2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2017-01-01 ―― 紛れもなく、日記なんだが [長年日記]

昨年、自分のホームページの中を検索してくれる検索エンジン(Googleカスタム検索)を、ホームページのトップの右上の所に設置しました。

Last year, I installed Search engine (Google Custom Search) that searches through my homepage,in the top right corner of the homepage.

とても重宝しています。

It is very handy.

自分のコラムや日記の内容を直ぐに調べられるようになり、同じ内容を投稿することをチェックできるようになりましたし、古い日記の内容を、再利用しやすくなったからです。

I can quickly examine the contents of your column and diary, check my post of the same content, and make me easy to reuse the contents of the old diary.

-----

家族で、

In my family,

■深夜に娘を病院に担ぎ込み、

In late night I brought my daughter to the hospital,

かつ、

and,

■帰省の際にギックリ腰になった

I got stuck in the back when I was homecoming

ある年末のことを思い出そうとしていたのですが、思い出せずにいました。

we were trying to remember things at an end of the year, but I could not remember it.

しかし、この検索エンジンで、"ぎっくり腰" "年末" "病院"と入力するだけで、直ぐに、それを記載している日記を呼び出すことができました。

However, with this search engine, I was able to call the diary describing it immediately, Just entering "hurry" "year end" "hospital".

-----

My second daughter said,

「凄いね。ちゃんと記録されているなんて、日記みたいだね」

"It is amazing, it looks like a diary that it is being recorded properly"

と、次女が言いました。

―― 紛れもなく、日記なんだが

"Undoubtedly, it's a diary"


2017-01-02 昨年、「江端智一」という週末ライターの書いたコラムを読んだ人がいると思う。 [長年日記]

昨年、「文豪ストレイドッグス」というアニメを見た。

Last year, I watched an animation called "Bunraku Stray Dogs".

予想していたのと随分違った ―― というか、何だか良く分からなかった。

It was quite different from what I expected. and I did not understand well what it was.

------

『文学に関する持論を文豪どうしで激論する』という仮想世界のイメージを持っていた ――

I had an image of the virtual world of "to argue literary opinions among literary writers together"

そういう自分が悪いだけであって、その作品批判や、ましてや非難するなど、人間として論外である。

That is just my fault, in additon, it is out of question to criticize or condemn the work for a human being.

------

昨年、「江端智一」という週末ライターの書いたコラムを読んだ人がいると思う。

Last year, I think that some people read the column written by the weekend writer "Tomoichi Ebata." .

予想していたものと随分違った ―― というか、何だか良く分からなかった、という人もいるだろう、と思う。

Some of them must think that it was quite different from what I expected. and I did not understand well what it was.

(以下省略)

(Hereinafter omitted)


2017-01-03 ―― 例えば、一年に一つの事件だけに徹底的に集中して(他のことはグッと我慢して)、深く掘り下げて批判を続けてみたら良いのに [長年日記]

正月休み(という定義が、今、私の中では揺らいでいるけど)に、Twitterの他の人のTL(タイムライン)をダラダラと読んでいます。

I'm reading the TL (Timeline) of other people on Twitter as a holiday in the New Year holidays (though the definition is now fluctuating in me).

多くの人が、本当に世の中の森羅万象に対して、「隙を見せてはなるものか」とばかりに、批判をしている姿が見られます。

I can see that a lot of people, really continue to criticize, against the whole world of the world, like "never be careless"

しかし、それらの批判は、「一発」で「消滅」していくようです。

However, those criticism seems be "elimination" with "one shot".

-----

批判精神は、民主主義社会の根幹であることを理解した上で、

Understanding that criticism is the basis of a democratic society,

さらには、本当に「余計なお世話」を承知の上で言わせて頂くと、

in addition, knowing well that it is really "it's none of MY business", however,

―― 例えば、一年に一つの事件だけに徹底的に集中して(他のことはグッと我慢して)、深く掘り下げて批判を続けてみたら良いのに

"Why don't you try to dig deep and continue only one criticism (with being patient with other things) for a year ?" "It will become "good""

と思うことがあります。

一年も続けると、その問題の本当の底の部分に至ることができる(あるいは、そんな気になるような気になれる)と思うのです。

I think that you can lead to the real bottom of the problem (or, you can feel like that), if continuing it for a year,

「良いのに」というのは、その人にとって良いだけでなく、私達にとってもとても「良いのに」というものになることがあるということです。

"Good" is not only for the person, but also it become "good" for us.

自分の中で、長時間、何度も検討し続けた批判は ―― 強い。

Criticism that I continue to consider many times over for a long time in myself - is strong.

-----

どんなテーマだっていいのです。

Any subject is good for us.

「ダイエット」だって、「飛び込み自殺」だって、色々な方面から、批判(調査やインタビューを含む)を続けていく内に、

Even if it "diet", "one under", while continuing criticism (including surveys and interviews) from various aspects,

自分の見解が変わっていくのを自分で感じて ――

I can feel changing the view of mine, and

本当に自分自身でビックリすることがあります。

I'm really surprised by myself.


2017-01-04 『このコラムは、"反猫派"の"犬派"の謀略である』 [長年日記]

私は、私の作品に対するDisコメントを憎悪していますし、

I hate disrespectful comments against my works, and

Even if you think "absolutely unforgivable", I will specify the person and fight thoroughly with that person, not only on the net,but also to draw the person to the real world.

しかし、稀ではありますが、そういう気持を起こさないDisコメントもあります。

Although it is rare, there is a disrespectful comment that makes me happy.

-----

Last year, I wrote a column whose title is "We don't need the AI that plays GO and looks for pictures of cats."

このコラムに対して、

For this column, there was a person who gave a comment,

『このコラムは、"反猫派"の"犬派"の謀略である』

"This column is a plot of "dog faction" in "anti-cat faction"

というコメントを付けた人。

江端より、2016年"ベストDisコメント賞"を進呈します。

I will present you "Best Dis Comment Award" in 2016.


2017-01-05 もはや「帰省」とは名ばかりの、江端家全員総出の「救急出動」という感じです。 [長年日記]

以前、「帰省時に、自分の所属するメンバに、おみやげを買ってこない」というポリシーを放棄した、という話をしました。

The other day, I told you a story that I abandoned my policy of "I don't buy souvenir after seasonal home leave.

で、今回の帰省では、おみやげを購入してきたのですが ――

So I tried to buy a snack box as a souvenir for my section members, however,

全く、慣れないことは、するものじゃありませんね。

I thought deeply that I should not have not tried something unfamiliar.

「お土産が、人数分足りなかった」

"lacking the count of snacks for the numbers of my section"

先程、全員に回っていない、私のお土産の箱が、私の机の上に戻っていました。

I confirmed that there was the snack box on my desk, that had not been round about the members.

お土産のお菓子の数をチェックするという、基本中の基本すら、できていないことから、『この私が、いかに、この手のイベントに無関心あったか』が、図らずも露呈してしまいました。

This, I was not interested in checking snack's counts, means that I also have not been interested in the event until now.

-----

さて、今回、江端家は、「次女・私のチーム」と、「長女・嫁さんのチーム」に分かれて、それぞれの実家に帰省しました。

Now, for this new years holiday, the Ebatas made two teams of "senior daughter and wife" and "junior daughter and me" and went back to each country home.

両家の両親4人中、2人が施設、1人が病院、1人が自宅要介護状態であり、

Now, "two are in care facilities", "one is in a hospital" and "one is in the house with assistant" of four our parents.

もはや「帰省」とは名ばかりの、江端家全員総出の「救急出動」という感じです。

These are "scramble" by all members of the Ebatas, called "homecoming".

ですので、全員、疲労困憊での帰宅となります

Therefore,in many cases, all are completely exhausted after homecoming.

-----

「長女・嫁さんのチーム」は、明日、自宅に戻ることになっていますので、「追加のお土産」の購入を依頼するつもりです。

The team of "senior daughter and wife" is going to come back home tomorrow. So I will ask my wife to purchase additional souvenir in her country area.

お土産の内容がバラけることに、別段、違和感を感じない、という点も、

I cannot feel something is wrong with different souvenir, so

多分、私はダメなのでしょう。

I think that I am a typical soapy, maybe.


2017-01-06 ―― ようやく私は、今、年賀状の作成に着手するに至っています。 [長年日記]

As is clear from the diary of yesterday, during the New Year's holidays, I was busier than the days except year-end and new year,

そこに年末のプリンタの故障や、住所録の更新作業ミスなどが加わり、

In addition ,there were troubles of the printer and an error mistake of updating the address book at the end of the year.

―― ようやく私は、今、年賀状の作成に着手するに至っています。

"At last, I have just started to create New Year 's cards."

-----

正直に申し上げて、昨年頂いた年賀状や、喪中ハガキのチェックも疎か(おろそか)になっており、正しい手続に基づく年賀状の送付はできないと思います。

To be honest, I cannot check the New Year 's cards and mourning postcards of the last year, and I am afraid that I cannot operate to send this New Year 's cards based on the correct procedure.

今年、私の年賀状が届いた人も、届かなかった人あまり気にしないで下さい。

If you would receive my card or not, I hope that you will not be care of it.

そして、「江端は礼を欠いている」と憤慨している人には、あらかじめお詫び申し上げます。

And I will apologize in advance to you who resentfully say "Ebata is rude"

なんにしろ、悪いのは私です。

Anyway, I am bad.

来年の年賀状にて、状態のロールバックを完了させて頂く予定です(多分)。

I am planning to complete the status rollback at New year's cards of the next year (maybe).

-----

あ、それと、近況報告に関しては ・・・ これは要りませんよね。

Ah, about the recent status report of mine ... I think you do not need this.

私くらいマメに近況報告を発信している人間もいないでしょうから ―― 「世界」に向けて、毎日毎日

I guess there are not any people who are reporting on one's recent status report frequently besides me - toward "the world" everyday.


2017-01-07 ―― この人は、自分で何を言っているのか分かっていないだなぁ [長年日記]

バラエティ番組で、「家事を手伝っている」というセリフを、自慢気に語る芸能人がいるようですが、そのような人物を見る度に、

Whenever I watch a entertainer in s TV variety show who has said "I always lend a hand around the house" boastfully

I feel badly

―― この人は、自分で何を言っているのか分かっていないだなぁ

"This pitiful person cannot understand what he/she is saying "

と思ってしまいます。

「家事」というのは、文字通り「家の事」なのですから、主語は常に「自分」です。

"Household affairs" is an affairs of household in the literature, so, the subject is always "I".

つまり、家事は「やるもの」であって「手伝う」ものではないのです。

Therefore, "Household affairs" is "doing it by myseld" not "lending a hand"

-----

私は、家事 ―― 料理、洗濯、掃除、育児は、それ自体が「技術」ですが、「特殊技能」とは思っていません。

I don't think "cooking", "washing", "cleaning" and "child care" are special skills, even they are skills.

障害や老化によって、体が動かなくなってしまった人ならともかく、パソコンやスマホを使える人が、「家事ができない」などという理屈は、(私には)通用しません。

Therefore, the phrase of "I cannot do housework" is not acceptable for me, if you can use PC or smart-phone, except for the persons with impaired mobility by an accident or aging.

だから「家事を手伝っている」という発言をする人は、「家事を他人に押しつけている事実を歪めて、別の言い方をしているだけ」と、私は思っています。

So I think the person who who has said "I always lend a hand around the house" is just to push housework on the others and to try another way".

(続く)

(To be continued)


2017-01-08 ―― 誰かが耐えられなくなって動き出すまで、何もしない [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

といって、家事の量や質を完全に公平に配分しなければならない、などという、非現実的なことを主張するつもりはありません。

On the other hand, I have no intentions to argue "we have to realize the perfect quality and quantity fairness of housework" that is really nonsense opinions.

家族の各構成員の事情(自宅にいる時間や、必要とする睡眠時間、疲労の度合い、その他、もろもろ)を勘案して、それぞれの家庭に適したやり方で、

On the ground that the situation of each member of the family (time in house, sleeping time, fatigue and others), and on the original way of the family,

I think that it is enough to

「できる状況にある人が、自発的に、できることをする」

"do their best for their situations voluntarily"

で、十分だろうと思うのです。

-----

■下着なんて、その気になれば、数日連続で使用し続けることができます。

- You can continue to use the underwear for a few days.

■食事なんて、バランスさえ考えなければ、毎日インスタントラーメンを食べていれば足ります(病気になるかもしれませんが)

- You can continue to have a instant noodle everyday, even if you don't care of your health,

■「ゴミ屋敷」や「腐臭」を気にしなければ、「掃除しない」で良いのです。

- You don't have to do the sweeping, even if you don't care of moted house and nasty smell

■そして、「育児」という名の「闘い」に突き進む覚悟がないカップルは、「当初から選択肢から外す」というのも、立派な戦略だと思うのです。

- It is also O.K. to escape from child cares, if you don't want to go a battle of "child care". I think it is one of the best strategy.

-----

―― 誰かが耐えられなくなって動き出すまで、何もしない

"Do nothing until the others cannot tolerate the terrible situations and starts something"

私は、このチキンレースこそが、「現代の家事のコンセプト」だと思うのです。

I think that this chicken-race is "the new generation concept of housework"


2017-01-09 この手のメールは、当然、その送信先の相手の名前(つまり私の名前)が付記されている方が、心証が良いのは当然と言えます。 [長年日記]

仕事でメールを使っていると、各種の製品や、講演やイベントのメールが舞い込んできます。

When using e-mail at work, e-mails of various products and lectures and events will come in.

アンケートなどで、メールアドレスを記載するのは、最低の仁義という気もしますので、このようなメールが舞い込んでくるのは、仕方がないかな、と思っています。

I feel that it is the lowest honorific to describe my office mail address in the questionnaire etc., I guess there is no choice that such e-mails are coming in.

この手のメールは、当然、その送信先の相手の名前(つまり私の名前)が付記されている方が、心証が良いのは当然と言えます。

It is natural that I feel good to find my full-name on the mail header, even it is advertisement mail.

もっとも、メールを送信する側は、数百人にも及ぶかもしれないメールの一つ一つを手書きで出す訳がないので、顧客データベースから、送信先の相手の名前を自動的に付与して送付することになります。

However, there is no reason to write out each of the hundreds of e-mails by hand, so the mail will be sent by the system automatically, that adds the name of recipient from the customer database.

-----

一月に一回くらい、ある製品の会社のメールが送付されてきていたのですが、そのメールの冒頭は、「様」だけで始まるメールでした。

About once a month, a maker company has sent me an advertisement mail of the company's product, however, the mail starts with "Mr." only at the top, as a follow.

=========

Mr.

先日は、◯◯セミナーにご参加頂きありがとうございます。

さて、この度、弊社では、新しい製品の・・・

The other day, thank you for taking part in the ◯◯ seminar.

Well, this time, our company released a new product ...

=========

「なるほど、名前を挿入する部分のスクリプトの作成を失敗したのだな」と分かりましたが、当然、広告メールに対して、それを連絡する義理は、私にはありません。

I understood that, "Well, this company failed to create the script of inserting customer name", however I do not have the obligation to tell them about it.

私は、この『「様」だけメール』がいつまで続くか見ていたのですが ―― 結局、半年くらい続いたような気がします。

I was watching this "Mr-mail" for a while, and after all the mail continued for half of a year.

ある日、詫びのメールが来て、終了したようです。

One day, an apology email came and this accident seems to have ended.

-----

『「様」だけメール』の送信を続けてしまったミスよりも、

For the person in charge, I wonder if it was more painful,

半年ちかく、どの顧客も、送信元の営業担当者に指摘はしなかった ―― という事実の方が、

that the fact that no customer pointed out about the wrong mail

その担当者にとっては、辛かったんじゃないかなーと、思ったりしています。

than continuing to send the "Mr-mail" for about half of year.


2017-01-10 ―― 日経クッキング [長年日記]

私は、仕事柄「日経ビジネス」「日経コミュニケーション」などの「日経◯◯」シリーズには、大変お世話になってきました。

I have always relied on "Nikkei" magazine series, like "Nikkei business" and "Nikkei communication".

「日経ウーマン」とか「日経エンターテーメント」なども、時々、図書館で立ち読みしています。

I sometimes read "Nikkei woman" and "Nikkei entertainment" in my company library.

しかし、これだけの、様々なラインナップを占めている「日経◯◯」シリーズに、

However, even there are a lot of serise of "Nikkei" magazines, I am afraid that

―― 日経クッキング

"Nikkei cooking" have not come out until now.

がないのは、残念に思います。

-----

というか、多分、今さら「料理」の市場に参入できない、という戦略的判断もあると思います。

Probably, I think that there is strategic judgment that it can not enter the market of "cooking" now.

スーパーのレジの横の棚には、「オレンジページ」が、そして、最近では、CookPadも雑誌を出していますから。

"Orange page" on the shelf next to the cash register at the supermarket, and recently, CookPad also issues a magazine.

しかし、「日経クッキング」には、これらの料理の雑誌のターゲットとは、異なるマーケットがあると思うのです。

However, I think that "Nikkei Cooking" has a different market from the target of these cooking magazines.

(1)独身男性または女性、共働きの激務の夫婦

(1)Single male or female, couple with a hard working duty

専業主婦や専業主夫の概念は、すでに崩壊完了に近いですからね。

The concept of housewives and professionals is already close to completion of collapse.

(2)調理器具を全く使わない料理

(2)Dishes without cooking utensils at all

包丁やフライパンを使わない新調理手法

For example, new cooking method without using knives and frying pan,

しかし、これらのフィールドでは、当然「コンビニ弁当」や「レトルト具材」と競合します。

However, in these fields, of course, they conflicts with "convenience store lunch" and "retort ingredients".

「コンビニ弁当」等には、「栄養バランス」の問題がもれなく付随してきますが、残念がら、「栄養バランス」は差別化に繋がらないでしょう。

"Convenience box lunches" etc. are accompanied by the problem of "nutritional balance" without exception however, Unfortunately, "nutritional balance" will not lead to differentiation.

(続く)

(To be continued)


2017-01-11 「10分クッキング」では足りず「3秒クッキング」くらいの高速調理技術 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

これらの問題は、私くらいの年齢にならないと、(特に男性は)真剣にならないからです。

Many people (especially men) don't come to be serious about these problems.

とすれば、特化する分野は、やはり「技術」ということになります。

If so, the field to be specialized is still "technology".

(3)新超高速調理手法

(3)New super fast cooking method, for example,

「10分クッキング」では足りず「3秒クッキング」くらいの高速調理技術

not "10-minute cooking" but "3 seconds cooking".

(4)調理という観点のみに着目した、新技術(IoT、ロボット、人工知能)

(4)New technology (IoT, robot, artificial intelligence) focusing on cooking only

「スマート家電」などという広い概念ではなく、調理器具に特化した技術で、具体的には、2秒で加熱を完了する電子レンジなど

It is not a broad concept such as "smart home appliances", but a technology specialized for cooking utensils, for example, a microwave oven which completes heating just in 2 seconds.

-----

In addition, I think that "diet using engineering method" is something good.

「日経クッキング」の企画が出てきたら協力致します。

I will cooperate when the plan of "Nikkei Cooking" comes out.

お声がけ下さい。

Please hear your voice.


2017-01-12 「一度、出会ったモノであれば、最後まで添い遂げるのが『愛』だろう?」 [長年日記]

「私の書斎は電車の中」といっていいくらい、私の文章は、電車の中で作られています。

My writings are made in the train as much as saying "My study is in the train."

当然、ノートパソコンを使うとになりますので、座れなければ、お話になりません。

Of course, I have to use a note-PC, so if I cannot get the seat, I can do nothing.

ですので、私は満員の急行列車で早く出社/帰宅するよりも、各駅停車で席に座る方を選びます。

So, I will choose a local train that I can sit down easily, not a crowded express train.

文章を書いている時の方が、圧倒的に時間が短く感じられるからです(そして時々、乗越します)。

I feel that the time when writing is overwhelmingly felt for a short time (and sometimes I get over the destination).

-----

ところが、最近、この文章作成作業にストレスがかかって仕方ありません。

However, recently, I have felt bad for this writing work in a train.

特に、日々自動更新され続けるウィルスチェッカーが、パソコンのパフォーマンスを奪っているようで、もう、うっとうしくて仕方ありません。

Especially, the virus checker in my PC that keeps updating automatically every day, seems to deprive my note-PC performance, and it is annoying very much.

最近はノートパソコンも安くなってきているのですから、最新機を購入すれば良いのですが、家計の事情もさることながら ―― 私は、動くものを、捨てることができない性格なのです。

Recently note-PCs are getting cheaper, so there is no problem to purchase the latest machine, however, not only for circumstances of my households, but also "I can not throw away good things to work".

衣服や靴も、完全に使えなくなるまで ―― 下着や靴下なら穴があくまで、靴なら雨の日に水が入って、その不快に耐えられなくなるまで ―― 使い倒します。

Even clothes and shoes become completely usable -- underwear or socks that have holes, shoes that water will enter on the rainy day until I can not tolerate that discomfort -- I continue to use them.

こんな私のことを、嫁さんは、すっかり諦めているようです。

My wife seems to give up so much about me.

江端:「一度、出会ったモノであれば、最後まで添い遂げるのが『愛』だろう?」

"Once I have met a thing, it is "true love" to accomplish the end"

江端:「私は、自分の最愛の妻を『動かなくなれば捨てる』などということは、決してしないぞ」

"I will never throw away my beloved wife, even if she becomes bedridden"

と言う私に、嫁さんは「極論すぎる」と言っています。

My wife says "extreme polemics", against my opinions.

まあ、「組織ごと人間を切り捨てる『人間嫌い』が、どの口で『愛』語るか」と言われれば、その通りなのですが。

Well, I think that she is right. "Who says "love" like you who are a typical misanthrope and can break the relationship with the organization".

(続く)

(To be continued)


2017-01-13 ―― まだ動くのかい? じゃあ、ウチにくるかい? [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

秋葉原のジャンク屋で、まだ動くかもしれないセンサや監視カメラやステッピングモータがあれば

Whenever I find a sensor or monitoring camera that could be reactivated in a junk shop in Akihabara area.

―― まだ動くのかい? じゃあ、ウチにくるかい?

"Do you want to work more? so why not come with me?"

と、それを自宅に持ち帰って、我が家(や実家)のセキュリティシステムに組み込んでしまいます(デバイスのいくつかは、稼動せず、我が家でゴミ山を形成しますが)

I take them to my house, and I try to embed them to my (or my parent's) home security system. ( and some devices cannot be reactivated, they come to be pile of paving machine.

-----

「買い物依存症」という病があるそうですが、私の場合、

I hear that there is a mental disease whose name is "Shopping dependence syndrome", and in my case,

「ジャンク収集癖」に加えて、「動くか、動かないか」というギャンブル依存症と、「何が何でもお前を動かしてやる」というストーカーのような心理も加わって、

I have mental diseases of "digital gadget collecting mania", "gambling addiction" to try to check "reactivate or not" and "habitual stalker" to insist on make them reactivate.

After all, I am afraid that this is a

―― 立派な心の病

"commendable mental diseases"

と言えそうです。

-----

人間も含め、全ての有体物は、時間軸方向にかならず機能停止する運命にあります。

All tangible things, including human being, are destined to be breakdown in future.

以前、遺伝子のことについて調べていた時に、DNAの中に「機能停止(死)のプログラム」が、運命的に組み込まれていることを知って ―― 驚いたいものです。

A long time ago, when I studied about gene, I was amazed that I knew that the breakdown(death) program is embedded in all creatures.

いずれ壊れて死に至るのなら、「何もしなくても同じだ」と考えることも、「そこまでに、やりたいことやるぞ」と考えることも、どちらも価値があるとも言えるし、同時に、どうだって良いとも言えます。

"We all lead to death" means "it's the same without doing anything." and "I will do what I want to do before". I think that both are worth, and both are meaningless.

(続く)

(To be continued)


2017-01-14 ―― この私にラクをさせ、楽しませる為だけに、動け [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

いずれにしても、「どのように生きるか」は、外部にインターフェースを持たない、自分自身に内在する問題です。

In any case, the question of how to live is is a problem inherent in oneself without external interface.

ですから、「人生をどう生きるべきか」とか本の表題を見る度に、

Therefore, whenever I look at the title of book "How to live life", I think

―― うるせえ、バカ野郎

"Noisy, bastard"

と思っています。

-----

私は、「アウトソーシング」だの「シェアリングエコノミー」とかいう用語を、なんとなく不快に感じるのです。

I feel somewhat uncomfortable whenever I hear the term "outsource" and "sharing economy".

そこに、働ける人がいて、動くデバイスがあれって、利用可能なリソースがあれば、

There are people who can work, operating device moving, and usable resources,

「循環型社会」がどうの「デジタルソリューション」がどうの、という能書きはどうでもよく、

I do not care the boasting ""Recycling-oriented society" and "Digital Solutions".

単に

Simply,

―― この私にラクをさせ、楽しませる為だけに、動け

"Move to make me feel easy and entertain me,

と思っています。

I think.

-----

だから、私の、古いデジタルガジェットの活用や再利用を、

So, if someone try to make a 'Nice talk' such as 'reuse of resources'

「資源の再利用」などという「美談」になんぞ仕立て上げる奴がいようものなら、

about use or reuse of old digital gadgets,

―― そいつのパソコンに「トロイの木馬」を送り込んでやるぞ

I am going to send "Trojan horse" on their computer.

というくらいの気持ちはあります。

seriously.


2017-01-15 自分のクローンは、「永遠の命になっているか」という話もしました。 [長年日記]

どんな展開で、そうなったのか忘れてしまいましたが ――

I forgot the process to the following issue, however,

週末、娘(次女:中二)と、「宗教の目的」「宗教の自己矛盾」の話をしていました。

Both my junior daughter and I talked about "purposes of religion", and "self-contradiction of religion" at the last weekend,

で、どんな展開で、そうなったのか忘れてしまいましたが ――

In addition, I also forgot the process to the following issue, however,

自分のクローンは、「永遠の命になっているか」という話もしました。

we also talked about "whether cloning technology gives us an eternal life".

-----

娘:「人間のクローンって、可能なの?」

Junior Daughter(JD):"Is it possible to make human clone ?"

Ebata:"Absolutely possible"

娘:「じゃあ、どうして人間のクローンは作られていないの」

JD:"So, why does someone doesn't try to make it?"

Ebata:"Because, it is against the law at the present moment"

娘:「法律が禁じていたって、やる気があればできるんじゃないの?」

JD:"Even if so, is it possible to try itself?"

私:「やっていると思うよ。『やっていない』と考える方が、難しいと思う」

Ebata:"I agree with you. Conversely I think that it is hard to think "not to put it into operation"

(続く)

(To be continued)


2017-01-16 「クローン」についても、ちゃんと教えるべきだと思うのです。 [長年日記]

(続く)

(To be continued)

娘:「なんか、凄く怖いんだけど」

JD:"I come to feel fear deeply"

私:「でも『食べて』いるじゃんか」

Ebata:"You eat it don't you?"

娘:「?」

JD:"?"

私:「今日食べたビーフシチュー、『牛肉』入っていたよね」

Ebata:""Beef" was included in the beef stew we had at today's dinner.

娘:「?」

JD:"?"

私:「『クローン牛』は、もはや、常識だよ」

Ebata:"It goes without saying that "clone beef" is as a daily product.

娘:「え・・・、それって危くないの?」

JD:"Um... is it safe ?"

私:「『クローン牛』は、遺伝子操作している訳じゃない。遺伝子の100%の完全コピーだ。だから、コピー元の牛が危険でなければ、コピーされた牛も危険ではないよ」

Ebata:"Clone beef" is not genetically modified. It is perfect gene copy.If the source beef is safe, the clone beef is also safe."

-----

私、以前から、義務教育のプロセスで、「重水炉型原発」と「軽水炉原発」の仕組みの違いを、教えるべきだ、と言ってきました。

I have argued that the mechanism of nuclear power-generating plants of both heavy water reactor and light water reactor lone before.

「クローン」についても、ちゃんと教えるべきだと思うのです。

I think that we should give children to "clone" information, too.

「自分のコピーが生産可能」という事実を教えることで、『子どもの心の中で何かが壊れる』と心配している人が多いのかもしれません。

Some people are afraid that the fact of "self-production possibility" is going to destroy something in children mind.

理屈はともあれ、私も感情的には納得できます。

Leaving the logic aside, I can understand the emotional hang-ups.

しかし、逆転の発想で、「クローン」から出発して、「命とは何か」「命がなぜ等しく大切なのか」 ―― 倫理とか人権とか平等とか、そういう概念に至ることもできると思うのです。

However, in contrast I think that we might get a new approach about moral, human rights and equality by a thought of "clone mechanism", for example "what a life is" and "Why life is important"

-----

で、江端家では、娘たちには、そういう教育を絶賛実施中です。

So, in the Ebata's, I have provided such tuitions to my daughters in many fields.

もし、彼女たちが『壊れる』ことなく成人したら、この教育方法、ご検討頂きたいのです、文部科学省の皆様。

If my daughters become adults without being destroyed by me, I ask you for discussion about this way, Dear Mr./Ms. in Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology.


2017-01-17 「◯◯をやっている人に悪い人はいない」 [長年日記]

I wrote it before, however, even now I think,

「◯◯をやっている人に悪い人はいない」と、という発言をする人は、

the person who said "there is no evil person who do XXXX" is

基本的に、◯◯の関係者であり、基本的に「頭が悪い」人と思っています。

a central player of XXXX and "stupid" basically.

偏見を込めて言わせて頂ければ、こういう発言をする人間には、スポーツ関係者が多く、特に武闘家に多い ―― と思います。

From jaundiced eye, It seems to be often the case that the person is for sport business, combat sports specially.

これも、以前に書きましたが、

I also wrote it before, if I hear a certain person's opinion of

「◯◯をやっている人に悪い人はいない」

"there is no evil person who do XXXX"

という発言を聞けば、私は次の日、そのスポーツまたは武闘に入門します。

I will become a disciple of the sport or combat.

これで、"反例1"の完成で、「◯◯をやっている人に悪い人はいない」の真偽は、「偽」で確定します。

This means that a counter-example is completed, the question of "whether it is true or not" of "there is no evil person who do XXXX" is decided as "not" completely.

------

まあ、それはさておき。

Leaving it aside,

『ある特定の行為または職種に、高いモラルが宿る』という考え方自体が、

I think that the thought of "High ethical standards indwell in a special action or type of work" is

無知性で、狭窄視野的で、自己完結的で、

unenlightened, local outlook, self-contained and

論理的、数理的、統計的という考えが1mmも入り込まない

illogical, nonmathmatica, nonstatistical,

ぶっちゃけて言えば「アホの戯言」 ―― と思っています。

I think that it is "stupid shit", if I speaks quietly.

------

まあ、それはさておき。

Well, aside from the above,

先日、連載コラム「世界を数字で回してみよう」のレビューを、あの例の「無礼な後輩」に頼んでいたところ、以下のような結論に至りました。

The other day, while both the "rude junior" and I discuss the series' 'Let's Turn the World Numerically', we came to the conclusion as follows.

後輩:「詰まる所、江端家ご令嬢に相応わしい結婚相手として確実なのは『エンジニア』ということですよね」

Junior: "It's definitely that an" engineer " is the best person who is a suitable partner for marriage to the Ebata's daughters.

江端:「うむ。まさしくその通り。『エンジニアに悪い人間はいない』からな」

Ebata: "Well ... exactly right, there is no bad engineer in the world."


2017-01-18 「生肉」を投げ落した週末研究員 [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

Let's turn the world by "Number" Accident resulting in injury or death (37) "

Four scary information to understand a real "one-under"

-----

今回の論証の根拠を得る為に、

In order to obtain the basis of this argument,

自宅の2階から、近所の歩道に向けて、

from the second floor of the house, toward the sidewalk of the neighborhood,

「肉塊」を投げ落した、

throwing "raw meat block"

そういう週末研究員は

Such a weekend researcher

実在します。

has existed.


2017-01-19 というか、多分、人類は、数学と相性が悪い。 [長年日記]

I told you before, people who do not like mathematics really dislike "mathematics". It seems be more intense than dislike of other subjects.

よく使われるフレーズは『数学は、ただ一つの解答しか認容しないから』です。

A common phrase is "Mathematics accepts only one answer".

『0%と100%しかないという、融通のきかない世界』で、そこが嫌いである、と。

The mathmatics worlds are only two "0%" and "100%" in the inflexible world ", so they dislike math.

物理嫌いや化学嫌いも含め、いわゆる「理系嫌い」というのは、その辺の理由が根っこなのでしょう。

So-called "science hatred", including physical and chemical dislike, is based on the above reasons.

そもそも、日本の理系文系学部比率35:65(江端調査結果)を見れば、日本人が数学や理学が得意でないということは、明らかです。

Initially, it is clear that Japanese are not good at mathematics and science, from the ratio of "Science of Science" and "Faculty of Arts and Sciences" in Japan is 35:65 (Ebata's survey result)

というか、多分、人類は、数学と相性が悪い。

It means, human beings are not compatible with mathematics perhaps.

-----

この「0%/100%」の思想は、数学への誤解(というか『数学教育の瑕疵(かし)』)なのです。

This philosophy of "0% / 100% is a misunderstanding to mathematics (or "mathematical education defects").

数学は、「実学」として「料理のレシピ」のように有用なものです。

Mathematics is "practical" and useful as "recipe of cooking".

その辺を全く分かっていない『知識人』なる人たちがいて ――

There are people who are "intellectuals" who do not know the circumstances at all.

この人たちは、図りしれないほど、我が国にとって「有害」な物体です。

They are "harmful" objects to our country to the extent possible.

Please read this, including much information of the circumstances

-----

それはさておき

Apart from the above,

「数学が嫌いな人」を解決する、根本的な解決法が一つあります。

There is one fundamental solution that solves "person who dislikes mathematics".

「数学」と出会う機会を失わせてしまえばよい ―― つまり、上記の『知識人』の主張を、究極まで押し進めれば良い ―― のです。

We can let the opportunity to meet "mathematics" be lost - In other words, it is only necessary to push the above-mentioned "intellectuals" claim to the ultimate.

「出会い」がなければ、「嫌い」にも「好き」にもなれません。

Without "encounter", nobody can "dislike" or "like".

これがナンセンスな極論であることは理解しているのですが、ある種の真理だとも思っています。

I understand that this is a nonsense polar theory, however, I also think that it is a kind of truth.

(続く)

(To be continued)


2017-01-20 『プログラミングなんて、一生やるものか』という決意をする、なんてことににはならないだろうか ―― と。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

さて、小学生のプログラミング教育が義務化されることになったそうですが、

Well, I know about computer programming has been included in compulsory education curriculum.

私は死ぬほど心配しています。

However, I am worried to death, that

この教育プロセスによって、多くの子どもが

In this curriculum, many children will decide

『プログラミングなんて、一生やるものか』

"I will never do programming for my life"

という決意をする、なんてことににはならないだろうか ―― と。

-----

プログラムというのは、どの部分をとっても、曖昧(あいまい)さの存在を絶対に許しません。

"Programming" is never allowed to exist ambiguity in their own.

ターゲットの問題を完全に把握して、不明点があったとしても、無理な仮説を持ち込んででも、それを完璧に記述しなければなりません。

We should understand the target for programming perfectly. when there is an ambiguity in the target, we should describe it even if it might be far-fetched hypothesis.

それは、(誤解されている)数学と違って、本当の意味で、0点と100点しかない、冷酷にして残酷な世界です。

It is different from "misunderstood" mathematics, and it is really unfeeling and cruel world, where is except for 0 or 100.

-----

もちろん、プログラミングは、論理的な考え方を育成するのには、有用な手段ではあります。

Of course, I can understand that programming is a good method to develop a logical thinking.

しかし、プログラミングとは、「論理的であることが望ましい」 などという腑抜けた態度では成立しない作業なのです。

However, programming is not coming into existence with an ambiguous attitude like "desirably logical response"

Programming needs,

■完全に論理的で、

- perfect logical thinking,

■病的なほどの注意と、

- diseased wariness

■到底ありえないほどのケースまで想定した膨大な数のテストを繰替えす

- repeating the huge number of tests that are absolutely impossible.

ことが必要になるからです。

もし、そのような配慮がなければ、プログラムは「1mm足りとも動き出さず」、あるいは、「非常識な程の答えを叩き出す」からです。

If there is no such consideration, the program is going "not to move at all" or "to output an insignificant answer".

For example, it is said that "only 3 lines" among hundreds of thousands of lines of program code, caused the major accident that was a breakdown around one third of of the U.S region.

多くの人は信じられないかもしれませんが、私達プログラマーの世界では、これは「普通」のことです。

Many people may not believe it, however, this is "normal" in our programmer's world.

私達、プログラムに係わるエンジニアは、そういう日常の中で生きているのです。

We, the engineers of programming field, live in the daily life.

(続く)

(To be continued)


2017-01-21 ―― 私には(他の人には見えなくても)、もう、今の段階で、義務教育プロセスのプログラミング教育の「大失敗」が見て取れるのです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

現在の、義務教育プロセスのプログラミング教育が、

If the contents of programming education for compulsory education

■病的なほどの注意と、到底ありえないほどのケースまで想定した膨大な数のテスト

will skip the diseased wariness and the repeating the huge number of tests that are absolutely impossible, conveniently

のところを、都合よく無視して

and

■その「論理性」のところだけ切り出して教えようとしている

will be trying to cut out and teach only that "logicality"

のだとすれば

―― 私には(他の人には見えなくても)、もう、今の段階で、義務教育プロセスのプログラミング教育の「大失敗」が見て取れるのです。

I can already see the "big failure" of programming education in the compulsory education process at this stage, even if not seen by others.

-----

ちょっと話はずれて、プログラミング教育ではなく、コンピュータ支援教育の話になります。

Talking away, I want to talk about computer-aided education, not programming education.

コンピュータ支援教育とは、コンピュータを用いて行う教育のことで、CAI(computer-assisted instruction)と呼ばれています。

It is called, CAI(computer-assisted instruction),which is education by computer.

"eラーニング"もCAIの一つだと思うのですが、これは単にパワーポイントのレビューをしているようなものであって、ちょっとCAIとは違うと思っています。

I think "e-learning" is also one of CAI, however, I think that it is slightly different from CAI, because it is just likely to be reviewing PowerPoint.

CAIは、実際にコンピュータが教師となって、コンピュータと対話しながら、教育を実施する、というものです。

CAI is to actually educate computers as a teacher's agent, talking with students.

CAIは、何年か毎に、思い出したように登場してくるのですが、

CAI appears every few years, as it we remembered,

私が知り得る限り ―― 成功例ゼロ

As far as I can know - there is no success case.

特に義務教育での利用については、成功報告のレポートは見たことがありません。

Especially for use in compulsory education, I have not seen a report on the success report.

(もし、成功例があるなら、とっくに広まっているハズです。最近は、パソコンも安価になっていますし、中古ならタダ同然で手に入ります)

(If there are success stories, it is a huge spreading long ago. In addition recently, the personal computer is also inexpensive, and you can get it for free if you are second hand).

次女が、ゲーム機器(例えば、ニンテンドDS等)の、絵画の練習ソフトをねだった時も、私一人が購入を反対しました(押し切られましたが)。

Even when the second daughter wanted painting practice software for a game machine (such as Nintend DS etc), only I opposed the purchase.

そして、その後、次女が、そのソフトを使っているところを、一度も見たことがありません。

And after that, I have never seen the second daughter using that software.

総じて、コンピュータによる教育(特に子どもへの教育)について、コンピュータと人間は相性が悪いようです。

In general, it seems that both computer and human beings are not compatible about CAI (education for children in particular).

(続く)

(To be continued)


2017-01-22 そもそも、「楽しいプログラミング」というのは、「白い黒」というくらい矛盾していると思うのです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

さて、話を戻します。

Well, let me return to the board.

今回、文部科学省の、プログラミング教育の指導要領を調べてみたのですが、私の危惧を裏付けるものが、大量に見つかっています。

This time, I examined the guidelines for programming education of the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, however, I am afraid that a lot of things that support my concern have been found.

つまり、プログラミングの、もの凄く嫌な部分をスルーして、都合の良いところだけを取り出す、という方式です。

In other words, it is a method of disgusting parts of programming thoroughly and taking out only the convenient part only.

私は、概ね

I will judge it is absolutely "Failure is fixed", if

■「可愛いキャラクター」が「しゃべりかけてくる」ようなGUIを有するもの、

- Something having a GUI such that "cute character" "talking to a children"

とか、

or

■四角と矢印を繋げるだけででできるプログラミング、

- Programming that can be done simply by connecting rectangles and arrows,

というようなものが登場するものであれば、

appears.

―― もう「失敗確定」

と、判断します。

-----

そもそも、「楽しいプログラミング」というのは、「白い黒」というくらい矛盾していると思うのです。

In the first place, I think that "fun programming" is contradictory as "white gray".

(続く)

(To be continued)


2017-01-23 人間とコンピュータの両方にとって、ギリギリのラインで理解しあう為のツールが、「プログラム言語」であって、 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

「プログラミング」が楽しい訳がありません。あれは「苦行」とか「業」という言葉のほうが似合います。

"Programming" can not be "fun". The words of "penance" or "guilt" is better than it.

プログラミングとは、人類史上、始めて「機械(コンピュータ)との対話」を試みる具体的な手段で、しかも、人間が体現したことのない言葉(プログラム言語)で語りかけなければならないものです。

Programming is a concrete mean of trying "dialogue with a machine (computer)" for the first time in human history,

Moreover, we have to speak by new types of languages (programming languages) that human beings have never used before.

しかもプログラミング言語は、1mm足りとも、文法ミスを許してくれません。その厳しさたるや、英文法と比較できるものではありません(英語なら、単語の羅列だけでも、会話は成立する)

Besides, the programming language does not allow grammar error at all. It is too hard to compare with English grammar, (Even in English, conversation is established with only word sequence)

有史以来、人間は、「愛」と「暴力」のいずれかで、意思疎通を図ってきましたが、コンピュータには、そのいずれも通用しません ―― だから、怒り狂って、パソコンを窓から投げ捨てる人が出てくるのです。

Historically, humans have tried communicating either "love" or "violence", however neither of these can be applied to computers. So, someone gets angry with computer, and throws a computer out of the window.

人間とコンピュータの両方にとって、ギリギリのラインで理解しあう為のツールが、「プログラム言語」であって、

For both human beings and computers, "programming languages" are only tools to mutually understand at the last minute, and

双方が苦痛(または非効率)を感じながら、それでも、双方の協力が不可欠だから ―― 本当に仕方がないから ―― 行う作業、 それが「プログラミング」なのです。

While both sides feel pain (or inefficiency), nevertheless, mutual cooperation between the two sides is indispensable, and "it really can not be helped", "programming" should be worked.

(続く)

(To be continued)


2017-01-24 『何故、江端は、コラム連載の度に、誰も使わないようなプログラムを作っているんだ?』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

しかし、ここに、一つの矛盾が生じます。

However, one contradiction happens.

『何故、江端は、コラム連載の度に、誰も使わないようなプログラムを作っているんだ?』

"Why does Ebata try to make a program that nobody will use whenever he release a new column?"

それは、「私がプログラミングが楽しいと思っている」 ―― など、あろう訳がなく、

"I enjoy programming at any time" is not true.

■自分で、ある仮説を立ち上げたとして、

- When I make a certain hypothesis,

■その仮説を現実世界で「検証」できないまでも、

- Even though I can not "validate" that hypothesis in the real world,

■仮想の世界で「模擬」をして、

- I can make a simulation in the virtual world

■自分自身で納得する為には、

- To convince yourself,

プログラミング以外の手段がないからです。

There is no means other than programming.

もし私が、「1秒間に100万回くらい電卓を叩く」ことや、「1億人分の仮想エージェントの同時に追跡する」能力があれば、プログラミングなんぞやりません。

If I can "hit the calculator about 1 million times per second" or ""track hundred million virtual agents at the same time", I have no reason to do it.

このように、追いつめられたエンジニアが、苦しみながらも、プログラミングを続けているのは、それなりの「理由」があるからです。

Thus. the reason why the engineers who are troubled continue to program with suffering is that there is a reasonable "reason".

-----

(1)「楽しいプログラミング」というのは、多分プログラミングの本質に1mmも近づくことができず、それどころか、逆にプログラミングの怖さを理解しない子どもを量産する可能性があること

(1) For "fun programming", they I could not approach 1 mm to the essence of programming, on the contrary,conversely there is a possibility of mass-producing children who do not understand the fear of programming.

(2)といって、「苦しいプログラミング」では、「数学嫌い」と同様の「プログラミング嫌い」を作り出すことにもなります。

(2) however, "painful programming" will also produce "programming dislikes" like "mathematics dislikes".

そして、何より、私は、文部科学省が実施しているプログラミング教育に、「反対している」訳ではないのです。

And above all, I am not "opposed" to the programming education that the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology is conducting.

(続く)

(To be continued)


2017-01-25 そこで、ターゲットを絞って「スプレッドシート教育」としてしまってはどうでしょうか。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

プログラミングスキルを有する人間を育てることは、我が国にとって ―― は、どうでもよくて ―― 多分、子どもたちにとっても、「喰いっぱぐれる可能性を小さくする技術の一つ」だとも思うのですよ。

To nurture a child with a programming skill, not for Japan, but for children themselves, I think that it is a technology of "good job for food".

なにしろ、プログラミングは、特殊な道具を必要としない(せいぜいパソコンくらい)、初期投資の小さい、効率のよい仕事である ―― と、思いますから。

Anyway, I think that programming does not require special tools (at least PC), and it is an efficient work because of small initial investment.

-----

そこで、私、一つ提案があります。

I have one proposal.

「プログラミング教育」という枠組みは、今のままでは、これまでのCAIと同じ道を歩むと思います。

I am afraid that the framework of "programming education" will be on the same path as CAI at this stage.

そこで、ターゲットを絞って「スプレッドシート教育」としてしまってはどうでしょうか。

So, why do not we focus on "spreadsheet education"?

スプレッドシートとは、要するに「エクセル」などの表計算ソフトのことです。

Spreadsheet is, in short, spreadsheet software such as "Excel".

Linuxのディストリビューションに漏れなくついてくるLibre Officeや、Googleスプレッドシートなら、タダで使えます。

You can use "Libre Office" in Linux distributions, and "Google spreadsheet" for free.

そして、初めてスプレッドシートを使った子どもは、驚愕するはずです。

And, for the first time using a spreadsheet, any child should be surprised.

計算結果の数値が、その途中のプロセスも含めて、ディスプレイに現われ、そして、それを、一瞬でグラフにできるのです。

They can see that numerical values including the process, appears on the display and the values can be graphed in a moment.

そして、コラムの数字を1つ変えるだけで、全部のカラムの値が一斉に変化して、グラフの形が瞬時に変化する様子は、

And, just by changing the number in the column, the values of all the columns are also going to be changed at once, and the shape of the graph is also going to be moved instantly.

可愛いキャラクターが出てきて ―― そして、3分もしないうちに飽きてしまう ―― 「プログラミング開発環境」なんぞより、よっぽどエンターテーメント性に長けている、と思う。

This tool is much more entertaining than the "programming development environment", which pretty characters appears and the child gets tired of in less than three minutes.

なにより、スプレッドシートは、「プログラミング不要」という点に、最大の利点があります。

Above all, the spreadsheet has the biggest advantage in that "programming is unnecessary".

なにしろ、カラムに計算式放り込んでおき、必要に応じてコピペを繰り返すだけで足りるのです。

In any case, it is enough to simply put a calculation formula in the column and repeat copy and paste as necessary.

-----

もちろん、私が必要とするような計算(1億人とか、100年間分とか)は、エクセルでは不十分ですが、日常の計算であれば、エクセルで取り扱えないようなものは、ないと思います。

Of course, I do not think Excel is sufficient for calculations that I need (for 100 million people or 100 years) however, I think there are no subject that Excel can not handle for everyday calculations,

(Above all, I tried simple logical calculation of global warming with Excel)

特に、エクセルは数学や物理の分野にも威力を発揮すると思います。

Especially, I think that Excel will show its power in fields of mathematics and physics.

微分や積分の結果が、実数でも試せることや、そしてパラメータの設定ひとつで、出てくる解の精度が変化することは ―― コンピュータによる計算のリスクを、子どもたちに教えてくれるハズです。

The result of differentiation and integration can be tried even with real numbers, and the accuracy of the outgoing solution also changes with one parameter difference, are going to tell children about the risk of calculating by a computer.

(続く)

(To be continued)


2017-01-26 まず「パソコンの前に向かおう」という気力が湧かないはずです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

しかし、このスプレッドシートを使った教育でも、まだ不十分だとと思うのです。

However, I think that education using this spreadsheet is still inadequate.

まず、「パソコンの前に向かおう」という気力が湧かないはずです。

First of all, they should not come up with the power to "go to the PC."

メールとSNSとゲームの端末と思っている(?)子どもに、あの無愛想なシートを開かせることができるとは、私ですら思えません。

I do not even think of it that, nobody can make children who think a PC is SNS and game terminals open the unfriendly spreadsheet.

それと、自分の回り(例えば保護者や教師)に、パソコンの経験者が存在するかどうかは、学習を開始する以前に、決定的な差異(あるいは不公平)になるはずです。

Before starting learning, it becomes an decisive unfairness whether there are experienced PC users around themselves(e.g. parents or teachers)

これら問題を回避する為には、子どもに、スプレッドシート(エクセル等)を使わせる「強烈な動機付け」を与えなければなりません。

In order to avoid these problems, we will give the children "intense motivation" for trying to use the spreadsheet like Excel.

===================

(ケース1)小学生向き

===================

=====================================

(Case 1) For primary school students

=====================================

(1)夏休みに、この表に記載された計算をしてくること

(1)Do the calculations stated in this table during the summer vacation

(2)なお、各個人ごとにドリルの数値と計算パターンは異なるので、他人のものを写しても無駄である。

(2)Copy other's stuff will be in vain, because the numerical value of the drill and the calculation pattern are different for each individual.

(3)上記(1)の表は、希望があれば「電子ファイル」でも提供する

(3)The table of (1) above is also offered as an "electronic file" if desired

(4)スプレッドシートを印刷してそこに解答を書き込んだものを提出しても良いし、スプレッドシートをそのまま使って、パソコンで計算しても良いものとする。

(4)You can submit a printed spreadsheet and written answers there, or you can use the spreadsheet to calculate it with a personal computer.

===================

(ケース2)中学生向き

===================

========================================

(Case 2) for junior high school students

========================================

(生徒A)

(Student A)

(1)学校の近くにある、スーパーAの一日あたりの売上と利益を推定した結果を、スプレッドシートで提出せよ。

(1)Submit the result of estimating the sales and profits per day of Super A near the school on a spreadsheet.

(2)スプレッドシートには推定に至る仮説と、それに基づく計算結果が、読み手に理解できるように記載されていればよい。

(2) The hypothesis that leads to estimation and the calculation result based on it are written in the spreadsheet so that they can be understood by the reader.

(3)お店にご迷惑をかけない範囲であれば、モニタやインタビューをしても良いが、必須ではない

(3)Monitoring and interviewing may be done as long as it does not inconvenience the store, but it is not essential.

(生徒B)

(Student B)

(1)学校の近くにある、コンビニBの(以下省略)

(1) The convenience store B near the school (hereinafter abbreviated)

(生徒C)

(Student C)

(1)学校の近くにある、自動販売機Cの(以下省略)

(1)Vending machine C near the school (hereinafter abbreviated)

===================

(ケース3)高校生向き

===================

===================

(Case 3) For high school students

===================

水をつめた1リットルの牛乳パックに下から5cmのところに、直径7mmの穴を明けるものとする。その時の水位と水量をグラフで現わせ。

A hole of 7 mm in diameter shall be drilled 5 cm from the bottom into a 1 liter milk pack filled with water. At that time, show the water level and water volume in a graph.

なお、計算の手段は問わない(微分方程式の利用は随意)。ただし、スプレッドシートを使って計算しても良い。

The means of calculation is not limited (use of differential equations is optional). However, it may be calculated using a spreadsheet.

―― てな感じの、「宿題」にするのはいかがでしょうか。

How do you make the "homework" like the above?

これは、人間は『ラクをする為であれば、どんな努力もする』という矛盾した性格を利用した、「強烈な動機付け」を伴った、

This is based on the fact that human beings have a "strong motivation" with the inconsistent character of "doing any effort to make it easier"

『プログラムを使わない(コラムを定義するだけの)プログラミング教育』

"Programming education not to use programs (just define columns)"

です。

(続く)

(To be continued)


2017-01-27 私は、エクセルさえ使いこなせれば、プログラミングなんぞ、本当にどーだっていいと思っています。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

プログラミング教育なんぞをやる前に、先ずはスプレッドシートで、

Before starting serious "programming education", we will make the children feel

「コンピュータって、こういう風に使うわけね」

"I see. That is how to use a computer isn't it?"

「数字って、結構、便利じゃん」

"Math is more useful than I have expected isn't it?"

を実感できることが大切だと思うのです。

These are the most important purpose, I think.

私は、エクセルさえ使いこなせれば、プログラミングなんぞ、本当にどーだっていいと思っています。

If they can make full use of "Excel", I believe that we make no never mind of programming.

なぜなら、世の中の大半の計算は、エクセルで片がつくからです。

Because, most of the calculations in the world are going to be finished.

もっとも、プログラミングの目的には、「通信」「データベースアクセス」「Webインターフェース」などがありますが

On the other hand, there are another purpose of programming, for example, "communication", "database access" and "Web I/F" and so on,

―― 正直、これすらも、エクセルと組み合わせて使えるスクリプトもあります。

however, Excel can has their function with MACRO scripts.

このスクリプトを使いこなせるようになれば、プログラミング学習への展開も、とてもラクにできるようになると思います。

If they come to use the MACRO scripts, it is easier for them to change Excel with programming.

そして、「エクセル程度の計算では、全然お話にならない」と彼らが実感した、まさにその時、

When they start to feel "Excel is too poor to solve the problem",

実践的なプログラミング教育を「実学」として発動させれば良いのです。

we will give them a lot of know-hows of serious programming as "pragmatic learning".

-----

話は少し逸れますが、

Turning off the topic, however

私、滅多に子どもたちに強権を発動しない(ように心掛けている)のですが、二人の娘たちに、「そろばん教室」に行くことだけは、強制しました。

I had push my daughters to go to abacus school when they were primary schoolers, thought I have taken thought for such a power with my view.

(続く)

(To be continued)


2017-01-28 ―― 数字(×数学)に対する嫌悪感を払拭する [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

コンピュータのエンジニアである、この私が、です。

It is me, a computer engineer.

そろばん教室の目的は、「頭の中に電卓を作る」ことです。

The purpose of abacus school is to make a electric calculator in their brain

当時の娘たちは、3桁の数字のかけ算を、暗算でやっていました(今は、もうできないだろうけど)。

My daughters, at the time, could do multiplication of triple digits in their head (however, they can not do it now)

夏休みの計算ドリルなど、何冊あろうとも、彼女たちの敵ではありませんでした。

Even if the enormous homework books of number work in summer vacation, they were be no match for my daughters.

次女に至っては、そろばんの昇級合格で、写真入りの記事が出ていた(という記憶がある)し、私自身、次女を「会話型の電卓」として便利に使っていました。

For the junior daughter, I remember that she was introduced as a junior abacus master by a paper with her picture, and I also used her as a useful calculator with interactive mode function, indeed.

いずれにしても、

Anyway, I think that my first purpose of that

―― 数字(×数学)に対する嫌悪感を払拭する

"getting over their dislike of numbers (not math)"

という、私の当初の目的は達成した、と思っています。

had been achieved perfectly.

-----

では、そろそろ、総括します。

I am going to make a wrap-up of this thread.

「数字」と「数学」と「プログラミング」は、本来個別独立したものです。

"Numbers", "Math" and "Programming" are basically independence.

しかし、教育プロセスにおいては、この3つを、ベッタベタにくっつけて考えることで、逆に相乗的な効果が期待できる、と考えています。

However I think that if these three things are packed, they become effective synergy in the education process, adversely.

(続く)

(To be continued)


2017-01-29 (5)上記(1)~(4)の策定、立案、およびプログラミング教育の現場の教諭として、江端智一の雇用を強く推奨する。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

教育カリキュラムは、その具体的な題材を示してやるだけで良いのです。

What we should do is just to provide the concrete example with children.

例えば、

For example,

■アコムやプロミスを安直に使ったら、その結果、どのような借金地獄がやってくるかを、

If they use "ACOM" or "PROMIS" easily, what type of "debt hell" is coming to them.

■パチンコや競馬のシミュレーションで、ギャンブルに勝利する絶対原則が『ギャンブルをやらないこと』となることを、

If they try a gamble simulation like pachinko or horse race, they can understand the absolute principle is going to be "Not doing any type of gamble".

■放射性廃棄物(核のゴミ)が安全な状態になる期間が、マンモスが登場してから現在までの時間を10倍にした未来でも、まだ足りないことを、

If they calculate the time of radioactive wastes become safe, they will know that it is not enough that ten times of the period from mammoth's life to the present.

■理想の彼女/彼氏に出会う(運命の人に出会う)可能性が、人生をあと1000回やりなおして、なお、その"1回"が期待できるかどうかが危ういことを、

If they calculate the possibility of meeting an ideal girlfriend / boyfriend (meeting a person of destiny), they will know that it is doubtful whether the "one time" can be expected, even if we repeat our life more than 1000 times,

■宝くじに当る確率が、初めて行くスーパーマーケットで、目隠しをして歩きながら「特定のA社メーカーのB商品」を一発で掴むことと、同程度の確率であることを、

If they calculate the probability of hitting the lottery, they will know that it is the same probability to grasp "a product B of a specific A company maker" in one shot, while blindfolded and walking in a supermarket for the first time,

目上の人からの説教ではなく、

Instead of sermons from superiors,

自分で数字(パラメータ)を設定し、

Setting the numbers (parameters) yourself,

自分で計算式に展開し、

Expanding them to calculation form yourself,

自分でプログラムを作って検証すること

Making programs by yourself and verifying them

は、

are

単なる「実学」としてだけでなく、

Not only as mere "practical"

「冷静に現実世界を俯瞰する」手段として、

As a means of "looking down the real world calmly"

とても有用であると、私は思うのです。

I think that it is very useful.

------

では、私の提言を纏めます。

Finally, I compile my recommendations.

(1)義務教育プロセスにおける、プログラミング教育を支持する。

(1) I support programming education in the compulsory education process.

(2)しかし、プログラミング教育は、まず、スプレッドシートを題材としたものから出発する。

(2) However, programming education starts from subjects based on a spreadsheet.

(3)教育現場は、スプレッドシートを使わせる、強烈なモチベーションを発揮させるように、子供達を誘導する。

(3) The educational site will guide the children to demonstrate intense motivation to use the spreadsheet.

(4)その後、スプレッドシートで足りないと感じる子どものみに、プログラム言語を使ったプログラミング教育を実施する。

(4) After that, children who feel insufficient in spreadsheets will be able to receive programming education using programming languages.

(5)上記(1)~(4)の策定、立案、およびプログラミング教育の現場の教諭として、江端智一の雇用を強く推奨する。

(5) We strongly encourage employment of Tomoichi Ebata as a teacher at the site of formulation, planning, and programming education of (1) to (4) above.

以上です。

That's all.


2017-01-30 ♪包まれた「朝」に男は酒を飲むのでしょう [長年日記]

以前にもお話しましたが、私は、早朝覚醒型不眠、という厄介な病気持ちです。

I had already told that I have been affected by a disease of morning insomnia.

寝付きは良いのですが、十分な睡眠を経ないまま、目が覚めてしまい、そのまま深い眠りに復帰できない、という病症です。

I can sleep with ease soon at night, however, I come to get up in the early morning without getting enough sleep.

不眠症の辛さは、不眠症の人にしか理解できない ―― という事実を、私は良く知っています。

The understanding of pains of insomnia is difficult for persons unrelated to insomnia.

この事実を拡張すれば、「その人の痛み、辛さ、苦しさは、結局のところ、その人の内側で閉じてしまい、共有できない」という、残酷な事実に帰着します。

If I expand the fact, I come to be a cruel reality that "we cannot share other's pain, acridity, and rigor finally, and we have to stay alone in our mind."

それでも、同じ病症を持っている人なら、100%ではないにしろ、ある程度の共有は可能になるかもしれません。

However, the person who have the same disease are likely to share the pains even it is not 100%.

ところで、私の場合、

In my case, my disease are going worse dynamically

■1日10時間程度のプログラミング(コーディング)が連続する時期

at the period that I should continue to make codes for ten-hour stretch

とか、

or

■神を降ろしてコラムの執筆をする週末

at the weekend that I have to write my column with God possessed just before deadline.

などの時には、特に、早朝覚醒の症状は、劇的に酷くなります。

-----

先日、帰宅した時、嫁さんが、歌番組の録画を見ていました。

The other day, when I went back home, my wife watched a popular music show in the TV.

そこには、「酒と涙と男と女」という昭和の時代を代表する歌(カバーバージョン)が流れていました。

From the TV, a song reached my ears "Sake, tears, men and women" that a representing song (cover version) in the era of the Showa era.

==================================

♪忘れてしまいたいことや

When something to want to forget,

♪どうしようもない寂しさに

When Something inevitable loneliness

♪包まれた時に男は酒を飲むのでしょう

Men will come to drink

==================================

うん、まあ、これはこれで、説得力のある歌詞ではあるのですが、早朝覚醒型不眠を患う我が身とあっては、もっと内容は具体的で切実です。

Well, well, I know that these phrase are persuasive lyrics, however, for me, suffering from an early morning insomnia, more details should be concreted and urgent.

==================================

♪忘れてしまいたい「コード」や

When a programming code to want to forget,

♪どうしようもない「論理破綻」に

When an inevitable "logic failure" stands in front of me,

♪包まれた「朝」に男は酒を飲むのでしょう

Men will come to drink at the early morning.

==================================

という歌を嫁さんに歌ってみたところ、

When I sang the song to my wife,

『その歌詞では、多くの人の心に訴えなかっただろうね』

She said to me ""In that phrases, you would not appeal to the hearts of many people,"

と言われました。

「もっともな意見だ」と、私も思いますが、それでも、早朝覚醒型不眠症の人には、

I think that "it is a reasonable opinion," however, to those who have an early morning insomnia,

―― 何かが伝わる

"Something goes on"

と、私は思うのです。

I believe.


2017-01-31 『そうですねえ、ぼちぼち倒れるかもしれません』 [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

"Over the AI(7) ---- beyond a reach of our imagination of AI"

The AI that eliminates the weak - Going to the optimum solution by "struggle for survival" and "natural selection".

-----

先週の週末、編集部の方に休日出社して頂き、打ち合わせをした際に、

Last weekend, I meet the editor and manager who came into the office as a holiday work.

私の体調をたずねられたので、

When I was asked about my physical condition from them,

『そうですねえ、ぼちぼち倒れるかもしれません』

I said to them "Well, I am going to fall down soon"

と正直に申し上げたら、

with frankly speaking,

新シリーズ開始までの構想期間中、休載することを強く勧められた

They stronglly recommand to come to a halt for the period of coming off the drawing board.

そういう、週末研究員は、

The weekend researcher

存在します。

has existed.