0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2020-07-01 「二人零和有限確定完全情報ゲーム」 [長年日記]

私、将棋のルールを、完全に知っているとは言えません。

I can't say that I know Shogi rules completely.

週末のNHKの将棋対局は、3秒でチャンネルを替えます。

NHK's Shogi games on the weekend change channels in 3 seconds.

誰が何の将棋のタイトルを取ろうが、全く興味ありません。

No matter what Shogi title whoever gets, I'm not interested at all.

-----

ところが不思議なことに、将棋のコミックやアニメは、かなり好きです。

However, mysteriously, I really like Shogi comics and anime.

「将棋めし」「リボーンの棋士」「3月のライオン」「りゅうおうのおしごと」なんでもござれです。

"Shogi Meshi", "Reborn Shougi Player", "March Lion", "Ryuou's Work", etc.

自分でも良く分かりません。

I'm not sure for the reason.

"Two people zero sum limited to determine the complete information game"

だからなぁ、と思うこともあるのですが、それなら、「囲碁」だって、「チェス」、「オセロ」だって好きになってもいいはずです。

I sometimes think that the reasons are natures of the game, however, I also think "Go", "chess", and "Othello" are also acceptable.

それに、将棋だって「千日手」みたいな、ルールが決っていない、例外もあります。

Also, Shougi also has exceptions, like a rules of "Sennichite".

-----

勝負ごとに手を出せない、私のようなヘタレにとっては、「零和ゲーム(勝ちと負けが確定的に決まるゲーム)」に人生を賭ける人間に対して、憧れがあるのかなぁ ―― などと、考えることがあります。

I think that for for cowards like me, who cannot bet my life for a game, I have a longing for a person to bet on their life in a "zero-sum game (a game in which winning and losing are definitely decided)"


2020-07-02 ―― 被写体に未成年らしき人間が映っている写真 [長年日記]

同僚:「その人は結婚しているのか?」

Colleague: "Is the person married?"

と聞かれることがあります。

may ask me sometimes.

江端:「知らん。聞いたことないし、興味もない」

Ebata: "I don't know. I've never heard of it and I'm not interested."

と、私は答えています。

has answered.

これ、フリではなく、私は心底、他人に興味がなく、さらに言えば、その人の「結婚」なんぞに、全く興味が湧かないのです。

This is not pretending, and I'm really not interested in other people, and moreover, I'm not interested in that person's "marriage" at all.

そういう感性を、どっかに置き忘れてしまったかのようです。

It seems that I have left that kind of sensibility somewhere.

その人間の「家族」に至っては、本当にどーでもいい。

When it comes to the human "family," I really don't care.

飛行機の中で、子どもや孫の写真などを見せてくる外国人は、少なくなかったです。

There were many foreigners showing me photos of children and grandchildren on the plane.

こんな時、私は、「彼らの期待通りの反応をして上げられなくて、申し訳ない」という気持になります。

At times like this, I feel like "I'm sorry I didn't get the reaction you were expecting".

―― 被写体に未成年らしき人間が映っている写真

"A photo of a human subject that appears to be a minor"

以外の感想、一切なし、です。

I have no other impressions.

-----

最近、Webブラウザに「婚活サイト」の広告がよく出てきます。

Lately, I've been seeing a lot of ads for "marriage activity sites" in my web browser.

まあ、最近はターゲティング広告が殆どですので、ある広告を見れば、芋づる的に同じような広告が出てきます。

Well, these days most of the ads are targeted, so if I look at a certain ad, a similar ad will appear easily.

例えば、エロサイトの広告が頻繁に出てくる場合、その人がエロサイトの広告を見ていることの証拠となります。

For example, if I often see ads for erotic sites, it's evidence that I am watching ads for erotic sites.

-----

ということは、私が「婚活サイト」の広告を良く見ていることになりますが ―― まあ、見ているかもしれません。

This means that I often look at ads on "marriage hunting sites", well, maybe you are.

Marriage is, a as desktop/numerical simulation, very interesting field

(続く)

(To be continued)


2020-07-03 結婚した人も、結婚をしなかった人も、したい人も、したくない人も、他人のことなんぞ、ほっとけばいい [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私、かなり真剣に「結婚数理学」とか「結婚統計学」みたいな分野が立ち上がってもいいんじゃないかな、と思っているくらいです。

I'm pretty seriously thinking that it would be okay if a field like "mathematical math" or "marriage statistics" was launched.

これは、結婚という現象をマスから観測するものであり、「マクロ結婚学」と称呼しても良いと思います。

This is to observe the phenomenon of marriage from the mass, and I think it may be called "macro marriage science".

比して、「婚活サイト」の方は、個人の資質や振舞いから見た結婚アプローチであり、「ミクロ結婚学」と言えるでしょう。

In comparison, the "marriage site" is a "micro marriage science" approach to marriage based on personal qualities and behaviors.

マクロとミクロから考えてみると、

Considering from the macro and the micro, I think,

■結婚をマクロで見るのは、政府の少子化対策担当者くらいだろう。

- The only people who see marriage in a macro are those in charge of measures against declining birthrate.

■婚活をしている多くの人にとっては、『他人の結婚なんざどーでもいい』はずであり、究極のミクロ視点で正しいと思う

- For many people who are in marriage hunting, they might think "I don't care of others marriages", so, if they are acting based on the micro, it is natural.

■結婚した人も、結婚をしなかった人も、したい人も、したくない人も、他人のことなんぞ、ほっとけばいい

- Married people, not married people, people who want to do or not to do should ignore others.

と思っています。

では、江端にとって、どんな人間に興味があるのかと問われれば、

Then, if asked what kind of person I am interested in,

「日記のネタを提供してくれる人」

"A person who provides diary tips"

この一言に尽きます。

-----

まとめますと、

In summary,

■「婚活サイト」の広告の内容は、非常に妥当であり、

The content of the advertisement for the "marriage hunting site" is very reasonable,

A person who talks about the marriage of another person from a macro perspective is "extreme incompetence."

ということです。

------

ところで、話は変わりますが、

By the way, the story changes,

先日、

The other day, I wrote a diary

Now, how many days does it take to respond to this response? Or will they ignore me?

という日記を掲載しましたが、市役所から返事を頂きました。

After that I got a mail from city hall.

週末は営業日と換算しないとして、応答までの日数は「1日」でした。

Assuming that weekends are not converted into business days, the number of days until the response was "1 day".

『市役所、なかなかやるな』と、感心しました。

I was impressed, "the City hall, pretty good"

-----

I don't believe that I am a so-called "Persona Non Grata" against the city hall.


2020-07-04 私にとって、私のWebサイトは、「タイムリープマシン」そのものです。 [長年日記]

私は、色々な予測をして、そこそこ当ったり、外したりしています。

I make various predictions and hit or drop them fairly.

About one week before the declaration of emergency was announced (April 16), I published the following contents.

====== ここから ======

■駅のホームで抱きついて大声でしゃべっている大学生や、

College students hugging at the station platform and talking loudly,

■居酒屋で、対面になって、酔っ払って、唾を吐き散らしながら、上司のグチをぶっている社会人は、

Adults at a pub, face-to-face, drunk, spitting, and swearing by her boss

―― 殴り倒して良い

"You can beat them down"

と、思っています。

====== ここまで =====

これについては、「予想が当たっていた」と思っています。

I think "I was right".

今となっては、上記の行為は、当然のタブーですが、あの時は、これが白い目で見られるほどのことではなかったのです。

The above acts are now taboos of course, but at the time they were not treated so derogatory.

それはさておき。

That aside.

-----

Recently, in addition to the existing html-based sites, I have started operating WordPress sites.

当初、WordPressへの全面移行をしようかとも思ったのですが、移行作業があまりにも面倒くさいことになるのが分かったので、同時運用にしました。

At first, I was thinking of doing a full migration to WordPress, but I found that the migration work would be too cumbersome, so I decided to use them simultaneously.

私、長い間、htmlベースで、全部手作りでWebサイトを作ってきたので良く知らなかったのですが、WordPressのようなWebサイトツールは、運用がラクチンです。

I've been making websites entirely by html-based for a long time, so I didn't know it well, but website tools like WordPress are easy to operate.

特に、ハードコピーが楽です。リンクなど張らずに、ドラッグ&ドローで、コピペできるので、助かります。

Hard copy is especially easy. You can copy and paste by dragging and drawing, without linking scriptions, so it will be helpful.

あと、PC用とスマホの画面調整なども、勝手にやってくれるのも嬉しいです。

Also, I'm glad that these tools will do screen adjustments for PCs and smartphones without permission.

あと、サイト内の検索エンジンンも優れていて、キーワード一発で、自分のメモに辿れるのが素敵です。

Also, the search engine on the site is excellent, and it's nice to be able to follow my own memos with a single keyword.

-----

私は自分のWebサイトを、自分のメモとして使っています。

I use my website as my memo.

最近も、GIS関連ツールに関して、2年前に残してきた私のメモが、何よりも「私」を助けてくれました。

More recently, my notes about GIS tools that I left two years ago helped me more than anyone else.

毎日、新しいことをやっていれば、古いことはどんどん忘れていかなければなりません。

If I am doing new things every day, I have to forget about the old things.

そんな時、数行のゴミのようなプログラムでも、1ラインのコマンドのサンプルでも、それさえあれば、たちまち、過去の記憶に遡ることができるのです。

At that time, with just a few lines of garbage programs, a sample of one-line commands, and so on, I can quickly trace back to the memory of the past.

私にとって、私のWebサイトは、「タイムリープマシン」そのものです。

For me, my website is the "timeleap machine" itself.

つまるところ、技術関係に関しては、

After all, regarding technology,

―― 私を助けてくれるのは、過去の私(のメモ)

―― What helped me was my memo in the past

と言えます。

is true.

まあ、それと、同じネタで日記を書かないようにする為のチェックリストでもあります。

Well, it's also a checklist to avoid writing diaries with the same topic.

誰からも責められることはありませんが、やっぱり恥しいです。

No one blames me, but I'm still embarrassed.

-----

私のWebサイトでは、第三者への情報提供はスコープ外です。

On my website, providing information to third parties is out of scope.

ひらすら"私益"が目的です。

The purpose is "private interest".

もっとも。私が困ったことは、他の人も困っている可能性が高いので、公開すれば、誰かを助けることになることもあるでしょう。

それに、私が私のメモを公開したとことで、別段、他人の迷惑になることもないでしょう。

In addition, it's not annoying to anyone else because I published my memo.

ただ、最近、"COCOA"アプリでガセネタを書いてしまった時には、迷惑をかけてしまったかもしれません。

However, it may have been a nuisance when I recently wrote a disinformation in the "COCOA" app.

あの時は、外部の人がメールで指摘してくれて、大変助かりました。

At that time, an outsider pointed me out by email, which was very helpful.

-----

ともあれ、こういうメモを残しておくと冒頭のように、「いい感じで、未来予測をしていた自分」を自慢することができます。

Anyway, if I leave a note like this, I can brag about "I was a good person and was predicting the future" as at the beginning.

もちろん、外した予測も数多くありますが ―― そっちについては「あえて黙っています」。

Of course, there are a lot of predictions that I missed, however, I'm deliberately silent about that.


2020-07-05 政治に興味のない方、特に、若い世代の方は、今日も"Stay Home"で、投票はボイコットしましょう。 [長年日記]

昨日、都知事選挙の期日前投票に行ってきました。

Yesterday, I went to vote in the Tokyo gubernatorial election before the deadline.

終了(17:00)の30分前にいったので、投票所は、結構混雑していました。

I got to the polling station 30 minutes before the end (5:00 p.m.), so it was pretty crowded.

感染リスクの観点から言えば、良くない行動だったかな、と思います。

From an infection risk perspective, it was a bad activity, I guess.

-----

さて、選挙については、すでに何度も述べているように、

Now, as I've already said many times about elections,

"Again, there were no candidates to talk with numbers"

予算と人数を叫ぶだけの候補者はいたが、その「効果」をスペックアウトした候補者は一人もいませんでした。

There were candidates who only screamed about budget and number of people, but none of them had spec-out their "effects."

- これだけの予算を投入すれば、感染率をこの程度に維持できる

"Effect of infection rate control on budget input"

とか、

- これだけの補助金を投入すれば、廃業をこれだけのパーセント落せる

"Effect of business closure on the input of subsidies"

とか、

or

- で、これらの予算と補助金は、ここ(国家予算、税金等)からぶんどってくる

"Source of these budgets and subsidies (national budget, taxes, etc.)"

とか、

そういう話は一切なかったですね。

After all, I could not hear the above stroies.

-----

で、まあ、そういう話がないのは、ある意味、当然と言えます。

Well, in a sense, "no story" is natural. Because they know

―― ちゃんと計算すれば(たぶん計算するまでもなく)、投資に見合う効果が得られない

"If they calculate properly (maybe even without calculation), people will not get the effect corresponding to the investment"

ことが分かっているからです。

あるいは、「当選したら、後のことは後でなんとかなる」と思っているのかもしれません。

Or maybe they think, "If I win, the rest will be done later."

とりあえず、「具体的な数値を口にすること」は、立候補者にとっては、禁忌中の禁忌です。

For the time being, “to speak concrete numbers” is the biggest contraindication for candidates.

-----

となれば、私のようなシニアにとって、選ぶべきポイントは、「面倒なことは考えたくない」「何か新しいことに賭けたくない」です。

Then, for seniors like me, the points to choose are "I don't want to think about troublesome things" and "I don't want to bet on something new."

This is as I wrote before, "the essence of global warming countermeasures is to avoid "troublesome"."

-----

そして、もっとも重要なポイントは、「未来の日本や若者がどうなろうが、私の知ったことか」です。

And the most important point is "I don't care of future Japan and young people at all"

Securing my old age by exhausting the resources of this country and the youth of this country-this is my only concern.

-----

という訳で ―― 雨も降っていることですし、感染リスクも怖いですよね。

So, it's raining and the risk of infection is scary.

政治に興味のない方、特に、若い世代の方は、今日も"Stay Home"で、投票はボイコットしましょう。

If you're not interested in politics, especially the younger generation, don't go to vote and "Stay Home", today.


2020-07-06 江端:「先日、中田敦彦先生のyoutube大学でね・・・」 [長年日記]

先日の車の中での、嫁さんと会話です。

I had a conversation with my wife in the car the other day.

江端:「先日、中田敦彦先生のyoutube大学でね・・・」

Ebata: "The other day at Youtube University with Professor Atsuhiko Nakata..."

嫁さん:「ふーん、中田敦彦『先生』なんだ」

Wife: "Hmm, "Professor" Atsuhiko Nakata"

と、ちょっと冷やかされてしまいましたが、私、尊敬する人には、思わず「先生」を付けてしまうクセがあります。

She ridiculed me a little, however, but I have a habit of respecting anyone who I have respected.

-----

中田敦彦さんの、YouTubeによる講義に対しては、各種の批判もあるようです。

There seems to be various criticisms of Mr. Atsuhiko Nakata's lecture on YouTube.

私も、技術分野の講義については、いくつかの間違いを指摘することはできます。

I can also point out some mistakes regarding technical lectures.

それに、中田敦彦さんの講義は、基本的には、他人の著書の内容の紹介です。

Moreover, Mr. Atsuhiko Nakata's lecture is basically an introduction of the contents of other people's books.

そういう意味では、「中田敦彦さんの独自性は少ない」とも言えるかもしれません。

In that sense, it may be said that 懼Atsuhiko Nakata's originality is small.懼・

-----

しかし、それらを勘案して、なお、中田敦彦さんの講義は、

However, taking these into consideration, Mr. Atsuhiko Nakata's lecture includes

20~30分の講義をずっと集中させ続ける話術

(1)Speaking skills that keep me focused on the 20-30 minute lecture

白板一枚のみで説明する要約力

(2)Summary potential to explain with only one white board

講義のポイントを5つ程度のターゲットに絞り込む情報量圧縮技術

(3)Information compression technology that narrows the points of the lecture to about five

独自の視点(現在の人間や政治や常識などのあてはめ等)から課題をクリアにする差分比較技術

(4)Comparative technology that clears issues from a unique perspective (e.g., fitting of current people, politics, common sense, etc.)

などの、プレゼンテーションのメソッドが全て含まれています。

like all presentation methods.

研究員としての私も、講義の内容は言うに及ばず、発表(プレゼンテーション)手法としても、大変勉強になります。

As a researcher, I can learn the excellent presentation methods, needless of the contents of the lectures.

-----

加えて、

In addition,

私の分かる内容(技術分野)から勘案すると)、講義の内容の8割~9割は正しい

80% to 90% of the lecture content is correct (considering from what I understand (technical field))

これは専門分野でない人のプレゼンテーションとしては、驚異的に高い数値です。

This is a surprisingly high number for a non-specialist presentation.

なぜ、私が「驚異的に高い」ことが分かるか、というと、ちまたの「技術ライター」と言われている人間の書いているコンテンツのデラタメさと比べれば、(私には)明らかだからです。

The reason why I find "surprisingly high" is clear (to me) compared to the cruelty of the content written by humans, who are also known as "tech writers".

そして、中田敦彦先生のyoutube大学の、圧倒的な価値は、

And the overwhelming value of Prof. Atsuhiko Nakata's youtube university is

「もっと知りたい」という気持ちを起こさせる。

"Let me want to know more"

この一点に尽きるでしょう。

This will be one point.

-----

中田敦彦先生のYouTube大学は「きっかけ」に過ぎません。

Professor Atsuhiko Nakata's YouTube University is just a "chance".

そこから、自分の興味で勉強を始めることで、この講義の価値は完成します。

From there, the value of this lecture is going to finish, by starting your studies with your own interests.


2020-07-07 ただ、他の場所と比較して、「相当に悲惨な苦痛」と「耐え難い苦難」と「非人道的な死」の可能性が、相当に高い場所に立っているんだ ―― [長年日記]

現在、記録的豪雨で九州全域が大変なことになっております。

At present, the entire Kyushu area is suffering from record-breaking downpours.

I was getting anxious too, so I tried the "stackable hazard map" that was introduced on TV the other day.

運よく、我が家は、洪水、土砂災害、津波の被害のエリアには入っていませんでした。

Luckily, our house was not in the flood, mudslide or tsunami damage area.

とは言え、地震による倒壊、火災など、災害の脅威から逃がれられる訳ではありませんが。

That doesn't mean, though, that I can't escape the threat of earthquake-induced collapses, fires, and other disasters.

-----

My parents were victims of Typhoon Ise Bay, which submerged their house.

それ以来、江端家の家訓は「水場より高い場所に居所を構える」となっております。

Since then, the Ebata family motto has been "Build up our residence higher than the watering hole".

現在の私の自宅も、高台にあります。

My current home is also on higher ground.

今、GPSロガーとGoogle Earthで測定したら、海抜72メートルの地点にあることが分かりました。

I just measured the place with a GPS logger and Google Earth and found it to be at 72 meters above sea level.

-----

「重ねるハザードマップ」を眺めていたら、なんか、赤いところが帯状に広がっているところがあることに気がつきました。

I was looking at the "stackable hazard map" and I noticed that there was something about a band of red areas that spread out in a band.

ちょっと拡大したら、多摩川付近は、ほぼ全部、洪水警戒エリアとなっていてビックリしました。

When I zoomed in a bit, I was surprised to see that almost all of the area around the Tama River is a flood warning area.

東京全体で調べてみたら、入間川、荒川、江戸川の流域も、ほとんど真っ赤。

I checked the entire Tokyo area and found that the basins of the Iruma River, Arakawa River, and Edogawa River are almost completely red.

東京の23区の多くが、赤色で塗り潰されていて、その赤色の面積の広さは、九州とは比較にもなりません。

Much of Tokyo's 23 wards are painted in red, and the size of that red area is not even comparable to Kyushu.

まあ考えてみれば、1000万年以上も前から、延々と続いてきたこの「河川の氾濫」こそが、広大な関東平野を作ってきた訳ですから、当然と言えます。

It's no wonder that this "flood of rivers," which has been endless for over 10 million years, has created the vast Kanto Plain.

関東平野に限らず、人口の集まる平野を有する国内主要都市は、全て、超一級の洪水指定地域になっています。

Not only the Kanto plains, but all the major cities in Japan that have plains where the population is concentrated are all designated as first-class flood designated areas.

-----

単にハザードマップの面積を目視しただけでも、

Just by visually observing the area of the hazard map,

―― 今回のような弩級の豪雨が、首都圏を直撃したら、その被災範囲は軽く100倍は越えるだろう

"If a heavy rain like this one hits the Tokyo metropolitan area, the damage area will be lightly over 100 times"

という、イヤな予測ができてしまいました。

I could make an unforeseen prediction.

そもそも、

In the first place, I am afraid that

■戦争が始まったら、開戦後数分以内で、複数のミサイル(弾頭が付いたやつ)が降り注ぐのも、

- Once the war begins, within a few minutes after the war begins, multiple missiles (those with warheads) will fall

■大地震で数百万人のオーダで被災者を出すのも、

- A large earthquake leaves victims in the order of millions of people

■ウイルス感染症が最短時間で感染が広がるのも、

- a viral infection spreads in the shortest time,

全部、首都圏になると思います。

into the metropolitan area.

-----

だからといって、「どうしろ」だの、「どうすべき」だのとは言いませんが、

However, I have no intention to say "What you should do", "what I should do"

ただ、他の場所と比較して、「相当に悲惨な苦痛」と「耐え難い苦難」と「非人道的な死」の可能性が、相当に高い場所に立っているんだ ――

Now I'm standing in a place where the chances of "substantially distressing", "intolerable suffering" and "inhuman death" are much higher than in other places. -

という覚悟は、しておいた方がいいかな、と思いました。

I thought it would be better to be prepared for that.


2020-07-08 『生まれ変わったら金正恩だった件』 [長年日記]

最近、「異世界転生」に関するコンテンツが多いです。

Lately, there has been a lot of content about "otherworldly reincarnation".

そこで、このブームに乗っかって、誰かこのテーマに挑戦してみませんか?

So, why don't you try to challenge this theme by riding this boom?

『生まれ変わったら金正恩だった件』

"When I reincarnated, it was Kim Jong-un"

-----

国際政治に1mmも興味のないティーンエイジャが、交通事故で死んでしまい、

A teenager who is not interested in international politics at all died in a traffic accident,

<北>の国家元首として転生してしまい、

He was reincarnated as the head of state of ,

とにかく「殺されない為」だけに奮闘する日々の物語。

Anyway, the daily story of struggling only to "be not killed".

-----

不本意ながら、

Reluctantly, he

国内の政敵や身内を粛清し、

purges his domestic political enemies and relatives,

国連決議を無視して核ミサイルの開発と実験を繰返し、

repeatedly develops and test nuclear missiles in defiance of UN resolutions.

国際問題を起こし続けて近隣国から敵意を向けられつつ

continues to cause international problems and attracts hostility from neighboring countries.

超大国にケンカを売り続けることで、

keeps to sell the fight to the superpowers.

日々を必死で生き延びる ――

survives every day -----

そんな、不幸な転生をしてしまった、日本の若者の物語。

The story of a Japanese youth who has had such an unhappy reincarnation.

-----

実際のところ、

As a matter of fact, I think that many people wonder

『あの国の元首、一体、何考えて生きているんだろう?』

"What the hell is he thinking in his life?"

と、多くの人が思っていると思います。

You can get a rough idea of this in a 980-yen "geopolitical book", sold at a convenience store.

全ての国家の振舞いは、そのほとんどが、国家と周辺国との『物理的位置(緯度、軽度)の関係だけ』で決定されてしまう、という事実です。

It is a fact that most state policies are determined solely by the 'physical location (latitude and lightness)' of the state and its neighbors.

しかし、ここに、さらに、国家元首の心象風景を描く、『生まれ変わったら』のマンガやアニメになれば、もう数段、深い理解ができると思うのですよ。

But I think that if it were to become a manga or cartoon of "When You're Born Again", which depicts the mental picture of a head of state, we would have a few more levels of deeper understanding.

-----

ちなみに、続編として、

By the way, if, as a sequel.

『生まれ変わったらトランプ(大統領)だった件』

"When I was born again, I became the President of the United States."

『生まれ変わったら安倍首相だった件』

"When I was born again, I became the prime minister of Japan."

などの出版も期待されます。

are expected to publish,

少くとも、私は、買います。

for me.


2020-07-09 私達は、状況に応じて、振舞いを変え続け、必要に応じて豹変し、平気で人間を裏切り、裏切られる、そういう存在です。 [長年日記]

Recently, I have been writing a series of articles on quantum computers.

量子コンピュータの根幹は、2つの状態を同時に有することを特徴とする量子ビットです。

At the heart of a quantum computer is the qubit, which is characterized by having two states at the same time.

いい替えれば、

In other words.

―― 物質が異なる資質を同時に有することは、自然現象である

"It is a natural phenomenon that matter has different qualities at the same time"

ということです。

そういう量子によって構成されている私たち人間が、、一貫して、論理的で、合理的で、理知的である ―― そんな風にできているわけがありません。

We humans are made up of those quanta, that means, we are not consistent, logical, rational, and intelligent.

私達は、状況に応じて、振舞いを変え続け、必要に応じて豹変し、平気で人間を裏切り、裏切られる、そういう存在です。

We are the kind of beings who keep changing our behavior to suit the situation, changing suddenly when necessary, betraying people and being betrayed by people with impunity.

それは、私たち自身の責任ではありません。

It is not our own fault.

量子のせいです。

It's the quantum.

-----

When you understand the Schrodinger equation, you can be kinder to yourself.


2020-07-10 「就活していると、ドラえもんを嫌いになる人がいる」 [長年日記]

「就活していると、ドラえもんを嫌いになる人がいる」

"Many people come to dislike Doraemon when they are job hunting."

と、娘(長女)から聞かされた時、

When I heard the story from my daughter (senior daughter), I think,

『何を言ってんだ?』

"What is she saying?

と思いました。

これは、マイナビ(人材広告企業)が、ドラえもん(日本の国民的な漫画の主人公)を起用して、就職活動の情報サービスを始めたことに起因するようです。

This seems to be due to the fact that Mynavi (a human resources advertising company) started a job-hunting information service with featuring Doraemon (the hero of the most popular Japanese manga).

On this page, it says, "Doraemon's secret tool, "Door to everywhere", is used to depict job hunters who are opening each door and moving forward into the future".

-----

長女を見ていると、就職活動とは、就活生の心を蝕む過酷な日々であることがよく分かります。

When I observe her carefully, I can see that job hunting is a tough day for the job-seekers.

私から見ても、その活動プロセスは、非合理で理不尽、非効率の極(きわみ)にあると思えます。

From my point of view, the process of activity seems to be at the edge of irrational, unreasonable and inefficient.

就活活動の為に、

For job hunting, they are

■「ありもしない別人格」を創作したり、

- creating an "unlikely personality",

■「存在もしていない過去の自分の歴史」を改竄したり、

- falsifying "history of the past that does not exist",

■「思ってもいないヨイショ」の御託をならべたり

- arranging the entrustment of "unexpected follow-up"

そのようなストレスは、筆舌に尽くし難い苦痛であるだろう、と、心から同情します。

I sincerely sympathize with them that such stress would be an unbearable pain.

-----

しかし、程度の差こそあれ、上記の「創作」「改竄」「御託」は、社会人の必須スキルであるとも言えます。

However, to some extent, it can be said that "creation", "tampering", and "consignment" are essential skills for working people.

これらのスキルなしに、これからの社会人を生きていくことがとても難しいことは、確かです。

It is certain that it will be very difficult to live in the future society without these skills.

-----

つまり、「ドラえもん」の「どこでもドア」とは、

In other words, "Door to everywhere" in "Doraemon" is pretending to be a

―― 夢を見るための、未来への希望の扉

"door of hope for the future to dream"

を装いつつ、実際は、

however, in fact it is suggesting to be a

―― 夢を見ることのできた、過去の子どもの時代との決別の扉

"door to dream-break to the past childhood"

を示唆している、と考えることができます。

-----

マイナビの見事なまでのコンセプト戦略に思い至り、思わず舌を巻いてしまった、私でした。

I was so impressed with the deep concept strategy of MyNavi.


2020-07-11 ■暗殺教室×Z会 [長年日記]

Yesterday, I wrote about the "Anime Character Collaboration".

その件について、ちょっと調べてみました。

I've done some research on the matter.

■ちはやふる×京王線

Chihayafuru x Keio Line

■けいおん×国勢調査(京都府)

K-On x Census (Kyoto Prefecture)

■俺の青春ラブコメは間違っている×千葉モノレール

My adolescent romantic comedy is wrong x Chiba Monorail

■夏目友人帳×くま川鉄道

Natsume's Friendbook and Kumagawa Railway

■はたらく細胞×ポカリスエット

Working Cell x Pocari Sweat

■氷菓×飛騨高山(岐阜県)

Hyouka x Hida Takayama(Gifu)

■銀の匙×豚丼のタレ(北海道)

Silver spoon ×Sauce for Pork Bowl (Hokkaido)

■あの花×西武鉄道

Ano Hana × Seibu Railway

■ゴルゴ13×外務省(日本国)

Golgo 13 x Ministry of Foreign Affairs (Japan)

きりがないので、この辺にしておきます。

I'm not going to cut it, so I'll leave it at that.

-----

昨日の日記と同じ観点で、コラボの親和性は納得しつつも、やめた方がよかったのではないかな、と思われるものに、

From the same perspective as yesterday's diary, I'm convinced of the affinity for collaboration, but I'm not sure they should have done it.

■暗殺教室×Z会

Assassination Classroom x Z-Kai

です。

何故かというと、私、Z会(の難問)には「トラウマ」がありまして ――

The reason is that I was "traumatized" by the Z-Kai('s conundrum).

まあ、単なる『理不尽な逆恨み』です。

Well, it's just "unreasonable recrimination".

Z会には、申し訳ありませんが。

I apologize to Z-Kai.


2020-07-12 そんな私の失態に対して、私が自分からその話題を出すまで、家族はその話をスルーし続けました。 [長年日記]

先日、家族グループに、LINEの"スタンプ"なるものを送ってみようと試みて、失敗しました。

The other day I tried to send a LINE "stamp" to a family group and it failed.

別のもの(スタンプのあるWebサイトのURL)を、家族に送ってしまいました。

I sent another one (the URL of a website with a stamp) to my family.

そんな私の失態に対して、私が自分からその話題を出すまで、家族はその話をスルーし続けました。

My family kept going through the story until I mentioned it for my fault.

その優しさが、私を傷付けました。

Their kindness hurt me.

-----

顔文字も、スタンプも、テキストメッセージの中で、自分の感情を示す道具として、優れていると思います。

I think both emoticons and stamps are excellent tools for expressing our feelings in text messages.

自分の感情をスペックアウト(書き出す)のは、面倒な作業ですから。

Specifying out your emotions is a tedious task.

ただ、私が「顔文字もスタンプも、しょせんはラクするための道具」と思ってきたのも、事実です。

However, it is also true that I thought "emoticons and stamps as tools to help them easy".

しかし、先日、娘からこんな話を聞いて、認識を改めています。

However, the other day, when I heard such a story from my daughter, I am re-recognizing.

------

娘(長女):「高校のころ、送られてきたスタンプを見て、激怒している友達がいてね」

Daughter (oldest daughter): "When I was in high school, I had a friend who was furious when she saw the stamps she got sent.

江端:「うん」

Ebata: "Well"

娘:「後輩から送られてきたスタンプには『おはよう!』という文字が入っていたんだって」

Daughter: "The stamp sent by her junior contained the words "Good morning!"

江端:「ん?・・・それで?」

Ebata: "Hmm... so?"

娘:「彼女が言うのは、"先輩に対して『おはよう!』のスタンプは無礼だ。『おはようございます』というスタンプを送るべきだろう"って」

Daughter: " "Good morning" to her senior is terrible rude. She should send me a stamp saying "Good morning. How is everything?""

その話を聞いて、私はびっくりしました。

I was surprised to hear that story.

「LINEのスタンプの有無」どころか、「LINEのスタンプの内容」に"プロトコル"があるとは思わなかったからです。

I didn't think there was a "protocol" in the "line stamp content", not before using "line stamp" or not.

そう言えば、以前、嫁さんも「顔文字を使用する"数"には気を使っている」と言っていました。

Speaking of which, I used to write that my wife is also careful about the "number" of emoticons.

-----

「顔文字もスタンプも、しょせんはラクするための道具」という私の認識は、完全に改めなければならない、と実感しました。

I realized that my recognition that "emoticons and stamps as tools to help them easy" must be completely changed.


2020-07-13 とすれば、議員は、別に国会で「日本語」でしゃべらなくてもいいわけです。 [長年日記]

国会議員には、自分の発言に対しても、責任を持たなくてもいい、という権利(刑事罰、民事罰の対象外)が保証されています(憲法第51条)。

Members of Parliament have the right to not have to be held accountable for what they say (criminal and civil penalties ) is guaranteed (Article 51 of the Constitution).

我が国の最高ランクの意志決定の為の会議「国会」(正確にいうと、法律を制定する為の会議です)は、野次が酷いことで有名です。

Our nation's highest-ranking decision-making council, the "Diet" (or more accurately, the council that makes laws), is notorious for its horrible field trips.

特にセクハラ関係が酷いのはご存知の通りですが、技術者としての私から見た場合、技術に対する誤解(「歴史認識」ならぬ「技術認識」が酷いと思うことがあります。

As you know, the sexual harassment relationship is particularly bad. From my point of view as an engineer, I sometimes think that the misunderstanding of technology (not "historical perception" but "technological perception") is terrible.

とは言え、憲法第51条は、とても大切な決まりであるとは思います。

Nevertheless, I think Article 51 of the Constitution is a very important rule.

-----

ちょっと調べてみただけですが、国会におけるオフィシャルランゲージ(公用言語)の規定は、見つけられませんでした。

I did some research and it seems that there is no provision for official language in parliament.

とすれば、議員は、別に国会で「日本語」でしゃべらなくてもいいわけです。

If this is the case, then members of the Diet do not have to speak "Japanese" in the Diet.

どの国の言葉でも構わないのです。

It doesn't matter what language you speak.

とは言え、日本語でなければ、「我が国」の「義務教育」に取り入れられて、最低6年間、最長12年間は学んできた言語であれば、社会通念からいって、その言葉の使用を許されても良いと思います。

Nevertheless, if it's not Japanese, if it's a language that has been adopted into the "compulsory education" of "our country" and has been studied for at least 6 years and up to 12 years, then from a socially accepted perspective, I think it's okay to be allowed to use that language.

ならば、議長権限で、

Then, by the Chairman's authority,

「ただいまから、言語を、日本語から英語に変更します」

"Right now, I'm going to change the language from Japanese to English"

と宣言できるのではないか、と思っています。

I think they can declare that.

少なくとも、これを違法とする法律もないように思えます。

At the very least, there doesn't seem to be any law that makes this illegal.

How about if the yapping is so bad that the Speaker can declare a change in the official language, when the decency of the parliament has deteriorated.

この決まり一つあれば、―― 仮に、その宣言を発動しなくても ―― 野次っている人の野次が激減すると思うのです。

I think that this one rule - even if we don't invoke that declaration - would drastically reduce the number of people yapping in the field.

野次っている人が、いきなり沈黙すれば、そのその人自体も恥しいはずですから。

Because if the person who is yapping is suddenly silent, he or she should be ashamed of themselves.

-----

憲法第51条を遵守し、国会の品位を維持し、しかも、日本人の英語教育への強い動機付けにもなる。

Article 51 of the Constitution shall be observed. The dignity of Parliament would be kept. Moreover, a strong incentive for the Japanese to teach English would be provided.

是非、検討して頂きたくお願い申し上げます。

I would like to ask you to consider this.


2020-07-14 そう考えると、私の婚活のスタートは「15歳」とも言えるかもしれません。 [長年日記]

婚活の広告を見てみると、「意識高い系男」と「高収入男を目指す女」の話が多いです。

If I look at marriage ads, I see a lot of talk about "conscious men" and "women who want to be high-income men".

まあ、そういう人もいるかと思いますが、私は、それは少数と、と思っています。

Well, I'm sure there are some people who do, but I think it's a small number.

私がこれまでの人生で見てきた限りでは、圧倒的多数が「なんとかなる系」だと思っています。

From what I've seen in my life, the overwhelming majority of people are of the "manageable" variety.

-----

これとは逆に、私は、「他の人は上手くいっても、私だけは『なんとかならない』だろう」という悲観と共に生きてきました。

Contrary to this, I have lived with the pessimism that, even if If everyone else does well, I'll not "manage",

15歳の時に。

When I was 15 years old.

話すことは苦痛ではありませんでした。

I didn't find the conversation painful.

話術もそこそこできたと思いますし、女子にも嫌われている感じはしませんでした。

I think my speaking skills were pretty good there, and I didn't feel like the girls didn't like me either.

生徒会という(当時としては)華やかな立ち位置にもいました。

I was also in the (then) glamorous position of student council.

----

しかし、体全体で感じる、直感的な「結婚への不向きの性格とインターフェース」を自分の中に感じていました。

But I had an intuitive "personality and interface of unsuitability for marriage" inside me that I felt throughout my body.

具体的に言うのが難しいのですが、「話題がすべる」「共感できるポイトが違う」「現実から乖離した理想」など、「全体から漂う自分への不信感」があったのです。

It's hard to be specific. However, there was a "distrust of myself that drifted from the whole thing for examples, "off topic", "different kind of empathetic poit", and "ideals divorced from reality".

どうやら、それは、私の主観だけでなく、客観的にもそうだったようです。

Apparently, that was not only my subjective view, but also my objective view.

Here's the case that they even organized a camp to discourage me from getting married.

-----

私は、その時から『なんとかしなければ』と思っていたように思います。

I think I was thinking from then on, 'I have to do something about it.

そう考えると、私の婚活のスタートは「15歳」とも言えるかもしれません。

With that in mind, it may be said that my marriage activity started at the age of 15.


2020-07-15 上記を「使徒→新型コロナウイスル」「MAGI→人類」と置き換えることで、「新型コロナウイルスの未来の姿」が見えるかもしれない ―― [長年日記]

「シュタインズゲート」に関する私の日記が、検索エンジンで調べるだけでも77件(重複カウントがあるので、40件以上程度)あります。

Just by looking up my diary about "Steins;Gate" in a search engine, there are 77 case(however, considering duplicate there are about 40+ cases).

他にも、アニメに関する日記を多く書いてきました。

I've also written many other diaries about anime.

ところが、日本を代表するアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」に関しては、一つも見つけられませんでした。

However, I couldn't find any of Japan's representative anime "Neon Genesis Evangelion".

私は、「新世紀エヴァンゲリオン」が比類なき素晴しいアニメであることには、異義はありません。

Needless to say, "Neon Genesis Evangelion" is an unrivaled and wonderful anime.

しかし、自分でも驚くほど、私はこのアニメには「はまらなかった」です。

But to my surprise, I was "not crazy" for this anime.

-----

自分でも理由が分かっていて ―― 内容が分からない ―― からです。

I know the reason by myself "I cannot understand the content".

まあ、そこが魅力のアニメではあり、その「分からない」に対して、解説で挑戦されている方もも多くいるようです。

Well, that is an attractive anime. It seems that there are many people who are trying to explain the "I don't know" in the commentary.

しかし、課題と問題解決手段を明確にすることを至上主義とする「エンジニアリングアプローチ」をマインドセットされている私にとっては、

However, for me, being in the mindset of an "engineering approach" that is based on the supremacy of defining the problem and the means of solving it,

―― 「新世紀エヴァンゲリオン」は、ストレスの溜るアニメである

"'Neon Genesis Evangelion' is a stressful anime"

とは言えます。

-----

それでも、地上波の「第6話 決戦、第3新東京市」と、「第13話 使徒、侵入」は好きです。

Still, I like the terrestrial "Episode 6 Final Battle, 3rd New Tokyo City" and "Episode 13 Apostles, Invasion".

As for the sixth episode, I have previously discussed the total amount of electricity energy in Japan.

■第13話については、暗号と、コンピュータのクロック同期の考え方について

For Episode 13, I thought about cryptography and the concept of computer clock synchronization.

強い興味と違和感を同時に感じたことを覚えています。

I remember feeling strong interest and discomfort at the same time.

アニメ等の創作物に対して、現実世界(の数値で)のツッコミをするのは「野暮」、というか「マナー違反」と思いますので、これ以上は言及致しません。

I think that it is "stuff" or "violation of manners" in the real world (in terms of numerical values) for creative works such as anime, so I will not mention it further.

-----

最近、第13話に登場するセリフを思い浮べています。

Recently, I have come up with the words that appear in episode 13.

=====

リツコ:「使徒が進化しつづけるのなら、勝算はあります」

Ritsuko: "If the apostles continue to evolve, there is a chance of winning."

ゲンドウ:「進化の促進かね」

Gendou: "Promotion of evolution?"

リツコ:「はい」

Ritsuko: "Yes. That's it"

ゲンドウ:「進化の終着地点は自滅、死、そのものだ」

Gendou: "The end point of evolution is self-destruction, death itself"

冬月:「ならば、進化をこちらで促進させてやればいいわけか」

Fuyutsuki: "So then, we can facilitate the evolution here?

リツコ:「使徒が死の効率的な回避を考えれば、MAGIとの共生を選択するかもしれません」

Ritsuko: "If the Apostle considers the efficient avoidance of death, the Apostle may choose to live in harmony with MAGI.

=====

上記を「使徒→新型コロナウイスル」「MAGI→人類」と置き換えることで、「新型コロナウイルスの未来の姿」が見えるかもしれない ――

"Replacing the above with "Apostle -> New Coronavirus" and "MAGI -> Humanity" may give us a glimpse into the future of the new coronavirus"

という内容のコラムが、近日中にリリースされる予定です。

The column will be released in the near future.


2020-07-16 ただ、私が見ている限り、「寡黙な男のほとんどは『低能』」 ―― とまで言わないものの、インプットされている知識量が圧倒的に少ない様に見えました。 [長年日記]

「奥方の作った料理に対して、美味しい時には黙っていて、不味い時だけ文句を言う男」が、公に批判されるようになったのは、昭和の終わりころだったように思います。

"A man who keeps quiet about his wife's cooking when it's good and only complains about it when it's bad". It seems to me that it was around the end of the Showa era that such a man began to be publicly criticized.

男は寡黙であるべきである ―― という価値観が、まだ残存していた時代であり、少年期から青年期にかけて、私は辛い目にあってきました。

It was a time when the sense of value that "a man should be silent" still remained. From boyhood to adolescence, I had a hard time.

『口から先に産まれた男』

"A man born before the mouth"

という蔑称で、大人から揶揄(やゆ)されていたものです。

I was scorned by an adult with such a derogatory name.

ただ、私が見ている限り、「寡黙な男のほとんどは『低能』」 ―― とまで言わないものの、インプットされている知識量が圧倒的に少ない様に、見えました。

However, as far as I can see, "most of the silent men are "incompetent"". Even if it was overstated, it seemed that the amount of input knowledge was overwhelmingly small.

つまるところ、私には「勉学や好奇心に決定的に欠けているだけの男」に見えました。

After all, it seemed to me "a man who was decisively lacking in study and curiosity".

-----

「部下の優れた成果に対しては黙っていて、失敗した時にだけ文句を言う上司」は、私が見ている限り、我が国ではデフォルトのようです。

"A boss who is silent about his excellent work and complains only when he fails" seems to be the default in our country, as far as I can see.

Japanese people are decisively lacking in the ability to "praise excellent results", or it seems that our country does not have an educational process of "praise".

(続く)

(To be continued)


2020-07-17 『私への功労に対する、感謝の言葉がない』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

我が家では、家族の誰かが嬉しいことがあった場合、その本人が、他の家族に対して

At home, if someone in my family is happy, that person has the right to claim

「(理由を尋ねることなく)本人を褒めること」

"praise her/him" (without asking why)

を請求する権利があります。

to another family member.

また、本人が何か/誰かに怒っている時には、

If someone in my family are angry at something/someone, that person has the right to claim to

「(理由を尋ねることなく)本人に対して『お前が正しい。相手が悪い』と慰めること」

"say 'you are right, your friend is bad"" (without asking why)

を請求する権利もあります。

to another family member.

-----

多くの場合、我々は、正しい分析や評価を欲していません。

In many cases, we don't want the right analysis or assessment.

ただ、"Yes"とだけ言って欲しいだけです。

I just want them to say "Yes".

この権利システムを江端家に導入したのは、何を隠そう、この私です。

It is me who introduced this rights system to the Ebata family.

それはさておき。

That aside.

-----

最近の、"Stay Home"によって、江端家の無線LANの使用率は格段に上っています。

Recently, "Stay Home" has significantly increased the usage rate of Ebata's wireless LAN.

無線LANの不感帯を調べるために、Padにインストールしたアナライザを持って、家中を歩き回って、家族から不満のあるエリアの、通信感度を上げるために、日々、WiFiのリピータの増設を行っています。

In order to investigate the dead zone of wireless LAN, I have an analyzer installed on my Pad, walk around the house. Thanks for my efforts, the number of WiFi repeaters every day are increasing, for deleting areas where my family is dissatisfied.

環境が改善された後、クレームは消えてなくなりますが、感謝の声も聞こえてきません。

After the environment has improved, the claims have disappeared, but no gratitude is heard.

『私への功労に対する、感謝の言葉がない』

"There is no word of gratitude for my service"

というクレームをしたところ、

When I said that,

長女:「この手のインフラは、通信できることが『普通』と思ってしまうので、どうにも感謝の気持ちを忘れがちになって」

Senior daughter: "I feel like being able to communicate is'normal' in this kind of infrastructure, so I tend to forget my appreciation."

彼女はそう言い訳をして、私に一回だけ感謝の言葉を述べました。

She made that excuse and gave me a single thank-you note.

その後は、感謝の言葉を聞いたことはありません。

After that, I never heard the words of gratitude.

-----

皆さん。インフラを守る者に、もっと思いを馳せましょう。

Everyone. Let's think more about those who maintain the infrastructures.

毎日、水を使わせて貰ってありがとう。

Thank you for letting me use water every day.

毎日、電気が使えてありがとう。

Thank you for letting me use electricity every day.

毎日、ガスが使えてありがとう。

Thank you for letting me use gas every day.

毎日、道路/鉄道が使えてありがとう。

Thank you for letting me use the road/railway every day.

朝、起きたら、この感謝の言葉を心の中で唱えましょう。

When you get up in the morning, say this word of thanks in your heart.

もし、これを3日連続して忘れたら ―― 私が、あなたの家の真下にある「活断層」を活性化する"(邪)念"を送りますよ。

If you forget this for three days in a row, I will send you a "(wickedness) trigger" that activates the "Active Fault" in the basement of your house.


2020-07-18 『天才とそうでない者を分けるものは何か?』 [長年日記]

『天才とそうでない者を分けるものは何か?』

"What separates the geniuses from the non-geniuses?"

私、このネタについては、何度も記載してきました。

I have described this story many times.

My observation result is that "Genius is unaware of their genius".

Therefore, they are confident that they are "everyday practice", "continuation is power" and "effort is rewarded".

So I don't like to give a sermon to others, and don't like a person who give a sermon to me more.

"Influenza disease with a lethal rate of" 100% "and a transmission rate of" 0% ""

-----

基本的には、この考え方、

Basically, this thoght is coming from the topic of

Each member of them becomes crazy.

がベースですが、今回は、さらにこの「狂い方」についてお話したいと思います。

Today, I would talk about the "crazy".

-----

(1) The basic method of the atomic bomb was known very early on.

(2)しかし、それが実現されるのは、「マンハッタン計画」を待たなければなりませんでした。

(2) However, it had to wait for the "Manhattan Project" to be realized.

(3)そして、広島、長崎への原爆投下後、各国は続々と開発に成功していきました。

(3) After the atomic bombs were dropped on Hiroshima and Nagasaki, each country succeeded in development one after another.

この(1)~(2)の期間と、(2)~(3)の期間に、メチャクチャな差があるのです。

There is a messy difference between this period (1)-(2) and the period (2)-(3).

感じとしては、1/10~1/20の期間です。

As my feeling, it was a period from 1/10 to 1/20.

これは、各国スパイの暗躍や、内通者の存在は確かに大きかったのですが、一番大きいかったことは、

It was true that the spy of each country's spies and the presence of insiders were big reasons, howeer, the biggest thing was

―― 原子爆弾を「作ることができる」という事実

"The fact that we can "make" an atomic bomb"

です。

(続く)

(To be continued)


2020-07-19 そういう挑戦をしている人間を、私達、多くの凡人は『黙って看過する』ことすらできないのです ―― 自分に、1mmも不利益がないにもかかわらず。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

研究者やエンジニアにとって、「できるかどうかが分からないもの」を作るのは、物凄いストレスがあります。

For researchers and engineers, it is extremely stressful to make "what you can make or not".

なにしろ「分からない」のですから。

Above all, "we can't know to make".

しかし、「できることが分かっている」ものであれば、そのストレスは、1/100以下まで下がります。

However, if you "know what you can do", the stress will drop to less than 1/100.

なぜなら、「苦労の果てにゴールがあることが分かっている」からです。

Because "I know there is a goal at the end of my hard work."

私にしても、すでに開発されている技術の後追いをしたり、それを活用したりすることはできます。

Even I can follow the technology already developed and used it.

もちろん、そこに至る為には、何十回~何百回にも及びトライアンドエラーがあります。

Of course, there are tens to hundreds of trials and errors to get there.

しかし、それは、本人の努力と時間の問題でなんとかなる(ことが多い)ものです。

However, it is (often) manageable with the effort and time of the individual.

-----

加えて、「できるかどうかが分からないもの」は、間違いなく、世間から、過激でネガティブな批判に晒されます。

In addition, "what we don't know if we can do it" is definitely exposed to radical and negative criticism from the public.

そして、多くの場合、この過激でネガティブな批判は、「できるかどうかが分からないもの」に挑戦する人間を潰します。

And in many cases, this radical and negative criticism kills people who try "what we don't know if we can do it".

我が国の場合、どういう訳か、この「できるかどうかが分からないもの」に対して、「敬意」とか「支援」とかいう概念が出てきません。

In Japan, I don't know the reason, however there is no concept of "respect" or "support" for this "what we don't know if we can do it".

「潰す」の一択です。

It is a choice of "crush".

This "national character of Japan that respects insidious uniformity" is a characteristic of Japanese people including myself.

そういう挑戦をしている人間を、私達、多くの凡人は『黙って看過する』ことすらできないのです ―― 自分に、1mmも不利益がないにもかかわらず。

Many ordinary people, like us, cannot even "silently overlook" those who are taking on such challenges --- even though we do not have a disadvantage at all.

-----

天才とは何か ――

What is a genius?

これらの、過激でネガティブな批判に「耐えられる」では足りず、「耳を貸さない」「聞こえない」という、

It's not enough to "bear" these radical, negative criticisms, but to "turn a deaf ear" and "not be heard

『そんじょそこらの「狂い方」では足りない、「人間的な感情を喪失するほどの狂い方」をすることができる者をいう』

"A person who is capable of going 'so mad that they lose their human emotions,' not just some 'madness' is not enough.

と、私には思えます。

I think so.

そして、そのような「人間的な感情を喪失するほどの狂い方」は、「幸せな人生」というフレームワークの枠外です。

And such 'so mad that they lose their human emotions' is outside the framework of the "happy life" framework.

-----

ほとんどの人は、「天才」を見ることすらなく、自分の人生を終えます。

Most people end their lives without even seeing the "genius" in them.

私は、これまで、私の認定する「天才」を2人"も"見ました。

I have "seen" two "geniuses" in my lifetime.

これだけでも、私の人生は、かなりラッキーだったと思います。

I've been pretty lucky in my life for this reason.


2020-07-20 ―― 「発明」は難しくない。本当に難しいのは「その発明を必要とする課題」を見つけ出すことである [長年日記]

最近、発明のアイデアを創成する為に、ブレーンストーミング(BS)を頻繁に参加しています。

Lately, I've been participating in frequent brainstorming (BS) sessions to create ideas for inventions.

発明創成に関しては、BSの最中に「否定的なコメントをしてはならない」という暗黙のルールがあります。

When it comes to invention creation, there is an unspoken rule of "no negative comments" in the middle of the BS.

その理由の一つとしては、発明を創成する為には、現状の社会常識のパラダイムの「破壊」が前提となるからです。

One of the reasons is that in order to create an invention, "destruction" of the current paradigm of common sense is a prerequisite.

簡単に言えば、

Simply, it is

■「非常識」が常態となった世界のイメージ創成

"Creating an image of the world where "insane" is the norm"

であり、もっと簡単に言えば、

more simply, it is

■「異世界」の構築

"Creating 'another world'"

です。

-----

最近分かってきたのですが、他の人と比べて、私は、この『「異世界」の構築』が、比較的「得意」なようです。

I've recently discovered that, compared to others, I seem to be relatively 'good' at this 'another worldly' construction.

私は、「ぶっとんだ世界」を考えることが好きです。

I like to think of the "insane world".

例えば、

For example,

(1)ミサイルの着弾が3分後と確定した世界 → 被害は免れないが、この被害を最小にする為の情報システムは?

(1) A world where it is confirmed that the missile will land in three minutes → Damage is inevitable, but what is the information system to minimize this damage?

(2)日本の観測点の半分以上の最高気温が40度を越えと日々が20日ぶっつづけで続く世界 → 一日、千人~万人のオーダで発生する熱射病患者を、医療設備以外の手段でどうやって治療するか?

(2) More than half of the stations in Japan have a maximum temperature of over 40 degrees Celsius for 20 straight days → How do we treat tens of thousands of heatstroke patients a day, in tens of thousands of orders, by means other than medical equipment?

(3)特殊出生率が0.5までに下った世界 → 子どもの存在が珍しい世界における、子どもの育成方法や教育方法は?

(3) A world where the fertility rate has fallen to 0.5 → What are the methods of raising and educating children in a world where the existence of children is rare?

とまあ、こんな風に、極端な世界を考えることで、「課題」が出てきます。

And, well, thinking about the world of extremes in this way helps us to see the "challenges".

でもって、こちらでも述べていますが、

"Invention" is not hard. What is really hard is to find the "problem that requires the invention".

というのは本当です。

It is true that.

(続く)

(To be continued)


2020-07-21 しかし、モノを作らない/作れない人間に、発明などできるわけがない。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

これについては、以前から言い続けてきましたが、もう一つ言えそうなことは、

I've been saying this for a long time now, but the other thing I could say about this,

―― システム構築のセンスが絶望的にない

"many people are hopelessly lacking in the sense of system configuration"

と人間が多いということです。

私は、この理由がかなり明確に分かっていまいます。

I know the reason pretty clearly.

「モノを作らない/作れない」 ―― この一択です。

'They don't make/can't make things' -- this is one choice.

「情報工学」だの、「システム構築方法」だの、講義を受けたり、How to 本を読んでいる暇があるなら ――

If you have time reading "how to books" and attending lectures on "information engineering" and "how to build systems"

「週末使って、ラズパイを使って、ショボいアプリを一つ自作」した方が、その100倍も知識が得られるし、

You can get 100 times more knowledge if you "create a poor app by yourself using a Raspberry Pi on the weekend."

「寝る時間削って、100行のコードを書く」方が、その100倍も速く理解できる。

"Writing 100 lines of code without sleeping" is 100 times faster than them.

そもそも、モノを作らない/作れない人間に、その技術的な難しさを頭の中でイメージすることができるとは、私には到底思えないのです。

In the first place, it's hard for me to think that a person who doesn't/can't make things can imagine the technical difficulty in their mind.

-----

まあ、パワーポイントとワードしか使わない人間であっても、イベントプランや、ビジネスモデルを作ることはできるでしょう。

Well, even a person who uses only PowerPoint and Word can make event plans and business models.

しかし、モノを作らない/作れない人間に、発明などできるわけがない。

However, I don't think that a person who does or cannot make things can invent.

発明とは「技術的思想の創作」(特許法第1条)です。

An invention is a "creation of a technical idea" (Patent Law Article 1).

技術的思想は、技術的アプローチを経た経験、つまり「モノを作る経験」から案出されます。

A technical idea is devised from experience through a technical approach, that is, "the experience of making things."

パワーポイントとワードだけで、エンジニアを名乗り、特許発明の業務に携わるものは、

Those involved in the work of patented inventions, self-proclaimed an engineer Just using PowerPoint and Word are

『無銭飲食者よりもタチが悪い』

"it's worse than a cashless person".

と思っています。

I think.

私は、口にしないだけです。

I just don't speak that, because,

サラリーマンですから。

I'm an office worker.


2020-07-22 『他の人たちは、ホワイトボードにスペックアウト(書き出す)せずに、他の人に自分の考えを伝えることができるのか?』と、いつも不思議に思っています。 [長年日記]

I've talked about our FM transmitter before.

この件について、読者の方から、メールを頂き、色々とアドバイスを頂きました。

I received an email from a reader who gave me a lot of advice on this matter.

当家のFMトランスミッタの設置環境について、文章で説明するのが難しくなってきたので、以下のような手書きの図面をメールに添付して送付しました。

It's getting harder and harder to explain our FM transmitter installation environment just in writing, so I've sent the following free-hand drawing as an attachment of my e-mail.

-----

ところで、私、自分の管理している会社の資産の中で、管理権を他人に手離さないものがあります。

By the way, I have some assets under my control,that I never hand over to others.

It is a "white board".

『他の人たちは、ホワイトボードにスペックアウト(書き出す)せずに、他の人に自分の考えを伝えることができるのか?』と、いつも不思議に思っています。

I have always wondered, why other people can communicate their thoughts to others, without specing them out (writing them out) on the whiteboard.

少くとも私は、スペックアウトされていない他人の考えは、「理解すること」は勿論、「理解するフリ」すらできません。

At least, I cannot "understand" or even "pretend to understand" other person's ideas that aren't speced out.


2020-07-23 ―― 関係者全員に、「何かが乗り移っていた」かのようなオーラが漂う作品として仕上がっている [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

Let's turn over the world by number (64). Extra:

"A forefront of corona infection battle" sent by the doctor to me as an engineer

-----

私の著書の中では、最長のコラムとなってしまいました。

This is the longest column I've ever written.

(Step1)シバタ先生からご送付頂いたメールを江端が読む

(Step 1) Ebata read the email sent by Dr. Shibata

(Step2)江端が理解の為、片っ端からシバタ先生のメールの中の専門用語を調べまくる

(Step 2) Ebata looks up all the technical terms in Shibata-sensei's e-mails to understand them.

(Step3)江端が説明する為にフレーズの変更や追加を行い、図面を作成し、シバタ先生にメールで転送する

(Step 3) Ebata makes changes and additions to phrases to explain, makes drawings, and forwards them to Dr. Shibata via email.

(Step4)それを読んだシバタ先生が、江端の誤解を解消し、正確な解説を行う為のフレーズや図面を追加して、江端に転送する

(Step 4) After Dr. Shibata reads it, he adds phrases and drawings to clear up Ebata's misunderstanding and provide accurate explanations, and forwards them to Ebata.

(Step5)それを読んだ江端が・・・(以下、(Step2)に戻る ・・・)

(Step 5) Ebata reads it, and... (Goes back to (Step 2) )

このステップの間に、件(くだん)の後輩のレビューを受ける

During this step, I am reviewed by the junior.

-----

この繰返しを、数日間、午後11時~午前3時頃に間に行い、

This process was repeated for several days between 11 p.m. and 3 a.m.

最終的に纏まったメールを、編集部のMさんに転送し、Mさんがこの膨大な文章を、僅か2日間で公開ページとして編集し、その最終確認を、シバタ先生と江端に依頼をし、

Ebata forwarded the final edition by e-mails to Ms.M, who was in charge of editing, she took this massive amount of text and edited it into a public page in just two days. and asked both Dr. Shibata and Ebata to do a final check on that,

シバタ先生と江端は、(素直にOKを出さずに)さらに、Step2~Step5を実施し、

However, Dr. Shibata and Ebata (without giving a straightforward go-ahead), furthermore, conducted Step 2 through Step 5 again.

Mさんの最終校正を経て、本日18:30にようやくリリースされました。

After final proofreading by Ms.M, it was finally released today at 6:30 p.m.

-----

で、今、冷静になって、読み直してみると、

And now that I've cooled down and re-read it, I come to think

―― 関係者全員に、「何かが乗り移っていた」かのようなオーラが漂う作品として仕上がっている

"It's a complete work of art with an aura, as if "something had taken over" everyone involved"

ような気がします。

その何かの一つには、「ここ1週間ほどの、新型コロナ感染者数の、かつて経験したこともないほどの増加」があったような気がします。

I think one of those something was "an unprecedented increase in the number of new corona cases in the last week or so".

ただ、関係者全員 ―― 特に"私" ―― が、冷静さを欠き、『読者、置いてけぼり』にしてしまったような気もしています。

However, I just feel that everyone, especially I, has lost our cool and "forgot about the readers".

-----

反省しています。

I'm deeply sorry.

でも、まさに、「今」必要な、とても大切なことを記載した、と信じています。

However, we believe that we have described the very important things that people in Japan need right now.

だから―― 「見出しだけ」でいいから、読んでください。

So, please read this work, even if you read "headlines only".

見出しだけなら、たったの13行です。

For headlines only, there are only 13 lines.


2020-07-24 実際、大人ですし、いつまでも中二病やっている訳にもいきません。 [長年日記]

先日、父の三回忌がありましたが、姉と相談して、私は欠席することにしました。

There was a third anniversary of my father's death the other day, and after discussing it with my sister, I decided not to attend.

実家への移動中の感染リスクや、移動先の行動(と地元の人々の懸念)なども、総合的に判断したからですが、

I made a comprehensive assessment of the risk of infection while traveling to my parents' home and the behavior of the people I was traveling to (and the concerns of the locals).

最も大きな理由は、

I think that the biggest reason was

―― 冠婚葬祭に関する、私個人の意識の低さ

"My personal lack of awareness about weddings and funerals"

だったと思います。

-----

冠婚葬祭に関する決め事は、国や地方、そして、宗教は宗派によっても、全然異なります。

Decisions regarding weddings and funerals are very different, depending on the country, the region, and even the religion, depending on the denomination.

それらの決め事は、煩わしいことも多いですが、地縁や血縁に係わるイベントを発動する為の大切なトリガーであると思っています。

Those decisions are often complicated, but I believe they are important triggers for triggering events related to geographical and blood ties.

それ以上に、そのイベントによって、生きている人に、心の安寧を与えられるのであれば、良いことだと思います。

More than that, if the event can give peace of mind to a living person, it's a good thing.

そのようなイベントに、賢しく文句を付けることは、大人げないことです。

To wisely complain about such an event is unwise.

―― とまあ、私は、そこそこ「大人の対応や考え方」ができるんです。

And, well, I can do "adult responses and ideas"

実際、大人ですし、いつまでも中二病やっている訳にもいきません。

In fact, I'm an adult, and I need to stop acting as a youthful indiscretion.

ただ今回のような、コロナ禍のような状況では、そのような「大人の対応や考え方」は、「合理的な考え方」 ―― リスク計算の前では、簡単に取り下げられてしまいます。

But in a situation like this one, a corona disaster, such "adult responses and ideas" are easily withdrawn in the face of "rational thinking (risk calculation)".

(続く)

(To be continued)


2020-07-25 むしろ、このような教祖や信徒は、「テロリスト」と認定してもよいのではないかと思います。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

冠婚葬祭とは思想も方向性も異なりますが、日本には「信仰や祭祀によってコロナ禍に勝つ」とか、バカなことを言っているカルト宗教団体があります。

It's different in ideology and direction from weddings and funerals. however, there are some cult groups in Japan that say stupid things like "we can beat the coronary disaster by faith and rituals".

彼らの低能さについては、もはや語る言葉もありません。

I have no more words to say about their "incompetence".

また、世界で、そのような主張をしてきた教祖が、(私が知っているだけでも)少なくとも2人、COVID-19感染で死亡しています。

Also, in the world, at least two gurus who have performed such missions have died from COVID-19 infections (even I know).

彼等に対して、同情、追悼、哀悼に相当する気持ちは、1mmも湧いてきません。

For them, I don't have any feeling of compassion, mourning at all.

むしろ、このような教祖や信徒は、「テロリスト」と認定してもよいのではないかと思います。

Rather, I think that such gurus and followers may be identified as "terrorists."

とは言え、「信仰や祭祀によってコロナ禍に勝てる」というデタラメを流布しているバカを「バイオテロリスト」と呼ぶのは、あまりにも、高尚に取り扱い過ぎていると思えます。

Nevertheless, I am unwilling to call the idiots spreading the bullshit that "you can beat the corona disaster by faith and ritual" a "bioterrorist".

----

そこで、ここは、一つ「低能」という新しい社会悪を定義した上で、このような教義を流布するカルト宗教団体を、

So, here's one new social evil to define "incompetence", and I would like to suggest that we call the cult groups that disseminate such ignorant doctrines

「低能テロリスト」

"incompetent terrorists".

と称呼することを提案したいと思います。


2020-07-26 2人の真琴の「最後のタイムリープ戦」が始まる ―― [長年日記]

タイムトラベルフリークの江端さんとしては、「シュタインズゲート/ゼロ」と「時をかける少女」は鉄板です。

As a time travel freak, Ebata-san, Steins Gate/Zero and The Girl Who Leapt Through Time are sure things.

(この2つのコンテンツをまだ視聴していない人は、後で私のチャットルームの裏庭に来なさい)

(If you haven't watched these two pieces of content yet, come back to my chat room backyard later.)

「時をかける少女」ラストシーンで、千昭が真琴に「未来で待ってる」という言葉は、その解釈を巡って多くの人が、議論しているの楽しく見て来ました。

In the last scene of The Girl Who Leapt Through Time, I've enjoyed watching many people argue over the interpretation of Chiaki's words to Makoto: "I'm waiting in the future.

とすると、こういうアナザーストーリができるのではないかと。

So, I thought we could do another story like this.

-----

■真琴が、タイムリープマシンを作る為に、理系に進み、留学して、SERNに職を得る。

Makoto goes into science to build a time machine, and she study abroad and get a job with a SERN.

■プロジェクトリーダになった真琴は、世界のネットワークを監視して、秋葉原のガジェット研究所の岡部のメールをハッキングする。

Makoto, who has become the project leader, monitors the world's networks and hacks into Okabe's emails at the Gadget Research Institute in Akihabara.

■当初から、SERNの世界支配に全く興味のない真琴は、米国留学中のクリスに接触し、岡部をタイムリープマシンの開発に向かうように誘導する。

From the beginning, Makoto, who has no interest in SERN's global domination, reaches out to Chris, who is studying abroad in the United States, and leads Okabe to develop a time machine.

■ラボメンの一員となり、SERNからの攻撃を回避しつつ、岡部をタイムマシンの開発を支援する。

She becomes a member of the Rabomen and assists Okabe in developing a time machine while fending off an attack from SERN.

■真琴は完成した試作機の、試運転のテスト運用に名乗りを上げて、単身タイムマシンに乗り込むが、そこで、彼女はこっそりと、ターゲットの到着の未来の日時を変更する

Makoto wishes to ride in a prototype time machine, however she secretly changes the future date and time of the target's arriva

■変更された設定は、未来の時空を捻じ曲げて都市一つを壊滅させる爆発が発生する。シュタインズゲートの世界線で安定していた世界は、第3次世界大戦に突入し、その戦争は、千昭が見たかった「絵画」を焼失させてしまう

The altered setting twists time and space in the future, resulting in an explosion that decimates the city. The world, which had been stable in the Steinsgate worldline, is plunged into World War III, and that war burns down the "painting" that Chiaki wanted to see

■真琴は、この変更された未来を、修正するために、再度のタイムリープを試みる

Makoto attempts another timeline to fix this altered future.

「千昭の望みを叶えたい真琴」と、「千昭にもう一度会いたい真琴」と、そして、それぞれの真琴を支援するラボメンを二分する、

"Makoto who wants to fulfill Chiaki's wishes", and "Makoto who wants to see Chiaki again" with dividing the lab-menmer into each two for supporting two Makotos.

2人の真琴の「最後のタイムリープ戦」が始まる ――

Two Makoto's "Last Time Leap battle" begins

-----

・・・なんで、私がストーリーを書くと、こういうバットエンドになってしまうんだ?

...Why is it that when I write a story, I end up with this kind of bat-ending?


2020-07-27 私は、昔から「江端さんは"愛"の人です」とか「愛の永久機関」とか言われてきました(本当)。 [長年日記]

私は、昔から「江端さんは"愛"の人です」とか「愛の永久機関」とか言われてきました(本当)。

I have been called for a long time that Ebata-san is a person of "love" or a "perpetual organ of love" (it's true).

会社のテニス部に入っていた時も、その様に言われてきました。

I've been called that when I was on the company's tennis team.

実際、結婚式に、友人(後輩)から、このようなスピーチもされました。

In fact, at my wedding, a friend (junior) gave me this speech as well.

―― という話を、今日の夕食の時にしたのですが、

I were talking about it at dinner today, however,

嫁さん:「結婚式の最中だったけど、思わず『はぁ?』ってツッコみそうになった」

Wife: "At the wedding ceremony, I almost said "Excuse me?" in my mind.

次女:「パパの回り(研究員)の人間は、『愛』を間違って認識しているんじゃないのかな」

Second Daughter: "I think the people around my dad (researcher) have the wrong idea of "love".

とか、散々言われました。

I've been told a lot.

-----

という訳で、弊社の研究開発グループの諸君。

So, my fellow members of our research and development group.

由々しき事態である。

It is a serious situation.

今、まさに、諸君らの「愛」が問われている。

Right now, your "love" is being tested.

ここで、声を上げなければ、我々は、永久に「歪んだ愛を持つ研究員」のレッテルを張られてしまうぞ。

If we don't speak up here, we're going to be permanently labeled as "twisted love researchers".


2020-07-28 ラブコメの創作物は、その内容で、「プレ2020」と「ポスト2020」という名前で区別される ―― という未来が来るかもしれません。 [長年日記]

江端:「昔はな、恋人同士が、『あーん』とか言いながら、自分の箸でおかずを、お互いに口元に運ぶ、というイベントがあってな・・・」

Ebata: "In the old days, there was an event where two lovers would say, 'Ahhhh' and carry the food to each other's mouths with their own chopsticks...

孫:「ママー、じいじが、カンセンリテラシーのない、つくりなばしを、しゃべているよー」

Granddad: "Mamma, Grandpa is talking a lot of horseshit with no cancens literacy!

ラブコメの創作物は、その内容で、「プレ2020」と「ポスト2020」という名前で区別される ―― という未来が来るかもしれません。

There may be a future where romantic comedy creations will be distinguished by their content -- with the names "pre-2020" and "post-2020" -- in the future.

-----

というか、それ以前に、「孫」というか、それ以前に、娘たちの「結婚」ですら、量子状態 ―― "0猫"、"1猫"だと思う。

Or rather, I think even the "grandchildren" or even the "marriage" of the daughters before that is a quantum state -- "0 cat", "1 cat".

それでも、現時点で「重ね合わせ」の状態にある、ということは、当時の私よりも、ずっと立派な立ち位置にあると思います。

Still, I think I'm in a much more respectable position being in a "Quantum superposition" state at the moment, than I was at the time,

-----

それよりも「コヒーレンス時間」の方が問題かもしれない ―― 私も、娘も、嫁さんも。

Maybe the problems will be "coherence time" of my daughter, my wife and me.


2020-07-29 『ほんのわずかの福音』 [長年日記]

学会事務局に、カンファレンスペーパーを採択して貰ったので、今は、学会発表(プレゼンテーション)用資料を作成しています。

The conference secretariat has adopted my conference paper and I am now preparing materials for the conference presentation.

通例の学会発表であれば、学会が開催される会場にいき、登壇して、発表してくるのが通常です。

If you are presenting at a conventional conference, you usually go to the venue where the conference is held, take the stage, and present your work.

しかし、コロナ禍の為、今や、ほとんどの学会発表は、全て「ビデオ映像 + Web展示」の発表となっています。

However, due to the corona disaster, most of the presentations at the conference are now all "video images + web exhibition".

つまり、

In other words,

■学会会場という概念がなくなり、登壇も不要。当然、本番で発表の失敗をする心配もなくなります。

The concept of a conference hall is eliminated, and there is no need to speak at the conference. Naturally, you won't have to worry about making a mistake in your presentation.

■リアルタイムの口語英語での質疑応答がなくなり、チャットや掲示板(文字)の書込みになります。

No more real time spoken English question and answer sessions. The alternative is to write on a bulletin board (text).

-----

―― これって、凄くね?

"How marvelous this is!"

って思いました。

I think that.

That's what I'm advocating in this column.

第一の原則:英語での議論が必要となるような話題を「持たない」

First principle: don't "have" a topic that would require discussion in English.

第二の原則:英語での議論が必要となるような話題を「作らない」

Second principle: don't "create" a topic that would require discussion in English.

第三の原則:英語での議論が必要となるような話題を「持ち込ませない」

Third principle: "Don't let them bring in" topics that would require discussion in English.

のいずれも不要となる世界の実現です。

It is the realization of a world where none of this is necessary.

-----

もし、コロナ禍が今後も永久に続くとすれば ―― 「英語に愛されないエンジニア」を大量に保有している我が国にとって、

If the corona disaster continues indefinitely -- for our country, which has a large population of "Engineer not loved by English", this might be,

『ほんのわずかの福音』

"A Little Bit of Gospel"

と呼べるものかもしれません。


2020-07-30 ―― この研究には価値があります。その機会を与えてくれたのは会社です [長年日記]

ブラック企業では、その小売販売を行う者に対して、スペルアウト(書き出し)させることを重視しています。

The pyramid scheme focuses on having those who make that retail sale spelled out (written out).

スペルアウトする内容は、目標(ノルマ)だけではなく、その集団のポリシー

What they spell out is not only the goal (quota), but also the policy of the group

―― 私には価値はありません。私の価値を与えてくれるのは会社です

"I have no value. It's the company that gives me value"

という内容を、何度も唱えさせるだけではなく、紙に書き出しさせて、それを壁に張り付けさせたりします。

The pyramid scheme gimmickers make them chant it over and over again, have them write it out on a piece of paper, and then stick it on the wall.

これ、実に理に叶った「洗脳」です。

This is really a reasonable "brainwashing".

外部から情報を与え続けるだけでは、洗脳の効果は上がりません。

The effectiveness of brainwashing will not increase if giving them information from the outside.

自分の言葉や文字で、情報を発信させることで、効果が上がります。

Brainwashing works by getting people to transmit information in their own words and letters.

それはさておき。

Aside from that.

-----

学会発表は、会社の業務(ノルマ)として行われることが多いです。

Conference presentations are often done as company business (quota).

ノルマですので、自分では「上手くいなかった」「成果に満足していない」と思っている研究成果であっても、発表を行うこともあります。

Since this is a quota, we may present research results even if we think we weren't good at them or weren't satisfied with the results.

しかし、当然のことながら、ペーパーや、プレゼンテーションでは「上手くできなかった」と言うことはできません。

But, of course, we can't just say, "we didn't do well" on a paper or in a presentation.

これを、「(嘘をつかずに)どのような表現で語るか」で、研究員の力量が問われることになります。

The competence of the researcher will be tested by "how to express this (without lying)".

-----

さて、学会発表までに、ペーパーや、発表用資料の作成などで、何度も修正を行い、書き直しをし、そして、発表練習をしなければなりません。

Now, in the run-up to the conference, I have to revise and rewrite my paper and presentation materials many times, and then practice my presentation.

英語で発表するとなれば、できるだけ短文で、完結で、分かりやすい表現を考えなければなりません。

If I am going to present in English, I have to come up with the shortest, most complete and understandable expressions possible.

しかも、論理的に破綻しない、筋の通ったストーリーとして組み上げなければなりません。

Moreover, I have to be make a reasonable story, that is not broken down logically.

これを、何度も繰返します。

This is repeated over and over again.

実はこれ、立派な「洗脳」のプロセスです。

This is actually a great "brainwashing" process.

-----

私の場合、ペーパーの書き直しは10回以上、プレゼンテーション資料は20回以上、そして発表練習(特に、英語の場合は)は30回以上繰返します。

I rewrite papers more than 10 times, presentation materials more than 20 times, and practice presentations (especially if they are in English) more than 30 times.

これだけ繰返すと、

So much for repetition.

―― この研究には価値があります。その機会を与えてくれたのは会社です

"There is value in this research. The company has given me that opportunity."

そういう気持ちを信じられるようになってきます。

I will come to trust that feeling.

こうして、研究員は、自分で自分の洗脳を完了するのです。

Thus, the researcher completes his or her own brainwashing.

-----

まとめますと、学会発表会、研究発表会は、要するに「自己洗脳装置」です。

In summary, conference and research presentations are, in essence, "self-washing machines".


2020-07-31 『量子コンピュータの世界の人間も、量子コンピュータを全体像(数学、デバイス、制御の三位一体)として把握できていなのではないか』 [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

Dancing Buzzword-Behind the Buzzword (3) Quantum Computer (3)

Let's control one qubit.

-----

今回のコラムで、編集担当のMさんが、私の体調を心配されて連絡されてきました。

In this column, my editor, Ms. M., contacted me because she was concerned about my health condition.

今日は、それに対する、私のお返事のメールを開示致します。

Today, I am disclosing my email response to it.

====== ここから =======

====== From here =======

2020年7月30日(木) 4:00 江端智一

Thursday 30 July 2020 4:00 Tomoichi Ebata

(前略)

(Omitted.)

量子コンピュータの勉強はハードですが、まだご心配頂く状況ではありません。

Learning about quantum computers is hard, but it's not a situation you need to worry about yet.

真冬の深夜の大学のキャンパスの自動車の中でデバッグしていた日々を考えれば、この程度の苦労はものの数ではありません。

Considering the days of debugging in a car on a college campus late at night in the middle of winter, this level of hardship is not a big deal.

何をしても動かないシステムを目の前に、迫りくる実験開始の日に怯える日々に比べれば、 時間をかけて勉強すれば、いずれは理解できますし、執筆しつづければ原稿は完成します。

Compared to the days of dreading the impending day of experimentation in front of a system that doesn't work, taking the time to study and understand it, and keeping to write, I will finish the manuscript.

少なくとも、コラム執筆は全然怖くはないです。

At least I'm not afraid of column writing at all.

-----

ただ、話が専門的になるほどに、読者が付いて来ていない感じが強まります。

However, the more specialized the story becomes, the more I feel like the readers are not following me.

後輩とも話していたのですが、

I've been talking it to the junior, and we come to wonder

『量子コンピュータの世界の人間も、量子コンピュータを全体像(数学、デバイス、制御の三位一体)として把握できていなのではないか』

"People in the world of quantum computers may not be able to grasp the quantum computer as a whole (the trinity of mathematics, devices and control).

と、疑い出しています。

いずれにしても、私はまだ大丈夫です(今回は、コロナ第3弾が入ってきたので、ちょっときつかったですが)。限界になったら、ちゃんと休載のお願いをしますので、ご安心下さい。

Anyway, I'm still okay with it (although this time it was a bit tougher because Corona #3 came in). When I get to the end of the line, I'll ask for a proper break, so please don't worry.

-----

"量子"は、次回が事実上の大トリです。

"Quantum" is practically the big trick next time.

「量子テレポーテーション」というかっこいいバズワードを、ボロボロにする予定です。

I am going to deconstruct the cool buzzword "quantum teleportation"

(後略)

(Omitted.)

====== ここまで=======

====== To here =======