2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2016-02-01 「週末に、江端はエレガントに原稿を執筆している」 [長年日記]

The other day, I wrote

「EtherCAT連載の最終フェーズに向けて、今週末から、「江端家家屋」という実験ボードに、これらのケーブルや器具が、次々と設置されていく予定です」という話を致しました。

"For the final stage of EtherCAT serialisation, I am preparing for these cable and devices, in order to install the home security system on the Ebata's house."

-----

I am going to open a picture of "battle field" where "EtherCAT Master", "EtherCAT slave", many types of sensor and I fought mutually.

「週末、江端はエレガントに原稿を執筆している」などと、ゆめゆめ思わないで下さいね。

Never make a image of "Ebata writes manuscripts every weekends elegantly"


2016-02-02 (3)受験生を最寄りの駅から救出して、そのまま受験生を受験会場まで運搬 [長年日記]

One year has passed from the implementation of that "Test-takers students dual delivery system".

本当に早いものです。

"Time and tide wait no man" is true, I think.

今、この瞬間も、受験生やその保護者達は、受験に対する不安に加えて、降雪に心を細らせ、インフルエンザに怯えているのかと思うと、心底、同情致します。

Now, at this moment, prospective students and their parents are anxiety for the exam, snowfall and scare to influenza. Genuinely, I will pity.

『とっとと「5~6月受験、9月新学年開始」に踏み切れば良い』 ―― と書き始めたら、止まらなくなってしまいましたので、

"Hurry up to execute May-June exam and start the new school year in September" and I cannot stop writing.

その話は別の機会に取っておきます。

So the story and set it aside to another opportunity.

-----

私は、基本的に「人を助けない」ということを方針としている人間です。

I have a policy that basically I do not help people."

しかし、「受験勉強をがんばってきた子どもたち」だけは、例外としています。

However, only the "children who have been studying for the entrance exam" is my exception.

以前、嫁さんと、あの「受験性デュアル配送」をボランティアでサービスできないか、という話をしたことがあります。

Previously, I talked with my wife about the service of "examination of dual delivery" as a volunteer.

嫁さん:「どんなイメージのサービス?」

Wife: "What kind of design of the service do you have?"

ざっくりと以下の3点を説明しました。

I discussed the following three points roughly.

(1)受験会場までの交通機関で、人身事故などが発生した場合に備えて、自宅でスタンバイ。

(1)Standby at home for as their personal accidents, for example a transportation troubles to the examination venue.

(2)SOSの連絡を受けたら、自動車でスクランブル発進

(2)After receiving the contact of the SOS, the scramble starting in car

(3)受験生を最寄りの駅から救出して、そのまま受験生を受験会場まで運搬

(3)Rescuing the students from the nearest train station, and take the students to the exam venue.

嫁さん:「会社は?」

Wife:"How about your company?"

江端:「フレックスを使えるし、必要なら、その日は、午前年休を取るよ」

Ebata:"I can use flex-time, and if needed, I will take a half day off"

嫁さん:「それでも、難しいんじゃなかなぁ」

Wife:"I am afraid that the service might be difficult even if you do"

江端:「そうか?」

Ebata:"Why?"

嫁さん:「そもそも、あれは、事前の、徹底したシミュレーション、周到な計算、綿密なミーティングが、必要だったよねえ」

Wife:"To begin with, we did , in advance, simulation thorough, careful calculation, in-depth meeting"

江端:「まあ、そこまでやらないとして・・・」

Ebata:"We might skip some of them"

嫁さん:「そこまでやらないと、そのサービスの価値は出てこないんじゃないかなぁ」

Wife:"Unless you do up there, I wonder if the value of their services is going to appear."

江端:「・・・そうかも」

Ebata: "... certainly"

嫁さん:「それに、パパが道に迷ったり、渋滞に遭ったり、逆に悪い状況になることだって考えられるよね」

Wife: "And, you might lost the route, and be involved in a traffic jam. After all your server might be a bad situation to reverse."

江端:「考えられるなぁ。しかも、その場合、その子どもの人生に対して、取り返しがつかない程の損害になる、とも思うよ」

Ebata: "It makes sense. In that case, it will damage irreparably with respect to the child's life.

嫁さん:「加えて、緊急事態であったとしても、見も知らない人の自動車に、乗れるかな。誘拐の可能性だってある訳でしょう? 例えば、自分の子どもを、そんなサービスに任せられると思う?」

Wife: "In addition, even though the emergency situation happens, can they use the car whose driver is not known at all? There is the possibility of kidnapping. As for you, can you make your daughters to use the service?"

江端:「『そんなもの、絶対に使うな』と言う」

Ebata: "I say "Do not use it" absolutely"

-----

という訳で、「受験性デュアル配送」のボランティアサービスは、検討段階で、見事に頓挫したのでした。

In conclusion, the volunteer service of "Tstudents dual delivery for test-takers stundent" was, in the study stage, rejected.


2016-02-03 ―― 男性は、非定型で非日常の場面で、簡単に「浮いて」見える [長年日記]

私の家の近くには、中高一貫の私立中学があり、今、まさに受験の真っ最中です。

There is a private junior high school nearby, and the entrance examinations is going.

私が家を出て駅に向う頃は、受験生を届けた保護者達と合流することになります。

When I go to the station on the way to office, I will meet the parents who escorted their children.

その多くが「お父さん」と思われる男性で、駅に向って歩いています。

Most of the men who look like their father, are walking to the station.

控室で受験生の受験の終了を待たずに、そのまま出社するようです。

I assume that they don't wait for their children at a waiting room, and go to the office directly,

スーツにコートをはおって、黒色の鞄を下げているのですが、

Most men wear coats over business suit, and have black briefcases.

なんというか、場から「浮いている」というか、フラフラというか、ヒョコヒョコと歩いている ―― ように見えました。

Let me say.. their figures seemed not to fit the scene, From the view of mine, they took uncertain steps or on the bob.

-----

多分に主観(というか偏見)が入るのですが

I know well that the following is based on my subjectivity or personal bias, however

―― 男性は、非定型で非日常の場面で、簡単に「浮いて」見える

Men look like being ill at ease in atypical or extraordinary scene.

ような気がするんです。

別の言い方をすれば「なんか、しっくりこない」。

In other words, "something strange"

ここでは、「父親が、受験生を送り届ける行為」が、非定型で非日常ということになってしまうのですが。

In this case, "a father who takes their child to Exam venue" is to be non-everyday atypical.

(続く)

(To be continued)


2016-02-04 家事や育児に『参加』などという『自由意思』なんぞ、最初から「ない」。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

これは、2つの側面があると思っています。

I think that there are two faces of this issue.

(1)そういう場面で、私が男性を見る機会が少ない、ということと、

(2)I have few chance to see the men like the above.

(2)そもそも、私がそのような場面に出向かない、ということの

(2)To begin with I have few chance to go the place like the above.

の両方です。

both.

いずれにしても、この感覚は「ライフワークバランス」とかいうようなキレイな言葉で纏める必要もなく、

I am afraid that I don't need to use the world "life and work balance".

It just means that

「家事や育児に参加したつもりになっていながら、実際のところ女性(嫁さん)に押しつけて、逃げてきた男性(私)」

"I was likely to join "household chores" and "child care", however, I run away and push my wife on the events, in fact."

という事実を、私自身が意識下で認識しているからではないだろうか、と考え始めています。

I come to think that I wonder if I know well the above fact subconsciously.

-----

そもそも、「私は、家事や育児に『参加』している」などと言っている男性は、すでに、この発言からして「間違っている」ことに気がついていないと思う。

Above all, the men who speak "I am JOINING "household chores" and "child care" proudly, is misunderstanding for the first time. To make matter worse, they don't notice this.

このことは、「私は、家事や育児に『参加』している」と言っている既婚女性をイメージして頂ければ、明らかだと思います。

There is a easy and simple checker. Let you try to make a image of the woman who speak "I am JOINING "household chores" and "child care" proudly.

(違和感を感じないのであれば、ここで読み終えて頂いて結構です)

(If you feel it uneasy, you might stop reading here)

家事や育児に『参加』などという『自由意思』なんぞ、最初から「ない」。

There is no your own free will to use the word "join" for "household chores" and "child care" from the beginning.

結婚を選んだ瞬間から、誰も彼もが当事者です。

You are a central player for the first time.

(続く)

(To be continued)


2016-02-05 つまるところ、この文章は、―― 自己批判なのです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

「家事や育児に『参加』する」などと言う気持ちを持っているなら、結婚なんぞ、止めた方が良いです。

Even if you are a man and have a feeling of the "JOIN", I hope I put forward a suggestion of abandon of marriage.

「愛」で発動する(ことが多い)結婚は、その大部分は「家事」と「育児」という、(現時点では)あなたの会社やキャリアにおいては、1mmたりとも評価して貰えないタスクで構成されています。

I agree that marriage is likely to be started by love, however, most of the marriage is composed of many tasks that are not evaluated by your company and carrier at all (at the present).

しかも、家事や育児を「楽しい」と思えるか「苦しい」と感じるかは、結局のところ「運」です(本人の努力以外の部分が大きと思う)。

It is said that "Marriage is a lottery". Whether you can feel easy or difficult about "household chores" and "child care" depends on your own fortune.

So single is the best strategy for your life.

-----

とまあ、「受験生を連れてくる父親」を見て、ここまで深く考え込む必要はないとも思うのですが、

In face, I think I don't have to think of this issue deeply, only I watch the father who take their child at exam venue.

つまるところ、この文章は、

The purpose of this essay is my self-criticism about

「(無意識下であれ)家事や育児に『参加』の意識を持って来た」この私の、

I have had my will to "join" for "household chores" and "child care" unconsciously.

―― 自己批判なのです。


2016-02-06 私を含めて ―― 多くの人は、「国連決議」というものを間違って解釈しているんじゃないかなぁ、と思うことがあります。 [長年日記]

今週末は、月曜日の締切を控えて、 必死で「神降ろし」の儀式を実施中です。

This weekend, for the next Monday's deadline, I am carrying out a practice ritual of "Kamioroshi".

ところで、今、パソコンでニュース映像を見ているのですが、

By the way, I am watching a new program on my PC, however,

私を含めて ―― 多くの人は、「国連決議」というものを間違って解釈しているんじゃないかなぁ、と思うことがあります。

For not only me, but also a lot of people, I wonder if we could not understand "UN resolutions" correctly.

4年くらい前に、

To about four years ago,

I wrote a diray about "UN resolutions" and my own interpretation. Please read it, if you have any interest.


2016-02-07 「(4年前の)嫌な予想が当ってしまったなぁ」 [長年日記]

結果として、昨日の日記の続きになってしまいましたが ――

As a result, it has become the continuation of yesterday's diary.

今朝、ニュースを見ながら、

This morning, while watching the news,

"I could hit the unpleasant prediction, even it was for years ago"

と、憂鬱な気分です。

I am in a melancholy mood.


2016-02-08 先日、100均ショップで方位磁石を購入しました。 [長年日記]

先日、100均ショップで方位磁石を購入しました。

The other day, I bought a compass at a one 100 yen coin shop.

丸い透明のプラスチックの中の液体の中に浮ぶ球形の方位磁石です。

It is the compass of spherical floating in the liquid in the round transparent plastic.

これって凄い発明だと思うんですよね。

I think it's great invention for everybody.

方位磁石を水平にする必要がなく利用することができて、キーホルダーとしても利用可能なのです。

I need the compass without being levelled, as a key holder.

-----

最近のスマホは磁気センサも搭載されているので、特に問題はないと思うのですが、携帯の利用に拘っている私は、今でも、紙に印刷した地図が頼りです。

Since the recent smartphone has also been equipped with a magnetic sensor, if I use it, there is no problem. But I am involved in the use of cell phone even now,I have to count on a printed map

私は地図を読める方だと思っているのですが、最近は、年とともも、そのカンも悪くなってきたように思えます。

I think that I am good at reading loads on map, though, I am afraid that my feeling of the reading become worse.

しかし、紙の地図であっても、方位が分かるだけで、私は格段に判断力が向上します。

However, even a paper map, and if only the direction is known, I can improve the understanding the place more.

「こんな凄いものが100円」というのは、本当にアンビリーバブルですよ。

"This great thing is just 100 yen" is really unbelievable.

後は被災時でしょうかね。スマホも電気が使えなければ、ただの文鎮です。こんな時でも、方角さえ分かれば、一定の方向に向かって歩き出すことができます。

It might be useful at a disaster. If a smart Phone exhaust electrical, it become a just paperweight. Even if you know even the direction at this time, you can start walking towards a certain direction.

-----

色々言っていますが、「スマホを使えよ」が、正解であることは分かっているんですけどね。

I say something, however, I know well, "using smartphone" is the best answer.


2016-02-09 ―― あのね。油断するとね、あっと言う間に堕ちていくんだよ [長年日記]

昨夜、コラム用のイラストを描き上げて、階下のキッチンに降りたところで、冷蔵庫の前で立っている長女と出あいました。

Last night, after finishing drawing the picture for a column in series, I went downstairs. I met my senior daughter in front of the refrigerator at the dining room.

何をやっているのか? と尋ねたら、

When I asked her what she was doing, she said,

『アイドルの写真を見ているの』

"I am watching a pinup picture"

と言われました。

冷蔵庫の扉を覗いてみたら、そこには(誰だかは知らない)アイドルの女の子の写真を印刷したものが貼ってありました。

I saw the refrigerator door, there was a popular girl's photo (I don't know her at all) that was printed.

女子高生が少女のアイドルのファンであることは、別段珍しいことではないでしょうが、(いまさら、アイドル?) という感じはありました。

I thought that if she was fan of the girl, it was not special for teenagers girls, however, I also thought "Why now?".

-----

She said,

『現役のアイドルの頃の写真と、今の写真の両方を貼っている』

"I pasted pictures of both on active and the after,

というので、「何の為に?」と尋ねたら、

I asked her "What for?"

―― あのね。油断するとね、あっと言う間に堕ちていくんだよ

"Well, if I am relax, I start to fall down in just about no time"

と応えました。

She answered.

そうか、パパにはお前が言っていることが全然分からんが。

Yes. I could understand what you said, but I could understand what you want to s say.

(続く)

(To be continued)


2016-02-10 「チヤホヤされるだけの人生なんて許せない」という、普通の嫉妬の一態様だと思います。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

どうやら、元アイドルが、現在、太ってしまって(といっても、昔に比較して、という話ですが)、なんか、それがバラエティ番組やネットで弄られているらしい ―― のです。

Apparently, a former idol, however who have gone fat now (just compared to the old days), seems have been tampered by variety shows and the Internet.

冷蔵庫に貼ってある写真の下には、『間食だけはするな!』と記載された長女の文字がありました。

At the bottom of the photo on the refrigerator door, there was a character of her, described as "Do you just snacking!".

どうやら、自分に対する「戒め(いましめ)」のようです。

Apparently, it seems the "commandments (commandments)" for her own.

-----

それにしても、世間というものが、かつて美しかった者・・・というか、痩身であった者が、ちょっとばかし健康体に近付いただけで、これほどの取り扱いをする、というのは、どーなんだろうなーと思います。

Even so, does the world becomes cruel against a former idol girl who had used be beautiful ...or slimming,once, for just only closer to the healthy style ?

「アイドルが、アイドル性を失くなっていくプロセス」は、多くの人にとって快感だということなのでしょう。

The process of "an idle is going to be common" is pleasure for many people.

「ヒーロがヒーロでなくなっていくこと」や「起業した奴が派手に失敗すること」や「上司が閑職に追い込まれること」や「社長が社長の座から転げ落ちていくこと」も、そうです。

And "hero become no longer hero" ,"a guy that entrepreneurs are flashy fail", "a boss is forced to do-nothing job," and "that the president will fall down from the seat of the president". They are all same.

「チヤホヤされるだけの人生なんて許せない」という、普通の嫉妬の一態様だと思います。

I think that it is normal jealousy of ours, "Only of life be pampered can not be forgiven."

私は、このような感情を普通に「肯定」します。

I feel this emotion "positively".

加えて言えば、大嫌いな奴が堕ちていくのを見る時は、「ヒャッホー!」と言って、神様に感謝できるくらいです。

In additional speaking , when I see the hate guy is going down, I thank God with saying "It is nice!".

まあ、総じて、あなたと同様に、私も普通にクズ野郎です。

Well, generally, in the same way as you, I am also a normal scrap bastard.

-----

ただ、ですね、今回の「アイドル」の件に関しては、看過できない点があるのです。

However, I cannot overlook a point, with regard to the matter of "idle" at this time.

この話は、多くの女性の、特に、ティーンの少女達にとっての「自縄自縛」だと思うのです。

I think that it might be "caught in one's own trap" for many women, in particular, teen girls.

Fear of "fat" is produced the "anorexia", and "anorexia" has killed our considerable number of girls.

「拒食症」は、社会がいかに残酷であるかを示す一つの指標であると思います。

I think that "anorexia" is, one of the indicators of how society is cruel.

従って、私は、安保法制や憲法改正についての見解は留保していますが、

Therefore, I hold my opinion of the security legislation and constitutional amendments, however,

according to this matter, I will support the intervention by the law (or power) to "slimming boom", publicly.

公に支持します。


2016-02-11 目の前にあるのに届かない ―― [長年日記]

目の前にあるのに届かない ――

"I can't reach to it, even I am in front of it"

なにか切ない小説のようなフレーズですが、そんな大層なものではありません。

This is like a phrase of something painful novel, but it is not, of course.

-----

実は、「人工知能」について『江端の視点から語る』というご依頼を頂けそうなので、調査に入っています。

In fact, it is likely to get the request referred to "speak from the point of view of the Ebata" about "artificial intelligence", and I start the investigation.

今、流行りの、ディープラーニング(深層学習)について、ちょっと調べていたのですが、

When I was checking about "deep learning" trendy now. and I noticed

『これって、修士論文の時に(履いて捨てるほど)作りまくった、ニューラルネットワークのプログラムがそのまま使えんじゃないかな?』

"Can I use a lot of programs of neural network "as is", which I had made for the master's thesis ?"

と思って、昔の資料を漁っていたところ、それらのプログラムを纏めた記憶媒体を見つけることができました。

So I was raided the old material in the closet, and finally I was able to find a storage medium, their program had included.

『3.5インチのフロッピーディスク』に格納されている形で。

in the "3.5-inch floppy disk."

-----

―― どーしよう、これ

"What should we do this?"

秋葉原のパーツ屋を探したって、ドライバは見付かりそうにありません。

Even if I go to Akihabara, I am afraid that I cannot find the FDD driver.

そもそも需要自体がないものを、パーツ屋だって売る訳がありません。

There is no reason that any parts shop will sell it, because of no demand.

(どうでも良いですが、『秋葉原なら望む部品が手に入る』と思っている人がいるかもしれませんが、(GPS送信(×受信)モジュールやらEtherCATのハブが欲しいと思う)私のようなエンジニアにとっては、それは、結構な「幻想」です)

(By the way, some person might think that Akihabara can provide them with any types of parts, however it is "fantasy" for me, because I cannot get GPS transmitter(not receiver) module and EtherCAT hub.)

-----

研究所の倉庫の膨大なダンボールを開ければ、見つかるかもしれませんが、膨大な時間の浪費になるのも確実です。

If I open a large number of cardboard in the warehouses of the laboratory,I may find it. But I am also sure that it is a waste of huge amounts of time.

悔しいですが、たった一回のリード(読み込み)の為に、購入することにしました。

I felt frustrated, but I decided to purchase the driver for only one of "read data".

980円で手に入ったので、よかったですが

The price 980 yen was helpful for me.

-----

あ、それと、江端と同じ職場で働いている人にお願いです。

Well, I want to ask Ms./Mr. coworkers who are working in the labo.

Could I borrow your book, whose title is "Deep Learning"?

を持っている人、貸して頂けませんか。

何卒よろしくお願い致します。

Thank you for your kindness in advance.

私は、今、この本を購入する財力がありません(EtherCATの実験器具購入で、資金ショートしました)。

Now I, have no financial power to buy this book(My fund were short for laboratory equipments of the EtherCAT)


2016-02-12 ―― 昨日の休日は、床下に潜っていました。 [長年日記]

EtherCATを使ったホームセキュリティシステムの配線の為、

In order to wire for Home Security system using EtherCAT,

―― 昨日の休日は、床下に潜っていました。

I was diving under floor yesterday.

比較的気温が高くなった、午後を狙って、床下収納口から進入したのですが、結構大変でした。

I has tried it afternoon after temperature became high, and entered from the door of the floor storage, however it annoyed me very much.

高さが40cmしかないところに、体を突っ込むことになるのですから、当然に、床に張って動くことになるのですが、結構な恐怖でした。

It was tremendous fear to put my body into the narrow space, that height was just 40cm, and to do slow method of progression.

当然ですが、真っ暗ですし、もし床下で体が挟まって動かなくなってしまったら、どうなるだろうかと思いもありましたが、

Of course, it was perfect dark under the floor and I was fear that what I should do if I was stuck.

今地震が発生したら ―― と考えたら、床奥の方まで進んでいくことは、相当な勇気がいりました。

When I thought "if an earthquake happen", I needed a considerable courage.

『しかし、これを遣り遂げないと、来月の連載分が執筆できない』

"If I don't do it, I cannot write the next colum of EtherCAT"

という一心で、漆黒の闇の中での匍匐前進(ほふくぜんしん)を敢行しました。

The thought made me to face difficulties resolutely, with slow method of progression.

-----

そのうち、匍匐前進するより、体を転がす方が早く動けることが分かりましたので、冷いコンクリートの上で、コロコロと転がっていました。

Among them, I noticed that it was better to roll the body rather than tp creep forward, so I was rolling with the cold concrete flop.

この作業は、ダイエット(連載)をしていなければ、決して実施できなかったと思います。

I think that I couldn't carry out this work, unless I have been on diet.

どうやら、「床下で転がる為」に、私は減量をしていたようです。

Apparently, "in order to roll in under the floor", it seems I had a weight loss.


2016-02-13 「美味い」と思ったものは「美味い」と言います。 [長年日記]

私は、自分が「味が分かる男」などと思ったことがないし、牛丼でも高級料理でも、誰にはばかることなく、「美味い」と思ったものは「美味い」と言います。

I have never thought that I am "a man who understands taste", I can say "it is delicious" without hesitation, even if it is fine dining or beef bowl.

ワインセーラで保存された高級ワインも、量販店の500円のワインも、私の前では、全て等価です。

Both fine wine that has been stored in the wine Serra and 500 yen wine in a retailers are also all equivalent for me.

加えて言えば、「値段が高いものが美味しい」のは当たり前で、「安くて美味しいもの」ものに巡り敢えた時には、

In addition, I think "high price food is delicious" is common, and when I find "delicious and cheap food, I can feel,

―― 勝った

I won.

と思えます。

ところが世の中は良くできたもので、やはり「安くて美味しいもの」は、なかなか見つからないのです。

But the world seems to be good, "delicious and cheap food" is not found easily.

_ -----

私は、アルコール一般が好きですが、特に、ウィスキーが好きです(蒸留酒は、ダイエットの味方でもありますし)。

I like alcohol general, in particular, whiskey is better for me( It is also a friend of the diet).

このウィスキーというのは、私の経験上、これほどキレイに「値段と味がキレイに正比例する」のも珍しい致酔飲料です。

Whiskey is, on my experience, rare beverage, whose taste is directly proportional to the price.

しかし、サラリーマンでローン持ちである私には、ラグジャリーなウイスキーを選ぶことはできません。

However, I am just a business person, who has had house loan, and I can not choose a luxury whiskey.

私のターゲットは、「1000円前後で感動できるウィスキーボトル」ですが、そのようなウィスキーは当然のことながら、巡り会うことは難しいのです。

My target is, "whiskey bottle that can be impressed at 1000 yen",but it is very difficult to meet such a whiskey, as a matter of course.

(続く)

(To be continued)


2016-02-14 ―― あれ、これ、悪くないじゃん [長年日記]

ところが先日、問屋スーパーで、日本国内の、地酒でもなく地ビールでもなく、「地ウィスキー」が手に入ったので、試してみました。

The other day, in the wholesale supermarket, I bought and tried , not "local beer" "local sake", but "local whiskey in Japan", I thought

―― あれ、これ、悪くないじゃん

"It is good isn't it?"

と思いました。

勿論、これより美味しいウィスキーは山ほどありますが、同じ値段の国内有名メーカのウィスキーよりは、数段イケていると思えました。

Of course, there are a lot of tasty whiskey in the market, however, I think that the taste is better than of famous domestic manufacturer in the same price range.

もしかしたら、「安くて美味しいもの」の戦略は、著名度の低い国内メーカにあるのではないかと思い始めています。

I think started that my strategy of "cheap and delicious" is in low-profile domestic manufacturers.

という訳で、私は、国内の地ウィスキーを調べ始めています。

So, I am beginning to examine the domestic local whiskey.

-----

なんにしろ、そろそろ私も、半世紀を生きて分ってきたことがあります。

Anyway, I can understand "a thing", during living half century,

『ホテルの最上階のバーで、一人バーボンのグラスを傾ける』

"In the hotel's top floor of the bar, I tip the glass of bourbon alone"

ということとは、これからも、一生縁がないということです。

I am going to be hopeless about the above scene in the rest of my life.

"Crawling under the floor" will be just good for me.

まあ、そこそこ、楽しいし。

Well, decent, fun.


2016-02-15 メディアは、この時間の奪い会いのビジネスをしなければなりません。 [長年日記]

人間が使える時間は、一日24時間ときっかり決まっているので、メディアは、この時間の奪い会いのビジネスをしなければなりません。

Time, a person can use, has it limit of 24 hours, so many companies in advertising should struggle against the scrambling.

ご存知の通り、スマホによって、多くの人のテレビを見る時間が少なくなっていますし、さらに、このスマホの時間を、さらに他のメディアが奪おうとしています。

You know, many people are likely to reduce the time of watching TV for smart-phone, and other media agencies try to rob then of their time.

その一つが、「電車」です。

One of the agencies is "train".

最近の電車の多くは、行き先表示が液晶ディスプレイになっていますが、このディスプレイを使って、広告ビジネス(いわゆる「コマーシャル」)もやっています、

Recently, many trains have liquid crystal display(LCD) as destination screen of the train, and the train company is doing AD by movies (CM, so-called).

電車の中なので、当然「無音」のコマーシャルになるなどのデメリットもあるものの、このCMは

In trains, the CM should be silent movies, however, the most important merit of this CM is

―― ハードディクレコーダのように、リモコンでスキップすることはできない、

"We cannot skip the CM like a "hard-disk player""

という点にあり、(でも、将来はできるようになるかもしれないけど)

"It might be possible in near future"

これは、大きなアドバンテージだと思うのです。

I think that this is an important bigger advantage than other CM.

-----

で、実はこんな話はどうでもよくってですね、実は小田急のCMの話をしたいんです。

To tell you the truth, I want to talk to you about the Odakyu-Dentestsu's contents.

(続く)

(To be continued)


2016-02-16 『電車の時間なんて、気がつかなればよかった』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

(終電?を待っていると思われる)一組の男女が、線路をはさんで、ホームの上りと下り側に立って、御互いの顔を見あっている(なんとなく寂しげに)。

A couple of a woman and man are standing on the train platform of both side. and watching them each other, face to face. They seem to wait for the last train with feeling sorry.

ここで、心情風景がテロップに出てきます。

The telop of their mind is coming in the scene.

『電車の時間なんて、気がつかなればよかった』

"I should not have noticed the time of the train"

『電車の時間なんて、気にしなければよかった』

"I should not have taken care of the time of the train"

そうしている内に、女性の方のホームに電車が入ってきます。

For the meanwhile, the trains is coming on her platform.

その電車を見送りながら、溜息をつく男性。

The man sends her off with sigh.

ところが、電車が通過した後、彼女はそのままホームに立ったまま残っていました ―― 少し照れたような笑顔をして。

But the woman keeps standing on the platform thought the train has gone, with smiling bashfully.

彼女の笑顔につられ、彼の方も少しづつ、微笑みを浮かべます。

The man also start smiling little by little synchronising her smile.

-----

(ちなみに、うちの娘(次女)だったら、これを見る度に『リア充、爆発しろ!』と叫びかねない(ちなみに、次女は、毎日小田急を利用するユーザですが)、しかし、ほんわかした気持ちになれる、いいCMだと思います。

I think that my junior daughter is likely to shut "This productive couple must die!" whenever she watch the CM (She is a daily Odakyu-Dentetsu user as a commuter), however, this is a good CM that makes us feel ease.

# ところで、この「リア充」を、"productive couple"と訳したのは私です。

# 名訳と思いませんか?

まあ、このCMだけでなく、最近のCMは、もう、それ自体が一つの小作品と言えるほど、完成度が高くなっていると思います。

Well, not only this CM but also many CM in these days, become high-quality finished form, like a fancy movies.

しかし、どのようなCMも、そこには必ずメッセージが込められているはずで、(商品やサービスの拡販とか、企業イメージアップとか、会社の強みとか)、それが、エンドユーザに届けなければ、CMの意味はありません。

But any CM should be have their messages, for example. expansion of goods or services, enhance their image, and strength of firm. And the CM should carry the messages to the end-users.

では、このCMに込められたメッセージは何だろう? ―― 私はずっと考えています。

"What is the message of this CM ? " I have been turning over in my mind.

(続く)

(To be continued)


2016-02-17 『もう一度太って、ダイエットのデータを最初から取り直してみたらどうですか?』 [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, a new column is released, so I take a day off.

"Let's turn the world by "Number" Diet (26)

"Numbers uncover! Large lie of "Easy diet"

-----

また、今回のコラムの中で記載された

In this column, my comment,

The junior fellow who appeared in this column

『もう一度太って、ダイエットのデータを最初から取り直してみたらどうですか?』

"Why not try fat again, and diet in order to retake the diet data from the beginning?"

と言った後輩は、

―― 実在します。

has existed.


2016-02-18 「もう、今日は『お泊り』するしかない」 [長年日記]

(一昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

駅ホームのシーンのところに"23:15"というテロップが出てくるので、

At the scene of the station platform, the telop of "23:15" appears.

■「終電には、まだまだ余裕があるぞ」という、輸送時間の長時間化のアピール

"Longer work schedule" they want to way "You don't have to hurry up so much"

とも考えられますし、

might be one point.

また、その電車の前に、特別急行「ロマンスカー」の最終電車が増発されていて、、

Or new extra special express train "Romance Car" might be started and

■「まだまだ、帰宅可能な手段を提供できるぞ」という、ロマンスカーの運行本数の増加のアピール

"We can give you another alternate method to go home."

だろう、とは思うのです。

might be another point.

-----

間違っても、

Under no condition to appeal,

「もう、今日は『お泊り』するしかない」

"We have no way expect for staying out overnight"

という、恋する男女の刹那(せつな)をアピールするものでは ―― ない、と思う(思いたい)。

that means, a keen affection of a woman and man in love.

小田急は、グループ企業で宿泊施設を運営している会社もあったように思うけど、そのCMとしては、メッセージが「迂遠」すぎる。

I think that there might be one of the Odakyu-Group companies that manages accommodations. However, it is too ambagious, even if it is the company's CM.

-----

と、書き上げたところで、この日記終了するハズだったのですが、この話(江端解釈)を家族に振ってみたら、非難ごうごうの状態になりましたので、明日も続けます。

I am going to complete this topic, today. But last night, I talked to my family about about my thought, they complained about it. So, please stay tune.

(続く)

(To be continued)


2016-02-19 『「恋する男女の、胸キュンの話」でいいじゃないの! 』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

家族で、その小田急のCMをYoutubeで見て、 私の解釈を説明したところ、

After all of my family watched the CM of Odakyu-Dentetsu by Youtube, I explained my thought.

They blamed (not criticised) me all at once with saying,

『「恋する男女の、胸キュンの話」でいいじゃないの! 』

"What are you expecting except for a cuddly couple in love?"

と、一斉に非難(×批判)されました。

江端:「いや、だって企業という組織が、利潤を目的とせずにCMを作る訳がないじゃないか。このCMだって、そうとうのお金がかかっているはずだぞ」

Ebata:"Any company doesn't try to make CM, without their profit. For example, this CM is also might have been spent much money."

と主張する私に対して、

Against the my claim, they(women) kept blaming me with saying

嫁さん:「『イメージCM』でいいじゃん」

Wife:" Is there any problem that it is just an image strategy ?"

次女:「深読みしすぎだよ」

Daughter(1):"You read too much into this CM."

長女:「そのまま外泊の流れでもいいじゃんか。そういうことを自然に思えないパパが『汚れている』んだよ」

Daughter(2):" It is O.K. of staying out, after this scene, You don't have cleanliness of heart, eve if you could accept the situation."

と、家族(全員女性)から、散々非難されました。

------

そこで、CMで出てくる「経堂駅 23:15分」の時間の意味について再考してみました。

So I started thinking about the meaning "23:15 at Kyoudo-station".

名古屋や京都の地方に住んでいた私にとって、23:15は完全に終電の時間なのですが、首都圏の終電は、驚くほど遅いです。

I, who had lived in local areas, for example, Nagoya and Kyoto, feel that the time of "23:15" is of the last train. But in the Tokyo area, the time is unbelievably late.

―― もう、一層のこと、終電や始発を無くして24時間運転にすればいいのに

I think that the best thing to do for the train companies is to abandon "the first" and "the last".

というくらい、夜遅くて、朝早い。

The first and the last train are extreme, I think.

「経堂駅 23:15」という情報だけを使って、頭の中でシミュレーションしてみました。

I tried an simulation in my brain, just using the information of "23:15 at Kyoudou-station"

上りは、東北沢駅、下りは町田駅程度として、主要駅からはタクシーを使って自宅に戻ると仮定した場合、

I assumed that about the couple's final destinations, they can use a taxi from the stations to home, that stations are Higashi-kitazawa station and Machida station.

『24時前までの電車に乗れれば、なんとか帰宅可能』

I could get the final answer of "They could return to their house, if they get on the train before zero hour.

という結果を得ました。

つまり、この二人は、あと30分程度は、コーヒーを飲みながら話ができる ―― という設定が成立しそうです。

Above all, "this couple could enjoy a small talk with drinking a coffee" might be made up.

------

この結果を、嫁さんに話したら、

I told my wife about this result of simulation, she heartily agreed with my thought, and she said to me.

「まさに、このCMは『それ』だよ」

"That's it of this CM's concet"

と言っていました。


2016-02-20 会社にこそ「いいね!」のシステムを導入すべきであると。 [長年日記]

「部下を褒める」という本が出版されていることは、「部下は褒めないもの」というデフォルト設定があるからですよね。

The book whose title is "praise subordinates" means, that there is a default setting of "do not praise subordinates"

これは、「叱責する」のが「褒める」よりコストが安いことを示しています。

This indicates that the cost of rebuking is cheaper than "praising".

で、残念ながら、それは事実だと思うのです。

Unfortunately, it is I think that's true.

それでですね、最近思うんですよ。

It is so, I think recently as follow,

会社にこそ「いいね!」のシステムを導入すべきであると。

"Like button" should be installed in a company IT system.

例えば、パワーポイントとかワードで良い資料を作ったら、その資料に「いいね!」を記録できるようにする、とか。

For example, if someone makes a good article by PowerPoint or Word, we can push "Like button" on the materials.

良い内容の提案があれば、文章でリプライしなくても、「いいね!」が付けられるメールシステム、とか。

If there is a proposal of good content by e-mail, "I like it!" will be attached without replying in the sentence on the mail system.

定時退社したら「いいね!」を付けられる社員プロフィールのページ、とか。

Employee profile web site, we can push "Like button" on the site, if the worker leave the office in regular time.

-----

まあ、こういうことをやると、組織が変な方向に動いていくだろうことは予想に難くないのですが、

Well, it is not difficult to predict the organisation would go move in strange direction,

それでも ――

Still,

「褒める」ことの閾値を下げる効果は期待できると思うんですよ。

I think the effect can be expected to lower the threshold of that "praise".


2016-02-21 ―― 化粧(けわい)の匠(たくみ) [長年日記]

以前、新宿行きの通勤電車の中で、化粧しつづける女の人について記載をしたことがあります。

The other day, I wrote about a woman who continued to make up in the train to the final destination.

動き続ける電車の中で、ミリ単位のまつげを整える技や、ファンデーションの拡散のさせ方の技によって、30分の間にみるみる変化していく顔を見ながら、

I was moved to watch her techniques of making up, for example, tinting eyelashes, expanding foundations, and dynamical her face changing.

I remembered that I named her

―― 化粧(けわい)の匠(たくみ)

"professional of maquillage"

と言っていたことを、思い出しました。

-----

今朝、駅に向かって歩いている時に、顔面パックをしながら、自動車を運転している女性を見ました。

This morning, when I went to a station on foot, I watched a woman who was packing with driving.

「白面の者(文字通り)がハンドルを握っている」とビックリしました。

I was very surprised that "a person of white face(in the literature) is at the wheel".

しかし、私はこういう合理主義は嫌いではありません。

But I don't like this rationalism, like this.

匠の技は、今なお進化を続けている ―― と実感しました。

I confirm that, "professional of maquillage" is making progress, still now.


2016-02-22 ―― 矯正不能の馬鹿だなぁ [長年日記]

先日、電車の中で一組の男女が話をしているのが耳に入ってきました。

The other day, a couple of men and women on the train is in a small talk.

「あいつは、意見はあるんだけど、それを言わないんだ」

"He has a certain opinion, but he doesn't say it."

―― ん ?

"What ?"

なぜ、「言わない意見」が「ある」ことを、この人は知っているのだろう?

"How does this man know the existence of this unknown opinion ?"

-----

まあ、このフレーズの意味は、

Well, the meaning of this phrase is

■あいつは、自分なりの見解を持っていて、私は、プライベートにその意見を聞いたことがある。

"He have his own views, and I have heard it in private"

■しかし、彼は、その意見を公(パブリック)、または特定の人種にははしゃべろうとはしない。

"However, he seldom open the opinion in public or persons"

と言うことなのでしょう。

うん、そういうことなら話は分かる。

Yeah, I can understand it under the above circumstance.

-----

自分の思っていることを、誰それ構わず、直接しゃべっているような社会人はいません。

There are no business persons who are talking directly about what they think

私だって、人によって意見を変えるし、時として真逆のことを平気でいいます。

I also change my opinion by the people, and sometimes I can say that of true reverse unabashedly .

といっても、それは、嘘をついている訳ではないのです(嘘をついているように見えますが)。

Even though, I do not mean that I am lying ( it might appear to have lied).

どんな事象も、つまるところ、一つのオブジェクトなのです。

Any event is also a object, after all.

そのオブジェクトはアングルを変えれば、無数の見え方や、見せ方があります。

There are countless appearance and fascination from the several angle.

だから、私達が誰かの話の中に矛盾しているように感じるようなことがあっても、その人が語っている事象は、常に矛盾なく存在する一つのオブジェクトなのです。

So, even if we like feel like a contradiction in someone's story, the event that the person is said is always one of the objects that exist without contradiction.

-----

だから、夏目漱石の小説「ぼっちゃん」に出てくる主人公って、

So, I think that a hero to come out to Soseki Natsume's novel "Botchan", is

―― 矯正不能の馬鹿だなぁ

"an idiot of correction inability"

って、思うんですよ。

Well, that's the reason the novel is fun for us.


2016-02-23 つまり、「観測者が存在する限り、被観測物の真の姿は分からない」ということです。 [長年日記]

「ハイゼンベルグの不確定性原理」を、非常に乱暴に纏めますと、

When I try to summarise the law of "Heisenberg's indeterminacy principle", roughly, for example.

―― 測定装置(温度計等)によって、被測定物(コップの水の温等等)の温度が変化してしまう為、真の温度を計測することができない

we cannot know the real temperature of water in glass eternally, because of the temperature is going to be changed by the instrument.

ということです。

温度計によって、コップの中の熱エネルギーが奪われて(あるいは、与えられて)しまうからです。

The heat energy becomes lost or added by the instrument.

つまり、「観測者が存在する限り、被観測物の真の姿は分からない」ということです。

Above all, nobody knows the real figure of a object, if there is a observer.

これは、昨日の日記に記載したように、『一つのオブジェクトは唯一絶対のものとしては把握できない』の話に似ているような気がします。

I think that this story might be similar to the diary of yesterday "we cannot get the real figure of an object".

まあ、それはさておき。

Above and beyond this.

-----

私、通勤の途中で、4車線の比較的幅の広い車道を横切ることがあります。

I, may cross the wide roadway relatively width of the four-lane, in the way of the commute.

当然、このような車線の横断は危険です(が、法律違反ではありません)ので、十全の注意を払って、車の通過するタイミングを図ります。

Of course, the cross of such lane is dangerous (but not a violation of the law), so I should pay attention of fullness, getting the timing of the passage of the car.

もし事故を起こせば、法的にはどうあれ、心情的には「私が加害者」だと思うからです。

If I happen to make a accident in any situation, I think "I am a perpetrator" emotionally.

ところが、(以前にもお話したかもしれませんが)私は眼光が鋭いせいか、歩道で横断の機会を伺っている私の見て、徐行をするだけでは足りず、最悪の場合、停車までしてしまうドライバーがいて、大変困っています(気の弱そうな中年女性に多い)。

However, (previously it might have to talk same story), I might have a sharp eye, and some drivers will stop their cars in worst case, not enough only to be crawl, and I feel bad.( women with weak mind, in most cases).

# 歩行者に睨めつけられたくらいで、車を止めるな

Do not stop the car, even stared in a pedestrian.

大きな車線で、いきなり止まれば後続車の追突の可能性もありますが、それ以上に、それに、左右の車の動きを目で追いながら行っていた、私の緻密な計算結果が全部パーになってしまいます。

In large lane, there also might be the possibility of rear-end collision accident by a following vehicle, moreover, my precise calculation results will become in vain, though I follow the movement of both the left and right of the cars in my eyes.

-----

つまり、これが、

I want to say that, this is a good example of

「ハイゼンベルグの不確定性原理」

"Heisenberg's indeterminacy principle"

の、実例の一つである、ということです。


2016-02-24 ―― 女子中学生の拉致を計画しているテロリストが、少しづつ近付いてきている [長年日記]

以前、ロンドンのヒースロー空港で、警察に拘束されたという話をしました。

The other day, I wrote that I had been captured by Scotland Yard in Heathrow Airport.

それは、私の格好が、どこぞの組織の襲撃部隊のように見えるからです

I could know the reason, because my sight looked like a member of special attack team in some organization.

ですから、どの国でも、私は、大人しく、友好的、かつ積極的に、警官の職務質問に応じることにしています。

So I used to respond affirmatively and friendly to police checkup at any country.

(ちなみに、私にとって「職務質問」は結構な日常なのですが、その話を、飲み会などですると、ビックリされて、逆にこっちがビックリします)

For me, "a policy check up" is in common. Whenever I talk about the story in drinking party, for example, I was surprised to watch the persons who were surprised to hear the story.

-----

最近は、花粉症対策でマスクをすることで ―― どこから見ても、

Recently, in hay fever season, I have to mask out of doors, so my sight becomes

『テロリストの襲撃部隊のリーダ』

a leader of attack team of terrorist.

この姿で、モスクや礼拝堂以外の場所で「アッラーフ・アクバル!」と叫んでみたら、多くの人がどういう反応するのか見てみたい ―― そんな衝動に駆れれることがあります。

I sometimes act on impulse to shout "allahu akbar!" further than mosque or place of worship, in order to watch people's faces.

-----

昨日から、朝5:30に起床して、次女と一緒に、登校、出勤しています。

From yesterday, I wake up at 5:30, and go to my office with my second daughter.

駅までの時間は徒歩で30分弱ですが、次女の方が歩行速度が遅いので、私が5分遅れて家を出ることにしました。

It takes less than 30 min to the station on foot, however, she is walking slower than me, so I decided to leave home, 5 min, later than her.

で、今朝実際に、この時差出発を実施してみたのですが、

This morning, we did this trial indeed,

次女と私の距離が近づくにつれて、

The closer the distance between she and I becomes,

―― 女子中学生の拉致を計画しているテロリストが、少しづつ近付いてきている

the closer the distance between a girl and a terrorist also becomes.

という絵にしか、見えない。

I could see nothing but the above scene.

-----

多分、通報されるのは時間の問題だろうなぁ、と思いながら、「この状況で通報すらされなかったら、それはそれで困るなぁ」とも思っています。

I am afraid that it's a matter of time before being alerted by neighbour,however, if anybody doesn't do any action, it should be a serious problem too.

『あの「テロリスト」は、実は少女を守る「ガーディアン」だった』 ―― という話が認知されるまで、ざっと2年と見積っています。

I think that at least two years might be needed a fact that "the terrorist is actually the girl's guardian".

いずれにしても、「職務質問」されたら、また、ご報告致します。

Anyway, when I am checked up by the policy, I am going to tell you in detail.


2016-02-25 「バーチャル江端」のファジィ推論エンジン [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, a new column is released, so I take a day off.

"Let's turn the world by "Number" Diet (27)

"All of three virtual Ebatas burned off"

-----

また、今回のコラムの中で使っている、「バーチャル江端」のファジィ推論エンジンは、

In this column, my comment,

The fuzzy reasoning engine of "Virtual Ebata" that appeared in this column

―― 本物です。

is real one.


2016-02-26 ―― その女の子の横にピッタリくっ付いて、座りました。 [長年日記]

先日、夜遅くに、人のまばらな(いわゆるガラガラの)各停の電車に乗っていた時のことです。

The other day, when I got on the train late at night,

前の席に、高校の制服を着た女の子が座り、英単語の本を開いていました。

a high school girl sat on a seat in front of me, and open a book of English words.

『そういえば、そろそろ定期考査の時期か』―― 現役の高校生と中学生の娘を持つ父親は、そういうスケジュールにも通じています。

I think "it is almost time for regular exam". I know the schedule because I am a father who has two daughter of active high school and junior hight school.

-----

ある駅で、一人の中年の男が乗り込んできました。

At a station, a middle-aged man came to the train.

その男は、ドアから入って、その女の子の前に立って、彼女を見おろすやいなや、

After entering from the door, as soon as he found the girl, he stopped to look down her,

―― その女の子の横にピッタリくっ付いて、座りました。

he sat down, sticking fast to her.

我が目を疑いました。

I could not believe my own eyes.

空席だらけの電車の中で、そんなことを本当にやる人間が、―― コミックやアニメや小説の世界ではなく ―― 現実世界にいるのかと、本当にびっくりしました。

I was really surprised that the person who did such ugly attitude in a vacant train compartment had existed outside of the field of novels, comics and animations.

-----

その瞬間、私は、「不快なモノを見た」と言う風に、大袈裟に立ち上がって、そのまま、その車両の別の席に移動しました。

At the moment, I suddenly stood up overwhelmingly, with acting "I watched a bugger" and move to another seat.

その女の子も、その後、私の狙い通り、連られるような形で、その席を移動したようです。

The girl seemed to understand my intention, she also moved to another seat after me.

私はそれを見届けて、ホッとしていました。

I breathed a sigh of relief to her action.

-----

このようなことができる人間は、先天的であれ、後天的であれ、善意であれ、悪意であれ、存在するのです。

The person who do the above has existed, even if it is by nature, by second nature, by well, and by malice.

その善し悪しを論じたって、意味ありません。

But I am afraid that it is meaningless of its right and wrong.

大切なことは、「気持ち悪いこと」や「身の危険を感じること」があれば

The most important thing is that whenever we fell something stranger or danger,

無礼であろうがなかろうが、人にどのように思われれようが ――、

even if it is disrespectful against anyone's feeling,

コンマ数秒で動き出す、脊髄反射のリアクションを取ることだ、と思うのです。

we have to prepare for reaction of spinal reflex in sub-second at any time.


2016-02-27 ―― その理解の方向が、ほとんど逆ベクトル [長年日記]

Previously, I described about the Studio Ghibli works "Kaze-tachinu(The Wind Rises)".

#ところで、「風立ちぬ」の英語訳って、"The Wind Rises"(Youtube)なんですね。『すごく美しい英語を見た』と、えも言えぬ感動を感動を感じたのは、私だけでしょうか

嫁さんと娘たちも見にいったのですが、評価は「良かった」というものでした。

My wife and daughters went to the movie, and the evaluation was "good".

私も一人で見にいってきたのですが、評価は「良かった」でした。

I also went to the movie, and the evaluation was "good".

しかし、

But

―― その理解の方向が、ほとんど逆ベクトル

"The direction of the understanding is almost Inverse vectors."

-----

私は、主人公であるゼロ戦設計者のエンジニアとしての生き方や思想を、ほぼ100%、そんなこと「取り立てて言うまでもない、普通の生き方」として、特に意識もせずに理解していたのです

I could understand perfectly that the way of the hero as an engineer of the Zero fighter design, is "a normal way of life, needless to say special".

しかし、嫁さんや娘たちは、「あの人(主人公)、一体、何を考えているの?」という、宇宙人を見るような感じだったようなのです。

However, my wife and daughters felt that "that person (the hero), what is he thinking?" with looking like the alien.

例えば、『病床の最愛の妻を、実家において置いて、その日のうちに仕事に戻る』という主人公の行動は「人間として、どうよ?」という感想を持たれてしまうのは ―― まあ、当然でしょう。

For example, the hero's action, "he leaves his wife's country house back to work on the same day, in spite of her serious sickness" might be blamed with "what is he thinking?"

しかし、私は、この主人公の振舞いを、「ロジック」ではなく「感性」として理解できるのです。

However, I can understand the behaviour of this hero, as "sensibility" instead of "logic".

-----

「ロジック」ではないので、上手く説明できないのですが、

It is very hard for me to explain it logically,

―― 人間愛だけが、最高の価値である

"Only human love is, is the best value"

という「正論」に対して、100メートルくらい離れたところで、小さな声で『そうかな』とつぶやきたくなるような感じ(×ロジック)です。

might be a "sound argument", however I have a feeling (not logic) that I want to mutter as "Is that so?" in a small voice at a distance of about 100 meters.

人間愛は大切だけど、同じように他の多くのものだって等しく大切だ、と思う。

I think "Human love is important but others are also important about the same"

例えば、「これだけが、もっとも一番大切なサブシステム」という考え方をするシステムエンジニアはいません。

There is no engineer who thinks "this is the most important sub-system", for example.

もっと具体的にいえば、「時計にとって、時計盤だけが一番大切である」という考え方をする、時計職人はいないだろうと、ということです。

Speaking in more concrete, there is no watchmaker who thinks "only watch board is the most important thing of all the watch parts"

『ある一つ愛だけを特別に取り扱う人は、その一つの愛すら、ぞんざいに扱っている』というように思えるのですよ、私には。

I think that "a person who thinks "human love" is special, doesn't even take care of the love itself "

-----

まあ、今日のこの話は、

Well, this my small talk is that

私の上記の見解の是非を問いたいのではなく、

I don't ask you my thought's pros and cons, though,

そういう発想ができてしまうところに「エンジニア」という人間の資質(というか、特徴?)が表われるんだろうなぁ

this might be a typical characteristic of "engineers",

と、気がつかされたということです。

I noticed that.


2016-02-28 「時計合わせって何?」ということになる ―― [長年日記]

電波時計の電波は日本の2箇所の電波塔(福島県と佐賀県と福岡県の県境)から送信されています。

The waves for "radio clock" is broadcasting from the two radio station in Fukushima pref. and the border between Saga and Fukuoka pref.

この2つの塔が、日本全国の電波時計を1秒以下の精度に保っています。

The two stations keep a precise time of all "wall-mounted radio clocks" in Japan. within one second

こうなってくると、「カセットテープって何?」「フロッピーディスクって何?」というレベルで、

Now younger who say "What is cassette ?" "What is floppy disc?" is going to ask me, in near future,

「時計合わせって何?」ということになる ――

the question of "What is "clock adjustment".

というか、もうなっているのでしょう。

It has already come hasn't it?

-----

ところが、この電波が、全く受信できない場所があるのです。

But there are some places where we cannot receive the wave at all.

「私のオフィス」です。

One of them was my office.

電波時計の電波受信確認のLEDの点滅が表示されない。

The wall-mounted radio clocks cannot show a LED blinking for the wave receive confirmation.

オフィスの色々な場所で調査している途中で、窓際ですら電波が取れないことが分かり、調査を打ち切りました(調べるだけ無駄)。

I started a field work in order to check the wave, however, I came to know that the wave was not arriving at even at nearby windows. (I am afraid that it is in vain to continue the check-up).

正直、ショックを受けています。

I was very shocked by the result.

この度、職場環境改善の一環として、何台かの壁掛け電波時計を発注してしまったからです。

Because, I have already ordered several wall-mounted radio clocks for office environmental improvement at this time.

このままでは、「時間を合わせる為に、壁掛け電波時計を外に持ち出す」という、面倒な仕事が増えてしまいます。

In this state, I have to add an annoying task to go outside, in order to match the time of wall-mounted radio clock.

(続く)

(To be continued)


2016-02-29 床下に潜っている自分の動画を撮影する、等々、 [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

My new column is released, so I take a day off.

Mr.Ebata's struggling for DIY Home Security System by EtherCAT(7) "

Aggressive home security system ----- the maids intercept invaders

-----

それにしても、

By the way,

床下に潜っている自分の動画を撮影する、等々、

shooting the film of my diving under the living floor, for example,

私の休日は、大抵そんなことをやっているか、執筆しているかの、どちらからで過ぎていくのですが、

my weekend holidays are spent by like the above or writing columns

他の人はどんなことやっているんだろうか、と、

"what are other persons do every weekend ?"

最近、とても気になっています。

I feel a great deal of concern recently.