2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2018-12-01 私のように『1秒でも1mmでも、ラクをしたい』と考える人間は、割を喰わされている [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

Let's turn the world by "Number"(52) : Work style reform(11) "

" The truth of nursing care problems that can not be addressed - What is the problem of 'Working way reform'

-----

(その1)

(Part 1)

「ニューラルネットワークの破壊実験」をやっている論文とか調べてみたのですが、

I examined the paper which is doing "destruction experiment of neural network", I know

―― やっぱりそんな人(研究者)はいない

"There is no such person (researcher) after all"

ということが分かりました。

でも、脳のシミュレーションによるアプローチは、今後の認知症の解明に役に立つような気がしています。

But I think the brain's simulation approach, will be useful for elucidating future dementia.

-----

(その2)

(Part 2)

最近、町内会の回覧板等の配布物の手配に、心底にイライラしてきています。

Recently, I'm getting irritated to the bottom of my heart to arrange circulation boards etc for neighborhood associations.

こんなもん「メールで送付する」または「Webで掲載する」で十分だろう、と思います。

I think that it would be enough for "to send by email" or "post on the web" like this.

『回覧板の配布で、近所のコミュニケーションが図れる』とか言っている人がいますが、私は、

Some people say "by circulating a circulation board, we can communicate with my neighbors", however I think

―― 馬鹿言ってんじゃねーよ

"You do not have to be stupid."

と思っています。

回覧板なんか、隣の家のポストに放りこまれるだけのことです。

A circulation board is just thrown into the post of the next house.

そもそも、回覧板なんぞに、コミュニケーションのツールとしての機能はないのです。

Initially, circulation boards have no function as a tool for communication.

『デジタルリテラシーのない高齢者を保護する』という「寛容」の名を借りた「暴力」に、そろそろ私は我慢の限界に達しつつあります。

To the "violence" used the name of "tolerance" of "to protect the elderly without digital literacy", I am about to reach the limits of patience.

-----

『デジタルリテラシーのない人』と『デジタルリテラシーのある人』を分けて運用することに、別段問題はありません。

There is no other problem in separating "person without digital literacy" and "person with digital literacy" separately.

回覧板はそれを必要とする人にだけ展開すればよく、それを必要としない人は、WebのURLを張ったメールを送付すれば良いだけのことです。

A circulation board should be deployed only to those who need it, and people who do not need a circulation board, will be sent an e-mail with the URL of the Web.

要するに、

In short,

■『変化を忌避する者たち』によって、

By "people who dislike change"

■私のように『1秒でも1mmでも、ラクをしたい』と考える人間は、

a person who thinks like "I want to be easy even in 1 second or 1 mm"

■割を喰わされている

put at a disadvantage

ということです。


2018-12-02 ―― コミュニケーションしないと、世界の全てが私の敵になる [長年日記]

最近、フランスおよび日本での大手自動車会社の、現在または過去に、社長兼最高経営責任者(CEO)を兼務していた人が、日本の検察に逮捕され、その後解任されました。

Recently, a person who was concurrently serving as President and Chief Executive Officer (CEO) of a major automobile company in France and Japan in the past or in the present, was arrested by the Japanese prosecution and then dismissed.

日本の会社では即刻解任されたのですが、フランスの会社では「我が国は『推定無罪』を原則とする国である」として、判断を留保しています。

He was instantly dismissed at a Japanese company, however, in France's company, "France is a country that basically takes "estimated innocence" as a rule", and they reserve final judgement.

推定無罪とは ――

"Estimated innocence" is

「刑事裁判で有罪が確定するまでは“罪を犯していない人”として扱わなければならない」

"We must treat anyone as innocent until the conviction of them is confirmed at trial."

という、近代の国際的な刑法または刑事事件訴訟法における大原則です。

This is a major principle in modern international criminal law or criminal case lawsuit law.

日本の場合、検察が逮捕すれば、世間では「罪人」として認定され、そして、その後、裁判によって無罪が確定しても、大抵の場合、その人の名誉が回復されることはありません。

In Japan's case, if someone is arrested by the police, the prosecution, the public will recognize that the person is a "criminal". Even after the trial determines innocence, in most cases the honor of the person will not be restored.

まあ、このことについては、他の記事を読んで下さい。

Well, for this case, please read other articles.

-----

私は、初見の他人に対しては、

In my case, for other people of first look, I think them as

―― 推定"敵"

"Estimated "enemy""

という行動原理に基づき行動します。

I will act according to the above behavior principle.

原則として、全ての他人は『私の敵』という認定から始まるのです。

In principle, I certify all others as "my enemies".

これは、私の根性がひん曲っていることと、自己防衛によるものです。

This is from "my character is warped" and "my defence".

私の場合、その人と会話して付き合ってみて、理解するプロセスを経て、少しづつ「私の味方」となっていきます。

In my case, after talking with that person, going out, I gradually become "my friend" through the process of understanding.

だから、最初から他人を『推定"味方"』として行動している人 ―― 私はそのような人を知らないのですが ―― は、素直に、凄いし、偉いと思います。

So, for those who are acting as "estimated "ally"" from the beginning, I think they are great and amazing, however, I have never seen such a person in my life.

正直に言えば、若いアイドルグループの歌や、歳くったシンガーソングライターが、「初見の『推定味方』」を、高らかに歌っているのを見ていると、「振り込め詐欺」と同程度の質(たち)の悪さを感じます。

To be honest, I feel the bad quality of the same degree as "transfer fraud", whenever I hear that young idol group songs and old singer-song writers, are singing "estimated "ally"".

-----

古今東西、コミュニケーションの重要さが説かれていますが、私に関して言えば、コミュニケーションが重要な理由は、コミュニケーション自体ではありません。

The significance of communication is talked about in all times, however for me, the reason why communication is important is not communication itself, but

―― コミュニケーションしないと、世界の全てが私の敵になる

"If I do not communicate, everything in the world becomes my enemies"

からです。

世界の全てが私の敵になると、生きるのが難しい世界になります。

When all of the world becomes my enemy, it becomes a world where it is difficult to live for me.

これは私にとって不利益です。

This is disadvantageous to me.

-----

私が、コミュニケーションを図る理由は、「コミュニケーションに価値がある」と考えている訳でもなく、「あなたと良好な関係を維持する」と考えている訳でもありません。

The reasons for my communication are neither "communication is valuable" nor "to maintain good relations with you".

ひたすら、「私益」の為です。

It is just for the sake of "my profit".


2018-12-03 ―― 誘いたくても誘えない [長年日記]

先日、久しぶりに家族で外食した時のこと、次女から、

Last weekend, when we went to family dinner in a restaurant after a long interval, my second daughter said,

「太っている女の子を、ショッピングに誘わない」

"We don't invite a fattish girl to go shopping.

という話を聞き、かなり仰天しました。

I was frightened to hear the story.

『お前、イジメに加担しているのか?』と言うと、次女からは冷静に言われました。

I shouted to her "Do you have a part in bullying ?", however, she told me with philosophy

―― 誘いたくても誘えない

"I cannot invite her, even if I want to do"

と。

-----

ここでのショッピングとは、「衣服のアウトレット」に限るようです。

In the story, "shopping" means "to go to clothes outlets"

衣服のショッピングの場合、どうしても平均的な女子高校生のサイズの店に行かざるを得ません。

If going a clothes outlets, they have no choice but to go to a store for an average girls high school size.

その場合、その「平均的な体型から離れた女の子」をショッピングに誘うことは、誘う側、誘われる側、双方にとって、きまずい雰囲気となる ―― のだそうです。

In that case, inviting that "girls away from the average body shape" to shopping, is going to to be an uncomfortable atmosphere for both the inviting side and the invited side.

嫁さんも、深くうなづいていたので、「太っている女の子を、衣服のアウトレットに誘わない」は、女性の間では、常識になっているのだろうと思います。

Because my wife was also nodding deeply, I think that "they do not invite a fat girl to clothes outlets" is common sense among women.

-----

I had been serializing about a diet for nearly a year, however I did not notice for such a point of view at all.

女性にとってダイエットとは、「美しくなる施策」であること以上に、「集団に属する為の必要条件」であると知って、私は愕然としています。

I am shocked to know that diet for women is "a necessary condition for belonging to a group" more than being "a measure to become beautiful".

「私は、知らないことが多すぎる」 ―― と、改めて実感しました。

Again, I feel that "there are too many things I do not know".


2018-12-04 ―― どうして、この教科の勉強が必要なの? [長年日記]

太平洋戦争(第二次世界大戦)の開戦までのプロセスを批判する人、著書、ドラマ、映画は、山ほど出てきます。

We can find a lot of person, book, drama, and movies to blame the process to outbreak of Pacific War(WW2).

概ね「日本軍(特に陸軍)の無知、暴走、無知性な精神論」という観点から語られるストーリーが多いようです。

Generally, many of the story seem to be told from the ignorance, overdrive and unintelligent psychogender of Japanese military

一方、日露戦争の開戦までのプロセスを批判する人、著書、ドラマ、映画はどうか、と問われると、これを見つけるのは、かなり難しいです。

On the other hand, it is difficult to find a person, a book, a drama, and a movie to blame the process to outbreak of Russo-Japanese War.

私の記憶の中では、203高地の攻略をした乃木希典大将をボロクソに描いた、司馬遼太郎さんの「坂の上の雲」くらいです。

In my memory, I can only remember a story of the book, whose title is "Clouds at the top of a hill(Saka no ue no Kumo), that describes a poor commander tried to capture "Fort in area 203".

しかし、その本の中でも、別段、日露戦争のプロセスの批判がされている訳ではありません。

However, there is no story to blame the process to Russo-Japanese War in the book.

冷静になって考えれば、太平洋戦争で米国を敵にするよりも、当時の日本の国力で、帝政ロシアを敵に回す方が ―― どう考えたって ―― 滅茶苦茶だろう、と、私には思えるのです。

Let's discuss this issue. I think that the battle against the U.S. is more reasonable than that against Russia under an imperial regime, without a doubt.

この2つの例だけ見ても、私達は、「結果と切り離した上で、プロセス"だけ"を評価する」という、科学的アプローチも基づく客観的な評価が行なっていないことは明白です。

Even with only these two examples, it is obvious that we have not done objective assessment based on the scientific approach of "to evaluate" only process "after separating from the result".

それはさておき。

Set it aside.

-----

ティーンエイジャの娘を持っていると、必ず出てくる話題があります。

Having a teenager's daughter, there is a topic that surely comes up.

―― どうして、この教科の勉強が必要なの?

"Why should I study this subject?"

です。

私の公式回答は『勉強は娯楽であるから』ですが、これは、ほぼ全ての子どもから賛同が得られません。

My public answer is "to study is entertainment", however, almost all children cannot accept this answer.

(続く)

(To be continued)


2018-12-05 ―― 過去でも失敗したのだから、現在も同じケースで失敗しても仕方ないよね [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私だって、ティーンエイジャの頃であったら、『馬鹿言ってんじゃねーよ』と反発したと思います。

If I were a teenager, I would be rebelling with saying "Do not be stupid."

ですから、この公式回答で、彼らを説得させることができないことは分かっています。

So I know that they can not be persuaded with my official answer.

私の娘に関して言えば、私は、「英語」「数学」「国語」の有用性については、(多分)概ね納得させられていると思います。

As for my daughter, I think that (probably) I can explain about the usefulness of "English" "mathematics" "national language".

難しいのは「歴史」です。

However, "history" is difficult to explain.

-----

「歴史」については、多くの教師達によって「過去のユースケース(事例)集」であるという説明がされています。

Regarding "history", many teachers have explained that "history is a collection of past use cases".

「過去の失敗に学び、それを現在に生かす」ことが目的である、と。

The purpose is "learn from past failures, make use of it to the present".

しかし、これは過去の人々を、随分、"侮辱"していると思うのです。

However, I think this is "insulting" the past people quite a bit.

例えば、上記の「日本軍(特に陸軍)の無知、暴走、力の過信」については、日本軍の司令部だけが"無能"だったような記載が多いです。

About for "the ignorance, overdrive and unintelligent psychogender of Japanese military" as the above, there are many descriptions that only the headquarters of the Japanese army was "incompetent".

しかし、ちょっと調べてみれば、様々な分野の専門家が、太平洋戦争の開戦を支持していたことが分かります。

However, if you examine it for a moment, you can see that experts from various fields supported the Pacific War.

なにより、当時の日本国民が「戦争支持」の世論を形成していたことは、無視してはならないと思うのです。

In particular, I think that the Japanese people of those days forming the public opinion of "support of the war" should not be ignored.

-----

また、今、現在にあっても、

Also, even now, there are

- Shimmerly a politician who asserts "protectionism" and a citizen who does not stop him, whether they know that "protectionism" caused the block economy, and the block economy caused murdering tens of millions of people all over the world

■隣国の司法判断(×外交方針)に対して、"国交断絶"を叫ぶ為政者とそれを支持する国民

- A politician who shouts "diplomatic ties" against the judicial judgment of the neighboring country (× foreign policy) and the citizens who support them.

なるものがいます。

「歴史の反省」なるものが正しく発動してれば、こんなことは起こるはずがないです。

If "the reflection of history" is exercised correctly, these can not happen.

-----

これまでの長い歴史において、多くの人が、その時代の社会通念、国際状況、自国の能力(戦力を含む)を勘案して、考えて考え抜いた上で行動を決断し ――

In the long history so far, many people was considering social wisdom of the era, international situation, capabilities of the country (including war potential), and thought and thought again, decided what they had to do.

そして「失敗」をし続けてきたのです。

And they continued to make a "failure".

だから、私は「歴史」という教科において、子どもたちだけでなく、私達が学ぶべきことは、

So, in the subject "history", not only children but also we adults, should learn

―― 過去でも失敗したのだから、現在も同じケースで失敗しても仕方ないよね

"Because they failed even in the past, even now it is inevitable for us to fail in the same case"

という、"諦観"ではないかと思うのです。

This is "resignation".

----

「歴史」という教科の目的は、

The purpose of the subject "history" are

『私達は、何度でも同じ間違いを繰り返す』

"We will repeat the same mistakes as often as we can"

『だから、もし間違ってもそんなに落ち込むな』

"So, if you make a mistake, you will not feel so depressed."

で、いいと思うのです。

I think it is good.

-----

で、冒頭に戻りますが ――

So, back to the beginning -

歴史という勉強の目的を

According to the purpose of study of history

「その発生した事件のプロセスに遡り」

"Back to the process of the incident that occurred"

「過去の失敗に学び、それを現在に生かす」

"Learn from past failures, make use of it to the present"

と強弁している教師達は、『詭弁を弄している』と思う訳ですよ ―― 私は。

All teachers who are strengthening like that, are, I think, "they are finger of sophistry".


2018-12-06 この発注作業で、疲れ果てております。 [長年日記]

私の、研究員としての仕事の一つに、(Step 1)研究用の試作システムを考案して、(2)それを組み立てて、(3)自分の仮説を検証する、ことがあります。

One of my works as a researcher is (Step 1) devising a prototype system for research, (Step 2) assembling it, (Step 3) verifying my hypothesis.

自力で、または、他の人の支援を頂き、自分なりの一つのシステムを組み上げなければなりません。

I receive support from myself or other people, and have to build up one system of myself.

その為には、先ずは、必要なソフトウェアやハードウェアの部品を購入(発注)することになります。

For that, first of all, I will purchase (order) necessary software and hardware parts.

(その前に、予算を確保する手続もありますが、今回、この話は割愛します)

(Before that, there are procedures to secure the budget, however, I will omit this story this time)

会社で、これらの部品を購入するためには、間違った発注(誤発注)をしてはならないのは勿論です。

Of course, in order to purchase these parts at the company, it is obvious that I should not make a wrong order (mis-order).

しかし、それ以外にも、法律に従った、正しい手続を行わなければなりません。

In addition, I must do the right procedure according to the law.

で ―― 今の私は、

Now,

この発注作業で、疲れ果てております。

I am exhausted by this ordering work.

-----

近年、物品購入に関する法律が厳しくなったことに加えて、行政のフットワークも軽くなってきたように思います。

In recent years, in addition to strict laws on purchasing goods, I think that the administrative footwork has become lighter.

結構、頻繁に、職場に査察が入るようになってきて(といっても伝聞ですが)、これに応じて社内の運用も、以前に比べると、恐しく厳しくなりました。

Quite often, inspectors are getting into the workplace (it is a hearsay, though), and in response to this, the internal operation of the company becomes stricter than before.

そして、「それらの業務を管轄する部門が国外にある」ということです。

And the biggest reason is that "there are departments overseeing those operations."

しかし、私が、「それらの業務を管轄する部門が国外にある」ということに気がついたのは、かなり後(年単位)でした。

However, it was quite later that I noticed it.

業務をされている方のメールアドレス(名前)から、業務担当者が外国の方であることには気がついていました。

From the email address (or name) of the person who is doing business, I noticed that the person in charge of business is foreigner.

しかし、拠点が、大陸(中国)の方にあることには、長らく気がついていませんでした。

However, I have not noticed that the base is in the mainland (China) for a long time.

-----

大陸(中国)の方の使われる日本語の文章は会話が ―― 海外の方であることを忘れてしまうくらい ―― ほとんど「日本人」です。

The conversation used by the people of the land (China) is, I sometimes forgot being an foreigner, almost "Japanese".

―― 凄い

"Amazing"

と、心から思います。

I think it from the bottom of my heart.

The seriousness of truth is against my standing position of "engineers not loved by English".

勿論、私を取り巻く状況が特殊すぎて(優秀な人が多い)、そのような環境は珍しいのだ、ということは分かっています。

Of course, I know that the situation surrounding me is too special (there are many excellent people), and unusual.

それでも、私は、私を助けてくれる人(*)優秀な人は、どんな人であれ、好きです。

Even so, I like whoever is kind and to help me.

(*)ちなみに、私が頼みもしないのに、一方的に「アドバイス"だけ"」をしてくる人は、どんな人であれ大嫌いですが。

On the other hand, I dislike any people who "only give me advice" even I don't ask it.

(続く)

(To be continued)


2018-12-07 『AIなるものに業務を任せたら、職場は、これ以上にもっと息苦しくて辛い場所になる』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

さて、冒頭の話も戻りますが、この発注手続に関わる方の処理指示が、非常に「細かい」。

Let me go to the top. The processing instruction related to this is very "fine".

記入の形式、添付書類、記載内容に至るまで、一つの不備も許さない、という感じです。

They cannot allow anything about form of entry, attached document, and description content.

既に提出した内容の書類でも、その書類の項目が異なれば、別の書類の作成を命じられます。

Even documents that have already been submitted, if the items of the document are different, they order me another document.

「あ・うん」の呼吸の、対極に立つ対応、といったら良いでしょうか。

Let me say it, that is a standing point at the opposite of "compatible".

-----

私、特許関係について勉強していたことがあるので、行政処理系の書類記載の厳しさについては、良く分っているつもりです。

Because I have studied about patent law, I am well-informed about the severity of documentation of administrative processing system.

で、この厳格さが、一私企業にも求められるようになってきています。

So, this rigor is going to be required for one private company.

これも「コンプライアンス」と呼ぶものの一つなのかもしれません。

This may also be one of what we call "compliance".

とは言え、丸一日を書類作業だけに費された日は、本当に心の底から泣けてきます。

However, the day the whole day was spent for document work, I am about to cry from the bottom of my heart.

「仕事(研究)をさせろよ!」と、叫びたくなります。

"Let me do my work (research)!", I want to cry.

仕方のないことだと分かってはいますが、とにかく、息苦しくて仕方ありません。

I understand it is unavoidable, but anyway, I feel stuffy and helpless.

-----

で、私は、常々思っているのですが、

So, I am always thinking,

『AIなるものに業務を任せたら、職場は、これ以上にもっと息苦しくて辛い場所になる』

"If we leave the business to AI, our workplaces are more painful and painful than anything else. "

と、いう未来をイメージできない人間の、まあ、なんと多いことか、と。

How many human beings can not imagine the future.

"AI"と多くの人が称呼する「ソフトウェア技術」は、これからも進展していくので、このディストピアの未来は、確定だと思います ―― 残念なことではありますが。

As "software technology" that many people call it "AI", will continue to develop, so the future of this dystopia is definite. I am afraid of it.

人間(人件費)より、コンピュータリソースは圧倒的に安く、圧倒的に安いからこそ、コンピュータは人間より圧倒的に"バカ"なのです。

Human being (labor cost) is overwhelmingly cheaper than computer resources. Therefore computers are overwhelmingly "stupid" than human being.

なんで、みんな、こんな簡単なことに気がつかないのだろうか、と思います。

I think that "why do many people think that such simple reality ?"

-----

とりあえず、上記の私に意見に反論しようとする方は、

Anyway, if you are trying to argue against my opinion above,

Please contact me after reading these all.


2018-12-08 『趣味は江端さんのブログです』 [長年日記]

時々、応援のメールを頂くことがあります。

Sometimes I receive a mail of support.

『趣味は江端さんのブログです』

"My hobby is Mr. Ebata's blog."

と書かれたメールを頂けると、その日は一日中、メールを見直して、私は機嫌がいいです。

When I get an e-mail written like that, I am in a good mood with reviewing the mail again and again all day.

-----

ブログで、なんか難しそうなこと書いていますが、詰まるところ、私はこの程度の簡単な奴です。

On my blog I write somewhat difficult, however, after all I am a simple guy.


2018-12-09 ―― 夫は妻より先に死んではならない [長年日記]

江端家夫婦の間では、

Between our couple, there is a rule,

―― 夫は妻より先に死んではならない

"I should not die before my wife"

というルールがあります。

(というか、嫁さんに、そう決められました(一方的に))。

(My wife decided so unilaterally).

一応、このルールを守るべく自分の健康には留意していますが、

I pay attention to my health to keep this rule, however,

娘からは、

my daughter said

「パパの激務っぷりを見る限り、それは難しいんじゃないかな」

"As long as we see papa's working style, it is difficult, is not it?"

とも言われています。

それはさておき。

Apart from that.

-----

When I said the following monologues,

「ママが死んだ後なら、何をしてもいいんだよな」

"I will do anything after Mama dies"

「ってことは、通夜の最中に、ママの棺の横で自決してもいい訳だよな」

"To say that, during the night, there is no problem if I kill myself to mama's coffin"

「あ、そうすれば、葬儀コストも安く抑えられな」

"Well, the funeral cost is going to be cheaper"

としゃべっていたら、

『あのね、マジで止めてよね』と、次女から強い言葉で嗜められました。

my second daughter gave me a strong phrase

"You know, stop it seriously,"

-----

『簡単に、"自決"とか言うな」と叱責している ―― という感じではく、

I didn't feel that she got angry "Don't say about "suicide" easily". I thought that she was about to say

『警察が検死などにきたら、葬儀が中断して、面倒くさいことになるだろうが』

"If the police come to autopsy, the funeral will be interrupted and it will be troublesome."

という、

Her tone was,

"最後の最後までも、面倒を起こすんじゃねえ"

"You will not be troubled even by the end of the last"

というニュアンスを感じる、そういう感じの口調でした。

seriously.