2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2018-08-10 この想いがあれば、それだけでいい [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

これ以外にも、「死後の魂」は「生前の心」である、という考え方もあります。

Besides this, there is also the idea that "the soul after death" is "the mind of life".

しかし、あなたも、心療内科で出してくれるクスリが、こうも簡単に人間の心の状態を変化させることを知れば(実体験すれば)、

However, if you know that medicine that you give from a psychosomatic department can changes the state of the human mind easily,

「人間の心は、薬物で簡単にコントロールできる程度の『化学変化』の状態の一つに過ぎない」と思い知ります。

you will think that the human mind is only one of the states of "chemical change" that it can easily be controlled with medicine.

で、私は、考える訳です。

So, I am thinking about this fact.

―― 薬物でコロコロと変化する程度のもの(「心」)が、死後の「人間の魂」?

"human soul after death" is easy changeable even by medicine?"

うん、ダメだ。自分で、自分で欺くことすらできない。

Well, no way. I can not even deceive me by myself.

こんなものが「人間の魂」であるなら、

If such a thing is "human soul"

『空中で浮遊している魂は、殺虫剤で成仏させられる』

"The soul floating in the air can be rested in peace by insecticide"

と思う。

I think that.

-----

私には『人間の死と、パソコンのシャットダウンとの間に、大した差はない』と、思えてしまうのです。

I come to think that "there is no big difference between the death of a human being and the shutdown of a personal computer."

差があるとすれば、人間の死には「再起動がない」という点であり、

If there is a difference, it is the point that human death is "there is no restart"

重要なのは「亡くなった人と二度と会えない」というその一点で、

It is important that only one point "I can never meet a deceased person"

「これまで色々なことがあった」「寂しい」「できるなら、もう一度会いたい」であって、そして、

"we had lots of things", "I am lonely" "I want to see you again if I can, and

―― それだけでいい。

"That's all"

この想いに「神」やら「宗教」やら「仏事」なんぞ、余計なものが入ってくるんじゃねえ、と、思うのです。

I don't need unnecessary things like, "God" or "religion" or "Buddhist service" at all,

-----

私は、年3回の連休と、2ヶ月に1回程度しか、実家に帰省しない身の上でありましたが(姉が、頻繁に父のもとに行っていました)

I returned to my parents house once two months and 3 consecutive holidays a year (my sister frequently went to my father)

■居間で、終日テレビの前に座ってぼーっとテレビを見つづける父の様子を見ながら、となりの部屋のキッチンで、パソコンで原稿を執筆している時間が好きだったし、

In the kitchen, I liked the time writing the manuscript with a personal computer, with looking at my father who was sitting in front of the TV all day in the living room

■毎日の父の料理の献立を考える時間が好きだったし、

"I liked the time to think about the menu of my father's dishes,"

■一言の会話もなく、父と差し向かって一緒に食事をする時間が好きだった(父が完食すると、小さくガッツポーズしたものです)

I liked the time to eat together with my father without a single word of conversation (and when my father completed the dish, I made a small guts pose)

-----

私は、父と過したあの時間が好きだったし、そして、これから、あの時間を過せないと思うと、とても、とても、寂しい ――

I liked that time I had with my father, and I feel very, very lonely that I can not have that time again,

この想いがあれば、それだけでいい。

Only this feeling is my pleasure.

それで十分です。

That is enough.