0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2013-07-29 次世代の「道徳」教育

私はYoutubeとかLine等のソーシャルメディアが登場してきたき、組織の内部告発などに活用されていくのだろうな、と思っていました。

しかし、

■イジメをしている当の本人がイジメている映像を流していたり、

■打ち合わせ中の顧客の悪口をツイートしていたり、

■来店した有名人の様子を逐次報告したり、

■店舗の機材(アイスクリーム冷凍保存装置)に入ったことを知らせたり、

と、

「お前たちには『脳』がインストールされていないのか」と言うような事件を、日々間当りにして、本当に驚いています。

-----

で、驚くべきことに、このような事件は、何度も同じパターンで、繰り返し起っています。

―― 学習能力がないのか?

とも思ったのですが、そうではなく、リアル世界とネット世界の棲み分けが理解できていないのだろう、と思っています。

「イジメの動画」「悪口」「職務に関する守秘義務情報」「悪ふざけ」は、リアル世界の閉じた空間と時間の中では ―― それほど大きな問題にならなくとも、

それがネット社会に流れ出ていった瞬間、化学反応に近い変化を起こして しまうことが、

―― 感覚的に理解できていない。

-----

この「感覚」を理解するには、なんども失敗を重ねて学習を続ければ良いのですが、ソーシャルメディアでの失敗は、「取り返しがつかない」ことがお多いのです。

私も結構な回数、失敗してきたのですが、そのネット世界の媒体が「電子メール」で留まっていたことは、今となっては幸運だと思います。

当時の電子メールが「火縄銃」だとすると、今のソーシャルメディアは「大量破壊兵器」くらい、一度失敗すると取り返しがつかないからです。

事実、ソーシャルメディアでのたった一回の失敗で、

■職を追われ、

■会社がつぶれ、

■写真、実名、経歴、過去の全てが晒され、

■100年のブランド価値が1日で瓦解し、

そして、

■自殺にまで追い込まれる

高齢者が、このようなネット媒体を忌避するのは、それが使い熟せなのではなく、その「恐しさ」を直感的に理解しているからではないか、とまで思い始めてきました。

-----

もはや、ネット社会と離れて生きることは難しい。

ならば、学校教育において、ネットワークの構造、文章の書き方、トラブルシューティングを、ケーススタディで一つ一つ教えていくしかないでしょう。

私は「道徳」といく教科が、(その名前からして)大嫌いなのですが、このネット社会の教育は、この「道徳」の時間こそが、ピッタリ当てはまるような気がします。


2014-07-29 時々、ファンレター(メール)を頂くことがあります。

時々、ファンレター(メール)を頂くことがあります。

Sometimes, I get fan letter (mail) from my blog's readers.

元気が出ます。

It makes me feel perky.

トピックで言えば「英語に愛されない」「性同一性障害」「原発事故」などが多いようです。

There seems to be the topics of “English", "GID", "and accident at a nuclear power generation plant".

私の作品が、誰かの何かの役に立っているのであれば、幸せなことだと思います。

If my works make someone happy and are useful for them, I can feel happy.

-----

先日、

The other day, I got a mail, including the following phase.

『私は江端様のおかげで「Steins;Gate」と出会うことができました』

"I can meet "Steins;Gate". Thank you so much "

と書かれたファンレターを頂きました。

―― これは、「私」のおかげではなくて「Steins;Gate」おかげだよな

Though I think that this is not for me, but for "Steins;Gate" itself,

と思いながらも、

もしかしたら、私が意図しないうちに、

Without my intention, I might claim that

「年齢に関係なく、アニメであろうがコミックであろうが、良いものは良いのだ」

"Regardless of age, anything good is good, even if it is animation and comic."

「年齢を気にしていたら、人生を損するぞ」

"If you worry about your age, you lose your life".

というメッセージが届いたのであれば、これは「私のおかげ」といっても良いのかもしれないな、などと考えています。

If I have sent the above messages to someone, I think that it is O.K. for you to thank me.

(という訳で、本日の日記は、ファンレターへのお返事ということで)


2015-07-29 江端さん、あなた、一体何やってるんですか?

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, a new column is released, so I take a day off.

Mr.Ebata's struggling for DIY Home Security System by EtherCAT(5) "Telepathy communication between master and maids"

-----

―― EtherCATの連載なんですよね? 江端さん、あなた、一体何やってるんですか?

"This is a serialization of EtherCat isn't it? Ebata-san, What are you doing on earth?"

と冷たい言葉で言い放ち、

with turning a cold shoulder to me,

編集担当者のMさんとの協議の上、原稿の大修正に追い込んだ

driving almost all of my work modify, after discussing the meeting with the editor in charge,

そういう後輩は、

the junior coworker

―― 実在します。

has existed.


2016-07-29 ―― どうしても、EtherCATの方にバイアスがかかってしまう

先日、大田区で開催された、産業用ネットワークのワークショップにでかけてきました。

The other day, I went to a workshop of industrial network in Ota-ku Tokyo.

終日、セミナー受講をしていたのですが、どうも、セミナーの内容に批判的になってしまって、困りました。

All the day, I attended some lecture of standard organization, however, I was in trouble that I came to view the lectures critically.

I kept writing the articles of EtherCAT,

■自宅のパソコンでEtherCATマスタを構築し、

I made the EtherCAT master in my home PC, and

I constructed the EtherCAT slaves with diving under the floor.

そういう私は、

―― どうしても、EtherCATの方にバイアスがかかってしまう

"I am bound to hear the lectures from the viewpoint of EtherCAT specifications"

EtherCATの規格を「ひいき目」に見てしまうのです、

I am bound to see EtherCAT in a favorable light.

こんな風に。

like the followings.

-----

―― 転送周期、なっがーい

"Long the transfer period"

―― 通信エラーでフレーム再送するくらいなら、連続転送続けたほうが簡単やん?

"Why re-trial of frame transfer against communication error ? Easy to continue to transfer the same frames ?"

―― スレーブとの通信なんか、スロットなんぞ作らんでも、SDOみたいなもんで別に通信すればいいやん?

"Does it need to a special slot to communicate with slaves ? Other protocol like SDO is enough isn't it?"

(なぜか関西弁風)

(with Kansai accent)

-----

一年間近く、EtherCATスレーブを擬人化した「メイドの絵」を描き続けてきた私は、

Almost for one year, I have been drawing "maids" that are personified as EtherCAT slave, so

もう、他の規格を素直に見られなくなっているようです。

I cannot grasp other standards of industrial network objectively.

来年は、私は、このワークショップ、来ない方がいいのかもしれません。

I will prefer not to go this workshop next year.

しかし、時々、この分野、大きな動きがあるから油断できないんですね、これが。

However, tidal waves are coming suddenly in this field, so I should have an eye open full-time.


2017-07-29 『江端さん、そんなことできるんですか? 』

先日、町内会のイベントがあった時に、一緒に広報の仕事をさせて頂いている人とお話しました。

When I had an event of a neighborhood association the other day, I talked with a person who is working with the public relations work together.

私は、かねがね、町内の公民館にインターネット回線を敷設したいと考えていましたが、現状の設備や、町内会の予算を考慮すると、難しそうであることが分ってきました。

I thought that I wanted to lay Internet lines in public hall in the town. Considering the current facilities and the budget of the neighborhood association, it seems to be difficult.

その一方、とある行政機関が、公民館の付近にネットワーク回線を敷設しているという話を知りましたので、いつもの様に、軽い感じで、

Meanwhile, since I heard the information that an administrative agencies have installed a network line in the public halls, I said as usual,

江端:「そのネットワーク回線に侵入できたらいいのですが、違法ですからね」

Ebata: "If we can break into the network line, it is illegal to

と、しゃべってしまった瞬間、相手の方の体が硬ばって、警戒モードに入ったことを、感じました。

At he moment, I felt that my opponent's body got stiff and entered into alert mode.

『江端さん、そんなことできるんですか? 』

"Can you do that, Ebata-san ?"

-----

勿論、

Of course,

■有線ではEtherNet以外の媒体ではプロトコル解析できないし、

- For wired networks, I cannot analyze protocols except for EtherNet,

■無線LANであったとしても、軽いセキュリティ(WEPのコードの短いやつ)でなければ、パスワード破れないし

- Even if it is a wireless LAN, I cannot break password except for light security (short on WEP code)

■そもそも、ハッキングするくらいなら、普通にプロバイダ契約した方が、圧倒的にコストが安いし、

- above all, the cost of hacking is more expensive than making a contract with provider overwhelmingly.

のですが、

However,

―― 多分、問題はそこにはなく、

Perhaps the problem is not there.

江端という奴は、

People who was called "Ebata",

「様々な可能性の1つに、『ハッキング』というオプションが入ってくる人間」

has the option" hacking" in variety of possibilities.

という点において、市井の人々が、警戒モードに入るのに十分だったのでしょう。

It might be enough for ordinary people to enter into alert mode.

-----

会社にいるときと、町内会にいるときでは、「会話モード」に気をつけなければならない、と気を引きしめました。

I felt that I had to pay attention to "conversation mode", when I am in my company or neighborhood association.


2018-07-29 『「良縁御守」を必要とする女子高生って、どうよ?』

さて、ここ数日、出雲大社ネタが続きましたが、出雲大社のオオクニヌシノミコトと言えば「縁結びの神様」として有名です。

For several days, I continue the story of "Izumo Taisha", and the popular story about the god "Ookuninushi-no-Mikoto" is as "god of marriage".

私、神社に行くと、絵馬のメッセージを見るのが楽しみなのです(悪趣味ですが)が、出雲大社は「縁結びの神様」としてのコンセプトが明確なので、絵馬のメッセージにも、あまりバラエティがありませんでした。

Whenever I go to a shrine, I am looking forward to watching messages of votive tablet.(It it bad taste). However, the concept of "Izumo-Taisha"

大半が「良縁に恵まれますように」という内容で、「◯◯さんと、結婚できますように」という特定の人物をポイントしたものは少なかったように思います。

Most of the contents say "I would like to have a good match".I think that few things pointed to a specific person "I would like to marry Mr./Ms. XXXXXX."

そんな中でも、特にインパクトが大きかったものは、以下の2つ。

Among them, one of the greatest impact are the following two.

■「『悪縁を断ち、良縁に恵まれますように』

"Breaking bad match, I hope that good match is coming."

―― 私、"悪縁"という手書き文字を見たのは、これが初めてでした。

This was the first time I saw a handwritten character "bad match".

■『柏市の◯◯店舗の店長、◯◯◯◯が、妻の◯◯◯◯と別れて、私◯◯◯◯と結婚しますように』(◯は全て実名)

"The store manager of ◯◯ store in Kashiwa City,◯◯◯◯" will divorce with his wife's ◯◯◯◯ and he will marry me ◯◯◯◯ "(◯ is all real name)

―― 何があったか知らんし、知りたくもないが、この願いは、叶わない方が(アンタも含めて)全員が幸せになると思う。うん、先ずは『個人情報保護』の常識の勉強から始めようか

I do not want to know what happened and I do not want to know, but I think that your wish will not make everyone happy (including you). Well, let you begin with studying common sense of "personal information protection" for the first time.

てなことを考えていました。

-----

娘たちに、シャレで『良縁御守』を買って行こうかと思ったのですが、家族から「セクハラだ!」と責められるリスクを負うべきではない、と考えて、差し控えることにしました。

I thought that I would buy a "good match amulet" to my daughters at the shrine, however, I decided to refrain from doing it. I should not bear the risk of being accused of being sexually harassed by my family.

―― という話を、帰宅後にしたら、逆に娘たちから怒られました。

After talking back home, I got angry from my girls unexpectedly.

「何で買ってこなかったの!」と、高校の次女に責められた時、

"When I was accused by the second daughter of high school," why did not you buy it!

『「良縁御守」を必要とする女子高生って、どうよ?』

I thought "How do you think a school girl who want to a "good match amulet""

とも思ったのですが、もちろん余計なことは言わずにおきました。

Of course I did not say any extra things.


2019-07-29 ―― なんだか、だんだん腹立ってきたなぁ

例えば、上記の、コンビニ本の他にも、

For example, besides the above convenience store books,

■退職した幹部OBの講演会(出席が業務命令される)

- Lectures of retired senior executives (order to attend as an instruction)

■ベンチャー会社のサクセスストーリーの業界記事

- Venture Company Success Story Articles

■覚醒剤で収監された芸能人が立ち直るまでの闘病記

- Fighting illness record, up to "relive" by entertainer jailed with stimulant

■親に虐待された子供が、それを乗り越えて、幸せな家庭を築くまでのプロセス

- Process for children being abused by parents to get over it and build a happy family

私が、これらのコンテンツには一定の価値があることを認めつつも、「不愉快」と言い切る理由 ――

The reason why I say "offensive" while admitting that these contents have a certain value.

それは、これらのケースが"激レア"であるのにも関わらず、

is, despite the fact that the case from now on is "super rare",

それが、「本人の努力で100%実現可能」かのように見せつける、その傲慢さにあります。

arrogance to show as if it were "100% realizable with your own effort".

------

■退職した社会人の多くは、その虚無感で死にそうになっているという事実

- The fact that many retired workers are likely to die due to their emptiness

■起業は、その90%以上が失敗して終わっているという事実

- The fact that more than 90% of entrepreneurship ends with failure

■覚醒剤による再犯率が6割を軽く越えている事実

- The fact that the recidivism rate due to stimulants is slightly over 60%

■虐待された子供が、親となった時にその虐待を連鎖させているという事実

- The fact that abused children chain their abuse when they become parents

-----

―― なんだか、だんだん腹立ってきたなぁ

"Somehow, I was getting angry"

私は、

I want to check for yourself, confirm for yourself

「自分の失敗を」

"my failure"

「自分の能力の卑小さを」

"my little ability"

「自分の器の小ささを」

"my intolerance"

自分で確認し、自分で確定する為だけに、更なる「オープニング(公開)」がしたくなってきました。

and open them by myself more.

(すでに、この日記などで、自分の貧弱な英語力を晒していますが)。

(Although I have already exposed my poor English skills in this diary etc.).

-----

With Angie's words, "The reward for what I did hard, is only what I did hard"

I want to scream at the center of the world.

「"本人の努力で100%実現可能なこと"なんてことは、ほとんどない」

"Almost nothing to realize "100%" with my own effort"

と、世界の中心で叫んでやる ―― という気持ちになっています。