0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2019-12-01 私、本当に訳が分からないのですが、医者は『患者の望む通りにクスリを出したら負け』と思っているのでしょうか? [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

前述した通り、私は、

As I said,

「私が、いったん"クスリ"に手を出し始めたら、もう止めることはできないだろう」

“Once I take "drug", I can't stop it anymore.”

と考えるだけの「自分の意思の弱さに対する絶対的な信頼」があります

I have an "absolute trust in weakness of my will" as above.

加えて、それを「正当化」することも上手いと思う。

In addition, I think I am good at justifying it.

もっとも、終末期の激痛緩和に、これらの"クスリ"を有効に使うことについては、私は反対していません ―― というか、是非、私に使わせて欲しい。

However, I am not against using these "drug" effectively to relieve severe pain at the end of life. Moreover, I want to use them.

とは言え、現時点において、私の人生の終末期に、終末ケアの"クスリ"の利用が合法化されるかは、全く分かりません。

At this time, I do not know at all the end of my life that the use of "drug" for end-of-life treatment will be legalized.

私は「苦痛」と「寿命」は可換であると思っていますし、多くの人にとってもそうであるい違いないと思っています。

I think "pain" and "lifetime" are interchangeable, and many people think so.

------

ところで、ちょっと話は変わりますが ――

By the way, the story changes a little.

患者の主張する苦痛に対して、クスリを出し渋る医者がいます。

I often have seen that a doctor refuses to give a meds for a patient who complains of pain

私、本当に訳が分からないのですが、医者は『患者の望む通りにクスリを出したら負け』と思っているのでしょうか。

I don't really understand but do some doctors think that "they lose if they give a medicine as the patient wants"?

患者が「効果がある」と主張しているのに、それを、何が何でも否定する医者がいます。

Even though the patient claims "effective", the doctors deny it anyway.

私、これに関して怒り狂っている案件があります。近く暴露したいと思っています。

I have an angry topic about this issue. I want to expose it soon.

閑話休題。

Quiet talk

-----

自分のメンツに拘るアホな医者に、緩和ケアを簡単に実施できない法律体制。

Both an idiot doctor who sticks to his pride, and a law that does not allow palliative care to be easily implemented.

本当に、本当に、本当に、ばかばかしい。

Really, really, really, ridiculous.

「苦痛」は、私達個人の重要で深刻な問題です ―― 医者や法律の都合なんぞ、なんで私が考慮してやらねばならないのか。

"Pain" is an important and serious problem for us personally, I don't know why I need to take care of the doctor and the law.

私の苦痛に関しては、それを一番よく知っているのは、この私です。

It is me who knows best about my pain.

だから、思うのです。

So I think that,

ならば ―― 作ればいいんですよ、自分で。

If so, we can make it by ourselves.

(続く)

(To be continued)


2019-12-02 ただし、「見つかれば」 ―― です。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

大麻の栽培は難しくありませんし、その抽出も比較的簡単です。けしは、抽出がちょっと面倒です。

Cannabis cultivation is not difficult and its extraction is relatively easy. Poppy is a little cumbersome to extract.

MDMAも、化学構造から勉強すればなんとかなります(数年真面目に化学の勉強すれば大丈夫でしょう)。

MDMA is also good if you study from chemical structure (it will be fine if you study chemistry seriously for several years).

もちろん、これらの行為は、完全無欠の「違法行為」で、「重罪」で、発覚すれば一発で「有罪判決」です。

Of course, these actions are absolutely "illegal acts", "felony crimes", and if found, you are "guilty" in one shot.

ただし、「見つかれば」 ―― です。

However, "if administrations can discover it".

これらのクスリの製造で捕まる奴らは、それを、他人に吹聴して自慢し、レシピをネットに開示し、さらには、市場ルートに流して「ひと儲け」とかいう、スケベ心を出すからです。

The reason why these guys are caught are, they open a lewd heart, like, boasting the production of these meds, disclosing recipes online, in addition, getting monry on the black market route.

100%、自己製造、自己使用のDIYドラッグであれば、警察と言えども、それを見つけるのは難しいです。

100% self-manufacturing, self-use DIY drugs are hard to find even for police.

ただ、幾つか問題があります。

However, there are some problems.

ドラッグの製造については、他人に相談できないので、独力の科学的アプローチ「試行錯誤」を覚悟しなければなりません。

You can't consult with other people about drug manufacturing, so you must be prepared for a single scientific approach called "trial and error".

それに、ドラッグを摂取して、中毒なってしまった状態で病院なんぞに行けば、簡単に発覚してしまうでしょう。

In addition, if you take a drug and go to a hospital in an addicted state, you will easily find it.

無論、過剰摂取による事故(苦痛を伴う死を含む)は、全て自己責任です。

Of course, accidents caused by overdose (including painful death) are all at your own risk.

これらのリスクと、バーターであることは、覚悟しなければなりません。

You must be prepared for these risks.

-----

一切の利益の目的なく、

Without the purpose of any profit,

自分の苦痛を緩和したい一心で、

wanting to relieve my pain,

DIYでドラッグを作成し、

creating drags in DIY,

それを使用することが ―― それでも、「違法は違法」であるというのは、十分に理解していますが ――

and using them, are I still, fully understand that "illegal is illegal", however,

私にとっては、「私の苦痛」の前では「法律」なんぞ、物の数ではないのです。

For me, "law" is not less important than "my pain".

(In addition, this column is detailed about my idea of legal compliance)


2019-12-03 ―― 「不倫発電」という新型エネルギーや、「浮気デバイス」という増幅装置が作れないかなぁ [長年日記]

私は「不倫」と「浮気」の違いを良く知りませんが、この行為が、民事訴訟法上の損害賠償の対象となることくらいは、知っています。

I don't know the diffearence between "affair" and "cheating" well, but I know that this act is subject to damages under the Civil Procedure Law.

In the past, I read the book of the Six Laws and the Interpretation of Civil Law and found that these acts were breach of contract (derived from the interpretation of Article 752 of the Civil Code).

-----

自分の部屋で作業をしている合間に、ノンアルコールビールを取りにリビングに下りてくると、「不倫」と「浮気」をテーマに取り扱っているバラエティ番組を、最近よく目にします。

While working in my room, when I come down to the living room to get non-alcoholic beer, I often see a variety show that deals with the theme of "affair" and "cheating".

それを見るたびに、

Whenever I see them,

―― みんな、本当にエネルギー余っているんだなぁ

"Everyone really has energy"

と、素直に感心します。

I am honestly impressed.

私なんか、ラズパイのカーネルパニックと、年末の特許検討会と、来年2月から始まる実証実験のことで、毎日が一杯一杯です。

In my case, everyday, I'm full of raspberry pi kernel panic, year-end patent review meeting, and demonstration experiments that will start next February.

『所定の通信メッセージがサーバに到着した』ことを確認しただけで、ガッツポーズが飛び出してしまう私は、とても「安い男」なのでしょう。

I'm a really "cheap guy" because when I just confirmed that "the specified communication message has arrived at the server", I gave a whoop of joy.

-----

それにしても、「不倫」と「浮気」のエネルギーが、世の中に、そんなに有り余っているなら、

Even so, if there is so much energy of "affair" and "cheating" in the world,

―― 「不倫発電」という新型エネルギーや、「浮気デバイス」という増幅装置が作れないかなぁ

I wonder if I can make a new energy called "Affair Power Generation" or an amplification device called "Cheating Device"

と、かなり真剣に考えています

I really think it seriously.


2019-12-04 「健康が第一だ。健康の為なら、死んだって構わないんだ」 [長年日記]

私は、(短距離であれば)歩くのが好きです。

I like walking (when the walking time is short).

自宅から駅までの30分弱の歩行は、コラムや発明のネタを考えるのに、程良い時間です。

The walking time between my house and the nearest station is good for thinking about columns and inventions of patent.

しかし、暑すぎたり、寒過ぎたり、雨の酷い日は、このようなネタを考えるのに適していないので、好きではありません。

However, I don't like the day which is too hot, too cool, or raining, because it is good for thinking them.

まあ、それと、「健康」と「老後」ですね。

In addition, walking for "health" and "old age"

ちょっとしたきっかけで、「歩かなくなる/歩けなくなる」、から、一気に「寝たきり」になる事例は、私の回りでは、発生率100%です。

I know well that a quite accident (e.g. stumbling) makes us stop walking and being bedridden soon.

ただ、どんなに、日常的に歩いていたとしても、必ず「歩かなくなる/歩けなくなる」時は、やってきます。

Even if I walk everyday, the day I don't or can't walking is going to come absolutely.

ですので、「歩く」ことは、「歩けなくなる期間を、できるだけ短くして死に至る」ための準備、とも言えます。

So the significant of the walking is for a preparation of "shorten the length of being in bed and lead to death"

-----

最近、次女が、通学途中の駅の近くにあるフードコートで勉強して、夜遅く帰宅しています。

Recently, my second daughter studies at a food court near the station on her way home, and come back home late at night.

嫁さんは、毎晩23時を越えた時間に、次女を最寄りの駅にピックアップをする為、車で迎えにきます。

My wife picks her up at the station over the 23:00.

次女と私が、最寄り駅に到着する時間は、ほぼ一緒なのです。

It is almost same time to arrive at the nearest station for both her and me.

ですが、私が頑(かたく)なに、歩いて帰ろうとするので、嫁さんが不思議がって尋ねてきます。

However, I stick to go home by walking, so my wife asked me the reason with wondering look.

-----

嫁さん:「なんで、そんなに歩いて帰ろうとする訳?」

Wife: "Why do you like walking so much ?"

江端:「健康と老後の為だよ」

Ebata: For "health" and "old age"

嫁さん:「最近、ずっとボロボロになって帰宅しているのに、なんで、そんなに無理しようとするかなぁ」

Wife:"You look exhausted in these days. I don't understand what you are thinking"

江端:「健康が第一だ。健康の為なら、死んだって構わないんだ」

Ebata:""Health" first. For health, I don't care if I die"


2019-12-05 ―― 職業も選べない不自由な人生だったな。この人生は貧乏くじだったな [長年日記]

私、少くとも、現在の上皇陛下、そして、天皇陛下のお仕事(そこから垣間見れる信念)や、お人柄に、1mmも不満はありません。

For me, I have never complaints about the personality, works and belief(just my estimation) of current "His Majesty the Emperor Emeritus" and "His Majesty the Emperor".

しかし、この歳になって、私の中では「天皇制反対」の機運が高まっています。

However, for this age, I come to gather strength for an abolishment of Emperor system

The reason why I come to think is that I was really surprised at the harsh data of quantity of work of "His Majesty the Emperor" from my simulation results, based on my assumption and numbers.

-----

いや、違うな。

No. It is different.

「天皇制反対」ではなく、「天皇制改革」であって、具体的には、「天皇」という「システム」の「働き方改革」です。

I don't hope "abolishment of Emperor system" but "reform of Emperor system". To be concrete, it is an work-style reform of the present Emperor system.

それも、ちょっと違うか。

No. it is a little different.

「改革」は、なんか大袈裟です。

"Reform" is exaggerated.

私のイメージとしては、「天皇制システムの"改修"」で、さらにぶっちゃければ「天皇制システムの"IT化"」です。

In my mind, that is "modify" of Emperor system , and frankly speaking, "promoting the IT infrastructure for Emperor system.

----

陛下ご本人の意見を伺うことはできませんので、これは推測の域を出ませんが、

I am afraid that I cannot ask the question, so it is just on the basis of speculation or surmise,

―― 職業も選べない不自由な人生だったな。この人生は貧乏くじだったな

My life is unfree life, without freedom to choose my occupation. I got a short end of the stick"

考えられていたら、「とても悲しいなぁ」と思いまして。

If "His Majesty the Emperor" thinks so, I feel very sad.

----

以前、嫁さんとも話をしたのですが、

Before when I talk to my wife

江端:「もし、陛下が、『核融合を含めた新エネルギーの研究をしたかった』とか『遺伝子工学に関する博士号取得を目指したかった』とか、『IoTシステムのSIerの仕事をしたかった』いう希望を持っていたとしたら、どう思う?」

Ebata: if "His Majesty" think "I wanted to study about new energy, including atomic fusion" or "I wanted to get a Ph.D of genetic engineering" and "I wanted to work for IoT SIer for IoT Systems", How do you think ?

嫁さん:「うーん、私の中にある『天皇陛下のイメージ』からは、酷く乖離(かいり)するねえ」

Wife: "If it is true, that is too far from "ordinal image of "His Majesty"" in my mind"

というように、天皇陛下が、ある種のイメージを持たされている、ということも、私には悲しいのです。

Like that, I also feel that ""His Majesty" has to have a specific template image.

-----

ちなみに、これは、100%、私の戯言なのですが

By the way, this is 100% my small talk from here.

「数学分野における博士号を持つ天皇陛下」

"Emperor who has a Ph.D of math. field"

とか、

or

「日本発のオープンソースのオペレーションシステムの開発を手がける天皇陛下」

"Emperor who has developed an original OSS Operation system from Japan."

は、―― ロジカルに説明できませんが ―― なぜが、(私を除いて)多くの国民に愛されないような気がします。

seems not be loved by many Japanese national except for me, however, I cannot explain the reason.

----

もちろん、今上天皇陛下が、『天皇という"仕事"が、とっても楽しい』と思って頂いているのであれば、全く問題はありません。

Of course, if "His Majesty the Emperor" enjoys his work very well, there is no problem.

もし、そうであるなら、国民の一人として嬉しいです。

Moreover, if so, I am very glad as a Japanese.

そんでもって、

In addition,

「公の場で、スマホのLINEを使いながら、皇后陛下と連絡を取りあいながら、『クスっ』を笑顔を浮かべている陛下のお姿」

If I can look at a scene that both "His Majesty the Emperor" and "Her Majesty The Empress" exchange communications by "LINE" application in their Smart-phone with smiling in public,

を、見ることができたら、さらに嬉しい。

I will be really happy.

本当に、余計なお世話を言っていることは、よく分かっているのですが。

I know well that I say an needless meddling.

(続く)

(To be continued)


2019-12-06 天皇陛下の位置付けを、戦前の「現神人」の概念まで引き戻してしまったら、どうだろうか、と。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

先日、ふと、思ったんです。

The other day, I suddenly thought.

天皇陛下の位置付けを、戦前の「現神人」の概念まで引き戻してしまったら、どうだろうか、と。

What if the Emperor's position is restored to the pre-war "current God" concept ?

実際に、太平洋戦争より前の時点では、天皇陛下の写真が祭壇の中に入っていて、天皇陛下は、有体物たる人間であると同時に、無体物たる神でもあったのです。

In fact, before the Pacific War, a picture of His Majesty was in shrine, The Emperor was not only a tangible human but also an intangible god.

ちょっと乱暴な纏めですが、戦前の天皇陛下の実体(人間の方)は、「神のインターフェース」だったのです。

Although it is a little rough, the Emperor's Majesty (human being) before the war was the "God's Interface".

-----

ここで、「インターフェース」という言葉が、よく分からないという人が多いかと思いますので、少し説明します。

I am afraid that some people who don't understand the word "interface".

ソフトウェアというのは、基本的には無体物であるプログラムです。

Software is basically a program that is intangible.

ですから、人間とコミュニケーションを取る為には、コマンドの入出力をしたり、Windowsやスマホのアイコンを叩いて、文字やら音声やらを入力しなけれなりません。

Therefore, in order to communicate with human beings, you must input and output commands, hit Windows and smartphone icons, and input characters and voices.

これらのコマンド入力用の端末、またはアイコンを「インターフェース(境界面)」といいます。

These terminals, icons and commands are called "interface (boundary surface)".

Artificial intelligence that appears in the science fiction anime "Beatless", has an interface as a way to communicate with humans-this is "Higgins' daughters" in the form of beautiful girls.

このアニメでは、登場人物たちのそれぞれが、それらの美少女たちを「超高度AIのインターフェース」と普通に呼んでいます(さすがは100年後の世界)。

In this anime, each of the characters usually calls these beautiful girls "super-high AI interfaces" (as expected, the world after 100 years).

超高度AIを格納しているコンピュータは、ただの箱ですが、この箱と会話する為の手段が、美少女の姿をした「ヒギンズの娘たち」です。

Computers that store super-high AI, are just boxes, but the means to talk to these boxes are "Higgins' daughters" in the form of beautiful girls.

-----

話を戻しますと ――

When I return the story:

戦前の天皇陛下(人間の方)は、天皇陛下(神の方)と日本国国民と会話する為の「インターフェース」だった訳です。

Before the war, the Emperor His Majesty (human) was an "interface" for talking with the Emperor Majesty (God) and the Japanese people.

「インターフェース」というと失礼(不敬?)な感じがするかもしれませんが、これは昔から普通にある概念です。

The "interface" may seem rude (disrespectful?), however this has always been a common concept.

いわゆる、神の言葉を語る「依代(よりしろ)」とか、故人の霊が乗り移る「憑依(ひょうい)」も、「インターフェース」です。

The so-called "Yoshiro"(a person who speaks the word of God, as god's agent) or "Hyoi"(transfering of the deceased spirit) is also an "interface".

(続く)

(To be continued)


2019-12-07 あとは、『私たち国民が、このような「天皇制"改修"」を受けいれられるかどうか』 ―― それだけの、話なのです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

で、もって、今回の、私の提案ですが ――

So this is my suggestion.

多くの人が大好きな人工知能(AI)を、天皇陛下の「神」の側を担って貰い、今上天皇陛下には、そのAIの「インターフェース」を担って貰う、というものです。

Artificial intelligence (AI) that many people love, work as the "God" side of the Emperor, and the present Emperor is now responsible for the "interface" of the AI.

だって、多くの人が「AIが人間を知能を超える」って言っていますからね。

Because many people say that "AI exceeds human intelligence".

I don't believe such a stupid story, and everyone could also understand that it is nonsense, if you check it out, try it, and think for yourself.

まあ、それはさておき。

Well, aside.

勿論、天皇陛下、皇后陛下には、国内外の多くの人との友好関係を担って頂く必要があり、そんなことは、いわゆる"AI"にはできません。

Of course, the Emperor and the Empress need to have friendly relations with many people both in Japan and overseas, and this is not possible with so-called "AI".

ただ、今の、ソフトウェアベースの処理であっても、例えば、「陛下に決済して頂く法律の概要を、音声でお知らせする」ということくらいなら可能です。

However, even with current software-based processing, for example, the so-called "AI" can "notify the outline of the law to be settled by the Emperor.

国会招集や衆院解散などを、陛下のホログラムを使って行う方法も考えられます。

It is also possible to use the Majesty's hologram to convene the Diet or dissolve the House of Representatives.

晩餐や歌会や遊園会を、SkypeやVR技術を使って、バーチャルで行うという手もあります(さすがに、ちょっとこれは苦しいか)。

It is possible to hold a banquet, a singing or an amusement park using Skype or VR technology (It is difficult isn't it?)

むろん、これは現時点では、荒唐無稽な話だと思いますが、ほんの、30年前には、スマホやインターネットの存在が「荒唐無稽な話」として取り扱われていたことを、忘れてはなりません。

Of course, I think this is an innocent story at the moment, however, just 30 years ago, we must not forget that the existence of smartphones and the Internet was treated as a "innocent story".

-----

上記の話は、技術的にはすでに実現可能な話なのです。

The above story is already technically feasible.

あとは、『私たち国民が、このような「天皇制"改修"」を受けいれられるかどうか』 ―― それだけの、話なのです。

After that, "whether our people can accept such an "Emperor system" renovation". This is the story.