2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|

2011-12-14 妻に贈る言葉

昨日、人間ドックに向かう嫁さんに、言いました。

― 胃カメラは、きっと苦しいと思っているだろう。

― 『自分の中で想像し得る最悪の苦しさ』だろうと思っているかもしれない

― でもね、それは違うんだ。

― そんなもの、軽く凌駕する、想像を絶する凄さまじい苦しみだから

と。


2013-12-14 私は、こういう見え透いたお世辞が ―― 大好きなんです。

以前、おつきあいのあった遠方の工場の人から、とあるネットワーク技術の解説をお願いされたことがあります。

The old days, a colleague who had worked in a factory asked me to explain a kind of network technologies.

「ネットワークといえば、江端さん。江端さんと言えば、ネットワークですからね」

Speaking of network technologies, It is Mr.Ebata. Speaking to Mr.Ebata, it is network technologies.

私は、こういう見え透いたお世辞が ―― 大好きなんです。

I do like any more fawning compliments like that.

「いいですよ。では、来週、テレビ会議でやりましょう」

"O.K. How about video teleconference system?

と答えました。

I answered.

-----

私がこっちでテレビ会議に出たら、私を引き出した当の本人が風邪で病欠の上、、テレビの向こう側には、事業部長をはじめ、偉い方々が5人。

When I started up the video teleconference system, there were at least five persons in high position, for example, division manager, technical manager and so on, though the colleague was absent with a cold.

こっちは、コーヒーでも飲みながら、ネットワークの技術の話でもするもんだと思っていたものですから、当然、準備資料などはゼロ。

I had thought that we had a chat about technology topics over a cup of coffee, so, of course, I had no preparation for them.

―― はめられた

"Trapped!"

という訳ではないのでしょうが、そういう事情を、前もって、ちゃんと教えてくれないのは、信義に反すると思うんですよ。

I thought that is might be inevitable, but it was an unfaithful act without notices before.

説明する相手のランクや経験、そして人数によって、プレゼンというのは形を変えるのですから。

Any contents of presentation should be changed by the person ranks, experiments and the number of attendant.

特にランクの高い人は、ある分野のことを、めちゃくちゃよく知っているか、全くの素人かのどちらかで、全方位向けの説明の準備が必要なことがあるのです。

Especially, a person in high position knows well or doesn't know at all the special field of the technology, so I had to prepare unidirectional material before the meeting.

-----

「あの江端という奴の説明は、よく分からんかったなぁ」という風評が流れると、結構な致命的な失点になるのですよ。

If Some people said "The guy whose name is Ebata was not good at the presentation", my reputation seems to be going down dynamically.

エンジニアとは言え、所詮はサラリーマンの世界ですからね。

In spite of an engineer, I am just a salaried employee.


2014-12-14 ―― 果てしなく、鬱陶しい

(昨日の続きです)

読書は娯楽ですから、その効果は「楽しい」だけです。

Reading is entertainment, so the effect is to "enjoy reading".

ただ、その付帯的な効果としては、「読書を続けると、読書が楽になる」ということは言えそうです。

But there are some additional effects, and one of them is that the reading becomes easier by reading".

そもそも、人類には読書という習慣はなかったので、読書自体が新しい娯楽手段でしょう(そして、最も原始的な娯楽手段は"SEX"等)。

To begin with, human being had not had a custom of reading, so reading is the newest entertainment for human being. (And one example of the oldest custom is to sex)

読書は、そもそも人類が体験したことのない負荷の高いタスクです。

Reading is high-cost task that the human being has not experimented.

読書によって、この負荷が低くなることで、「楽して楽しい」という正のループバックができ、人生が楽しくなるというメリットはあるでしょう。

Reading makes us happier, because the task becomes low and we can realize the positive feedback of "making us happier easily".

ですが、読書以上の娯楽があるのであれば、別に読書に拘泥する必要はないのです。

If there are other entertainments that are more fun than reading, we don't have to cling to reading.

-----

ただ、個人的には、私のコラムを読んで貰っている方には、読書を続けて頂きたいとは思います。

Personally, on the other hand, according to the persons who read my columns, I would like to keep reading.

それは、多くの人に「人生を豊かにして欲しい」―― などとは、これっぽちも望んでいません。

The reason is NOT that "I want you to live your life wealthy".

ただ、私は、

But I think that a person who

■恐らくは、読書という行為が人生に組み込まれておらず、

- Probably has no concept called "reading" is not embedded in the life,

■私のコラムの最期のページにすら辿りつくこともできない、

- cannot arrive at even the last page of my column,

■リテラシーや読解力が絶無の人間が、

- is emptiness of literacy and reading comprehension,

■釣りタイトルにそのまま釣られて(残念ながら、私はタイトルを付ける権限がないけど)、

- is deceived for an catchy title of the column (unfortunately I do not have authority to make a title)

■私のコラムをろくすっぽ読まずに(読めずに)、

- doesn't read my column at all (or cannot read by his/her capability),

■全く訳の分からん非難のコメントを付けてくることが、

-shows me a comment that is fatuous and impossible to read

―― 果てしなく、鬱陶しい

makes me annoyed endlessly

のです。


2015-12-14 それは、皆が、私のコラムを気に入っているから

私は、社内の通達メールでも、自分のコラム(エッセイ)を文末に載せて、関係者(例えば部内)に一斉送信しています。

I often send business mails with my column (or essay) to concerned parties.

そのことに、誰も文句を言ってきません。

But nobody blame me about the mails.

『それは、皆が、私のコラムを気に入っているから』

"Everybody loves my column in the mail"

―― などと言うような、お花畑な話、私ですら信じていません。

Even I also don't believe such a convenient fiction at all.

理由は明快です。

The reason is clear.

「面倒くさいことになる」のが、みんな、嫌だからです。

Everyone doesn't want to be in trouble with EBATA-san.

-----

具体的には、

To be more precise,

一つ目は、職権上の優位性(一応、主任)、

The first, it is an official power.

二つ目は、入社年度の早さ(要するに、年寄り)、

The second, it is years of employment (an old man, in short)

そして、三つ目は、「江端に逆らうと、色々と面倒くさいことになる」という、長年の信頼と実績です。

The third is both performance and reputation of long standing of "Going against Ebata-san, is always annoying me"

こういうことを、パワーハラスメント(パワハラ)と言います。

This is a typical power harassment.

もし、「江端のメールのせいで、PTSD(心的外傷後ストレス障害)になった」という人がいたら、民事は勿論、刑事事件としても、第一回目の公判で「有罪」を認めようと思っています。

If someone accuse me that the annoying mails get them sick of PTSD(post traumatic stress disorder), I think that I am going to plead my guilty at the first court.

-----

「そこまでして、何故?」 と思われるかもしれません。

You could think that "Why does Ebata try it that far?"

まあ、これも「一つの生き様」と考えて頂ければ、幸いです。

I feel grateful if you can understand that it is one of life-styles.

「私の幸せ」は、誰かの「うっとうしいと思う気持ち」と引き換えで、成立するものなのです。

I am sorry but, I think that my happiness is always based on the other's annoying.


2016-12-14 しかし、「本人が嫌だ」といっていることは、回りがどんなに楽しくても、やってはいけないのです(当たり前だ)。

怖がりの人に、怖い話をして楽しむ人は多いと思います(ハラスメント)。

Many people tend to enjoy a harassment against a person who is horrified by a tale of fear.

しかし、「本人が嫌だ」といっていることは、回りがどんなに楽しくても、やってはいけないのです(当たり前だ)。

However, nobody allows to do any harassment, even if others come to enjoy his/her reaction.

(これは、「いじめ」の話にも繋がるのですが、本日はそちらはスキップします)

(This story connects to "bully" though, I skip it today.)

-----

私の最愛の嫁さんは、怖い話 ―― お化けとか霊とか ―― が、苦手です。

My darling wife dislikes tale of fear, for example, sprite and monstrosity.

「苦手」では、ちょっと上手く説明できていないかもしれません。

I am afraid that it is too weak to explain the background.

私が、ふざけて怖い話などすると、その日の夜、嫁さんが夜中にうなされて、不眠症になり、江端家の運営に大きな障りとなるからです。

If I talk a tale of fear to my wife playfully, she screams with a nightmare, and suffers insomnia. In consequence, she cannot manage the Ebata's system.

このように、私の嫁さんは、「本人が嫌だ」といっていることは、「やってはならない」という、当たり前の事実を、骨の髄まで教えてくれました。

Thus, my wife teaches me to the very bone, that nobody must do anything a person dislikes. It is a self-evident fact.

ですから、私は、これまで、嫁さんには、「怖いコンテンツ」 ―― ホラー系の映画やら、リアルなドキュメンタリーやら ―― を遠ざけるようにしてきました。

Therefore, I have been kept her at a distance from anything of fear until now, for example, scary movie, and unmerciful documentary program.

お化けが登場するアニメの録画も、次女とだけメールをして、録画を頼んでいました。

About the animation of sprite and monstrosity, I sent a mail to my second daughter and asked her to record it.

----

ところが、先日、次女から、基本的にはアニメを避けてきた嫁さんが「夏目友人帳」を、お気に入りアニメとして視聴していることを聞いて、驚きました。

However, I was very surprised to hear that my wife is enjoying the animation whose title "Natsume-Yujinchou("Natsume's notebook of his friend's name"), even she doesn't like animation itself.

江端:「あれ、お化けが、わんさか出てくるの話だよね」

Ebata:"In the animation, many sprite and monstrosity appear in swarms don't they?"

と、私が尋ねると

When I asked her, she said just

嫁さん:「あれは、いいの」

Wife:"No problem. That is O.K,"

と、言われました。

----

「夏目友人帳」は、今や、5シーズンにも至る、名作中の名作です。

Needless to say, "Natsume Yujinchou" is a masterpiece of masterpieces, coming to the 5th season.

それを、自室のパソコンで隠れて視聴していた私の苦労は ―― まあ、それは、それで面白かったですけどね。

Where my burden is going, that I had watched the animation by PC in my room underground, but it was be all in a day's work.


2017-12-14 ―― そうか、「合理」「不合理」を含むセリフって、非日常的なのか

先日、嫁さんと話していた時のことです。

The other day, when I talked with my wife, she said

『日常会話で"不合理"とか"コスト"とか言う言葉を使う人間(江端)を、始めて見た』

"I first saw a man (Ebata) who used the word "irrationality" or" cost "in daily conversation"

と言っていました。

-----

例えば、嫁さんのお義母さんが泊って行った時、私より先にお風呂に入るのを、躊躇していたことがあるそうなのですが、私はその行動原理が理解できませんでした。

For example, when my wife's mother went to our house and stayed, I heard that she was hesitant to take a bath before me. However I could not understand her behavioral principle.

私のその時、『熱エネルギーが無駄になって(お湯が冷めてしまい)、合理的ではない』というようなことを言った記憶があります。

At that time, I remember saying like "Heat energy is wasted (hot water has cooled down), it is irrationality"

しかし、その家の家長よりも「先にお湯を頂く」ことが、礼を失するという考え方は、(古い考え方かもしれませんが)不合理ではありません。

However, the idea that the fact that "taking a bath ahead" than a family head, is not irrationality, even if the idea becomes old.

特に、私がそういうことを「気にする」ような人間であるかどうかが「分からない」状態においては、そのような行動は、「合理的」と言えます。

Especially, in a state where she does not know whether I am "a person" who cares the fact, such behavior can be said to be "rational".

それに、私は、一度、怒り狂えば、相手か私が倒れるまで闘い続けることもありますが、これって、究極の「不合理」行動です。

In addition, once I get angry, I will continue to fight until the opponent or I fall down. This is the ultimate "irrational" behavior.

-----

ここでは、「私が合理的な人間であるかどうか」ということはどうでも良くて、

Here, it does not matter whether "I am a reasonable person" or not,

「私が日常会話において「合理」「不合理」という用語を普通に使用する人間」である、ということなのです。

It is that "I am a person who normally uses the term of "rationality" or "irrationality" in daily conversation.

―― そうか、「合理」「不合理」を含むセリフって、非日常的なのか

"Well, the serif including 'rational' and 'irrational' unusual doesn't it"

と、しみじみと感心しています。

I was impressed with my wife's opinion.

-----

しかし、私の職場(研究所)では、「合理」「不合理」「コスト」「利益」「損害」「利害」という言葉は、普通に使われる単語です。

However, in my workplace (laboratory), the words "rationality", "irrationality", "cost", "profit", "damage" and "interest" are commonly used words.

研究員と付き合っている人、あるいは、研究員を伴侶に持っている方は、少し「常識」のレベルを、上げるか、下げるかしておくことをお勧めします。

I strongly recommend that a person who is date with a researcher, or married to a researcher, might raise or lower the level of "common sense" a little.

研究員は、インテリぶっている訳でもありませんし、ましてや、悪意など全くありません。

Researchers have no intention to be intellectual, and no malice, of course.