2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|

2016-07-01 『それが無ければ、社会で人並に評価されない』という残酷な世界の「個性」です。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

やる気さえあれば、装置と計器で美味しいラーメンを作ることができ、

If we are ambitious, we can make delicious ramens with devices and instruments.

その気になれば、1ヶ月で左官の仕事の基礎の習得を完了できる、

If we are full of vigor, we can complete the basic stage of plasterer cractworkers.,

そういう世界で、最後に残るものは何か?

What is a remaining value in the world finally?

どのように呼んでも構いませんが、それは、「他の人にない自分だけの才能」、つまり「個性」です。

It must be you own talent, "individuality", "uniquity" any expression is O.K. but it is "originality" after all.

-----

ただし、それは、これまでのように『無責任に賞賛されるだけの「個性」』ではなく、

However, it is not just "originality" that are admired without reasons.

『それが無ければ、社会で人並に評価されない』という残酷な世界の「個性」です。

It is in sadistic world, that means, nobody approve you as a member of society, if you don't have "it".

さらに言えば、その「個性」なるものは、単に人との差異があるだけでは価値はなく、

In addition, "it" is not enough to have a difference between the others,

金銭的な対価とならないのであれば、何の意味も持たないという、

it is considered "worthlessness" if it doesn't have counter value.

そういう恐しい世界の「個性」です。

It is "originality" in the fearful world


2016-07-02 江端個人にのみ適用される「江端法」が存在し、この法律は極めて厳しく施行されています。 [長年日記]

「「北極ラーメンもどき」の作り方」という動画をアップしました。(ヒット数はほとんどありませんが)

I uploaded the video clip "how to make a ramen like Hokkyoku-ramen" on Youtube, (Few page view count though).

今回、このようなビデオクリップを作ったのは、ビデオクリップの作り方の簡単な講習会をする為 ―― も、あるのですが、正直に言えば、以下のような理由です。

The reason why I tried to make this video clip at this time, is for preparation of a workshop of making video clips, however, to tell you the truth, I have another reason.

-----

私には、

In my mind, there is a private law, whose an article,for example is

「体重が67kgを切った日に限り、北極ラーメンを食べに行っても良い」

"Ebata can be allowed to go to have Hokkyoku-ramen when his weight becomes less than 67kg"

という、

―― 日本国憲法の直下に位置する

The law is located under the Constitution of Japan, and

江端個人にのみ適用される「江端法」が存在し、この法律は極めて厳しく施行されています。

this law have been managed extremely strictly.

しかし、隣国のことざわに曰く、「上有政策、下有対策」の通り、この法律にも抜け穴はあります。

However, the proverb in nearby country says, "there are measures wherever there are policies". This my private law also have a loophole.

私は、規定の体重に至らなければ「北極ラーメン」を食べることはできませんが、「北極ラーメンもどき」には、その法律の効力は及びません(限定解釈)。

I cannot have "Hokkyoku-ramen" without returning to specific weight, however, the effect of the law is beyond the reach of "Hokkyoku-ramen mock".

つまり「自分で作れば良い」のです。

In short, "DIY" has no problem.

と言う訳で、目下の私の目的は、家庭で簡単に手に入る材料を使った「北極ラーメンのコピー」を作ることです。

Therefore, one of the my purpose of the moment, is to make "knochoff of Hokkyoku-ramen" using ngredients available at home.

-----

とか言っていますが、本当は、私はこの目的を達成したいとは思っていないんです。

To tell you the truth, I am not so interested in accomplishing the purpose.

例えるなら、高い山を見上げながら、そのふもとで、酒を飲んでくだを巻く ―― そういう、オッサンくらいの気持でいます。

For example, I am just an old man, who is drinking during the day, with viewing a high mountain.

『お、俺が、そ、その気になりゃ、あ、あんな山、か、簡単に登れるんだぞ』

"Whenever I...I want, s.. standing on the s..summit is a piece of cake"

と、ろれつの回らない口調で、独り気を吐く、―― 私は、そういう、みっともないオッサンがいい。

I am shouting alone drunkenly ---- I want to be a such ugly old man.

-----

真面目な話 ――

Seriously,

「上」を目指すくらいならともかく、「てっぺん」を目指す生き方は、自分を苦しめますよ。

Apart from aiming "high", the life for aiming "top" suffers yourself.

そんなことは、やめた方がいい。

I think you should stop it.

どれくらい自分を苦しめるかというと、

How much you suffer is, for example

『自分を、ホームからレールに落としてしまうくらい』

"you make you drop from the home to the rail."

です。

本当です。

It is true.


2016-07-03 マイクロソフトの「エクセル」が「1-2-3」を駆逐しなければ、今でも私は「魔術師」でいつづけられたはずです。 [長年日記]

昔、学生のころ、私はスプレッドシートLotus1-2-3の魔術師でした。

When I was a college student, I was a magi of Spread sheet "Lotus1-2-3".

私は、スプレッドシートを使って、数字をどんな風にも加工でき、どんなグラフも数秒以内に表示することができたのです。

Using the software, I could process any numbers and make any type of graph within 3 second.

大学で、教授にデータ解析を頼まれて、数日間で、4万円近いバイトをしたのは、学部広しと言えども、私くらいでしょう。

I think that it was only me, that I had asked to data analysis to Professor, and got more than 40K, working part-time job using the software.

教授は、『江端は「命令」には従わんが、「金」なら動くという』ということを、よく理解していたように思います。

I think that my professor knew well that Ebata rejected the order, but obeyed it easier by money.

-----

で、今、私が何をやっているかというと、「エクセル」のマクロの入門編の本を買ってきて、老眼鏡と格闘しながら、一生懸命読んでいます。

Now what I am doing is to buy a beginners book of Excel Macro and read it hard with reading glasses

私の手元には、現在5万件近い、鉄道人身事故データがあるのですが、このデータ処理で ―― 正直吐きそう ―― です。

More than 500K data of railway injury are in my home PC, however, I am about feel sick about processing the data.

その膨大な人身事故のデータで、やりたいデータ処理方式は明確なのですがその処理のコマンドが分からん。

What I want to do is very clear thought, I don't know how to operate the command of Excel.

プログラムを組めば一瞬だとも思うのですが、しかし、「ここでC/C++プログラムを組んだら終わりだ」とも思います。

If I make a program, I think the problem goes away immediately. But I also think that "If I use C/C++, it's over"

To begin with, I should have made "Ebaden" simulator by Excel, because many people can use or remake the simulator easily.

が、残念ながら、私には、エクセルに対して、そこまでの技量がない。

Unfortunately, I don't know Excel that much.

"Big data", "AI", e.t.c. many people speak a lot of these buzz words, however, after all, a person who cannot use Excel or Word is not needed at any field.

Lotus1-2-3のころは、機能が少ない上に、学生という潤沢な時間を費すことができましたが、今の私は、土日にしか時間がありません。

According to Lotus1-2-3, the software had less functions, and I could spend much time for learning the software too. On the other hand, now my private time is on every weekend only.

-----

25年前の「Lotus1-2-3の魔術師」は、今、「エクセルのビギナー」にまで転落しました。

The magi of Lotus1-2-3 of 25 years ago, becomes degraded as "a beginners of Excel"

マイクロソフトの「エクセル」が「1-2-3」を駆逐しなければ、今でも私は「魔術師」でいつづけられたはずです。

If Microsoft's "Excel" was to expel the "1-2-3", I should have been the "magi" even now.

今のパソコンの発展は、マイクロソフト社の貢献なしには語れないでしょうが、個人的には、「やつらがいなければ、きっと今頃、私は・・・」と思わずにはいられないのも確かなのです。

About the development of today's personal computers, we cannot tell anything without Microsoft's contribution, however, personally, I sometimes think that "If they didn't come to.."


2016-07-04 ―― 将棋や碁が強かったり、猫の顔を認識できることが、そんなに「エラいこと」か? [長年日記]

「人工知能」って、最近、盛んに叫ばれていますけど、

Recently, a term of "artificial intelligence(AI)" become more popular in the world.

However, present AI cannot accept the following orders.

(1)コンピュータに、エクセルシート10年分のファイルを読み込ませて、

→「人身事故による、過去10年間の最大遅延時間の平均値と標準偏差値を出せ」

"Output average and standard deviation of maximum time of train injure for the last ten years" after a computer reads spread sheets for the ten years.

(2)インターネットで「ダイエット」という用語を使っているブログのコンテンツを読み込んで、

→「ダイエットが何日間で完了しているかを調べ、その平均値を算出しろ」

"Calculate a average diet days" after searching the diet blogs and reading them

(3)ツイッターの頻度、コメントの内容、使っている用語を用いて、

→「その人間の知性、暇度(ひまど)、マスコミの論調に簡単に引っ張られる軽薄さや、興味を失うまでの時間を、数値で算出しろ」

"Express numerically a person's intelligence, time to spare, frivolity to be pulled by tone of mass-communications, time to drop the interest" using Twitter's repetition access counts, contents, and terms.

少くとも、現時点での人工知能は、この程度の命令を実行できません。

At least the present AI cannot execute these simple commends.

-----

もちろん、これは手間暇かけて、データ処理を行うあるいは専用のプログラムを作成すれば、すべて可能です。

Of course, the above all procedures are available, if we make the special program.

しかし、私達は、そういうことが「面倒くさい」からこそ、「人工知能」に期待しているんですよね。

However, the reason why I expect AI's capability to avoid such a annoying actions.

まず、私達が欲しいものは、私達が普通にやっている「面倒くさい」ことを、確実にやってくれる人工知能です。

To begin with, what we want is an AI that executes the annoying routines that we have to do everyday, perfectly.

ましてや、それすらできない人工知能独自の推論結果なんぞ、(少くとも私は)1mmも期待していません。

Moreover, at least I don't expect the reasoning results of such a poor AI at all.

そんなものは、基礎データ解析がクリアに見えて来さえすれば、その後の検討は人間様の方が、ずっと得意です。

Human being is better then AI at the trial of study even if basic elements of data become clear.

そもそも、理由の説明できない推論結論を、この世界が受けいれる訳がない。

Above all, our society cannot accept the reasoning results that are not known exactly how.

-----

だから思うんですよ。

Therefore I think that

―― 将棋や碁が強かったり、猫の顔を認識できることが、そんなに「エラいこと」か?

"Strong in Shougi or GO" or "recognize faces of cat" are so much great ?"

と。

-----

私なら、ゲームをしたり、ネコの写真を集めている人工知能がいたら、怒鳴りつけますよ。

If I were a boss of a AI, I would get mad with the AI with shouting,

「遊んでいる時間があったら、とっとと私の命じた仕事をやれ! 」

"If you have at that time to play, do the works that I have ordered before!"

と。


2016-07-05 それだけで、不当に尊敬される ―― そんな、本当に良い時代でした(遠い目) [長年日記]

先日、次女から教えて貰ったのですが、スマホからだと、私のホームページの文字が化けるという現象があったそうです。

The other day, my junior daughter told me that garbled characters are displayed on my HomePage from her smart-phone.

これは、アルファベット以外の文字を使う国共通の悩みで、当然、我が国で使われている日本語もこれに該当します。

This is a typical problem in the countries that don't use characters except for alphabet. Japan also has had same problem since computers appeared.

-----

コンピュータは、その誕生時において、言語は勿論、文字という概念すらありませんでした。

First of all, computers had no concept of characters, not to say languages when they appeared.

アルファベットは、コンピュータに命令コマンドを送り込むだけの記号の組み合わせにすぎなかったのです。

For computers, alphabet is just parts to make operation commands for computers.

ですから、コンピュータはアルファベットと数字を扱えればよく、そして、アルファベッドを扱えない人は、コンピュータを扱えない人 ―― それで良かったのです。

Therefore, there was no problem that computers could understand just alphabet and numbers, and people who didn't use alphabet usually, could not use computers.

-----

『コンピュータにコマンドを入力できる』

"I can input some commands to a computer"

『プログラミングができる』

"I can make a program"

それだけで、不当に尊敬される ―― そんな、本当に良い時代でした(遠い目)

I had been respected excessively by the simple reasons.... It was good old days (with distant look)

(続く)

(To be continued)


2016-07-06 『私のホームページを読めなかった人は、たくさんいたはずなのに、誰もクレームをくれなかった』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

さて、先週末、ホームページの文字化け対策に乗り出し況して、一応、娘のスマホでの文字化けは解消されたようです。

In conclusion, from the last weekend, I started actions about the garbled characters problem on my Web site, and finally I could be resolve them at least in my daughter's smart-phone.

が、私がショックを受けたことは、

However what I was shocked, is

『私のホームページを読めなかった人は、たくさんいたはずなのに、誰もクレームをくれなかった』

"Nobody informed me about the garbled characters problem, though some people might not be able to read my Web site"

ことです。

そんなに、私は「こっちくるなオーラ」を発しているんでしょうか?

Am I emitting "dark side rays", including "never come here".

発しているんでしょう。

I am afraid that it might be true.

なにしろ、家族によれば、コラムの締切直前の私の「暗黒オーラ」は、部屋のドアの外だけでなく、階下のリビングまで及ぶそうですから。

At any rate, my family says that the "dark side rays" of mine, is emitted and reach not only in front of my room door but also the living room of downstairs.

私の作ったホームページからも、多分、仮想空間からの「暗黒オーラ」が出ているのでしょう。

Maybe the "dark side rays" are also emitted from my Web site through cyberspace.

-----

いや、正確に言うと、事前に一人からクレームは受けていたのです。

No. To tell you the truth, I had already received a complaint from one person.

しかし、その相手が悪かった。

But the person was not good for me.

その唯一のクレーマーは、あの「無礼な後輩」だったのです。

The claimer was the "rude junior".

(続く)

(To be continued)


2016-07-07 『君だけの為に、カイゼンしてみたよ』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

―― 奴の為だけに、カイゼンするのは、コストに見合わない

I thought that "I don't want to improve my web site just for him"

と思ったのは事実です。

That was true,

しかし、今回次女から報告を受け、この問題が単なる一人だけの問題でないという事実に、私は今更ながら、気がついたのです。

However, I noticed afresh that it was not just a local problem but impact other people by my daughter's claim.

私のホームページを訪問された方であれば、誰でも読んで貰えるようにしたいです。

Anyway, my hope is very simple that anyone who tries to access my web site, can read my web site anytime.

ですから、今、私のホームページは、絶賛改修中です。

Therefore I am improving my web site now.

もし、まだ文字化けが発生しているページがあれば、(怖がらないで)私にメールを頂ければ、嬉しいです。

If you find pages of garbled characters in my web site, please mail me without being frightened.

-----

さて、「無礼な後輩」は、どうせ、この私のブログを読んでいないでしょうから、今からメールで連絡してみようと思います。

Well, I think the "rule junior" might not read this blog, and I will send the mail to him, including the following phrase.

『君だけの為に、カイゼンしてみたよ』

"I have tried to improve it just for you"

とのフレーズを添えて。

それでも、奴は、

However I am afrad that his reply must be like following,

「ええー、なんと無駄なことを。江端さんのホームページを読んでいる人が、そんなにいるとでも思っているですか。思い上がりにも程がありますね」

"It is really in vain isn't it? Do you think that your web site is so popular, and numbers of repeater are so much ? Are you really full of yourself, Ebata-san ?"

くらいのリプライはしてくるでしょうが。


2016-07-08 「そんな時、『パパ、太っ腹! 素敵!』って思う」 [長年日記]

長女から「パパはお金持ちだから」と言われた時、私は訳が分かりませんでした。

When my senior daughter said that "Papa is a rich man", I didn't understand her intention.

なぜなら、現時点の私の人生の「散財」は、

Because, my unthrifts in my present life, are

「長後渋谷駅の近くにあるスーパー銭湯に行くこと」

"Going to a super-spa near Chougo-Shibuya station"

と、

and

「町田の蒙古タンメン中本で北極ラーメンを食べること」

"Going to ramen-shop, "Mouko-Tanmen Nakamoto" and have a Hokkyoku-Ramen"

の2つだけだからです(いずれも1000円以下)。

above just two things(Each cost is less than 1000 yen).

私も、たまにドカっとお金も使いますが、殆どが連載コラムの為のセンサやモータを買う為で、「散在」とはちょっと違うかな、と。

Sometimes, I spend much money to buy some sensors or motors for writing my column, it might be different from "unthrifts".

-----

江端:「なんで、パパが『お金持ち』になるんだ?」

Ebata:"Whey do you think that I am rich ?"

長女:「だって、パパが私を定食屋に連れて行ってくれると、

『餃子6個の定食を、餃子9個の定食にしてもいいぞ』

って、言ってくれるじゃん」

Senior Daughter(SD):"When you take me to the plate meal restaurant, you always say"you might exchange "six dumplings" to "nine dumplings"" .

江端:「はい?」

Ebata:"Excuse me?"

長女:「そんな時、『パパ、太っ腹! 素敵!』って思う」

SD:"I always admire you in my mind "Papa! You are nice, and magnanimous!!"

涙が出そうになった。

I was near to tears

「嬉しい」じゃない方で。

not for "glad"

-----

私がイメージしている「金持ち父さん」とは、

Who is the rich father, in my mind, is

私が、娘を車のディーラーに連れて行って

『ベンツでもいいけど、こっちのジャガーにしてもいいぞ』

なんですけどね。

When I take my daughter to a exhibit space of cars, I say "you might exchange this Benz to that Jagger".

もっとも、

なにより、「ベンツ」「ジャガー」が私の金持ちのイメージの限界という点で、もう「金持ち父さん」の資質を欠いていると言えましょう。

Above all, "Benz" or "Jagger" is the upper limitation of my image of "the rich father", so I am not qualified as a "the rich father".


2016-07-09 70年後の人々に、「本当に、あいつらのせいで・・・」と言われない為にも、 [長年日記]

原稿締切直前の週末です。

This weekend is just before a deadline of my column.

私も地獄ですが、参議院の立候補の方に比べれば、大したことではないのでしょう。

I am in a hell, but compared with Candidates of the House of Councilors election, it might be nothing.

In this page, I wrote my opinion of "how to vote easily", please read it.

-----

今回の選挙は、私は真剣です。

I am serious about this election.

私が70年ほど前の政治家に対して「本当に、あいつらのせいで・・・」とつぶやいている以上、

I often said alone, "because of them....." with criticizing the politician about 70 years ago,

70年後の人々に、「本当に、あいつらのせいで・・・」と言われない為にも、

I will not to be said by the people after 70 years, "because of them....." either,

I want to excuse yourself against the people after 70 years with saying "I had played a minimum of obligation."


2016-07-10 さて、参議院選挙の投票も締め切られたことですので、今回の、江端の投票者の選択方法などをご紹介してみます。 [長年日記]

Well, the vote of the House of Councilors election has been closed, let me introduce how to choose a candidate at this time.

I didn't choose the following persons who

(1)今時、自分のホームページを持っていない候補者

(1) do not have their own home page these days

(2)ホームページのトップーページに、自分のサーファー姿を晒している軽薄な候補者

(2)shows their frivolous surfers figure to the top of his home page

(3)教義の内容が、江端の理解の範囲を超える宗教団体の政党の政治家

(3) belongs to a religious organization, whose doctrines are beyond the reach of my imagination.

(4)「ある特定技術が世界一であること」の意義を理解できない政治家

(4)can not understand the significance of the "a technology should be only one in the world"

(5)かつて自分がイジメをやっていたことを、自慢気に語っていた政治家

(5)once did the bullying in his school with telling boast care

これで、候補者の2/3を削れました。

I could delete two of third of the candidates in my list.

あとは、憲法改正、TPP、育児、出生率、介護、消費税などに関する私の見解と、もっとも一致度の高い人を、最終的に選びました。

After that, I finally chose one person from the viewpoints of constitutional reform, TPP, child care, birth rate, long-term care.

-----

まあ、死票になるかもしれないんですけどね。

Well, I think I might be a wasted vote.

まあ、私が投票に行くのは、政治に文句を言うことができる「免許」の更新をしにいく、という気持ちですから、死票でもいいんです。

However it is O.K. I go to vote in order to go to the update of the "license" that can complain about the present politics.


2016-07-11 『急降下爆撃機ペアレンツ』 [長年日記]

「ヘリコプターペアレンツ」なる用語があるそうです。

I hear there is a "helicopter parents" term.

これは、「モンスターペアレンツ」と同じ方向の用語だそうですが、

This term seems to be similar to "monster parents",

『常に子どもの上でホバリングを続けて、問題が発生したら急降下して、子どもを助ける』という意味で、まあ、要するに「保護者の過保護」の、新しいの表現方法です。

"Continuing to hover over the children, the parent trys to make a landing to help their children immediately"

In short, this is a new expression of "overprotective parent".

-----

この記事を読みながら、「私は、『ヘリコプターペアレンツ』『モンスターペアレンツ』」でもないな、と思いました。

Reading this article, I think that "I am neither "helicopter parents" nor "monster parents"".

―― そんなのでは、全然足りん。

"It is not enough at all"

私は、

I am

『急降下爆撃機ペアレンツ』

"Dive bomber Parents"

です。

This means, that

■娘が拉致された現場に数分で到達し、

- Reached in a few minutes to the daughter who has been kidnapped site,

■娘の立っている場所を除き、その周辺全てを高精度爆弾でピンポイント爆撃を実施し、

- Except for the location where my daughter standing, a pin-point bombing with a high degree of accuracy, is carried out all its surroundings,

■全て施設を焼け野原にする、

- to all facilities in the burnt ruins.

という徹底ぶりです。

娘たちは、私の過去の殲滅戦を目の当たりにしてきた当事者なので、多くの場合、「私の攻撃を止めて欲しい」と懇願する側にいます。

My daughters had been witnessing the past of my annihilation warfare, in many cases, they are in the side to appeal "Stop it".

-----

しかし、この『急降下爆撃機』は、無軌道に発動される訳ではありません。

However, this "dive bomber" does not mean is invoked in trackless.

「私の嫁さん」という、文民による支配下にあります(シビリアンコントロール)。

Referred to as "my wife", it is under the rule of civilian (civilian control).

嫁さんは、『急降下爆撃機』の出動の決定から、爆撃の対象、範囲、そして、落とし所を私に詳細に指示します。

My wife orders me about the determination of the mobilization of "dive bomber", the bombing of the target, range, and the bottom line.

その後、私たちは、戦略と戦術を詳細に検討し、その攻撃計画書の内容を夫婦で合意した後、攻撃を開始します。

After that, we will review the strategy and tactics in detail. After the agreement about the plan, we will start the attack.

-----

今回はメタな話に留めていますが、この話を具体的に話せる時期になったら、お話させて頂きます。

This time I have to bear in the meta-story, however, we will talk it in detail when the time comes.


2016-07-12 ―― ああ、北極ラーメン、8回分が・・・ [長年日記]

私はケチくさく貧乏くさいので、飲み会で、会費「8000円」を取られると、

I am poor and stingy, so whenever I am collected "8000 Yen" as a party fee, I think that

―― ああ、北極ラーメン、8回分が・・・

I prefer to go to Hokkyoku-ramen eight times.

と思ってしまいます。

-----

私、かねがね、飲み会のコストって、凄く高いと思っているんですよ ―― という話は、これまで何度も展開したので、今日は止めます。

I always think that a drinking cost in Japan is too high, however this topic is frequently in my diary, I will stop it today.

発想を逆転してみようかな、と。

This time, let me reverse my idea.

■「はなまるうどん」で忘年会

- Year-end party in "Hanamaru Udon"

■「吉野家」で新年会

- New Year 's party in "Yoshinoya"

■「蒙古タンメン中本」で新人歓迎会

- Rookie's welcome party in "Mukotanmmen Nakamoto"

というのはどうでしょうか。

are nice ideas are they?

もちろん、これも「パーティ」の一態様ですので、飲み会のはっちゃけたノリは大切にしなければなりません。

Of courser, the above events are also a sort of "drinking party", I think "hyper" and "cheerful" are important even at the event.

■「はなまるうどん」で、温泉タマゴを2個もいれちゃう、とか

More than two two hot spring eggs in Udon-Donburi in "Hanamaru Udon"

■「吉野家」で、特大、つゆだくに、豚汁の大も付けちゃう、とか、

Big bowl, full of soup with adding a miso soup with pork and vegetables, in "Yoshinoya"

■「蒙古タンメン中本」で、北極ラーメンの辛さの倍数の逆比例で、参加費を決定するとか、

The cost of party fee is going to decided in inverse proportion of spicy rank of Hokkyoku-ramen

-----

このように書いてみると、つくづく、私は、本当に、ケチくさく、貧乏くさい奴だと、実感できます。

Writing above, I can realize that I am really stingy and poor.


2016-07-13 ただ、このような改竄は、稚拙すぎます。 [長年日記]

最近、計測データの改竄事件が、世間を騒がせています。

These days, the affairs of tampering of measurement data are making a sensation.

自動車の燃費、排気ガスの成分などが多いようです。

The data are, "rate of fuel consumption", "nitrogen dioxide contained in automobile exhausts", for example.

この「改竄事件」については、「ソフトウェアによる改竄」というフレーズが出てきます。

We hear the phrase "tampering by software" in these affairs.

これ、非常に重要な意味を持っています。

To tell you the truth, this phrase is very important to understand these affairs.

-----

データの改竄そのものは、多分、そんなに難しくありません。

Making "tampering of measurement data" is not difficult indeed.

例えば、実測データ(基準値を満たさないデータ)から、一律で値を引き算(または足し算)をすれば足ります。

It is enough to add or subtract a certain value to the measured data(that fails to meet the standard), for example.

私なら、この引き算する値に、乱数をかけ算して、データにバラツキを与える程度は付け加えるでしょう。

For me, I will add a process to multiple the vales to random digits

-----

ただ、このような改竄は、稚拙すぎます。

However, such tampering is too childish.

なぜなら、そのような単純な引き算を行った場合、他のデータ(例えば、エンジンン回転数とか、燃料混合比)の開示命令を受けたら、簡単にバレてしまう可能性があるからです。

Because there is a possibility of easily discovered, just performing such a simple subtraction. when the disclosure instructions of other data (for example, engine emissions rotational speed, fuel mixture ratio) received.

特に、動特性(アイドリングから、いきなりアクセルを踏み込むような状態)の時系列データを見れば、この矛盾は、さらにはっきりっとしてきます。

In particular, when watching the time-series data of dynamic characteristic (for example, from idling to acceleration suddenly), some engineers can find this discrepancy easily.

つまり、あるデータを改竄する為には、他の部分のデータも合理的に説明できるように、全てをバランスよく改竄しなければならないのです。

In order to tamper with specified data, You need to tamper with all data including other parts, well-balanced.

ところが、このような統一性を保持するデータ群を作り出すのは、驚異的に難しい。

However, it is surprisingly difficult to create a group of data that holds such uniformity.

物理学に則った自動車の物理的な動特性を全て勘案して、データの改竄を試みることは、人間の頭脳だけでは無理です。

I think it is impossible for only the human brain to make tampering data, in consideration of all the physical dynamics of the motor vehicle.

-----

ですから、本当に「美しい」改竄データを作り出したいのであれば、コンピュータの中に、一台、自動車を作るのがてっとり早い。

In order to create "beautiful" tampering data, it is quicker to make a car in a computer.

―― 仮想自動車

It is a "virtual car".

です。

(続く)

(To be continued)


2016-07-14 ―― あ、そういうことか [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

モデルベース開発、デジタルツイン、まあ、色々な言われ方をしますが、つまるところ「シミュレータ」です。

"Development of model base", "Digital twin" for example, they are called with several way, however they are "simulator".

Last month, I made a simple easy simulator for train injure. and I confirmed that

■到着遅延時間が、事故の復旧時間に比例する

- "Delay time" is in promotion of recovery time of the train injure.

■事故の損害額が、事故の復旧時間の二乗に比例する

- "Amount of damager" is in promotion of square of recovery time of the train injure.

なんてことは、考えてみたら、当たり前のような結果なのですが、これも、コンピュータの中で電車を走らせて、事故らせてみて、

On second thought, this results are natural, however, in this case, after watchint simulator's output, I noticed them and, said

―― あ、そういうことか

"I see"

と、気がつくものなんですよね。

私が、これまでも、100年後の日本の人口予測 とか、地球温暖化の予測 とかを、『専門家による、予測結果が腐るほどあるのにも関わらず』に、敢えて実施してきた理由は、

As before, I simulated "predition of population in Jaoan next 100 years" and "predition of global warming". even there were a lot of predition data in the Internet,

その専門家の見解を疑っている訳ではないのです。

I don't believe the specialist opinions but

私が、シミュレータを作ることで、その現象を深く理解することができるからです。

I believe that I can understand the phenomenon deeply in making the simulator.

コンピュータの中に仮想の環境を作り出す為には、必要最低限のパラメータの全て組み込まないと、シミュレータは、動き出さないか、動いてもとんでもない結果を吐き出してしまいます。

In order to make a same phenomenon in a computer, I have to embed bare minimum of parameter in the simulation. If not, the simulator doesn't start to work well, or put nonsensical values out.

逆に言えば、シミュレータが概ね妥当な結果を出しているということは、

「私が現象を、(概ね)正しく理解していること」

の、一つの傍証になる、と思うのです。

On the contrary, I think that it is a proof that I can almost understand the phenomenon correctly if the simulator output reasonable values.

(続く)

(To be continued)


2016-07-15 「シミュレーションは、究極の暴力である」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

Before, I wrote "number is a violence" in my diary.

この論を拡張すれば、

To extend this issue, the phrase of

「シミュレーションは、究極の暴力である」

"Simulation is a violence of violences"

とも言えます。

might be reasonable.

例えば、

For example,

数字に反論する為には、数字を使って反論しなければなりませんが、

To argue against a certain number, we can also use numbers.

シミュレーションに反論する為に、シミュレータのパラメータやモデルにケチをつけなければなりません。

Moreover, to argue a result of simulation, we can find fault with parameters or physical model of the simulator.

これは、プログラムに精通していない人にとっては、絶望的に困難なことです。

This is despairingly difficult to do them for people who don't know programming well.

私だって、人のプログラムのフローを理解して批判するのは、相当に難しい(というか、多分、できない)と思います。

I am afraid that it is also difficult for me, and I could not understand a logic of programs of others and find defects or bugs.

-----

しかし、シミュレータにもやっかいなことはあります。

However, simulator sometimes annoys me .

自分で作ったミュレーションの暴力が、自分自身にも及ぶということです。

The violence of simulation can reach people who has made the simulator.

シミュレータで、何かのデータを恣意的に導き出そうとすると、その部分は、複数のパラメータに波及して、シミュレータ全体のバランスを崩してしまいます。

If they want to tamper with data using remodeled simulator, on purpose, the remodeled parts begin to make an impact throughout whole simulator.

つまり、自分で作ったものにも関わらず、シミュレータは作り手の意図を無視して動くのです。

In short, simulators start to work beyond the reach of the producer's intention.

実際、私が考え出した仮説を検証する為に作ったシミュレータが、これまで、どれだけの私の仮説を、ぶち壊してきたことか。

In fact, I had a lot of experiments that some of my simulators would destroy my hypothesis perfectly, though I was a producer of the simulators.

For example, for this hypothesis of "diet transient phenomenon", I tried the simulations with more than 100 times of parameters patterns, and I confirmed to fail to get reasonable results. After all I had to abandon this hypothesis.

(続く)

(To be continued)


2016-07-16 ―― 半年間温めてきた仮説が、たったの数時間で破壊される [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

―― 半年間温めてきた仮説が、たったの数時間で破壊される

"Hypothesis that I have been thinking for half a year, is destroyed in just for a few hours"

これを暴力と言わず、なんと言いましょうか。

What should we say that except for "violence" ?

これは、「飼い主に手を噛まれる」などという、生優しい話ではないのです。

It is not enough to express "to be betrayed by a trusted follower"

シミュレーションは、本当に怖いんですよ。

I'm really scared of simulation.

------

さて、そろそろまとめに入りましょう。

Let's go to the conclusion.

私が何を言いたいかというと、

What I want to say,

―― ソフトウェアを使ったデータ改竄は、一種の芸術である

"Data tampering using the software is a kind of art"

ということなんですよ。

仮想空間の中において、物理法則に支配されたシミュレーションは、美しいのです。

In in the virtual space, simulator governed by the laws of physics, is beautiful.

-----

データ改竄が社会的に受けいれられる訳はありませんが、エンジニアリングに世界には、その世界のみで通じる、

Data tampering must not be accepted by society, however, there is

「改竄の美学」

"Esthetics of data tampering"

in the engineer's field.

があると思っています(私だけかもしれませんが)。

(It might that just I think so).

ソフトウェアで、出力データの引き算や足し算をしたような改竄なんぞをやっていたら

If they did the data tampering with subtraction and addition by software,

―― そういう改竄をやった会社なら、私は、死ぬまで軽蔑します。

I will look down on the company at the bottom of my heart.


2016-07-17 『色々なことに手を出し過ぎて、余裕がない』 [長年日記]

突然ですが、

Suddenly,

I remembered the phrase had pissed me off in the paper of personality diagnosis (JMI) which has been subjected in the company.

なんでも、私の生き方は、

It is said that, about my way of life,

『色々なことに手を出し過ぎて、余裕がない』

"You have no room to do many things at the same time"

のだそうです。

-----

ああ、そうだよ。

O.K. I agree to that.

この連休だって、コラムの執筆と、新しいソフウェアと、マイクロサーバの検討として、その合間に、プールで1kmほど泳いできて、夕食に名古屋名物のどてやきを試作してみたりと、

During these holiday, writing a column, studying new software and micro-server, going a pool and swimming 1000 meters, and cooking a new menu of stew,

正直、体のダルさが取れなくて、本気で困っているよ。

to tell the truth, I am in trouble not to take fatigue of the body.

-----

だが、そんなことは、私の勝手だろうが。

However, it is not your business.

心理テストだかなんだか知らんが、人の人生に「余裕がない」というのは、失礼にも程があるだろうが。

I don't know about this somehow psychological test, though,

for my life, "You have no room" is too rude isn't it?

なぜ、

Why this foolish test, called "JMI" doesn't say

「色々なことに手を出して、人生、充実していますね」

"Your life is wonderful, with a lot of new trials everyday" ?

と言えないのだ ―― このJMIとか言う、アホテストは。


2016-07-18 ―― しかし、老いても、私は、やっぱりカッコいいな [長年日記]

私は、滅多なことでは、鏡などを使って、自分の顔を見ることはありませんので、床屋にいって自分の顔を見ると、ギョっとします。

I rarely watch my face with a mirror in my daily life, so I am surprised to do it in a barber.

―― 老けたなぁ

"I become old"

特に、白髪が凄い。

Especially, getting gray is rapid pace,

頭髪全体の53%くらいが白髪になっています。

It has already been gray about 53% of whole of my head.

「白髪」と「苦労」の関係は、よく言われていますが、納得できるものがあります。

It is often said that there is a relationship between gray hair and burden, and I think it is reasonable.

なにしろ、私は20歳のころから白髪が多かったです。

Above all, when I was twenties, I had much gray hair.

私は、若いころから、常に「苦労」をし続けてきました ―― 結構、「無駄な苦労」もしてきたと思いますが、それでも「苦労」は「苦労」です。

I have had burdens since I was young, Of course, a lot of burden in the past, might be in vain, however burden is burden.

-----

しかし、ギョっとしつつも、

Frighteningly, however,

―― しかし、老いても、私は、やっぱりカッコいいな

"I am still cool even I become old"

と思えるところが、私の最大の「強み」だと思っています。

It is one of my maximum strengths, that I can think so.


2016-07-19 「その男性をずっと見守って、ホームから落ちていく様(さま)を、じっくりと観察する」 [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

"Let's turn the world by "Number" Accident resulting in injury or death (32) "

The reason why one-under doesn't decrease is that it is reasonable? "

-----

「その男性をずっと見守って、ホームから落ちていく様(さま)を、じっくりと観察する」

"To keep watching the man, and observe how the man is dropping down from a station platform. "

と言い切った主任研究員は、

The senior researcher said that,

実在します。

has existed.


2016-07-20 ―― 早く借金返して、ラクになりたい [長年日記]

私が利用させて頂いている小田急は、海外の観光客の方もよく利用されているようです。

Odakyuu-Dentetsu, I use everyday as a commuter, is also used by non-Japanese tourists.

小田急の下り方面は、「小田原」と「江ノ島」の2つの目的地があり、それぞれ「箱根」と「鎌倉」の中継点になっています。

There are two terminal station of Odakyu down line, "Odawara" and "Enosima". and the two stations are rely points toward "Hakone" and "Kamakura".

つまり、海外の観光客の人にとって、小田原線と江ノ島線を間違える可能性が結構高いことが推測され、実際にそのようです。

In short, for non-Japanese tourists. it might be high possibility to wrong Odawara-line and Enoshima-line, some person did it so.

今も、私の隣りに座っているのは、中国から観光に来られた方のようです。

The persons next me seat are likely to be tourists from China.

-----

スマホを眺めながら、電車の中で困っている様子を見ていると、声をかけたくなります。

When they watch their smartphone and seems to be in trouble on a train, I will want to say something.

これは、私が親切だからでは断じてなく、私が、これまで数限りなく、海外で助けて貰ったという「負債感」がそうさせるのです。

The reason why I want is that I am never kind, but I have "debt feeling" while having been helped by many people overseas.

つまり、

In conclusion, it means,

―― 早く借金返して、ラクになりたい

"I want to be easier as soon as returning my debt early"

です。

-----

明らかに英語を使っている、あるいは、欧州から来られたと思う人については、英語でしゃべりかけますが、通じるようです。

It might be no problem when they are English native speaker, or European people. In most cases, I can use English.

アジアの人も、若い人なら、英語でしゃべりかけてみます。こっちも概ね大丈夫です。

Even Asian young people are also O.K. about English.

問題は、明らかに中国語やハングル、または他の東南アジア系の言語をしゃべっていると思われる、中年以上の世代です。

My objective is to help senior tourists seems to speak Chinese, Hangul or other Southeast languages.

(続く)

(To be continued)


2016-07-21 「道案内を、一方的にしゃべるための中国語」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

この人たちは、相当の確率で英語は通じない。

I am afraid that these people cannot use English at hign rate.

通じない可能性が高い人に声をかけるのは勇気がいります。

I need a courage to speak people who I cannot communicate.

御互い、気不味さがハンパないですし、話が通じなかった時の「会話の落とし所」もよく分かりません。

I make someone feel embarrassed, and I con't know where the conversation is goint, if we cannot understand each other.

しかし、「そのような人達は助けられない」と決めつけて、諦めるのも残念です。

However, I am sorry that I give up helping them from the beginning.

-----

という訳で、どこかの出版社の方、

Therefore, I want to ask some publishing company to publish the following books

「道案内を、一方的にしゃべるための中国語」

"Chinese conversation to talk a blue streak for a direction."

とか、

or

「相手が何をいっているか分からなくても、しゃべる続けるためのハングル」

"Hangeul conversation to continue talking without understanding the contents"

とか、出版しませんか。

あるいは、小田急電鉄さんが、フレーズを10~20に限定した冊子を無償で配布する、などとしてくれたら、大歓迎です。

If Odakyu-Dentetsu Co. make a free booklet to describe less than 20 phrases of Chinese or Hangeul, it is wonderful for me.

会話の記述は、全て日本語(カタカタ)でO.K.です(どうせ、私は、中国語もハングルも読めないし)

There is no problem that the description of the phrases are Japanese(Katakana-character). I understand neither Chinese nor Hangeul.

そのパンフレットを手に取る人は、そんなに多くないかもしれません。

Not so much people will take the booklet, though,

しかし、合計40フレーズくらいなら、私はなんとか暗記します。

I will try to learn them by heart, even if less than 20 phrases.

-----

ま、この提案はさておき、これからは、小田急の路線図をA4印刷して、パウチにして持ち歩くことにします。

Well, the proposal sets aside, I am going to take a map of Odakyuu-line (A4 size).

これなら、会話ができなくても、路線図の路線や駅を「指差し」するだけでコミュニケーションできます。

If I take it, I can communcate using "point fingers" on the map.

少くとも、「気不味さ」や「会話の落とし所」を心配しなくてすみそうです。

At least I don't need to "make someone feel embarrassed" to worry about "where the conversation is goint, I think


2016-07-22 後輩:「江端さん、あいからわらず、自分が社会の異端者で特異点であることを、理解できていませんね」 [長年日記]

The other day, after I blamed JMI(mental health diagnosing test) in this diary, the "rude junior" called me.

新連載のレビューの後で、このJMIのことで、色々説教されました。

After reviewing the new series of my column, I got a lecture from him about the diary.

-----

後輩:「江端さん。あいからわずアホですねえ。心理テストで、江端さんの意に反する回答が出てくるなんて、当たり前じゃないですか」

Junior:"Ebata-san, you have been fool haven't you?" Do you think it is natural that the JMI's output is opposite of your hope.

江端:「なんでだよ」

Ebata:"Why can you say so?"

後輩:「あれは、普通の人間を対象にしたテストですよ」

Junior:"The targets of JMI are normal people"

江端:「はい?」

Ebata:"Pardon?"

後輩:「江端さん、あいからわらず、自分が社会の異端者で特異点であることを、理解できていませんね」

Junior:"Ebata-san, you cannot understand yourself at all. You are an outsider and a singular point."

江端:「だから、私は、異端者でも特異点でもないと・・・」

Ebata:"So I said that I am neither an outsider nor a singular point..."

後輩:「いいですか、江端さん。世の中のテストというものは、正規分布にしてσ(65%)か、2σ(95%)に入る人が対象なんです」

Junior:"Listen to me, Ebata-san. Generally, many tests make a target of the people who includes in σ or 2σ in normal distribution"

江端:「で?」

Ebata:"And ?"

後輩:「それが3σ(99.6%)どころか、もっと外側に位置している人間 ―― 1万人に一人とか、10万人に一人とか ―― 、そんな規格外の人間を、計測できる汎用的なテストなんて、ある訳がないでしょう」

Junior:"They don't care for the people extending the range of over 3σ, it means, one of ten thousand, or one of hundred thousand. Which kinds of common test can measure the extraordinary person ?"

(続く)

(To be continued)


2016-07-23 「JMIは「規格内の人間」を対象にしたテストなんですよ」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

江端:「『JMIでは私を計測できない』とでも言いたいのか?」

Ebata:"Do you want to say "JMI cannot measure me" ?"

後輩:「江端さんのJMI批判は失当です。あれではJMIが可哀想です。JMIは「規格内の人間」を対象にしたテストなんですよ」

Junior:"Your criticism against JMI is not fair. It is a pity, The targets of JMI are ordinal human being."

江端:「今日も『無礼』がキレキレだな」

Ebata:"Your rudeness is at your peak, today"

後輩:「なんで、そんなに母集団に帰属したがるんですか? 江端さんがTOEICで苦しんでいるのも、TOEICが悪いんじゃないですよ。TOEICは『人間の英語力』を判定するテストなんですから」

Junior:"Why do you want to belong to parent population ? About TOEIC, TOEIC is not guilty. TOEIC is a English test to measure a English capability of human being"

江端:「・・・」

Ebata:"..."

-----

後輩:「だから、私の心理テストのの判定は、いつだって、極めて納得のいくものですよ」

Junior:"So my JMI results satisfy me anytime"

江端:「は?」

Ebata:"What?"

後輩:「JMIは非常に妥当な結論を出してきます。何しろ、私は母集団に属している、普通の人間ですから」

Junior:"JMI always say valid conclusion. Above all I am ordinal human being, belonging to parent population"

江端:「・・・ふうっ、あぶないところだった」

Ebata:"...Oh.I have had a narrow escape just now."

後輩:「?」

Junior:"?"

江端:「その最後のセリフがなければ、今回の話、思わず、『納得してしまう』ところだったぞ」

Ebata:"Without your last phrase,I would come near to believe your logic"


2016-07-24 ■(2)ETGに加入すると結婚しやすくなる(かもしれない) [長年日記]

先週の金曜日、EtherCATの団体(EtherCAT Technology Group(ETG))の年次報告会に出席してきました。

Last Friday, I attended a regular meeting of EtherCAT Technology Group(ETG).

正確にいうと、ETG加入団体の社長さんからご招待を受けまして(私は、ETGのメンバではない)、聴講させて頂く機会を頂きました。

Actually speaking, I was invited to attend the meeting by the President of the ETG member company (Because I am not a member of the ETG), and had a chance to audit it.

今回の報告会で記憶に残っている点は、2つあります。

I had two big impressions in this meeting.

■(1)EtherCATのアプリケーション例の一つとして紹介された「家を作る3Dプリンタ」

(1)"3D printer to make a house", as one of EtherCAT applications.

正確に言うと、溶かしたプラスチックで3Dオブジェクトを作るものではなく、大型の産業用ロボットがブロックを並べていくというものでしたが、

To be precise, it was not to create a 3D object in the melted plastic, but large-scale industrial robots banks up many blocks side-by-side.

(EtherCATとは直接関係ないにしろ)パラダイムシフトでした。

"It was a paradigm shift" even without relationship of EtherCAT technology.

硬化プラスチックを使えば、ユニットバスと同じ理屈で、家だって作れるはずです。

With the hardening plastic, we can make a house as the same theory of "unit bath",

形成体だけなら、自動車だって、飛行機だって、ホイホイと作れるはずです。

Even forming body only, automobile, airplane, are going to be made easily.

IoT(Internet of Things)なんかより、"FieldLAN for Makers(製作者の為のフィールドLAN)(命名 江端)"の方を考える方が、私には、はるかに楽しいです。

It is much fun for me to come to think "Field LAN for Makers (named by Ebata)" than to think IoT than (Internet of Things).

■(2)ETGに加入すると結婚しやすくなる(かもしれない)

If joining the ETG, you are likely to get married (possibility)

ETG事務総長のマーティンさんが、冒頭のプレゼンテーションの最後に、各国のETGの代表の方の結婚式の写真を沢山紹介されていました。

Mr.Martin Rostan, an Executive Director of EtherCAT Technology Group, at the end of the beginning of the presentation, introduced us a lot of wedding photos of the couple of the representative of the ETG in each country.

ここから導かれる結論は「インターネットなんかより、フィールドLANに関わった方が、結婚しやすくなる」ということですね

The conclusion of his presentation, is , "easier to get married if we work for the field LAN, not the Internet.

―― うん、違うな。

Well, I know it is wrong.

(続く)

(To be continued)


2016-07-25 「ぷりてぃがーるず いん な あきはばらエリア」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

今回は、社長さんのご厚意で、懇親会にもご招待頂き、ETG事務総長のマーティンさんと直接お話する機会も頂きました。

This time, in the kindness of Mr. president, to invite me to the convivial party, I had the opportunity to talk directly with Mr.Martin Rostan, an Executive Director of EtherCAT Technology Group.

社長さんは、大変、英語が流暢な方なので、私はニコニコして横に立ってお話を聞いていればよかったのですが、

Mr. president's English was very fluent, so what I did was just to hear their conversation with smiling.

When the topic of my columns about the EtherCAT series was coming, Mr.Martin Rostan looked as puzzled with hearing the story of "Master and Maids".

-----

私も、ここぞとばかりに、すかさず、完璧かつ必要十分な英語で、解説を申し上げました。

Immediately, I said a perfect, necessary and sufficient English comment to him.

「ぷりてぃがーるず いん な あきはばらエリア」

"Pretty girls in an Akihabara area"

と、申し上げたところ、

―― 深く頷いておられた

He seemed to have nodded deeply,

みたいですので、

メイドの内容と、私のことは覚えて頂けたんじゃないかなー、と期待しています。

So, I expected that he remembered both the maids and me.


2016-07-26 『シュタインズゲートを思い出そう運動』 [長年日記]

私、自分が「アニメ好き」と思っていたのですが、「どうも、そうではないかなぁ」と思うようになってきました。

I think that I am an animation-lover, though, recently, I am afraid not.

好きなコンテンツが、たまたまアニメだったということのようです。

I happened to discover my favorite content, that was an animation.

ええ、"Steins;Gate(シュタインズゲート)"のことです。

Yes. It is "Steins;Gate".

-----

若者のネットカルチャーとの橋渡しをし、某機関の最新の研究も紹介し、新しいタイムマシンのパラダイムも提供した、あの名作「シュタインズゲート」 ――

The masterpiece "Steins;Gate" that bridged a gap between youth net cultures and me, introduced the latest activities of a certain research organization to me, and gave me a new paradigm of time-machine.

が、最近、人々の記憶から消えようとしているのを、私は危惧しています。

However, I am concerned about the masterpiece is fading out in the world.

気がついておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、私は、最近、たった一人で、

Some people might have already noticed it, these days I have started an activity

『シュタインズゲートを思い出そう運動』

"Remember Steins;Gate"

を実施中です。

-----

アニメといえば、「ヱヴァンゲリヲン」はビッグネームですが、私は、このアニメの第一作の前半で、興味を失いました。

Talking to animation, "Evangalion" is a big title, however I had come to lose interests to this contents.

このアニメは、

The attraction of this animation is

『メッセージが不明確、全体に漂う不安感』

"unclear message and uneasy feeling around all scenes"

に、その魅力があることは分かっているのですが、

I know it well though,

私のモットーである

I was afraid that it didn't adapt to my policy

『結論から先に言え』

"Bottom lines, first"

とは合わなかったようです。

-----

しかし、その設定は好きです。

I like the setting of the animation.

(続く)

(To be continued)


2016-07-27 『シュタインズゲートを思い出そう運動』(その2) [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

特に、エヴァの連続して稼動できる時間が数分間(6分?)のみ、というのも良いです。

Especially, I live the setting of ""Evangalion can continue to work only for six minutes"

これは、ウルトラマンが連続して戦闘できる時間が3分だけ、というのにも通じています。

This is similar to the battle period of Ultraman.

制限時間や締切があると、異様に燃えて、意外な力を発揮するのは、私達の日常生活でも観測できます。

We can observe that thank to deadline and time limit, we can bring out an extraordinal power with burning in our daily life.

-----

私のノートパソコンのバッテリーも、10年以上使い続けて、今や、電源から切り離された状態では、20分以上稼動することができません。

A battery of my NotePC has already exhausted, and the NotePC can continue to work for less than 20 minutes.

私は通勤電車の中で、毎日、この日記を書いていますので、20分以内の執筆完了が勝負です。

I am writing this diary in a commuter train everyday, so only 20 min. is give for writing time.

結構、苛酷な作業になっております。

It becomes hard for me, eventually.

「バッテリーくらい買えよ」と言われるかもしれませんが、

You might say that "buy another battery", however, the fact of

―― そのバッテリーの値段が、このノートPCの本体(中古)の値段より高い

"the cost of battery is more expensive than that of used this NotePC"

という事実が、私に購入を思い留まらせるのです。

makes me stop purchasing the battery.

まあ、それ以上に、そのバッテリーを購入する資金もないのですが。

Moreover, I have no money to buy it.

(そんな金があれば、EtherCATマスタを作るための、ラズベリーパイを購入したい)

Even if I have the money, I will prefer to buy a raspberry pie (board computer) to make EtherCAT master.

-----

と、今、ここで気がついたのですが、

I have noticed just now,

「エヴァ」の6分間は、なぜこのような制約がついたんでしたっけ?

"Would you please tell me why Eva should have a restriction of the six min ?"

もし、単なる資金の問題だとしたら、

If it is a problem of the cost,

なかなかショボイ理由で、―― 凄く共感できそうです。

the reason is poor, and I can sympathize with it.


2016-07-28 『シュタインズゲートを思い出そう運動』(その3) [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

新シリーズ始まりました。

A new series is coming.

"Over the AI ---- beyond a reach of our imagination"

"Can a senior research engineer dream a new intelligence over the AI? "

-----

『私は、現在の「人工知能ブーム」にケチをつけようという意図は全くありません。』

"I have no intention to put a stingy to the current "artificial intelligence boom".

と言った中堅主任研究員は、

The senior researcher said that,

実在します。

has existed.


2016-07-29 ―― どうしても、EtherCATの方にバイアスがかかってしまう [長年日記]

先日、大田区で開催された、産業用ネットワークのワークショップにでかけてきました。

The other day, I went to a workshop of industrial network in Ota-ku Tokyo.

終日、セミナー受講をしていたのですが、どうも、セミナーの内容に批判的になってしまって、困りました。

All the day, I attended some lecture of standard organization, however, I was in trouble that I came to view the lectures critically.

I kept writing the articles of EtherCAT,

■自宅のパソコンでEtherCATマスタを構築し、

I made the EtherCAT master in my home PC, and

I constructed the EtherCAT slaves with diving under the floor.

そういう私は、

―― どうしても、EtherCATの方にバイアスがかかってしまう

"I am bound to hear the lectures from the viewpoint of EtherCAT specifications"

EtherCATの規格を「ひいき目」に見てしまうのです、

I am bound to see EtherCAT in a favorable light.

こんな風に。

like the followings.

-----

―― 転送周期、なっがーい

"Long the transfer period"

―― 通信エラーでフレーム再送するくらいなら、連続転送続けたほうが簡単やん?

"Why re-trial of frame transfer against communication error ? Easy to continue to transfer the same frames ?"

―― スレーブとの通信なんか、スロットなんぞ作らんでも、SDOみたいなもんで別に通信すればいいやん?

"Does it need to a special slot to communicate with slaves ? Other protocol like SDO is enough isn't it?"

(なぜか関西弁風)

(with Kansai accent)

-----

一年間近く、EtherCATスレーブを擬人化した「メイドの絵」を描き続けてきた私は、

Almost for one year, I have been drawing "maids" that are personified as EtherCAT slave, so

もう、他の規格を素直に見られなくなっているようです。

I cannot grasp other standards of industrial network objectively.

来年は、私は、このワークショップ、来ない方がいいのかもしれません。

I will prefer not to go this workshop next year.

しかし、時々、この分野、大きな動きがあるから油断できないんですね、これが。

However, tidal waves are coming suddenly in this field, so I should have an eye open full-time.


2016-07-30 ―― 大であれ、小であれ、 [長年日記]

汚い話で恐縮ですが、しかし、これは多くの人も無関係ではないと思っていますが ――

This is a story lacking in sanitation, and I hate to say this, but many people is related to this issue.

トイレで用を足しながら、スマホや携帯を使っている人って、結構いますよね。

Quiet a few people use smart-phone and cell-phone while doing their needs.

―― 大であれ、小であれ

even it is solid or liquid.

-----

用を足しているという時間は、究極のアイドルタイムです。

A period of doing one's needs is extreme idle time for human being.

スマホで時間潰しするには、これほど実に適した時間はないと言えます。

I think that It must be suitable time to jack off using smart-phone.

そう考えると、用便タイムというのは、なかなか侮れない時間です。

The idle time to do one's need is redoubtable.

私の英単語や百人一首、平家物語の冒頭、日本国憲法の前文の暗記は、トイレの中で実施されたと断言して良いです。

I flatly say that my knowledge of English words, card game of the one hundred famous poems, an exordium of Tale of the Heike, and a preceding sentence of Constitution of Japan were established in restrooms.

ですから、我が家のトイレは、私が改造の限りを尽し、「江端家図書館」と呼べるほどの状態になっていますし、

So, I have already reformed the restroom of my house, like a small stock room, so called "the Ebata's library".

嫁さんが止めなければ、そして、娘達が「本を浴槽に放置する」ことに私が激怒していなければ、我が家の浴室は、「第二江端家図書館」となっていたことは、ほぼ間違いないです。

If my wife stopped it or I didn't get mad with "left a book in the bath room by daughter", I think that our bathroom would have reconstructed as "the second Ebata's library"

-----

ところが、先日、私は、大田区で開催されたワークショップで、この「スマホ during 用便」を見直そうと思わせる光景に遭遇したのです。

However, the other day, I faced a scene in the technical workshop in Ota-ku, and I thought I might stop "using phone in doing to my needs"

(続く)

(To be continued)


2016-07-31 ―― この人、何を考えて、自分のナニを撮影しているんだ? [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

―― この人、何を考えて、自分のナニを撮影しているんだ?

"Why has this person taken himself with what reason ?"

怖かった。

I was scared.

最初、「ナニを撮影している男性」を、怖いと思い、

First, I felt fear with the person who has taken himself by phone,

次に、(それが勘違いと分かった後で)、小便器でスマホを使うと『ナニを撮影している』と思われる可能性があることを、怖いと思い、

Second, I felt fear of the possibility that people might think "I take myself" when I use a smart-phone during the piss,

最後に、『そんなこと気にしたって、今更、何が変わる訳でもないしなー』と思えてしまった自分が、

Finally, I felt fear of me, because I came to think "what changes what, even if I am concerned about it"

一番怖かった。

That was the most scared.

-----

私のようにならないためにも、トイレでスマホを使うのは、止めた方がいいです。

I think you should not use smart-phone in a restroom, if you don't want to be like me.

あなたは、まだ「間に合う」かもしれないのだから。

Because you might still be "in time".