2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|

2015-05-01 実家に持ち込んだ4台のパソコンを使って、炊事、洗濯、通院、買い物の隙間の時間で、色々な仕事をやっています。 [長年日記]

連休初日から、父と二人での実家での生活を続けています。

I continue living a life at the country house with father from the first day in this long holidays.

実家に持ち込んだ4台のパソコンを使って、炊事、洗濯、通院、買い物の隙間の時間で、色々な仕事をやっています。

With four PCs which I brought into the country house, I work in various ways in the time of the gap of cooking, washing, going to hospital, and shopping.

粗大ゴミを捨てにリサイクルセンターに行く時は、YoutubeでNスペ(NHKスペシャル)の音声だけを録音して、PODで聞いています。

When I go to the recycling center to throw away large-size refuse, I record the sound of N Spes (NHK Specials) from Youtube and hear them in my POD.

昨日から、カンボジア大虐殺、文化大革命、シベリア抑留から、フリータ、少子化についてのNスペを聞きながら、家事と仕事を続けています。

I continue working with housework while hearing N Spc. of Holocaust in Cambodia, the Cultural Revolution, Siberia detention, Fleta, declining birthrate from yesterday.

―― なかなか良い

"Not bad"

音声だけでも良いです。英語のインタビューのところはヒアリングの練習にもなります。

Only the sound is all right. I can practice the English hearing at the time of English interview.

もっとも、クメール語、中国語、ロシア語でのインタビューでは、サブタイトルなしでは、手も足も出ませんが。

About the interview by Khmer, Chinese, Russian, I cannot do anything without the subtitle in fact.

-----

実家で、荷物の整理をしています。

Now I am cleaning up a stockroom of the country house.

昨日と今日の二日間、倉庫やキッチンにあるものないもの、何もかもをダンボール箱につっこんで、その箱を車につっこんで、ゴミ処理場に箱を放り投げてきました。

For both yesterday and today, I packed boxes with anything at the stockroom and kitchen, and other rooms, and I carried the boxes into my car and threw the boxes into a disposal center in the country.

パソコン(8bitのレトロパソコン)も、2式、送料無料で引き取ってくれるという、奇特な会社を見つけたので、そこに叩き送りました。

I found a beneficent company which accept old PC free of charge, so I sent two sets of PC to the company.

なんやかんやで、ダンボール30箱くらいにはなりました。

Finally, I used more than 30 boxes.

(続く)

(To be continued)


2015-05-02 この時の私の心の中には、スターリン、毛沢東、ポルポトのような、粛清への情念が高まっていたのだろうと思えるのです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

大学時代の書籍やらノートやら、よくもまあ取っておいたものです。未練なく、全部捨てましたが。

I don't know why I had tried to leave a lot of materials, like specialized books and notebooks. I discard all without lingering regrets.

パソコン(8bitのレトロパソコン)も、2式、送料無料で引き取ってくれるという、奇特な会社を見つけたので、そこに叩き送りました。

I found a laudable company to take over nostalgic PC(8bit PC, two sets) free shipping, and I sent them to the company.

なぜ、こんなものを取り置いたのだろう ―― と問われれば、その理由は明確でして、倉庫に収める時には、「価値がある」と信じていたからなのです。

The reason why I had tried to leave them is very simple. I believe that the things was valuable when I left them on the floor of the stockroom.

-----

私、今、会社で「引越し委員」をやっていて、「捨てること」にかけては、今人生でもっともポジティブな時期であるというのも幸いしました。

Now, I work as "a moving committee" in a company, and, about "throwing it away", I am in time of positive feeling in the life.

―― 必要になれば、その時、もう一度買えばいい

"You can buy it again when you need it"

というフレーズだけで、私は、部内の荷物を、ダンボール300箱近くを、この引越しで粛清しました。

With just the above phrase, I purged my department stock as nearly 300 corrugated cardboard by this moving.

-----

この時の私の心の中には、スターリン、毛沢東、ポルポトのような、粛清への情念が高まっていたのだろうと思えるのです。

In my heart of this time, I thought the emotions to a purge increased, like Stalin, Mao Zedong, and Pol Pot.

―― 違うか。

"Wrong?"

対象もスケールも違いすぎる。

O.K. I see. It is different from the scale and objects.


2015-05-03 つまり「失敗」です。 [長年日記]

連休前にHDDを手に入れたのですが、そのHDDにはパスワードがかかっていたので、連休初日に実家に持ち込んで、特殊な物理的なハードディスク消去装置を動かし続けていました。

Before this long vacation, I got an old HDD which is password protected. So I took it to my country house at the beginning of this vacation, and has run a special fiscal HDD eliminator. to break the password.

ところが、連休後半の今になっても、まだ消去処理が終了しません。

However, the process has been working until now, the latter half of this long vacation.

仕方ないので、先程、処理を止めて、再度リブートを試みましたが、やっぱり、パスワードを要求されます

There is no help for it. I stopped the process and tried a reboot again, but after all the password was required.

つまり「失敗」です。

In short, I failed to the process.

-----

私は、10年程前に、HDDパスワードを消去することには成功しているのですが、今回は、それを試みていません。

In fact, I had succeeded the HDD password elimination about ten years ago, but this time, I didn't do same process.

パソコン本体のBIOSを壊す恐れがあり、怖かったからです。

I feared the BIOS crash of PC by the process.

それに、すでに、連休中に、Amazonで別の中古のHDDを800円で購入し、実家に直送して貰い、現在パソコンシステムは安定稼働中で特に問題はありません。

In addition, I have already bought another old HDD from Amazon for 800 yen during the period of this vacation, and sent it to my country house directly. Now the PC system is working perfectly.

「800円」と「CMOSレベルのパソコンの破壊のリスク」。 比較するまでもありません。

"800yen" v.s. "a risk of PC destruction about CMOS". It is beyond comparison.

「HDDパスワードの解除作業を断念して、そのHDDを廃棄する」が正解です。

The correct answer is "giving up the process of HDD password elimination and disposing of the HDD".

10年前の私には、こういう考え方はなかった ―― と思う。

I didn't have this thought ten years ago, I think.

目の前に技術的課題があれば、その課題解決の為には「パソコンを壊す可能性」すら恐れなかったものです。

If there was a technical problem, I was not afraid of "even possibility to break a PC" for the problem solution.

-----

10年前の私より、今の私の方が、絶対に賢い。

I am absolutely smarter than what I was ten years ago.

正しい判断をしている、と思う。

I think that I have made a right decision.

なのに、この『負けたような気持ち』は、一体何なのだろう。

However, what is on earth this "a feeling that I lost" ?


2015-05-04 ―― ようやく、時代が私に追い付いてきたか [長年日記]

I set two displays in the pole which I installed in the thrust stick in the kitchen.

そのディスプレイで、連休に入ってから、実家でずっとNHKの動画ニュースを連続再生モードで見つづけています。

I continue watching movie news of NHK with consecutive reproduction modes all the time at the country house during this long vacation with the display.

そのニュースで、「首相」「外務大臣」「市長」が、米国議会や国連で、英語で演説をしているのを目にしました。

In the news, I saw the "prime minister" "Minister of Foreign Affairs" "mayor" made a speech in English in American Congress and the United Nations.

"Do the times finally caught up with me?"

感慨ひとしおです。

Deeply moving.

分っています。彼らが、私のコラムなんぞ読んでいないことは。

I know well that they have not read my columns at all.

-----

インタビュー(会話)の英語は、まだまだ難しいと思いますが、今はこれでいいんです。

English by the interview (conversation) does not come up still more, but it is good in this time.

政治家の皆さん、がんばって下さい。

All politicians, please do your best.

日本の子ども達に

Please show you who

"are embarrassed but do not escape"

を見せてあげて下さい。

the children in Japan.


2015-05-05 私には「不愉快な言動を受けながら、優しさを発揮する」という能力はなく、多分、今後もその能力を開発することはできないと諦めています。 [長年日記]

The other day,I wrote a dairy about the TV program "Expanding Zero-reading. What happens in Japanese" in NHK documentation.

今回、実家に帰省して思い当たったのですが、私は、自分の父や母が読書をしているところを、一度も見たことがありません(新聞や雑誌はあるけど)。

This time, when I was in my country house, I noticed that I have never seen that my father and mother read books at all (except for new papers and magazines)

「この人たちは、どうやって自分以外の意見を、知ってきたのだろう」と、今更ながらに、不思議に思ったりしています。

I just wondered how they had known other's opinion in the world.

彼らは、社交的でもなく、友人がいたようでもありませんが、テレビとかラジオで十分なのかもしれません。

Though they have seemed no not been social and to have special friends, it might have been enough radios and TVs.

そもそも、―― 他人の意見を聞かなくても、人生は生きていける ―― ということなのかもしれません。

Above all, it is maybe that we can live a life without hearing other's opinion.

-----

ただ、その生き方は、「オプションが少なくて、窮屈な感じがする」というのが正直なところです。

But I feel that their life has few options, and seems to be tight be frank.

特に、今、老人介護ホームに入居している私の母は、昔から、自分の言動が、その人に対してどのように受けとられるのか、ということを考えずに、その場の思い付きで発言することが多いので、いつでも、回りの人を怒らせていたように思います。

Particularly, my mother, who is in an old man care platform, seems to makes other persons mad, because she often says anything at the moment without thinking about how they receive her opinions from old days.

私も、不快な気持ちになって、腹を立てるのが辛いし、怒鳴って後味の悪い思いをするのが嫌なので、最近は、老人介護ホームの面会時間ギリギリに行って、母と少しだけ会話して、洗濯物などの回収をして、さっさと帰宅してしまいます。

In fact, I want to avoid to feel unpleasant, get angry and shout loudly. Recently I visit the old care home and speak to her in short time, and come home quickly with mother laundry.

『親不孝の極み』と言われば、その通りです。

Even if I call "the man who am undutiful extremely", I can accept it.

しかし、私には「不愉快な言動を受けながら、優しさを発揮する」という能力はなく、多分、今後もその能力を開発することはできないと諦めています。

But I don't have the ability "to show gentleness while receiving an unpleasant behavior", and probably I think that I cannot develop the ability in future either.

(続く)

(To be continued)


2015-05-06 ですから、私は、「本をどんなに読んだって、自分を幸せにできるわけではない」という、好適な実例になっているでしょう。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

人は、他人を怒っている様子を見て、それをフィードバックさせながら、自分の振舞(ふるまい)を変更し続けて、自分のコミュニティに順応していきます。

Persons continues changing their behavior whenever they watch other's anger in order to adapts to their community.

しかし、それは、自分の振舞を変更させるだけの、沢山の選択肢 ――「オプション」―― があってのことです。

However, it is possible under many choice - - "options" - - to let us change our behavior.

その「オプション」が十分にストックされていなければ、本人にその気がなくても、ずっと人を不快にさせ続ることになり、結果として、孤立化して、自分も不幸にしてしまう・・・のかもしれません。

If the "option" is not stocked enough, we continue making persons uncomfortable without the mind all the time and, as a result, make us isolation and unhappy..... maybe.

もし、この「ストックオプション」の仕入れ元の一つが「本」であるなら、「本を読ないこと」は、「自分を不幸にする確実な方法の一つ」と言えるかもしれません。

If one of the origins of stocking of this "stock option" "is "book", "Not reading book" might be "one of a certain method to make oneself unhappy"

その一方で、そこまで詳細な分析ができていながら、母の言動に腹を立て続けている「私の器の小ささ」も、またしかりです。

On the other hand, "my closed mind" is wrong with getting angry with my mother's opinions, even I could analyze this situation in details.

私は、結構な読書家だと自負していますので、ストックオプションには事欠いていないはずです(理屈では)。

I take pride in my being a considerable reader, I think I cannot lack stock option (in the reason).

ですから、私は、「本をどんなに読んだって、自分を幸せにできるわけではない」という、好適な実例になっているでしょう。

Therefore I am a suitable example "not to be able to make myself happy as for me even if I read a book so much".

-----

詰るところ、本を読もうが読むまいが、

After all, whether anyone read book or not,

■知識を取り込んで、

■自分のものとして、

■自分の常識にとらわれることなく、

■仮説と検証を続けられる、

- Taking in knowledge,

- As one's thing,

- Without being seized with one's common sense,

- Continuing both inspecting and hypothesis,

そういう、オープンマインドで柔軟性の高い人間にならない限り、

Unless we become a human being having high flexibility in such an opening mind,

「自分で自分を幸せにすることはできない」

"we cannot make ourselves happy by ourselves"

という、あたりまえの結論に帰納する訳で、

we can reach this natural conclusion,

そして、その「当たり前」が、私には恐しく難しいのです。

and the "natural" is tremendous difficult for me.


2015-05-07 「パパ、昨日の分、アップしていないよね」 [長年日記]

時々、忙しくて、日記の更新ができない日があります。

Sometimes I cannot update this diary because of busy works.

そうすると、翌日に二日分を一日で記載しなければならないことになり、結構、しんどい思いをするので、できるだけ、毎日更新したいと思っています。

If so, I have to make two day's diary once time and it becomes hard for me. I want to update the diary everyday.

後輩:「更新しないと、何かマズいことでもあるんですか」

Junior:"Is there something wrong without updating?"

江端:「別にないけど」

Ebata:"No, not at all"

後輩:「じゃあ、なんで、毎日、そんな律儀に更新を続けるんですか」

Junior:"Why do you keep updating your diary everyday earnestly?"

江端:「少しずつ増えていくホームページのカウンターが、『今日は、まだ更新しないのか?』と、私を責めているようで、怖いから」

Ebata:"The increasing counter of my homepage little by little, seems to blame me, with saying "when do you update diary today?" and I am scared the counter."

後輩:「エラく遠いところからプレッシャーを受けているんですね」

Junior:"Some persons far away, can put pressure on you to update it"

------

最近、次女(中学一年生)が、私の日記をチェックするようになりました。

Recently, my second daughter comes to check my diary everyday with saying

「パパ、昨日の分、アップしていないよね」

"Daddy, didn't you update the diary of yesterday yet?"

とフォローをしてくるようになっています。

She often follows me about my daily task.

エラく近くからも、プレッシャーを受けるようになってきています。

A specific nearby person also come to put pressure on me, too.


2015-05-08 (無題) [長年日記]

ゴールデンウィーク明けの初日、会社からのメールでそれを知った。

ゴールデンウィークの2日目のことだったらしい。

そして、今日、初めて、彼が入退院を繰り返していたことを知った。

これまで、何度か大きな手術を繰り返していたらしいことも。

かつては同じグループのメンバだったのに、

私は何にも知らなかった。

-----

「江端さん。今、遺品を整理しているのですが」

と、後輩から言われた時、ボーッとしていた頭を、いきなり床にぶつけたような衝撃を受けた。

『遺品』 ―― 聞きなれない単語。

「これは、どうしましょうか」

彼が見せたのは、特許発明者のみに授与される米国特許証。

私は、

「御遺族に差し上げるように」

と言った後で、

「『とても素晴しい成果で、大変名誉なものです』とメッセージを添えて」

と彼に頼んだ。

-----

まだあんなに若かったのに、

優しくていい奴だったのに、

お子さんと奥さんを残して、

どんなに心配だっただろうか、

どんなに悲しかっただろうか、

どんなに苦しかっただろうか、

どんなにこの世の不条理に憤りを感じたことだろうか、

-----

帰宅の途、誰もいない深夜の雑木林の小道で、

私は泣いた。


2015-05-09 早々に、ローカルのマシンでの稼働に成功したので、それをサーバに移行すれば完了 ―― と思っていたんですよ。 [長年日記]

我が家のホームサーバが、秋葉原で拾ってきた、怪しげなドイツ製のノートPCであることは、何度かお話しました。

I wrote several times that the home server of my home was a notebook PC made in doubtful Germany which I picked up in Akihabara.

今はホームセキュリティサーバの他に、ビデオサーバと、プリンタサーバも担当して貰っているのですが、メンテナンスは諦めています。

The PC works as not only home security server, but video server and printer server, but I have already given up the maintenance now.

とにかく、重くて遅い。

Anyway, the response is heavy and slow.

アイコンやメニューの反応が、10秒から1分もかかればもかかれば、何もする気もなくなります。

The reaction of an icon and the menu needs for ten second to one minute, so I come to not want to do anything.

Well, I tried to make a light-weight Mail Agent with a slightly feeling on the server this afternoon.

早々に、ローカルのマシンでの稼働に成功したので、それをサーバに移行すれば完了 ―― と思っていたんですよ。

I succeeded in the operation with the local machine, so I thought I was going to complete the work when I shifted it to the server.

―― これが間違いだった。

"This was a mistake."

(続く)

(To be continued)


2015-05-10 私がシステム屋やっていて一番悲しいのが、このような「時間の強盗」に遭遇することですね。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

このエージェントが動かない。

This agent did not work.

なんで動かないのか分からないので、まずは、ブラウザからメールサーバの設定を見に行こうとしたら、このブラウザが動かない。

I did not know why it did not work. So I tried to check the mail server on the INTERNET by the browser. But this browser did not work.

しかたがないので、ブラウザを最新にしようとしたら、「OSが古いのでインストールはできないよ」という冷たい英語のメッセージに苛められる。

It couldn't be helped, I was going to make a browser latest, but I was tormented in the cold English message "Impossible to install because the OS is old".

しかたないので、別のブラウザをインストールに切り替えて、インストール開始ボタンを押した後、30分たってもインストールが始まらない。

It couldn't be helped, I changed a different browser to installation, but the installation action does not start after having pushed the button, even if 30 minutes has passed.

しかたがないので、ブラウザのバイナリをローカルにダウンロードして、サーバに共有ホルダを掘って、それをサーバに送り込んで、ブラウザのインストールを強行するも、このインストールが遅い。

It couldn't be helped, I downloaded the browser binary to the local PC, and I made a shared holder, and put it in. And I enforced the browser install, but the speed was extremely slow.

しかたがないので、ひたすらインストールの完了を待ち、ようやくメールサーバにアクセスをしようとするも、反応が遅くてお話にならない。

It couldn't be helped, I waited for the completion of the installation earnestly. Though I was going to finally access an email server, the reaction is very slow.

しかたがないので、サーバをシャットダウンして再起動して、ブラウザからメールサーバにアクセスすることに成功するも、(当然のことながら)サーバの設定に変更点なんぞある訳もなく、ここで完全に作業がスタック。

It couldn't be helped, I shutdown the server and rebooted it. After all I succeed in accessing an email server from a browser, however the setting of the server cannot include change anything (as a matter of course). Finally my work completely was stacked.

しかたがないので、メールエージェントの設定ファイルをもう一度見直してみた。

It couldn't be helped,I reviewed the configuration file of Mail Agent once again.

―― ここで、ようやく気がついた。

"Here, I finally noticed."

(もしかしたら、パスワードのスクランブルを、ローカルマシン毎に換えているような、手のこんだことをやっているのではないか?)

(This mail system has its own function which changes the coding of the password every local machine ?)

と、再度パスワードを再入力して、パスワードをスクランブルしたものを見てみたら ―― ビンゴ。

When I inputed a password again and watched the scrambled password, it was to hit the jackpot.

「あ、これか」

"That's it!"

そっかー、まあ、悪意のユーザが、設定環境をそのまま外部に持ち出したら、簡単に私のメールシステム乗っ取れるもんなぁ ――

"Well, well. If a malicious user just take setting environment outside, it become easily my email system is going to be taken over."

などと、ボーと考えていたら、もうこの時間ですよ。

It is already this time with thinking above.

最初から、この「パスワードのスクランブル」に気がついていたら、数分で完了していた話です。

It is a several minutes talk if I notice this "scramble of the password" from the beginning.

貴重な休日の数時間を持っていかれました。

Several hours of a valuable holiday were taken.

今日の計画は事実上パーです。

Today's plan is ruined virtually.

-----

私がシステム屋やっていて一番悲しいのが、このような「時間の強盗」に遭遇することですね。

This is a typical sad story for me that I have to meet with such "robbery of time".

このような「時間の強盗」によって、私のシステム屋のスキルが一定レベルに維持されているのも事実なのですが、

Thought it is also the fact that the skill of my system engineer is maintained in a constant level by such a "robber of time",

この「時間」が、「スキルというコスト」に見当っているかというと、私は全然自信ないです。

I wonder whether this "time" is found to "the cost called the skill".


2015-05-11 「住めば都」とは、「去れば廃墟」ということです [長年日記]

2015年4月28日の日記で、

In the diary of April 27th 2015, I wrote

「昨日の続きを掲載しようと思ったのですが、そっくりそのまま、その媒体を某所に置き忘れてきてしまいました。 」

"I wanted to open the yesterday's diary continuance, but I have left the medium in a certain place literally."

と書きました。

今日は、その内容を記載します。

Today I am going to write the content.

(2015年4月27日の続きです)

(Continuation from April 27th 2015)

―― で、まあ、何が言いたいかというと、

Eventually what I want to say is that

GWなどの大型連休で帰宅した、娘や息子、その配偶者が、「なんだか良く分からんけど、激怒している」ことに、戸惑っているお父様やお母様。

Fathers and mothers, who are confused with the furious attitude of their daughters, sons and their partners,

あなたたちは、その理由の殆んどが、その「あなたたちの言動や振舞い」にあることに、いい加減に、気がつくべきです。

should mind your actions and behaviors against their courtesy.

-----

GWなどの大型連休の前には、ちゃんと希望リストを頭の中で整え、彼らとの会話を想定し、自分の意志を、常識の範囲ないで明確にはっきり言う。

Before the long vacation like golden week, you pick up your hopes, simulate the conversations with them and make clear your intention within the bounds of common sense.

これができないと、彼らは、理由をつけて実家に帰ってこなくなります。

If you don't do them, your daughter, sons and their partner will not go their country home back.

不愉快だからです。

They feel uncomfortable to talk to you.

-----

考えれば明かなことですが、

Obviously,

「今の一人暮しの気楽な生活やパートナーや家族との生活が、昔の実家の生活に劣る」などということがある訳がありません。

it is nonsense that the old life in country home is inferior to the present life of easy single or with partner and family

「住めば都」とは、「去れば廃墟」ということです。

"Home is where you make it" is equal to "ruins where I leave"

悪いことは言いません。

Please take my following advice.

『実家は、彼らにとっても最も休まる所』などというアホな幻想は、とっとと捨てて、

You should abandon the foolish illusion that is "the country home is the most comfortable place for them in the world" as soon as possible, and

彼らを前提としない、自分だけで自分を楽しませるモノを見付け出して下さい。

you might find something that lets you enjoy by yourself not based on the existence of your daughters, sons and their partners.


2015-05-12 まあ、要するに、「私を助けてくれた人」の国は、私ににとっては、永世友好国なのです。 [長年日記]

30年も前のことになりますが、中国大陸を一人で旅していた時に、盗難にあって困っていた私を助けてくれたのは、中国の人でした。

30 years ago, it was a Chinese person that helped me who was troubled in theft when I took a trip to Mainland China alone.

私を助けてくれた人が存在しているという事実だけで、私にとっての「中日友好」は絶対的です。

It was enough for me that the China-and-Japan Peace and Friendship is absolute, even persons was in China who helped me.

また、今回のネパールの震災について、日本での関心は低いようですが、私はもの凄く心配しています。

In addition, the interest in Japan seems to be low, but, I am worrying hard about this earthquake disaster of Nepal.

インドのニューデリーで瀕死の状態になって、ほうほうの体でネパールまで逃げ帰ってきた私にとって、カトマンズのドミトリーでの休息の日々は、忘れることができません。

I cannot forget the days of the rest in the dormitory of Katmandu, because I was in a critically ill condition in New Delhi , India and ran back to Nepal in panic.

だから、私にとって、「尼日友好」(ネパールの漢字表記は「尼波羅」)も絶対的です。

Therefore, for me, "Nepal and Japan friendship" (as for the Nepalese kanji notation "nun wave Luo") is absolute, too.

まあ、要するに、「私を助けてくれた人」の国は、私ににとっては、永世友好国なのです。

In brief, a country of "the people who helped me" is an eternity friendly nation for me.

もちろん、私のことですから「永世敵国」もあるのですが(2カ国ほど)、ここでそれを表明すると仕事に差しつかえますので、控えさせて頂きます。

Of course there are "the eternity enemy countries" (approximately two countries) though, I interfere with my work when I express it here. So I would like to refrain from making comments.

-----

何が言いたいかというと、「私にとっての国際関係とは、私個人のレベルで閉じている」ということなのです。

What I want to say is "the international relationship for me is like to a closed loop individually".

しかし、その一方で、この「個人レベル」で閉じている国際関係というのは、実は「個人レベル」では「閉じない」ことも事実なのです。

But I know that this "individual international closed loop" is not really closed in a personal situation.

(続く)

(To be continued)


2015-05-13 ―― その人だけでなく、その人の属する国や民族全体への嫌悪感に容易に結びつく [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私の嫁さんは、今、飲食店で働いているのですが、外国の方ではその食事文化の違いに遭遇するそうです。

My wife works at the Japanese restaurant, and she often tells me that she has faced the difference of the table manner of foreign persons .

例えば、魚を食べている時に、その小骨をテーブルの上に「ペッ」と吐き捨てる続けるという、食べ方をする人がいるそうです。

For example, when they eat a sea food dinner, some foreign person blast out of the fish bony directly on their table.

私も、海外の鉄道の食堂車両で、そのようなテーブルに「取り囲まれた時」、心底から恐ろしい思いをしました。

I also had experimented some scene during my solo travel in the continent, and had found myself fearful in the center of the tables.

もちろん、我が国が、これからの未来をグローバル化で喰っていく覚悟があるなら、このような場面を嫌悪せずに、大らかに認容するというマインドも必要になるでしょう。

Of course, I think that we have to have a mind to tolerate such scenes without disgusting, if we are mentally prepared to live in the modern era of expanding globalization.

しかし、その魚の小骨が吐き散らかされた食事の様子を見ていた人や、テーブルを片づける人の気持ちになれば、

But if we were a person who watch the ugly table manner, or should clear the table, I am afraid that

―― その人だけでなく、その人の属する国や民族全体への嫌悪感に容易に結びつく

"It would be easy to connect a disgust of the nation or race where the persons belong."

ことは、ある程度仕方がないことです。

人間は、特に汚物や異臭などの五感で不快を感じるものを、理性や理屈で乗り超えるほどには、強くなはいのです。

It is not so easier that human being exceed some unpleasant about waste and nasty smell by reasonings or logics.

そして、(昨日の日記のようにプラスに働くことも踏まえて)たった一人や二人の人間の振舞いが、国や民族全体の評価にとても簡単に及んでしまう、ということは、とてつもなく恐しいことだと思うのです。

And, I think it is a very serious problem that only one or two person's attitude acts on the whole evaluation of their nation and race directly and easily.

-----

ですから、外国にいるときの私は、それはもう

「普段は決して目にすることのない、凛々しく、理知的で、決断力に富み、寛容な心と冷静な判断力に溢れた、ヴァーチャル江端」

を演じています。

Therefore, I play the virtual Ebata -- who is manly, unemotional, willpower, and has giving soul and sober atmosphere, nobody can watch ordinarily.

なぜなら、好む好まざるに係わらず、私は、外国においては「日本代表」とされてしまうからです。

Because even if it is good or not, I am going to have a duty of represent Japan whenever I am not in Japan.

(続く)

(To be continued)


2015-05-14 世界を「数字」で回してみよう(15) ダイエット:人類は、“ダイエットに失敗する”ようにできている [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, a new column is released, so I take a day off.

"Let's turn the world by "Number" (15) Human being is to fail in diet"

-----

大作です。超大作です。

This is a large work. Super large work.

今年のゴールデンウィークの空き時間のほとんどを費してしまいました。

I have spent the most of the spare time of Golden Week of this year.

-----

また、今回のコラムの中で登場する

The junior fellow who appeared in this column and said the following

「それにしても、何度言っても『くどい長文』が直りませんねえ」

"Still, you cannot recover the bad habit of long writting even though I pay attentions to you again and again"

と言った後輩は、

―― 実在します。

exists.


2015-05-15 同僚からのお食事会のお誘いのお断りメール [長年日記]

昨日の「四川料理」お誘いから雌伏すること一夜。

Thought one night after your "Sichuan dish" invitation,

江端家は、今後の江端家ダイエット計画における昼夜を徹した真剣かつ誠実この上もない討論を重ねた。

About a future diet plan for the Ebatas, we repeated discussion about this issue with putting our heart and soul by the night and day extremely and faithfulness seriously.

我々は本計画に要求される要素をおよそ想像し得るあらゆる角度から分類し、比較し、検討し、吟味し、分析し、体系化した上で解体し、統合し、止揚し、脱構築化した後に再構築した。

According to the elements that we are required by this plan, we classified it, and compared it, and examined it, and examined it, closely and analyzed it, and dismantled it, after having systematized it, and integrated it, and sublated it, and rebuilt it after having made it deconstruction, from every angle that we can quite imagine.

その結果、我々は、『連帯を求めて孤立を恐れず、力及ばずにして倒れることを辞さないが、力尽さずして挫けることを拒否する』という、江端家ダイエット計画の当初の理念に立ち戻り、

As a result, we returned to the original idea of the Ebata's diet plan

"We are not afraid of isolation for a solidarity, and we do not hesitate to fall down because of my poor power. But we do deny breaking our spirit without exerting my power"

「四川料理」なる蠱惑のイベントにおいて、志果たさずして、自らの魂の堕落を自ら受容するを許さず、第二期ダイエット計画における「5kg減」を実現する為、ここに、断腸の思いで、我が親愛なる革命同志諸氏の招待を、最大級の謝辞と謝意をもって辞退申し上げる旨を、ご報告する次第である。

In an event of the captivation named the "Sichuan dish",we would like to inform you the following with the highest possible address of gratitude and gratitude.

Without achieving my will, we could not permit the corruption of own soul by myself, in order to realize "5 kg decrease" on the second stage of the diet plan.

Here, Brokenheartedly, we will declarer to pass up your invitation of my dear revolution comrade ladies and gentlemen.

造反有理! 世界革命万歳!

Rebellion Yuri! World revolution banzai !!

江端智一

Tomoichi Ebata


2015-05-16 しかし、一律に、私が「日本代表」と見なれるのも、困るのです。 [長年日記]

(2015年5月13日の続きです)

(Continuation from yesterday)

しかし、一律に、私が「日本代表」と見なれるのも、困るのです。

However, it is troubled that I am a "representative from Japan" uniformly.

私は、昔から言動がアバンギャルドだと言われてきたからです。

I have been said that my behavior is likely to an avant garde from old days.

心当たりがない訳ではありません。

I don't say that I have no one in mind.

この事件のときは、「日本人は、ブリザードの中を歩くのか」と驚かれたこともありますし、

In this case, my co-worker was surprised with saying "any Japanese walks in a blizzard ?"

この事件のときは、「日本人は誰もが空手ができる」という錯覚を与えたこともあるし、

In this case, some thugs has an illusion of "any Japanese could do karate"

外国のサウナで座禅のスタイルで目を瞑っていたら、「日本人は、いつでも瞑想をするものなのか」と感心されたこともあるし、

When I closed my eyes with a style of the Zen meditation in a foreign sauna, I was admired with saying "Is Japanese a meditating anytime?"

でも、これって半分以上、外国の人の日本に対するイメージから出ているものですから、私一人に責任を押しつけられても、困るなぁ、とも思えるのです。

But these almost come from the image of non-Japanese, I am embarrassed even if the responsibility is forced on me alone.

-----

でも、海外で、「日本人は、ためないなく、デタラメ英語でベラベラしゃべるのか」と思われたとしたら、

If someone comes to think that "Japanese don't hesitate to speak fake English loudly"

―― それは、まあ、概ね、私の責任だといっても、いいと思います。

It is O.K. that "this is my responsibility about it"


2015-05-17 江端のアンケートに応じてもいいという、ボランティアの方を募集しています。 [長年日記]

I have started a new serialization from this month.

内容は、ずばり「ダイエット」です。

That is "diet".

「ダイエットの方法」ではなくて、「ダイエットそのもの」について、分析していきたいと考えています。

I want to analyze not the method of diet, but actual "diet" itself.

ところが、この「ダイエットそのもの」を、論考した文献が見付かりません。

But I cannot find the material about the actual diet.

私の最大の謎は、「ダイエットしている状態の体型が評価される」という、論理的な理由です。

My biggest question about this theme is to know the logical reason why the body on diet seems to be valuable.

調べれば調べるほどに、「ダイエット」というものが、私にはどうにも理解できなくなってきているのです。

The more I examine about it, the more I cannot understand it.

さらに、「ダイエット」が、「宗教」や「英語」や「結婚」や「環境問題」と同じように、その意義や効果などについて、深い考察をことが許されないような、―― 息苦しい圧力 ―― のようなものを感じるのです。

And I have felt some stuffy pressure that we are not allowed the deep argument about the signification and effectiveness, like "religion", "English", "marriage" and "environment".

-----

という訳で、本日はお願いです。

I have a favor to ask you the following today.

江端のアンケートに応じてもいいという、ボランティアの方を募集しています。

I am recruiting volunteers who answer my question about diet.

「ダイエット」は全ての人類に関わる問題なので、全ての方をアンケートの対象とさせて頂きたいと思います。

I think that diet is a big issue about human being, so I want to aim for the questionnaire towards all.

もし、協力して頂ける方がいらっしゃいましたら、

アンケート用のメールアドレスから、私に御一報頂けませんでしょうか。

上記のアドレスが使えない場合は、江端の公開メールアドレスから、私に御一報頂けませんでしょうか。

If you could join this questionnaire, would you please send me your mail using this my mail address ?

頂いたあなたのメールアドレスを使って、「アンケートシート」を送付させて頂きます。記入項目はYes/Noの数項目、所要時間90秒、可能であればコメントも頂ければと考えております。

I am going to send you my questionnaire mail using your mail address.You need to check several Yes/No check in 90 seconds. If possible, please give your comment about diet.

言うまでもありませんが、絶対的な意味において、アンケートに応じて頂いた方のプライバシーを守ります(従来通り、頂いたメールは、メールアドレスごと読後廃棄します)。

Needless to say, I do keep any your privacy information in an absolute meaning.(I promise "disposal after reading" with your mail address as before.)

-----

問題点は2つあります。

There are two problem above the above.

(1)報酬がありません。

(1)No reward

1円もありません。お渡しする手段もありません。

No money. I have no way to give you even if money is.

但し、頂いたご意見等の掲載を「希望される」場合は、実名/匿名(ツイッターのハンドル名等)を問わず、全て寄稿コラムで紹介させて頂きます。これはお約束します。

But, if you hope, I promise that I am going to open your opinion with your real or handle name.

This is the sample of the previous questionnaire event.

This is the statistic analysis of the previous event.

(2)江端の「悪意の不在」を証明する手段がありません。

(2)No means to prove "Ebata's malicious absence".

江端は、あなたのメールアドレスを悪用しようと思えば、当然に可能な状態になります。そして、私にその「技術」があることはご存知の通りです。

If I try a malicious use of your mail address, I think it is easier for me. You know that I have the kind of the technical skills.

-----

あなたのメリットがあるとすれば、以下の様になります。

Your merits are followings even even if they are merits.

■江端の寄稿コラムを、先行的に読めます(秘密は守って頂きますが)。

- You can read my column before public open. (Though I ask you to keep the secret before opening it).

■江端の考えているネタを、先行的に知ることができます。

- You can know the my idea of columns before the opening.

■江端の非公開プライベートメールアドレスを、知ることができます。

- You could know my non-open Ebata's private address.

■江端に感謝されます。

- You are thanked for by me.

-----

なお送付して頂くメールには、あなたの名前は勿論、1文字の文面も記載して頂く必要はありません(勿論、記載して頂ければ嬉しいですが)。

You don't have to write your real mail, your background, greeting and other your private issue( Of course, for me, any your information is to welcome )

メールのサブジェクトに「アンケートに応じます」(検索で使うので、この通りのフレーズでお願いします。)とだけ記入して、空のメールだけで、送付頂ければ、十分でございます。

Please write "I accept the questionnaire" in the subject, and send an empty mail to me. It is good for me.

-----

なぜ、私が(ツイッターなどを使わないで)このような面倒くさい手段を用いてアンケートを試みているかというと、

Why I try this complicated method (not to use Twitter) is that,

私の日記を読んで頂いている(大変奇特な)方の多くが、(1)理知的で、(2)礼儀正しく、(3)約束を守り、(4)気持の良い対応をして頂ける方であることを、私は経験的に知っているからです。

I know well experimentally that my diary's readers are (1)intelligent, (2)polite (3) keeping their words, and (4) a good responder.

-----

それでは、日頃より、私の日記をご愛好頂いている皆様。

Then, Dear all of you who usually read my diary on a regular basis.

本件、ご検討頂けますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

Thank you for your cooperation for this matter.

江端智一

Best regards,

Tomoichi Ebata


2015-05-18 「人為的に削減した体重は、その減少量に比例する速度で増大する。」 [長年日記]

(Step.1)「アルジャーノンに花束を」を既読の人だけが以下を読む。

(Step.1) Only the persons who had already completed reading "Flowers for Algernon" read the following.

-----

ニーマー教授殿

Dear Professor Harold Nemur

別便にて私の論文『アルジャーノン・ゴードン効果――増大された知能の構造と機能の研究』をお送り申し上げます。公表に絶えうるとお考えでしたら公表していただいて結構です。

I am going to send my paper whose title is "Algernon-Gordon effect --- the study of the intelligent structures and functions that are increased by the artificial interference" to you by another mail.

If you think that the paper could be worth that much to make it public, it doesn't matter to me.

(中略)

(syncopation)

「人為的に誘発された知能は、その増大量に比例する速度で低下する。」

"Artificially-induced intelligence deteriorates at a rate of time directly proportional to the quantity of the increase."

(原文ママ)

(後略)

(omitted)

チャールズ・ゴードン

Best regards,

Charlie Gordon

-----

エルカン教授殿

Dear Professor Erukan

別便にて私の論文『マユリ・エバタ効果――削減された体重の構造と機能の研究』をお送り申し上げます。公表に絶えうるとお考えでしたら公表していただいて結構です。

I am going to send my paper whose title is "Mayuri-Ebata effect --- the study of the weight structures and functions that are increased by the artificial interference" to you by another mail.

If you think that the paper could be worth that much to make it public, it doesn't matter to me.

(中略)

(syncopation)

「人為的に削減した体重は、その減少量に比例する速度で増大する。」

"Artificially-induced diet deteriorates at a rate of time directly proportional to the quantity of the decrease."

(後略)

(omitted)

江端智一

Best regards,

Tomoichi Ebata


2015-05-19 「『北極』に行きたくば、●●kgを切れ!」 [長年日記]

私は 「北極ラーメン」を食べる条件というものを設定しています。それは、「所定の体重を下回ること」です。

I have set a condition for having "Hokkyoku-Ramen". The condition is going to activated by the rule of "when my weight dips from a certain number"

我が家のヘルスメータには、黒地に白抜きの文字、

The seal is attached on our scale, and a sentence is written in the seal.

「『北極』に行きたくば、●●kgを切れ!」

"Wanna to go Hokkyoku, get down to xx kg"

と書いたテプラーが貼ってあります。

「北極ラーメン」は、今の私のダイエットを維持する最大のモチベーションとなっています。

Now "Hokkyoku Ramen" is the most effective motivation to keep my daily diet project.

-----

先日、一斉定時定退日の日、どうしても「北極ラーメン」を食べたくなった私は、いわゆる、スーパー銭湯のサウナに行きました。

The other day of leaving the office all at once, I couldn't give up eating "Hokkyoku-Ramen" so I went to a sauna of deluxe public bath.

その日、私は、目標体重から400グラム程重かったのです。

At that day, my weigh was approximately 400 grams heavy from the aim weight on that day.

そこで、昼食後から、食べ物は言うに及ばず、水を断ち、カラカラの状態で、サウナに臨みました。

So I didn't not only eat but also drink anything and became dried and went to the sauna.

これは、そうとうに怖いことでした。

This was considerably scary for me.

なぜなら、私はただの社会人ではなく、「安全衛生委員」というブランドを背負って立つ社会人だったからです。

Because I am not a ordinal worker, but an elite worker with a member of Safety and Health Committee in my company.

サウナで、脱水症状で気を失なったら、多分「世間の笑いもの」ではすまされない。絶対にスポーツ新聞のコラムなどで嘲笑されるだろう。

If I faint in dehydration, I am going to be not only a laughingstock, but also be absolutely sneered in the columns of the sports newspaper.

その後、安全衛生委員会から激怒され、最悪の場合、会社幹部に呼ばれて、叱責→左遷くらいでは済まされず、定年までプロジェクトの「事務局」の苦役を課せられるくらいの罰を受けるだろうと推測されました。

After that, the Safety and Health Committee will get mad with me, and in the worst case, I will be called from the executives of my company, and ordered to work as a head officer of a project until my retirement.

(To be continued)


2015-05-20 気分は、もう、試合前の「あしたのジョー」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

ですので、非常に慎重の上にも慎重に減量を行いました。

So I tried to lose my weight gingerly.

サウナ室滞留時間は、一回5分以内とし、その度に体重計に乗りにいくという徹底ぶりでした。

I decided that the dwell time in the sauna is in 5 min. one time, and as soon as leaving the sauna room, I checked my weight immediately.

気分は、もう、試合前の「あしたのジョー」。

I was in a someone "Tomorrow's Joe" kind of mood.

そして、体重計で、目標体重を50グラム下回ったことを確認した時点で、ただちに銭湯を離脱し、まずは大ジョッキで体を潤し、そのまま、町田の「蒙古タンメン中本」に向い、夢にまでみた「北極ラーメン」を食するに至ったのです。

As soon as checking the weight became lower than the target numeric, I went out the public bath. Firstly I tried a large beer mug, and I went to "Mouko Tanmen Nakamoto" in Machida city. Finally I could reach the "Hokkyoku-Ramen" I had met in my dream again and again.

―― いずれにしても、

ANYWAY,

みなさんは、このような無茶でかつ意味のない局所的かつ瞬間的なダイエットはしないようにして下さい。

I hope that you should never try such a ridiculous, meaningless, local and momentous diet, like me.

以上、安全衛生委員からのお願いでした。

This is an attention from the member of safety and health committee in our department.


2015-05-21 「私の英文翻訳が、そんなに気にいらねーのか!」 [長年日記]

私は、自分のホームページに広告バナーを張りつける、「アフィリエイト」っていうんですか? なるものをやっていますが、まったく、広告収入は入ってきません。

I am doing a advertisement service for Homepage owner. Is it called "affiliate"? But I don't get advertising revenue at all.

広告収入を期待している訳ではないので、それ自体はあまり気にしていないです。

To tell you the truth, I don't expect the revenue, and I don't care it.

-----

この広告バナーは、

It is said that this advertisement banner is

■私のホームページの内容を解析して、

to analyze the contents of my homepage, and

■私のホームページを気に入って頂いている方がクリックしやすい広告を打ってくる

to show the proper advertisement to the persons who like my homepage.

―― ということになっているので、その、広告の内容の方に興味があるのです。

So, I am very interested in the contents the advertisement itself.

-----

ただ、ですね。

But...

ご存知の通り、私は自分の日記を自分で英文翻訳しているのですが、

You know, I am trying to translate my diary into English everyday.

Whenever I read

「英会話に必要なフレーズ厳選」

"Phrase special selection for English conversation "

「格安英語翻訳」

"Bargain English translation"

で、かなり不愉快な気持ちになっているところに、

I feel very unhappy.

先日、

In addition, the other day, I read the advertisement

「あなたの日記を英文翻訳します」

"We can translate your diary into English"

という広告が登場して、

ええ、はっきり言いますが、

Strictly speaking,

―― 私は『キレました』

"It inflamed me perfectly"

「私の英文翻訳が、そんなに気にいらねーのか!」

"Do you dislike my English translation so much ?!! "

と。

-----

広告バナーの解析アルゴリズムは、ホームページの製作者の逆鱗に触れないような、そういう広告を出すように配慮しなければなりません。でなければ、

I think the any advertisement banner should not get mad with the author of homepage too. If not,

―― 本当にいい加減にしねーと、サービス利用、打ち切るぞ、グーグル

"If you don't quit fooling around, I'm really going to stop using your service, Google"

-----

ええ、判っていますとも。

Well. I know well.

この広告が、恐しい程正確に、私のホームページの読者の心にヒットしていることは。

This advertisement hits the heart of my Homepage readers precisely awfully.

それはもう、腹が立つほどに。

It is enough angry.


2015-05-22 「派手に計算に失敗する機会を失うのは、もったいないなぁ」 [長年日記]

新人さんの輪講(Reading Assignment)のスケジュールを見ていると、データ解析の重要性が意識される内容になってことに気がつきます。

I read a schedule of Reading Assignment(RA) for fresh people, and I noticed that a significance of data analysis was shown in the schedule.

基本的には「統計解析」等の数値解析に関する内容です。

Basically it is about statistical analysis.

ふと気がついたのですが、私は、このような学習会をしたことがないのに、いつのまにか、この手の知見を持っていたように思います。

Coming to a sudden realization, I have already had the statistic knowledge like this, even I had not experimented such activities.

これはPC8001MK2というレトロパソコンのおかげだなぁーと思っています。

I think that I had used a classic PC, for example "PC8001MK2, fortunately.

今から思えば、テキストしか表示されず、エディタすらなかった、あの悪魔的に使いにくかったパソコンで、統計解析ソフトウェアを自作したことが、よかったのだろうな、と思います。

Now I come to think of it, I was lucky that I used the diabolical PC which accepted text command without editor and I had made my original statistic analysis software.

-----

で、ここで私は、「じゃけん、自分でモノ作らんとアカンのじゃ」などと、ジジイ特有の下らない戯言を言うつもりはないのです。

But I have no intention to say "so, you have to do it yourself" like typical old person's lecture.

江端ジジイは、「あんなもん、別に仕組みを理解していて、答えを求める手段があれば、なんだっていいんだ」と ―― まあ、昔から言っている通りです。

The old Ebata has been saying since the past that "Any way will do as long as you resolve problems even if you could understand the method and get the answer".

-----

ただ、私は、「派手に計算に失敗する機会を失うのは、もったいないなぁ」とは思います。

On the other hand, I am afraid that it is shamed that you lose a change to fail in the calculation dramatically.

0割りや、オーバフローで、自分の作ったプログラムが吹き飛ぶ悲劇というのは、結構な非日常です(エクセルでエラーって(滅多に)ないですよね)。

It is rather extraordinary to destroy your program by divide by zero, overflow and so on. (It is difficult to make an error by Excel).

本人は大変ですけどね。泣きそうになりますし。

Of course, you are going through a lot, and close to tears.

でも、私は、それを懐しんでいる訳ではないのです。

But I don't feel nostalgic.

私は、そういう「派手な計算失敗」自体が『娯楽』だ思っているんです。

I think that the extraordinary fail is a sort of entertainment.

例えるのであれば、「レーシングゲームで、自動車がクラッシュするような」、そういう『娯楽』です。

For example, "you make your car crash on load in the racing game".

そういう非日常を日常で体験できるのって、システムエンジニアの特権だと思うんです。

I think the extraordinary experiment in ordinary days is a privilege of a system engineer.


2015-05-23 「だから、そのような面倒は、できるだけ『少ない方がいい』」 [長年日記]

江端:「はよ、『俺の青春ラブコメはまちがっている』の文庫本を買えよ」

Ebata:"Why don't you buy the book "My youth romantic comedy is wrong" so late?"

次女:「なんで、私が・・・」

Junior:"Why me?"

江端:「分からんやつだなぁ。パパがあの手の本を購入すると、周りの人が困惑するだろうが」

Ebata:"Why can you understand it? If I would get the book, people around me will be embarrassed."

次女:「パパ。普段と言っていることと違うよね。『自分の嗜好を隠したところで、そんな人生に何の意味がある?』って言っていたよね」

Junior:"Papa. it is something a little out of your ordinary.You said that "what is the meaning of my life if I hold back my life?"

江端:「無論そうだが、パパの嗜好の中には、世間様には受けいれがたいものがとても多い。モノによっては、反社会的なものだってあった。パパの過去が洗われたら、結構面倒なコトが多いんだ」

Ebata:"Of course, that is right. But there are a lot of something in my life not to be accepted by ordinal people. Some of them were unsocial. If someone try to dig into my past, I am going to be in trouble.

次女:「それなら、今更・・・」

Junior:"As if were something new"

江端:「だから、そのような面倒は、できるだけ『少ない方がいい』」

Ebata:"So I don't want to increase such a annoying."

次女:「はぁ?」

Junior:"What?"

江端:「ここで、いわゆる『ライトノベル』まで手を出して、嗜好をさらに拡張していることは、できれば世間的には秘密にしておきたい」

Ebata:"I want to keep the secret to expand "young-adult fiction" field too. "

次女:「面倒くさいなぁ。じゃあ、お金頂戴よ。私が本屋で買ってくるよ」

Junior:"It is troublesome. O.K. Give me money. I go to bookstore."

江端:「だから、『分かっていない』というんだ」

Ebata:"So I have to say "you don't understand""

次女:「?」

Junior:"?"

江端:「そんなことしたら、パパが困るだろうが」

Ebata:"If I give you money, my story becomes broken."

次女:「はい?」

Junior:"Well?"

江端:「大切なことは、『娘が購入してきたライトノベルを、少し興味ありげに、少しだけパラパラと読んでみる父親』という、パパの偶像だ」

Ebata:"The most important thing is my idol-ism. That means "a father who tries to read "young-adult fiction" which his daughter bought.

次女:「別にいいじゃん。誰にも言わなければいいことでしょう?」

Junior:"Any problem? What you do is to keep the secret?"

江端:「違う。問題はそこではない」

Ebata:"No.It is not the point.

次女:「?」

Junior:"?"

江端:「大切なことは、パパが自分で『そういうことになっている』と信じ込めるかどうかなのだ」

Ebata:"The point is whether I can believe the story and behave in the stroy"

次女:「・・・」

Junior:"...."

江端:「問題は『世間』でない。『自分』を自分で騙せるかどうかだ」

Ebata:"I don't care the world. It is whether I can deceive myself by myself."

-----

次女は「付き合いきれない」といった風に呆れていたようです。

The second daughter seemed to be disgusted with saying in my mind "I cannot handle"

(続く)

(To be continued)


2015-05-24 「絶対的真理」を諦めずに求め続けた、(年齢的に)私の先輩や、同輩達の何人かは、―― 闇に堕ちて行ったから。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

10代のころの私も、「本物が欲しい」って思っていました。

When I was a teenager, I also thought that "I want a genuine article".

「絶対的真理」というものが存在すると、かなり本気で信じていました。

I really believed that there was "real grit" in the world.

そういうものが、数学や物理学の中にしか存在しない、(か、あるいは、どっかにあるのかもしれないけど凡庸な私には見つけられないものだろう)

But it might just in the field of mathmatics or physics (or I don't find it even if it is in the world because I am a mediocre person)

―― と、結構、早いうちに諦めることのできた私は、結構幸せだったのだと、今なら思えます。

I think now that I was happy to give up searching it.

-----

「絶対的真理」を諦めずに求め続けた、(年齢的に)私の先輩や、同輩達の何人かは、―― 闇に堕ちて行ったから。

My seniors or fellows who never gave up finding "real grit" were falling into ruin in the dark side.

「革命」やら「宗教」やら、まだ、誰の見たことのない何かに向って。

Towards "revolution" or "religion" or anything which who has not yet watched.

『上手くいかないのは私以外の何かのせいで、その何かを壊せば上手くいく』と信じて。

They believed that "anyone, except for me, made something wrose. So if we destroy the something, it become to go well".

―― で、色々な反社会的行為(テロリズムやカルトなど)で、自滅していきました。

After all, they ruined themselves by various antisocial acts (including terrorism and the cult),

-----

この著作物に登場してくるキャラクター達は、私や堕ちていった先輩や同僚たちより、はるかに立派だと思えるのです。

I think that the characters in this book are better than my seniors, fellows and I.

彼らは、「本物が欲しい」という餓えるような望みを持ちつつ、しかし、それが簡単に見つけられないことを、他人や社会の責任にしようとはしていません。

Though they are starving to get "real grit", they are not going to pass the buck to others and society even if they are in trouble.

理由を外側に求めず、その問題から逃げるのでもなく壊すのでもなく、自分の心と対峙しようとしています。

They don't shift the responsibility to outside, don'trun away from the problem and don't destroy the problem, they try to being up against the problem.

私は、その姿に、素直に感動を覚えるのです。

I am impressed by the figure obediently.

-----

だけど、そういう生き方は、結構ツライですけどね。

But such a way of life is quite hard.

数学や物理学に逃げる方が遥かにラクです。

Escaping in mathematics and physics is much more comfortable.

私がこれまでの人生で知り得る限り、「絶対的真理」を求めて、自分の心と対峙する闘いの敗戦率は100%です。

As far as I know, the defeat rate of fight to confront my heart is 100% for seeking "real grit".

それでも、彼らは闘い続けるのだろうか。

Still are they going to continue the fight ?

ティーンエイジャを終える前にとっとと逃げだした私は、「それ」を見届けたいのです。

I who ran away quickly before finishing my teenager, want to make sure of "it".


2015-05-25 「ダイエットやります!」「ダイエット始めます!」の声の数はもの凄く多いのですよ。 [長年日記]

About serialization of the diet, I ask for the volunteer of the questionnaire.

すでにお申し出頂いた皆様。大変ありがとうございました。

All of you who had you already accepted my proposal. I would like to say that "Thank you very much".

現在10人弱の皆さんからお申し込み頂いておりますが、さらに多くの方から、お申し込みを頂きたいと思っております。

Though less than 10 people has already applied now, I would like you apply for my request too.

-----

で、もっと多くの人にアンケートに応じて頂く為には、どうしたらいいのか考えたのですが、

So I thought again how I could ask more people to accept my proposal.

『先ずアンケートの内容を、ある程度お話しておいた方がいいかな』と思いました。

I came to think that I should open the content of the questionnaire to some extent first of all.

私がもっとも知りたいのは、私の提唱する仮説「ダイエット2ヶ月サイクル説」における、「発生→経過→失敗(まれに成功)」の動機付けです。

What I want to know is the motivations for the start, process, failure or success of my hypothesis "Diet 2 months cycle".

具体的には、こんな感じです。

Concretely, as follows.

(1)ダイエットの開始のきっかけは何でしたか(複数解答可)

(1)What is your motivation of the start diet?

(a)不明(なんとなく、等)、(b)恋愛(結婚を除く)、(c)結婚、(d)健康(病気などから自発的に)、(e)健康(医者のアドバイス等)、(f)職場の事情(暗黙的な出世の条件、モデル等の業務等)、(g)喜怒哀楽(容姿に対する賞賛、侮辱)、(h)その他

(a)unknown, (b)love affair(except for marriage),(c)marriage,(d)health(as volunteer), (e)health(doctor's advice), (f)work place(implicit promotion condition, modeling,),(g)emotion(praise or insult for your figure),(h)others

(2)ダイエットを中止したきっかけは何でしたか(複数解答可)

(1)What is your motivation of the stop diet?

(a)不明(なんとなく、等)、(b)恋愛(失恋、等)、(c)結婚(目的達成、離婚等)、(d)健康(目的達成、等)、(e)リターンなし(効果が見られず)、(f)病気(風邪等)、(g)体調不全(生理、睡眠不足等)、(h)妊娠・出産、(i)その他

(a)unknown, (b)love affair(broken heart),(c)marriage(completion, divorce),(d)health(completion), (e)no return(no effectiveness), (f)illness(cold),(g)bad condition(Menstruation, sleep shortage),(h)pregnancy and childbirth,(i)others

-----

今、NTT数理データ数理システムさんにご協力頂いて、ブログ等のテキストデータから、この開始と中止の「きっかけ」を抽出しているのですが、かなり難航しています。

Thanks for NTT Data Co. technology and skills, Now we are trying to extract of the motivation of "diet" from blog data on the Internet.

この「開始のきっかけ」はともかく、「中止のきっかけ」の方は全然分からん、といった状態です。

But it is difficult for us to get the motivation, especially "stop diet", apart from "start diet".

「ダイエットやります!」「ダイエット始めます!」の声の数はもの凄く多いのですよ。

The voices of "I start diet! " are many and loud.

それに対して、「ダイエットやめます!」の声は、絶望的に少ない。

On the other hand, the voices of "I stop diet!" is few desperately.

―― というか「ない」

It means "zero"

(続く)

(To be continued)


2015-05-26 ―― ブログ実施者自身によって、ブログが自主的に削除された [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

まあ、当然です。

Well, it is natural.

「目標達成による完了」と「目標未達による完了」。どちらの「完了」が多いかは歴然としています。

"The end of the mission complite" and "the end of mission imcomplition". It is clear which is larger.

第一、「目標未達による完了」を、わざわざ声に出して宣言する人がいる、とも考えにくいです。

To begin with, it is hard to image the person who decreare "the end of mission imcomplition".

びっくりするようなケースでは、「ダイエットやります」と宣言したブログが、そのダイエットブログの最終回になっていたりしました。

To be suprised, the blog of declear of "I start diet" became the final round.

このパターン、結構な数ありました。

There are a lot of the above case.

さらに言うと、ダイエットブログで4ヶ月前に開始されたものを見つけることが絶望的に非常に難しい、という不思議な傾向も発見しています。

In addition, I noticed an odd trend that it becomes very hard to find the diet blog that has kept for four months.

確かに、2年間、4年間、そして7年間継続されている方もいますが、2ヶ月以上1年以下で継続中のダイエットブログは、絶望的に少ない。

Certainly, I could find the long term blog , for example, for two years, four years and more than seven years. But it is absolutely difficult to find the blog that has kept, ranges for two month to a year.

これは、

I estimate that this means

―― ブログ実施者自身によって、ブログが自主的に削除された

"the bloggers delete their blog by themselves"

ことが推認されます。

まあ、ここからは、次回の私の連載コラムをご覧頂きたいと思います。

After that, I hope you will read the next my column.

いずれにしても、「ダイエット」は、人間というものを理解する手段としては、最良の題材とであることは間違いなさそうです。

Anyway, I think that "diet" is the most sutable object in order to understand "human being" absoletely.

-----

あ、いかん。本来のお願いを忘れていました。

No-no. I forget my firsr purpose of this diary.

今回のアンケート、

In this questionnaire, I want to know

―― 私たち人類にとって、ダイエットとは何か?

"What is diet for our human being?"

という、哲学的アポリアに解を出す為にも、

To make this philosophical aporia clear,

皆さんからの圧倒的なアンケートのお申し出を、お待ち申し上げております。

I am waiting for overwhelming your applications about this diet.


2015-05-27 「あのさ、『僕等はみんな生きている』っていう歌、歌えるか?」 [長年日記]

若い頃、東南アジアの安宿をよく使いました。

When I was young, I often used some scratch houses in the east-south asia area.

壁にけばけばしい色のヤモリのようなものが何匹も張りついていましたし、手の平くらいの多きさの蜘蛛が、目の前に現われたりしました。

In the house, I found the several colorful lizards in the wall, and suddenly the big spider whose size is almost palm size, appeared in front of my face.

私は、虫がそんなに好きではないです。嫌いといっても良いでしょう。

I don't like insects. It is no problem to say "I hate them".

しかし、東南アジアのそれに比べれば、日本で見られれる虫などは、可愛いものです。

But the insects in Japan is more pretty that those in the scratch house.

―― いや、本気で可愛いと思う。

I do think that they are pretty.

「蜘蛛も蛇も、神様の化身」と本気で思えるくらい可愛いです。

I really think that "Spider and snake are eventually God's avatar".

-----

我が家の娘や嫁さんは、「私」を必要としています。

My daugters and wife need me absoletely.

もちろん、「生活費製造装置」として、私を必要としているのは言うまでもないのですが、「虫除去装置」として使っているのも間違いありません。

I know well that they need me as a cash dispenser, of course, however, also as a insect removal machine.

-----

先日、飛来昆虫が部屋に入ってきたとかで、次女が大騒ぎしていました。早く捕獲して欲しい、とのこと。

The other day, the second daughter was making a fuss because of the flying insect coming in the room.

江端:「あのさ、『僕等はみんな生きている』っていう歌、歌えるか?」

Ebata:"Can you sing a song of "we all are alive in the world"?"

次女:「あれは『歌』だ!」]

The 2nd:"It is a just song."

と言い切った娘は、それはそれで潔いいんですが、こんなことに、一生つきあわされたら堪らんなぁ、と思うのです。

I think that she was gracious, but I don't want to keep such a annoying actions in my life.

-----

彼女等を、「ヨーロッパロマンチック街道巡り」と言って、「東南アジア安宿ツアー」に連れ出せば、一瞬で解決するだろうか ―― てなことを考えています。

Now I am thinking to make a final solution, for example, I am going to bring them the east-south Asia, with saying "let's go to the Europian Romantic street".


2015-05-28 先日も、「延命問題」について、軽いノリで長女と話をしていました。 [長年日記]

我が家では、結構ヘビーなテーマを普通にしゃべります。

At home, our family often talk about some heavy social problem.

私が話題を振っているからです。

Because I pick up the topic ordinarily.

先日も、「延命問題」について、軽いノリで長女と話をしていました。

The other day, I chatted about "life-sustaining treatment" with my daughter.

-----

江端:「纏めると、意識の回復の目処のない、植物人間状態になったら、『延命』を望まない ―― という結論でいいのかな」

Ebata:"In conclusion, you don't want "life-sustaining treatment" with keeping alive at a vegetative level.

長女:「それでいい」

Daughter:"O.K."

江端:「しかし、親が自らの手で、子どもの死を行使をするのは、相当な地獄だ。できるだけ、そういう状態にならないよう、日々努力して欲しい」

Ebata:"To tell you the truth, I never want to think of turning the life-prolonging system off to kill my daughter by myself. I do ask you to avoid such a accident with your ultimate effort.

長女:「努力って・・・」

Daughter:"Effort..."

江端:「努力は努力だ。例えば、植物人間状態になっても、なんとか意志を使える工夫をだなぁ」

Ebata:"Effort is effort. For example, let you try to communicate me, even if you are at a vegetative level.

長女:「そんな無茶な・・・。あ、それでも、一つお願いがある」

Daughter:"It is nonsense, Well,I have one wish to you."

江端:「何?」

Ebata:"What?"

長女:「私に聞こえないように、延命装置を外して欲しいんだ」

Daughter:"Please turn the device off without talking.

江端:「は?どういうこと?」

Ebata:"What does it mean?"

長女:「植物人間状態になったからといって、完全に、意識が失われて、五感が無くなっているという保証はないんでしょう?」

Daughter:"Even if I am in a vegetable level, I think that there is no grantee to pass our or lose five senses."

江端:「うん。機械でも測定できないような微弱なニューロン信号が存在すれば、脳活動を続けている可能性がないとは言い切れない」

Ebata:"You are right. I can hardly say with any finality that there is no possibility to keep your brain activate, if your neural signals that are hard to get by measurements, exist."

長女:「じゃあさ、私が眠っているように見えても、実は、パパの会話が聞こえている可能性だってある訳じゃん?」

Daughter:"So, is it possible for me to understand what you are talking, even if I am in a vegetable level?"

江端:「うん。ある」

Ebata:"Yes, it is."

長女:「でさあ、そんな状態で『ゴメンな。今から装置切るぞ』って、パパが私にしゃべりかけてきてね」

Daughter:"Under the situation, you talk "Sorry, but I am going to turn off the device" to me."

江端:「うん」

Ebata:"And?"

長女:「私は何も言えない状態で、『パパ、マジマジマジ、マジ止めて、シャレにならないから。ギャー!!』とか思っていたら、嫌じゃん?」

Daughter:"If I want to cry "Papa, stop it really, really. Kidding? yawp, yawp, yawp", I am not happy am I?"

江端:「それは・・・想像したくないくらいの惨劇だな」

Ebata:"It should be an overwhelming horror story."

長女:「だからさ、お天気の話でもしながら、私に気がつかれないように、こっそりとスイッチを切って欲しんだよ」

Daughter:"So I ask you to turn off the device without making me notice it. for example chatting about weather"

江端:「難しい注文してくるなぁ」

Ebata:"Your order is complicated really."


2015-05-29 江端さんのDIY奮闘記 EtherCATでホームセキュリティシステムを作る(2):EtherCAT通信の仕組みを知ろう~メイドは超一流のスナイパー!? [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, a new column is released, so I take a day off.

Mr.Ebata's struggling for DIY Home Security System by EtherCAT(2) Let's understand EtherCAT communication. "Maids are superb snipers?"

-----

今回は、イラストの方に力を注ぎました。なんか描き出したら、やたら気分が乗ってきまして。

This time, I concentrated drawing the illustration. Starting it, I became to addict myself to drawing.

このイラストを見て、

Finishing the drawing, I opened this picture.

A junior colleagu who said

「また『能力の無駄使い』ですね」

"This is also your typical "wasting of your talent."

と言った後輩は、

―― 実在します。

exists.


2015-05-30 『パパ、私が買ってあげるよ』と言ってくれましたので、早速Amazonで購入しました。 [長年日記]

先日、次女に、小説『やはり俺の青春ラブコメは間違っている』を購入するようにお願いした、との日記を書きました。

The other day, I wrote in my diary, that I asked my daughter to get the book "After all, the story of my love affair is wrong"

次女が、この日記を読んだのかどうかは不明ですが、昨日『パパ、私が買ってあげるよ』と言ってくれましたので、早速Amazonで購入しました。

Yesterday, she offered me to buy the book by her money, so I ordered it to Amazon.com.

-----

次女は、「少女コミック」→「4コマまんが」→「ライトノベル」と順調にステップを踏んでおります。

She is stepping-up from "comics for girls", "four-frame cartoon" to "novels for young".

この後は、

After that, on my schedule,

「一般小説」に向かい、その後、視野が広がり、世界に興味を持つようになって「ドキュメンタリ」に進むはずです。

She is going to start "common novel", and her visions will expand for various fieds, and go to "documentary".

それらの本を通じて、この世界の根本的な色々な矛盾に気がつき「思想系(右や左のラディカル)」に至り、

Through the books, she is going to be able to notice several contradictions in the world, and go ahead to "thought(right or left wind, or radical thought).

その階級的矛盾が、思想的にも、政治的にも、地政学的にも、解決できないことに気がつくと、自己分析を始めて「精神世界(哲学や宗教)」に嵌り、

After that, she will know the difficulties to solve the contradiction by thoughts, policies and powers, and she will show enthusiasm for "sprits".

やがて、それら全部が面倒くさくなって、普通に「文豪」あたりに落ちつくはずです。

It's too much of a bother for her to think them, she is going to arrive at "writers of great literature".

うん、完璧な計画です。

Yes, it is a perfect plan.

-----

で、結局、上記の計画は一体何か、と問われれば、実は、

After all, when you ask me what is the above plan, in deed,

―― 私の読書歴の彷徨

"It is my prowl of reading history"

だったりする訳です。


2015-05-31 それに気がついたのか、同僚のTさんが『合いませんか?』とコッソリ尋ねてきました。 [長年日記]

先日の飲み会で、あるビルの受付のネーチャンの話になりました。

At a drinking party of the other day, the topic became a young lady at the reception desk of a certain building.

「で、そこの受付証を作って貰ったんだけど、これ『受付の若いキレイなネーチャンとの面会許可証』と呼ばれているんだ」

"So I could get an identification to enter the building, and the identification is called "meeting permittion to talk with the lady""

という話で、私も笑っていたのですが、気のきいたコメントができずに、能面のような笑顔のままでした。

Hearing the story, I kept smiling like a No-mask without good practical comment.

それに気がついたのか、同僚のTさんが『合いませんか?』とコッソリ尋ねてきました。

Mr.T, who was a co-worker asked me "Not good for you?", whether he noticed it or not.

―― 見抜かれたか

"He could see through my apparent smile."

と、思わず苦笑してしまいました。

I gave a wry smile despite myself.

-----

私、人と話をするときは、共感する部分を拡大して、笑っているだけではなくて、ちゃんとセリフで会話するようにしています。

When I talk with other, I try to share, expand and sympathize with the topic with the real words,

イメージとしては、『元ネタに対して、1.1倍の付加価値の話題を付けて話を戻す』という感じでしょうか。

For an image, it is a feeling "to attach a value-added topic of 1.1 times for former material, and to return a story?"

しかし、この「若いキレイなネーチャン」の話題では、私は、何を話して良いのか、良く分からなくなるのです。

However, according to the topic of this "young, beautiful lady", I don't know what topic should I talk?

(続く)

(To be continued)