2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2014-10-01 このイベントが実施される兆しは全くありません。 [長年日記]

「江端さんをひたすら讃える為だけの飲み会」というイベントが、複数の後輩研究員から提唱されて、すでに半年が経過しました。

"The drinking party for Mr.Ebata's praiseful great efforts" had been set up by a number of junior research engineer before half year.

このイベントが実施される兆しは全くありません。

However, there are no signs of the event now.

別に気にしていませんが。

Of course, I don't care about it AT ALL.


2014-10-02 (2)北極ラーメンの底が開示されている状態(スープまで飲み切った状態)を写真に撮影すること。 [長年日記]

先日、私が設立した「北極ラーメンファンド」から、資金を取得する為の条件として、3枚の写真の提出を要求しました。

The other day, I wrote the specification to get money from my "Hokkyoku-Ramen fund" under the three conditions.

その内、

One of them, was to

(2)北極ラーメンの底が開示されている状態(スープまで飲み切った状態)を写真に撮影すること。

(2)Take a photo of "Hokkyoku-Ramen" after you complete eating.

Please see this photo.

昨日、体調が悪いのにも係わらず(先週は心身共に忙しすぎた)、この写真を取る為だけに、町田店に行ってきました。

I went to the Machida-shop to get this photo, though I felt sick (I was too busy for business and private issues at the last weekend).

そして、昨夜から今朝にかけて、私がトイレに滞在した時間は、薄い文庫本を完読できる程度になっています。

In addition, the total time I have been in restrooms became more than the period I could finish reading a whole pocket book.


2014-10-03 しかしながら、リベンジポルノは、いくつかの示唆を私達に与えています。 [長年日記]

リベンジポルノ(Revenge Porn)、復讐ポルノ(ふくしゅうポルノ)とは離婚した元配偶者や別れた元恋人の裸の写真・動画などをインターネット上に流出させる、嫌がらせ行為のことを言います。

"Revenge Porn" is an abuse, that ex-lovers or ex-spouse let their ex-partner's nude pictures or movies out in order for their revenge.

下衆の中でも極めつけの下衆な行為です。

Correctly speaking, persons who do that sort of thing are the lowest of the low.

そして、これほど犯人の特定が容易な犯罪も珍しい。

And this is also a rare special case to identify the offender easily.

それでも、これをやる馬鹿は、救い難い低能か、失うものが何もない者なのでしょう。

Still the fool who is trying it is a pathetic freebie or has nothing to lose.

しかしながら、リベンジポルノは、いくつかの示唆を私達に与えています。

However, "Revenge Porn" gives us some tips for us.

■低能を、恋人や配偶者にしてはならない。

- We should never select a freebie as lover or spouse.

■社会的に失うものがないような人物を、恋人や配偶者にしてはならない。

- We should never select a person who has nothing to lose in society, as lover or spouse.

「愛さえあれば」では、足りないことは、これだけでもハッキリしています。

It is clear for us that "love is all" is not all.

-----

先日、とある案件での打合せる必要があり、その議事録(と証拠)の為に、私の音楽用のポッドの録音機能を使うことにしました。

The other day, I had to attend a meeting and I decided to use my music pod for the conversation (& evidences) record.

しかし、そのポッドで録音するのは初めてだったので、先ずは、嫁さんを相手にテスト録音をしていました。

However, I had never used the pod as a recorder before, so I tried to test it with my wife's help.

昨日、たまたまポッドで音楽を聞いていたら、その音声ファイルが出てきたので、聞いていました。

Yesterday, when I heard music by the pod, I happened to find the music file, and hear that.

江端:「ハイ、ハニー」

Ebata:"Hi, my sweet"

嫁さん:「なあに、ダーリン」

Wife:"What? My darling?"

と演技がかった、夫婦の会話。

There was a melodramatic couple conversation like

うん。アホだ。

Yes. It is stupid.

アホな夫婦がいる。

They were stupid couple in this file.

即座にファイル消去の操作を始めたのですが、一瞬思い留まりました。

On the spot, I wanted to start to delete this file, but I stopped it suddenly.

I thought

―― もし嫁さんが、離婚を言いだしたら、これを使えるかも

"If my wife wants to divorce me, this file might be useful for me"

と考えて、

After that, I noticed and said to myself,

『それは、リベンジポルノと変わらんやろ! 』

"It is the same of "Revenge Porn" isn't it?"

と自分で、自分に突っ込んでしまいました。

-----

リベンジポルノには使わないけど、なんか消すのはもったいないので、まだポッドに残してあります。

Though I have no intention to use as a weapon of “Revenge Porn", I unconsciously still keep this file in my pod.

これを読んだ嫁さんが、即時の消去命令を出すと思いますが。

My wife will do order to delete this file immediately after reading this diary.


2014-10-04 多くの人から「寂しい奴」と言われるので、多分、私は「寂しい奴」なのでしょう。 [長年日記]

私は、「一人メシが大好き」なのですが、これを他人に理解して貰うのには、これまで随分苦労をしてきました。

Though I love "lunch alone", I know well that it is very difficult for many persons to understand the love.

多くの人から「寂しい奴」と言われるので、多分、私は「寂しい奴」なのでしょう。

Many people tell me that I am a lonely man, so maybe I think that I am a lonely man.

「友人がいない奴」に至っては、私自身が認める「客観的な事実」です。

Though they also say to me that I have no friends, this is a really fact I have already admitted.

だから、これらのフレーズは、私への悪口にはなりません。

So, unfortunately, these phrases doesn't make me attack at all.

-----

厳密に言うと、私が好きなのは「一人メシ」ではなく、「一人読書メシ」です。

Strictly speaking, I prefer "lunch alone with a book" to just "lunch alone".

そして、この「一人読書メシ」というのは、さらに評判が悪い。

However, this "lunch alone" is in disrepute more.

■食事を作ってくれる人に対して敬意がない。

- No honor for persons who cook lunches.

■食事のマナーとしていかがなものか

- Bad table-manners.

■本を汚す

- Books becomes stains.

等々。

なるほど。これらには一理あります。

Well, these criticisms sound logical.

ではこのアンチテーゼとして、「二人以上メシ」を批判してみましょう。

As an antithesis, I try to critic "lunch with your friends".

■人としゃべりながら食事をするのは、食事に対して敬意があるのか。マナーとして「良い」と言えるものなのか。

- "Lunch with talking to your friends" has an honor for persons who cook lunches, isn't it? Is it really good manner?

この理論を厳密に適用するのであれば、私を非難する全ての人は、友人達と一緒に食事をする時に、何もしゃべらず、黙々と、厳かに食する必要があると思うのです。

I think that all persons who attach me, should eat lunch with keeping silent without uttering a word, and with solemnity.

■他人としゃべりながら食することは、危険ではないのか。

- There is an enormous risk with talking with others.

しゃべっている時の体液(唾液)の初速度は早く、それ故、拡散範囲も広いです。

The initial speed of sputum is fast, and they expand relatively around wide area.

そのしゃべっている人が、潜伏期間中のウイスル性疾患(例えば、インフルエンザなど)に罹患していた場合、何が発生するかは明らかです。

If a person who are talking, catch a disease of viral illness during period of incubation, it is easy to know the next.

すべての体液(唾液)の受け皿となる、食事の容器が、テーブルを埋めつくさんばかりに広がっているのです。

There are a lot of dishes on a table, which are able to catch the sputum.

もはや、「二人以上メシ」が、病原菌拡散装置として機能していることは、論を待たないでしょう。

Nobody could not deny that ""lunch with your friends" is working as a viral expansion mechanism.

-----

とは言え、「一人メシ+読書」が、奇異な風習として差別されることは、仕方がないと思います。

I know well that "lunch alone with a book" is treated as an odd custom and discriminated by many persons.

でも、これをロジックで否定するのは、かなり難しいのですよ。

However it is very difficult to deny this custom logically.

明日も続けます。

To be continued.


2014-10-05 江端:「私が、食事の時に常に同じ書物を読んでいる、とでも思っているのか?」 [長年日記]

昨日の続きです。

後輩:「つまりですね、食事において、『おしゃべり』とはスパイスなのです よ」

Younger: “After all, chatting in lunch is a kind of spice."

江端:「スパイス?」

Ebata: “Spice?"

後輩:「そうです。それは、食事を美味しく、楽しくするものです」

Younger: “Yes. It makes a meal fun and delicious"

江端:「ほう、『美味しく、楽しく』、とな」

Ebata: “Well, fun and delicious"

それを聞いた時に、

When I heard his phases, I was convinced,

―― 勝った

"I won"

と思いました。

-----

江端:「私が、食事の時に常に同じ書物を読んでいる、とでも思っているのか?」

Ebata: “Do you think that I always read a same book during each lunch time?"

後輩:「え?」

Younger: “What? Pardon?"

江端:「私が、食事の内容、場所、時間で、書物を変更していることは知っているか」

Ebata: “Don’t you know that I change a book for each meal's contents, place, and time?"

後輩:「そうなんですか」

Younger: “Are you kidding?"

江端:「中華、カレー、寿司、牛丼、はては、ケーキ屋でカフェを楽しむ場合まで、その書物の種類は異なってくるのだ」

Ebata:” I change kinds of book according to China, Curry, Sushi, Beef bowl, and cake shop.

後輩:「そうなんですか」

Younger: “Really?"

江端:「だから私は、常にリュックとサイドバックの両方に、合計3冊以上の本を携帯している」

Ebata: “So I always have more than three books in both my rucksack and side back"

後輩:「例えば、どういう組合せになるのですか」

Younger: “Show us the combination, for example"

江端:「そうだな。カレーなどではアクション物の小説、牛丼では時事問題が多い。酒を嗜みながらの一人メシの場合は、次のコラムのネタの為の、結構重い社会問題を扱うものを読む」

Ebata: “Let me see. Curry and novel of action, Beef bowl and current topics. In the case of a lunch alone with drinking, I read a quite heavy social problem for the next column."

後輩:「ケーキ屋では?」

Younger: “How about cake shop?"

江端:「うむ、西尾維新先生の『物語シリーズ』が良いマッチングだ」

Ebata: “Well, it is good for me to read Monogatari-serise by Nishio-Ishin sensei"

後輩:「そこまで考えて、一人メシをされていたのですか」

Younger:” I don't know what you thought deeply"

江端:「外食に合わせて、わざわざ本を購入することもある」

Ebata: “Sometimes I buy new book for a kind of lunch."

後輩:「・・・」

Younger:"...."

江端:「食事を『美味しく楽しく』する為の本をチョイスする為には、それなりの事前検討や準備が必要なのだよ。」

Ebata: “In order to makes a meal fun and delicious, I have to prepare for research and direction of books."

-----

『あまり、私の「一人メシ」を舐めて貰っては困るな』

"Don't make light of my "lunch alone with book""

と、私はキメ顔で言いました。

I said in a smug face.


2014-10-06 ―― ママ友は、暗号を使ってメール通信を行っている [長年日記]

以前、ある人のブログで、いわゆる「ママ友」どうしのメールを読んだことがあります。

The other day, I read, so called a mail of "mother of my child friend" in a person’s blog.

全然わからん。

I don't understand what she wants to say.

■一つのフレーズが非常に長い

- One phase is too long.

■そのフレーズ間の接続詞、「でもね」「だからね」が、そのフレーズの関連の役割を果たしていない。

- There are a lot of conjunctions in her mail, but the conjunction doesn't work well, for example "However" and "therefore"

■フレーズの語尾に、やたら「ごめんね」が多い。

- The words "Sorry" comes at the end of the sentence.

総じて、「メールの趣旨が読みとれない」。

Generally speaking, I cannot understand the contents of the mail.

------

ところが、嫁さんは、そのメールを読むと、その趣旨を一読で理解して、的確にその要旨を解説してくれました。

However, as soon as my wife read the mail, she could understand the content and teach me it.

私、そのとき、わかったのです。

At that time, I could find a fact.

―― ママ友は、暗号を使ってメール通信を行っている

""Mother of my child friend" uses cryptographs in her mail."

のだと。

そのメールは、その環境を理解できるものだけがもつ公開鍵で、その内容を理解することができるのだ、と。

The mail is going to be decoded and understood by an open key, that the special persons could understand the background each other.

-----

我々(特に理系頭脳の、さらには男性)は、このようなメールを、「意味がわからない」「論理破綻している」などと言ってきました。

We, in especially, men in the science and engineering majors, keep saying that these mails are "incomprehensible" or "unintelligible".

とんでもない誤解でした。

This is a ridiculous misunderstanding.

なんのことはない。

Nothing special.

私たちに、暗号解読のデコーダーがなかっただけだったのことだったのです。

We don't have a decode key to resolve the cryptograph mail.

批判されるべきは、ママ友が有する高度な情報解析能力機能を有しない、

―― 私たち理系男だったのです。

Who should be criticized are men in the science and engineering majors, who do not have the ability for high information analysis function of the mothers.


2014-10-07 ―― 「ごはんですよ」で、コップに入れた御飯を食べていました。 [長年日記]

世の中の男どもが想像する、ティーンエイジャの女の子が、夜にお腹が減って、つまみ食いする食べ物のイメージって、こんな感じじゃないかと思うんですよ。

I think that a lot of man see in imagination that foods that a teenager's girl likes are followings.

アイス、プリン、パンケーキ、フルーツゼリー、ミニドーナッツ

Ice cream, pudding, pancake, fruit jelly and mini doughnut.

基本的にカタカタのスイーツ。

Basically there are "katakana" sweets.

でも、多分それは、勝手な思い込みです。

However, the imagination might be an arbitrary illusion.

-----

午前1時30分、コップをキッチンに戻そうとして、リビングに降りた時、

At one thirty A.M. when I went down to living room to return a glass

我が家の、女子高生は、

A girl student of high school in my house,

―― 「ごはんですよ」で、コップに入れた御飯を食べていました。

had a rice in a glass with fish boiled in soy sauce

『絶対に、少女漫画で描かれることのないシーンだろうなぁ』と思いながら、娘を眺めていました。

I was looking at my daughter, thinking that absolutely the scene is going not to be described in a girls' comic.

何故コップに御飯を入れているのか、そして、それでお代りまでしているのか、さっぱり分かりませんでしたが、

I didn't know why she ate rice from a glass and tried refill.

深夜にカタカナのスイーツを食べる小娘なんぞより、私は、こっちの小娘の方が好きだ。

Anyway I prefer this girl to a girl who eats "Katakana" sweets in midnight.


2014-10-08 ―― コリのツボを1ミリの精度で見つけだす探索能力 [長年日記]

私は、疲れてくると、ヒドい全身のコリが起こります。

When I feel fatigue, I become stiff in my whole body.

これに対して、長年、嫁さんがかなり強烈なマッサージ(肘に全体重を乗せて、背中のツボをつく、など)をしてくれて、かなり助けてくれていました。

In the case, my wife has helped me by intensive massage (For example, she has used her ancon but her finger)

その一方で、長女にも、この技術を伝授してきたのですが、ここに至って彼女の才能が発揮されるに至りました。

On the other hand, I also have coached my senior daughter about the massage technique for a long time, and at this moment, her talent becomes in full blossom.

―― コリのツボを1ミリの精度で見つけだす探索能力

―― そのツボに対して、的確な角度から、全身の力で貫く腕力

"Search ability to find out a key point of the stiffness with precision of 1 millimeter"

"Physical force to precise point and angle of my body."

プロの技というよりは、むしろ、高度情報制御エンジニアによる緻密な制御技術、という感じがします。

It is not only a professional technique but precise control technology by high informational engineering.

私のツボへの的確な攻撃に対する痛みで、私は終始悲鳴を上げております。

Because of the pain to attack my stiffness point correctly, I always I scream from beginning to end.

-----

江端:「これだけの技があれば、これで飯食っていけるぞ」

Ebata:"These skills are going to make you keep alive."

長女:「それは、だめだと思う」

Daughter:"I am afraid not"

江端:「なんで」

Ebata:"Why?"

長女:「高校で友人に試したところ、『痛いからやめて』と懇願された」

Daughter: "When I tried my skills to my friends in school, they asked me not does it, because of terrible pains."

-----

長女という装置の「カスタマイズ」が行きすぎたようです。

"The customization" of my daughter as a device, seemed to be excessive.


2014-10-09 「北極ラーメンに完食意義における一考察」 第9課 工藤裕樹 [長年日記]

The other day, I wrote that I have established "Hokkyoku-Ramen Fund"

昨日、 4名の者 がファンドの申請条件を達成したようです。

Yesterday, four persons in my office could achieve the application condition of the fund.

今朝、以下のレポートが提出されましたので、公開します。

This mooring, the following report were submitted, so I am going to open it under their agreement.

-----

「北極ラーメンに完食意義における一考察」 第9課 工藤裕樹

A study of a significant in the eating up of "Hokkyoku-Ramen" The 9th Dept. Yuuki Kudo.

1.研究背景

1. Background

近年,江端主任研究員提唱の「蒙古タンメン中本」「北極ラーメン」完食による人間的成長と困難との対峙力向上についての啓蒙が進んでいる。

Recently According to proposal of Mr.Ebata, senior research engineer, he is going to make an advance of enlightenment in order for human growing-up and overcome any obstacles by eating up "Mouko-Tanmen Nakamoto" and "Hokkyoku-Ramen"

新生第9課の団結と江端理論の適正さを検証すべく「北極ラーメン完食」に挑戦した。

Thanks to his enlightenment, we the 9th department members challenged "Hokkyoku-Ramen eating up" in order to inspect solidarity of new the 9th dept. and the justness of the Ebata's theory.

2.実験方法

2. Method of the experiment

実験日時は10月8日(水)19時50分から20時30分であり,蒙古タンメン中本の品川店で実施した。

This experiment started from 19:50 to 20:30 on October 8th at "Mouko-Tanmen Nakamoto" in Shinagawa area.

計11名で参画し,4名が「半北極ラーメンと半蒙古丼セット」,残り7名が「北極ラーメン」を注文した。

Eleven people took part in the event, seven ordered "half Hokkyoku-Ramen and half MukoDon" and others ordered "Hokkyoku-Ramen"

3.実験結果

3. Result of the experiment

「半北極ラーメンと半蒙古丼セット」3名完食し,「北極ラーメン」1名完食の結果を得た。他はスープを残す結果となった。

Three peoples accomplished "half Hokkyoku-Ramen and half MukoDon" and only one people achieved "Hokkyoku-Ramen". Others failed because they could not drink whole soup.

前者は,加登氏が圧倒的な早さで完食し,次いで,基山氏,最後に皆の制止を振り切り他の参加者が退出後も店内で食し続けた高梁氏が完食した。

About the former, Mr.Kato finished it incredible speed. After that Mr.Kiyama also finished it. Finally Mr.Takahashi ate-up without his friend's warning.

後者は,皆があきらめる中,粛々と食しスープを飲み続けた,課長の素笛氏が完食し,皆からの大絶賛を受けた。

About the latter, chief Mr.Sobue completely finished eating up "Hokkyoku-Ramen" at the bottom of bowl though others gave up eating, and he won the highest praise.

4.結果考察

4. Consideration

皆が一様に同じ目的に挑戦することで第9課の団結を図る点で非常に重要な成果を得た。

At a point planning solidarity of the 9th department, I got very important result by challenging the uniformly same purpose.

特に素笛課長が完食,まさにコミットメントしたことでその意味はさらに重要になったと考える。

Especially, thanks to Mr.Sobue's eating-up that was equal to be a great commitment, the significant of this trial came to be more important.

一方で,江端氏が誇ってきた北極ラーメンの完食,と言う事象を安易に達成した,加登氏,基山氏,高梁氏の3名は,面子を考慮しないと言う点で,江端氏への敬意が極端に少ないものと考えられる。

On the other hand, three guys, Mr.Kato, Mr.Kiyama and Mr.Tahakashi seemed to have less respects for Mr.Ebata. Because Mr.Ebata lost face by their success.

5.結果に基づく新規提案

5. New proposal

北極ラーメン完食者した江端氏と素笛氏は,共に精神的苦痛が多い状況であることを考えると,本件はある種のリトマス試験紙として活用できる。

I think that both Mr.Ebata and Mr.Sobue who have already completed "Hokkyoku-Ramen" have always had a lot of trouble around them, so this trial might be treated as a kind of litmus paper.

今後,メンタルヘルスチェックに「北極ラーメンを完食したことがある」と言う新規項目を設け,このチェックがある場合は,即時カウンセリング受講するような制度を設けることを提案する。

I want to propose that new checkbox that is described as "I have finished eating-up Hokkyoku-Ramen", should be added in metal health tests, and if the checkbox is filled in, the person being tested should be mental-counseling as soon as possible.

6.結論

6. Conclusion

(1)北極ラーメンの完食に挑み,課長素笛氏をはじめ計4名の完食結果を得た。

(1)I confirmed that four people had ate-up "Hokkyoku-Ramen" perfectly, including the chief Mr.Sobue.

(2)課長素笛氏を頂点としたユニットの団結と,若手3名の江端氏への敬意の低さ,スープを残した報告者工藤裕樹の江端氏への敬意の高さが明らかとなった。

(2)I also confirmed that the department solidification, whose leader is Mr.Sobue, and three younger guy have no respect for Mr.Ebata instead of Mr.Yuuki Kudo as this reporter.

(続く)

To be continued.


2014-10-10  「中本北極ラーメンファンド(通称:江端ファンド)」 [長年日記]

「北極ラーメンファンド」トライアルチームのメンバより、コメントが届いて おります。

The members of trial teams "Hokkyoku-Ramen fund" sent me some comments by E-mail.

これから暫くの間、毎日ご紹介します。

I would like to open their comment every day.

======================= ここから ======================

======================= From here ======================

基山です。

I am Kiyama.

江端さんのアイデンティティを0.01%くらい削った基山です。

I might have scrapped Mr. Ebata's identification about 0.01% only.

早速ですが、下記の通り

By the way, I would like to apply to you for

「中本北極ラーメンファンド(通称:江端ファンド)」

"Hokkyoku-Ramen Fund ( Ebata's fund, so called)"

への申請を致します。

--------------------------------------------

■申請内容

- Content of application

「半北極ラーメンと半蒙古丼セット」完食

"Eating-up of half Hokkyoku-Ramen and half MoukoDon bowl"

■証拠写真

- Evidence of photo

下記フォルダをご参照下さい。

See the following folder

■完食に対する所感

- Consideration of this trial

納得の「クセになるおいしさ」でした

Delicious as "habit forming"

でも「2度目はない」と思います

No hope to the next

今もお腹が変な感じです

Feeling stomach ache

やっぱり課長はすごい

Our boss is great

======================= ここまで ======================

======================= To here ======================

どんなイベントであれ、翌日には、簡潔かつ的確に、きちんと証拠を揃えて、報告を行う

Even what types of event, submit the report with evidence properly, briefly and precisely on the next day.

それが研究員です。

We are research engineers.


2014-10-11 今朝は腹痛で目覚めました。 [長年日記]

都三田です。

This is Tomita.

今朝は腹痛で目覚めました。

This morning I got up because of stomach ache.

みなさん昨日は、おつかれさまでした。

Thank you for your trial yesterday.

私はスープを半分ほど残しましたが、

However I left half soup approximately.

今思えば、あれが一次会であれば、もうちょっと行けたかも。

If it had been the main party, I could have tried it more.

ライスがあって雑炊にしたらさぞや美味かっただろうと、思っています。

I think that I could take out the soup, I cooked it and made a delicious porringer.

さて、工藤くんの新提案、

By the way, according to Mr.Kudo's proposal as a follow,

==============

今後,メンタルヘルスチェックに「北極ラーメンを完食したことがある」と言う新規項目を設け,このチェックがある場合は,即時カウンセリング受講するような制度を設けることを提案する。

==============

==============

I want to propose that new checkbox that is described as "I have finished eating-up Hokkyoku-Ramen", should be added in metal health tests, and if the checkbox is filled in, the person being tested should be mental-counseling as soon as possible.

==============

I think that there is one hypothesis that

日ごろ強度の精神的ストレスを感じている個体は、

The individual which usually feels an extreme mental stress,

北極ラーメンのような肉体的ストレスによって、精神的ストレスを相対的に緩和させようとしている。

are going to let a mental stress relatively relieve by physical stress such as "Hokkyoku-Ramen"

という仮説から、考察を支持します。

So I support his consideration.

例:蚊に刺されてかゆい。しかし掻き毟ると皮膚を傷める。患部を叩くことによる痛みで緩和する。

If you feel itchy by a mosquito, you should knock on the affected part to feel pain. Because you damage skin when you tear it.


2014-10-12 「北極ラーメンの攻撃にあう以前に、既に課長業務で胃がやられていた」 [長年日記]

素笛です。

This is Sobue.

面白い。素晴らしレポートです。

Interesting. It is a wonderful report.

=====

北極ラーメン完食者した江端氏と素笛氏は,共に精神的苦痛が多い状況であることを考えると,本件はある種のリトマス試験紙として活用できる。

=====

=====

I think that both Mr.Ebata and Mr.Sobue who have already completed "Hokkyoku-Ramen" have always had a lot of trouble around them, so this trial might be treated as a kind of litmus paper.

=====

私が完食できたのは、

Why I could complete the mission was that

「北極ラーメンの攻撃にあう以前に、既に課長業務で胃がやられていた」

I have already destroyed my stomach because of stressful the chief management tasks before the "Hokkyoku-Ramen" attack.

ことにつきるでしょう。

======

今後,メンタルヘルスチェックに「北極ラーメンを完食したことがある」と言う新規項目を設け,このチェックがある場合は,即時カウンセリング受講するような制度を設けることを提案する。

======

======

I want to propose that new checkbox that is described as "I have finished eating-up Hokkyoku-Ramen", should be added in metal health tests, and if the checkbox is filled in, the person being tested should be mental-counseling as soon as possible.

======

加えて、

In addition, I would like to propose the following new check item.

「どうしても北極ラーメンを食べたくなる時がある」

"I sometimes want to eat Hokkyoku-Ramen by all means"

の項目追加も提案します。


2014-10-13 高梁は食べた瞬間思った。『ついにやったぞ!』と。 [長年日記]

第9課前課長 房尾根氏のコメント

The following is a comment of the pre-chief of the 9th department, Mr.Osafune.

「翌朝、トイレの中で昨晩のラーメンの辛さを思い起こし、完食を果たした現課長の尻がただれるのではないかと案じていました」

"This morning, I was worried that the present chief's back passage became to go wrong, because of the spice of the Ramen yesterday."

-----

The following is a report from Mr.Takahashi, a rookery in the department.

辛さ1倍で手が震えていた高梁です。

I am Takahashi. I tremble with just a normal spicy level.

遅ればせながら報告させて頂きます。

I am sorry but I would like to send the following report.

高梁は食べた瞬間思った、『ついにやったぞ!』と。

Takahashi exclaimed in his mind. "I could do it!!"

しかし、辛い山登りを終え、降りることを忘れている素人登山者のそれと一緒であった。切り立った山肌を苦労して登り終えた後には必ず同じ道を帰る必要があるのだ。

However he should have thought it deeply that he was a same person who has finished reaching a summit of mountain as a beginner. He had forgotten going down from the summit.

帰宅後直ぐ、翌日を待たずして襲いかかる腹痛。

As soon as he got in a train, a stomach ache became bigger and bigger before the next morning.

それが、海のものとも山のものとも分からず大きなうねりを伴って高梁を襲った。

The ache attacked Takahashi like as unknown big waves.

たかだか30分の電車という密室空間で高梁は思った。

Takahashi thought the following just in 30 min. in the train.

『富士山と一緒だ、あれも登っているうちはいいんだ。登り切った直後もいいんだ。未だ見ぬ世界に足を踏み入れる興奮が俺をかきたてて前に進めたんだ。けれど、今のこの状況は山を降りる時の何の目標もワクワクも無い状況と一緒じゃないか!何で俺はこんなことしてしまったのだろう』と。

"This is like a beginners for the Mt.Fuji. There is no problem when I am aiming at the summit and being at the top of the summit. I can feel excited for unacquainted world. However in this situation, there is no hope during going down a mountain. Why I did such a stupid matter?"

別に賞賛が欲しい訳ではないが、一つ山を登り切ったという事実を記録に残すことでちっぽけな自尊心を満たすべく、高梁はFacebookに写真を投稿した。

Though I don't want a praise of this battle, I left a message to my Facebook in order to satisfy small pride

数件のイイネ!

Some "Good"s and the comment "Let's try three times spicy Ramen for next challenge"

と共に、『次は辛さ3倍に挑戦だね!』というコメントが寄せられていた。


2014-10-14 『その通り。絶対的にお前が悪い』 [長年日記]

私が10代の頃、「ああ、分かってくれとは言わないが、そんなに俺が悪いのか?」という歌詞の歌がありました(「ギザギザハートの子守唄」 チェッカーズ)。

When I was a teenager, there was a song with the phase of "though I don't want to understand my behavior, am I so wrong?”

若者の間で大変な人気の曲となったのですが、私は、一片のかけらも共感できませんでした。

This song had become very popular in Japanese teenagers, but I couldn't empathize with this song at all.

私としては、むしろ、「ああ、分って『やれない』とは思うが、そんなに俺は悪いか?」という気持ちでしたよ。

For me, I preferred to think that "though I don't want to understand your behavior, am I so wrong?"

私は彼らに一回だって、喧嘩をふっかけたことがないのに、なんでお前らは私にこんなに迷惑をかけるんだ、と。窓ガラスの割れた、喧騒の教室で過さなければならないほど、お前たちに私は何かしたか、と。

Though I didn't remember that I had attached you at all, why did you bother me so hard? Why I have to be in a class room with broken windows? Why I have to attend a loudly class?

なんで、彼らは、来たくもない学校にわざわざやってくるのか理解できませんでした。(保護者には教育を受けされる義務はあっても)彼らには、学校へ通学する義務はありません。

I could understand why they came to a school you didn't want to go. They have no duty to attend a class (except for their parents).

そりゃね、もし「日本の教育体制を壊すのだ」というような意志があれば、私だって理解できると思う(多分、そういう理由なら支援に回ることもできただろう)

Even if they want to destroy the present education system of Japan, I might have understood their actions. (I could have helped them)

ともあれ、私達が中学生の頃、「校内暴力」というのは深刻な社会問題でした。

When I was a junior high school student, there was school violence as a society problem.

-----

しかし、私は中学生の頃であっても、人間関係なんぞ信じていませんでした

When I was an even junior high school student, I didn't believe the human relationship among persons at all.

「黙っていても理解しあえる」なんて、絶対に幻想だと思っていましたよ。

I thought "Mutual-understanding without communication" was just an illusion absolutely.

あの時でさえ、第三者と理解したいのであれば、書いたり、読んだり、話したり、議論したり、他のあらゆる方法を尽して、努力せにゃならんだろうと思っていました。

In order to understand the thought of the third person, I thought that I have to make great efforts by writing, reading, speaking, discussing, and any other methods at that time.

で、当然そんなことは面倒なので、「相互理解というのは、基本的にはできないのが普通である」という観念に到達していたのです(ひねたガキですが)。

Of course, trying the above actions were so painful for me, so I could reach the concept "it is natural NOT to understand something with each other".(I was a cynical boy wasn't I?).

ですから、「ああ、分かってくれとは言わないが、そんなに俺が悪いのか?」と歌う歌手に対して、その歌を聞く度に、

So, to the singer who said "though I don't want to understand my behavior, am I so wrong ?", and I want to say,

『その通り。絶対的にお前が悪い』

"Yes. You are wrong absolutely."

と思っていました。

-----

もっとも、書いたり、読んだり、話したり、議論したり、他のあらゆる方法を尽しても、なお、私達は上手くやっていくことができないのです。

Of course, even if we do writing, reading, speaking, discussing, and any other methods, something is not going well in many cases.

そんなことは、大人の世界では常識です。

The above is a common sense for adults.

大人どうしでも難しいものなのですから、ティーンエイジャと大人が相互に理解することなんか、絶望的に不可能といっても良いでしょう。

It is very difficult to understand among adults. More other, obviously, it is impossible to understand between teenagers and adults.

結論として、私達は「相互不信」から人間関係を出発させなければならないのです。

In conclusion, I am afraid that we should start to make a relationship form the bottom of mutual mistrust.

-----

なんで、今日、私はこんな内容を書いているかと言いますと、

Why I wrote the above contents today,

こういうパラダイムシフトは、人間関係で悩むティーンエイジャの気持ちを、軽くできるのではないかなぁ、と思ったからです。

I think that this paradigm shift makes you easier for teenagers who are worried about human relationships.


2014-10-15 で、この「情けない父親」は、どうするか、というと、コンピュータで解答を導き出してしまうのです。 [長年日記]

The other day, I wrote my diary of the title "I can never resolve an arithmetical question that she cannot resolve."

そして、その中で「今の私は、塾の解答の解説を読んで、その内容の解釈を娘に伝えるだけの、「糸電話」のような役割にまで堕ちています」と書きましたが、

In addition, I also wrote "I am afraid that I am just a string telephone. I read the suggested answer the prep school provides, and I tell her my interruption only. "

今や、私は「糸電話」の役割すらできなくなってきました。

Now I don't work even as "string telephone"

―― 解説を読んでも分からん

"I can't understand how to resolve a question, even if reading the suggested answer"

つくづく思うのですが、過去問題の解説の記載って、本当に不親切ですよね。

I have the acute feeling, but the descriptions of collection of the past questions are not easy.

あんな、いいかげんな解説で、「この私」が理解できると思っているのか。

Who thinks that I can understand such a difficult question by the ambiguous description?

特に「組合せ問題」は最悪です。パターンの法則性を見い出せないと、手も足も出ません。

In particular, "combination question" is the worst for me. I can do anything if I could not find the pattern rules.

で、この「情けない父親」は、どうするか、というと、コンピュータで解答を導き出してしまうのです。

So, what this poor father does next is trying to use computer with programming.

#include 
#include 
 
int main ()
{
  int a,b,c,count=0;
 
  for (a=1; a<8; a++){
 
	for(b=1; b<8; b++){
 
	  for(c=1; c<8; c++){
 
		if ((a != b) && (a != c)&& (b != c)){
 
		  if (9.0 * 8.0 / (double)a + (double)b -(double)c > 75.0)
			printf("P1: %d,%d,%d\n",a,b,c);
 
		  if (9.0 * 8.0 / (double)a - (double)b + (double)c > 75.0)
			printf("P2: %d,%d,%d\n",a,b,c);
 
		  if (9.0 * 8.0 + (double)a - (double)b / (double)c > 75.0)
			printf("P3: %d,%d,%d\n",a,b,c);
 
		  if (9.0 * 8.0 + (double)a / (double)b - (double)c > 75.0)
			printf("P4: %d,%d,%d\n",a,b,c);
 
		  if (9.0 * 8.0 - (double)a + (double)b / (double)c > 75.0)
			printf("P5: %d,%d,%d\n",a,b,c);
 
		  if (9.0 * 8.0 - (double)a / (double)b + (double)c > 75.0)
			printf("P6: %d,%d,%d\n",a,b,c);
		}
	  }
	}
  }
}

(この問題が、平成何年度の何処の学校の問題か分かった人は御一報下さい(何も差し上げませんが))。

(Please contact me if you know that when and what school set questions( I am sorry but I don't give you anything) )

コンピュータによる総当たり戦をすれば、当然ですが、一瞬で全ての解答を導き出すことができます。

It is natural that all answers are going to be derived from the computer's round robin competition.

この「情けない父親」は、コンピュータが弾き出した解から、逆に解法を導くという、本末転倒な方法で娘に指導しているという、落ちぶれ様です。

This "poor father" leads the solving method from the computer's answers, and gives his daughter the method after that. How helpless he is.

-----

ここに、

Herein,

「問題が解けるなら、どんな手段だっていいじゃん」

"Any method is good if we could resolve a question"

という、現場問題解決指向のエンジニアのスタンスが垣間見られると思います。

You can see the engineer's stance of "spot solution's problem-oriented"

求解方法に命を賭ける数学者なら、間違いなく激怒する所行でしょうが。

If you are a mathematician who engages in solution methods, you will get mad with me.


2014-10-16 後輩:「江端さん。どうして連載を本にしないんですか」 [長年日記]

私の後輩は、空気を読まない失礼な奴が多いのですが、その極めつけがこれです。

I have a lot of younger co-workers who are rude and KY. This following is an extreme attitude.

後輩:「江端さん。どうして連載を本にしないんですか」

Younger:"Ebata-san. Why do you try to publish your serialization?"

江端:「出版社からオファが来ないからだよ! 文句あるか!?」

Ebata:"No offer from any publishing company! Any objection!?"

Web編集部の担当者の方は、『どうぞ、どうぞ』と言ってくれているし、私も、両親に本として手渡したいんだけど、

Editors in charge give a welcome to publish them, and I want to give the books right in my parent's hands.

―― オファが来なければしょうがない

"However, what can I do without any offers?”

-----

「電力メイド」のアニメ化でもいいんですけどね。

How about is "power maid" animation?

エンドロールに、私の名前を乗っけて貰えるだけで、私は許諾しますよ。

I am going to permit to use the concept if you put my name in the end roll.


2014-10-17 後輩:「江端さんにネームバリューがなく、江端さんのコラムには、世間に対する影響力が全然ないからですよ」 [長年日記]

私の後輩は、空気を読まない失礼な奴が多いのですが、その極めつけがこれです(その2)。

I have a lot of younger co-workers who are rude and KY(Part.2).

This following is another extreme attitude.

江端:「どうして、電力会社や、少子化対策担当大臣や、文部科学省は、私にクレームをしてこないのだろう。あれだけ徹底的に無策を批判しているのに」

Ebata:"Why did the power company, Minister of State for Measures for Declining Birthrate, and Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology complain to my columns? I have criticized their neglects so much."

後輩:「はっはっは。そんなの決っているじゃないですか」

Younger:"Hahaha. That's the way it goes. "

江端:「なんで?」

Ebata:"My I ask you the answer?"

後輩:「江端さんにネームバリューがなく、江端さんのコラムには、世間に対する影響力が全然ないからですよ」

Younger:"Ebata-san, you don't have name values at all, and your columns have no influential power against the world"

-----

まあ、つまり、そういうことなのだろうと思います。

In short, I can agree with his opinion certainly.

でも、

However,

―― そういうこと、本人の前で言うか?

"How do you think that you disrespect your senior to my face with such a comment?"

とも思うぞ、私は。

I think that too.


2014-10-18 というように、私は、私の娘たちから評価される程度には、イケていたのです。 [長年日記]

今の私の外観からは、想像もできないとは思いますが、若い頃の私は、今の私と比較すれば、結構、イケていたんです。

Though it might be difficult to make an image from my present figure, I was better-looking than I am now.

(まあ、大抵の人は、若い頃の外観が人生で一番、イケているものですが)

(Well, most people are the best-looking of their life, when they are young)

以前の日記にも書きましたが、

Previously, I wrote the following phrase in my diary,

"This, in this photo was my daddy isn't this? You are a liar!"

というように、私は、私の娘たちから評価される程度には、イケていたのです。

I think that I could had been good-looking as the degree to which something my daughter evaluate.

-----

ティーンの頃には、演劇にも関わっていたので、「女性の役」などにも抵抗はありませんでした。

When I was a teenager, I didn't care for a female role, because I had belonged to a theatrical club.

会社に入った後、「新人による水着女装ショー」などでも、結構な評価を頂いた記憶があります。

When I was a fresh person in my company, I was evaluated "show of women's swim" by coworkers.

新婚旅行の時に、世界的に有名な『ゲイで有名な街』を一人で歩いて、声をかけられるかどうかで、嫁さんと賭けをしたこともあります。

On my honeymoon, I bet my wife if some gay picked me up during walking alone around a world-wide famous area of gay's culture.

総じて、私は、

In general, I took it for granted that

―― 女装をしても、世間に受け入れられる程度の外観を有している

"I have had a figure as the degree to which something people can accept, even if it is a female roll"

と思い込んでいたのです。

ほんの先日まで。

a few days ago.

(続く)

(To be continued)


2014-10-19 その写真を見た時、私は愕然としました。 [長年日記]

(昨日の続きです)

先日、長女の誕生日祝いで、バイキングレストランで会食をしていた時、娘の持っているイヤリングに気がつきました。

The other days, I noticed her earring of my daughter, when we dine out for her birthday ceremony.

ねじ等で耳たぶを挟んで固定するタイプの、大きなサクランボ2つを模したイヤリングだったのですが、非常に重量は軽くて驚きました。

The earrings were type to fix across the earlobe with screws with fake cherries. I was very surprised that they were too light.

これを娘から貸して貰って、装着し、それを娘のスマホで撮影して貰いました。

I asked my daughter to lend me the earrings, and to shoot me by her smart phone.

その写真を見た時、私は愕然としました。

When I saw the picture, I was really shocked.

『似合わない』『気色が悪い』 ―― というのであれば、私は笑って流せたと思うのです。

I thought that I didn't care if I was not suitable or was looking bad. I could laugh my fears away.

そういう言動で傷つく時代は、すでに2周前に終っていましたので。

The time had already gone to hurt me against such phrases more than before twenty years.

私がショックを受けたのは、

What I was really shocked was that

―― サクランボが、完全に見えなくなっていた

"I could not find the big two cherries in the picture at all"

ということです。

それは、私の「おっさん力」が、サクランボの「可愛いらしさ」を、圧倒的に凌駕してしまい、

That means, that my power of "old man" has surpassed the power of "pretty cherries" overwhelmingly, and,

私が、そのイヤリングの存在に気がつくことができない程に、強力で圧倒的な「おっさん力」が全面に現われてしまった、ということです。

I have already brought up the power of "old man" without notices, as the degree to which something I could not find existence of the earring.

-----

『不可逆』

"Noninvertible"

偽りの装い(装飾品、化粧など)で、戻ることのできる領域を完全に超えてしまった、この「おっさん」の悲しさを、

A sorry of this old man, who have completely exceeded the domain that he could return by the fake accouterment (ornaments, makeup)

―― いずれ、誰もが知ることになる。

"Every one of them is going to know that."


2014-10-20 それは、本当に、「おっさん」にピンク色のセーラ服を着せただけ、という、100%完全無欠の「おっさん」だったのです。 [長年日記]

昨日の「おっさん力」で思い出したのですが、先日、私、通勤電車の中で、凄い「おっさん」を見ました。

Yesterday, I wrote about "power of old man", and I remembered I had seen an awful old man in the commuter train.

「ピンク色のセーラ服」を着たおっさんです。

It was an old man who wore a pink sailor-suit for school girls.

-----

He

■スカートからから出ている足からは、すね毛がボウボウに生えていて、

had a foot with shin hair growing shaggily from his skirt,

■頭髪、限りなく短く薄く、

had his thin and brief hair limitlessly.

■メイクの痕跡、絶無、

had no trace of making-up

■私より年上(60歳くらいか?) の風体

looked like older than I (more than sixty years old?)

だったからです。

それは、本当に、「おっさん」にピンク色のセーラ服を着せただけ、という100%完全無欠の「おっさん」だったのです。

He was a 100% perfect "old man" who just had on a pink sailor-suit for school girls.

いや、このようなレトリックを使うべきではないでしょう。

I should not use such a rhetoric.

正直言って「怖かった」です。

To tell you the truth, I feared him.

(続く)

(To be continued)


2014-10-21 しかし、その「おっさん」には、女性としての外観を大切にするという姿勢が、髪の毛ほどにも感じられなかったのです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

そのおっさんを見た瞬間、私は「MTF(Male to Female)の人ではない」と断定しました。

As soon as I saw him, I judged that he was not a person of MTF (Male to Female).

MTFの人のジェンダは女性です。

First of all, the gender of MTF is a female.

内面だけ、女性として生きておられる方もいますが、その一方で、社会生活でも女性として生きている方もいます。

Though some persons of MTF live as a woman just inside, on the other hand, others live as a woman not only inside but also outside.

そのような方は、内面だけでなく、女性としての外観も大切にされています。

I think that they are likely to cherish their appearance with their mind.

しかし、その「おっさん」には、女性としての外観を大切にするという姿勢が、髪の毛ほどにも感じられなかったのです。

However, I didn't feel that the old man didn't seem to think a great deal of the appearance of a woman.

それ以前に、女性がわざわざ「おっさん」を装う理由がありません。

Above all, I can't understand the reason why women dare to dress her like "an old man".

-----

まあ、それはそれとして、どのような装いをしても、それは個人の自由です。

In turn, I believe that wearing any costume is a matter of personal choice.

それに、究極のインターフェース社会を目指す私としては、このような方の存在は「望ましい」とも言えます。

In addition, I am going to search the extreme interface society, so the existence of him is "hopeful" for me.

-----

いずれにしても、憂鬱で眠い月曜日の朝の通勤の最中に、この「おっさん」は、私を一瞬で覚醒させてくれました。

Anyway, while I commuted in train on sleepy and blue Monday morning, this "old man" made me wake up in a blink of an eye.


2014-10-22 嫁さん:「普通の会社では、業務時間中に無駄話はしないの!」 [長年日記]

最近、新しいプロジェクトの事務局を兼務することになって、帰宅時間が、さらに遅くなっています。

Recently, I have engaged in head office of a new project, and the return time becomes later.

ヘロヘロになって自宅に到着すると、嫁さんが心配そうに私を見ています。

When it becomes worn-out and arrives at the home, my wife looks at me anxiously.

-----

が、

However,

江端:「最近、忙しくて、無駄話もできないよ」

Ebata:"I am too busy to talk chat recently"

と愚痴を言ったら、

I complained the daily tasks,

嫁さん:「普通の会社では、業務時間中に無駄話はしないの!」

My wife:"In a common company, we never do such idle talks over the duties time"

と、叱られました。

She scolded me.

-----

金融業務に従事していた、私の嫁さんの職業倫理観は、

My wife, who had engaged in finance duties, has a concept of professional ethics that is

―― 私より、遥かに高い

"Much higher than mine"


2014-10-23 そして、荒んだ職場に、私は、「北極ラーメン」を放り込んでしまったのです。 [長年日記]

「北極ラーメン」というコンセプトを、職場に持ち込んだのは、多分私だと思います。

I took the concept of "Hokkyoku-Ramen" into my workplace.

「私は、一生、それを否定することはできない」とも思う。

I also think I could never deny the fact in my life.

でも、最近、ちょっと私の職場がおかしい。

However, recently, my workplacee becomes wired.

-----

私は、今、比較的大きなプロジェクトの事務局をやっています。

Now I am working as a head office of a big project.

かなり厳しい締切を決めて、プロジェクトメンバ達に対して、追い込みをやっています。

I bully the project members into an hard deadline.

債権者を追い込む金融機関、から依頼を受けて、「組」の正規の構成員にすらなれずに、下っ端として走らされているチンピラのような気分です。

I am a feeling like the hooligans, who cannot become a regular member of a Yakuza-group and works as an bottom man. I am about to bully a creditor, in response to the request from the financial institution.

そして、荒んだ職場に、私は、「北極ラーメン」を放り込んでしまったのです。

In addition, I have thrown "Hokkyoku-Ramen" into the dissipated workplace.

-----

『江端さん。私はもう疲れたよ』

"Ebata-san, I was already tired."

と、いう文面のメールに、

was described in my mail and sending

―― 北極ラーメン完食の写真を送ってくる

"a photograph of the Hokkyoku-Ramen eating up"

プロジェクトメンバ達が、

I feel that the project members are scared recently.

最近怖いのです。


2014-10-24 最近、私の日記の熱心なレビューアである次女が、嫁さんに告げ口をするかもしれない。 [長年日記]

実家で、「シュタインズゲート」のレビューをやっています。

Now I am reviewing "Steins;Gate" in my family home.

もう、このビデオクリップがあれば、

Even if I can hold this video clip,

――もう人生には何もなくてもいいんじゃないかな、

"Nothing but "Steins;Gate" is needed in my life"

と思いながら、見ています。

I think so with watching the last scene of final round.

-----

と書いているうちに、気がつきました。

However I noticed an important fault of mine.

最近、私の日記の熱心なレビューアである次女が、嫁さんに告げ口をするかもしれない。

Recently, my second daughter, who is an enthusiastic reviewer of my diary, might clype my wife.

―― ママー。パパはシュタイズゲートがあれば、家族はいらないんだって

"Mom, Daddy said that daddy doesn't need us even if he could hold "Steins;Gate"


2014-10-25 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の最終回の日本語のセリフを、日本語のままで理解できる国に生まれたこと [長年日記]

TOEICやらの英語の試験に追い込まれるこの身であっては、英語圏で生まれてこなかった我が身の不幸を嘆くこともあります。

We often lament that we were born in Japan, because I have to come under pressure to take some English examination, TOEIC, for example.

しかし、

However, on the other hand, about

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」

"AnoHana: The Flower We Saw That Day"

の最終回の日本語のセリフを、日本語のままで理解できる国に生まれたことは、

I believe that

―― かなり、幸せなことだろうな

we were very happy to be born in Japan because we could understand the lines of characters of "AnoHana" in the final round perfectly.

と思うのです。

weren't we?

-----

ググッてみました。

Let me try to use the search engine.

■"I wish" "born in japan"で検索したら、約32万件がヒット。

Searching the phrase "I wish I have been born in Japan", about 320 thousands are hit.

■"animation"を加えたら約20万件がヒット。

Adding to "animation", about 200 thousands are hit.

ほらね。

You see.

60%もの人が『羨ましがっている』でしょう?

About 60% persons envy Japanese.

見方によっては、日本人に生まれついたことは、相当なラッキーなんですよ。

From the difference viewpoint, what we were born in Japan is considerably lucky.


2014-10-26 嫁さん:「『なんか責められているような気がする』んだって」 [長年日記]

先程、TOEICの試験官をしていた嫁さんと、TOEICの受験生をしていた私が、駅の駐車場に置いていた自家用車で、一緒に帰宅しました。

Both my wife, who had worked as examiner of TOIEC, and I, who had examined TOEIC came back home by car after getting together at the station parking lot,

試験会場は別々だったですが。

thought we had been separately.

-----

車の中で、中島みゆきさんの、"Tell Me, Sister"が流れていたので、『ああ、久しぶりだなぁ』と聞き入っていました。

In the car, I heard the song "Tell Me, Sister" of Nakajima Miyuki-san after a long interval.

江端:「最近、NHKの朝の連ドラで、中島みゆきさんの曲が流れているよね。あれ聞くと、なんか気合いを入れられる気がするんだよね」

Ebata: "Recently, I often hear her song in serial drama morning of NHK. When I hear her song, I think I have to get psyched."

嫁さん:「子ども達は、車の中で彼女の歌が流れると『止めてくれ』と頼むよ」

Wife: "Kids ask me to stop her song in the car"

江端:「え?なんで?」

Ebata: "Why?"

嫁さん:「『なんか責められているような気がする』んだって」

Wife: "They said that "I have a feeling to be blamed by her song""

-----

なかなか、上手いこと言った。

She couldn't have put it better.


2014-10-27 数式の文字が、かすんで見えて、大変苦労しています。 [長年日記]

最近の視力の衰えは、自分でも驚くばかりです。

Recently, I am very surprised at my poor eyesight.

老眼だけでなく、乱視も入っているようです。

It is not only old sight but also astigmatic eye.

安定して「悪い」のであれば、諦めてメガネをかけるのですが、体調の良いときには視力が回復します。

If my eye sight keeps low level, I have no choice but wearing glasses. However, when I am in good shape, my eye sight becomes good.

この時は、逆にメガネが邪魔になります。

At that time, wearing glasses annoys me.

でも、まあ、日常生活や仕事では、それほど大きな支障にはなっていなかったのです。

Anyway, I think this has been not serious trouble in my usual life and routine works.

-----

先日、新しいコラムの方向性について後輩に相談したところ、不勉強を叱責されて、今、専門書で勉強をしています。

The other day, when I asked my junior worker's advice about a direction of new column serialization, he scolded me for an inattentive to my work. So I have started them by the book he had recommended.

数式の文字が、かすんで見えて、大変苦労しています。

I have a lot of troubles because I cannot catch the characters of mathematical expression in the book.

本日も、

Today, I got mad with the expression with thinking,

―― なんで、この式がイコールで結べるんだ! 誤植だ!

"Why do these formulas are connected by equal character? It must be a typo!"

と、怒っていたら、数式の添字の上の方に見える、1mm程度の大きさのバー(~)の表記を見落していました。

Unfortunately, I overleaped a bar expression that was located an attached character of the formula.

-----

『少年老い易く、学成り難し』

"A boy becomes older easily, so he must be hard to complete his study."

この超有名な訓示が、「視力の老化現象」のことを語っていたとは、今の今まで気がつきませんでした。

I haven't noticed that this utmost famous saying means a senile change of eye sight.


2014-10-28 今度、この内容(パンティ)で、講演をさせて頂くことになりました(本当)。 [長年日記]

ベイズ推定に関する例題としては、

There are some samples about Bayes estimation as follows.

■ある病気の陽性反応に対して、実際に罹病している確率はどれくらいか

- What is the probability to catch the disease really for a positive reaction of illness?

■赤の玉の白の玉の入った壺が2つある。これが赤の玉であった場合、これが一つ目の壺から取り出された確率はどれらいか。

- There are two pots that include some white balls and red balls. When you get one red ball, what is the probability to get the ball from the first pot?

という内容が、圧倒的に多いですが、

Though the above examples are overwhelmingly coming on,

―― そんなもん、知りたいかな?

"Who wants to know the probability?” I think.

と思うのです。

いや、勿論、ベイズ推定を理解する上で、上記の例題は非常に好適なのは認めます。

Well, I can admit that the above examples are good in order to understand the Bayes estimation mechanism.

でも、なんか、現実世界から乖離している感じが否めないんですよね。

However, I feel that the examples are not common in our life.

-----

以前、

Before, I introduced you to a book that is described,

"When you find a panty of NOT yours in the chest, let's calculate the probability of your partner's unfaithful love."

という内容でペイズ推定を説明した書籍をご紹介しました。

今度、この内容(パンティ)で、講演をさせて頂くことになりました(本当)。

I will give a lecture this time with these contents (It's a panty, indeed),

受講者の皆さんのフィードバックについて、後日、ご報告申し上げますが、今から「ワクワク」ではなく、「ドキドキ」しています。

I am going to inform you the feedback from the persons who take the course. I feel pit-a-pat, am not stoked.

―― 講演中に叱られたら、嫌だな

"I hate it if scolded during a lecture"

と。


2014-10-29 しかし、私にとって、発明とは、この私を「感動させる」かどうかが、一つの大きな基準であったりします。 [長年日記]

正直に言うと、私は青色LEDの発明した方より、ジャガイモの皮をあんなに見事に向くことができるピーラーを発明した人の方が、より凄いと思ってしまいます。

To tell you the truth, I think the person who has invented "peeler" that enable to peel cost of potato is greater than the person of "blue LED".

巨大なデータを計算するスパコンの開発者より、パソコンで億単位のデータをマージするパソコンのソフトウェアを開発した方が、偉いと感じてしまいます。

I also feel that the person who has developed a super-computer who calculate the complicated problem with big data, is prior to the person who has made up the application that is enale to merge more than 100 million data with PC.

世の中の発明は、そこに技術とか利益とかが入ってくるから価値があるのでしょう。

I agree that the value of an inovation should be valued, based on the technology and the profit.

しかし、私にとって、発明とは、この私を「感動させる」かどうかが、一つの大きな基準であったりします。

As far as I am concerned, however, it is a big index that whether the invention is going to made me move.

――ということを、以下の後輩からのメールを見ながら思い出していました。

I remember the above with reading mail from my junior coworker.

-----

「サンマとサバ」を2種類のセンサーだけで判別するという内容とシンクロして、一瞬江端さんが頭に浮かびました。

I came to mind Ebta-san's column "how to discriminate saury from mackerel by just two sensors" with reading the following article.

"Hitachi-Zousen has developed the system to discriminate boiled and dried baby sardines with young fish of blowfish".


2014-10-30 『全閣僚が、全員でインド映画のダンスシーンを完璧に踊り切る』 [長年日記]

私、インド映画は、まだ一度も通しで見たことがないのにもかかわらず、

Thought I have never yet watched a whole of an Indian movie, I can say that

―― 大好き

"I love an Indian movie"

と断言できます。

あの超著名な映画「踊るマハラジャ」のダンスシーンだけで、感涙ものです。

For example, I was moved to tears to watch the dancing scene of the utmost famous movie "Dancing Maharaja"

あの超高速の振り付けの中での、完璧なシンクロナイズ。

It is the perfect synchronous with ultra high-speed dancing.

私が知る限り、あれほどの高精度な稼働制御が実現できているものは、産業用ロボット以外にはありません。

As far as I know, there are no high-accuracy control objects but industrial robots.

もちろん、そのコンテンツが、心地良いハッピーエンドで終わることも、重要な要因だとは思いますけど。

Of course, I think that it is important the enjoyable and comfortable contents lead to the happy end.

-----

最近、我が国の内閣は、色々なトラブルがあり、支持率の低下が危ぶまれています。

Recently, the Cabinet in Japan has faced troublesome under treat of low approval rating.

そこで提案なのですが、

So I would like to propose that making a performance that

『全閣僚が、全員でインド映画のダンスシーンを完璧に踊り切る』

"All cabinet ministers are completely dancing like a the Indian movie in all the members"

というパフォーマンスと、ビデオクリップの世界発信を提案したいと思います。

And broadcast the video clip through the world.

もちろん、我が国の総理大臣が、スクリーンのド真ん中に位置して踊るのは、言うまでもありません。

Of course, needless to say, the prime minister should dance in the center of the scene.

-----

―― 支持率20%アップ

"The approval rating becomes more than 20%”

を保証します。

I can assure it, and

賭けてもいい。

wanna bet.


2014-10-31 ■「あ、そこには『パンティあり』を0.05と入力して下さい」 [長年日記]

先日、「パンティで講義してくる」という話をしました。

The other day, I wrote that I am going to give a lecture about Baysian network with the topic of "panty".

本日、その講義をしてきましたのですが、各企業で、データ解析を専門にされている方々の前で、

Today, I went to the lecture, and I said the following phases,

■「従って、ここでパンティが存在している確率を50%とします」

- "Therefore, I am going to be set 50% as the "panty" existence."

■「パンティが、事後的な条件で変わるということを説明する図がこちらです」

- "This figure shows the panty's probability is going to be changed by the ex-post condition."

■「あ、そこには『パンティあり』を0.05と入力して下さい」

- "Well, please input the value 0.05 in the "Is Panty" column.

60分の講演の中の、わずか10分間の間に、「パンティ」を30回も連呼すると、

During just 10 minutes, I had to call "Panty" repeatedly as for more than 30 times,

―― さすがに、ちょっとした自己嫌悪に陥ってきました。

Though I was so proud of me, I was obsessed with self-hatred slightly.

-----

主催者様より、アンケート結果のコピーを頂いたのですが、結構、よい評価を頂けたようです。

The organizer of this event gave me all papers of questionnaire, and I seemed to get good reputations.

少なくとも、「下品だ」と書かれていた結果はなくて、安堵しています。

I was relieved that no questionnaire to be described "immoral" existed at least.

-----

来月、もう一回、講演が開催されるそうなので、興味のある方はどうぞ。

This lecture seems to be held once next month. If you are interested, please feel free to come in.