私の中から声が聞こえる。

I heard those voices from me.


2014-07-05 ―― こんな娘を恋人にするのだけは嫌だな [長年日記]

『府内の高校生に、「昆虫に素手で触れることができるか」を聞いたところ、「できる」と回答した生徒が4割にとどまり、約25年前の7割から大幅に減ったことが分かった。』

A newspaper told that only 40% of high school students in Osaka cannot touch with insects with bare hand, and it becomes reducing from 70% in 25 year ago.

というニュースがありました。

『都市化で幼少期に昆虫に触れる機会が減ったことを背景に、虫に嫌悪感を抱く子どもが多くなったと研究会は分析』

The workshop analyzed that the population of children who become to hate insects are increasing because of the luck of change to touch with insect in the urbanization.

これは、正しい分析だと思います。

I think the analysis is right.

-----

私は、「風の谷のナウシカ」を始めて見た時

When I watched the movie "Nautica in wind village" for the first time, I thought

―― こんな娘を恋人にするのだけは嫌だな

"I don't like to do with such a girl."

と思いました。

虫(蟲)と心を通わせる少女と共に日常を生きるのは、正直遠慮したいと思いました。

To be honestly, I want to hesitate to life my life with the girl who can communicate with the monster insects.

(続く)

(To be continued)


2014-07-06 ―― 虫を叩き殺すくらいのこと、自力でやれるようになって欲しい [長年日記]

昨日の続きです。

It is a continuation from yesterday.

しかし、その一方で、虫が部屋に入ってきたというだけで、「職場に電話をかけてくる妻や娘たち」というのも、結構、迷惑です。

The other hand, I am annoying my wife and daughters who call me in business hours.

私が残業で遅くなっても、虫を処理するまでは、家族全員が起きて待っている―― と私にプレッシャーをかけてきます。

They put pressure on me that they never go to bed before I go home and delete the bug in my house.

『「生き物に触れることは科学的興味や生命への慈しみを高めることにつながる。重要性を認識してほしい」と呼びかけている』

The workshop said that "touching the creature leads to increase the love of the life and scientific interest. They want the youth to recognize the importance"

という、この研究会の呼びかけは、私にとってはどうでも良いのですが、

Thought I don't care the message of the workshop at all, I hope that

―― 虫を叩き殺すくらいのこと、自力でやれるようになって欲しい

"I want you to swat an insect to death by oneself."

と思っているのですよ。

「昆虫に素手で触れることができるか」とまでは要求しませんが、「害虫を、新聞紙で叩き殺して、トイレから流し出す」という程度のことは、男女関係なく、できるようになって貰いたいものです。

I don't want to ask them to touch an insect with bare hand, but at least they might swat an insect to death with bunch of newspaper, regardless of their gender.

-----

「これからお前たちも、一人ぐらしをしなければならない時がくる。その時、どうするのだ?」

"Eventually, you are going to live alone. What are you going to do?" .

「どうするって、当然、パパを呼びつけるよ」

"What am I going to do? Of course, I call you naturally".

―― 恐ろしいことを言うな。

Do not say such a fearful thing.


2014-07-07 宇宙戦艦ヤマト ―― スペックを守らなかった戦士達 [長年日記]

宇宙戦艦ヤマトは素晴しい作品です。2199は特に素晴らしかったです。

"Space battle ship YAMATO" is really excellent. Especially the version of "2199" is splendid.

しかし、私がものごころついたころから、どうしても納得できないセリフがあります。

There are however, the lines that I can never understand since I can remember.

「エネルギー充填120%!」

"120% of energy filling"

-----

なぜなら、この後に続くシーンは、こうなるはずだからです。

The scene must be the followings.

「エネルギー過充填にて、エネルギー伝導導管破砕! 」

"Excessive energy is filling and the energy conduction pipes are crushed!"

「波動エンジン、筐体強度臨界を突破します!」

"The wave engine is going to be broken through the housing strength critical point!!"

「ヤマト、爆発します!!」

"Yamato will explode!”

漆黒の宇宙空間が、目映い光で覆われた後、ゆっくりと元の状態に戻り、エンディングテーマとテロップが流れる。

After dazzling light over outer space of the jet black covered, it returns to an original state slowly, and an ending theme and a telop are appeared.

―― 宇宙戦艦ヤマト 完

Space battle ship YAMATO is completed.

―― スペックを守らなかった戦士達

Soldiers who did not follow specifications

------

どんな機械であれ、スペックの上限を超えて使ってはダメです。

You should not use any machine over the limitation of specification.

120%も充填したら、未来の宇宙戦艦だって壊れますよ。本当の話です。

If you fill more than "100%" of energy, even if it is a future space battle ship, the ship is going to be destroyed. It is a true story.

"120%"に、「なんか凄い」を込めたい気持ちはよく分かるのです。

I can understand the feeling that someone want to load "something great" in the world "120%".

しかし、技術立国日本を維持する為には、まず、機械の常識を少年少女達に理解して貰わなくてはなりません。

However, if we should maintain "technical nation, Japan", at first you must have boys and girls understand the common sense of the machine.

------

他は何も直さなくてもいいから、この「120%」というコンセプトだけは、なんとかなりませんかね?

I think that you don't have to modify anything but the concept of "120%".


2014-07-08 答え:『運が悪かった/悪いんだよねー』 [長年日記]

仏教の世界観において、「因果」というのは重要なコンセプトだと聞いております。

According to the Buddhism's understanding of the world, I heard that "cause and effect" is one of the most important concepts.

私なりの「因果」の考え方を、ざっくり纏めてみますと、

The followings are my rough understanding of "cause and effect" of Buddhism.

■「結果」には全て「原因」があり、その結果のみに拘泥してはならない。

"An effect" is loaded from all "a cause". We should not deeply attach effects.

■その「原因」にまで、遡って考えなければならない。

We have to back to the cause.

■そこまでちゃんとやらないと「幸せ」にはなれない。

If not, we cannot get a lucky break.

というものです。

これは、宗教固有の特殊な考え方ではなく、システマティックな考え方です。

This is not only religious doctrine but systematical thought.

良く考えれば当然の話なのですが、なぜ仏教が「因果」を強調しているかと言えば、

Though it is a natural story, I think that the reason why the Buddhism emphasizes this ""cause and effect" is that

―― これを実施できる人間がほとんどいないから

"Few people live such a life."

と言えそうです。

なぜか。

Why?

これが、凄く辛い作業だからです。

This is a harsh reality.

-----

問い:『なぜ、私は受験に失敗したのか』『なぜ、私は彼女に振られたのか』『なぜ、私は出世できないのか』

Question:

"Why I failed to entrance examination?" "Why I was jilted by my girl friend?" "Why I cannot ne promoted?"

答え:『運が悪かった/悪いんだよねー』

The answer:

"It is/was a just bad luck!"

で片づけるのが、楽に決まっています。

The answer must be easy for everyone.

-----

人間は、「原因」に立ち向うには弱すぎるのです。

Human being is too weak to face the cause.

少なくとも、私は、真実から目を逸らして生きてきました。

For me, I have lived my life withdrawing my eyes from the fact.

だから、私は、真に幸せにはなっていないでしょう。

So maybe, I cannot reach a real happiness.

『偽りの幸せの中で生きる』をモットーに生きている私を、仏教は、見事に批判しています。

Buddhism criticizes me perfectly, because I am living with the motto of "life in a false happiness".

さすがは、2500年を生き延びた仏教。非常に理に叶っています。

Indeed, Buddhism has survived over 2500 years. It is very reasonable.

(続く)

(To be continued)


2014-07-09 ―― 山深い禅寺で、厳しい戒律の中で、修行を続けている修行僧よりも [長年日記]

It is a continuation from yesterday.

ところが、この「因果」というものに、ほぼ毎日対峙している種類の人間がいます。

Some people keep being up against this "cause and effect" almost every day.

エンジニアです。

They are engineers.

エンジニアは、どんなに努力しようが、どんな工夫をしようが、そんなことは、全く評価されません。

Engineers are never going to be evaluated by their efforts and twists, those are perfect meaningless.

完成させて動かさなければ、徹夜しようが、体や心を壊そうが「何もしていないこと」と同じなのです。

If they could not complete and work something, it is the same "they don't do anything" even if they stay up all night and disturb a body and a heart.

従って、エンジニアは、いつでも、「動かない」モノに対して、それを動かす為の「原因」に立ち戻るしかないのです。

Therefore, the engineer cannot but return to "a cause" to make something work anytime, against the stuck.

-----

自動車のエンジン、モータ、配電システム、運行管理システム、その対象に差はありません。

There is no difference in the engine of the car, a motor, a supply of electric power system, and the other control system.

特にソフトウェア、つまりプログラムに関しては、この「因果」が明確です。

According to software, especially programming tasks, the "cause and effect" is very clear.

「動かないプログラム」「変な結果を出力するプログラム」は、ほぼ100%、そのプログラムを作った奴が「原因」を作っている。

About "stuck" and "outputting a strange result" program, the programmers make "a cause" approximately 100%.

(本当にレアなケースで、ハードウェア、OS、コンパイラに責任がある場合もあるけど、多くの場合、その可能性は絶無に近い)

(Though hardware, OS, compiler doesn't work with a really rare case, the possibility is near to emptiness.)

「私は正しく作った」という主張は、「正しくない結果」だけで、簡単に否定される ―― つまり「正しく作っていない」 ―― のです。

The claim "I made it perfectly" is going to be denied easily for their works, because it doesn't work well. That means that "You didn't made it"

-----

ですから、エンジニアくらい、仏教の基本理念「因果」を、刹那的に、日常的に、理解している人種はいない、と思うのです。

So I think that it is an engineer who can understand the basic idea "cause and effect" of the Buddhism daily and immediately.

多分、私達エンジニアは、

Maybe, we, engineers could stand up against "cause and an effect" with crying deeply and violently, more than

―― 山深い禅寺で、厳しい戒律の中で、修行を続けている修行僧よりも

A monk who keeps performing the ascetic practices Zen temple with severe religious precepts

日々、深く激しく慟哭しながら、「因果」と対峙している、と思えるのです。

-----

ただ、対峙しているモノが、「自分自身」ではなく、「ソフト、ハード、システム」と言う点で異なるのですけどね。

But there is one different point. An engineer keeps facing "software, hardware, and system" not "themselves".


2014-07-10 「パパ。『電気が足りない』って、どういうこと。具体的にどれくらい足りない訳?」 [長年日記]

以前にも書いたと思うのですが、私がコラムを掲載している一番の理由は、

Previously I wrote that the reason why I continue to write columns

『娘たち、嫁さんの疑問に応える』為です。

is to answer the question of my family.

-----

最近のコラムで言えば、

As for some recent columns,

「パパ。『性同一性障害』って、どういうこと」

"Dad. What is "gender identity disorder"? "

―― 答えられない。

I could not answer it.

「パパ。『電気が足りない』って、どういうこと。具体的にどれくらい足りない訳?」

"Dad. What does "shortage of electricity" mean? How does it come short? "

―― 答えられない。

I could not answer it.

「パパ。『財政破綻』って、どういうこと。破綻すると何が起こるの?」

"Dad. What does "financial collapse" mean? What is going to happen after it? "

―― 全く、答えられない(これから調べます)。

I cannot answer it at all (I am going to try).

古いコラムでは、

According to an old column,

「原発事故は、どうして発生したの?」

"Why did the nuclear accident happen?"

などの質問もありました。

Etc.

-----

もちろん、なんか適当なことを言って、ごまかすことはできます。

Of course, I can make an irresponsible statement, and play them a trick.

私、大人ですから。

I am a person of ripe years.

ただ、私は自分が、ガッツ(胆)の底から「分かった」という感じの説明ができない時は、

However, when I could not explain the answer that I feel to understand from the bottom of my heart, I say to them that

『ちょっと待って。調べてくるから』

"Give me a time. Let me check"

と言って、その後、かなり一生懸命調べることにしていますのです。

And, I am supposed to read many information for life.

-----

ただ、私は、常に、何かの数字や喩えを使って、できるだけ楽しく、面白く話をしたいのです。

Still, I want to talk the information with using numeric and funny metaphor in order to have them enjoy.

彼女達に笑って貰えると、私が嬉しいし、幸せなのです。

"Laughing their tits off" makes me happier.

このコラムで使った「メイド」も、その一つです(長女に大ウケしました)。

The maid in this column is for the reason. (My senior daughter caught on greatly.)

このコラムで、「性同一性障害」を理解する方法として「痛み」で感じてみようとしたのも、その為です(嫁さんに、深くうなずいて貰えました)。

I tried to include the concept "pain" in order to understand "gender identity disorder" if for the reason. (My wife nodded deeply).

つまり、私の執筆するコラムは、100%「私の家族」に向いているのです。

In conclusion, all of my columns are made for my family's joy and interest.

-----

そして、

In addition,

■イラスト案を、長女が担当し、

- Senior daughter handles a concept of illustration.

■記載されている表やグラフの計算を、次女が担当し、

- Second daughter checks the calculation result of tables and graphs,

■誤字脱字、表現の妥当性を、嫁さんが担当し、

- My wife have charge of typos and expressions,

家族に「分かった」と言って貰えるまで、繰り返し修正を続けて、完成したコラムは、江端智一の著書ではありません。

- I have continued to modify the paper until they tell me "I can understand"

In conclusion, the columns is not mine but the Ebata's literary work.

江端家全員の共同著作です。

-----

ですので、原稿に対する報酬は、全て、

So the reward of the columns is going to change

■「○○塾の夏季講習の費用」

- Expense of the summer class of the private supplementary school

■「ファミレスのハンバーグ」

- Hamburger steak of the family restaurant

■「ディズニーランド」

- Disneyland

で、搾取されることになっており、その中で、私が自由にして良い(と私が決めている)ものは、

The reward was at my disposal seems to be

■「スーパー銭湯」

- Super public bath

■「中本の『北極ラーメン』」

- Hokkyoku ramen in Nakamoto

くらいです。


2014-07-11 午前12時を超えて、プログラミングしてはならない。 [長年日記]

「1億人シミュレータ」を毎日少しずつ作っています。

I am making 100,000,000 person's simulator little by little every day.

プラモデルを少しずつ組み立てるような感じに似ているのかもしれません。

Though it might be similar to make a plastic model little by little,

私は人生で、プラモデルを2回しか作ったことがないけど。

I tried it just two times in my life.

-----

10年前にキモに命じたハズなのですが、「プログラミングでやってはいけない リスト」をすっかり忘れていることに気がつきます。

I remember that I perfectly forgot the forbidden actions of programming even I promised not to do them.

■午前12時を超えて、プログラミングしてはならない。

- Never program it over the 12:00 a.m.

→寝られなくなるから。 頭の中がキラキラして、コーディングが走り回り、強いお酒も、精神安定剤も、全然効果なしになります。

I cannot sleep at all. My brain makes clear and the code run over my head. After that, the strong liquor and the pills entirely become useless.

■新しいパラメータを追加してはならない。

- Never add new parameter in my program.

→ コンパイルが通らないとムキになって、デバックを続けて、朝日を見るはめになるから。

If the compile doesn't go well, I become excited. Finally I am going to notice the morning sunshine.

結局のところ、深夜に作業するということは、結局、次の日の時間を喰い潰すだけであり、さらに体調まで崩すことになるのです。

After all, working in midnight is going to waste the next daytime, and the condition also will be broken.

前の夜、2時間悩んだことが、次の日5分で片づく、という場合も結構あります。

There is the case that what I was troubled for two hours in midnight is going to be resolved easier in the next daytime.

ただ、これは、「前の夜に2時間悩んだ」→ 寝た → 頭の中が整理された →「次の日5分で片づいた」とも言えるかもしれない訳で、何が良かったのか、断言できないところがあります。

But I cannot figure out what was better for me, because I might be able to reach the solution against annoying at the last night.

(続く)

(To be continued)


2014-07-12 ―― そんな基礎データは、どこにもない。 [長年日記]

It is a continuation from yesterday.

今回、「1億人シミュレータ」を作っているのは、「数式モデル」を作るのが面倒になったからです。

Now, the reason why I am making the 100,000,000 person's simulator is to want to avoid make a mathematical formula.

簡単に言いますと、世の中には、未婚→結婚→離婚→再婚→離婚→再婚→・・・というサイクルを、繰り返す方が一定数います。

In short, there are some persons who repeat a cycle of unmarried ->married -> divorce -> remarriage -> divorce -> remarriage.

で、調べてみると、こういう方の人口は、「無視できるほどには小さくない」のですよ。

On investigation, the population of this pattern is not small vanishingly.

とすると、「1億人シミュレータ」に、この挙動を組み込む必要があるのですが、その為には統計値が必要になります。

We have to embed the behavior as a formula to my simulator, and I need to know statistic values before.

例えば、

For example,

I have to make the followings,

■既婚者のN年目の離婚確率 divorce(N)という関数

- A function "divorce (N)" that means the divorce possibility, marriage N years ago.

■離婚した人がN年目に再婚する確率、remarriage(N)という関数

- A function "remarriage (N)" that means the divorce possibility, divorce N years ago.

を作る必要があるのですが、

―― そんな基礎データは、どこにもない。

"There is no basic data nowhere."

そもそも、この divorce(N)、remarriage(N)を、平均値や標準偏差という概念で数式化できると問われれば、「そりゃ無理だろう」と自分でも思います。

However, if someone asks me whether I can make such functions by myself, I should answer "it is impossible for me"

離婚時の子どもの数や、出会いの場所、地域、年齢、持っているお金によって、この値がコロコロと変わるのは、簡単にイメージできます。

It is easier for us to understand that the divorce rate is going to change easily against numbers of children, address, area, age, property.

つまり、「数式モデル」を作るのは、面倒という理由だけでなく、そもそも現実的ではないのです。

In short, making such formulas is not only complicated but also unrealistic.

-----

だから「力ずく」です。

Therefore "it is force".

1億人の挙動を、国勢調査などのデータに「無理やり嵌め込む」。

Apply 100 million people's behavior to national censuses by force.

■なんの関連もない、結婚の意志を表明していない男女(のオブジェクト)を「強制的に結婚」させて、

- Let make one couple marry enforcedly even if they have no intention of marriage.

■ポインタリンクされた男女のペア(のオブジェクト)を、有配偶者離婚率で「無理矢理、離婚」させます。

- Let make one couple divorce enforcedly without their hope.

加えて、100歳以上のオブジェクトは、全部 "free"します(つまり『抹殺』)。計算が面倒だからです。

In addition, I make the object free (delete), whose age is more than 100 years. The calculation is troublesome.

-----

問題は、このシミュレータが本当に上手く動いているかどうか、分からないということです。

The problem is that I cannot know whether the simulator works well or not.

コンパイルエラーなら構いませんが、計算自体が間違っていた場合(バグの場合)は、計算結果から、間違いを見つけ出さなければなりません。

If it is just a compile error, it is O.K. But if the algorism is wrong (it is bug), I have to find the mistake from the output numeric.

―― 1億行の計算結果

More than 100 million data.

読めるか。そんなもん。

Who can read them?

(続く)

(To be continued)


2014-07-13 ―― ちょっとクールじゃないですか? [長年日記]

It is a continuation from yesterday.

で、ここで登場するのが、今、私がお借りしている、

Now I am going to introduce you to

"AktblitzIII", a big data handling software,

です。

I borrow now.

-----

例えば、私が29歳女性の未婚率を60.7%として、29歳女性のオブジェクト(50万個くらい)を乱数を使って生成した場合、そのオブジェクトの未婚、非婚の比率は、6:4くらいになっていなければなりません。

For one case, when I make about 500 thousand object for twenty-nine years women, whose unmarried rate is 60.7%, the ratio of unmarried: married must be around 6:4?

シミュレータの出力値を書き出しておいて、「AktblitzIII」で、ちょいちょいと操作すると、これがたちまちに分かってしまうんですよ。

When I write down the output of the simulator, and read them by "AktblitzIII", I can get the result easily.

先日も、「日本の全女性が未婚になる」という、どえらいバグも、早々に「AktblitzIII」で潰すことができました。

The other day, though I made the heavy bug, "all Japanese women become single", I could delete it hurriedly.

これから、ビッグデータだけではなく、こうした大量のオブジェクトを取り扱うシミュレータのバグを見つけるのにも、こういうツールが役に立つようになると思うのです。

Now, I think that these tools become more useful for not only data handling but also debug of simulator and others.

-----

まあ、ここで私が何をしているかというと「宣伝」です。

Well, what I am doing today's diary, is an advertisement.

はっきり言えば「回し者」です。

"It is a secret agent" if I say clearly.

このシリーズの執筆の為に、便利なツールを、無償で貸して貰っているので、少しくらいは拡販に協力しないとなー、と思いまして。

For this series, I borrow this convenient tool free of charge, I hope I cooperate with enlargement of sale a little.

それに、本当に凄いんですよ、このツール。

In addition, it is really great isn't it?

数百億のオーダのデータ処理が、スパコンではなく、パソコンでできるようになってきています。

Tens of billions data handling comes to be possible with not a super computer, but a PC.

政府の経済予測、政策、防衛問題に対して、数値を使って、ガチンコ対決できる可能性が出てきたのです。

We become to be able to fight against the government policy, economic, and defense by numerical value.

-----

政府おかかえのテクノクラート達に対して、

Against technocrats of government,

自宅のパソコンだけを武器とした「たった一人の反乱」って、

"Only one revolt" with only a home PC as a weapon,

―― ちょっとクールじゃないですか?

is cool isn't it?


2014-07-14 「開門と同時にベビーカーを武器に全力に全力疾走するサッカーママ軍団と一緒にスペースマウンテンまでダッシュしたことがなければ、一人前とは言えない」 [長年日記]

■Gリックシーゲルさんの"Predictive Analysis"(直訳「予測解析])

- "Predictive Analysis" by Mr. Eric Siegei

■イザーファングさんの"Numbers rules your world"(直訳「数字があなたの世界を決める」)

- "Numbers rules your world" by Mr.Kaiser Fung

どちらも、大変面白い本でした。出張先から帰宅までの移動時間で一冊読破してしまう程、夢中になりました。

Each book is very interesting. I was fascinated with both books and could finish reading in one day's commute.

特に、この本の邦題は、インパクトがあります。

Especially, the Japanese titles of these books are impressed.

■「ヤバい予測学」

"Yabai prediction"

■「ヤバい統計学」

"Yabai statistic"

・・・いや、私は、この邦題、良いと思うのですが、「著者が、怒らないかなー」と、いらん心配をしてしまます

Though I think the titles are good, I was worried about the unnecessary author's anger

(勿論、書名も含めて翻訳の権利譲渡受けているハズです)。

Of course, I believe that the translation rights including the titles might be assigned from the authors.

-----

「ヤバい統計学」の中では

In the book of "Yabai statistic",

■ディズニーランドの「ファストパス」が、アトラクションの待ち時間を1秒も改善していないのに、ユーザの満足度が向上している理由と、

- The reason why the customer's satisfactions become good even the "fast pass" doesn't improve the waiting time at all.

■高速道路への乗り入れをコントロールする装置の導入によって、交通渋滞の劇的な改善があったにも関わらず、運転手の怒りに触れて、その装置が撤去されることになった理由、

- The reason why the device that can control the traffic flow toward high-way, was taken away for driver's anger even the device could realize the improvement of traffic jam.

の対比が、とても面白かったです。

Those two parallel between A and B interested me very well.

-----

しかし、やっぱり、最高だったのは、ディズニーランドフリーク達の名言集です。

Still and all, the most interesting phrase is quotes of Disney land freaks.

「開門と同時にベビーカーを武器に全力に全力疾走するサッカーママ軍団と一緒にスペースマウンテンまでダッシュしたことがなければ、一人前とは言えない」

"There is not it despite one portion if you have not dashed to a Space Mountain with soccer mom, who uses her stroller as a weapon from the time of the date open."

「午前8時に勢いよく門が開くと、体が弱い人と目が覚めきっていない人は、なぎ倒される」

"When the gate is open briskly at 8:00 a.m., a physically weak persons and non-waking-up persons are blown down."

「5年前にディズニーのエプコット・センターで、肝心なときに弟がトイレに行きたがって待たされた。あのことがいまだに許せない」

When I was at the front of Epcot Center in Disney Land, my junior brother wanted to go to a toilet and I was waited by him, even it was very important time. I cannot allow him yet.

-----

―― はっきりいって、怖いよ。あんたたち。

"Speaking frankly, you are scared."


2014-07-15 『あなたのメールは盗聴され、Webのアクセス記録は他人に取られている』 [長年日記]

『あなたのメールは盗聴され、Webのアクセス記録は他人に取られている』

"Your email is always listened and web access record is taken to another person"

という記事を見る度に、

Whenever I read such an article,

「そうでないことを祈っている人」が多いのだろうなーと実感します。

I think that many people want to believe that the cases must be rare.

でも、長年ネットワークの仕事をやってきた私からすると、

For me, I have worked for network research and development for a long time, it is very hard to image,

■盗聴されないメール

- Email that is not listened in on

■他人に記録されないアクセスログ

- Access log that is not recorded by another person

というのをイメージするのは、本当に難しいです。

ネットに流した瞬間、そのデータは、「世界からまる見え」と考えるのが、私には自然です。

It is natural for me to understand the world, the moment when you spread them in the net; the data are completely exposed to view from the world.

-----

ですからね、

So,

■江端が、何曜日の何時ごろから、エロサイトの巡回を始めるか

- When of what day of the week does Ebata begin the patrol of the eroticism site?

■江端が、どんなエロを嗜好しているか。ロリコンなのか、鬼畜なのか、近親相姦、BLなのか

- What kind of eroticism does Ebata like? Is it Lolita complex, brutal person, incest or BL?

■江端がどんな媒体のエロを望んでいるのか。写真なのか、動画なのか、アニメなのか、マンガなのか。

- What kind of eroticism media does Ebata like? Is it a picture, movie, animation or comic?

というのは、全部他人が知っているもの、と思っています。

I think that the above data have already opened to another person in the world.

-----

仮に、もし誰かから、そのデータを提示されて、恐喝されたら、

Even if I am blackmailed to open the data by someone,

―― 逆に、そのデータを正確に修正して、つっかえしてやる

"On the contrary, I am going to revise the data exactly and return them"

くらいの気概があります。

I have the spirit like that.

-----

本来、ネットを利用するとは、そういうことです。

Originally "Using net" is same as the above, I think.

皆さんは、そのくらいの気概をもって、ネットを利用していますか?

Do you use "net" with spirits like that?


2014-07-16 「月刊少女野崎くん」 [長年日記]

2回ほど回して、今クオータ、我が家が共通して視聴することがでるアニメを決定しました。

After turning on TV for two week, I have decided an animation that my all in my family watch in this quarter.

"Nozaki-kun, a Monthly magazine for girls"

もう、ぶっちぎりです。大爆笑です。近年稀なギャグアニメです。絵も美しい。

It is tremendous, great of laughter, extremely rare gag animation. And the pictures are also beautiful.

―― 少女マンガで、少女マンガをここまで嗤うか

Do you want to laugh at a girl's comic, by a girl's comic?

と、私を唸らせる、大変素晴しい作品です。

It is a very splendid work letting me groan.

「恋愛少女マンガなんか、アホらしくて読んでられないよ」と考えている私のような人間の気持ちを逆手に取って、漫画家の製作現場の視点から展開される、"Making of" アニメです。

This animation is a typical "Making of" animation for some persons who think "A girls' love comic is too ridiculous to read", like me.

そういえば、マンガ家というのも、ゼロからモノを作り出すという点においては、エンジニアと同じかもしれないな ―― などと、分析してみたりしています。

I analyze that it reminds me a comic artist may be the same as an engineer in the point to create things from zero


2014-07-17 「脱法ドラッグ」ということは「違法薬物」ではない、ということですよね。 [長年日記]

私、ずっと気になっているのですが、『脱法ドラックで捜査』『脱法ドラックで逮捕』という言葉に、誰も違和感を感じないというのであれば、それは、かなり怖いことだと思うのです。

I have been curious about "law-evading drug". If nobody think an uncomfortable feeling about "investigation against law-evading drug" or "arrestment against law-evading drug", it should be really fearful.

「脱法ドラッグ」ということは「違法薬物」ではない、ということですよね。

I think "law-evading drug" doesn't mean "illegality".

法の制度趣旨や精神には著しく反するけど、そして、最終的には裁判所の判断に因るけど、それでも ――現時点では「合法ドラッグ」ということです。

It is against a system purpose and mind of the law remarkably, and it should finally depends on the judgment of the court, but they are "legal drug" at the present.

-----

こういう薬物によって、交通事故を起こした者が逮捕されるのは当然です。故意または過失で犯した交通事故は、犯罪であるからです。

It is natural that a person who caused a traffic accident is arrested by using such a drag. Because the accident that is committed by intention or a fault is a crime.

しかし、違法でない物質を所持していることで逮捕されるという理由がよく分からなのです。

But I cannot understand the reason why the person who possesses or use illegal material is going to be arrested.

もちろん、このような薬物を使う者が、反社会的行為を行っていることは言うまでもありません。しかし、我が国は法治国家です。

Though the person should be blamed for their antisocial behavior, Japan is a constitutional state.

法律が規定していない行為で、逮捕、検挙できるとしたら、それは法治国家の否定となります。

If anyone is arrested by an act that a law does not prescribe, it is negation of the constitutional state.

言うまでもありませんが、後から作った法律で、逮捕、検挙等ができるとしたら、「法の不遡及」の大原則を犯すことになります。

Needless to say, we will violate a large principle of "the not being retrospective of the law", even if the arrest is allowed by the law that are made later.

で、私、調べてみることにしました。

So I am going to check this problem.

(続く)

(To be continued)


2014-07-18 ―― というか、正直、めんどい。 [長年日記]

調べてみたのですけどね、やっぱり「脱法ドラッグ」は、違法ではない薬物のようです。つまり、合法薬物のようです。実際、2004年前までは、「合法ドラッグ」と称呼されていたようです。

I checked it, but after all "the evasion of the law drug" is not illegal. In other words it is like the legal drug. Actually, it seemed to be "a legal drag" until 2,004 years ago,

しかし、法による規制を巧妙にかいくぐるという意味から「脱法ドラッグ」という名前が使われるようになったようです。

However, the name called "law-evading drug" seemed to come to be used by a meaning to escape legal regulation skillfully.

厚生労働省は「違法ドラッグ」と呼ぶことにしたようらしいのです。

Ministry of Health Labor and Welfare seemed to decide to call "illegal drug"

一方、警察では、「脱法ドラッグ」と称呼していて、

On the other hand, the police call it "evasion of the law drug" and define them as follows.

■規制薬物に化学構造を似せて作られ、これらと同様の薬理作用を有する物品

The article which chemical structure is made to look like controlled substance, and has the pharmacologic action like these

■規制薬物等を含まないといいながら、本当は含んでいる物品

The article which I actually include although not including controlled substance

と定義しているようです。

―― というか、正直、めんどい。

To be honestly, it is annoying.

「該当する薬物全部を、次から次へと、違法薬物として法定するか政令指定すれば、それでいいじゃん」

"Is there any problem if we appoint all of applicable drugs an illegal drug legality or a government ordinance?"

「そして、どんどん検挙していけばいいだろうが」

"And you should arrest it steadily"

ところが、そう簡単にはいかないらしいのです。

However, it doesn't seem to go so easy.

(続く)

To be continued.


2014-07-19 その意味において、「脱法ドラッグ」の名称は、まさに正鵠を得ている、と言えましょう。 [長年日記]

ざっくりこんな感じのようです。

I try to explain the background rough.

(1)いわゆる「脱法ドラッグ」に相当する物品が、製造され、市場にバラまかれる。

(1)So called "law-evading drug" is going to be produced and it expands to a black-market.

(2)行政は、その「脱法ドラッグ」を法律上の指定薬物とする為に、審議会へ経て、行政手続法による意見公募を行う。

(2)In order to assume the "evasion of the law drug" as a designated drug, the government pass to the council and performs the opinion open call for participants by the Administrative Procedure Act.

(3)「脱法ドラッグ」を製造する業者は、法定されるまで物品を売り続けて、法定後に市場から引き上げる。

(3)The "evasion of the law drug" supplier continues selling them until the drug is appointed by law.

というサイクルが、必要らしいのです。で、これが最短で3~4ヶ月。

This cycle is needed for three or four months at least.

―― ああ、ようやく分かった

I think that "O.K. I got it"

と思いました。

ようするに「脱法ドラッグ」とは、

In short, "evasion of the law drug" is defined that

『いずれ「違法物質」と法定されることが当確な物質を、その法定されるまでの時間を狙って、市場に放出されるドラッグ』

"A material that is going to be appointed as illegal material, is released to market until the drug is appointed by law.

ということなのでしょう。

そして、その意味において、「脱法ドラッグ」の名称は、まさに正鵠を得ている、と言えましょう。

In that means, the name "evasion of the law drug" is really correct.

-----

上記の「サイクル」を潰すために、薬事法第77条が適用させることになりました。

In order to destroy this cycle, the Drugs, Cosmetics and Medical Instruments Act Article 77 will be applied.

77条は、簡単に言うと、上記の「審議会」と「パブリックコメント」のスキップで、「幻覚の作用等が発生する蓋然性が高い物質(2条14項)」に関してのみ発動可能な特例です。

The Article 77 is a special law, that is valid for the material which is high in the probability that hallucinatory action produces (Article 2 Clause 14) "for skipping the above "council" and "public comment"

具体的には、2週間で法定(正確には政令)に持ち込むことが可能となるようです。

In conclusion, it can be about two weeks to come into force,

ここには、問題の物質を超短期期間で特定する、研究者達の努力も見落してはならないでしょう。

We don't forget that the effort of researchers is important in order to specify the problem in the material in short time.

で、これでめでたく「脱法ドラッグ」から「違法ドラッグ」に昇格です。

It becomes promotion from "an evasion of the law drug" to "an illegal drug" in this happily.

-----

声が聞こえてくるようです。

I seem to hear a voice.

―― 「脱法ドラッグ」は、製造者もバイヤーも、そして使用者も、全員叩き潰す

と。

According to "an evasion of the law drug", we are going to arrest any maker, any buyer, and any users.


2014-07-20 自動車で歩行者に突っ込んで、死傷させていたのは、私だったかもしれません。 [長年日記]

昨日まで、3日に渡って、「脱法ドラッグ」について書いてきたのですが、

I have written about "evasion of the law drug" for three days.

実は、私、今年の3月くらいに、コラム執筆の為に、「脱法ドラッグ」を実際に購入、使用してみようかと思っていたことがあるのです。

To tell you the truth, I had really intended to purchase and use the "evasion of the law drug" for writing my columns.

「『脱法ドラッグ = 合法ドラッグ』なのだから、飲酒運転よりもずっと安全で、タバコ程度のものなのだろう」という、馬鹿げた勘違いをしていた為です。

I did ridiculous misunderstanding that they are safer than smoking or drinking drive because "evasion of the law drug" is a legal material.

繰り返しますが、脱法ドラッグとは、違法認定直前の「正真正銘の麻薬・覚醒剤」です。

It is repeated, but the "evasion of the law drug "is a true drug just before the illegal authorization.

-----

―― 危なかった

It was dangerous.

自動車で歩行者に突っ込んで、死傷させていたのは、私だったかもしれません。

It might have been me that I have gone into walkers by car and let them kill or injure.

コラムなんぞの為に、人生を棒に振るところでした。

For a column, I was going to waste my life.

----

改めて、

I make me think anew that I have to recognize my life-style that

『危険から一番遠い所まで離れた上で、上から目線でエラそうなことを言う』

After going away from danger point and keep my safety, I will talk big with condescending attitude.

という、この私のスタイルを、徹底しなければならないと実感しております。


2014-07-21 その会社の教材を利用している、我が家の娘二人の情報は、確実に流出したと思います。 [長年日記]

大手学習教材会社の顧客の個人情報が流出しました。

Personal information of the customer of the major learning teaching materials company began to leak.

ところで、なぜ私が「大手学習教材会社」などという書き方をしているかというと、その会社のプライバシー ―― なんぞはどうでもよくて―― その会社が、来年あたり存在していない可能性があるからです。

The reason why I wrote "the major learning teaching materials company" is not for the company's privacy but for the possibility that the company becomes extinct.

それはさておき。

Apart from that,

-----

その会社の教材を利用している、我が家の娘二人の情報は、確実に流出したと思います。

According to my daughters, their information have leaked absolutely, because they use the company materials.

個人名も、学校も、住所も。

Their name, school and address.

あと5年後に、長女に結婚情報誌が届いたら、この流出が原因である可能性は高いでしょう。

After five years, if the senior daughter will catch a marriage information magazine, it will be more likely to be caused by this leaking.

しかし、それを特定する手段は、原則としてありません。

Unfortunately, we don't have a method to specify the cause, in principal.

個人情報は「流出するもの」として、あきらめるしかないのかもしれません。

Though we might have to give up the personal information as "a thing leaking out".

しかし、私はあきらめていません。

I don't give up yet.

-----

私の場合、流出元を特定する簡単な方法を用いています。

For me, I use a sample method to specify the source of leaking.

例えば、

For example,

■郵便番号の1つを、わざと間違った数値にする。

- I input a wrong number of the zip on purpose.

■住所の一部の漢字をひらがなにする。

- I exchange Katakata with Hiaragana for the part of my address.

■半角と全角を使い分ける

- I use both hankaku and zenkaku character at the same time.

などの方法を使い、この組み合わせを、マメに記録しています(実は、もう少しスマートな方法をつかっているのですが、内緒です)。

I have used the above way and recorded it diligently. (To tell you the truth, I use another intelligent method, but it is secret.)

ですので、その住所の記載を見れば、どの会社が私の個人情報を流出したのか分かる、というものです。

So when I watch my address, I can find out which company leak my private information easily.

ま、これで法廷を維持できるだけの証拠になるかは、なかなか怪しいですが。

It is very doubtful whether it becomes the evidence that I can maintain a court.

しかし、私が、ネットで騒げば、同じ被害者も、名乗りをあげてくれることでしょう。その会社の信用を地に落とすくらいのことはできそうです。

However, another victim might cry out I make noise in a net. It might be possible that the trust of the company drop on the ground.

勿論、こういう情報を公開すれば、名簿を自動修正するソフトなども開発されるでしょうが、名簿業者にとっては、結構な威嚇力にはなると思うのです。

Of course, if I open this information in net, a new software that can avoid my traps automatically, appears. But I think that it becomes a big thread for companies and list suppliers.

名簿の修正って、面倒な上、完全に修復するのは難しいし、そういうことを仕掛けてく奴は、おおむね、

Modification of the list is always annoying them and difficult. Above all, such a person who try to make trick is supposed to

――うっとうしい奴

"Troublesome guy"

と決まっていますから。


2014-07-22 「そういえば、パパって、システムエンジニアだったよね」 [長年日記]

昨日の続きです。

It is a continuation from yesterday.

今回の1000万件を越える、顧客情報流出事件の容疑者は、そのデータベースにアクセスできる端末で業務をしていた、システムエンジニアでした。

The crime suspect who leaked more than ten million customer’s information was a system engineer. He could access the database from the terminal in office.

そのニュースを見ていた、娘(次女)がポツリと言いました。

The junior daughter, watching the TV news, whispered to

「そういえば、パパって、システムエンジニアだったよね」

Say. Papa, you are a system engineers aren't you?

―― 何が言いたい

"What do you want to say?"


2014-07-23 ご存じの方も多いでしょうが、私、別名を持っています。 [長年日記]

昨日の続きです。

It is a continuation from yesterday.

サービス提供業者は、どうにか個人情報を手に入れたくてしかたありません。

Service providers always want to get a lot of private information.

DMやメールを送る相手が多ければ、多いほど、営業チャンスが増える訳ですから。

If they become to get many targets to send DM and email, the business chances become up.

しかし、こちらは、できるだけ個人情報を開示したくありません。DMやらメールでうっとうしい思いをしますし、まず感覚的に不愉快でもあります。

As for me, I don't want to open private information as far as possible. I annoy DM and SPAM and feel unpleasant.

-----

ご存じの方も多いでしょうが、私、別名を持っています。

As some person knows, I have the second name.

これは学生時代に、先輩から作っておくように指示されたからです。デモの最中に、本名を叫ぶと殴られましたし。

When I was a college student, my senior advised me to make the second name. In fact, I got beans when I called him as his real name in political demonstration.

そして、でたらめな住所や電話番号も、スラスラ出せるようにしています。

I can say fake address and telephone number smoothly.

一番効果があったと思われるでたらめな住所は、外国の住所です。

The most effective way is to write a foreign address.

街頭で、サンプル品をもらう引き替えに、住所の記載を強制された時、英語の住所を書いて、スゴく嫌な顔をされたことがあります。

In order to get a free sample in return for my address, he looked offended because I wrote English address.

さらに、名前の欄に、

In addition, I wrote

「ムハンムド マンスール」

"Muammad Mansour" in the name column

と記載したこともあります。

勿論、偽の出生物語も考えていましたよ。

Of course I made a my life story too.

出生地、カタール。

Birth place Qatar

父親が日本人で、現地のカタール人の娘を見初めて結婚 ―― などと、デタラメ三昧。

My father is a Japanese. He fell in love with a local Qatari daughter at first sight and marry her. Absorption in nonsense.

いまだかつて、この話をする必要に迫られたことはないのですけどね。

Fortunately, I haven't needed to tell this story yet.


2014-07-24 ボイスロイド「結月ゆかり」 [長年日記]

以前、

The other day,

このコラムで、ボーカロイド「結月ゆかり」の体験レポートを記載しました。

I wrote an experimental report of VOCALOID "Yuzuki Yukari"

―― 天使が歌っている

"An angel is singing"

と、私が、最高級の賛辞を送ったボーカロイドです。

I sent state-of-the art praise to the software package.

-----

私、4年前に長女の中学受験用に、社会の一問一答用のテキストファイルを作り、フリーのテキスト読み上げソフトを使って、音声ファイルにしていました。

Four years ago, I made a text file for rote exercise of social studies of junior high school entrance examination, and made voice files by free reading aloud software.

それを、CDに焼き込んだり、PODに録音して、暗記させました。

After that, I burn them to CD and record them to POD and made my daughter learn by heart.

私も試験対策などに、使っていました。

I also used the software for my examinations.

-----

今年、次女の受験となり、再び音声ファイルを作る必要に迫られたのですが、パソコンを交換してしまい、さらにもとの読み上げソフトのインストール方法はすっかり忘れていました。

This year, the junior daughter's turn is coming, so I have to make the voice files again. But I exchange old PC with new one, and I perfectly forgot how to install the software.

ただ、セッティングが滅茶苦茶面倒だったことだけは、よく覚えています。インストールに何時間もかかった記憶だけがあります。

Only that I remembered that I annoyed the install process. I had to waste much time.

そのソフトウェアの声は、イントネーションも変な上、誤読が多くて、漢字をひらがなに書き換える作業など、随分大変な思いをしました。

The voice that was made by the software was a funny intonation, and there were a lot of reading mistakes. So I had to change Kanji to Hiragana again and again,

-----

「もう一度、あんな思いをするのは嫌だな」

"I don't want to do same process again"

と思った私は、時間を金で買うことにしました。

So I decided to buy time for money.

つまり、有料の読み上げソフトを購入することにしたのです(私も堕落したものです)。

So I bought pay reading aloud software. (I was used to be corrupted)

で、今回選んだのが「結月ゆかり」。

This time, I chose "Yuzuki Yukari"

It was not VOCALOID but VOICEROID, that is a reading aloud software.

早速試してみたのですが、これが、

I tried it soon, and it was really

―― 凄い

Tremendous

(To be continued.)


2014-07-25 「買ってよかった」と思える一品です。 [長年日記]

(昨日の続きです。)

私は、この分野の技術者ではないので、正確な評価ができませんが、少なくとも4年前に使っていた「読み上げソフト」なんぞとは比較になりません。

I am not a specialist of synthetic voice technology, so I am afraid that I cannot evaluate this software. However, the quality is greater than the software I used four years ago, at least.

私が視聴した限りでは、

As far as I have heard the voice,

- 誤読はなし(特許法第2条(定義)を完璧に読み上げた)

- No misreading (She completely read aloud Patent Law Article 2 (definition))

- イントネーションもほとんど気にならない

- Almost accurate intonation.

- 落ち着いた美しい女性の声

- Calm and beautiful woman voice.

嫁さんにも視聴して貰ったのですが、「『パソコンの中に人間がいる』と認定できるレベル」と言っていました。

I asked my wife hear the voice, and she said "It is the level that I can recognize being a woman in a PC"

「買ってよかった」と思える一品です。

It is one article to think, "It was good for me to buy it".

-----

日本語の音声部門については、

「チューリングテスト」は、すでにテストはパスしているのかもしれません。

About the section of Japanese voice, "Turing test" has already been passed.


2014-07-26 ―― 日本人とバレたら、この空の旅の平安は終わりだ [長年日記]

昨日、アラブ人のフリをする、という話をしましたが、その別バージョンです。

The other day, I wrote that I sometimes pretend to be an Arab, and today I would like to tell you another story.

米国の国内線の飛行機の3人がけの、通路側に座っていたのですが隣の2席に座っていたのですが、関西弁、大声、おばちゃん。

When I got on a plane of US, domestic airline, two Japanese ladies sat next my seat, which had loud voice with a Kansai accent,

―― 日本人とバレたら、この空の旅の平安は終わりだ

I am afraid that, "If I was come out that I am Japanese, this peace and enjoy trip is going to be destroyed"

と直感しました。

私は、おばちゃんたちのけたたましい声には反応しないようにして、一言も日本語を発することなく、英語のレポートを読んでいるフリをしていました。

I never responded her chat with loud voice, and never talked even one word, and pretended to read an English report.

-----

しかし、悪いことはできないもので、機内食のトレイをひっくり返し、思わず

However, I could not do a bad thing. I I upset the tray of flight meal, and shouted,

『わちゃー、しまったぁー!』

"Oh my God (in Japanese)"

と叫んでしまいました。

一発でバレたと思いますが、おばちゃんたちもバツが悪そうにしていました。

I thought I was come out soon, but ladies also seemed to be embarrassed.

私の意図を見抜いたからかもしれません。

They could understand my intention perfectly.

結果として、私は、平安な旅を続けることができました

Anyway, I could spend a peaceful and quiet trip

―― が、なんとも重い空気の中ではありましたが。

In heavy atmosphere.


2014-07-27 難しいことを難しく書くことや、易しいことを難しく書くことは簡単です。 [長年日記]

難しいことを難しく書くことや、易しいことを難しく書くことは簡単です。

It is easy to write something difficult to difficult or something easy to difficult.

しかし、難しいことを易しく書くのは、とても難しいです。

However, it is difficult to write something difficult to easy.

そういう観点で見ると、最近面白かった本は、

From the viewpoint of the above, the following two books were very interesting for me.

が、上げられますね。

前者のケースでは、「サンプルが10ポイントもあれば、正規分布曲線のグラフに乗せて良い」というバッサリ解釈に、感動しましたし、

_ As the former book, I was moved a rough interpretation that I can use interpretation if I have ten data.

後者のケースでは「『いじめ』は、止めに入らず、傍観者として見過す」のが最適戦略であることが数値的に示されていて、大変納得感がありました(その対応策もちゃんと明記されています)。

As the latter book, I can understand the optimal strategy against bullying in school, that we don't do anything if someone faces bullying. (Of course, there is an explanation against this problem.)

あ、そうそう。「神は信じた方がいい」のゲーム戦略から見た解釈が、痛快です。

Of course, the interpretation of "Trust in God) as a game strategy, is quite delightful.

(続く)


2014-07-28 ―― 上から目線の物言いが、やけにムカツク [長年日記]

(昨日の続きです)

一方、統計関係の本で沢山紹介されていたので読んだ本が「ブラックスワン」なのですが、

On the opposite side, I read "black swan" that are popular among other books of statistic.

こういう書評は、卑怯なことは十分に分かった上で言いますが、

Thought I know well that this book review is cowardice,

―― 上から目線の物言いが、やけにムカツク

"That is disgusting that the author always have his nose in the air."

テクニカルライティング風に書かれていないので、分かりにくいことこの上ない。

It is difficult to understand the subject matter because the book is not written logically.

仮説と事実と感想と結論が、ぐちゃぐちゃに記載されているように見えて、読んでいて苦痛ですらありました(上巻の半分で、投げ出しました)。

I feel pain that this book describes hypothesis, fact, impression and conclusion

わざと、そういう作風にしているのかもしれませんが、残念ながら、私にはヒットしませんでした。

Though the author might make the book the above way on purpose, unfortunately I cannot accept it.

-----

「ヤバい予測学」

"Yabai prediction"

「ヤバい統計学」

"Yabai statistic"

「シグナル&ノイズ」

"The signal and the noise ".

「偶然と必然の方程式」

"The success equation"

いずれも、素晴しい本で、凄い勢いで読んでしまっていたところに、「ブラックスワン」で、ケチがついてしまった気持ちです。

The above books are wonderful and I complete reading soon. So I am afraid that "Black swan" brings me bad luck.


2014-07-29 時々、ファンレター(メール)を頂くことがあります。 [長年日記]

時々、ファンレター(メール)を頂くことがあります。

Sometimes, I get fan letter (mail) from my blog's readers.

元気が出ます。

It makes me feel perky.

トピックで言えば「英語に愛されない」「性同一性障害」「原発事故」などが多いようです。

There seems to be the topics of “English", "GID", "and accident at a nuclear power generation plant".

私の作品が、誰かの何かの役に立っているのであれば、幸せなことだと思います。

If my works make someone happy and are useful for them, I can feel happy.

-----

先日、

The other day, I got a mail, including the following phase.

『私は江端様のおかげで「Steins;Gate」と出会うことができました』

"I can meet "Steins;Gate". Thank you so much "

と書かれたファンレターを頂きました。

―― これは、「私」のおかげではなくて「Steins;Gate」おかげだよな

Though I think that this is not for me, but for "Steins;Gate" itself,

と思いながらも、

もしかしたら、私が意図しないうちに、

Without my intention, I might claim that

「年齢に関係なく、アニメであろうがコミックであろうが、良いものは良いのだ」

"Regardless of age, anything good is good, even if it is animation and comic."

「年齢を気にしていたら、人生を損するぞ」

"If you worry about your age, you lose your life".

というメッセージが届いたのであれば、これは「私のおかげ」といっても良いのかもしれないな、などと考えています。

If I have sent the above messages to someone, I think that it is O.K. for you to thank me.

(という訳で、本日の日記は、ファンレターへのお返事ということで)


2014-07-30 私、結婚式に招待されるのは好きなのですが、御祝儀を払うのが嫌いです。 [長年日記]

私、結婚式に招待されるのは好きなのですが、御祝儀を払うのが嫌いです。

I like to be invited wedding ceremony but I don't want to give a gratuity.

ケチだからです。

I'm stingy.

私が、週末の全てと睡眠時間を削ってようやく貰った原稿料の「数回分」が、他人の結婚式なんぞで搾取されるかと思うと、耐え難いのです。

I am unbearable of exploitation at other's wedding ceremony. To be more precise, I cannot put up with dispossession of my two or more manuscript fees at sacrifice of weekend holiday and sleeping time.

こういうことを公言しているおかげで、ここ十数年、結婚式へのお誘いは絶無となりました。

Thanks to these claims in public, the invitation to the wedding ceremony has been ZERO for a dozen years perfectly.

-----

しかし、極めて稀ですが、「招待して欲しい結婚式」もあります。

However, it is extremely rare, but there is also a wedding ceremony I want to be invited.

人生最良の時間を作ってくれた大学時代の友人や、職場で共に地獄を見てきた仲間であれば、―― そのパートナー(女でも男でも)の方を見たい。

I want to meet a partner of my friend who had studied and worked with me in college and company.

『一体、あなた、何考えているのですか』

I want to say one phrase,

"What are on earth you thinking?"

と、一言、言ってやりたくて。

# 言いませんけど。

I am not going to say that.

(続く)

(To be continued)


2014-07-31 「結婚式の司会者やるから、それで祝儀の代替としてくれ」 [長年日記]

昨日、「私、結婚式に招待されるのは好きなのですが、御祝儀を払うのが嫌いです」と書きました。

Yesterday, I wrote "I like to be invited wedding ceremony but I don't want to give a gratuity."

この矛盾を解決する手段として、

I often offered the followings in order to resolve the contradiction.

「結婚式の司会者やるから、それで祝儀の代替としてくれ」

"Could you think whether it is possible to work as MC (master of ceremonies) instead of a gratuity?"

というオファをすることが多いです。

-----

私、プレゼンとか司会とかするのが ―― 大好きです。

I like to do a presentation and work for MC.

あがったり、怖くなったり、声が出なくなったりしたことは、記憶にありません。

I have had no experiments to be nervous, fearful, losing my voice.

このようなことが、大嫌いな人が多い日本において、これが「債券的な価値」になり得ると気がついたのは、結婚式の司会者を頼まれるようになってからです。

Among many Japanese person who dislike to work as MC, I have noticed that these my characters are strong advantages for my life.

―― という訳で、私を招待したい奇特な後輩エンジニア諸君(が、もしいたら)

So, hear! Beneficent younger engineers who want to invited me to your wedding ceremony,

「祝儀」の代わりに「司会者という労働」という対価の提供でよければ、私は招待を受けることができます。

If you can accept my offer, I am glad to attend your wedding ceremony.

-----

という話を、嫁さんにしたら、

When I told my wife the above story, She advised me that

「司会者? もう『仲人(なこうど)』で受ける歳だと思うけどなぁ」

"MC? It should be "matchmaker" for your age."

と言われてしまいました。

(続く)

(To be continued.)