0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|

2020-02-01 ―― もう人生で二度と関わりたくない文化祭 [長年日記]

大学キャンパスの屋外実験に使う自動車に張る、複数の大型ステッカー(長さ1メートル)が自宅に到着しました。

Large stickers (1 meter long) on a car used for outdoor experiments has arrived at home.

ハンドキャリーで運ぶことになるので、ステッカーの重さや大きさを確認していました。

I checked the weight and size of the sticker because I will have to carry them by hand.

それを見ていた長女から、

The eldest daughter watching my preparations, said to me

『パパ、文化祭でもやるの?』

"Dad, do you join in a school festival?"

と言われました。

-----

これが文化祭だとしたら、

If this is a school festival, I am determined that

I don't want to be involved in my life again

そして、

and

―― もう二度と絶対にかかわるものか、

I will never be involved again in my life

と決意している文化祭、と言えます。


2020-02-02 ―― そこに住んでいる人は、みんな、いい人ばかりに違いない [長年日記]

途中の停車駅の名前が、昔の上司の名前と同じだったりすると「さっさと出発しろよ」と思ったりしませんか。

If the name of the stop on the way is the same as the name of your old boss, why don't you think, "Let's leave now."

しませんか。そうですか。

Do you not? Well you not.

-----

箱根の方に、素晴しい景観の観光地があります。

To Hakone, there is a tourist spot with a wonderful view.

しかし、その観光地の名前が、昔、不愉快な思いをさせられた職場の人間と同じ名前なので、今も、そこを訪れることができません。

However, since the name of the sightseeing spot is the same as the name of the person who was displeased in the past, so I still can't visit there.

ポスター見るだけで不快な気持ちになるくらいです。

Just looking at the poster can make me uncomfortable.

これは、私が「狭量」だからではありません。

This is not because of my "narrow-mind."

何もかも、全部、奴が悪いんです。

He was bad for everything.

-----

ちなみに、福井県の方に、私と同じ名前の町名の町があります。

By the way, there is a town with the same name as me in Fukui Prefecture.

―― そこに住んでいる人は、みんな、いい人ばかりに違いない

"Everyone who lives there must be good people"

と、私は確信しています。

I am convinced of that.


2020-02-03 『とっとと、このプロジェクトから消え失せろ』 [長年日記]

世の中には、プロジェクトが危機的状況に陥いっている時に、メンバを「飲みに連れていく」リーダーというのものがいるそうです。

There are leaders who "take drinks" when the project is in crisis.

この手のリーダは、無能、低能であるだけでなく、プロジェクトのゴミ、バイキン、ゴキブリであり、プロジェクトの最大の妨害者、と決めつけて間違いありません。

Leaders of this sort are not only incompetent, incompetent, but also garbage, bikin, and cockroaches of the project, and are arguably the biggest obstructors of the project.

そもそも、「動かないプロジェクト」が、「飲み会」ごときで動くわけない。

First of all, the project that cannot not work, can not work by a drinking party.

そんな「飲み会」なんぞやっていたら、プロジェクトはさらに遅延を重ねて、悪い状態に陥いっていくに決まっている。

If doing such a "drinking party", the project would be further delayed and fall into a bad state.

この低能なプロジェクトリーダは、本質的にプロジェクトの内容を理解していないから、この手の安易でコストの安い方法で「逃げ」ているのです。

This incompetent project leader is "escaping" from fundermental problems of the project, because they don't really understand the project itself.

本当に、『この手のバカには付ける薬がない』といっても良いです。

Indeed, it can be said that there is no medicine for this kind of fool.

-----

プロジェクトリーダーがやるべきことは、

What the project leader should do are

メンバとの徹底的なヒアリングを経た上での、

After thorough hearing with the members,

■顧客との納期の延長、またはシステム機能の減縮の交渉、

- Negotiation with customers to extend delivery time or reduce system functionality,

■技術的な支援ができる人材リソースの投入、

- Introduction of human resources that can provide technical support,

■損害を最小限とするプロジェクト撤収

- Project withdrawal to minimize damage

です。

辛くて、厳しく、本当に死んだ方がマシと思えるような厳しい内容ですが、これが、プロジェクトリーダーの仕事です。

It's hard, and harsh, so is likely to be killed, however, this is the works of the project leader.

------

少くとも「飲み会」なんぞで、プロジェクトの進行を邪魔する奴は、リーダーではない。

The person who hinders the progress of the project, at least in the "drinking party", is not the leader.

『とっとと、このプロジェクトから消え失せろ』

"Disappear from this project as soon as possible"

と言っても良いです。

This is no problem,


2020-02-04 「推しが武道館いってくれたら死ぬ」は、「地下アイドル」という仕事について丁寧に記載されたアニメです。 [長年日記]

色々な仕事の内部を知る方法として、アニメは優れた教材です。

Animes are excellent teaching materials as a way to get to know the inside of various works.

-----

今クールですと「ランウェイで笑って」は、装飾業界の内実について分かりやすく解説しています。

In this cool right now, "Smiling on the runway" will help you understand the details of the decoration industry.

それだけでなく、「衣服」というものが、

Not only that, but "clothing" is based on

材質の性質と、重力や慣性力、その他を勘案した、総合的な物理学を前提とした上で、

comprehensive physics taking into account the properties of the material, gravity, inertia, etc.,

「美」を構築するという、高度なシステム工学であることが分かります。

and we can understand that "making clothing" is advanced system engineering that builds "beauty".

-----

「映像研には手を出すな」は、以前にも申し上げた通り、

"Don't go to the video lab", as I said before, shows

古今のアニメ技術に関する、総括的な解説になっているだけでなく、

not only comprehensive commentary on old and new animation technology,

各種の技法(効果や手抜き)についても詳しく描かれていて、

but also various techniques (effects and omissions) in detail.

大変勉強になります。

we can study it deeply.

-----

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」は、「地下アイドル」という仕事について丁寧に記載されたアニメです。

"I will die if the recommending member comes to Budokan" is an animation that carefully describes the work of "Underground Idol."

しかし「地下アイドル」という言葉は、「無名の大女優」というくらい、形容矛盾を感じますが。

However, the word "underground idol" feels as contradictory, like "an unknown great actress".

正直、このアニメだけは、私には、正視できるだけの耐性ができていませんので、大部分をスキップしながら見ています。

To be honest, I am watching this anime skipping most of it, because I am not as resistant as I can keep watching.

(続く)

(To be continued)


2020-02-05 ―― 歪(いびつ)に感じますし、正直「怖い」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

が、それでも、いわゆる「地下アイドル」という、経済則や市場原理を無視した、ビジネスモデルを理解するには、このコンテンツは秀逸(?)とは思います。

In order to understand the business model that ignores economic rules and market principles, the so-called "underground idol", I think this content is excellent (?).

しかし、いわゆる「推し」という、アイドルグループの中の自分の気にいった一人を支える為に、何万円から何十万円も支払って、同じ内容のCDを、100枚も購入するというビジネスモデルは、

However, in order to support one's favorite in the idol group, so-called "push", the business model of paying from tens of thousands to hundreds of thousands of yen to purchase more than 100 CDs of the same content.

―― 歪(いびつ)に感じますし、正直「怖い」

―― I feel distorted and honestly "scary"

-----

しかし、これと同じことをやっている人、結構多いと思うのです。

But I think there are quite a few people doing the same thing.

例えば、今の時期だと、

For example, at this season,

「私立中学を受験する小学生と、その保護者」

"Elementary school students taking private junior high school and their parents"

です。

■「小学生の受験生」を「推し」、

"Examinees" of "elementary school students" and "pusher"

■「保護者」を「オタ(おたく)」、

"The parents" and "the otaku"

■「同じ内容のCDを100枚購入」を「学習塾への支払い」

"Purchase 100 CDs of the same content" and "Payment to study school"

■「武道館」を「入試合格」

"Budokan" and "Passing the entrance examination"

と置き換えれば、概ね同じ構造になっていると言えます。

These have almost the same structure.

「概ね」ですよ、「概ね」。

"It's almost. almost"

-----

『人生、狂った者の勝ち』をモットーとしている私としては、

As my motto, "the mad persons win in their life".

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の側の人間は、

A person of "I will die if the recommending member comes to Budokan" is a winner,

「狂うものを持たない」人間より、

than a person who has "nothing to go crazy"

「勝ち組」だ、と思っています。


2020-02-06 ―― 運転免許の取得が、TOEIC受験と同程度に『うっとうしい』 [長年日記]

大学での実証実験のお手伝いを、学生さんにお願いしております。

Now I ask some college students to help a campus field experiments.

理系の皆さんは、本当に礼儀正しくて、ロジカルで、知的で、お話していて気持ちがいいです。

The students in the science and engineering majors, is really polite, logical and intelligent, so I feel good to talk with them.

# ちなみに、私は理系です。

Incidentally, I am in the science and engineering majors.

-----

今回、お手伝いして頂いている学生さんの、実に6割以上が運転免許を所持していませんでした。

This time, more than 60% of the students who helped did not have a driver's license.

『運転免許取らなければ、と思っているうちに、M1(修士課程1年生)になってしまいまして・・・』

While thinking that I need to get a driver's license, I became "M1" (first year master's student) ...

という話は、まるで、

I feel that this story is like that

『就職までに、TOEIC受験しなければ・・・』

"I have to take the TOEIC test before I get a job..."

というノリと同じ、と感じました。

これは、私の推測の粋を出ませんが、

This is just my guess, however, they are thinking

―― 運転免許の取得が、TOEIC受験と同程度に『うっとうしい』

"Obtaining a driver's license is as annoying as taking the TOEIC test"

ということのように思えました。

-----

私、30年以上前、親に強制的に自動車運転免許を取らされました。

I was forced to get a driving license by my parents more than 30 years ago.

当時の私は、「原付の免許があれば足りる」くらいの気持ちでいましたし、今でも正直そう思っています。

At that time, I felt like I only needed a motorbike license, and I still think so.

ただ、これは、大きな都市の交通網の充実しているから、そう感じるだけなのかもしれません。

However, this may only be felt because of the large urban transportation network.

唯一の例外は ―― 米国に赴任させられた時だけは、『車がなければ、この国では、3日で死ぬ』と思ったくらいです。

The only exception for me, when I was sent to the United States, I thought, "If I don't have a car, I will die in three days in this country."

(続く)

(To be continued)


2020-02-07 もう、国内では、自動車は売れない [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

今日、私は、

Today, I realized

『少子化 x 若者の自動車への興味の低下 = 自動車メーカーの存亡の危機』

"Low birth rate x decrease in youth interest in cars = crisis of car manufacturer survival"

というのを、始めて肌で実感しました ―― ゾッとするくらいリアルに、です。

first-hand through the discussion real, horrifyingly

もう、国内では、自動車は売れない

We can't sell cars anymore in Japan

ということを、確信するに至りました。

I came to be convinced.

まあ、これは、すでに多くの識者が言ってきたことです。

Well, this is what many experts have already said.

しかし「情報」と「実感」は、全く別のものなのです。

But "information" and "real feeling" are completely different things.

-----

そういえば、先日、自動車メーカーの、特許明細書の出願公開を纏めて調べる機会がありました。

The other day, I had the opportunity to study the publication of patent specifications by automakers.

『最近の自動車メーカーって、何考えているんだ?』というような内容で、正直、首をかしげていました。

I wondered "What do you think of a recent automaker?", honestly.

# 興味のある人は、自力で調べてみて下さい。

If you are interested, please do your own research.

特許明細書から、自動車メーカーが、「自動車」でなく、「別のモノ」を売り出そうとしていることが分かると思います。

You can see from the patent specification that automakers are trying to sell "other things" instead of "cars".


2020-02-08 「パパ! パパには分からないだろうけどね、世の中には、どうしたって『レポート』というものを書けない人がいるんだよ!!」 [長年日記]

先日、大学の学生が、大学の先生をナイフで刺す、という事件が発生しました。

The other day, I heard the accident that the college student stabbed a dagger into the college teacher.

このような事件は、日常的に頻繁に発生しているので、最初、私も気にとめていませんでした。

At first, I wasn't even aware of such events, which occur so frequently on a daily basis.

後日、その事件の「動機」を知って、驚きました。

Later, I was surprised to learn about the "motivation" of the case.

■レポートを出さないと単位が貰えない講義で、

- In a lecture where he can not get credit unless he gives a report,

■「レポートを出さずに、なんとか単位が貰える」ように交渉して、

- he negotiated so that he could get some credit without issuing a report,

■交渉が失敗して、事件に及んだ

- the negotiation failed, he went to the case

-----

『そんな、理不尽な犯行の動機って、あり得るか?』と、私は、本当にびっくりしました。

"Is there any motive for such unreasonable crimes? I was really surprised.

「私の聞き間違えではないか」と思ったくらいです(今でも思っています)。

I thought (I still think) "is it my mistake?"

その理屈は、定食屋で『金はないけど、飯を食わせろ』というくらい、滅茶苦茶だと思いました。

I thought that theory was mess, like "I don't have any money, but let me eat" at a restaurant.

-----

例えば、『提出したレポートに対して、理不尽な評価をされた、あるいは、受理を拒否された』という理由なら、分からなくもありません。

For example, it's easy for me to understand that "the submitted report was evaluated unreasonably or rejected."

私も、私の論文を却下した、論文事務局へのテロを ・・・ いや、テロは考えたことはありませんが、それなりに不愉快ではありました。

I also tried to terrorize the dissertation office, which rejected my dissertation... No, No way. I never thought about terrorism, however it was unpleasant for me.

そもそも、レポートというものは、基本的には、文字を書き込みさえすれば、内容はどうあれ、完成するものじゃないですか。

In the first place, a report is basically something that can be completed simply by writing letters.

そんでもって、完成すれば、提出はできるじゃないですか。

If it is completed, anyone can submit it.

なのに、「提出しないが、単位をくれ」というのは、どう考えてもおかしい。

Nevertheless, "I can not submit, but give me credit" is funny.

-----

という話を長女としていたら、

When I were talking about it with my eldest daughter, she scolded me violently.

長女:「パパ! パパには分からないだろうけどね、世の中には、どうしたって『レポート』というものを書けない人がいるんだよ!!」

"Dad! You cannot understand it, however there are people in the world who can't write a "report" anyway!"

と、結構な剣幕で叱られました。

(続く)

(To be continued)


2020-02-09 ―― 江端は、2行で説明可能な文章を、わざわざ100行にする能力 ―― 駄文作成能力 ―― がある [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

長女:「『自分にできることを、他人にもできる』と考えるのは、暴力だ」

Eldest daughter: "It's violence to think that you can do what you can do to others."

とも言われました。

She said.

長女も、今、大学のゼミのレポートで狂っている最中です。

My eldest daughter is now going crazy with a report from a college seminar.

-----

私は、友人も、恋愛も、学業も、仕事も、語学も、人間関係も、沢山の「できないこと」があります。

I have many things that I can't do with friends, love, school, work, language, and relationships.

要領も悪いし、頭も悪い、という自覚もあります。

I have a bad sense and a conscious mind.

しかし、

However, I think

―― 「文章を書く」ことで、困ったことは、(ワープロ登場後)人生で一度もない

"I've never had any trouble writing in my life (after a word processor)"

とは、思います。

後輩や同僚から、

Juniors and colleagues said to me

―― 江端は、2行で説明可能な文章を、わざわざ100行にする能力 ―― 駄文作成能力 ―― がある

"Ebata has the ability to make 100 lines of text that can be explained in just two lines --- "Bad writing ability""

とも言われてきました。

実際、友人のレポートの代筆で、昼飯代を稼ぎましたし、大学の卒論では、友人から「共同執筆として欲しい」と縋り付かれたこともあります。

In fact, I earned lunch tickets by my friend's report, and in a university graduation thesis, a friend asked me about "Co-authoring".

-----

確かに、長女の言う通り、私には、

Certainly, as the eldest daughter says,

「世の中には、どうしたって『レポート』というものを書けない人がいるんだよ!!」

"There are people in the world who can't write a "report" anyway!"

を、理解できていないのだろう、と思います。

I am afraid that I cannot understand it.

という訳で、この事件、司法の判断を待ちたい、と思います。

So, I want to wait for this case of judicial decision.


2020-02-10 『36度の100cc以上もある熱源(3600カロリー)が・・排出されてしまう・・・もったいない』 [長年日記]

最近、寒くてしかたがありません。

I have felt cold recently.

特に今は、フィールド(屋外)実験中なので、かなり辛いです。

Especially now I am experimenting in the field (outdoor), so it's pretty tough

以前は、こんなことはなかったように思います。

Before, I have never thought this case.

「寒い」が「辛い」に直結することはなかったはず。

"Cold" would not have been directly linked to "tough".

そうでなければ、スキーヤーなんぞやっていられる訳がないからです。

Otherwise, I had not been a skiers.

-----

原因の一つと考えているのは、体重の減少です。

I think that one of the causes is weight loss.

特に、フィールド実験が開始されてからは、心労で、食欲がかなりなくなってきています。

In particular, since the start of field experiments, the appetite has been considerably reduced due to tough work.

体重の減少は、熱源である筋肉も削ぎ落していきます。

Weight loss also cuts off the muscles that are the source of heat.

これによって、寒さへ抵抗力がなくなるのです。

This eliminates the resistance to the cold.

ですから、高齢者が「寒い」と言えば、それは単に「寒い」ではなく「辛い」ことを、覚えておいて下さい。

So, remember that when the elderly say "cold," it's "tough" and not just "cold."

-----

また、これは、仮説の域を出ないのですが、

Also, the following is just my hypothesis.

「私が、日常的に唐辛子を常用しているから」

"Because I eat pepper on a daily basis"

と考えています。

つまり、唐辛子のような香辛料の常習によって、体内の熱発生システムが壊れ始めている、ということです。

In other words, the habit of spices such as peppers has begun to break down the heat generation system in my body.

これを一種の依存症と考えれば、この「寒い=辛い」というのは、その中毒症状の一つと把握できます。

If I consider this a kind of addiction, I can understand that "cold = tough" is one of the symptoms of intoxication.

-----

近年、建設現場や、道路工事に従事している人は、高齢者が圧倒的に多いです。

In recent years, people who are engaged in construction sites and road construction are overwhelmingly elderly.

そして、この方たちの「寒い=つらい」は、私のそれを、軽く凌駕していると思えます。

And it seems that these people's "cold = tough" slightly outperforms me.

それぞれの業種には、それなりの長年のノウハウがあるのかもしれませんが、私は心配しています ―― 「つらい」のは「苦痛」だからです。

Each industry may have some years of know-how, but I'm worried because it is painful for them.

-----

最近は、

Nowadays, I came to think

―― 駅のトイレでオシッコするさえもったいない

"It's a waste to pee in the toilet at the station"

とまで思うようになってきました。

『36度の100cc以上もある熱源(3600カロリー)が・・排出されてしまう・・・もったいない』

"A heat source (3600 calories) with more than 100 degrees of 36 degrees is discharged ... wasteful"

こんな考え方をするようになったのは、今年が初めてです。

This is the first time that I have started thinking like this.


2020-02-11 「この恐怖」と比較すれば、「あなたが告白する恐怖」など屁でもない。 [長年日記]

デバイス(PC, USB機器、その他)が動作不良になって、どうしようもなくなった時、最後の手段として「工場出荷状態」というものがあります。

When a device (PC, USB device, etc.) malfunctions and cannot work, there is a last resort, "factory default".

その場合、デバイスの設定は、全て失われますが、それでも、設定し直せば使い続けられます。

In that case, all settings on the device will be lost, but you can still use it if you reset it.

ところが、この「工場出荷状態」というリセットボタンのないデバイスがあり ―― 今、私は、これに嵌っています。

However, there are devices that do not have this "factory default" reset button. Now I am in trouble with this.

-----

十分な対応時間があれば問題はありませんが、大抵の場合、これらの問題は緊急事態で、実際、今、私は、緊急事態です。

There is no problem if there is enough response time, however these issues are emergency situations. In fact, now I am in an emergency.

海外のメーカーなので、問い会わせている時間がありません。自力で修復を試みなければなりません。

As it is an overseas manufacturer, there is no time to ask questions. So I have to try the restoration on my own.

終日、ネットを探し回り、ようやくファームウェアの書き換えを行うページを見つけましが、

All day, I searched the Internet, and finally I found a page to rewrite the firmware, however,

―― 正直、ファームウェアの書き換えは怖い

"Honestly, rewriting firmware is scary"

このファームウェアの書き換えによって、「デバイスが完全に動かなくなる」という場面に、私は、これまで何度も遭遇してきたからです。

This firmware overwrite has caused me to encounter the situation where the device completely stops working.

■問題はあるものの、ギリギリ動いているデバイス

- Despite the problem, the device is almost moving

or,

■問題がキレイに解決する可能性と、完全に動かなくなる可能性の両方があるデバイス

- Devices that can both solve problems beautifully and completely stop working

のジャッジを迫られることになるからです。

I will be forced to make this decision.

-----

この恐怖を、3日後のイベントで一般化してみると ――

Generalizing this fear in an event three days later:

■告白はしないけど、良い友人で続けられる関係

No confession, but keep a good friend

■告白を受けいれて貰って無事恋人同士になれるかもしれないが、受けいれて貰えず、気不味くなって、友人ですらいられなくなる関係

After confession, accepted successfully , or no accepted with uncomfortable friendship.

に置き替えることが・・・ できるわけなかろうが!

It can be replaced ...No way!, Never!!

-----

私の方が、はるかに事態は深刻だ。

Absolutely, I am more serious than you.

あなたに「動かないシステムの恐怖」を教えてやりたい。

I want to tell you "Fear of a system that doesn't work".

「この恐怖」と比較すれば、「あなたが告白する恐怖」など屁でもない。

Compared to "this my fear", your fear of confession is nothing.

と、断言しますよ、私は。

I can affirm that.


2020-02-13 最近、「勉強」という言葉を考えています。 [長年日記]

最近、「勉強」という言葉を考えています。

Recently, I've been thinking about the word "study".

私が「勉強」という時、「学問や技芸を学ぶこと。経験を積むこと」の意味です。

When I say "study", it means "learning and arts, gaining experience."

しかし、娘たちの言う「勉強」とは、「成績を上げるための手段」の意味のようです。

However, the "study" of the daughters seems to mean "means for improving grades."

つまり、私は、「勉強」を「行為の一つ」としか考えておらず、娘達は、勉強を「努力や能力の数値化システム」と把握している、ということです。

In other words, I only consider "study" to be "one of the acts", however, the daughters understand that study is a "quantification system of effort and ability".

-----

人類が始めて、

I am thinking that when human comes to the concept of

―― 数値で評価する勉強

"Study to evaluate by numerical value"

という概念に至ったのは、いつなんだろうなぁ、てなことを考えています。

教育システムが発生する前、勉強は実学以外の目的はなかったはずです。

Before the development of the education system, studying had no purpose other than practical study.

勉強は、「自分に付加価値を付けるもの」であり、「利益を生み出す手段」だけだったと思います。

I think that study was "adding value to myself" and only "means for generating profit."

つまり勉強とは、「自由市場で決定される価値」だけだったはずです。

In other words, study must have been only "value determined in the free market."

-----

ところが、現在の教育システムにおいては、勉強は「貨幣価値」でなく、「数値」として算出する対象です。

However, in the current education system, study is subject to calculation as "numerical values", not "monetary values".

「努力」とか「能力」とかを測る「ものさし」です。

It is a measure that measures "effort" and "ability".

そんでもって、「ものさし」である以上、どうしても「正解」と「不正解」という概念が必要になります。

Therefore, as long as it is a "measure", the concept of "correct answer" and "incorrect answer" is absolutely necessary.

-----

ともあれ「学問や技芸を学ぶこと。経験を積むこと」も、「成績を上げるための手段(ものさし)」も、どっちも「勉強」です。

Anyway, both "learning and arts. gaining experience" and "means for measuring results" are both "study".

そして、「ものさし」の勉強は、教育システムから離れると、概ね終ります(資格試験等は除きます)。

The study of "measurement" generally ends when you leave the education system (excluding qualification tests, etc.).

その後の「学問や技芸を学ぶこと。経験を積むこと」の勉強は、

After that, studying "learning and arts, gaining experience" is

■そもそも「正解」とか「不正解」が存在しない

In the first place, there is no "correct answer" or "incorrect answer"

■「他人との競争」という概念がない

No concept of "competition with others"

■「勉強すること」以外に目的なし

No purpose other than "to study"

そして、ここが非常に重要なのですが

And this is very important that

■やらなくても別に構わない

it doesn't matter if you don't do it

ということです。

----

そんでもって、「やらなくても別に構わない」勉強というのは、どういう訳か、とても楽しかったりするのです ―― 不思議なことに。

And study of "it doesn't matter if you don't do it" is, for some reason, very attractive ---- strangely.


2020-02-14 『致死率"100%"だけど、伝染率"0%"のインフルエンザ病症』 [長年日記]

『努力は天才に勝つ』―― という諺(ことわざ)を、私は一貫して

I consistently say, about the saying of "Efforts excel at genius"

―― バカいってんじゃねーよ

"How stupid you are!"

と言い続けてきました。

これからも言い続けていきます。

I will keep saying it.

「天才」は、努力なんぞで、どうにかなるものではありません。

Effort cannot compete with "genius".

『努力は天才に勝つ』と言っているバカは、多分、狭い世界の中に留まり、世界を全く見ようとしなかった「怠け者」と極めつけて良いでしょう。

I think that there is no problem to say that the idiot saying, "Efforts excel at genius" maybe "lazy" who stayed in a narrow world and never looked at the world

こういう馬鹿げたことを言っている奴を調べてみたのですが、「教師」「スポーツ選手」に多いようです ―― 全ての人間がそういう人間ではないでしょうが、確かに、比率としては「世間知らず」が多そうな職業です。

I looked into those who were saying such ridiculous things. "Teachers" and "athletes" seem to be more. Indeed, not all humans are such humans, but the ratio of "native" is likely to be high.

-----

一方「天才は幸せか?」と言われると、それは、私には分かりません。

On the other hand, when asked, "Is a genius happy?" I cannot answer it.

この話は、その前提として、「幸せ」とは何か、という問題にまで遡らなければなりません。

This story must go back to the question of what happiness is, as a premise.

それでも、私が見て来た限り「私が天才と認定した人」は、概ね、幸せそうには見えません。

Still, as far as I've seen, "the person I've identified as a genius" generally doesn't seem happy.

―― 他の人が見えないものが、見えてしまう

She/He can see what people cannot see.

―― 他の人が理解できないものが、理解できてしまう

She/He can know what people cannot know.

ということは、自分を孤独にさせますし、

These make them lonely

―― 自分の考えを、他人に伝えられない

She/He cannot inform others therir thought.

ということは、もの凄いストレスになると思います。

These will stress them

そして、多くの人が「理解できない才能」に、価値を見い出しません。

And many people do not find value in "incomprehensible talent".

「理解できない才能」は、その媒介が存在しないので、世界に広がっていくことができないのです。

The "incomprehensible talent" cannot spread to the world because there is no intermediary.

これを例えるのであれば、

It means,

『致死率"100%"だけど、伝染率"0%"のインフルエンザ病症』

"Influenza disease with a lethal rate of" 100% "and a transmission rate of" 0% ""

と考えて頂ければ分かりやすいかと思います。

is good example, I think.

(続く)

(To be continued)


2020-02-15 『彼らの能力を、世界が理解可能とする為にも、がんばって勉強し続けなければ』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

もう一つの「天才が幸せそうに見えない」理由の一つに、

One of the other reasons "genius doesn't seem happy" is, I think,

―― 天才自身に、その自覚がない

"Genius himself is not aware of their ability"

ということがありそうです。

自分が天才であることに気がつかないことは、謙虚でも美徳でもありません。

What they do not realize that they are genius, is neither humble nor virtuous.

それどころが、自分を苦しめることになります。

On the contrary, they are afflicting themselves.

なぜなら、自分の考えを理解できない人を、運命的に憎むことになるからです。

Because they come to hate those who can not understand their ideas destiny.

-----

そういえば、三原順先生の著書「はみだしっこ」に、こんな感じの会話が出てきます。

Speaking of that, a conversation, like this, appears in Jun Mihara's book "Hamidashikko".

ジャック:「グレアムは、理想主義者なのか」

Jack: "Is Graham an idealist?"

アンジー:「何? グレアムが理想主義者なら、何か悪い?」

Angie: "What? If Graham is an idealist, what's wrong?"

ジャック:「そうだな・・、理想主義者であれば、理想を体現しようとしない者を、運命的に憎むことになるだろうな・・」

Jack: "Yes ... if he is an idealist, he will destiny hate those who do not embody the ideal ..."

つまり、そういうことです。

In short, that's it.

-----

『誰もが付いていけないほど高い技術力を持つエンジニア』

"Engineers with high technical skills that no one can catch up with"

私は、そういう人たちを見てきました。

I have seen such people.

そして、彼等の不遇と、世界の不運を、心の底から残念に思っています。

And I'm sorry for their misfortune and the bad luck of the world from the bottom of my heart.

だからこそ、私は、思うのです。

So, I think that.

『彼らの能力を、世界が理解可能とする為にも、がんばって勉強し続けなければ』

"I need to work hard and keep studying so that the world can understand their abilities."

と。


2020-02-16 ―― うるせえ、バカ野郎 [長年日記]

最近、ある学会から、シンポジウムの企画開催のオファ(提案)依頼のメールを受けとっています。

Recently, I received an e-mail from a conference requesting an offer (suggestion) for holding a symposium plan.

『そんなことを考える余裕は、1秒もないなぁ』と、そのメールをずっと無視してきたのですが、今日、ふと思いつきました。

I ignored the email all the time because "I can't afford to think about that in a second." However, I suddenly came up with the follow today.

-----

「屋外(フィールド)実験で、現場で闘ってきた研究者とエンジニアのみ参加可能のMaaSシンポジウム」

"MaaS symposium where only researchers and engineers who have fought in the field in outdoor (field) experiments can participate"

というのなら企画してみてもいいな、と、考え始めています。

I'm starting to think like that.

-----

■アイデアだの、

Idea,

■コンセプトだの、

Conept,

■シミュレーションだの、

Simulation, and

■未来予測だの、トレンド分析だの、

Future forecast, trend analysis,

きれいなパワーポイントの絵を使ってで、偉そうにプレゼンしているやつらに、

For those who are presenting brilliantly using beautiful PowerPoint pictures,

―― うるせえ、バカ野郎

"Shut up, this stupid"

と、私は、今、本気で腹を立てています。

Now, I'm seriously angry with this kind of persons.

-----

■原因不明のカーネルパニックを起こすマイコン

Microcomputer causing kernel panic of unknown cause

■規格の電気を確保できないバッテリー、

Battery that can not secure the standard electricity,

■他の補正システムと干渉して精度の出ない測位デバイス

Inaccurate positioning device that interferes with other correction systems

■リアルタイム表示が思うように実現できないWeb通信

Web communication that real-time display cannot be realized as expected

■下らない社内権限で、TLS証明書すら取得できないクラウドサーバ

Cloud server with ridiculous in-house authority that can't even get a TLS certificate

■きちんと本人を認証できないICカードシステムやQRコード

IC card system or QR code that cannot properly authenticate the user

■暖房も冷房も入らないプレハブ建屋の中で、正気を失しないかけながらも、システムチューニングやメンテナンスに従事した

Engaged in system tuning and maintenance while preserving sanity in a prefabricated building without heating or cooling

この手の「発狂しそうな地獄を、きちんと味わった人間しか参加できないシンポジウム」

This "symposium where only people who have properly experienced the hell that seems to go crazy can participate"

-----

こういうシンポジウムなら、私は、喜んで、事務局でも、座長でも、招待講演でもやろうと思います。

With such a symposium, I would be glad to be the secretariat, the chair, or the invited speaker.

そんでもって、ウエルカムパーティでは、余興で、「うるせえ、バカ野郎」の実名暴露大会を実施したいと考えています。

So, at the welcome party, I would like to hold a tournament for the real name of "Shut up! this stupid!!"


2020-02-17 そして、今の私は、ちょっと油断するだけで、簡単に「痩せて」いきます。 [長年日記]

ここ半年間で、屋外実証実験が2つ続いています。

For this half year, I am working for two outdoor experiments.

そして、今の私は、ちょっと油断するだけで、簡単に「痩せて」いきます。

In addition, I am now losing weight easily, unless keeping my weight.

大袈裟でなく、『(私が)倒れたら、(プロジェクトも)倒れる』という自覚はあります。

Instead of exaggerating, I have a realization that "if I fall down, then the project also falls down."

ですので、今の私は、健康に病的に留意しています。

So now I am sick of my health.

-----

基本は、睡眠と食事です。

The basics are sleep and eating.

睡眠に関しては、精神安定剤がほとんど役に立たない状態になっていますが、とりあえず体を横にして目を閉じ続ける、ことだけは心掛けています。

As for sleep, tranquilizers are almost useless, however, I just keep lying down and my eyes closed.

食事に関しては、ここ数ヶ月、食欲を感じられない日々が続いています。

As for eating, I haven't been able to feel appetite in recent months.

ですので、高カロリーの炭水化物(ラーメン、うどん、丼物)を、定期的に摂取するように心掛けています。

Therefore, I try to consume high-calorie carbohydrates (ramen, udon, rice bowl) on a regular basis.

それでも、体重は、増えていきません。

Still, my weight does not increase.

屋外実験のため、現場近くのコンビニの弁当ですませていることも一因かもしれません。

The reason is that I am eating a lunch box at a convenience store near the site for outdoor experiments.

弁当は「食べ過ぎ」ができないからです。

I cannot eat a lunch box "too much".

-----

私は、かつてダイエットをテーマの連載を担当していました。

I used to serialize about dieting.

しかし、心因的アプローチからの検討は、十分とは言なかったかもしれません。

However, my consideration of the psychological approach may not have been enough.

For example, I discussed here the mechanisms of anorexia nervosa and bulimia,however I don't seem to have a complete understanding of the relationship between mind and body yet.

-----

一度、腰をすえて

I think I will settle down to work for

『心理ストレスとエネルギー消費量の相関関係の仮説と、シミュレーションによる検証』

"Hypothesis of correlation between psychological stress and energy consumption and verification by simulation"

をやってみようかな、と考えています。


2020-02-18 それにしても、映画を撮影するって、本当に大変なんですね。 [長年日記]

「専門の業者に頼んで、実証実験の記録動画(映画)を残す」という、私の与り知らぬ ――

My unknown project, "making a video recording (movie) of a demonstration experiment with a professional contractor," was underway.

いや、正確に言うと、関わらないように逃げ回っていた ――

To be precise, I was running away from the projct.

そういう企画が走っていました。

「逃げ回っていた報い」なのかもしれませんが、本当にタイミング悪く、撮影当日「運転手役」をやることになってしまいました。

It may be "reward that was running around". It was really bad timing, so I decided to play the role of "driver" on the day of shooting.

私は、「最初の映像の中に入ってしまえば、後で交代ができなくなる」ということを、見落してたのです。

I overlooked, "once I get inside the first footage, I won't be able to change later."

-----

それにしても、映画を撮影するって、本当に大変なんですね。

Still, shooting a movie is really hard.

■対向車が来たので、取り直し

Retake because the oncoming vehicle came

■歩行者が横断したので、取り直し

Retake as pedestrians cross

■車の停車位置がずれたので、取り直し

Retake because the car's parking position has shifted

■乗車、降車客のパターンを変えて、取り直し

Retake by changing the pattern of getting on and off passengers

とまあ、平均7回のリテイクを、場所を変えて3パターンの運転のやりなおしをさせられて、

Well, on average, 7 retakes, 3 places in different places,

―― 5時間ぶっつづけの運転で、心底、疲れ果てました

"After 5 hours of driving, I was really exhausted"

今回、プロのモデル(役者?)さんも3人ほど参加されたのですが、体の態勢を変えないまま、ずっと待ち続ける姿は、「さすがはプロ」と感心していました。

This time, about three professional models (actress and actors) also participated, but I was impressed that they waited for a long time without changing their body posture.

# 途中で「トイレに行きたい!」 と言い張ったのは、私だけでした。

On the way, I was the only one who insisted, "I want to go to a restroom!"

-----

この撮影の前日には、上長と同僚が議論を戦わせている風を装おう「やらせ」の撮影もあったそうです。

On the day before this shoot, I heard that there was also a photo shoot of "fake", where the superior and colleagues are arguing and fighting.

それはそれで、大変だっただろうと思います。

I think it would have been hard.

「後で話を聞いとこ」と思っています。

I think that "I'll listen to it later."


2020-02-19 ―― なんで、もうすぐ実証実験が終わろうという日に、電車に飛び込むかなぁ [長年日記]

今やっているキャンパスの屋外実証実験では、実験用自動車の定期運行を行っています。

At the campus's outdoor field trials, we regularly operate test vehicles.

そして、その実験用自動車のシステム立ち上げは、基本的に、毎日私がやっています。

And basically, I start up the test car system every morning.

その為、自動車の鍵は、常に私が所持しています。

Therefore, I always have the key to the car.

最初の運行が始まる前には、大学に到着して、車のエンジンと複数のシステムを起動させなければなりません。

Before the first service starts, I must arrive at the university and start the car engine and multiple systems.

だから、思うのです。

So I think that

―― なんで、もうすぐ実証実験が終わろうという日に、電車に飛び込むかなぁ

Why did she commit suicide even though the experiment trial is about to end?

と。

本当に「真っ青」ですよ。

It made me turn pale.

その日は、社内の関係者がテスト乗車することになっていたので、朝1番の運行だけは、何が何でも、実施する必要があったのです。

On that day, people in the company were supposed to take a test ride, so only the first service in the morning had to be carried out.

-----

もちろん、私は人身事故の多くが「自分の意志で行われるものではなく」、「文字通りの意味での"事故"」であることを、熟知しています。

Of course, I know that many of the personal injuries are "literally" accidents ", not" things done on their own will. "

Above all, I've been writing a column for a year about this topic.

しかし、どんなに「熟知」していたって、私の「窮地」がなんとかなるという訳ではありません。

However, no matter how "familiar" I am , it does not mean that my "difficulties" can be resolved.

そのような事故があったからといって、それを許してくれるほど社会は甘くないのです。

Society just isn't kind enough to forgive me against such an accident.

『事故の可能性があれば、その事故を想定した準備をしておくべき』

"If there is a possibility of an accident, be prepared to anticipate the accident."

が、現実社会の言い分です。

This is the reality of the world.

人身事故とは、「見も知らぬ赤の他人の人身事故の責任を、形を変えて、私に押しつけられる」ものなのです。

What is a personal injury? It is "the responsibilities of others change shape, and are imposed on me."

(もっとも「限度」はありますけどね。何もかも、無条件に押しつけられては敵いません)

(Although there is a "limit" though. Everything can't be beaten by me)

-----

スマホを操作して、電車を乗り継ぎながら、ルート変えつつ、そして、いくつかの幸運もあり、今回の問題、何とか回避できました。

While operating the smartphone, transiting the train, changing the route, and having some luck, I managed to avoid this problem.

しかし、今回、一番大きく貢献したのは、私の「心配性」という性格でした。

However, the biggest contribution this time was my "worriedness".

「運行開始1時間前の現場到着」という私の過剰な心配性は、こういう時に威力を発揮する ―― こともある ―― ようです。

My excessive worries of arriving at the site one hour before the start of operation is effective at such times ----- sometimes.

この性格を「よかった」と思ったことは、一度もありませんが。

I've never thought this my character was good.


2020-02-20 ―― 今日からは、そんな心配をしなくてもいいんだぁ [長年日記]

その日の最初の運行開始までに、車載システムを立ち上げて、通信装置や測位デバイスの補正を行い、バッテリーやガソリンの残量をチェックする

Before the start of the first operation of the day, I have to start the in-vehicle system, correct the communication device and positioning device, and check the remaining battery and gasoline

―― 今日からは、そんな心配をしなくてもいいんだぁ

"From today, you don't have to worry about that"

と思っただけで、途中の乗り換え駅で、スキップしそうになってしまいました。

I thought about it, so I was almost skipping at a transfer station on the way.

At 17:00 yesterday, the trial field experiment was completed without any accidents. Whatever the results of the experiment.