0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|

2020-12-27 いずれにしても、私、「岩波、中公、講談、ちくま、あたりの本を理解するために、全力を尽す」などということに、1mmの価値も見い出せません。 [長年日記]

次女は、「良く煮えた牛肉」が好きです。

My junior daughter likes "well-cooked beef.

嫁さんは、「熟れた柿」が好きです。

My wife likes "ripe persimmons".

で、結局、彼女らは「すきやき食べ放題の肉の取り合い」や「郵送されてきた贈答用の高級柿の争奪戦」に敗北する運命にあります。

So, in the end, they are doomed to be defeated in the "battle for the meat of the all-you-can-eat sukiyaki" or the "battle for the high-grade persimmons that were sent to them as gifts.

つまり、「時間をかけてじっくり待つ」という戦略は、「手に入るものから、とっとと手に入れる」という戦略の前には、勝てないのです。

In other words, the strategy of "take your time and wait" is no match for the strategy of "take what you can get it fast".

-----

私の連載コラムの為に許さえる勉強期間は、1ヶ月未満です(執筆に6営業日くらい必要)。

The study period I allow for my series of columns is less than a month (I need about 6 working days to write).

ですので、その分野について徹底的に勉強している人から見ると、私のコラムの内容は、

So, from someone who has studied the subject thoroughly, the content of my column may seem

(1)情報の精度が低く、

(1) The accuracy of the information is low.

(2)検討分野の項目が少なく、

(2) The number of items in the study area is limited.

(3)非常に底の浅い考察になっている

(3) The content of the discussion is thin.

かもしれません ―― というか、まあ、確実にそうでしょう。

They will be for sure.

つまり、その分野に10年以上もかけて検討している人に勝るような内容にならない ―― というのは良く分かっています。

In other words, my column is not as good as those who have spent 10 years or more examining the field -- I know that well.

よく分かっているのですが ――

I know exactly what I'm doing. I also think that

『岩波、中公、講談、ちくま、あたりの本の多く(×全部)は、あんなに読み難い上に、楽しくもないんだろう?』

"I wonder why so many (x all) books of Iwanami, Chuko, Kodan, Chikuma are so hard to read and so unenjoyable?"

と思っています。

私が、3回以上読み直ししなければ分からない本というのは、"知のキャリア"としては失敗しているのじゃないかとさえ思います ―― もっとも「私にとっては」という意味で、ですが。

I think any book that I have to reread more than three times to understand is a failure, just for me.

まあ、これは「受容体としての私」が、無知蒙昧(むちもうまい)で、浅学菲才(せんがくひさい)、である、ということでいいです。

Well, let's just say that I, as a receptor, am ignorant, illiterate, and uneducated.

いずれにしても、私、「岩波、中公、講談、ちくま、あたりの本を理解するために、全力を尽す」などということに、1mmの価値も見い出せません。

Anyway, I don't find even a millimeter of value in "doing my best to understand books from Iwanami, Chuko, Kodan, Chikuma, and so on.

私なら、簡単で、分かりやすい本を、10冊以上、楽しく読む方を選びます。

I would choose to read 10 or more simple, easy to understand books for fun.

『辛い読書』なんぞ、人生最低にして最悪の時間の使い方です。

"Hard reading" is the worst use of time in life.

(続く)

(To be continued)