0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2015-04-27 私は、放っておいてさえ貰えれば、勝手に自分で何かやりだします。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私は、放っておいてさえ貰えれば、勝手に自分で何かやりだします。

If you leave me alone, I am going to start anything what I want.

「小人閑居して不善をなす」

"An idle brain is the devil's shop"

「この諺は、本当に私の為にあるのか」と思ってしまうほどです。

I can predicate that this saying exists for me.

まあ、それはさておき。

That aside,

-----

私は「暇なら何かを始める」ことが、普通だと思っていたのですが、世の中にはそうでない人もいるようです。

I think that it is usual action that "if anyone have time, he/she begins something". But it seems not to be true indeed.

それどころか、イベントを他人に企画させて、楽(ラク)して楽しもうと考えている人もいるようです。

What is worse, there are some people who make someone think an enjoyable event and try to enjoy it easier.

私はこのような人が好きではありません。

I don't like them.

せめて、自分で「○○がしたい」という意志表明をするのであれば、許せるのですが、それすらもしない人は嫌いです。

At least, if they try to appeal their intentions, like "I want something", I can accept them. But I hate the person who don't try even action.

「何が食べたい?」→「なんでもいい」

"What do you eat?" "Any food is O.K."

「どこに行きたい?」→「どこでもいい」

"Where do you want to go" "Anywhere is O.K."

この解答からは、『お前は、私の嗜好や履歴を見てきたのだから、言わなくても分かっているだろう?』という、傲慢な姿を感じます。

This answer makes me feel his/her arrogance like "Why don't you understand my intention, though you have seen my favorite and background for a long time?"

-----

分かっています。

I know well that

そこには悪意なく、

it is not evil intention at all, and

『あなたの考えたことに、私は異議を申し立てずに、文句を言わずに従うよ』

it is also a kind of expressions of the good will, like "I don't object your propose and obey you perfectly"

という善意の意志表明だ、ということは。

しかし、それは、私に対しては「究極の失礼」なのです。

However the attitude is extremely rudeness for me.

意志表明を行わず、責任から逃避して、トラブルがあっても善意の被害者でいようとする姿は、私には、単なる逃避や怠惰としか映りません。

The figure, escaping from responsibility without performing a will, going to be in victims of the good will even if there is a trouble, seems to me only with the simple escape and laziness.

(続く)

(To be continued)