2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|

2011-09-29 「のび太」という国家理念 [長年日記]

『「リーダーシップを張れる政治家」が望まれている』と言われ続けていますが、私は、このフレーズ、かなり嫌いです。

65年程前に、

■カリスマとリーダシップを発揮し、

■戦後の復興を見事に成しとげ、

■欧州で突出した経済力を発揮し、

■公共事業を次々と打ち出して、失業率をかつてないレベルにまで低下させ、

■軍事力の増強を図り続け、米国や周辺の大国を威嚇し、国際発言力を爆発的に向上させた、優れた政治家がいました。

アドルフ・ヒトラー

という人物です。

-----

尖閣諸島問題や、北方領土問題、竹島問題、米軍基地問題で、

『我が国政府が、弱腰外交をしている』

と言われていますが、そんなこと「あったり前」じゃないですか。

馬鹿じゃなかろうか。

我が国は、

「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」

と、国家の最高規範である憲法で規定しているのです。

ピストル持っている相手に、「俺は正しい」と素手で立ちむかえば、撃ち殺されるに決っています。

『弱腰外交』が嫌なら、憲法第9条を撤廃(×改正)し、軍隊(×自衛隊)を設立し、核武装をするような政策をぶち上げて、世論を、その方向に誘導しなければなりません。

-----

リーダシップを持つ政治家が、そのまま、再軍備をする政治家になる、というのは短絡すぎており、論理破綻していることは認めます。

しかし、「リーダシップを持つ政治家」というのは、恐しいリスクを持っているということくらいは、当然に認識しておくべきです。

-----

私は、

■平和憲法を維持し、

■弱腰外交を支持し、

■のらりくらりとその場対応を続ける政治家を支援します。

別に、かっこよくて、マッチョな国家にならなくても、良いと思うし、そういうスマートな政府も期待していません。

我が国は、ドラえもんの「のび太」の生き方に学べば良いのです。