2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|

2014-05-01 学生実験の計算結果を、コンピュータで検証するという、課題にもなっていないことに対して、挑戦をした私は、―― 本当に、エラい奴でした。 [長年日記]

私が生まれて初めてコンピュータというものにふれたのは、大学の大型計算機センタでした。

The first computer I had used in my life was in college computer center.

大学2年生の時だったと思います。

I think that I was second grade.

TSS(タイムシェアリングシステム)方式を採用していた、そのコンピュータは、当時貴重な資源でした。

The computer was composed of TSS (Time sharing system), and was enormous valuable resource in those days.

学生に与えられたコンピュータの実行時間は、数十分しかなく(それも年間で、です)、しかも一回の計算時間は70秒以内に限定されていました(あ、なんか腹立ってきた)。

The college student use the computer resource for several ten minutes in a year, and the sequence calculation time was in 70 seconds.

本当の話です。

It was a true story.

当時、コンピュータを真面目に使っている学生は、ほとんどいませんでした。私にしても、ある友人の影響がなければ、コンピュータなど使うことはなかったと思います。

In those days, few students had used the computer seriously. In my case, I would have use it if my friend had not advised me how to use it,

学生実験の計算結果を、コンピュータで検証するという、課題にもなっていないことに対して、挑戦をした私は、―― 本当に、エラい奴でした。

I was really great student, because I had tried to verify the experiment result with the computer calculation.

私が挑戦したのが、熱伝対の熱伝導特性の実験結果が、熱伝導モデルを使った大型計算機の計算結果と一致するか、否か(まあ、面倒くさい話なので、無視して貰って結構ですが)を、

What my trial was to check the difference between result of experiment of thermoelectric couple and the calculation (You don't ignore such a complicated story.)

70秒直前に、計算結果をプリントアウトして、さらに、それを手入力で、次の70秒の計算の為のパラメータとして入力する。

Just before 70 seconds was passed, I wrote down the output number and I enter the number to the computer again. I retried again and again.

そのような、泥沼のような作業と、何回かの失敗の後で、実験結果と、コンピュータの計算結果が、キレイに一致した時の感動は、もうなんといったらいいか、

After many miry burdens and failures, what should I say when I could find the perfect matching between two.

―― エクスタシー

ですね

It was an ecstasy.

-----

帰宅の電車の中で、スマホを使ってゲームに興じている人を見ると、

When I see a person who enjoy a game by Smartphone on my way home,

―― ああ、そのCPUパワー、もったいない

Oh, never waste that CPU power,

と、いらんこと考えてしまう訳ですよ。

I become thinking what I don't have to think.

『そのCPUパワーで、原発事故の汚染地区の経年シミュレーションをやってくれればいいのに』、と。

How would you use your CPU power for the time-scale simulation of contaminated areas of the nuclear accident?

ええ、本当に「いらんことを言っている」という自覚は、十分にあるのですが。

Yes, I do understand that I am saying something meaningless.


2014-05-02 私は、「真面目に掃除をしない者」を、職務上の立場を利用して、不利益を与えるなどという卑怯なことは、―― 滅多―― にしない [長年日記]

私は最近、安全衛生に関する業務を担当しているという話をしました。

I told you that I am in charge of the safety and health committee recently.

「全員、掃除を真面目に取り組むように」というメールを出した直後に、

After sending mail to colleagues in my research department "Do sweep seriously".

I happened to release this diary.

-----

後日、後輩の一人が、おずおずと私の席にやってきて、言い出しました。

Later, one of junior colleagues hesitantly came to my desk, started to bring up.

後輩:「江端さん。掃除のことでお怒りになっているのでしょうか?」

"Ebata-san. Do you angry with us about the sweeping?"

一瞬、なんのことか分からずに、頭が空白になりましたが、後輩から説明を受けて理解するに至りました。

However I didn't understand what he said for a moment and my mind became a complete blank, I heard him and could get his intentions finally.

なるほど、そうきたか。

So that's the way. it's going to be, huh?

確かに、上記のメールと日記を関連付けると、そのような解釈は可能でしょう。

Certainly, it might be possible for him to understand it, if he associate the above mail and diary.

-----

私は慌てて、以下の釈明のメールを出しました。

I was rushing at the following mail to the department.

=========================

■「私の日記の内容と、私の警告メールには、全く関係はない。不要に怯えないように。

- There is no relationship between my diary and warning mail. Don't be scared of me more than needs.

■私は、「真面目に掃除をしない者」を、職務上の立場を利用して、不利益を与えるなどという卑怯なことは、―― 滅多―― にしない

- I SELDOM give you unfair demerit with taking advantage of official power, even if you skip sweeping.

=========================

なんか、その後、特に若い研究員が、掃除機を「奪いあって」、掃除を始めているように見えましたが、多分、私の気のせいでしょう。

After sending the mail, colleagues, especially youth, started sweeping with commandeer cleaners, however it might just be my imagination.

-----

江端:「だいたい、私を怒らせたところで、君たちの将来には、髪の毛程の影響もないだろう?」

"To begin with, if you make me angry, what impacts are in your future?"

後輩:「・・・」

"...."

江端:「私はラインではないし、人事に関する権限もないし、そもそも予算をコントロールする立場にないぞ。一体、何を恐れる必要があるというんだ」

"I am out of line, have no authority of HR and budgets. Why are you scared of me?"

後輩:「でも、江端さんは、『会社の枠組みを越えた所』に、他の上司には絶対持てないような、『妙な権力基盤』を持っているじゃないですか!」

"Ebata-san. You have a strange power infrastructure outside, that nobody could not get easily.

江端:「はぁ? なんじゃ、そりゃ」

"Well? what is it?"

後輩:「・・・」

"...."

江端:「あ」

"Ugh."

-----

そうかー、そういうことかーー。

So that explains it.

意識したこともなかったけど、そういう風にも見えるかもしれないなーー

Though I was aware of that, someone can look at me from the view.

と、深く考え込んでしまいました。

I thought out it deeply,

-----

それは「言葉の濫用」という名の『妙な権力基盤』

It is a strange power infrastructure, whose name is "abuse of literature".


2014-05-03 屋根がついているところで、体温が維持できるあれば、人間は野宿は可能です。 [長年日記]

先日、 NHKスペシャル 「震災ビックデータ File3 "首都パニック"を回避せよ」を見ていました。

The other day, I watched the program "Earthquake disaster Big data --How to avoid metropolitan panic"

駅の周辺に、危険な状況になる位、人が集ってきているというシミュレーション結果を見て、違和感を感じました。

I felt odd when I saw the simulation result of gathering people around the station, after the disaster happened."

私は、震災直後に、早々に帰宅を諦める決断をしていました。

In my case, I decided not to go home just after the time when the earthquake occurred.

-----

もっとも、これは、たまたま家族の安否が確認できて、ホッとしていた状態だったから選択できたオプションだろうと思います。

Of course, why I selected the option was to be relieved to hear all of my family safe.

共働きの夫婦で、子どもの所在が不明であれば、命がけでも帰宅したいと思うのは当然でしょうからね。

It was natural for twin-track couple to want to go home to know the children safe for their life.

とは言え、数万人が駅に集っている状態であれば、運行が再開されたとしても、直ぐに乗車できるわけではなし、そのような状況での交通機関の利用は命に関わる選択です。

On the other hand, they could not get on trains and bus immediately even if public transportation system starts. Moreover, that choice was really crucial.

その番組を見て、私が直感したことは、

What I made a sense is that

―― 今の日本人には、「野宿」という考え方がない

there are few person who has the concept of "rough sleeping".

ということでした。

-----

私は、畳んであったダンボール箱と、大量の新聞紙を脇に抱えて、冷蔵庫の中の飲料水をかっぱらって(あとで返却しておきましたが)、ある場所に一人で隠れていました。

In my case, I folded a lot of cardboard boxes and newspapers and rapped drinking water in the fridge(I returned later),I was hiding alone in a place .

そして会社の非難グッズの防寒シートを被って、暗闇の中、一人で一晩中ラジオを聞き入りながら、仮眠を取っていました。

And I was wearing a cold protection sheet of evacuation goods, listening to the radio all night alone, and taking a nap.

屋根がついているところで、体温が維持できるあれば、人間は野宿は可能です。

Wherever we can keep our life on rough sleeping if the roof is on and keep body temperature.

そもそも、人類が住居という概念に至ったのは、つい最近のことですからね。

First of all, we could reach the concept that humanity residence recently.


2014-05-04 ちょっと気になって、事実婚の人口を調べてみました [長年日記]

本日の日記は、本当の忘備録です。せっかく計算したのに無くすのがもったいないので、以下に残します。

Today's diary is a really reminder. I think it was a waste to have to eliminate the calculation. I leave the result as the follow.

-----

ちょっと気になって、事実婚の人口を調べてみました。

I tried to examine the population of the fact marriage.

データ絶無でした。

There is no data.

いーかげんな意見は沢山あったのですけどね。

I could find out a lot of ambiguity, though.

『たった1%なんていっている人がいる。これは政府の陰謀だ」

"Someone said that "the radio is only 1%, It is a government scheme"

『分かるだけないだろうが。1~2割に決まっているだろう」

"Who knows that, but it should range from 10% to 20%"

事実婚を届け出る手段がないのですから、データがないのは当然で、国勢調査でも出てくる訳がありません。

Since I do not have means to notify the fact marriage, no data is natural, there is no reason to come out in the census.

しかし、そうならそうで、自分で計算しようとは思わないのかと、不思議です。

I wonder why the above person try to calculate it by theirselves.

人を説得するものでなくとも、少くとも自分は納得できるだろうに、と。

The result make you satisfy yourself, even if it is not correct.

「分からなければ、計算してみる」ということで、今回も挑戦してみました。

Senior researcher Mr.Ebata's policy is "If you do not know, try to calculate". I tried on the challenge on this time.

手段は「電卓」。精度は「ザックリ感が分かれは良い」とし、細かいことは無視しました。

I use "calculator". "Roughly values are good," and I ignore the details.

-----

ネット上で拾ったデータをかきあつめて、引き算で算出するという方法にしました(というか、それしかない)。

I use the way to gather some data from the internet, and to calculate by subtracting.

■我が国の2010 年における「シングル・マザー」の総数は、108万2千人(http://www.stat.go.jp/training/2kenkyu/pdf/zuhyou/single4.pdf)

The total number in 2010 Japan's "single-mother" is 1,082 thousand.

■我が国の2010年における「シングル・ファーザー」の総数20万4千人(http://www.stat.go.jp/training/2kenkyu/pdf/zuhyou/singlef2.pdf)

The total number in 2010 Japan's "single-father" is 204 thousand.

■婚姻件数は3290万2千組(6580.4万人)

The sets of marriage number is 32.9 million.

■共稼ぎは1429万7千組、専業主婦世帯は1495万2千組(厚労省『国民生活基礎調査』(平成22年度))

The twin-track is 14.297 million pairs, and the full-time homemaker households is 14.952 million pairs.

ここでちょっと電卓叩いてみました。

I tried to calculate a little here.

===============

形式婚人口(女性)に対するシングルマザー人口の比率は、3.3%

The ratio of the single mother population to format marriage is 3.3%

形式婚人口(男性)に対するシングルファーザー人口の比率は、0.6%

The ratio of the single father population to format marriage is 0.6%

===============

数値としては小さい。

The number is small hopelessly.

シングルマザー、ファザーに対する保護が十分でない理由は、この比率の小ささもあるかもしれません。

The reason for this population's support is not sufficient, might there be small as this ratio.

(続く)

To be continued.


2014-05-05 以上より、「事実婚は形式婚の約1.9%程度」という結果になりそうです。 [長年日記]

昨日の続きです。

It is a continuation of yesterday.

しかし、上記のデータには、「シングルマザー、シングルファーザーが養う子どもの数」が分かりません。

However, as for the data of the above, I don't know the number of children of single mother and single father.

データを勝手に使わせておいてもらって、ずうずうしいとも思いますが、

Although I think that I ask them allowed use without permission data,even the brazen, I would like to say,

―― そのくらい付けておけ

Leave the data in the report.

と言いたいです。

----

ただ出生率の傾向は、形式婚であろうが事実婚であろうが同じなのので、嫡出子と非嫡出子の比率が、概ね反映されると想定できます。

I can assume the trend of birth rate will be reflected by format marriage generally, so the proportion of legitimate and illegitimate children seems to be same

現在、

Now,

嫡出子:非嫡出子 = 97.9% : 2.1%

legitimate : illegitimate = 97.9% : 2.1%

出生比率のバランスは一様と考えられますので、形式婚以外の人口も2.1%と推定されます。

The balance of birth ratio seems to be same, so the population of extra-format marriage might be also 2.1%.

さて、ここで、(極めて乱暴に)形式婚以外の人口を2.1%から乗算してみますと、138万2千人になります。

Well, I tried to calculate roughly the above population from the estimation, The result was 1.38 million.

ここから、シングルマザーとシングルファーザーの人口を引くと、事実婚人口は9.6万人となります。

From here, subtracting the population of single-father and single mother, marriage fact population is 96 thousand people.

すると事実婚人口/(形式婚人口+事実婚人口) = 0.1%となる。

The radio of fact marriage population is going to only 0.1%.

―― これは、変だ

It's a strange.

―― いくらなんでも、少なすぎる

No matter how I look at it, it is too small.

----

暫く考えて、勘違いしていることに気がつきました。

Given some time, I have noticed my mistake.

非嫡出子の条件を間違っていたのです。

I misunderstood that the conditions of illegitimate children.

非嫡出子となるのは、未婚のシングルマーザ、未婚のシングルファーザーに限られる訳です。

I had to extract the condition is for only unmarried single mother and father.

これは、それぞれ12.2%と15.9%です。

This is 15.9% and 12.2%, respectively.

138.2万人 - 108.2万人 x 0.122 - 20.4万人 x 0.159 = 121.8万人

1.382 million - 1.082 million x 0.122 - 0.204 million x 0.159 = 1.218 million

121.8万人 / 138.2万人 x 2.1% = 1.9%

1.218 million / 1.382 million x 2.1% = 1.9%

----

以上より、「事実婚は形式婚の約1.9%程度」

Thus, "the fact marriage is about to 1.9% of the format marriage"

つまり、「50組に1組は、事実婚と推定できる」という結果になりそうです。

In other words, it is likely to result "One of 50 pairs, can be estimated with the fact marriage".


2014-05-06 「権力の犬」という連載やってみたい。 [長年日記]

ふと思いついたのですが、

Suddenly occur to an idea, I think that I want to start the serialization

「権力の犬」

"A dog of power"

という連載やってみたいな、という気になってきました。

政治や政府批判なんて、腐る程あって、差別化できませんし、今更、読む気にもなりません。

The criticism of polite and government is bored and dull to read.

ならば、逆のアプローチをやってみるのも一興かと。

So I think that the reversed approach must be interesting.

「政府や与党、野党、右や左の政治結社などの感動的ストーリーを集めて、権力を褒め称え、ヨイショするコラム」というのは、結構ウケるのではないかと考えています。

I try to gather some moved stories of government, ruling party, opposition party, and right or left-wings and give credit to power.

The above columns might become popular for people.

これは、これまで、左や右を「傍観」してきた、私の立ち位置だからこそ、できるような気がするのです。

The column is suitable for me, because I have been just looking at many political movement in my life.

-----

勿論、裏の目的はあります。

Of course, I have another purpose.

「御用コラムニスト」として、権力との対立を回避しつつ、コネを作り、あるいは弱味を握って、安寧な老後を送ることです。

I want to become a "movement writer" in order to avoid conflict against power, make connection and hold their week points, and eventually I get to live in security and money.


2014-05-07 『ITの世界の人間は、メディアに出たがるようです』 [長年日記]

先月、編集部の方とお合いした際に、興味深いお話を聞きました。

Last month, when I had a meeting with a editorial staff, I heard an interesting talk.

『ITの世界の人間は、メディアに出たがるようです』

"Persons who live in IT field are apt to appeal to themselves.”

確かにそうかもしれません。自分の会社のサービスを絶賛し、自分の人生や自分の生き方を、高らかに主張される方が多いように感じます。

I could agree with him. The persons are likely to admire their company services, and applaud the life and living.

もちろん、それは自社のPRを兼ねているとは思いますが。

Of course, they want to advertise their company services.

『比して、エンジニアは、目立つことを好まれないようです』

On the other hand, engineers don't like to stand out in the crowd.

これも確かにそうかもしれないと思いました。

I also give him approval too.

自分の技術を過大に評価せず、他人に誇張して伝えることもなく、ただ技術を高めていくことにのみ興味があるという人間が多いです。

Many engineers hesitate to attach a high value to them and to exaggerate their fruits. They seem to be just interested in brushing up their technologies.

例えば、私が、その人の技術を、どれほど凄い技術かと説いても納得してくれず、私は、何回か、その人の代わりに特許明細書を執筆したことがあります(勿論、主筆発明者は、私ではありません)。

For example, however I have asked engineers who have amazing technologies to write the patent specification, he never accept my opinion. As a last resort, I have written for him.

-----

打合せを終って、地下鉄に乗りかけたとき、ふと気がつきました。

After the meeting, when I was about to get on subway, I understood his intentions.

―― ああ、なるほど。私の存在意義は、「そこ」にある訳だ。

"I got it. My significance of existence is there."

メディアにコラムを寄稿するエンジニアというのは、確かに珍しいだろうと思います。

I think that the engineer who contributes columns to media is really remarkable.


2014-05-08 困るんですよ、保険会社の広報の皆さん。 [長年日記]

今、子どもにかかる経費の計算をしています。具体的には、子どもを一人育てる為に必要な金額を算出しています。

Now I calculate the cost of children. In detail, I try to show you the total money of life and education cost for one child.

ネット上の基礎データを色々調べてみたのですが、これが我が家のケースに全然当て嵌らないのです。

However I have investigated many data on web sites, I could not match the data with my daughter's cases.

ある保険会社のデータでは、子どもに、一月に1万7千円(それも22年間)のこずかいを与え続けているというデータがあったのですが、

As for the data of an insurance company, one child monthly allowance is more than 17,000 yen for 22 years.

―― それって本当か?

"Is that really?"

って思いますよね。

I think you will agree with me.

2週間に1回だけ行くことに決めている、1000円のサウナ付きの大衆浴場が、家長である私の唯一の娯楽の日々なのに、子どもに1万7千円も渡せる訳がない。

Though my only entertainment is to go public bathhouse with sauna twice a month, why can I pay for the allowances to my daughters?

さらに、学費保険のWebサイトに掲載されている学費データは、東京都が発表しているデータの2倍から3倍も高い。

Moreover, the data of education cost on an insurance company's web site is twice and third higher than Tokyo Metropolitan Government.

たくみに、食費、遊興費などを含ませていますが、それは学費ではありません。

I could find out that they added money for food and debauchery into the school fees in secret. But it is not the education cost.

-----

困るんですよ、保険会社の広報の皆さん。

I am annoyed with you, press officers of the insurance company.

保険加入の勧誘に、これらの数値を使うことが有効であることは認めますけど、論理付けのできない、あるいは、故意の錯誤を起こさせるような数字を生成して、素人を騙すのは、信義則違反ですよ。

I could understand that you use such numeric for your invitation, but it is faithless to use non-logic or intentionally par praxis numbers.

私は、正確な値がないとシミュレーションできないし、正しい数値がないと、正しいコラムが執筆できないのですが、このゴールデンウィーク中に、あなたがたの虚偽のデータで試算した私のコラムは、全部パーですよ。

I could not simulate the cost without accurate values, and not write my column with accurate information.

My column I wrote during this Golden week was all in vain.

一体どうしてくれるんですか。

How do you compensate this damage of mine?

あんまり腹が立ったので、参考にした保険会社のデータが表示されているURL全部開示してやろうかと思いました。

I am about to open these URLs of insurance companies seriously.

喧嘩するなら、受けて立ちますよ。

I will accept your challenge anytime.

こっちは、公的なデータの他に、多くの学校のWebサイトから情報収集していますからね。負けません。

I have already got many data from pubic government to each school web sites.

-----

私はエンジニアとして、数字を悪意で加工する奴を許せません ―― 論文の写真の加工よりも許せません。

As an engineer, I never allow anyone who tries to process numbers, even if I can allow the person who tries to process pictures.

そういう私も、数字を使って、色々なミーティングや稟議を突破してきましたが、

You know, I also have broken through many meeting and round robin with many kinds of numbers.

しかし、少なくとも、私は、「私が私自身を騙せる程度」にまで論理付けはしています。

However, I have made up logical story that I made me deceive, at least.


2014-05-09 GWの初日、私は「スポーツ刈り」をお願いしていました。 [長年日記]

以前、「人に対して脅威を与えない」ような髪型という日記を書きました。

Previously, I wrote a diary "Hair style not to give a threat".

GWの初日、私は「スポーツ刈り」をお願いしていました。

At the first day of this Golden week, I have asked a barber for "Buzz-cut".

なぜか。

Why?

1000円理髪店で、女性の理髪師の方に当ってしまったからです。

I met a women barber at the barber shop of one thousand yen.

差別的ではなく(しかし逆差別的かもしれませんが)、女性の人の理髪は、『丁寧すぎる』のです。

I am sorry but I don't like cutting by women's barber without discrimination (but might be reverse discrimination).

I think that their skills are too polite.

「暑い」「痒い」「うっとうしい」「本が読みにくい」という理由だけで理髪をする私の気持ちは、女性の理容師さんには理解できないようです(分かります)。

They seem not to understand my reasons why I want have my hair cut.

There are "Hot", "Itchy", "Sullen" and "hard to read books".

「短くしてくれ」という要求に対して、チマチマと切らていれると、私の忍耐の方が切れてくるので、一言

When I asked her to have my hair cut just short, she tries it carefully and I don't put up with the process.

So I said,

―― スポーツ刈りで、

"Buzz-cut", please

と。

しかし、このスポーツ刈りですら、チマチマとキレイに揃えようとされるので、驚いてしまいました。

However she tried to do her best about "Buzz-cut", I was really surprised at her action.

分っています。悪いのは私です。

I know that I am wrong.

「理髪の外観なんぞ本当にどーでもいい」と言い切る人間は、女性は絶無、男性だって皆無だと、知っています。

Most women and men should care their hair cut, and I know I am a stranger.

-----

で、スポーツ刈りの江端さんは、結構、凄いんですよ。油断して、鏡の前に立つと、自分がビビってしまうくらい、恐ろしい様相なのです。

Mr.Ebata whose hair style is "Buzz-cut" is terrifying appearance. Off guard, when I stand in front of a mirror, I was surprised at my scary face.

下校時の高校生達の群れが、私の目の前でキレイに2つに割れるので、

I could divide bunch of school students leaving school into two walls, so I thought

―― おお、モーゼの十戒だ

"Oh, it's the Ten Commandments of Moses"

と思いながら、楽しく歩いているところまではよかったのですが、先日、仕事で支障がでました。

However it was O.K. until I was enjoying, the other day, I was in trouble by my hair style.

社外の人と御会いするイベントが2つあったのですが、その方々が、私を認識できませんでした。挨拶しても、ポカンとされていました。

At the day, I had two events to meet outside's persons, and they could not recognize me at all. If I said hello, they seemed to be pow.

私は本当にどーでも良いのですが、仕事に支障があるとなると、やっぱりこの頭髪はマズいかなぁ、と思いはじめています。

Thought I don't care my hair style at all, this hair style might be wrong for my business.


2014-05-10 むしろ、「万引や泥棒を絶対にするだろう」という確信があります。 [長年日記]

収入の目処がなくなって、財布の中には金が全くない。降ってくる雨を避ける場所もない ―― という状況にあった場合、

When I have no place to go, no money in my wallet or no shelter to avoid rains,

私は、「私は万引や泥棒を絶対にしない」などとは、絶対に言えません。

I can't tell you that I never do the thief and shoplifting.

むしろ、「万引や泥棒を絶対にするだろう」という確信があります。

Rather, I believe that "I will become thief and shoplifting absolutely.”

「強盗だってするだろう」と思うのです。

Moreover I will be even a robbery.

いや、私は犯罪をした人を庇うつもりで、こんなことを書いている訳ではないのです。

I have no intention to advocate the criminals.

私が犯罪の被害者側であれば、加害者の境遇など「知ったことか」と言い放つつもりですしね。

If I were a victim by the criminals, I would never consider the background of them.

-----

私が許せないのは、「腹がへっていない」「肉体的な苦痛な状況下にない」状況で行われる犯罪です。

What I can't allow are any criminals without the underground "hungry" and "physical pain"

痴漢、のぞき、性犯罪 ―― こんな奴等を、どうやって「同情」してやれば良いのか、私には分かりません。

Molester, peeping, other sex crimes ― how I should pity the guys to do these criminals.

「魔がさした」とか甘えんな、馬鹿野郎めが。

Don't say "Devil did it". Idiot.

「魔」くらい自分で制御しやがれ、阿呆が。

Can you control your devil in your mind, this fool?

朝、昼、晩と、毎日、歩けなくなるほど「自家発電」でもやっていれば、「魔」も出てこれんわ。

Why don't you try to masturbation in the morning, afternoon and evening every day? Your devil will disappear.

-----

すみません。ちょっと話がズレました。

I am sorry. Let go to the board.

今日の日記で、私が何を言いたかったかと言うと、

What I want to say in today's diary is that

結局、「望む時に、お腹をいっぱいすることができる社会」が、一番平和な社会だと思うのです。

The society we can eat a lot whenever we hope is the most peaceful society, after all.

つまり、「経済的に安定していること = 十分な『金』が得られること」が、平和な社会へのプラットフォームである、と。

It means that "stable economically", in other words, "possible to get a lot of money" is the basic element of peaceful society platform.

「金」に比べれば、「正義」だの「宗教」だの「イデオロギー」だのは、グリコのおまけ程にも価値がないと思う訳です。

Compared to "money", "Justice", "Religion" and "Ideology" is less valuable than bonus of Glico.

で、私はこれから、そのことを実証していきたいと思うのです。

I am going to demonstrate the above from now on,

「数字」を使って。

with numbers.


2014-05-11 文系人口:理系人口 = 7:3 (66.3% : 33.7%) [長年日記]

昨夜、朝の5時まで、エクセル使って色々な計算をやっていたのですが、そこで、たまたまこんなことが判ってしまいました。

Last mid night, I calculated some data by Excel; I could know the following ratio by chance.

文系人口:理系人口 = 7:3 (66.3% : 33.7%)

Population of majors in the school of humanities: Population of the science and engineering majors = 7:3 (66.3%: 33.7%)

なんだ、私たちエンジニアって、凄いマイノリティじゃないか。

We engineers are in a minority aren't we?

これは、ワシントン条約レベルの保護をして貰わないといかんな、と。

We have to be protected against any troubles by government or law as a same level of Washington Treaty.

-----

今の日本の社会構造って、エンジニアの善意を不当に利用しているな、と感じることがあります。

At the several times, I feel that engineer’s well wishes are burned by "Japanese system".

私から見た場合、技術の凄さが正当に評価されていないと思うことがあります。

From my view, some great technologies have not been appreciated.

凄いプログラムや回路を開発させるスーパーエンジニアに、英語の資料を書かせたり、予算を組ませたり、プロジェクトの責任者させたり

For example, some bosses ask the super-engineers who could develop a great circuit and program, to write the article in the English, to set up a budget, or to be a project leader.

―― おまえ達、この「至宝の技術」を叩き潰すつもりか?

I come close to saying,

"You guys! Do you want to crush this "technology of the treasure"?"

と言いたくなることがあり、そして実際に潰された技術を、私は山ほど知っています。

In fact, I know a bunch of technologies that have been crashed.

(続く)

(To be continued.)


2014-05-12 それがインタフェースとなって現実世界に表われない限り、理解をして貰えないのです。 [長年日記]

昨日の続きです。

It is a continuation of yesterday.

もっとも、エンジニア側にしても、

However, even if the engineer side,

―― 自分の研究や開発を犠牲にしてまで、他人が作った技術を守ってやりたい

"Nobody wants to protect other's technologies at the expense of my research activities."

というモチベーションが出てこない、というのは、自然なことだと思います。

It is natural for everybody to think the above.

では、エンジニア以外の人たちに、これらの技術の保護をして貰えば良い、とも考えられかもしれません。

So you think that other persons except for engineers and researchers could save the fruits.

しかし、エンジニア以外の人たちに、このような技術の「体が震えだすような、もの凄さ」が理解できるか、というと、これまた難しい。

However, that's also difficult to understand the magnificence like body begins to tremble for them.

そのような「凄さ」は、それがインタフェースとなって現実世界に表われない限り、理解をして貰えないのです。

The magnificence is hard to understand for us, unless it becomes the real world interfaces.

例えば、

For example,

『初音ミクのVR技術』

"VR technology of Matsune Miku"

とかなら、判って貰えるかもしれませんが、

is might be easy, but

『パソコンで、1億行のエクセルファイルの処理を、1秒以内で完了するビッグデータ処理技術』

"On a personal computer, the process of Excel file of 100 million rows is processed within 1 second"

の凄さは、全然判って貰えない。

is hard to share the significance.

-----

先日、そのビッグデータ処理を可能とするパッケージを考案し、販売されている社長さんにお会いする機会を得ました。

The other day, I had the opportunity to meet the president, who devised a package that enables the big data processing.

江端:「なんで、こんな驚愕の技術が、世の中に知られていないのですか?」

"Why does the astonishment technology spread out in the world?"

社長さん:「そうですね。弊社の営業力に問題があるのかもしれません」

"Well, perhaps there is a problem with the sales force of our company"

と、苦笑されていました。

He gave a forced laugh.

『エンジニアの善意が不当に利用されて』――とまでは言わないまでも、『正当に評価することが難しい』という、「技術」というモノに、

However I don't say "good faith of engineers is utilized unfairly",

今回も、歯痒いほどのもどかしさを感じることになりました。

I think that "technology" that is too hard to estimate the value, and I felt the impatience again at this time.


2014-05-13 仕事が忙しくて、日記を更新している暇がありません。 [長年日記]

仕事が忙しくて、日記を更新している暇がありません。

I am now too busy to update my diary.

休めないので、ずっと熱もある状態です(風邪?)。

I have kept working for 24hours 7days, and I feel I have a fever (Cold?)

ネタはあるのですが、特に、それを英語翻訳している時間がない。

I have several tips but I don't have time to translate the contents.

誰一人として、英語なんか望んでいないし、読んでもいないものは知っているのですが、ここで止めたら、絶対に再開できないことを ―― 誰より私が知っているので、

I know well that nobody doesn't read my English and never expect my English. Even if I stop this translation, I know that I can never resume it again.

私は止めない。

So I don't stop it for me.


2014-05-14 「私の記憶している限り、全人生を通じて『1秒もない』な」 [長年日記]

母が今より元気だったころ(自力で歩けた頃)、私に訊ねたことがあります。

When my mother was better than now (she could walk alone), she asked me

「あんた、今のお嫁さんと結婚して、後悔したことない?」

"Have you regretted your marriage with your wife?"

私は3秒くらい考えた後で言いました。

After thinking deeply for three seconds, I replied her

「私の記憶している限り、全人生を通じて『1秒もない』な」

"As far as I have remembered, there is no seconds in my whole life."

と答えると、母は、

My mother said that,

「それならいいのよ」

"Let it be so"

と、面白くなさそうに応えました。

unpleasantly.

-----

何が言いたかったのか、なんとなく分かるんですけどね。

I understood what you wanted to say, Mom,

私は、結婚して、とても幸せなんですよ、母上。

I have been happy with my wife.


2014-05-15 今、この瞬間、私の目の前を、正方形のキラキラした破片が舞っています。 [長年日記]

■コンピュータシステムであれば、一通りなんでもできるエンジニアになったこと

To become an engineer who can deal with ordinary operation,

と、

and

■コンピュータシステムであれば一通りなんでもできるエンジニアを、使いこなす管理者にはなれなかったこと、

Not to become a manager who can deal with engineers who can deal with ordinary operation.

というのは、妥当なトレードオフになっているのだろうか、と思うことがあります。

I doubt the above two issues can make appropriate trade-off relationship.

-----

見たこともない制御用ボードと、店頭では購入できない通信ボードと、聞いたことのもない通信ドライバをパソコンにインストールしながら、

Operating a novel control board, an experimental communication board, and installing new driver to PC,

動かない制御システムの前で頭を抱える日々に、疑問を感じています。

I feel uneasy for days that I have to hold my head in my hands in front of the control system that doesn't work

-----

全く話は変わりますが、今、この瞬間、私の目の前を、正方形のキラキラした破片が舞っています。

By the way, now I can see many flying sparkling square debris in front of my eyes.

―― とても、キレイ

So beautiful.

歳をとると、極限疲労のインターフェースも、バラエティが増えるようです。

When I get older, the variety interface of "extreme fatigue" seems to increase.


2014-05-16 皆さんは、もっと世の中のシステムに感謝すべきだと思うのです。 [長年日記]

昨日の続きですが、

It is a continuation of yesterday.

皆さんは、もっと世の中のシステムに感謝すべきだと思うのです。

I think everyone should appreciate all of the system in the world more.

「ああ、今日もパソコンがちゃんと立ち上がった」

"Oh, we can start up my personal computer, again"

「今日も、信号交差点の信号機が動いている。電車が運行通りに走っている」

"Signal devices in crosses work well, and trains are managed on time"

「カーナビが自分の位置をちゃんと測ってくれている」

"Car navigation system shows me the accurate location of mine."

-----

これらは、全て奇跡の御業なのです。

These are miracles of God.

システムってやつは、普通「動かないもの」なのです。

"System" does not work well usually.

なんかの偶然でたまたま動いたシステムを、なんだか良く分からないけど、そのまま使っている、というのが、

The systems that had begun to work by change and we don't know why the reasons, have keep using as-is,

―― システムエンジニアの世界の住人の、偽らざる本音です。

The above is a real intention to help but disguised for our system engineers.

-----

動かないシステムを目の前にして、一週間も半狂乱の状態でいるとですね、

In front of the system that have never worked for more than one week, and keeping being frantic,

―― 世の中が、神々しい奇跡に溢れていることを、

you could understand deeply that the world is full of divine miracles.

心から実感できますよ。

----

ええ、変な新興宗教などに、入信する必要などありません。

Yes. You don't have to come to believe in any religious cult.


2014-05-17 先日、その次女がいらんことを言いました。 [長年日記]

江端家では、私の「歩きながら本を読む」という文化を、次女が継承しています。

In the Ebata's, my daughter success to the culture of "walking reader" of mine.

先日、その次女がいらんことを言いました。

The other day, she said unwished saying.

「最近の自動車、音がしなくて、危いんだよねー」

"Nowadays, some kinds of car sound small and it is danger.

そう、電気自動車はエンジン音がないので、耳を頼りに歩く、私たち"Walking readers"にとっては天敵なのです。

Yes. The electric vehicles should small, so the car is a sort of counter-pest against our walking readers.

-----

この結果は言うまでもありません。

Needless to say, the result is clear.

―― 歩きながら、本を読むな!

Don't walk with reading.

と、嫁さんと長女に、しこたま叱られていました。

She was scolded by my wife and the senior daughter.

幼いということは、無知なものです。「爆弾ワードを、ここで言うか?」

Children are ignorance. "Why did you say bomb words?"

その矛先が、私にも向けられるのは当然です。

And it is natural that they direct their spear to me.

「"Walking reader"は、大人になってからにしろ」

I said to the junior daughter with hitting her back, "You are no enough to be walking reader"

と、まあ、はっきりいえば、自分を守る為に、次女の背中を撃ちました。

in order to save me.

-----

"Walking reader"は、確かに危険です。言い訳できないです。

"Walking read" is absolutely danger. No way to explain myself.

しかし、歩きながら読む本や問題集は、恐しい程、頭の中にすーっと入ってくるのです(私の案出する発明は、ほぼ100%歩行中に、完成します)。

It is easy for me to understand the contents of books and textbooks with walking. (My inventions have been completed in walking).

私には放棄できないものです。

It is abdicable for me.

"Walking reader"が一定数あるのであれば、"Walking reader party(日本歩き読み党)"を結成して、国会に議員を送り込みたいです。

If there are some populations of walking readers, I will make a party and send lawmakers to the parliament.

そして、「歩道」の他に「歩き読み専用歩道」のレーンの為のロビー活動を考えております。

Our party will propose a new lane for walking readers only as a lobbying activity.


2014-05-18 ありとあらゆる言葉で、修行僧が罵倒され続けるのです、二日間。 [長年日記]

杜康潤さんの「坊主DAYS」を読んで、昔見たことがある、NHK特集の「禅の世界」を思い出しました。

When I read "Bouzu DAYS" of Toko Jun-san, I remember the program of "Zen world" of NHK special.

僧堂に入門希望の修行僧は、先ず、入門を100%断られるのだそうです。

The program showed that any newcomer is going to be 100% rejected the introductory.

これが「庭詰(にわづめ)」と言うもので、入門を断われても二日間土下座をして、お願いし続けなければならない。

This is called "Niwazume" that newcomers should keep falling on their knees to ask the initiation.

テレビを見ていた時、青冷めましたね。

When I was watching TV, I was cold blue.

ありとあらゆる言葉で、修行僧が罵倒され続けるのです、二日間。

The newcomers continue to be cursed for two days with every word.

「お前、荷物の中に本なんて入れてきやがって、やる気があるのか!」

"Do you really want to enter the main hall?"

「いい加減帰れ! 邪魔だ!!」

"Go home. Annoying!"

しまいには、「出てけー!」と叫ばれながら、首根っこを掴まれて、山門の外に追い出される始末。

At last, they are kicked out the gate, and they scrag with saying "get out!!

さらに、この本によれば、その後も、「胆過詰(たんがつめ)」という、独房で終日座禅を3日間続けるという、難関もあるのだそうです。

According to this book, the hard task called "Tanganzume" is to keep zazen for three days in a coalhole.

―― 不合理だ

It is irrational.

と思ったら負けの世界なのでしょうが、見ていて、これほど辛い映像も珍しかったなぁ、と。

If you think so, you lose the game. I am afraid that it is painful to watch a video.

-----

ただ、私が見ていて、「これは答えがあるのか?」という問答があって、今でも、この答えを考えています。

However, I have one question that I don't know the answer. Now I am thinking it.

先輩修行僧が、入門希望者に問いかけます。

A senior monk asked the newcomer,

『なぜ御前達は、この永平寺の入門を希望するのだ。他の寺でも修行ができるだはないか』

"Why do you choose this Eiheizi-temple? You can train in other temple can't you?"

これに対する答えとして、

The newcomer answered,

『いえ、永平寺でなければなりません!』と答えたところで、画面がカットされていました。

"No, sir. It should be this temple", but I didn't see the continued video.

―― なんと答えれば正解なのだろう

"What is the collect answer?"

今でも気になっています。

I am worried about it.

色々考えたのですが、

I was thinking many things.

「だって、永平寺って、なんだかんだいって『ブランド』じゃないですか」

If he said, ""I think that Eiheiji-temple is somehow "brand"",

と答えた日には、

間違いなく叩き出されていただろうしなー、と思うのです。

The senior monk kicked out from the gate absolutely.


2014-05-19 『完璧な仕様書より、確実に動くサンプルの方が、どれだけ役に立つか』―― 誰より、あんたなら知っているだろう? [長年日記]

まだ世の中に出ていない製品で、テストプログラム作らなければならないエンジニアからすると、

As for an engineer who should make test programs for experimental products, I want to say

「丁寧で冗長な仕様書なんかいらんから、短い(10~20行程度)のサンプルプログラムを書いておけ」

"I don't need the polite and long specifications, but write down the shortest program list that ranges from 10 lines to 20 lines.

と言いたい。

『完璧な仕様書より、確実に動くサンプルの方が、どれだけ役に立つか』

"Which is more useful, the perfect specification or the utilized sample program?"

―― 誰より、あんたなら知っているだろう

"Do you know better?"

と思うのです。

-----

いや、まあ理由は分かっているんですけどね。

To tell you the truth, I know the reason indeed.

コンパイラーやOSで振舞いが変わるし、エンディアンの処理やAPIにも差があるし、

The program could change the execution by compiler, operation system, and API spec.

なにより、そのサンプルプログラムが原因で「大事故が起きたら困る」から。

Moreover, they are primary concerned about debacle because of the sample program.

なんでも、数万行のプログラムの中で、たった3行のプログラムが、全米1/3を停電にしたという事故があったそうです。

I heard that only three lines of more than several thousand program lists caused the black down that spread on 1/3 of United States.


2014-05-20 江端:「どうしてお前なんだよっ!?一体どうしてっ!!俺は努力したよっ!!お前の10倍、いや100倍1000倍したよっ!」 [長年日記]

アクマ:「どうしてお前なんだよっ!?一体どうしてっ!!俺は努力したよっ!!お前の10倍、いや100倍1000倍したよっ!風間さんに認められるために!!ペコに勝つために!!それこそ、朝から晩まで卓球の事だけを考えて・・・卓球に全てを捧げてきたよ、なのにっ・・・」

AKUMA:"Why YOU on earth. What's what? I made an effort. I have trained more than 10 times, 100 times, 1000 times than you to appeal Mr.Kazama to me and to win Peko. I have always been thinking table tennis all day. I've been dedicated to all table tennis, yet...

スマイル:「それはアクマに卓球の才能がないからだよ。単純にそれだけの話だよ。大声で騒ぐほどの事じゃない。」

SMILE:"Because there is no talent of table tennis for you. That's simple. You don't have to cry more. "

(TVアニメ『ピンポン』)

-----

私は、民放を見直しましたよ。

I think better of commercial television I did before.

私が大学生の頃に連載されていたマンガを、今、アニメ化か。

They have challenged an animation that had been serialized in my college life.

フジテレビ。株を買ってやろうじゃないか(資金ができれば)

Fuji TV. (As long as I could get funds) I'll buy the stock.

-----

江端:「どうしてお前なんだよっ!?一体どうしてっ!!俺は努力したよっ!!お前の10倍、いや100倍1000倍したよっ!仕事で認められるために!!グローバル化に対応するために!!それこそ、朝から晩まで『英語』の事だけを考えて・・・『英語』に全てを捧げてきたよ、なのにっ・・・」

EBATA:"Why YOU on earth. What's what? I made an effort. I have trained more than 10 times, 100 times, 1000 times than you to appeal my boss to me and to survive in globalization. I have always been thinking ENGLISH all day. I've been dedicated to all ENGLISH, yet...

江端の後輩:「それはアンタに『英語』の才能がないからだよ。単純にそれだけの話だよ。大声で騒ぐほどの事じゃない。」

JUNIOR FELLOW:"Because there is no talent of ENGLISH for you. That's simple. You don't have to cry more. "

-----

そういう、江端の後輩

―― 滅びろ。

The JUNIOR FELLOW of Ebata

Perish.


2014-05-21 爺(じじい)達が、自分の力を勘違いして、自惚れるようになる訳です。 [長年日記]

多分、あなたは、

Maybe, you often heard the saying,

「叱られているうちが、華だよ」

"It is good days to be blamed"

という言葉を、何度となく聞いてきたかと思います。

from your parents and bosses.

私は、叱られるのは嫌ですし、そんなお花畑のような人生は御免です。

I can't accept the saying. I hate to be scolded and don't want to live in the field of flowers.

-----

ですが、この歳になって確実に言えることは、

However, it can be said absolutely in my age,

「歳を取ると、叱られなくなる」

"There becomes little chance to be scolded"

ということです。

年配者を叱るというのは、上司と言えども難しいようです。どうしても遠慮してしまうのでしょう。

It is hard for my boss to scold me, because I am old. They seem to hesitate it.

実に良いことだと思います。

It is good indeed.

年功序列こそが、我が国の価値観の根本です。

Seniority is the basic values of Japan.

今こそ、能力主義を排除しましょう。

Now we have to eliminate any merit system.

今頃になって、能力主義を出してくるのは、後出しジャンケンのように、ズルいですよ。

After all these years, it is unfair to appeal the merit system, like post-attacked rock-paper-scissors out.

-----

人間というのは、怒られる数と同じくらい、褒められると思うのです。

I think that a human being is praised as the same of be scolded.

で、歳を取ると、怒られる数が経るので、相対的に褒められることが多いように ―― 感じる ―― ようになります。

As the result, he/she feel that they are always praised relatively.

-----

その結果何が起こるか?

What is going to be happened by the result?

爺(じじい)達が、自分の力を勘違いして、自惚れるようになる訳です。

Old men/women will still be proud of their abilities by their misunderstandings.


2014-05-22 必ず「世界」から報復を受けることになる。 [長年日記]

皆さん、「人」の悪口は止めましょう。

Everybody, you should stop speaking ill of others.

そして、「技術」や「トレンド」の悪口も止めておきましょう。

In addition, you also should stop speaking ill of "technologies" and "trends".

例えば、こんな風なこと。

For example, as the following diary,

"Start a training to catch someone who uses false numeric in a lie."

-----

私は今、一億を超えるデータの処理方法で、頭を悩ませております。

I am annoying how to process more than 100 million data.

■スーパーコンピュータの使用申請出すのなんか、絶対嫌

- I don't want to apply for using super-computer absolutely.

(書類作業はもうゴメンだ)

(I'll see you further to write tremendous documents.)

■今さらクラスタシステムの勉強とかやるのも嫌

- I have no intention to start studying "cluster computer".

(もう新しい技術で頭を使うのにも疲れてきた。歳だし)

(I am too old to start studying new technologies)

■仮に勉強したら、きっと構築したくなってしまう自分が嫌

- I despise myself for trying to make a new system if I start studying.

(多分自分で中古のPC買ってきて、自分の部屋に、パソコン10台を並列処理するシステムを組み出しかねない。クーラー24時間運転も含めて、電気料金がいくらになるやら)

(Maybe I am going to Akihbara and buy several PCs and make the system. How much is going to be the electricity bill, including air-conditioning?)

-----

何が言いたいか、というと、

What I want to say in this diary, is that if you say

「は? ビックデータ? 何それ?」

"Well? Big data? What's what?"

などと言うような、舐めたことを言っていると、

as you look down a technology,

必ず「世界」から報復を受ける、ということです。

you absolutely are subject to retaliation from the world.


2014-05-23 「私に、何かが起きようとしている」と、直感しました。 [長年日記]

最近、体調が壊れている ―― という次元を越えてきているような気がします。

Recently, my physical condition is broken - I feel that I have already been beyond the level.

先日、蒙古タンメン中本の、激辛「北極ラーメン」を、

The other day, I went to Mouko-tanmen NAKAMOTO, ordered a special super spicy ramen "Hokkyoku", and

―― 一度も、辛(から)くて辛(つら)いと思わず、食べ終えてしまった

I had finished eating the ramen without thinking hard for painful spicy.

その時、「私に、何かが起きようとしている」と、直感しました。

At that time, I felt that something horrible is going to happen for me by the light of nature.

-----

例えば、

For example,

―― 広州、北京の次のミッションは、やはり四川省か

"Guangzhou, Beijing, and Sichuan will be next naturally."

とか。


2014-05-24 「この件、そなたに任せる」 [長年日記]

先日、電子化された少女マンガ(フリー)を読んでいました。

The previous day, I read an old girl's comic from web site.

イケメンの冷徹な闇の指導者が高校を支配していき、それに逆らう不良少女とのバトルの話です。

The cool good-looking leader in an underground side governs some high schools and a bad girl tries to oppose the group.

でもなぁ、

―― 高校なんか支配するモチベーションなんかあるかあ?

"Is there any merit to govern high schools?"

と、考えてしまうのですよ。

第一に、ビジネスモデルとして成立しないですよ。

To begin with, I think it is impossible to make a biz. model.

薬物なんぞ大っぴらにやったら直ぐにばれるし、バレないレベルでは利益があがらん。

Drags biz. will be out soon. If they want to avoid it, the profit is going to be smaller.

そもそも、3年で卒業してしまう薬物のユーザなんぞ、固定客にならんじゃないか。

In addition, high school students will graduate soon, so it is difficult to get money from them for a long time.

それに、イケメンの冷徹な悪の組織の指導者、というのも現実離れしていますしね。

And it is non-realistic that he is a cool and good-looking leader in dark side.

組織を維持する指導者って、大抵走り回っていますよ。

Ordinal leaders are always about to run all over to keep the group.

「この件、そなたに任せる」

"I will leave this matter to you."

「ありがたき幸せ」

"Thank you very much, my honor."

などという組織なんぞ、回りませんよ。部下は、絶対に「丸投げしやがった」と思います。

Such a group doesn't work well. Any subordinates don't obey his order.

悪の組織といえども、イケメンの悪役が優雅に命令を出していては、一月と持ちません。

Even if it is an evil group, the group is going to be crashed for one month under the elegant leader.

-----

と、ティーン向けの少女コミックに文句をいっても仕方ないし、子どもも大人になれば分かることなのですが、

However, it can't be helped that I blame the girl’s comics and the fact becomes clear for all children.

リーダーシップがこういうものだと思っていると、子供たちが、苦しむのではないかと思いまして。

I am afraid that some children will suffer from this misunderstanding.

ええ、特にリーダーシップを発揮できない、中学生の生徒会長をやっている子どもに、このメッセージを届けたいのですよ。

Especially, I want to send my messages to a captain in junior high school who doesn't have any charisma.


2014-05-25 PTA役員になることを、誰もが恐れているようです。 [長年日記]

どこの子供を持っている家庭なら、同じ苦悩があると思うのですが、

I am afraid that any guardians are annoying same problems as follows.

PTA役員になることを、誰もが恐れているようです。

Anybody fears to become PTA officers.

それは、その役員が報われることなく、めちゃくちゃに大変であるからです。

The reason is that the task is too hard, and doesn't pay at all.

PTAの存在意義は理解しているつもりですが、今日はその議論を吹っ飛ばして、2つほど提案してみたいと思います。

However I know the significant of meaning of PTA, I want to skip the discussion about this problem and propose the following two,

■PTA役員が立候補でなかったら、その年のPTAの活動は全部停止する。そのクラスの子供たちと保護者が、その不利益を負う。

(1)If no candidacy, accept to stop any event in the school. The children and their guardian take the demerit.

たとえば、そのクラスは運動会や学芸会に参加できない ―― これでいいのではないかと。一部の人間を犠牲にして、なりたつ行事なんて欺瞞ですよ。

For example, to give up joining field day and school plays. I think that it is better than others scarification.

■PTAの事務局を雇う。

(2)Hire a PTA officer.

面倒なのは事務処理、事項通知なのですから、そこは「金」で人を雇う。あるいは、PTA役員を、ボランティア色を消した、完全報酬業務とする(当然、税金の対象)。

Paperwork and notifications are hassle, so we try to hire a proper person by money, or we pay money to candidates. The money is subject to income tax return, of course.

この方法は、PTAの本来の趣旨を損なうでしょうが、制度としての仕組みは維持できると思います。

However this method will harm the spirit of the original PTA, I think it is to keep the mechanism as an institution.

私の知る限り、この方法が提案されていないようです。

As far as I know, this method has not been proposed, and I don't know the reason.


2014-05-26 私、高校1年生の時に、痴漢にあったことがあるのです。 [長年日記]

私、高校1年生の時に、痴漢にあったことがあるのです。

When I was a high school student, I was the victim of sexual molestation.

本屋で立ち読みしていた時に、尻を2回ほどなで回されました。

When I browsed in a bookstore, I was fondled my hip about twice.

ビックリして後ろを向いたら、歳の頃にして20歳くらいのニーチャンが、本屋から出ていくところでした。

Watching my back with tremendous surprise, a young man whose age seems to be twenty went out.

―― 一体何考えているんだ?

"What is he thinking on earth?

当時の私は、どのように反応したら良いのか分からずに、頭が真っ白になったことと、あの「恐怖」と「おぞましさ」を良く覚えています。

In the day, I could not understand my response and my mind became a complete blank. And I do remember both the frightfulness and the deformity.

女性ならば、それも若ければなおのこと、その「恐怖」と「おぞましさ」は半端ではないと思います。

If I were women, especially young girls, the frightfulness and the deformity should be overwhelming.

-----

私が「痴漢」を心底から憎悪できるのは、

The reason I can hate molesters, regardless of my sex (man)

ロジックだけではなく、実体験(人生で2秒程度でしたが)を持っているからです。

is not only to have own logic, but also was a victim just for two seconds.


2014-05-27 ―― 彼らの主たる目的は「目立つ」ことだ [長年日記]

近い未来、電気自動車が主流になることは確実で、さらに、バイクについても同じことが言えると思います。

In the near future, EVs becomes popular absolutely, and I think electric bike (EBs) also become same.

Once, I wrote about "Chinsou-Zoku" - a motorcycle low intelligent odd group.

爆音を立てながら珍奇な走行を繰り返すあの低能集団は、電気バイクの時代にあって、なお、残存し得るか、という仮説について考えています。

Now I am thinking over that the group, that repeats running with making a roar, could keep surviving in the future EBs period.

-----

―― 彼らの主たる目的は「目立つ」ことだ

I heard that their main objection is "stand out".

と、教えて貰ったことがあります。

それが真であるとすれば、爆音を出せない電気バイクでは、目的を達成することはできません。

If it is true, they cannot achieve the objective by EBs. EBs is not able to make a roar.

爆音を出すモーターを開発するという、アホなことをする技術者はいないだろうし、あの集団に、そのような改悪を施せるほどの回転機器の知見もないでしょう。

There seems to be no engineer to try to make a motor with making a noise, and the group member also is not going to get knowledge of rotary machines.

とすれば、クラクションや音楽を流しながらの走行が考えられますが、それでは、右翼カーとの差別化が図れません(著作権の問題も発生するでしょうが、彼らが気にするとは思えませんが)。

Though they might try to drive with flowing music and horn, it is going to find the difference with right-wing cars.

(Copyright issues also will occur, but I do not think they'll care about it).

-----

もっとも考え難いのですが、もっとも望ましい形は、反社会的な行為ではなく、エンターテーメントとしての珍走族と変化していくことですね。

Although it is unlikely, the most desirable style is going to change the group that provides a kind of entertainment, not antisocial behavior.

例えば、初音ミク楽曲(不快な爆音でなく)との3Dホログラフ(公序良俗に反しない表現)を表示させながら、街を集団走行すれば、

For example, if they show HATSUNE-MIKU's music and 3D hologram with running through the town,

―― これは目立つ

It is "stand out" absolutely, and

―― その上、皆が楽しい

Everyone enjoys it.

ただ、それだけのスキルと資金が、彼らにあるかという問題にはなりそうですが。

However the problems will be that they have the skill and money,

そういうことなら、私は、彼らの珍走を手伝ってもいいぞ、という気持ちになれそうです。

I am going to be able to help them to realize the action.


2014-05-28 それが、一体何がどう嬉しいのか、世の中の殆どの人と共有できません。 [長年日記]

昨日、64bit版Windows7でメモリ2GB以上を使うプログラムが稼働できる環境ができることが分って、嬉しくて、朝から気分の良い江端です。

Yesterday, I could finish constructing a programming environment, based on Windows7(64bit version) to execute a program that use more than 2GB memory.

So, I am feeling happier from this morning.

-----

と、書いてみて思うのですが、ほとんどの人にとって、上記のコメントは「呪文」ですよね。

After writing the above phrase, I think it is just spell for everyone.

それが、一体何がどう嬉しいのか、世の中の殆どの人と共有できません。

It is impossible to share the happy feeling with entire world.

江端:「1億件数のデータの解析が、パソコンで可能になるんだよ!」

Ebata:"Possible to process more than 100 million data in my personal computer!"

嫁さん:「で、それができると何が嬉しいの?」

My wife: "So what is good for us?"

-----

多分、これは「オタク」と言われている人でも同じで、その中でも「コレクター」と言われる人には顕著に現われると思うのです。

Maybe, some kinds of person who are called "Otaku" have faced some situation, and especially "collector" should be noticeable.

■同じものをいくつも持っていて、何が楽しいの

"What make you enjoy, when you have more than two same things?"

■これとそれの、どこが違うの

"What is different of the two?"

■それで、これらのものにはどういう価値があるの

"What is the value of these things?"

3つの質問だけで、「コレクター」を簡単に怒らせることができます。

The collector will get angry with only the above three questions.

しかし、質問する側には罪はありません。

I think the questioner is not guilty.

そのような話題を振る方が悪い。

The collector is wrong because he/she talks about the topics.

-----

で、当然、エンジニアは自分の仕事の話を、他の人には言いません。家族にも、です。分って貰えないからです。

Generally speaking, engineers don't tell others about their jobs. Even if family is. They can't understand their jobs.

ですから、先日、娘(長女)の宿題「保護者の仕事のレポート」作成の為のインタビューを受けた時に、

When I was asked about my jobs from my daughter, because of her homework, my wife cried,

―― やっと、あなたの仕事が理解できた!

"Eventually I could understand what you have done"

と、長年連れ添ってきた嫁さんが、驚きの声を上げる、という事態が起こる訳です。

That is the reason for this funny story.


2014-05-29 しかし、そのホテルで、私は、「本物」と出会うことになるのです。 [長年日記]

私、宿泊のグレードにはあまり拘らない性格です。

I am not interested in hotel rank at all.

ユースホステルでも、カプセルホテルでも、オフィスでザコ寝でも、全然構わないのです。

It is O.K. for me to use youth hostel, capsule lodgings, and jugging up at office.

この話については、この辺に記載がありますので、興味のある方は御一読下さい。

I wrote about this story in my web site. If you are interested in check the page.

-----

いつぞや、英国のロンドンオフィスに突然の出張を命じられたことがありました。

The old day, I had been ordered a business trip to London office in UK.

ここでも、酷い目にあってきたのですが、数日後に出張という、かなり無茶ぶりをされました。

A boss had asked me to go London in a few days regardless of my schedule and intention.

その酷い目の一つに、ホテルの予約がありました。

One of the terrible issues was a hotel reservation.

旅行代理店が「ダメですね。どこにもありません」と言い放つ状況の時期だったようです。

The travel agent abandoned searching hotel with saying "No way". It was a good sightseeing season in London.

-----

ロンドンオフィスで宿泊したり、ましてや野宿に近いことをすれば、戒告、下手すりゃ解雇です(罪状:安全義務違反)。

If I try to stay at the office in London or sleep out of doors, I am given a warning from my company. If I am unlucky, I am fired.

で、私、不本意ながら、大英博物館の隣りにある、ホテルを予約することになったのですよ。

So I had to make a hotel reservation near British Museum.

一泊4万円。

The cost was more than \40,000 one day night.

「会社が支払いをしてくれる」とか、そういう問題ではないのです。

If my company pays for the money, it doesn't matter for me.

私は、寝る為だけの居所に、かような金額を払うのが、心理的にもう無理。凄いストレスがかかるのです。

It is impossible for me to pay for the just sleeping place. I can't understand the thought. That's a big stress for me.

「そんな金があれば、会社に、通信用の実験用ボードを買って貰うわ!」

"If my company has a kind of money, I'll ask them to get an experimental communications board!"

と、―― 使途目的や費目が違うので、全然意味がないのですが ―― そんな風に思ってしまうのです。

However it doesn't make sense at all because expense item and purpose are different, it's easy to think that way for me.

-----

しかし、そのホテルで、私は、「本物」と出会うことになるのです。

However, I would then meet with the "real" in the hotel.

(続く)

(To be continued)


2014-05-30 秋葉原で、メイドコスチュームの小娘ごときに懸想しているオタク男ども。刮目せよ。 [長年日記]

昨日の続きです。

It is a continuation of yesterday.

午後3時くらいにオフィスから戻って、ホテルで仕事を続けていたところに、突然、一人の女性が入ってきました。

When I came back to the hotel from the London office and work at the room, a woman came in suddenly.

「おばさん」よりちょっと御歳を召したやや太りぎみの女性で、私はあやうく、

She was a little older than "middle" and slightly overweight, I almost said

"Jessica Fletcher."

と言いそうになってしまいました。

「あら、いらっしゃったの。出直した方がいいかしたら?」

"Oh, you are here. I should come again"

「いえ、私は、構いませんが」

"I don't mind at all"

「じゃあ、直ぐにやってしまいますね」

"So, let me do soon"

と言いながら、彼女は、テキパキと、ベットメイキングや清掃の状態をチェックリストに記入していきました。

She had filled out the checklist about cleaning, bed-making and others snappily.

そのうち、私の方が、彼女の邪魔になっていないか気になってきて、

Among them, I was becoming to worry about me, and I said,

「外に出ていましょうか」

"May I go out?"

と尋ねたところ、

She replied with smiling

「もう終わったわ」

"I have already finished."

と笑顔で返事をされました。

「お仕事中、ごめんなさいね」

"Sorry to bother you"

「いえ、全然」

"It is O.K. No problem."

と会話を交した後、ゴシック調のメイド服を纏った彼女は、最初から最後まで背筋をのばした凛とした体型を崩さず、私の部屋から颯爽と出ていきました。

She, who was wearing a maid clothe of Gothic, is with a straight back and the dignified figure from beginning to end, went out from my room gallantly.

-----

―― わー、本物の英国のメイドさんだぁ。いいもの見たぁーー

"Wow! She is a real maid of the UK. I saw a good thing"

まあ、ホテルの管理をしている方を「メイド」と呼べるかどうかはさておき、私は、しばらく感動浸っていました。そして、

Whether we call her "maid" who manages hotel facilities, I had been impressed for a time.

「4万円分、確かに頂きました」

And I had thought that "40,000 yen worth, I have received certainly"

という気持ちになりました。

-----

秋葉原で、メイドコスチュームの小娘ごときに懸想しているオタク男ども。

Nerd men who fall in artificial love with girls who wear maid costumes in Akihabara area.

刮目せよ。

Look with keen interest.

これを「本物」というのだ。

This is a "REAL".


2014-05-31 「吉野家牛丼食べ放題」 [長年日記]

昨年11月に端を発し、「外国に物品を輸出する」という、一言で言えば、非常簡単に言いきれるその任務が、先週の木曜日に、ようやく終わりました。

The mission of simple transportation abroad that had started from last November has been finished by last Thursday.

自分にご褒美をする為に、その日の残業は全部放り出して、町田の激辛ラーメン屋に向かって、ワクワクしながら歩いていた時のことです。

In order to applaud me, I church up my job at the date, and walked to a spicy ramen shop in Machida excitedly.

牛丼の吉野家の前を通りかかった時、店の前に、

When I passed in front of YOSHINO-Ya, a beef bowl restaurant, I found a lot of labarum that was written

「食べ放題」

"All-you-can-eat buffet"

というノボリがいくつも立っていました。

結構驚きました。

I was really surprised to see that.

「牛丼食べ放題」というのは、もちろん、その意味でしょうが、

Thought "All-you-can-eat buffet" itself is not important, I was deeply moved that,

―― コスト収益を見こめる、一定の市場があるんだなぁ

"There is a certain market to anticipate the cost profit

と、酷く感心してしまいました。

「その価格はいくらなんだろう」と思って、店の前で立ち止まって眺めていたら、

I stopped walking and tried to look into the price sheet,

そのノボリは、吉野家の二階にある焼肉屋のものでした。

The labarums were for Yakiniku restaurant on the second floor.