2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|

2018-08-01 この父の顔は、父を現わしていない。だれにも、この死に顔で、父を覚えていて欲しくない。 [長年日記]

父が死去した日、父は1月ぶりに自宅に戻ってきました。

On the day my father died, my father came back home for the first time in a month.

その日の夜、私は父の遺体の横で眠りました。

That night, I slept together next to my father's body.

通夜まで、祭壇の蝋燭の火と線香を絶やさない為ですが、最近は、火災予防の観点から、葬儀会社の人から「寝る前は、火を消せ」と言われていました。

I had to keep candles and incense until the wake, however, the funeral company had said "Before going to bed, please turn off the fire", for fire preventation.

その日は、台風12号という巨大台風が、地元を直撃することになっていましたが、別段気温が低い訳でもなく、暑い夜になりました。

On that day, a huge typhoon called typhoon 12 was supposed to hit the this area, but it was not a low temperature, and a hot night.

担当の方からは、『エアコンは、終日"ON"でお願いします』と言われていました。

The person in charge said to me that "please keep turning on the air conditioner all day.

この酷暑の中、生きている人間にエアコンは必須でしょうが、死んでいる人間には、もっと必要になります。

In this hot weather, air conditioners are essential not only for living people, but also for dead people.

遺体の劣化を防がなければならないためです。

It is because I must prevent deterioration of the body.

その夜、私は、必要以上にクーラーの温度を低めに設定して、酷く寒い思いをしました。

That night, I set the temperature of the cooler considerably low, and I felt a bad cold feeling.

(『冬用のふとんを使えばよかったのに』と、後日、親族から指摘されました)

(I was pointed out by my relatives at a later date, "you should have used a futon for winter")

-----

父の顔が、時間単位で、少しずつ変っていくのが分かりました。

I understood that my father's face gradually changed over time.

私が最初に見たときは、本当に眠っているような、温和な顔だったのですが、

When I saw his face for the first time, he had a mild face that really felt asleep,

次の日には、彫りが深くなって、精悍な顔になり、

The next day, the carving of his face got deeper, and became a fearless face,

死化粧を施された顔は、宝塚の男役のようでした(多分、口紅のインパクトが大きかったと思う)

The face with death makeup was like an actor in Takarazuka (probably, I thought the impact of lipstick was great)

―― 違う

"No way"

父の顔は、こうじゃない。

"His face is not like this"

この父の顔は、父を現わしていない。だれにも、この死に顔で、父を覚えていて欲しくない。

"This face is not his. I don't want anyone to remember my father with this his face".

-----

部屋の中には、デーサービスの施設で、父が誕生日を祝ってもらった時の写真が、飾ってありました。

In the room, there was a picture when my father celebrated my birthday in the facility of day service,

『どう考えても、この写真しかない。背景は、薄色の桃色のグラデーションがいい』と主張して、姉にも納得して貰いました。

I insisted that "No matter what I think, there is only this picture. The background is a light colored pink gradation", and I had my sister convince you.

父の人生は、波瀾万丈で、厳しく辛い局面ばかりで、息子の私から見ても、楽しいことが多くなかった人生だったようにも思えます。

My father's life was wild, and often struggling. I am afraid that there was few fun time for his life.

しかし、それでも、私の見えないところで、こういう笑顔ができる人であり、こういう笑顔ができる幸せな時も、きっと多くあったハズであると ―― 私は信じています。

However, I believe that he was a person who can smile like this, and there were a lot of happy times that such a smile can happen.


2018-08-02 「パパ。『健やかな顔』じゃなくて『安らかな顔』」 [長年日記]

(1)通夜の喪主挨拶

(1)Greetings of my father's wake

『本日はお忙しいところ、お集り頂き誠にありがとうございます』

"Thank you very much for your time, even you are busy today"

『生前は、父、江端一夫と、親しくして頂き、本当にありがとうございました』

"I really appreciated it that you had a close relationship with my father, Kazuo Ebata"

『ここで、少し父の最期の様子を皆さんにお知らせさせて頂きたいと思います』

"Here, I would like to let you know a little story about my father's final appearance"

『父は、昨日、午前6時に、静かに息を引き取りました』

"My father quietly took his last breath at 6 AM yesterday.

『まだ、寝ているだけではないのかな? と疑ってしまうほど、大変・・・健やかな顔で・・苦しんでいる様子も・・・』

"Is not he just sleeping?" It is hard for me to believe it ... He was a healthy face and did not seem to suffer... "

この時、私は、昨日の朝、病院に到着し、『1分間だけ』と決めて、病室ですでに息を引きとった父の顔に抱きついて、大声で泣いたことを、思い出していました。

At this time, I remembered that I arrived at the hospital yesterday morning, I cried out loudly, hugging my father's death face, decided to be "only one minute".

私は、次の言葉を発することができなくなり、10秒以上も嗚咽をし続けるという ―― 私としては、滅多にない経験をすることになりました。

I was unable to put the following words out, and kept choking up for more than 10 seconds --- For me, I got rare experiences.

私は、司会もプレゼンも学会発表も、全く緊張せずに、ベラベラとしゃべり続けることができる、非典型的な日本人なのですが ―― 私の記憶している限り、生まれて初めて「スピーチの中断」をしてしまいました。

I am a non-typical Japanese who can continue talking by several presentations at conferences or ceremonies. However, as long as I remember, I had "interrupted my speech" for the first time in my life.

-----

その後、2~3回、深く深呼吸をした後、私は、挨拶を再開しました。

After that, I took a deep breath a couple of times, I resumed my greetings.

『お見苦しいところをお見せして、大変失礼致しました』

"I was very sorry that I showed you something ugly"

『父が酷く苦しむことはなく、息を引き取りましたことを、ここにご報告申し上げます。皆様には、どうか御安心頂きたいと思います』

"I will tell you here that my father never suffered seriously and he took my breath. I would like to have peace of mind for you"

『簡単ではございますが、喪主の御礼と挨拶とさせて頂きたいと思います』

"It is easy, however I would like to express my gratitude and greetings to you"

『本日は誠にありがとうございました』

"Thank you very much for today"

私が御礼の挨拶を終えて、顔を上げると、多くの参列者の方が目を潤ませており、親戚もハンカチを目に当て、私の家族に至っては ―― 私以上の状態になっているようでした。

When I finish my greetings and raise my face, many participants got misty-eyed, relatives also held a handkerchief to their eyes, and my family were --- more than me

-----

通夜の後、私は喪主として、葬儀会場に宿泊することになっていたのですが、その前に、家族を車に載せて、宿泊先の実家に送り届けました。

After the evening, as a mourner, I had to stay at the funeral hall. Before that, I put my family on the car and sent it to my parents' house.

その時、嫁さんからは、

At that time, from the wife, she pointed out

「パパ。『健やかな顔』じゃなくて『安らかな顔』」

"Not a "healthy face" but a "peaceful face"

と、指摘され、

娘からは、

From my daughter, she said

「パパが人前で泣くとは思わなかったので、本当にビックリした」

"I really was surprised because I did not think you would cry in public"

と言われました。


2018-08-03 その中でも、この「故人を『笑って』偲ぶ」という葬儀は、素晴しい文化のトップクラスに入ると思っています。 [長年日記]

米国赴任中、私の隣りのパーティションのマイクが亡くなり、私は、米国での葬式を体験することになりました。

During my assignment to the US, "Mike" who was next to my partition, died, and I experienced a funeral in the United States.

教会の中には、ちょっとしたコンサート会場のようなホールがあり、そこには、街中の人間全員かと思われるほどの沢山の人が集まっていました。

There was a hall like a little concert venue in the church, and a lot of people, as if all people in the town.

何人かの人が、そのホールのステージで故人の思い出話を語り、そして、参列者はその話を聞いて

Several people talked about memories of the deceased at the stage of the hall, and the participant listened to the story and was raising

―― 大爆笑

"very loud laugh"

していました。

-----

故人がテニスをしていた時の話では、

In the story when the deceased was playing tennis,

「ファイナルマッチになった時、相手が打ち込んだスマッシュが、コートぎりぎりで入り、私たちが残念そうな溜息を付い時、彼は、大声で叫んだのです ―― 「アウト!」と」(*)

"When it became a final match, when the opponent's smashed came in at the end of the court, and we got a sorry sigh. But He shouted out loud - "Just!" (*)

(*)一般のテニスでは、このようなセルフジャッジで、試合をします。

(*) In general tennis, we play games with such a self judge.

つまり、『故人は、勝ちに拘る、ズルくて、面白い奴だったんですよ』と楽しげに語って、会場の笑いを誘っていたのです。

In other words, he said "he was a funny and fun guy that the deceased is vulgarious about winning", and he was inviting the laughter of the venue.

私は、2年間の米国赴任で、『米国には、素晴しい文化と、素晴しくない文化が、だいたい半分くらいづつある』という所感を持っていますが、

I have been in the US for two years, and I feel that "there are about half a wonderful culture and a non-wonderful culture in the United States"

その中でも、この「故人を『笑って』偲ぶ」という葬儀は、素晴しい文化のトップクラスに入ると思っています。

Among them, I think that the funeral "to remember the deceased with smiling" goes into the top class of a wonderful culture.

(但し、あそこ(フォートコリンズ)は、米国の中でも、先進的で大きなIT会社と州立大学からなる、エリートが集まる学園都市であったということは、差し引いて考える必要はあると思いますが)

(However, you need to think a little, that among the United States, "Fort Collins" in Colorado, had large IT companies and a state university and most people were intellectual people)

-----

比して、我が国の葬式を見直すに ――

In comparison, to review the funeral in our country

■辛気臭い意味不明なお経と、線香の匂い

- Odorless meaning Unknown senescence, smell of incense sticks

■うつむいて歩いて焼香するだけで、それ以外何もできない参列者

- Participants who can not do anything other than burning incense by walking

■何をしゃべっているのか分からない上に、我が社の新人のプレゼンよりも滑舌の悪い坊さんの説教

- Buddhist sermon, we do not know what they were talking about, and worse than our newcomer presentation.

■ありきたりで、代わり映えのない、喪主挨拶

- With ordinary, no substitute greetings by the mourner

『一体、誰の為の何の葬儀なのだろう』

"What on earth is it for anyone?"

『葬儀とは、その故人を偲ぶ為のものではないのか』

"Is not the funeral to remember the deceased?"

と思ってしまうのです。

I always think it again and again.

-----

前日の通夜の挨拶で、「スピーチ失敗」との自己評価を下していた私は、本葬での喪主挨拶での挽回を画策していました。

I was self-evaluating "Speech Failure" on the previous evening's greeting, and I was planning to recover from the mourning greeting at the main funeral.

「どこにでもいるような人物」の話ではなく、『私の父の話を、私の気持と、私の言葉で語る(しかも、1分以内で)』と ――

It is not a story of "people like everywhere". I will talk about my father's story with my feelings and in my words (and within a minute)"

-----

誰もいない深夜の通夜の会場で、棺の中にいる父を前にして、私は、スピーチの内容の推敲を続けていました。

At the venue in the late night night without anyone, I was continuing to elaborate the contents of my speech, by myself in front of my father in the coffin.


2018-08-04 『私も滅多に見たことがない、満面の笑顔の父です』 [長年日記]

(2)本葬の喪主挨拶

(2)Greeting from the mourning of the funeral

『本日はお忙しいところ、お集り頂き誠にありがとうございます』

"Thank you very much for your time, even you are busy today"

『生前は、父、江端一夫と、親しくして頂き、本当にありがとうございました』

"I really appreciated it that you had a close relationship with my father, Kazuo Ebata"

『本日お集りの皆様のお顔を拝見致しますに、皆様、私のご身内といっても良い方々のようです。ですので、ここからは、気軽に、皆さんと父を思い出していきたいと思います』

"Now I am looking your faces today, I think that all of you are almost my family. So from now, I would like to feel free to remember father with you"

-----

『うちの父は、息子から見ても、結構、無茶なことをする人だったように思います』

"My father seems to have been quite active, even from his son's view"

『例えば、小学生であった私を、腰まであるような雪を掻き分けて、川場の釣りのポイントまで連れていき、極寒の中で川釣りに付き合わせるとか・・・子ども心に、"なんてところに連れていくんだ"と思ったものです』

"For example, when I was a primary school student, my father pulled me through deep snow and brought me to the point of fishing around a river, and let me fish in the extreme cold, Though I was a child, I thought "what on earth is he thinking ?"

『しかし、私は、父が、単純に、善意で、"自分が楽しいと思えることを、他の人にも楽しんで貰いたい"という思いで溢れていただけ、ということも知っていました』

"However I knew well that he was overflowing with is mind, "he would like others to enjoy what he felt fun".

『父を語る言葉があるとすれば、自分の思いを、真っ直ぐに ―― 時々迷惑だったりしましたが ―― 相手に届けようとする"誠実"。それが、父の本質であったと思います』

"If there is a word to express the father, it must be "honesty",to try to deliver his thoughts straight to the others --- sometimes it was annoying. I think that was the essence of my father.

『"誠実であること"は、多くの場合、損をすることが多いものです。特に会社を経営していた父にとっては、良いことばかりではなかっただろうと思います』

"To be honest" is often a lot of losses. Especially for my father who had operated the company, I think that it was not all good for him.

『しかし、私もこれまでの人生で、"誠実であること"が"誠実でないこと"に、決して負けるものではないことを知るに至っております』

"However, in my life, I have come to know that "honesty" is never inferior to "not honesty"

『そして、誠実であり続けた父の人生こそが、ここにいる皆さんから親しくして頂けたことの、何よりの証明であると思っています』

"And I think that my father's life that has been honest, is the utmost proof of what he got friendly from all of you.

『それを、今、私の胸に強く焼きついて、私のこれからの人生、一生持ち続けていこうと思っております」

"I will burn it strongly to my heart now, I think I will keep it in my future life"

-----

『さて、皆様には、父とのお別れの際に、父の顔をご覧頂くことになると思うのですが、・・・ なんとなく、父の顔、生前よりも"かっこいい"感じがして、私なんかは違和感を感じるんです』

"Well, I would like you to see the father's face after my greeting, I am afraid that my father 's face feels "cool" than before, and I feel a sense of incompatibility"

『そこで、皆さんにお願いなのですが、皆さんには棺の父の顔ではなく、この遺影の父の顔を、皆さんと思い出ともにお持ち帰り頂きたいのです』

"So, I would like to ask you that you will take my father's memory with this father's picture, not that of the coffin.

"My father with smile full faces, I have rarely seen.

どうか、この父の笑顔を覚えていて頂けますよう、お願い申し上げます』

Please remember this father's smile"

-----

『簡単ではございますが、喪主の御礼と挨拶とさせて頂きたいと思います』

"It is easy, however I would like to express my gratitude and greetings to you"

『本日は誠にありがとうございました』

"Thank you very much for today"


2018-08-05 宗派、家紋、親戚縁者、出席者 社会的ステータス ―― 一切興味なし。 [長年日記]

今回、人生で始めて「喪主」というものをやったのですが、ほとんどの準備は、葬儀サービス会社がやってくれました。

I worked as "mourners" for the first time in my life, but most preparations were done by a funeral service company.

私は、工場の製造ラインの上を動く「缶詰」になったような気分でしたが、心底助かりました。

I felt like I was "canned" moving over the factory's production line, but honestly I was relieved with my heart.

何をしたら良いかは、全部、葬儀会社の人が教えてくれて、メニューを選ぶだけで、トントンと葬儀の準備が進行していくので、随分、ラクができました。

The persons of the funeral service company advised what I should have done, and the preparation for the funeral progresses. S I was given a lot of ease.

普段から、高速化、効率化、省コスト化を、骨の髄まで叩き込まれている、システムの研究員にとって、

For researchers in the system, which are pushed down to the brain's mind, to speed up, to increase efficiency, to save costs usually, I think,

『このように体系化された葬式システムから学ぶものは多い』

"There are so many things to learn from this structured funeral system"

と思います。

-----

まあ、これは、私の職種だけでなく、私のマインドに因るところも大きいと思います。

Well, I think that this is due not only to my job, but also to my mind.

宗派、家紋、親戚縁者、出席者 社会的ステータス ―― 一切興味なし。

I don't care about sects, family crests, relatives, attendees social status at all.

葬儀会場の規模、意匠、供花、電報、お坊さんの説教、なにもかもが、私の琴線に触れません。

I am not interested in funeral hall location, design, flower arrangement, telegram, monk's sermon, etc.

正直、私は、「父とのお別れ会」をしたいだけで、それ以外なものは、全部オマケみないなものです。

To be honest, I just wanted to do a "farewell party with my father", but the others were out of my scope.

-----

とは言え、父は、私の個人的な所有物ではありません。

Nonetheless, my father is not my personal possession.

父は、父の人生とともに歩んで頂いた方達のものでもあります。

My father had walked with others for his life.

だから、私がワガママをいって自分勝手に振る舞ってはならないと思いますし、その方たちに、父とのお別れの機会を提供するのは、喪主の勤めだと思っています。

So, I do not think I should go behaving selfishly, and I think that providing the opportunities for farewell to his father is the work of the mourner.

-----

加えて、葬式というのは、故人とその血縁者ののステータスを客観的に示す場である ―― これは否定できないと思います。

In addition, the funeral is a place to objectively show the status of the deceased and its relatives - I cannot deny the fact.

会場が大きくて、供花が多くて、参列者が多い、というのは、故人の信用であり、家族の誇りでもあります。

A big venue, many flowers, and many participants will show the credit of the deceased and a pride of the family.

特に、血族関係が重要な意味をもつ、資産家、政治家、会社や店舗の経営者などでは、「後継者の披露」という意味合いもあるでしょう。

Especially for asset owners, politicians, executives of companies and shops, where blood-related relationships have important meanings, there may be implications of "showcase of successors".

これは、結婚式などにおいても同じことです。

This is the same in wedding ceremonies as well.

これらの考え方は、個人の主義主張は勿論、その地域の文化は風習にも根差しており、粗末に扱って良いものでもないでしょう。

These thoughts are based on as individualism's assertiveness, or rooted in customs in the regional culture. So I don't think that we make them poor.

-----

それでも、なお、私は、それらの全てが「故人の意思」を越えるとは思っていません。

Even so, I still do not think that all of them will go beyond the will of the deceased.

「故人の意思」に反する葬儀は、許されるべきではありません。

The funeral against "the intention of the deceased" should not be forgiven.

(続く)

(To be continued)


2018-08-06 『死んだ後ですら、会いたくない奴』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

さて、この機会に、今ここで「私は、自分の葬儀をしない」ことを宣言します。

Well, on this occasion, now I declare "I will not do my funeral".

これは、

This does not means,

「自分の葬儀をしなくていい」

"I decline my funeral"

ではなく、

but

「自分の葬儀の実施を、絶対的な意味において、拒否する」

"I refuse to implement my funeral in an absolute sense"

という意味です。

もちろん、私が最期に会いたい人が、葬儀に来て頂ける分には、とても嬉しいのです。

Of course, I will feel very happy, a people I want to meet, comes to meet me.

しかし、本当にわずかな数ですが、私には、

However, although it is a really small number, there are

―― 『死んだ後ですら、会いたくない奴』

"the persons who I don't meet even after my death"

がいるのです。

私は、そいつに、上から目線で(私は棺の中にいるから、そうなりますが)、悔やみなんぞを言われることに、想像するだけでも、耐えられません。

I cannot bear, the person will say condolences and look down on me (because I will be in a coffin), even if it is an imagination.

なにしろ、死んでしまった私には、棺の中から、そいつに、

Anyway, I will not able to shout from inside the coffin,

『帰れ! バカヤロー! どの面さげて来やがった』

"Go home! Idiot! Why did you come here?"

と、叫ぶことができないのです。

これは、実に悔しいことです。

This is really frustrating.

加えて、そういう奴に限って、ふてぶてしくも「江端が、心の底からそいつを嫌悪、憎悪していた」ということに気がつかない奴だったりするのです。

In addition, the guy is subject not to notice that "I hated and hatred him from the bottom of my heart"

下手すると、「江端に頼られていた」だの「江端とは腹を割った付き合いをしていた」とか、ありもしないフィクションをと他の人に触れ回りかねないのです(そういう奴だからこそ、嫌悪、憎悪することになるのですが)。

They guy might say that "I was dependent on Ebata" and "We are real best friends" with saying a lie in peace.(Because I will hate or hate them).

(続く)

(To be continued)


2018-08-07 私なら『私(のような奴に)こそ、葬儀に来て欲しくない』と思う。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

そういう奴の存在は、私の家族の信用をも、暴落させかねません。

The existence of such a person can cause the crush of my family.

-----

当初は、予め「参列拒否リスト」を作成しておけば良いかな、とも思いました。

Initially, I also thought that it would be good to prepare a "black list" in advance.

しかし、そのような面倒な任務を、私の葬儀の喪主にさせるのは申し訳ないです(葬儀会場で騒動になるだろうし)。

However, I am sorry to have such a troublesome task as a mourner of my funeral(It will be a fuss in the funeral hall)

また、「参列拒否リスト」が存在するというだけで、大抵の参列者は、恐怖を感じて出席を辞退することになるでしょう。

Also, most participants will fear and decline attendance, because of the black list.

結局、「葬儀不成立」となり「葬儀をしないこと」と同じことになりそうです。

After all, the "funeral" will not be established.

-----

さらに、この「参列拒否リスト」は、皮肉なことに、私にブーメランのように戻ってきます。

In addition, this black list is ironically returning to me like a boomerang.

―― お前(江端)が、「参列拒否リスト」に入っていない保証が、どこにある?

"Where is the guarantee that you (Ebata) is included in the black list?"

ということです。

私なら『私(のような奴に)こそ、葬儀に来て欲しくない』と思う。

For me, I think "I do not want the guy like me, to come to the funeral."

実際のところ、「参列拒否リスト」を準備している人、あるいは準備しないまでも内心では準備したいと思っている人は、ゼロではないと思います。

As a matter of fact, I think that people who are preparing for the black list or who want to prepare it in their mind, are not zero.

しかし、故人の心に閉じ込められている「参列拒否リスト」の内容を、喪主が推測することは、不可能です。

However, it is impossible for the mourner to guess the black list in the hearts of the deceased.

これらの検討から導かれる結論は、自分の死後について、自分の意思を貫く為には、強い意思で、自分で相応の覚悟をしなければならない、ということであり、つまり、

The conclusions drawn from these studies are that I have to make a reasonable effort by myself with a strong will, about my own death. that means,

―― 葬儀の実施の拒否

"Rejection of funeral practice"

です。

-----

という話を、嫁さんにしたら

When I told this story to my wife, she said

「ああ、『直葬(ちょくそう)(*)』ね」

"it is a "direct burial" isn't it?"

と、言われました。

(*)通夜式や告別式などの儀式を省き、ごく親しい数名で火葬のみを行う葬儀

(*)A ceremony with a few close friends, omitting wake and funeral

(続く)

(To be continued)


2018-08-08 『これを読んだら、とっとと失せろ』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

ネットで調べると「直葬」の情報については沢山でてきます。

When I look it up on the net, I will have plenty of information about "direct burial".

直葬を選ぶ人の理由は、

The reason why people can choose "direct burial",

(1)経済的事情(お金がない)

(1) Economic circumstances (there is no money)

(2)宗教観の変化(特に信仰がないからお坊さん呼ばなくていい)

(2) Changes in the view of religion (I do not have to call a monk as there is no faith in particular)

(3)人間関係の希薄化(参列者がいないからお葬式やらなくてもいい)

(3) Dilution of human relations (Since there is no participant, it is not necessary to do a funeral)

で、それぞれ、もっともな理由です。

And, each is a good reason.

私の場合は、(2)(3)ですね。

In my case, it is (2) (3).

(1)のようにお金がなくなるかもしれませんが、金があるなら「普通の葬儀をやったと思って、その金で、海外旅行でもして、現地の言葉や文化を学んでこい」と勧めます。

As in (1), money may be gone, even if I have money, I will recommend going an overseas trip and learning a language and culture of the country with the money for my family

都心部に「直葬」を選ぶ人が多いようです。都市部は、そういう「しがらみ」を避ける傾向がありますから。

Many people in the city center seems to choose "direct burial". Because urban areas tend to avoid such "disturbance".

逆に言えば、地方では「直葬」をやりにくいということでしょう。親類縁者は勿論、近所の人からのクレームもあるそうです。

Conversely, in rural areas it will be hard to do "direct burial". There are complaints from neighbors as well as relatives.

「何かをやらない」ということが、「何かをやる」のと同程度、あるいはそれ以上のエネルギーが必要なこともあります。

"Do not something" may require the same or even more energy than "doing something".

『私一人なら、トコトン世間と闘ってやるわい!』と思うのですが、闘うのは、「私」ではなくて、「遺族」になる、というのが、最大の難点です。

Even if I am alone, I will accept a challenge to a quarrel. However in this case, the target will not be me but my "survivor".

-----

これらの話は、全て家族の了承済みです ―― 条件付きですが。

All these stories are acknowledged by family members - although conditional.

家族からは、『直筆で本人の意志であることを明確にしておけ』と、散々言われています(面倒なので、ここ数日間のブログを電子署名にすれば足るという方向で家族には納得して貰うつもりです。

My family has ordered me that "Make it clear by handwriting for our safety" (Because it will annoy me, I will tell them that digitally sign for blogs in the last few days, is enough.

で、その文面の最期には、文面の最期には、

In the end of the sentence, I will add the following sentences.

『私が葬式をやらないのは、私の死後に、私の家族を困らせるような、あんたみたいなヤツに、来て貰いたくないからだ』

"The reason I decided not to do my a funeral, is YOU, who annoys my family. I don't want you to come to me"

『これを読んだら、とっとと失せろ』

"After reading this, go away"

と、付け加えておきます。

(続く)

(To be continued)


2018-08-09 ―― 別段、神様なんぞいなくても、私たちは、今の私たちになることができた [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

どうも、私は、自分でも気がつかないうちに、唯物論者になってしまっていたようです。

Before I realized, I seem to have become a materialist.

ただ、無神論者というような感じでなく、

However, I think that I am not someone like an atheist. but I also think

―― 神様がいると主張する人も、いないと主張する人も、好きなように主張すれば良いと思う(時間の無駄とは思うが)

"Both people who claim "God exists" and people who claim "God doesn't exist" might insist on their intention (even if it is a waste of time)

―― 神様がいるのか、いないのか、ぶっちゃけ、私にはどーでもいい(興味がないし、知りようもないし、期待もしていない)。

"I do not care whether there is a God or not, (I am not interested in it , I do not know it, and I do not expect it).

―― ただ、『神さまがいない』と考える方が、私には「理解しやすいことが多い」とは思う

"However in my case, I think that it is easier to understand, if there is no God

というような、ゆるい唯物史観です(聖書とか神話の話は、物語としては好きです)。

It is a loose material historical view (however I like a Bible or myths as stories).

-----

この私特有の唯物史観が、どこから始まったのかな ―― と、そのルーツを辿ってみると、「ニューラルネットワーウ」と「遺伝的アルゴリズム(GA)」だったりします。

I wonder when I started my this unique materialism historical view. It was the time I met "Neural Network Wah" and "Genetic Algorithm (GA)".

大学院生の時代に、アホみたいに単純なニューロのモデル(ノード数7つ程度)でも、空間の非線形分離ができた(XOR問題)という事実が、私の与えた衝撃は、本当にもの凄いものだったのです。

In my era of graduate students, it was really dramatical impact for me that even more simple Neural Network with seven nodes, could realize nonlinear separation of space (XOR problem).

たった7つのニューロで、非線形分離(高次元のグルーピング)ができるのであれば、

If nonlinear separation (high dimensional grouping) was possible with only seven neurons, we, human beings who has

■1000億のニューロと150兆のシナプスを持つ人間の脳と、

- Human brain with 100 billion neuros and 150 trillion synapses,

■完璧な人間な設計図を記載する0.75GBのDNAマップと、

- A 0.75GB DNA map describing a perfect human blueprint,

■自然環境という自然淘汰プロセス

- Natural selection process of natural environment

が備わっていれば、

―― 別段、神様なんぞいなくても、私たちは、今の私たちになることができた

"even if we do not have a god, we could make us "as is""

と、思えてしまったのです。

I came to think that.

(続く)

(To be continued)


2018-08-10 この想いがあれば、それだけでいい [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

これ以外にも、「死後の魂」は「生前の心」である、という考え方もあります。

Besides this, there is also the idea that "the soul after death" is "the mind of life".

しかし、あなたも、心療内科で出してくれるクスリが、こうも簡単に人間の心の状態を変化させることを知れば(実体験すれば)、

However, if you know that medicine that you give from a psychosomatic department can changes the state of the human mind easily,

「人間の心は、薬物で簡単にコントロールできる程度の『化学変化』の状態の一つに過ぎない」と思い知ります。

you will think that the human mind is only one of the states of "chemical change" that it can easily be controlled with medicine.

で、私は、考える訳です。

So, I am thinking about this fact.

―― 薬物でコロコロと変化する程度のもの(「心」)が、死後の「人間の魂」?

"human soul after death" is easy changeable even by medicine?"

うん、ダメだ。自分で、自分で欺くことすらできない。

Well, no way. I can not even deceive me by myself.

こんなものが「人間の魂」であるなら、

If such a thing is "human soul"

『空中で浮遊している魂は、殺虫剤で成仏させられる』

"The soul floating in the air can be rested in peace by insecticide"

と思う。

I think that.

-----

私には『人間の死と、パソコンのシャットダウンとの間に、大した差はない』と、思えてしまうのです。

I come to think that "there is no big difference between the death of a human being and the shutdown of a personal computer."

差があるとすれば、人間の死には「再起動がない」という点であり、

If there is a difference, it is the point that human death is "there is no restart"

重要なのは「亡くなった人と二度と会えない」というその一点で、

It is important that only one point "I can never meet a deceased person"

「これまで色々なことがあった」「寂しい」「できるなら、もう一度会いたい」であって、そして、

"we had lots of things", "I am lonely" "I want to see you again if I can, and

―― それだけでいい。

"That's all"

この想いに「神」やら「宗教」やら「仏事」なんぞ、余計なものが入ってくるんじゃねえ、と、思うのです。

I don't need unnecessary things like, "God" or "religion" or "Buddhist service" at all,

-----

私は、年3回の連休と、2ヶ月に1回程度しか、実家に帰省しない身の上でありましたが(姉が、頻繁に父のもとに行っていました)

I returned to my parents house once two months and 3 consecutive holidays a year (my sister frequently went to my father)

■居間で、終日テレビの前に座ってぼーっとテレビを見つづける父の様子を見ながら、となりの部屋のキッチンで、パソコンで原稿を執筆している時間が好きだったし、

In the kitchen, I liked the time writing the manuscript with a personal computer, with looking at my father who was sitting in front of the TV all day in the living room

■毎日の父の料理の献立を考える時間が好きだったし、

"I liked the time to think about the menu of my father's dishes,"

■一言の会話もなく、父と差し向かって一緒に食事をする時間が好きだった(父が完食すると、小さくガッツポーズしたものです)

I liked the time to eat together with my father without a single word of conversation (and when my father completed the dish, I made a small guts pose)

-----

私は、父と過したあの時間が好きだったし、そして、これから、あの時間を過せないと思うと、とても、とても、寂しい ――

I liked that time I had with my father, and I feel very, very lonely that I can not have that time again,

この想いがあれば、それだけでいい。

Only this feeling is my pleasure.

それで十分です。

That is enough.


2018-08-11 「声優の花澤香菜さんに、国民栄誉賞を」 [長年日記]

Previously, I wrote a diary saying "Ms. Miyuki Nakajima of the singer should be given a national honor award."

-----

ところで、今週だけでも、

Even for just this week, I was

■シュタインズ・ゲート ゼロ 第17話 の 「椎名まゆり」 の台詞(セリフ)に涙して、

teared by the phrase of "Mayuri Shiina" of Stein's Gate Zero 17th episode

■働く細胞 第5話 の 「赤血球」の 叫びに 大爆笑しました。

burst into laughter by the shout of "red blood cell" of "working cell" the 5th episode.

それ故、

Therefore, I think that,

これまでも、数えきれないほどの、様々なアニメのキャラクターに息吹を与えて続けてきた、

Ms. Hanazawa Kana, voice actress who has continued giving breath to countless animated characters,

「声優の花澤香菜さんに、国民栄誉賞を」

should be given a national honor award.

と思うのです。

-----

日本のアニメは、もう「サブカルチャー」から、「サブ」を取っても良い段階に入っていると思うのです。

I think that animation in Japan is already on a stage, to remove "sub" from "subculture"

是非、その契機として、一ついかがでしょう?

How do you think that this a good chance ?

歴史に名前を残せると思います > 内閣総理大臣殿。

I think that you can leave my name in history > M. Prime Minister of Japan.


2018-08-12 問題は、「父が、父自身であったこと」の証明です。 [長年日記]

父の死去に伴い、母に、父の貯金や保険を相続させる必要がありますが、現在、母は施設に入所中です。

After my father's death, both my sister and I have to do the procedure about his account and insurance for my mother. However mother is at a home for the old.

その為に、父の葬儀直後から、姉と私が、母の代理人として動かなければなりませんでした。

So we had to work as agents of my mother just after my father's funeral.

多くの人が書き残していますが、ここから最も大変な作業は、私達が、法律上、100%疑いなく父の子であり、100%完璧な母の代理人適格を有することを証明することなのです。

Though, Many people had already written it, the most difficult procedure is to prove that "we were real father's children, and we have proper qualify as my mother's agent.

-----

私が、法律上、父の息子であることを証明するにはどうしたら良いか。

How can we prove that we were real father's children at law ?

これは、父の戸籍謄本をとってきて、私(と姉)が、(結婚によって)除籍されていることと、また、私が私の戸籍謄本を取ってきて、私(と姉)が、(結婚によって)新しい籍に属していることを示せば足ります。

This is not so difficult. We can show the copy of my father's family register, and deacquisition of both my sister and me. In addition, we can show the copy of my family register and I have already made a new census register.

問題は、「父が、父自身であったこと」の証明です。

The problem is to prove "my father was himself"

これを証明する為には、父の出生まで遡って、書類を揃える必要があるのです。

In order to prove this fact, we have to gather all document of his census register as his birth records.

私は葬儀の翌日、姉とともに市役所に行き、父の(死亡の)除籍謄本を手に入れます。

The next day of the funeral, my sister and I went to the city hall to remove my father's name from the register.

さて、次に、私は、父の実家のあった役所に出向いて、その書類を手に入れなければなりません。

Next, I had to go the city hall of my father's family home, and get his census register for his birth certificate.

ここからは、私は姉から車を借りて、スマホのGPSとGoogleMAPの指示されるがまま車を運転して、1時間半かけて、父の実家の役所に到着しました。

I borrowed the from my sister, and drove the car, given into smartphone GPS and Google map and arrived at the city hall after one-half hour.

流石に、役所の人は、慣れているようで、サクサクと作業してくれましたが、ここで私は、以外な事実を知ることになります。

As is to be expected, the office seemed to be used to their works. I came to know an unexpected fact here.

この役所の管轄する場所が、父の出生地ではなかったということです(父は、引越しをしていたということです)。

The place where the city hall manages was not my father's birth place(that means. my father had moved before)

江端:「あの、それは、さらに別の役所に出向かねばらないということでしょうか」

Ebata:"You said that I have to go another city hall from now, don't you ?"

役所の人:「そうです」

The office:"Yes, it is"

江端:「次の役所で、このツアーは終わりになるでしょうか」

Ebata:"Can you assure that the next city hall will be the terminal ?"

役所の人:「いえ、その役所で手に入れた戸籍に、さらに以前の戸籍があることが分かれば、そこに行って頂く必要があると思います」

The office:"No, we can't. If you find the new information of register, I am sorry but you should go the next city hall"

江端:「それは、ここ(役所)では、分からないのですが」

Ebata:"Can you check the information here"

役所の人:「分かりません。ここでは、この地区で管轄している情報しかないからです」

The officer:"No we can't. We have just information that belonged in the competence of this city hall"

まあ、そりゃそうだよな、と思いました。

I thought that it was natural.

(続く)

(To be continued)


2018-08-13 ―― 父は、こういう風景を見ながら、人生を送ってきたのか [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私は、姉に電話を一本入れて、『今日中に相続関係を片づけるのは無理そう』と連絡して、ツアーを再開しました。

After calling my sister, and telling "might be impossible to finish it", I restarted the cruise.

私は、次の役所を目指して、父の出所を求めて、山の中の道を通り抜け、海岸線を走り、工業地帯を抜けて、車を走らせました。

In order to find my father's birth place, I drove the car to arrive at the next city hall, through a wooded area, along a coast, and in an industrial zone.

殺人的な酷暑の太陽光線の中の移動ではありましたが、車の中はクーラーが付いていて、ツアーそのものは、それなりに楽しめました

The cruise was done under the killing shining in the murderous heat, however I could enjoy driving in the air-conditioned car.

-----

I thought

―― 父は、こういう風景を見ながら、人生を送ってきたのか

"My father had lived his life, watching these landscapes"

と、父の人生の足跡を辿るような気持ちで、車を運転していました。

with driving as following his tracks of his life.

-----

幸いなことに、父の出生地へのツアーは、次の役所の戸籍で「終了」となったのですが、戸籍謄本を見た私は、正直ビックリしました。

Fortunately, the cruise was terminated at the next city hall, however when I read the copy of family register, I was really surprised.

一つの戸籍に、十数人以上が属しており、何枚捲っても父の名前が登場してこないので、ドキドキしていました(随分後ろの方に出てきましたが)。

There was over ten people names in the copy, I felt in suspense that it was almost impossible to find my father's name. (Finally I could find it at the bottom lines.)

I understood that

■一つの戸籍に、少くとも3つの家族属しており、一つの家族に子どもの数が5~6人も存在している

There were three families in the same place, and one of the families had several children.

■「家族」というよりは、「クラス」または「集落」

There were almost "class" or "colony" not "family"

その書類の中には、『少子化』という概念は、一欠片も存在していませんでした。

At least, in the copy, I could not find the concept of "declining birth rates".

-----

なんやかんやで、私は4時間くらいかけて、父の実家の半島をグルッと回り、手に入れた書類の束を助手席に置きながら、帰路に就きました。

After all, I continued the cruise about four hours and drove around the peninsula of his birth place. And I could start on my return home.

父の人生に比べれば、ほんの微かな時間のことだと思いますが ――

This time was scant rather than the period of my father's life, however,

父の半生の(超早送りの)レビューができたような気がして、私は楽しかったです。

I could enjoy the cruise because I had a feeling that I could play back his life quickly.