0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|

2012-06-28 パソコンは人を見る

パソコンには知能があり、感情があります。

これは30年近く、毎日パソコンを扱ってきた、この私が確信を持って断言します。

パソコンを上手く操作できない人は、例えば、

○必要なアプリを立ち上げれない

○マニュアルや教本通りに操作してもその通りに動かない

○パソコン画面がフリーズして、動かなくなってしまう

などの現象に、日常的に直面しています。

------

はっきり申し上げましょう。

これらの現象が起こるのは、あなたが「パソコンに舐められている」からです。

パソコンは『お前なんかに自由に使われてたまるものか』と嘲笑っているのです。

『どうせお前には何もできやしないだろう』と、あなたを馬鹿にしているのです。

なぜ、このようなことを私が断言できるかというと、嫁さんがウンともスンとも言わなくなったアプリケーションの操作を、私が動かすだけで、スムーズに動き出すという現象が、

もはや、偶然とは言える回数を、はるかに超えて(ほぼ100%)発生しているからです。

-----

私の場合、パソコンが私を舐めるような挙動を示したら、パソコンを絶対に許しません。

○OSの稼働状態、

○タスクの実行パターン、

○それぞれのプロセスの因果関係を徹底的に調べ上げ、

パソコンを内部状態まで丸裸にして、原因の所在をつきとめます。

必要なら、

○ドライバソフトウェアを切り離し、

○常駐タスクを叩き殺し、

○アプケーションを抹消し、

ハードウェアが性能を発揮できなくなったと判断すれば、

○ハードディスクを自動車で踏み潰した後、

○パソコンの廃棄を決定

します。

-----

パソコンは「人」を見ています。

自分の生殺与奪(せいさつよだつ)の権能を持つ人間には、絶対服従するのです。

そして、パソコンに翻弄される人間は、徹底的にバカにしているのです。

-----

本日の結論です。

奴の「効果」だけを求めては、奴に舐められます。

奴を理解しいつでも奴を倒せるような凄みを出せるようにして、対峙しましょう。

『悔しかったら闘え』ということです。

# 先ずは、初級の情報処理試験受験あたりでしょうか。


2013-06-28 自己紹介

昔、研究所に卓球部があり、一応、籍だけは持っている幽霊部員をやっていました。

最初の忘年会の時だったと思うのですが、自己紹介をすることになりました。

-----

■では、自己紹介させて頂きます。

■私は、例えば、温泉旅館のレクレーション室に卓球台があったとしますと、

■そこで、皆が、合宿の発表が終ってホッした空気の中で、友人達が浴衣を乱しながら、安っぽい卓球のラケットや、あるいやスリッパを使って、嬌声を上げながら「ピンポン」を楽しんでいるところに、

■マイシューズを履き、マイユニフォームを着て登場し、ラケットケースの中に格納された2つのマイラケットの中から、その一つを取り出して、

■卓球の素人では到底持ち上げることもできないような、カットサービスを打ち込み、

■ちょっと浮きぎみに返ってきたレシーブに、レフトやライトエンドを割るスマッシュを叩き込んで、

■合宿の楽しいレクレーションの雰囲気を、一瞬にしてぶち壊す、

■そのような性格の人間である、と、ご理解頂ければ、概ね間違っていないと思います。

■「江端智一」と申します。よろしくお願い致します。

-----

うん、いままで色々な自己紹介をやってきたが、あれは、私の人生で3本の 指に入る、大爆笑を獲得した自己紹介だったと思う。


2014-06-28 私達の世代全体が、軽蔑の対象になっている気がします。

It is a continuation from here.

「51歳?」

Fifty-one years old?

私は、杖をついた80を超えた、よぼよぼのジジイだと思っていましたよ。

I thought that he have been more than eighty-years old having a stick.

ほとんど同じ歳じゃないか。

He is almost same age as me.

なんか恥しいです。

It is something embarrassing.

私達の世代全体が、軽蔑の対象になっている気がします。

I feel that whole generation of us, seems to be contempt.

しかしなぁ、私たちの世代は、ウーマンリブムーブメントこそ体験していないが、夫婦別姓問題、雇用機会均等、セクハラ問題など、セクシャルの問題のど真ん中で走らされてきたのではないでしょうか。

But I thought that I had had to face many sexual problems, like different surnames for a married couple, equal employment opportunity, and sexual harassment.

私は、若い頃から今に至るまで、女友達だけでなく、男友達からも「分かっていない」と、酷く叱られてきたものです。

I have been be terrible scolded by not only woman friends but men friends with being said "you don't know anything!"

―― で、残念ながら、多分私は、今でも間違い続けているのだろうと思う。

I am sorry but I think I have kept misunderstanding anything until now.

しかし、同じ世代であっても、あなたと同じレベルで間違い続けていると思われるのは、どうにも納得いかん。

However, I won't accept that the level of my misunderstanding is the same level of you.

だから、失礼を承知の上で、敢えて伺わせて頂きたいのです。

With the knowledge of my rudeness, I dare to ask you,

『あなた、一体、学校や社会で、何を学んできたのですか?』

What have you been studying in school and society?

-----

議会は、これ以上の追求を止めたようです。

The Congress seems to have stopped the pursuit more.

無理ありません。巻き添えくらってはたまりませんものね。

It can't help. Nobody doesn't want to make them collateral victims.

都政も遅延が許されないでしょう。司法に頼るのも税金の無駄つかいでしょう。

Metropolitan government also will not be allowed to delay. We should not rely on judicial because of wasting of tax.

いいでしょう。議会も司法もいりません。

It might be good. Both congress and judiciary are not needed.

加えて、私は、憲法51条の精神を大切にしたいので、「ヤジを禁止するルール化」にも反対します。

In addition, we want to cherish the spirit of Article 51 of the Constitution, I am also opposed to the "rules of the prohibition the Night Market".

-----

その代わり、ほんの数分ですむ作業のルール化を2つほどお願いできませんでしょうか。

Instead, I ask if it would be able to give me a couple of rules of work that needs a few minutes.

(1)その音声をネット上で公開して頂けませんか。申請制度でも良いです。申請者の名称(つまり私)は公開して貰っても良いです。(最も、精度の高い品質でお願いします。ファイルのサイズは気にしないで下さい)。

(1)Would you please give me the voice file of the problem? An application system also good. It is O.K. to open the applicant name (It will be me).

The voice quality should be the highest, and please don't care the file size.

(2)今後の都政の議事の音声ファイルも、全部公開して下さい。

(2)Would you please open all of the voice file of the proceedings from now?

これなら、ほとんどコストかかりません(音響設備の初期投資はあるけど、議会の運営費に比べればゴミのようなコストでしょう)。

This way doesn't need much cost, even if the initial investment of audio equipment might be needed.

え? 私、東京都民なのですから、ヤジを含めて、その発言を聴取する権利が、ありますよね?

Pardon? I am a Tokyo resident, so I have right to hear the voices of the proceedings with jeering don't I?

(続く)

(To be continued)


2015-06-28 女優、女性タレント、アイドルの体重、身長、バスト、ウエスト、ヒップの情報、合計200人以上のデータを、ひたすら入力していました。

国民的アイドルグループの体重推論エンジンを作ることで、この週末は潰れました。

At this weekend, I had spent all the time to make an inference engine for a weight of members of a national icon.

女優、女性タレント、アイドルの体重、身長、バスト、ウエスト、ヒップの情報、合計200人以上のデータを、ひたすら入力していました。

I had continued to input the weight, height, bust, waist, hip of actress, woman talents, idols, in all days.

―― まったく、折角の休みに何やってんだ

"What am on earth I doing this week end ?"

とも思いましたが、

But I was annoying about

■体重情報が開示されていない →

(1)No information about their weights ->

■BMIが計算できない →

(2)No calculation of BMI ->

■連載(ダイエット)原稿が書けない →

(2)No papers of the serialization about diet.

というジレンマに陥いっていて、とにかく、デタラメでも彼女らの体重を推定しなければならない状況だったのです。

So, I had to estimate their weights at any way, even if they were not accurate.

まあ、それはさておき。

Somehow,

-----

彼女たちの体重(推論結果)を見て、本気で青冷めました。

I looked pale when I watched the result of estimated their weights.

『彼女達の事務所に、大量の救急車を送り込まなくて大丈夫だろうか』

"Should I send many ambulances in front of their office?"

と ―― 私は本気で心配しています。

I am really serious.

私の推論エンジンの設計ミスなら、良いのですけど。

I hope that my inference engine works wrong.


2016-06-28 そもそも、ラーメンとは、麺、スープ、トッピング等のサブシステムで構成される、システムです。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

そもそも、ラーメンとは、麺、スープ、トッピング等のサブシステムで構成される、システムです。

Above all, ramen is a system that is compose of several subsystems, like soup, noddle, and other foods.

システムである以上、システム的アプローチが適用できない訳がない。

If ramen is a system, we can use system approach to the ramen.

こんな当たり前の理屈が、日本の閉じた職人の世界では理解されないのか、私はずっと不思議でした。

I have wondered why craftworkeds cannot understand this self-evident fact in Japan.

-----

このようなことは、すでに中世ヨーロッパでは、すでに「ギルド」というシステムで完成していました。

On the other hand, in medieval history, the same system had be completed, called "guild".

ギルドの目的は、一言で言えば、「特定の商工会議所が利益を得る為に、その構成員に限定して、できるだけ効率よく技術を伝承すること」でした。

The purpose of "guild" is, on one phrase, "imparting their skill to successors as efficiently as possible, in order to protect the profit margins.

その技術の伝承方法は、考えうる最速かつ短期間で行えるものとなっており、その伝承技術自身がギルドの財産でした。

The characteristics of the patrimony were fast, speedy and short period, and it is a asset of each guild.

ギルドの世界でも、「皿洗い」だの「雑巾がけ」はあったかもしれませんが、「技術そのものを教えない」(例えば『目で見て盗め』などという)、バカげた養成方法は存在しませんでした。

In the guild world, there might be "dish-washing" or "swabbing the desk" during the period of newcomer, however there was absolutely no stupid training method like, "do not teach the technology itself" (for example, "steal it by you eyes"),

-----

余談になりますが、私が、積極的に後輩に技術を伝承しようとしない理由は、極めて明快です。(業務上のタスクとしては、ちゃんとやっていますが)

As an aside, why I do not try to pass on technology actively in the junior, is a very clear

―― 面倒くさい

"It annoys me."

からです。

そんな時間があれば、私は、自分の勉強や趣味やコラムの為に時間を使いたいのです。

Even if I have such a time, I want to use the time for my own study and hobbies and columns.

So, I made this paper, and run away from younger just saying "read it".

(続く)

(To be continued)


2017-06-28 ですから、私は、本気を発揮しないように(ノーベル賞を受賞しないように)、不断の努力を続けているのです。

私が『ノーベル賞を取った後』に言うと、「感じが悪い」ような気がしましたので、今のうちに宣言しておきます。

After winning the Nobel Prize, I am afraid that I will cause someone much discomfort. So I want to say the followings before it is too late.

■出身の小学校、中学校、高校などに招待講演を依頼されても、応じません。

- I will reject to ask to be a invited speaker from graduating junior, junior-high, and high school.

■出身地に拠点がある政治団体などの祝賀会など、絶対にお断りです。

- I will absolutely reject to be invited from political group to the congratulatory ceremony.

■政府、地方公共団体、市町村からの表彰なども、拒否します。

- I will reject to be be commented by government, and local authority.

■同窓会なるものなどに呼ばれたら、その旨と、不愉快であることを、同時に表明します。

- I will broadcast a statement of my unpleasantness, if someone tries to invite me to reunion party.

■勝手に「友人」を自称をする人がいれば、それらの人の名前を挙げて、片っぱしから「その人は友人ではありません」と否定していきます。

If someone self-nominates "Ebata's friends" without my permission, I will cite the names of those people, and deny that "that person is not my friend." one after another.

-----

しかし、私がこのようなことをしたら、お互い不愉快な思いをして、そして、お互いに不幸になると思います。

However, if I do something like this, I make you unpleasant, and we will be unhappy with each other.

ですから、私は、本気を発揮しないように(ノーベル賞を受賞しないように)、不断の努力を続けているのです。

So, I try not to show off my seriousness (I don't win the Nobel Prize), we are continually making constant efforts.

-----

最近、将棋の世界で、前人未踏の大記録を樹立した中学生のニュースを聞きました。

Recently, I heard the news of junior high school students who established large record of forerunner in shogi world.

素直に『凄いなー』と思いつつ、ニュースで、その中学生の回りに群がっている連中を見ていると、

To be honestly, I feel "thoughtful". On the other hand, in the news, when I watch those who flock around the junior high school students,

いかにも

I think indeed,

「世の中には、こういうことをやりたそうな人間で、溢れかえっていそうだなー」

"People who want to do them, seems to be overflowing in the world."

と思いまして。


2018-06-28 ―― このやっかいな病気がなければ、私の人生、かなりラクになるんだけどな

最近、体重が減っています。

Recently, my weight is losing.

これまでは、自分が狙った体重まで減らす、ということはやってきました。

Until now, I have tried to lose my weight by the calculated plan.

しかし、自分が意図しないのに体重が減っていくというのは、経験がありません。

However, I have not experimented to lose my weight without my intention.

―― という話を嫁さんにしたところ、開口一番

When I talked to my wife about it, first thing she said is

『いいなー』

"I'm jealous."

と言われました。

-----

江端:「いや、そうじゃないだろう。もっと言うべきことが別にあるだろうが」

Ebata:"No way. I think you should say something."

嫁さん:「?」

Wife:"?"

江端:「意図しないで、体重が減っている訳だからさ」

Ebata:"This point is "without my intention""

嫁さん:「あ、そうか。『あなた、体、大丈夫なの?』」

Wife:"Oh, I got it. "Are you O.K.?" "

江端:「遅い」

Ebata:"It is too late"

-----

一つの可能性は「不眠」です。

One of the possibilities is an insomnia.

私は、早朝に、モノ音などで目が覚めてしまうと、その後は何をしても眠れなくなります。

When I wake up by sounds etc. in the early morning, I will not be able to sleep afterwards.

こうなると、体を引きづるような倦怠感と、吐き気による食欲不振で、最悪の一日を過すことになります。

If this happens, I will have the worst day, with terrible fatigue of my body and anorexia due to nausea

-----

不眠は、今や国民病、というか、国際病というレベルに至っています。

Insomnia disorder has now reached the level of from national disease to international disease.

これは、深夜まで運行する電車が悪く、夜中にも立ち上がるパソコンも悪く、総じて現代社会が悪い、―― と、どんなに環境に責任転換しても、自分が助かる訳ではないのですが、それでも、

Train to run late is bad, PC to move even during the night is bad, overall, modern society is bad. However, no matter how much I change the responsibility to the environment, it cannot be helped.

―― このやっかいな病気がなければ、私の人生、かなりラクになるんだけどな

"Without this troublesome illness, my life will be quite good"

と、日々思っています。

I think everyday.


2019-06-28 写真なんかとったら、直ぐに取り抑えられそうでしたし、正直、立ち止まることすら躊躇されました。

今朝(午前9時頃)の、大阪の警備は ―― 「怖かった」の一言でした。

This morning (at around 9 am), Osaka's security was one of the words “I was scared”.

会場下見の為に、ホテルから大阪国際展示場に行ってみました。

I went to the Osaka International Exhibition Center from the hotel for a preview of the venue.

フロントで「会場近くの駅に行きたい」と言ったら、「歩いた方が早いですよ」と答えられました。

When I said "I would like to go to the station near the venue" at the front desk, he said , "It's faster to walk."

『地下4階の駅に辿り付くのが難しい』という理由で、徒歩を勧められたのは、生まれて初めてでした。

It was the first time I was advised to walk because of difficult to reach the station on the 4th basement.

----

しかし、地上はエラいことになっていました。

However, it is very serious on the ground.

先ず、一般車両(タクシーを含む)が走っていない。文字通り「一台も」です。

First, general vehicles (including taxis) were not running. It is literally "no car".

交差点の四隅にそれぞれ5人以上のの警官が配置されて、歩行者が一人づつしか歩けないように、歩道も柵がされていました。白バイが7台固まって待機しているのも初めて見ました。

More than five policemen were standing at each corner of the intersection. The sidewalks were fenced so that only one pedestrian could walk. I also watched seven white bikes standing by for the first time.

写真なんかとったら、直ぐに取り抑えられそうでしたし、正直、立ち止まることすら躊躇されました。

If I got a photo, I am afraid that I was immediately overtaken, and honestly, I was even hesitated to stop walking.

ロシア大統領が宿泊しているホテルの前は、―― 2.26事件で青年将校が宮城(きゅうじょう)を占拠した写真を彷彿させるような物々しい警備で ―― そのホテルを前を通過しなければならなかった人は、全員、職務質問(職質)されていました。

In front of the hotel where the Russian President has stayed, the police men guarded, ---- I remember that a photograph of youth officer of the 2.26 case who that occupied the emperor's residence -----, everyone who had to go through the hotel was asked a job question.

もちろん、私も尋ねられました。

Of course, I was asked too.

警察官:「会場を見にいくだけですね。ではどうぞ」

Police officer: "You only go to the hall, so please go ahead."

と言われて通して貰いましたが、その他に、どんな答があるというのだろう。

I was permitted to pass through, however, what else was an answer?

『会場に爆弾しかけに行くだけです』とかでしょうか ―― もちろん、私は、そういうことはしません。こういう状況で、そういう冗談かます奴は、単なる「馬鹿」です。

"I'm just going to bomb around the venue," --- Of course I don't do that. Under such circumstances, people who wants to try such jokes are just "idiots".

それに、私は、その日、会場で、システムの立ち上げを完了しなければなりませんでしたので、終日、拘留される訳にはいかなかったのです。

Besides, I had to complete the launch of the system at the venue that day. so I couldn't be detained all day long.

『いわゆる、戒厳令下にある軍政権の国家では、毎日がこんな感じなんだろうなぁ』と思うと、我が国は、そういう国でなくてよかったと実感します。

Thinking "in a so-called martial government under martial law, every day seems like this.", I also think so, Japan is better not to be such a country.

-----

ホテルでタクシーを呼んで貰おうと思ったのですが、会場周辺のホテルでは、それすらも禁止されていました。

I wanted to call for a taxi at the hotel, but even it were banned at hotels around the venue.

しかし、今回の膨大な荷物を持って歩いていれば、『荷物を開けろ』と言われるのは、火を見るよりも明らかでしたので、会場までは、地下鉄経由で行くことにしました。

However, if I was walking with the huge amount of luggage this time, it was more obvious than saying that "Open the luggage, so I decided to go to the venue via the subway.

今更ながら、「現地の下見は大切だ」と、再認識しました。

I reaffirmed that "local preview is important".

-----

まあ、そんなことより、私は、本番直前で、システムが起動しなくなるという『史上最大級の恐怖』を体験したのですが ――

Well, than that, I experienced "the greatest fear in history" that the system won't start up just before the production.

この恐怖は、私以外の人間には共有できない恐怖だと思いますので、割愛させて頂きます。

But, I am afraid that this fear can not be shared by people other than me. so I will omit it.


2020-06-28 どなたか、"NHK映らない加工テレビ 「受信契約義務なし」 東京地裁判決"の判決文のURLを教えて貰えませんか?

探し回っているのですが、判例DBの方に反映されていない? みたいでして。

「ブースターがなければ映らないのであれば契約義務はない。自分で加工をしたわけではなく、専門知識のない女性に復元は困難だ」の部分の、判決文の原文を読みたいのです(この要約が正しいのか、も含めて知りたい)。

ご協力をお願い申し上げます。