2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|

2011-12-30 「FUKUSHIMA」

小学3年生になる娘が、『間違った情報に惑わされないようにしよう』と言っている震災CMを見ていて尋ねました。

娘:「パパ、間違った情報って、どういう情報?」

私:「パパにも、全然分からん」

-----

私は、『誤った情報に惑わされないようにしよう』と、そのCMで我々に呼びかけていた芸能人や、そのプロダクションの名前を、今、リストアップして晒すことができます。

それが意味がなくても、不当であったとしても、理不尽であったとしても、誰かに、八つ当たりしないと、収まらないといった気分なのです。

○SPEEDIの結果を公開しなかった官庁。

○汚染情報を開示せず、結果的に汚染地区に避難民を誘導した国や地方自治体。

○「想定外」から徹底的に目をそらし続けた電力会社。

どいつもこいつも、腹がたつ。

法人名では足りん。

関係者と思われる個人の人物名を探し出して、ネットで晒してやろうか、と、本気で思うことすらある。

-----

でも、今、私が一番腹を立てているのは、私自身だ。

でも、あの時点で、あれ程の情報がありながら、私は、すでに始まっていた「メルトダウン」を見抜けなかった。

「原発玄関前で300ミリシーベルト」で、当然にイメージできなければならず、あのニュースを聞いただけで、即座に逃げ出すべきだった。

生命に危険のある量の放射性物質が、私の住んでいる地区を直撃しなかったのは、単に「運がよかった」に過ぎない。

勉強不足、優柔不断、判断力欠如。

-----

この年末に、各局から放映されている「福島原発事故」の特集を見ながら、すさまじい自己嫌悪に陥いっております。


2013-12-30 「必ず生きて帰ります」という台詞は無責任だと思うのです。

「必ず生きて帰ります」という台詞を言う主人公が、平気で死ぬような話や映画って結構ありますよね。

There are a lot heroes who said "I am going to come back alive absolutely" and is dead easily in the movies and novels.

無責任だと思うんですよ。

I think they make an irresponsible statement.

■「必ず生きて帰れるように、善処します」

"I deal with the matter in an appropriate manner in to come back alive."

■「必ず生きて帰れるように、前向きに対処します」

"I deal with coming back alive constructively"

と言うべきではないかと思うのです。

They should say like the above.

そりゃ、もちろん、別段の定がない限りにおいて、死者は無条件に免責されます。

Of course, the deceased persons are not held responsible without otherwise provided for

だからといって、「必ず生きて帰ります」をどんな場面でも乱発して良いかといえば、私は納得できないのです。

But anyone should not overissue "coming back alive absolutely" at any scenes.

「必ず生きて帰ります」と言った以上、

If you told "I am going to come back alive absolutely",

―― 何をどれだけ破壊しようとも(国家が命じるなら、国家を転覆させても)、誰を何人犠牲(幼い子どもや幼児を含めて)にしようとも ――

You never hesitate to destroy anything (even if it is a national") and to kill anyone (even if they are babies and children of tender years).

『他人を殺した血で手を真っ赤に染めながら、それでも生還する』、というくらいの気持ちで、使って欲しい、と思うのです。

I want them to say that "I am going to come back alive with bloodred my hands for other person's blood",

-----

しかし、自分の言葉が嘘であると分っていたとしても、家族や恋人に「そう言わなければならなかった人」がいることを、理解しています。

I understand that some persons had to tell the above to their family and lover, though they know it is a lie.

ならば、「そう言わせることを強いたシステム」が存在したことも、認識しなければならないとも、思うのです。

So we have to know that there was the system that ordered them to tell a lie.

とすれば、そういうシステムを憎悪し、復活することを、絶対に阻止することが、私たちの努めではないでしょうか。

Assuming that, we should foam at the system and our mandatory missions are to stop reviving the system absolutely.

多分、その「努め」は、地味で、辛くて、大して楽しいものではなく、しかも、滅茶苦茶に難しい上に、非難される、ときたもんです。

But the work is unspectacular, hard, joyless, and difficult, drawing criticism from other persons.

でも、私は、映画見て、感動して、泣いているだけで終わりなら、単なるアホじゃないかと思うのですよ。

I believe that you are just fool if you watch the movie and are moved to tears.

----

追記

Added,

ツイッターで以下のコメントを頂きました。

I was given the following comment from a key figure.

@Tomoichi_Ebata 結婚の許しを請う際に相手の両親に言う「娘さんを必ず幸せにします」という台詞も、無責任だと思うのです。「娘さんを幸せにするつもりは充分ありますが、状況の変化によってはできないかもしれません」のほうが、うそ偽りが無い。

I think that the saying "I am going to make your daughter happy absolutely" is also irresponsible. The correct saying is "I deal with the matter in an appropriate manner in to make your daughter happy, but it depends on the situations and environments".

上手い。

Good job


2014-12-30 ―― どうして、待ち時間の表示や、メール等による診察呼び出しシステムを構築できないかな!

昨日は、長女のつきそいで、今年最後の診療日の病院に行ってきました。

Yesterday, I went to a hospital as escorting guardian for my senior daughter at the working day of the year.

朝8:40に受付をして診療が終ったのは、13:00でした。

We booked in at 8:40 and finished at 13:00

まあ、このような日です。混んでいることや、待たされることは仕方がないと思うのですが、

Yesterday is the busiest day in a year, and I thought I had to give up overcrowding and waiting for a long time. However I had got angry that

―― どうして、待ち時間の表示や、メール等による診察呼び出しシステムを構築できないかな!

"Why do they try to make an IT system of display of waiting time, and paging service for medical examination?”

と、ずっと腹を立てていました。

近くの本屋やカフェで待っていられれば、仕事や勉強もできます。無機質な待合室で、トイレも我慢しながら、何時間も待ち続ける必要はないのです。

We can study and work at the book store and cafe nearby, if they make the system. We won't have to wait the call at a plain waiting room with putting up with call of nature.

また、この程度のシステムを作ることは、原理的にはとても簡単です。プロトタイプであれば、私一人が一月の週末を使えれば十分でしょう。

In addition, it is not so difficult to make the system. If just a prototype, it is enough to use my weekend for a month.

しかし、一向に導入される気配はありません。

But there are indications that the system is coming to us.

(To be continued.)


2015-12-30 中二病は、正しい社会批判精神の最初の形だ。

長女:「挫折して、社会と上手く折り合いをつけるようになる為に、中二病になる必要がある、と?」

Daughter: "Do you want to say that "Chuuni-byou"(behaving in a way characteristic of teenager) is needed for the collapse and going well with our society ?"

江端:「それもあるが、この話、もう少し先がある」

Ebata:"That's right, but there are more some stories.

-----

パパも、そんなに詳しい訳ではないが、パッと上げられるだけでも、

I don't know in detail, but I can pick up the following issues,

中国の文化大革命、ロシア(旧ソ連)のスターリン粛清、カンボジアのポルポトの虐殺、最近では、ルーマニアのチャウシェスク政権

The Cultural Revolution of China, (former Soviet Union) Stalin purge in Russia, Slaughter of Cambodian Pol Pot, and Rumanian Ceausescu Administration recently

あ、それと、言うまでもなく、太平洋戦争前の日本や、ISISのイスラム原理主義も含めてね、

Well, needless to say Japanese militarism before the Pacific War, and Islamic fundamentalism of ISIS, too.

それらの国家は、かつて、いわゆる義務教育プロセスにおいて、完全な「Q and A」をセットメニューで教え込んできた訳だ

Those nations had given children a complete "Q and A" as a set menu in so-called compulsory education process.

「知っているなら、最初に教えてくれればいいのに」という、お前のご希望通りに、国家が子どもたちに、ホイホイと答えを与えてきたんだ。

You said, "Adults should have given us the answer first", the nation had kept giving children an answer willingly, like your hope.

このセットメニューの内容は、社会主義教育、共産主義教育から、皇化教育に至るまで、全部同じだ。

The contents of this set menu were all same, from socialism education, communism education to program to educate other nations as subjects of the Japanese emperor.

―― 社会的矛盾は、我が国の主義に基づいた未来の社会で、完全に解決される。

"The social contradiction is completely going to be solved in future society based on principles of our country."

―― お前たちは、疑問を持たずに、この主義を信じて、私達(国家)の言うとおり行動すれば良い

"You believe these principles, don't have to have a question and should do as we (nation) order"

と言い聞かせているだけだ。

They only persuaded children to them.

つまり、「中二病」になる余地すら与えられない教育が施されてきた訳だ。

In other words, the education had been no room to suffering from "Chuuni-byou".

その結果、何が起ったと思う?

What will the result be?

■政府批判をする自分の親を、秘密警察に密告する子どもや、

- The children who informed the secret police about one's parent who did the government criticism,

■泣き止まない幼児を、煩い(うるさい)という理由だけで、ためらいなく串刺しにする子ども(兵士)が、

- The children who didn't hesitate to skewer infants who didn't not stop crying, only for a reason called annoying (because of noisy),

大量生産された。

were mass-produced.

本当の話だぞ。

These are true stories.

-----

中二病は、正しい社会批判精神の最初の形だ。

"Chuuni-byou" is the first style of right social criticism mind.

パパ達が「薄ら笑い」を浮べているのは、お前達を、バカにしているからではない(とは、言い切れないこともあるけど)

We adults, never have an intention to make full of young people, even if they seem to give a slight smile.

信じられないかもしれないが「頼もしい」と思っている(ことも、時々ある)んだ。

Believe or not, we adults feel proud of young people (sometimes),

だから、中二病に100%感染したままで、いつでもパパに挑んでこい。

Therefore, come on to me with Chuuni-byou infection.

妙に分かったようなことは言わなくてもいい。

You don't have to say something you feel to understand.

中二病歴では、今なお、パパの方が、圧倒的に先輩だからな。

For this disease history, I am still a senior predominantly.


2016-12-30 状況によっては、私も、このような命令を出す側になることがあります。

金曜日の深夜に、月曜日の朝に提出する資料を命じる ―― 私の知る限り、こういうことを平気でやる人間は結構多いです。

To the best of my knowledge, there are quite a lot of people who do this kind of thing, to order documents to be submitted on Monday morning at midnight on Friday.

仕事収めの日に、相当の時間がかかる難しい仕事を命じて、新年の初出勤の日に、その結果の報告を求める ―― こういうことを平気でやる人間も結構多いです。

There are also quite a lot of people who do this kind of thing naturally, to order a difficult task that must take a considerable amount of time at the last working day of the year, and ask for a report of the results at the beginning working day of New Year.

-----

週末や長い休みに、

On weekends and long holidays, for a person who

■家族や恋人と時間を過したり、

- doesn't have time with your family or lover,

■自分の趣味に興じたり、

- is not interested in my hobby,

■親の介護をしたり、

- doesn't take care of my parents,

そして

and

■自由研究やコラムの執筆をしたり、

- doesn't do free research and writing columns,

「しないような」人に対しては、問題にはならないかもしれません。

there doesn't seems be no problem for them at all.

しかし、普通は「問題」です。職制とか法律とか持ち出すまでもなく、当然に「問題」です。で、なにより、これを「問題」と思わない人が「問題」です。

However, it is usually "problem".It is obviously a "problem" without taking office organization or law. Above all, the person who does not take care of this "problem" is "problem".

-----

とはいえ、私自身、このような命令を発する人を、上から目線で非難する資格はありません。

To begin with, however, I don't have a qualification to blame the person in eyes from above.

状況によっては、私も、このような命令を出す側になることがあります。

Depending on the situation, I am going to issue such orders to others.

ただ、このような状況になることをコントロールできなかった責任は、やっぱり命令を発する側 ―― つまり、私にある ―― と、思うようにしています(例え、さらに上からの無茶な命令であっても)。

I'm trying to think "that is I" who have the responsibility that can not control this situation, after all (Even if it is an unreasonable command from a higher rank).

だから、『仕事だから、当然、休日も働け』というようなスタンスでは命令はしません。

So, I will not order to others with a stance, like "You must work on holiday, of course, because it is a work."

私の場合は、 ―― ひたすら下手、卑屈に出る

In my case, I am going to behave humbly grovelingly.

(続く)

(To be continued)


2017-12-30 ―― 帰れ! 酒が不味くなる!!

私は、第二次世界大戦に関するドキュメンタリー番組を見るのが好きです。

I like to watch documentary programs on World War II.

Youtubeのナショナルジオグラフィック音声を流しながら、歩いたり、自動車の運転をしたり、部屋の掃除をしています。

While hearing Youtube's National Geographic sound, I walk, drive a car and, clean my room.

-----

米国の元兵士をインタビューするシーンになると、以下のフレージが良く登場します。

In the scene to interview a former soldier in the United States, the following phage appears frequently.

―― 第二〇三航空大隊に所属していたことを誇りに思う

"I am proud that I belonged to the 203rd air battalion"

-----

この手の発言、大日本帝国の旧陸海空軍に所属していた元将兵の方から発せられることは、ないようです。

It seems that there is nothing to be issued by the former soldiers who belonged to the former army, military, and air forces of the Empire of Japan.

ある組織に所属していたことを、自分の誇りとして語る ―― こういう発想は、日本人にはないのか、とも思えます。

I think that such ideas do not exist in Japanese, that telling of what I belong to an organization as my pride

あるいは「ある」のかもしれません(例えば、著名な出身大学とか)が、それを公言する人は少ないように思います。

Or, such ideas may exist(for example, a prominent university from where you come from). But I do not think there are few people who profess it.

ましてや、『所属していたことを誇りに思う』などというフレーズを使う日本人を、私は一人も見たことがありません。

Even more, Yet, I have never seen a Japanese who uses the phrase "I'm proud to belong to an organization" since now.

-----

これは一つの仮説なのですが、

This is a hypothesis,

私たち日本人は、「組織に属していること」を表明することを、カッコ悪いと思っているのではないでしょうか。

We think Japanese people think that it is bad to express "belonging to organization".

「社畜」とか「没個性」とか「全体主義的」とか、そういう風に思われていることを、恐れているのではないか、ということです。

We are afraid that we can be seen as "company slogan", "deceased personality" or "totalitarian".

もっと端的に言えば、「ありとあらゆる組織」は、「私たちの敵」のように語るべき ―― という考え方です。

Simply speaking, we have to think that "every organization" should be "our enemies".

-----

この仮説の検証例の一つが、「忘年会」です。

One example of verification of this hypothesis is "Bounenkai(year-end party)".

『おれの属している組織って、部長は優しくて、上司は切れ者の上で、同僚は仕事を助けてくれて、部下は、仕事の理解が早くて、俺って、最高に幸せだよ』

"The organization to which I belong, the director is kind, my boss is on a break, my colleagues help me work, and my subordinates understand the work quickly, I am the best happiest. "

とか言うセリフを喋っている奴がいたら、全員で、そいつを飲み会の会場の外に叩き出すでしょう。

If there is a guy who is talking words like saying, everyone will knock them out of the drinking party venue.

―― 帰れ! 酒が不味くなる!!

"Go back! Our party is going to be spoiled !!

と怒鳴りながら。

with shouting.

もっとも、軍隊のように、「自分の生命の危機にかかわるような組織」であれば、話は別なのかもしれませんが。

Although the story may be different, if you belonged "an organization that is involved in the crisis of your own life" like an army.