2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|

2010-12-10 JMI(心の定期健康診断) [長年日記]

私の昔の後僚に、

「宇宙から声が聞こえる」 → はい

と必ず応えることを信念としている者がいました。

-----

JMIの結果に腹を立てている各位皆さん。

どうでしょう。

他の質問はさておき、

================================

「宇宙から声が聞こえる」 → はい

================================

とするという、一つのレジスタンスをしてみませんか。

-----

実際に、私はGPS衛星からの信号、聞こえます。


2010-12-11 JMI(心の定期健康診断) [長年日記]

昨年、この診断の結果を嫁さんに見せたら、不機嫌になりました。

『家族を大切に思っていない』というような、自分の外面にも内面にもありえないデタラメや嘘を書かれて、私は、今でも腸(はらわた)が煮えくりかえっております。

-----

『プライバシーの保護』?

私の課は、私が唯一の中間管理職。

自分の「課」と「役職」を記載したら、「私」が特定されるに決っているじゃないですか。

プライバシーの保護方法なんて、IT(information technology)の世界では、選択するのが大変な程、本当に腐る程の手法があるのに、なんで、

実名、住所、勤務地、継続勤務年数、未婚/既婚、部署、役職

なんて聞く訳?

普通の常識で、こういうインタビューを『プライバシーの侵害』と呼ぶのです。

-----

とは言え、私も最下層とは言え、管理職の「端くれ(はしくれ)」。

組織の状態を知りたいという、管理サイドの気持ちは、本当はとてもよく分かります。

人身事故(という名の「飛び込み自殺」)による代替輸送の路線で、今度は別の人身事故がある、というくらい、本当に、人が簡単に線路に飛び込む昨今です。

法人として、管理不十分として、莫大な損害賠償請求を喰らったら堪りません。

そのような悲劇が発生する前に、事前にチェックして、問題を回避したいというのは、心情として当然です。

-----

JMIなんかなくったって、部下と常にコミュニケーションを取り、健全な仕事環境を構築していくことは、できていたのかもしれません。昔は。

でもね、仕事多いんですよ。実際。

私なんぞ、朝、パソコンのスイッチを入れたら、深夜まで一言も口を聞かずに、仕事を続けていて、それでも終わりません。

しかし、それ結構、普通に日常です。

誰かが強制的に割り込まない限り、原則として10時間以上、しゃべる暇もなく仕事をしています。

そんな状況にあるのに、コミュニケーション不足を理由に、同僚や後僚が、電車のレールに「五体投地」なんぞやられたりした挙句、私が、管理不作為で訴訟の被告になったら、

『そんなこと知ったことかーーーー!!!』

と叫びたくなるだろうと思う。

-----

私も「うつの初期状態」に至ったことがあります。

自分の足が自分の意思とは別に、とんでもない方向(ホームの階段の逆方向)に歩かせている、心底『怖い』体験をしたことがあります。

# 本当に『宇宙から電波でリモートコントロールされている』と断言できる。

# あの恐しさは、ちょっと言葉で言い現わせない。

-----

JMIが『プライバシー侵害』の限りを尽しているとしても、『宇宙からのリモコン電波』の受信装置を、ちゃんと『破壊するきっかけ』をしてくれているなら、

# 本当に、腹も立つけどさ

概ね『トレードオフの関係かな』とも思ったりする訳です。


2010-12-12 映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』 [長年日記]

私の中では、「すべてはここから始まった」といえる、宇宙戦艦ヤマト。

その実写版。

どうせ「さよならジュピター」の二の舞であろう、と気にもしていなかったのです。

しかし、『興業収入50億を突破する』と聞いて、ちょっと「おやっ?」と思い始めて、ちょっとググってみたら、

『真田役の柳葉敏郎』

-----

うーん、これは、再現率100%をを成しとげる凄い配役かもしれない、と思い始めました。

柳葉敏郎が、工具や機器のことを語り始めたら、凄いかっこいいと思う。

-----

『沖田艦長 山崎努』

本気だ。

製作者達は本気だ。

本気で、あの「ヤマト」を創ろうとしている。

これは行かねばなるまい。

-----

『森雪 黒木メイサ』

あれ? 誰かよく知りませんが、外国人を起用したんですか?

それは、ちょっと、よろしくないかと思います。