0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|

2019-05-01 「東京ディズニーランドの横に、日本最大のDIYショップを併設し、相互出入り可能な状態にする」 [長年日記]

私は、これまで、中部→関西(学生時代)→関東と居所を移動してきました。

So far, I have moved from Chubu → Kansai (student age) → Kanto.

この中でも、中部地域に、DIYショップが多いような気がしています。

Among these, I feel that there are many DIY shops in the central area.

ちょっと調べてみたら、やっぱり予想通りでした。

After a little research, it was as expected.

私の出身地(の県)は、 ぶっちぎりで日本一のDIY出店数を誇っています。

My (prefecture) of hometown is proud of the number of DIY stores in Japan.

-----

子どものころから、ちょっとした配線工事、水回りの修理、庭の手入れは勿論、棚、机くらいは、自分で作ってしまいました。

Since I was a child, I made some wiring work, water repair and garden maintenance, as well as making shelves and desks by myself.

私の回りも、そんな感じだったような気がします。

I felt that my surroundings were similar.

中学生の頃には、屋根に登ってアンテナの設営もやっていました(以前、自宅での設置を自分でやろうとしたら、嫁さんに止められましたが)

When I was in junior high school, I climbed the roof and set up the antenna.(When I tried to set it up at home recently, I was stopped by my wife.)

「テレビの配線の為だけに、電気屋さんを呼ぶ」などというイベントは ―― 『大きなお屋敷に住んでいる、お金持ちだけの話だろう』と、信じていました。

I believed that "It would be a story of a rich man living in a big house" about "calling an electrician just for television wiring”

嫁さんの実家での話を聞いて、そうでもないことを知るに至りましたが。

I heard the story of my wife's parents, and I knew that I misunderstood.

-----

DIYショップに近づくとワクワクします。

I am excited when I approach a DIY shop.

巨大なDIYショップになると、そのワクワク感はさらにアップします。

When it becomes a huge DIY shop, the excitement is further increased.

基本的に、私は、何か問題が発生した時に、その問題を解決する為にDIYショップに行きます。

Basically, I go to the DIY shop to solve the problem when something goes wrong.

しかし、DIYショップの物品を眺めていると、別の解決方が思いついて、それが、また、なんとも言えないほど楽しいのです。

However, when looking at the goods of the DIY shop, another solution comes to mind, and it is also so much fun.

-----

DIYショップに陳列されている工具も、私を楽しませてくれます。

The tools displayed in the DIY shop also entertain me.

以前記載しましたが ――

I have mentioned it before-

- The "electric chain saw" has turned a huge garden tree into a piece of wood in less than an hour,

- "Hydraulic jack" lifts the car of my family lightly, and the replacement of the snow tire will be completed within 30 minutes.

業者に頼むことを考えれば、コストパフォーマンスは圧倒的ですし、それ以上に、これらの作業は、それ自身が楽しいです。

The cost performance is overwhelming when I ask the contractor, and moreover, these tasks are fun for myself.

-----

ただ、まあ、これらが「万人にとって『楽しい』」というものではないことも分かってはいます。

However, I also know that these are not "fun" for everyone.

私にとって、ショッピングモールとは、書店とレストラン以外は、単なる店舗ですし、アミューズメントパークは、待ち時間0分でない限り、単なるストレス発生装置です。

For me, shopping malls are just stores, except bookstores and restaurants, and amusement park is just a stress generator, unless it is waiting for 0 minutes.

という訳で、今回も、

So, this time,

「東京ディズニーランドの横に、日本最大のDIYショップを併設し、相互出入り可能な状態にする」

"Next to Tokyo Disneyland, a Japan's largest DIY shop will be added and making it possible for mutual access."

という、約100回目の提案を、試みたいと思います。

I would like to try about the 100th proposal.

一定のニーズは、あるようにも思うんですが、どうでしょうか?

I think there are certain needs, but how about that?


2019-05-02 ―― 「冬のソナタ」って、本当に凄いんだな [長年日記]

I told you about the task of installing "Winter Sonata" in "FIRE 7" (Anyway, I did).

まあ、mp4形式のファイルに変換する方法やら、字幕を焼きつける処理を試行錯誤しながら、まあ、なんとかインストールの目処は立ちました。

Well, the installation is going, while trying and erroring how to convert to mp4 format file, and process to burn subtitles.

----

一応、私向けのメモ

■"Handbrake"の"Audio"の"source"で音声変更

■字幕は、"subtitle"の"Add track"で"Add new track"を専攻して、"source"から、字幕を選んで、(ここ重要→)"Burn in"にチェックをすること

-----

ただ、この作業を妨害する者がいました ―― 嫁さんです。

However, there was a person who obstructed this work --- who is my wife.

私は、操作を教えて貰う為に、嫁さんに、"FIRE 7"を渡しました。

I passed "FIRE 7" to my wife in order to be taught the operation.

しかし、嫁さんは、"FIRE 7"の操作の練習どころか、"FIRE 7"を膝において、「冬のソナタ」を見ながら ―― さながら、ソファの上で固まっている石のようです。

However, against practicing the operation of "FIRE 7", my wife watched "Winter Sonata" with "FIRE 7" on the knee. It was like a stone that is solid on the sofa.

-----

―― 「冬のソナタ」って、本当に凄いんだな

"Winter Sonata" is really amazing.

と、改めて驚きました。

I was surprised again.

Wikipediaには、

In Wikipedia,

『2003年から2004年に日本で放送され、「冬ソナ現象」と呼ばれるほどの大ブームを巻き起こし、日本で韓流ドラマが認知されるきっかけとなった』

"It was broadcasted in Japan from 2003 to 2004, causing a big boom called" Winter Sona phenomenon ", which triggered the recognition of Korean drama in Japan"

と記載されていました。

It was stated that.

さすが、我が国の多くの人(特に女性)を熱狂させたコンテンツだ、と思いました(ちなみに、私は未視聴です)。

Indeed, I thought that the content was an enthusiasm for many people (especially women) in our country (in addition, I have not watched them yet).

-----

この1つのDVDの「冬のソナタ」を、3つの種類のファイル変換する作業は、単純時間で、2時間15分ほどかかります。

The work to convert three types of files from this one DVD "Winter Sonata" takes only 2 hours and 15 minutes in simple time.

今、私の目の前には、「冬のソナタ」と「カルテット」というドラマのDVD合わせて、10枚が山のようになっております。

Now, in front of me, there are 10 mountains, including the "Winter Sonata" and "Quartet" DVDs.

今から、22時間30分の作業が始まります。

22 hours 30 minutes will start from now

(もっとも、ほとんどは待ち時間ですが)。

(Although most are waiting time).


2019-05-03 ―― ドーベルマン刑事に登場していたほど、我が国は激しくには悪者あつかいされていない [長年日記]

私が、小学生のころ「ドーベルマン刑事(でか)」という漫画がありました。

When I was in elementary school, there was a cartoon called "Doverman detective".

その頃、日本は、70年安保闘争の最中(というより終期?)であり、その漫画の中でも、反米、特に、在日米軍を「悪者」と見たてたストーリーが多かったように思います。

At that time, Japan was in the midst of a 70-year security struggle (or rather the end?), in the cartoons, I think there were many stories that saw anti-Americans, especially the US forces in Japan, as "bad guys."

-----

近年、日本は、近隣諸国と政治的に上手くいかないことがあります。

In recent years, Japan may not go along politically with neighboring countries.

いわゆる「反日感情」において、双方の一部の人間たちの、国民感情は悪化しているようです。

In so-called "anti-Japanese sentiment", it seems that the national sentiment of some people of both sides is getting worse.

但し、これって、(少なくとも私に関しては)Googleなどのネットニュースの影響が大きいような気がします。

However, I feel that the influence of Internet news such as Google (at least for me) is large.

とは言え、

However, I think

―― ドーベルマン刑事に登場していたほど、我が国は激しくには悪者あつかいされていない

"Japan has not been fiercely scolded as bad as in "Doverman detective".

とは思うのですよ。

まあ、「そんなことはない」という人もいるかもしれませんが、それは,私には、どうでもいいです。

Well, there may be people who say "no way" but it doesn't matter to me.

私が気になるのは、当時の、我が国の国民の「激烈な反米意識」に対して、米国の人たちは、どう思っていたか ―― ということなのです。

What I am concerned about is what people in the United States thought about the "strong anti-American attitude" of our nation at that time.

-----

調べてみたのですが、私は、当時の米国の国民の「対日感情」に関する情報が見つけられませんでした(政府間レベルの話はどーでもいい)。

I examined it, however I did not find information on the "American sentiment" of the people of that time(It does not matter if the intergovernmental level talk).

その当時、米国民は

At that time, Americans were

■そんな日本人のことを「不快」と思っていなかったのか、

- Didn't they think "offensive" against such Japanese people were

あるいは

or

■「そんなに米国が嫌いなら、友好条約も、安保(安全保障条約)も、とっとと破棄してしまえ」というような運動が出てこなかったのか、

- Did not such an exercise come out, "If they don't like the US so much, let's destroy the friendship treaty and the security treaty as well."

ということを、私は知りたいのです。

I want to know that.

-----

まあ、米国は、当時から現在にかけて、年がら年中、他の国の政府に干渉したり、戦争しかけたりと、とても忙しい国です。

Well, the United States is a very busy country, from that time to the present, such as interfering with the wars of other countries and wars all year round.

ですから、「70年代の反米」と「現在の反日」を同列で論じることはできないことは分かってはいるのですが、でも、「知りたいなぁ」と思っています。

So I know that it is impossible to discuss "the anti-US in the 70's" and "the anti-Japan" in the same line, but I think, "I want to know."

とりあえず、今後の私たちにとって、学ぶものがあるのか、全くないのか、くらいは、知りたいと思います。

First of all, I would like to know about what we can learn from now on or not at all.

-----

ちなみに、日本のマスコミが掲載する「日本が海外から賞賛される記事」も、よく見かけますが、この手の記事は「寒い」です。

By the way, "Articles that Japan is admired from overseas" posted by Japanese media often appears, but I think that this kind of article is "cold".

そういう記事を記載する国のマスコミと、そういう記事を読んで悦にいる国の読者は、『海外から賞賛されない』と思いますが、どうでしょうか。

I think that the mass media of the country which writes such an article and the readers of the country who are in the habit of reading such articles think" is not praised from overseas". How about that?


2019-05-04 ―― その学校は桃源郷か? [長年日記]

次女の学校(高校)では、

In the second girl's school (high school),

■先生が、自腹を切って、サイモン・シンさんの本を生徒に買い与え、

- The teacher spent his private expense and bought the book of Simon Lehna Singh to the students,

■NHKスペシャルの「映像の世紀」を見せ、

- showed the "Century of Image" of NHK Special,

■「不思議の国のアリス」の著者でもあったルイス・キャロルの数学の問題を宿題にする

- made homework assignments for Lewis Carroll's math problem who was also the author of "Alice in Wonderland"

ということをやっているらしい話をしました。

I have already told the above.

I thought

―― その学校は桃源郷か?

"Is your school Taoyuan?"

とも、思いました。

しかし、在学中の子どものビューと、保護者である大人のビューが違っているのは当然です。

However, it is natural that the view of a child in school is different from the view of an adult parent.

「事象の局面だけ切り取って、分かったように語る」というのは、大人の振舞いではありません。

It is not an adult's behavior to "cut out only the phase of an event and tell someone"

「人間は分かりあえない」をスタートとして、少しづつ分かりあうプロセスを試みるのが、大人というものです。

Starting with "I can not understand each other," adults are trying to understand each other little by little.

-----

まあ、多分、私も、高校生の頃には分からなかったことが沢山あるのだろうと思いますが ――

Well, maybe I think there are a lot of things I didn't know when I was a high school student

今なお、私は『あんな高校なんか、燃えてしまえば良かったのに』と思っている大人です。

However, still, I am an adult who is thinking, "I wish I had burnt that high school."


2019-05-05 私、「理系の女性 = 数学、理学部、情報科学(プログラミング)の女性」の設定のコンテンツは、もう飽きました。 [長年日記]

私、これまで、学生の頃にすんでいた学寮(自治寮)の話を書いていました。

I used to write about a dormitory that I used to live when I was a student.

本日、たまたま、寮内の風景と似ている映像を見つけました。

Today, by chance, I found an image similar to the landscape in the dormitory.

(Please be careful about the video with audio, )

階段とか、窓から見える屋根の形はとても似ているのですが、廊下の部屋の構成が違うので、あの寮のロケ映像ではなさそうです。

The shape of the roof seen from the stairs and windows was very similar, however the composition of the room in the corridor was different. It does not seem to be a location picture of that dormitory.

-----

この、Youtubeに出てくる「四畳半神話大系」は、私の読者の方から勧められた本の一冊です。

This "Yojo-Han Shinwa Taikei(Quaternary mythology)" on Youtube was a book recommended by my readers.

ただ、ちょっと文体が私の好みに合わなくて、読み切れませんでした。

However, the style was a bit different for me to read.

この度、たまたまアニメがあることを知りましたので、アニメの方を見ることにしました。

I happened to know that there was an animation, so I decided to watch the animation.

私、アニメの音声だけを聞きながの、コラム執筆やプログラミングは、比較的得意です。

I am relatively good at column writing and programming while listening to only the voice of animation.

-----

まだ第一話の半分も見ていませんが、

I haven't watched half of the first episode yet,

―― 工学部の女性のヒロイン

"Women's heroines of the Faculty of Engineering"

というのは、実にいいです。

is excellent.

私、「理系の女性 = 数学、理学部、情報科学(プログラミング)の女性」の設定のコンテンツは、もう飽きました。

I was already bored with the content of the setting “Women in Science = Women in Mathematics, Science, and Information Science (Programming)”.

これからは、

From now on,

■半田ごてを振り回して、電子回路を自作する女性

- a woman making electronic circuit by swinging soldering iron

■電動ノコギリを駆使して、屋外物置を完成する女性

- a woman who uses outdoor electric saws to complete outdoor storage

などのような、「工学部の女性」が、メインヒロインになるコンテンツを期待しています。

Such as, "Women of the Faculty of Engineering" are expected as the content to be the main heroine.

-----

By the way, I remembered this story while looking at this "Yojo-Han Shinwa Taikei".

But the story of "terrorist women" is commonplace.

その手の本は、ゲップが出るほど読み倒しましたので、私には、必要ありません。

I did not need to read the handbook because I read it down so much.


2019-05-06 ―― あいつ、子どもを連れ回して、子どもに説教垂れることでしか、自分を認定できなかったんじゃないのか? [長年日記]

私が小学校の頃、親戚の子どもたちを集めては、スキーだの、クリスマスだの、いろいろなイベントを企画する親戚の叔父(たち)がいました。

When I was in elementary school, there were uncles of relatives who organized various events, such as skiing, Christmas, to gather children of relatives.

その時、私は楽しかったとも思うのですが、素直に「楽しかった」と言い切れないところがあったと、ずっと引っかかっていました。

At that time, I think it was fun, but honestly there was a part that I could not say "it was fun", so I was stuck for a long time.

そして、今の私は、その叔父のことをこう思っています。

And now I think about that uncle.

―― あいつ、子どもを連れ回して、子どもに説教垂れることでしか、自分を認定できなかったんじゃないのか?

"Didn't he fail to certify himself, except for taking the child and preaching to the child?"

と。

-----

改めて考えてみると、その叔父、そうとう『気持ち悪い奴』です。

Thinking it again, that uncle was really "gross".

いい大人が、子どもと一緒のイベントを頻繁に企画するなんて、発想が『ガキ大将』じゃないですか。

It is a "bully" that a grown man frequently organizes events with their children.

で、いい大人は、当然、子どもよりも知識があるので、子どもを論破(説教)するのも簡単です。

Well, the grown man, of course, have more knowledge than children, so it's easy to refute children.

それで、『子どもに、人生を教えているような気になっている大人』って ―― マジ、大人げないですよ。

So, "an adult who feels like teaching a life to a child". Seriously, it is not adult.

-----

ところで、私は、子どもが苦手です。

By the way, I am not good at children.

ぶっちゃけ、自分の娘たち以外であれば、世界中の子どもに嫌われようとも、全く構いません。

To tell you the truth, it doesn't matter at all if they are hated by children all over the world, other than my own daughters

風呂で騒いでいるガキの足をひっかけて転ばすことなど、1mmも躊躇しません(大人の振舞いではありませんが)。

I don't hesitate to catch the foot of child who is making a noise in the bath (though it is not an adult's behavior).

ですので、私は、このような考え方に至ってしまうのかもしれません。

So, I may end up thinking like this.

勿論、私は、リトルリーグの監督、少年/少女サッカーチームのコーチを行っている大人の全てが、このような下品な属性を持っているとは思っていません。

Of course, I do not think that all Little League coaches and adults coaching boy / girl football teams have such vulgar attributes.

そして、小中高の全ての教師が、『大人のフィールドで闘うことから逃げた大人』であるとも、思ってはいません。

And I do not think that all teachers in elementary, middle, and high schools are "adult who fled from fighting in the adult field".

-----

とは言え、私は、ティーンエイジャでありなが、将来の夢に「小学校の教師」などと言うような男子生徒は、

However, a boy, who says his future dream is an "elementary school teacher" is

―― 正直に言えば『気持ち悪い』

"disgusting",to be honest

です。

少なくとも、『自分の娘とは、交際はさせたくない』と思ってしまいます。

At least, I think, "I do not want to make a relationship with my daughter".


2019-05-07 江端:「という訳で、『女装』をしてみようかと思うのだが、どうだろうか」 [長年日記]

私は、人間に与えられた最低にして最悪の属性は「苦痛」であると信じています。

I believe that the worst property of human being is "pain".

もし「神」が人間を「苦痛」という属性を共なって製造したのであれば、「神」とは最低の野郎だと言い切ります。

If "God" makes "human being" with the property of "pain", I think that the "God" is the worst guy

人間は、「苦痛」を回避する為であれば、どんな逃げ方をしても良い ―― 自殺したって構わん ―― とさえ思っています。

I also believe that human being may allow any type of "run away" from any pain. For example "suicide" is also O.K.

-----

以前、性同一性障害についてのコラムを書いていた時、性同一性障害に苦しんでいる人の自殺率を調べて、その数値の高さに驚いたことがあります。

Before I wrote the column about "gender identity disorder", I tried to check the suicide rate. And I was really surprised at the highest ratio.

これは、性同一性障害が「耐えがたい苦痛」であることを示す証拠です。

This is a clear evidence that "gender identity disorder" is unsupportable pain.

性同一性障害が、手術等によって幾分でも緩和するのであればどんどんやるべきであるし、戸籍上の性別の変更だって、もっと早くから認められてもよかったと思っています。

If the surgical operation against "gender identity disorder" come to be palliative care, the operation should be recommended, and the change of sex in census register should have been admitted promptly.

-----

ところで、私は物事を理解する時に、科学的アプローチ(観察→仮説→実験→検証)を取り入れるようにしています。

When I try to interpret the phenomenon, I try to use a science-based approach (observation -> hypothesis -> experiment -> verification)

しかし、この性同一性障害の苦しみを、科学的アプローチで検証できないことに、かなりイライラしていました。

However I could not reach to the pain of "gender identity disorder" by a science-based approach, and I was irritated about it.

そこで一つの実験を試みようかと思い、嫁さんに相談してみました。

So I tried an experiment, and I asked my wife's advice.

-----

江端:「という訳で、『女装』をしてみようかと思うのだが、どうだろうか」

Ebata:"So, I will try to disguise me in woman's clothes. How do you think about?"

嫁さん:「ふざけて言っているなら、本気で怒るけど」

Wife; "If you act funny, I will be inflamed with rage"

江端:「本気で『本気の真面目』だ」

Ebata:"This is "serious talk" seriously"

嫁さん:「どうぞ」

Wife: "Go ahead"

江端:「私は、私の体の性と、私の心の性は同じであると認識できると思う」

Ebata:"I think that both the sex of my body and the sex of my mind is same"

嫁さん:「それで?」

Wife:"And ?"

江端:「この同一性がある人間が、同一性のない人間の苦痛を理解する為には、その不一致を強制的に作り出せば良いのではないかと考えた」

Ebata:"In order to understand the pain of "gender identity disorder" for me, I think I come to make the "disorder" enforcedly."

嫁さん:「・・・」

Wife:"...."

江端:「もちろん、その苦痛には100%には遠く及ばなくても、その違和感による苦痛の一部を再現できるのではないだろうか、と考えた」

Ebata:"I know well that I cannot reach to the pain perfectly. However, I think I can re-create the pain of the sense of discomfort."

嫁さん:「違うと思う」

Wife:"I am afraid that you are wrong."

江端:「どこかに破綻があるか?」

Ebata:"Is there something to fail?"

嫁さん:「あのね、『同一からの距離』を作れば、類似の条件が作れる、という考え方自体が間違っていると思うよ」

Wife:"Your idea is wrong that you can make a same condition if you make a same distance from "order"."

江端:「・・・ダメかな」

Ebata:"So wrong?"

嫁さん:「ダメだと思う。方法としてもダメだと思うし、その発想もダメだと思う。その人の苦痛を理解するという方式に、ロジックでアプローチしようとする姿勢もダメだとと思う」

Wife:"It is wrong. Wrong method, wrong idea and the approach by using logic is the worst"

江端:「そうか・・・そんなにダメか」

Ebata:"So many "wrong"..."

嫁さん:「そんな実験、普通に考えれば、性同一性障害で苦しんでいる人を、さらに苦しめる結果になると思う」

Wife: "Normally thinking, the experiment will make persons who suffer from "gender identity disorder", will annoy more."

このように、嫁さんに散々批判されて、この計画は中止に至りました。

Like that, my idea was criticized terribly by wife, and the experiment was stopped.

-----

確かに、性同一性障害の「耐えがたい苦痛」を、本気の本気で理解したいのであれば、『女装』などという中途半端なことではなく、『手術』するくらいの覚悟で望むべきであったと思います。

Certainly, if I want to really understand the unsupportable pain of "gender identity disorder", I should have tried the s urgent operation, not to disguise me in woman's clothes in a half-way manner.

つまり ―― 「不徹底」であった、と。

I mean, it is not thorough

今、思い出すに、嫁さんの批判は正鵠を得ていたと思います。

I remember now that my wife's phrases were on target.

-----

それでも、今なお、私は「他人の苦痛」を理解する方法を模索しています。

However, I am searching how to understand the pain of others.

So now I am studying brain-science or IT technology(neural network e.t.c.) in order to reach the pain everyday.


2019-05-08 ―― この学習方法、そんなに良いか? [長年日記]

During the holidays, I was able to run a simple program of machine-learning, "Q-learning" (a type of reinforcement learning).

学習が進んでいくのを見るのは楽しいですが、

It is fun to see the learning progress, but

―― この学習方法、そんなに良いか?

"Is this learning method so good?"

という疑念が払えません。

I can not answer the question.

-----

Q学習の特徴は、ルールが全く分からん対象に対して、「状態」の鎖を繋げるだけで、もっとも効率の良い「状態の連鎖」を自動的に発見できるこにあります。

The characteristic of Q-learning is to connect the chain of "states" to an object whose rules are completely unknown. The merit of Q-learning is that it can automatically find the most efficient "chain of states".

これは「放っておいても、勝手に解法(×解答)を見つけ出す」ということです。

This means "even if I leave it alone, the method can find the solution (x answer) by itself."

忘れてはならないことは、『私がラクできる』という点にあります。

What we should not forget is that "it can make us easier".

しかし、実際のところ、強化学習は、「状態が恐しく単純」である対象(ゲーム等)でなければ、簡単には適用できないのです。

However, in fact, reinforcement-learning can not be easily applied unless it is an object (such as a game) whose state is terribly simple.

ありのままの状態を、何の工夫もなくそのまま表現すれば、解空間が大きすぎて、学習の効果が全然出てこないし、状態リストが長くなってメモリ喰い潰されるし、長くなった状態リストでは、報酬計算に時間が取られすぎて、学習が進みません。

If I express the state "as is" without any ingenuity, the solution space becomes too big, and no learning effect can be obtained at all. As a result of it, the state list gets too long and memory is smashed. In addition, it takes too much time for reward calculation, and the learning does not progress.

つまり、「時間連続体世界」の情報量がお話にならないくらい大きくなるのは当然としても、世界を時間平面で切り取っただけの「単なる状態」であっても、コンピュータで扱えるような量にはなりません。

In other words, it goes without saying that the amount of information in the time continuum world is too large. However even just a state, that is cut as the time plane of the world, is not enough to handle on a computer.

例えば、「私の現実世界の10秒間を、1秒単位の状態としてコンピュータに理解させる」 ―― たった、これだけのことでも、世界中の全部のスーパーコンピュータを使っても無理だと思います。

For example, I am afraid that that even if we can use all super-computers in the world, it will be impossible to make them understand only ten seconds of my real world as a ten time planes

となれば、世界の断面、つまり状態を圧縮するしかありません ―― 「状態のモデル化」ができなければ、お話になりません。

Therefore, we have to compress the time plane of the world, that is "modeling of the state".

そして、コンピュータには、自動的に「状態のモデル化」するなどという芸当はできません。

In addition, no computer in the world has capabilities to realize "modeling of the state" automatically.

なにより、「状態のモデル化」をモデル化できるくらいなら、強化学習をするまでもなく、そのモデルは、既存の推論方式(ファジィ推論等)で利用可能です。

Above all, if we can realize "modeling of the state" by ourselves, we don't have to use the method of reinforcement-learning. We can use the model for the existing method(e.g. fuzzy reasoning).

つまり、状態をモデル化できるくらいなら、そもそも、学習する必要はないのです。

If we can succeed at the modeling, we don't have to need reinforcement-learning.

この「状態のモデル化」を回避する為に、ニューラルネットを使って、状態の空間を圧縮させる方法もあるようです。

In order to avoid this "modeling of the state", it seems that there is a way to compress the time plane, using "neural network".

しかし、強化学習をやる為に、ニューラルネットの構築までやらなければならないとなると、もう、何をやっているのか、訳分からないです。

However, in order to use reinforcement learning, if I have to build up a neural network, I will shout "What is what?"

-----

と、まあ、珍しく漢字沢山の文章を記載しましたが、私がこういう文章を書くときは、たいていの場合「腹を立ている」のです。

Well, whenever I wrote a lot of kanji sentences like above, I am usually in a passion.

私は、このQ学習のコーディングを繰り返している最中、ずっと自問し続けていたのです。

I have been asking myself all the time while writing this Q-learning code

『強化学習の強みは、ラクできる(手を抜く)ことにあるんだよね?』 ―― と。

"The merit of reinforcement-learning is to make me easier, isn't it? Am I right?"


2019-05-09 でもって、それらの「悪意」を上手く組み立てて回すことで、社会を運営するシステムを提案している。 [長年日記]

「100分de名著」というNHKテキストが凄い ―― という話はなんどもしてきました。

The story of the NHK text "100 minutes de masterpiece" is amazing-what has been said.

最近は、カントに引き続きオルテガとスピノザのテキストも読みましたが、『水が砂に吸い込むように理解している』感覚に驚いています。

Recently I read the text of Immanuel Kant, Jos Ortega and Gasset Baruch De Spinozaand , but I am surprised by the feeling that "I understand it like "that water sucks into the sand".

10~20代では、絶望的に理解できなかったのに、なんで今頃になって理解できるようになるんだろう、と不思議に思っています。

I could not understand them at all in my 10's and 20's. So I am wondering why I can do.

私の仮説は、

My hypotheses are

(1)そもそも「100de名著」というNHKテキストが凄い

(1) Above all, the NHK text "100 de masterpiece" is amazing

(2)年齢を重ねて、哲学書の事例のいくつかが「経験済み」になった

(2) Over time, I have experimented some of the examples in the philosophy book

を挙げたいと思います。

なお、もし上記(2)の仮説が"真"であるなら、『若者にとって哲学書の読書は、"時間の無駄"』という別の仮説も立てそうです。

I could make another hypothesis that "reading of philosophical books for young people is "a waste of time",if the hypothesis of (2) above is "true".

-----

私は「100分de名著(×原書)」によって、哲学という学問が、極めてロジカルであり、徹底的な懐疑主義(例えば、『人間の善性を全く信じない』など) ―― 乱暴に言えば「人間の悪意」に基づいて ―― 論を展開していることを知りました。

By "100 minutes de name book (not original book)", I learned that the study of philosophy is extremely logical and developed them based on thorough skepticism (eg, "they did not believe in human goodness at all. Roughly speaking, based on "human malice")

でもって、それらの「悪意」を上手く組み立てて回すことで、社会を運営するシステムを提案している。

And, they proposed a system to operate society by assembling and turning those "malice" well.

哲学者というのは、社会システムのデザイナーだったんだなぁ、と ―― 橋や道路や税制や法律ではなく、人間(のパラメータ)をコントロールする ―― 思います。

I thought that philosophers were designers of social systems by controlling human('s parameters), not bridges, roads, tax systems or laws.

但し、仮説だけで、定量評価も実証実験はありませんが

However, although there are no quantitative evaluations or demonstration experiments except for hypotheses.

(続く)

(To be continued)


2019-05-10 少なくとも、「私の著作は、100年以上生き残る、名著にはなれない」ということです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

さらに、個人的な事情ですが、この仮説に加えて、

Furthermore, in personal circumstances, in addition to these hypotheses,

(3)オブジェクト指向プログラミングの手法を用いて、仮想世界で大量の人間を作り込むシミュレーションを頻繁にするようになってきたから

(3) I come to frequently make simulations that create a large number of people in the virtual world using object-oriented programming techniques

が上げられるような気がします。

I feel like I can pick it up.

-----

さて、ここで、哲学の目的を「人間というオブジェクトを使った、社会システムのオペレーション」と一時的に定義します。

Now, I will make a definition temporary that the purpose of the philosophy is "the operation of a social system using an object of human being".

(なお、哲学の究極的な目的は、内側から見れば「幸せな人生の生き方」で、外側から見れば「幸せな人間の作り方」です。)

(In addition, the ultimate purpose of philosophy is "the way of life of a happy life" from the inside, and "the way of making a happy person" from the outside.)

実は、オブジェクト指向プログラミングの設計は、哲学における人間の規定方法と酷似 ―― というか、「そっくりそのまま」なのです。

In fact, the design of object-oriented programming is quite similar to the way of human prescription. To tell you the truth, it is exactly the same.

オブジェクト指向プログラミングは、クラスという設計図と、インスタンスという実体(オブジェクト)からなります。

Object-oriented programming consists of a blueprint called a "class" and an entity called an "instance".

I have previously described this relationship between "taiyaki molds" and "taiyaki" relationships.

例えば、人間のクラスであれば、そのアトリビュート(例えば、性別、年齢、嗜好、その他)と、メソッド(他のオブジェクトからのシグナル(例えば、求愛)に対して、どのように反応(例えば、受理、拒否、無視)するかを記述する)ことになります。

For example, in the case of human class, we describe how to react (eg, accept, reject, ignore) for its attributes (eg gender, age, preferences, etc) and methods (eg signals from other objects)

名著の中で、哲学者が書いていることは、徹頭徹尾、この「人間クラス(アトリビュートとメソッド)」の設計と、「人間クラス」から生成された大量のオブジェクト(人間の実体)間の相互作用についての仮説です。

Among the great books, what the philosophers are writing was a hypothesis about the interaction between the design of this "human class (attributes and methods)" and the large number of objects (human entities) generated from the "human class".

私の場合、「100分de名著(×原書)」を読んでいると、「人間クラス」の設計図が頭の中に浮んできます。

In the case of me, when I read "100 minutes de masterpiece (not original book)", a design diagram (class diagram) of "human class" floats in my head.

つまり、哲学とオブジェクト指向プログラミングは相性がよく、それ故に、最近の私と哲学書(のテキスト)とは、相性がいいのだろう、とも思えるのです。

In other words, it seems that philosophy and object-oriented programming are well compatible, and hence, I and the (text of) recent philosophical books will be well compatible.

-----

ここで大切なのは、人間を「クラス」と「オブジェクト」に分けて考える、ということです。

The important thing here is to think of human being divided into "class" and "object".

どんなに、素晴しい「クラス」を設計したところで、実際に大量の「オブジェクト」を作って動かなければ、その「クラス」は失敗作です。

If you have designed a great "class", however you cannot move a large number of the "objects", that "class" is a failure.

例えば、「人に優しくする(属性)」だけの人間だけで構成される社会は、1mmも動きません。

For example, a society consisting of only people who are kind to people (attributes) does not move at all.

当然ですが、哲学者は、オブジェクト指向プログラムを用いたシミュレーション実験などは行えませんでしたので、「仮説」を主張しています。

Of course, the philosophers claimed their own "hypothesis", because they could not do simulation experiments using object-oriented programs.

ですので、哲学において「仮説」が、多くの人間にとって「なるほど、それは上手く動くはずだ」と確信できる程度に説得力がないと、ダメなわけです。

So, in philosophy, "hypothesis" needs persuasive power for many people to understand them.

そうでなければ、「100年以上生き残る、名著にはなれない」ということです。

At least, "The book can not be a great book that survives over 100 years."

-----

You know, I have set up a "wild hypothesis" and carried out the process of "calculating with force".

当然のことながら、これは従来の哲学や、社会システム研究とは、真逆のアプローチをしていることになります。

Naturally, this is a true opposite approach to traditional philosophy and social systems research.

つまり、私の仮説は『多くの人間にとって、確信できる程度の説得力がない』ということなんです。

In other words, my hypothesis is that they are not convinced enough for many people.

少なくとも、「私の著作は、100年以上生き残る、名著にはなれない」ということです。

At least, "my works can not be a great book that survives over 100 years."


2019-05-11 その部活やサークルが存続しようが潰れようが、どうでもよかった人間が、たった一年でこの有様です。 [長年日記]

中学、高校、そして、大学においても、部活やサークルにおいて、新入生歓迎の活動は非常にアクティブです ―― というか、"狂気"といってもいいくらいです。

In junior high schools, high schools, and universities, activities for welcoming new students are very active in club activities and circles. it is almost "madness".

不思議なのは、高々、1年間だけしか在籍していない部活やサークルの為、新入生の勧誘に狂うのです。

It is strange that they are crazy about recruiting new students for club activities and circles that have only been belonging for at most one year.

その部活やサークルが存続しようが潰れようが、どうでもよかった人間が、たった一年でこの有様です。

A person who didn't care whether the club activities and the circles is going, is the result.

この現象を「仲間との絆」だの「同志愛」だの「組織への帰属感」だのと説明する人は多いですが、私に言わせれば、これらは、全て的を外しています」。

Although there are many people who explain this phenomenon as "friendship with friends" or "friendship to an organization", these are not all off target, to me.

この現象を説明する言葉があるとすれば、それは「面倒くさい」です。

If there is a word that explains this phenomenon, it is "troublesome".

-----

彼らは、組織という名の居場所を失うことが「辛い」訳ではありません。

They don't feel hard to lose their place of organization.

1年間の時間が失われ、全く意味がなかったことになる「サンクコスト」でもありません。

It is not "sunk cost" that they lose one year's time, and they feel meaningless.

ある組織に属して、その組織のやり方について学び、組織に慣れて、ラクになってきたところで、その組織を失った場合 ―― 再度、似たようなプロセスを経て、別の組織に属し、学び、慣れることが必要となります。

If they belong to an organization, learn how to use that organization, get used to the organization, and they lose the organization, they should need to belong to another organization, learn and get used to it.

私達は、これが「面倒くさい」のです。

This is "troublesome" for us.

この「面倒くさい」を回避する為であれば、新入生の勧誘など、大したコストではありません。

If it is to avoid this "troublesome", it is not a big cost such as soliciting new students.

高々、数日間、狂うだけのことです。

At most, it's just going crazy for a few days.

(続く)

(To be continued)


2019-05-12 ―― 故に、江端のやり方に手を出すな、意見を言うな。お前たちは黙って私のやり方に従っていろ [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

これは、部活やサークルだけでなく、ありとあらゆる組織に通じる心理です。

This is a behavioral psychology that leads to all kinds of organizations as well as club activities and circles.

例えば、

For example,

宗教団体は、別にカルトでなくても、他の宗教の教義の勉強なんぞ、絶対にしません。

Religious groups do not study other religious doctrines, even if they are not cults.

政治団体、とくに、過激な思想と行動(テロ)を伴う政治団体の構成員は、自分の所属する団体の設立趣意すら説明できないという有様です。

The members of a political organization can not explain even the purpose of establishing their own organization. In particular, members of political groups with radical thought and action (e.g. terrorism).

企業団体が、自社の確立したビジネスモデルを変更することができず、倒産する当日までそのやり方に固執し続けた、という話は、珍しくありません。

The story is not uncommon that corporate groups could not have changed their established business model and persisted in their way until the day of bankruptcy.

―― みんな、「面倒くさかった」

"Everyone felt troublesome"

これだけのことです。

That's all.

-----

「面倒くさい」は、その組織のやり方に、新しいことを取り入れようとするものを、排除します。

"Troublesome" excludes people who try to introduce new things into the organization's way.

新しいことに対応するのも、面倒くさいからです。

It is also cumbersome to respond to new ways.

そして、この「面倒くさい」は、高齢になるほどその傾向が顕著になります。

And, this "troublesome" becomes more pronounced as they get older.

故に人間は高齢になればなるほど「保守的」になり、その上、たちの悪いことに、周りの人間は、高齢者に意見を言わなくなります。

Therefore, the more human beings become, the more they become "conservative". Moreover, to the worse, people around us don't give opinion to the elderly.

高齢者は、(別の能力とは関係なく)その生きている時間の長さ故に、コネクションが多くなり、このコネクションは組織を運営する上において、無視できないものだからです。

Older people have more connections because of the length of time they live (regardless of their other abilities). This connection is something that can not be ignored in running the organization.

それと、高齢者は「弱さを武器」にすることが許される存在でもあります。

In addition, the elderly are also allowed to use "weakness" as a weapon.

この「武器」には逆らいにくく、それ故、彼らの存在は、あらゆる、便利なもの(例えば、スマホを前提としたコミュニケーション等)を邪魔するように機能します。

It is hard to go against this "weapon" and hence their presence acts interfere with any convenient thing (eg, communication based on a smartphone).

-----

という訳で、この話の結論です。

That is the conclusion of this story.

―― 江端は高齢者であり、そして多くのものを「面倒くさい」と思っている社会的弱者である

"Ebata is an elderly person and a socially weakness. He feels everything is "troublesome""

―― 故に、江端のやり方に手を出すな、意見を言うな。お前たちは黙って私のやり方に従っていろ

"Therefore, you don't have to put out your hand in Ebata's way, and give an opinion. You are silent and follow his way"

と言いたい訳です。

世の中のすべての改革、改良は、私の死後に、実施して下さい。

Please carry out all reforms and improvements in the world after my death.


2019-05-13 ―― 上手いものだな [長年日記]

先日、若い女性が、電車の中で、スマホを使って人物画(アニメ風キャラクターっぽい)を描いているのを見ました。

The other day, I saw a young woman using a smartphone to draw portraits (maybe anime-like characters) on a train.

ドア付近に立っていたときに、その近くに座っていた女性のスマホの画面が目に入ってきて、そのことに気がつきました。

When I was standing near the door, the screen of the woman's smartphone came into my eyes and I noticed that.

描いている線が、濃淡で表現されるやわらかい線だったので、最初は、スマホ画面で習字の練習でもしているのかと思いました。

The line she was drawing was a soft line that was expressed in shades, so at first I thought that she was practicing calligraphy on my smartphone screen.

しかし、文字を描いているにしては、ありえない方向への線が引かれたり、あるいは、線を消したりと、変な書き方をしているので、「変だな」と感じていました。

However, if she is writing a letter, a line will be drawn in an impossible direction. Or I felt that it was "weird" because she was writing a line strangely,and erasing a line.

で、その女性が、スマホ画面を引いた(縮小した)ところで、少年の顔のキャラクターが表われてきて、アニメ風のキャラクターを描いていることが分かった、という次第です。

So, when the woman pulled (shrinked) the smartphone screen, I could understand that she was drawing the character of the boy's face of anime-like character.

―― 上手いものだな

"It's great"

と感心していました。

I was impressed.

-----

スマホが「時間浪費装置」であることは否めません。

I can not deny that the smartphone is a "time-consuming device".

スマホは、ダラダラと、他人のコメントを読み、ニュースを読み、動画を見て、ゲームをする、ということを簡単に実現してしまうものです。

A smartphone makes it easy to read the comments of other people, read the news, watch the video, and play a game.

以前、「そのことに気がついた受験生が、自らスマホをガラケーに変更した」という話を紹介したような気がします(忘れましたが)。

I thought that I introduced you to the story that "a student who noticed that has changed his/her smartphone to oneself".

そんな風に、私は、スマホは基本的には、情報を受けとるだけで、「創作する」ことの難しいデバイスと思ってきました(「スマホ小説」というものはありました)。

In that way, I basically thought that smartphones were difficult devices to "create" simply by receiving information (there was a “smartphone novel”).

どうやら、その考え方も古くさくなってきているのかもしれません。

Apparently, the way of thinking may be getting old.

(続く)

(To be continued)


2019-05-14 「スマホで仕事」というのは、SOHO(Small Office, Home Office)のパラダイムを、さらに数段階引き上げます。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

「同人誌の大半が、スマホで創作されるような未来」―― その程度の未来は、あまり脅威ではありません。

"The future where the majority of "Doujinshi" magazines are created on smartphones" This future is not a threat for me.

しかし、「報告書(図面入り)や特許明細書の図面が、スマホで作成されるような未来」―― これは、私にとっては、脅威です。大脅威です。

However, "the future as the report (with drawings) and the drawing of the patent specification are created by the smartphone" This is a threat for me. It is a big threat.

『AIが仕事を奪う』―― という、その"AI"が何であるかも説明がないままに語られる、この軽薄なフレーズよりも、現実的な脅威です。

This frivolous phrase of "AI takes our works" without any explanation of what "AI" is less scary than the above future realistically.

「スマホで仕事」というのは、SOHO(Small Office, Home Office)のパラダイムを、さらに数段階引き上げます。

The concept of "working with a smartphone" raises the paradigm of SOHO (Small Office, Home Office) by several more steps.

満員電車の中、トイレの中、食事中、すべてを、オフィスにしてしまうことが可能であるからです。

In a crowded train, in the restroom, while eating, the style makes it possible to work everywhere.

-----

これは「まずい」です。

This is "bad" for me.

この「スマホオフィス(SO(Smartphone Office))」は、これまでのITの進化の歴史を振り返っても、確実と言える未来だからです。

This "smartphone office (SO (Smartphone Office))" is can be said to be certain, looking back on the history of IT evolution so far.

■「パソコンなんて流行らない」と言い残して、潰れていったメインフレームの会社

- A mainframe company that was crushed, saying that "PCs are not popular"

■「ラップトップパソコンなんて流行らない」と言い残して、潰れていったPC部門

- The PC development section that was crushed, saying that "the laptop computer is not popular"

■「20MHz以上(単位に注意)のクロック周波数のPCは作れない」という業界論文を信じて、バイトで86万円を稼いで、それをPCにつぎ込んだ工学部学生(私)

- A student in the engineering department who had earned 860,000 yen for a PC, who believed that people could not make a a PC with a clock frequency of 20 MHz or more (Attention, "the unit") .

(続く)

(To be continued)


2019-05-15 『あの江端ってジジイは、スマホリテラシー(×ITリテラシー)が絶無で、皆の邪魔をする迷惑な奴だよな』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

■「フリーのOS(Linux)など流行るわけがない」といって、潰れていったOS開発部門

- A OS development department that was crushed saying, "there is no reason that free OS (Linux) becomes popular"

■WindowsOSが登場した時に、「GUIなど流行る訳がない。コンピュータはCUIでしか操作できない」という講演まで行ったくせに、今では、それを忘れたかのように振る舞っている大学教授

- When Windows OS appeared, a professors went to a lecture, saying "there is no reason why GUIs are popular. Computers can only be operated with CUI." and now are acting as if he forgot it

■「インターネットの24時間常時接続などありえない」といって、私の特許出願を却下した私の上司

- My boss, who rejected my patent application, saying, "there is no 24 hour Internet connection."

■「8000円でパソコンの中古が購入できる」といっても信じず、未だに「パソコンは20万円以上の買い物」であると固く信じている、市場価格に対して絶望的に無能な消費者センターの相談員

- A consumer center counselor desperately incompetent to market price, who still firmly believes that "PC is shopping for more than 200,000 yen", and doesn't believe my opinion "you can buy a used computer for 8,000 yen".

■「携帯電話のテンキーのメールなど、流行る訳がない」と言い続けていたIT研究員(私)

- An IT researcher who had continued to say that "there is no reason for trends such as e-mails on mobile phones with numeric keys" (It's me).

■「1億人分のオブジェクトをパソコンの中で生成して動かしている」と言っても、全然驚かない同僚の研究員

- My colleague researcher who is not surprised at all by hearing, "I create and move 100 million objects in my computer"

■もうすぐ「256GBのSDカードに、100時間以上の映画を格納したタブレット端末」の所有者となる予定の義母

- My mother-in-law who will soon be the owner of "a tablet device that stores over 100 hours of movies on a 256GB SD card"

-----

始めてパソコンを触ってから、これまで数々の信じられないものを山ほど見てきた、この私が ――

Since I first touched my PC, I have seen so many incredible things so far

I logically denied both the scarlet or the future of a nightmare by what is called "AI"

確信を持って、「スマホオフィス(SO(Smartphone Office))」の未来を預言します。

With confidence, we will declare the future of "Smartphone Office (SO)".

取り急ぎ、次女に教えを乞うて、『"スマホで描画"の鍛錬から始めてみようか』と考え始めています。

In a hurry, I am asking my second daughter to teach, and I'm thinking "Let's start from the lesson of "drawing on a smartphone".

-----

このままの速度で、IT技術が発展し続ければ、

If IT technology continues to evolve at this speed,

『あの江端ってジジイは、スマホリテラシー(×ITリテラシー)が絶無で、皆の邪魔をする迷惑な奴だよな』

"That older "Ebata" has no smart phone literacy (× IT literacy) completely. He is annoying us and disturbing everyone"

と、陰口を叩かれるようになるのは、時間の問題です。

It's only a matter of time before they get hit me at the back door.


2019-05-16 姉がいなかったら、別の宗派の葬儀で、父を葬送するところでした(本当)。 [長年日記]

私は父の葬儀の時に、家紋も知らず、我が家の宗派も知りませんでした。

At the time of my father's funeral, I didn't even know the crest and the sects of my home.

姉がいなかったら、別の宗派の葬儀で、父を葬送するところでした(本当)。

If I had no sister, I was about to bury my father in another sectarian funeral.

あの世における、大乗仏教の宗派の運営がどのようになっているか、私は寡聞にして知らないのですが、

I do not know how the administration of Mahayana Buddhism sect is in that world,

If, as I mentioned before, it was operated as a "comiket booth"

父に関係のないブースに「ご案内」してしてしまうところでした。

I was about to "guide" a unrelated booth to my father.

そんでもって、ブースの休憩エリアでお茶しているご先祖様との面会させることもできなかったかもしれない ――

And, I could not able to meet my father's ancestors who were drinking tea in the rest area of the booth.

と、考えると、ちょっと冷や汗が出てきました。

Thinking about it, a little cold sweat came out.

-----

ここのところ、義父と父の葬儀イベント(一周忌も含む)への参加が続き、お坊さんの説教(?)を拝聴する機会が増えました。

So far, participating in the father-in-law and father's funeral events (including one round trip), I had many chances to listen to the preacher's sermon(?).

そんでもって、これも以前お話ししましたが、イベントとそのイベントの中で行わせる説教の話に、矛盾がある、と感じてきました。

So, as I mentioned before, I have felt that there are contradictions between the events and the sermons in the event.

簡単に言えば、死者に思いを馳せるイベント(葬儀、一周忌等)の中で「こだわりから離れて生きよ」と解く釈迦の教えを説教することは、―― どう考えたって「おかしい」

Simply speaking, the sermon of the Buddha's teachings, that says, "Away from the commitment, live, in the middle of an event (a funeral, a circle, etc.), is "funny", needless to say.

これは、別に中学校の二年生の若者でなくても、仏教のイベントに参加する普通の日本人として『おかしい』と感じるべきです。

Even if you are not a second grader in junior high school, you should feel "funny" as an ordinary Japanese who participates in Buddhist events.

私は、以前より、

Before I have felt that.

―― 釈迦の教えと、私達が運用している仏教(大乗仏教)の教えの間に、巨大な溝がある

"there is a huge gap between the teachings of Buddha and the teachings of Mahayana Buddhism sect we are operating.

と感じていました。

(続く)

(To be continued)


2019-05-17 それは、私の仮説「大乗仏教コミケブース論」を、力強く支持してくれる内容であった、とだけ、ご報告しておきます。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

最近の哲学・宗教のマイブームにのっかって、AmazonでNHKのテキストを購入しまくっていますが、先日読んだ、

Recently, based on my boom of "philosophy and religion", I continue to buy a textbook of NHK radio program. Especially, this book,

"Greater vehicle Buddhism --- Where the Dharma teachings of Buddha is going"

は、私の疑問に対して、100%答えてくれる書物で、あっと言う間に読み切ってしまいました。

is to answer my questions perfectly, and I finished reading the book in just about no time.

この本を、どう表現したらいいのか、と色々考えてみました。

I thought that how to express my feeling of reading. How do you think about

『知的大爆笑』というのはどうかな、思っています。

"Intellectual explosive laughter"

-----

まあ、とにかくこの本や読みやすいです。

Well, the book is readable.

内容が薄いからではなく、むしろ深く、丁寧で、親切な書き方です。

However, the content is not poor but rather rich, and polite and kind.

「青年」と「講師」という二人を登場させているところも「上手い」です。

It is skillful that two persons "a young" and "a lecturer" appear in the book.

ちょっとした不明点や矛盾点にも突っ込んでくる「青年」と、その質問から逃げることなく、全てに答える「講師」の二人のかけあいが、実に楽しい。

The talk between the young, who seeks out tiny question mark and contrariety, and the lecturer try to reply to all his queries, is very fun.

(私が「講師」なら「青年」の突っ込みにキレるな、と思いました)

If I were the lecturer, I would get mad with the young.

-----

『この著者、凄いなぁ』と思いながら、履歴を見てみたら、

I felt ""this author is something" and I read the personal history.

工学部工業科学科と、文学部哲学科仏教学を卒業した文学博士で、現在、文学部仏教学の教授をされているようです。

He is graduated from an industrial science in engineering department and Buddhist philosophy in literature department, and take Doctor of Letters degree, and now he is professor of Buddhist philosophy in literature department.

"工学部工業科学科"というフレーズを見て、「ああ、なるほど」と納得しました。

Reading "industrial science in engineering department", I could understand the background.

―― テクニカルライティング

It is "technical writing".

この本が読みやすかったのは、技術的手法に基づいて、論理的に記載されていたからだと、気がつきました。

I noticed that the reason why this book is readable, is that it is based on technical methods, and it is written logically.

-----

さらに、この本の最後から15ページのところに、著者いわく、

In addition, at the 15 pages from the end of book, this author said

あのワイルズ氏の成し遂げた「フェルマーの最終定理の証明」に匹敵する、

Being equal to "proof of Fermat's last theorem" by Mr.Andrew John Wiles

『大乗仏教上の難問が、2017年に解決されていた』という

"Conundrum of greater vehicle Buddhism" has been resolved in the 2017.

驚くべき話が登場します。

The amazing story comes on stage.

それは、

This conundrum was resolved by the collaboration of

(1)敦煌で見つかった仏教文献の電子化と、そのコンテンツのインターネットによる公開

(1)An information disclosure by computerized Buddhist scriptures in Dun Huang

という情報開示と

(2)上記(1)のコンテンツの、コンピュータを使った分析

(2)analysis by IT technology (big data analysis)

という、ビックデータ解析手法によるコラボレーションを使って、この難問が解決された、とのことです。

-----

ネタバレになりますので、ネタのお話しませんが、情報公開とIT技術が、宗教上の論争にケリを付けたということだけでも、私は十分に興奮しました。

I will be a spoiler, so I won't talk about it. However I was excited enough that just because information disclosure and IT technology had settled on a religious challenge (or confrontation).

それは、私の仮説「大乗仏教コミケブース論」を、力強く支持してくれる内容であった、とだけ、ご報告しておきます。

I would like to report that it was a content that strongly supported my hypothesis "greater vehicle Buddhism Comikets's theory".


2019-05-18 ―― 「アンタ」程度の先生には、「私」程度の生徒しかやって来ないんだから [長年日記]

もの凄いものを見ました。

I saw something awesome.

I tried to reproduce "Rachmaninoff Piano Concerto No. 2" with one piano.

観客の反応が薄いんですが、「この程度の演奏なら、簡単にできる」ということでしょうか?

The audience's reactions are weak, but does this mean that they can easily do this level of performance?

私には、とても信じられませんが。

I can not believe it very much.

------

ピアノ2台バージョンだったら、私も知っています。

If it is two piano version, I know it.

For example, this performance is like that.

「のだめカンタービレ」でも登場していました。

"Nodame Cantabile" also appeared.

しかし「ピアノ1台」で、コンサート(協奏曲)を再現するというのは、本当に物凄いことだと思うのです。

However, I think that reproducing a concert (concerto) with "one piano" is really a great thing.

------

以前もお話しましたが、私は、子どものころ、ピアノの練習が苦痛でした。

As I mentioned before, when I was a child, practicing piano was painful.

今でも、モーツアルト(の、特にピアノ独奏)を聴くと吐き気がします。

I still feel nauseous when I listen to Mozart (especially piano solo).

モーツアルトのピアノを聞くと『問答無用で腹が立つ』というレベルです(理不尽であることは分かっていますが)。

When you listen to a Mozart piano, I am about to say "I get angry without asking a question" (although I know it is unreasonable).

Especially, the days when the training of using the finger for piano, was that it was a nightmare and a hopeless pain (maybe it was this book))

ま、私も悪かったのです。

Well, I was wrong too.

子どもだった私は、

When I was a child, I could not open my intention, that

「ピアノの技術を上達させる意図が1mmもないこと」、

"There is no intention to improve piano technology",

そして

and

「ボロボロでも、曲を自分の好きなように演奏できれば、それで十分」

"Even if I could not play a music perfectly, I didn't care of it at all"

を、伝えることができなかったのです。

-----

私は、プロを目指している訳でもなく、ただ、楽しく曲を弾けるだけで良かったのです。

I was not aiming to be a professional, but I just played the music happily.

なのに、ピアノ先生、どうして、あんなにエラそうだったんだろう。

However, the piano teacher. why was she so arrogant ?

「町のピアノ教室」程度のところに、「真に才能のある子ども」がやって来る訳なかろうが。

"A truly talented child" will not come to the "town piano class".

そういう子どもは、きちんとした音楽学校に「行く」か「連れていかれる」はず、ということが分かっていないところが、「その程度」なのです。

Why didn't she understand that such children should "go" or "take away" to a proper music school ?

―― 「アンタ」程度の先生には、「私」程度の生徒しかやって来ないんだから

"A teacher like you, should have a stundent like me"

―― アンタは「楽(ラク)」をして、私は「楽しむ」でよくて、それでWin-Winなんだよ

"You can lose you hand, and I can enjoy the lesson". It is "win-win".

と、今の私なら言えるんですけどね。

I can say that now.

-----

ただ、まあ、子どものころに、この「ピアノ1台で「ラフマニノフ」」を聞いていたら、人生ちょっと変わっていたかも ――

If I heard the "Rachmaninoff Piano Concerto No. 2" with one piano, I thought I could change my life.

いや、多分、私はダメだったろうな。

Well, It is no way.