2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2011-02-14 「桶狭間の戦い」に関する一考察 [長年日記]

私の実家は、桶狭間古戦場跡の近くにあります。

嫁さんを初めて実家に招いた時、

『あの、桶狭間の戦いの、桶狭間のこと?』

と驚いていました。

-----

私の地元では、桶狭間の戦いの戦場には大きく2つの説があり、乱暴にザックリ纏めると、「愛知県豊明市」と「名古屋市緑区」の説があります。

# 距離にすると、両者は2kmくらい離れているかなぁ。

で、私はどちらの説にも組みしておりません。

「興味がない」上に「腹を立てている」からです。

-----

私の実家が、その両者の丁度ど真ん中に位置しており、実家のあった位置こそが、バトルフィールドであったに違いない、ーーー などとも、全然、信じていません。

ちなみに、私の父は、『桶狭間の戦い以前の歴史は、デタラメである』という根拠のない信念を持っているようです(何度かその理由を聞いたけど、論理だった説明は一切ありません)。

閑話休題。

-----

私はと言えば、あの「野蛮な野武士」が、今川義元に返り討ちにあっていれば、無益な殺戮のオンパレードの歴史を経ることなく、無事に戦国時代が終了していた、と考えております(インドのマハラジャ連合国家のようなイメージで)。

なにしろ、「桶狭間の戦い」が歴史上、日本に与えた不利益には、計り知れないものがいくつもありますが、その最大にして最悪の害悪は、

『太平洋戦争における、日本陸海軍の馬鹿げた暴走の精神的支柱になったこと』

が挙げられましょう。

-----

昭和16年、「内閣総力戦研究所」に軍部・官庁・民間から選りすぐった将来の指導者たち、総勢35名が、太平洋戦争の戦局のシミュレーションを実施したそうです。

兵器増産の見通し、食糧や燃料の自給度や運送経路、同盟国との連携などについて科学的に分析し、(しかも、ソ連参戦までも予測し)、

『日本必敗』

というシミュレーション結果を叩き出していました。

# これは、テレビでドラマ化もされていました。

このシミュレーション結果を、「桶狭間の戦いを見てみよ!」といって「物量が戦局では絶対的ではない」と言って、精神論を説いたという、阿呆な為政者がいたそうです。

また、太平洋戦争の端緒を開いてしまった真珠湾攻撃が「桶狭間の戦い」を大きく意識して実施されたことは、多くの歴史学者の指摘するところです。

攻撃開始30分前に宣戦布告をするという、無謀なスタイルを見れば、私にだって「ああ、あれか」と、分かります(しかも、駐アメリカ大使が、翻訳の準備に手間取り、結果的に、宣戦布告が、攻撃開始後1時間後となってしまったという、歴史的大汚点を残すに至る)。

これ以外にも、太平洋戦争時における日本軍には、あちこちに奇襲攻撃の実例が山程あり(そして、多くは失敗した)「桶狭間の戦い」がケーススタディになっていることは、明らかです。

-----

歴史に「もしも」の問いかけは虚しいですが、それでも私は考えてしまうのです。

もし、我が国の歴史に「桶狭間の戦い」さえなければ、と。


2011-02-20 胃カメラ技術士認定試験 [長年日記]

サラリーマンですので、毎年、業務命令で人間ドッグに行く必要があるのですが、会社の指定する病院の「胃カメラ」の下手さに、怒りが爆発しております。

あまり酷さに、思わず、会社の医務室にメールをしてしまいました。

(以下、M病院とするが、これは武士の情けである)

-----

○M病院で、一昨年「経鼻内視鏡」をやって、恐しく楽だったので、昨年も実施したら、「経口内視鏡」と変わらない苦痛に戻っていて驚きました。

○M病院の胃カメラの手際の悪さ・酷さは、S社宅では非常に有名でした。

○特に若い医師(か技師?)が行なう胃カメラの下手糞さは、憎悪の対象でした。私の場合、喉を酷く傷付けられて、一日食事ができないこともありましたし、手際の悪さで、不要に長時間続けられたことも腹を立てております。

○もし可能であれば、上記の旨と、『私は、若い医者の練習台なんぞになるつもりはない』ことを、一言、ご連絡頂くことはできませんでしょうか。

○ご無理でない範囲で、ご検討頂けましたら幸いと存じます。

# 会社の医務室からは「自分でやれ」と言われましたが。

-----

「経鼻内視鏡」とは、鼻の穴から胃カメラを挿入するものなのですが、これを最初に体験した時は、

『胃カメラのパラダイムシフトだ!』

と大喜びしていたものです。

ですから、「経鼻内視鏡」ですら、被験者に『地獄』を味わせる、あのM病院の技術者の腕の悪さは、もはや犯罪的と断定できます。

-----

私は、「胃カメラ」だけを行なう、専門医院というものを考えた場合、未曾有の巨大マーケットがある、と確信します。

その医院では、写真だけを取って、医療行為や診断は一切行わない。ただ、写真を、人間ドッグの病院に送付するだけ。

ポイントは、被検者に苦痛を与えることなく、短時間で、所定の胃カメラの撮影を完了しえるか否か、です。

胃カメラが嫌だ、という理由だけで、人間ドッグを躊躇する人間は、決して私だけではないはずです。

-----

そこで、私は、「胃カメラ技術士認定試験」を提言します。

# 別に国家試験でなくても、民間団体でも構わない。

試験内容は、被検者からのアンケートと、目的の写真撮影の完璧さと、それと「胃カメラ操作総時間」をベースとします。

「胃カメラ操作総時間」とは、実際に胃カメラを操作していた時間の合計で、いわゆる、飛行士の「フライトタイム」に相当するものです。

-----

しかし、この項目を入れた場合、新人の胃カメラ技術者は圧倒的に不利になります。新たな、胃カメラ技術者が育たないことは、私の本意ではりません。

そこで、「自らの胃を撮影する時間を、計上しても良い」という緩和規定を導入します。勿論、確実に自分の胃の撮影をしたことを示す、客観的な証拠を提出する義務が生じることは言うまでもありません。

自ら「苦痛の時間」を体験することで、被検者の苦痛を共有し、同時にその時間短縮に対するモチベーションが上り、胃カメラ操作の経験値のアップにも貢献します。

病院は「胃カメラ技術士認定試験」を開示することで、そんじょそこらにはない広告効果を発揮でき、認定技術者がいない病院は、バカスカ倒産することで、公衆の利益に資すること、この上もありません。

-----

ネットの住人は、「胃カメラがヘタクソな病院」を、どんどん開示することで、「胃カメラの苦痛」から公衆を守りましょう。

私も、もう一度、「M病院」が、「経鼻内視鏡」で私に『地獄』味わせたら、もう容赦するつもりはありません。