2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2015-03-02 『こういうバカがいるから、自分の借金の金利の計算もできないまま、自己破産していく人が断たないのだ』 [長年日記]

最近、本屋やテレビで「日本が誇る○○技術」という言葉を聞きます。

Recently, I often hear phrases "Technology that Japan boasts to the world" in a bookstore and TV program.

凄い違和感と(ときおり嫌悪感も)感じます。

Whenever I hear the phrase, I have a great feeling of wrongness and disgust.

-----

Previously, I calculated a ration between humanities department and sciences department in Japan, when I investigated school expresses in Japan.

ざっくり、7:3。

It's almost 7:3.

理系学部出身者が、全部、科学者やエンジニアになっている訳ではないことを考えると、さらに文系比率が高いことになりそうです。

The ratio of humanities department might become high, because not all of the student graduated from sciences department become scientists and engineers.

今、この日記を電車の中で書いているのですが、この車両に30人ほどいますので、理系の職業についている人は9人程度となる訳です。

Now I am writing this daily in a commute train, and I can find almost 30 persons in this cargo. So, there are only nine persons who work for science field.

それはさておき。

The above aside.

-----

以前、我が国が「ゆとり教育」という試みを行った時、

When Japan used to try a new education concept of "pressure-free education", so called,

―― 二次方程式などは社会へ出て何の役にも立たないので、このようなものは追放すべきだ

"The quadratic equations is not useful for our life at all, so we should banish these equations"

という、奥方(作家)の意見を間に受けて、我が国の数学力の低下に最大限の貢献をした作家がいたそうです。

There seemed to be a fatuous novelist who made a great contribute to the lowering of mathematics in Japan, taking stupid his wife's comment seriously.

『こういう奴がいるから、自分の借金の金利の計算もできないまま、自己破産していく人が断たないのだ』

"Because of the existence of such a fool, persons, who go bankrupt without calculating their rate of debt, are increasing.

と思ったことを、よく覚えています。

I remember very well at that time.

(To be continued)


2015-03-03 ―― 数字や数学は、人に騙されない人生を過す上で、必須の道具 [長年日記]

(Continuation from yesterday)

その他に、二次関数の概念なくして、

The followings are impossible without the concept of quadratic equations.

■距離を使った、土地の面積のざっくり量の推定

- Estimation of surface area of a land with distance.

■大声を張り上げて時に、その声が聞こえる範囲の推定

- Estimation of area within earshot when shouting.

■飛び降り自殺者の身体がどれだけ迷惑な凶器になるかの観念

- Concept of a danger of the person's body, killing oneself by jumping

を理解できないし、

指数関数なくして

Without exponential functions,

■少子化問題の深刻さを全体感をもって理解する

- Understand of whole serious problems with the declining birth rate and aging population.

こともできない。

そもそも、三角関数なしに、

To begin with, without trigonometric function, not to say,

■家も建てること

- Building houses

は言うまでもなく、

and

■DIYで棚を作ること

- Making shelves by DIY

すら、危険行為となります(落下物で怪我をする)。

It should become a dangerous action.(hurt in falling objects)

-----

もう何度もお話しましたが、

I had already told the following stories again and again,

■「アムウェイ」なるものの集会に参加させられた時、「そのビジネスモデルは数回、階層を回しただけで、世界の人口を越えて破綻する」と言って、事実上、その集会を潰したことがありますし、

When I was forced to join a kind of presentation about pyramid scheme, I crashed the orientation practically with talking "the business model you said now, become destroyed, if only you turn the cycles several times."

■ガス給湯器のセールスマンに対して、減価償却期間の計算結果を見せて、「では、これを越える金銭メリットを教えて下さい」という質問を口にする前に、逃げていかれたことがあるし、

When I discussed a sale person for gas powered hot water heater, he run away before I asked him about my merits to exchange the gas machine with showing the calculation result about depreciation cost.

■太陽光パネルに関して、東京都の優遇措置の話を出してくるセールスに対して、「その措置、本当に30年間も続くと思います?」と質問しただけで、二度と我が家に現われることはありませんでしたし、

According to the solar panel, when the sale person told me about the incentive rule of Tokyo district, I asked him "Do you really believe in you mind, the rule is going to continue for more than 30 years ?" and I have never seen him after that.

まあ、つまり、何と言うか、

Well, how to say,

―― 数字や数学は、人に騙されない人生を過す上で、必須の道具

Mathematics and numeral are kinds of essential tools, not to be tricked in your life.

と言えましょう。

(To be continued)


2015-03-04 ―― 理想の彼女または彼氏に出会う確率が『どれほど絶望的に小さい値であるか』―― [長年日記]

(Continuation from yesterday)

しかし、この作家夫婦のように「二次方程式が役に立たない」と公言しないまでも、このように考えている人は、少なからずいるだろうと思っています。

Even if there is no phrases like this foolish author couple's, I am afraid that there are more than a few persons who think same.

数学は論理的思考を磨く学問だ ―― などと、寝惚けたことを言っているとすれば、教育者側にも責任があります。

If some teachers tell a half-asleep phrase like "mathematics is a study to train logical thinking", they are absolutely wrong.

数学を学ぶ理由は明快です。

The reason to study mathematics is very simple and clear.

数学が実生活で有用である「実学」であるからです。

Because it is a practical learning for our life.

しかし、今の学校ではその有用性が語られない。

But nobody doesn’t talk about the utility in the classes.

数学の授業で、二次方程式、指数関数、対数関数、因数分解、確率、統計を知っておかなければならないかを、ちゃんと日常生活の事例で示せばいいんです。

In the mathematics class, teachers show the reason why students should know the significant of quadratic equation, exponential function, logarithmic function, factorization, probability, statistics.

私は、その事例の履修に、数学の授業時間の半分を費しても良いとさえ思います。

In my opinion, teachers may spend half of time in the mathematics class for the cases.

解は導き出せなくても良いのです。そんなことはコンピュータにでも計算させれば足ることです。大切なのは、その解の導き方を示せることです。

The answer is not essential. Computers can output the answer easily. The most important thing is to show the solution to others.

―― と、ここまで書いて気がついたのですが、次女の話では、『中学受験では「解答」でなくて「解法」を見るという方針を持っている学校』もあるそうです。

I remember my second daughter’s story, that some schools have already started to check not the answer but the solution at the entrance examination.

-----

There is a useful method whose name is "Fermi estimate".

厳密ではなくても良いから、ネットや自分の経験を数値にして、「ざっくり規模感」を算出するという推定方法です。

This method is a kind of trial to calculate proximate value, based on information from the internet and our experiments.

私は、数学とはこの「フェルミ推定」を行う為の「道具」であり、数学の授業とは、その「トレーニングの場」であるべきではないかと考えています。

I think that mathematics is a tool to do this "Fermi estimate", and the math class is a training field for the drill.

そのような訓練が行われていれば、例えば

If we take the class like that, I can daily understand, for example,

―― 理想の彼女または彼氏に出会う確率が『どれほど絶望的に小さい値であるか』――

"The probability to meet an ideal woman or man in the future, is small hopelessly"

を、日常的に理解できるはずです。

そして、そのような認識は、私達に無益な挑戦を思い留まらせる力となります。

And the method will make us give up some useless trial in our life.

(To be continued)


2015-03-05 使用可能な当用漢字を、現在の2000字程度から500字程度にまで削減し、それらの文字の使用を禁じられた世界をイメージする [長年日記]

(Continuation from yesterday)

研究員やエンジニアは、素粒子から、人間、各国、そして宇宙の現象までも、コンピュータや頭の中でモデル化した上で、再現しなければ、仕事ができません。

Researchers and engineers have to model behaviors of element particle, human, nation and space, in their brain or computer, in order to continue their works.

そのモデル化は、物理、論理の両面から確認された物理法則から、適当な近似式を用いるものまで様々ありますが、間違いなく言えることが一つあります。

There are some ways to make the model using from physical laws whose accuracy has been confirmed from both physics and logic to proper approximations. and I can say certainly the following.

それは、『数学という道具を、「ミソ」や「醤油」のように使うことが期待されている』ということです。

"We, engineers, are expected to use mathematics like Miso or soy sauce."

また、新しい調味料が登場すれば、すぐにそれを試してみる、というフットワークも要求されます。

In addition, when a new flavoring is released, our footwork to try the flavoring also expected as soon as possible.

私たちにとって、「数」は、「漢字」や「英単語」と同程度に必要な「道具」です。

For us, numeral or mathematics are important tool, as Kanji and English word.

この観念を理解して貰う為には、

■使用可能な当用漢字を、現在の2000字程度から500字程度にまで削減し、

■それらの文字の使用を禁じられた世界をイメージする

だけで足ります。

In order to understand the above thought, it is enough for you to make am image of the world that we are prohibited to use about two thousand Chinese characters for daily use in Japan, and only are allowed to use less than five hundred Kanji only.

それで、現在の文学の水準を維持できるものなら、たいしたものだと思います。

If the author couple could keep a level their work's quality, I can respect them profoundly .

その作家夫婦は可能なのかもしれませんが。

-----

ただ、ですね。

But,

I have already released a same kind of message about English.

このコラムで、私は、文法、発音の量を削減することで、「『英語』をもっと身近な『道具』にしよう」と主張しているんです。

In this column, I argued that "let's change English in compulsory or high school education to a useful tool" with deleting the concept of CORRECT grammar, pronunciation, and so on.

ですから、この作家夫婦が、

So if this author couple's intention is positively

―― もし「『数学』をもっと身近な『道具』にしよう」

"let's change mathematics in compulsory or high school education to a useful tool"

というポジティブな趣旨で、二次関数の一般解の削減を提言したのであれば、アプローチの違いはあれ、私の意図とは一致していることになります。

and proposed the delete of quadratic equation, our trial seems to be almost same.

しかし、そうではないのです。

However, they are not so.

(続く)

(To be continued)


2015-03-06 ―― 図書館にある本の全部を「ドラエモン」にすること [長年日記]

(Continuation from yesterday)

私は、

I say that

■英語は「必要」だ。だから、英語教育の内容を軽くしよう

"English is necessity. So let us try to save the weight."

と言っているのに対して、

この作家夫婦は、

In opposition to my opinion, the couple say

■数学は「不要」だ。だから、数学教育の内容を軽くしよう

"Mathematics is no necessity. So let us try to save the weight."

と言っているのです。

この2つの間には、決定的な違いがあるのです。

There are despairing difference between the above two.

-----

私は、心の底から「不要な学問などはない」と信じている人間の一人です。

I believe that there is no unnecessary discipline in the world at the bottom of my heart.

今でも、古文や漢文の勉強をし直して、源氏物語や三国志を原文で読んでみたいと思っていますし、

Even now, I want to study ancient writings and classical Chinese again, and try to read the tale of Genji and three will in the original text.

特に近年の宗教を背景としたテロリズムを理解する為に、一から世界史を学んでみたいと思っています。

Especially, I want to study world history from scratch again, in order to understand the intentions of terrorist based on the religion.

しかし、私の人生のリストには、古文や世界史の勉強以上にやりたいことが100項目ほどあり、残念ながら人生の長さに追いつきそうにないです。

But I have a long long wish list of my life, and unfortunately I will not finish doing another events.

ですが、そのように古文や漢文や歴史の勉強をしたい人がいれば、可能な限り援したいと思うのです。

However, if there are persons who try to study ancient writings, classical Chinese and world history again, I want to help him/her possibly.

-----

日本国民の義務として「子どもに教育を受けさせる義務」があるのは ―― もちろん、国家を維持する為の手段だから ―― ですが、

There is a "duty to let a child receive education" in Japan, because it is for the means to maintain this nation.

私たち個人の視点から考えると、「私たちが教育を受ける権利」で得られる利益とは、

From the private point of view, the merit of "a right to receive education" is, I believe,

―― 図書館にある本の全部を「ドラエモン」にすること

"to change all of the books in the library into comics of Doraemon"

であると信じています。

(「ドラエモン」は、聖書の次に、世界でもっとも多くの人に読まれている本だそうですね。リーガルか否かはさておき)

I heard that "Doraemon" is the second best-seller books in the world, next to the Bible. I don't know whether comics has been released legally.

古文が、漢文が、そして数学が、「ドラエモン」のように楽しく読んで理解できるようになればなれば、人生はもう、それだけでパラダイスになるはずです。

If books of ancient writings, classical Chinese and mathematics become enjoyable and understandable like "Doraemon", our life is going to be in a paradise.

確かに、学校教育での勉強は苦痛を伴う「作業」かもしれません。

Certainly, any study in school might be a kind of operation with pain.

しかし、「学問」とは、分野に関係なく、ディズニーランドも真っ青な「究極のエンターテーメント(娯楽)」であると信じています。

But I think that any discipline is a extremely entertainment that even the Disneyland cannot realize.

だからこそ、全ての学問は「実学」なのです。

Therefore, all disciplines are practical.

-----

ただのエンジニアに過ぎない私ですら、その程度のことを「知って」います。

Even I, as just a common engineer, know something of that level.

比して、作家ともあろう人物が、

In contrast to me, the persons who are called “writer”, has argued

―― 二次方程式などは社会へ出て何の役にも立たないので、このようなものは追放すべきだ

"The quadratic equations is not useful for our life at all, so we should banish these equations"

などと主張していることは、「これが本当に文学に関わっている人間の言動か」と呆 れてしまうというレベルを超えて、怖いと感じる程です。

"Is the behavior of literary persons really true ?"

I feel scared beyond disgusted.

(To be continued)


2015-03-07 「名誉」のフリーライド(ただ乗り) [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

いかん、いかん。

Oops, I do not go.

話が全然違う方向に流れてしまった。

I take the story toward a different direction.

最初の話に戻します。

Let me go back to the board.

私の申し上げたいことは、

What I would like to claim is that

「日本が誇る○○技術」

persons who can use and be proud of the "Technology that Japan boasts to the world"

を誇っていいのは、その技術を具現化した人たち(発明者、科学者、エンジニア等)だけだと思うのです。

should be just investors, scientists and engineers who try to embody the technology.

極めて限定された範囲の人のはずです。

I think that they are in the limited range.

なぜ「日本」という枠組みまで拡大しなければならないのか。

Why do strangers try to expand the range to "Japan"?

最近、「日本が世界に誇る○○」という書籍を見るたびに、この想いが深くなります。

I often watch the book's title "something that Japan boasts to the world" in bookstores, and I thought out deeply my above question.

------

しかし、「日本が世界に誇る○○」をというフレーズを使っても良いと思うものはあります。

I also think that some matters are worth using the phrase of "something that Japan boasts to the world", for example

「公共交通インフラの定時到着率」、「もったいないの精神」、「災害時における公を優先することのできる精神」などです。

- Mind of the punctuality for public transportation system

- "Mottainai" sprits

- Mind to give priority to the community at the time of disaster

これらは、国民性に基づく日本人全体の誇りであると思うし、積極的に使って良いと思っています。

I believe that the above are really prides based on characteristics of Japanese, and we can use the word "pride".

------

In conclusion,

私は、

I think that

■人口の7~8割の人が技術と関係のない分野で活躍している国家において、

「技術を誇る」という言葉の使用が、

「名誉」のフリーライド(ただ乗り)しているようで、

なんとなく腑に落ちないし、

it is hard to understand for me that persons who use words "proud of a technique" seem to make a freeride of "the honor", in the nation where persons of the 70-80 percent of the population play active part in a field irrelevant to a technique.

and,

■新しい技術開発に対して、冷淡で、ろくな出資もしないで、

下手すると、揶揄や邪魔扱いしてきたような人間をも包含する「日本」という概念に対して、

その技術者達の血と汗の結晶の成果に対する名誉を

共有させたいとは、1mmたりとも思わないし、

I don't want to let the concept of "Japan" share, the honor for the result of blood and the result of one's hard work of engineers. Most of them are not only indifferent to know new technology developments and investments, but also treat ridicule and an obstacle.

and,

■少なくとも、

at least, according to the author couple,

私たちが必死に勉強し、獲得し、

since we are studying, mastering, and

使いやすくする為に工夫を重ね続けている

improving to use easily

「数学」という私たちの大切なツールに対して、

mathematics, that is our precious and important tool,

敬意の欠片すらもない、あの作家夫婦だけには、

「日本が世界に誇る○○技術」というフレーズを

so, I NEVER let the couple use the phase of "Technology that Japan boasts to the world"

―― 死んでも ――

ABSOLUTELY.

使わせてなるものか、

と思っています。


2015-03-08 「え! そんな重大な背信行為を江端さんに働いたのですか?」 [長年日記]

先日、夕食を食べる為に、本を1冊持って食堂に行こうとした時に、後輩に見つかりました。

The other day, when I was going to go to the dining room to eat dinner with a book, I was found by a junior.

後輩A:「江端さん、夕食ですか。一緒に行きましょう」

A:"Ebata-san, are you going dinner?" Let's go together"

江端:「本、読むから、駄目」

Ebata: "No. Because I read this book"

後輩A:「私と一緒に飯を食うより、本を読むのが大切だと言うのですか」

A:"Do you say that it is important to read a book than you eat a meal with me?"

江端:「当然だろうが。君にこの本の価値の1/100でもあると思っているのか。ずうずうしいぞ」

Ebata: "Of course. Do you think it to be 1/100 of the value of this book to you? How impudent you are!"

後輩A:「何読んでいるんですか」

A:"What do you read?"

江端:「これは、大逆事件を扱った小説だ」

Ebata: "This is the novel which handled a case of high treason"

後輩A:「明治時代にあった、天皇陛下暗殺計画の話でしたっけ」

A:"Was it the story of the His Majesty the Emperor Assassination plan in the Meiji era?"

江端:「ま、そんなところだが、どうでもいいだろう」

Ebata: "Sort of. Anyway it is not your business."

後輩A:「じゃあ、江端さんは本を読んでいてもいいです。一緒に御飯食べましょう」

A:"Then Ebata-san may read a book. Let's go to dinner together"

江端:「意味が分からん」

Ebata: "Nonsense"

後輩A:「それとも私と飯食べるのが、そんなに嫌ですか」

A:"Do you hate eating with me?"

江端:「全身全霊で、君と飯を食うのは嫌だ。飯くらい一人で食え」

Ebata:" I hate eating with you at the bottom of my heart. Eat a meal alone"

後輩A:「本当は嬉しいくせに」

A:"You are actually glad aren't you?"

江端:「私の一日に2回しかない『一人飯パラダイス』の時間を奪う奴は、全て敵だ。とっとと失せろ」

Ebata: "Any person who eats up my two times a day of "the one meal paradise" is enemy. Get out quickly"

後輩A:「頑固だなー、このオッサンは」

A:"How stubborn this old man is!"

江端:「分からん奴だなー、お前も。それとも、お前にこの本を超えるだけのネタを提供する自信あるのか」

Ebata: "How stupid this guy is! Do you have any good small talk that gives pleasure to me?"

後輩A:「ありますよ。当然じゃないですか」

A:"Of course, I have"

―― そして、翌日

The next day,

江端:「おい、後輩Aを監視するのはお前の仕事だろうが。一体何をしている。あいつが、私の一人メシの邪魔にきたぞ」

Ebata:"Hey, watching A is your work isn't it? What are you doing? A was coming to destroy my "meal alone" yesterday"

後輩B:「え! そんな重大な背信行為を江端さんに働いたのですか?」

B:"Really? Did he commit such a serious betrayal to Ebata-san?"

江端:「何故、奴を放し飼いにしているんだ。監督不行届だぞ」

Ebata: "Why do you keep him loose? It is your responsibility"

後輩B:「まさか、江端さんに対して、そのような大逆を謀るとは、思いもよりませんでしたので」

B:"Such a his bestial wickedness for Ebata-San is beyond my imagination"

江端:「まあ、今回に限っては、コラムネタを1本提供したので、許すことにしたが、以後、持ちネタもなく、私の至高の一人メシ時間を邪魔した日には・・・」

Ebata: "Well, I decided to forgive him only this time, because he donated one column topic. But if he do same thing without topics, I will..."

後輩B:「分かっております。皆までおっしゃらずとも結構です」

B:"Understood. You don't have to say it all"

------

娘たちにこの話をしたら「それ、本当に地球上で行われた会話?」と尋ねられましたが、

When I told this above story to my daughters, they asked me "Was that a really conversation in the world".

―― 概ね実話です。

It was almost a true story.


2015-03-09 「危険な目にあっている友人を見捨てて逃げろ」 [長年日記]

テロリストの跋扈する地域に自ら出向き、そして殺傷された人のニュースを見ていた娘が、

My daughters told me with watching a TV news about the persons who had gone to a dangerous area by themselves and been killed by terrorists.

「危険と分かっている所に行って、危険な目に合うのは、自業自得なのじゃないの」

"It is a typical "they have only themselves to blame". Because they know the dangers before"

の旨の発言をしていました。

これは、「私」の教育の成果だと思っています。

This is a kind of fruit of my education to my daughters.

私は、娘たちに

I often tell them,

■「危険な目にあっている友人を見捨てて逃げろ」

"Run away with abandoning your friend who confronts perils"

■「火災や事故、そして銃声が聞こえたら、妙な正義心を出さずに、逆方向に走れ」

"When watching fire disaster and an accident or hearing a sound of gun, run away toward the opposite direction without feeling strange original chivalrous spirit"

と言ってきました。

そして、

And, they have been taught to believe by me that,

■正義と信じて行った結果の損害が、殆ど補償されないという現実があり、

There is the reality that damages of the result you believed justice, are hardly compensated.

■法律自身が、損害の認定を絶望的なまでに難しく規定していること(5要件の全てが成立しないと損害は認定されない)

A law says that it is difficult so as to be hopeless, to authorize the damage.

を、徹底的に教え込んだ保護者です。

-----

「その考え方は正しいと思う。それは、ずっとパパが教えてきた通りのことだ」

"I think you are right. It is just what I have told you before.”

「ただなぁ、今回のケースに限っては、これだけは覚えておいて欲しいんだ」

"But in this case, I want you to consider some background of this tragedy"

(To be continued)


2015-03-10 「そんなことありえないと思う?」 [長年日記]

(Continuation from yesterday)

「外国人の入国が一切許されない国において、数万人が虐殺され続けたことを、十年近く世界が知らずいたことがあった。パパが知り得る限り3つある。これ、現実にあった、ごく最近の話だ」

"In the country where the entry of the foreigners were not permitted at all, the world didn't know the tragedy of tens of thousands of people having continued being slaughtered, for more than ten years. I know three tragedies at least. They were true stories very recently."

「もし、命を賭して、この国に潜入したジャーナリストがいて、この事実を世界に発信できていたら、この数万人は死ななくてもすんだかもしれない」

"If there was a journalist who sneaked into this country at the risk of his/her life, and he/she could send this fact to the world, this tens of thousands of people might had not died."

「それに、もしテロリストが、世界から監視も批判もされなければ、その虐殺は拡大を続けて、いずれは日本にも、及ぶかもしれないよね」

"And, if terrorists are not monitored or criticized from the world, the slaughter might continue spreading and extend to Japan eventually."

「そんなことありえないと思う?」

"Do you think that thing is impossible? "

「でも、現実に、歴史上、ヨーロッパの全土をほぼ殺戮と虐殺だけでで征服した帝国があったでしょう」

"But, in the real history, you know, there was the empire which it was almost using only a massacre and slaughter, and conquered the European whole land finally."

「あれと同じようなことが、今後、絶対に世界で起こらないと、本当に言えるだろうか」

"Can you really say that the same tragedy never happens in the world in the future? "

「民主主義が絶対の正義がどうかはさておき、ジャーナリストが『結果として』私達の生命と安全を守ることになっているとすれば、私達にとって、彼らは全力で守るべき価値がある対象だと言えると思う」

"Though I don't care whether democracy is absolute justice, if journalists are suppose to save our life and safe consequently, I think that it is worth protecting them with our efforts "

「さて、ここまでが『彼らの仕事は、私達に有益である』という観点からの考察ね」

"Well, this is the first half of my thought from the viewpoint of "their works are useful for us" "

(続く)

(To be continued)


2015-03-11 実際に外国で何度か死にかけて ―― そして、助けて貰ってきたからね。 [長年日記]

(Continuation from yesterday)

さて、ここからは、「信義」の話だ。

By the way, from here, let's start the story of "faith".

保護者は子どもに対して「その池は危いから、近づくな」と言うのが、基本的なスタンスだと思う。

I think any guardian warns their children "danger! don't approach the pond!" as their responsibility.

でも、もし自分の子どもが池で溺れていた時に、「それ見たことか」と見過す親がいたら ―― いないと思うけど ―― それは、もう親子じゃない。

When their child was drowned in the pond, if they say "you see that?" without helping the child." (Of course, I think they don't), they are not parent and child.

では、国家と個人の関係では、どうだろうか?

How about the relationship between country and individual?

国家の価値は、結局それを構成する個人個人の価値だと思う。

The worth of a state, in the long run, is the worth of the individuals composing it.

「それ見たことか」と思うかもしれないし、思ってもいいと思うんだけど―― 公言し、ネットに掲載し、それを嗜める人もいない ―― そんなことが普通に行われる国家を、私達は、これから『大切に思っていく』ことができるだろうか。

Though some people might think "you see that?" and I think it is O.K., can we continue cherishing our country where they say it loudly, post it on the internet, and nobody reproves them.

国家と国民の関係は「契約説」「対価説」などあるけど、私は、可能であれば「信義」で形成されていて欲しい、と思っているよ。

There are some theories of the relationship between country and individual, for example "theory of social contracts", "theory of value". But I hope that it become based on "faith".

-----

繰り返すけど、「危いところには行くな」「自分の命を守る為であれば、他人を見捨てても逃げろ」と、これからも私は言い続けると思う。

Again, I am going to continue telling you that "Run away with abandoning your friend who confronts perils" and "When watching fire disaster and an accident or hearing a sound of gun, run away toward the opposite direction without feeling strange original chivalrous spirit"

でも、その話が、「テロリストに囚われたジャーナリストを助ける必要がない」という話と同じにはならないと思っているし ―― 少くとも、「自業自得だ」と切り捨てる側には絶対に立たない、と決めているんだ。

But I don't think that the above is not same as the story of "we don't have to help the journalist who has been captured by the terrorist", in addition, I never stand up in the side of abandoning him, saying "a well‐earned punishment".

-----

それに、

Moreover,

I really almost died in foreign countries several times, and some persons helped me.

だから、助けたいと思うよ。

So, this time, I want to help him.


2015-03-12 ―― メイドさんの写真が欲しい [長年日記]

―― メイドさんの写真が欲しい

"I want photographs of Maid-san"

です。

Some people might say,

『ついに、江端も一線を越えたか』

"Ebata has crossed the Rubicon"

と言われるかもしれませんが、そうではないのです。

But it is not correct.

正確に言うと、メイドさんの、ある特定のポーズが欲しいのです。

Strictly speaking, I want to some specified poses of Maid-san.

『完全に変態だろ』

"You are a perfect pervert"

と言われるかもしれませんが、そういう訳ではないのです。

But it is not correct either.

ファクトリオートメーション(FA)システムを説明するコンセプト図に、どうしても、3種類のポーズのメイドさんの構図が必要なのです。

I absolutely need at least three poses of Maid-san's photo, in order to make a concept illustration of "Factory Automation System"

-----

今朝の出社の時、嫁さんに上記の話をしたところ、

Leaving home this morning, I told my wife the above story.

She said,

『なんか、わざわざ、いらん苦労をしているように見えるけどなぁ』

"You looks getting unwanted burden all the way"

と言われましが、もう、イラスト(と原稿)の締切も近いので、議論をしている余裕はありませんでした。

But I cannot afford to discuss this issue with her, because of the deadline of this illustration (and manuscript).

「でね、メイド服を3着、私費で購入するから、それを、長女と次女と嫁さんの3人で着て、ポーズをとって貰ったところを、カメラで・・・」

"I have an idea. I am going to buy three Maid costumes, and you and daughters wear them and make poses I order, and take pictures....."

と言ったところで、

On my way,

嫁さんが、そのまま洗濯を干しに、庭に出て行ってしまいました。

My wife went away to the garden to hang outside to dry.


2015-03-13 内容が内容なので、編集部の方も、相当「すったもんだ」されたようです(申し訳ないです)。 [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, a new column is released, so I take a day off.

"Let's turn the world by "Number" (11) Let's explain the Kyoto Protocol using toilet and "that""

-----

大作です。超大作です。

This is a large work. Super large work.

なにせ、私の方から分割を提案したくらいですから。

Anyhow, I suggested the division from me.

それと、内容が内容なので、編集部の方も、相当「すったもんだ」されたようです(申し訳ないです)。

And, because of the content, a member of the editorial staff seemed to be making a great fuss about this column. (I feel very sorry).

-----

また、今回のコラムの中で登場する

The junior fellow who appeared in this column and said the following

「つまり、これまでの江端さんの作品が、われわれにツッコまれ続けていたのは、江端さんの苦労が全然足りなかったということですね」

"In conclusion, the reasons why the works you had written before has been criticized by us, are shortage of your efforts "

と言った後輩は、

―― 実在します。

exists.


2015-03-14 予想通り、難航しています。 [長年日記]

The other day, I wrote a diary that I need some photographs of Maid-San because I want to express the concept of factory automation system.

予想通り、難航しています。

But it has been difficult, as I expected.

コンセプトもポーズも明確なのですが、参考になる写真やイラストが見つけられないのです。

Though It is clear for me to make a image of concept and poses, I cannot find referenced photographs and illustrations.

まあ、ずうずうしい話だとは思っています。

Well, I think that it is shameless story.

私の望むようなアングルや動きをしたメイドさんの資料が、そう都合よく集まる訳がないからです。

This is because some materials of favorable angle and move of Maid-San never come to me conveniently.

こういう作業としていると、自分のイメージを紙の上に表現できる、漫画家やイラストレータの方を、心から尊敬せずにはいられません。

When I work like the above, I cannot help respecting comic artists and illustrators heartily, because they can express self-images on paper.

ネットには、アニメなどの作画を批判するコメントが溢れていますが、「一体、どの口が、そんなことを言うのだろう」という気持ちになります。

On the Internet, there are a lot of comments to criticize the drawing about animated cartoons, for example. Whenever I read the comments, I think "which mouth on earth will say such a thing?"

―― 凄いなぁ、いいなぁ

"Good!" "Great!" "Amazing"

と、感心し、羨ましがっていれば、それで良いと思うのです。

There is no problem that what we can do is to just be moved and envy their talents.

(続く)

(To be continued)


2015-03-15 だからね。こういう才能を羨んでも無駄なんですってば。 [長年日記]

(Continuation from yesterday)

さて話を戻します。

Back to the board.

今回のイラストは、連載のコンセプトを表現する大切なものなので、特別に重要だと考えています。

An picture of this time is very important. Because it is going to express the concept of the next serialization.

そこで、長女にイラストを依頼することにしました。

Therefore I decided to ask the first daughter for an picture.

イラストのコンセプトを説明し終わった後で、

After explaining the concept of the picture, I chatted with her.

江端:「本当に、真剣な気持ちで、コミケ(コミックマーケット)に行ってみようかと思っているんだよね」

Ebata:"I want to go to the comic market in this summer, seriously"

長女:「何しに?」

Daughter:"What for?"

江端:「仕事の依頼に」

Ebata:"For job interview"

長女:「・・・?」

Daughter:"...?"

江端:「絵を描ける人に、助けて貰いたんだよ」

Ebata:"I want to ask them help for my work"

長女:「仕事を依頼するの? そんなお金あるの?」

Daughter:"Do you hire them? Do you have money?"

江端:「お金は払えないけど、クレジットなら払える。絵を提供して貰う代りに、コラムの中で、その人の名前やペンネームを開示して貰って、Webサイトへのリンクを張る・・・、という条件を提示したらどうかな?」

Ebata:"I cannot pay money, but I can give their credit. Do you think the idea that I can allow them to open their name or pen name and to make a link to their homepage in return for the picture? "

長女:「それなら引き受ける、という人はいると思うなぁ」

Daughter:"I think that some persons accept the condition."

江端:「問題が2つある。まず、『どうやってイラストのコンセプトを理解して貰うか』ということ。メールだけで伝えることができるかどうか不安だし、といって、毎回打ち合わせをするのは、時間を喰い過ぎる」

Ebata:"But there are two problems. First, "How I tell the concept of picture." I am afraid that the mail is not enough, but the F2F meeting is to spend more time."

長女:「もう一つは?」

Daughter:"Second?"

江端:「『納期の絶対厳守』。何せ、私も依頼されている書いている身の上だからね。イラストを描いて貰うことが、ボトルネックになったら、シャレにならない」

Ebata:""Absolute adherence of delivery date". I am also asked to deliver my work by the deadline. If the job interview makes a new bottleneck, it is a joke."

長女:「それが心配なの?」

Daughter:"The two issues are your pending aren't they?"

江端:「制約されない世界で、自由な創作を楽しんでいるアマチュアの人に、プロの仕事お願いをしようとしている訳だからね」

Ebata:"I am trying to ask amateurs who are enjoying their creations without any restriction to do professional work."

というような話をしならがら、長女はさくさくと下絵を書き続けました。

Talking aside, she continued making rough drawings.

-----

だからね。こういう才能を羨んでも無駄なんですってば。

So to envy these talents is in vain.

長女は、絵の勉強を1秒もしたことがなくても、3次元の物体の形状を、思い通りの角度からイメージして、2次元に落すことなど造作もないのです。

Thought she has not experimented drawing study, it is easy for her to make the image of the object on paper, even if it is a drawing of three dimensional object from any angle.

私にできることと言えば、長女にお茶やお菓子を運んで、ご機嫌よくイラストを描いて貰うことだけです。

What I could do is to make tea or carny sweets for her, to ask her for the picture with polishing the apple.


2015-03-16 「コンビニで、100kcal以下の製品を見付けるのが、恐しく難しい」 [長年日記]

現在、家族全員でダイエットをやっていますが、同時に、次の連載のネタとして、全員の詳細な数値データも収集中です。

Now all of my family are trying on diet. At the same time, I am getting our detail numerical information for the next serialization.

私のやることですから、当然、「数字でダイエットを回して」みることになり、その一環として、食品のカロリーを調査する為のフィールドリサーチもやっています。

As my work, I study diet from the viewpoint of numerical data, and I do a field research to investigate food's calorie.

―― いや、単に、コンビニやスーパーで、商品のカロリー表示を調べているだけですけどね。

"Just checking the calorie display on the food packages in convenience stores and supermarkets."

しかし、その調査だけでも、かなり色々なことが分かり、かつ非常に驚きました。

But I could know a lot of incredible facts through the research.

その一つに、

One of them is that

「コンビニで、100kcal以下の製品を見付けるのが、恐しく難しい」

"It is very difficult to find the food whose calorie is less than 100kcal"

と言うことです。

私は、ビールで一杯楽しく為のおやじ向けのおつまみ(昆布、乾燥小魚)でしか見付けられませんでした。

I just found "Kombu" or "dry small fish" as side dish for old men.

10kcal以下のものになると、「ゼロカロリー」をラベル表示で唄っている商品だけになります。

I could not find the food whose calorie is less than 10kcal except for "zero calorie food" for example.

-----

この世界は、私達を太らせるようにできている ――

"This world makes us gain weight"

という私の仮説は、真であると証明できそうです。

I think that I might be able to prove that my above hypothesis is truth.


2015-03-17 私は、メールを貰うと、直ぐに返事をしてしまうことがあります。 [長年日記]

私は、メール(ツイッターを含む)を貰うと、直ぐに返事をしてしまうことがあります。

I think that I sometimes reply a mail quickly when I get the mail(including Twitter) from anyone.

愉快なノリや、鋭いツッコミを貰うと、嬉しくなってしまうからです。

I feel glad when I read pleasant mood and scathing feed.

(Please refer to attached paper of "the series of rude younger")

特に、

Especially, according to

■論点を的確にして、明快なロジックで展開されているメール

a mail whose point of issue is clear and logical

■正しい知見に基づき、きちんと理由を付記してつっこんでくるメール

a feed mail which is based on correct knowledge and attaches reasons

■レトリックを駆使した愉快なメール

a mail that makes full use of rhetoric

などは、脊髄反射で返事をしてしまいます。

I answer quickly by a spinal reflex.

これらのメールやツイッターは、日記やコラムのネタに使えますから(ご存知の通り)、放置する気はないです。

You know, these mails and twitters become good materials of my diaries and/or columns, and I can't leave them as they are.

-----

これは会社でも同じです。

I do same things in my company.

『こんなことで、時間を取っていてはいけないんだけどなー』と思いながらも、長文のメールを山のように展開しているのですが、

I make enormous reply mails every day, though I know I should never deprive my colleagues of important time.

But

―― 誰も注意してきません。

Nobody comes to scold me.

『年寄りには、誰も文句を言えなくなる』という「年寄り権益」(老害利益)を、最大限悪用・・・もとい、活用している私です。

I make the most misuse ...er use of "interest of the aged", that means "Nobody cannot say anything against the aged".


2015-03-18 「いやいや、その記載は困ります」 [長年日記]

Previously I wrote about my injury of pulling a muscle, because of trying to catch a baby-cart being hit by a gust of wind.

これは、通勤途上災害と言われているもので、労働災害ではありません。

This is not "accident at work" but "accident on commute".

ですので、(会社からお金は出ますが)、労働災害保健(労災)は認定されません―― と、これを知った時にはかなり驚きましたが。

So when commuting, the accident at work is not admitted. I was very surprised to know that.

最悪のケースでは、その労働者を解雇にすることも可能です。

In the worst case, the company can fire the worker.

これに対して、出張中の移動時は、労災の対象になります。これは業務中であると認定されるからです。

Compared with the accident, a moving during a business trip is going to be covered with "accident at work". Because this accident is happened in work time.

----

話は戻ります。

Go back to board.

通勤途上災害の治療を申請する為に、会社に書類を提出しなければならなかったのですが、当然、その書類には

I have to submit some materials to the head office of my company in order to ask for payment of care for the accident on commute.

But there is one column where I have to write in a material.

「今後の対応」

It is "future action"

という欄がある訳です。

これは、今回のような通勤途上災害の「再発」を防止する「対策」が記載されなければまりません。

I have to write an action which prevents the same accident from breaking out.

----

江端:「どう考えても、『今後は、流れていくベビーカーを見捨てる』が正解になるのですが・・・」

Ebata:"However hard I think, the correct answer is "to abandon the flowing baby-cart at the next time""

総務:「いやいや、その記載は困ります」

HO: "No,No. This just won't do."

江端:「そうですよねえ」

Ebata:"It makes sense."

結果として、『毎日運動して、怪我が起きにくい体を作る』という玉虫色的な記載をすることで、合意しました。

As the result, we agreed that I wrote a deliberately ambiguous description, like "I exercise every day and make a strong body not to be susceptible to injury

----

まあ、「本当のことだけでは、世の中回らない」の一例です。

Well, this is typical example that a true is not enough to live a life.


2015-03-19 ―― パパ、浮気して家族を捨てることないよね [長年日記]

―― パパ、浮気して家族を捨てることないよね

"Papa, Don't you have a plan to cheat Mom, and discard us?"

と、長女に言われた時は、一瞬、何を言われたか分からなかったのですが、3秒くらいたって言葉の意味を理解しました。

When I heard the above from the senior daughter, I was not able to understand what she wanted to do for a moment. After about three second, I could.

江端:「どうしたんだ?」

Ebata:"What's happen?"

長女:「今、ドラマで、そういう話をやっているので、心配になって」

Daughter:"Now I am watching a soup-opera on such a situation, I get worry about it.

江端:「・・・ああ、なるほど」

Ebata:"I understand."

あんなもの見なければいいのに、と思いながらも、ティーンエィジャに、『ドラマ見るな』と行っても無駄だろう、とも思いました。

Though I thought that she should not watch such a program, it seems to be meaningless to say "stop it".

江端:「パパはエンジニアだ。エンジニアは色々な条件を考慮するように作られている」

Ebata:"I am an engineer, and engineers has been made to think out several conditions against the action."

長女:「はあ」

Daughter:"Well..."

江端:「例えば、『浮気をしないと、お前の家族の命はないぞ』と脅迫されれば、浮気をすることもあるだろう、というようなことまで計算に入れる」

Ebata:"I think an odd situation. For example, if I get the threats that "if you cheat your wife, preservation of your family become not guaranteed." I am going to do it.

長女;「・・・面倒くさいんだね」

Daughter:"... You are complicated"

江端:「それと、自分の意志で浮気をする可能性はないけど、あえてToDoリストに入れろというのであれば、現時点で『浮気』はリストの101番目くらいだ」

Ebata:"I have no plan to cheat Mom now, but if you want to know the possibility, the trial will be located at the 101th of my ToDo lists."

長女:「うん、その答えでいいよ」

Daughter:"Your answer is enough for me"

と言い残して、長女は2階の自室に上がっていきました。

After saying that, she went upstairs to her private room.


2015-03-20 動詞や形容詞の強調は、very などの副詞を使わずに、2回使う(×very beautiful、○beautiful and beautiful) [長年日記]

久々に英語のネタを2つ。

Today, I am going to give two story about English in long time.

(1)その1

(1)The first

The other day, I wrote a columns whose title is "The mindset of Japanese English"

英語は展開された各国で形を変えるので、英国や米国の英語のマネ(発音やら文法やら)をする必要はない、という論を展開しました。

English will be transformed in each country, I advocated my theory that we Japanese don't have to copy pronunciation and grammar of English of England or USA.

しかし、そんなことは、今更私が指摘することなく、海外においては「当たり前」だったのです。

But I knew that the idea was not special, but it is natural in some oversea countries.

例えば、シンガポールの英語「シングリッシュ」においては、

For example, in Singlish that means English in Singapore, ordinarily

■主語は省略する。

Subject is omitted.

■動詞や形容詞の強調は、very などの副詞を使わずに、2回使う(×very beautiful、○beautiful and beautiful)

The emphasizes of adjective is to use the adjective twice, not to use adverb like "very" and "marvelous".

などの、独自のルールに基づく、ローカルイングリシュとして使っており、

Persons in Singapore, use it as local English based on their own rules, and

―― 上手く運用されている

It is working well.

のです。

(続く)

(To be continued)


2015-03-21 「それ見たことか」 [長年日記]

(Continuation from yesterday)

さて話は戻って、昨日ご紹介したコラムの中で、

Let's return to the topic, in the column I introduced yesterday,

(1)日本人的な発音(いわゆる片仮名英語)や文法や語法を使っても、特段問題もなくコミュニケーションが可能であるという「体験に基づく事実」を説明し、

(1)I explained the fact based on my experiment that a mutual communication is possible even if we use Japanese style English pronunciation (Katakana-English) and grammar,

(2)従って、文法や発音に拘泥しない、コミュニケーション重視の教育方針に切り替えないと、マジでやばい。

(2)Therefore, it becomes really risky that we should change the policy of English education insisting on correct pronunciation and grammar.

という論を展開したのですが、予想通りの反応がきました。

After that, I got several comments I have expected on the Internet.

■Japanese Englishの発想はそれで良いと思う。躊躇なく英語を使うというスタンスは必要だ。

- "The idea of Japanese English is not bad. It is important to use English without hesitation."

■ただ、その為に、敢えて文法を軽くしたり、発音を無視するような、江端の提案には反対である。

- "But I oppose Ebata's proposal that makes light of the precise pronunciation and grammar.

■そのようなラフな英語は、正確な発音や文法の結果として使われるべきであるからである。

- "Such a rough English should be used based on the correct pronunciation and grammar education. "

どうして、予想通りかというと、上記3つの論旨、私が生まれる前からずっと言われてきて、そして、現在もこの教育方針が踏襲され続けているからです。

Why I said "expectation" is that the above comments has been argued for the long time before I was born, and the policy of education is continuing now.

そして、それが維持されたまま、今どうなっているかいうと、以下の様なことになっています。

In conclusion, the results are as follow.

(2)その2

(2)The second

昨日、駅から自宅への帰り道、録音していたその日のNHKの英語ニュースを聞いていたのですが、

At the night of the day before yesterday, I heard the NHK English news, recorded in my POD. The news said that

―― 高校生高学年の英語の水準が、政府が期待するレベルに全く至っていない

"The level of English in senior high school students is not enough against the Japanese government expectation. "

というニュースが流れていました。

なんでも、Speaking と Writing が絶望的に悪い、とか。

It said that speaking and writing skill is desperate crisis.

さらに、ニュースでは、

In addition, the news said,

―― 学生の多くが、英語が必要になると考えていない

"Many students don't think that English become to need for their future."

というインタビュー結果も流していました。

-----

今更、こんなことを言うのも何ですが、

It is too late to say that,

「それ見たことか」

"I told you so didn't I?"

と思ってしまいました。

(続く)

(To be continued)


2015-03-22 人生には色々と無駄な行為がありますが、あれほど無駄な時間の使い方もなかったでしょう。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

―― と、ここまで気がついている教師は、かなりの数いると思います。

I think many English teachers notice the actuality here.

そして、多くの教師は、「なんとかしなければ」と思いながらも、決定打が出せずに困っているのも知っています。

They think that something must be done about it though, they have been able to open trump card.

そして、困ったことに、ごく一部のたわけた教師は、「生きた英語が必要だ」とか思い付きで、無責任なアホなことをやりだす訳です。

And unfortunately a few foolish teachers are going to say "Students need live-English" and start irresponsible and stupid actions.

例えば、夏休みの宿題に、英語の歴史の本の翻訳をやらせる世界史の教師 ―― 私の高校時代に、こういうバカが出てきたのです。

For example, a teacher who took change of "world history" tried to make us translate a history book in English as a summer vacation homework. The foolish teacher appeared during my high school years.

加えて、そのバカに、その本を読めるだけの力量がないことは明かでした。

In addition, it was clear that the fool was no capabilities of completing reading the book.

だって、そのバカ、1ページもその原書を読んでいないのですから。

Well, because the fool didn't read the original book at all, absolutely.

一生の内に一回もお目にかかれない英単語が数十個も出てきており、さらにいくつかは辞書ですら調べられないものだったのです。

There were dozens of English words I have never seen in my life, and some of them could not be found in even English dictionary.

このバカは、自分で読んでもいない英語の歴史の専門書を、生徒の宿題にした挙句に、それが生徒の英語の学力向上に資すると信じていた、極めつけの低能教師だった訳です。

The fool made us translate English history book as our homework, and he was a guaranteed Feeble-minded teacher, who believed that his action might improve the student English ability.

当然、私たちは、その本の日本語翻訳本を探し出し、そして、それを写すだけの作業で、夏休みの日々を過しました。

Naturally, we found out the Japanese translation book of the English history book, and I spent days in the summer vacation to copy the book.

人生には色々と無駄な行為がありますが、あれほど無駄な時間の使い方もなかったでしょう。

Any life has useless action in various ways, but the copying book would not be such the useless occupation.

ともあれ、間違った方向に勘違いする低能教師が、子どもたちの英語嫌いを、さらに加速させているという事実もあります。

Anyhow, there is a feeble-minded teacher to misunderstand in the wrong direction, who furthermore accelerates English phobia of children.

(続く)

(To be continued)


2015-03-23 私が小学生の時から「これからは英語が必要だ」と言われ続けきて、そして、本当に必要となっている人は4%程度です。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

実際のところ、私の娘たちは、「英語を使う自分」のイメージを持っていません。

In fact, my daughters has no image of "themselves of using English".

彼女らにとって、英語は、履修すべき教科の一つで、テストで解くべき問題に過ぎないのです。

For them, English is one of the subjects they should study, and problems they should solve in examinations.

この無力感を理解するには、私たちが、一生の間、使うことのない言語(例えば、タミール語など)を履修させられている状況を想像すれば十分でしょう。

In order to understand the situation of this apathy, it become enough to make an image that we are enforced to study a disused language (for example, Tamil).

According to my trial calculations, only 4% of worker population in Japan, really needs English.

と、このように事実を積み重ねていくと、結局、私の出した結論(英語に愛されないことは私たちの責任ではない)に戻ってしまいます。

Accumulating these facts, I return the result that I made a conclusion before, that "It is not our responsibility not to be loved by English".

-----

我が国の国民の多くが、「国際化が必要でも、移民政策は反対」という感情を持っています。日本人にとって、国際化とは、外国の話であり、あくまでホームランドの外の話です。

Many people in Japan have an idea that we should adapt to the internationalization but we don't accept an immigrant community. In short, Japanese people think that the internationalization is just on foreign countries, not our homeland.

そんな都合のよい国際化で、国際化の道具の一つである英語を使えるようになる訳がない。

We never use English as a tool of the internationalization under the convenient fiction story.

これは、10年間もスキーの教本を勉強して、1回もスキーゲレンデに出ないで、スキーヤーになろうとしているのと同じです(または、ゲレンデでお茶して帰るだけのレジャー)

I think that the above is the same situation that we study skiing by using training books only, not going ski field once, and want to be a splendid skier. (or a just leisure to go a ski field and a restaurant at the bottom.

私が小学生の時から「これからは英語が必要だ」と言われ続けきて、そして、本当に必要となっている人は4%程度です。

When I was a junior student, I have heard a phrase of "English is needed from now" since then. Now persons who really use English is only 4%.

これでは、英語の勉強へのモチベーションが発生しないのは当然です。

It is natural that the motivation for the studying English doesn't happen.

だからといって、「英語が必要がない」と極めつけるのは、どこかの思慮の足りない作家夫婦と同じことをやることになります(そういえば、何故、彼らは『英語は使われていない(4%)のだから、英語の教育は不要だ』と言わないのかな?)

It's not that we should stop studying English. It might become same of the silly writer wife and husband who insist on "quadratic function is not needed".(As I recall, why do they say "English is not needed, because the users are only 4% in Japan"?)

(続く)

(To be continued)


2015-03-24 ―― ヘタクソな英語で、派手に、インターナショナルに恥をかくところを見せる [長年日記]

(Continuation from yesterday)

この問題に関しては、日本人が大好きな(桶狭間の合戦とか、真珠湾攻撃とか)「奇襲」作戦はないのかもしれません。

According to this problem, there is no surprise maneuver like Okehazama battle field and Perl harbor attack that many Japanese people like.

とは言え、英語教育の開始時期を、どんどん低年齢化させていくくらいの手しか打てないのであれば、首相や各党の党首が、英語でインタビューに応じ、

But even if we have no strategy except for becoming low age of English starting time, I prefer to ask the prime minister of Japan and the head of each party

―― ヘタクソな英語で、派手に、インターナショナルに恥をかくところを見せる

"To speak your poor English and show you to the world in a big way"

方が、どれだけ、日本人に勇気を与えてくれるか知れません。

No matter how the action shames them, it cheer us up absolutely.

そして、英語教師、自らが、

『英語をしゃべるんじゃない。単語を並べて叫ぶだけでいいんだ』と言って、自ら「Japanese English」を授業で使い始めたら、そして、ブログやツイッターで、デタラメな英語を懸命に使い倒す姿を見せたら、

If English teachers by themselves start to use "Japanese English" with saying "Don't speak English, but line English words up and shout them", and show their attitudes using the dummy English in their diary on the Internet and Twitter with heart and soul,

―― 英語教育のパラダイムは変わる

I think

"The paradigm of English education in Japan becomes to change"

と思うんですよ。

-----

少くとも、「私がやっている程度(この日記等)には、英語で恥をかけ」と思うんです。

At least, I want to say "Be shamed by your poor English, such as I do for this diary.

「お前ら、国を運営する政治家や、子どもを教える教師なんだろう?」

"Are you politician who manage this country and teachers who teacher your students English aren't you?"

「子どもたちの為に、裸踊りする程度の覚悟もないのか?」

"For children, are you prepared for performing even naked dance?

と、言いたいのです。


2015-03-25 「世界中を敵に回しても」・・・? 世界中って、米軍も? [長年日記]

瀬戸口みづきさんの描かれている「初恋症候群(はつこいシンドローム)」という漫画イラストの、一つに次のコマがありました。

I happened to see a illustration of Setoguchi Mizuki-san's comic "First love syndrome", and found the next frame.

=====

瑠璃に借りたこの新曲の歌詞 「世界中を敵に回しても」・・・? 世界中って、米軍も?

=====

"This is a lyric sheet of new song I borrowed from Ruri, "even if I antagonize the world ....? " The world includes the Armed Forces of the United States doesn't it?"

ちょっとツボに入ってしまいました。

I happened to burst into laughter.

思わず、瀬戸口みづきさんの著作を、調べてしまいました。

Accidentally, I started to search Setoguchi Mizuki-san's works.

と同時に、

At the same time,

「世界中を敵に回しても」

I tried to search the songs which includes the phrase of "even if I antagonize the world", and I could find forty-two songs in Japan.

というフレーズを採用している歌詞も調べてみたところ、42曲見つけました。

------

日本には、アメリカ合衆国の第7艦隊や、イスラエル対外諜報機関と対決する気概のある、少くとも42人以上の歌手が存在するようです。

In Japan, there are more than forty-two singers who are with plenty of courage, fighting the seventh fleet of the United State, and Israeli intelligence agency.


2015-03-26 私の場合は、12ボルト、4.2アンペアの「安定化電源」です。 [長年日記]

「子どもの頃に、両親に買って貰って嬉しかったもの」というと、どんなものが出てくるでしょうか。

What present did we feel happy to be given from our parent ?

自転車、野球のバット、人形、マンガ・・・、そのうち、スマホとか出てくるかもしれません。

Bicycle, baseball bat, doll, comic... Smart phone will be lined up in the future.

私の場合は、12ボルト、4.2アンペアの「安定化電源」です。

In my case, It was a stabilized power supply whose specifications are 12 voltage, 4.2 ampere.

-----

当時、私が中学生だったころ、アマチュア無線は、趣味の王様とまで言われたものでした。

When I was a junior high school student, ham radio had been called "a king of hobby".

アマチュア無線は、不特定多数の人間が、無線で会話することを楽しむことを目的とするものです。

The purpose of ham radio is to enjoy chatting with unspecified hum operator in the world.

これだけを聞いていると、今のSNSと同じようなものにも思われるかもしれません。

As far as you hear the above, you might think that it is same as SNS in the present.

しかし、実際のところ、アマチュア無線の試験は結構な難関で(その後、緩和されましたが)、免許を得るためには、無線に必要な電気回路技術は勿論、無線の法律まで覚えなければなりませんでした。

However, in fact, the examination of ham radio was difficult (became easier, after that), and we had to study from electric circuit of radio to the law of radio in order to get the license.

小学生の高学年で、丸暗記でこの試験に合格った私は、ずいぶん天狗になっていたものでした。

When I passed the examination in fifth grade elementary school pupils, I was proud of the license.

-----

中学生になって、ポータブル無線機を買って貰ったのですが、電池(単1電池8つ)が必要で、そのランニングコストだけで、毎月のこずかいが無くなっていきました。

When I became junior high school student, my parents gave me a portable ham radio set. But the set needed more than eight dry-cells, and I have to spend most my allowance for them.

家庭用の電源から電池の電力を作る装置 ―― 安定化電源 ―― は、当時中学生だった私には随分高価なものでした。

A stabilized power supply, that generates direct-current power from domestic electric power, was too expensive for a young high school student.

私はお年玉をはたいて、怪しげな電気屋で、安定化電源を購入て使い出したのですが、無線の通信相手から「声が歪んで聞こえる」と言われ、自分で色々調べた結果、購入した電源の品質が悪かった(定格電流を維持できない)ことが分かりました。

I used money given as a gift at the New Year, and went to a seedy electric store to buy a stabilized power supply. But after that, the operator indicated a skewed my voice during the operation. After I checked several issues, I confirmed that the quality of the stabilized power supply was awful.

購入した電気屋にも相談したのですが、返品には応じてくれることもなく、あんなに悲しく悔しい思いをしたことはありませんでした。

I claim the returning to the store, but in vain after all. I had never done such a sad and regrettable experiment before that.

(続く)

(To be continued)


2015-03-27 両親は、そのお金をポンと寄越してくれました。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私は、このことを黙っていたのですが、両親は、しょげている私に気がついたのでしょう。

I didn't talk this story, but my parents might have noticed me, looking blue.

理由を尋ねられたので私が、一連の出来事を説明すると「必要なものを買うには、いくらいるのだ」と問われました。

I was asked the reason by them, and I explained about this accident. After that they asked me how much I needed to get the power supply.

私が、無線機の最大電流の2倍を担保するちゃんとしたメーカの製品の定価の値段を言ったところ、両親は、そのお金をポンと寄越してくれました。

When I answer the price of the power supply provided by a famous company which covered the two times ampere of the radio, they gave me the money easier.

嬉しかったです。

I was very happy.

無線機本体を買って貰った時のことは覚えていないのですが、その安定化電源を購入して、無線機が安定して動くことを確認できた時の嬉しさは、良く覚えています。

Though I don't remember when I was given the radio, I have a vivid recollection that I confirmed the supply and radio went well.

-----

アマチュア無線は、機材が高価で、結構なお金がいる趣味でした。

Ham radio was one of the expensive hobbies, because each machine and device price was high.

あまり裕福とは言いかねる我が家にあって、私は「親に物をねだる」ということができませんでした。

My family was be in necessitous circumstances, and it was difficult for me to ask my parents something except for commodities.

ですので、私は、安いアンテナを購入して、それを屋根の上でもっとも高く上げるように工夫したり、ケーブルのコネクタを自作したり、色々お金がかからないような工夫を続けました。

So I continued doing all kinds of things to save money, for example, lifting up a cheap antenna on the roof, and make connectors of cable by myself.

「できるだけ遠くの人と話がしたい」という思いから、電信(長音と単音を組み合わせて「ツー・トン・トン」文字を構成するモールス信号)を覚え、その免許も取得しました。

In order to realize "talking to person far off", I studied telegram and Morse code, and got the license.

私の使っていた周波数帯では、空に向けた電波は宇宙空間に飛び去ってしまうのですが、極めて稀ではあるのですが、夏のほんの短い時間(30分くらい)に、その電波を反射させる電離層が発生することがありました(スポラディックE層)。

In the frequent band I have ordinary used, the radio wave went thought ionized layer and reached to the space. But in the quite short time in summer season, a ionized layer (Sporadic E layer) happened and it could reflect the wave.

この時は、電波が地上と電離層の間で反射し続けて、遠くまで電波が届きます。

At the moment, the wave continued reflecting between the layer and ground, and it reached far away.

モールス信号から「NAHA OKINAWA(那覇市沖縄)」と読み取ったときの感動は、今でも忘れられません。

I cannot forget a memory, that I could decode the characters "NAHA OKINAWA" from Morse code.

(続く)

(To be continued)


2015-03-28 「誰もが望めば男女交際することができる」という訳ではありません [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私はティーンの頃、自転車にテントを積んで寺社を回ったり、狂ったように本を読んだり、無線機の調整をしたり、と ―― はっきりいってモノトーンの青春を送ってきたような気がします。

When I was a teenager, I went around temples and shrines by my bicycle with loading a tent, read books frantically, and do adjustment of radio. They were monotone bloom of youth.

青春時代に、もっと華やかなイベント(男女交際)をしておけば良かったと後悔することもあります。

I sometimes regret that I should have done a more gorgeous event (man and woman association) in the youth.

しかし、それは順番が逆なのです。

However, it is opposite.

「誰もが望めば男女交際することができる」という訳ではありません。

It's not that "if anyone hope, romantic overture can start"

男女交際というイベントは、誰かを好きになり、その誰かが自分を好きになってくれないと、発動しないものだからです。

The event of romantic overture starts under the condition that we love someone and the someone love us.

これだけでも十分難しいというのに、さらに付帯的な発動条件がいくつもあります。

Though this event is too difficult, you need to execute several accidental conditions to generate this event.

■自分の近辺に、見目のよい異性(同性の場合もありますが)が常駐しており(自分の席の近くにいる、とか)、

- A handsome person of the opposite sex (sometimes same sex) is nearby you (around your seat).

■趣味や物事への見解が一致または類似してて、

- His or her hobby and policy is same or similar of yours.

■そして屋外活動(デートのこと)をすることに、一定の理解と資金を提供してくれるスポンサー(保護者のこと)があり、

- There are sponsors(like parents ) who can understand your association, and give some money for your activity(like date).

■さらには、日々の勉学をこなしつつ、かつ一定の成果(成績の維持向上)を示すことも、

- In addition, you should keep or increase your performance(school record) by daily study.

必要になります。

You need to pass through the above severe conditions everyday.

寺社を回ったり、読書したり、無線機の調整をすることと比較すれば、恋愛イベントの発動確率が ―― 恐しく低い ―― ことは明らかです。

In comparison with going around temples and shrines, reading books and doing adjustment of radio, it is clear that the probability of starting the romantic overture is awfully low .

「リア充」なる用語を付与される人々が、「圧倒的勝利者」であることは、その絶望的な確率の中にあって恋愛イベントを発動させようとした勇気、それ一つだけを取り出してみても、明らかなことなのです。

It is apparent that the people who are called "Riajyuu(full and fruitful life) are overwhelming winners, for a reason of picking up their courage of declaration of love, and trying to start the event.low

-----

それでも、安定化電源を買って貰った時の嬉しさや、モールス信号から「NAHA OKINAWA(那覇市沖縄)」と読み取ったときの感動 ―― が「ある」青春は、

Even so, the bloom of youth, which has only a pleasure of having my parents buy me a stabilized power supply and an excitement of reading Mores code of "NAHA OKINAWA", was far superior to the bloom of youth which had not anything.

それが「ない」青春よりは、ずっとマシだったと、私は思っています。

I believe that.


2015-03-29 現地の人と話をしてきた人の話でなければ、私は納得しませんよ。 [長年日記]

ジャイアンは、自分を優しくて思いやりのあるいい奴だと信じています。

"Gian" believes that he is tender, and a considerate good guy.

そして、日本国民のほとんどは、我が国は二度と戦争をしないことを誓った平和な国だと信じています。

And most of the Japanese citizens also believe that they swear never to fight again, and they can make a peace country in the world.

私も日本人の一人として、そう信じています。

As a Japanese, I believe it so.

-----

しかしですね、アジアの人から見ると、日本というのは、本当に何を考えているか分からない脅威国なんですよ。

But, according to Asian person's views, Japan is a really menace country and difficult to understand.

■資源絶無で、世界第3位の経済大国

- In resources emptiness, it is a major economic power of the third place of the world

■世界第8位の、軍事・・・もとい、防衛費

- the eighth military ... defense budget of the world;

を有しながら、

Nevertheless,

■戦争放棄を明文化した憲法を有する

- having the constitution that stipulated war renunciation

という、不思議な国だと思っています。

They think that Japan is one of the most amazing countries in the world.

-----

これまで、平和憲法で自分自身を厳しく戒めてきた日本という国が、少しずつ、それを緩め出してきたというその事実だけで、日本の周辺国は、

Japan, which has banned oneself in a peace constitution strictly until now, begins to loosen it little by little. Only the fact makes Asian countries around Japan

―― 真剣に怖がっている

fear seriously.

のです。

なんで、お前にはそんなこと分かるのかというと、私は、アジア各国を一人で歩いてきて、色々な国の人の話を聞いてきたからです。

The reason why I can understand the above story, I walked around Asian country again, heard their stories from their own lips.

ただ、これは、もう20年以上も前のことです。

But this is more than another 20 years ago.

だから「20年前とは違う」、「もう江端の見解は古い」のかもしれません。

So I might have to accept the opinions of "different from 20 years ago", "Ebata's comment has already been old".

-----

だから、誰か「もうそんなことはないよ」「アジアの人は日本を怖がっていないよ」と教えて頂けませんか。

Therefore please tell me "Asian persons are not afraid of Japan" "Not a bit of it."

そうすれば、私も安心して考え方を変えることができると思うのです。

If I hear it, I think I can change my thought at my ease.

-----

だけど、私と同じように、一人でアジアを歩いて、現地の人と話をしてきた人の話でなければ、私は納得しませんよ。

But, I don't understand except for the story that the person who has walked Asia alone, and has talked with a local person directly.

パソコンの前の小さな世界で、偉そうに意見を書き込んでいるだけの人なんぞは、お呼びではないんですよ。

I don't need the person who writes just opinions to the Internet importantly in the small world before the PC.


2015-03-30 ―― 男の子って、好きな女の子ができれば、母親を忘れるのに3秒もかからないよ [長年日記]

以前、従兄弟の親戚家族と会食したことがありました。

I have eaten with the relative family of the cousin before.

その時、可愛い盛りの男の子のお母さんとお話をしたのですが、その子どもへの溺愛っぷりが凄くて、ちょっと引いてしまいました。

Then, I talked with a mother of the boy in full pretty, and her blind love to the child was great, and totally turned me off.

「○○ちゃんは、お母さんのことが、世界で一番大好きだもんね~~」と、レストランで公言する姿は、微笑ましい光景と言えなくもありませんでした。

I was dumbfounded that she advertised that "You love me the best in the word, don't you?" in a public area. It looked like a kind of heartwarming scene.

ただ、私は、この時『このお母さん、男の子というものを、よく分かっていないな~~』と思い、一言事実を告げておきました。

But I though "she doesn't understand well what a boy is" and I gave her one advice.

言わなくても良いことだったかもしれないのですが、これまでこういう場面に、何度もで出くわして来たこともあったので。

It might not have been necessary to say to her, but I faced several same situations in my life.

-----

―― 男の子って、好きな女の子ができれば、母親を忘れるのに3秒もかからないよ

"A boy forget his mother in less than three second, when he has a girl friend."

と。

そのお母さんの顔が、見る見る真っ青になり、連られて、私も青くなってしまった程です。

After them, she looked pale very soon. I also became to look pale to watch her face.

-----

息子を持つ母親の皆さん。

To mothers who have a son.

あなたの息子への愛は、疑いようがありません。

I never double your love to your son.

しかし、息子の方から見れば、『母親がそれほど必要だと「思われていない」という事実』は、今のうちに知っておいた方が良いと思います。

But from the view of your son, it is true that your son thinks that you are not indispensable to your son's life.

I hope you know it, before it become too late.

無論、私も同様に、娘に3秒で忘れられ、そして、それで良いのです。

Needless to say, I am also going to be forgotten by my daughters", and it is natural.


2015-03-31 「4次元」と呼びたいと思います。 [長年日記]

アニメなどに強い興味がある、いわゆる「オタク」と言われる方は、「2次元」とも呼ばれています。

Some persons who are crazy for animations and other sub-cultures, who is called "Otakaku", is also called "Nijigen (two-dimensional)"

これは興味の対象が、2次元平面上で表現されるからです(って、いちいち説明するまでもないでしょうが)。

The reason why they called it, is that their interesting objects is to be expressed on two dimensional medias, like screes of TVs and movies.

これに対して、いわゆる通常空間におけるオブジェクトに興味のある、いわゆる「リア充(リアルな世界が充実している)」と言われる方は、「3次元」とも呼ばれます。

In opposite with it, some person who are interested in daily life, who is called "Riajyu ( leading a full life ), is called "Sanjigen (three-dimensional)"

これは、もっぱら「2次元」に対比する用語として使用されるようです。

This word seems to be usually used as a comparison word of "Nijigen".

-----

さて、この度、私は来月分の原稿を執筆する為に、アインシュタインの特殊相対性理論から導かれる、あの超有名な式

This time, I tried to derive the most famous formula in the world, based on the Einsteinian special theory of relativity

E=MC^2

E=MC^2

の導出を試みました。

ご存知でしょうが、原稿執筆が煮詰まって来たなどの苦しい時に、現実逃避するとき、人間とは信じられないパワーを発揮するものです。

You know, human being can generate incredible power when they are driven into a corner (for example, deadline of draft submission), and do something as an escape.

知らなったのですが、この式が、四則演算だけで求められることを知って、凄くビックリしています。

I didn't know that this formula can be derived from the four rules calculations, and I was very surprised at the fact.

-----

さて、私のように、

Well, like me, a person who

■アニメやドラマの中でも、特にタイムパラドックを扱う作品(シュタインズゲート、時かけ、マドカ等)を扱う作品(だけ)を嗜好し、

likes a specified animations whose themes are time paradoxic (for example, Stains;Gate Tokikake, Madoka)

■「時空間通信方式」という妙な名称の発明を特許出願し、

applied for a patent whose name was "space and time based communication"

■現実逃避で、特殊相対性理論(のほんの一部)の式の導出を試みる、

tried to derive the Einsteinian special theory of relativity as an escape

そういう人間のことを、今後、

should be called

「4次元」

"four dimensional".

と呼びたいと思います。

異議はありませんね?

I believe "No objection".