2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|

2014-10-28 今度、この内容(パンティ)で、講演をさせて頂くことになりました(本当)。 [長年日記]

ベイズ推定に関する例題としては、

There are some samples about Bayes estimation as follows.

■ある病気の陽性反応に対して、実際に罹病している確率はどれくらいか

- What is the probability to catch the disease really for a positive reaction of illness?

■赤の玉の白の玉の入った壺が2つある。これが赤の玉であった場合、これが一つ目の壺から取り出された確率はどれらいか。

- There are two pots that include some white balls and red balls. When you get one red ball, what is the probability to get the ball from the first pot?

という内容が、圧倒的に多いですが、

Though the above examples are overwhelmingly coming on,

―― そんなもん、知りたいかな?

"Who wants to know the probability?” I think.

と思うのです。

いや、勿論、ベイズ推定を理解する上で、上記の例題は非常に好適なのは認めます。

Well, I can admit that the above examples are good in order to understand the Bayes estimation mechanism.

でも、なんか、現実世界から乖離している感じが否めないんですよね。

However, I feel that the examples are not common in our life.

-----

以前、

Before, I introduced you to a book that is described,

"When you find a panty of NOT yours in the chest, let's calculate the probability of your partner's unfaithful love."

という内容でペイズ推定を説明した書籍をご紹介しました。

今度、この内容(パンティ)で、講演をさせて頂くことになりました(本当)。

I will give a lecture this time with these contents (It's a panty, indeed),

受講者の皆さんのフィードバックについて、後日、ご報告申し上げますが、今から「ワクワク」ではなく、「ドキドキ」しています。

I am going to inform you the feedback from the persons who take the course. I feel pit-a-pat, am not stoked.

―― 講演中に叱られたら、嫌だな

"I hate it if scolded during a lecture"

と。