0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|

2015-03-07 「名誉」のフリーライド(ただ乗り) [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

いかん、いかん。

Oops, I do not go.

話が全然違う方向に流れてしまった。

I take the story toward a different direction.

最初の話に戻します。

Let me go back to the board.

私の申し上げたいことは、

What I would like to claim is that

「日本が誇る○○技術」

persons who can use and be proud of the "Technology that Japan boasts to the world"

を誇っていいのは、その技術を具現化した人たち(発明者、科学者、エンジニア等)だけだと思うのです。

should be just investors, scientists and engineers who try to embody the technology.

極めて限定された範囲の人のはずです。

I think that they are in the limited range.

なぜ「日本」という枠組みまで拡大しなければならないのか。

Why do strangers try to expand the range to "Japan"?

最近、「日本が世界に誇る○○」という書籍を見るたびに、この想いが深くなります。

I often watch the book's title "something that Japan boasts to the world" in bookstores, and I thought out deeply my above question.

------

しかし、「日本が世界に誇る○○」をというフレーズを使っても良いと思うものはあります。

I also think that some matters are worth using the phrase of "something that Japan boasts to the world", for example

「公共交通インフラの定時到着率」、「もったいないの精神」、「災害時における公を優先することのできる精神」などです。

- Mind of the punctuality for public transportation system

- "Mottainai" sprits

- Mind to give priority to the community at the time of disaster

これらは、国民性に基づく日本人全体の誇りであると思うし、積極的に使って良いと思っています。

I believe that the above are really prides based on characteristics of Japanese, and we can use the word "pride".

------

In conclusion,

私は、

I think that

■人口の7~8割の人が技術と関係のない分野で活躍している国家において、

「技術を誇る」という言葉の使用が、

「名誉」のフリーライド(ただ乗り)しているようで、

なんとなく腑に落ちないし、

it is hard to understand for me that persons who use words "proud of a technique" seem to make a freeride of "the honor", in the nation where persons of the 70-80 percent of the population play active part in a field irrelevant to a technique.

and,

■新しい技術開発に対して、冷淡で、ろくな出資もしないで、

下手すると、揶揄や邪魔扱いしてきたような人間をも包含する「日本」という概念に対して、

その技術者達の血と汗の結晶の成果に対する名誉を

共有させたいとは、1mmたりとも思わないし、

I don't want to let the concept of "Japan" share, the honor for the result of blood and the result of one's hard work of engineers. Most of them are not only indifferent to know new technology developments and investments, but also treat ridicule and an obstacle.

and,

■少なくとも、

at least, according to the author couple,

私たちが必死に勉強し、獲得し、

since we are studying, mastering, and

使いやすくする為に工夫を重ね続けている

improving to use easily

「数学」という私たちの大切なツールに対して、

mathematics, that is our precious and important tool,

敬意の欠片すらもない、あの作家夫婦だけには、

「日本が世界に誇る○○技術」というフレーズを

so, I NEVER let the couple use the phase of "Technology that Japan boasts to the world"

―― 死んでも ――

ABSOLUTELY.

使わせてなるものか、

と思っています。