2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2015-06-01 私、おっさんですけど「若いキレイなネーチャン」が、「飛び抜けて好き」ということはありません。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私、おっさんですけど「若いキレイなネーチャン」が、「飛び抜けて好き」ということはありません。

Though I am just an old man, it is not true that I enormously like "younger beautiful lady".

というか、逆に『1.1倍の付加価値の話題』を考えると、気が重くなって、敬遠したい気持ちになります。

In opposition to the above, I dare to avoid talking the lady, because of thinking of "1.1 times value-added topic" nervously.

「若いキレイなネーチャン」と、私の持ちネタである「少子化」「イスラム国」「環境」「制御LAN」の話題で話ができるのであれば、別です。

If I could talk to the "younger beautiful lady" with my favorite topics, like "reduced birthrate", "Islamic state", "environment" or "Field LAN", I welcome the lady with open arms.

でも『そんなこと、ありえる訳がない』と自分でも思えます。

But I know that it is a kind of illusion.

あるいは、家族を捨てて、「若いキレイなネーチャン」とどっかに駆け落ちする、という話でもするなら別です。

Or more specifically, if I could realize a runaway with the "younger beautiful lady" with abandoning my family, it might be another story.

(そう考えた瞬間、「面倒くさい」と思ってしまいますが)。

(But at the moment, I come to think "annoying")

いずれにしても、私は、「若いキレイなネーチャン」の属性である「若いキレイなネーチャン」という価値を、今一つ、理解できていないのです

Anyway I could not understand the "younger beautiful lady's value" of the "younger beautiful lady".

「価値がない」とは思っていないのですが、「飛び抜けて凄い価値」とも思えないのです。

I don't think that it have no value for me, however, I don't think that it is tremendous great value.

-----

しかし、それをTさんに見抜かれたのは不覚でした。

I was defeated to be seen through my apparent smile by Mr.T.

サラリーマン人生、まだ残っています。

I have the rest of my business person's life.

今からでも、「若いキレイなネーチャン」に、『1.1倍の付加価値』を付けれらる話題を、検索して、ちゃんと整理して、いつでも取り出せるように、Webにアップしておこうと思います。

From even now on, I want to search for some tips to talk to the lady, with "1.1 times value-added topic", and put them in order, and upload them to the Web site, in order to pick them up anytime.


2015-06-02 最近Internet Explore(IE)が、また、いらんことをして、私の邪魔をしてきます。 [長年日記]

私は、Webサイトに ".txt"ファイルを大量に置いてあります。

I leave a lot of ".txt" files in my web site.

ツイッターでは「江端は、古いテキストファイルを放置している」などと、的外れなことを言っている人もいるようですが、私は明示的に".txt"ファイルを置いているんです。

A twitter uses said that "Ebata forget to leave some ".txt" files in his site" which was an approximate comment. I do them explicitly.

情報の重要性はコンテンツであって、html等なんぞに整形している時間は、

I think the value of website depend on it's contents, so the spending time to make "html file" is

―― 全く無駄

in vain.

と考えているからです。

-----

ところが、最近Internet Explore(IE)が、また、いらんことをして、私の邪魔をしてきます。

Recently the Internet Explore(IE) annoys me again by unwishing modifications.

".txt"ファイルを開こうとすると、ダウンロードさせて、エディタを起動して、表示させようとするのです。

IE opens a text editor and download the text file whenever I try to open my ".txt" file by IE.

マイクロソフトは、こういう「ユーザ妨害機能」を組み込むことに、執念を持っているのでしょうか。心底迷惑なんですが。

I wonder whether MS co. are eager to make Interference function against users. That has caused me a great deal of trouble.

もっとも、IEなんぞを使っている私も悪いんですが、会社では業務の関係上、他のブラウザを使うことができないのです。

I am also wrong to use IE, however, I don't user other browser for our company business.

なお、自宅では、Google Chromeを使っていますので、こういう問題は起きません。

But in my house, I use Google Chrome and I don't care such annoying.

-----

(IE)→[ツール]→[インターネットオプション]→「セキュリティ」→[レベルのカスタマイズ]
□その他
□MIMEスニッフィングを有効にする  → 「無効にする」にチェックを入れる 

とすれば、なんとか解除することはできるのですが、それでも、

For the above setting, I can escape from the troublesome, but the message bar of

『このコンテンツは制限されているため、正しく表示されない場合があります』

"This content is restricted by this browser, so sometimes the image might be destroyed."

という情報バーが出てきて、心底、鬱陶しい。

is opened , and it is really annoying.

『IEごときに、正しい表示なんぞ、最初から期待していないから、あまり、いらんことするな』

I want to say that "I don't expect IE to correct image at all for the first time. So don't ask for trouble"

と申し上げておきます。


2015-06-03 私がカチンきたのは、番組製作者側の『小娘をバカにしている感じ』の番組の構成です。 [長年日記]

以前、女子高校生の間で、

Previously, I heard among high school girls, the diet fashion of

「アイスクリームに唐辛子をかけて食べる」

"chili pepper on soft ice cream" had expanded.

という、一瞬「は?」っと言ってしまいそうな食べ方が流行っているというという内容のインタビューの場面をテレビで見たことがあります。

For the first time, I didn't understand what this was all about it when watching the TV program.

『アイスクリームのカロリーを、唐辛子の燃焼力で、チャラにする』という考え方に基づく、ダイエット(カロリー相殺)手段、ということなのです。

It was said that "the Calorie of the soft ice cream is going to be lost by burning function of the pepper", which was a new type of diet.

-----

まあ、一種の「おまじない」みたいなものだと思いますし、子どもは、こういうトライアルを続けて、成長していくものですし、そうでなくては「子どもではない」と思えます。

I thought that it was a kind of spell. Children are growing up through these illogical experiments. I though that they were really children.

私がカチンきたのは、番組製作者側の『小娘をバカにしている感じ』の番組の構成です。

In opposition, I felt offended an attitude of the TV producer side, who made fun of the girls.

「まったくナンセンスである」という態度で振る舞っていましたし、保護者が「こんな食べ方をしていたら体を壊す」と心配しているシーンも放送されていました。

They had an attitude as much as to say "it should be nonsense", and they also broadcast her guardian's interview, who were worry for her health.

-----

『なぜ、彼女に、このような食べ方がナンセンスなのか、論理的に説明してやらないのだ』

"Why do you give her your logical experiment about its nonsense?"

ちゃんと消費カロリーを計算して、その結果を示して、説明するべきだろう?

They should have explained about the result after calculating the consumed Calorie.

I thought

『あんたら、大人なんだろ? 子どもの健康に係わることなんだろう? なにヘラヘラ笑っているんだ』

"Are you adults? is this for children's health? Why do you laugh at her frivolously?"

と思ってしまったのですよ。

というか、彼らの中に、このダイエット方法の非合理性を説明できる者は、多分一人もいなかったのだろう、と思うのです。

I mean, probably I thought that there would be no people who can explain the illogicality of this diet method.

(続く)

(To be continued)


2015-06-04 私たちが、制御システムと共生していくことは、避けられないでしょう。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

『子どもへの放射能被害が不安です』という保護者の皆さんは、今からでもいいから、原子力エネルギーや放射能について、死にほど勉強しなければならないと思うのです。

Some guardians often tell that they are worry about aftereffects of radiation of their children. I think they should start to study about atomic energy or radiation very hard from even now.

その分野の勉強が本当に難しいことは、よく知っています(痛感しています)。

I know well that it is difficult for us to understand the knowledges(from the bottom of my heart)

「文系出身者7割」の日本において、多くの人が、10の12乗を越える数字を取り扱う経験がないことも、よく知っています。

In Japan, 70% persons come from the faculty of liberal arts. So I know well that many people have not experimented to use big numerical like Tera size.

膨大な時間を奪われ、ろくな成果も上がらないかもしれないし、結局「無駄だった」という結論になる公算も高いでしょう。

It is just spending much time, no effect and in vain after all.

そんなことは、他人の為になら勿論、自分の為でもやりたくないと思います。

I know well we want to avoid such annoying things even for myself, needless to say, for others.

でも、

But I believe that

―― 子どもの為なら闘える

"We can fight for our children"

と思う。

-----

原子力エネルギーほど難しくないものであれば、例えば、

For example, trying to

■「原発再稼働の新ルール」とやらを調べてみる。

research for the new rules for atomic power plant management, or

■「原発再稼働」を認容、または拒絶した裁判所の判決文を読んで、比較してみる。

read the decisions of both acceptation and rejection of the power plant restart,

くらいなら、それほど難しくありません。

are easier to understand than the mechanism of atomic energy.

特に、裁判所の判決文って、けっこう読みやすくて、その辺の本より面白いです(時々、笑えます)。

Especially, the decisions of courts are easy to read, and more fun than the book around.

私たちが、制御システムと共生していくことは、避けられないでしょう。

Unfortunately, it might be difficult to avoid living with control systems.

しかし、私達は、訳も分からないまま、制御システムに『自分の子どもが殺されるかもしれない』と怯えるだけの日々からは、決別しなければならない ―― と思うのです。

But I also think that we have to break away the days, that we should been scared that our children are going to be killed by control systems.


2015-06-05 私は、自分のコラム(日記ではないほう)を、数人の後輩に査読して貰っています。 [長年日記]

私は、自分のコラム(日記ではないほう)を、数人の後輩に査読して貰っています。

I have several younger fellows review my columns (that is not a diary).

その査読員である後輩達(以下「査読後輩」という)の選定基準は、

The selection criteria of younger fellows who are a member of reviewer are the two followings.

―― 世間や私が想定できない方向から批評、批判できること

- to be able to criticize my columns from the view of both the world and I cannot assume before,

―― 私が暗黙的に想定していた事項を、言語レベルで表現できること

- to be able to express my implicit ideas as their language level,

の2点としております。

『そんなこと、私にだってできるぞ』という人もいるのかもしれませんが、意外にこの任に耐える人間は少ないのです。

Though Some people might say "It is a piece of cake for me", I think that few people have the capabilities of the above two matters.

-----

(1)言うまでもなく、私のコラムの長さの文章をラクラクと読み通せる程度の、読解力が必要です。

(1)Needless to say, they can read my columns even if they are too long.

これができなければ、何も始めることはできないからです。

They cannot start anything if they have the capabilities.

(2)また、論理的な思考に基づく、論理的な説明ができることが必要です。

(2)They should explain their ideas logically based on their logical thought.

定性的な説明では足りず、自分の持っているデータに基づく定量的な根拠を伴っていることが必要です。

The qualitative explanation is not enough, and it is necessary to be accompanied by the quantitative grounds based on data they have.

私のコラムは「数字」を扱うものだからです(まあ、研究員を称する人間であれば、これも当然です)。

My columns are based on "numbers".(This is natural if they are researchers)

(3)通常の社会的な常識を「知っている」ことが必要です。

It is necessary "to know" the normal social common sense.

私のコラムは一部の研究員に向けた論文ではなく、ノンセクションの多くの人に読んでもらうものだからです。

My columns are not the articles for some researchers but just columns for ordinal people.

(4)上記(3)に関わらず、通常の社会的な常識を「信じていない」ことが必要です。

(4)Regardless of (3) mentioned above, it is necessary "not to believe" normal social common sense.

「常識」に立脚した視点から、私のコラムの内容を超越する批判はできないからです。

From a viewpoint based on "common sense", it is impossible to criticize the contents of my columns.

(5)自己の批評を、自力で、第三者に説明可能な程度まで論理的に組み立てられることが必要です。

(5)It is necessary "to make up" their own review to the degree that they can explain to a third party by themselves logically.

「中二病」的な薄っぺらな批評批判であることでは全く足りず、その思考自体が、きちんと自己の中で論理的に閉じており、かつ第三者に説明可能な程度に完成させる程度のレベルにあることが必要です。

It is not enough of simple thin review criticism like "self-conscience stage of puberty".

The thought should be logically completed in their brain, and be made up to be able to explain it to a third party.

(6)上記(5)の批評が、十分に面白いものであることが必要です。

(6)It is necessary for a review of (5) mentioned above to be interesting enough.

どんなに論理的に閉じていようが、面白いストーリーとして組立できなければ、お話になりません。面白くない話は「売れない」からです。

Even if the story is logical, it doesn't mean that they can build up an interesting story. We cannot sell the story that is not interesting.

そして、この(1)~(6)までが揃った極めてレアな後輩達は ―― 最悪です。

And, these extremely rare younger fellows who kept in this from (1) to (6), are the worst.

(続く)

(To be continued)


2015-06-06 『江端さん、今回も素晴しいです。どうしたらこんなに凄い作品が書けるのですか。毎回も心服したとした言葉がありません。皆が江端さんに心酔するのは当然ですよ。江端さんは私達の誇りです。ところで・・・』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

まあ、なんの忖度(そんたく)もなく、私の襟首を掴んで、批判の嵐の中に突入します。

They don't hesitate to take me the storm of criticism with grabbing me by the collar.

そこには、創作者であり、サラリーマンとしての上長である私への敬意のかけらも見られません。

There is no respect to me who is a creator and their boss in the company.

数値の矛盾を付き、破綻した論理を探しだし、私が組み立てた結論をひっくり返すことに全く躊躇がありません。

They point out the contradiction, find out the failed logic, and don't hesitate really to scatter the conclusion I have made up.

加えて、それには足りずに、私の思考形態や価値観にまで、ずけずけと手を突っ込んできます。

In addition, they speak bluntly about my way of thinking and sense of value.

企業研究員として長期に渡って鍛えられた徹底的な検証の技と批判精神から、サラリーマンとしてのヒエラルヒーを開放してやると、

They have been an trained institutional researchers who have the skill and criticism mind of thorough inspection. So If I make them lose their burden of co-worker,

―― 彼らが「完成」します。

they come to complete themselves.

-----

江端:「もう少し、優しく批判はできんもんかなぁ。腐っても、私は君らの会社の先輩で、上長に相当する人間だろう?」

Ebata:"Why don't you criticise my works more kindly ? You know that there is a saying "an old eagle is better than a young crow". I am your senior and equivalent to the boss.

後輩:「江端さんは、一体、私達に何を期待しているんですか? 私達は、私達を選んだ江端さんが期待している通りのことを行っているという自負がありますよ」

Junior:"Ebata-san, what are you expecting for us? We presume that we has pride and responsibility as a reviewer, you are expecting for.

江端:「うん、それは分かっているし、実際その通りだから、他の人間なら決して許さないような無礼なインタフェースを、君たちに限って認容しているんだが・・・。それに、君たちの価値を最大に発揮させる為には、これしか方法はないとも思っているんだが・・・」

Ebata:"I know well that you are right. So I allow only you to use the worst words with rude manner. and I also know that this is the only way to let your value maximum.

後輩:「ふーん。そうですか。では、こうしましょうか。

Junior: Well, let me see. How about using regular phrase before our criticism,

『江端さん、今回も素晴しいです。どうしたらこんなに凄い作品が書けるのですか。毎回も心服したとした言葉がありません。皆が江端さんに心酔するのは当然ですよ。江端さんは私達の誇りです。ところで・・・』

Ebata-san, this your work is also splendid. How can you write so great work? I have no words without "I had a deep respect to you". It is natural that everybody adores Ebata-san. You are our pride. By the way, it is.....

という、枕言葉を付けてから、私達の批評を開始するようにしましょうか?」

江端:「なんか、それも腹立つな・・・」

Ebata:"I am also totally disgusted with that..."


2015-06-07 「ラーメン大好き小泉さん」が実写化されるそうです。 [長年日記]

「ラーメン大好き小泉さん」が実写化されるそうです。

The manga comic "Ms.Koizume who is crazy for Ramen" seems to be filmized.

実写化で成功している食事系マンガといえば、はやり「孤独のグルメ」ですよね。

According to the successful live-action version of gourmet comic, it is "a gourmet of the loneliness".

小泉さんも、井之頭さんに匹敵する、「一人メシ主義者」としてのキャラクターを確立して欲しいと祈っています。

I hope that Koizumi-san also make her the character as "one mealist" like Inogashira-san.

そして、あの「グループで固まらなければ、メシが食えない女性陣(男性も多いが)」に対して、パラダイムシフトとなることを祈っています。

As for those "women who cannot eat a meal without a group (men too), I think that she is going to be a symbol of "one mealinst".

-----

私が、食堂で、「一人読書メシ」を楽しんでいるところに、私を取り込むように席を確保する女性たちには、かなりうんざりさせられます。

When I enjoyed lunch alone, I sometimes annoyed women who want to keep the seat to surround me.

オセロ盤の上で、追い込まれたたった一つのセルのような気分で、その日の楽しい「読書メシ」は台無しです。

I feel that I make me one cell on the Othello board, the pleasant "reading meal" of the day is spoiled.

分っています。彼女達は、何も悪くない。

I know well. They are not wrong at all.

一人メシを完遂したいのであれば、食堂なんかで飯を食う私が悪い。自宅または自席でメシを食うべきなのです。

If I want to have a lunch alone, I should go back to my house or seat, not restaurant.

ま、この辺の理由については、長女にとくと説明を受けていますので、 ここから始まる、9日分の長編日記をご覧下さい

About the reason of it, I have already been explained by my daughter. I hope you will read this past diary.

-----

それにしても、「グループ飯」って、私には、どうしても、苦行に見えてしまうのです。

Still, I see "a group meal" for penance to me by all means.

実際に「苦行だ」と明言している人間も、私の(ものすごく)近くにもいます。

In fact, some people who said "it is really penance" are in the neighbourhood.

少なくとも「苦行だ」と感じている人、特に若い人、そして特に女性に対して、少しでも新しい一歩を踏み出せるように、

At least for the person who feel "penance", particularly a young woman , can step forward,

「ラーメン大好き小泉さん」の実写化に、私は大いに期待しているのです。

I am expecting the filmizing "Ms.Koizume who is crazy for Ramen".


2015-06-08 「お前たち若者は、私達老人予備軍を『本気で殺す気』で政治に関わらないと、明るい未来はないぞ」 [長年日記]

昨日での夕食での会話です。

This was a chat at the dinner of last night.

長女:「選挙権が得られる年齢が18歳以上になるでしょう?」

Daughter:"The age of voting right is going to be down "more than 18 years" isn't it?"

江端:「うん、多分成立すると思う」

Ebata:"Maybe, it is going to pass the bill into law soon".

長女:「これからは、政治のことを考えなければならないと思うと、身がひきしまる気がするよ」

Daughter:"I feel tense that I have to think politics deeply from now.

江端:「それは、とても良いことだ。これからは『殺し合い』だな」

Ebata:"Good. Very good. So we are killing each other."

長女:「え?」

Daughter:"What?"

江端:「我が国の富は有限だ。これから老後を迎える私達は、お前たち若者から『金を巻き上げて、安泰な老後をすごす』ことだけを考えて動く。お前たちから見れば、私達はやっかいな障害物だ」

Ebata:"Our country's wealth is, and will be limited. We are going to go post-retirement years, and think that we wound up the gold from you and give us security in our old age. We are just annoying obstacles from your vision.

長女:「・・・」

Daughter:"..."

江端:「私個人としては、お前たち若者の未来を、私の為だけに平気で喰い潰す予定だ。どんなに綺麗事をいっても、『教育、育児、少子化』と『老人福祉』はトレードオフだから」

Ebata:"In my opinion, I will to spend your fortune for the future in my idleness. Even if you want to avoid complications, it is a trade-off between education, caring for children, reduced birthrate and welfare service for the elderly.

長女:「・・・」

Daughter:"..."

江端:「お前たち若者は、私達老人予備軍を『本気で殺す気』で政治に関わらないと、明るい未来はないぞ。しかも、老人予備軍は『かなり強い』ぞ」

Ebata:"You youth, is going to have no future in the bright, if you are going to attempt our older life. And we are really strong.

長女:「・・・」

Daughter:"..."

-----

江端:「『戦争を、しましょう』」

Ebata:"Let's war."

―― と、私はキメ顔で、そういいました。

I said in a smug face.


2015-06-09 「パパ、毎日帰宅が遅いんだけど、浮気しているんじゃないの?」 [長年日記]

一昨日での夕食での会話です。

This was a chat at the dinner of last night before yesterday.

次女:「パパ、毎日帰宅が遅いんだけど、浮気しているんじゃないの」?

Daughter:"Papa, You are late to go home everyday. Do you have an affair?"

という質問が、最近やけに多いです。

I have listened the above phrase several times since now.

なんか、また「たわけたドラマ」の影響みたいです。

I am afraid that she has been affected by foolish dramas.

だから、私は普段から「ドラマなんか見ないで、アニメを見ろ。アニメさえ見ていれば、人間は幸せになれるのだから」と言っているのですが。

So I always tell her that "You don't watch foolish dramas, not animation. Watching animations will let you happy easier."

ま、それはさておき。

That's aside.

-----

ネットで調べてみると(そして、これ以上もないくらい、当てにならないソースですが)、浮気をしている人は結構な比率のようです。

According to the Internet information (and it is the most incredible new sources), The persons having an affair are relatively large ratio.

浮気という行為のプロセスはともあれ、浮気にかかるコストって、結構ハンパないと思うのですが、一体、その金はどこから出てくるんでしょうか。

Though I am not interested in the process of the affair, I think the cost of the affair might be bigger that I expect. I wonder on earth how they could get the money.

私は、「浮気」は羨ましくないけど、「金」は羨ましいです。

I don't envy the affair but money.

法学ゼミの学費に使うつもりでチマチマと貯めていた原稿代すら、すべて江端家の養育費して強制徴収されてしまっています。

Now my fee for an article that I have saved for the school expenses of the law seminar has been collected compulsorily for educational expenses for my daughters.

浮気うんぬん以前に、娘達が、物量的、金銭的、かつ暴力的にその可能性を完膚なきまでに叩き潰している訳です。

Even if I have a aspiration of the affair, my daughters are destroying it from amount of resources, monetarily and violently.

北極ラーメンと、スーパー銭湯のサウナだけを楽しみに生きているこの私に対して、

My present entertainments are just "Hokkyoku-Ramen" and sauna of the super public bath.

彼女らは、一体どの口で、父親の浮気を疑っているのだろうか?

How do they on earth suspect their father's affair ?

少しは父親を見習って、

After the example of your father's work,

I want them to calculate the cost of affair.

-----

という訳で、私が何が言いたいかというと ――

What I want to say in this diary,

■深夜22時近く頃に、残業で疲れ果てた私に、特許のネタ出しの相談にくる後輩達。

Around 10 P.M. Younger co-worker coming to me for consultation of the material soup stock of the patent, even I was exhausted with late-night overtime.

■特許のネタぐらい自分の頭で考えろ。研究員だろう。

Let you think out tips of the patent by yourself. You are a researcher aren't You?

■それでも、私に助けが必要なら、私の娘に手紙(×電子メール)を書いて、私のヌレギヌを晴らせ。

Still if you want to need my help, write to my daughter and clear my false charge.

■私の特許ブレスト(特許ブレーンストーミング)の参加は、この手紙の作成が、取引条件だ。

This is the condition for my join to the patent brain storming.

―― ということです。


2015-06-10 「私達は『浮気』という行為から、もっとも遠いところに位置している人間ですよ」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

特許ブレストにつきあわされた後での、昨日の日記を読んだ後輩との会話です。

After the patent brain storming, I chatted about the yesterday's diary of mine with my junior fellow.

後輩:「そりゃ、手紙でも何でも書きますよ。でも、バカバカしいですよ」

Junior:"If you want, I write a letter or anything to your daughter. But it will be radish."

江端:「何で?」

Ebata:"Why?"

後輩:「私達は『浮気』という行為から、もっとも遠いところに位置している人間ですよ」

Junior:"We are absolutely far from "affair" in the world."

江端:「言わんとしていることは分かるが」

Ebata:"I understand what you want to explain."

後輩:「私達が浮気できるなら、世の中からは女性はいなくなりますよ」

Junior:"If we can cheat, all of woman in the world become to lose."

江端:「・・・?」

Ebata:"...?"

私がよく分からないという風に、首をかしげると、彼は話を続けました。

When I looked quizzical, he continued his talk.

後輩:「私達が1人と浮気できるなら、普通の男性なら20人と浮気が可能です。『浮気市場』における完全な供給不足に陥いります」

Junior:"If we can cheat one woman, other men except us can cheat more than twenty women at the same time. In the "love affair" market, women will come short."

江端:「ま、そうだよなあ。浮気って、やっぱり一種の才能だと思う。あれは資質のある人間にしかできないと思う」

Ebata:"I agree. and I also think "affair" needs some kinds of talent and qualifications."

後輩:「もし、私が何日も自宅に帰宅しなくても、私の嫁は『事故かもしれない』とか『仕事に夢中になっているかもしれない』とは思っても、『浮気をしているかもしれない』とは絶対に思わないですよ」

Junior:"Even if I don't go back home for several days, my wife will think the possibility of accidents or works in the office. But I can tell the world "she never think of my affair."

江端:「多分、ウチもそうだ」

Ebata:"My wife, too."

後輩:「独身の時、合コンの最中に『かったるいなぁ、早く帰って、あの論文読みたいな』と思ってしまう人間ですよ、私は」

Junior:"I am a person who can think "I want to go home and read the paper soon" in during the mixer party."

そういえば、私も、デートの最中に、『彼女を駅に送ってから、何時ごろに研究室に戻れるかなあ』ということを思ってしまう人間でした。

Come to think of it, I also thought "What time can I arrive at the lab, after this date."

-----

ここで一息ついて、後輩は言いました。

off the go, he said to me.

後輩:「はっきり言いますけど、江端さんのところの娘さん、父親に対して『幻想』でも持っているんじゃないんですか」

Junior:"To tell you the truth, your daughter has an "illusion" of her father, doesn't her?"

江端:「『幻想』?」

Ebata:"Illusion?"

後輩:「江端さんがモテるなどという、そういうバカげた誤認を、どういう観察をしていたら可能となるのか。ちょっと本気で正気を疑いますね」

Junior:"I cannot understand the thought that Ebata-san is popular with women, which is an apparent error. I really doubt your daughter's sanity seriously."

江端:「まあ、そうだけど・・・そこまで、はっきり言われると、腹立つな」

Ebata:"You are right, but I am also totally disgusted with you."


2015-06-11 「最近の若い研究者は、研究を始める前から『市場規模』やら『ビジネスモデル』やらという言葉を、やたら使いたがる」 [長年日記]

「最近の若い研究者は、研究を始める前から『市場規模』やら『ビジネスモデル』やらという言葉を、やたら使いたがる」

"Younger researchers in these day, are suppose to want ot use the words "market scale" and "business model, before starting their study"

と憤慨しているという人間がいるという話を聞きました。

I heard about the above person who has got mad with the younger researchers.

その方が、今年大学に出られた、私の(本当に数少ない)敬愛する上司だったので、

I also hear the person is my boss of other days, and

―― とても嬉しかった。

I was very glad.

私の敬愛する上司が、同じことを考えていることが、分かった(ような)気がしたらです。

I felt that my revered boss also thought some thing of what I have wanted to say.

-----

企業研究所の管理職のはしくれである私は、『市場規模』やら『ビジネスモデル』が成立しない研究を、認めることはできません。

I who am a research manager of private company, cannot admit any research project without the view of market size and business model

公には。

in public.

だから、私は普段から言っているんです。

So I usually tell you on a routine basis

「私達、管理者を欺け(あざむけ)」

"Cheat us, who are your bosses"

と。

-----

『市場規模』やら『ビジネスモデル』を成立条件として、新しい研究のネタを考えるということは、

For me, thinking new research theme, based on market size and business model,

―― 少くとも、私には無理

is impossible.

です。

私には「私を楽しませる」研究が必要なのです。

I need a research that makes me happy.

私には、やりたい研究がありすぎて、現在は「週末研究員」という新しい概念を、世間に浸透させる活動をしているくらいです。

I have too many research themes which I want to do, so now I am working to spread the new concept of "weekend researcher" out in the world.

そして、私の「やりたい研究」は、全く「金」になりません。

In addition, the research that I want to do, don't make money at all.

例えば、「ダイエット」の調査研究は、人に嫌われることがあっても、金を儲けることは絶望的に困難です。

For example, the research of "Diet" makes no money, even if some people become to dislike my activities.

-----

君たちの考えてくる『市場規模』やら『ビジネスモデル』なんぞ、このクレバーで、スマートで、インテリジェントで、ハンサムなこの私にかかれば、論破するのに3秒も必要ありません。

I who am clever, smart, intelligent and handsome, could destroy easier the logic of the market size or business model, you are trying to think. I believe I don't need three seconds for the destruction.

私が見せて欲しいものは、「正しい」市場規模やらビジネスモデルなんぞではありません。

What I want to watch is not the correct market size or business model you believe correct.

ありったけの、デタラメなデータ、支離滅裂な仮説、命がけの熱意と狂気を持ってきて欲しいのです。

I want to get your nonsense data, un-logical hypothesis and, zeal and craze for your life.

If you can do it,

そうすれば、

―― 騙されてあげる

I am going to be cheated by you.

から。


2015-06-12 私の誇るべき成果は、『画才ゼロでも絵を描く方法を(自分なりに)立ち上げた』という点だと思っています。 [長年日記]

最近、娘に頼らずに、自分でイラストを描くようになってきた為か、色々な技が使えるようになってきました。

In these day, I can use some tips for drawing. I think that I often have chances to draw illustrations by myself.

しかし、市販されているドローツールの教本って、私のような人間には、全く役に立ちません。

But the commerce instruction book of the drawing tool is not useful for me.

グラデーションの方法とか、陰影の付け方、立体感の表し方とか ―― そんな技は、私には必要ないのです。

I don't need the tips, how to make gradation, shading, and spatial effect, at all.

私のような人間には、「なめらかな線画がマウスで描ければ十分」で、「その線画に『塗り絵』ができれば上等」なんですよ。

For me, it is enough for me to know "how to make line drawing by mouse", and "how to paint color in the line art".

調べて頂ければ分かることですが、このような教本は絶無です。

I believe that you cannot find these instrument books out. It make clear, if you try to search.

-----

一番時間がかかるのはイメージ作りなのですが、これが決まった後の時間が凄く短くなりました。

Though I have to take much time for the concept of the drawing, I can shorten the time after that.

3時間くらいで、一枚上がるようになりました。

Three hours are enough for me to make a drawing.

3時間は「長い」という人もいるかもしれませんが、画才ゼロの私にとってみれば、これは驚異的な進歩なんです。

You might say "it is too long", however for me who have no gift for drawing, I think that this is tremendous progress.

というか、私の誇るべき成果は、『画才ゼロでも絵を描く方法を(自分なりに)立ち上げた』という点だと思っています。

I mean, what I am proud of , is to build up the method of drawing without gift for drawing.

-----

ですので、「画才が無くても絵が描ける」という本を書こうかとも思っているのですが、ここに一つのジレンマがあります。

I think that I might write the book whose title "you can draw even if you have no gift". But there is a big contradiction here.

『画才が無いと思っている人が、自ら絵を描こうと思うだろうか』

"Do the person who thinks that there is not artistic skill want to draw ?"

ということです。

(続く)

(To be continued)


2015-06-13 視覚に訴える媒体(ここでは「デザイン」という)のパワーは恐るべきものがあります。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

視覚に訴える媒体(ここでは「デザイン」という)のパワーは恐るべきものがあります。

I believe that the media based on visualisation, calling it "design" in this diary, is really awful.

■まず、第一に、デザインが圧倒的に購買意欲を支えているという事実があります。

Firstly, "design" appeals to "eagerness to buy" strongly.

私がどんなに機能が優れていることを説明しても、嫁さんや娘達は、自分の気に入ったデザインの自動車や携帯電話から、ブレることはありませんでした。

My wife and daughters had never accepted my persuasion that they should select productions, like automobile and cell phone, fro, the view of the functions.

私はこの時、私たちエンジニアが命懸けで開発している「機能」という価値が、「デザイン」という価値には、遠く及ばないことを、魂のレベルで理解したのです。

At that time, I could understand profoundly that the value of "functions" is inferior to the value of "design", even if our engineer are struggle to develop new good function.

私は、MACやiPod/iPADのデザインやインターフェースが好きではありませんが、私が少数派であることは、明らかなことです。

I don't like the designs and its interface of MAC or iPod/iPAD, thought, it is obvious that I am in minority group.

■第二に、デザインは、世界共通言語であるという事実があります。

Secondly, "design" is a international communication language.

「英語に愛されないエンジニア」であるこの私でさえ、海外赴任や出張をしてこれたのは、世界中にホワイトボードがあり、そして、メモ用紙があったからです。

The reason why I have gone business trip in the world, though I am a typical "loveless engineer from English", is that I can use paper and white board.

"□"と"→"さえ書ければ、「この世界の全ての事象は表現できる」と思っています。

I think that I can explain "the world" with drawing rectangle and arrow.

■第三に、(これはエンジニア特有の話になりますが)デザインが、工学的アプローチに必須のアイテムであるという事実があります。

Thirdly, (this might be for engineer only), "design" is an indispensable item for engineering approach.

絵が含まれていないプレゼンテーション資料なんぞ、誰にも読んで貰えません。

Nobody want to read a presentation material with picture.

また、図面を含まない特許明細書は、多くの場合、特許庁の審査官から拒絶査定を喰らいます。

In many case, patent applications without picture, are rejected by Patent office Board of Appeals.

それは、「発明が劣っている」からではなく「審査官が発明を理解するのが難しくなる」からです。

It is not for "poor invention", but for "hard to be understood by examiners".

それと、自分のアイデアを、デザインレベルで具現化できる、ということは、そのアイデアが「完成している」ということの証明になります。

More over, "possibility to realize my idea as a design" is a kind of proof for the completion of my idea.

-----

ところが、この「デザインを舐めている」エンジニアや研究者が、結構な数いるんですよ。

But I am afraid that there are many engineers and researchers who make little of this design power.

(続く)

(To be continued)


2015-06-14 「デザインとして表現すると、考えが限定的になってしまう」という主張もあるようですが、その主張は二重の意味でナンセンスなのです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

特に大学関係者のプレゼンに、「文字だけ」の資料が多いです。

For example, college researchers is apt to make character presentation material without picture.

大きな文字を書いて、読みやすくしている『つもり』になっているようですが、サボっているのは見え見えです。

Though they are about to make their materials easier to read, it is obvious that they want to cut corners.

また、「デザインとして表現すると、考えが限定的になってしまう」という主張もあるようですが、その主張は二重の意味でナンセンスなのです。

Some persons tell that design restricts expansion of technical thoughts, but this is a nonsense as a double meaning.

デザインというのは、技術の具現化の一番最初のフェーズですから、デザインのない技術というものは存在できません。

Design is coming at the first phrase of technical realization. So there is no technology without design phrase.

そもそも「抽象的な技術的思想の創作を保護する」ことを目的とする特許においてですら、『実施例』の記載が義務づけられています。

Above all, the purpose of patent rights is to protect creations of obstacle technology thoughts, however, practical example should be attached in patent applications.

これは、特許法が、「デザインを作り、具体化して、実施可能なものが、最低1つはないと、権利(特許権)はやらん!」と宣言しているということです。

This means, patent law declares "I don't give you any patent right without specified application with designs and method. You should open at least one example"

まあ、それ以上に、

More over, the story will arrive at the following saying,

―― デザインすらできない技術的思想なんぞ、何の役に立つ! ボケ!

"Don't be dumb! Technology without design ? What is on earth it?"

という、当然の話に落ちます。

-----

もちろん、方法の発明(アルゴリズム)とか、製品コンセプトなど、デザインしにくいものがあるもの事実です。

Of course, I know well that some object is difficult to realize as a design, like method invention(algorithm) or product concept.

しかし、それらのものでさえ、デザインとして表現する方法はあるのです。

But even if that, we can make them as design.

その一つの手法が「擬人化」です。

One of them is "personification".

(続く)

(To be continued)


2015-06-15 「メイドとご主人様」を使っている技術コラムは、使っていないコラムよりは、ずっと読みやすい [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

有名なところでは、小惑星探査機「はやぶさ」を模した擬人化イラストやマンガ。

As a famous personification, the illustration or comic of asteroid spacecraft "Hayabusa".

商品パッケージにも、いわゆる「萌え絵」といわれるものが積極的に採用されていますし、「日本鬼子」(日本人に対する蔑称)を、可愛い女性のイラストに可換したものまであります。

About product package, "Moe-e" that is a pictures of cute, young female characters, become to be used positively, the word of "Nihon-Oniko"(disparaging terms for Japanese) become to be changed into a cute girls.

以前の私であれば、これらのイラストを忌避していたかもしれません。

I had might been away from these illustrations before.

それに、全ての人の心に、このようなイラストがヒットするという訳でもないと思います。

I don't think that these illustrations hit hearts of all people.

しかし、それらのパッケージのイラストによって、売上が伸びている事実は、否定しようがありません。

But we don't deny the fact that the sales come to increase by these illustrations.

「萌え絵」そのものではなく、そのようなイラストを使ってまでも商品コンセプトを伝えたいという『気合い』が、高く評価されているのだろうと思うのです。

I think that the spirits of hope to bring the product concept to consumers by the illustrations, have been valued, not "Moe-e" itself.

それに ――

And, I also believe that

消費電力や制御システムのコンセプトビークルとして、「メイドとご主人様」を使っている技術コラムは、使っていないコラムよりは、ずっと読みやすい

The technical columns, including "maids and master" as a vehicle concept of electric power and control system, is easier to read than not including them.

―― と信じています。

小学生の娘にゲーム理論を教える前には「マンガでわかるゲーム理論」という本を手渡しましたし、職場の自分の席から「マンガでわかる統計学」という本も見えます。

Before teaching my daughter "game theory", I gave her a book whose title was "games theory to understand by comics" and I can find a book whose title is "statistic to understand by comic".

-----

こういう風潮に、眉をひそめる人もいるのかもしれませんが、私は、

Some people might frown on these trend, however, I think

「目的を達成する為には、どのような手段だって試みるべきだ」

"Any method is good, as long as we achieve a target"

と思っていますので、工学・理学分野に、擬人化イラストを導入することを全く否みません。むしろ推奨します。

So I don't deny to use personification illustration into science and industry fields. If anything, I recommend it.

私は、査読付き論文や、特許明細書の実施例に、「萌え絵」が掲載される日を、心から楽しみに待っているのです。

I am looking forward to watching "Moe-e" in reviewed papers and patent applications.

(続く)

(To be continued)


2015-06-16 私は、エンジニアや研究員に「萌え絵」を描けといっている訳ではありません(無理です)。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私は、エンジニアや研究員に「萌え絵」を描けといっている訳ではありません(無理です)。

I don't say that "engineers and researchers should try to make a "moe-e" illustration (maybe it is impossible)

「システムコンセプトを伝える絵」「製品利用イメージ伝える絵」が描けるようになることは、エンジニアとしては、大きなメリットだとは思っています。

Making drawings "to show a system concept" or "to teach usage demo to end users" is a great advantage for any engineers.

私達は、パワーポイントで線画を描くことはできるでしょうし、そのような線画であっても、文字だけの資料よりは、はるかに訴求力はあるでしょう。

We, of course, can draw pictures by common drawing tool, and the pictures is better than just character presentation materials.

しかし、システムや製品のコンセプト図や、それらを使っているエンドユーザのイメージ図には、遠く及びません。

But the character presentations are far from the drawings of system or product concepts.

-----

「そのようなコンセプト図や利用イメージの図の作成は、デザイン部門の仕事だ」などと、言っていられる日々は、―― 私が思うに、それほど長くない。

I am afraid that it is not long time for us to keep saying "making such concept figures and use cases is not our business".

かつて、特許明細書の文章を作成する部門や、図面を作成する専門部署がありました。コピーだけをする部署もあったくらいです。

The old days, there were some sections to make patent applications, and line arts, and to make copies of document.

しかし、これらの部署は、今や跡形もありません。

Now, these sections had gone with the wind.

パソコンによって、これらの部署は消滅に追い込まれ、それらの仕事は、エンジニアや研究者の所掌範囲に含まれてしまいました。

PC vanished these sections, and the tasks became to be included as a engineer's or researcher's works.

この経緯を考えれば、コンセプト図の作成は、時間の問題で、エンジニアや研究者の手に落とされることは、ほぼ間違いないでしょう。

Come to think of it, it will be shown that we are going to have to start making concept figure in near future.

-----

この日記の冒頭の、

About the top of this serialisation diary, I wrote

「画才がないと思っている人が、自ら絵を描こうと思うだろうか」

"Do the person who thinks that there is not artistic skill want to draw ?"

という問いに対して、

and, my estimation result is

今の私の答えは、

「画才がないことを理由に、絵を描かないことが、許して貰えなくなる日が来るかもしれない」

"The day might come that we are not allowed to make pictures on the grounds no talent.

という、予測結果をお伝えするにとどめます。

-----

という訳で、「江端さんのイラスト作成奮闘記 ―― 画才ゼロの理系エンジニアが、絵が描く」という本の執筆依頼ございましたら、ご連絡下さい。

I'll be waiting for your e-mail, if you ask me to write "Mr Ebata's struggle for making illustrations --- Physical science engineer without artistic talent tries to draw."

「聞いているだけで英語がしゃべれるようになる」だの、「どんなに食べても痩せる」などという、バカげた英語本やダイエット本とは、一線を画する実用書になる予定です。

The book is going to be a practical guide, unlike that the foolish books of "You can speak English just to hear English" and "You can diet even if you eat your fill".


2015-06-17 「江端さん、これ、フツーの結果ですね。もっと『私たちを驚愕させる数字』というものを出せないんですか?」 [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, a new column is released, so I take a day off.

"Let's turn the world by "Number" Diet (16) We cannot continue diet more than two month? Let's check it true or false.

-----

今回も「無礼な後輩たち」は顕在ですが、全員分を書くことができませんでした。

This time, the rude younger co-workers are actual existence. Unfortunately, I could not write all of their comments.

例えば、

For example, a younger co-worker who said,

「江端さん、これ、フツーの結果ですね。もっと『私たちを驚愕させる数字』というものを出せないんですか?」

"Ebata-san. I am afraid that this result is not special. Could you find the number that I am floored out more?"

と言った後輩も、 ―― 実在します。

existed.

そんな凄い計算結果が、ポコポコ出てくる訳がないだろう!

Do you really think that it is possible to find the number easier?

-----

ところで、アンケートにお申し込み頂いた皆様。メールをありがとうございます。

By the way, I would like to say that I thank you very much for sending your mail to me.

江端のドラフト版原稿にご感想を頂いた方、「アンケート内容」の草案を送って頂いた方、その他の応援メールを送って頂いた皆様。

Some persons gave me their impression of my draft version, a blueprint of questionnaire, and support mail.

お返事できなくて申し訳ありません。

I am very sorry that I could not reply your mail soon.

頂いたメールは、すみからすみまで拝読した上で、コラムの「ネタ帳」ホルダに納めさせて頂いております。

However, I enjoy reading your mail from the top to the bottom, and I saved your mail to "notebook" holder.

-----

もし、皆様のご意見が、私のコラムに反映されていた場合は、

If my columns include your stuff in the future, please say

―― あのネタ、俺/あたしが、江端にくれてやったネタなんだ

"That stuff is originally mine, and I gave them to Ebata."

―― まったく、江端ときたら、ネタ切れ程度で泣き入れやがって、昔から困った奴だよ

"At all as for Ebata, he became to cry for running out ideas of column. I can do nothing with him from way back."

と、皆さんのお友達に吹聴して回ってください。

and please advertise the above to your friends.


2015-06-18 最近、娘たちに「匂う」と言われます。 [長年日記]

最近、娘たちに「匂う」と言われます。

Recently my daughters often tell me that I smell.

「加齢臭が匂う」「酒が匂う」「キムチが匂う」等々。

"Smell of age, sake, and kimchi" and so on.

最近は、ダイエットの為に、キムチ、あたりめを食べまくっており、特に部屋でもあたりめを食べているので、家中に拡散しているそうです。

I always eat kimchi and dried hard squid in the house for my diet, and I eat them in my room. So the smells seem to expand around the house.

昨日、起きぬけに長女に「匂うよ」と言われて、

Yesterday morning, when I go down to the living room, my senior daughter said "you smell".

「やっぱり昨日の酒が残っているかぁ・・・」と呟いていると、

I muttered "It is smell of sake last night isn't it", but she said

「いや、そうじゃなくて、『おなら』の匂い」

"No. it is smell of fart"

と言われてしまいました。

プレッシャーで便秘になりそうです。

I will be costiveness by my daughter's checks.

-----

私の「匂いセンサ」としては、娘たちは最高感度の機能を有しているようです。

As a smell sensor of mine, my daughter is the most high-performance device in the world.

いつぞや記事で読んだのですが、父親の体臭は、娘がもっとも不快と感じる成分で構成されるのだそうです。

According to an article of web site, father's body scent is made of substances his daughters feel umbrage.

なんでも、自然が「近親相姦」を回避する為に作ったメカニズム、だとか。

Any old thing, nature makes the mechanism to avoid a incest.

娘を持つ父親に向けた『提灯記事』かもしれませんが。

This might be a flatter article for father who has daughter.

(続く)

(To be continued)


2015-06-19 「私の匂いを、定期報告せよ」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

それはさておき。

Aside from that,

娘たちが、私に、このような詳細な報告をしてくるのは、

The reason why they inform me about these detailed information about my smell, is that

「私の匂いを、定期報告せよ」

"Inform me about my smell regularly"

と、この私が命じているからです。

I order them to do it.

娘たち以外に、私の匂いをダイレクトに詳細に報告できる人物は、この世の中に存在しないからです。

They are the last persons who can inform me about it in the world.

------

嫁さんも私の匂いを感知することはできるようですが、それでも娘たちの指摘回数に対しては、ずいぶん少ないと思います。

Though my wife also seems to has a capability as the smell sensor, I think that the numbers of report that she has submitted are less than those of daughters.

多分、自然界は、「夫婦の仲を悪くするようには機能していない」のだと思います。

It is probably that nature doesn't work to become breaking matrimonial tether, I think.

一方、私の会社で、私のコラムをズタボロに批判する後輩ですら、さすがに私の「加齢臭」にまでは言及してきません。

On the other hand, even my junior co-workers, who never hesitate to criticise my column radically, cannot mention about my aged-body smell.

多分、できないのでしょう。

It might be difficult for even them to do that.

なにしろ、「歩く傍若無人」と言われるこの私だって、上司や先輩は勿論、赤の他人であっても、体臭を指摘することはできなかったくらいですから。

Above all, even I , who has been called a "walking overbearing person", has not been able to point out the smell of strangers, needless to say senior coworkers and bosses.

(続く)

(To be continued)


2015-06-20 「どうせ迷惑をかけるなら、『精一杯の悪意』で迷惑をかけたいじゃないか」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

朝、駅まで送って貰った時の、車の中での夫婦の会話です。

In the car of the morning of a day, the following is a conversation with my wife.

江端:「人に迷惑をかけることは、全く本意ではないよ」

Ebata:"I don't want to bother others. This is not my intention".

と言ったら、嫁さんは、信じられないことを聞いたいう風に応えました。

My wife looked to be surprised to hear me, and said,

嫁さん:「パパの人生って『人に迷惑をかける行為』だけで成立しているんじゃないの?」

Wife:" I think that your life is composed of your actions you annoy everyone in"

江端:「失敬なことを言うな! 確かに、私は『人に迷惑をかける』ことに躊躇はない。しかし、それは、意図的に人に迷惑をかける場合に限られるんだ」

Ebata:"Don't make insulting remarks! Indeed I don't hesitate to annoy someone. But it is the restricted case when I have a person who I want to annoy.

嫁さん:「そうなの?」

Wife: "Is that it?"

江端:「悪意ゼロで、私の匂いが人に迷惑をかけているという状態は、どうにも嫌な気持だ」

Ebata:"I don't feel good in the condition that I am annoying others without malice.

嫁さん:「ふーん」

Wife:"Well."

江端:「どうせ迷惑をかけるなら、『精一杯の悪意』で迷惑をかけたいじゃないか」

Ebata:"Even I have a chance to annoy someone, I want to do my best with my perfect malice.

嫁さん:「それは、違うと思うぞ」

Wife:"I am afraid not."

------

冒頭の娘との会話に戻ります。

Back to the board,

江端:「そうか、『おなら臭い』か・・・。もう駄目だな。どう対応したら良いのか分からん。うん、分かった。もうこれから、パパの事を『パパ』と呼ばなくていいぞ」

Ebata:"It's smell of fart.. No way, I don't know what to do. Yes, I can understand it. You don't need to call me "Papa" after this.

長女:「なんと呼べばいいの」

Daughter:"What do I call you ?"

江端:「『生ゴミ』と呼んでくれ。うん、『歩く生ゴミ』で十分だ。はっはっはっ(乾いた笑い声)」

Ebata:"Let me see, "raw garbage" is good. Yes. You can call me "walking raw garbage" hahahaha"

長女:「いや、そこまで自嘲的にならなくても・・・」

Daughter: You don't have to speak metaphorically to that extent.

(続く)

(To be continued)


2015-06-21 ―― 長女が、私の布団の上でうたたねしている [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私が深夜に帰宅すると、私の部屋の電灯が付いていて、私の机の上に、山川の世界史の教科書や、古文やら英単語の本が散乱しており、そして、

When I come back home at midnight, the light was turned on and the textbooks of world history, Japanese classics and English vocable were scattering, and

―― 長女が、私の布団の上でうたたねしている

my daughter dropped off to sleep on my futon,

週に1~2回はこういうことがあり、いつも首をかしげています。

One or two times of such a thing in a week has happened, and I don't understand the reason.

「今から仕事するから、部屋から出ていけ」というと、寝惚けながら、不機嫌な顔をして、ふらふらと部屋を出ていきます。

I say "I have to work from now, and go out of my room soon", and she leave for her room with rubbing the sleep from her eyes and displeased face.

その後ろ姿を見ながら、いつも『布団だって匂うだろうに』と不思議に思っています。

Looking her back, I always wonder if she feels bad by my futon's smells.

『なんだかんだっても、娘は父親を愛しているのだな』

"Though she often complains my smell, she actually love me, doesn't she?"

などと、考えることができるほど、私は、お花畑の思考回路を持ち合わせていません。

Unfortunately I can't have a circuit of thought that generates the above optimistic concept.

なにしろ、私、プロの研究員でエンジニアですから。

I am a professional researcher and engineer at any rate.

-----

客観的に見れば、これは、

From the objective viewpoint, this is a typical sample to show you

『生ゴミの山のてっぺんで、惰眠を貪ることができる「ティーンエイジャの睡魔力」』

"Teenagers rack monster that they can sleep on the top of raw garbage mountain"

の実例、と纏めることができると思います。

in conclusion.


2015-06-22 そういう長女は、 ―― 実在します。 [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, a new column is released, so I take a day off.

Mr.Ebata's struggling for DIY Home Security System by EtherCAT(3) "Nursing home 4.0 is coming"

-----

今回の「メールボックス通信」のコンセプト図(メイド嬢)の絵の作成に際して、

About the concept illustration of "mailbox communication" using a maid girl,

夜中の午前2時に、

At the two o'clock in the midnight,

完成したイラストを自慢していた父親に向って、

Though a father was proud of his work that had just completed,

『視点と立ち位置が変』という辛辣かつ的確な指摘を行い、

the senior daughter, who point out strange and acrimonious viewpoint and standing position of the illustration, correctly,

父親のその作品をボツに追いこんだ、

and drove the father's work reject,

そういう長女は、

―― 実在します。

has existed.


2015-06-23 ―― 英語という地獄の中で闘っている、私達日本人の姿を [長年日記]

昨日リリースされた技術コラムに、

According to my column that was released yesterday,

『英語に翻訳して世界に記事を広めたいです』とのコメントを付けて貰って、とても喜んでいる江端です。

I am very glad that I could find the comment "I want to translate this column into English and broadcast it in the world".

このEtherCATの連載もそうなのですが、

私は「「英語に愛されないエンジニア」の為の新行動論」 も世界に広めたいと思っています。

I hope that not only this "EtherCAT" serialzation , but also "new action strategy for engineers who are not loved by English" will be broadcast in the world.

―― 世界は知るべきだ

"The world should know

―― 英語という地獄の中で闘っている、私達日本人の姿を

our Japanese daily straggles against English.

と。

-----

「お前(江端)が、自力で翻訳すればいいじゃん」という意見はごもっともです。

I think that your question "Ebata, why don't you translate them into English?" is natural.

多分、私は、翻訳できると思う。しかも、かなり短い時間で。

Maybe I can do it, in fairly less time.

Because I translate them on my way, based on my original rules.

(続く)

(To be continued)


2015-06-24 ―― アクセス絶無。 [長年日記]

(続く)

(To be continued)

江端は言い訳をしている ―― と思われる人もいるかもしれませんが、これでも、私は、根拠があってそういっているのです。

Though some persons think that Ebata makes an excuse, I have a confidential background.

実は私、冷静に自分の英語翻訳の品質を測っているのです。

To tell you the truth, I measure the level of my English translation ability objectively.

here.

たぶん、あなたはこんなページがあることを知らなかったと思います。

I don't assume that you know the above page I have had.

で、私、海外からのアクセスをちゃんと測っているのですよ。

And I continue to check the access counts from overseas.

結論から言えば、

In conclusion,

―― アクセス絶無。

there is no access from overseas.

多分ですね、私の英文は、読むに耐える品質ではないと思うのですよ(コンテンツが面白くないという可能性もありますが)。

I am afraid that the quality of my translated English is not enough to make them read.( or the contents doesn't interest them)

だからですね、私の主張を海外の人に正確に届けるのには、私の翻訳では不十分だと思うのです。

So My English is too insufficient to carry my intentions to the world correctly.

それでも「敢えてやってみる」というのも、面白そうですが。

Of course, it might be joyful to dare to try it.

-----

それにしても、誰にも読んで貰えるあてのない英文を、毎日書き続ける私って、

Anyway, I am , who keep writing English sentences everyday without readers abroad,

―― ちょっとかっこよくない?

cool am not I ?

と思っています。

ええ、誰がなんと言おうとも、私だけはそう信じますよ。

Well, no matter what anyone says, only I believe it so.


2015-06-25 「4x10=17, 4x11=18, 4x12=19 ・・・ ああ、駄目だわ、どうしても20以上にならない!」 [長年日記]

月に1度しかない、職場の強制定時退場日のことです。

At regular compulsive workout day of my office a month,

帰宅して、一人で夕食を食べている私に、中学1年生の娘が一枚の紙を押しつけて言いました。

my junior daughter of the seventh grade handed me down a paper when I had a dinner alone.

『パパ。この問題解ける?』と。

And she said to me, "Papa, can you solve this problem?"

 
「4x10=17, 4x11=18, 4x12=19 ・・・ ああ、駄目だわ、
どうしても20以上にならない!」 
 
"4x10=17, 4x11=18,4x12=19,... Oh No! I can't do it. 
I cannot find the more than 20 number"
 
アリスは「かけ算」をしているようですが、
一体何をしているのでしょうか?
 
Alice seems to try to a multiplication, 
but what is she on earth doing?
 
(ちなみに、「不思議の国のアリス」の著者、
ルイスキャロルは、有名な数学者でした)
 
(The author of "Alice in Wonderland" 
Lewis Carol was a famous mathematician)
 

―― 等加/等比級数は成立しそうにない。

"Linear acceleration and geometrical progression seems not to be matched in this problem."

―― "x"や"="に別の意味を持たせるにしても「かけ算」という縛りがある。

"Even if I try to make another meaning for symbol "x" or "=", I cannot escape from restricting the word "multiplication"."

―― 「20以上にならない」ということは、多峰性の極値解を求める問題かとも思ったけど、整数問題みたいだし。

"This problem might be on the integration field, and if so, multi-peaks problems of continuous function should be nonsense."

「御飯」のお代わりをする為に立ち上がったところで、次女からこの問題をつきつけられました私は、問題用紙を凝視しつつ、茶碗を握ったまま、10分間ほどキッチンで固まっていました。

Leaving the table for another bowl of rice, my daughter passed me the paper. So, I could not move my body with watching the problem and grasping the bowl.

(続く)

(To be continued)


2015-06-26 『普遍的な解でなければ変だ』という顔をしていました。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

自力で解くのを断念した私は、ネットに頼りました。

Finally, I gave up solving this problem and find the solution in the Internet.

が、どうにも日本語の文献がなく、しかたなく、関連していると思われる英語文献の翻訳を始めました。

But I could not find the Japanese materials, and, I had to begin to translated English papers into Japanese.

問題の前半(4x7=10)については、文献から読み取れたのですが、「20以上にならないわ」というアリスの発言の意味は読み取れませんでした。

I thought that I could understand the answer of the first half of this problem, but I don't make the meaning of the last half clear.

私は、次女に対して、このアリスの発言は『アリスが勝手に決めた条件下での答だろう』と説明しました。

I explained to my daughter that "this answer is that the Alice decides her rule as she likes"

しかし、次女は納得していない様子でした。

But she didn't look like accepting my answer.

『普遍的な解でなければ変だ』という顔をしていました。

Her face said that "it should be a general answer, not on Alice's original rules".

仕方がないので、次女と私は、私の部屋に籠って、パソコンを立ち上げ、エクセル開き、アリスの計算式のパターンを力づくで解きながら、一般的な振舞いを見付けようとしました。

I thought that I had no choice, and I took her to my room, turned the PC on, and started MS-Excel. We started finding the general solution with trying each pattern of calculations.

(続く)

(To be continued)


2015-06-27 次女は、数学の神秘に触れることができたという風に、随分感動していたようで、「スゴい」「スゴい」を連呼していました。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

― 2時間後

Two hours later.

次女と私は、どのような数(1億でも10億でも)を試そうとも、絶対に「20以上にならない」ことを理解することができました。

We finally understood that we could never reach the number of more than 20, if we try any number (even it is 100 million or 1 billion)

次女は、数学の神秘に触れることができたという風に、随分感動していたようで、「スゴい」「スゴい」を連呼していました。

She seemed to be impressed as if she could touch the a mystery of the mathematics, and called "great!" "great!" repeatedly.

-----

The following page is a sample answer(but I could not get the answer of "impossible to get the number that is more than 20")

私は、

In my case,

I came up with some following odd numbers, and showed them to her.

■...,9,10,1A,1B....1Z,20,21,... という 37進数やら、

- ...,9,10,1A,1B....1Z,20,21,... based 37.

■...,9,10,1ア,1イ,....1ン,20,21,... という60進数

- ...,9,10,1ア,1イ,....1ン,20,21,... based 60.

やらを捻り出して、娘に説明しました。

-----

月に1度しかない、職場の強制定時退場日の私の余暇時間は、こうして「不思議な国」に使われてしまいました。

Anyway, my important leisure time at regular compulsive workout day, was spent by "Wonderland"

まあ、文句は言いません。

But I don't complain to it.

こういう数学の問題は嫌いではありませんですし。

I like math problem like this one.

それより、これが本当に中学1年生に出す宿題なのか、という疑問の方が大きいです。

Above all, I wonder whether this homework is really for the seventh grade.

こういう問題が普通に出される中学一年生のクラスって、なんか怖いんですけど。

I feel scared the class of the seventh grade whom such a problem is given commonly.


2015-06-28 女優、女性タレント、アイドルの体重、身長、バスト、ウエスト、ヒップの情報、合計200人以上のデータを、ひたすら入力していました。 [長年日記]

国民的アイドルグループの体重推論エンジンを作ることで、この週末は潰れました。

At this weekend, I had spent all the time to make an inference engine for a weight of members of a national icon.

女優、女性タレント、アイドルの体重、身長、バスト、ウエスト、ヒップの情報、合計200人以上のデータを、ひたすら入力していました。

I had continued to input the weight, height, bust, waist, hip of actress, woman talents, idols, in all days.

―― まったく、折角の休みに何やってんだ

"What am on earth I doing this week end ?"

とも思いましたが、

But I was annoying about

■体重情報が開示されていない →

(1)No information about their weights ->

■BMIが計算できない →

(2)No calculation of BMI ->

■連載(ダイエット)原稿が書けない →

(2)No papers of the serialization about diet.

というジレンマに陥いっていて、とにかく、デタラメでも彼女らの体重を推定しなければならない状況だったのです。

So, I had to estimate their weights at any way, even if they were not accurate.

まあ、それはさておき。

Somehow,

-----

彼女たちの体重(推論結果)を見て、本気で青冷めました。

I looked pale when I watched the result of estimated their weights.

『彼女達の事務所に、大量の救急車を送り込まなくて大丈夫だろうか』

"Should I send many ambulances in front of their office?"

と ―― 私は本気で心配しています。

I am really serious.

私の推論エンジンの設計ミスなら、良いのですけど。

I hope that my inference engine works wrong.


2015-06-29 そもそも、我が国には、「ナッシュ均衡」を易々と破壊する素晴しいシステムがあるのに、なぜ、それを活用しないでしょうか。 [長年日記]

映画「ビューティフルマインド」でも登場する、ゲーム理論における「ナッシュ均衡」はとても有名な話です。

"Nash balance" in game theory is very famous, and this thought has introduced in the movie "Beautiful mind".

簡単に言えば、合コンにおいて、「男どもは、一番飛び抜けてベッピンのマドンナを狙わない」という戦略が、結局全員をハッピーにするという話です

In short, the story is a strategy of mixer party that "the men should not lock the most beautiful Madonna on in the party. so the strategy makes all of you happier"

(映画の例では、最適戦略は成立しないのですが、それはさておき)。

To tell you the truth, the optimal strategy is not set in the movie's case.

-----

私、「合コン」などというゲームに参加しなかったですからね。

I had not taken part in the game whose name is "mixer party".

「そんなフィールドで闘ったって勝てっこない」と自覚していましたから。

I knew well that I had no chance to win the the game against love affair field.

私の場合、何年もの間、細いコネクションを維持しておいて(半年に1度くらい電話する、とか)、そういう姑息な戦略でひたすらチャンスを待っていました。

In my case, I was waiting for a chance to communicate with a woman after my mind, with keeping a thin connection (for example, calling every half a year)

-----

そもそも、我が国には、「ナッシュ均衡」を易々と破壊する素晴しいシステムがあるのに、なぜ、それを活用しないでしょうか。

Above all, why does younger try to use an excellent system that is unique to Japan and can destroy "Nash balance" easily?

それは、

It is

ギスギスした駆け引きも、気のきいた話題作りも不要で、

No need to make a tactical topic and a trick of the trade,

しかも「ゼロ和ゲーム」でもすらなく、

No zero-sum game,

情報の守秘性は最高ランクで、

confidentiality of the information is the best rank,

生涯の伴侶を選ぶことを可能とする、

possible to choose your companion of the life,

競合ゼロの究極のブルーオーシャン戦略。

Ultimate blue ocean strategy with zero competing.

―― 『お見合い』です。

The name is "arranged marriage".

(続く)

(To be continued)


2015-06-30 そもそも「私に恋人がいないことで、アンタに迷惑かけたか?」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

『未婚で恋人のいない20~30代男女、37.6%が「恋人は欲しくない」。「恋愛が面倒」「自分の趣味に力を入れたい」(内閣府少子化社会対策白書)』

という調査結果が出ています。

The government report says that the 37.6% of persons who are single and has not got married, whose age is 20~30 years old, answers that they don't need a lover, feel annoying love affair and want to concentrate their hobbies.

確かに「恋愛が無条件に良いもの」と言えないことは、私も良く知っていますし、面倒なことも知っています。

I know well that a love affair is not always good. and sometimes it becomes difficult.

実際、結構な確率で、傷つくし、嫌な目にも会います。

In fact, it annoys us, and becomes harsh for us.

逆に言えば、人を傷つけることも、嫌な目にも会わせているはずです。

In opposite, we might annoy someone and make someone harsh.

それに、本人が望めば、直ちに恋愛ができるというものでもありません。

Even if we want to fall in love with someone, it is not always easy for us.

そもそも「私に恋人がいないことで、アンタに迷惑かけたか?」と思いますよね。

Above all, why don't you think "Do I annoy you, even if I have no lover?"

『心底、余計なお世話なんですよ』と思うことは、当然と言えましょう。

It is natural that you say "that is not your business at the bottom of my heart"

-----

だからですね。

So, I want to make an offer,

―― 恋愛のプロセスなんぞすっ飛して、結婚すればいい

"You may get married without love affair process."

と思うんですよ。

(続く)

(To be continued)