0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|

2008-03-16 のだめカンタービレ#20

今日本屋に立ちよったら新刊でていたので購入しました。

のだめが気にいったという「ラヴェルピアノ協奏曲ト長調」をパソコンから探してみたらありました。

しかも、アルゲリッチ先生の演奏で。

私もこの曲、結構好きです。

ディズニーの映画に使われても良いような演奏のようにも思えます。

-----

ところで、ちょっと前に「ラフマニノフ のピアノ協奏曲第3番ニ短調作品30 フィナーレが、滅茶苦茶、好き」って書いていたりしました。

ところで、この曲、のだめカンタービレ(ドラマかコミックかは知らんが)にも登場した曲らしいですね。

色々調べてみると、この作品を偏愛している人が多いようです。

ええ歳こいて、自分が『あのアイドルがすきー!』って叫んでいるおっさんのようにも思えてきた、妙に恥しくなってきました。

-----

さて、今なお素晴らしい演奏をされる、ピアニストのアルゲリッチ先生ですが、毎年、大分の別府で『アルゲリッチ音楽祭』を主催されております。

実は、別府に住んでいる母方の親戚がおりまして、「その音楽祭を聴きに行きたいんだけど、その時に、ちょっと宿泊させて貰えるでしょうか?」と相談したら、親戚の叔母様が、毎年『アルゲリッチ音楽祭』にボランティアで働いているとのこと。

世間は狭い。

上手く行けば、アルゲリッチ先生の直筆のサインを頂戴できたりして、などと都合の良いこと考えています。


2012-03-16 「お前は、ドメスティックか、それともインターナショナルか」

インドには思い出が沢山あります

# 悪い思い出ばかりですが。

インドのデリーで、(冗談ではなく)瀕死の状態から回復した隙を狙って、宿泊していたドミトリーから脱出しました。

そして、這う這うの体(ほうほうのてい)で、ネパールに逃げ出す為に、空港に向かっていた時のことです。

タクシーの運ちゃんに、

「お前は、ドメスティックか、それともインターナショナルか」と聞かれました。

-----

(1)domestic:

最近は、「ドメスティックバイオレンス」とかで、すっかり日本語の普通名詞としても定着しています。

しかし、当時の「試験にでる英単語」の"domestic"で、トップに記載されていたのは、

「家庭的な、愛国的な」

という意味だったと思います。

(2)international:

言うまでもなく「国際的な」です。「国際的に活躍する」とかいう文脈で使われることが多いです。

-----

運ちゃんに、かような哲学的問いかけをされると思ってもいなかった私は、暫く考え込みました。

「私は、ドメスティックか、それともインターナショナルか」

# 今になって思えば、なぜこのような質問をされたのか不思議に思うべきだったのですが。

「愛国者」という響きは良くありませんが、私は日本という国土や文化や人々を愛している一人の日本人である、という自負はありました。

そして、今は独身だけど「家庭的」でありたいとも思っていました。

比して、「国際的か」と聞かれれば、こんな私ごとき「国際人」と呼ぶのもおこがましい。私は、未熟な日本の大学生に過ぎません。

『私はドメスティックだ』

と応えました。

-----

そして、タクシーから降りる時に、タクシーの運ちゃんに、

「あのさ、この空港から、ネパールに行けるんだよね」

と尋ねたら、酷く怒られました。

『お前、「ドメスティック」っていったやんか!!」

-----

そりゃ、私が悪い。100%悪い。

空港に行くタクシーの中で、「ドメスティックか、それともインターナショナルか」と聞かれれば、そりゃ、「国内空港か、国際空港か」という意味になるに決まっています。

このように、私の英語に関わる記憶は、いつでも自己嫌悪の塊のようなものばかりなのです。


2013-03-16 私の人格と著作の品位を踏みにじる最低最悪の罵詈雑言のメッセージを投げつけてきた「あなた」に伺いたい

「原著作 権者に無許諾で、当該原著作者の著作に依拠する著作物の利用は違法である」という私の主張に対して、山のような非難(×批判)ツイートをしてくる人達に、私は嘔吐が出そうなくらいウンザリしています。

それでも、私は、そのような「非難」をしてくる人に、私は最大級の敬意を表して、「その理由を教えて下さい」と、ツイッターでメッセージを送付することにしています。

私は、私の著書の問題点を正しく認識したいからで(これはエンジニアの属性かもしれません)、そして誤った知識や知見が、拡散されていくことが怖いからです。

しかし、その返信の内容は、

■論理破綻しているか、

■観念の域を出ないか、

■抽象論か、

■「自分で考えろ」と言わんばかりのもの

が殆ど。(自分では分からないから質問をしているに決まっているだろうが)

酷いものになると

■「無視」、

さらに酷いものになると

■「一方的打ち切り宣言→逃亡」

■「「放置」

ですよ。

(とても稀ではありますが、良いコメントを頂くこともあり、その場合は許可を頂いて開示させて貰うことにしています)

-----

一応言っておく。  

 

■私の人格と著作の品位を踏みにじる

■最低最悪の罵詈雑言のメッセージを投げつけた、

「あなた」に伺いたい。  

 

■屈辱に歯をくいしばりながら、

■それでも、最大級の敬意を表して、

■「あなた」にひざまづいて教えを乞うている

原著作者の「私」に対して、  

 

「失礼にも程がある」  

 

と、一度でも思ったことはないか?


2014-03-16 「私は、そんな「アグレッシブな一人」という概念を知らないのだけど」

長女:「結局、『一人メシ』の解決方法はない、と」

"Finally we have no idea to resolve the "lunch alone" problem."

江端:「解決法はないが、活用方法はあるぞ」

"No solution but practice."

長女:「え?」

"What?"

江端:「一人であることが、特に若い人たちの弱点であるなら、『一人でいられること』は、逆に、もの凄い強みになると思うんだ」

"If "being alone" is a weak point for youth especially, I think "being alone" is the advantage point for our life."

長女:「パパ、強みあったと思う?」

"Did you have any advantage in your life?"

江端:「パパの場合、先天性の『一人大好き症候群』だったから、あまりメリットを感じられなかったかもしれないけどねえ」

"In my case, I have been sick of "love being alone syndrome" so I was afraid that I could not feel the merits."

長女:「まあ、そうだろうねえ」

It is considered reasonable and proper.

江端:「ただ世間様が言うほど、一人でいることは、デメリットはなかったと思うよ。うん、本当に大したことなかった」

There is nothing worse than "being alone" despite of voice in public. Yes, it is really nothing.

長女:「それでもデメリットを挙げろと言われたら?」

"If someone asks you to dare pick up the demerits?"

江端:「『大きなことができないこと』かな。大きなプロジェクトとかは、やっぱり一人ではできない。」

"One is that I could not pursuit something big. I don't join a big project, for example.

長女:「ほら、やっぱりデメリット大きいじゃない」

"You should pay for the demerit shouldn't you?"

江端:「でも、小さなことはできるよ。コラム書いたり、小規模なシステムくらいなら自分一人で作れるしね。コンピュータの時代に生まれてよかったと、本気で思っているよ」

"I can do something small, writing columns, and small computer system, for example. I think I am really happy living in this computer generation.

長女:「つくづく、寂しい人間だよね」

"You were really lonely man."

江端:「あ、それと、高校の時に、文化祭のクラスの出し物全部を、ほぼ自分一人で作ったしまったこともある」

"I remember I completed to make all attractions in an annual school festival all by myself."

長女:「凄いことするね」

"You were really great man."

江端:「『クラスの人間が協力しない』といってストレスためる時間で、十分つくれちゃったし。打ち合わせも、意見の調整も、妥協も、何にもないのだから、グループ行動より、圧倒的に早く、正確に、予定通りできるに決まっている」

"I noticed that I could do many things during complaining about nonconformist in class. It was very easy to do anything correctly, rapidly, and on schedule because I didn't care any meeting, arrangements and compromises.

長女:「私は、そんな「アグレッシブな一人」という概念を知らないのだけど」

"As far as I am concerned, I don't know a concept of such an aggressive alone."

江端:「パパは、その頃から、もうすでに『○○を信じる』という言葉が、単なる自分自身の『甘え』とか『弱さ』だと気がついていたし」

"I noticed that using the phase of "I believe ..." is a proof of my week and emotional dependence in my high school period.

長女:「ほんとーに、可愛くない高校生だ」

"You were really an unpretty student."

江端:「そもそも、人を魅了してまとめるだけのカリスマもなかったし」

"I was not attractive and charismatize.

長女:「生徒会会長をやっていたのに?」

"Were you a president of the student council?"

江端:「生徒会会長なんかをやっていたせいで、そのことに気がつくのが、ずいぶん遅れてしまったよ」

“Thanks to the position, I delayed to notice what I really was.”

-----

まあね。

Anyway,

『一人メシ』が最悪の恐怖であるなら、それは逆に言えば、『一人メシ』は最高にして最凶の武器だ。

If "lunch alone" is the worst frightfulness, it also the best and worst weapon on the contrary.

一人でいることは、大衆に迎合せず、自分をあらゆる呪縛から解放して、自分自身の自由を守る最後の砦だ。

"Being alone" is a final free frontier, not to play to the gallery, to be release us.

一人であることに怯えてもよい。

Of course, you might fear "being alone"

一人でいることを全力で回避してもよい。

You might avoid "being alone" all out.

でも、一人でいることは、お前たちが思っているほど、悲劇でも悲惨でもなく、むしろ自分を自由にして、人生を豊かにすることもあると思う。

But "being alone" is not so much tragic and bitter than being enrich your life.

まあ結局のところ、「一人でいないこと」も「一人でいること」も、どちらも幸せで、同時に、不幸だ。どっちを選んでも、大して変わらんよ。

In short, it is not a problem whether "being alone" or not is. Both are happy and unhappy.

-----

だから、まあそんなに心配するな。

So you don't have to worry about it.

他の子供は知らんが、お前たちには、「『一人』のスペシャリスト」がすぐそばにいる。

I don't care other children, but you have a specialist of "alone" beside you.

「一人」で幸せになる方法なら、

If you want to know how to spend happy life with being alone,

このパパに、ドーンと任せておけ。

you could count on me.


2015-03-16 「コンビニで、100kcal以下の製品を見付けるのが、恐しく難しい」

現在、家族全員でダイエットをやっていますが、同時に、次の連載のネタとして、全員の詳細な数値データも収集中です。

Now all of my family are trying on diet. At the same time, I am getting our detail numerical information for the next serialization.

私のやることですから、当然、「数字でダイエットを回して」みることになり、その一環として、食品のカロリーを調査する為のフィールドリサーチもやっています。

As my work, I study diet from the viewpoint of numerical data, and I do a field research to investigate food's calorie.

―― いや、単に、コンビニやスーパーで、商品のカロリー表示を調べているだけですけどね。

"Just checking the calorie display on the food packages in convenience stores and supermarkets."

しかし、その調査だけでも、かなり色々なことが分かり、かつ非常に驚きました。

But I could know a lot of incredible facts through the research.

その一つに、

One of them is that

「コンビニで、100kcal以下の製品を見付けるのが、恐しく難しい」

"It is very difficult to find the food whose calorie is less than 100kcal"

と言うことです。

私は、ビールで一杯楽しく為のおやじ向けのおつまみ(昆布、乾燥小魚)でしか見付けられませんでした。

I just found "Kombu" or "dry small fish" as side dish for old men.

10kcal以下のものになると、「ゼロカロリー」をラベル表示で唄っている商品だけになります。

I could not find the food whose calorie is less than 10kcal except for "zero calorie food" for example.

-----

この世界は、私達を太らせるようにできている ――

"This world makes us gain weight"

という私の仮説は、真であると証明できそうです。

I think that I might be able to prove that my above hypothesis is truth.


2016-03-16 『ま、上手く動いているなら、いいじゃろう』

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

実際のところ、コンピュータが、その製作者すらも予想していない方法を見つけ出して、動く、ということは、結構な頻度で見られます。

In fact, we, engineer, often see these scenes that a computer can find unexpected solutions that the engineer had not expected.

例えば、25年前の、とある大学の研究ゼミの、ある教授と学生の会話です。

For example, I will show you a following conversation between a professor and a student.

ある企業の、「パン焼き器(街のパン屋向け)」の庫内の温度制御の研究を任されていたその学生は、教授にデータを見せていました。

The student who had been in charge of the study of temperature control of baking oven, show a simulation result to the professor.

なんか、この学生は、その後も、サンパとかサバとか、そういう研究に、関わる運命にあったみたいですが、それはさておき、

# This student was going to deal with a study of "saucy" and "mackerel" in the future, however, setting it aside,

教授:「江端君。なんで、この炉のこの辺の温度は、こげに上手く補正されていくんじゃ?」

Prof.:"Ebata. why does the control of oven temperature work so well ?"

江端:「分かりません」

Ebata:"I don't know"

教授:「じゃけん、君が作った制御プログラムなんじゃろう?」

Prof.:"It is you, who made this control program isn't it?"

江端:「推論エンジンが補正を行っていると思うのですが、私も、どのルールがどのように作用しているかが、複雑で、読み切れないのです」

Ebata:"I guess that the reasoning engine is amending the control, but to tell you the truth, I cannot analyze what kind of rules work for the control"

教授:「・・・」

Prof.:"..."

江端:「調べますか? 専用のモニタリングツールを作ることになるので、かなり時間はかかりますが」

Ebata:"Do you want me to check it up in detail? We will spend much time because I have to start making a special monitoring tools only for it."

-----

教授は、私のこの問いかけに応えずに、他の質問を始めました。

The professor skipped it and asked me another question.

ですが、その時、その学生は、

At that time, the student thought

『ま、上手く動いているなら、いいじゃろう』

"It is O.K. if the control work well"

という、教授の「心の声」が聞こえた、と思っています。

he heard "the professor's mind voice"

(続く)

(To be continued)


2017-03-16 ―― 理想を極めようとすると、思想的に「右」であれ「左」であれ、すべて「国家」に帰着する

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私の死後には、私のWebサイトは放置されて、レンタル費の未納や、会社の統合や倒産によって、全て消えてなくなるはずです(次女が引き継ぐ、という話もあるようですが)。

After my death, my web site is going to be left, and deleted by unpaid rental fees or bankruptcy or merger of the company.

アイドルの写真集、戦艦のプラモデル、美少女フィギュアなどの有体物も、原則として同じです。

Photo collections of idols, plastic models of battle ship, and dolls of animation heroin also follow the same path, as a rule.

自分と完全に同じ価値観をもつ人が、後継者になるという幸運でもない限り、それらの蒐集物のほとんどはゴミとして廃棄される運命にある、と思います。

Only if you have the fortune to find a people who can share the same values of you, and will become your successor, your collections could avoid to ne be doomed to be scrapped.

無体物であれ、有体物であれ、自分の生命と同時にそれらの価値は消滅する ―― これが基本原則です。

Whether it is intangible or tangible, the values disappear as soon as your own death - this is the basic principle.

-----

ところが、

However,

―― 自分の死んだ後にも、自分の価値観が永遠に続いて欲しい

"I want my own values to last forever even after my death"

という「無理のある願望」を維持したいと考える諦めの悪い人が、その価値観を運ぶ乗り物として「国家」というものを持ち出してきます。

A person, who wants to maintain the "impossible desire" and never give up, will bring out a thing called "nation", as a vehicle carrying that value.

誰かが言っていましたが、

Someone said that,

―― 理想を極めようとすると、思想的に「右」であれ「左」であれ、すべて「国家」に帰着する

"If trying to make the ideal, it comes to result in "nation", whether ideally "right wing" or "left wing""

というのは、けだし名言だと思います。

I think that it is a fame statement.

そんでもって、そういう諦めの悪い人たちが、「国家主義」とかいう「理想の『乗り物』」を作り出そうとして、大抵の場合、その「理想の『乗り物』」は、―― 内容の是非に関係なく ―― いらんことを起こすわけです。

In addition, those people who never want to give up, begin to create a ship for the "ideal" that name is "nationalism ". In many case, the ship will cause an irritation, regardless of the contents.

例えば、「1000年王国」とか、「八紘一宇」とか、「文化大革命」とか。

For example,"Kingdom of 1000 years", "Hakkou Ichiu" or, "Cultural Revolution".

ここで言う「諦めの悪い人」とは、必ずしもその思想の創作者とは限りません。

This means, "the person who never give up" is not only a founder.

むしろ、当初の理念を、自分たち(権力など)に都合のよく改造したい人たちの方が該当すると思います。

But also. I think "the person who wants to alter the interpretation of the original ideal and use it " corresponds to this case.

-----

まあ、いずれにしても、

Anyway,

―― 自分の信じる思想や、追求する理想は、自分の死とともに消滅する

"A thought I have believed or a ideal I have pursued is going go be lost. when I am dead."

そういう覚悟のない弱い人間たちが、「国家」にすがって生き残ろうとします。

Such weak people want to survive with using the concept of "nation".

(続く)

(To be continued)


2018-03-16 ―― 「設計側の思想」による「洗脳」が完了した人

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

話を戻します。

Return to the board.

つまり、パソコンのアプリケーションというのは、

The PC application has two natures.

(1)製作者の設計思想を、利用者側に強要することで成立し、

(1)It is approved by enforce the end user to the designer's policies,

(2)使用者側のインターフェースのニーズを、組み込むことが絶望的に難しい

(2)It is difficult to build in the end user's needs for the interface.

という性質があります。

これをパソコンの利用者から見れば、「パソコンを使える人」とは、

From the view point of PC users, a person who can use PC has been

―― 「設計側の思想」による「洗脳」が完了した人

completed to be given the brain wash by the designer's policies.

とも言える訳です。

-----

イスラム過激派のテロリストを例に上げるまでもなく、若い人ほど洗脳は簡単です。

Needless to say about Islamic extremist, the younger they are, the easier they are given their brain wash.

そういえば、先日、「テロリスト達が、コーランをほとんど読んでいない」 ―― という、国際機関の調査報告結果が、ニュースで放送されていました。

The other day, I watched a news program, that the research report of an international organization said "the younger Islamic extremist seldom or never read Koran".

『どーせ、そんなことじゃないかと思っていた』 ―― と、私が言うことができるのは、私は知っているからです。

"I thought just as much." -- Why I can say so? Because I know something with the past.

●「資本論」は勿論「共産党宣言」や「空想より科学へ」も読んだこともない人達が、

Persons who read neither "Capital" nor " Communist Manifesto", even "From fantasy to science",

●えっらそーに世間に「革命」を説教をして

preached the revolution to the world arrogantly

●「大衆を導く」とかゴーマンかまして、

said "lead the masses" grossly

●モノを壊したり、人を殺傷したり、借金踏み倒していた、

broke things, killed people, and went down with debts,

―― 不快な事実を。

I know plenty of such unpleasant facts.

(続く)

(To be continued)


2019-03-16 それでも、(2)のDockerの環境構築の作業を始めてしまう者 ――

今、私の目の前に、2つの仕事があります。

Now, in front of me, I have two jobs.

(1)開発完了報告書の文案作成と、(2)Dockerの環境構築 です。

(1) Drafting the development completion report, and (2) Constructing the Docker environment.

緊急性、重要性、の観点から見れば、明らかに(1)が優先事項です。

Obviously, from the view of urgency, importance, (1) is a priority.

また、必要な作業時間の予測、作業コストを考慮しても、(1)の方がコストが安いです。

Also, considering the required work time and work cost, (1) is cheaper.

さらに、必須の業務であるか、オプショナルな自己啓発かという比較から鑑みても、間違いなく(1)に着手すべきです。

Furthermore, you should definitely start with (1) in light of the comparison of whether it is an essential task or optional self-development.

-----

しかしながら、衆生は刮目せよ。

However, let people stand out.

それでも、(2)のDockerの環境構築の作業を始めてしまう者 ――

Even so, there are a person who will start (2) Constructing the Docker environment.

それが「エンジニア」と言う生き物です。

Remember that it is a creature that is called "engineer".