2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|

2017-08-01 ―― "弱いAI"だった「彼女」は、いずれ、"強いAI"の「嫁」になる [長年日記]

あの超有名アニメ「魔法少女まどか マギカ」では、一つのパラダイムが提示されていました。

The most famous animation "Puella Magi Madoka Magica" shows the one big paradigm.

キュウべい:『この国では、成長途中の女性のことを、少女って呼ぶんだろう?だったら、やがて魔女になる君たちのことは、魔法少女と呼ぶべきだよね』

Kyubei:"In this country, I hear that a woman is in growth process to adult, is called a "girl" isn't it? If so, you should be called "Puella Magi" because you are going to be a hex."

-----

This time, I found that someone opened an interesting comment about this released column.

私の解釈は、以下の通り。

Here is my interpretation.

―― "弱いAI"だった「彼女」は、いずれ、"強いAI"の「嫁」になる

"My girl friend like a "weak AI" will become my wife like a "strong AI"

-----

自分でも予想していなかったパラダイムが登場してきたことに、今、大変驚いています。

I was very surprised that a new paradigm like above is coming from my work.


2017-08-02 ―― 至福の時 [長年日記]

先日、浜松の学会の最終日に、ホテル地下のインド料理屋にいったのですが、

At the last day of the academic conference in Hamamatsu, I went to Indian restaurant at the underground town of the hotel.

そうとう念入りに、「私は、そこらの日本人とは違うので」と断わって、全ての料理を激辛にして貰う旨、お願いしました。

At the restaurant. I asked the waiter to make all dishes super-spicy with saying "I am different from ordinal Japanese".

料理長が出てきて、感想を聞いてきたので、『美味しですが、もっと辛ければ、もっと美味しいと思う』と言ったところ、

When the master chief came to me and asking how I like the dishes, I said to him "these are very great, however, if the more they are hotter, the more I can enjoy them".

その後、彼は、真っ赤な液体と、真っ黒なゲル状の、香辛料を出してきてくれました。

After that, he put both a cardinal red liquid and a jetty gelled mass to me.

それらの香辛料は、単に「辛い」だけはなく「旨」かったです。

The spices condiments were not only "hot" but "delicious".

これを、カレーに混ぜたり、スパイシーチキンに付けて、口いっぱいにほうばり、

I mixed them in curry, added them to spicy chicken, and stuffed them into my mouth.

I could pass the time away, with feeling

―― 至福の時

"hour of bliss"

を過してきました。

-----

最近の私の「辛い食べ物」への指向(嗜好)は、ちょっと度を超えていると思います。

Recently, I think my orientation and preference to spicy-food is going to be excessive.

そば、うどん、ラーメンには、おおさじ1杯以上の、赤唐辛子の粉末をぶっかけていますし、

I sprinkle more than one cup of red chili powder with soba, udon and ramen.

食料品店で、辛み成分を含む珍しい食材を見つければ、必ず購入しています。

If I find unusual foodstuff including spicy ingredients at the grocery store, I are always purchasing.

(続く)

(To be continued)


2017-08-03 「最近の、北極ラーメン、少しづつ、甘くなっていませんか?」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

昨日、2ヶ月かけて改良を続けてきたプロトタイププログラムの一番最初の稼動を確認したお祝いに、一人で北極ラーメンを食べに行きました。

To celebrate completing the first version of the prototype program which has been improving in two months, I went to eat Hokkyoku-ramen alone.

これは、北極ラーメンフリークの皆さんに質問なのですが、

This is a question for Hokkyoku-Ramen freak,

「最近の、北極ラーメン、少しづつ、甘くなっていませんか?」

"Recent Hokkyoku-ramens become sweet little by little doesn't it ?"

以前は、3口ごとに、その辛さで咽せて(むせて)、ラーメン一杯を食べきる間に、7杯くらい水を「おかわり」していたものです。

Previously, drinking the soup every just three times, made me cough, and seven refills of water were needed by the finishing the bowl.

昨日、咽せた回数はゼロ回、昨夜も水のおかわりは一回だけでした。

Yesterday, there was zero time to cough, and just one time to refill to water.

なにより、昨日「北極ラーメン」を食べ終ったあと、『旨い』とは思いましたが、一回も『辛い』と思わなかったことに、慄然としています。

Above all, I am really filled with horror that I could feel "delicious", however, not "hot" at all.

-----

今、私は、

Now I feel thought attack that

『北極ラーメンが、大衆化路線に舵を切った』

"Hokkyoku-ramen is going to be downmarket"

という、国家レベルの陰謀が進行しているのではないか、と、疑心暗鬼の状態になっています。

with a back door at the at a national level.

-----

思えば、近年の「蒙古タンメン中本」の、メディアへの露出度は、非常に高くなっていると言えます。

Considering the "Mouko Tanmen, Nakamoto", the shop becomes very much in the news more and more.

私は『"辛い"は"世界平和"』という、極めてロジカルな政治信条を有している人間です。

I have a political gospel of ""hotter tasting" is the way to "global peace"", with a reasonable logic.

故に、このような「蒙古タンメン中本」の世間への認知度の向上を、大変望ましいものととして眺めてきました。

Therefore I have observed the improved visibility of "Mouko Tanmen Nakamoto" with my joy.

しかし、新興の「極辛」カルトが、「蒙古タンメン中本」を政治利用しようとしているのであれば、

However, if new "hot" cult want to use "Mouko Tanmen Nakamoto" for political purposes, I cannot turn a blind eye to the cult, as one of

「"極辛"ファンダメンタリスト(原理主義者)」

"Hot fundamentalist"

の江端としては、看過できないのです。

(続く)

(To be continued)


2017-08-04 ―― この人は阿呆か [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

「『蒙古タンメン中本』の政治利用」とは、例えば、『北極ラーメンの辛み規制緩和」による、"甘味"勢力の票田の切り崩し、などが該当します。

Using "Mouko Tanmen Nakamoto" for political purposes, is for example, to redraw the electoral map of sweet voters with the deregulation of "Hokkyoku Ramen's hot".

「極辛」とは、「極左」「極右」の直行ベクトルに位置する、第三のイデオロギー ――

"Hot extreme" is the third ideology that is located in the same position of both "extreme left" and "extreme right".

それは、エクストリームであるが故に、民意を得られないマイノリティであり、

It is a minority that can not obtain people's will, because it is an extreme,

それ故に、権力奪取など行い得ないことで、逆説的に、世界平和に資するのです。

Therefore, it is paradoxically contributing to world peace ,by not being able to take power.

『北極ラーメンが、大衆化路線に舵を切った』ことは、この第三のイデオロギーの権力掌握への萌芽ではないかと ――

The fact of "Hokkyoku-ramen is going to be downmarket" is a sprout to the ambition for power grasping to this third ideology.

私は、最大限の警戒をせざるを得ないのです。

I have to give full warning.

-----

という話を家族にしたら、

When I talked to my family about the above story, they responded

―― この人は阿呆か

"Is this man foolish?"

という反応をされました。

(続く)

(To be continued)


2017-08-05 江端:「私は、他人の前で、アンダーシャツ一枚になる機会はないが」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

なんのことはない、日々の激辛スパイスの濫用によって、私に「激辛」に対する耐性がついてしまっただけのことです。

It is so small a matter that I can acquire a tolerance against super-spicy taste by having dairy super-spicy foods.

北極ラーメンフリークとしては、「北極ラーメン」への冤罪は、晴らしておくべきでしょう。

As a Hokkyoku-ramen freak, I should resolve a bad rap of "Hokkyoku-ramemn.

それはさておき

Set it aside,

-----

最初の話に戻ります。

Go back to the board.

私は、帰宅後、空腹を感じるようなことがあったら、唐辛子とニンニクをタップリ投入した「もやし炒め」を作って、一人で食べています。

After coming back home, when I feel hungry, I make a dish of bean sprouts saute with much chili pepper and garlic, and eat it alone.

この料理は、炭水化物が全く含まれていない、低カロリーの一品で、深夜に食べても体重への影響はほとんどないことは、長期の観察の結果から、裏が取れています。

This dish doesn't include carbohydrate at all, and is low in calorie content. So I know that I have already confirmed that there is no impact against dieting from long term observation.

帰宅後には、一風呂あびて、下着(シャツとブリーフ)になって、それらの料理を作り、食しているため、シャツに、唐辛子のスープが跳ね飛ぶようです。

After coming back home, I take a bath, and cook and eat it with only underware (trunks and shirt). So the soup of chili pepper will splatter and adhere to my shirt.

-----

先日、嫁さんから

The other day, my wife complained to me.

「シャツに唐辛子の赤色が付着して、落ちないんだけど」

"I cannot get "red" stains out of your shirt"

とクレームを受けました。

江端:「それって、アンダーシャツのことだよね」

Ebata:"Did you said about my underware?"

嫁さん:「そうだけど」

Wife:"Of course"

江端:「私は、他人の前で、アンダーシャツ一枚になる機会はないが」

Ebata:"I have never had a chance to show my shirt to others as I remember it"

嫁さん:「そういう話かな」

Wife:"Are we going to talk about it?"

(続く)

(To be continued)


2017-08-06 嫁さん:「残念だけど、そのロジックは成りたたない」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

双方の会話の立ち位置が違うようなので、きちんと話すことにしました。

We understood that we were not different positions, so we started to talk about this issue seriously.

江端:「シミのついた服を着衣することが、社会人としての信頼を低下させる行為であることは認める。しかし、アンダーシャツは、外部から視認できないよ」

Ebata:"I can understand that the shirt with red chili pepper sauce is going to make me lose the trust in our society. But who can notice stains on the stains ?"

嫁さん:「アンダーシャツは、デフォルトで、白一色であることに価値があり、『シミ付き』のアンダーシャツを着衣することは、自分自身にとって気持ち悪い状態である、と思う」

Wife:"I believe that any underware should be maintained as just one unified color, and I think that wearing such a shirt is uncomfortable for us"

なるほど。

I got it.

私達は、『世の中には、そういう考え方があるのか』と、双方で納得し、

We were sold each other, to know "there are many ideologies in the world"

そして、本件は、

Finally, this issue were decided as following.

―― その当事者である「私」が気にしないのであれば、そのまま放置しても良い、

"If I don't care of it, my wife leave the shirt to take its my course"

ということで、決着しました。

-----

江端:「まあ、これは一種の『検知装置』としても機能していると、前向きに考えることもできると思う」

Ebata:"Let us try another way. this way works as a kind of audit."

嫁さん:「?」

Wife:"What?"

江端:「つまり、私が、唐辛子のシミのついたシャツを捨てない、ということは、私の浮気の可能性が絶無であるという傍証となる、ということ」

Ebata:"This becomes a collateral evidence, that the possibility of my love affair is infinitely low, if I keep wearing such a shirt"

嫁さん:「残念だけど、そのロジックは成りたたない」

Wife:"Unfortunately, the logic cannot be done"

江端:「なんで?」

Ebata:"Why?"

嫁さん:「パパと浮気するような奇特な女性は、『ブラジャーに唐辛子のシミを付けていても、平気で日常を生き抜くことのできる女性である』と推認できるから」

Wife:"A praiseworthy woman who can love affair with you, will be guessed as a person who is able to survive everyday life, even if she get a stain of red pepper to her bra"


2017-08-07 「どうせ俺らは受験失敗の『負け組』だし」「俺らはブラック企業に就職するか、非正規労働者決定だから」 [長年日記]

I wrote a diary with the book "How to walk the first grader of a university", two times before.

先日、この本に関するAmazonのコメント欄に、次のような書評を見つけて、私は愕然としました。

The other day, I was shocked to fine the following book review in Amazon 's comment section about this book.

================

■面白い本ですが、この本で取り上げられている大学生の声や姿は、偏差値の高い学校に見られる現象だと思います。

- This is an interesting book, I think, however the voices and figures of college students covered in this book, are observed in schools with high deviation values.

■偏差値が低い大学や、受験に失敗した学生が多く集まる大学は、学生は4月になっても、ため息ばかりついて、新しい生活が始まったことへの高揚感みたいなものがありません。

- In colleges that are low deviation values or that have many students who failed the examination, there is no sense of uplifting to the start of a new life, even in April.

■そういう大学では、入学して早くも「どうせ俺らは受験失敗の『負け組』だし」「俺らはブラック企業に就職するか、非正規労働者決定だから」みたいな、そんな考えが顔に出ています。

- In such a college, they look like to think that "anyway we belong a losing group of failing to take the exam" or "we are going to work for black companies as a non-regular worker",at even the entrance ceremony.

■偏差値の高くない、受験戦争の「敗者」が集まる大学は、この本で紹介された学生の声や姿と多少、異なることを知っていただきたいです。

- I would like you to know that the figures and opinions of the students in this book, are a little different from those in a college where the students regard themselves as losers, with low deviation value.

================

丁度、「非正規雇用」についてのコラムを脱稿した直後だったので、この書評を読んで、私は自分の考察の甘さに、意気消沈してしてしまいました。

It was just after finishing a column about "non-regular employment". So when I read this review, I was depressed because of my simple consideration.

この話の続きは、シリーズ付録の「無礼な後輩とのディカッション」で再登場します。

This story is going to continue in the column's extra edition of "disgraceful junior".


2017-08-08 江端:「あなたの母国語の語彙が、英語の1/10しかないというのは ―― 大変失礼な質問とは存じますが [長年日記]

以前、浜松で開催された国際学会に参加した時、アフリカ出身の研究者の発表を聴講しました。

Previously, I attended a lecture whose speaker came from a small country in Africa.

確か、母国にあるマイノリティな言語を、英語などの他の言語に翻訳するエンジンを作成する、という内容の発表だったと思います。

As I recall, he was trying to make an translation software between their mother mother tongue and English, e.t.c.

一番の問題は、「語彙数の非対称性」なのだそうです。

He said that the most important problem is the asymmetry postulate of amount of vocabulary.

要するに、そのマイノリティの言語の辞書は、英語の辞書の1/10しか言語が記載されていない、とのことでした。

In short, the vocabularies of the minority language dictionary is just one tenth of those of English

発表後に、質問してみました。

I asked him a question after the lecture.

江端:「あなたの母国語の語彙が、英語の1/10しかないというのは ―― 大変失礼な質問とは存じますが

Ebata:"I am interested to hear about the less numbers of vocabulary in your country. I don't mean to be rude, but I want know the reason. Now I have two ideas.

(1)あなたの国の言語表現力が低い、

(1)Representational power of your native language

あるいは、

or

(2)あなたの国の言語は、組み合わせることによって、バラエティのある言語を表現できる

(2)Your native language can express a variety of meaning using complex combination of the vocabulary.

のいずれか、ということでしょうか?」

研究者の方:「いえ、そういうことではなく『単に、電子辞書の整備が遅れている』ということです」

Speaker:"Both are incorrect. The reason is simple, "a development of electronic dictionary is delayed"

-----

『そりゃそうだよなー』と思いました。

"Quite so", I think.

人間が生きているところであれば、当然、そこに発生する概念は、概ね同じになるはずです。

Wherever human beings live, I think, the concept coming into being, should be almost same naturally.

極端な例ですが、喜怒哀楽の、「怒」だけがすっぽり抜けている、という言語というものは、ちょっと想起するのが難しいです。

For an extreme example, I cannot bring a language without a concept of "anger" to mind.

しかし、「怒」だけがすっぽり抜けている国があったら、そこで生まれ育った人は、結構幸せなのではないかな ―― などと考えていました。

On the other hand, I also think that people might be happy in the country where they live.

特に、私のように「アンガーコントロール」が苦手な人間にとっては。

Especially, for a person like me who is not good at "anger control"


2017-08-09 ―― 血塗れになって散乱した自分の体のパーツを見ながら、最大級の激痛と絶望の中で死んでいく [長年日記]

I have contributed the result of "simulated diving suicide into train" over the course of 1/100 second unit.

そのコラムの中で、

In the column,

「飛び込み自殺」とは、

"Dive suicide" that

―― 即死することができず、

- is not killed instantly

―― 血塗れになって散乱した自分の体のパーツを見ながら、最大級の激痛と絶望の中で死んでいく

- is going to die in the greatest severe pain and despair, while watching parts of my body that became blood clotted and scattered

という可能性が高いことを、現役のお医者さんのアドバイス頂きながら、コンピュータを使って計算したものです。

I showed that the possibility is high, with being given some advice from an active doctor and being used a computer.

-----

実は、この手法、

Actually, I learned this method from the program of

"NHK Special, Impact of atomic bombardment for 10 seconds "

から学んだものです。

この番組は、

This program strongly gave me the fact that

「事象」を、「事後の結果」で認識するのではなく、「時系列のプロセス」で「見える化」することが、どれほど事象を正確に伝えるのかを ―― 鮮烈なまでに ―― 私に叩き込んだ番組でした。

"event" should be expressed by something "visible" in the "time-series process", not "posterior result", in order to tell the event accurately

そもそも、情報というものは、伝達時に、情報量の多くを欠損していく運命にあります。

In the first place, information is destined to lose much of the amount of information at the time of transmission.

「悲しい」だの「痛い」だの「辛い」などという形容詞の羅列は、その言葉をどんなに重ねても限界があります。

The list of adjectives such as "sad" is "painful" and "spicy", has limited power, no matter how many words it overlaps.

言葉では、話し手と聞き手の両者が、共有できる場(バックグランド)を持てないからです。

In words, both the speaker and the listener can not have a place (background) to share.

これに対して、「事象の時間断面を切り刻んで、それを全て開示する」ことは、共有できる場を強制的に作り出し、そこから逃げ出せない環境を提供します。

On the other hand, "chopping the time section of the event and disclosing it all" forcibly creates a sharable place and provides an environment in which nobody can escape.

私が、自分の著作の中で、―― それがどんなに拙いものであったとしても ―― 「シミュレーション」に拘る理由は、この「強制場」を作り出したいと思っているからで、

In my writing, why I am concerned with "simulation" - No matter how bad it is - is that I want to create this "forced field"

そして、読み手を「もう、逃げられない」という状況に追い込みたいと思っているのからです。

And I think that I want to drive the reader to the situation of "they can not escape anymore".

(続く)

(To be continued)


2017-08-10 ―― 原爆を許すな [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

毎年、8月6日ごろになると、NHKがこの「強制場」を余すことなく発揮する番組を提供します。

Every year around August 6, NHK will offer programs that will demonstrate this "forced field".

今年の「NHKスペシャル 原爆死」は、近年の中でも、群を抜いて秀逸な作品であったと言えます。

I think that this year's "NHK Special Genbaku Dead(Death by atomic bomb)" must be a precious outstanding work among recent years.

原爆による死者数の推移を、地図上にマッピングする ―― というのは、これまでに数多く行われてきました。

"Mapping the transition of the number of deaths by the atomic bomb on the map" has been done so much, so far.

しかし、この番組の中では、この死者数の変化を時系列方向に「見える化」するビューは、私に衝撃を与えました。

However, in this program, the view to "visualize" the change in death toll in the time series, has impacted me.

さらに、原爆死を、ただの「死」とせずに、「3つのカテゴリの死」としたことで、

Furthermore, the "Genbaku death" was divided into three categories, and one of them is

―― 即死することができず、

- cannot be killed instantly

―― 血塗れになってボロボロと朽ち落ちていく自分の体を見ながら、最大級の激痛と絶望の中で死んでいく

- is going to die in the greatest severe pain and despair, while watching my body, going down with bloodshed and falling down

という「死」が存在することを「見える化」しました。

This program showed us the existence of the death.

さらに、現在残されている絵画や、証言と、データを重ね合わせて、原爆によって発生した広域の火災の発生状況を、時系列で再現し、倒壊した建物の中で、

In addition, with paintings, testimonials, data on the occurrence situation of wide area fire generated by the atomic bomb in time series,

In the collapsed building,

―― 生きながらにして焼かれる

- burned down while begin alive

という「死」が存在することも「見える化」しました。

This program showed us the existence of the death too.

このような「死」が、人間が人間に対して行い得るものとして「到底認められない」殺人行為に因るものであることを、「見える化」によって明確にした、という点において、

The program could make it clear that theses "deaths" are due to the "murder" act that "can not be admitted" as a murder of human being.

この番組の製作に関わった皆さんに、「群を抜いて秀逸な作品である」と、最大級の賛辞を送りたいのです。

So, I want to send the greatest tribute "this is an outstanding and a superb work" to everyone involved in the production.

-----

"Do not accept the existence of the atomic bomb"

どんな政治的背景があろうとも、どんな地政学的配慮があろうとも、

Whatever the political background, whatever the geopolitical consideration is,

私達日本人は、全ての「原爆を認容するロジック」に対して、

Our Japanese should protest against all "logic to accept atomic bombs"

耳を塞ぎ、目を瞑り、絶叫し続ける、

with just closing our ears, closing our eyes, keep on screaming,

そういう「無教養で無知性な愚か者」のままでいいと思うのです。

leaving like "ignorant and ignorant fool".

「親が子どもを守る」理由にロジックが不要なように、「原爆を許さない」理由にロジックは必要ないのです。

We don't need any logic of "Do not allow atomic bombs", in the same way as a logic of "parents protect their children".

(2017年7月 「核兵器禁止条約」が採択されるも、日本政府は「署名しない」ことを決定)

(July 2017. Even though "Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons" is adopted, the Japanese government decided not to sign)

-----

それはさておき。

Aside from that.

「NHKスペシャル 原爆死」の中では、「ビッグデータ」という言葉が何度でも出てきますが、これは、アーカイブの段階で「データ解析」と修正されることを提言致します。

In this program, the term "big data" comes out again and again. However I will propose that this will be corrected as "data analysis" at the archive making stage.

このコンテンツを、あと100年残したいと考えるのであれば、

If you want to leave this content for another 100 years,

今だけしか通用しない「ビッグデータ」というバズワードの濫用は、

the frequent use of buzzword "big data" which only works now, will

―― 後世の人間に「苦笑い」される

"be laughed" by future generations

と思うのです。

I am afraid of that.


2017-08-11 ―― 心がカレーを食べたがっているんだ [長年日記]

何度も書いてきましたが、私は辛い食事が好きです。

I often wrote that again and again, I love spicy food.

「日本のカレー」(と断り書きを入れるのは、インドには「日本のカレー」がないからですが)は辛い食事の代名詞ですが、まあ、やっぱり私には「辛くない」。

"Japanese curry" (that doesn't exist in India) is a pronoun of "spicy food", however I cannot feel hot about all of time in Japan.

I usually use "LEE x 20 times by Guriko Co." and put much red and green peppers into the curry soup.

で、昨日、

Yesterday, I strongly felt that

―― 心がカレーを食べたがっているんだ

"My heart wants to eat curry"

(映画「心が叫びたがっているんだ」のパロディー)

(It is just a parody of the movie "My heart wants to cry")

という状態になりました。

風邪を引く直前になると、人間はカレーに含まれている成分を摂取したくなるそうです。

I heard that just before catching a cold, human beings want to take ingredients contained in curry.

最近は(も)疲労困憊の日々ではあるのですが、この夏も帰省しなくてはならず、帰省先で倒れる訳にはいかなかったので、久々に「一人カレー」を強行することにしました。

Recently (also) I have been exhausted everyday.However, I also had to return my country home this summer, and I will not allowed to fail there. Finally I decided to force "a curry for one person.

(続く)

(To be continued)


2017-08-12 ―― 日本の将来は、意外に明るいかもしれない [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

次女が、ナス、ピーマンがダメで、家族全員が、モツ肉がダメで、そして、私の「辛さ」には遠く及びません。

My second daughter hate eggplant and bell pepper, and all of my family hate organ meat. Moreother spicy level is very low, that is far from my level.

ですので、私は、昨日、「一人カレー」を断行する必要があったのです。

So I had to need to enforce making "curry for one person" yesterday.

ワクワクしながらカレーを作って、そして、怪しげなメーカの安いビールとと共に、そのカレーを食する時間は、「至福」を使ってもよいと思えるものでした。

I made curry, with being excited. I can use "bliss" when the time to eat that curry, with the cheap beer of a dubious manufacturer.

-----

で、今回驚いたのは、

To my sunrise,

私専用に作った、その「激辛、ナス、ピーマン、モツ肉カレー」を、夕方に起きてきた長女が、パクパクと食べていたのを見たときです。

I saw that my senior daughter was eating well the original curry only for me, "including eggplant, bell pepper, and organ meats"

「どうせ、誰にも食べれないだろう」と、後で冷凍保存しておくつもりだった、そのカレーを、家族の一人が食しているのを見て、

I thought "anyone can not eat this curry", so I would keep them frozen later. but when I saw the scene that she ate the curry,

Japan's future may be surprisingly bright.

と、思ってしまった私でした。

I thought that.


2017-08-13 と、まあ、「"付託"エキスパート」である私には思えるんですよ。 [長年日記]

今年「忖度」という言葉が流行りました(というか、今も流行っていますが)。

The word "commitment" became popular this year (or, even now it is popular).

で、今、国会で使われている「忖度」は、「忖度」自身に問題があるのではありません。

And now, the "commitment" used in the Diet does not have a problem with the "commitment" itself.

(1)「9億円の土地を1億円で売却した? 何故?」

(1) "You sold 0.9 billion yen land for 100 million yen? Why?"

(2)「その差分の8億円分って誰の金 ? えっ?私の税金?」

(2) "Whose money for that difference about 800 million yen is it? Oh, My tax?"

(3)「ふざけんなー!!」

(3)Don't be silly.

です。

行政庁の職員が、行政庁のトップに、阿る(おもねる)のは当然です。

It is natural for administrative officials to get on top of the administrative agency.

民間企業だって同じです。

Private companies are the same.

「組織とは、上の顔色を見ること」です。

"The purpose of organization" is to understand the intention on the top.

それが組織の行動原理です。

That is the behavioral principle of the organization.

そういう意味では、組織の中において、私は「忖度」の限りを尽してきたつもりですし、

In that sense, I have done the "commitment" for my business man's life, as possible as I can. I also can say

「忖度とは私である」

"I am made of commitments"

とすら思えるのです。

-----

ただ、今回の「忖度」の話で、私が違和感が感じるのは、「上の意向を読み取らないと、出世の道が途絶える」という、新聞や雑誌に掲載される紋切り型の文言です。

However, with this story of "commitment", I feel a sense of bad. The phrase "stereotyped" that is posted in newspapers and magazines, "If they do not understand the intentions of the top, their way of career will cease".

―― 本当にそうかなー

"Is it true ?"

と思ってしまうのですよ。

I come to think that.

-----

私は、「付託」の本質は、「『面倒くさい』の忌避」にあると思っています。

I believe that the essence of "commitment" is in "challenge for trouble".

■片付けなければならない仕事は山ほどある

- There are many jobs that I must be cleaned up

■「9億円の土地を1億円で売却」する程度の仕事、さっさと片づけて、とっとと次の仕事に取りかかりたい

- I will clean up quickly about the trivial work of "selling 900 million yen land at 100 million yen", and I want to get to the next job soon.

■面倒くさい政治家の権力闘争などという、下衆なことに巻き込まれるのは面倒だ

- I don't want to face the subordinate trouble about the politician's power troublesome struggle.

■家には、介護しなければならない親と、最近成績の悪い娘がいるし、政治家ごときに、私の生活のリズムを狂わされるのはゴメンだ

- In my house, there are parents who have to take care, and poorly performing daughters recently. Anyway I do not want to go crazy about my life's rhythm by even politicians.

と、まあ、「"付託"エキスパート」である私には思えるんですよ。

I, who is a "commitment expert" come to think that.

まあ、ここには「『出世』している人って、あんまり幸せそうに見えない」という、江端固有の世界観があるので、

Well, there is a unique view of the world about Ebata, "anyway, "People who "get on" do not look so happy"

これが一般解とは断言できないのですが。

I can not affirm that this is a general solution.


2017-08-14 実家で、のん気に、飯食って、寝ているだけの、バカに。 [長年日記]

体が怠くなると、「肉体なしに生きれない」ものか、と思うことがあります。

I sometimes think that when I feel tired, I want to know how to live without body".

パソコンの中で、生き続けられれば、ラクなのになー、と。

If living in my PC, I will make my body easy.

江端の人格が入ったパソコンは、人工知能なんかより、役に立つと思うのです。

I think that personal computers with Ebata's personality are more useful than artificial intelligence.

―― って、実家に戻る度に思います。

I think so, whenever I return to my parents house.

-----

帰省というのは、行く方も、迎える方も、『幸せになる人が少ない』イベントなのではないかと思います。

As for homecoming, I think that "few people who become happy" event for both people who go and welcome.

少なくとも、帰省には「ディズニーランド」のようなワクワク感がないのは、言うまでもありません。

Needless to say, at least, there is no excitement like "Disneyland" on homecoming.

■宿泊の設備(布団)の確保が難しい

- It is difficult to secure accommodation facilities (futon)

■イベントの立案が難しい

- It is difficult to plan an event

特に、

Especially,

■食事の量の見積が難しい

などと、そんなこと今更言うまでもないですが。

- It is difficult to estimate the amount of meals

-----

だから、帰省に対して、何の憂鬱もない奴は、基本的に

So, for those who do not have any melancholy against homecoming, basically

『何も考えていない、お気楽なバカ』

"They do not think about anything, and they are just easy fool"

であることの証明だと思います。

I think that it is a proof of the above.

-----

という訳で、本日の日記のURL。誰かに転送して良いですよ。

So, you may forward the URL of today's diary to someone.

実家で、のん気に、飯食って、寝ているだけの、バカに。

The fool, who just sleep, just eat, easily at parents house.


2017-08-15 英単語さえあれば、オリンピックの期間中くらいなら、なんとかなります。 [長年日記]

2020年の東京オリンピックの時には、海外から沢山の外国の方がいらっしゃると思います。

I think that many foreigners will come to Japan at the Tokyo Olympic Games in 2020.

タクシーの運転手の皆さん。

Dear Mr./Ms. taxi drivers.

準備は大丈夫でしょうか。

Are you ready?

-----

私、今年、家族で、台湾を旅行してきて ―― 日本語が使える人が多いことに結構感動したのですが

Our family were traveling in Taiwan this year, I was often move by the fact that many people can speak English, however

―― 最後の最後に、日本語どころか、英語も全く通じないタクシー運転手のおばさんに当たりました。

At the last day, I met Ms. taxi driver who could use neither Japanese nor English on the way to the airport.

勿論、「英語なんか通じなくてもいい」のですが、

Of course, I don't think that we have to use English frequently, however, this was a real taxi of horror, that we could not use

"インターナショナルエアポート"

"International airport"

and

"ドメスティックエアポート"

"domestic airport"

の区別以前に、

Moreover

"エアポート"

we could not share the concept of "airport"

が通じないタクシーというのは、乗っていて、結構な恐怖でしたよ。

That is why I am deeply reflecting on this, now.

-----

英語は不要ですが、英単語は必要です。

We don't need "English", but "English words".

英単語さえあれば、オリンピックの期間中くらいなら、なんとかなります。

If you have English words, it will be managed if it is during the Olympic period.

-----

「日本にくるなら、日本の単語を覚えてこい」は正論ですが、

However, "If you come to Japan, remember the Japanese words" is justice,

それがいくら正論でも、トラブルに巻き込まれるのは、結局、あなたです。

No matter how much it is, it is you, after all, to get in trouble.


2017-08-16 『"部下"のほとんどが餓死している真っ最中にあって、"上司"には食事が与えられ、食べることができる』 [長年日記]

これまで、私、「出世」したり、「上長」になることの意義が、さっぱり分からない、と、何度か記載してきたのですが、

Up to now, I have described it several times, that I do not fully understand the significance of becoming a "career advance" or becoming a "superior"

However, I could understand the significance last night from the bottom of my heart.

昨夜見た、

after watching the TV program,

「NHKスペシャル インパール作戦」

NHK Special "Battle of Imphal"

で、ようやく肚に落ちました。

------

In this program, the new memo has been released,

―― 雨が降りしきり、道行く先には腐敗が進む死体の山

- It is raining, and there are enormous corrupt dead bodies on the load.

―― 死んでるのは兵士や軍属ばかり

- the dead bodies are only soldiers and warriors

―― 将校と下士官は死んでいない

- Officers and noncommission officers are not dead

という、新しいメモが、今回、公開されました。

-----

なるほど、

I see. It means,

『"部下"のほとんどが餓死している真っ最中にあって、"上司"には食事が与えられ、食べることができる』

"When most of subordinates are in the midst of starvation, all bosses are given meals and they can eat them"

ということです。

なるほど、これは凄い。色々と凄い

Well, this is amazing for several meanings.

―― 「出世」とか「上司」には、死んでも構わない人間と、そうでない人間を、区別しうるという概念が、内挿されているのだ、と。

"Promotion" and "boss" include the concept of distinguishing between persons who have no problem to be killed, and persons who don't that.

Even if I am a "commitment expert", I have no intention to give my life to a boss."

-----

心の底から『出世しなければ』という想いと、『もう手遅れだ』と悔悟する想いが錯綜する、

終戦記念日の夜でした。

It was a night of the end of war anniversary, to get confused two feelings that "I have to promote" from the bottom of my heart, and "it is too late" with regrets.