2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2015-12-01 今、ちょっと精神的、体力的に、かなりテンパっていて、思考能力が著しく低下しているので、日記は短縮バージョンとさせて下さい。 [長年日記]

以前、『江端さんに、怖いものなんてあるんですか』と尋ねられてびっくりしたことがあります。

Once, I was very surprised at my my coworker's question, "Ebata-san, Do you have fears in your life?"

もちろん、私には怖いものなんていくらでもあります。

Of course, I have a lot of fears around me.

そして、私を落ち込ませるものも、本当に沢山あります。

And I also have a lot of something to let me down.

今、ちょっと精神的、体力的に、かなりテンパっていて、思考能力が著しく低下しているので、日記は短縮バージョンとさせて下さい。

Now I am in panic mentally and fiscally, and my thought ability is going down. So please consider it as short version of today's diary.

-----

ところで、今朝、体重計に乗ったら、ここ20年間で見たことがない数値が出てきて、たじろぎました。

By the way, when I measured my weight, I shocked that the scale showed me a numeric I have never seen for this twenty years.

「心労ダイエット」は、凄い効果があります。

Nerves strain is tremendous effective for the diet.


2015-12-02 今やマルチディスプレイは当たり前の時代になりました。 [長年日記]

今やマルチディスプレイは当たり前の時代になりました。

Now we take it for graded that we use multi-display.

I am using a software "Synergy" that enables me to use three PCs and four displays with just one keyboard and one mouse.

―― もの凄く使える

"Very useful"

これまでは、MaxVistaというソフトを使って、4つのディスプレイを一つの大画面のように扱っていたのですが、最近は、ディスプレイ自体がデカイので、その必要もありません。

From now I have used a software "MaxVista" that can make it possible to use four displays like one big display. But recently, present display becomes bigger that that of old.

"Synergy"は、コピーペーストが優れていまして、テキストだけではなく、gif,jpegまで、普通に異なるPC間で、貼り付けできます(これが、MaxVistaだと上手くいかないことが多い)

"Synergy" is superior to the function of copy and paste, that can do for not only "text" but also "gif" and "jpeg" ("MaxVista" sometime doesn't work well)

クライアント側(2台目以降のパソコン)は、Windowsのログイン前から、キーボードとマウスが動きます(今迄は、最初は、別のキーボードとマウスを使って、ログインしなければなりませんでした)

The client PC (that is after the second PC) can start to work before Windows login view comes. (I have to Windows login with another keyboard and mouse before)

-----

以前、電力量のコラムを書きましたが、その時、ここ10年、電力消費量がぶっちぎりで増えているのは、実は、「オフィス」であることを知りました。

Previously I wrote a column of electric consumption and I notice that "office" become the top of the consumption ratio dynamically for this ten years.

確か、2倍以上の増加をしていたかと記憶しています。

I remember that it became more than two times.

これは、間違いなく一人当たりのディスプレイ、パソコンの使用電力に因るものだと思います。

I think the reason of the increasing consumption is absolutely the power of PC and display for one person in office.

私の場合、会社の2つの異なるネットワークの両方で、3つのパソコンを、4つのディスプレイを使って仕事をしています。

In my case, I use three PCs and four displays on the two different network.

しかし、それで私の仕事が4倍捗っているかというと、そういうことは、全くないのです。

But it is not true that my performance became four times.


2015-12-03 ―― 基本的にどこでもそうですが、サポートセンタはサポートしてくれない [長年日記]

Yesterday, I wrote the diary "A Software "Synergy" is great".

実は、このSynergyが上手く動かず、サポートセンタに問い合わせたりしていたのですが、

To tell you the truth, I didn't work this software, and I sent some question mails to the support center.

―― 基本的にどこでもそうですが、サポートセンタはサポートしてくれない

"Basically, many support centers doesn't support us"

それでも、何度もメールを送付して、お願いし倒して、問題の一つを潰すことはできました。

But I sent the mail again and again, and finally I could get resolve one of the problems.

まあ、プロセスはどうあれ、問題を解決して貰ったことには感謝していますので、丁寧な御礼のメールを書きました。

Regardless of the process, I thanked them to erase the problem and I send so-called "thank-you" mail to them.

-----

その後、

After a few days , A mail

「よかったね! あんたから貰った御礼のメール、うちのサイトのFAQにアップしておいたよ!」

"It is great. We have already uploaded your "thank-you" mail on our FAQ site."

という文面のメールが届きました。

came to me.

-----

―― まあ、いいんです。

"I don't care at all"

―― 「釈然としない」なんて、全然思っていないです。

"I don't think that "I am not satisfied with the mail" at all.


2015-12-04 『一体、どういう基準で、その「10分」や「30分」を決めたの?』 [長年日記]

以前、「ほこたて」というバラエティ番組がありました。

The other day, there is a TV variety show, whose name is "Hoko-Tate".

「ほこたて」とは、「矛盾」という熟語を、訓読みしたものです。

"Hoko-tate" means "contradiction" and it is one of the most famous japanese idioms.

これは、高精度な機能を機械同士や、あるいは名人と言われている人と競わせるもので、理系出身でエンジニアの私は、結構、楽しく見ていました。

This program showed us a duel of more than two sophisticated machines or "the master" of a field each other. From the view of the science and engineering major, I enjoyed this program as

―― 「エンターテーメント番組」として

"just an entertained TV program"

ですけどね。

-----

だって、対決方法のルールの決め方が変なのです。

I thought that the duel rules were funny.

例えば、

For example,

―― この金庫を10分で破ったら、金庫破りのプロの勝ち、そうでなれば、金庫の製造者の勝ち

"If the master can break the safe in ten min., the master win the duel. if not the producer of the safe win the duel"

―― この高性能ドリルで、この超硬化合金を、30分以内に貫けたら、ドリルの勝ち。貫けなかったら合金の勝ち

"If this sophisticated drill can penetrate the super-alloy panel in 30 min., the drill wins. If not, the panel wins"

って、

Don't you think

『一体、どういう基準で、その「10分」や「30分」を決めたの?』

"Who decides the "10 min." or "30 min." from what kind of standard" ?

って、思いませんか?

その時間を、半分にしたり2倍にしたら、勝者と敗者が、簡単にひっくり返るんですよね。

If the time is changed half or twice, the winner and loser can change easily.

そういう根拠の理由を欠いたものを、『勝負』とは言わないでしょう。

Is that a duel without a basic ground?

-----

という話を、中1の娘に喋ったら、

I told the above story to my daughter who is in the seventh grade,

『ああ、この人、まだ「中二病」やっている』

という目で見られました。

She looked at me like "this man is now in youthful indiscretion even now."


2015-12-05 ―― 江端さん! このシミュレーターのサービス化の製作は、私にやらせて下さい! [長年日記]

今回のダイエットシリーズの連載で使った「超シンプル体重シミュレータ」のプログラムのソースコードを公開しました。

In this serialisation about diet, I have opened the program source code of "Ultra Simple Weight Simulator" as an appendix.

しかし、これは、単なる、私の原稿を作成する為のコードでしたので、私以外の誰かが使うことを想定していません。

To tell you the truth, I don't expect anyone uses this code. Because this code had been made for just my columns.

付録に登場してくる後輩からは、

The coworker who often appears in the columns appendix, told me that

『これを、江端さんは、江端さんのサーバで、エンドユーザ向けのWebサービスとして提供するんですよね』

"Ebata-san. Are you going to re-make this code as a web service of readers on your web site ?"

と言われました。

Why don't you say

―― 江端さん! このシミュレーターのサービス化の製作は、私にやらせて下さい!

"Ebata-san" Please let me try to re-make the service with your code!!"

と、なぜ言えないかなぁ。

-----

調べてみたら、このようなサービス、ネット上にゴロゴロあるんですよ。

When I try to search web-service on the Internet, I could find pretty many.

が、見る限り、これらは「全然ダメ」なんですよ。

But I am afraid that these web-services are absolutely useless.

(続く)

(To be continued)


2015-12-06 なるほど、「Googleスプレッドシート」というのは、こうやって使うのか ―― と感心してしまいました。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

計算プロセスが見えないからです。

We cannot watch the calculation process"

途中経過が「見える化」できないと、誰だって、そのサービスの内容を信じることができません。

Unless the visualization of the process realizes, nobody cannot believe the result of the service.

However, There is a superior person in the world, the person could make the service in just about no time.

なるほど、「Googleスプレッドシート」というのは、こうやって使うのか ―― と感心してしまいました。

I was impressed and I could understand how to use "Google spreadsheet".

Java-Scriptなどのサービスでは、どんなにキレイに作ったところで、計算の状態が外部からは分かりません。

Using Java-Script, we cannot watch the calculation process, even if the GUIs are beautiful.

しかし、スプレッドシートであれば、計算式も数字の変化の理由も明らかになります。

But spread sheet can clarify the formulas and numbers shift.

なにより、「Googleスプレッドシート」であれば、エクセルがインストールされていないパソコンでも、ブラウザだけで利用が可能ですしね。

Above all, "Google spreadsheet" is available on web browser, even if there is no Excel in the PC.

-----

毎回プログラムを修正してコンパイルするのも面倒なので、私もスプレッドシート(エクセル)で、シミュレータを作り直してみました。

I also have made a new simulator by spreadsheet(by the Excel) because of avoiding the coding and compiling.

それで、次回の連載用の計算をしていたのですが、―― 今、その計算結果を見て、青冷めています。

I have calculated some issues for the next serialisation for this week end, and I was shocked by the result seriously.

『この結果を、一刻も早く、家族に知らせなければ 』と思い、家族全員を私の部屋に呼んで、シミュレーション結果について解説しました。

I thought "I should inform this result to my family as soon as possible" and called them to my room, and explained about it.

考えてみれば、「当たり前の結果」だったのですが、それでも、私は今、

On the second thought, the result was a natural result, however, I believe that

―― ダイエットにおける「リバウンド」という言葉の意味を、完全に理解した

"I could understand the real meaning of a word "rebounding" in diet perfectly"

と、確信しております。

12月の連載で公開予定です。

I am going to open the result in the next serialisation.


2015-12-07 まあ、なんだ、その、「がんばれ」。 [長年日記]

先日、長女から、

The other day, my senior daughter said

―― あと20日で3kg痩せたい

"I want to lose weight of 3kg in twenty days"

と言われました。

-----

今や私は、「ダイエット数理学」の世界的権威(自称)です。

Now I am a world-wide fame of of diet mathematics (self-designation)

現時点で、私が知り得る全てのダイエットのノウハウを、長女に伝授しました。

So I initiated my knowledge of diet approach in the present into her.

-----

なお ――

In addition,

この時期に、『あと20日』と言われた時点で、

when she said "in twenty days" at this time,

私は長女に対して、

I decided that

『その「理由」「背景」は一切尋ねない』

I never asked her the reason and background

と、心に決めました。

-----

まあ、なんだ、その・・・

Well, let me say, "Go for it"


2015-12-08 先日、通勤電車の中でSDカードを拾いました。 [長年日記]

先日、通勤電車の中でSDカードを拾いました。

The other day I picked a SD card up in the commute train.

普段なら、放っておくところなのですが、たまたま私が荷物を置いた所に落ちていたものですから、

I usually leave it alone, however, the card was left on the train floor near my language. So I thought

―― もしかして、私のか!?

"Might it be mine ?"

と、慌てて拾ってしまったのが敗因でした。

and I happened to pick it carelessly.

-----

所有者不明のSDカードとかUSBメモリは、本当に取り扱いに困るのです。

Any unknown SD card and USB memory of are really to be annoyed.

間違って、アホが拾って、ネットに公開されるようなことになれば、持ち主のプライバシーが侵害される恐れがあります。

Even if a dummy picks it up and open it in the Internet, the owner privacy is going to be destroyed.

さらに、その人の勤務している会社の営業秘密などが流出すれば、その持ち主、解雇くらいじゃすまないかもしれません。

Moreover, if some trade secrets of the owner's company are in it , the owner's penalty must be more than the fired.

このような観点から言えば、『落ちている情報媒体は、その場で踏み付けて破壊する』 ―― が親切のようにも思えます。

From the above viewpoint, "to destroy any storage device with stepping upon" might be a good manner.

しかし、

But

「家族や故人の思い出の写真などが入っていた」とすれば、持ち主は血相を変えて探しているだろうことも予想されます。

If "delicious memory of family , or memorial pictures of deceased" are in the device, the owner might search it in a black rage.

ならば、「自分のパソコンで、内容を確認してから、破壊するかどうかを判断する」という手も考えられなくはありませんが、そんなところから、パソコンにウイルス感染したら、

I could confirm the contents in the device by my note PC, however, I have to take a risk of a computer virus.

In my case, I am not forgiven just to blame for the stupid action, because I am a specialist in the field.

-----

結局、駅に届け出てきました ―― 乗っていた電車と、拾った時間だけ一方的にしゃべって、SDカードを放り投げるようにして。

After all, I throwed the SD card out at the station office. I just told the officer the train and time I had picked it up .

名乗りもしませんでした。

Of course, I didn't leave my name either.

後で「複製を作っていないこと」の誓約書など書かされたら、たまらんですからね(これ、冗談話ではありません)。

After that, I don't want me to ask to write my sign a covenant of "NO COPY" ( It is the real story)

つまり、私は、「問題を鉄道会社に押し付けて逃げた」のです。

In short, I left the problem at the train company and run away.

だから、後は任せました。小田急電鉄さん。

So, I leave it to you, Odakyu-Dentetsu.


2015-12-09 という訳で、実に25年ぶりに、「ファジィ推論エンジン」の設計の検討を開始しています。 [長年日記]

訳あって「人間みたいに振る舞うサブシステム(エージェント)」を実装しなければならなくなりました。

In some reasons, I have to make an agent program that can act like human being.

「なんか腹立つ」「奴に嫌がらせしてやる」というような、ネガティブな気持ちを表現できる推論エンジンで、かつ、「この私」が、簡単に実装できるものでなければなりません。

Some negative feelings, for example, "feeling annoy" and "try abusing" must be realized by some explicit descriptions. Moreover I can implement the agent easily.

Consequently I have started the design based on Fuzzy reasoning for the first time in 25 years.

-----

しかし、25年前と違うところは、その「推論エンジン」は研究対象ではなくて、単なる「ツール」として使うというところです。

The different is that I don't study the reasoning itself but I am going to use it as a method.

私は、別段、ファジイ推論に拘っていません。

I don't persist in using Fuzzy reasoning.

もっと簡単にエージェントが作れるのであれば、どんな手段だって構いません(エンジニアの皆さんからの助言を待ってます)

Any method will be good as long as I can make the agent easier(I am waiting for you advice).

25年前、「この推論エンジンの研究に一生を捧げる」と信じていた研究の徒は、

Before 25 years, one college student who had believed to devote himself to the reasoning study, became just an implementation engineer. And he doesn't care which methods are used at all,

憚らることなく「適当に動くエンジンなら、なんだって構わん」と言う、実装系エンジニアになりました。

with saying "Any method is good as long as it works well".

----

ここから導かれる一つの考察は、

One prospect from the above story is

「永遠の愛」等で使われる「永遠」の期間とは、

"Eternal" that is often used in the phrase of "Eternal love", for example, means

―― 長くて「3年くらい」

"about three years at longest"

と、見積っても別段問題ない、ということです。

There is no problem to estimate the above.


2015-12-10 『え、えへ。俺・・・全然酔ってないよぉぉ~』 [長年日記]

飲み会などの後の定番セリフ

The standard serif after drinking party,

『え、えへ。俺・・・全然酔ってないよぉぉ~』

"Well, Don't worry, Leave me alone. I am not drunken at all"

というセリフも、私も時々使ってみるのですが、

When I often use the serif, my junior coworkers complains.

「江端さん。その『酔っている演技』止めてください」

"Ebata-san, Please stop "the performance of drunken""

と、本人に面と向っていう後輩が、(ありがたいことに)私には沢山います。

I have a lot of guys around me, thought I don't need them(I thank them).

-----

酔っているのは本当なのですが、そのセリフを喋っている私が「ウケ」を狙っているように見えてしまうようです。

At that time, it is really that I am drunken, however they look at me as a cheap ham performer.

実際、私、アルコールの鯨飲をしても、完全に正気を失うとか、酒乱になるとか、記憶がなくなるとか言うことは、―― 私の記憶している限りは ―― ない、ですね。

In fact, even if I am in drunken deeply, I seldom loose my mind and memory and being hair ball in my recollection.

-----

私が本当に酔った時は、そんな演技をしている余裕はありません。

When I am really heavy drinking, I have no room to perform like the above.

ほぼ確実に、

Actually,

『公衆トイレのコンパートメントの中で昏睡』

I am senseless sleeping in the restroom compartment

していますからね。

-----

今年も、また師走(12月)がやってきました。

The December has come in this year too.

頼みもしないのに。

I don't ask anyone to come the month.

数年に1度くらいなら、師走(12月)のない年があっても良いと思うのですよ、

The year without December in several years is acceptable for me.

かなり本気で。

I am really serious.


2015-12-11 ―― 多くの子どもの前でエラそうに説教を垂れることができる。ああ、なんて素敵な時間 [長年日記]

私のようにプレゼンテーションに対して、何も感じない人もいれば、嫁さんのによう、「怖い」「大嫌い」という人もいます。

There are someone, like me who don't feel anything about making a presentation, on the other hand, the others like my wife feel scary and disgust.

以前、嫁さんが、PTAの役員として小学生の前でスピーチしなければならないという時、頼まれてもいないのに、代理を申し出たのは私です。

When my wife should have made a presentation in front of children as a PTA officer , I applied for her agent without her asking.

―― 多くの子どもの前でエラそうに説教を垂れることができる。ああ、なんて素敵な時間

"I can make a preachy presentation with an air of importance in front of the children. It is a grand time isn't it?"

と思える人は、多分、この国にはそんなに多くない。

There is few people who can think like the above in this country, maybe.

-----

でも、私はプレゼンテータには、プレゼンテーションが上手くあって欲しいと思います。

However, I want to ask anyone to be a good performer,

この私が、退屈せずに、楽しく、時間を過す為にです。

for me to spend enjoy and no bore time.

プレゼンテータは、他人の時間を簒奪しているのですから、プレゼンテーションが、退屈で、楽しくないということは、ある種の「暴力」であるとすら思います。

Anyone who make a presentation should robs me of my precise time, so I think that a boring presentation is a kind of violence.

しかし、ですね。

But,

本人が、どれほど嫌でも、そのプレゼンをできる人が「その人」だけで、その仕事から迯げられないということは結構あるものです。

He/She is the last person to be able to make a presentation, and they cannot run away from the task, even if they hate it at the bottom of their heart.

そんな人たちに対して「暴力」と罵しることは、それこそが本当の「暴力」だとも思います。

Contrary, blazing away at such persons must be a really violence.

先日、あるセミナーに出席してきたのですが、プレゼンテータの人が、緊張で声が上手く出せずにいるのを見ました。

The other day, I attend a workshop and hear a presentation, however, the person who made a presentation became too nerves and seemed to be hard to speak with wobble voice.

正直、気の毒に、と思えました。

Honestly speaking, I felt pity for him.

-----

とは言え、意識的であれ、無意識的であれ、その人は「『プレゼンが怖い』というプレゼンをしている』とも言える訳でもあり ――

On the second thought, he had already achieved a perfect presentation that means "feeling scary against the presentation" consciously or not.

「どっちみち、プレゼンからは逃げられない」

This means, that "nobody cannot run away from a presentation, after all"

ということで、

これから社会人になる若い人は、腹を括っておいた方が良いと思います。

Young people who are going to be business persons, should prepare their selves for the worst.


2015-12-12 それでも、「一番軽い体重」を示す、体重計が好きです。 [長年日記]

我が家には3台の体重計がありますが、私が公式に採用している体重計は、その中の1台だけです。

Though there are three scales in my house, I use only the one of them.

なぜだと思いますか?

Why do I do ?

それは、その体重計が、「一番軽い体重」を表示してくれるからです。

The reason is that the scale can show me the smallest numeric of weight.

-----

それは、高々、±0.1kg程度の誤差でしかありません。

The error ranges in 0.1kg at least.

しかも、私は、ダイエットにおける「停滞期」やら「リバウンド」やらの存在を数理的に否定している本人でもあります。

In addition, I am a person in question who deny the existence of "stagnation period" and "rebounding" from the view of math and statistics.

それでも、私は「一番軽い体重」を示す、体重計が好きです。

Nevertheless I love the scale.

-----

ここから導かれる結論は明解です。

The conclusions drawn from the above is clear.

人間は、「厳しい真実」を示してくれる人やモノより、「優しい虚偽」を示してくれる人やモノの方が、

We overwhelmingly love people or objects, that give us "gentle false" not "strict true".

―― 圧倒的に好きである

という事実です。

だから、私は、その本人の為になると分っていても、会社の人間に対しては「厳しい真実」は、ほとんど言わないです。

So in my case I seldom say "strict true" to anyone in my office, even if I know that it is useful for them.

「優しい虚偽」で、仕事を潤滑に回す方が、「私」のメリットになるからです。

It become good for me to turn my work into lubrication with "gentle false".

-----

「厳しい真実」は、 ―― 極めて稀ではありますが ――

But the"strict true" is also used, thought it is extremely rate,

■本当にこれだけは言わなければヤバい

for my daughters

ということを、

■自分の子ども

about what I thought I only had to tell you this

に対してだけ、登場させることがあります。

でも、赤の他人や、他の家の子どもには興味はありません。

I am not interested in what happens to strangers and the children of others.

-----

ところで、この話は、『これは、キミの為だからな』などという人間(上司等)とは、分けて考えなければなりません。

By the way, you might tell the above story from your boss who says "it is for you" frequently.

Because they are not a person who show us "strict true", but just a liar.


2015-12-13 今は、そっとしておいて下さい。 [長年日記]

各種の計算ツールを準備して、

I have prepared for many analysis calculation tool,

この夏から頭の中で温め続けてきた、

and I have been thinking my hypothesis, again and again since this summer,

However,

私の「ダイエット仮説」が、

Last weekend, the hypothesis of "diet" was exploded

この週末、

私のシミュレーションによって、

by my simulator

木っ端微塵(こっぱみじん)となりました。

perfectly.

-----

酷く落ち込んでいますので、

I am exhausted in the hell now.

今は、そっとしておいて下さい。

Please leave me alone for a while.

(今月号の連載をお楽しみに)

(Please wait for my this month column.)


2015-12-14 それは、皆が、私のコラムを気に入っているから [長年日記]

私は、社内の通達メールでも、自分のコラム(エッセイ)を文末に載せて、関係者(例えば部内)に一斉送信しています。

I often send business mails with my column (or essay) to concerned parties.

そのことに、誰も文句を言ってきません。

But nobody blame me about the mails.

『それは、皆が、私のコラムを気に入っているから』

"Everybody loves my column in the mail"

―― などと言うような、お花畑な話、私ですら信じていません。

Even I also don't believe such a convenient fiction at all.

理由は明快です。

The reason is clear.

「面倒くさいことになる」のが、みんな、嫌だからです。

Everyone doesn't want to be in trouble with EBATA-san.

-----

具体的には、

To be more precise,

一つ目は、職権上の優位性(一応、主任)、

The first, it is an official power.

二つ目は、入社年度の早さ(要するに、年寄り)、

The second, it is years of employment (an old man, in short)

そして、三つ目は、「江端に逆らうと、色々と面倒くさいことになる」という、長年の信頼と実績です。

The third is both performance and reputation of long standing of "Going against Ebata-san, is always annoying me"

こういうことを、パワーハラスメント(パワハラ)と言います。

This is a typical power harassment.

もし、「江端のメールのせいで、PTSD(心的外傷後ストレス障害)になった」という人がいたら、民事は勿論、刑事事件としても、第一回目の公判で「有罪」を認めようと思っています。

If someone accuse me that the annoying mails get them sick of PTSD(post traumatic stress disorder), I think that I am going to plead my guilty at the first court.

-----

「そこまでして、何故?」 と思われるかもしれません。

You could think that "Why does Ebata try it that far?"

まあ、これも「一つの生き様」と考えて頂ければ、幸いです。

I feel grateful if you can understand that it is one of life-styles.

「私の幸せ」は、誰かの「うっとうしいと思う気持ち」と引き換えで、成立するものなのです。

I am sorry but, I think that my happiness is always based on the other's annoying.


2015-12-15 ―― お前が、アイドルグループ(の体重)を目指してどうする? [長年日記]

以前、長女が、クリスマスに向けてダイエットを希望しており、私がダイエット指導に入ったという話をしました。

A few days ago, I wrote that my senior daughter asked me how to diet by Christmas eve, and I gave some advice to her.

昨夜、BMIの計算させてみたら、すでにちょっとシャレにならないくらいの値になっていてビックリしました。

Last night, I made her to calculate her BMI, and I was really surprised to hear the value.

―― お前が、アイドルグループ(の体重)を目指してどうする?

"Why do you follow the weight of pop idols group ?"

という位の、デンジャラスな数値でした。

It was really a dangerous numeric.

『この体重値を下回ったら、ダイエットは強制終了させるからな』と、言い含めておきましたが。

I made a point of showing that "I am going to stop your diet even if you reject it"

ただ、

On the other hand,

『クリスマスまでは果物は絶対に口にしない!』

Under the paper with the phrase of "Never eat any fruit by Christmas" that she has wrote,

と、長女が書き殴ったポスターの下にあったはずの、リンゴの山が、いつの間にか無くなっていたので、まだ本気では、心配はしていないのですが。

there were several apples a few days ago, however, I could not find them out at all.

So I am not serious about it so much now.

-----

拒食症や過食症の恐しさは、先日お伺いした病院の栄養士さんに、とくと教えて貰いました。

The nutritionists at the hospital I visited before, gave me many information of a danger of anorexia and hyperorexia.

こちらも、近日中に、執筆を予定しています。

I am going to write it down in the near future.


2015-12-16 この気持ちを一言で表わすのであれば ―― 「ツンデレ」かなぁ。 [長年日記]

25年ぶりファジィ推論のコーディングをしていますが、結構順調に進んでています。

For the first time in 25 years, I have started an software coding with "Fuzzy reasoning", and the progress has been good since now.

なるほど、これが「昔とった杵柄(きねづか)」というのかーーー、と感心しています。

I see, this is "You never forget your own trade." I am impressed.

それはさておき、

By the way,

ファジィ推論は、その推論結果が優れているかはどうかはさておき、急いで自動エージェントなどを作らなければならない時の「手軽さ」は、かなり突出して優れていると思います。

"Fuzzy reasoning", beyond the quality of the reasoning, is one of the best way to make an autonomous agent for short period.

なんたって、「ことば」で、推論エンジンを同定できるのは美味しいです。

It will make me happier that I can make the reasoning machine by natural language.

ファジィ推論を試してみたい人は、「min-max簡易ファジィ推論」というタームを覚えておくと、幸せになれるでしょう。

If you want to try "Fuzzy reasoning", it is good to remember the word of "min-max easy fuzzy reasoning"

-----

ま、それと、色々な理由があって、今回、選択せざるを得なかった、コンピュータ言語

In addition, this time, I have to use new computer language for me.

"Python(パイソン)"

That name is "Python"

が、なかなか、イケているんですよ、これが。

This seems to be quite cool.

特に、オブジェクトの記述が、もの凄く楽チンで、型定義が恐しく緩やかで、ネストが字下げだけ(最初は戸惑いましたけどね)というのも、どうして、なかなか。

Especially, it is easy to describe object and type definition, the nest is also simple ( I was puzzled for the first time).

-----

いや、いや、いや、いや、まだ分かりません。

No, no, no, no, I should not tell you that,

本格的なコーディングを始めたのは、ここ数日です。

I have used it for a few days.

処理速度はともかくとして、プロセスやスレッドの並列処理(も、できることになってるけど)も、同じように優れているかどうかは、まだ分かりません。

Skipping the performance itself, I don't know well that the parallel procedure of process and thread.

やっぱり、(これまで通り)「結局のところ、C/C++が一番だな」だな、という結論になるかもしれません。

I might think that "C/C++ is the best, after all" in the near future.

-----

この気持ちを一言で表わすのであれば ―― 「ツンデレ」かなぁ。

If I try to express my present feeling, it is "Tsundere" so, called.

『ご、誤解しないでよね。べ、別に、私はアンタ(Python)のこと、完全に信用した訳じゃないんだからね』

"D..Don't have a misunderstanding. E..Especially I don't believe you (Python) perfectly"


2015-12-17 「勝てないから」です。 [長年日記]

私は、おおよそギャンブルというものをやったことがりません。

I have not been doing so-called "gamble game" seriously since until now.

パチンコ、競馬、マージャンというものは、記憶のある限り、1回か2回ほどです。

I have tried "Pachinko", "Turf", "Mah-jong" once or twice in my life.

ゲームも、ポーカなどだけではなく、人生ゲームや、ババ抜きや神経衰弱に至るまで、一度足りとも楽しいと思えたことはありません。

I have never feel enjoying games like poker, life-simulation game, and card games.

理由は簡単。

The reason is simple.

「勝てないから」です。

I cannot win any game.

ゲームに勝つには、知性が必要でしょうが、私にはそれがありません。

In order to win the game, I think some intelligence must be needed in some extended, but unfortunately I don't have it either.

それに絶望的なほど運もないようです。

And I don't have any luck desperately.

私に関しては、ビギナーズラックという概念すらないようです。

For me, I am about to be not allowed to use the phrase "Beginners luck".

-----

昨夜の忘年会で、ビンゴの3等に当たりました。

At the year end party of the last night, I won the the third prize of Bingo.

まさに青天の霹靂、天地動転の大事件でした。

This was a serious and unexperienced accident.

私は、この人生において、ただの一度も「ビンゴ!」となったことがなかったからです。

About my life, I have never experimented to be a winner of Bingo in my life.

-----

私は、「運」というのも一種の確率だと思っておりまして、ギャンブルやゲームに勝てないことや、ビンゴに当たらないことで、

I think that "luck " is a sort of a probability. So I could get the following luck in return of the daily luck,

■絶望的な開発期間であったにも関わらず、プロトタイプを完成できたり

To complete the proto type software in a desperate period,

■全く原因が分からず動かなかった電子回路が、突然動き出したり、

To activate an electric circuit that had not worked at all,

■目も当てられない締切までの時間で、特許明細書やコラムを書き上げたり、

To finish writing patent applications and columns in the hard deadline.

することができたのだ、と。、

―― もう、これは「確信」というより、宗教の教義のように ―― 信じていたので、

This is not only my "confidence" but also "gospel" for me.

昨日の、ビンゴ(3等)は、私の心に、暗い影を落しています。

The third prize made me leave a shadow.

-----

先日の健康診断の結果、(勿論、肥満関連は、全部クリアになってはいたのですが)、別の「嫌なこと」が書いてありました。

The other day, the medical checkup report was posted, and something annoying were written in the report.

これまでは無視してきましたが、

Though I always ignore the contents of report, I came to think last night

―― 全身麻酔をして、胃カメラをして貰える医院を探そうかな

I am going to search a hospital that give me general aesthetic during photogastroscope.

と、昨夜、本気で考え始めました。


2015-12-18 ―― 容器の形状や外観、料理の盛り付けによって味が変化する [長年日記]

大学時代の大半を、ラーメンと牛丼で過した私にとって、

I had been in my college life with Ramen and beef bowl.

結婚後、

After marriage, I was shocked to know that

―― 容器の形状や外観、料理の盛り付けによって味が変化する

"Sense of taste is easy to change by devices for eating and serving food"

ことを知ったときのショックというのは、「パラダイムシフト」以上のものでした。

It was more than "paradigm shift"

特に「お茶」は凄い。

Especially "tea" is great.

くたに焼きという陶器を使った急須(きゅうす)を使ったお茶は、2段階、味が良くなるおです。

Using "Kutani-Yaki" tea pod, the taste of tea becomes greater than using other pods.

さらに、これを、萩焼きの湯呑みで飲むと、さらにもう一段階、グレードアップします。

In addition, drinking a "Hagi-Yaki" cup, the taste become better moreover.

-----

まさか、陶器の成分がお茶に解け込んでいる訳はがありませんので、

It is nonsense to think that the ceramic is meting in the tea,

■急須や湯呑みの保温効果(冷めていくプロセスも含めて)、

- thermal insulation of the pod and the cup

■湯呑みと口との接触面積

- contacting interval between cup and mouth

■お茶が経口に流れこむ単位時間当たりの速度

- pouring speed of tea from cup to mouth

■心を穏かにする美しく流れるような外観のフォルム、

- beautiful shape that makes me feel easy

等、全てを含めて、「お茶」の味を引き立てていると思うのです。

All of the above must be useful to improve the taste.

もしかしたら、これらは、総合的に計算可能かもしれません(しませんが)。

It might be possible to calculate them totally(though I don't want it.)

-----

というように、私は「味覚」というものが、五感の結合から成るものであることを、認識しはいるのですが、

Like the above, I think that I can understand that taste is made up from total of five senses.

On the other hand, I don't change my mind of

―― コンビニ弁当に入っている、プラスチックの葉っぱが、心底、鬱陶しい(うっとうしい)

"a plastic leaf in a lunch box at convenience stores, annoys me."

という気持ちは、今だに変わりません。

本当の葉っぱなら、防腐や香りの効果があるのでしょう。

If it is a real leaf, there seems to be antisepsis or good scent

しかし、あれ、いちいち取り除かなければならないのですが、掴みにくい(手でやると不衛生だし)。

In the case of the plastic leaf, I have to remove it from the lunch box( insanitation when using finger)

そもそも外観的にも、弁当を安っぽくしてしまっていて、いいこと何もない、と思うのです。

It looks like the lunch box is poor, and totally there is nothing good of it.

是非、コンビニ各社は、あの「プラスチックの葉」の除去を、ご検討頂きたいと思います。

I want companies of convenience stores to discuss a disuse of the plastic leaf.


2015-12-19 『まず最初に、この電話番号を知った経緯を説明しろ。話はその後だ』(文言、このまま) [長年日記]

「個人情報流出60万人分」とかニュースが毎日出ています。

News say every day."600,000 personal information outflows", for example.

どう考えたって、もう私たちの個人情報は、誰かの手に渡っているはずです。

No matter how we want to stop the outflows, it might be in vain.

というか、「通販」とか使っている時点で、もうアウトでしょうしね。

Moreover, after we use mail-order shopping, it is too late.

氏名、住所、年齢、職業、電話番号あたりは、もう多分全滅と思って良いかと思います。

I think that "name", "address", "age", "sex", and "occupation" has already opened through several routes.

-----

私もときどき、得体の知れない会社から電話がかかってくることがありますが、

I sometimes take a call from unknown company, however,

開口一番

first thing I say is

『まず最初に、この電話番号を知った経緯を説明しろ。話はその後だ』(文言、このまま)

"First, explain the background of getting my cell-phone number. After that I hear your talk"

と言うと、不思議と二度と電話がかかってきません。

After the saying, the call never come strangely.

『無礼者。まず、最初に自分の名前と所属を言わんか。』

"Rude fellow. At first, why don't you tell me your name and company?"

『背景と趣旨が分からん。明確に説明しろ』

"Your background and purpose are not identified. Let me know it definitely"

とかでも良いようです。

seem to be good.

-----

My daughters often say to me,

―― パパって、電話でいつでも人を責めているよね

"You always blame a person anytime by telephone"

と娘に言われています。

心外ではありますが、多分、それは事実なのでしょう。

It is unexpected, but probably it might be a fact.


2015-12-20 ごみ袋の中には、「サントリープレミアムモルツ500ml」の空き缶だけが、溢れんばかりに詰め込まれていたのです。 [長年日記]

昨日、「個人情報」のことを書きましたが、もっと現実的な個人情報の流出があります。

I wrote "personal information" yesterday, but there is a more realistic risk of the leak of personal information.

「ビールの空き缶」です。

"It is empty cans of beer".

なんのことか分からないかもしれません。

特に酒飲みでない方にはさっぱりかと思います。

Nobody might understand what is what. Especially if you were not a drinker.

-----

私は、先日のゴミの日、ある家の前に出されていたゴミを見て、腰が抜けるほどびっくりしました。

The other day, I watched a garbage bag in front of a certain house and I was really surprised to see the contents of the bag .

ごみ袋の中には、「サントリープレミアムモルツ500ml」の空き缶だけが、溢れんばかりに詰め込まれていたのです。

Many Only "500 ml of Suntory premium malts" cans were packed, and they were likely to overflowe from the bag.

-----

そりゃ、私だって、いいことがあった日には、プレモル(プレミアムモルツのこと)を買うことだってありますよ。

Even I buy a pre-mal (premium malts) on the day when something good happens for me.

海外出張の時など、"Tea or Coffee?"と言いながら飲み物をサーブしているキャビンアテンダントに、"Do you have a premium Maltz?" と尋ねてしまう ――

ええ、そう、私は「安い」男です。

At the time of oversea's business trip in a plane, when a CA asks "Tea or Coffee?" to me, I askl her "Do you have a premium Maltz?"on contrary.

I know well that I am a "cheap" man.

我が家のゴミとなる空き缶の大半は、ホームセンタの独自ブランドで、著名度ゼロの、分からない銘柄の発泡酒です。

The garbage bags in front of my house are always full of low-malt beer cans that are unknown original brand at a do-it-yourself store.

-----

私は、あの家のゴミの捨て方、本当にまずいと思う。

I am afraid that it is the worst of how to dispose of garbage at the house.

私が強盗なら、あの家を真っ先に狙う。

If I were burglar, I will have my sights on the house.

プレモルだけを飲んでいるような家には、必ず金がある、と思えてしまうからです。

I come to think that there is much money in the house, because there is a person who drinks pre-mals anytime.

ベンツを2台持っている家よりずっと危険だと、私には思えるのです。

This house seems to be more danger potentially than a house who has two Benz cars.

-----

「個人情報の流出」とは、本来、こういうことだと思うんです。

Actually "the leak of personal information" is like the above.


2015-12-21 ところが、長女が「結論から話せ」の江端家電話ポリシーを、彼女の友人に語っていたことから、―― 今回の悲劇は始まります。 [長年日記]

江端家では、私が電話をする時のポリシーを決めています。

The Ebata's has a policy of telecommunication, I have decided.

That is

―― 結論から話せ

"Conclusion, first"

The reason why I have decided the above is in the URL page.

-----

江端家の固定電話の使用には、ルールがあります。

In addition, there are several rules about using "family phone" in the Ebata's

(1)非通知、または登録されていない電話は、原則として取らない。

(1)Nobody should take a call if the phone number is not shown at the display.

(2)上記(1)の例外として対応でりのは、原則「私だけ」

(2)Except for the (1), the head of family( it's me ) can handle it.

(3)上記(2)で対応する場合、私は、 「戦闘モード」で会話を始める。

(3)At the scene of the (2), I start to talk with fighting trim.

と言うものです。

-----

ところが、長女が「結論から話せ」の江端家電話ポリシーを、彼女の友人に語っていたことから、―― 今回の悲劇は始まります。

But

my senior daughter had told a friend of her about the above the Ebata's phone policy, and the tragedy became to start.

■長女の友人Aさんは、緊急の要件があり、長女と至急連絡を取らなければならなかった

- Miss.A who is her friend should have contact my daughter as soon as possible because of an emergency issue.

■しかし、長女の携帯電話は、充電がなくなっており不通状態であった。

- But the cell-phone of my daughter is out of order because of power luck.

■従って、友人Aさんは、学校の連絡網の情報を使って、江端家の「固定電話」に電話することを決意した。

- So Miss A found the Ebata's family phone number from the paper of emergency contact network and decided to call her.

そして、

And,

■運悪く、私は、その日その時間に、偶然にも自宅にいた(たまたま早く帰宅していた)。

By a stroke of bad luck, I was in my house at time of the day (coming back earlier)

さあ、どうなったと思います?

Well, Can you predict what's going to happen ?

(続く)

(To be continued)


2015-12-22 私が敵意を表わにした時の声というのは、ハンパなく怖いそうです(家族談)。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

Aさんからの電話を受けた私は、最大限の「敵意」を発揮しながら、会話を始めました。

I tool a call from Miss A, and start to talk with the maximum alarm and hostile attitude.

江端:「どちら様ですか」

Ebata:"May I have your name, please?"

私が敵意を表わにした時の声というのは、ハンパなく怖いそうです(家族談)。

My family says that my voice with hostile attitude is not better than scare.

-----

一方、江端家の家長(江端<長女>の父)が電話に出たことを察したAさんは、

On the other hand, Miss A who noticed that a father of my daughter took the call, panicked and came to think

『結論からしゃべらなければ!』

"I should talk the conclusion first"

という状態で、パニックになっていたそうです。

―― 「江端<長女>さんとお話がしたい」って言えばいいのかな

"May I say "I hope to talk your daughter"?"

―― でも、それって「結論」だっけ?

"But is it a conclusion ? "

―― 「結論」って、この場合、電話をかけた目的を説明すればいいのかな?

"The conclusion is to explain the purpose of this call isn't it?"

私の方は、しどろもどろになっている少女の声に、「?」という感じで黙って話を聞いていたのですが、

On my side, I wondered why this girl was confused and heard her talk silently.

なんとか、<長女>の御友人であることが分かって、「敵意」状態を解除して、温厚な父親として振舞いました。

Before long, I could understand that she is a friend of my daughter, disarmed her, and behaved amiably as a gentle father.

手遅れだったみたいですが。

It seemed to be late.

(続く)

(To be continued)


2015-12-23 「ところでさ、今回の「結論から言え」の『結論』って一体何が正解だったの?」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

後日談。

A Sequel.

長女:「彼女、『パニックになった』って言っていた」

Daughter:"She said "I made me panic""

江端:「知っている」

Ebata:"I know well."

長女:「『学年を間違えて、自己紹介してしまった』とも言っていたよ」

Daughter:"She shamed to introduce herself to you with wrong school year"

-----

After that, she asked me that

「ところでさ、今回の「結論から言え」の『結論』って一体何が正解だったの?」

"What is the correct response about "Conclusion first" in this case?"

と長女に尋ねられましたので、答えておきました。

and I gave a reply to her.

正解は、

「私は、江端<長女>さんの同級生ですが、江端<長女>さんはご在宅ですか?」

"I am a school friend of your daughter. Is she at home?

-----

「結論から言え」というのがダメなのかな。

"Conclusion first" is not good is it?

「完結に言え」「5秒で言え」とルール変更すれば

Let me change a rule to "Speak shortly" or "Say in 5 seconds"

・・・ うん、ダメだな。

Well, it becomes worse absolutely.

パニックが大きくなるだけだ。

The panic is going to be more serious.

そもそも、大人でさえ、このように話せる人は、それほど多くはない。

Above all, few adults can talk on the rules.

まして、ティーンエイジャに「結論から言え」とは、酷に過ぎるというものです。

Moreover "conclusion first" must be to much to cruel for teenagers.


2015-12-24 安心してください、リバウンドは錯覚ですよ [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, a new column is released, so I take a day off.

"Let's turn the world by "Number" Diet (23)

"Please feel relieved. The rebound is just a misapprehension"

-----

また、今回のコラムの中で記載された

In this column, my comment,

The junior fellow who appeared in this column

『私の作り上げたパラダイムに爆弾を投下していく』

"Drops bombs on my creative paradigms"

そういう後輩は、

―― 実在します。

has existed.


2015-12-25 "ダイエットを“過渡現象”で説明できるか" [長年日記]

二日連続で、コラムがリリースされました。

Today, a new column is released, so I take a day off.

"Let's turn the world by "Number" Diet (23)

"Can I explain diet by "a transitional phenomenon?"

-----

また、今回のコラムの中で記載された

In this column, my comment,

The junior fellow who appeared in this column, said

「なんで、わざわざ、計算失敗のコラムなんか書いているんですか?」

"Why did you write something of calculation failure in your column ?"

と言った後輩は、

―― 実在します。

has existed.


2015-12-26 「ハニートラップ」とは、異性または同性と、性的関係を持たせて弱味を握る罠(わな)の一種です。 [長年日記]

一昨日、自宅で少し早めのクリスパスパーティをしました。

The day before yesterday, we held the Christmas party at home.

前日体重66.3kg→68.1kgとなっていました。

Yesterday, my weight became from 66.3kg to 68.1kg.

うん、予定通りだ。

O.K. It is on expected circumstances.

インパルス信号は入力した。

I had inputed the impulse signal.

今、過渡応答の計測に入っています。

Now I has started to measure the transient response.

それはさておき。

Above and beyond this.

-----

昨日のパーティで、録画しておいた番組を家族で見たのですが、ある元政治家が、いわゆる「ハニートラップ」をかけられそうになったという話がでてきました。

At the party, we watched a recorded variety program, and an ex-politician told the story that he had been about to be got caught in a honey trap.

「ハニートラップ」とは、異性または同性と、性的関係を持たせて弱味を握る罠(わな)の一種です。

"Honey trap" is one of the traps to have something on the specified person by a sex scandal with the person of same or opposite sex.

長女:「なんで、こんなことをする訳?」

Daughter:"For what?"

江端:「有力な政治家や、官公庁の職員を、自分の都合のいいように動かす為だよ」

Ebata:"To control a powered politician or governmental officer at their well"

長女:「・・・?」

Daughter:"?"

江端:「例えば、その政治家が、結婚しているとすると、そのような異性または同性との性的関係は、どえらいスキャンダルになるよね。政治家としては、もうやっていけないかもしれない」

Ebata:"One example. If the politician have already got married, the sexual relationship is an enormous scandal. The politician might become retired."

長女:「そりゃそうだ」

Daughter:"It it natural."

江端:「『このスキャンダルをバラされなくなれば』→『あの会社との取引に便宜を図って下さいよ』となる」

Ebata:"I say that "Do you try to make a connection to the company, if you don't want to open the scandal ?"

長女:「なるほど、よく分かった」

Daughter:"I can understand it well."

-----

政治家も官公庁も、普通の人にはない巨大な権力が与えられています。

Both politicians and officers are vested with enormous powers, that we ordinary people cannot use.

彼らは『公益』の為に権力を付与されているのですから、これが特定の私人や私企業の為に便宜を図ったら、とんでもないことになります。

The powers should be used only for public welfare. If they use the power for the private person or company, our society becomes destroyed.

不正行為で違法で、それ以上に、社会通念上、許される訳ありません。

Unfair, illegal, and moreover, it is unforgivable crime on conventional wisdom.

それを、無理やりひん曲げようとする罠(わな)の一つが、「ハニートラップ」です。

It is "honey trap" that is one of the traps that make the rule skew-whiff.

(続く)

(To be continued)


2015-12-27 「それだったら、どんなに手間暇かけたって、パパ好みの女性を用意してくるに決まっているじゃん」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

江端:「まあ、パパには関係のない話だがな。第一に、パパには『権力がない』し、そもそも、ハニートラップを仕掛けられるようなスキもないしな」

Ebata:"Anyway, I am out of the story. To begin with, I have no power. Above all, who wants to pick me up?"

長女:「なんで、そんなことが言い切れる訳?」

Daughter:"Why do you have a confidence to say that clearly?"

江端:「だって、パパに『ハニートラップ』をしかける為には、パパの嗜好に付いてこなければならないんだよ? 」

Ebata:"In order to build "honey trap", the agent should catch up with my interests?"

長女:「で?」

Daughter:"And?"

江端:「『イスラム国』や、『制御LAN』や、『推論エンジン』なんて話題、ハニートラップでは、使えないだろう?」

Ebata:""ISIS", "Control LAN" "Reasoning engine". they are not suitable for "Honey trap""

と、ここで嫁さんが割り込んできました。

At this time, my wife broke in on a conversation.

嫁さん:「甘いよ、パパ。『ハニートラップ』を仕掛けてくるということは、もう、その案件は「金」や「人材」では、どうにもならない案件ってことでしょう」

Wife:"Overly optimistic outlook. Trying "honey trap" means, that they have no wayof money or specialists, except for building the "honey trap"

江端:「そりゃ、そうだ」

Ebata:"Quite so"

嫁さん:「それだったら、どんなに手間暇かけたって、パパ好みの女性を用意してくるに決まっているじゃん」

Wife:"If so, they will prepare for a woman of your mind at any cost"

江端:「しかし、話題が、超ニッチだぞ」

Ebata:"But the topic is special niche, I think"

長女もかぶせてきました。

長女:「パパの著書(や論文や特許)を読んで、十分な時間もかけて、死ぬほど勉強してくるか、そうでなければ、そういう人材をリクルートしてくるに決まっているよ」

Daughter:"They will study hard about your researches, written in your papers and patent applications. Even if not, they must perform recruiting of such a talented person.

確かに、そうかもしれない。

Certainly there might.

―― 私に『ハニートラップ』をしかける為のコストはどれくらいだろう

"How much does the cost kick "only honeytrap" to me?"

―― そんな金があったら、我が家のローンの返済に当てて欲しいぞ(賄賂)

"If they have such money, I want the money for returning of the loan of my home(bribe)"

-----

次女が、

I didn't remember whether the senior daguhter said

「パパなんて、『西尾維新先生の本』の話題を振られれば、イチコロじゃん」

"If you are given a topic of "the book of the Nishio-Ishin sensei", you will be knocked down easily."

と言ったかどうかは、酔っていたので、はっきり覚えていません。

Because I was drunken.


2015-12-28 『パパ、今回のイラスト、以前のイラストからパクったね』 [長年日記]

(3連続営業日で)本日も、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Through three consecutive business days, a new column is released, so I take a day off.

Mr.Ebata's struggling for DIY Home Security System by EtherCAT(5) "

Both the master and the maids can build up a blueprint of communication specification in a few seconds.

-----

また、今回のコラムの中で登場するイラストを見て、

In this column, watching the illustration,

『パパ、今回のイラスト、以前のイラストからパクったね』

"Papa. you stole some parts of images from the previous pictures didn't you? "

と看破した、私の娘は、

It is my daughter who said the above,

―― 実在します。

has existed.


2015-12-29 「負け犬、黙っていろ」 [長年日記]

この週末、「彼氏彼女の事情」というコミックのアニメを見ていました。

This weekend, I watched animations whose title "His and her situation"

私が物心ついてから、今に至るまで、「恋愛」や「結婚」が、価値観の最高位に君臨し続けていることは、しみじみと凄いことだなぁ、と、変な感想を持ちました。

I have a funny impression that it is great that "love affair" and "marriage" have been the top of hierarchy of our values in my life.

しかし、昔は、このような「恋愛」や「結婚」の勝者に対して、少くとも、それに対抗する言葉やフレーズはなかった。

But few word and phrase from the losers has appeared against the winners of "love affair" and "marriage".

―― 敗者は黙りこくり、勝者はそれを斟酌する

"The loser becomes silent, and the winner considers the situation".

かつて、そういう取り決めは、あったように思う。

I think that the above rules has existed before.

敗者が語り始める ―― そのこと自体は良いことだと思うのですが、

"The loser starts to claim something" is good for our society, however,

そうなると、遠慮なく勝者も語り始める、と思うのです。

"The winner also start to speak to the loser at ease.

-----

「リア充、爆発しろ」

"Guys who lead a full life, should explode."

の対義語(対義フレーズ)って、

I come to think the opposite phrase of the above must be

「負け犬、黙っていろ」

"Shut up, loser"

に、なるのかなぁ、とか、思ったりしています。


2015-12-30 中二病は、正しい社会批判精神の最初の形だ。 [長年日記]

長女:「挫折して、社会と上手く折り合いをつけるようになる為に、中二病になる必要がある、と?」

Daughter: "Do you want to say that "Chuuni-byou"(behaving in a way characteristic of teenager) is needed for the collapse and going well with our society ?"

江端:「それもあるが、この話、もう少し先がある」

Ebata:"That's right, but there are more some stories.

-----

パパも、そんなに詳しい訳ではないが、パッと上げられるだけでも、

I don't know in detail, but I can pick up the following issues,

中国の文化大革命、ロシア(旧ソ連)のスターリン粛清、カンボジアのポルポトの虐殺、最近では、ルーマニアのチャウシェスク政権

The Cultural Revolution of China, (former Soviet Union) Stalin purge in Russia, Slaughter of Cambodian Pol Pot, and Rumanian Ceausescu Administration recently

あ、それと、言うまでもなく、太平洋戦争前の日本や、ISISのイスラム原理主義も含めてね、

Well, needless to say Japanese militarism before the Pacific War, and Islamic fundamentalism of ISIS, too.

それらの国家は、かつて、いわゆる義務教育プロセスにおいて、完全な「Q and A」をセットメニューで教え込んできた訳だ

Those nations had given children a complete "Q and A" as a set menu in so-called compulsory education process.

「知っているなら、最初に教えてくれればいいのに」という、お前のご希望通りに、国家が子どもたちに、ホイホイと答えを与えてきたんだ。

You said, "Adults should have given us the answer first", the nation had kept giving children an answer willingly, like your hope.

このセットメニューの内容は、社会主義教育、共産主義教育から、皇化教育に至るまで、全部同じだ。

The contents of this set menu were all same, from socialism education, communism education to program to educate other nations as subjects of the Japanese emperor.

―― 社会的矛盾は、我が国の主義に基づいた未来の社会で、完全に解決される。

"The social contradiction is completely going to be solved in future society based on principles of our country."

―― お前たちは、疑問を持たずに、この主義を信じて、私達(国家)の言うとおり行動すれば良い

"You believe these principles, don't have to have a question and should do as we (nation) order"

と言い聞かせているだけだ。

They only persuaded children to them.

つまり、「中二病」になる余地すら与えられない教育が施されてきた訳だ。

In other words, the education had been no room to suffering from "Chuuni-byou".

その結果、何が起ったと思う?

What will the result be?

■政府批判をする自分の親を、秘密警察に密告する子どもや、

- The children who informed the secret police about one's parent who did the government criticism,

■泣き止まない幼児を、煩い(うるさい)という理由だけで、ためらいなく串刺しにする子ども(兵士)が、

- The children who didn't hesitate to skewer infants who didn't not stop crying, only for a reason called annoying (because of noisy),

大量生産された。

were mass-produced.

本当の話だぞ。

These are true stories.

-----

中二病は、正しい社会批判精神の最初の形だ。

"Chuuni-byou" is the first style of right social criticism mind.

パパ達が「薄ら笑い」を浮べているのは、お前達を、バカにしているからではない(とは、言い切れないこともあるけど)

We adults, never have an intention to make full of young people, even if they seem to give a slight smile.

信じられないかもしれないが「頼もしい」と思っている(ことも、時々ある)んだ。

Believe or not, we adults feel proud of young people (sometimes),

だから、中二病に100%感染したままで、いつでもパパに挑んでこい。

Therefore, come on to me with Chuuni-byou infection.

妙に分かったようなことは言わなくてもいい。

You don't have to say something you feel to understand.

中二病歴では、今なお、パパの方が、圧倒的に先輩だからな。

For this disease history, I am still a senior predominantly.


2015-12-31 来年も江端様のコラムを読めることを楽しみにしております。 [長年日記]

『あたしぃ、江端さんに『応援メール』が書きたいんですけどぉ、書き方がよく分からないんですぅ』

"I want to send a cheer mail to Ebata-san, however I don't know how to write it."

『それに江端さんってば、ご機嫌損ねると、面倒だしぃ』

"And Ebata-san seems to be troublesome if he becomes sour"

# なお、女性(と思われる方)からの応援メールは、ない訳ではないですが、絶無といっても言いです。

# I have never been given a cheer mail from women.

そのような皆様の為に、先日頂いた『完全形態の応援メール』を、ご本人の許諾を頂き、公開させて頂く運びとなりました。

For such all of you, I am going to show you "a perfect cheer mail" that I had the other day, with the person's permission.

この応援メールで、私のこの一年を振り返ることができましたので、併わせてご報告申し上げます。

Thanks to this cheer mail, I am able to look back on my this year's activities.

===== 応援メール ここから =====

====== Top of the cheer mail ======

江端智一 様

Dear Mr. Tomoichi Ebata.

初めてメール差し上げます。機械メーカにてエンジニアをしております"PN"と申します。

I give an email to you for the first time. I am "PN", an engineer in a machine maker.

Thank you for your introduction on your diary about my Google spreadsheet based on the Ebata-san's idea.

まさか江端様から"superior person"という評価をいただけるとは、身に余る光栄です。もっともっと褒めていただけると喜びます。

Indeed it is really honer that Ebata-san could give an evaluation called "superior person "to me. I am pleased when you can praise me more and more.

江端様のコラムは「数字で回す~」のほか、「英語に愛されない~」なども含めてすべて読ませていただいておりますが、どれも着眼点の鋭さ、柔軟な発想力、そして綿密な調査に基づく主張の説得力に驚いております。

I have read all the column of Ebata-san's columns that ranges from "Numbers series" to "English series". I am surprised at the sharpness of all viewpoint, a flexible idea and the persuasive power of the claim, based on a minute investigation.

特に先日のダイエットシリーズにて、 ダイエット記事の出現数をフーリエ変換して周期性を見出したところなど、友人のエンジニアともども「本当に頭のいい人の発想だ」と絶賛しておりました。

Especially, according to your numerical analysis trial using Fourier transform in the Numbers series to find the periodicity of number of the appearances of the diet article, I praised it highly with the engineer of the friend with saying "Ebata-san is really bright person"

フーリエ変換の存在や原理を知っていても、人並みの思考回路ではあの記事を書くことはできないと思います

I think that it is too difficult for ordinary persons to come to write the article, even if they know existence and the principle of the Fourier transform.

また個人的には、長年日記の過去記事における次女様の入学試験の時に書かれていた 「鉄道・自家用車によるデュアルシステム」 という項目において、やはりその独特の発想に感動し、また「娘のために、ここまで知恵を絞り試行錯誤を繰り返すのか」と、父親の深い愛情に心から感銘を受けました。

In addition, personal, about the articles of the entrance examination of junior daughter, I was moved about your idea of "the dual system with both a railroad and a private car", moreover I was impressed with deep love of father to your daughter heartily with doing try and error.

私もいつの日か江端様のおられる高みに少しでも近づけるよう、日々研鑽していく所存です。

I will do my best every day to be able to approach the high place of Ebata-san.

私事ではありますが、実は先日、会社にて設計部門から研究部門に移動になり、町田へ引っ越しました。

It was a private affair, but, in fact, I moved from the design section to the research section in Machida the other day.

ひょっとすると小田急町田駅、あるいは蒙古タンメン中本町田店にて、かつて ケビン・コスナーによく似たと言われた壮年男性 に、コリン・ファースを若くしたような好青年が敬意を込めた眼差しを向けて平伏するという光景が見られるかもしれません。

Possibly, in Odakyu Machida Station or Honmachida store out of Mongolia Chinese noodles with fried vegetables, you can see a scene that a good young man whose look is like young Colin Firth, turn a look a man who have resembled Kevin Costner,with all respect.

現部門では、仕事の勝手の違いと、求められる水準の高さに四苦八苦し、上司に叱責と溜め息をぶつけられる毎日です。

In this department, everyday my boss is scolding me with a sigh for the reasons of difference in state of things of the work and its level.

設定された目標に対し、自分で方向を決めて道を切り開いていく、と言うのをいかに怠って学生生活と社会人生活を送ってきたのか思い知らされております。

I regret that I have neglected to set my aim and break my way for my student and business period.

年の瀬となり、寒い日が続くようになりました。江端様も体調を崩されませんよう、ご留意ください。

It is the end of the year now, and a cold day continues. I hope that Ebata-san also don't upset your health and have a good New Year.

来年も江端様のコラムを読めることを楽しみにしております。

I am looking forward to reading your column coming year.

===== 応援メール ここまで =====

====== Tail of the cheer mail ======

それでは、皆さん。よいお年を。

Everybody, have a good New Year.