0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2018-12-01 私のように『1秒でも1mmでも、ラクをしたい』と考える人間は、割を喰わされている [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

Let's turn the world by "Number"(52) : Work style reform(11) "

" The truth of nursing care problems that can not be addressed - What is the problem of 'Working way reform'

-----

(その1)

(Part 1)

「ニューラルネットワークの破壊実験」をやっている論文とか調べてみたのですが、

I examined the paper which is doing "destruction experiment of neural network", I know

―― やっぱりそんな人(研究者)はいない

"There is no such person (researcher) after all"

ということが分かりました。

でも、脳のシミュレーションによるアプローチは、今後の認知症の解明に役に立つような気がしています。

But I think the brain's simulation approach, will be useful for elucidating future dementia.

-----

(その2)

(Part 2)

最近、町内会の回覧板等の配布物の手配に、心底にイライラしてきています。

Recently, I'm getting irritated to the bottom of my heart to arrange circulation boards etc for neighborhood associations.

こんなもん「メールで送付する」または「Webで掲載する」で十分だろう、と思います。

I think that it would be enough for "to send by email" or "post on the web" like this.

『回覧板の配布で、近所のコミュニケーションが図れる』とか言っている人がいますが、私は、

Some people say "by circulating a circulation board, we can communicate with my neighbors", however I think

―― 馬鹿言ってんじゃねーよ

"You do not have to be stupid."

と思っています。

回覧板なんか、隣の家のポストに放りこまれるだけのことです。

A circulation board is just thrown into the post of the next house.

そもそも、回覧板なんぞに、コミュニケーションのツールとしての機能はないのです。

Initially, circulation boards have no function as a tool for communication.

『デジタルリテラシーのない高齢者を保護する』という「寛容」の名を借りた「暴力」に、そろそろ私は我慢の限界に達しつつあります。

To the "violence" used the name of "tolerance" of "to protect the elderly without digital literacy", I am about to reach the limits of patience.

-----

『デジタルリテラシーのない人』と『デジタルリテラシーのある人』を分けて運用することに、別段問題はありません。

There is no other problem in separating "person without digital literacy" and "person with digital literacy" separately.

回覧板はそれを必要とする人にだけ展開すればよく、それを必要としない人は、WebのURLを張ったメールを送付すれば良いだけのことです。

A circulation board should be deployed only to those who need it, and people who do not need a circulation board, will be sent an e-mail with the URL of the Web.

要するに、

In short,

■『変化を忌避する者たち』によって、

By "people who dislike change"

■私のように『1秒でも1mmでも、ラクをしたい』と考える人間は、

a person who thinks like "I want to be easy even in 1 second or 1 mm"

■割を喰わされている

put at a disadvantage

ということです。


2018-12-02 ―― コミュニケーションしないと、世界の全てが私の敵になる [長年日記]

最近、フランスおよび日本での大手自動車会社の、現在または過去に、社長兼最高経営責任者(CEO)を兼務していた人が、日本の検察に逮捕され、その後解任されました。

Recently, a person who was concurrently serving as President and Chief Executive Officer (CEO) of a major automobile company in France and Japan in the past or in the present, was arrested by the Japanese prosecution and then dismissed.

日本の会社では即刻解任されたのですが、フランスの会社では「我が国は『推定無罪』を原則とする国である」として、判断を留保しています。

He was instantly dismissed at a Japanese company, however, in France's company, "France is a country that basically takes "estimated innocence" as a rule", and they reserve final judgement.

推定無罪とは ――

"Estimated innocence" is

「刑事裁判で有罪が確定するまでは“罪を犯していない人”として扱わなければならない」

"We must treat anyone as innocent until the conviction of them is confirmed at trial."

という、近代の国際的な刑法または刑事事件訴訟法における大原則です。

This is a major principle in modern international criminal law or criminal case lawsuit law.

日本の場合、検察が逮捕すれば、世間では「罪人」として認定され、そして、その後、裁判によって無罪が確定しても、大抵の場合、その人の名誉が回復されることはありません。

In Japan's case, if someone is arrested by the police, the prosecution, the public will recognize that the person is a "criminal". Even after the trial determines innocence, in most cases the honor of the person will not be restored.

まあ、このことについては、他の記事を読んで下さい。

Well, for this case, please read other articles.

-----

私は、初見の他人に対しては、

In my case, for other people of first look, I think them as

―― 推定"敵"

"Estimated "enemy""

という行動原理に基づき行動します。

I will act according to the above behavior principle.

原則として、全ての他人は『私の敵』という認定から始まるのです。

In principle, I certify all others as "my enemies".

これは、私の根性がひん曲っていることと、自己防衛によるものです。

This is from "my character is warped" and "my defence".

私の場合、その人と会話して付き合ってみて、理解するプロセスを経て、少しづつ「私の味方」となっていきます。

In my case, after talking with that person, going out, I gradually become "my friend" through the process of understanding.

だから、最初から他人を『推定"味方"』として行動している人 ―― 私はそのような人を知らないのですが ―― は、素直に、凄いし、偉いと思います。

So, for those who are acting as "estimated "ally"" from the beginning, I think they are great and amazing, however, I have never seen such a person in my life.

正直に言えば、若いアイドルグループの歌や、歳くったシンガーソングライターが、「初見の『推定味方』」を、高らかに歌っているのを見ていると、「振り込め詐欺」と同程度の質(たち)の悪さを感じます。

To be honest, I feel the bad quality of the same degree as "transfer fraud", whenever I hear that young idol group songs and old singer-song writers, are singing "estimated "ally"".

-----

古今東西、コミュニケーションの重要さが説かれていますが、私に関して言えば、コミュニケーションが重要な理由は、コミュニケーション自体ではありません。

The significance of communication is talked about in all times, however for me, the reason why communication is important is not communication itself, but

―― コミュニケーションしないと、世界の全てが私の敵になる

"If I do not communicate, everything in the world becomes my enemies"

からです。

世界の全てが私の敵になると、生きるのが難しい世界になります。

When all of the world becomes my enemy, it becomes a world where it is difficult to live for me.

これは私にとって不利益です。

This is disadvantageous to me.

-----

私が、コミュニケーションを図る理由は、「コミュニケーションに価値がある」と考えている訳でもなく、「あなたと良好な関係を維持する」と考えている訳でもありません。

The reasons for my communication are neither "communication is valuable" nor "to maintain good relations with you".

ひたすら、「私益」の為です。

It is just for the sake of "my profit".


2018-12-03 ―― 誘いたくても誘えない [長年日記]

先日、久しぶりに家族で外食した時のこと、次女から、

Last weekend, when we went to family dinner in a restaurant after a long interval, my second daughter said,

「太っている女の子を、ショッピングに誘わない」

"We don't invite a fattish girl to go shopping.

という話を聞き、かなり仰天しました。

I was frightened to hear the story.

『お前、イジメに加担しているのか?』と言うと、次女からは冷静に言われました。

I shouted to her "Do you have a part in bullying ?", however, she told me with philosophy

―― 誘いたくても誘えない

"I cannot invite her, even if I want to do"

と。

-----

ここでのショッピングとは、「衣服のアウトレット」に限るようです。

In the story, "shopping" means "to go to clothes outlets"

衣服のショッピングの場合、どうしても平均的な女子高校生のサイズの店に行かざるを得ません。

If going a clothes outlets, they have no choice but to go to a store for an average girls high school size.

その場合、その「平均的な体型から離れた女の子」をショッピングに誘うことは、誘う側、誘われる側、双方にとって、きまずい雰囲気となる ―― のだそうです。

In that case, inviting that "girls away from the average body shape" to shopping, is going to to be an uncomfortable atmosphere for both the inviting side and the invited side.

嫁さんも、深くうなづいていたので、「太っている女の子を、衣服のアウトレットに誘わない」は、女性の間では、常識になっているのだろうと思います。

Because my wife was also nodding deeply, I think that "they do not invite a fat girl to clothes outlets" is common sense among women.

-----

I had been serializing about a diet for nearly a year, however I did not notice for such a point of view at all.

女性にとってダイエットとは、「美しくなる施策」であること以上に、「集団に属する為の必要条件」であると知って、私は愕然としています。

I am shocked to know that diet for women is "a necessary condition for belonging to a group" more than being "a measure to become beautiful".

「私は、知らないことが多すぎる」 ―― と、改めて実感しました。

Again, I feel that "there are too many things I do not know".


2018-12-04 ―― どうして、この教科の勉強が必要なの? [長年日記]

太平洋戦争(第二次世界大戦)の開戦までのプロセスを批判する人、著書、ドラマ、映画は、山ほど出てきます。

We can find a lot of person, book, drama, and movies to blame the process to outbreak of Pacific War(WW2).

概ね「日本軍(特に陸軍)の無知、暴走、無知性な精神論」という観点から語られるストーリーが多いようです。

Generally, many of the story seem to be told from the ignorance, overdrive and unintelligent psychogender of Japanese military

一方、日露戦争の開戦までのプロセスを批判する人、著書、ドラマ、映画はどうか、と問われると、これを見つけるのは、かなり難しいです。

On the other hand, it is difficult to find a person, a book, a drama, and a movie to blame the process to outbreak of Russo-Japanese War.

私の記憶の中では、203高地の攻略をした乃木希典大将をボロクソに描いた、司馬遼太郎さんの「坂の上の雲」くらいです。

In my memory, I can only remember a story of the book, whose title is "Clouds at the top of a hill(Saka no ue no Kumo), that describes a poor commander tried to capture "Fort in area 203".

しかし、その本の中でも、別段、日露戦争のプロセスの批判がされている訳ではありません。

However, there is no story to blame the process to Russo-Japanese War in the book.

冷静になって考えれば、太平洋戦争で米国を敵にするよりも、当時の日本の国力で、帝政ロシアを敵に回す方が ―― どう考えたって ―― 滅茶苦茶だろう、と、私には思えるのです。

Let's discuss this issue. I think that the battle against the U.S. is more reasonable than that against Russia under an imperial regime, without a doubt.

この2つの例だけ見ても、私達は、「結果と切り離した上で、プロセス"だけ"を評価する」という、科学的アプローチも基づく客観的な評価が行なっていないことは明白です。

Even with only these two examples, it is obvious that we have not done objective assessment based on the scientific approach of "to evaluate" only process "after separating from the result".

それはさておき。

Set it aside.

-----

ティーンエイジャの娘を持っていると、必ず出てくる話題があります。

Having a teenager's daughter, there is a topic that surely comes up.

―― どうして、この教科の勉強が必要なの?

"Why should I study this subject?"

です。

私の公式回答は『勉強は娯楽であるから』ですが、これは、ほぼ全ての子どもから賛同が得られません。

My public answer is "to study is entertainment", however, almost all children cannot accept this answer.

(続く)

(To be continued)


2018-12-05 ―― 過去でも失敗したのだから、現在も同じケースで失敗しても仕方ないよね [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私だって、ティーンエイジャの頃であったら、『馬鹿言ってんじゃねーよ』と反発したと思います。

If I were a teenager, I would be rebelling with saying "Do not be stupid."

ですから、この公式回答で、彼らを説得させることができないことは分かっています。

So I know that they can not be persuaded with my official answer.

私の娘に関して言えば、私は、「英語」「数学」「国語」の有用性については、(多分)概ね納得させられていると思います。

As for my daughter, I think that (probably) I can explain about the usefulness of "English" "mathematics" "national language".

難しいのは「歴史」です。

However, "history" is difficult to explain.

-----

「歴史」については、多くの教師達によって「過去のユースケース(事例)集」であるという説明がされています。

Regarding "history", many teachers have explained that "history is a collection of past use cases".

「過去の失敗に学び、それを現在に生かす」ことが目的である、と。

The purpose is "learn from past failures, make use of it to the present".

しかし、これは過去の人々を、随分、"侮辱"していると思うのです。

However, I think this is "insulting" the past people quite a bit.

例えば、上記の「日本軍(特に陸軍)の無知、暴走、力の過信」については、日本軍の司令部だけが"無能"だったような記載が多いです。

About for "the ignorance, overdrive and unintelligent psychogender of Japanese military" as the above, there are many descriptions that only the headquarters of the Japanese army was "incompetent".

しかし、ちょっと調べてみれば、様々な分野の専門家が、太平洋戦争の開戦を支持していたことが分かります。

However, if you examine it for a moment, you can see that experts from various fields supported the Pacific War.

なにより、当時の日本国民が「戦争支持」の世論を形成していたことは、無視してはならないと思うのです。

In particular, I think that the Japanese people of those days forming the public opinion of "support of the war" should not be ignored.

-----

また、今、現在にあっても、

Also, even now, there are

- Shimmerly a politician who asserts "protectionism" and a citizen who does not stop him, whether they know that "protectionism" caused the block economy, and the block economy caused murdering tens of millions of people all over the world

■隣国の司法判断(×外交方針)に対して、"国交断絶"を叫ぶ為政者とそれを支持する国民

- A politician who shouts "diplomatic ties" against the judicial judgment of the neighboring country (× foreign policy) and the citizens who support them.

なるものがいます。

「歴史の反省」なるものが正しく発動してれば、こんなことは起こるはずがないです。

If "the reflection of history" is exercised correctly, these can not happen.

-----

これまでの長い歴史において、多くの人が、その時代の社会通念、国際状況、自国の能力(戦力を含む)を勘案して、考えて考え抜いた上で行動を決断し ――

In the long history so far, many people was considering social wisdom of the era, international situation, capabilities of the country (including war potential), and thought and thought again, decided what they had to do.

そして「失敗」をし続けてきたのです。

And they continued to make a "failure".

だから、私は「歴史」という教科において、子どもたちだけでなく、私達が学ぶべきことは、

So, in the subject "history", not only children but also we adults, should learn

―― 過去でも失敗したのだから、現在も同じケースで失敗しても仕方ないよね

"Because they failed even in the past, even now it is inevitable for us to fail in the same case"

という、"諦観"ではないかと思うのです。

This is "resignation".

----

「歴史」という教科の目的は、

The purpose of the subject "history" are

『私達は、何度でも同じ間違いを繰り返す』

"We will repeat the same mistakes as often as we can"

『だから、もし間違ってもそんなに落ち込むな』

"So, if you make a mistake, you will not feel so depressed."

で、いいと思うのです。

I think it is good.

-----

で、冒頭に戻りますが ――

So, back to the beginning -

歴史という勉強の目的を

According to the purpose of study of history

「その発生した事件のプロセスに遡り」

"Back to the process of the incident that occurred"

「過去の失敗に学び、それを現在に生かす」

"Learn from past failures, make use of it to the present"

と強弁している教師達は、『詭弁を弄している』と思う訳ですよ ―― 私は。

All teachers who are strengthening like that, are, I think, "they are finger of sophistry".


2018-12-06 この発注作業で、疲れ果てております。 [長年日記]

私の、研究員としての仕事の一つに、(Step 1)研究用の試作システムを考案して、(2)それを組み立てて、(3)自分の仮説を検証する、ことがあります。

One of my works as a researcher is (Step 1) devising a prototype system for research, (Step 2) assembling it, (Step 3) verifying my hypothesis.

自力で、または、他の人の支援を頂き、自分なりの一つのシステムを組み上げなければなりません。

I receive support from myself or other people, and have to build up one system of myself.

その為には、先ずは、必要なソフトウェアやハードウェアの部品を購入(発注)することになります。

For that, first of all, I will purchase (order) necessary software and hardware parts.

(その前に、予算を確保する手続もありますが、今回、この話は割愛します)

(Before that, there are procedures to secure the budget, however, I will omit this story this time)

会社で、これらの部品を購入するためには、間違った発注(誤発注)をしてはならないのは勿論です。

Of course, in order to purchase these parts at the company, it is obvious that I should not make a wrong order (mis-order).

しかし、それ以外にも、法律に従った、正しい手続を行わなければなりません。

In addition, I must do the right procedure according to the law.

で ―― 今の私は、

Now,

この発注作業で、疲れ果てております。

I am exhausted by this ordering work.

-----

近年、物品購入に関する法律が厳しくなったことに加えて、行政のフットワークも軽くなってきたように思います。

In recent years, in addition to strict laws on purchasing goods, I think that the administrative footwork has become lighter.

結構、頻繁に、職場に査察が入るようになってきて(といっても伝聞ですが)、これに応じて社内の運用も、以前に比べると、恐しく厳しくなりました。

Quite often, inspectors are getting into the workplace (it is a hearsay, though), and in response to this, the internal operation of the company becomes stricter than before.

そして、「それらの業務を管轄する部門が国外にある」ということです。

And the biggest reason is that "there are departments overseeing those operations."

しかし、私が、「それらの業務を管轄する部門が国外にある」ということに気がついたのは、かなり後(年単位)でした。

However, it was quite later that I noticed it.

業務をされている方のメールアドレス(名前)から、業務担当者が外国の方であることには気がついていました。

From the email address (or name) of the person who is doing business, I noticed that the person in charge of business is foreigner.

しかし、拠点が、大陸(中国)の方にあることには、長らく気がついていませんでした。

However, I have not noticed that the base is in the mainland (China) for a long time.

-----

大陸(中国)の方の使われる日本語の文章は会話が ―― 海外の方であることを忘れてしまうくらい ―― ほとんど「日本人」です。

The conversation used by the people of the land (China) is, I sometimes forgot being an foreigner, almost "Japanese".

―― 凄い

"Amazing"

と、心から思います。

I think it from the bottom of my heart.

The seriousness of truth is against my standing position of "engineers not loved by English".

勿論、私を取り巻く状況が特殊すぎて(優秀な人が多い)、そのような環境は珍しいのだ、ということは分かっています。

Of course, I know that the situation surrounding me is too special (there are many excellent people), and unusual.

それでも、私は、私を助けてくれる人(*)優秀な人は、どんな人であれ、好きです。

Even so, I like whoever is kind and to help me.

(*)ちなみに、私が頼みもしないのに、一方的に「アドバイス"だけ"」をしてくる人は、どんな人であれ大嫌いですが。

On the other hand, I dislike any people who "only give me advice" even I don't ask it.

(続く)

(To be continued)


2018-12-07 『AIなるものに業務を任せたら、職場は、これ以上にもっと息苦しくて辛い場所になる』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

さて、冒頭の話も戻りますが、この発注手続に関わる方の処理指示が、非常に「細かい」。

Let me go to the top. The processing instruction related to this is very "fine".

記入の形式、添付書類、記載内容に至るまで、一つの不備も許さない、という感じです。

They cannot allow anything about form of entry, attached document, and description content.

既に提出した内容の書類でも、その書類の項目が異なれば、別の書類の作成を命じられます。

Even documents that have already been submitted, if the items of the document are different, they order me another document.

「あ・うん」の呼吸の、対極に立つ対応、といったら良いでしょうか。

Let me say it, that is a standing point at the opposite of "compatible".

-----

私、特許関係について勉強していたことがあるので、行政処理系の書類記載の厳しさについては、良く分っているつもりです。

Because I have studied about patent law, I am well-informed about the severity of documentation of administrative processing system.

で、この厳格さが、一私企業にも求められるようになってきています。

So, this rigor is going to be required for one private company.

これも「コンプライアンス」と呼ぶものの一つなのかもしれません。

This may also be one of what we call "compliance".

とは言え、丸一日を書類作業だけに費された日は、本当に心の底から泣けてきます。

However, the day the whole day was spent for document work, I am about to cry from the bottom of my heart.

「仕事(研究)をさせろよ!」と、叫びたくなります。

"Let me do my work (research)!", I want to cry.

仕方のないことだと分かってはいますが、とにかく、息苦しくて仕方ありません。

I understand it is unavoidable, but anyway, I feel stuffy and helpless.

-----

で、私は、常々思っているのですが、

So, I am always thinking,

『AIなるものに業務を任せたら、職場は、これ以上にもっと息苦しくて辛い場所になる』

"If we leave the business to AI, our workplaces are more painful and painful than anything else. "

と、いう未来をイメージできない人間の、まあ、なんと多いことか、と。

How many human beings can not imagine the future.

"AI"と多くの人が称呼する「ソフトウェア技術」は、これからも進展していくので、このディストピアの未来は、確定だと思います ―― 残念なことではありますが。

As "software technology" that many people call it "AI", will continue to develop, so the future of this dystopia is definite. I am afraid of it.

人間(人件費)より、コンピュータリソースは圧倒的に安く、圧倒的に安いからこそ、コンピュータは人間より圧倒的に"バカ"なのです。

Human being (labor cost) is overwhelmingly cheaper than computer resources. Therefore computers are overwhelmingly "stupid" than human being.

なんで、みんな、こんな簡単なことに気がつかないのだろうか、と思います。

I think that "why do many people think that such simple reality ?"

-----

とりあえず、上記の私に意見に反論しようとする方は、

Anyway, if you are trying to argue against my opinion above,

Please contact me after reading these all.


2018-12-08 『趣味は江端さんのブログです』 [長年日記]

時々、応援のメールを頂くことがあります。

Sometimes I receive a mail of support.

『趣味は江端さんのブログです』

"My hobby is Mr. Ebata's blog."

と書かれたメールを頂けると、その日は一日中、メールを見直して、私は機嫌がいいです。

When I get an e-mail written like that, I am in a good mood with reviewing the mail again and again all day.

-----

ブログで、なんか難しそうなこと書いていますが、詰まるところ、私はこの程度の簡単な奴です。

On my blog I write somewhat difficult, however, after all I am a simple guy.


2018-12-09 ―― 夫は妻より先に死んではならない [長年日記]

江端家夫婦の間では、

Between our couple, there is a rule,

―― 夫は妻より先に死んではならない

"I should not die before my wife"

というルールがあります。

(というか、嫁さんに、そう決められました(一方的に))。

(My wife decided so unilaterally).

一応、このルールを守るべく自分の健康には留意していますが、

I pay attention to my health to keep this rule, however,

娘からは、

my daughter said

「パパの激務っぷりを見る限り、それは難しいんじゃないかな」

"As long as we see papa's working style, it is difficult, is not it?"

とも言われています。

それはさておき。

Apart from that.

-----

When I said the following monologues,

「ママが死んだ後なら、何をしてもいいんだよな」

"I will do anything after Mama dies"

「ってことは、通夜の最中に、ママの棺の横で自決してもいい訳だよな」

"To say that, during the night, there is no problem if I kill myself to mama's coffin"

「あ、そうすれば、葬儀コストも安く抑えられな」

"Well, the funeral cost is going to be cheaper"

としゃべっていたら、

『あのね、マジで止めてよね』と、次女から強い言葉で嗜められました。

my second daughter gave me a strong phrase

"You know, stop it seriously,"

-----

『簡単に、"自決"とか言うな』と叱責している ―― という感じではく、

I didn't feel that she got angry "Don't say about "suicide" easily". I thought that she was about to say

『警察が検死などにきたら、葬儀が中断して、面倒くさいことになるだろうが』

"If the police come to autopsy, the funeral will be interrupted and it will be troublesome."

という、

Her tone was,

"最後の最後までも、面倒を起こすんじゃねえ"

"You will not be troubled even by the end of the last"

というニュアンスを感じる、そういう感じの口調でした。

seriously.


2018-12-10 『俺がやらなきゃ、誰かがやる』―― です。 [長年日記]

一昨年前、町内会の夏祭り(盆踊り大会)の司会運営をやりました。

At year before last, I worked as a MC for a neighborhood summer festival.

この時、楽曲を流す装置の操作方法の習得に随分苦労しました。

At that time, I had trouble in operating audio goods.

「ダブルカセットレコーダ」というものを操作しなければならなかったからです。

Because I had to operate "cassette tape recorder".

This operation was, for example,

一方のレコーダで再生している最中に、もう一方のレコーダで、巻き戻しをして、イジェクトをして、次の曲のカセットをセットしておく ――

I had to rewind and eject a cassette in a slot with playing music by another cassette in another slot.

恐しく面倒で、しかも、曲出しに失敗する確率の高い操作です。

terrible messy and likely to fail to start the music.

そして何より、今後の人生で、絶対に使うことはないであろうアナログ装置のオペレーションを覚えることは、なんとも虚しく、正直苦痛ですらありました。

Moreover, it was in vain and painful to practice the analog equipment operation, that I will use it after the event.

-----

実は、この問題の対応は、簡単です。

To tell you the truth, the solution against the problem is very easy.

カセットテープレコーダの楽曲を、デジタル化しておけば良いだけのことです。

I will digitalize all the music in the cassettes.

その後、その音楽ファイルを、パソコンかスマホに取り込んでおけば、上記のようなアナログオペレーションは不要となります。

After that, I will store the music files in a PC or smartphone, the above analog operations won't be needed at all.

ディスプレイから、メニューを選択するだけで足ります。

I can choose the music title from a GUI of the display.

また、複数のデジタル記憶媒体にバックアップを取っておくことで、デバイスの劣化問題も回避できます。

Making the backup files in several digital storages, we don't have to worry about degradation of the cassettes.

―― てなことを考えていたのですが、今年は、司会運営の担当ではなくなったので、私は、この件から手を引きました。

Even I thought the above actions, however, I stood aside from them. Because I was dismissed from the work this year.

私、来年の4月で、晴れて、町内会役員を任期間満了となるので、これ以上、この問題に関わる必要がないのです。

In addition, at the next April, I will retire from the board, so I don't have to think about

-----

ただ、このアナログーデジタル移行問題で、

However, due to this analog digital shift problem, I think

―― きっと、近い未来に、誰かが割を喰うんだろうなぁ

"Surely, in the near future, someone will take a break"

とは思っています。

-----

しかし、まあ、このような地域の問題は、姿形を変えながら、常に存在してきたはずです。

Well, however, the problems of such areas should have always existed, changing their appearance.

ですから、きっと誰かが何とかするでしょう。

So, certainly someone will do something.

『俺がやらなきゃ、誰かがやる』―― です。

"If I do not do it, someone will do it."


2018-12-11 『1週間(7日)で3kgの減量』 [長年日記]

―― 無理のない計画で、長期間、例外なく、きちんと自分で決めたルールを守る

"With an reasonable plan, for the long term, without exception, keep the rules you decided yourself properly"

ダイエットについては、これ以外の方法はありません。

Regarding diet, there is no other way.

By the way, in my case, I could not exceed the average weight loss of 99 g / day.

私は、計算結果と、実測結果の両方から"ウラ"を取っています。

I have obtained evidence from both calculation results and actual measurement results.

-----

どうして、

I cannot understand people who can make stupid copies (advertisements).

『1週間(7日)で3kgの減量』

"Weight loss of 3 kg in one week (7 days)"

とかいう、アホなコピー(広告)を作れる奴が存在できるのか、私には、本当に理解できません。

-----

「文系学生も数学を」という経団連のメッセージは ―― 少くとも「ダイエット」については、正しい見解です。

According to the Keidanren 's message that "Mathematics to university students in the literature", it is true at least for "diet".


2018-12-12 ダイエットを支配する理論は、非常にシンプルです。 [長年日記]

昨日の続きになりますが、私も若いころ、かなりメチャクチャでハチャメチャなダイエットをやっていました。

This is a same theme of yesterday. When I was an teenager. I tried several crazy and fanatic diets.

(ここでは、"ダイエット"とは、"減量"の意味とします。"ダイエット"の本来の意味は、"食餌療法"という治療法です)

(Here, "Diet" means "loss weight". The original meaning of "diet" is "diet therapy")

例えば、

For example,

■コッペパンだけしか食べないダイエットとか、

- Eating only sweet buns

■納豆だけしか食べないダイエットとか、

- Eating only nattos

■リンゴだけしか食べないダイエットとか、

- Eating only apples

こうやって見ると、私の場合「運動系」ではなく「摂食系」にメインを追いていたようですが、結果として、全く効果はなかったです。

Looking down upon the above lists, I am likely to give weight to food restriction, not exercise. However, all of the trial were not effective.

-----

先日、高校生の女の子からメールを頂いたのですが、そのメールには「嫌いなものだけを食べるダイエット」の提案が書かれていました。

The other day, I got a mail from a high-school girl, and in the mail she proposed the new idea method of "eating only dislikable food".

私は、その文面を見た瞬間、

At the moment I read the phrase, I think,

―― うん、ダメだな

"Well, no way".

と思いました。

コッペパンであろうが、納豆であろうが、嫌いなものであろうが、「食べる」という行為が入った瞬間、もはや「ダイエットの方法論」としては失当なのです。

If even they are sweet buns, nattos, and dislikable food, it is not suitable as a diet method, at the moment of "eating process".

ダイエットを支配する理論は、非常にシンプルです。

The basic theory of diet is very simple.

(1)エネルギー(カロリー)を摂取して、

(1)Getting energy(calorie), and

(2)それ以上のカロリーを消費すれば痩せて、

(2)if you consume more than the calorie, you lose your weight.

(3)それ以下のカロリーしか消費できなければ太る

(3)if you consume less than the calorie, you gain your weight.

これだけです。

That is all.

この理論に基づけば、「嫌いなものだけを食べる」のではなく、「好きなものを"適量"食べる」方が、方法論としては妥当です(で、多分"幸せ"でもある)。

Based on this theory, it is good that "eating suitable mount of favorite food" is better that "eating only dislikable food". In addition, it will make you happy.

それはさておき。

Set it aside.

(続く)

(To be continued)


2018-12-13 私、何か間違ったこと、言っていますか? (娘からは『黙ってテレビを見ろ』と言われています) [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私、『林先生が驚く初耳学』という番組が結構好きで、よく視聴します。

I like the quiz program whose title is "Be new to Dr.Hayashi" and watch it.

で、この番組では、しばしばダイエットに対する特集が組まれます。

This program often make a feature of "new diet method"

で、どこぞの大学の先生が考案した(と言われる)ダイエット法が、実証実験の結果とともに紹介されています。

The "new diet method" that a professor at some college seems to invents, is going to be opened with the result of experimental trial.

私、その大学の先生が執筆された、そのダイエット法に関する論文を、今迄、ただの一回も見たことがないのです(もっとも、私の探し方が足りないのかもしれませんが)

Previously, I tried to search the paper of the new method, which he/she might have completed their dissertation. Unfortunately, I have never found the paper before. Of course my research might be not incomplete.

とは言え、報道に関わる番組が、大衆に対して、公にしているダイエット法なのです。

However, it is a new diet method that has already been opened by administrative mass media to public people.

ならば、番組のホームページで、実験環境と被験者の基本データ、実験方法、その結果の推移をきちんとした数値データで開示することは、報道に関わるものの、当然の責務ではないかと思うのですが ――

If so, at the homepage of the program, it is natural that the press has a responsibility to open the information of experimental environment, person being tested, method of experiment and results using numbers.

私、何か間違ったこと、言っていますか? (娘からは『黙ってテレビを見ろ』と言われています)

Do I say something wrong ? (My daughters say to me "Watch the TV quietly")

-----

是非、協力させて頂きたいのです。

I would like to cooperate by all means.

私は、無償で、数式や法則、コンピュータ、その他、ありとあらゆる手段を尽して、そのダイエット法の仮説を論理的に導いて見せます。

I will logically guide the hypothesis of that diet method by formulas, laws, and computers, free of charge.

なんなら、私自身が「被験体」となって「追試」をしても構いません。

If they don't mind, I will be "subject" and do "replicate".

私だけでなく、その論理を提唱した大学の先生と、世間の皆さんを納得させる、Win-Win-Winな申し出になっていると、確信しております。

For not only me, but also the college professor and everyone, I am convinced that everyone is going to be "win-win-win"

さらに私は、その追試の結果が「良い」ものであれば、私は、自分の著作の中で大々的に紹介する用意もあります。

Furthermore, if the result of that replication is "good", I will introduce the theory and result extensively in my works.

大学の先生、または、番組担当者の方からのご連絡を、お待ち申し上げております。

We are looking forward to the contact from the university teacher or program staff.

-----

あと一つ、私には、ずっと気になっていることがあります。

One more thing, I have a "thing" that I have been worried for a long time.

多くの知見を持ち、素晴しい論理的思考と、プレゼンテーションの能力を有する、あの林先生が、

Dr.Hayashi, who has much knowledge, wonderful logical thinking, and presentation ability,

『ダイエットについてのコーナーについてだけは、一切コメントをしない』

"He will not comment at all about diet issues"

ということです。

これも、私の見落とし、または、見間違いかもしれませんが。

This may also be my overlook or mistake.


2018-12-14 『パワハラを受けたおかげで、私は成長することができた』 [長年日記]

最近、「パワハラは必要悪」という論調の記事を、散見するようになりました

Recently, the article of "power harassment is necessary evil" has been found here and there.

(さすがに「セクハラは必要悪」という記事は見つけられていませんが)。

Though I cannot find "sexual harassment is necessary evil".

これらの記事は、ほぼ全てが、こういう論旨です。

The contents of these articles are almost same.

『パワハラを受けたおかげで、私は成長することができた』

"I could improve my career, under the favor of boss's power harassment"

-----

こういう記事をかく奴を、私は、『低能』と決めつけています。

I think the authors who wrote the above article is, I think, "stupid" at the bottom of my heart.

パラハラであれ、セクハラであれ、それがハラスメント(嫌がらせ)として称呼される以上、それが良いものである訳がないのです。

Even if it is a power harassment or a sexual harassment, "harassment" is "harassment". So it is absolutely "evil".

この手の低能記事の執筆者は「時間」というパラメータの概念がない、つまり「当時の社会通念や背景」を無視しているのです。

The above writers who make a stupid article, has no concept of parameter of "time". That means, they ignore a socially accepted idea and social background at that time.

パラハラを、関数で記載するのであれば、

If "power harassment" is described by a formula, it come to be

harassment(t,p1,p2...)(t:西暦、p1:パラハラ加害者の属性、p2:パラハラ被害者の属性)

harassment(t,p1,p2...)(t:year, p1:attribution of victim, p2:attribution of victimizer)

というものであり、その返り値は、時代、社会背景、加害者、被害者の特性によって、変化し続けているということです。

It means, that the return value of formula is changing by age, background, attribution of victim and victimizer.

パラメータt(時間)の考え方がない低能が、文章を記載すると、こういう馬鹿げた記事が完成する訳です。

The write who have no concept of "time" is going to finish writing such a stupid article.

つまり、「当時はパラハラと認定されなかったこと」が、「現在では問答無用100%のパラハラになる」という事実 ―― 事象の経時的変化 ―― を、ふっとばしているということです。

They skip the important thought that even if it is an action that was not recognise, as a power harassment, now it become perfect power harassment at the present.

つまり、この「低能」を、具体例で説明するのであれば、

The following are the practical example of this "stupid"

■火災や地震の最中で行われた判断を、その後、十分な時間と、潤沢な情報と、冷静な状況で、その是非を論じること

- To argue the judge during real fire and earthquake accident, at a quiet room with enormous information and time.

や、もっと極端な例であれば、

more, for more an extreme example,

■鎌倉時代の封建制度を、立法制度や三権分立や民主主義の概念が確立した現在の状況と比較して論じること

- To argue the feudalism of Kamakura-era, from the viewpoint of the present system based on division of powers, democracy in a country ruled by law.

くらいの「低能さ」です。

Anyway, needless to say, these are nonsense.

-----

『パワハラを受けたおかげで、私は成長することができた』

"I could improve my career, under the favor of boss's power harassment"

と主張する「低能」の罪は、「自分の過去の体験を、現時点に当てはめても通用するハズだ」と思い込んでいる点にあります。

The guilty of this stupid writer, is to trust their idea completely, that is "my past experiment of harassment, is valid for the present social situation"

(続く)

(To be continued)


2018-12-15 私たちの世代や、その上の世代には、もう自分を変化させるだけの気力も体力もないからです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

この手の「低能」は、基本的に面倒くさがりで怠惰で傲慢です。

This "stupid" like this, is basically rude, lazy, and arrogant.

自分の考え方や振舞い変えるのは、誰だって面倒で苦痛にきまっています。

Needless to say, anyone doesn't want change their own policies and behaviors of the life. Because that is messy and annoying even for everyone.

それでも、皆が少しずつ考え方を変えて、歩みよって、少しでも良い社会にしようとしているところに ――

However, when everyone is going to compromise and change their policies little by little, in order to realize better society.

この「低能」は、『毎日、社会が変化し続けたとしても、自分の考え方だけは、変えずに済ませたい』と考えている訳です訳です。

this "stupid" is thinking "Only I, want keep my policies at all, even if the society is going to change"

はっきり言って、「低能」「怠惰」「傲慢」の上に、「有害」ですらあります。

To tell you the truth, this "stupid" is not only "rude", "arrogant" but also "harmful"

そして、この手の「低能記事」の執筆者が、私の世代に多いのは、よく考えれば自然なことです。

On careful thought, it is natural that many "seniors" are "stupid writers" like the above.

私たちの世代や、その上の世代には、もう自分を変化させるだけの気力も体力もないからです。

People for our generations and the beyond, have no more energy or physical strength to change ourselves any more.

-----

ここで、少し話を飛ばします。

Changing the subject.

今年の夏は、本当に命の危険を感じるほど、暑い夏でした。

You know, this summer had been incredible hot, standing in fear of our life.

こんな中でも、町内会の委員(私を含む)は、真夏の避難訓練を強行し、夏祭りの準備を取り止めることはしませんでした。

However, the administrators of the NA(neighborhood association)(including me) didn't stop a evacuation drill in midsummer, and preparation of a summer festival.

これは、年々激化する真夏の気温の上昇という「事象の経時的変化」に対して、町内会が、それに対応する柔軟性を持っていなかったからだと思います。

This is because that the administrators could not have flexibility of "change with time" of hot temperature trend every year.

(もっとも、私は具合の悪そうな人を見つけては、直ぐに帰宅を促していました。誰かに何かを言われたら『江端に命令された』と言うようにと言っておきました)

(Whenever I found the people with sickly face, I advice him/her to return home soon. I said to them "If someone blame you, you can just say "Ebata's command")

-----

そして、私が"最大級の驚愕"をしたのは、夏祭りの準備の最中の休憩時間に、休憩している人たちのど真ん中で、悠々と喫煙を始めた町内会の委員がいた、ということです。

And the dismay of the first magnitude for me, is that there was an administrator who started smoking among people who took a rest of preparation of summer festival.

もっとも、

Of course, I know,

―― 公園での喫煙は違法ではない(場所にも因る)

"It is not an illegal activity to smoke in a park (depending on parks)"

ことは知っています。

しかし、現時点での社会通念に照らせば、

However, according to conventional wisdom at the present,

喫煙者が減少している社会の動向や、受動喫煙の危険性の観点から、

from the viewpoint of decreasing smokers and risk of secondhand smoke, the followings might be expected,

■一旦、公園の外に出て、

- Once going out of the park,

■人のいないところを探して、

- searching a place with no people

■煙がこもらないように、一人で(誰かと会話をしながら、ではなく)喫煙をする

- preventing smoke escaping to other place ( Smoking alone, without chatting others)

というのは、現役の社会人(and 会社人)である私にとっては自明のルールです。

The above are ordinal rules for me, who is a general working people ( and salaried employee)

私のもっている暗黙的な社会通念が、社会全体のものではなかったという事実に ―― 私は、心底、愕然(がくぜん)としたのです。

I was really surprised from the bottom of my heart, to know that the conventional wisdom in my mind, is not tackled by society as a whole.

(続く)

(To be continued)


2018-12-16 ―― 私が、このような「最低かつ最悪の高齢者」となることが、現時点でほぼ100%確定している [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私は、このような「私と同世代、または、それ以上の高齢者」を批判するつもりはありません。

I'm not going to criticize such "senior citizens of the same generation or older" like this.

特に、リタイアした高齢者が、リアルな社会と接する機会が減ってしまうのは仕方がないことです。

In particular, it is unavoidable that opportunities to retire from elderly people will not be accessible to real society.

とすれば、私の有する「暗黙的な社会通念」が共有できないことは、ある種、避けられないことである、とも思います。

I think that it is inevitable that it is impossible to share the "implicit social wisdom" that I have.

また、私は、前世代的な敬老の精神(の誤用?)から、そのような目上の人を「批判しません」。

Also, I will not criticize such a superior person from the spirit of the previous generation's respite (the misuse of?).

実際、「批判」しなくても、大して私には影響はありませんし、町内会で、これ以上の波風立てるのも、面倒な話です(もうすぐ懲役・・ではなくて、役員の任期を終えますし)。

Indeed, even if I do not "criticize", I have no effect on me, and I don't want to make any troublesome more at the neighborhood association. (I will finish the terms of prison sentence .. correction.. of office).

それに、私は、日常的に彼らに接している訳ではないし ―― というか、ぶっちゃけ、私は、彼らのことなど、どーでもいいのです。

Besides, I am not meeting them regularly - or even more, I do not care about them, to tell you the truth "nothing".

-----

私が心の底から「怖い」と思うことは、

What I think is "scary" from the bottom of my heart, is

―― いずれ、私もこういう高齢者になる

"Anyway, I will become such an elderly person"

ということです。

しかも、ご存知の通り、私は、「浅学、卑怯、狭量」がセールスポイントです。

Moreover, as you know, my selling points are "shallow learning", "cowardice" and "intolerant".

加えて、質(たち)の悪いことに、私は、(偏向してはいますが)一定の知識があり、そこそこの論理的思考ができて、かつ、論争を挑まれれば(喧嘩を売られれば)、100%参戦します(買います)。

In addition, to make matters worse, I have certain knowledge (although it is biased), and can do reasonable logical thinking. If you challenge the controversy to me (selling a fight), I will participate 100% (buying the fight).

-----

このような人間の未来は、

Such a human future, is

―― 最低かつ最悪の形で完成した一人の高齢者

"One elderly person completed in the worst case"

です。

こんな奴は、迷惑です。社会の害悪です。打倒すべき社会の敵です。

Such a guy is annoying, a society's harm, the enemy of society to overthrow.

-----

そして、現時点で避けられない現実とは、

And the inevitable reality at the present time, means,

―― 私が、このような「最低かつ最悪の高齢者」となることが、現時点でほぼ100%確定している

"It is nearly 100% confirmed that I will be such "the worst elderly" like this"

と、いうことなのです。


2018-12-17 今週末、「韓国の出生率が1.0人を割った」というニュースを読みました。 [長年日記]

I have calculated several population problem of Japan before.

ですので、「出生率」という言葉と数字には、かなり敏感に反応するようになっています。

So I come to feel sensitive about the world and number of "birth rate".

------

出生率とは、15歳から49歳までの女性が出産する子どもの数の平均値です。

"Birth rate" is the average of numbers of children, being born from the women from fifteen years old to forty-nine.

言うまでもなく、出生率が2.0を下回ると、人口を維持することができなくなります。

Needless to say, less than the value of "2.0", the population of the nation cannot be kept.

ちなみに、日本ではここ20年くらい出生率が下り続け、現在は1.4を驀進中です。

By the way, the birth rate of Japan for this twenty years is about 1.4, and now the society with fewer children has been in progress dynamically.

------

私は「出生率」というのは、国民が国家に対する「通知表」のようなものと思っています。

I think that "birth rate is a sort of report card of the nation from the citizen.

子どもを労働力としてみなす、または子どもの死亡率が極端に高い国を除き、出生率は、"幸福の期待値"と見なせると思っています。

Except for the countries where the citizen think a child is a labor, and the death rate of children is extremely high, "birth rate" assumes "expected value of happiness"

For example,

■子どもを産み、育てることが、幸せと感じることができない国では、出生率は下がります。

For the nation that have citizens who cannot feel happy to bear and rear a child, the birth rate is going down.

■子どもを生み、育てても、その子どもが将来幸せと感じることができないだろうと思われる国でも、出生率は下がります。

For the nation that have citizens who don't think that their child will be happy, the birth rate is going down.

だから、"期待値"です。

So it is an "expected value"

因みに、隣国と我が国は、世界でトップクラスの(両国ともメダル確定の)低出生率国です。

Both Japan and the neighboring country in peninsula, are the worst birth rate countries in the world.

-----

今週末、「韓国の出生率が1.0人を割った」というニュースを読みました。

Last weekend, I read "the birth rate in Korea is going less than "1.0" in the newspaper.

かなりの衝撃を受けました。

I was really shocked to read the article.

以前、私が「出生率が1.0人を割った」我が国の人口シミュレーションを行った時、パソコンの前で、青冷めていたのを覚えています。

I have tried to the population simulation under condition of "the birth rate less 1.0" before, and I remember that the result made me pale.

少子化対策の施策には長時間(数十年単位)の時間が必要で、かつ、一定の人口がいないと、その効果を発揮できないからです。

In order to overcome the aging of its population and the declining birth rate, we need a long time(more than several ten years). If not a certain amount of population, the effect will be not expected.

-----

我が国は、現在、出生率1.8を目標として、各種の施策(立法、減税、福利厚生等)を打ち出しています。

Now the government is going to hammer out laws, more favorable terms, welfare work and so on. and aiming the birth rate of "1.8".

この狙いは明確です。

The target is clear.

「時間かせぎ」です。

It is "temporization".

画期的な少子化対策(技術も含めて)の登場を、「未来に賭ける」という戦略が見て取れます。

The strategy is to be expected to arrive the breakthrough reproductive technology in the future.

私は、これは、現時点での我が国が取り得る、唯一の戦略だと思います。

I think that this is a only strategy that we can handle at the present.

しかし、その戦略も、現在の我が国の出生率を"1.4"でキープできているからこそ、取れる戦略です。

However, the condition of the strategy is based on the present birth rate of "1.4".

(続く)

(To be continued)


2018-12-18 『「出生率が1.0人を割る」ことが、現実に発生し得る』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私は、隣国を心配しているのではなく、―― いや、もちろん、友好国の国民の一人として心から心配していますが ―― 私が衝撃を受けていることは、

I am not concerned about the the neighbour. No, no, of course, I am desperately worried about it as a friendly nation at the bottom of my heart, what I was shocked is the fact of

『「出生率が1.0人を割る」ことが、現実に発生し得る』

"the birth rate is able to be less than "1.0"

という事実なのです。

そして、日本が、今後、現状の"1.4"からさらに低下することはない、などという根拠はどこにもないのです。

And there is no reason that "the birth rate of Japan will be in the same condition"

-----

「人口減少が、それほど深刻な事態なのか?」と疑問に考えている人もいるかもしれませんが、この話の問題は極めてシンプルなのです。

You might wonder "is declining birth rates so serious?". However this problem is very simple.

私達は、これまで人口が増える社会を知っています。

We know the society of increase in population well.

逆に言えば、そのような社会しか知りません。

On the contrary,we know only the society.

そして、私達の社会システムは、そのように設計されており、人口が減少する社会への対応方法を知らないのです。

And our society has been designed like that, and we don't know how to deal with the society of decrease in population.

いや、案外、知っているのかもしれません。

Well, we might know it well.

For example,

税収の激減、自治体の破産宣言、公共サービスの品質低下または停止、雇用の喪失、倒産の連鎖、福祉費用の削減または凍結・・・

declining tax revenues, declaration of bankruptcy of local authority, downslide or stop of public society service, job loss, chain reaction bankruptcy, and budget constraint of warfare....

です。

------

一言で言えば、「一部の恵まれていない人の悲惨な生活」をニュース番組で見ている人間は、いなくなり、

In a word, we will not watch the documentary program about peoples who are brought up in poverty

私達、国民全員が、そのニュースの中に入る、という、そういう社会です。

but will be such people like that.


2018-12-19 その私が、「スマホを使いこなせない」ということを正当化するのは、『卑怯』そのものと言えましょう。 [長年日記]

「朝活」という言葉で、早起きによる学業や仕事が奨励されています。

Using the word "Early-morning activities". studies and works are being promoted.

Against it, I have already told that I am doing "late-night activities" for getting witting time.

これは、私が『執筆活動のツールとして、パソコンしか使えない』ことが理由です。

The reason of my "late-night activities", is that I have no tool for writing, except for using a PC.

「夜活」なら、通勤経路の往復で、座席に座ってパソコンを使うことができます。

Thanks to this activities, I can use a PC, having a seat on round-trip commute of 3 hours.

加えて、現時点において、私の思考と同じ速度で文字入力できるデバイスが、パソコンしかないからです。

In addition, I have no device to input character to keep a speed of my thoughts, except for a PC

-----

とは言え、私がスマホで片手での文字入力が可能となれば、満員電車の中でも執筆活動ができるハズです。

If I can use the smart-phone input method by one-handed, I could write on a crowded train.

ところが、現時点で、私のスマホの入力速度は、パソコンでの入力に遠く及びません。

However the input speed of a smart-phone is far inferior to that of a PC.

従って、どうしても、スマホよりはパソコンを使用することになります。

Therefore, I come to use a PC rather than a smart-phone.

現時点での使用比率は、スマホ:パソコン = 1:9999 くらいかと思います。

The ratio at the present is 1:9999 = smart-phone : PC

しかし、

However, "I cannot write anything witout a PC"

『パソコンでなければ、執筆できない』 ――

という言い訳が、世界中の全ての人に許されたとしても、

Even if this excuse is allowed for everyone in the world,

少くとも私だけは許されないことを、私は知っています。

at least I know I am not able to be allowed by anyone.

-----

なぜなら、

Because, both the following phrase

「パソコンでの入力はできるが、スマホでの入力ができない」

"I can use a PC, but I cannot use a smart-hone"

and

「鉛筆で記述することはできるが、パソコンでの入力はできない」

"I can use a pencil but I cannot use a PC"

のロジックは、基本的に同じだからです。

are basically same.

つまり、上記の2つが、『"自分でできないこと"を、"自分でできること"で、担保する』言い訳である、という点において両者は全く同じなのです。

In other word, the above two phrases are same excuses of "alternate "what I can do" and "what I cannot do"

I have blamed persons who take the leadership of many people (including an incumbent minister) for not trying to use a PC.

その私が、「スマホを使いこなせない」ということを正当化するのは、『卑怯』そのものと言えましょう。

I am really a dastard, if I try to justify by myself about "I cannot use a smart-phone"

(続く)

(To be continued)


2018-12-20 私自身、「東京ディズニーランドが空爆されても、1mmも悲しまない、唯一の日本人」であるという自負があるくらいです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

よろしい ――

O.K.

これから、私はスマホで、この日記を書けるようになる訓練を開始します。

I start a training to be able to write this diary by my smart-phone.

「スマホで卒論を書いた」という人に負けないくらいの、「スマホ入力マスタ」を"目指す"ことを、ここに宣言致します。

Hereto I will declare to make me "an input master of smart-phone", to overcome the person who have written their graduation thesis

-----

ところで、『スマホで卒論を書いた』って話、本当でしょうか?

By the way, is it an real story to write their graduation thesis?

私には、にわかには信じられません。正直、都市伝説ではないかと思っています。

I cannot believe it. To tell you the truth, I think it is just imaginary story.

もし、この日記を読んでいる方の中に、『スマホで卒論を書いた』を実現した方がいらっしゃったら、是非御一報下さい。

If you are the person, please feel free to contact me directly.

インタビューに参上させて頂く所存です。

I am going on visit to you for the interview.

閑話休題。

To return.

-----

まず、満員電車に乗る日常から始めなければなりません。電車に座れる環境では、私は、パソコンを使ってしまうからです。

First of all, I have to start to use a crowded train everyday. I want to get a seat soon.

しかし、今の通勤環境を変えるのは難しいです。私は満員電車が大嫌いだからです(好きない人はいないと思いますが)

However, it is difficult for me to change the commute environment of mine.I hate a crowed train. (Who likes a crowded train?)

なにしろ、私は、混雑が嫌いで、並ぶのが嫌いで、そして人間嫌い(と家族が言っています)です。

Above all, I hate congestion, line, and human being( my family said so).

私自身、「東京ディズニーランドが空爆されても、1mmも悲しまない、唯一の日本人」であるという自負があるくらいです。

I myself, flatter myself that "the last Japanese who cannot feel sorrow, even if Tokyo Disney Land is struck by other countries"

残る解は「歩きスマホ」くらいですが、―― 今やインモラルの代名詞であり、時代に逆行すること甚だしいです。

I am afraid that the remaining solution is "smart-phone operation with walking", however, this is immoral pronoun, and goes against the time.

少し考えてみます。

Let me think about it for a moment.


2018-12-21 残念ながら、江端家では家長自らが『ロジック優先』を唄っています。 [長年日記]

衣服を着衣しない姿(婉曲表現)で部屋の中でウロウロする娘たちに、嫁さんがキレています。

My wife gets angry with daughters who are walking around in an untidy manner(euphemistic expression).

しかし、彼女らの抗弁は、『パパだって、そうしているじゃんか』ということです。

However, they always plead not guilty, with saying "Papa does the same thing doesn't he?".

-----

残念ながら、江端家では家長自らが『ロジック優先』を唄っています。

I am sorry but, the Ebata's top priority is "logical activity"

ですので、

So,

「男だからいいのだ」

"Men are O.K."

「親だからいいのだ」

"Parents are allowed in exceptional circumstances"

という『非論理的な理屈』は、使えないことになっています。

These phrase are not allowed. Because they are illogical reasoning.

-----

そういう訳で、私は、これから、風呂から上がった後は、必ず寝巻(ねまき)を着ることになりました。

Thus, I absolutely have to wear a night-clothes after taking a bath.

ただし、その寝巻は、『高齢者が病院で着衣しているような』、おそろしく辛気(しんき)くさい寝巻です。

However, the night-clothes is awfully cheerless, like, "an elder wears in a hospital".

嫁さんが、すでに垢抜けた寝巻を購入していて、それを着るように勧めていますが、私は、一切応じていません。

My wife has already got a cheerful night-clothes for me, and recommended me to wear it, but I have not tried it.

-----

これは「嫌がらせ」―― ではありません。

"Harassment", of course, it is not.

『高齢者が病院で着衣しているような』寝巻は、生地がソフトで、本当に着心地が良いのです(実際、ちょっと値段も高い)。

The night-clothes "an elder wears in a hospital" is really comfortable (and a little expensive).

とは言え、私が不思議に思うのは、同じ生地を使って、もっとマシなデザインの寝巻も作れるだろうに、なんで、こんな辛気くさいデザインの寝巻しか作らないのだろうか、ということです。

However, I am wondering why the providing company doesn't intend to make them flamboyant in design. Is there something reason for it ?

これも、一つの「様式美」なのかもしれません。

It may be that it is a sort of "beauty of form".


2018-12-22 『"失敗"からしか学べないなら、学ぶためには"失敗"し続けなければならない』 [長年日記]

先日、北海道で、不要となった大量のスプレー缶の中身を室内に放出して、それがガス給湯器を火種として大爆発を起こした ―― という事故がありました。

The other day, the accident occurred in Hokkaido, that employees in an office tries to put liquid mass of spray pan and the gas exploded hugely with a fire of a gas feed water heater.

―― なるほど、そういうことを予測できない人間がいるのか

"I see. some people cannot make the image of the accident"

と、私は、少し考え込みながら、ニュースを見ていました。

I watched the TV news program with thinking deeply.

-----

I have experimented that "I almost crashed my lodging house by the explosion of hydrogen chemical reaction.

しかし、この実験前の段階で、ある程度の被害は予測していました(正直、予想を越えましたが)

However, I predicted the damage by the experiment before (To tell you the truth, the result was beyond my prediction)

なにしろ、私は、すでに年齢が一桁だった頃から、、

To begin with, when I was a child, I created the following accidents,.

■蝋燭のロウを煮沸して、気化したロウが引火して、ボヤを起こしかけたし

- boiling wax, the vaporized wax was exploded and our country house was about to fire.

■殺虫剤の噴霧液体を引火させて、「火炎放射器ごっこ」で遊んでいましたし、

- firing the liquid mass of spray can and playing with it as "flame gun".

■父の経営していた木工会社の焼却炉に、100円ライターを投げ込んで、爆発の爆炎の高さを測っていましたし、

- pitching th incinerator of my father's firm into \100 cigar lighter and measuring the height of flame.

■塩水の電気分解実験に失敗して、配線を炎上させていましたし、

- firing the electric wire by failing the electrolytic process experiment of salt water.

まあ、そういう、子どもっぽい可愛いらしい悪戯(いたずら)で、何度となく、酷い目に会ってきました。

Anyway I repeated the pretty and childish play and made me terrible situations.

----

そんでもって、私の座右の銘の一つである

Thus, I would make my motto of

『人間は、"失敗"からしか学べない』

"Human being cannot learn anything without failing"

は、私が二十(はたち)になる前には、すでに確立されていましたし、同時に、

before I was twenty years. At the same time, I made another motto of

『"失敗"からしか学べないなら、学ぶためには"失敗"し続けなければならない』

"I have to continue failing again and again for learning"

も副次的に生成されることになりました。

collaterally.

-----

という訳で、皆さんは、

Anyway, everyone who read my diary, have to watch me kindly,

江端が"失敗"をし続けているのは、向学心の表れ ――

"Ebata have a strong interest in learning with continuous failing"

という、寛容な眼差しで、江端を見守り続けなければならないのです。


2018-12-23 ―― 簡単に、『それって簡単だろ?』という奴だけにはなるまい [長年日記]

最近、努に思うのですが、

Recently I come to think,

―― 簡単に、『それって簡単だろ?』という奴だけにはなるまい

"I won't make me say ""that is easy isn't it?" easily"

と思っています。

有能な人であれば、「簡単なこと」というものがあるのかもしれませんが、

If you are a competent person, you may know "something easy", however,

私のような無能な人間は、これまで「『簡単だった』というもの」を思い出すことができません。

an incompetent person like me, can not even remember "something easy".

-----

あなたにお願いがあります。

So, I have a request for you.

もし私が、『それって簡単だろ』と一言でも言ったら、私を「半殺し」の目に合わせてやって下さい。

If I say a word, "it is easy isn't it?", please half-kill me.

私は、そんなフレーズ使う人間にはなりたくないのです ―― が、

I do not want to be a guy who uses such phrases - however,

油断することもあると思いますので。

I might as well be car

eless.


2018-12-24 もし、『英語の勉強なんか、やってられるか!』叫ぶ子どもたちに対して、私たち大人は、語るべき言葉がありません。 [長年日記]

我が国の現職の大臣が、「私は英語ができないから首相を目指すことはやめます」と言ったそうです。

The incumbent minister of our country said that he said "I can not speak English, so I will not aim for prime minister".

-----

私、政治家というのは、とても大変な仕事をしていて、それ故に敬意を払うべき方々であると、『かなり本気』で思っている国民の一人です。

I think that politicians are doing a very hard job, therefore, I also think that they are "pretty earnestly" respectful people.

しかし、この方の発言を聞く度に、私は、政治家に対する「敬意」が、どんどん薄れていくのを止めることができません。

However, every time I listen to his opinions, I come to stop "honor" for politicians, decreasing more and more.

-----

I am a "engineer not loved by English" until now, but still I continue to work hard every day.

エンジニア視点で客観的に自己評価しても、「自分の努力が報われている」とは露ほどもに思えませんが、それでも、こんな日記を毎日書いて、自分なりに勉強は続けています。

Even from and engineer's point of view, I do not think that "my own efforts are being rewarded" as all, still, I write such a diary everyday, and I continue studying on my own.

-----

つまり、我が国は、『一国の大臣ともあろう人間が、こういう発言をしても良い国』ということです。

In other words, our country is "a country where a person who may be a minister can allow to say such remarks".

この方は、文部科学省ではないとは言え、行政機関のトップの一人です。

Although he is not the minister of the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, he is one of the top executives.

中学生、高校生、そして小学生の皆さん。

Then, for junior high school students, high school students, and elementary school students.

あなたたちは、我が国の行政機関が指導する「英語教育指導要項」なんぞを、真面目に守って勉強する気になりますか?

Are you willing to study English seriously, based on "English instruction instruction guidelines" guided by administrative agencies of our country ?

もし、『英語の勉強なんか、やってられるか!』叫ぶ子どもたちに対して、私たち大人は、語るべき言葉がありません。

For children who scream "I can not study English anymore!", our adults have no words to talk about.

なにしろ、国民の範となるべき大臣が、こんなこと言っているんですから。

In any case, the minister who is to be the citizen's model, said this.

まあ、我が国の行政の機関のトップの立ち位置が、これでよく分かったと思います。

Well, I think I could understand well that the intention of top position of the administrative institution in our country.

そして、我が国の目指す「国際化」なるものが、結局、その程度であることも、良く分かりました。

And I also understood well that the level of "internationalization" of Japan.

(続く)

(To be continued)


2018-12-25 ―― 『英語教育の全面撤廃』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

これは、とある民間の企業の某社員の話です。

This is a story of a certain employee of a certain private company.

彼は、若いころからずっと『英語ができない』と主張し続けてきました。

He has been saying that he can not speak English since he was young.

それでも、たった一人で海外に飛ばされて、標準化団体のメンバを招集して、ミーティングを企画し、そして、そのホストをやってくるように命じらました。

He was ordered to go abroad alone, to convoke members of standards bodies, to plan a meeting and to make him the host of the meeting.

どう考えたって(パワハラとまでは言えないまでも)、かなり滅茶苦茶な命令です。

Whatever I thought, it was a pretty messy instruction(even if it was not a power harassment).

しかし、業務命令なら従うしかない ―― 彼はそんな風に思っていました。

However, he had no choice but to obey the business order - he thought like that.

それが兵士・・・ではなく、サラリーマンだと思っていたからです。

He thought that was a salaried worker ... not a soldier.

-----

という訳で、私は、現総理大臣閣下に、提案させて頂きたいと思います。

So, I would like to propose to the current Mr. Prime Minister, my lord.

現在、閣下の肝入りの政策に「働き方改革」がありますね。

Currently, there is a "working reform" in policies of my lord.

そして「外国人労働者の受け入れ」もありますね。

And there is also "acceptance of foreign workers".

私は、この両者の課題を一気に解決し、

Resolving the both problems,

国民から歓迎され、

Welcomed from the people,

内閣支持率を維持し、

Maintaining the approval rating of the Cabinet,

長期政権を担保し、

Securing long-term administration,

上手く行けば憲法改正まで持っていけるかもしれない ――

If it goes well, it may be possible to take the constitutional amendment,

現内閣の「骨太」の新コンセプトを提供したいと思います。

I would like to provide a new concept of "skeleton" of the current cabinet for my lord.

―― 『英語教育の全面撤廃』

It is, "the elimination of all English language education"

です。

(続く)

(To be continued)


2018-12-26 命名は、「新・鎖国」(New-Sakoku doctorine) で、どうでしょうか。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

日本人の英語教育にかける時間は膨大です。

The time spent on English education in Japan is huge.

私の見たところ、ティーンエイジャの勉学の時間の半分は、英語に持っていかれています。

As I know, half of the time I spent studying teenagers has been brought to English.

そして、就職後も、TOEIC等のテスト勉強で、就労時間"以外"の時間を、英語の勉強に持っていかれています。

And even after finding employment, I spend much time to study for TOEIC, e.t.c outside the office.

In my estimate, the number of workers in Japan who really need communication by English is about 4% at most.

それ以外では、英文による電子メールによる問い合わせくらいでしか使用されておらず、あとは数年に一回ほどの、海外旅行での入国審査に使われるかどうか、という程度です。

Other than that, English is only used for e-mail, in other case, English is only used for immigration in overseas traveling, once in several years.

そして、外国人労働者に期待する技能は、「専門知識 + 英語によるコミュニケーションの窓口」と、政令(可能であれば法定)指定してしまうのです。

And, the skills that foreign workers are expected, are determined as "expert knowledge + help desk of English communication" by law or government ordinance.

これは、我が国のグローバルとドメスティックを両立する、新しい政策となると思うのです。

I think that this will be a new policy to realize both Japanese global and domestic strategies.

命名は、「新・鎖国」(New-Sakoku doctorine) で、どうでしょうか。

How the name of "New-Sakoku" doctorine is.

-----

我が国の現職の大臣が、「私は英語ができないから首相を目指すことはやめます」と言って、先端を切ってくれました。

The incumbent minister of our country said "I cannot speak English, so I will not aim for prime minister". Anyway he led the way for the non-English country.

これは、千載一遇のチャンスです。

This is a chance for a thousand chances.

―― 改革すべき「働き方」は、ここ(英語教育の全面撤廃)にある

"The ultimate working style is "complete elimination of English language education"

と、私は確信しております。

And I am sure of it.


2018-12-27 次女:「もうさぁ、諦めて仕事に戻りなよ」 [長年日記]

この12月は本当に忙しかった ―― のですが、その詳細が語れません。

This December was really busy - but I can not tell you the details.

語ると、あちらこちらで問題になるかもしれないからです。

Talking about it may be a problem in many places.

以前は、『休日返上で・・・』などということも、愚痴と自慢を半々にしたものを、記載できたものですが、今は、そういうことがやりにくきなりました。

In the past, I could write "returning the holiday ..." with complaint and boast. However, it comes to be difficult to write such things.

という訳で、休日返上うんぬんの話の代りに、

So, instead of talking about returning holidays, I only describe,

「この12月は、セルシン(精神安定剤)の摂取量が、『平均1.0錠/日』に限りなく近い量になった」

"In this December, the intake of tranquilizer has become nearly as close as "average 1.0 tablets / day"

とだけ記載しておきます。

-----

先日、自室で、投稿ペーパーの執筆で狂っていた時のことです。

The other day when I was crazy with writing my paper in my journal in my room.

私がリビングに降りていくと、次女がミルクティーを入れていたところでした。

Getting off to the living room, the second daughter was making milk tea.

次女:「パパも飲む?」

Second daughter(SD): "Wanna to Drink, dad ?"

江端:「・・・頼む。めちゃくちゃ甘いのをよろしく」

Ebata: "... please ... make it too sweet"

と言ったあと、ミルクティーを飲み終えた後も、次女とキッチンでたわいもない話(アニメとか、アホな現職大臣の話とか)を続け、次々とネタを新しいネタを繰り出し続けていました。

Even after finishing drinking milk tea, I continued talking about funny stories (animes or an incumbent minister) and I kept on pushing new topics one after another.

しかし、最後には、次女から言われました。

However, the second daughter told me in the end.

次女:「パパ」

SD: "Dad"

江端:「何だ」

Ebata:"What?"

次女:「もうさぁ、諦めて仕事に戻りなよ」

SD: "Now, give it up now and go back to work"

江端:「・・・」

Ebata:"...."

うなだれながら、私は自分の部屋に戻りました。

Hanging my head, I went to my room.


2018-12-28 日本だけが、その課題の称呼を、片っ端から英単語化していくこのできる、巨大なポテンシャルを持っているのです。 [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

Let's turn the world by "Number"(52) : Work style reform(11) "

"Government landmines? Hikikomori problem to understand from 'Youth Human Resource Development'

-----

「ひきこもり」を表現する英単語が見つかりません。

I can not find an English word expressing "hikikomori".

"shut-in","Homebody","couch potato","anti-social".... など、色々あるのですが、何か違うような気がしまして。

There are various things such as "shut-in", "Homebody", "couch potato", "anti-social" ...., but I felt something different.

今回、調べているうちに知ったことですが ―― 英国で、日本の「ひきこもり」対策についてのドキュメント番組が紹介されたらしのですが、そのタイトルが、なんと、そのまま

While I was investigating this time I knew that "In the UK, the document program about Japan's "hikikomori" was broadcasting and the title was likely to be

"Hikikomori"

"Hikikomori"

だったそうです。

-----

"Karaoke", "Otaku", "Ramen", "Sake","Bonsai", Manga","Kaizen","Karoshi",Zangyo" これら、全部、日本発の英単語です。

"Karaoke", "Otaku", "Ramen", "Sake","Bonsai", Manga","Kaizen","Karoshi",Zangyo" All these are English words from Japan.

我が国は、単に英語を「使っている」国であるではなく、今や、英語を「作っている」国なのです。

Japan is not simply "using" English, but now a country "making" English.

この勢いで、先ずは「英語の3割程度の単語を日本語化」できれば、私たちは、日本語の単語だけで、世界とコニュニケーションすることが可能となるはずです。

With this momentum, we may be able to communicate with the world only by Japanese words, if we can do Japaneseize about 30% of English words.

-----

頭の固い(というか「頭の悪い」)英語教師達の"R"と"L"の発音へのカルト的な拘泥なんぞ、無視していいんです ―― というか、無視しなければなりません。

You can or should ignore the cult-like stuff to the pronunciation of "R" and "L" of a hard-headed (or "bad-headed) English teacher.

深刻な社会問題(少子化、高齢化、介護、育児、そして、ひきこもりにいたるまで)で、世界一の社会課題先進国である、我が国日本。

Japan, which is the world's most advanced social task issue in serious social problems (declining birthrate, aging population, nursing care, child rearing, and hikikomori).

日本だけが、その課題の称呼を、片っ端から英単語化していくこのできる、巨大なポテンシャルを持っているのです。

Only Japan has a huge potential which can realize to make Japanese-English about those social problems.

そろそろ私たちは、このことに気がつかなければなりません。

It is time for us to realize this.

そして、政府は、これを「国策」に取り組まなければなりません。

And the government must tackle this as "national policy".

そして、英語ができないと公言する大臣は、それを自覚しているなら、「総理の椅子」なんぞではなく、むしろ、その資質を利用して、

And if the minister who has open his poor English literature, he should not care of "Prime chair", but use the ability for

「我が国の課題名称の英語化」

"Englishization of the task title in our country"

で、実績を上げればいいんですよ。

and he only has to make achievements.


2018-12-29 年末の最後に、こういうポカをするところが、なんとも私らしいです。 [長年日記]

帰省中です。

I am homecoming.

スマートEXで、スマートに新幹線の切符を購入したのに、発車時間を間違えて、乗り過しました。

I purchased the bullet train ticket smartly with Smart EX, I got on the wrong time.

で、別の新幹線に乗り込んで車両の通路のところに座りながら、この日記を書いています(もちろん、自由席には文句なしに乗れるんですけどね)。

So, I'm writing this diary while getting on a different Shinkansen and sitting on the floor of the passageway. (Of course, I could ride any Shinkansen on the free seat)

世間的には、50過ぎのおっさんが、こうやって、通路の間に座り込んでいるというのはどう見えるんだろうなぁ、とか考えなくもありませんが ――

From a public point of view, I thought how people think the old man was sitting on the floor like this -

フロアに展開されているのが「カップ酒」でなく、「ノートPC」と「2台のスマホ」というのは、まあまあ今風でしょうか。

It might be modern style that "laptop PC" and "two smartphones" were opened on the floor, not "cup liquor".

-----

この12月は、外注の発注やら物品の発注納期の締切で、細心の注意を払いながら ―― それ以外はほとんど何もできなかった ―― と思えるほどの、業務処理を行ってきました。

In December, I was paying close attention at the deadline of placing orders or outsourcing for goods or software --- I could hardly do anything else except them --- I've been doing business processing.

年末の最後に、こういうポカをするところが、なんとも私らしいです。

It seems to me at all at the end of the year.

まあ、これが、今年度最後のポカというのであれば、そんなに悪くはない「ポカ」だとは思います。

Well, if this is the last "mistake" this year, I think that it is not so bad "mistake".

I'm good at sitting in the aisle and using a PC with sitting with my legs crossed. Thinking that it was keenly angered with waiting for several hours at an international terminal

1時間半程度の電車の移動など、どうということはありません。

There is nothing to do with train movement of about an hour and a half.

(続く)

(To be continued)


2018-12-30 『子どもが小さいので、もう2~3年は帰省できません。すみません、お義母さん』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

しかし、たった、これだけの「ポカ」でも学べることはありまして、

However, there are something that can only be learned even with this "mistake"

例えば、

For example,

■トイレのある連結車両に陣取ったのは失敗だった(人の出入りが激しくて、彼等の視線が痛い)

- It was a failure to catch up with a connected vehicle around a toilet, and there are many people coming and going and feeling their pain in their eyes

とか、

or

■特に帰省前後の日々は、子どもの出入りが激しい

- Especially the days before and after long vacation, children are getting in and out

とか、

or

■座り込んだ場所の頭の上が、ダストボックスの入口があれば、頭をゴミが通過することを許容しなければならない

- If there is an entrance to the dust box above the head of the sitting place, I must allow the garbage to pass through my head

とか、

色々学べます。

and so on.

-----

それにしても、子どもというのは、公共交通サービスの利用者としては、ふさわしくない生物であるなぁ、と実感します。

Even so, I realize that children are not suitable creatures as users of public transportation services.

騒がしいし、走り回るし、うっとうしいし・・・、もちろん、これは生物としての特性なので、仕方がないことですが。

They are noisy, crisp, and annoying. Of course, because it cannot be helped that this is a characteristic of a child.

しかし、この生物の性質って、逆に「使え」ないんですかねえ。

However, the nature of this creature, on the other hand, I think it must be "usable".

『子どもが小さいので、もう2~3年は帰省できません。すみません、お義母さん』

"Our child is too small, so we can not return home for a few years. We are sorry for you, Mom"

これって、帰省が「できない」ことの言い訳、としては最高じゃないですか。

This is the best excuse for being unable to return home, isn't it.

と思ったのですが、10秒後、もっと悪いシナリオを思いついてしまいました。

After ten seconds I have thought of a worse scenario.

-----

『じゃあ、今年は、私らが、そっちに行くわー』

"Well, this year, we will go to you"

・・・うん、駄目だな。

... Yeah, it is no way.

考えられる内で、最悪のシナリオだな、これは。

This is the worst scenario that they can be thought out.

"やつら"が、年末年始の日々を自宅に居座られるストレスに比べれば、子どもを実家に輸送するくらいの苦労は、どうってことはないでしょう。

Compared to the stress where "they" are staying at home during the year-end and New Year holidays, the hardships of transporting children to their parents will be nothing.

もちろん、私も、同意できます。

Of course, I can agree.

そう考えると、子どもが、騒がしいことや、走り回ることなど、大したことではありません。

If I think so, it is not a big deal, such as the children are noisy, crisp, and annoying.

このような、子どもを持つ夫婦のストレスは、私達の社会全体で解決すべき課題です。

The stress of a couple with children like this, is an issue to be solved in our entire society.

-----

てなことを書いているうちに、もう10分で駅に到着します。

I will arrive at the station just in ten minutes, while I write something.

私は、人類の発明「石器」「火」「車輪」に、「新幹線」を加えてもいい、というくらいの気持になってきております。

I have come to feel as if we can add "Shinkansen" to mankind's invention "stoneware" "fire" "wheel".


2018-12-31 ―― パソコンは、Windows95から、1mmも進化しなくてもよかった [長年日記]

この年末年始休暇は、Windows7からWindows10に移行する処理に、随分な時間をかけております。

On this New Year's holiday vacation, I spend a lot of time on the process of migrating from Windows 7 to Windows 10.

合計するとすでに、30時間くらいは費しているのではないかと思います。

I think that it is already about 30 hours to spend in total.

全く、毎度毎度、Microsoftは、インターフェースを変えてきて、鬱陶しいことこの上もないのですが、これを、Windows7のインターフェースに変更すると、この作業を別のパソコンでも延々と続けなければならなくなります。

Every time, Microsoft is changing the interface, and it is annoying. If I change this to the image of the interface of Windows 7, I will have to keep doing this work endlessly on another personal computer.

不愉快ではありますが、Windows10の不要な表示やサービスやアプリケーションを、バッサバッサと切り捨てる(デリート、アンインストール)作業に終始しております。

Although it is unpleasant, I am working on unnecessary services, applications and display of Windows 10, and truncated (deleted, installed) them.

-----

それでも、私のように、30年以上もパソコンを使っている人間ならともかく、多くの人にとって「切り捨てる」作業は恐怖でしょう。

Whether others may user a PC for more than 30 years like me, for many people, the task of "truncating" is fear.

―― それでパソコンが動かなくなったらどうしよう

"So what if the computer does not work?"

と考えてしまうのは、当然のことです。

It is a matter of course to think.

実際、私も散々痛い目にあってきました。

In fact, I have had terrible things.

■朝、出社時のアンインストールで、OSが再起動しなくなり、

- In the morning, I deleted a software, the OS would not restart,

■午後、その修復の為にWebを読みまくり、

- In the afternoon, I read the web for repair,

■定時後、OSの起動を確認し、

- After the fixed time, I confirmed the activation of the OS,

■深夜、バックアップファイルを元のフォルダに戻し終える。

- Late night, I finished returning the backup file to the original folder.

―― 作業18時間、生産性ゼロ

"Work 18 hours, zero productivity"

こんな、馬鹿げた失敗を繰り返して、ITエンジニアというのは育っていくのです ―― 違うか。

Repeating such ridiculous failures, an IT engineer grows up - is not it?

-----

実際のところ、多くの人がパソコンに期待するのは、(1)文章が作れて、(2)簡単な絵が描けて、(3)メールが送れて、(4)Webが見られる、の4つでいいはずなのです。

As a matter of fact, what many people expect for a PC is (1) writing sentences, (2) drawing simple pictures, (3) sending mail, (4) watching the web.

もっとも、そういう「決め付け」によって、パソコンの能力の可能性を留めてしまうのは「もったいない」と考える人もいるかもしれませんが、それは一部の人間です。

Although some people may think that it is a "mottainai" to stop the possibility of PC's ability by such "branding", this is a limited human being.

私は、

I as an IT engineer, believe seriously that

―― パソコンは、Windows95から、1mmも進化しなくてもよかった

"Personal computer did not have to evolve as much as 1 mm from Windows 95"

と、本気で信じている、ITエンジニアです。

-----

それはさておき。

Set it aside,

私は、昨日、嬉しいことがあって、誰もいない実家の部屋の中をスキップしていたくらいです。

I was glad yesterday, I was skipping in my parents house alone.

Windows10で、Windows7のMeadow(GNU Emacs 22.3.1)が、フォルダを丸ごとコピーするだけで、そのまま稼動し、さらに、MinGWのコンパイラも、全く問題なく動きました(環境変数の設定は必要でしたが)。

On Windows 10, Meadow (GNU Emacs 22.3.1) on Windows 7 just works by copying the entire folder. In addition, MinGW compiler also worked perfectly (although setting environment variables was necessary).

SKKIME is as you wrote in this.

だから、Windowsのレジストリに登録しないで動かせるソフトウェアは「やっぱり、いい」。

So, software that can run without registering in the Windows registry is "Nice after all".

この3つが動かせれば、私にとって、後のアプリなんぞどーでもいい(というか、どーとでもなる)のです。

If these three can be moved, I can do anything later, for me (or I don't care).

―― とまあ、私は、相変わらずです。

- And, I am as usual.

-----

義父が逝き、父が逝き ―― 今年の実家には、しめ縄も、鏡餅も飾りませんが(一説には、葬儀後50日後は良いという話もありますが、片付けが面倒なので) ――

My father-in-law passed away, and my father passed away, In this year's parents house, neither Shimenawa nor Kagami-mochi is decorated (One article says that 50 days after funeral has no problem, but because it is troublesome for me to clean up)

それでも、次の一日は、今日の一日を生きないとやってこなくて、

Nevertheless, the next day will not come until I live today's day,

そんな風に、私は、毎日を生きていきます。

I live everyday like that way.

皆様、良いお年を。

Everyone, Have a good year.