2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|

2018-03-01 ―― どうか、喫煙者の人が、近くにいませんように [長年日記]

昼食に、中華料理屋で定食を頼んで待っている時に、隣の席の人が、タバコの箱を出すのを見ると、

At lunch time, when I wait for a plate meal at a Chinese restaurant and a person whose seat is next to me, get out a cigarette, I come to feel that

―― あっちゃー、今日は外れかぁー

"Oh my gosh, It is unlucky today"

と思ってしまいます。

私は、20歳の時に、7ヶ月ほど喫煙していた経験がありますので、「食後の一服」の美味しさを、知っています。

Since I had been smoking for about 7 months at the age of 20, I know the taste of "after-meal cigarette".

同時に、それ以外の全期間は禁煙していたので、「他人の『食後の一服』の煙」によって、食事を台無しにされる悲しさも、よく知っています。

At the same time,all other periods in my life has been quit smoking, I also know the sadness that ruins meals by "after-meal cigarette".

-----

しかし、禁煙されていない場所で、喫煙すること自体は、何も悪いことではありません。

However, smoking itself is nothing wrong in smoking area.

ですから、私は、「喫煙者を憎悪する」という感情は、ほとんどありません。

So, I have very few feelings of "hate smokers".

むしろ、煙も匂いもでないタバコを開発しない、タバコ会社の方に、先鋭で暴力的な怒りを感じます。

Rather, I feel a sharp and violent anger towards a tobacco company that does not develop tobacco that is not smoke or smell.

(だから、最近の電子タバコの開発とその普及は、賞賛しています(この話は別の機会に))

(So, we recently praised the development and popularization of electronic cigarettes (this is another opportunity))

-----

煙草の煙に我慢できない人は、その店に行かないようにすればすむことですが ――

People who can not put up with tobacco smoke, do not have to go to that restaurant ...however,

ところが、私の口にあう(かつリーズナブルな)中華料理の定食を出せる店は、少なく、そして、その少ない店の多くは、残念なことに、喫煙可能となっているのです。

There are few restaurant that can offer meals of Chinese cuisine (and is reasonable), and many of that few restaurant are unfortunately smoking enabled.

だから、私が店に入る前にすることは、ひたすら祈ることだけです。

So, what I do before entering a restaurant is just to pray.

―― どうか、喫煙者の人が、近くにいませんように

"Please someone who smoke will not be nearby"

―― どうか、喫煙者の人が、近くに来ませんように

"Please, someone who smokes will not come near me"

と。

(続く)

(To be continued)


2018-03-02 先日、「分煙」をかかげているレストランの売上が落ちているという記事を読みました。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

この「私の楽しい食事を破壊」する「たばこの煙の暴力的な臭さ」を、文章や映像で伝達するのは、無理だろうと諦めています。

I am afraid that it is difficult for smokers to understand that this violence smell of tobacco smoke to destroy my joyful meal. And I give myself up on explaining about it.

大抵の喫煙者は、「自分は喫煙マナーが良い」と信じていて、そして、実際、その通りなのです ―― 「受動喫煙」という観点では。

I think that many smokers think "I have a good smoking manner", and I can agree with them from the view point of "passive smoking".

しかし「匂い」の話となると、次元が異ります。

However, according to "smell of smoke", it is a different story.

たばこの煙の匂いというのは ―― どういう仕組みになっているのかは、私にも分からないのですが ―― 恐しく強烈なのです。

"Smell of smoke" is --- I don't know the mechanism --- terrible intense.

200メートル前方を歩く喫煙者の「歩きたばこ」だけで、歩行通勤の全行程で、たばこの匂いから逃げられない、というくらい強いのです。

For example, I cannot run away from the smell through all commute walking, by just an existence of leading smoking person, 200 meters apart from me.

これは、「喫煙マナーが良くなった」というために発生している、という解釈もできるかもしれません。

This case might occur because of "good smoking manner", in another respect.

-----

先日、「分煙」をかかげているレストランの売上が落ちているという記事を読みました。

The other day, I read an article that the restaurant that deal with separation of smoking areas, loses sales.

よく分かります。

I can understand it.

まず、分煙室の近くの席は、たばこの煙の匂いが酷いので私は座りません。

For me, I don't get a seat near a smoking corner, because I cannot stand for the smell.

その席しかないなら、私は店を去ります。

If no seat apart from the corner, I leave the restaurant.

さらに、そのようなレストランでは、若いアルバイトが定着しないらしいです。

The article said that younger cannot keep working in that restaurant.

喫煙エリアの清掃なんぞは、彼らにとっては「ガス室での拷問」のようなものでしょう。

Sweeping a smoking corner is likely to be a "torture in gas chamber" for them.

(続く)

(To be continued)


2018-03-03 で、日本でも、「ラマダン的 スモーキング フリー」を試みてはどうか、と考えています。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

で、私が提案したいのは、「ラマダン」です。

This time, I want to propose "Ramadan".

「ラマダン」とは、イスラム教の行事で、一定の期間(1ヶ月)の日照時間中は、水も食料も一切口にしてはならない、というものです。

"Ramadan" is a event for Moslem, they don't drink and eat anything from sunrise to sunset for a month.

これは、貧困で食事が取れない人の辛さを「実感として体験しよう」という試みです。これを「偽善」と考えるかは、個人の自由ですが――

This is a kind of case study of a sympathy for starving people. Some people might think that this event is full of hypocrisy, however, I believe,

私は、『批判して立ち去るだけのモラリスト』の奴らよりは、はるかに「善意」だと思っています。

This is a better wish than moralist who criticize and move off.

-----

で、日本でも、「ラマダン的 スモーキング フリー」を試みてはどうか、と考えています。

My propose is "smoking free period, based on Ramadan style".

ただ、スモーキングフリー(禁煙)には、ラマダンのような社会的な意義が見い出しにくいので、立法化してしまいましょう。

But it is difficult to find out a moral standpoint, so let it be enacted into law.

立法趣旨は、健康増進と禁煙促進、で良いでしょう。

The purposes will be for health and anti-smoking.

実施内容は、2週間程度の国内の完全禁煙と、たばこ販売の一斉停止(刑事罰規定あり)。密告への奨励金制度を入れても良いかもしれません。

Contents of implementation include totally non-smoking in Japan for about two weeks, and stopping of tobacco sales(There is criminal penalty provision). We may enter a subsidy system for informants.

-----

マスコミは、政治家や芸能人、企業の社長などを、その期間見張り続けて、違法行為があれば、大々的に放送して、ブランド価値を、思いっきり低下させてやれば良いと思います。

The media continues to watch politicians, entertainers, presidents of companies, etc. during that period. If there is an illegal act, I think that we can broadcast it extensively. It is good to lower the brand value exceptionally.

「たった2週間の禁煙すらもできない社長・・・こんな会社に未来はあるのか?」

"President who can not even smoke for only two weeks ... Does this company have a future?"

「ローメーカー(Law maker)自らが違法行為?「ゲス政治家」とは、まさにこのこと」

"Law maker themselves are illegal?" This is really shit stick."

-----

ただ、私の求めていることは、そういうことではありません。

However, what I want is difference from that.

たった2週間の禁煙だけで、「たばこの煙の暴力的な臭さ」は、喫煙者の方でも十分に理解できるようになるからです。

Only anti-smoking for only two weeks makes it possible for smokers to fully understand the "violent smell of tobacco smoke".

これは、喫煙、禁煙の両方の経験者として、私が断言します。

I can tell you that, as an experienced person both in smoking and non-smoking.


2018-03-04 ―― 「出生国」という概念 [長年日記]

私、若いころの旅の途中、インドのデリーで病気で死にかけたことがあるのですが、その時に、自分でも理解できない感情が湧き起こったことを覚えています。

I have died sickly in Delhi in India on my journey when I was young. At that time, I remember the emotions got up, however, I could not understand that.

―― 日本の土を握って死にたい

"I want to die by grasping Japanese soil"

―― ここから一番近いとこなら、沖縄か?

"If it is the nearest from here, is Okinawa?"

-----

『それが、何か?』

"So what? "

と思う方もいるかもしれませんが、これって、私にとっては大問題だったのです。

Some people think that, however, this has been a big problem for me.

「死にたくない」とか「死んだらどこに行くのか」という気持ちの発生なら理解できます。

I can understand if there is a feeling of "I do not want to die" or "Where will I go if I die?"

「宗教」に対する色々な思いというのも理解できます。

I can also understand various thoughts about "religion".

「家族」や「恋人」というのであれば、さらに分かりやすいでしょう。

If it is "family" or "lover", it would be even easier to understand.

-----

私は、自分が「愛国者」でないことは、私自身が一番知っていて、そして「民族主義」という考え方も好きではなく、「国家主義」に至っては、その言葉自体が嫌いです。

I know that I am not a "patriot", and I do not like the idea of "nationalism". In addition, I hate that word "nationalism".

国民性としての日本人をどう思うかと問われれば、「興味がない」と応えると思いますし、「郷土愛」や「隣人愛」も知識として理解している程度です。

If you ask me about "Japanese as a national character", I think that I will respond "I am not interested". I understand "local love" and "neighborhood love" as just knowledges.

私の考え方を、敢えて言葉にすれば「個人主義」「利己主義」あたりが、一番しっくりくると思っています。

I dare to speak of my ideology, "individualism" and "selfishness". I think that they are fit for me.

-----

しかし、私を疑問の闇に堕としたことは、

But what made me fall into the darkness of doubt,

まさに生きるか死ぬかというその刹那において、よりによって

In that moment of whether we live or die,

―― 「出生国」という概念

the concept of "birth country"

が発露したこと。これは、私自身の存在意義を大きく揺るがせました。

happened, and it surprised and upset me about my own existential significance.

(続く)

(To be continued)


2018-03-05 『じいじ、娘と孫娘の「声」を聞いて、元気が戻ったみたい』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

先月27日、私が出社した直後、嫁さんから、鹿児島の義理の父が危篤状態にあるとの電話連絡を受けました。

On the 27th of the last month, I received a call from my wife, that my father in law, in Kagoshima fell into a critical condition.

親戚の叔父から『血圧が50を切り、おそらく、会えるなら今日が最期』との連絡を受け、嫁さんと長女が、その日、羽田空港から鹿児島に飛びました。

She received notification from her uncle, "his blood pressure becomes less than 50, so today is the last day to be in at the finish". And she and senior daughter went on board a plane at Hanada airport soon.

私が会社で、スマホの画面のチェックを続けながら、報告を待っていた時、

Waiting my wife's message by my smart-phone at the office, I was really surprised to get the phone call from her.

―― 嫁さんと長女が到着した直後、義父の血圧が130に上昇した

"Just after the time when they arrived at the room, the blood pressure of father-in-law went up more than 130"

という電話連絡を受た時は、びっくり仰天しました。

義父は、すでに意識不明状態で、勿論、経口摂取はできず、そして点滴も停止されて、最期の時を待っている状態だったからです。

He has lost consciousness, and could not eat any food. At that time. Drips had already been stopped, and they were just watching his die.

私にしてみれば、義父のこの血圧上昇は、「自然法則に反する奇跡」としか思えませんでした。

For me, this pressure rise of him, was likely to be a "miracle against laws of nature".

その後、みんなが『まだ数日は大丈夫かもね』と言いあっていた翌日の朝の10時、嫁さんや長女や親戚の方が、いろいろと動き回っている中で ―― 義父は静かに息を引き取りました。

After that, while my wife and others talked each other "He might keep this condition for a few days", however, he passed peacefully away at 10 in the next morning, in everyone was working busy.

看護師の方に指摘されるまで、誰も気がつかなかったくらい、静かで穏やかな死だったそうです。

It seemed to be calm and peaceful, nobody noticed his loss until a nurse noted it.

-----

嫁さんからの連絡を受けて、私も航空券などの確保を開始し始めましたが、その時、ふと目、昨日のLineのメッセージが目に入りました。

After the message from my wife, I started to prepare for a flight and a rental car. At that time, I saw the Line message of the previous day from my wife.

『じいじ、娘と孫娘の「声」を聞いて、元気が戻ったみたい』

"Daddy might pick spirit by hearing our voices"

そのメッセージを目にした時、私は『あ! そうか!!』と思わず声を上げてしまいました。

At the moment, I found myself crying out "that's it!".

(続く)

(To be continued)


2018-03-06 『私の言葉を理解できる人や、私に声をかけてくれる人の中で死にたい』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私は、その瞬間、長年の私の疑問

At that time, I thought that I could resolve my longstanding problem

『日本の土を握って死にたい』

"I want to die by grasping Japanese soil"

の理由が分かった、と思ったからです。

―― 言語は、単なる情報伝達手段ではなく、人の想いを、人に送り届けることができる手段である

"Language is not a simple means of communicating information, but a means that can deliver human thoughts to people"

と。

私は、あの時、インドのデリーで瀕死の状態になりながら、

I was in a state of dying at the Indian Delhi at that time, I thought

『私の言葉を理解できる人や、私に声をかけてくれる人の中で死にたい』

"I wanted to die among those who can understand my words and those who will speak to me."

と思ったのです。

-----

私は、鹿児島で危篤状態にあった義父が、娘や孫娘の声を「メッセージ」として理解できていたとは思っていません。

I do not think that my father-in-law who was in critical condition in Kagoshima was able to understand the voice of her daughter and granddaughter as "message".

しかし、それでも、義父は彼女たちの「声」を「想い」として受けとめ、

However, even then, he received their "voice" as "love"

その「想い」に、「生きる意思(血圧の上昇)」で応え、

and responded to that "love" with "intention to live (rising blood pressure)", and

そして、多くの愛する人たちの「声」を聞きながら、

while listening to the "voice" of many loved people,

静かに逝った ――

he quietly passed away.

そういうことなのでしょう。

That's it.

『やるじゃん、じいじ』と呟いた後、私は ―― 込み上げてくるものを抑えきれず ―― オフィスを離れました。

"You are great aren't you ?, my father". I could not keep the tears from my eyes, and left the office.

-----

その後、私は、次の日からの鹿児島への移動の準備の為、会社の診療室にいって、花粉症やその他の薬を貰いに行ってきたのですが、

After that, I went to the company's office to prepare for the move to Kagoshima from the next day, to get pollen allergy and insomnia medicine medicine,

「ちょっと目を見せて貰えますか?」と言いながら、私の瞼を診察した医師は、

The doctor who consulted my eyelids said, "Can you show me your eyes?", and

「これは、本当に酷い充血ですね」といって、大量の薬(3ヶ月分)を一気に処方してくれました。

He said, "this is really terrible hyperemia," and prescribed large amounts of medicine (for 3 months) at one time.


2018-03-07 ―― 手動で設定すれば、早くね? [長年日記]

多くの人には、実感がないかもしれませんが、パソコンの時計というのは結構簡単に狂っていきます。

You may not feel it, but the clock of PC loses time easily.

これは、

The reasons are that

●パソコンに搭載されている発振器の精度が悪い(その代わり安い)ためと、

- the accuracy of the oscillator installed in the personal computer is bad (instead of cheap)

●大抵のパソコンは、インターネットに接続すると、時刻サーバから正しい時刻を取得することができるため、

- most PCs can acquire the correct time from the time server when connecting to the Internet,

気がつきにくいのです。

so it is difficult for to notice it.

私は以前、0.000000001秒の時間を取り扱う装置を、パソコンで作るという、(かなり無茶な)研究をやっていたので(GPSのことです)、このパソコンの時刻精度(の悪さ)については良く知っています。

I studied about a personal computer to realize handling time of 0.000000001 seconds (quite incredible), so I am familiar with the time accuracy of this personal computer.

-----

大抵の会社では、パソコンから外部のサーバにアクセスする際、かなり厳しいセキュリティが課せられています。

In most companies, when accessing an external server from a personal computer, strict security processes run.

ですので、私のパソコンも、外部サーバのとの時刻同期がなかなか上手く設定できず困っていました。

So, my personal computer was also in trouble because I could not set the time synchronization with the external server quite well.

ほっとくと、一週間で5分以上もの時間が狂ってくるので、いろいろ試していました

Leaving it out, the time goes loses time more than five minutes in a week, so I tried it a lot

ファイアウォール越え、とか、国内の電波時計の電波を受信するモジュールの設計とか。

for example, tunnel a hole in the firewall or design of a module that receives radio waves of domestic radio clock.

-----

ところが、ある日、気がつきました。

However, one day I noticed

―― 手動で設定すれば、早くね?

"If I set it manually, is it soon?"

私の愛用している電波時計の腕時計の時間を見ながら、パソコンの時間を手動で設定するのに、20秒もかかりませんでした。

It took me less than 20 seconds to manually set the time of the computer while watching the time of the watch of my favorite radio clock.

-----

技術者は、なんでも「自動化」したがります。

Engineers want to "automate" everything.

彼らの「自動化」へのモチベーションは、間違っていません。

Their motivation for "automation" is not wrong.

「自動化」「軽量化」「簡易化」「高速化」は、誰がなんと言おうが正義です。

"Automation" "Lightening" "Simplification" "Speeding up" is justice no matter what anyone says.

しかし、「コストに見当った正義」を見失いがちなのも、また、技術者なのです。

However, it is also an engineer who tends to lose sight of "cost with the justice".


2018-03-08 ―― パソコンすら、ろくに扱えんようなあなたが、私(人工知能)をマネージメントできるのか? [長年日記]

『自動書記人形 "ドール"』をテーマとしたアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の予告を見た時、

When I saw the notice of the animation "Violet Evergarden" with the theme of "Auto secretary - doll",

「また、人工知能、アンドロイドものか」と思っていたのですが、 設定はその真逆でした(詳細は割愛)。

I thought "Is this about artificial intelligence, android", but, The theme was the opposite(the details are omitted).

大変美しい映像のアニメです(もちろん、お話としても大変素晴しい作品です)

It is an animation of really beautiful images (of course, it is a very wonderful story too)

番組の開始から終了まで、美しい絵が飾られている美術館の中にいるかのような気分になります。

From the start to the end of the program, it makes me feel like I am in an art museum where beautiful pictures are displayed.

「オルセー(×ルーブル)美術館」を訪問した時に、その美しさに圧倒されて腑抜けてしまった時のことを思い出しています ――散々不愉快な思いをした海外出張の、唯一の例外の思い出として。

When I visited "Orsay (× Louvre) Art Museum", I remember the time when I was overwhelmed by its beauty and lost my energy ---- as a good memories of overseas business trips that gave me a lot of unpleasant feelings.

私としては珍しいことですが、時々、立ち止って、絵に見入って ―― 動画を停止して、映像として鑑賞して ―― います。

It is rare for me, but I sometimes stop a picture and I am looking at it ---- to stop the movie and watch it as a picture.

さて、それはさておき。

Well, aside from that.

-----

「簡単な仕事なら人工知能がやってくれる時代になる」と記載された記事を、私は今日だけで3つ読みました。

I read three articles only today, stating that "It will be the era when artificial intelligence will do if it is a simple task."

もし、私が、人格をもった人工知能であれば、多分、こう言うと思います。

If I were an artificial intelligence with personality, I think probably saying like this.

―― パソコンすらろくに扱えんようなあなたが、私(人工知能)をマネージメントできるのか?

"Can you manage me (artificial intelligence) ? you are a person who cannot operate even PCs aren't you ? "

と。

そもそも、人間は、同じ人間ですらまともにマネージメントできていません。

To begin with, humans can not manage even the same people in the right way.

それは、毎日、私のところに届けられる、URLが大量に付いている「日経◯◯」のメール数を見れば明かです。

That's obvious that if you look at the number of "Nikkei ◯◯" mails with a large amount of URLs delivered to me every day.

(続く)

(To be continued)


2018-03-09 ―― うん、もういい。疲れた [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

それとも、『人工知能に何の指示も出さないのに、私の意を汲み取って、勝手に仕事をしてくれる』などと、夢のようなことを、本気で考えているのでしょうか。

Are they seriously thinking about dream things such as "Do not give any instructions to artificial intelligence, take my intention and do your own work"?

「人工知能」云々の前に、もしそういう「パソコン(のアプリ)」が登場したら、先ずは、私にご一報下さい。

Before talking about "artificial intelligence" , if such "PC (application)" appears, please inform me first.

-----

I intended to "refute" politely over time, "It will be an era when artificial intelligence does simple tasks", however,

―― うん、もういい。疲れた

"Yeah, that's enough. I am tired"

-----

皆さんにお願いがあります。

I have a request from everyone.

その「人工知能がやってくれる簡単な仕事」の具体例を、私に教えて下さい。

Please tell me a concrete example of that 'simple task that artificial intelligence does.'

いくつもいりません。1つだけでいいです。

I do not need anything. Only one is fine.

現時点で、存在しないものでも構いません。

Even if it does not exist at present, it does not matter.

私は、多くの人がイメージしている「人工知能」なるものを、一度、キチンと纏めてみたいのです。

I would like to summarize "artificial intelligence" that many people image, once.

-----

で、私の方は、

So, for me,

―― 『簡単な仕事』『人工知能』の2つの単語が1つのフレーズに含まれるメールを、全部着信拒否とする

To reject all incoming mails with two phrases "simple task" and "artificial intelligence" in one phrase

という対応で、当面は凌ぎたいと思います。

In the meantime I would like keep doing it.


2018-03-10 3年目くらいまでは、「死ね! 死ね! 死ね!」と連呼しながら、パソコンに入力をし続けていました。 [長年日記]

役所で発行される多くの書類が、コンビニで取れるようになってきています。

Many documents issued at the government office are getting ready at convenience stores.

特に、(1)パソコン + (2)マイナンバーカード + (3)コンビニ のコンビネーションは最強です。

In particular, the combination of (1) PC + (2) My number card + (3) convenience store is the strongest.

役所に行って、役所で待って、役所から戻ってくる、という時間が節約できるのは、大きいです。

It is great that I can save time to go to the government office, wait at the government office, and return from the government office.

それに営業時間が24時間というのも素晴しいことです。

It's also wonderful that the business hours are 24 hours.

ただし、この「(1)パソコン」が、大問題なのです。

However, this "(1) personal computer" is a big problem.

-----

最近、私は親の書類(確定申告等)の仕事をパソコンでやっているのですが、これが、まあ、分かりにくいったらありゃしません。

Recently, I am making my parent's document (final return etc.) on my computer, but it is too difficult for me.

3年目くらいまでは、「死ね! 死ね! 死ね!」と連呼しながら、パソコンに入力をし続けていました。

Until about the third year, I kept inputting to my PC while communicating with "Dead! Dead! Dead!"

仕方ありません。

It cannot be helped.

年に1度しか使わないシステムを使い熟すのは、私のようにパソコンに精通している ―― と、世間に勝手に決めつけらている ―― 人間にとっても 、苦痛なのです。

It is a pain for me even who is regarded as a PC specialist, to use the system that is only used once a year.

まあ、ここ、数年使い続けて、ようやくシステムが「何をして欲しいのか」が分かってきて、かなり楽になってきました。

Well, continuing to use this system for several years, I come to understand "what this systems want me to", and I come to feel easy.

ということは、毎日このシステムを使っている人であれば、このサイトは「便利なツール」となっていると思います。

So, if someone uses this system everyday, I think that this site is "a useful tool".

(続く)

(To be continued)


2018-03-11 ―― パソコン使ってこなかったお前が悪いんだろう? [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

お役所で発行して貰える住民票や戸籍謄本を得る為「だけ」に、

In order to obtain "only" a resident card and family register certificate that the government office can issue,

(1)パソコンで操作するのと

(1)Operating with a personal computer

(2)お役所に行くのと、

(2)Going to the office,

どっちの方がコスト(時間と費用)が安いかを考えれば、私だって(2)を選びます。

If asked which better is, I also choose the (2).

一生の間に、何回、住民票や戸籍謄本が必要になるかを考えれば、「パソコンと格闘すること」は最適戦略とは言えません。

Considering how many times a citizen's voucher or family register must be copied during the lifetime, "fighting with a PC" is not an optimal strategy.

-----

だから、「お役所は当面大丈夫」 ―― とも、ならないような気がするんですよね。

So, "the government office is okay for the time being" --- I don't think so.

多分、行政は、お役を縮小または廃止することで、国民を「パソコン + コンビニ」に強制誘導しようとするはずです。

Probably, the administration will shrinking or abolishing the office, and it is supposed to try to force people to "PC + convenience store".

『行政はデジタルデバイド民を切り捨てるのか』と問われれば ―― そりゃ、当然切り捨てるでしょう。

If someone asks the administration for truncating the digital divide people?" Well, they will naturally truncate.

なでなら、老人福祉や少子化対策と比較すれば、この禁忌(タブー)がもの凄く言い易いですから。

Compared with welfare for the elderly and measures against declining birthrate, this line is easy to say easily.

―― パソコン使ってこなかったお前が悪いんだろう?

"You are bad aren't you ? Because you have not used a personal computer"

って。

そして、「パソコン + コンビニ」を使えない人は、高い金を払って、それを代行する業者に頼むことになる訳です。

People who can not use 'PC + convenience store' will be asked by a merchant who pays high money and acts on it.

結局、行政の仕事が民間に安く払い下げられる、ということです。

In the end, the job of the administration is cheaply paid to the private sector.

-----

こういう観点から見れば、私の老後はバラ色(?)です。

From this point of view, my old age will be wonderful(?).

父や母の確定申告や、嫁さんの不動産登記手続は、そりゃタダでやっていますが ―― それ以外の人からは、相応のお金を頂きます。

According to final and mother's final declaration and wife's real estate registration procedure, I will do it for free. Other people will get the appropriate money.

こうして小金を稼いで老後を凌げれる未来がくれば、私は助かります。

I will save money if the future will come. It might be helpful.

私は「人々の不便を喰って自分が生きていくこと」に、1mmたりとも良心の呵責を感じません。

I do not feel punishment even with 1 mm, "sacrificing the inconvenience of people"


2018-03-12 ―― その「論理破綻」の論理(ロジック)を、論理的に解析しなければならないのです [長年日記]

昨日の日記で、「パソコンを使えない人にとっての暗い未来」を記載しました。

In yesterday's diary I wrote "Dark future for people who can not use PC".

このような未来予測に対しては、『だからこそ、対話型AIが・・・』という話で反論されるケースが多いです。

For such a future prediction, some people try to argue in the story that "interactive AI should be needed...".

もちろん、私も「対話型AI」には期待しています。

Of course I also expect "interactive AI".

"Google Home"等は、この未来への大きな一歩になっていると思います。

I think that "Google Home" etc. is a big step toward this future.

私は「AIの暗い未来」のコラムの連載をしていますが、10年後、20年後の人が、私のコラムを読んで、『私を、"愚かなペシミスト"として笑い者にされる』ことが、もっとも素晴しい未来です。

I am serializing the column of "AI's dark future", however I believe that future persons will read my column and make me laugh as "stupid pessimist" after ten and twenty years.

That is the most wonderful future.

-----

とは言え、私は、この『だからこそ、対話型AIが・・・』には、大きな嘘があると思っています。

However, I think that there is a big lie in this "why, interactive AI ...".

そもそも、AI技術は論理(ロジック)の塊です。

Initially, AI technology is a mass of logic.

論理的に整合のとれないモノやヒト(論理破綻したクレーマ)に対しては、何もできません。

AI technology can not do anything for things or humans of "logic failure" (e.g extralogical complainer) that can not be logically matched.

「そこをなんとかするのがAIだろう?」という意見は(気持ちとしては)分からなくもありません。

I can understand the feeling "That is a significance of existence of AI isn't it ?"

しかし、その場合、―― いいですか、ここが大変重要です ―― AI技術は、

But, in that case - you see, here is very important -

―― その「論理破綻」の論理(ロジック)を、論理的に解析しなければならないのです

AI technologies must logically analyze the logic of that "logic failure"

(続く)

(To be continued)


2018-03-13 ―― いらんことを聞いてこない分、パソコンの方がマシ [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

つまり、AI技術は、

In other words, AI technologies try to ask the complainer about the following questions,

●このクレーマーが、怒っている理由は何か?

- Why is this complainer angry?

●その発生原因は何か?

- What is the cause of the occurrence?

●このクレーマの思考を支える知性はどの程度のものであるのか?

- What is the intelligent level of this complainer ?

●このクレーマに精神的疾患はないか?

- Is there a mental illness in this complainer?

●血縁者に激情型気質の人間はいないか?

- Is there a person who has an explosive personality in this complainer's relatives?

●過去に同様のクレームをしたことがあるか

- Has he/she made similar claims in the past?

などを、そのクレーマーに尋ねることになります。

もしかしたら、「九九が言えるか」「物体が落下する理由」を尋ねられたりするかもしれません。

The complainer might to be asked "Do you know the multiplication tables? "Do you know why the object falls".

そんなことを尋ねられたら、私でも、『そのAIの端末を、拳で叩き壊すだろう』と思います。

If I asked such a thing, I think that "I will destroy that AI's device with a fist."

-----

AI技術と人間の決定的な違いは「忖度(そんたく)」「あしらう」「空気を読む」という名称では称呼しない何か(例えば「思いやり」等)の有無です。

The crucial difference between AI technology and humans is something about "consideration", "treating" or "reading the air".

これは、現在のAI技術では越えられない、決定的な一点です。

This is a big issue that current AI technology can not overcome human being.

「それでも、そこをなんとかするのが・・・」という人に対しては、私はもう語るべき言葉はありません。

For the person who will say "Nevertheless, for those you have said, I think there is something to do ...", I have no more words to say.

-----

私は

I come to think that

―― いらんことを聞いてこない分、パソコンの方がマシ

"PC is better than AI, because PC doesn't say something disagreeable"

となるような気がしています。


2018-03-14 ―― 町内会の会合で、気楽に『パソコンは使えないんだ~』という発言ができる [長年日記]

パソコンネタが続きますが、最近、町内会での仕事をやっているのですが、今や「パソコンリテラシーを持つ人間の確保」は、大が10個付いてくるくらいの大問題となっています。

Recently, PC story continues now. Today, I tell another one.

I'm doing work at a neighborhood association, but now "keeping a person with PC literacy" is a ten times bigger problem than an ordinal problem.

町内会の役員には、ワード、エクセル、パワポが使える人は少なく、パソコンやスマホで無料で使える、スケジューラ、会議予約/通知システムなど、全く使われていませんし ―― 気配すらありません。

There are few people who can use word, excel, and powerpoint in the neighborhood association. It is not used at all, such as a scheduler, conference reservation / notification system, which can be used free of charge on personal computers and smartphones. To tell you the truth, even no sign appears.

メールアドレスすら持っていない、という人がいるくらいです。

Some person don't have even their own mail address.

パソコンやインターネットが使えれば、町内会行事の負荷も劇的に軽減することは、試算するまでもなく明らかです。

If they can use a PC or the Internet, it is obvious that we will dramatically alleviate the burden of neighborhood association events, and I don't need the trial calculation.

ある役員の方は、(オフレコで)『パソコンを使える人間がいれば、現在の担当4人を、1人にできる』と言い切っていました。

One officer said (with off the record) "If there are human beings who can use a personal computer, we can reduce four people in charge to one person"

-----

―― 町内会の会合で、気楽に『パソコンは使えないんだ~』という発言ができる

"At the meeting of the neighborhood association, the saying "I cannot use PC at all" is allowed"

ということが、「いいこと」なのか、どうか、私は分からないままでいます。

I wonder if this saying is proper at the meeting.

これは、町内会が、「私はパソコンが使えない」→「だから、この仕事はできない」のロジックを認容していることになるからです。

This means, that the neighborhood association has accepted the logic of "I can not use a personal computer" -> "" Therefore, I can not do this work ".

-----

しかし、私から見ても、パソコン(のアプリケーション)というものは、

However, from my point of view, personal computers (and applications) are

―― 人類史上、例を見ないほど、使い難い道具

"tools that are difficult to use, in the history of human beings"

である、という一点において、完全に同意しています。

I agree to the point completely.

パソコンのアプリケーションのインタフェースは、これまでの人類100万年の歴史において、一度も体験したことがない、全く新規で、かつ、珍奇なものだと断言できます。

I will tell you that the application interfaces of the personal computer are new and unusual, which we have never experiment in the history of one million years of humanity.

(続く)

(To be continued)


2018-03-15 ―― 今のGUIのインターフェースは、人間(一般人)とコンピュータを結びつけた奇跡の技術 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

なぜ、パソコンは、このように「使い難い道具」と堕してしまったかというと ―― これは、アプリケーションを自作してみれば分かることなのですが ―― 「あのインターフェース」です。

The reason why PCs have become "uncomfortable tool" is the interface. If you want to know the reason, the nearest way to make an PC application by yourself.

できるだけ短時間で、楽に、パソコンのアプリケーションを作りたければ、どうしてもあのインターフェース(「開く」とか「閉じる」とか「上書き保存」とか)になってしまうのです。

If I want to make applications for PC easily in as short a time as possible, I will design as that interface("Open", "Close" or "Overwrite Save").

-----

ところで、

By the way,

皆さんは、現在のGUIベースのインターフェースを「使い難い」と思っているかもしれません。

You might think that the current GUI based interface is "difficult to use".

しかし、あのGUIインターフェースが登場した時は、私達の世界(エンジニアとか研究者とか)は、大混乱に陥いったものです。

However, when that GUI interface appeared, our world (such as engineers and researchers) fell into a big mess.

私は「マッキントッシュSE30」のGUIを始めて使った時の、あの衝撃は忘れられません。

I can never forget that shock when I used the GUI of "Macintosh SE 30" for the first time.

研究者の中には「GUIは直ぐに廃れる」と、GUIを「ディスる」ことに躍起になっていた人もいました。

One of researchers had been rushing to "GUI will be disappeared soon" disrespectfully.

("fj"というネットニュースのグループで、いつも不愉快な対応をする人だったので、今でもフルネームで覚えています(名指しできます))。

(There was a group of net news called "fj", and he always responded unpleasantly. So even now I remember his full name (I can say it)).

ともあれ、今となっては、信じられないかもしれませんが、

Anyway, now it may be unbelievable for you,

―― 今のGUIのインターフェースは、人間(一般人)とコンピュータを結びつけた奇跡の技術

"The interface of the current GUI was a miracle technique combining a human (an ordinary person) and a computer"

だったのです。

と同時に、コマンドラインでコンピュータを扱える人間(エンジニアや研究者)への、これまでの世間の「過剰な尊敬」も、失わせてしまったのです。

At the same time, the "excessive respect" of the public to specified persons (like, engineers and researchers) who can handle computers at the command line, has also been lost.

GUIインターフェースが現われる前には、『息子や彼氏が「コンピュータ」を使える』ということが、身内自慢になっていた時代があったのですよ(遠い目)

Before the GUI interface appeared, there was a time when they proud of their son or boyfriend could use "computer" (with distance look)

(続く)

(To be continued)


2018-03-16 ―― 「設計側の思想」による「洗脳」が完了した人 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

話を戻します。

Return to the board.

つまり、パソコンのアプリケーションというのは、

The PC application has two natures.

(1)製作者の設計思想を、利用者側に強要することで成立し、

(1)It is approved by enforce the end user to the designer's policies,

(2)使用者側のインターフェースのニーズを、組み込むことが絶望的に難しい

(2)It is difficult to build in the end user's needs for the interface.

という性質があります。

これをパソコンの利用者から見れば、「パソコンを使える人」とは、

From the view point of PC users, a person who can use PC has been

―― 「設計側の思想」による「洗脳」が完了した人

completed to be given the brain wash by the designer's policies.

とも言える訳です。

-----

イスラム過激派のテロリストを例に上げるまでもなく、若い人ほど洗脳は簡単です。

Needless to say about Islamic extremist, the younger they are, the easier they are given their brain wash.

そういえば、先日、「テロリスト達が、コーランをほとんど読んでいない」 ―― という、国際機関の調査報告結果が、ニュースで放送されていました。

The other day, I watched a news program, that the research report of an international organization said "the younger Islamic extremist seldom or never read Koran".

『どーせ、そんなことじゃないかと思っていた』 ―― と、私が言うことができるのは、私は知っているからです。

"I thought just as much." -- Why I can say so? Because I know something with the past.

●「資本論」は勿論「共産党宣言」や「空想より科学へ」も読んだこともない人達が、

Persons who read neither "Capital" nor " Communist Manifesto", even "From fantasy to science",

●えっらそーに世間に「革命」を説教をして

preached the revolution to the world arrogantly

●「大衆を導く」とかゴーマンかまして、

said "lead the masses" grossly

●モノを壊したり、人を殺傷したり、借金踏み倒していた、

broke things, killed people, and went down with debts,

―― 不快な事実を。

I know plenty of such unpleasant facts.

(続く)

(To be continued)


2018-03-17 パソコン(または英語)教室などで、リテラシーを上げようとしても大抵の場合は失敗に終わります。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

再度、話を戻します。

Sorry but may I change the topic now.

長々と、横道に逸れて、論じてしまいましたが ――「町内会役員のパソコンリテラシー」の話に戻ります。

I will return to the story of "Neighborhood Association's PC literacy".

結局のところ、ここまで大げさな話ではなく、実際はもっと簡単な話なのです。

After all, it is not an exaggerated story so far, it is actually a simpler story.

●パソコンを日常的に使っている(業務)人は、パソコンを使える

- People who use personal computer on a daily basis (business) can use a personal computer

●そうでない人は、パソコンを使えない

- People who are not, can not use a personal computer

それだけのことです ――

It just is the thing.

"PC" is the same as "English"

これは、「良し悪し」の問題ではないのです。

This is not a problem of "good or bad".

パソコン(または英語)教室などで、リテラシーを上げようとしても大抵の場合は失敗に終わります。

Even if you try to raise literacy in a PC (or English) classroom, it will fail in most cases .

パソコン(または英語)のリテラシーを上げるために必要なことは、

What we need to do to raise literacy on a PC (or English) is

●「パソコン(または英語)を必要とする日常を作ること」

- to "Make everyday life that requires a personal computer (or English)"

であって、さらに、ぶっちゃけて言えば

And, furthermore, speaking out of

●「パソコン(または英語)が使えないと『明日のご飯が食べられない』という危機的状態を作ること」

- to "make a crisis state that you can not eat tomorrow's rice" if you can not use PC (or English) "

という状況を自ら選び(あるいは誰かの命令によって選ばされ)、かつ、引き返せないところにまで至らなければならない、ということです。

You choose yourself the situation of (or it is chosen by someone's order) and, we have to reach where we can not return.

で ―― それは「楽々」とか「簡単」とかとは真逆の、「楽しくなく」「苦しく」「不愉快」な日々です。

It is absolutely "uncomfortable", "painful" and "unpleasant" days, opposite of "easy" and "simple".

間違いなく。

(続く)

(To be continued)


2018-03-18 ―― 町内会が消滅しても「明日のご飯が食べられない」という事態は発生しない [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

これは、逆説的に「町内会」を定義をしている、とも言えます。

It can be said that this is paradoxically defining the "neighborhood association".

つまり、

In other words,

―― 町内会が消滅しても「明日のご飯が食べられない」という事態は発生しない

"Even if the neighborhood association disappears, the situation that "the meal of tomorrow can not be eaten" does not occur"

ということです。

「パソコンが使えないんだよ~」という発言が認容される「町内会」という組織は、所詮はその程度のものです。

The "neighborhood association" that is allowed the saying "I cannot use PC at all", is something of that level.

-----

さらに、もう一段階、逆説的に語れば、

In addition, one more step, paradoxically speaking,

―― 町内会なんぞ、所詮、その程度の組織なのですから、仮に、役員や班長に任命されても、テキトーにやっていればいいんですよ

Neighborhood association, after all, is something of the level, so even if you are appointed as an officer or group leader, you don't have to take care seriously.

と申し上げます。

I said that.

あまり、心配しなくても、多分大丈夫だと思います(経験者談)

I think that it is probably okay (experienced story)

あ、それと、もし、あなたが「パソコンが使える」のであれば、それは「町内会」という組織に対するワイルドカードです。

If you are "able to use a personal computer", it is a wild card for you against the "neighborhood association.

そのワイルドカードを切るタイミングは、十分に考えて下さい ―― 「町内会の利益」ではなく、あくまで「あなたの利益」となるように。


2018-03-19 ―― 名探偵コナンの「毛利蘭」のようにならねればならないのか [長年日記]

次女が、4月から女子高校生になるということに、緊張しているようです。

My junior daughter looks tense for becoming a "high school girl" from next April.

―― "だってJKだよ"、と、言っています。

She said "It is a "JK" isn't it? "

長女が、女子高校生になった時、酷くプレッシャーがあったそうです。

When my senior daughter became a "high school girl, she seemed to increase the pressure, that

―― 名探偵コナンの「毛利蘭」のようにならねればならないのか

she wondered if she become the girl like "Mouri Ran" in the "Detective Conan"

と。

-----

私も、色々な人から「変な人」と言われ続けて半世紀を生きてきましたが、

I have been to be called "funny person" for a half of century, however,

私の娘たちも、決して遜色ない、と思います。

I think that my daughters bear comparison with me.


2018-03-20 ―― それならば、あなたがやって見せて下さい [長年日記]

『そんなこと、やればできるだろう』『簡単じゃないか』という人へ

To the person who can say "Anyone can do such a thing, even if do it","It is easy"

―― それならば、あなたがやって見せて下さい

"Please show me what you do."

やればできるんでしょ?

You can do such a thing ?

簡単なんでしょ?

Is it easy for you?

いつでも、私は代わりますよ。

I prepare to change places with you.


2018-03-21 長女:「『道具』というものはね、開発者の意図を越えて、発展していくものなのだよ」 [長年日記]

私は、著作を深夜に行うことが多いです。

I often make my works in the small hours.

「イラスト」の場合は、それを描き終えると、それを、家族にメールやLineで送付しているのですが、

When the work is a drawing, I will send it to my family by Mail and Line, however,

昨夜家族「全員」から

Last night, all of my family asked me,

―― 止めて欲しい

"to stop it"

と言われました。

理由をたずねたら、

I asked the reason to them, they said

『深夜、スマホの音で起こされるから』

"The sound of smart-phone wakes me"

と言われて、びっくりしています。

I was really surprised.

-----

江端:「なんで、メールやLineの着信に、着信音を設定しているんだ?」

Ebata: Why do all of you set the ringing tone, at the incoming Mail and Line ?"

長女:「普通、そうするでしょう」

Senior Daughter(SD):"It is just common".

江端:「しねーよ。そもそも、パパ達が、電子メールを広めてきたのは、『受信者側の都合で返事ができる』というメリットがあると信じてきたからだぞ」

Ebata:"No way! we, IT engineers have believed that E-mail has a merit of "the recipient can reply at their own convenience", so we have been trying to spread it.

「不愉快なメールには返事しない」とか「面倒な仕事は、知らなかったことにしたい」とか、そういう用途に使いたい ―― という、邪な意思もあったのですが。

I also had a wicked intention, "I do not reply to unpleasant e-mails" or "I want to ignore troublesome work".

-----

嫁さん:「仕事の連絡はLineでやっているから、呼出音はどうしても必要」

Wife: "We are doing work on the line, so the ringing sound is absolutely necessary"

次女:「着信音の設定は、常識」

Second daughter: "Ring tone setting is common sense"

と言われて、私は、しぶしぶ、家族宛ての、深夜のメールやLineを止めることに同意しました。

I reluctantly agreed to stop using Mail and Line to my family at midnight.

-----

電子メールエージェント(電子メールを使ったM2M(IoTシステム))まで自作したことのある私としては、『電子メールの基本理念が踏み躙られるようで、挫くたる思いだ』 ―― と不満を言ったら、

I have ever made my own e-mail agent (M2M (IoT system) using e-mail), so I complained that "I am feeling down, because the basic idea of e-mail seems to be trampled down", however,

長女:「『道具』というものはね、開発者の意図を越えて、発展していくものなのだよ」

SD:"any tool continues to develop beyond the intentions of the developers "

と諭されてしまいました。

I was admonished by her.


2018-03-22 『なんか、江端が「らしくないこと」を言っているなぁ』と思われている方も多いかと思います。 [長年日記]

諺(ことわざ)に、「禍福は糾える縄のごとし」というものがあります。

There is a saying "good and bad fortune are next-door neighbours"

良いことが起った次の瞬間に悪いことが起こり、またその逆も真である、という意味です。

That means "a badness happens as soon as a goodness happens, and vice versa"

-----

深刻なバグを修正した(デバッグ)と思ったら、その修正が、別のバグを引き起こすなんてことは、普通にありますし ―― 現在、その地獄の真っ最中ですし、

After fixing serious bug (debug), It is common that the result of debug comes to make another problem. Now I am in the death-marching.

ようやく、プログラムの結合作業を完了して一息ついているところに、まだ、一回も入力していないプログラムの「成果報告を出せ」などという、無茶な命令もやってきます。

While I confirmed completing the program joining operation and relieved, the order of "submit the result report" was coming, eve the program had not been executed yet.

-----

この度、小田急電鉄が、(歴史的な)路線の増加とダイヤ改正を行いました。

Recently, Odakyu Electric Railway has increased the number of (historical) routes and revised the schedule this time.

これによって、混雑度が改善され、到着時間も早くなって、―― 多分 ―― 多くの乗客が幸せになっている と思いますが、

I think that this improves congestion degree and arrival time faster - probably - many passengers become happy, however,

私に関して言えば、従来の出発駅の時間では、到着時間が20分も遅れることになりました。

As for me, the arrival time will be delayed by 20 minutes at the time of the conventional departure station.

しかし、「何かを変える」ということをすれば、こういうこともあります。

If someone do something to change, these cases will happen.

-----

『なんか、江端が「らしくないこと」を言っているなぁ』と思われている方も多いかと思います。

You might think that "Ebata is not himself today", however,

実は、今、私の作っているプログラムが、まさに「そういうこと「も」計算できるプログラム」だったりするのです。

In fact, the program I am making now, has a function to calculate the departure and arrival time.

私なんて、私のプログラムの中で生成される、数十万の乗客の中のたった一人に過ぎず、全体の中ではたった0.01%にも見たないパラメータです。

In the program, I am only one among hundreds of thousands of passengers generated, and I am just a parameter of even 0.01% in the whole.

私の遅着時間20分は、私のプログラムの全体最適計算では、0.002秒程度の影響しか与えません。

My delay time of 20 minutes has only an impact of about 0.002 seconds in the overall optimal calculation of my program.

-----

だから、思うのです。

So I think

●自分の都合の良いダイヤを作る為には、

- In order to make my own convenient diamond,

●小田急電鉄の社長でも足りなくて、国土交通省の上級官僚、あるいは運輸大臣、または、総理大臣くらいにならなければならず、

- the president of Odakyu Electric Railway is not enough, I should have been a senior bureaucrat of the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism, Minister of Transport, or Prime Minister.

●そういうエラい人になるべく研鑽してこなかった、

However, I have not made an effort to become such an elusive person.

●この私が悪い

In conclusion, it was my fault.

―― と。

-----

ただ、そういう人たちが、電車通勤しているかどうかは、私は知りませんが。

However, I do not know whether such people are commuting to train.


2018-03-23 「パパ! 『英会話教室』なんて始めるつもりなの?」と血相を変えて聞いてきました。 [長年日記]

町内会の回覧板用に、「英会話教室」の生徒募集のビラを、仕分けしていた時のことです。

When I sorted the ads for recruiting for "English conversation lesson" for circulation boards of the neighborhood association,

嫁さんが「パパ! 『英会話教室』なんて始めるつもりなの?」と血相を変えて聞いてきました。

My wife asked me "Do you want to start an English conversation lesson ?" in a black rage.

―― ここ数年で、最大級の誤解だなぁ

"It might be highest possible misunderstanding in several years"

と、思わず、苦笑してしまいました。

I almost burst into laughing.

-----

ある日曜日に、私が、町内会の会館の窓口業務をやっていた時、

One day on Sunday, when I worked at hall counter,

近くの町内の日本在住の外人の方が、「英会話教室」目的で、町内会の会館を予約をする為に、窓口に来られました。

a foreigner at the next town came to the counter to try to reserve a room for the event of "English conversation lesson".

それをきっかけとして、私が、町内会長への問い合わせや、ビラの配布方法などを、電子メールでアシストさせてもらっています。

As just a trigger, I started to help her for inquiries to the head of the neighborhood association and ads distributions by the circulation boards, by e-mail.

------

「英語に愛されないエンジニアのための新行動論」の著者である私が、「英会話教室」なんぞを始めたら、

I am a writer of the works whose title is "New strategies for engineers who are not loved by English". So even if I try to start "English conversation lesson" by myself,

これはもう、「冗談」ではなく「事件」です。

this is not a "joke" but a "serious affair"


2018-03-24 ―― 月額500円の格安キャリア、データ通信のみですけど [長年日記]

先日、コストコに行ってきたときのことです。

It was about when I went to Costco the other day.

店内で、大手キャリアの買い替えキャンペーンをやっていたようで、セールスの人が私に近付いてきました。

There seemed to be "Major career switching campaign" inside the store, a sales person approached me.

「どちらのキャリアをご利用ですか?」

"Which carrier do you use?"

とたずねられたので、私はニヤリと笑って、一言言いました。

When I was asked, I laughed with grinning, I said a word.

―― 月額500円の格安キャリア、データ通信のみですけど

"Cheap carrier of 500 yen per month, data communication only"

といったら、セールスの人は、悔しそうな顔をして、そのまま黙ってしまいました。

After that, the sales person had a facial expression with be frustrating, he just kept silent.

-----

ふっふっふ。

Lol. Haha...

こちとら、20年も前に、IPパケットの実装までやってきて、今のスマホで、Youtubeも動かせる環境を構築しているのだよ

I came up to implementing IP packets 20 years ago, and I have already made smart-phone environment that movies contents are available.

君らとは「格」が違うのだよ、「格」が。

My level is far from yours. That is the level.


2018-03-25 期待を高くしてはならない ―― [長年日記]

期待を高くしてはならない ――

"Do not go up my expectations"

冷静に、これから始まる、全く新しい作品を、特にこれといった感慨もなく見始めるのだ ――

"I will have to start to watch a new work calmly completely without prediction feeling"

と、自分自身に言い聞かせています。

I tell myself.

"I have to forget the event that I went to London only to watch "Steins Gate(Fate Stone) once"

映画は、決して悪くなかった。

The movie was not bad.

しかし、あの時の私は、期待値がレッドゾーンに振り切れていて、「心」が納得してくれなかった ――

At that time, my expectation was in the red zone, and my "heart" was not convinced, so, I think,

あれを繰り返してはならない。

I must not repeat that.

こういう人間を批判し続けてきた私は、いつだって「優れた作品には、大きな声で賛辞を送る」私でありたいと思うのです。

I, who continue to criticize such humans, want to be me "I want to tribute with a loud voice to an excellent work"

-----

「シュタインズ・ゲート ゼロ」 2018年4月 放送開始

"Steins Gate Zero" broadcasting started in April 2018.


2018-03-26 江端:「正直に言えば『ケッ!』って思っている。あるいは『無知』とか『馬鹿』とか『嘘つき』とか」 [長年日記]

長女が、学校の卒業生(OG)の講演を聞いた時に、こんな話を聞いたそうです。

I heard that my senior daughter(SD) had listened in the lecture of an alumna at her college, and the alumna had told

『自分の叶えたい夢から逆算して、今やるべきことを決める』

"I decide what I should do now with calculating back from my future dream"

その話を聞いて、私は、ただ一言「ふーん」とだけ応えました。

Hearing the story, I said just "hm".

長女:「パパ、この話を聞いてどう思う」

SD: "What do you think about this story?"

江端:「正直に言えば『ケッ!』って思っている。あるいは『無知』とか『馬鹿』とか『嘘つき』とか」

Ebata:"To tell you the truth, I think it is "laughable". Or "rudeness", "foolish" or "tale-teller""

-----

長女:「何で、そう思う訳?」

SD:"Whey do you think so"

江端:「第一に、そんな話、ありえないからだよ。明日の予測すらできない人生において、『叶えたい夢の実現時期から、逆算? 馬鹿言ってんじゃねーよ』―― って、思っている」

Ebata:"To begin with, the story is nonsense. Who can know the future? Moreover "calculating back from my future dream"? It is kidding."

長女:「そうなの?」

SD:"So?"

江端:「その人、不確定性原理とか行動心理学とか、そもそも、大数法則、統計、確率も全然分かっていないんじゃないかな。もし知らずに言っていれば『無知』だし、知っていて言っているなら『馬鹿』だ」

Ebata:"I doubt if she knows "indeterminacy principle", or "behavioral psychology". Maybe she doesn't know "low of large numbers", "statistics" and "probability" at all. If she doesn't knows them, she is "unintelligence". If she knows them, she is "fool".

長女:「・・・」

SD:"...."

江端:「基本的に、このような『夢を叶えた』と言っている人のやっていることは、ほぼ100%『自分の歴史改竄(かいざん)』だ ―― と思っている」

Ebata:"Basically, What the person who urged "I accomplished my dream" is just their garbled personal history, I think"

長女:「歴史改竄?」

SD:"Garbled personal history ?"

江端:「そもそも、その人にとって、本当に『それ』が『叶えたい夢』だったかどかが疑わしい。もし、そう主張するならその証拠を出せば済む話だけど、そんな人、今まで、一人も見たことがない」

Ebata:"First of all, I doubt if "it" was a really "the dream they had accomplished". If it was true, they can open the evidences. It must be very easy. However I have never seen such the evidences before"

長女:「・・・」

SD:"...."

江端:「だから、たまたま他の人には達成が困難な今の自分の状態を『昔から叶えたかった夢』と称呼しているだけ ―― と思っている」

Ebata:"So, about the present state of theirs, that is difficult for others to accomplish, they called it "my future dream", I think"

長女:「そうかな?」

SD:"So?"

Ebata:"In addition, they overwrote all their archives in their mind, as their conventional history, I think"

(続く)

(To be continued)


2018-03-27 ―― お前さあ・・・、いい年こいて、まだ中二病、やってんのか? [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

"Over the AI(11) ---- beyond a reach of our imagination of AI"

Continuing guessing artificial intelligence -- like a "politician" who submit to authority

-----

今回のコラムで、私は、「五目ならべ」の強化学習のコーディングを頭の中でやっていたと言う話をしました。

In this column, I talked that I was doing the coding of Reinforcement Learning in the mind for a game of "Fifth Eye".

いつやっていたか?

When was it done?

義父の本葬の、読経の最中です。

"sutra chanting" in the middle of this funeral of father in law.

-----

「不謹慎」でしょうか? ―― 「不謹慎」でしょうね。

Is it "unscrupulous"? - It will be "unscrupulous".

でも、参列者に、言語解読不能な読経を聞かせることは、「不誠実」ではないでしょうか?

However, is it "unfaithful" to let the participants listen to unintelligible unacceptable sutra?

ちゃんと、その読経の内容を、意味のあるメッセージに変換して伝えることは、大切なサービスだと思うのですよ。

I think that it is an important service to properly translate the contents of that sutra into meaningful messages and bring to them.

-----

―― お前さあ・・・、いい年こいて、まだ中二病、やってんのか?

"You ... are you still edgy ?"

と言われれば、その通りです。

That's right.

私の中二病は不治の病なんですよ。

My edgy diseases is incurable.

-----

だから

So, I had to say

―― ごめんね、じいじ。

"I am sorry, my father"

でも、お坊さんのありがたい(?)説教の方は、ちゃんと一生懸命聞いていたから。

However, I listened to the monk's thankful(?) sermon properly.


2018-03-28 「『逃げる』か『壊す』」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

長女:「じゃあ、パパ自身は、自分の人生をどう生きているの?」

SD:"Well, how do you live your life?"

江端:「パパは、目の前にある問題を解決する為だけに、毎日ただ走り回っているだけだよ。『叶えたい夢』なんて、特にないよ」

Ebata:"I am just running about to finish the job before me. I don't have any special "future dream".

長女:「人生に目標なんかなくてもいいの?」

SD:"Purposes of life are not indispensable, are they?"

江端:「なくてもいい。『人生の目標』なんぞは、自分を苦しめるだけだと思う」

Ebata:"Unnecessary is O.K. Such purposes are going to make you suffer"

長女:「パパって、結構、色々なことをアクティブにやっていると思うけどなぁ」

SD:"I think you are doing many works actively at the same time."

江端:「色々なことに首をつっこんでいるだけだ」

Ebata:"I just involve a lot"

長女:「なんで、わざわざそんな面倒なことを・・・」

SD:"Why do you want to do such difficulties so much?"

江端:「『苦労』というのは結構な苦痛だけど、『暇』というのもそこそこ苦痛だから」

Ebata:"Certainly, "burden" gives me keen pains, however, "off hour" is also painful.

長女:「・・・」

SD:"..."

江端:「もちろん、『暇』の考え方には、かなりの個人差があるから、自分でコントロールしないとダメだけど」

Ebata:"Of course, it differs greatly in individuals. So we have to control "off hour" by ourselves."

-----

長女:「私は、あまり色々なことはしたくないなぁ。色々なことをすれば、人と関わらなければならないし、人と関わると、人から傷つけることも多くなるから」

SD:"I don't want to do much. If I do something, I have to be involved by others. If I am involved by others, I may be hurt by the others.

江端:「それも、一つの選択だと思う。でも『人と関わらない生き方』なんて、山ほどあると思うけどな」

Ebata:"It might be good. However, I think there are a pile of way of "living alone"."

長女:「そう?」

SD:"Really?"

江端:「パパの生き方は、その典型例の一つだと思っている」

Ebata:"I think that my life is an example."

長女:「そうかぁ?」

SD:"REALLY?"

江端:「パパにとって、会社や町内会という組織は『システム』だし、そこに属する人間は『システム構成要素』であって人ではない。―― そして、これが一番大事なところだけど」

Ebata:"For me, both a company and a neighborhood association are just "systems", and the persons who involve the system, are just "system elements. In addition, this is the most important point..."

長女:「?」

SD:"?"

江端:「パパは、自分で『システム』や『システム構成要素』をコントロールできないし、コントロールしたいとも思ったこともない」

Ebata:"I have never thought that I can control the "systems" and "elements" and I want to control them."

長女:「はあ」

SD:"Uh-huh"

江端:「パパが、人として真摯に真剣に接しているのは、ぶっちゃけ『お前たち(家族)だけ』だ」

Ebata:"I can tell you that it is "you" I have contacted sincerely and seriously."

長女:「・・・」

SD:"..."

-----

江端:「しかし、それでも『システム』や『システム構成要素』が、私の問題解決を邪魔するモノとして存在することもある。そんな時は・・・」

Ebata:"However, sometimes, the "systems" and "elements" becomes my obstacles against resolving my problems. In that case..."

長女:「そんな時は?」

SD:"In that case?"

江端:「『逃げる』か『壊す』」

江端:" "Run away from it" or "destroy it" ".


2018-03-29 「駅の自販機の利用者」を鑑みて、マーケティングの観点から、以下の広告メッセージを提案します。 [長年日記]

今朝、空腹を感じたので、途中の駅で、おにぎりを買って、お茶も購入しようとしていたところ、次のような広告看板が掲げられている自動販売機を見ました。

This morning, I felt hungry. I got off at the interchange station, and I bought an onigiri(rice ball) and tried to get a tea bottle. At that time, I found a vending machine with hanging up a signboard. The ad message was

「あなたの一本が、アスリートを応援する / JOCオリンピック支援自販機」

"Your purchase will help athletes by JOC Olympic support vending machine"

-----

―― 惜しい

"Close"

と思いました。

I thought.

「小学生の頃、(女子も含めて)クラスで一番足が遅かった私」には、このメッセージでは、届かないのです(逆効果的ですらある)。

However, this message doesn't arrive at me, because I was the slowest on my feet (including all girls) when I was a junior school student(It will be the opposite effect).

-----

「駅の自販機の利用者」を鑑みて、マーケティングの観点から、以下の広告メッセージを提案します。

I propose the following message from the viewpoint of marketing for users of a vending machine at the station.

「あなたの一本が、オリンピック事務局の過労死を防止する / JOCオリンピック支援自販機」

"Your purchase will prevent our head office from overwork death by JOC Olympic support vending machine"


2018-03-30 ―― 新人や若い人を、「呼び捨て」にしたり、ぞんざいに扱うのは、止めておいた方がいいです [長年日記]

部署異動の引越作業で、ちょっと腰がヤバい感じです。

I have a slight pain in my lower back because of moving work of the departure.

私の場合は、所内の居所の異動なので、荷物を箱につめるだけなのですが、―― 問題は、パソコンシステムの方です。

The works are just to pack up in the same building, however the problem is PCs.

私の場合、複数のパソコンをカルトな設定で連携させているので、解体は勿論、再構築が大変なのです(そんな構築、やめりゃいいんですけどね)。

In my case, I am linking PC with geeky setting, so the system is difficult not only to disassemble but also re-build them.

ま、それはさておき。

Enough of that.

-----

異動の時期になると、しみじみ思うのですけど、

At the time of change, I feel in a quiet.

―― 新人や若い人を、「呼び捨て」にしたり、ぞんざいに扱うのは、止めておいた方がいいです

"It is better to stop using name of newcomers and youth without an honorific title, and slighting them.

The reason is here. Please read through it.


2018-03-31 「作れるか/作れないか」「動くか/動かないか」 [長年日記]

企業の研究所では、大学の研究室や、外部の外注(ソフト外注等)に、仕事を委託することがあります。

In corporate laboratories, we may charge works to university laboratories or external outsourcing (software outsourcing etc.).

私が委託する場合、その評価基準は2つです。

When I charge them, there are two evaluation criteria.

「作れるか/作れないか」「動くか/動かないか」

"make it or not" "work it or not"

これだけです。

That's all.

パワーポイントに書かれたコンセプト図を何部印刷されたって、動くかどうか分からない設計図を1000枚持ってこられたって、私の心は1mmも動きません。

I am not moved at all, if a number of concept diagrams written on PowerPoint were printed, or if more than 1000 pieces of design drawings without operation certificates.

そんなものは、「キャンプファイァの種火作りにでも使えばいい」と本気で思っています。

I really think that "the papers might be useful as making fire firewoods".

-----

しかし、企業の歯車である従業員には、

However, for employees who are gears for a company,

『動くソフトウェアまたはハードウェアを持ってこい ―― その後で、あんたの言うコンセプトやらを聞こうじゃないか』

"Bring moving software or hardware. Let's listen to the concept you say after that. "

―― と、正面切って言えない人や組織があるのです。

There are people and organizations that can not be faced in the face.

-----

私の場合、「そういうことをポロっと言いかねない」点が、問題なんだろうなぁ、という自覚はあります。

In my case, I have a consciousness that the point that "I say a thing like that" will be a problem.