2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2014-03-01 「性を扱うインターネットの情報」にアクセスする子ども達にうろたえる母親たち(後編) [長年日記]

それより、私がこの番組を見て、心底あきれてしまったことは、

What I have despised the boys in the program,

―― アクセスログを放置して、えげつないエロ写真が母親にダダ漏れ

They have left the access records, and leak all the erotic contents to their mothers.

ということでした。

なんという、ITリテラシーの低さ。

What foolish and lower IT literal boys they are!

テレビの前で、「お前らに、ネットアクセスへの資格はない!」と怒鳴ってしまいました。

I shouted that "you have no qualification to access to the internet." in front of the TV.

「エロへのアクセス」と「アクセスの痕跡の抹消」は、ティーンエイジャの私達にとっては、常識でした。

When I was teenager, it was a common sense to delete both "access to erotic contents" and "delete the record" at the same time for me.

■エロ本を百科辞典の間に挟む(ベッドの下なんて論外)

(1)Vinyl magazines should be concealed between pages of encyclopedia("Under the bed" is out of question!)

■エロコミックの表紙を数学参考書のそれに替えておく

(2)Erotic comic jackets should change to those of math reference book.

この程度のことは、保護者対策として当然に行っていました。

To greater or lesser degrees, I did what the above to some extend, as a matter of course.

(しかし、多分、保護者はそれを簡単に見抜く訳でして、この微妙なバランスこそが、日本におけるティーンの性の管理に資していると思っています)

But their guardians can discover the places easily. I think that the guardians ability make up for juvenile disquieting sex behaviors.

-----

我が家では、

In my family case,

According to this issue, I manage the access control by the way of the above ULR.

今の所、娘達が私に挑戦している様子はありませんが、私の監視網を、見事かいくぐることができれば、それはそれで重畳です。そこまでできれば、「好きにエロにアクセスするがよい」と、逆に褒めてやるつもりです。

In the present, my daughters don't look like challenges against my monitoring. But if they accomplish the breakthrough, I will applaud them. I am going to allow them to access any contents without limit.

-----

それで、ですね。

In conclusion,

実際に心を痛めているお母さん達が存在しているのは、よく知っていますので、私の名前を使って頂いていいです。

I am very sorry for the mothers who are suffering from the troubles, so I want to propose using my name.

「ママの知り合いで、ある企業のIT研究員の、江端智一という人に、我が家の全ての情報機器のインターネットアクセス状況を、モニタリングして貰うことになったからね」

"Mr. Tomoichi Ebata" is my acquaintance, who is an IT engineer in a research laboratory. I am going to ask him to monitor all of internet access in my house."

子ども(特に男の子)は、その理由を必死で聞いてくる筈です。

I think your children (especially boys) are supposed to ask you the reason desperately.

「え? 江端さんは、ホーム家電におけるインターネットの研究をしていた方(本当)で、個人的に協力を要請されたからよ。別に困らないでしょう?」

"Mr. Ebata has studied about home appliance network for a long time. The other day, I got mail from him in order to ask me the monitors. Are there any troubles for you?"

とでも言って下さい。

-----

あ。でも、この日記を見られたらダメか。

Uh? No way if your son find out this diary.


2014-03-02 ―― 一体、なんのご褒美だったのだろう [長年日記]

I remember the days,

Popping an apple and a bottle of water in rucksack, and pitching a set of ski goods in my car, driving to a sky place,

―― 一体、なんのご褒美だったのだろう

Who gave me what kind of incentive was ?

と思うことがあります。

人気のない地味なエキスパートコースの山頂付近にあるロッジで、カフェオレとチリドッグだけの、たった3ドルの昼食が、あんなにも美味しかったのは、なぜだろう。

I wonder why the coffee and the chilly hot dog, that cost was three dollars only , was so delicious.

先日、電車の中で、「一番幸せだった食事」という吊り広告を見たのですが、

When The other days, I saw the phase of dangler "the happiest food in your life",

私は、あの「カフェオレとチリドッグ」を越える食事を思い浮べることができなかったです。

I cannot remember any food in my life, except for the coffee and the chilly hot dog.

-----

「もう人生のご褒美は、使い切っちゃったのかなー」

I have already run out of reward of my life haven't I?

「もう一回くらい、来ないかなぁ」

Can I pray for one more chance ?

と、今や他力本願の日々です。

Now I live in days of justification by faith.


2014-03-03 私のヒトクローンに対する嫌悪感は、凄く小さい [長年日記]

クローンに関するコラムを執筆していて、

When I wrote the column about human-clone, I think that

■世間のヒトクローンに対する嫌悪感が凄く大きい

Disgust of ordinary people against human-clone is bigger that I expect.

というよりは、むしろ、

Moreover,

■私のヒトクローンに対する嫌悪感が凄く小さい

Disgust of me against human-coke is smaller than ordinary people expect.

ということに気がつきました。

なんで、そうなるのかなぁと、ボンヤリと考えていたのですが、最近、その理由の一つに思い当たりました。

I was absorbed in thought, I noticed one reason recently.

-----

私は、パソコンのバックアップを目的として、定期的にパソコン全部のソフトウェア(OSレベルから)のクローンを作成・保存しています。

I make and save the PC software clones in order for the software backup regularly.

全く同じ機種のPCも持っていますので、そのクローンをそっくりそのままコピーして使い回すことができます。OSの再構築をしなければならない時など、泣けてくるほど、助かります。

I have more than two PCs that have perfect same hardware specifications, so I can use the clone of a PC for other PC. When I have to reconstruct the operating system, I think that it is dreadful useful.

また、PCがウイルスに感染した時や、また原因不明で動かなくなった時には、そのクローンを入れ直せば、そのクローンを作った時の状態まで、完全に戻すこともできます。

Other, when the PC is infected with virus or don't work for unknown case, I can recover the PC perfectly at the time of making the clone.

とにかく、パソコンのクローンは、すごく便利なんですよ。

Anyway the PC clone is very useful.

そして、クローンのパソコンは、当初の状態から色々な変更(新しいソフトウェアの追加や、周辺装置の追加等)が加えられて、当初のパソコンとは、全く別のパソコンに変っていくことも知っています。

Additionally, the PC that installs the clone, become to change from the original, because I will add and modify other software in the PC later.

-----

で、結論ですが

In conclusion,

クローンは、確かに発生時においては完全に同じものではあるが、その後、オリジナルからどんどん別のモノに変わっていく ―― ということを、私は、他の人よりは、実感できる立場にある

I know well that even if the clone is generated, it is going to change to other easily at rapid paces.

と、いうことが、

■私のヒトクローンに対する嫌悪感が凄く小さい

The above is one of the reasons why the disgust of me against human-coke is smaller than ordinary people expect.

の、理由の一つではないかなー、と思っています。

-----

たとえ、私が私のヒトクローンが誕生させたとしても、彼は私とは全く異なる独立した人格を有する人間となる ―― という、何の根拠のない自信があるのです。

I have a groundless self-confidence that if I generate a human-clone of mine, he is growing up as a person with an independent character.

もちろん、「私が100%間違っている可能性」はありますが、これは実際に、ヒトクローンを作ってみないと分からないことでしょう。

(コラムでも説明しましたが、法律が禁止していますので、現実には無理です)

Thought there is a possibility of whole my misunderstanding, of course, nobody might know what is going to happen in fact.

(As a matter of fact, it is impossible to make the human-clone because of a Japanese law.)

そもそも、「パソコンのクローンと、ヒトのクローンを、同じレベルで論じるのは、あまりに乱暴すぎるだろう」という理屈も、実のところ良く分かってはいるんですけどね。

To tell you the truth, I understand that it is too extreme logic to compare the clone of PC with of human.


2014-03-04 『先輩、こんな暴挙を許していいんですか! 武装して強制排除しましょう!!』 [長年日記]

私は学生の頃、大学の自治会の役員に立候補したことがあるような気がします。

When I was a college student, I was about to become a candidate of student association.

なんで、そんなあいまいな言い方をするかというと、―― よく覚えていないからです。

The reason why I tell you like such an ambiguous talking is that I don't remember it.

私の大学時代は、大きく前半と後半に大別できると思っております。

I think I can divide the former college life, and the latter.

前半を代表する内容はこちら「正しいデモのやりかた」になります。

This "Right way to demonstrating" was a representing column of the former, and

後半を代表する内容はこっち「やさしい水素爆弾の作り方 」ですね。

This "Right way to make hydrogen bomb" is of the latter.

大学自治会と強いコネを持っていたので、「名前を貸してくれ」と言われたら、ホイホイと名前を貸していたりしていた訳です。

At the former period, I had a strong connection with the association, so I usually gave my name easily.

ま、そんな訳で、

For the reason,

様々な政治的な集会のポスターが無秩序に張られ、ペンキで「インターナショナルの歌詞」や、チェ・ゲバラやトロツキーの語録が書き殴られた壁の中、

I could be in a walk around the front office of the association, that there are many posters and graffiti a politically charged term on the whole walls.

自治会本部の部屋にスタスタと入っていく私を、工学部の友人達は、畏怖(というか驚愕というか、嫌悪というか)の目で見ていたように思います。

I think that my friends of engineering department looked at me with awe (or consternation or disgust).

-----

ある日のこと、鴨川の東側に位置する、日本を代表する国立大学を拠点とする左翼集団が、こともあろうに、私の大学のキャンパスで集会を開いていました。

At a day in my college life, left-wing militants based on the famous National University in Kyoto occupied the college campus and held a rally.

私は激怒しました。

I was inflamed with rage.

これが学内の極右団体の集会や、カルト宗教団体の勧誘であったとしても、私はこれほどには怒らなかったと思います。

Even if they were right-wing extremists or religious cults, I believed that I didn't be in a rage.

他の大学の団体に、自分の大学のキャンパスを占拠されている屈辱で、体が震えるほどの怒りを感じました。

I felt tremble anger with abasement with controlling effectively by left-wing militants of neighbor college.

-----

『先輩、こんな暴挙を許していいんですか! 武装して強制排除しましょう!!』

"Can we forgive this outrange, Chairman! Armed and let's eviction!!"

I exclaimed.

と叫び続ける私に、自治会の先輩は、私には応えず、彼等の集会を冷静な目で観察し続けていました。

The chairman of the association ignored me, and he kept silent and watching them quietly.

その態度は(江端、今は動くな)と無言の圧力をかけるものでした。

The attitude seemed to be a kind of pressure for me, with "Ebata, don't move now"

今になって思えば、自治会の先輩の判断は正しいものだったと思います。

Now I think that his judgment seemed to be correct.

彼等の全国的な組織力、武力、統率力等、そして「彼等は集会を終えれば、立ち去る」ことなどを、総合的に判断すれば、

I should have thought of their powers, organizations, forces, and the fact "they left from our campus eventually".

こちらから「仕掛ける」ことは、政治的に正しい行動ではなかったのです。

"Lunching any attach from our side" was not correct politically.

-----

今、クリミア半島では、ロシア軍による実効支配中が進行中のようです。

Now in the Crimea peninsula, the Russian military seems to be in progress under the effective control.

そこには、私のような者と、先輩のような者がいるはずです。

There seems to be two types of person in peninsula, like me and like the chairman.

彼らがどう動くのか、今、私は注意深く見守っています。

I am watching carefully how they move now.


2014-03-05 しかし、こう考えることによって、「日本に対する愛国心」なるものを、改めて「気持ち悪い」と思います。 [長年日記]

Yesterday, I wrote the story "I was inflamed with rage when left-wing militants occupied the college"

これが、例えば、出身高校や中学の校庭や建屋を占拠されたとしたら、どうだろうか?と考えてみたのですが、

I wonder how I feel if it was a case of high school or junior high school.

―― 正直、どーでもいい

To tell you the truth, I don't care them at all.

と感じました。

この違いは何だろう、と考えていました。

Today, I am thinking what the difference is.

-----

私は、大学が好きだったようです。

The one answer is that I was about to like my college.

本当に苦しくて辛いティーンエイジャ時代の最後に辿りついたパラダイス、というくらいです(まあ、後発的に思い出が脚色されているとは思いますが)。

The college was a sort of paradise for me that I could reach at the final destination through burden of toil of my teenager.

(Maybe my memories have been history falsification later on.)

そのような好きな場所を、赤の他人に踏み込まれるという事実が、どうしても認容できなかった、ようです。

I think I couldn't possible put up with being invaded my favorite places by strangers.

-----

私は、「愛国心」なるものを全然理解できないのですが、「愛エリア心」なら理解できます。

I don't understand any kinds of patriotism but loves for a specified district.

■京都市左京区の岩倉に、中国人民軍が進駐するのであれば、私は武器を携行して、叡山電鉄の路線インフラを死守する為に、闘うことができます。

If People's Volunteers' Force in China is going to be stationed to Iwakura Kyoto-city, I could participate in a battle for saving for the Eizan-train infrastructure.

■米国コロラド州のフォートコリンズにロシア軍が、地上部隊を投入したと聞けば、今すぐに成田空港でデンバー行きのチケットを購入し、コロラド州兵を支援するレジスタントとして参戦するつもりです。

When I hear the news that Russian troops drop ground force to Fort Collins, Colorado USA, I am going to Narita Airport to buy the ticket to Denver airport, and combat as a resistance to help for Colorado State Guard.

私に優しくしてくれた人が住んでいるエリアを守る為なら、私は闘えます。

I can open war for the district where persons who were kind hospitality for me, has lived.

-----

しかし、こう考えることによって、「日本に対する愛国心」なるものを、改めて「気持ち悪い」と思います。

On the other hand, it becomes more difficult to understand "patriotism" for Japan.

「日本」を愛す?

Loves for Japan?

そんな広大で、抽象的で、観念でしか把握できないもんの為に、私は命をかけるなんてことは絶対にできません。

I flatly deny talking risk of my life for such wide, abstract and idealistic something.


2014-03-06 「将来恋人ができて、お泊まりすることになったら、ママにだけコッソリ話なさい」 [長年日記]

私は、ティーンエイジャの娘を二人持っています。

I have two adolescent daughters.

その娘達の「結婚の可能性」の計算を完了しています。

I have already finished calculations of their marriage possibilities.

その娘達の「出産の可能性」の計算も完了しています。

And,

I also have already finished calculations of their deliver possibilities.

総計数十時間にも及ぶ、これらの計算作業は、私を普通の保護者と違うマインドにさせてしまったように思います。

The above enormous calculations for more than dozens hours, was about to make me a different guardian.

-----

嫁さん:「将来恋人ができて、お泊まりすることになったら、ママにだけコッソリ話なさい」

"When you get a boyfriend and decide to stay out overnight with him, just tell me in secret."

と、嫁さんと娘(長女)が話しているのを聞きました。

I heard that my wife and senior daughter were chatting above.

私は不本意な気持ちになって、彼女らに言いました。

I felt complaint for them, and told them,

江端:「別にパパに話したって、いいぞ」

"Is there any problem to talk me about the issue?"

長女:「やだよ。なんでパパに、そんなことをわざわざ」

"I don't want to talk to anyone about that. In particular, YOU”

江端:「何を言うか。パパは、日本の国旗の小旗を振って『がんばってこい!』激励して、家から気持ちよく送り出してやるつもりだぞ。本気だぞ」

"What are you talking? I am going to see you home comfortably with encouraging you and waving a flag of the Rising Sun. I am serious."

長女:「だから、嫌なんだよ!」

"That’s it!"


2014-03-07 「『希望で始まり、絶望で終わる』『祈りで始まり、呪いで終わる』ような最終回」 [長年日記]

一昨日、「英語に愛されないエンジニア」の連載の、最終回原稿を脱稿しました。

The day after yesterday, I submit a final draft of the series of "An engineer who is never loved by English".

その話を聞いた、イラスト担当の長女が、酷く嬉しそうでした。

After listening to the above, my senior daughter looked like happy terribly.

何故か、と聞いたところ、

I asked her the reason, she said to me,

『絵を書くのはいいんだよ。でも、完成日をパパから期限を切られて、フォローされるのが辛い』とのこと。

"It it O.K. to draw illustrations, but hard to receive follow-up emails about deadline."

「ギャラを払っている以上、プロとして、納期と品質は厳守して貰う」というごく普通の社会人の常識は、中学生には辛かったようです。

It has seemed to be rough for her, as a school student girl, to keep promises both strict observance of both delivery time and quality, thought this is an ordinary common sense of business person.

江端:「じゃあ、もうイラストは止めるか?」

"Do you want to give up drawing?"

長女:「いや、そうじゃなくてね、パパのイラストのアドバイザー、コンサルタントとして続けるよ」

"No. But I can keep working as an illustrator like an adviser or a consultant.

―― おい。酷く、上から目線だな

―― Hey, girl! You are looking at me from height!

という言葉を、なんとか呑み込みました。

I could possibly keep the above phase.

ここで、ビジネスパートナーシップを清算するのは、双方にとって不利益です。

Breaking our business partnership, both of us will take disadvantages.

長女のかくラフ画(コンセプト図)があれば、私でも、一応絵を仕上げることができるようになりましたので。

Now I can complete the picture if she supplies me this draft line-work.

―― 利害で繋がる父娘。

Father and daughter connected by interest.

まあ、それも悪くはありません。

I think it is so-so.

-----

昨夜の深夜、ダイニングに降りていくと、長女がテスト前の一夜漬けの勉強をやっていました。

At the midnight of yesterday, when I head down to family room, she was cramming for an exam.

この定期テストが終了したら、最終原稿に目を通して貰って、イラストを描いてもらう約束になっていますので、ちょっとだけ、その話をしました。

After the exam, I promised her to start illustration with reading my final draft. So I told the contents.

長女:「で、どんな最終回になるの?」

"What kind of the final is coming?"

江端:「うーん、なんといったらいいか。あ、そうだ。敢えて言えば『マドキまどか』のような終わり方」

"Let me see... I dare say, it is like "Madoki-Madoka" isn't it?"

長女:「何だって?」

"What?"

江端:「『希望で始まり、絶望で終わる』『祈りで始まり、呪いで終わる』」

""Starting with hope, and ending with desperation" or "Starting with pray and ending with curse""

一瞬の沈黙の後、娘は言いました。

After a moment of silence, the daughter said

長女:「パパ。それ、やっぱり読まなきゃ、ダメかな?」

"Should I read the draft, after all?"


2014-03-08 父親が娘に語った言葉は、―― 紅生姜の容器で、開いた本を押えるとよい。両手が開くぞ ―― というアドバイスだけでした。 [長年日記]

「一人メシ」という言葉があるそうです、私は、これが「蔑称」であることを知ったのは、ごく最近です。

Though I often hear the words "lunch alone" recently, I haven't known that the words is derogatory term.

私は「一人メシ」を、「一人でごはんを食べる」という意味以上で考えたことがなかったのです。

I had never thought that "lunch alone" has another meaning more than "Eating lunch alone"

私にとって、一人でごはんを食べる時間というのは、ゆっくりと本を読めるパラダイス、至福の時で、食事でいえば、「もう一品目のおかず」という感じです。

As far as I am concerned, time of "lunch alone" is "happiest moment" or "hour of bliss" because of reading book in a relaxed manner. It is like one more dish of lunch.

「一人メシ」というよりは、「読書メシ」と言うのが正しいのかもしれません。

I think that "lunch with reading" is more accurate than "lunch alone".

結果として、「読書メシ」は「一人メシ」にならざるを得ません。

As a result, "lunch with reading" become a same meaning of "lunch alone".

-----

この私の嗜好を、DNAレベルで受けついだのが次女です。

The junior daughter takes over my preference at the level of DNA.

来月から、小学校の最高学年になる次女は、まあ、とにかく、本(コミック漫画を含む)を読む。

She is in the 6th grade of junior school, and read book (including manga-comics) anytime.

読む、読む、読みまくる ―― という感じ。風呂、トイレ、あらゆる場所で読んでいます。

She read, read and read books, at both room, toilet and at any places.

なるほど、「私はこういう風に見えるのか」と、次女から日々教えられています。

"Well, I have been looked at from others." I was taught by her everyday.

「読書メシ」は、確かに行儀が悪いように見えます。私ですら、特に飯を作ってくれた人に対しては、無礼極まりないように感じます。

I am afraid that "lunch with reading" is absolutely rude manner, especially rude against cook.

当然ですが、嫁さんが怒るので、家族でごはんを食べるときは、次女も私も、「読書メシ」はしません。

my wife gets mad with us naturally, so I never do "lunch with reading" in happy lunch and dinner time at home.

しかし、この二人だけで外食したときの暴走ぶりというのは ―― 正直、周りをドン引きさせているようです。

On the other hand, when both the daughter and I eat out, that seems to be a total turn-off for other people.

-----

先日、二人で、牛丼のチェーン店のカンターで御飯を食べていたのですが、父娘二人が並んで、黙々と本を読みながらの「一人メシ」です。

The other day, both two had a lunch at the beef bowl chain store, and did "lunch alone" with reading book sedulously.

相当、痛い視線も感じました。「虐待?」というメッセージも乗っていたような気がする。

I felt pain with eye-shot. I thought the message "abuse" was included.

父親が娘に語った言葉は、

The only words the father gave the daughter in the lunch time were ,

―― 紅生姜の容器で、開いた本を押えるとよい。両手が開くぞ ――

"Press your book with a container of finely-chopped ginger, make your hands free"

というアドバイスだけでした。

店を出た私たち父娘の会話です。

After the lunch, I asked her

江端:「どうだ?」

"How do you like this lunch?"

and she replied me soon.

次女:「凄く、美味しくて、楽しかった! また来ようね!!」

"Terrific! Delicious! enjoy!! Let us come again!!"

-----

まあ、結論としてですね、

In conclusion, I want to say,

『倖せの形くらい 私(たち)に決めさせて』(「向い風」by さだまさし)

"Please make me(us) decided what my(our) happiness is"

ということです。

(To be continued)


2014-03-09 「所属するグループに籍を置くことを目的として、貴重な青春時代の一年間を過しているのか?」 [長年日記]

昨日、「一人メシ」の話題を書きましたが、昨日分は「一人メシ」を書く為の、軽いジャブみたいなものでして、実は、本編はここからです。

Yesterday, I wrote about "lunch alone". But indeed, that is a kind of prologue, the serious story starts now.

-----

長女に聞いたのですが、学校生活における最大級の恐怖は。「一人でいること」と「一人でいると他人から思われること」の2つだそうです。

The other day, I heard from my senior daughter that the most fearful affair is "being alone" in her school life,

長女は勿論、全ての女子は、

I heard that not only she but also all girls in her school

■4月から6月の間に所属するグループを求めて、クラス内を放浪し、

wander from place to place in their class for searching a group they could belong from April to June,

■7月から9月の間にグループの人間関係を調整し、

monitor and arrange the humans relationship of the group from July to September,

■10月から少しづつ、呼吸が合うようになり、

could get alone with others in the group from October,

■翌年1月からは、来年度クラス替え後の、グループのことを考えて怯えている、

and fear a new group for the next fiscal year from the New Year.

のだそうです。

-----

江端:「なんだそりゃ? 所属するグループに籍を置くことを目的として、貴重な青春時代の一年間を過しているのか?」

When I asked her,

"What it that? Are you spending a precious period in youth for belonging a group?"

と、長女に聞いたところ、長女は真顔で、

she answered seriously

―― ある意味、その通り

"That is right in a sense."

と答えました。

久々に、背筋がゾクッとしました。

I felt frightfulness for a change.

(To be continued, more.)


2014-03-10 「パパの視点から、その考えがどんなに『正しい』と言われても、私たちには届かない。私たちはパパではないから」 [長年日記]

江端:「では『一人メシ』というものは、一種の拷問だな」

"So, "Lunch alone" is a kind of torture isn't it.

というと、長女は首をたてに振りました。

She gave a rod for my saying.

江端:「確認の為に言うが、『一人でいること自体が、別段劣っていることでえもないことや、ましてや、恥しいことではない』てな話を、ここに持ち込んでも無駄だな」

"Firstly I confirm that it should be in vain if I give you "that is not shamed and sorry at all""

長女:「無駄。パパの視点から、その考えがどんなに『正しい』と言われても、私たちには届かない。私たちはパパではないから」

"It is in vain. It is just your vision. Not for us. You can never reach to our mind. We are not you."

江端:「よし。分かった。では、問題を解決するのではなく、問題を分析してみよう」

"O.K. I don't think how to resolve the problems, but try to analyze the problem each other.

-----

江端:「そもそも、あの『クラス』ってやつは、一体なんの為にあるのだろう。あのような単位で括る理由が、よく分からん」

"Above all, I don't understand the existence of, so called, "class". Who knows the meaning of the unit?"

長女:「管理の単位? とか」

"Unit for management of students?"

江端:「うん、間違いなく教師側からの管理単位であることは、間違いない。では、その「クラス」という管理の中で、さらに小集団となる、お前たちが構成する、いわゆる仲良し『グループ』の存在意義は何だ?」

"Yes. It is absolutely right. It is just for your teacher in order to decrease their costs. On the other hand, I want to know what is called into question yours raison d'être as "group"

長女:「それは、はっきりしている」

"It make clear."

江端:「何だ?」

"What is that?"

長女:「お昼のお弁当を一緒に食べる為」

"For eating lunch side by side"

江端:「何だって?」

"What?"

長女:「つまり、一人でごはんを食べない為だよ」

"For not eating lunch alone"

江端:「えっと、ちょっと待て。今の2つの話は、同じ話ではないぞ。どっちだ?」

"Wai, Wai, Wait a minutes. These two stories are not same. Which is correct?"

長女:「『一人でごはんを食べないこと』だよ」

"For not eating lunch alone"

江端:「は? では、そのグループの目的は、グループで何かをする為にあるのではなく、グループとは全く関係なく、単に自分を防衛する目的として存在している、と言っているのか?」

"Are you talking the purpose of the group is not to do something as a group, but to be in existence for protecting your privately with no relate in the group ?"

長女:「そうだよ」

"Yes"

"To be continued, more and more"


2014-03-11 「もし『グループメシ』なんぞを強制されたら、私は暴動を起こすぞ」 [長年日記]

江端:「お前たちにとって『一人メシ』というのが、耐え難い地獄であるのであれば、どうして教師達は看過しているんだろう」

"If "lunch alone" is is hard on you, why your teachers don't try to work out remedies?"

長女:「看過って・・、先生たちにできることなんてないじゃん?」

"Remedies... Is there anything what they are able to do?"

江端:「例えば、昼食時の自席からの移動の禁止。または、グループのローテーションの義務化」

"For example, "prohibition of moving seats in lunch time" and "mandatory seats rotations""

長女:「それは、ちょっと無理じゃないかなぁ。昼食時間は原則自由時間なのだから、そこまで過度な干渉はできないでしょう。その理屈であれば、『グループでは、遊んではいけない』ことになってしまうよ」

"It seems to be impossible for teachers because of excessive meddling. As a general rule, lunch time is free time. And the rule leads some contradict manner, "We don't have to play by harmonious group of people."

江端:「友人のいない私としては、そんなことは、まったくもってどうでもいいんだけど、逆方向からなら理解できるなぁ」

"Though I don't have any friends and care about it at all, I could understand what your intentions are from an opposite side".

長女:「逆?」

"Opposite side?"

江端:「もし私が『グループメシ』なんぞを強制されたら、私は暴動を起こすぞ」

"If I enforced to "lunch with others", I would provoke a riot.

長女:「・・・ま、いいけどね」

"...What the hell"

江端:「でもなぁ、『一人メシ』を自分で選ぶのと、『一人メシ』を余儀なくされる、との間には、酷く差があるよな。あ、忘れていたけど、もう一つの観点があったよ」

"Anyway, I am afraid that there is serious different choosing "lunch alone" by them from being enforced to "lunch alone" by others. And I noticed that we have to discuss another topic."

長女:「何?」

"What is it?"

江端:「『一人メシ』の救済を、強制された者の観点だ」

"A person who enforce help for "lunch alone""

長女:「は?」

"What?"

江端:「つまり、パパのことだ?」

"It is me."

長女:「はあ?」

"Pardon?"

(To be continued insistently)


2014-03-12 「クラスの問題から逃げる教師は、すべてパパの『敵』だ」 [長年日記]

江端:「パパが、小学校や中学校で、学級委員とか生徒会役員とかやってきたのは知っているな」

"You know I was a class officer and work for student-body activities during the period of compulsory education."

長女:「ん」

"Yes."

江端:「そんでもって、今、とても腹を立てている」

"And I have been angry with what I had been in such rolls"

長女:「なんで」

"Why?"

江端:「いわゆる、学級の中で暴力を奮う問題児とか、人と交わることが難しい生徒の対応を、教師から『押しつけられ』たからだ」

"I was enforced to manage such troubled children, for example, behaving violently and isolated from others, from the home room teachers"

長女:「どういう風に」

"How?"

江端:「例えば、パパがリーダーをしてきた、遠足のグループ、演劇のスタッフ、運動会のチーム等に、彼らを編入するように、教師たちに『押しつけられた』んだ」

The teachers enforced me to add the problem children in my groups of excursion, theatrical play, and athletic festival.

長女:「そんで?」

"And?"

江端:「そもそも、グループという概念から排他された人間を、無理やり押しつけられたのだから、スタートから上手くいかない。特に、パパの渾身のシナリオの『芝居』を滅茶苦茶にされてしまったことは、よく覚えている」

"It went worse absolutely from the beginning, because the problem children were not suitable for events. I didn't forget that my theatrical performance with considerable feeling for me was ruined perfectly by their terrible abilities.

長女:「パパ、ちょっと落ち着こう」

"Papa, calm down."

江端:「それって、教師の仕事やんか! 彼等が解決すべき課題だろ!! なんで、パパが、他人のことまで考えて、色々と苦労しなければならないんだ?」

"These were the teacher’s tasks weren't these? They should have tried to resolve the problems for their life? Why I had to have a rough time of them?”

長女:「・・・」

"..."

江端:「簡単にいえば、「学級委員」とかにさせられた挙句、体良く、教師達に『利用された』訳だよ。子ども故の無知に付け込まれてね。卑怯だよね。大人が解決できない、またはしようとしない問題を、子どもで解決できる訳がないじゃないか」

"In short, I was commissioned a leader of the class and conveniently played for an assistant of the teachers. They abused my ignorance of child. They were really cowardice. Why I could resolve the problems that the teachers threw in.

長女:「・・・」

"..."

江端:「だから、パパは、『死ぬまで、奴等を許さん』。クラスの問題から逃げる教師は、すべてパパの『敵』だ」

"So, I never forgive them at all for life. All teachers who run away from any kind of problems in class are my enemies.

To be continued


2014-03-13 「当然、『一人メシ回避』がプラットフォームだよ」 [長年日記]

今回の「一人メシ」に関する長女とのディスカッションの話を、車の中で嫁さんにしました。

When I was driving a car, I told my wife about the series topic "lunch alone".

江端:「(長女が)『グループとは、一人メシを回避する為だけに存在する』と言い切った時は、かなり驚いた」

"I was surprised to hear the senior daughter's original definition, "any group exists for avoiding "lunch alone"".

嫁さん:「そう?」

"So?"

と、それほど意外でもなさそうに応えました。

My wife responded my comment unsurprisingly.

江端:「いや、いや、いや、『グループになる/作る』というのは、もっと、こうなんというか、『目的指向』なもので、『楽しく生きる為の手段』でしょう?」

"No, No, No, "Making a group" is a kind of target-oriented activity, and aiming for enjoyable life of us.

嫁さん:「ああ、勿論、そういう風に『機能』することもあるよね」

"Um. Yes. I agreed with you. A group has functions you said."

―― あれ、なんか、妙な違和感を感じる

I felt an unexplainable sense of discomfort from this wife comment.

江端:「あのさぁ、確認したいんだけど。「一人メシ回避システム」と「エンターテーメント実施主体」って、どっちがプラットフォーム(基盤)で、どっちがアプリケーション(基盤の上で動くモノ)になるの?」

"Let me check that there are two functions "lunch alone avoidance system “and "entertainment maker". I want you to tell me which a platform is"

嫁さん:「当然、『一人メシ回避』がプラットフォームだよ」

"Needless to say, "avoidance system against "lunch alone"" is the platform."

江端:「え? 何だって?」

"What on earth!?"

嫁さん:「まあ、稀に、そのグループいることが、『楽しいこと』もあるよね」

"I agree that it's rare case however, we could sometimes enjoy something in the group."

-----

世の中の女性の方にお伺いしたいのですが、私の長女や嫁さんの「グループ」の解釈って、女性一般の社会通念なんでしょうか?

Now for, I would like to ask you (if you were a women) whether the understanding of "group" of both my daughter and wife" is a common sense in women's field.

私、次に生まれてくる時は、「美人で、セレブで、知的な、文系の女子大生」と決めているのですが ―― これを撤回すべきか否か、ここ数日、考え込んでいます。

I have already decided that I am going to be born as a girl who is beautiful, rich, and intelligent and a student with majors in the school of humanities, next time.

Recently I have been thoughtful whether I should back down on the above issue.

(To be continued.)


2014-03-14 「女性が『一人メシ』を回避するというのは、理に叶っているのだけどね」 [長年日記]

江端:「女性が『一人メシ』を回避するというのは、理に叶っているんだけどね」

I think that it is reasonable for women to avoid "lunch alone".

長女:「どういうこと?」

What does it mean?

江端:「ほんの数万年前まで、男性は食料を確保するという手段で、女性は子どもを育てるという手段で、家族というコミュニティを守ってきた訳だよね」

"Just several ten thousand years ago, both men and women save their life and family with getting foods by men and caring their children by women."

長女:「うん」

"Hm-hm"

江端:「男性が不在である時間または期間が存在したから、その間、女性は自分の身の安全を確保する必要があったんだ」

In order to get foods for men, they have to be long absent from their home. The women have to save their and children life for the period.

長女:「で?」

"And?"

江端:「女性は、自分の命を守る為に集団化せざるを得なかったし、特に、食事中は食事を強奪される危険もあった訳だ」

"The women should have made them groupy, especially there were some dangers, for example, robbing them their foods during lunch time.

長女:「で?」

"And?"

江端:「女性にとっての『一人メシ』は、命の危険となる行為であり、実際に『一人メシ』を敢行してきた女性は生き残れず、遺伝子を後世に伝えることができなかったのだろう」

The "lunch alone" was a really danger for women, and a special woman who tried to do "lunch alone" could not survive and remain their gene in future ages.

長女:「じゃあ、女性は『弁当を人に取られるのを回避する為に、「一人メシ」を回避してきた』と、こういうこと?」

"You said, women have kept their lunch box in order to avoid robbing them for a long time haven't they?"

江端:「『利己的遺伝子』という考え方に基づく仮説だけど ―― 説得力あるだろう?」

"It is just hypothesis based on the thought of "selfish gene", but do you think it is very persuasive?"

長女:「私は、友人に弁当取られたって構わないよ!」

"I don't care robbing my lunch box by my friend at all!"

江端:「望む時に、望むだけの食料が取れるなんて奇跡は、人類史上、ここ数十年くらいだし、それも地球上のほんの一部だよ。今なお、相当数が、今でも飢餓に苦しんでいる事実もある」

"It is a kind of miracle we can get and eat foods we want anytime over the last several ten years. It is a case that people who are in parts of this earth, are hard to live their life."

長女:「ふーん、じゃあ、結局、私達を「一人メシ」で苦しめているのは、私達の遺伝子という訳だ?」

"Hmm, we are suffering from our gene as far as "lunch alone" is concerned.

江端:「そういう風に考えると、一応説明としては筋が通る ―― だが、そういう風に、いつまでも逃げ続けていい訳ではないよ。遺伝子や形質を理由に、 色々な差別が肯定されてきたのも、また事実だから」

"It might be just easy to understand if we think on such a way. But we should not run away toward the logic. It is a case that we have added to discrimination because of the existence of gene and sexual difference.

"To be continued"


2014-03-15 「『クラス』という概念の解体だ」 [長年日記]

江端:「遺伝子とか才能とか、そういうものを抜きにして、できることはあると思うんだよ」

"I think there is something what we should do before talking gene and talent.”

長女:「どんな?」

"What types of that?"

江端:「『クラス』という概念の解体だ」

"Disorganization of concept of "class""

-----

長女:「はい?」

"Pardon"

江端:「大学に入ると『クラス』というものはなくなる。授業に出席するのも、欠席するのも、すべて個人の自由だ。勉強をしてもいいし、しなくてもいいんだ」

"In college, there is no class in public. Attending a lecture is up to the individual. Studying or not is free."

長女:「中学校から、そういう教育の形態にしろ、と?」

"Do you want to start the system from junior high school?"

江端:「小学校からだ。幼稚園からでもいい」

"From junior school. It is O.K. to start from kinder garden."

長女:「いや、それは、ちょっと極端すぎるのではないかと?」

"It is too extreme isn't it?"

江端:「なんで? 」

"Why?"

長女:「いや、クラスは、『協調性』とか『友情』とか、育てる場所でしょ?」

"Class is a place where we are growing up cooperativeness and friendship"

江端:「逆だろ?クラスが、それらを破壊しているんだ」

It's the other way around. Class is destroying them.

-----

江端:「クラスは『管理単位』だ。なのに、いつだって、そこに『和』だの『友情』だのという概念を、やたら入れたがる奴がいるから、訳が分からなくなる」

"Class is just a management unit of students; nevertheless some types of people always want to add other concepts of "harmony" and "friendship""

長女:「そうだねえ、クラス対抗リレーとか、クラスでの文化祭の出し物とか、クラスの平均点だとか」

You said that, "interclass relay race”, “class attraction", and "average points of class"

江端:「2人寄れば「友情」で、3人以上で「和」で、それ以上だと「協調」。で、グループが2つ以上存在すると「競い合う」だの「磨き合う」だの、 ―― と」

Friendship by two persons, harmony by three persons, cooperativeness by the more. Jostle and polish by more than two groups.

長女:「なんだろうね、あれ」

"What is that?!

江端:「あれは、『相互監視システム』だと思っているけどね」

"I think that is a kind of bilateral monitoring system."

長女:「相互監視?」

"Bilateral monitoring system."

江端:「クラス40人を教師一人で管理するので管理するは無理だからね、教師にとっても生徒が自発的にグループを作って、相互に監視してくれると、とても助かる」

"It is difficult for teachers to manage more than 40 students at the same time. Autonomous groups by students are very helpful.”

長女:「なんで?」

"Why?"

江端:「そうすれば、教師は「一人メシ」の対象者だけ見張っていれば良いだろう」

"It is good for a teacher to monitor the "lunch alone" student only."


2014-03-16 「私は、そんな「アグレッシブな一人」という概念を知らないのだけど」 [長年日記]

長女:「結局、『一人メシ』の解決方法はない、と」

"Finally we have no idea to resolve the "lunch alone" problem."

江端:「解決法はないが、活用方法はあるぞ」

"No solution but practice."

長女:「え?」

"What?"

江端:「一人であることが、特に若い人たちの弱点であるなら、『一人でいられること』は、逆に、もの凄い強みになると思うんだ」

"If "being alone" is a weak point for youth especially, I think "being alone" is the advantage point for our life."

長女:「パパ、強みあったと思う?」

"Did you have any advantage in your life?"

江端:「パパの場合、先天性の『一人大好き症候群』だったから、あまりメリットを感じられなかったかもしれないけどねえ」

"In my case, I have been sick of "love being alone syndrome" so I was afraid that I could not feel the merits."

長女:「まあ、そうだろうねえ」

It is considered reasonable and proper.

江端:「ただ世間様が言うほど、一人でいることは、デメリットはなかったと思うよ。うん、本当に大したことなかった」

There is nothing worse than "being alone" despite of voice in public. Yes, it is really nothing.

長女:「それでもデメリットを挙げろと言われたら?」

"If someone asks you to dare pick up the demerits?"

江端:「『大きなことができないこと』かな。大きなプロジェクトとかは、やっぱり一人ではできない。」

"One is that I could not pursuit something big. I don't join a big project, for example.

長女:「ほら、やっぱりデメリット大きいじゃない」

"You should pay for the demerit shouldn't you?"

江端:「でも、小さなことはできるよ。コラム書いたり、小規模なシステムくらいなら自分一人で作れるしね。コンピュータの時代に生まれてよかったと、本気で思っているよ」

"I can do something small, writing columns, and small computer system, for example. I think I am really happy living in this computer generation.

長女:「つくづく、寂しい人間だよね」

"You were really lonely man."

江端:「あ、それと、高校の時に、文化祭のクラスの出し物全部を、ほぼ自分一人で作ったしまったこともある」

"I remember I completed to make all attractions in an annual school festival all by myself."

長女:「凄いことするね」

"You were really great man."

江端:「『クラスの人間が協力しない』といってストレスためる時間で、十分つくれちゃったし。打ち合わせも、意見の調整も、妥協も、何にもないのだから、グループ行動より、圧倒的に早く、正確に、予定通りできるに決まっている」

"I noticed that I could do many things during complaining about nonconformist in class. It was very easy to do anything correctly, rapidly, and on schedule because I didn't care any meeting, arrangements and compromises.

長女:「私は、そんな「アグレッシブな一人」という概念を知らないのだけど」

"As far as I am concerned, I don't know a concept of such an aggressive alone."

江端:「パパは、その頃から、もうすでに『○○を信じる』という言葉が、単なる自分自身の『甘え』とか『弱さ』だと気がついていたし」

"I noticed that using the phase of "I believe ..." is a proof of my week and emotional dependence in my high school period.

長女:「ほんとーに、可愛くない高校生だ」

"You were really an unpretty student."

江端:「そもそも、人を魅了してまとめるだけのカリスマもなかったし」

"I was not attractive and charismatize.

長女:「生徒会会長をやっていたのに?」

"Were you a president of the student council?"

江端:「生徒会会長なんかをやっていたせいで、そのことに気がつくのが、ずいぶん遅れてしまったよ」

“Thanks to the position, I delayed to notice what I really was.”

-----

まあね。

Anyway,

『一人メシ』が最悪の恐怖であるなら、それは逆に言えば、『一人メシ』は最高にして最凶の武器だ。

If "lunch alone" is the worst frightfulness, it also the best and worst weapon on the contrary.

一人でいることは、大衆に迎合せず、自分をあらゆる呪縛から解放して、自分自身の自由を守る最後の砦だ。

"Being alone" is a final free frontier, not to play to the gallery, to be release us.

一人であることに怯えてもよい。

Of course, you might fear "being alone"

一人でいることを全力で回避してもよい。

You might avoid "being alone" all out.

でも、一人でいることは、お前たちが思っているほど、悲劇でも悲惨でもなく、むしろ自分を自由にして、人生を豊かにすることもあると思う。

But "being alone" is not so much tragic and bitter than being enrich your life.

まあ結局のところ、「一人でいないこと」も「一人でいること」も、どちらも幸せで、同時に、不幸だ。どっちを選んでも、大して変わらんよ。

In short, it is not a problem whether "being alone" or not is. Both are happy and unhappy.

-----

だから、まあそんなに心配するな。

So you don't have to worry about it.

他の子供は知らんが、お前たちには、「『一人』のスペシャリスト」がすぐそばにいる。

I don't care other children, but you have a specialist of "alone" beside you.

「一人」で幸せになる方法なら、

If you want to know how to spend happy life with being alone,

このパパに、ドーンと任せておけ。

you could count on me.


2014-03-17 我が家の(一階の)世界線移動は「来客」よって発動するようです。 [長年日記]

今朝起きたら、私は別の世界線にいました。

This morning, I have noticed that I was in another world.

しかも、2つの世界線が、我が家の高さ方向で併存していました。

And the two different worlds exist simultaneously

-----

二階は、昨日と同じ世界線が継続されていたのですが、

However, the same world kept continuously on the second floor,

一階では、世界線の移動があったようなのです。

the world moved to another world last night.

リーディングシュタイナー江端の昨夜の記憶では、

As far as I know, on the first floor, there were

■ランドセルやバックが開いたままで配置され、そこから書類や本が散乱し、

opened a book bag and school bag which were left on the flooring, and scattered papers and books,

■衣服が固まって家畜の糞のような状態で放置されおり、

rolled clothes like cattle grunts

■家族共用のパソコンの回りは、周辺装置と筆記用具が乱雑に配置されており、

some devices and pens around home PC,

■玄関は、傘と靴で、溢れかえっていた

piled up umbrellas and shoes in the entrance area.

はずです。

今朝、これらのものが全て無くなって、そこには、入居直前で家具が搬入されたばかりの新居まで時間遡行した空間がありました。

Today I was in the space where was just backed to the brand new house with furnished.

-----

本日、娘の卒業式。その後、娘の部活のお母様方々が、我が家に雪崩れ込んで、簡単なパーティをやる ―― とのこと。

I heard that my wife is going to invite mothers of daughter’s friends and party in my house, after the daughter's graduation ceremony.

我が家の(一階の)世界線移動は「来客」よって発動するようです。

I understand that my house world (on the first floor) starts to move to another world by the houseguest.

-----

まあ、それはさておき。

And now, for something completely different,

テレビなどで、誰かの家の中の様子が映されることがありますよね。

We watch someone's rooms in the TV program.

「一人暮しなのに、キレイにしているなぁ」とか「小さい子どもがいるのに、よく掃除ができているなぁ」という映像が見られますが

We always see scenes, for example "neat and tidy single's room" and "perfect cleaned-up room with babies

―― あれって、絶対に変です。

It is absolutely strange.

あんな世界線は、論理的ではありません。

I think that the world is skew-whiff.

「来客」とか「テレビカメラ」によって、「リーディングシュタイナー」が発動していると思います。

I conclude that moving to another world will set in by houseguest and TV cam.


2014-03-18 「もう私は、エンジニアとしては終わっていたのかもしれない」 [長年日記]

先週の日曜日、4月から高校生になる長女の為に、かねてより約束していたスマホ(iPhone)の契約をしました。

Last Sunday, I made a contract with a carrier about Smart Phone (iPhone) at an appliance stores for my senior daughter for congratulation for high school entrance.

各社(もっぱらAとS)から出されるサービス(乗換キャンペーンも含めて)を一つ一つ検討した為、凄い時間がかかりました。

However I had much time to complete the contract, because I checked each service menu one by one.

最後の方は私もキレてきて、「細かいことはどうでもいいから、初期費用と月額費用の2つだけを提示しろ」といったら、結構、簡単に出してくれました。

Finally, I could not blow my cool. I said "Show me both initial and monthly cost, regardless of detailed issues. the salesperson gave me the cost easily.

というわけで、これからスマホなどに変えるかたは、このやり方をおすすめします。

I strongly advice you to do this way, if you have a plan to exchange your cell phone to a new one.

それはさておき。

スマホの本体を渡される時に、何度も「初期設定だけは面倒ですから」と言われていたのですが、

When I got the smart phone from the salesperson, he told me again and again that the initial activation of the smart phone was very very complicated.

―― ふっ、デバイスの初期構築ごとき、私の敵ではないわ!

"Come on! Initial device activations are nothing for me."

と、高をくくっていました。

I made light of the process.

-----

死ぬかと思った。

It was like a life and death struggle.

まず、システムコンセプトから訳分からん。

First of all, I couldn’t understand the system concept.

■1つのスマホを、2つの法人(アップルとキャリア)が重複管理していて、しかもそれらの設定がバラバラの上、連動していたり、していなかったりする。

- Two companies manage one device simultaneously, and some functions are shared and others are not.

■少なくとも3つのサーバのアカウントにアクセスしないと、それまでの(ガラケーの)環境を継続できない。

- In order to inherit the previous cell phone environment, we should access more than three server accounts.

■マニュアルに記載された内容は、表示文字もGUIも一致していないばかりか、メニュー体系までもが不一致。

- The manual shows contradictious texts, GUIs and menus.

■メールアドレスが2つ以上併存し、意図せぬメールアドレスが使われる。

- Two mail addresses exist in the device, and improper mail address is used.

■WiFi環境は、暗号方式が不明確で個別設定が読み切れず、なんどもトライアンドエラーをよぎなくされる。

- As WiFi environment, I can't estimate cipher type, and I have to try and error the selection again and again.

■娘の新メールアドレスは、20文字以上あり、エラー時に、入力した内容をバッファで記録しないので、覚えている限り、30回以上入力し(しかも、あの使いにくいディスプレイキーボードで)、完全に暗記してしまった。

- The length of my daughter's new mail address is more than twelve characters. The device has no function of the buffer, so I have to enter the same address more than thirty times with inconvenient keyboard.

■これまで使ってきたパスワードは、「強度が弱い」と弾かれ、新しいパスワードも、これまた長くて、しかも複雑な組み合わせにしなければならない。

- The device warned me that my ordinal password was weak and recommended me to use long and complicated pass code.

―― 初期構築から6時間

Six hours from the beginning.

これだけの時間があれば、私はクラッシュしたパソコン2台を復活させる自信があります。

I am confident that I could recover from two crashed PC, if I were given the time.

私は生まれて初めて、そのスマホを床に投げつけて、破壊したいという衝動にかられました。

For the first time, I wanted to throw the device down floor and crash it impulsively.

が、問題はそこではありません。

But I think that it is not serious problem.

-----

この悪魔のデバイスを、日本人口の半分程度が所有している → ということは、何千万人が、この「悪魔」の初期構築に成功したということ。

About half of people in Japan are now using the worst device. That means they succeeded in the initial construction of the device.

この事実は、私の自信を根底から破壊しました。

The fact destroyed my confidence perfectly.

「もう私は、エンジニアとしては終わっていたのかもしれない」

"My engineer's life might have already finished without my notice."

と、絶望感で、床に崩れ落ちそうになりました。

I was about to collapse on the floor with sense of hopelessness.

(続く)

(To be continued)


2014-03-19 「なあ、友達に、iPhoneの初期構築をどうやって完了できたのか、聞いてきてくれないか」と、私は長女にすがりつくようにお願いしました。 [長年日記]

江端:「なあ、友達に、iPhoneの初期構築をどうやって完了できたのか、聞いてきてくれないか」

"Please ask your friends how to do the iPhone initial setting."

と、日曜日の夜、私は長女にすがりつくようにお願いしました。

Last Sunday night, I asked my daughter in a suppliant attitude.

翌日の夜、長女が報告してきました。

The next night, she reported her friend's interview.

長女:「聞いてきた」

"I heard from my friends."

江端:「で?」

"And?"

長女:「メールアドレスの設定を諦めたという娘もいた」

"Some friends gave up setting their mail address at all."

江端:「はい?」

"What does it mean?"

長女:「LINEの専用機と決めた娘もいたよ」

"She decided that iPhone was a dedicated terminal of LINE."

江端:「物凄い割り切りだなぁ。それでは、家族も困るだろう」

"Too simple! But that is in trouble for her family isn't it?"

長女:「家族全員がiPhoneに移って、LINEを始めたらしいよ」

"All member of her family seemed to get iPhone, and start LINE at the same time."

―― もう、このパラダイムは追いつけない

It is time that I think I couldn't get touch with the paradigm any more.

と思った瞬間でした。

-----

江端:「それより、iPhoneを自力で初期構築した娘は?」

"Above and beyond this, who was able to achieve the initial setting?"

長女:「私が知る限りいない」

"As far as I know, no one became successful."

江端:「やっぱり保護者にやってもらっているとか」

"Actually, they needed their guardian’s skills didn't they?"

長女:「いや。それはなかった」

"No."

江端:「ん? どういうこと?」

"Pardon?"

長女:「ショップで2000円かけて、データ移行してもらったり、1万円かけて初期設定しもらったようだよ」

"They seemed to ask the retail shop data transfer at 2000 Yen or set the parameters at 10000 Yen.

江端:「そんなサービス市場が・・・」

"I didn't know the service market at all."

長女:「保護者が、初期構築のお金を出しているんでしょう」

"Their parents might pay for that."

-----

うん、確かに、私もあの設定をもう一度やれ、といわれたら、一万円を支払う方を選ぶ。

Yes. I agree. If someone order me the setting again, I would rather pay for it at 10000 Yen.

通信デバイス風情に、私の貴重な6時間を奪われた恨みはデカいのです。

I got mad with the iPhone, because of being wasted my holiday's six hours.

今思い出しても、本当に腹が立つ。

I can't contain my anger now.

スマホだかなんだかしらんが、しょせんは携帯電話だろうが。何訳の分からん設定や管理をエンドユーザに強いていやがるんだ。

Even if smart phones are useful and great, it is a just communication terminal. Why does the device enforce us for unknown and complicated setting and management?

初期構築は、いわゆる最初だけが地獄なので、みんなつかっているうちに忘れてしまうのでしょう。

I am afraid that the initial setting problem happens for the first pass, and we become forget the hell.

―― 喉元過ぎれば、なんとやら

"Once the danger's past, God's forgotten."

だろうと思うのですが、

私だけは、このiPhoneなる愚劣なデバイスの、劣悪な初期構築だけは、子々孫々と語り継ぐ予定です。

But I am going to hand on to my offspring about the execrable initial setting of this impolitic communication terminal.


2014-03-20 今でも、会社で安全衛生委員として、社員の職場環境を、会社の規定されたフォーマット("5S"なるルール等)に押しつけるように弾圧を続けています。 [長年日記]

中学や高校の課外クラブ活動(いわゆる部活)というのは、私達にとってはごく普通の日常であったと思います。

Extracurricular activity in junior-high / high school is common in Japan.

何のコラムで読んだのか忘れましたが、中国では、この「部活」という概念がなく、アニメやコミックの中で登場する、この「部活」が一種のフィクションまたはイリュージョンとして把握されているらしいとのことです。

In China, there is no concept of "Extracurricular activity in junior-high / high school" and Chinese people grasp that it is a kind of fiction or fancy dream.

『文化の違いだなぁ』と深く感に入ったのを覚えています。

I was moved to hear the story with thinking "different culture".

-----

日本のアニメやコミックでは、よく「風紀委員」というものが登場します。

"School committee for discipline" often happens in Japanese comic and animation.

特に恋愛もののコンテンツに良く登場します。まあ、「恋愛」と「風紀」というのが対立概念(か、どうかは知りませんが)から導かれるストーリーが、面白い、と。

It is about to appear in love stories. I think that the opposition between "love" and "moral" amuses readers.

実は、私、この「風紀委員」なるものが、フィクションだと思っていたのです。

To tell you the truth, I thought "School committee for discipline" is a fiction

昨日まで。

until yesterday.

嫁さんの高校に、風紀委員がいたと聞いて驚いてしまいました。

I was very surprised to hear from my wife "it was existed".

私の狭い概念では、

By my narrow thought

風紀委員

"School committee for discipline"

組織による私生活への干渉

"Enforcement on personal privacy" by school

国家による表現の自由の制限

"Restriction against freedom of expression by government"

戦前の特別高等警(いわゆる特高)

"Special political police in WW2"

ちょっと他の人とは違う、歪な閉じた思考形態が完成しておりまして、「風紀委員」なる存在を(無意識に)拒否していたようです。

The above funny sequences have been completed, and I have kept denying the existence of "School committee for discipline" unconsciously for a long time.

-----

まあ、私も、中学や高校では、生徒会役員として、生徒の自主的な表現の自由(頭髪、着衣、その他)の弾圧を続けていましたし、

But I kept crack down on student's free expressions (hair style, clothes, others) as a member of student government.

今でも、会社で、安全衛生委員として、社員の職場環境を、会社の規定されたフォーマット("5S"なるルール等)に押しつけるように弾圧を続けています。

Now, I keep crack down on coworkers to enforce to company rules("5S", etc) as a member of safety and health committee.

-----

自由を標榜する者が、自由の弾圧者である ―― ということは、結構、普通に見られる日常ですけどね。

"A person who advocate free is a person of coercion" is in day-to-day situation.


2014-03-21 契約前に、間違いなく、「AUの「安全ナビ」はiPhoneで利用可能だ」と、電気量販店の人は断言した。 [長年日記]

私は、本当に何度も確認した。

I confirmed the issue again, again and again.

今回の娘のiPhoneの契約の最大のポイントであったから。

Because this topic was the most important point for my family.

電気量販店の人は、契約前に、間違いなく、

Before the contract, all of seller of the mass sales store promised,

■AUの「安全ナビ」はiPhoneで利用可能だと、断言した。

"iPhone is available for "AU Safety Navigation service"

そして、私は、契約の直前に、

■「家族全員がAUを使っていて」「AUの『安全ナビ』が必要」だから、Softbankにせずに、AUを続けることにした、とも言った。

I also said that "All my family use the service and we have to give up changing Softbank regardless of the cost"

だから、AUの「安全ナビ」が、どうして私には設定できないのか、分からなかった。

So I didn't understand why I could not set up the service.

だから、今日、私はAUショップにまで出かけて、頭を下げて、

So I went to a AU shop and bowed in apology with saying

「『安全ナビ』の設定が私にはできませんでした。お願いします」

"May I ask you set up the service for this iPhone?"

と、言った。

日本や海外の社会インフラのシステム構築に関わったことがある、システムエンジニアが、通信デバイスの設定の為に、頭を下げた。

However I had an experiment of construction for a social infrastructure. I had to bow my head for just a communication terminal,

-----

AUショップの人も設定ができなかった。そして、

Eventually, the person in the AU shop and told me that

■「AUの『安全ナビ』はiPhoneでは利用不可能なようです」

"iPhone is not available for "AU Safety Navigation service"

と言った。

-----

複数の電気量販店の店員が知らず、こともあろうかAUショップの店員すらも、この事実を把握していなかった。

I couldn't understand that not only retailers but clerk in AU shop didn't know the service at all.

私は「騙されて、契約をさせられた、頭の悪い被害者」だ。

On the other hand, I seemed to be a poor victim who got taken in and made the contract with false description of contents.

色々と考えなければならないが、

Anyway,

とにかく、私は今、憤怒で、これ以上書くことができない。

I cannot write anything anymore with range.

-----

さて、この文章を読んだ「誰」が、この私にコンタクトしてきてくれるだろうか?

Who will contact me after reading this my flamed message?

皆さんに、追ってご報告したいと思う。

I am going to open the report for some time in the future.


2014-03-24 謝罪を申し上げると共に、私の行為を自己批判致します。 [長年日記]

3月22日の日記において、私は、ある方のツイートメッセージの内容を誤読して、その人のメッセージを引用し、その人を侮辱する内容の日記を掲載しました。

また、3月23日の日記においても、その22日の日記に基づく内容であった為、この両日の日記を、先程削除しました。(内容を訂正して、再掲を予定しております)

詳細は後程、キチンと開示致しますが、取り急ぎ、かかる私の曲解によって、ある人の名誉を傷付ける内容を日記で公開し、それを一定期間開示し続けたことに対して、先程、お詫びのメッセージを送付したところです。

今後は、メッセージの含む内容の可能性を多角的に判断するように心掛け、軽はずみにかかる行為に及ばないように致します。

今後、この経緯について具体的に公開を予定しておりますが、取り急ぎ、その方への謝罪を申し上げると共に、私の行為を自己批判致します。

3月24日

江端智一


2014-03-25 「「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論」本日、完結しました! [長年日記]

「「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論」本日、完結しました!

The serialization "New action strategy for an engineer who is not loved by English" has completely finished today.

いやー、本当に楽しい2年でした。

It has been happy for two years for me.

本当に、好きなことを言い捲っていましたからね。

I really keep talking what I want to say anytime, anywhere.

で、これは私の持論なのですが、

And It's my theory that,

―― 誰かが楽しんでいる時には、どこかで誰かが苦しんでいる

"When one is enjoying something, the other is annoying another."

この苦しんでいる人の中には、EE Times Japanの人たちがいて、そして、午前2時から校正をさせられた嫁さんがいて、定期試験の最中にイラストを強制された娘が含まれているのだと思います。

The annoyed persons are, for example staffs in EE Times Japan office, my wife who was forced to use red-pencil and my daughter who was forced to draw an illustration in the examination period.

このような人たちに対して、御礼やお詫びでは足りないと思います。

It is not enough for them to appreciation or apology.

ここに、万感の思いを込めて、心からの一言申し上げます。

Now I will send you a thorough phase with a heart full of feeling.

―― あきらめて下さい。

"Please give up."

もう、私と関係を持ってしまった時点で、あなたたちの不幸は確定したのです。

When you meet me, your misfortune was decided.

運が悪かったと思ってあきらめるのも、また、人生です。

It is a life to think that you get a bad break.

-----

以前、楽天株式会社の技術理事の吉岡弘隆さんにインタビューをさせて頂く機会を得たのですが、その時、

Once, I had a chance to have an interview with Mr.Yoshioka who is CTO at Rakuten Co.

江端:「ツイッターなどの反応を見る限り、読者のほとんどが『英語に愛されていない』と思っているみたいですよ」

"I think that most readers make them not loved by English, as far as I know from Twitter.

と申し上げたところ、

Mr.Yoshioka said,

吉岡さん:「江端さん。それは、江端さんの記事を、『英語に愛されていない』と思っている人だけが読んでいるのではないですか」

"Mr.Ebata. I am afraid that only readers, who are not loved by English, read your columns."

と言われて、言葉を失なってしまったことを覚えています。

I remember that I was at a loss for words.

さすがは、吉岡さん。見事な分析だったと、今、懐しく思い出しています。

"Good analyses!"

例えば、「宝くじの3億円が当った人」が、それを触れ回ることがないように、「英語に愛されている人」も、それを触れ回ることはないでしょう。

For example, the persons who are loved by English never tell us the fact, as lottery winners never speak the fact loudly.

私は、「英語に愛されている人」の中で、一人道化を演じていたのかもしれません。

I might have played antics during the persons for two years.

-----

Anyway, I wrote the above complaints in the released column today, so please read it.

最後に、「「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論」の2年間のご愛読を、心から感謝申し上げます。

Finally, I really appreciate your reading my columns for two years.


2014-03-26 私くらいの歳になると、エンジニアでも、プログラムを書いていると怒られます。 [長年日記]

私くらいの歳になると、エンジニアでも、プログラムを書いていると怒られます。

If the person whose age is almost same as me write program codes now, their boss might warn them not to stop doing them.

シニアエンジニアは、新しいシステム提案、プロジェクトのマネージメント、その他の上流工程の仕事をやらなければなりません。

Senior engineer should work for new system proposal, project management and other upper flow processes.

なので、プログラミングしているところを見られるというのは、アダルトサイトを見ているとろを見られているくらいに、気まずい。

So, when I was found me to write program, I am ashamed as an engineer alike I watch adult site in a company.

今、笑顔でプログラムをガンガン書いている、若いプログラマー諸氏。

Dear young programmers, who write and write many program every day with laughing.

君達は、いずれ、それが許されなくなる日がくる。

The time is coming that you are not allowed to do the job.

―― だが、その時までは世界は君達のものだ。それまでは存分に楽しむがよい。

But the world is yours until the time. You could enjoy the time to your heart's content.

それはさておき。

-----

今、私、海外の研究機関が作ったプログラムの検証作業を行っているのですが、そうなるとですね、当然、

Now I am working for the check the program that was developed by foreign research body. So I have to

『プログラム開発環境を構築して、テストプログラムを書かなければならない』

build the programming environment, write the test program, and compile and execute the program.

ですよね。

―― 困ったなー、シニアエンジニアの仕事ではないけどなー、でも私がやらなけれなばならないしなー、仕方ないなー

"Damm! That is not senior engineer's work, but I have to do it. I have no choice.

ということで、今、私、プログラム環境を構築しているところです。

So I am making the programming environment now.

クロスプラットフォームで動かさなければならないのですが、ターゲットプログラムが"GNU C/C++"で記載されているようなのです。

However I execute the test program on cross-platform environment, the target program seemed to be written by GUN C/C++.

―― いやーまいったなー、JAVAじゃないのかー、でも手元にあるのはWindows7 BOXだけだしなー、金もないしなー、でも、Linuxとの間でのクロスプラットフォーム開発環境が必要だしなー

"Damm! Not JAVA? My computer assets are only this windows7 box. No money. But I need the cross-platform developing environment.

という訳で、今私は、

So, Now I am doing

■Windows7上で、GCCとGDBの開発環境を作っています(Meadowでデバッグ予定)。

GCC and GDB environment on Windows7 OS (and Debug on Meadow)

(この用語が分かる人は、今、相当のシニア)。

If you could understand the above terms, you should an old senior engineer.

-----

「一体、お前は何考えているんだ!」と、ソフトウェア業界の人から突っ込まれるかもしれませんが、

People in software field should complain with saying "What are on earth you thinking!"

いや、本当に、私は、心底『困っているんですよ』

No, No, No, I am really in trouble too,

―― 笑顔で。

with smiling.


2014-03-27 2014年3月24日の自己批判について、現段階での報告をしたいと思います。 [長年日記]

本日は2014年3月24日の自己批判について、現段階での報告をしたいと思います。

1.経緯

(1)私の半年前の2013年10月17日の日記、「コンドームの効果を、技術者視点で娘に淡々と語れる人」のアクセス数が増大し(原因不明)、これに伴う、賛同と批判のメッセージが集ったことに端を発します。

(2)その批判メッセージの中にある、「烏兎 @utory」さんからの、「嘘の流布である」旨のメッセージに対して、私は抗議を行いました。私はこの段階で「嘘」を、「虚偽の創作(フィクション)」と認識していました。(イメージとしては、「空想上の家族の会話」を「江端の脳内で作成した」という感じ)

(3)さらに、この抗議文を、3月22日の日記にて、「烏兎 @utory」さんを特定できる態様で公開しました。

(4)その後、「烏兎 @utory」さんからのリプライにより、私は、上記「嘘」が、「「虚偽の創作(フィクション)」でなく、記事自体に虚偽の内容(正しくない内容)が含まれている、という意味であることを理解するに至りました。私は間違った認識により、「烏兎@utory」さんに抗議を行い、さらに、名誉を傷付ける日記を公開していたことになります。

(5)私は、3月22日の日記を即座に削除し、併わせて「烏兎 @utory」さんに全面的な謝罪のメッセージを送付しました。「烏兎 @utory」さんからは、私の謝罪を受けいれて頂くことができました。

2.課題

(1)しかしながら、「烏兎@utory」さんの指摘する「嘘」の内容を、私が理解できていないという問題が残置していました。

(2)そこで、(名誉毀損をしておきながらずうずうしい話なのですが)、「烏兎@utory」さんに直接、その「嘘」の内容を教えて頂くことになりました。

(3)「烏兎@utory」さんのご指摘によって、私が現段階で認識している、私の2013年10月17日の日記、「コンドームの効果を、技術者視点で娘に淡々と語れる人」の記事の問題点は、以下の3つです。

=================================================

問題点その1:コンドームの保管方法に関する問題点

=================================================

→江端が記載した内容による保管方法では、コンドームが当初の機能を発揮することができず、避妊や感染症の予防ができない恐れがある。

==============================================

問題点その2:パワハラ、セクハラに関する問題点

==============================================

→江端家にて実施した、コンドームに関する父娘の態様は、パワハラ、セクハラに該当する可能性がある。

→江端家においては、父娘や夫婦の長年に渡る信頼関係や、特に夫婦による事前の徹底的な議論、話の進め方の徹底的なシミュレーション、娘へのこの会話への事前の同意確認、和気藹々とした雰囲気での家族の会話を実施したかどうかは問題ではなく(事実、ここまで配慮したが)、それは「特例扱い」とすべきでではないか。

→この日記を読んだ読者による安易な模倣行為により、子どもに心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症させる可能性は否定できない。江端は日記を公開するに際して、私的な開示(楽しく読める部分だけ公開する)だけではなく、それが(江端家だけの問題ではなく)公的に与える影響まで配慮する責任があるのではないか。

====================================================

問題点その3:HIVキャリアの方に対する偏見助長の問題点

====================================================

→HIV感染者の取り扱いを、かかるコンドーム使用の「恫喝」として使うということ自体が、(a)方法として正しくなく、(b)モラルとしても正しくない。

→これは、HIVキャリアの方に対する偏見を徒に助長する行為であり、行為自体が間違っている上に、それを公開することは、さらに間違っている。

(実はこの問題が一番難しくて(後述)まだ、この問題点については、総括が全く足りないという認識です。追って追記したいと思っています)。

3.現時点での対応

上記の問題の全ての指摘を、私は正当なものとして認め、現在、緊急非難的対応として、2013年10月17日の日記、「コンドームの効果を、技術者視点で娘に淡々と語れる人」のアクセス不可の対応を取りました。

現在、このコンテンツをどのように取り扱うべきかを、真剣かつ真摯に考えております。

4.今後の対応(予定)

(1)今週末を目処に、対応を決定したいと考えておりますが、その対応をどうするかについての検討が難航しております。

(2)当初、私の元の記事を全て無修正のまま残置して、指摘された箇所を特定した上で、そこを(自己批判付きで)訂正すれば、全ての人の利益になるだろうと、(安易に)考えておりました。

(3)しかし、上記(2)の方法であっても、どうしても解決できない問題「HIVキャリアの人に対する誤解、侮辱、人権侵害」だけは、どうしても回避できないことに気がつきました。この箇所に関して、私が「自己批判」の文を併記したとしても、「HIVキャリアの人」への誤解が、さらに拡散・蔓延する可能性を否定できません。

(4)「この日記をなかったことにして、全てを忘れてしまう/忘れて貰う」という手に傾きつつありますが、それはそれで、何も解決していないことになりますし、私自身、卑怯に過ぎないか、と

―― 本当に悩んでおります。

つまり、「問題点」は分かっているのですが、全ての人に利益を与える「解決手段」が、本当に分からないのです。どうしたらいいのだろうかと、ずっと考え続けています。

5.最後に

「烏兎@utory」さんに対して、再度の謝罪と、問題点指摘への感謝を申し上げます。

同時に、リベラル(進歩主義者)を気取っているはずの人間が、かように簡単にレイシスト(差別主義者)に堕することになることを、

―― 心底、恐怖しています。


2014-03-28 昨夜、「補稿: iPS細胞を使って「同性間ベビー」を作ることは違法か」を掲載しました。 [長年日記]

Last night, I opened the article "Appendix: Making same-sex baby by iPS cell go against the law?" on my web site.

ご一読下さい。

I appreciate to you to read it.

-----

原稿がリリースされた、まさに日、夕食を食べに工場の食堂でカレーライスを食べている時に、突然思いつきました。

The idea came up to me suddenly when I had a curry and rice in the factory cafeteria.

―― あれ? これなら、いけるんじゃないの?

"Um! Is it possible?"

一応、法律の条文もチェックしてみたのですが、特に問題はないように思えます。

For confirmation, I tried to read the letter of the law, and I could not find any problem about the issue.

-----

多分、「江端は、こういう反モラル的な方法を情宣して、いったい何をたくらんでいるのか」と、訝しがる方もいらっしゃるとは思いますが、私は、

I think some persons doubt "what does Ebata want to set up with unethical behavior".

But I don't think that it is bad actions

―― 子どもが欲しいと考えるカップルに、子どもを授ける方法を教えること

to tell how to get their baby for all kinds of couple.

が、悪いこととは、どうしても思えないのですよ。

例えば、不妊で苦しんでいる人や、性同一性障害で苦しんでいる人に、「それは、自然の摂理が命じるものであるのだから、諦めろ」と言う側には、立ちたくないだけです。

For example if I face the person who suffer from agenesis or gender identity disorder, I want to save them as far as I can.

それに、もしかしたら、少子化問題にも資するかもしれませんよ。

In addition, this issue is going to be effective in reversing the decline in the nation's birthrate.

だって、今までは、ヘテロ(男女)間での子どもしか作れなかったのですが、これが、

However human being should select just one pattern of hetero, in order to have a baby, it might be possible to have other patterns as follows.

■ヘテロ(男女)

- Hetero (a man and a women)

■ホモ(男男)

- Homo (a man and a man)

■ホモ(女女)

- Homo (a women and a woman)

■ユニ(自己クローン)

- Uni(self clone)

と3種類も増えるのですから。


2014-03-29 「それは保護者としては、親権の『不作為』ですよ」 [長年日記]

家族は、我が家のIT関係のメンテを最初から諦めていて、全て私にメンテナンスを押しつけています。

For the first time, my family has given up their IT maintenance and enforces me to maintain them.

IDもパスワードも、何もかも私の管理下にあります。

I know all their IDs and passwords of PCs and cellphones.

「このままでいいのか!」

"Do you want to leave them this way?”

と家族と叱咤しています。

I scold them with saying,

「パパにメールの内容が全部知られることになるんだぞ」

"I can read all of your e-mail at any moment"

と恫喝しても、

They reply me against my intimidation.

「かまわん」

"I don't care".

の一言で返されます。

彼女らは、『メンテが面倒』という事実に加えて、私の、『人のメールなんぞ、目にするのもおぞましい』という性格を熟知しているからだと思います。

Apart from their bother, I am afraid that they know well that I hate watching other person's mails.

よく、「恋人のスマホのメールを盗み見る」という話を聞きますが、私には、「恋人の抉られたリアルの内蔵を見る」と同様のエグさを感じるのです。

I often hear the story that "stealing a glance of the lover's email", but I think it is likely to same of "watching the lover's organ meats".

私は、インターフェース論者ですので、 その人が私に開示しようとしているインターフェースだけで、世界が成りたてば、それでいいと思っているのです。

As a interface-ist, it is O.K. to keep the world just using information that their owner want to open.

-----

「江端さん、それは間違った認識です」

"Mr.Ebata. your policy is wrong"

と、以前、すでに大学生のお子さんを持ったお母さんに指摘されたことがあります。

The old day, I was pointed out from a mother whose child was a college student.

お母さん:「江端さんは、保護者なのですから、子どもの安全を監督監視する義務があります」

"Mr.Ebata. you are a guardian, so you are obligated to save the ward's life for their monitoring.

江端:「え、そうなんですか? プライバシーの侵害ですよね、それって?」

"Are you kidding? It is a kind of violations of privacy isn't it?"

お母さん:「子どもを守る為であれば、親権は、子どものプライバシーを越えて、発動させなければならないこともあるのです」

"We have to start up parental authority compulsory with overwhelming child's privacy for their life."

江端:「えー、それって辛いなぁ。面倒くさいし」

"It is a pain and seems to be complicated"

お母さん:「江端さんは、子どもの人権を、自分と等位の人権として考えていませんか」

"Mr.Ebata. You think that both your child's human right and yours are perfectly same don't you."

江端:「うん、娘たちが生まれた瞬間から、彼女らと私は対等な人間である、という認識で一貫してきたと思う」

"Yes. I have kept the concept from the time of their birth."

お母さん:「それは保護者としては、親権の『不作為』ですよ」

"As a guardian, you are lazy and it is an errors of omission."

と決めつけられてしまいました。

She told me the conclusion.

-----

このお母さんの指摘は正しいのかもしれませんが、私は、嫁さんや娘達の内心に立ち入るのは、やっぱり、おぞましく、面倒です。

However I am thinking whether the mother's points are right or not, I don't want to see the inner of their mind because it is nauseating and painful for me.

私の今の願いは、面倒な事件を起こすことなく、一刻も早く娘達が成人して、そういう『不作為』を責められることがなくなる地位に立ちたい、ということです。

What I hope is to have a position to avoid claim of errors of omission. I wish they are going to come of age as soon as possible without any serious problems.


2014-03-30 「パパが今しゃべった言葉、日本語?」 [長年日記]

昨日の日記から、また話がずれてしまいました。

I would not talk the yesterday story.

本来の話に戻ります。

Return to the original subject.

iPhoneの初期設定で、本気で「iPhoneを破壊するところだった」と思っている というお話はしました。

The previous day, I gave you the story that I came near to destroying iPhone body, when I activated the iPhone,

しかし、その設定後のiPhoneを使っている長女は、毎日幸せそうですので、 「まあ、いいか」と思うことにしています。

My daughter however looks like happy to use the iPhone, so I would say it's O.K.

-----

長女:「パパ。アプリをダウンロードしたから、IDとパスワードを教えて欲しんだけど」

"Papa, tell me my ID and password for installing application"

江端:「どのアカウントが必要だ。icloudか?、AU IDか?、それともGoogleアカウントか? 全部メモしてあるので全部渡す。ちなみに、パスワードの変更をすると、パパはメンテナンスできなくなるから、それはあらかじめ承知しておいてくれ」

"What a type of IP and pass do you need? iColud? AU ID? or Google account? Anyway I could write them down just now. If you want to change the password, so be aware that I can't access the accounting anymore.

長女:「・・・パパ? パパが今しゃべった言葉、日本語?」

"Papa, are you talking Japanese now?"

江端:「うん。その反応は正しい」

"Yes. Your reaction is right".

長女:「・・・?」

"?"

江端:「『パパがしゃべっていることが、全然理解できない』で正解だ」

"It is right that you can't understand what I am taking at all"

長女:「は?」

"What?"

江端:「パパもできることならば、日本語でしゃべりたい。そして、本当に今なお『iPhone死ねばいいのに』と思っている」

"I want to use Japanese to you if possible, and I also think again that "iPhone must die""

-----

暫くの沈黙の後に、長女が切り出しました。

After moment of silence, she broached the talk.

長女:「では、問題が発生した時に、その都度にパパに相談する、ということで」

"So I ask you about trouble shooting, whenever I face the trouble.

江端:「ん。了解」

"Approved."


2014-03-31 ―― 中学3年生と小学5年生の娘が喰いついてくるネタは、必ず評判がいい [長年日記]

我が家では、話題がなくなり、沈黙するということはありません。

My family doesn’t run out of conversation topics, and keep silence become silent.

「良い家族関係を維持している」というと、ちょっと違う感じがしていまして、正確に言うと

However the phase "Good communication" is not suitable for this case, I try to say precisely,

―― 父親(つまり私)が、四六時中、話題を振る

Their father (it's me) keep raising topics of every filed at an ordinary time.

です。

この父親は、中学3年生と小学5年生の娘に対して、

This father always raises topics of

STAP細胞、ビットコイン、結婚制度、尖閣諸島・竹島、南京大虐殺、惑星と衛生の軌道、ビックバンにいたるまで、もうほとんどノンセクションに、話を振るので、

STAP cell, bit coin, marriage system, senkaku islands and takeshima island, Nanjing Massacre, orbit of planet and satellite, and big bang

to the 9th and 5th grade daughters.

会話が絶えることがない ―― というか「うるさい」

To be exact, it is noisy.

-----

しかし、一方的に話をすれば、当然、娘たちは「うっとうしい」と思って、自室に逃げてしまいますので、そこは一定の話術が必要です。

However if I talk a blue streak about these topics, they would run away to their private room naturally,

議論にはしない、結論は出さない、善悪を判断しない、対立する両方の意見を紹介する、ロジック破綻している意見を最大限尊重する、分かりやすい比喩を使って説明を試みる、など、色々やっています。

I should care the followings,

We don't discuss them but talk, never reach to conclusion, never judge right and wrong, introduce both side opinions, pay serious attention of non-logical opinions, and use easy metaphor.

私は、自分の娘たちに、『自分の意見を持つ、主体性のある子どもに育って欲しい』

But I don't think that I want to be growing up for modesty and be independent women.

―― などと、殊勝なことは、これっぽっちも考えていません。

-----

全ては、私の仕事(寄稿コラム)の為です。

There are for my jobs (contribution column).

―― 中学3年生と小学5年生の娘が喰いついてくるネタは、必ず評判がいい

My experience shows that the topics that our daughters are interested in should be in good odor.

ということを、経験的に知っているからです。

嫁さんを含めて、我が家の家族の「意見」は、世界最小規模の「世論」です。

The opinions of my family including my wife are the least climate of opinion in the world.

という訳で、私の寄稿コラムのテーマは、我が家の家族が決定していると言っても過言ではありません。

No exaggeration to say that the theme of my column is decided by my family.

例えば、私が、「竹島・尖閣諸島」に関して、寄稿コラムを記載していないのは、長女が、私に、それを留まるように、強く勧告しているからです。

For example, why I don't try to write "senkaku islands and takeshima island", the senior daughter strongly recommends not doing it, because

―― 江端家にテロの脅威が生じる

The Ebata's will come under terrorism attack

と。

-----

以前にも書きましたが、私はエンジニアですので、テクニカルライティングの遵守の精神はあります。

Once I have already written that I have a compliance order of technical writing as an engineer.

しかし、私はジャーナリストではありませんので、ジャーナリストの矜持など「欠片」もありません。

But I am not a journalist, so I don't have journalism esprit at all.

ですので、私は、家族を危険に晒してまで書きたいコラムなんぞありません。

In short, I have no intention to write any column even if I put my family in jeopardy.

家族が楽しんで、勉強になる文章を作れれば、私はそれで良いのです。

I am satisfied with making papers, and my family enjoys them and study with them.