2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2018-12-07 『AIなるものに業務を任せたら、職場は、これ以上にもっと息苦しくて辛い場所になる』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

さて、冒頭の話も戻りますが、この発注手続に関わる方の処理指示が、非常に「細かい」。

Let me go to the top. The processing instruction related to this is very "fine".

記入の形式、添付書類、記載内容に至るまで、一つの不備も許さない、という感じです。

They cannot allow anything about form of entry, attached document, and description content.

既に提出した内容の書類でも、その書類の項目が異なれば、別の書類の作成を命じられます。

Even documents that have already been submitted, if the items of the document are different, they order me another document.

「あ・うん」の呼吸の、対極に立つ対応、といったら良いでしょうか。

Let me say it, that is a standing point at the opposite of "compatible".

-----

私、特許関係について勉強していたことがあるので、行政処理系の書類記載の厳しさについては、良く分っているつもりです。

Because I have studied about patent law, I am well-informed about the severity of documentation of administrative processing system.

で、この厳格さが、一私企業にも求められるようになってきています。

So, this rigor is going to be required for one private company.

これも「コンプライアンス」と呼ぶものの一つなのかもしれません。

This may also be one of what we call "compliance".

とは言え、丸一日を書類作業だけに費された日は、本当に心の底から泣けてきます。

However, the day the whole day was spent for document work, I am about to cry from the bottom of my heart.

「仕事(研究)をさせろよ!」と、叫びたくなります。

"Let me do my work (research)!", I want to cry.

仕方のないことだと分かってはいますが、とにかく、息苦しくて仕方ありません。

I understand it is unavoidable, but anyway, I feel stuffy and helpless.

-----

で、私は、常々思っているのですが、

So, I am always thinking,

『AIなるものに業務を任せたら、職場は、これ以上にもっと息苦しくて辛い場所になる』

"If we leave the business to AI, our workplaces are more painful and painful than anything else. "

と、いう未来をイメージできない人間の、まあ、なんと多いことか、と。

How many human beings can not imagine the future.

"AI"と多くの人が称呼する「ソフトウェア技術」は、これからも進展していくので、このディストピアの未来は、確定だと思います ―― 残念なことではありますが。

As "software technology" that many people call it "AI", will continue to develop, so the future of this dystopia is definite. I am afraid of it.

人間(人件費)より、コンピュータリソースは圧倒的に安く、圧倒的に安いからこそ、コンピュータは人間より圧倒的に"バカ"なのです。

Human being (labor cost) is overwhelmingly cheaper than computer resources. Therefore computers are overwhelmingly "stupid" than human being.

なんで、みんな、こんな簡単なことに気がつかないのだろうか、と思います。

I think that "why do many people think that such simple reality ?"

-----

とりあえず、上記の私に意見に反論しようとする方は、

Anyway, if you are trying to argue against my opinion above,

Please contact me after reading these all.