0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|

2021-12-01 もの凄く読みたいのですが ―― 高い。 [長年日記]

It seems that a book called "Introduction to WebAssembly" is being published.

もの凄く読みたいのですが ―― 高い。

I want to read it so badly, but -- it's expensive.

(WebAssemblyの日本語の本、まだ3冊くらいしかないみたいです)

(It seems that there are still only about three books on WebAssembly in Japanese)

私、技術書の値段は概ね適正だと思っていますが、問題は、技術書の提供してくる内容と、私が欲する知識の内容がマッチしないことがあるのです。

I believe that the price of technical books is generally fair, but the problem is that sometimes the content of the technical book does not match the content of the knowledge that I want.

(1)本の内容が「難しすぎる」か「簡単すぎる」、または

(1) The content of the book is "too difficult" or "too easy," or

(2)「本が提供する情報」と「私が知りたい情報」がマッチングしない

(2) "Information provided by the book" and "Information I want to know" do not match.

ということが多いからです。

are often the case.

Speaking of which, I think I've read through most of the books published on Bitcoin at this point -- and I'm not sure I've ever read anything else.

私が知りかった「ビットコインの信用」について記載されている本は、1冊しかありませんでした。

There was only one book describing "Bitcoin trust" that I could find.

その1冊であっても、マッチングは15%程度だったかなぁ、と思います。

Even for that one book, I think the matching was about 15%.

まあ、それはさておき。

Well, that's beside the point.

-----

それにつけても、WebAssembly、勉強したいです。

I would like to learn WebAssembly.

Ever since I saw this demo that my mentor, Mr. S, taught me, I have been thinking of converting this technology into a GIS viewer.

I've done a lot of work on my own.

問題は、今は、これよりも優先してやらなければならばならないこととがあることと、その本が「当たり」か「はずれ」か、分からないことです。

The problem is that now I have to prioritize what I have to do over this, and I don't know if the book is a "hit" or a "miss".

うーん、どうしようかなぁ。

Hmm, I wonder what I should do.


2021-12-02 『あの10年、全くの無駄だった』と思うと、やはり悔しい思いはあります。 [長年日記]

私、「気が狂うほど勉強をし続けた10年間」がありました。

I had "ten years of crazy studying".

In fact, I almost went crazy and fell onto the train rails -- I wrote about it here.

夢は「持つ」より「捨てる」方がはるかに辛いです。

It is much harder to "throw away" a dream than to "have" one.

しかし、それを認識して、勇気を持って「捨てる」を実施しないと、命を落しかねません。

However, if we do not recognize this and courageously implement "discarding", we may lose our lives.

ですので、歌番組等で、『夢を持つことの素晴しさ』だの、『夢を諦めるな』てな若いミュージシャンの安直な歌詞を聞いていると、同世代の若者への『洗脳』が本気で心配になってきます。

Therefore, when I listen to young musicians on singing programs and hear their simple lyrics such as "It's wonderful to have a dream" or "Don't give up on your dream," I am seriously worried about brainwashing the youth of their generation.

加えて、

In addition,

―― いずれ売れなくなる(ことが運命づけられている)ミュージシャンである彼らの未来が、本気で心配です

"I'm seriously worried about their future as musicians who will eventually stop selling (and are destined to)"

For more information on this, please see my calculation of "1 in 10,000 entertainers who remain active in the entertainment industry for more than 5 years" here.

それはさておき。

But that's beside the point.

-----

その「気が狂うほど勉強をし続けた10年間」で知ったのですが、社会人で勉強をしている人は、凄く多いです。

During the "ten years of crazy studying", I know there are many adults who are studying after their working.

私、ファストフード店で、コーヒーを頼んで、2~3時間、勉強に集中する日々を、10年間続けてきましたが、どんな店に入っても、必ず1~2人はいたものです。

For the ten years, I would order a cup of coffee at a fast food restaurant and concentrate on my studies for two to three hours. And no matter what kind of restaurant I entered, there would always be one or two people like me there.

しかし、私の場合、「スタバ」と「マック」にだけは行きませんでした。

However, in my case, I did not go to "Starbucks" and "Mac"

「スタバ」のコーヒーは高価すぎるし、座席の混在が酷い。

The coffee at Starbucks is too expensive and the seats are badly mixed.

「マック」のコーヒーは不味く、空調が酷い(寒いか暑い)。

The coffee in "Mac" is bad and the air conditioning is terrible (cold or hot).

私の場合、通勤途中の人の出入りの少ないローカル駅の近くにポツンと立っている「モスバーガ」か「KFC」を使っていました。

In my case, I used to use the "Mossberg" or "KFC" that stood poking around near the local train station with few people coming and going on the way to work.

もちろん、ハンバーガーなどは頼まず、ひたすらコーヒー1杯のみで粘りました。

Of course, I didn't order a hamburger, but just a cup of coffee.

夜9時以降はお客もいなくなり、心理的な抵抗も少なくて済みました。

After 9:00 p.m., there were no more customers, so there was less psychological resistance.

店員に迷惑がられた、という記憶もありません ―― まあ、暗黒オーラを出している時の私に、声をかけられる店員がいなかっただけかもしれませんが。

I don't remember any shopkeepers bothering me -- well, maybe there just weren't any shopkeepers who could talk to me when I was giving off a dark aura.

-----

ともあれ、結果として、私は、10年間の時間を失いました。

Anyway, as a result, I lost 10 years of my life.

『あの10年、全くの無駄だった』と思うと、やはり悔しい思いはあります。

I still feel frustrated when I think that those 10 years were a complete waste.

もっと、良い時間の使い方があったのではないかと思うし ―― 客観的に見て、私は数多くのチャンスを見逃してきたと思います。

I think I could have used my time better, and -- objectively speaking -- I think I've missed a lot of opportunities.

今、こうして日記を書いている時間も、同じように、無駄な時間を使っているのかもしれません。

The time I'm spending writing this diary may be wasted in the same way.

-----

しかし、未来の私に見えるかもしれない後悔は、今の私には見えない後悔です。

But the regret that I may see in the future is a regret that I cannot see in the present.

後悔はしたくないけど、これからも私は後悔し続けるのでしょう。

I don't want to regret anything, but I know I will continue to regret something.

そして、人生最期の時に、この『迷走しつづけている私の人生』を、『迷走しつづけた人生だった』と総括することになるんだろう、と思っています。

I think that at the end of my life, I will sum up this "life of mine that has been a constant wandering" as "a life that has been a constant wandering".


2021-12-03 「政治資金収支報告書のオンライン提出を怠っている政治団体」を、江端から思いっきりDisって欲しい [長年日記]

先程情報開示請求先の、総務省の担当者の方から、『本日中に資料を送付して頂ける』旨の電話連絡を頂きました。

I received a phone call from the person in charge at the Ministry of Internal Affairs and Communications, to whom I made a request for information disclosure, stating that they would be able to send me the documents today.

I was prepared for it to take a long time, since they had to create a document that didn't exist in the first place, however...

それにしても、丁寧なフォローをして頂いて、恐縮してしまいます。

Nevertheless, I'm very grateful for their careful follow-up.

-----

親切が嬉しい反面、ちょっと心配になってきました。

While I'm glad for their kindness, I'm getting a little worried.

この対応の理由には、3つのケースが考えられると思うからです。

The reason for this response is that I think there are three possible cases.

(1)基本的に総務省の担当者の方が親切

(1) Basically, the person in charge at the Ministry of Internal Affairs and Communications is kind.

(2)情報開示請求をしてくるような民間人はやっかな奴が多い → その対応のノウハウがある

(2) Many private citizens who request disclosure of information are difficult, so they have the know-how to deal with them.

(3) A guy who writes a column like this (Ebata) can be a pain in the ass if they piss him off.

上記の(1)だといいけど、(3)だとちょっと悲しいなぁ、と思っています。

I hope it's (1) above, but if it's (3), I'm a little sad.

-----

あ、第4のケースもありそうです。

Oh, there may be the fourth case.

(4)「政治資金収支報告書のオンライン提出を怠っている政治団体」を、江端から思いっきりDisって欲しい

(4) They want Ebata to disrespect "political organizations that fail to submit their political fund balance reports online" with all his might.

うん、これありそうだな。

Yeah, that's a possibility.

『政府としては、政治団体に恥をかかせるのはマズいけど、民間人のライター(江端)がやってくれるなら、それに越したことはない』

"It's not good for the government to embarrass a political group, but if a civilian writer (Ebata) can do it, so much the better"

と。

これなら、政府と私が、Win-Winです。

This is a win-win situation for the government and me.

-----

まあ、こんな感じで、『アナログ かつ アナクロ な政治団体を見張っていくのは、私のようなシニアの義務だろう』てなことを思っています。

In this way, I think it is the duty of senior citizens like me to keep an eye on analog and analogous political organizations.


2021-12-04 最近の私は『こういう映画がいい』と思えるようになってきました。 [長年日記]

今、Go言語を勉強しているのですが、ちょっと難しさが半端ではありません。

I'm learning the Go language now, and it's quite difficult.

私がこれまで作ってきたプログラムの実装を、Go言語で実現する手段が分からないからです。

This is because I don't know how to implement the programs I've been working on in the Go language.

C言語の場合、ハードウェアのイメージ(メモリやらCPUやら)を頭の中に作って、そこに線図を引くことでイメージできるので、凄くラクです。

In the case of C, it is very easy to create an image of the hardware (memory, CPU, etc.) in my mind and draw a line diagram on it.

しかし、Go言語は、いわば、大量の超軽量スレッドもどき(正確にはgoroutineという)が、オブジェクト間で縦横無人にメッセージを交換しあうので、普通のデバッグでは対応できそうにありません。

However, the Go language is very difficult to debug because of the large number of ultra-light threads (goroutines, to be precise) that exchange messages between objects unattended.

goroutineは、外部からの干渉もしにくいので、コーディングがしにくいです。

'goroutine' is also difficult to code because it is not easily interfered with from the outside.

それはさておき。

That aside.

-----

運動不足解消のため、iPadで映画を見ながら、夜の町内を歩いております。

I am walking around the city at night, watching movies on my iPad to get some exercise.

I watched "Samurai Sensei" on Amazon Prime.

土佐勤王党盟主の武市半平太が、現在にタイムリープする物語です。

This is the story of Takeichi Hanpeita, the leader of the Tosa Kinnoto Party, who makes a timely leap to the present.

過度で派手な演出もなく、ストーリーとしても落ち着いたものでしたが ―― 面白かった。

It was not overly flashy, and the story was calm -- but it was interesting.

最近の私は『こういう映画がいい』と思えるようになってきました。

Lately I've been able to think, 'I like the movie like this'

I've had enough of Ryoma and Nobunaga.


2021-12-05 『パパの健康と長寿の為に、私は、"英語に愛されない次女"を、これからも続けなければならない。ああ辛い』 [長年日記]

最近、ようやく、コンビニの酒類の棚の前で、立ち止って陳列を眺めることができるようになりました。

Recently, I was finally able to stop in front of the liquor shelves at a convenience store and look at the displays.

目をつむって、早歩きで通過していた日々にも、ようやくケリが付きそうです。

The days of closing my eyes and walking fast past are finally coming to an end.

そういえば、禁煙後に煙草が欲しいと思い続けた期間は、3週間くらいで、断酒後にお酒が欲しいと思い続けた期間は3年間でした。

Come to think of it, the period of time I kept wanting cigarettes after quitting smoking was about three weeks, and the period of time I kept wanting alcohol after sobriety was three years.

『期間』に、大きな違いがあります。

There is a big difference in the "duration".

思い出してみれば、喫煙していた期間は9ヶ月でしたが、飲酒していた期間は30年以上でした。

As I recall, I had been smoking for 9 months, but drinking for over 30 years.

摂取期間が長いほど、それを断つのが辛いと感じる期間も長くなるのかもしれません。

The longer you take it, the longer you may find it hard to give it up.

-----

断酒のきっかけは、「次女の大嫌いな英語勉強を、次女に『やれ!』と命令する権利の獲得」の為でした。

The reason for my sobriety was to "win the right to order my second daughter to study English, which she hates.

英語に愛されないエンジニアである私が、他人に対して「英語を勉強しろ」と言うからには、それに相応わしい負荷を自分に与えなければならないと考えたからです。

As an engineer who is not loved by English, I thought that if I was going to tell other people to "study English," I would have to give myself an appropriate load.

まあ、こうして断酒はスタートしたのですが ―― 最初に現われた現象は「肩凝り」がなくなったということでした。

Well, that's how my sobriety started -- the first thing that appeared was that my shoulders were no longer stiff.

「減量」は顕著に現われました。

The "weight loss" was noticeable.

そして決定的だったのが、「不眠症の劇的な改善」です ―― 「お酒がなくても入眠できる日々」は、私にとっては「お酒を自由に飲める権利」と十分に交換可能でした。

And, crucially, the "dramatic improvement in insomnia" -- "the days when I could fall asleep without alcohol" were, for me, fully interchangeable with "the right to drink alcohol freely".

あと、睡眠時間が短かくなったとしても、仕事やコラム執筆に長時間集中できるようになった、という点も、非常に大きかったです。

Another very important point is that I can now concentrate on my work and column writing for a longer period of time, even if I have to sleep less.

まあ、睡眠については、今もセルシン(安定剤)と二人三脚の状態ではありますが、セルシンの使用量もかなり減ってきています。

Well, as for sleep, I am still on a tripod with Sercin (stabilizer), but the use of Sercin is decreasing considerably.

-----

In the past, I would have gone crazy if I tried to read a manga about drinking, such as "Wakako Sake".

今は、冷静に読むことができるようになりました。

Now I am able to read calmly.

今後、断酒した人、または、下戸向けの「ワカコ酒」のようなコンテンツが登場してくることを期待しています。

In the future, I expect to read content like "Wakako Sake" for those who have quit drinking, or for those who are sober.

-----

ところで、今、私が実施しているのは、「禁酒」ではなく「断酒」です。

By the way, what I am doing now is not "quit drinking" but "stop drinking".

『今後一生お酒を飲まない』と考えている訳でありません。

It's not that I think I'll never drink alcohol forever.

例えば、『末期宣告をされた日』は、『断酒解除の日』と決めています。

For example, I decide that the day I was diagnosed as terminally ill would be the day I would lift my sobriety.

ただ、その時、「お酒を美味しく飲めるのだろうか」ということが心配です。

However, I am worried about whether I will be able to enjoy drinking alcohol at that time.

先日、梅酒を少し舐めただけで、顔が真っ赤になるという醜態を晒したばかりですので。

Just the other day, my face turned bright red after licking a little plum wine.

-----

それにしても面白くないのは、次女のもの言いです。

But what makes me uncomfortable is the way my second daughter talks to me.

『パパの健康と長寿の為に、私は、"英語に愛されない次女"を、これからも続けなければならない。ああ辛い』

"For the sake of your health and longevity, I must continue to be the 'second daughter unloved by English'. Oh, the pain.

―― と。

いや、もう、お前(次女)の英語の勉強と、私の断酒のリンクは、すでに切れているぞ。

No, the link between your (my second daughter's) English study and my sobriety has already been broken.

それ以前に、『英語抜きで理系(リケ女)の人生を生きる』って無理だろうって思うのですが ―― もしかして、今は、可能なのでしょうか?

Before that, I think it would be impossible to "live the life of a science major without English" -- maybe it's possible now?


2021-12-06 そして、今だに『結婚というシステムを前提とした出産』などという、タルいことを言い続けていれば ―― 『ゼロエミッション』は、二酸化酸素より先に、人口の方で、簡単に実現されてしまうでしょう。 [長年日記]

In 2013, I had calculated the expected rate of unmarried people.

まあ、当時は、あまり深刻に考えずに、「こういう可能性もあるよ」という警鐘のつもりで、このような机上シミュレーションを出していましたが ――

Well, at the time, I didn't take it too seriously and put out these desk simulations as a warning bell that this was a possibility.

最近、『2040年に、人口の47%が未婚者になる』という予測が出ているのを知って、正直驚きました。

To be honest, I was surprised to learn recently that 47% of the population will be unmarried by 2040.

ちなみに私の算出した未婚率の予測式(男性 0.6417x - 1270.7, 女性 0.6417x -1280.0 x:西暦)に当てはめると、ざっくり"34%"でした。

By the way, if you apply my formula for predicting the unmarried rate (0.6417x - 1270.7 for males, 0.6417x -1280.0 for females x: Western calendar), the rate is roughly "34%".

しかし、以下の表の見方では、概ね一致しているように思えます。

However, in the view of the following table, it seems to be generally consistent.

-----

2013年当時、データを睨みながら『これ線形(式)じゃないかもしれないなぁ』と、不吉な予感を感じていました。

Back in 2013, as I stared at the data, I had an ominous feeling that "this might not be linear (equation).

特に、女性の生涯独身率に、指数関数的な増加の兆候が見られたからです。

This is because there are signs of an exponential increase, especially in the lifelong singleness rate for women.

しかし、これを加味すると、男性の生涯未婚率が、女性独身率に影響をモロに喰らって、とんでもない値に跳ね上がるので、そのコラムの執筆時には、日和(ひよ)りました。

However, if this is taken into account, the lifetime unmarried rate for men would jump to a ridiculous value, as the female unmarried rate would be greatly affected. At the time of writing that column, I decided I waited and saw.

が、結果として、『日和(ひよ)る必要はなかった』ようです。

As it turned out, there was no need to be cautious.

-----

私、かなり以前から、『非婚がデフォルトの社会システムを考えなければ』てなことを、色々なところで言ってきたつもりなのですが、誰も(会社も)まともに取り合ってくれませんでした。

I've been saying for quite some time that we need to think about a social system where non-marriage is the default, but no one (not even the company) has taken me seriously.

いずれにしろ、少子化社会は確定です。

In any case, a society with a declining birthrate in Japan is certain.

人間を前提としない社会システムの構築が急務です。

There is an urgent need to build a social system that does not assume human resources.

-----

そして、今だに『結婚というシステムを前提とした出産』などという、タルいことを言い続けていれば ――

And if we continue to talk about "childbirth based on the system of marriage" and other nonsense others,

『ゼロエミッション』は、二酸化酸素より先に、人口の方で、簡単に実現されてしまうでしょう。

"Zero emissions" will easily be achieved by the population before oxygen dioxide.


2021-12-07 『人のアカウントを引用するのは良いとして、自分の言葉として"論"を作る労も取らずに、2行程度のメールを人に押しつけるとは、なんという無礼な人だ』 [長年日記]

私、掲示板への質問というものにトラウマがあります。

I am traumatized by asking questions on a forum.

This is because, as I have written here, I have had a lot of bad experiences with the "fj" newsgroup.

昔、このネタで書いた記憶が残っていたので、自分のサイトを検索してみました。

I still remembered that I had written about this story a long time ago, so I searched my website.

I did a search for "rounding error" and it came up.

そして、あの時の不快感がよみがえってきました。

Then, the discomfort of that moment came back to me.

『稚拙な質問があった時には、何も言わないで、無視する』 ―― なぜ、その程度の優しさが発動できないのか。

If you take a poor question, don't say anything and ignore it" -- why can't you invoke that level of kindness?

-----

私は『他人を教え導く』などということに興味がないので、基本的に他人に説教などはしません。

I am not interested in "teaching and leading others," so I basically do not preach to others.

I also know that preaching to others is the "best entertainment" for the elderly.

私は、そんな下品なイベントに参加するつもりはありません。

I have no intention of participating in such a vulgar event.

加えて、私は、態度が悪い後輩や、非常識な言動をする同僚も、私に類が及ばない限りは、無視し続けます。

In addition, I continue to ignore juniors who have bad attitudes or colleagues who say or do insane things, as long as they do not harm me.

-----

ところで、今朝、

By the way, this morning,

======

『感染者数がワクチン接種によって減ったというのはただの認知バイアスですよ。

詳しい人のTwitterアカウントを載っけておきます』

"The idea that vaccination has reduced the number of infected people is just a cognitive bias.

I'll post the Twitter accounts of those who know more."

======

とだけ、メールに書いて、私に出してきた人。

That's all he or she wrote in his or her email and sent it to me.

『人のアカウントを引用するのは良いとして、自分の言葉として"論"を作る労も取らずに、2行程度のメールを人に押しつけるとは、なんという無礼な人だ』

"Quoting someone's account is fine, but forcing a two-line email on someone without taking the time to create an "argument" in your own words is just plain rude"

などと、説教するつもりはありませんので、ご安心下さい。

I'm not going to preach to you with the above lines, so please don't worry.

ただ、こんな不誠実で無礼なメールに対応するほど、私も寛容ではないので、当然に『無視』させて頂きます。

However, I am not tolerant enough to respond to such insincere and rude e-mails, so I will naturally 'ignore' you.

-----

In response to the question, "So what kind of email would you like to see?" Here is a sample to answer the question.

ポイントは、『自分の言葉で語っているか』という、その一点に付きます。

The point is, "Are you speaking in your own words?


2021-12-08 ―― え? 政治家本人じゃなくて、警察? 抗議も、警告も、訴状もなしで、いきなり警察? いきなり刑法案件か? [長年日記]

The other day, we calculated the percentage of online submissions ignored (online submission ignorance rate) by linking Diet member-related political organizations with the names of politicians.

で、その翌日、警察から電話がかかってきて、正直、青冷めました。

The next day, I received a phone call from the police, and to be honest, I was blue in the face.

―― え? 政治家本人じゃなくて、警察? 抗議も、警告も、訴状もなしで、いきなり警察? いきなり刑法案件か?

-- What? Not the politicians themselves, but the police? No protest, no warning, no complaint, and now the police? Is this suddenly a criminal law case?

と、焦っていたら、

While I was in a panic,

The police contacted me about this "'power dog' called by my senior daughter".

なんでも、「業務完了」されたとこのとで、その後の手続についてのご相談の電話でした。

He told me that he had completed his work and called me to ask about the procedures to be followed.

安堵の溜息をつきました。

I sighed in relief.

-----

ちなみに、警察への協力の内容は、(当然ですが)お話することはできません。

By the way, needless to say, I can't tell you the details of my cooperation with the police.

悪しからずご了承下さい。

Please accept our apologies.


2021-12-09 『いらんことを言うと、後で恥をかくことになる』 [長年日記]

『5Gは必要ない』という人は多い様ですが、気をつけた方がいいです。

There are many people who say, "We don't need 5G," but you should be careful.

-----

「8bitパソコンで十分。16bitパソコンが必要なゲームって何だ?」

"An 8-bit computer is good enough, what kind of game needs a 16-bit computer?"

「640x320以上のピクセルで、一体何を映すというんだ?」

"What the hell do you expect to see with more than 640x320 pixels?"

「40MB(単位に注意)もの、膨大なハードディスクに何を格納するんだ?」

"What would you store on a 40MB (note the units) hard drive?"

「500KB(単位に注意)のメモリボードで、100ページ以上もの文章を書いてどうするんだ?」

"What are you going to do with over a hundred pages of text on a 500KB (note the units) memory board?"

「300pbsの超高速モデム以上のものが、どこに必要となるんだ?」

"Where would I need anything more than a 300pbs ultrafast modem?"

という質問が出てきた当時、私は答えられなかったです。

I couldn't answer the question at the time when it was posed to me.

だって、パソコンで音声や映像を運ぶなんて未来、想像すらできませんでしたから。

I couldn't even imagine a future where audio and video would be carried by computers.

「スマホ」にいたっては完全に意味不明です。

The word "smartphone" made no sense at all.

もちろん、今なら、上記の全てに答えられますけど。

Of course, I can answer all of the above now.

-----

これって、『何の為に、電気で米を炊くなどするんだ』から『東京ー大阪を3時間で移動して何をするというんだ』に至るまで、同じです。

This is the same from "Why do we cook rice with electricity? to "What is the point of traveling from Tokyo to Osaka in three hours?

さらに『文字は木管に刻むものであって、紙などというクニャクニャした保存性に乏しいものに記録できるか?』にまで遡ります。

It goes back to this story that is "Letters are engraved on wood pipes, how can they be recorded on paper, which is squishy and unsustainable?"

-----

つまり『アプリケーションやサービスが、インフラを牽引する』は、間違っているのです。

In other words, "applications and services drive the infrastructure" is mistaken.

私のこれまでのITエンジニアとしての人生から俯瞰して、これは"絶対に間違っている"です。

From the perspective of my life as an IT engineer, this is "absolutely wrong".

『インフラができたら、必ず、そのインフラを使い切るアプリケーションやサービスが登場してくる』が正解です。

The correct answer is, "Once the infrastructure is built, there will always be applications and services that use it up.

ですので、うかつに、

Carelessly. you don't have to say

『5Gは必要ない』

"We don't need 5G."

などと言わない方がいいです。

今のところ、私も5Gを使ったサービスやアプリケーションをイメージできていませんが、

At the moment, I can't imagine any services or applications using 5G either, but I can assure you that

『いらんことを言うと、後で恥をかくことになる』

"if you say something nobody knows in the future, you'll be embarrassed later"

ということだけは断言できます。


2021-12-10 『(1)コロナ禍の(経済的)影響によって、(2)ご家族のお子さんと一緒に、(3)スシロー(回転寿司)に行くことができない』 [長年日記]

Today, the police came and gave me a reward for the Ebata's "cooperation".

『これを受けとらないと警察の方も困るだろうなぁ』と思って受けとりましたが、今度は私の方が困っています。

I thought, "If I don't get this, the police will be in trouble," so I took it, but now I'm in trouble.

「新型コロナ対策の団体に寄付しようか」と思ったのですが、なんとなく用途が見えないところにお金をぶん投げるだけ、というのも『なんだかなぁ』と思っています。

I thought about donating the money to an organization that is fighting the new corona, but I'm wondering. Because I don't know the activities deeply.

それならば ―― 私の日記を読んで頂いている方のお役に立ちたい、と思いました。

Then -- I thought I would like to be of service to those who read my diary.

-----

という訳で、

So...

『(1)コロナ禍の(経済的)影響によって、(2)ご家族のお子さんと一緒に、(3)スシロー(回転寿司)に行くことができない』

"Due to (1) the (economic) impact of the Corona disaster, (2) you and the children in your family are unable to go to (3) Sushiro (conveyor-belt sushi)"

という、上記の3条件を満たす方1名に、その機会1回分として進呈したいと思います(もし、お釣りがでたら、それはお納め下さい)。

I would like to give one opportunity to one person who satisfies the above three conditions (if there is any change, please keep it).

(a)電子メールにて、ご連絡下さい(私のホームーページ御参照)。

(a) Please contact us by e-mail (see my home page).

(b)メールのタイトルには「スシローの件」とだけ記載し、メール本文に、お名前とご住所のみをご記載下さい

(b) Please include only your name and address in the body of the email, with "Sushiro" in the title.

(c)それ以外のことは、一切記載しないで下さい(挨拶、御礼、お願い等も一切なしでお願いします)。

(c) Please do not write anything else (no greetings, thank me, requests, etc.).

(d)受け取り後は、連絡も、御礼も、領収書の写しも、一切なしでお願いします(というか、ご連絡頂きたくありません)

(d) After receiving the money, please do not contact me, thank me, or copy the receipt at all (or rather, I do not want to hear from you).

『江端に、あなたの名前と住所を知られるというリスク』がトレードオフ、と考えて頂いて結構です。

You can think of it as a trade-off for the risk that Ebata will know your name and address.

-----

普通郵便(84円切手、江端負担)で、サラっと送付致します。

I will send it by regular mail (84 yen stamp, at Ebata's expense).

でもって、(私、このフレーズは嫌いなのですが)「発表は、発送をもって替えさせて下さい」

And then (and I hate this phrase), "Let me replace the announcement with the shipment."

Please wait for about a week, and if there is no offer, I will donate it here.

以上


2021-12-11 私たちは、組織というものに、かなり縛られすぎている(洗脳されている)のではないでしょうか? [長年日記]

私、自分のコラムの取材のために、有識者へのインタビューをすることがあります。

I sometimes conduct interviews with experts for my column.

申し入れからインタビューまで、必要な時間は、合計3時間といったところでしょうか。

From the offer to the interview, it took a total of about three hours.

同じようなことを、組織(会社等)を絡ませると、半年以上の期間を必要とすることがあります。

The same thing can take more than six months if it involves an organization (such as a company).

「反社」だの「倒産リスク」だの「利益供与」だの、色々な部門からチェックの要請が入るからです。

The reason for this is that there are a lot of departments that want to check for "anti-corporate," "bankruptcy risk," and "profit sharing.

組織が『最悪のケース』を想定して動くのは仕方がないことです。

It is inevitable that an organization will work with a 'worst case scenario' in mind.

しかし、

However, I am afraid that

―― これでは、勝てない

"We can't win"

とも思っています。

特に、デジタルサービス事業における、この「遅さ」は致命的と思います。

Especially in the digital service business, I think this "slowness" is fatal.

で、このような社内手続きに対して愚痴を言う人は多いですが、これを解決した、という話は聞きたことがありません ―― 私も随分「闘ってきた」という記憶はありますが、これに「勝った」という記憶はありません。

So many people complain about these internal procedures, but I've never heard of anyone solving them. I remember that I have "fought" against it for a long time, but I don't remember that I have "won" against it.

会社を変えることができるのは、社長だけであり、あなたが社長にならない限り、会社という組織は変わりませんし、社長になっても変えられないかもしれません(社内には巨大な抵抗勢力がいるからです)

The only person who can change the company is the president, and unless you become the president, the company organization will not change, and even if you become the president, you may not be able to change it (because there is a huge resistance within the company).

で、まあ、結論として ―― 私は『会社を変えようという努力』は諦めました。

So, well, in conclusion -- I gave up on the 'effort to change the company'.

-----

個人でやればいいのです。

You can do it privately.

会社の名前を使わずに、完全な私人として行動するのであれば、誰に迷惑をかけることもないでしょう。

If you don't bring up the company's name and act as a completely private person, you won't be bothering anyone.

そもそも、会社なんぞ、会社で問題を起こした当人を、解雇して、「その者は、当社の社員でなない」と言い張るくらいです。

In the first place, a company would fire a person who caused a problem at the company and then claim that he or she is not an employee of the company.

------

私が、コラムを毎月リリースできているのは、『最終的には、私一人が責任とればいいもんね』という、フットワークの軽さにあります。

The reason I am able to release a column every month is because of my light-footedness, with saying "In the end, I am the only one who can take responsibility"

週末に、私が書いたプログラムコードやコラムについては、誰からも、とやかく言われる筋合いではありませんし、私が誰にインタビューを申し入れようが、私の勝手です。

No one should have any say in the program code or columns I write over the weekend, and it's up to me to offer interviews to whomever I want.

今や、IT環境に関しては、自分のおこずかいの範囲で、かなりのモノが揃います。

Nowadays, you can get pretty much everything you need in terms of IT environment within your own pocket.

クラウド、エッジコンピュータの外、最近は、3Dプリンタも安価に手に入ります。

The cloud, edge computers, and, these days, 3D printers are inexpensive and readily available.

It is so easy to get map information from all over the world on the Internet that you can create your own GIS.

総じて、自宅の自室の方が、優れた研究設備が揃っています。

In general, my own room at home is better equipped with excellent research facilities.

-----

会社という組織の中ででやりたいことをやるのは大変ですが、いったん、会社という組織を外れれば、やりたいことがサクサクと進みます。

It's hard to do what you want to do within the organization of a company, but once you leave the organization of a company, you can do what you want to do quickly and easily.

私たちは、組織というものに、かなり縛られすぎている(洗脳されている)のではないでしょうか?

I think we are all too tied (or brainwashed) by our organizations.

組織の外で成果を示す出口戦略も、沢山あります。

There are many exit strategies that show your results outside of the organization.

ボランティア、NPO、技術系コミケ、学会だって個人参加はできるのです(所属者1人の団体を作ってもいいですしね)。

Volunteers, NPOs, technical comikets, and even academic societies can participate individually (you can even create a group with one member).

処理の進まない会社の手続でイライラするくらいなら、会社の業務と無関係なことを、会社の外で行っている方が、メンタル的にもラクだと思います。

I think it is mentally easier to do things outside the company that are unrelated to the company's business rather than getting frustrated with company procedures that are not being processed.

-----

最近は、遺伝子研究の設備ですら、個人で揃えることができるようになるようです。

These days, it seems that even the equipment for genetic research can be provided by individuals.

個人でワクチン作って、自分を使ってワクチンの効果を検証する、てなことが可能かもしれません。

It might be possible to create a vaccine for individuals and use themselves to test the effectiveness of the vaccine.

ちなみに、ちょっと調べてみたのですが(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)、対象者が「医薬品等の製造販売、製造、販売、貸与若しくは修理を業として行う者、その他」となっています。

By the way, I did some research (Law Concerning the Quality, Efficacy and Safety of Drugs, Medical Devices, etc.) and found that the target parties are "those who manufacture, sell, lend or repair drugs, etc. as a business, and others".

上記のような、利益を目的としない、個人研究者の薬剤製造、および人体実験には、この法律は適用されないと思います。

I don't think this law applies to drug production and human experimentation by individual researchers without profit motive, as mentioned above.


2021-12-12 「父親の経済力と母親の狂気」+ 「母親の併走」 + 「父親のIT x OT技術のフル稼動」―― [長年日記]

現在、ドラマ『二月の勝者』が放映されています(私は無料分だけコミックで読んでおります)。

Currently, the drama "February Winner" is on air (I am reading the free part in the comic).

キャッチーなキーワード「父親の経済力と母親の狂気」で、コミック、ドラマともに好調だと聞いております ―― というのは、私は、見ていないからです。

With the catchy keywords "father's economic power and mother's madness," I hear that both the comic and the drama are doing well -- because I haven't seen them.

そういえば、「ドラゴン桜」なども流行りました。

Oh, by the way, "Dragon Cherry Blossom" was also popular.

しかし、「ドラゴン桜」のドラマやコミックを読んだことで、『絶望的な成績の生徒が東大に合格した』という体験談を、私は寡聞にして知りません

However, I don't know of any case where a student with hopeless grades was able to pass the entrance exam to Tokyo University after reading the Dragon Cherry Blossom drama or comics.

そのような方がいらっしゃったら是非ご一報下さい。インタビューさせて頂きたいです。

If you know of such a person, please let us know. I would love to interview them.

それはさておき。

But that's beside the point.

-----

我が家は、長女、次女ともに『二月の勝者』です。

Our senior and junior daughters were both "February Winners".

これは、本人たちの努力と才能の賜物です。

This was the result of their own efforts and talent.

もちろん、バックエンドに「父親の経済力と母親の狂気」はあったと思いますが、それ以外の『狂気』もありました。

Of course, I think there was "father's economic power and mother's madness" in the back end, but there was other 'madness' as well.

思い返すと ―― あの当時の嫁さんは、娘と共に、日本の全て都道府県の特産物、河川や山河の名称を、暗記できるレベルになっていました。

Looking back, my daughters and wife were able to memorize the names of all the prefectural specialties, rivers, mountains and streams in Japan.

I had created my own content for text-to-speech software, and completed read-aloud audio content on politics, history, and science to get it into my daughters' heads.

500以上の歴史年表の暗記を、何も見ないで、全部「空(そら)」で言わせて(江端家では「エア」と呼んでいた)、その全部(一つでも欠けたら失格)を読み上げした日には、50円を本人に与えるという、利益誘導型の教育も導入していました。

We also introduced a profit-driven education system, in which my daughter was asked to memorize more than 500 historical timelines without looking at anything, and were given 50 yen for each day that she read out the entire timeline (the Ebata family called it "air").

We also had a plan to transport her to the entrance exam venue on the day of the exam.

「父親の経済力と母親の狂気」+ 「母親の併走」 + 「父親のIT x OT技術のフル稼動」――

"Father's financial strength and mother's madness" + "mother's running together" + "father's full operation of IT x OT technology"

と、まあ、あの時の、江端家が持っている「全ての狂気」を投入した、と言えましょう。

And, well, I think that I could say that the Ebata family put in "all the madness" that they had at that time.

-----

しかし、思い返してみると、(嫁さんは知りませんが)私はそれほど、受験に熱心だったとは思えないのです。

However, thinking back, (I don't know about my wife) I don't think I was that enthusiastic about the exam.

正直、『やつら(娘たち)の学費は、私の老後の資金の搾取である』と思っていたくらいですから。

To be honest, I even thought, 'Their (my daughters') school fees are an exploitation of my retirement funds.

それでも、私たち夫婦が、娘たちのバックエンドに徹した理由を問われれば ―― これを言語化するのは難しいのですが

Still, if you ask me why my husband and I are committed to the back end of our daughters' lives -- it's hard to put this into words.

―― そこに受験があったから

"Because the exam is here"

というのが、一番、的確なフレーズだと思います。

I think this is the most accurate phrase.


2021-12-13 ドラマ「おいしい給食」が面白い ―― もう、めちゃくちゃに面白い。大爆笑です。 [長年日記]

ドラマ「おいしい給食」が面白い ―― もう、めちゃくちゃに面白い。大爆笑です。

The drama "Delicious School Lunch" is so funny -- it's already crazy funny. I'm laughing so hard.

映画「サムライせんせい」つながりで、俳優 市原隼人さん主演作品を探したら、すぐに出てきたのが、この「おいしい給食」。

In connection with the movie "Samurai Sensei," I looked for a movie starring actor Hayato Ichihara, and this "Delicious School Lunch" came up immediately.

何しろ、コンセプトからして凄い。

In any case, the concept is amazing.

「『私は給食が好きだ。給食のために学校に来ているといっても過言ではない』と言い切る教師」

A teacher who says, "I love school lunches. It's no exaggeration to say that I come to school for the lunches.

これは、もう、グルメドラマの新基軸であり、教師像のパラダイムシフトとも言っても過言ではありません。

It is no longer an exaggeration to say that this is a new standard for gourmet dramas and a paradigm shift in the image of teachers.

この週末で、Season1 → 映画 → Season2を一気に見てしまうという、異例のハマり方をしてしまいました。

This weekend, I watched Season 1, the movie, and Season 2 all at once, which is an unusual way to get hooked.

-----

江端家で「給食」の話をすると、ジェネレーションギャップがあるのは当然として、同じ世代であっても地域差があることが分って興味深いです。

When we talk about "school lunches" in the Ebata household, it is interesting to see that there is a generation gap, and of course, regional differences even within the same generation.

私は、「ごはん」を食する機会はなかったのですが、嫁さんは普通に食しているようでした。

I didn't have a chance to eat the "rice", but my wife seemed to eat it as usual.

また、娘たちと「ソフト麺」という概念を共有できなかったことにも、驚きました。

I was also surprised that I did not share the concept of "soft noodles" with my daughters.

思い返せば、私は「カレー麺」「おぼろみそ麺」の出る日は、テンションが上ったものです。

Looking back, I used to get excited on days when "Curry Noodles" and "Oboro Miso Noodles" were delivered

一方、レーズンパンでは、テンションが下がりました(嫁さんは上がったそうです)

On the other hand, I was less excited about the raisin bread (my wife said she was more excited).

一方、給食のおかげで、私は、(1)「餃子の王将」で、八宝菜が美味しいものであることを知り、(2)「北欧」で、世の中には、真に美味しいパンがある、と知りました。

On the other hand, thanks to school lunches, I learned (1) "Happousai" are delicious at "Gyoza no Ohsho" that , and (2) there are truly delicious breads in the world at "HOKUO"

思い返せば、給食というのは、英語教育で言うところの「キーセンテンス」であり、数学教育で言うところの「二次元方程式の解法」であり、日本国民の食文化の「国内標準規格」の役割を担っていたと思います。

Looking back, I think school lunches were the "key sentences" in English education, the "solutions to two-dimensional equations" in mathematics education, and played the role of "national standards" for the food culture of the Japanese people.

それはさておき。

Aside from that.

-----

私、社内の派閥闘争とか、恋愛関係とか、感動の再開とか、そういう、面倒くさい人間関係のドラマは、お腹いっぱいなんです。

I've had enough of tedious human relationship dramas such as internal factional struggles, romantic relationships, and emotional reunions.

『自分の欲望(給食を食べる)の為だけに、教師という人生を生きる』

"I live my life as a teacher only for my own desire (to eat school lunch)"

『生徒も、学校も、同僚も、その目的達成の為の手段でしかない』

"Students, schools, and colleagues are only means to that end."

なんという清々しい生き方でしょうか。

What a refreshing way to live.

現代の私たちに欠けているのは、『自分さえ良ければ、それ以外の事はどーでもいい』という、徹底した私利私欲の精神です。

What we lack today is the spirit of selfishness that says, "As long as I am good, I don't care about anything else".

このドラマには、モラルや人間関係や常識やそういうものは、全てノイズである、という割り切りがあります。

In this drama, morals, relationships, common sense, and other such things are all just noise.

加えて、そのノイズの向こうにある目的が、「給食」という、日常的に十分スコープに入るものである、という設定もステキです。

In addition, the setting is wonderful, as the purpose behind the noise is "school lunch," something that can be scoped out on a daily basis.

私たちは、わざわざ、手に入り難いものを目標にする必要はないのです。

We don't need to go out of our way to set goals that are hard to obtain.

このドラマは、『私たちは、日常の中で、自分を幸せにするものを見つけられる』という勇気も与えてくれます。

This drama also gives us the courage to say, 'We can find things that make us happy in our daily lives".

-----

という訳で、「おいしい給食」、ご視聴をお勧め致します。

So I recommend you to watch "Delicious School Lunch".

『最近笑っていない』と思う人には、特にお勧めします。

If you think you haven't laughed in a while, this is a good place to start.


2021-12-14 枝野幸男さん、片山さつきさん、小泉進次郎さん、高市早苗さん、辻元清美さん ―― あなたたちの団体に関しては、『絶対ダメ』でしょう? [長年日記]

The percentage of online submissions that are ignored (online submission ignorance rate) was calculated by linking political organizations related to Diet members by politician name.

算出したのは良いのですが、自分でレビューできていなかったので、今、眺めています。

I have calculated it, but have not been able to review it, so I am looking at it now.

-----

(1)オンライン提出を実施した団体

(1) Organizations that have implemented online submission

■菅義偉さん、二階俊博さん ―― の団体の皆さんは、さすがに、ちゃんとガバナンスが効いているみたいです。

As expected, the members of the organizations of Yoshihide Suga and Toshihiro Nikai seem to have good governance.

■大串正樹さん、大島理森さん、小林鷹之さん、小山徹さん、篠原孝さん、島村大さん、鈴木馨祐さん、武田良太さん、田城郁さん、那谷屋正義さん、野間健さん、原口一博さん、平井卓也さん、藤末健三さん、古川元久さん、牧原秀樹さん、丸山穂高さん、宮澤洋一さん、室井邦彦さん、森裕子さん ―― の団体の皆様、オンライン提出ご苦労さまでした

Masaki Ogushi, Rimori Oshima, Takayuki Kobayashi, Toru Koyama, Takashi Shinohara, Dai Shimamura, Keisuke Suzuki, Ryota Takeda, Iku Tashiro, Masayoshi Naya, Ken Noma, Kazuhiro Haraguchi, Takuya Hirai, Kenzo Fujisue, Motohisa Furukawa, Hideki Makihara, Hotaka Maruyama, Yoichi Miyazawa, Kunihiko Muroi, Hiroko Mori -- thank you for your hard work in submitting online!

(2)オンライン提出を無視した団体

(2) Organizations that ignore online submissions.

■麻生太郎さん、小沢一郎さん、菅直人さん、杉田水脈さん、鈴木宗男さん ―― もう、この方たちの団体については、多分、今後もダメだろう、というあきらめの気持ちがあります。

Taro Aso, Ichiro Ozawa, Naoto Kan, Mizutake Sugita, and Muneo Suzuki -- I have a feeling of resignation that their organizations will probably not make it in the future.

■安倍晋三さん、甘利明さん、石破茂さん、石原伸晃さん、稲田朋美さん、小渕優子さん、萩生田光一さん、三原順子さん ―― あなたたちの団体は『ダメ』でしょう?

Shinzo Abe, Akira Amari, Shigeru Ishiba, Nobuteru Ishihara, Tomomi Inada, Yuko Obuchi, Koichi Hagiuda, Junko Mihara -- your organizations are 'no good', aren't they?

■枝野幸男さん、片山さつきさん、小泉進次郎さん、高市早苗さん、辻元清美さん ―― あなたたちの団体に関しては、『絶対ダメ』でしょう?

Yukio Edano, Satsuki Katayama, Shinjiro Koizumi, Sanae Takaichi, Kiyomi Tsujimoto -- as far as your organizations are concerned, "absolutely not," right?

■なお、上記に出てこなかった人は、全部「無視した団体」です。

In addition, all the people who were not mentioned above are "ignored groups".

-----

これから、毎年フォローしていきたいと思います。

I would like to follow up with you every year from now on.


2021-12-15 ―― 私の過失、または、悪意で、地図を改竄(かいざん)してしてしまったらどうするんだ? [長年日記]

Open Street Map(以下OSMといいます)とは、「自由に利用でき、なおかつ編集機能のある世界地図を作る共同作業プロジェクト」のことです。

Open Street Map (OSM) is a collaborative project to create a freely available, yet editable, map of the world.

一般的には、"xxxxx.osm"ファイルという名前の地図情報ファイルの意味で使われることが多いです。

In general, it is often used to mean a map information file named "xxxxxx.osm" file.

このようなomsファイルは、地図を使った交通シミュレーションを行う研究員にとっては、大変助かります。

These oms files are very helpful for researchers who are working on map-based traffic simulations.

しかし、OSMの地図は、世界中の人達の協力によって作られているものですし、そもそも、地図は常に拡張や変更を続けるものです。

However, OSM's maps are made with the cooperation of people from all over the world, and in the first place, maps are always expanding and changing.

「完璧な地図」などはありません。

There is no such thing as a "perfect map.

特に、自分の研究でomsファイルを使う場合、必要に応じて地図情報を正しく修正したいことがあります。

Especially when using oms files in my own research, I may want to modify the map information correctly if necessary.

-----

そんな訳で、今朝から、OSMの地図の編集を試みています。

That's why I've been trying to edit the OSM map since this morning.

以下は、横浜国立大学の敷地内の地図ですが、この中に、「自動車が入れる道」が記載されていなかったので、先程追記してみました。

The following is a map of the grounds of Yokohama National University, which I have just added to the map because it did not include a "car road".

なぜ、私が大学キャンパスの道を知っているのか ―― そりゃもう、このキャンパスの中を、何百回、自動車と足で走り回り、GPSロガーでデータを取りまくったことか、分かりません ―― 仕事(屋外実証実験)で。

How do I know my way around a university campus? Well, I can't tell you how many times I've driven around this campus by car and foot, taking data with my GPS logger for my work (field demonstration).

-----

ところで、今朝の私のこの修正が、ボタン一つでOSM地図情報に登録されてしまって、唖然としています。

By the way, I was stunned to see that this correction of mine this morning was registered in the OSM Map Information with the click of a button.

修正後は、私の記載した地図が、世界中で反映されてしまうことになります。

After the revision, the map I described will be reflected all over the world.

―― 私の過失、または、悪意で、地図を改竄(かいざん)してしてしまったらどうするんだ?

"What if the map is tampered with due to my negligence or malicious intent?"

と、かなり不安な気持ちになってきました。

I came to feel quite uneasy.

なにしろ、今回の修正は、私の初めてのトライアルですので。

After all, this is my first trial with this modification.

そのような場合でも、多分、『だれかが私の改竄を修正する』、そして、『私が間違いを続ければ、私をOSMメンバから除名する』と期待しているのですが ――

Even in that case, I'm hoping that maybe "someone will correct my falsification" and "if I continue to be wrong, they will expel me from OSM membership" -- but I'm not sure.

それにしても、「自由に利用でき、なおかつ編集機能のある世界地図を作る共同作業プロジェクト」って凄いなぁ、と実感しています。

Anyway, I really feel that "a collaborative project to create a freely available, yet editable world map" is a great idea.


2021-12-16 「資料と数値だけで、権力や当局を追い詰めていく」 [長年日記]

I watched the N-SPE program "Digital Hunter: Chasing a Mysterious Internet Research Group".

公開されている情報(オープンソース)だけを使って、政府や犯罪集団を追い詰める、「オープン・ソース・インベスティゲーション」(公開情報調査)に関するキュメンタリー番組です。

This is a documentary program on "Open Source Investigations", which uses only publicly available information (Open Source) to hunt down governments and criminal groups.

- 出所不明の動画から、集団虐殺の場面の場所と、虐殺に参加した人間までも特定

- Identified the location of the massacre and the people who took part in it from the video of an unknown source.

- 新疆ウイグル自治区にある「職業訓練や反テロのための教育施設」を称呼する建物に注目して衛星画像を分析し、隔離施設であることを特定

- identified "quarantine facilities", that Chinese Government Calls for "Vocational Training and Educational Facilities for Anti-Terrorism" - Looking at buildings in Xinjiang Uyghur Autonomous Region, analyzing satellite images

- アメリカ政府が中東の砂漠に置いた秘密基地の存在を特定

- Identified the existence of a secret base placed by the US government in the deserts of the Middle East.

- マレーシア航空機の撃墜事件のロシアの関与を明らかにした上で、ロシア政府の情報機関の幹部や元幹部らを含む容疑者たちを特定

- Identified suspects, including senior and former members of the Russian government's intelligence community, in the case of Russia's involvement in the downing of the Malaysian airliner.

という成果を上げています。

These are the result of their efforts.

-----

Although it is far from this scale and results, I have also conducted psychological analysis of people who were victims of delays due to personal injury by analyzing Twitter text.

その結果、なかなか興味深いことも分かりました。

As a result, I found out some interesting things.

例えば、事故に関してのリツイートは多くても、自分の意見を表明するツイートは、驚くほど少ない、ということなどです。

For example, there were many retweets about the accident, but surprisingly few tweets expressing their own opinions.

―― なるほど、言い難いことは『自分では語らずに、人に言わせる』のは当然だよなぁ

"I see, it's natural to 'let others say what's hard to say, without saying it ourselves"

と感心したものです。

I was impressed.

-----

オープンソースだけでも、かなり多くのことが分かるものです。

Open source alone can tell you quite a lot about what is going on.

しかも、設備コスト(×時間リソース)は驚くほど安い。

Moreover, equipment costs (x time resources) are surprisingly low.

―― 彼らの武器はラップトップのパソコンだけ

"Their only weapon is a laptop computer"

という、フレーズもなかなかキャッチーで良いです。

This phrase is also quite catchy.

-----

『なんで、当時の私は、こういうアプローチができなかったのかなぁ』と、自分の学生時代を省みています。

I've been thinking about my own school days and wondering, 'Why couldn't I have taken this approach back then?'

まあ、当時は、インターネットもなかったし、情報公開請求もなかったかもしれないけど、それでも、理系学生としては、

Well, back then, there was no Internet, and there may not have been a FOIA request, but...

「資料と数値だけで、権力や当局を追い詰めていく」

"I could hunt down the powers that be and the authorities with nothing but data and numbers."

というやり方もあったはずなのに ―― と、少々落ち込んでいます。

As a science student... I am a little depressed.

Well, maybe it's because of those repercussions that I'm continuing with this series.


2021-12-17 普段はバラバラで活動しているのに、いざ選挙戦に入ると、無数の頭が1つの頭になる ―― 勝つためなら、何でもやる ―― という政党です。 [長年日記]

Copyright Infringing Doujinshi Allowed at Comiket? A manga artist's "tacit license".

というコラムを、以前寄稿致しました。

I contributed to a column titled, before.

この時、漫画家の赤松健先生にインタビューさせて頂きました。

At this time, I had the opportunity to interview the manga artist Ken Akamatsu.

インタビューの前に、著作権法、クリエイティブコモンライセンス、児童ポルノ禁止法等について、もの凄い勢いで勉強したのを覚えています。

I remember learning a tremendous amount about copyright law, creative common license, child pornography laws, etc. before the interview.

Since then, I have been doing a lot of research and writing my own views (yet I have not been able to review up to the latest revision).

-----

赤松健先生が、自民党から参院選出馬の意志を表明されているようです。

Mr. Ken Akamatsu has announced his intention to run for election to the House of Councillors from the Liberal Democratic Party.

『この問題は、赤松先生に担当して頂くのが適任だろう』と、ちょっとホッとした気持ちになっています。

I was a little relieved to hear that Mr. Akamatsu would be the best person to handle this problem.

ただ、『自民党かぁ・・・。あそこでやっていくのは大変だぞ』とも思っています。

But I'm also thinking, 'The Liberal Democratic Party.... It's going to be tough to make it in there,' I think.

自民党は、右はネオナチより過激で、左は日本共産党でも遠慮する極左がいる、という無数の頭をもつヒュドラのような化け物政党です。

The LDP is a hydra-like monstrosity with a myriad of heads: on the right, more radical than neo-Nazis, and on the left, a far left that even the JCP refrains from.

普段はバラバラで活動しているのに、いざ選挙戦に入ると、無数の頭が1つの頭になる ―― 勝つためなら、何でもやる ―― という政党です。

This is a party that usually works in isolation, but when it comes to the election campaign, the myriad heads become one -- doing whatever it takes to win.

-----

By the way, I have given the prize to one person who applied for it, as mentioned last week.

ご報告まで。

Just to report.


2021-12-18 スマートシティを推進すると、スマートシティを推進する人たちの首を締める ―― [長年日記]

"Why do smart cities keep failing?"

"Is data collection a bad thing in smart cities? Why Toronto and Sidewalk Labs Failed"

"Lessons from cities where smart city plans did not go 'smart'"

などの、刺激的な題目の記事があります。

There are articles with provocative titles as the above.

私の私見ですが、その理由は「ITだから」だと思います。

In my opinion, the reason is "IT".

もっと簡単に言えば「何をやっているか分からないから」です。

To put it more simply, it's because "we don't know what they're doing".

-----

当然ですが、スマートシティをデザインしている人は、上空から都市を眺めるような「神の視点」で都市を把握します。

Naturally, those who design smart cities grasp the city from a "God's perspective," as if looking at it from air

しかし、スマートシティの利用者には、そのようなデザイン―― 文字通りの「トップダウン・デザイン」―― は見えません。

However, smart city users do not see such design - literally "top-down design" - as such.

そういう意味では、ビルとか、施設とか、交通機関とか、あるいは、庁舎・学校・公民館・博物館・テーマパークなどの「ハコモノ」と言われているものの用が、「何をやっているか」は分かります。

In this sense, we can understand what is being done in buildings, facilities, transportation, or "hakomono" such as government buildings, schools, community centers, museums, and theme parks.

さらに、利用者の視点で、それらの「失敗」と「成功」もクリアです。

In addition, those "failures" and "successes" are also clear from the user's perspective.

なにより、「失敗」した場合に、責め立てる相手(個人も法人も)が明確になる点は、大きいです。

Above all, it is important to clarify who to blame (both individuals and corporations) in case of "failure".

-----

スマートシティは、その効果を明確に言えば、利用者の理解も得られると思います。

I believe that smart cities can be understood by users if their effects can be clearly stated.

例えば、

For example.

「私たちの街の利用エネルギーを半分にするけど、移動サービスは現状のまま維持できます」

"We'll cut our city's energy use in half, but we'll still be able to maintain our mobility services."

とか、

or

「この街では、自家用車を持たなくても問題なく生活できる街です」

"In this city, you don't need to have your own car to get by"

とか、「利用者側の言葉」で、ちゃんと言えるモノにすれば良いのです。

It is enough if they can say it properly in the "user's language".

-----

ただ、スマートシティのサービスプロバイダが「行政」になるという点が面倒なのです。

However, the fact that the service provider for smart cities will be the "government" is troublesome.

『市役所の人数を半分にしますが、行政サービスは現状のまま維持できます』

"We will halve the number of people at City Hall, but maintain the current level of government services."

と、市役所の人自身に言わせることができるか。

The question is, can they say the above phrase to the people at city hall themselves?

スマートシティを推進すると、スマートシティを推進する人たちの首を締める ――

Promoting smart cities strangles the people who promote smart cities --

ここに、スマートシティのジレンマがあります。

This is the dilemma of smart cities.


2021-12-19 次女へのインタビューメモの写真のみで、ご勘弁下さい。 [長年日記]

今週末は、コラム原稿締切前の週末 ―― 修羅場週末です。

This weekend is the weekend before the deadline for my column manuscript -- the Weekend of Carnage

次女へのインタビューメモの写真で、ご勘弁下さい。

Please bear with me as I only have pictures of my interview notes for my second daughter.


2021-12-20 長期戦を闘うパートナーが、ノリの軽さと要領良さだけの奴であれば、私が困るんです。 [長年日記]

先日、テレビを見ていたときのことです。

The other day, when I was watching TV, I heard the story.

『学生のころに、人気者だったり、成績が優秀だったり、異性にモテていた奴が、社会的に成功していない』

"The guys who were popular, got good grades, and were popular with the opposite sex in school have not been successful in society.

という話が出ていました。

私もかねてより、そう思っていましたので、『やっぱりそうなのか』と深く納得しました。

I had been thinking that way for a long time, so I was deeply convinced that it was true.

-----

私、この理由について、一つの仮説があります。

I have a hypothesis about the reason for this.

『学生のころに、人気者だったり、成績が優秀だったり、異性にモテていた奴は、学生時代の連続線上に、社会人の人生があると勘違いしてしまうから』

"Those who were popular, got good grades, or were popular with the opposite sex when they were in school will mistakenly believe that their working life is on the same continuum as their school days"

学生の頃のノリと軽さと要領良さは ―― もちろん社会人になっても役に立つことはあります。

Of course, being easy and smart in a college period, can come in handy in the working world.

しかし、社会人の人生は長いので、ノリと軽さと要領良さだけで、対応できる時間は短いのです。

However, the life of a working adult is long, so, being the time for easy and smart becomes short.

つまるところ、真面目、誠実、勤勉、そして粘り強いこととの方が、社会人としては重要です。

At the end of the day, seriousness, honesty, diligence, and persistence are more important for a working person.

なぜか。それは、それらに人間としての価値があるから ―― ではありません。

Why? It's not because they have value as human beings.

ぶっちゃけ、そんなことは、どーでも良いことです。

To be honest, it doesn't really matter.

一言で言えば、社会人は長期戦だからです。

In a nutshell, it is because working people have to fight a long-term battle.

長期戦を闘うパートナーが、ノリの軽さと要領良さだけの奴であれば、私が困るんです。

I'd be in trouble if my partner is just easy and smart in a long-term battle.

I call this "integrity as a strategy".

-----

で、何が言いたいかというと、

So, what I'm trying to say is...

ノリの軽さ、要領良さもなく、そして、真面目、誠実、勤勉、粘り強さもない、この私が ――

I'm not easy, I'm not smart, and I'm not serious, honest, diligent, or tenacious.

『社会的に成功していない』というのは、極めて理にかなっているなぁ、と思っているだけです。

I just think that it is natural that "I'm not socially successful".


2021-12-21 ―― 軍師なんぞをたくさん集めて、どうするんだ? [長年日記]

三国志で(基本的には悪役で)登場する「曹操」は、人材マニアとして有名なようです。

Cao Cao", who appears (basically as a villain) in the Romance of the Three Kingdoms, seems to be famous as a human resources enthusiast.

武勇のみならず、芸術、技術に長じた者、そして、軍師なども片っ端から集めていたそうです。

He collected all kinds of people who were skilled in military valor, art, and technology, as well as military strategists.

しかし、私は、

However I think that

―― 軍師なんぞをたくさん集めて、どうするんだ?

"What was he going to do with a bunch of military strategists?"

と思うのです。

-----

軍師とは、軍を指揮する君主や将軍の、戦略指揮に助言を与える者のことです。

A military strategist is a person who advises the monarch or general commanding an army on strategic command.

そんなのがたくさんいて、それが異なった意見を言いあったら、君主や将軍は作戦立案で悩むだけだろう、と思うのです。

I think that if there were many such people, all of whom had different opinions, monarchs and generals would have a hard time planning their strategies.

ノルマンディ上陸作戦を立案したアイゼンハワー将軍は、『"私1人が作戦の最終決定者"という条件でなければ、作戦の指揮は引き受けない』と言ったそうです。

General Eisenhower, who planned the Normandy landings, said, "I will not accept the command of the operation unless I alone am the final decision-maker.

(これは裏を取れていませんが)、MicrosoftのWindowsOSのコアは、基本的に1ケタの人間のチームで作っている、という話も聞きました。

(I haven't been able to find any evidence of this.) I was also told that the core of Microsoft's Windows OS is basically built by a team of a few people.

-----

デスマーチに陥いったチームに人材を投入するのは組織の常道ですが、それは現場にどえらい混乱を与えます。

It is a common practice for organizations to put people into a team that is in a death march, but it causes a lot of confusion in the field.

新メンバの教育コストに、チームのリソースを持っていかれるからです。

This is because the cost of training new members takes up a lot of the team's resources.

私、一度、このような炎上したチームに投入されたことがあるのですが、何も命じられなかったので、何もしませんでした ―― 実に3ヶ月間。

I was put on such a flaming team once, but I didn't do anything because I wasn't ordered to -- for three months, actually.

この3ヶ月間で、私はLinuxカーネルのコードを、じっくりと勉強することができました。

Over the past three months, I have been able to study the Linux kernel code at length.

もちろん、定期報告会では、適当な作り話をでっち上げて、報告していましたが。

Of course, I had to make up some random story to report at the regular briefing.

-----

「曹操」に集められた軍師の大多数も、適当なことをやって 禄を食んでいたんじゃないかなー、と思っています。

I believe that the majority of the military strategists gathered by Cao Cao were also doing random things to earn their stipends.

だって、三国志に登場する曹操の軍師って、結局3人くらいしかおらず、大体その3人が作戦を提案していますから。

Because, after all, there are only about three military strategists for Cao Cao in the Romance of the Three Kingdoms, and those three are usually the ones who propose the strategy.


2021-12-22 笑って、泣いて、これまで同様『外れのない』キャラメルボックスの舞台を、十分に堪能させて頂きました。 [長年日記]

Today, my whole family went to see the play "Singin' with Santa Claus" by the Caramel Box Theater Company.

2019年5月に活動を休止したと連絡を受けた時には、『これから、我が家のクリスマスイベントはどうすればいいんだ?』と、うろたえたものです。

When I got the call in May 2019 that they had suspended their activities, I was stumped, 'What am I going to do about our family's Christmas events now?'

その後、キャラメルボックスの代替となる劇団が見つけられずに、江端家の冬の観劇イベントも休止を余儀なくされてきました。

Since then, we have been unable to find a replacement for Caramel Box and have been forced to suspend the Ebata family's winter theater events.

2年半ぶりの復活を聞きた時は、喜んだものです。

I was delighted when I heard that it was back after two and a half years.

-----

嫁さんから、今回の観劇の「希望する日時と時間」を尋ねられたのです、

My wife asked me for my "preferred date and time" for this play.

『仕事なんてどうでもいい。チケットが取れた時間が、私のスケジュールだ』

'You don't care about my work. The time we get the ticket is my schedule,'

と言い切りました。

I said.

-----

笑って、泣いて、これまで同様『外れのない』キャラメルボックスの舞台を、十分に堪能させて頂きました。

We laughed, we cried, and we fully enjoyed the stage performance of Caramel Box, which has never failed us.

うん、やっぱり、キャラメルボックスの演劇は最高です。

Yes, after all, Caramel Box plays are the best.


2021-12-23 「ポスターに役者名を入れて貰う」っていうのは無理ですかね? 流石にプライド傷つきますかね。 [長年日記]

Yesterday, I wrote about watching a play by the "Caramel Box".

で、今、その役者さんのことについて調べたいと思っているのですが、

And now, I'd like to find out about the actors, however,

I'm having trouble linking to the actors on this page.

-----

で、キャラメルボックスさんにご提案なんですけどね、

So, I have a suggestion for the staff of the "Caramel Box".

■「ポスターに役者名を入れて貰う」っていうのは無理ですかね? 流石にプライド傷つきますかね。

- Is it possible to have the actors' names put on the posters? Would that hurt their pride?

では、

Or,

■「Web上でポスターの人物をクリックすると、その役者さんのページにジャンプするようなリンクを埋めこむ」

- When we click on a person on a poster on the Web, we will be taken to that actor's page.

とか言うのはどうでしょうか。ちょっと技術的に難しいかな。

I think it's a bit technically difficult.

それなら、

If so...

■「ポスターの役者さんの横に、QRコードをそっと書き込む」とかは?

How about "gently drawing QR codes next to the actors on the poster"?

ポスターの品質が台無しになる、と言われるかもしれません。

They might say that it will ruin the quality of your poster.

-----

昨日の舞台では、「内輪ネタで会場が大爆笑」していた中、私だけ笑うことができなくて、ちょっと寂しい思いをしました。

At the stage yesterday, I felt a little sad because I was the only one who couldn't laugh while the audience was "laughing hysterically at the inside jokes".

なので、今からでもフォローアップしたいと思っていまして。

So I wanted to follow up with them now.

劇団紹介のページは、舞台時の衣装の写真のものに差し替えて貰えると、私が役者ご本人を特定できて良いと思うですが ―― いかがでしょうか?

I think it would be better if you replace the introduction page with a photo of the actors in their stage costumes, so that I can identify them -- how about that?


2021-12-24 私、日本沈没の3日前まで『上司や権力に忖度するサラリーマン』であり続ける自信があります。 [長年日記]

最近テレビでやっていた「日本沈没 ―― 希望のひと」をNetFlixで視聴しています。

I recently watched "Sinking Japan -- A Man of Hope" on TV on NetFlix.

今、2話分を、スキップしながら、5分間程度でレビューしました。

I've just reviewed two episodes in about five minutes, skipping around.

-----

これを視聴して思っていたことは ――

What I was thinking when I watched this was--

■新型コロナワクチンの接種に、政府の陰謀論を語っている人は、「田所博士」のような反権力の風雲児で、

- The people who are talking about government conspiracy theories with the COVID-19 vaccine are anti-power windbags like "Dr. Tadokoro."

■新型コロナワクチンの接種を「当然」と思っている私は、利益誘導と出世とキャリアに固執した官僚や御用学者なのでしょう。

Since I "deserve" the new coronary vaccine, I guess I am a bureaucrat or a government academic who is obsessed with profit-making, promotion and career.

まあ、否定はしませんが。

Well, I won't deny it.

私、日本沈没の3日前まで『上司や権力に忖度するサラリーマン』であり続ける自信があります。

I am confident that I will continue to be a "business person who obeys his boss and authority" until three days before the sinking of Japan.

-----

田所博士は、自力で震災シミュレーションのコーディングをやっているようです。

Dr. Tadokoro seems to be doing the coding of the disaster simulation on his own.

『他人に計算を任せられない』という気持ち ―― すごく良く分かります。

The feeling of "I can't trust my calculations to someone else" -- I understand very well.

画面をキャプチャしてみたところ、田所博士が使用している言語は、"Visual C++"のようです。

From the screen capture, it seems that the language Dr. Tadokoro is using is "Visual C++".

私、この言語のプログラムを、人生で一番多く量産したので、間違いないと思います。

I am sure of it, because I have mass-produced more programs in this language than any other in my life.

-----

田所博士と対立関係にある御用学者が、「データ改竄」で糾弾される画面が出てきます。

You will see a screen where a government scientist who is in conflict with Dr. Tadokoro is accused of "Data tampering".

「データ改竄」は絶対にダメです。

Data tampering" is an absolute no-no.

科学者として、また技術者としても許されない行為です。

As a scientist and an engineer, this is unacceptable behavior.

どうせやるなら ―― シミュレーションプログラムのアルゴリズムの方を改竄するべきです。

If you're going to do this -- you should tamper with the algorithm of the simulation program.

なぜなら、自分で書いたプログラムの内容を、他人が読みとることは ―― 不可能ではありませんが ―― 相当に難しいからです。

This is because it is very difficult -- though not impossible -- for someone else to read the contents of a program you have written.

さらに、自分で書いたプログラムであっても、自分の都合の良いシミュレーション結果を出力するように、プログラムを改竄するのは、もう、これは、「絶望的に」難しいです。

Furthermore, even if you wrote the program yourself, it is already "hopelessly" difficult to falsify the program so that it outputs simulation results that are convenient for you.

なぜなら、プログラムは、どこかの一部を改竄したら、普通にバグが出ますし、その影響が自分の意図せぬところで現われてきてしまうからです。

This is because a program is usually buggy if some part of it is tampered with, and the effects can appear unintentionally.

完全に問題なく、自分の望む出力結果を、無矛盾で得られるようなプログラムの改竄は、ある種の芸術と言えます。

It is a kind of art to falsify a program in such a way that you can get the output result you want, without any contradiction, with no problems at all.

そういう意味では ―― 私は、『一流の芸術家』であると自負しております。

In that sense -- I am proud to say that I am a "first-rate artist".


2021-12-25 ―― 嫁さんが換気扇の掃除をしても、いいんだよ [長年日記]

明日から、母の転院の手伝いの為に帰省します。

Tomorrow, I'm going back home to help my mother transfer to the hospital.

雪が降る予想がでているので、バックアップ策を考えています。

Since snowfall is predicted, I am thinking of a backup plan.

それはさておき。

That aside.

本日、昼に気温が上ったので、この機会を逃さずに、換気扇の掃除をしました。

Today, the temperature rose at noon, so I took the opportunity to clean the exhaust fan.

もう、この作業はルティーン化しているので、サクサクと進めることができました。

This has already been a routine process, so I was able to crunch through it.

汚れ落し用の石油数リットル(8年間使い回し)をトレイにぶちまけて、そこに、換気扇の部具を放り込んで洗います。

A few liters of oil (used for 8 years) is poured into a tray and the exhaust fan parts are thrown into the tray and washed.

本当は、ガソリンを使いたいのですが、昨今の放火事件等で手に入れるのは難しくなっているかもしれません。

This has already been a routine process, so I was able to crunch through it.

These gloves are especially "motivating" for the depressing task of cleaning the exhaust fan.

石油にジャブジャブ手を突っ込める、というのは、嬉しいです。

I'm glad that I can put my hand into the oil.

「換気扇回りの掃除」というのは、マスコミ各局でも視聴率を稼ぐターゲットとなっているようです。

It seems that "cleaning around the ventilation fan" has become a target for media outlets to gain viewership.

江端家でも、嫁さんがこれらのノウハウを取得して、『私に伝えています』。

Even in the Ebata family, my wife has acquired these know-hows and is 'passing them on to me'.

―― 嫁さんが換気扇の掃除をしても、いいんだよ

"No problem if my wife cleans the exhaust fan"

ただ、換気扇の掃除をすると、他の掃除を免除されるというメリットもあるので、まあ交換条件にはなっています。

However, cleaning the exhaust fan has the advantage of exempting me from other cleaning tasks, so well, it's an exchange condition.

あと、年賀状の作成をするのも、どういう訳か、私の仕事です。

Also, for some reason, making New Year's cards is my job.

ただ、娘たちは、すでに、年賀状の作成をやめていまし、私も「年明けに年賀状を出す」という、"pingサーバ"のような対応に変わっています。

However, my daughters have already stopped making New Year's cards, and I have changed to a "ping server" approach, sending New Year's cards at the beginning of the year.

そんな訳で、嫁さんの(年賀状の範囲での)交友関係だけは、毎年一回、確認させられています。

That is why I am forced to check my wife's friendships (within the scope of her New Year's cards) only once a year.


2021-12-26 「小説 日本沈没」と「映画(the 1st) 日本沈没」の原理主義者の江端です。 [長年日記]

「小説 日本沈没」と「映画(the 1st) 日本沈没」の原理主義者の江端です。

I'm Ebata, a fundamentalist of the novel "Japan sinks" and the movie (the 1st) "Japan sinks"

私、常日頃から、『創作物にはケチを付けるな。沈黙をすることで批判とせよ』というようなことを言ってきたので、2021年のテレビドラマについての感想は差し控えたいと思います。

I have always said, "Don't be stingy with other people's creations. Be silence as my criticism". Hence, I would like to refrain from giving my thoughts on TV dramas in 2021.

ネット上に記載されている批判に『全くその通り!』と頷いています、とだけご報告しておきます。

I just tell you that I agree with the criticisms listed on the Internet.

-----

「小説 日本沈没」と「映画(the 1st) 日本沈没」は、『悪人が1人も登場しない』というとろが、私は好きなんですよ。

I like the fact that in the novel "Japan sinks" and the movie (the 1st) "Japan sinks", there is not a single bad guy.

一般人から、科学者、自衛隊、政治家、に至るまで、全員が必死で協力しながらの、命をかけた壮絶な大エクゾダスが、「日本沈没」のテーマだと思うんですよね。

I think the theme of "Japan sinks" is a fierce exodus in which everyone, from ordinary people to scientists, the Self-Defense Forces, and politicians, all work together desperately, risking their lives.

―― 日本が沈没するという未曾有の大災害の前に、『政局』なんぞ、のん気なことやっている奴がいるかぁ?

"In the face of a catastrophe of unprecedented scale that could sink Japan, who would be so carefree as to engage in "political affairs"?"

と、思ってしまうんですよね。

I come to think so.

-----

日本沈没のメカニズムに関しては、「小説 日本沈没」では、膨大なページ数を割いて、徹底的な説明をしています。

As for the mechanism of the sinking of Japan, The novel "Japan sinks" devotes an enormous number of pages to a thorough explanation.

『おいおい、こんな専門的なことを、こんなに長く説明したら、読者が離れてしまうぞ』と、私が心配になるほどです。

I was so worried that the readers would lose motivation if the explain is so technical at such length.

「映画(the 1st) 日本沈没」では、マントル対流の話を、本物の地震学者に解説をさせる徹底さでした(確か、東京大学地震研究所の先生だったと思います)。

In the movie "Japan sinks", they had a real seismologist explain about the mantle convection (He was a professor of Earthquake Research Institute of the University of Tokyo).

そのリアル感が怖かったです。

The realism of it scared me.

その後、地震学を専攻する学生が増えたとか、という話も聞きました。

I also heard that the number of students majoring in seismology had increased since then.

-----

日本沈没における、小松左京先生の凄いところは、

What the great about Sakyo Komatsu's "Japan sinks" is

『地球上における、温度のちがう流体団塊のふるまいがもっともはっきりわかっているのはどんな分野だ?』

"In what areas is the behavior of fluid mass of different temperatures on Earth most clearly understood?"

というセリフに代表されるように、気象モデルのパラダイムを、地殻変動モデルに持ち込んだという点にあります。

As represented by this line, the paradigm of meteorological models has been brought into tectonic models.

無論、このモデルは無理があるかもしれませんが、そこがSFのSFたるところです。

Of course, this model may be unreasonable, but science fiction is science fiction.

そして、このセリフです。

And then, that is it.

『最悪の場合・・・これは、地震の被害の大小にはかかわらずだ。・・・最悪の場合 ―― 日本列島の大部分は、水面下に沈む・・・』

"In the worst case scenario... . ..this is regardless of the size of the earthquake. ...In the worst case -- most of the Japanese archipelago will sink below the surface..."

何度読み直しても、背筋がぞくっとするフレーズです。

No matter how many times I reread the phrase, it still sends shivers down my spine.

-----

「小説 日本沈没」の中で、「日本沈没」という複合語が登場するのは、わずか7箇所です(Kindleで調べました)

In the novel "Sinking of Japan," the compound word "Japan sinks" appears in only seven places (I checked on my Kindle).

「映画(the 1st) 日本沈没」の中でも、この言葉はあまり使われていなかったように思います。

I don't think this word was used much in the movie.

パワーワードを使わずに、創作物のテーマを読者に理解させるということは、大変大切なことだと思うのです。

I think it is very important to make the reader understand the theme of creation without using power words.


2021-12-27 ―― 考えすぎじゃね? [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

-----

私が、日本のIT後進国化に猛烈な危機感を抱いているのは、私がITのエンジニア兼研究者だからだと思います。

I have a fierce sense of urgency about Japan's IT backwardness because I am an IT engineer and researcher.

多分、医療関係の人は、日本の医療後進国化に恐怖を抱いているだろうし、経済関係の人は、日本の財政危機に狂わんばかりに危惧しているのだと思います。

Perhaps people in the medical field are terrified of Japan medical backward, and people in the economic field are madly worried about Japan's financial crisis.

同じように、司法関係の人は、『高度な政治的判断』で逃げ続ける裁判所に憂いていると思いますし、立法関係の人は、『憲法第9条改正が進まない』状況に絶望的な日本の未来を見ているのだと感じます。

In the same way, I think people in the judiciary are worried about the courts that keep running away with "highly political decisions," and people in the legislature see a hopeless future for Japan in the situation of "no progress in revising Article 9 of the Constitution.

教育関係の人は、現在の教育現場の荒廃「いじめ」から「わいせつ教師」に至るまで、心を痛めていると思います。

I think people in the education field are heartbroken by the current devastation in the education field, from "bullying" to "indecent teachers".

そして、軍事関係の人は、本当に心の底から『日本を核武装しなければならない』と思っているかもしれません。

And people in the SDF may really believe deep down that 'Japan must be nuked.

で、それ以外の人は、多分、こう思っている。

And the rest of the people above are probably thinking like that

―― 考えすぎじゃね?

"They're overthinking"

と。

-----

私、冷戦時代のまっただ中を生きた人間だと思うのですが、結局、第三次世界世界大戦は、発生しませんでした。

I think I lived in the middle of the Cold War era, but in the end, World War III did not occur.

私の知る限り、ソ連の自壊的崩壊を予想した人は、一人もいませんでした。

As far as I know, not a single person predicted the self-destructive collapse of the Soviet Union.

ソ連の日本侵略を強く主張していた人は、未だに、自分の予測が外れたことを、きちんと総括していません。

People who strongly advocated the Soviet invasion of Japan have yet to properly sum up the fact that their predictions were wrong.

-----

と言う訳で、結論として、

So, in conclusion.

(1)私が何をどう心配しようとも『なるようにしかならない』ということ、

(1) That no matter what I worry about, 'what will be will be'.

(2)世の中は、時間さえ経過すれば『何とかなることが多い』ということ、

(2) That there are many things in the world that can be done, if only time would pass.

(3)危機を煽る奴は、大抵の場合、無責任な奴である、ということ

(3) That people who agitate for a crisis are usually irresponsible.

とは言えるのではないかと思います。

I guess I can say that.

-----

なので、STEM教育、プログラミング教育についても、多分『なるようにしかなない』で、多分『何とかなる』のだろうと思っています。

Therefore, I believe that STEM education and programming education will probably be "what will be," and that we will probably be able to "work it out".

結局、『なんとかなる』と思っていた人が、もっとも気楽な人生を送ることになる、という事実は ―― なんとも業腹ではあるのですが。

In the end, people who think "work it out eventually" can live the most carefree life, even if it makes me feel angry.


2021-12-28 というか、これから社会で活躍する子どもたちが、iPadを使うのであれば、それに迎合していくことがシニアの運命です。 [長年日記]

その国の教育システムの方針で、その国の国是が決まる ―― これは、間違いないと思います(別に、独裁国の専売というわけでもない)。

The policy of a country's education system determines the national policy of that country -- I'm pretty sure this is true (not that it's the exclusive business of dictatorships).

各国で歴史認識が異なるのは当然です。

It is natural for countries to have different historical perceptions.

もし、私が韓国で生まれたなら韓国の歴史が正当であると主張するし、中国で生まれたなら中国の歴史が正当であると主張するでしょう。

If I was born in Korea, I would argue that Korean history is legitimate, and if I was born in China, I would argue that Chinese history is legitimate.

「正しい歴史」というものはなく、「その国の主張する歴史」が、世界の国の数だけあるだけです。

There is no such thing as "correct history," only "the history that a country claims to have" as many countries as there are countries in the world.

その国にとって都合のよい歴史が採用されるのは、国益の観点から当然と言えます。

It is only natural from the perspective of national interest that the history that is convenient for the country is adopted.

それはさておき。

But that's beside the point.

-----

その国の教育システムの方針で、その国のデジタル化が決まる ―― これも、間違いないと思います。

The policy of a country's education system will determine the digitization of that country -- I am sure of this, too.

As mentioned here, iPad is currently the most used device in the GIGA School Initiative.

ですから、これから10年くらいの間、日本のタブレット文化はiPadで確定すると思います。

So, for the next 10 years or so, I think iPad will be the definitive tablet culture in Japan.

こうなると、LinuxだのAndroidだのと抵抗してきた私も、『日和る』必要があります。

At this point, even I, who have been resisting Linux and Android, need to "get with the times".

で、その第一歩として、今、新幹線の中で、iPadとワイヤレスのマウスとキーボーボで、文章を打ち込んでいます。

So, as a first step, I'm currently typing on the bullet train with my iPad, wireless mouse, and keyboard.

使い慣れたWindowsのノートPCも持ってきてはいるのですが、こういうものは(新幹線の中のような)不便な環境を強いられることで、履修できるものです。

I also brought my familiar Windows laptop, but I can learn a new system for me by being forced to use an inconvenient environment (like on the Shinkansen).

というか、これから社会で活躍する子どもたちが、iPadを使うのであれば、それに迎合していくことがシニアの運命です。

Or rather, if the children who will be active in society in the future use iPads, then it is the fate of seniors to pander to them.

使い慣れていないiPadでの文章作成はストレス溜まりますが、「迎合」とはそういうことです。

Writing on an unfamiliar iPad can be stressful for me, but that's what "pandering" is.

-----

私たちシニアは、子ども達に阿(おもね)て生きていくしかないんですよ。

We, seniors, have no choice but to live with our children.

私たちは、これまで、パソコンを使えないシニアを嗤ってきました。

We have always laughed at seniors who cannot use a computer.

今度は私たちが嗤われる番なのです。

It is our turn to be laughed at.

因果応報です。

It's cause and effect.


2021-12-30 大人が『それ』を躊躇することによって、天秤にかけられているのは「少女たちの命」です。 [長年日記]

私、次女に、何度も「子宮頸がんワクチン」の接種に行くように促してきました。

I have repeatedly urged my daughter to go get the "cervical cancer vaccine".

However, she has refused to go, saying she was busy.

-----

まあ、実際に忙しいのは、傍から見ていても明らかですが ―― 私も理系出身で、理系の激務には理解があります。

Well, it's obvious from the side that she is actually busy -- I also have a science background, and I understand the intense workload in the sciences.

しかし、大学の一回生から、レポート、実験、制作での忙しさを見ていると、私ですらドン引きという感じです。

However, observing how busy she have been with reports, experiments, and productions since her first year of college, even I feel like I'm losing my mind.

―― 最近の大学(理系)って、みんな、こんな感じなのか?

-- Are all universities (science courses) like this these days?

私が、本格的な激務の突入したのは、ゼミ(機器研:キケン)に籍を置いた三回生くらいからだったと思います。

I think it was in my third year of the seminar (instrumental research) that I really started to work hard.

まあ、私も大学在学中のどの時間を思い出しても「ヒマ」と思える時間を思い出せません。

Well, I can't remember any time during my college years that I can think of as "free time" either.

-----

とは言え、

However, I think

"Can 'busy' be a reason to vaccinate against a cancer that kills 3,000 women a year?"

とも、思っています。

「危機意識のなさ」に正直イライラしていますが、まあ、『親として、十分すぎる警告はしてきた』と言い切れますので、これ以上のことは言わないつもりです。

To be honest, I'm frustrated with my daughter's lack of awareness, but I can say that I've given her more than enough warnings as a parent, so I won't say anything more.

-----

とかやっている間に、厚生労働省が今月の23日に、「子宮頸がんワクチン」を無料で接種できる機会を設けることに決定したようです。

And while doing that, the Ministry of Health, Labor and Welfare has decided to offer the opportunity to get the "cervical cancer vaccine" for free on the 23rd of this month.

条件は、

The conditions are,

■16~24歳の女性(1997~2005年度生まれ)のみ

- Only for women aged 16-24 (born between 1997 and 2005)

■接種期間は、2022年4月から3年間のみ

- Vaccination period is only for 3 years from April 2022.

となっております。

これで、江端家が負担する5万円がなくなったのですが ―― 私としては、ラッキーとも思っていません。

This eliminates the 50,000 yen that the Ebata family will have to pay -- and as for me, I'm not feeling so lucky.

仮に、次女が『2022年4月までに接種する』と言い張ったら、私(江端家)は、お金(5万円)を支払います(本気)。

If my daughter insists that she will be vaccinated by April 2022, I (the Ebata family) will pay the money (50,000 yen) (seriously).

3ヶ月間のリスクは、5万円に見合うと思っています。

I believe that the risk for 3 months is worth 50,000 yen.

-----

「子宮頸がん」は、性交渉(SEX)によって発病します。

Cervical cancer is caused by sexual intercourse (sex).

性交渉の経験がある女性であれば、半数以上が生涯のうちに感染するといわれています(50%)。

It is estimated that more than half of all women who have ever had sex will become infected in their lifetime (50%).

そのうち10%が感染(5%)し、さらにその一部が「子宮頸がん」にまで進行します。

Ten percent of them are infected (5%), and some of them progress to "cervical cancer".

具体的に以下のような人は、現在子宮頸がん発症のリスクがあると考えられています。

Specifically, the following people are currently considered to be at risk of developing cervical cancer.

■多産

- Fecundity

■喫煙者

- Smokers

■経口避妊薬(ピル)の服用者

- People taking oral contraceptives (pills)

■性交相手が多い女性

- Women who have many sexual partners.

■初回性交年齢が若い女性

- Women with younger age at first sexual intercourse

■免疫機能が低下している女性

- Women with weakened immune systems

絶対的な意味において、このワクチンを接種する必要がない人は、『生涯、性交渉をしない』と決めた女性だけです。

In an absolute sense, the only people who don't need to get this vaccine are women who have decided to 'not have sex for the rest of their lives'.

-----

面倒くさいことは、この「子宮頸がんワクチン」に最も適した年齢が、性交渉を開始する前であり、現在の接種無料期間が、「小学校6年~高校1年」となっていることです。

The trouble is that the most appropriate age for this "cervical cancer vaccine" is before they start having sexual intercourse, and the current free vaccination period is "6th grade to 1st grade of high school.

つまり、保護者や教師は、ワクチン接種の前提である"SEX"のことを、少女たちに説明しなければならないのです。

This means that parents and teachers have to explain to the girls about "sex" as a prerequisite for vaccination.

I think we should talk more frankly about sex at school and at home -- no matter how embarrassing or painful it may be.

大人が『それ』を躊躇することによって、天秤にかけられているのは「少女たちの命」です。

It is the "lives of the girls" that are being weighed in the balance by the adults who hesitate to do "it".


2021-12-31 『米軍』が絡んできて、そこで始めて『集団的自衛権』が発動するのだから、米軍が何もされていない段階では、自衛隊は、1mmも動けない、が、正論です ―― が、 [長年日記]

私は、「NHKプラス」に加入していますので、パソコンでNHKの番組を見ることができます(受信料を払っていれば、タダです)。

I subscribe to "NHK Plus" so I can watch NHK programs on my computer (free of charge if you pay the subscription fee).

『NHKスペシャル「台湾海峡で何が~米中“新冷戦”と日本~」』は、1月2日まで、見ることができます。

NHK Special "What's Happening in the Taiwan Strait: The U.S.-China "New Cold War" and Japan" can be viewed until January 2.

興味のある人は、ご視聴下さい。

If you are interested, please watch.

-----

―― もの凄く面白く、そして、怖かった

"It was so interesting and scary"

台湾有事を想定した、日本国政府の対応のシミュレーションが、もの凄くリアルでした。

The simulation of the Japanese government's response to a possible Taiwanese emergency was very realistic.

By the way, when we say "simulation", most people think it is computer simulation, and in fact, that is how it is described in the Wiki -- but this is not correct.

シミュレーションとは、『現実に行われていない物事について、想定する場面を再現して、その対応を試みること』です。

Simulation is "an attempt to recreate a hypothetical situation and respond to it in a way that has not been done in reality".

この番組でのシミュレーションは「台湾有事」でした。

The simulation in this program was "Taiwan Emergency".

安全保障関連の法律に携わった経験者や、自衛隊の元幹部、現職の国会議員などが、総理大臣、防衛大臣、官房長官の役になります。

People with experience in security-related legislation, former senior officers of the Self-Defense Forces, and current members of the Diet played the roles of the Prime Minister, Defense Minister, and Chief Cabinet Secretary.

自衛隊の元最高幹部が、湾有事の仮想シナリオを複数用意しておき、それを、状況にリアルタイムで届けて、その場で閣僚が協議して判断を行う、というものです。

The former top official of the Self-Defense Forces has prepared several hypothetical scenarios of a Taiwanese contingency, which were delivered to the situation in real time, and the cabinet members discussed and made decisions on the spot.

このシミュレーションの条件は(私の理解では)2つ

There are (as I understand it) two conditions for this simulation

(1)大原則として「対話をもって平和的に解決する外交」を堅持しつつも、有事の際には自衛権を発動すること

(1) While adhering to the principle of "diplomacy for peaceful resolution through dialogue," invoke the right of self-defense in the event of an emergency.

(2)ただし、武力発動、その他(住民の避難)は、全て現行の法律に基いて行われること

(2) However, the use of force and other actions (evacuation of residents) must be carried out in accordance with existing laws.

となっていました。

-----

シナリオの第1段は、「台湾で独立派の総統が誕生 → 中国軍による強襲揚陸訓練が開始 + 陸戦部隊も海岸部に結集」というものでした。

The first stage of the scenario was that an independent president would be born in Taiwan → Chinese forces would begin assault and landing drills + land troops would be assembled in the coastal areas.

さて、この段階で、日本国は何ができるか?

Now, at this stage, what can the Japanese nation do?

もし中国が米軍を攻撃すれば、日本は「集団的自衛権」によって戦闘状態に入れることになります。

If China attacks the U.S. military, Japan will be able to enter a combat situation through the "right of collective self-defense".

さて、ここで問題となるのは、どの時点で「集団的自衛権」の発動条件が整うのか? です。

Now, the question is, at what point do the conditions for triggering "collective self-defense" come into play?

米軍が戦闘準備に入った時? 米軍が攻撃を受けた時? 米軍が反撃を開始した時? 米軍が自衛隊に要請をしてきた時? と ―― 考えてみれば当然なのですが、これらの発動時間にはタイムラグがあります。

When the U.S. military prepares for battle? When U.S. forces are under attack? When the U.S. military launches a counterattack? When the US forces request the SDF? It is natural to think that there is a time lag between these activation times.

で、自衛隊としては「自衛隊を動かす為には時間が必要だから、「集団的自衛権」がどの段階で発動できるのかが、はっきりしていないと、米軍との共同作戦が意味をなさない」という、もっともな意見が出ています。

So, the SDF has a plausible argument that since time is needed to move the SDF, joint operations with the U.S. military will be meaningless unless it is clear at what stage the right of collective self-defense can be activated.

-----

私のような素人であれば、

As an amateur like me, I apt to think

―― 中国軍による軍事演習が開始された時点で、自衛隊を動かせばいいじゃん?

"Why don't they just move the Self-Defense Forces when the military exercises by the Chinese military start?"

と思ってしまいがちです。

しかし、自衛隊は法律に元づかないと動かすことができない組織なのです ―― いや、シビリアンコントロール下にある、法治国家は、すべてそういう運用がされていますけどね。

But the Self-Defense Forces is an organization that can only operate under the law -- well, all law-abiding nations under civilian control operate that way, though.

自衛隊は、我が国の国防が任務です。

The SDF is tasked with the defense of our country.

法律的には『台湾がどうなろうが知ったことか』というスタンスが、正解です。

From a legal standpoint, the correct stance is to say, 'I don't care what happens to Taiwan.

だって、台湾は、日本の軍事同盟国ではないのですから。

Because Taiwan is not a military ally of Japan.

『米軍』が絡んできて、そこで始めて『集団的自衛権』が発動するのだから、米軍が何もされていない段階では、自衛隊は、1mmも動けない、が、正論です ―― が、

Since the right of collective self-defense is activated only when "U.S. forces" are involved, the SDF cannot move even a millimeter when U.S. forces are not doing anything, however,

「そんな、集団的自衛権なんか、意味ないじゃんかー」というのが、現場の本音です。

The real feeling on the ground is that the right of collective self-defense is meaningless.

そして、この事例は、私たちの日常生活の常識とも一致しています。

And this case is also consistent with our common sense in our daily lives.

例えば、会社で、プロジェクトを行う場合、幹部の承認が下されるまでプロジェクトに着手していなかったら、プロジェクトは成り立ちません。

For example, in a company, if you are working on a project and you don't start working on it until it is approved by the executives, the project will not work.

「プロジェクトを動かせるギリギリの状態まで準備して、万全の状態で、承認を待機する」というのが、普通のプロジェクトの運用方法です。

The normal way of operating a project is to prepare the project until it is just about ready to move, and then wait for approval when it is ready.

これは、国会が無能だったということではないです。

This is not to say that the Diet was incompetent.

手段的自衛権のユースケースとしては、『朝鮮半島有事』と『ホルムズ海峡封鎖』で議論がされていました。

The use cases of the right of procedural self-defense were discussed in the "Korean Peninsula Emergency" and "Blockade of the Strait of Hormuz".

『台湾有事』は、その時、スコープに入っていなかったのです。

The "Taiwan contingency" was not in the scope at that time.

-----

シナリオの第2段は、「中国軍による与那国島周辺の海上封鎖 + 台湾本土への攻撃開始」でした。

The second stage of the scenario was the "blockade of the sea around Yonaguni Island by the Chinese military + launch of an attack on the Taiwanese mainland.

この段階で、米軍との共同作戦が可能になりますが、当然として、中国軍は、日本への本土攻撃も可能となります。

At this stage, joint operations with the U.S. military will become possible, and of course, the Chinese military will also be able to attack the Japanese mainland.

中国軍からの日本本土攻撃に対して、迎撃体制が完了していなければ、自衛隊は自衛の任務を果せないことになります。

The SDF will not be able to fulfill its mission of self-defense if it does not have a complete interception system in place against an attack from the Chinese military on the Japanese mainland.

さらには、住民を避難させるにも、法律の適用が必要なのですが、このような軍事攻撃に対して、自衛隊が住民避難を支援する法律が「ない」ことも分かりました。

Furthermore, they found out that there is "no law" to support the SDF in evacuating residents in response to such a military attack, even though the law must be applied to evacuate residents.

"Why don't they just evacuate them based on the Disaster Relief Act?"

と、私と同じように、閣僚役の人も考えたようですが、これは、法解釈に無理がある、との意見も出ていました。

And, like me, some people in ministerial roles thought that this was an unreasonable interpretation of the law.

閣僚役の人が、法文集を開きながら、議論している様子は、非常に印象的でした。

It was very impressive to see a person playing the role of a cabinet minister, opening a collection of legal texts and discussing them.

『その感じ、分かるわー』と呟きながら、番組を見ていました。

I was watching the program, muttering, "I know that feeling".

-----

結論です。

Conclusion.

I wrote here that I have no idea about the current approach to "programmatic thinking (tekishiko-) education" in programming education.

もしかしたら、その方法の一つは、このようなシミュレーションを使った教育かもしれない、と思っています。

Perhaps one of the ways to do this is through education using simulations like this one, I think.

ただ、この「シミュレーション教育」は、その題材を作ることや、状況を判断する方法(人かコンピュータ)が、難しいだろうな、とも、考えています。

However, I also think that this "simulation education" will be difficult to create the subject matter and the method (human or computer) to judge the situation.