2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|

2013-02-05 アイドルが狙うべき市場

HDDレコーダに録画していた、テレビ朝日の「ミュージックステーション」を見ています。

あまり、歌番組も好きでないのですが、「夕食を食べながらの『ドラマ』だけは勘弁してくれ」という私の切望の妥協です。

バレンタインデーに勇気を貰う歌、というテーマで構成されていました。

「バレンタインデーに女性から男性に告白ができる」ということは、勿論、義務的なものである訳でもなく、それに意味を求めるのは愚行です。

いわば、なぜ「1月1日を元旦にしなければならないか」というくらい、意味がありません。

2月14日にがんばりたい方は、是非がんばって下さい。

-----

アイドルグループや歌手は、「バレンタインデー」なんかの歌を歌っている場合ではない、と思うのですよ。

現在の日本の人口比率を考えれば、マーケティングのマスを考えれば、狙うべき世代は、若者ではなく、中年・高齢者でしょう。

江端:「数少ない若者が、数すくない若者向けにメッセージを出してどうするんだ。もっと、高齢者を狙わなければ」

嫁さん:「どんな?」

例えば、

■UZA → UZA to ホームペルパー

■Life is SHOW TIME → Life is SLOW TIME

■Go to the top → Go to the 要介護認定

くらいの曲で、元気づけて欲しいんだよね。


2014-02-05 私にシェイクスピアの戯曲を原文で読ませるより、無茶な話なのです。

先日も夜遅く帰宅したところ、いきなり娘から質問されました。

The other day, when I went back home, my first daughter asked me a question.

長女:「パパ。どう?」

"How goes it, Papa?”

私:「何が?」

"What?"

長女:「だから、パパ。どうよ?」

"So how goes it with you, Papa"

私:「だから、何がよ?」

"So, what are you telling me?"

長女:「分からないの?」

"Do you really understand?”

ここで「分からない」というのは簡単ですが、何か悔しいです。負けたような気がします。

Though it is easy to say "I don't know", it was shame and I felt losing a game.

―― 何だろう。何かなのだろうけど。

"What is that? I know something for what"

全く分からないので、「うん、まあまあだ」と適当なことを応えていました。

Ad hoc, I answered "It is so-so."

長女:「判っていないでしょう」

"You don't understand don't you?"

私:「・・・」

"...."

長女:「まつげのメイクしてみたんだよ。可愛いでしょう?」

"I am trying to fix lash make-up. Am I Cute?"

-----

ああ、嫁さんが、そんな話をしていたのを思い出しました。なんでもお年玉で、化粧品を買ったとか。

Umm... I remember that my wife told me the story that she bought some cosmetics at her New Year's monetary gift for the first time.

化粧というのは、自分を美しく装おうという目的がありますが、多くの女性の場合「化粧すること自体が、娯楽である」ということも知っています。

I know deeply that the purpose of makeup is not only to make them beauty but also to be an entertainment for them.

ですので、そのことについては、私には語るべきコメントが何もありません。

So I had no special comments for her makeup.

そもそも、化粧という行為に関する感想を私に求めることは、私にシェイクスピアの戯曲を原文で読ませるより、無茶な話なのです。

Above all, it should not be suitable for me to give her my impression about cosmetics. Reading Shakespearian drama is easier than that for me.

-----

私:「うむ。勿論判っている。可愛い。目も眩むほど可愛い。史上最高にして、空前絶後、比類なき可愛さである」

"I know. You are so cute and beautiful beyond description. Pretty all-time, first and probably the last. It is unparalleled."

長女:「・・・」

"....."

私:「さすがは、私の遺伝子!」

"My gene is great!"

-----

なんか怒っていたなぁ。

She seemed to be angry with me.

よく分からない年頃ですね。

In an unrealizable age, she is.


2015-02-05 ―― だから、4月入学なんぞ、とっとと止めてしまえ、と。

明日、2/6日は、関東地方でも大雪が予想されています。

Tomorrow, the 6th February, a heavy snow is going to hit the Kanto-area.

「明日、どうかなぁ」と思って、私立中学の受験を調べてみたら、

I tried to check the web site, thinking "How about tomorrow's entrance exam for junior school children"

あるわ、あるわ、山のように出てきました。

The pile of school is coming on the web site.

今、受験生や保護者は、どんなに不安な思いだろうかと思うと、何もアシストできない自分がもどかしいです。

Thinking of student preparing for an exam and their guardians, and their uneasy feeling, irritate me.

―― だから、4月入学なんぞ、とっとと止めてしまえ、と。

"Why can't we stop the April school entrance system in Japan?"

雪で交通インフラはズタボロになるは、インフルエンザは流行るは、何一つ良いことがない、我が国慣例の「冬の受験」。

There is no merit of our traditional exam in winter season, because of traffic infrastructure accident by heavy snow, and influenza epidemics.

心底、アホじゃないかと思う。

I really think "How foolish we are!"

『冬を耐えて春の桜の満開の中での入学式』という幻想を実現する為の、損害コストをちゃんと算出してみればいい。

In order to realize the illusion of "After enduring cold winter, reaching the entrance ceremony under Cherry blossoms in full bloom”, we should calculate the cost of the damage.

―― いや、いい。これは私が「数字を回してやる」

"It is O.K. I will do it with the numbers"

と、雪の空を睨みながら、冬の受験の怨嗟の想い果てしなく、です。

I am staring at the sky, and my grudge feeling toward the winter’s entrance examination becomes endless.


2016-02-05 つまるところ、この文章は、―― 自己批判なのです。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

「家事や育児に『参加』する」などと言う気持ちを持っているなら、結婚なんぞ、止めた方が良いです。

Even if you are a man and have a feeling of the "JOIN", I hope I put forward a suggestion of abandon of marriage.

「愛」で発動する(ことが多い)結婚は、その大部分は「家事」と「育児」という、(現時点では)あなたの会社やキャリアにおいては、1mmたりとも評価して貰えないタスクで構成されています。

I agree that marriage is likely to be started by love, however, most of the marriage is composed of many tasks that are not evaluated by your company and carrier at all (at the present).

しかも、家事や育児を「楽しい」と思えるか「苦しい」と感じるかは、結局のところ「運」です(本人の努力以外の部分が大きと思う)。

It is said that "Marriage is a lottery". Whether you can feel easy or difficult about "household chores" and "child care" depends on your own fortune.

So single is the best strategy for your life.

-----

とまあ、「受験生を連れてくる父親」を見て、ここまで深く考え込む必要はないとも思うのですが、

In face, I think I don't have to think of this issue deeply, only I watch the father who take their child at exam venue.

つまるところ、この文章は、

The purpose of this essay is my self-criticism about

「(無意識下であれ)家事や育児に『参加』の意識を持って来た」この私の、

I have had my will to "join" for "household chores" and "child care" unconsciously.

―― 自己批判なのです。


2017-02-05 この世界線を「シュタインズゲート」と名付けることができなかった

最近、仕事で(も)、シミュレータを作っています。

Nowaday, I also make a simulator for my work.

このシミュレータでは、現在から予想される未来に行き、

This simulator lets me go to a calculated future,

さらに、そこから再度、現在に戻って、再度、別の未来にいくという予測シミュレーションを3回繰り返します。

and go back to the present, and go to another calculated future again. Totally the simulator go over them three time.

私は、この3つの時間軸を、それぞれ、「アルファ世界線」「ベータ世界線」「ガンマ世界線」と、名付けました(本当)。

I have named these three time-axis, "alpha world line", "beta world line" and "gamma world line".

で、その3つの未来から、真に選択する世界を ―― 「実世界線」としました。

And I have named the real time-axis selected by these three world lines, "real world line".

この世界線を「シュタインズゲート」と名付けることができなかったあたり

I am afraid that I am a coward,

まだまだ、私は「未熟」なのでしょう。

because I could name the world line "Steins;Gate"

(*)ところで「世界線」というのは、某アニメによって使われ出したものではなく、素粒子の軌道を表現する概念で、量子物理学では普通に使われている用語です。


2018-02-05 今年のインフルB型は、『ちゃらい感じの好青年/ノリの良い可愛い美女』を装って、あなたを襲います。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

で、このインフルエンザの恐しさは、「酷い苦痛もなく、疲労を感じながらも、1週間くらい放置しておけば、自然と自己治癒してしまうこともある」ということです。

To tell you the truth, a real fear of the influenza is that "you can heal naturally about for a week, even if you feel pain and fatigue.

そういう人(私を含む)は、B型を撒き散らす「張本人」となる訳です。

Those people (including me) will be a distributor of the "influenza type B"

-----

嫁さんと次女に聞いた話なのですが、

I heard some stories from my wife and daughter.

●「無自覚なB型インフル」に罹患した教師によって、その教室の第1列目の生徒が全員病欠となった

- The students of the first line of desks in a class, came to be off sick, by a teacher who was a source of the disease.

●インフルによる授業の進行を心配して、毎日無理をしていた数人の教師によって、学校全体が休校に追い込まれた

- Teachers who were worry about the delay of program, tried to attend the class, and the school was pushed into "temporary closing of school".

そうです。

今年のインフル(B型)に関しては、十分に信用できる話だと思っています。

According to "influenza type B" of this year, I think that the above stories is believable.

-----

今年のインフルB型は、『ちゃらい感じの好青年/ノリの良い可愛い美女』を装って、あなたを襲います。

This "influenza type B" is approaching you, acting "playboys" or "playgirls".

ゆめゆめ騙されないようにして下さい。

You should be wary of deception.