2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|

2013-05-10 被災地に対するもっとも確実な貢献

今回、実家に帰省して、実家の家具の全てに、地震対策用の金具(L金具、鎖、つっぱり等)を設置してきました。

手で動かして揺れるような家具は、地震の時には間違いなく殺人凶器に変わります。

―― てなことは、日本人であれば、耳にタコができるくらい、聞かされていますよね。

-----

(これも何度かお話しましたが)神戸の震災の時、私はボランティアとして現地入りしたのですが、その時、衝撃を受けた風景が、

■倒壊している家屋は、100%倒壊し(ペチャンコ)

■倒壊いない家屋は、外見上は問題なし(に見える)

という、完全な2値化の結果であったという事実です。

昭和56年以後に建てられた家屋であれば、ペチャンコという倒壊は避けられると思います。つまり、家屋倒壊による即死は免れるだろう、と思います。

とすれば、課題は、家の中にある重量級の家具です。

-----

金具による固定設置程度の地震対策もしていない、というのは色々理由があるでしょう。

例えば、「金具の設置ができない」「工具を扱える知見がない」というのは、まあ仕方ないと思います。

しかし、最近は、使い易い上に、小さくて軽い電動ドライバーがDIYショップで売られていますので、是非試して頂きたいです。

-----

私が激怒するのは、「どうせ、家具が倒れるような地震なら、家も潰れてすぐ死んじゃうさ」という言い草です。

そもそも、「すぐに死ねる」と思っている、その「見こみの甘さ」に腹が立ちます。

■トンの単位の荷重で体躯を押し潰されたまま、

■手足を引き千切られ、

■頭蓋の半分が陥没し、

■内蔵が破裂して、臓物が飛散している

というような状態でも、人間は何十時間でも生き続けられます。

人間の生命力を舐めてはなりません。

下手をすれば、捜索時間の上限72時間を越えても、まだあなたは生きているかもしれません。しかも、この世の地獄を味わいながら、です。

加えて、「すぐに死ねる」と言い放ったあなたの為に、貴重なレスキューの人材が割かれて、本当に助かりたい人の命まで失なわれる、と。

あなたが、家具の下敷にならずに、「こっちは、大丈夫だ」の一言言えば済むだけのことの為に、例えば、10人のレスキュー隊 x 3時間 = 30人時間を、無駄に使わせる訳です。

そんな奴は、「今すぐ」死んでくれ。迷惑だから。

-----

被災地に対して、「義援金を出す」「ボランティアに参加する」ということも大切ですが、もっと確実な被災地に対する真の貢献とは、

「命を賭して、被災地が浮び上がらせてくれた課題に、真摯に対応すること」

だと、私は信じています。

-----

阪神・淡路大震災の時、負傷者やその家族でごった返す病院のロビーの片隅で、長いすに幼児の遺体を横たえて、

『ごめんね、ごめんね、母さんがあんなもの(たんす)を買わなければよかった』

と、繰り返しながら、幼児の遺体を撫で続けていたという母親に対して、

我々がすべきことは、一辺通りの「慰めの言葉」をかけることだけですか?


2014-05-10 むしろ、「万引や泥棒を絶対にするだろう」という確信があります。

収入の目処がなくなって、財布の中には金が全くない。降ってくる雨を避ける場所もない ―― という状況にあった場合、

When I have no place to go, no money in my wallet or no shelter to avoid rains,

私は、「私は万引や泥棒を絶対にしない」などとは、絶対に言えません。

I can't tell you that I never do the thief and shoplifting.

むしろ、「万引や泥棒を絶対にするだろう」という確信があります。

Rather, I believe that "I will become thief and shoplifting absolutely.”

「強盗だってするだろう」と思うのです。

Moreover I will be even a robbery.

いや、私は犯罪をした人を庇うつもりで、こんなことを書いている訳ではないのです。

I have no intention to advocate the criminals.

私が犯罪の被害者側であれば、加害者の境遇など「知ったことか」と言い放つつもりですしね。

If I were a victim by the criminals, I would never consider the background of them.

-----

私が許せないのは、「腹がへっていない」「肉体的な苦痛な状況下にない」状況で行われる犯罪です。

What I can't allow are any criminals without the underground "hungry" and "physical pain"

痴漢、のぞき、性犯罪 ―― こんな奴等を、どうやって「同情」してやれば良いのか、私には分かりません。

Molester, peeping, other sex crimes ― how I should pity the guys to do these criminals.

「魔がさした」とか甘えんな、馬鹿野郎めが。

Don't say "Devil did it". Idiot.

「魔」くらい自分で制御しやがれ、阿呆が。

Can you control your devil in your mind, this fool?

朝、昼、晩と、毎日、歩けなくなるほど「自家発電」でもやっていれば、「魔」も出てこれんわ。

Why don't you try to masturbation in the morning, afternoon and evening every day? Your devil will disappear.

-----

すみません。ちょっと話がズレました。

I am sorry. Let go to the board.

今日の日記で、私が何を言いたかったかと言うと、

What I want to say in today's diary is that

結局、「望む時に、お腹をいっぱいすることができる社会」が、一番平和な社会だと思うのです。

The society we can eat a lot whenever we hope is the most peaceful society, after all.

つまり、「経済的に安定していること = 十分な『金』が得られること」が、平和な社会へのプラットフォームである、と。

It means that "stable economically", in other words, "possible to get a lot of money" is the basic element of peaceful society platform.

「金」に比べれば、「正義」だの「宗教」だの「イデオロギー」だのは、グリコのおまけ程にも価値がないと思う訳です。

Compared to "money", "Justice", "Religion" and "Ideology" is less valuable than bonus of Glico.

で、私はこれから、そのことを実証していきたいと思うのです。

I am going to demonstrate the above from now on,

「数字」を使って。

with numbers.


2015-05-10 私がシステム屋やっていて一番悲しいのが、このような「時間の強盗」に遭遇することですね。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

このエージェントが動かない。

This agent did not work.

なんで動かないのか分からないので、まずは、ブラウザからメールサーバの設定を見に行こうとしたら、このブラウザが動かない。

I did not know why it did not work. So I tried to check the mail server on the INTERNET by the browser. But this browser did not work.

しかたがないので、ブラウザを最新にしようとしたら、「OSが古いのでインストールはできないよ」という冷たい英語のメッセージに苛められる。

It couldn't be helped, I was going to make a browser latest, but I was tormented in the cold English message "Impossible to install because the OS is old".

しかたないので、別のブラウザをインストールに切り替えて、インストール開始ボタンを押した後、30分たってもインストールが始まらない。

It couldn't be helped, I changed a different browser to installation, but the installation action does not start after having pushed the button, even if 30 minutes has passed.

しかたがないので、ブラウザのバイナリをローカルにダウンロードして、サーバに共有ホルダを掘って、それをサーバに送り込んで、ブラウザのインストールを強行するも、このインストールが遅い。

It couldn't be helped, I downloaded the browser binary to the local PC, and I made a shared holder, and put it in. And I enforced the browser install, but the speed was extremely slow.

しかたがないので、ひたすらインストールの完了を待ち、ようやくメールサーバにアクセスをしようとするも、反応が遅くてお話にならない。

It couldn't be helped, I waited for the completion of the installation earnestly. Though I was going to finally access an email server, the reaction is very slow.

しかたがないので、サーバをシャットダウンして再起動して、ブラウザからメールサーバにアクセスすることに成功するも、(当然のことながら)サーバの設定に変更点なんぞある訳もなく、ここで完全に作業がスタック。

It couldn't be helped, I shutdown the server and rebooted it. After all I succeed in accessing an email server from a browser, however the setting of the server cannot include change anything (as a matter of course). Finally my work completely was stacked.

しかたがないので、メールエージェントの設定ファイルをもう一度見直してみた。

It couldn't be helped,I reviewed the configuration file of Mail Agent once again.

―― ここで、ようやく気がついた。

"Here, I finally noticed."

(もしかしたら、パスワードのスクランブルを、ローカルマシン毎に換えているような、手のこんだことをやっているのではないか?)

(This mail system has its own function which changes the coding of the password every local machine ?)

と、再度パスワードを再入力して、パスワードをスクランブルしたものを見てみたら ―― ビンゴ。

When I inputed a password again and watched the scrambled password, it was to hit the jackpot.

「あ、これか」

"That's it!"

そっかー、まあ、悪意のユーザが、設定環境をそのまま外部に持ち出したら、簡単に私のメールシステム乗っ取れるもんなぁ ――

"Well, well. If a malicious user just take setting environment outside, it become easily my email system is going to be taken over."

などと、ボーと考えていたら、もうこの時間ですよ。

It is already this time with thinking above.

最初から、この「パスワードのスクランブル」に気がついていたら、数分で完了していた話です。

It is a several minutes talk if I notice this "scramble of the password" from the beginning.

貴重な休日の数時間を持っていかれました。

Several hours of a valuable holiday were taken.

今日の計画は事実上パーです。

Today's plan is ruined virtually.

-----

私がシステム屋やっていて一番悲しいのが、このような「時間の強盗」に遭遇することですね。

This is a typical sad story for me that I have to meet with such "robbery of time".

このような「時間の強盗」によって、私のシステム屋のスキルが一定レベルに維持されているのも事実なのですが、

Thought it is also the fact that the skill of my system engineer is maintained in a constant level by such a "robber of time",

この「時間」が、「スキルというコスト」に見当っているかというと、私は全然自信ないです。

I wonder whether this "time" is found to "the cost called the skill".


2016-05-10 ええっと、確か「ポケットモンスター」とか言いましたよね。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

その為には、色々な勉強を始めますし、面倒な数式や理論を理解する為であれば、少々高価な書籍だって購入します。

I start to study something of several fields, I buy rather expensive books to understand complex formulas or theories.

そして、その書籍の価格は、宝くじや馬券よりもはるかに高い買い物になったりします。

In many cases, the cost of books are more expensive than lotteries or betting tickets.

-----

このような、私の振舞いをどのように命名すれば良いのか分かりません。

I don't know what I should call this my behavior.

しかし、自分の代わりに、何かを教育したり闘わせたりして、満足する人って、私以外にも、沢山いますよね。

But I think that there are a lot of persons who order another person to study or fight something, and are satisfied with the results.

例えば、

For example,

『自分ではなく』、自分の子どもを有名な学校に入学させることで、自分のプライドを保とうとしている保護者もそうですし、

Guardians who want to keep their pride to make their children enter a famous high-ranking school

『自分ではなく』、部下が苦労して導き出した発明や解析結果を、自分が見つけたと言い張る上司もそうですし、

Bosses who insist on finding a new invention or analysis by themselves, though the fruits are based on their subordinate officer's hard efforts

『自分ではなく』、小型の怪物を鍛えて、その怪物どうしで闘わせるというゲームやアニメに興じる子どもだって、所詮、同じです。

Children who play games or watch animations, that training small-size monsters and making them fight with each other.

We are birds of a feather, after all.

ええっと、確か「ポケットモンスター」とか言いましたよね。

Let me say.. the title of the game or animation is "Pocket Monster" as I recall.


2017-05-10 TOEICなんぞ、やっている場合か ―― と、かなり本気で思っています。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

しかし、私は、皆さんに、冷酷に尋ねたいと思うのです。

However, I want to ask you for the question heartlessly.

(A)コンビニや病院の前に、追突防止用のブロック塀を作る日常

(A)Daily life to make a fence to avoid involving someone in fender bender.

または、

and

(B)車が平気で歩道に突っ込んできて、多くの子供達を一瞬で殺傷する日常

(B)Daily life to involve children in fender bender and they are killed at the moment,

or

(C)5年間ごとに自動車学校にいく日常

(C)Daily life to go to a driving school every five years.

のどっちが良いですか、と。

I ask you to make up your mind one way or the other

「どっちも嫌」は、許されません。

I cannot accept "Neither one".

私達は、誰もが、コンビニや病院の玄関、そして子供達の通学路に突っ込んでいくポテンシャルを持っていて、そこから逃れることはできないのです。

We all have the potential to rush into the entrance of convenience store and hospital or children's school road, and we can not escape from the fact.

「自分だけは大丈夫」と思っている人もいるかもしれませんが、

You may think that only you are all right for yourself, however

―― 今にあなたも分かるようになる。

"You will come to know it soon"

数ヶ月、数週間という単位で、一瞬にして暴力的な勢いでやってくる、「老齢」という究極の恐怖を。

In units of months or weeks, coming at violent momentary instant --- the ultimate fear of "aging".

-----

ともあれ、人を殺す装置となりえる自動車の免許が、「終身ライセンス」となっていること自体が、おかしいのです。

Anyway, it is strange that a driving license of automobiles, which can be a device for killing people, is "life license".

自動車の恩恵に負うものは、どんなに面倒くさかろうが、この程度の面倒は果たすべきだと思うのですよ。

Those which owes to the benefits of cars, I think, should take care of this annoying, no matter how much troublesome.

TOEICなんぞ、やっている場合か ―― と、かなり本気で思っています。

I'm pretty serious, that "This is not a time to be taking TOEIC"


2018-05-10 『なんで、コンピューターって奴は、こんなに馬鹿なの?』

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

さて、話を戻しまして、まあ、今回は、そういうポリシー『誰でもできる』に基づくHPを、WordPressというプラットフォームを使って、なんとか立ち上げました。

Turning to the board, anyway I could finish making the HP whose policy is "anyone can post contents" with a plathome "WordPress".

ですけど、『私の思うように、コトが運ぶかどうかは』は、分かりません。

However, I don't know "my trial will work well as I expect".

実家の父や母、そして嫁さんを見てきて、

Watching the behavior of my parents and wife, I was made to realize that

―― パソコンが嫌いな人は、もう問答無用で、パソコンが嫌いである

"Persons who dislike PC, dislike PC without reason"

―― 下手すると憎悪している

"They hate PC if they are unlucky"

ということを、私は、身に染みて知っているからです。

-----

そもそも、

To begin with, I can tell you that

―― 人類はパソコンが嫌いである

"Human being dislike PC"

と断言しても良いと思うのです。

19歳のころから、多分1週間と離れずパソコンを使い続けてきた私ですら、断言できます。

Even I have been using PC every single week, I also can tell you that

『なんで、コンピューターって奴は、こんなに馬鹿なの?』

"How are computers foolish so much?"

と。

私がこれまで出会ってきた、最も頭の悪い人間と比較しても、コンピュータは馬鹿さ加減は「圧巻」といってもいいレベルです。

Compared with the persons I have met before, the stupidity of computers is , how to say, "piece de resistance"

こんな馬鹿なコンピュータの中で動く『人工知能』とやらが、人間の知性を越える訳がないです。

There is no way that artificial intelligence(AI) overcomes human being intelligence.

人工知能とは、その馬鹿なコンピュータの中で実行される手続(アルゴリズム)なのですから。

AI is just algorithm, that works in the stupid computer.

(って、まあ、それはいいです(連載の方を読んで下さい))。

(It is that as it may. Please read my columns about AI)

-----

当面の問題は、私が町内会の委員をリタイアするまでのこの1年間です。

The hot issue is this one year I have been in th NA, before I retire.

HPへの投稿のリテラシーを、町内会の委員に持って貰うことができるか、否か。

Whether I can give a literacy to post to the HP or not.

私の挑戦が始まります。

My trial is going to start.