0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|

2012-03-22 存在するだけで、迷惑なもの

先日、社内規定の特許賞の受賞者から、支援の御礼ということで、飲み会にお誘い頂きました。

この飲み会参加に際して、私が提示した要求事項は以下の2つ。

(1)私以上の階位(主任研究員)以上の上長を招待しないこと。

つまり、「私が気を使う人間」が存在しないこと(但し、私に気を使う人間は存在しても良い)

(2)開催場所は「餃子の王将」であること。

つまり、「私が気を使う人間」が参加しにくいこと。

-----

主催者からは「無制限に料理、酒を注文しても良い」と言われましたが ―― 予め分っていたことではありますが ―― 「餃子の王将」での食べ放題というのは、結構キツいものです。

しかし楽しかった。

(私にとっての)上長がいない気楽さが最高でした。

『酔った勢いで、私に説教しかねない人間を、(上記の2つの要求事項で)事前に排除する』

戦略的勝利と言えましょう。

-----

もっとも、これは「私だけ」の話。

気の毒なのは、酔った私に「特許法」の話を振られた若手の諸君。

『ん、おい、お前。分割出願における時期的要件を言え。言えるよな、ちゃんと教えたよな、メールで』

酔って絡む主任研究員。困惑する若手研究員。

うん、分っている。嫌な上長だ。

答えられるはずのない質問でこういうカラミ方をする。人間として最低だ。

つまるところ、飲み会において「上長が楽しい」ということは「部下が辛い」ということです。

-----

「上長」というのは「上長である」という理由だけで、部下には「迷惑」な存在です。

その程度の認識は、私にもあるのです。

しかし、色々と私が聞き回ってみると、その程度の観念にすら至っていない管理職の、まあ、なんと多いことか。

ふてぶてしいにも程(ほど)があるよなぁ、お互い。


2013-03-22 「制服フェチ」に対する家族の反応

昨日、嫁さんと長女と、以前お話した「制服フェチ」の話をしましたところ、二人とも、もの凄い嫌悪感を、全身に漂わせていました。

―― じゃあ、もし私が「制服着てくれ」と頼んだとしたら、どうなっていた?

嫁さん:「別れた」

長女:「ママについていった」

-----

「制服にフラグが立たない性格で、本当によかった」と胸を撫で下しています。


2015-03-22 人生には色々と無駄な行為がありますが、あれほど無駄な時間の使い方もなかったでしょう。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

―― と、ここまで気がついている教師は、かなりの数いると思います。

I think many English teachers notice the actuality here.

そして、多くの教師は、「なんとかしなければ」と思いながらも、決定打が出せずに困っているのも知っています。

They think that something must be done about it though, they have been able to open trump card.

そして、困ったことに、ごく一部のたわけた教師は、「生きた英語が必要だ」とか思い付きで、無責任なアホなことをやりだす訳です。

And unfortunately a few foolish teachers are going to say "Students need live-English" and start irresponsible and stupid actions.

例えば、夏休みの宿題に、英語の歴史の本の翻訳をやらせる世界史の教師 ―― 私の高校時代に、こういうバカが出てきたのです。

For example, a teacher who took change of "world history" tried to make us translate a history book in English as a summer vacation homework. The foolish teacher appeared during my high school years.

加えて、そのバカに、その本を読めるだけの力量がないことは明かでした。

In addition, it was clear that the fool was no capabilities of completing reading the book.

だって、そのバカ、1ページもその原書を読んでいないのですから。

Well, because the fool didn't read the original book at all, absolutely.

一生の内に一回もお目にかかれない英単語が数十個も出てきており、さらにいくつかは辞書ですら調べられないものだったのです。

There were dozens of English words I have never seen in my life, and some of them could not be found in even English dictionary.

このバカは、自分で読んでもいない英語の歴史の専門書を、生徒の宿題にした挙句に、それが生徒の英語の学力向上に資すると信じていた、極めつけの低能教師だった訳です。

The fool made us translate English history book as our homework, and he was a guaranteed Feeble-minded teacher, who believed that his action might improve the student English ability.

当然、私たちは、その本の日本語翻訳本を探し出し、そして、それを写すだけの作業で、夏休みの日々を過しました。

Naturally, we found out the Japanese translation book of the English history book, and I spent days in the summer vacation to copy the book.

人生には色々と無駄な行為がありますが、あれほど無駄な時間の使い方もなかったでしょう。

Any life has useless action in various ways, but the copying book would not be such the useless occupation.

ともあれ、間違った方向に勘違いする低能教師が、子どもたちの英語嫌いを、さらに加速させているという事実もあります。

Anyhow, there is a feeble-minded teacher to misunderstand in the wrong direction, who furthermore accelerates English phobia of children.

(続く)

(To be continued)


2016-03-22 私は、「春」という季節が、殊の外嫌いです。

今年も飽きもせず、桜が咲き始めました。

This year, Cherry blossoms has begun to bloom untiringly.

なんで、あいつらは、毎年毎年、あんなに生真面目に咲くのでしょうか。

Why does they try to bloom seriously every year ?

一年くらい休んだって、別段私は怒らないのに。

I don't care at all even if they skip to bloom a year.

『上野公園の桜は、どうやら、今年は一斉年休のようですね』というニュースが流れたっていいのに。

I can accept the broadcast news comment of "Apparently, cherry blossoms of the Ueno Park seems to be all annual leave this year."

------

私は、「春」という季節が、殊の外嫌いです。

I dislike a season of "spring" more than other seasons.

■花粉は吹き荒れるし、

- pollen to Raging,

■気温や天候は安定しないし、

- temperature and weather to not stable,

■組織改正や仕事の内容も変えされられ、

- The contents of reorganization and work also it is changing,

■わずらわしい他人の所信方針を聞かされ、

- annoying others of belief policy,

■心にもない自分の決意を語らされ、

- telling my determination not in heart,

何が嫌いって、

Moreover,

「日々の生活の連続性が遮断されること」と、

"the continuity of the day-to-day life is cut off",

「新規の生活への立ち上げのエネルギーの必要となる」という、

"the needs of the energy of the start-up to a new life",

この2点が、徹底的に不快です。

the above two points are thoroughly unpleasant.

-----

「新年(1月)」も、煩わしさにおいては同じなのですが、

"New Year (January)" is also, in hassle,

しかし、この「春」という季節の、特に「4月」という月は、

However, the season that this "spring", in particular the month of "April" that is

■私の事情を一切考慮することなく、

- without considering my situation absolutely,

■強制的に暴力的に問答無用に、

- forcibly violent questions and answers unnecessarily,

■この私の立ち位置を「変える」という点が、

- to change my standing position.

もう、比類なき不快さです。

is defunct discomfort incomparable.

-----

「4月殲滅」をスローガンに掲げるテロ組織があれば、私は参加する意思があります。

If there is a terrorist organization listed under the slogan of "April annihilate", I have an intention to participate.

是非、私をスカウトしに来て下さい。

By all means, please come to scout me.


2017-03-22 ―― 私は、私を許せない

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

The reason why I traveled in local place overseas was for my branding strategy, and unfortunately, it had no values for many people.

そして、「頻繁に実家に連絡を入れていた」理由は ――

In addition, the reason I tried to keep in touch with my parents, was

高校生の時、私は、大学の受験の後、家に連絡を取らずに、北海道を2週間くらい(軍資金2万円くらい)で、ヒッチハイクの旅をしていたことがあり、

When I was a high school student, I took a journey as a hitchhiker around Hokkaido Prefecture whit just 20,000 yen.

実家は勿論、親戚中でも騒ぎになり、大学に入学してからは、この信用回復の為、必死だったからですが ―― それ以上に、「私」の方に理由がありました。

I caused trouble for not only my family but also relatives, so I had to regain trust earnestly. and more over there was a serious reason for my part.

私が、大学の休みの帰省中に、一人で街をブラブラしていた時、私の母が事故に遭遇して、瀕死の重態になり、集中治療室で死線を彷徨っていたことがありました。

When I went back to my country house during the college vacation and lounge in the town, my mother encountered an accident, was mortally injured, and struggled against death with being treated in an intensive care unit.

まだ携帯電話というものが、今のように普及していなかった時代のことであり、このことで、誰も私を責めることはない、ということは、分かっています。

It is a time when mobile phones were still not popular as it is now, so I know well no one would blame me.

それでも、あの時の恐怖と後悔は、今でも私の心に、回復不能の深い傷を ―― 生きながらにして、腕や脚を切り落とさたかのような激烈な痛みとともに ―― つけていきました。

Still, fear and regret at that time still left me a deep unrecoverable wound in my heart, with intense pain like cutting off arms and legs while living.

だから ―― 身近な人間が死線を彷徨っている最中に、のんきに異国の街を旅していたとしたら、多分

So, if I were traveling in a foreign city to carefree, while familiar people were wandering around death, Maybe,、

―― 私は、私を許せない

"I can not forgive myself"

それが、私が、電話もないような異国の村から、必死で連絡を取ろうとしていた理由です。

That's why I tried desperately trying to get in touch from a foreign village, where there was no phone.

閑話休題

Quiet tapestry.

-----

話を戻します。

Let me go to the broad.

オッサンたちの「俺の若いころはな・・・」は、「お前たちは、いいなー」の裏返であることは間違いありません。

The old men's "when I was young..." is definitely reversing "I envy you".

しかし、「お前達のような恵まれた環境もなく、今の立ち位置まで来たこの私を、お前達はもっと、褒めよ、称えよ」と言っている ―― とまでは、さすがに、思っていません。

However, I don't think that the old men's intention is "you should praise me more and honor me more, because I can come up to the present position without privileged circumstances like you"

多分、オッサンたちには、若い人たちとしゃべる共通の「ネタ」がなくて、こういう話題しか提供できなくて ―― まあ、「可哀想な奴」なのですよ。

Perhaps they don't have common "stories" to tell the young people, and what they can is to offer only such a topic, In other words, they are "poor guys".

とは言え、オッサンの努力不足は責められても、良いでしょう。

However, the lack of their effort should be blamed.

オッサンと言えども、普段からネタ仕込みは大切ですよ ―― 人身事故とか、人工知能とか、ダイエットとか、原発事故とか、コーランとか、優生学とか、不妊治療とか、

Even though you were an old man, it must be important to make effort to get topics everyday, - Injury or death, artificial intelligence, diet, nuclear accident, Koran, eugenics, fertility treatment, etc.etc.

まあ、どえらい「スベり方」をするかもしれませんが。

The topics might make them cold.

-----

いずれにしても、あなたは、別段、飲み会で、そのオッサンの話を真面目に聞いてやる必要なんぞありません。

In any case, you do not need to listen to the old man's story at a drinking party seriously.

鬱陶しかったら、さりげなくトイレに立ち、そのまま別の席に移動してしまいましょう。

If he is stunned, you stand on the toilet casually, and let you move to another seat.


2018-03-22 『なんか、江端が「らしくないこと」を言っているなぁ』と思われている方も多いかと思います。

諺(ことわざ)に、「禍福は糾える縄のごとし」というものがあります。

There is a saying "good and bad fortune are next-door neighbours"

良いことが起った次の瞬間に悪いことが起こり、またその逆も真である、という意味です。

That means "a badness happens as soon as a goodness happens, and vice versa"

-----

深刻なバグを修正した(デバッグ)と思ったら、その修正が、別のバグを引き起こすなんてことは、普通にありますし ―― 現在、その地獄の真っ最中ですし、

After fixing serious bug (debug), It is common that the result of debug comes to make another problem. Now I am in the death-marching.

ようやく、プログラムの結合作業を完了して一息ついているところに、まだ、一回も入力していないプログラムの「成果報告を出せ」などという、無茶な命令もやってきます。

While I confirmed completing the program joining operation and relieved, the order of "submit the result report" was coming, eve the program had not been executed yet.

-----

この度、小田急電鉄が、(歴史的な)路線の増加とダイヤ改正を行いました。

Recently, Odakyu Electric Railway has increased the number of (historical) routes and revised the schedule this time.

これによって、混雑度が改善され、到着時間も早くなって、―― 多分 ―― 多くの乗客が幸せになっている と思いますが、

I think that this improves congestion degree and arrival time faster - probably - many passengers become happy, however,

私に関して言えば、従来の出発駅の時間では、到着時間が20分も遅れることになりました。

As for me, the arrival time will be delayed by 20 minutes at the time of the conventional departure station.

しかし、「何かを変える」ということをすれば、こういうこともあります。

If someone do something to change, these cases will happen.

-----

『なんか、江端が「らしくないこと」を言っているなぁ』と思われている方も多いかと思います。

You might think that "Ebata is not himself today", however,

実は、今、私の作っているプログラムが、まさに「そういうこと「も」計算できるプログラム」だったりするのです。

In fact, the program I am making now, has a function to calculate the departure and arrival time.

私なんて、私のプログラムの中で生成される、数十万の乗客の中のたった一人に過ぎず、全体の中ではたった0.01%にも見たないパラメータです。

In the program, I am only one among hundreds of thousands of passengers generated, and I am just a parameter of even 0.01% in the whole.

私の遅着時間20分は、私のプログラムの全体最適計算では、0.002秒程度の影響しか与えません。

My delay time of 20 minutes has only an impact of about 0.002 seconds in the overall optimal calculation of my program.

-----

だから、思うのです。

So I think

●自分の都合の良いダイヤを作る為には、

- In order to make my own convenient diamond,

●小田急電鉄の社長でも足りなくて、国土交通省の上級官僚、あるいは運輸大臣、または、総理大臣くらいにならなければならず、

- the president of Odakyu Electric Railway is not enough, I should have been a senior bureaucrat of the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism, Minister of Transport, or Prime Minister.

●そういうエラい人になるべく研鑽してこなかった、

However, I have not made an effort to become such an elusive person.

●この私が悪い

In conclusion, it was my fault.

―― と。

-----

ただ、そういう人たちが、電車通勤しているかどうかは、私は知りませんが。

However, I do not know whether such people are commuting to train.


2019-03-22 動かないシステムの恐怖は、その原因が、「システム開発そのものではない」ことが多いです。

本日、一日かけて、デモシステムの構築作業を行っていたのですが、システム不良で、ずっと頭をかかえていました。

For whole today, I have been in trouble wih fails of a demo system while constructing the system.

納期が近づいている時に、システムが動かない ―― そして、その原因も分からない

Approaching a delivery date, a system doesn't work, with unknown cause.

この恐怖に比べたら、「お化け屋敷」とか、「失恋」とか、「『親不孝をしてきた死んだ親父の祟りだ』といって壺を売りつけにくるカルト宗教団体」の怖さなど、鼻でせせら笑えるくらいです。

Compared to this fear, "Haunted house" or "Losing love" or "cult religious group who comes to sell the fort saying" It is the resentment of the dead father who has been filthy " make me laugh the my nose.

-----

動かないシステムの恐怖は、その原因が、「システム開発そのものではない」ことが多いです。

The fear of a system that does not move is often caused by "not system development itself".

ハードウェアのスペックとか、オペレーティングシステムのバグとか、デバイスの不良とか、様々な原因が考えられて、その特定が恐しく難しいのです。

Hardware specs, operating system bug, device failure, and various causes are considered, the identification is terribly difficult.

そして、そのような原因であった場合は、自分の力では、どうしようもできないのです。

And if it is such a cause, I can not do anything with my own ability.

が―― 理由がどうあれ、「動かないシステム」の責任を取らされるのは、システム開発者

"Regardless of the reason, it is the system developer who is taken responsibility of "the system which does not work"

システム開発とは、そういう理不尽な世界の仕事です。

System development is such an unreasonable work in the world.

(続く)

(To be continued)


2020-03-22 江端:「いやー、そんなに良いですか、H社の製品は。はっはっは」

I've been talking about I "hate" the phrase "Japan's world-class technology" many times before.

『一体、お前が、この技術開発の為に、何をしたと言うのだ?』

"What did you do to develop this technology on earth ?"

と、ずっと言い続けています。

I've been saying it all the time.

-----

先日、自宅の洗濯機が壊れました。

The other day, my home washing machine was broken.

18年間、稼動し続けてくれた、奇跡のマシンです。

This miracle machine has been running for 18 years.

嫁さんから「修理 or 買い替え」の問い合わせがきたので、「修理」を提案しました。

My wife inquired me about "repair or replacement", so I suggested "repair".

しかし、嫁さんからは「買い替え」を強く主張されました。

However, she strongly insisted on “replacement”.

江端:「だったら、最初から問い合わせなんかしなくてもいいのに。もっとも使用時間が長い人間(嫁さん)に決定権があることくらい、私だって分かっているぞ」

Ebata: "You don't have to make inquiries from the beginning. I know that the longest person (my wife) has the right to decide."

嫁さん:「きちんと稟議を通さないと、買い替えの機種についての、技術者(江端)の、技術支援が得られないから」

Wife: "If I do not properly pass the decision, I cannot get an advice for the replacement from an engineer(me).

なるほど、嫁さん一人で、洗濯機を購入するのは「荷が重い」ということだったようです。

Indeed, it seems that buying a washing machine alone was "heavy" for her.

-----

量販店での店員との会話。

The following was conversation with a clerk at a mass retailer.

店員:「やはり、洗濯機は、P社とH社が優れています」

Clerk: "Company P and Company H are excellent in washing machines"

江端:「個人的にお勧めは、どちらのメーカーですか」

Ebata: "Which company is your recommended?"

店員:「私の趣味ですが、もう、圧倒的に"H社"の洗濯機をお勧めしますね」

Clerk: "Just my taste, but I would recommend this "H Company" washing machine overwhelmingly."

江端:「いやー、そんなに良いですか、H社の製品は。はっはっは」

Ebata: "Well, you think H company's products is so good don't you ? Ha-ha-ha"

-----

私は、洗濯機の製造に関わっていませんし、別段、H社の製品を褒められても、嬉しいという訳もありません。

I am not involved in the manufacture of washing machines, and I am not so happy if the H company's products is complimented.

ええ、勿論。

Of course, not. So, if I am asked

『一体、お前が、この洗濯機の為に、何をしたと言うのだ?』と問われれば ――

"What did you do to develop this washing machine on earth ?"

当然に、私は、何もしていません。

Of course, I have not been doing anything.