0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|

2013-12-28 オルダス・ハスクリーの「すばらしい新世界」を読みました。

オルダス・ハスクリーの「すばらしい新世界」を読みました。

I read "BRAVE NEW WORLD" written by Aldous Huxley.

昨日、私は、10年ぶりくらいに、本を読みながらホームに落ちそうになりました。

For the first time in a decade, I was about to fall down from the railroad station platform with reading a book.

前半の少しの部分を除いて、醜悪な未来社会の実情や観念が描写されつづけて、本当に「放り捨ててやろうか」と、何度思ったかもしれません。

Firstly, I got sick with reading frightful future society and concept of the book, and no matter how many times I thought I should discard the book.

所詮は、「1984」と同じようなものか、と思いましたが、それでもがんばって、我慢して読み続けたとろ、

After all, I thought this book was the same of "1984", but I kept reading it in patience.

一番最期に、この社会が構成された理由が、論理的に説明され、しかも、私は、それを論破することができない ―― で、夢中になって、ホームから転落しそうになった、と。

Finally, the reason why the societies were established by people disclosed and I never argued away the reasonability.

And I was about to fall down on the rails.

-----

最近、私は会社で、社員の安全と衛生を管理する仕事に従事しているので、このような話が公にされると、非常に立場が悪いのです。

Recently I was engaged in the safety and health committee of my company, so if someone tell the above accident to the executive officer, it is so bad.

これを読んだ同僚の方は、あまり騒ぎたてないようにお願いします。

So I want to calls for calm to you, especially if you were my colleagues.


2014-12-28 「『勉強もスポーツができて、人望もあって、顔の良い異性が、一方的にあっちから近づいてくれて、好きになってくれる、という非日常』だ」

昨日、長女を駅までピックアップした時に、次女が愛蔵書の「ちゃお」を全部手放したという話になりました。

Yesterday, when I picked my senior daughter up at the station, we talked that my junior daughter had disposed of "Chao", her comic magazines stock.

江端:「あれは、小学生高学年女子ターゲットとしたマンガ、ということになるだろうが、それを手放すということは、要するに『飽きた』ということだな」

Ebata:"The comic's target is girls who are in high-grade elementary school. She seemed to get tired of the books."

長女:「まあ、そういうことだろうね」

Daughter:"Maybe, so"

江端:「あの世代の少年漫画雑誌と、少女漫画雑誌を読んでいると、明確なコンセプトの共通点があって、面白いぞ」

Ebata:"Would you try to read both the generation manga comic for both boys and girls? It might be interested."

長女:「どういう?」

Daughter:"What do you mean?"

江端:「『勉強もスポーツができて、人望もあって、顔の良い異性が、一方的にあっちから近づいてくれて、好きになってくれる、という非日常』だ」

Ebata:"It is non-daily life that an opposite sex who can play sports, study well, has the popularity, and handsome or beauty, is approaching me one-sidedly and loving me.

長女:「・・・なるほど。加えて、『クラスで目立たず、地味で、これといってモテるような要素もない自分に』という要素も加わるね」

Daughter:"Well, in addition, that "me" means I who is quiet without attracting attention in a class, and does not have the popular element particularly."

江端:「ここから導き出せる、結論はただ一つだ。

Ebata:"The conclusion to be able to arrive at from our conversation is just one.

―― 自らは何の努力もすることなく、誰かに幸せにして貰いたい、という、身勝手な願望 ――

"Self-centered desire to want somebody to make me happy without making any efforts by oneself."

この一言に尽きよう

It is simply this word."

長女:「確かに」

Daughter:"Certainly"

江端:「『年末ジャンボ宝くじ』と『ちゃお』のコンセプトは、根っこは同じということだ」

Ebata:"The concept of "A year-end jumbo public lottery" and "Chao" is the same as a root."


2015-12-28 『パパ、今回のイラスト、以前のイラストからパクったね』

(3連続営業日で)本日も、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Through three consecutive business days, a new column is released, so I take a day off.

Mr.Ebata's struggling for DIY Home Security System by EtherCAT(5) "

Both the master and the maids can build up a blueprint of communication specification in a few seconds.

-----

また、今回のコラムの中で登場するイラストを見て、

In this column, watching the illustration,

『パパ、今回のイラスト、以前のイラストからパクったね』

"Papa. you stole some parts of images from the previous pictures didn't you? "

と看破した、私の娘は、

It is my daughter who said the above,

―― 実在します。

has existed.


2016-12-28 曜日の深夜に、32ページにもなっている初版原稿の印刷を手にして青ざめている

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

"Over the AI(6) ---- beyond a reach of our imagination of AI"

The AI that leapt through Time - Going back to the cause from the result with just one number

-----

土曜日の早朝に「今回は、5ページ以内に納めるぞ」と誓いを立てて、

Early in the morning on Saturday, "I will write within 5 pages this time", with making a vow,

日曜日の深夜に、32ページにもなっている初版原稿の印刷を手にして青ざめている、

On Sunday midnight, becoming pale with the draft edition becomes more than 32 pages in hand,

そういう週末研究員は、

The weekend research engineer like that

実在します。

has existed.


2017-12-28 疲れ果てている人間や、立場の弱い人間に対して、上から視線で説教をするのは、最高のエンターテーメントなのです。

世の中には、相談ごとをネットの掲示板に書き込む人がいます。

In the world, there is a person who writes consultation on the bulletin board of the Internet.

私は、ネットで相談ごとをする人には、2つの目的があると思っています。

Those who do consultation on the Internet, I think there are two objectives.

(1)解決策を教えて欲しい

(1)to ask the solution.

(2)同情・・もとい、共感して貰いたい

(2)to ask a sympathy

で、そういうネット上の相談に対して、回答をする、暇な・・・もとい、親切な人は、大抵の場合、以下のように振る舞っています。

So, in response to such consultations on the Internet, a free ... (Correction) kind person, is likely to behave as follows.

(A)解決策を伝授する

(A) to give the solution

(B)同情する

(B) to sympathize

(C)質問者に説教する

(C) to preach to the questioner

です。

お分かりかと思うのですが、上記の(1)-(A)、(2)-(B)はペアになっていますが、(C)は、質問者の問いに答えてないばかりか、困っている(であろう)質問者を、馬鹿にして、蔑んでいるようにも見えます。

I think that you understand, the above (1) - (A), (2) - (B) are paired, but (C) does not answer the question of the questioner. Moreover they also seem to be contempting the questioner.

多分、

Maybe they seem to believe that

―― 私の苦言こそ本人の為になる

"My words are worthy"

と信じているのでしょう。

世の中には、そのように信じている、ネットの暇人が山ほどいて、

In the world, there are a lot of free people, and believe their way, on the Internet.

そういうネットの暇人の言動に、質問者は、さらに心を傷つけられるという閉ループが完成しています。

In a conclusion, this closed loop is completed, that the questioner can hurt their heart by the words of the free persons.

-----

まず特筆すべきことは、「(C)質問者に説教する」人って、どれほど潤沢な時間を持っているんだろう、ということです。

The first thing to note is that the person who "(C) preaches to the questioner" has a lot of free time.

当然、私は「放置」します。

I naturally "leave".

そもそも、そのような匿名の人に対して、本気で相談する気力もないし、書き込み時間だって「もったいない」と思います。

To begin with, I do not have the energy to seriously consult such an anonymous person, and I also think that writing time is "a mottainai".

しかし、このような「(C)質問者に説教する」人は、本当に多いのです。

However, there are really many people who "(C) preach to the questioner" like this.

この理由は明快です。つまるところ、こういう説教は、とても「楽しい」のです。

The reason is clear. In the end, such sermons are very "fun".

疲れ果てている人間や、立場の弱い人間に対して、上から視線で説教をするのは、最高のエンターテーメントなのです。

For human beings who are exhausted or who are weak in their position, It is the best entertainment to preach on an ego trip.

その気持ち、私も分からなくはないのですが(こっちのコラムで、とくと記載しています)、私は、相談用掲示板には参入しないことに決めています(実は1回だけやって、「いらんことをした」と後悔しています)。

I can understand that feeling, but I have decided not to enter the bulletin board for consultation.((Actually I did it only once, and I regreted it."))

(続く)

(To be continued)


2018-12-28 日本だけが、その課題の称呼を、片っ端から英単語化していくこのできる、巨大なポテンシャルを持っているのです。

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

Let's turn the world by "Number"(52) : Work style reform(11) "

"Government landmines? Hikikomori problem to understand from 'Youth Human Resource Development'

-----

「ひきこもり」を表現する英単語が見つかりません。

I can not find an English word expressing "hikikomori".

"shut-in","Homebody","couch potato","anti-social".... など、色々あるのですが、何か違うような気がしまして。

There are various things such as "shut-in", "Homebody", "couch potato", "anti-social" ...., but I felt something different.

今回、調べているうちに知ったことですが ―― 英国で、日本の「ひきこもり」対策についてのドキュメント番組が紹介されたらしのですが、そのタイトルが、なんと、そのまま

While I was investigating this time I knew that "In the UK, the document program about Japan's "hikikomori" was broadcasting and the title was likely to be

"Hikikomori"

"Hikikomori"

だったそうです。

-----

"Karaoke", "Otaku", "Ramen", "Sake","Bonsai", Manga","Kaizen","Karoshi",Zangyo" これら、全部、日本発の英単語です。

"Karaoke", "Otaku", "Ramen", "Sake","Bonsai", Manga","Kaizen","Karoshi",Zangyo" All these are English words from Japan.

我が国は、単に英語を「使っている」国であるではなく、今や、英語を「作っている」国なのです。

Japan is not simply "using" English, but now a country "making" English.

この勢いで、先ずは「英語の3割程度の単語を日本語化」できれば、私たちは、日本語の単語だけで、世界とコニュニケーションすることが可能となるはずです。

With this momentum, we may be able to communicate with the world only by Japanese words, if we can do Japaneseize about 30% of English words.

-----

頭の固い(というか「頭の悪い」)英語教師達の"R"と"L"の発音へのカルト的な拘泥なんぞ、無視していいんです ―― というか、無視しなければなりません。

You can or should ignore the cult-like stuff to the pronunciation of "R" and "L" of a hard-headed (or "bad-headed) English teacher.

深刻な社会問題(少子化、高齢化、介護、育児、そして、ひきこもりにいたるまで)で、世界一の社会課題先進国である、我が国日本。

Japan, which is the world's most advanced social task issue in serious social problems (declining birthrate, aging population, nursing care, child rearing, and hikikomori).

日本だけが、その課題の称呼を、片っ端から英単語化していくこのできる、巨大なポテンシャルを持っているのです。

Only Japan has a huge potential which can realize to make Japanese-English about those social problems.

そろそろ私たちは、このことに気がつかなければなりません。

It is time for us to realize this.

そして、政府は、これを「国策」に取り組まなければなりません。

And the government must tackle this as "national policy".

そして、英語ができないと公言する大臣は、それを自覚しているなら、「総理の椅子」なんぞではなく、むしろ、その資質を利用して、

And if the minister who has open his poor English literature, he should not care of "Prime chair", but use the ability for

「我が国の課題名称の英語化」

"Englishization of the task title in our country"

で、実績を上げればいいんですよ。

and he only has to make achievements.


2019-12-28 ともあれ、世代には世代なりにミートする「肩書」というものがあるようです。

ティーンエイジャに、自分の役職や仕事の内容を話しても、興味のない顔で「はあ」という生返事をされるがオチです。

Even if I talk to my teenager about my job or job description, they show indifferent faces and they said "well" undecidedly.

しかし、学生のころ「生徒会長」をやっていて、職場の「テニス部の部長」をやっていたというと、ビックリした顔をされることがあります。

However, when I was a student, I was a student council president, and when I was working as a director of the tennis club, they show surprised face.

まあ、実績は、かなりショボイものでしたが(説明したくない)。

Well, the achievements were pretty shabby (I don't want to explain).

ともあれ、世代には世代なりにミートする「肩書」というものがあるようです。

Anyway, there seems to be a "title" that hits each generation.

-----

かつて、少女漫画の王道は、こういう「テニス部の部長で生徒会長の男子」に、「平凡で目立たない女子」が、多くの女子を押しのけて、ステディな関係になる、というサクセスストーリでした。

Once, the royal road of the girl manga was a success story, that "a girl who is ordinary and unobtrusive" pushes away many girls, finally get such a "boy of the tennis club director and student council president", and the girl become a steady relationship.

例えば、あの名作「エースを狙え」という漫画は、そういう設定でした。

For example, the manga called "Aim for the Ace" was such a setting.

しかし、「テニス部の部長で生徒会長の男子」に「価値」がある訳ではありません。

However, not all "boys of the tennis club director and student council president" have "value".

そいつが持っているのは、ただの「肩書」です。

What he has is just a "title".

■テニス部をインターハイで優勝させるとか、

To win the tennis club at Inter High,

■生徒会会長として職員会と闘って、文化祭のやっかいな規則を撤廃するとか、

As a student council president, to fight with teacher's staff members, and remove troublesome rules of school festivals,

そういう、難しいことを達成して、はじめて「価値」になるのですが ―― まあ、そういう話はさておき。

It is only when he accomplishes such difficult things, he come to have "value". But that's aside.

-----

それが今や、友達を作ることを諦めて「一人ぼっち」であることを是として生きる主人公の小説が、累計900万部を突破して、人気キャラクターの一位の座を獲得する、という時代です(*)。

It is the era of winning the first place of a popular character. The hero has already given up making friends and they have lived in favor of being alone. The book has sold over 9 million copies.

(*)https://ja.wikipedia.org/wiki/やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

私が学生の頃に、「一人ぼっち」であることに「価値」があるものとして描かれたコンテンツはありませんでした。

When I was a student, there was no content that was described as being "worthy" by being "alone."

このような社会現象を「時代が変った」と言うことは、安易に過ぎます。

It is too easy to say that "these social phenomena have changed".

-----

娘たちの話を聞くかぎり、ティーンエイジャも「一人ぼっち」であることが悪いことと考えてはいないようです。

As far as listening to their daughters, teenagers do not seem to think that being "lonely" is a bad thing.

ただ、

However, they just feel that the situation is

―― 恥かしい

"Shamed"

のだそうです。

(続く)

(To be continued)