0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|

2020-08-01 ―― 何人の日本人が"涙することができるか" [長年日記]

すでに、

こちらこちら でも述べましたが、7月から始まった「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完」は、予想に違わぬ、大変素晴しい作品になっています。

As I've already mentioned (1) here and (2) here, "My Youth Romantic Comedy Is Wrong、As I Expected -- Final" which started in July, and it's turning out to be a great work, as I expected.

大変嬉しいです。

I am very happy.

And while I give the biggest compliment to the original author, I'm still jealous.

特に、今週の第4話については、すでに多くの方が絶賛コメントしているので、私から改めて申し上げることはありません。

I don't have anything to say again, especially since many of you have already commented on this week's fourth episode with rave reviews.

-----

私は、番組最後のヒロインの最後の3分の独白の部分を、Youtubeの「英文字幕」で読んでいたのですが、かなり衝撃を受けました。

I was reading the last three minutes of the heroine's final three minute monologue at the end of the show on Youtube with "English subtitles" and I was quite shocked.

―― こういう風に訳すのか

"That's how they translate it"

と。

この作品は、登場人物の心情を、抽象化されたメッセージで吐露させることに特徴があります。

This work is unique in that it makes the characters speak with abstracted messages about their emotions.

当然のことながら、主語や目的語が明確でないセリフが登場します。

Naturally, there will be lines of dialogue that do not have a clear subject or object.

で、今回の、第4話のヒロインのメッセージの英文字幕に表わされた時制の使い方(現在完了、過去完了)、仮定法過去、助動詞の用法が「実に理に叶っている」のです。

So, this time, the use of tenses (present perfect, past perfect), subjunctive past, and auxiliary verbs in the English subtitles of the heroine's message in Episode 4 "really makes sense".

例えば、

For example,

■"I'm glad my tears have stopped"

直前の状況と現在の状況を上手く説明しているフレーズになっています。

The phrase is a good description of the immediate and current situation.

■"I can't be a girl that people feel sorry for"

これはヒロインが「決意」を示す意志として"can't"を使っています。

This is the heroine's use of "can't" as a will to show her "determination".

■"I couldn't ask him he's helping her"

ここで使われている現在進行形は、現在と過去と未来の"彼"の一貫した行動を示しています。

The present progressive tense used here indicates consistent behavior in the present, past and future of "him".

■"But I could never give up, let go, and refuse the way that she did"

これも前半2つの動詞の目的語が、最後の関係代名詞で係り受けされているのが分かります。

This also shows that the objects of the first two verbs are engaged by the last relational pronoun.

■"Now and forever, my teas won't stop"

これは"意訳"も含まれていますが、『うまい!』と唸りました。

This includes "meaning," but it's "good! I shouted.

■I wish my teas hadn't stopped then

このフレーズ、「過去の自分への(取り戻せない)願い」が込められた名文だと思います。

I think this phrase, "a wish for the (unrecoverable) past," is a great sentence.

In general, grammar/tense is good if you can express a situation, not if you have to use it as instructed in the textbook.

-----

問題は ―― この英文で(もちろんストーリーの背景等は理解しているという前提で)、

The problem is -- with this English sentence (assuming, of course, that you understand the background of the story, etc.)

―― 何人の日本人が"涙することができるか"

"How many Japanese can "weep"?

ということです。

少なくとも私は、上記の英語のフレーズでは「英語の教科書のキーセテンスに引っ張られて、全く感動できそうにない」と思います。

At least I don't think I'm going to be impressed at all with the above English phrases because I'm "pulled into the key set of English textbooks".

同時に、こういうコンテンツ(アニメ、ラノベ)を利用した英語の勉強は、とても有効ではないかとも思いました。

At the same time, I thought that studying English by using this kind of content (anime and novels) would be very effective.

(ただ、私にはアプローチが思いつけていませんが)。

(I just haven't come up with an approach to it.)

-----

私たち日本人が、"心"のレベルで英文を読み聞きできるようになるには、あと何年必要となるんだろうなぁ ―― などと考えていました。

I wondered how many more years it would take for us Japanese to be able to read and listen to English at a "mental" level.


2020-08-02 ―― 私の半生は、このコロナ禍の時代に向けた準備期間であったのかもしれない [長年日記]

自動車であれ、バイクであれ、事故に遭遇する確率が、運転時間や運転距離に比例して大きくなることは、当然のことです。

It's natural that the probability of encountering an accident, whether in a car or on a motorcycle, increases in proportion to the amount of time you drive and the distance you drive.

もちろん、運転時間や運転距離に比例して、運転技術が向上することもありますが、その値には上限があります。

Of course, your driving skills may improve in proportion to the amount of time you drive and the distance you drive, but there is an upper limit to that value.

「無限に運転技術が向上し続ける」ということはありません。

There is no such thing as "improving driving technology endlessly".

ですので「交通事故を起こさない為には、運転時間と距離の値をできるだけ小さくすること」が正解です。

Therefore, the correct answer is "to keep driving time and distance as small as possible in order to prevent traffic accidents."

これは、単純に確率の問題です。

It's just a matter of probability.

コロナ禍における感染リスクも、同じことです。

The same is true for the risk of infection in corona disasters.

The correct answer is "a mask and hand washing are important to prevent infection, but more than that, do not contact people as much as possible."

これも、単純に確率の問題です。

It's just a matter of probability too.

-----

思うように外出できないというだけで、多くの人にはストレスが溜る日々だと思います。

It's a stressful day for many people just because they can't go out as much as they'd like.

人間は社会的存在 ―― つまり、集団として存在することを前提 ―― とされているからです。

This is because humans are supposed to be social beings -- that is, they are supposed to exist as a group.

しかし、今や、「集団」ではなく、「個」として行動することが推奨される状況になっております。

However, we are now encouraged to act as "individual" rather than as a "group".

-----

ところで、私、昔から「個」というか「孤」に抵抗がなかったように思えます。

By the way, I don't think I've always been resistant to "individual" or "loneliness".

小学生の頃から、下校時は、頭の中で色々な(中二病的な)ことを考えながら、一人で歩いて帰るのが好きでした。

Ever since I was in elementary school, I liked to walk home alone when I left school, with all sorts of (pretentious behavior) thoughts in my head.

友人と一緒に帰らなければならない時は、「今日は、(頭の中で)話を作れない」とガッカリしたものです。

When I had to leave with a friend, I was disappointed that I couldn't make up a story (in my head) today.

そもそも「複数の友人と遊ぶ」というのも、あまり得意ではなかったように思います。

I don't think I was very good at "playing with more than one friend" in the first place.

集団を纏めなければならない立場(例:生徒会会長)にあったときでさえ、「自分は一人」という意識が離れることはありませんでした。

Even when I was in a position where I had to organize a group of people (e.g., student council president), the sense of "I am alone" never left me.

デートの後の計画(例:深夜のゼミの研究室に戻ってデータ解析をする)を、デートの最中に考えていました。

I was thinking about a post-dating plan (eg going back to my lab at midnight to do data analysis) during the dating.

そして、コロナ禍が始まる以前から「孤食(ぼっち飯)」「孤読(ぼっち読書)」「孤考(一人ブレスト)」について、日記に書いてきました。

And before the Coronal began, I wrote in my diary about "eating alone", "reading alone", and "thinking alone".

つまるところ、私は「孤」であるということに、他の人よりも高い耐性がありそうだ、ということです。

After all, I am more likely to be more tolerant of being "lonely" than others.

-----

ただ、私は、これまで、その「弧」を自分の意志で選択してきました。

However, until now, I have chosen that "loneliness" at my own will.

「弧」以外の選択肢がなくなったときにも、同じ様に考えることができるのか、全く自信がありません。

I'm not really confident that I will be able to think in the same way when I have no choice but to be "alone".

-----

ともあれ、今や、「「孤」であるということ」が、望ましいこととして、社会から要請されています。

In any case, society is now demanding "to be a lone" as a desirable thing.

―― 私の半生は、このコロナ禍の時代に向けた準備期間であったのかもしれない

"My half-life may have been the preparation period for this coronal era"

と思うと、なんとも言えない皮肉を感じます。

When I think about it, I feel an indescribable irony.


2020-08-03 ―― その"生産性"を上げるのは、"私以外の誰か"で良くね? [長年日記]

「Google式仕事術」では、生産性を上げる為に、以下を提唱しているそうです(読んでいません)。

The "Google Method of Working" advocates the following to increase productivity (I haven't read it)

(1)ひとりでやらない

(1) Don't do it alone.

(2)ずっとやらない

(2) Don't do it for a long time.

(3)会議に出ない

(3) Don't attend meetings.

なるほど「生産性を上げる為」には、これが正解かもしれません。

Okay, maybe this is the right thing to do "to increase productivity".

しかし、「生産性なんぞ知ったことか」と置き換えるだけで、このメソッドはボロボロと崩れていきます。

But simply replacing it with "I don't care of productivity", the method falls apart in tatters.

-----

私、生産性については、かなり徹底的に勉強しました。

Me, I've studied productivity pretty thoroughly.

As a result, I found that "there is no agreed-upon definition of productivity.

そして、「生産性」と「幸福」の間には、強い相関が存在しないことも知りました。

I also learned that there is no strong correlation between "productivity" and "happiness".

-----

「生産性を上げる = 幸福」と「幸福 = 善」から、「生産性を上げる = 善」という三段論法は成立します。

The triadic argument, "Increase productivity = happiness" and "Happiness = goodness," is established from "Increase productivity = goodness.

しかし、

However, it can also be interpreted as,

―― その"生産性"を上げるのは、"私以外の誰か"で良くね?

"Why can't someone other than me make it more productive?"

という解釈が可能です。

さらに、「Google式仕事術」が、"この私"に「楽しさや喜びを与えているのか?」 という点について、私には分からないのです。

Furthermore, I can't know that "Google Method of Working" gives me joy and pleasure of mine.

■自分でコラムを書かなくても、面白いコラムを書いている人がいるから、そのコラムを読めばいい。

- Even if I don't write your own column, someone else writes an interesting column, so I can read it.

■綺麗なイラストを書ける人は、世の中にゴマンといるから、その人に外注すればいい

- There are many people who can draw beautiful illustrations in the world, so I can outsource to them.

■自分でコーディングしなくても、コーディングのプロに頼めばいい

- I can ask a professional to do the coding for me.

まったく、その通りだと思います。

I think these are absolutely right.

(続く)

(To be continued)


2020-08-04 その全てが「下手くそ」です。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私は、コラムを書くのが好きで、イラストを描くのが好きで、コーディングをするのが好きで、そして ――

I like to write columns, I like to illustrate, I like to code, and

その全てが「下手くそ」です。

I am not good at all of them.

だから、これらを他人に任せるのが、もっとも効率的であり、いわゆる『生産性が上がる』のは間違いないでしょう。

So, I think it's most efficient to leave these things to others, and there is no doubt that it will increase so-called "productivity".

だが、それは「楽しいのか?」

But is it "fun"?

自分の作り出したモノ、自分でやった仕事は、他人のモノや仕事より「愛おしくはないか?」

Do you love what you created and worked, more than other people's creations and works ?

と考えると、私には分からなくなるのです。

I don't know that.

それ故に、私は「私を幸せにするアプローチ」として、

Therefore my "approach to making me happy

(1)ひとりでやる

(1) Do it alone.

(2)ずっとやる

(2) Do it for a long time.

(3)会議に出ない(ここはGoogleと同じで、これまでも、これからも)

(3) Don't attend meetings.(It's the same as Google here, from now and to now)

を続けていくことになると思います。

I think I'll continue to do them.

-----

つまるところ、これは人間のスケール感の問題かもしれないなぁ、とも思います。

As a result, I think that this is about a matter of human scale.

私は「技術」が好きで、特に「小技」が好きですが、その技の集大成である「サービス」や「ビジネス」が好きな人にとっては、「Google式仕事術」は正しいアプローチだと思います。

While I like "technology" and especially the "little tricks, for people who like "service" and "business", the "Google Method of Working" is the right approach.

私は、「他の人」を喜ばせることに幸せを感じられます。

I feel happy to please other people.

しかし、私は、「"多く"の他の人」を喜ばせることが、"多くの幸せ"になるとは、感じることはありません。

However I can't feel many happiness to please many other people.

つまるところ、

In conclusion,

『私は、人間としての器が小さい』

"I don't have what it takes"

この結論で、私は異義ありません。

I have no objection to this conclusion.