0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|

2016-03-16 『ま、上手く動いているなら、いいじゃろう』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

実際のところ、コンピュータが、その製作者すらも予想していない方法を見つけ出して、動く、ということは、結構な頻度で見られます。

In fact, we, engineer, often see these scenes that a computer can find unexpected solutions that the engineer had not expected.

例えば、25年前の、とある大学の研究ゼミの、ある教授と学生の会話です。

For example, I will show you a following conversation between a professor and a student.

ある企業の、「パン焼き器(街のパン屋向け)」の庫内の温度制御の研究を任されていたその学生は、教授にデータを見せていました。

The student who had been in charge of the study of temperature control of baking oven, show a simulation result to the professor.

なんか、この学生は、その後も、サンパとかサバとか、そういう研究に、関わる運命にあったみたいですが、それはさておき、

# This student was going to deal with a study of "saucy" and "mackerel" in the future, however, setting it aside,

教授:「江端君。なんで、この炉のこの辺の温度は、こげに上手く補正されていくんじゃ?」

Prof.:"Ebata. why does the control of oven temperature work so well ?"

江端:「分かりません」

Ebata:"I don't know"

教授:「じゃけん、君が作った制御プログラムなんじゃろう?」

Prof.:"It is you, who made this control program isn't it?"

江端:「推論エンジンが補正を行っていると思うのですが、私も、どのルールがどのように作用しているかが、複雑で、読み切れないのです」

Ebata:"I guess that the reasoning engine is amending the control, but to tell you the truth, I cannot analyze what kind of rules work for the control"

教授:「・・・」

Prof.:"..."

江端:「調べますか? 専用のモニタリングツールを作ることになるので、かなり時間はかかりますが」

Ebata:"Do you want me to check it up in detail? We will spend much time because I have to start making a special monitoring tools only for it."

-----

教授は、私のこの問いかけに応えずに、他の質問を始めました。

The professor skipped it and asked me another question.

ですが、その時、その学生は、

At that time, the student thought

『ま、上手く動いているなら、いいじゃろう』

"It is O.K. if the control work well"

という、教授の「心の声」が聞こえた、と思っています。

he heard "the professor's mind voice"

(続く)

(To be continued)