0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|

2020-02-15 『彼らの能力を、世界が理解可能とする為にも、がんばって勉強し続けなければ』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

もう一つの「天才が幸せそうに見えない」理由の一つに、

One of the other reasons "genius doesn't seem happy" is, I think,

―― 天才自身に、その自覚がない

"Genius himself is not aware of their ability"

ということがありそうです。

自分が天才であることに気がつかないことは、謙虚でも美徳でもありません。

What they do not realize that they are genius, is neither humble nor virtuous.

それどころが、自分を苦しめることになります。

On the contrary, they are afflicting themselves.

なぜなら、自分の考えを理解できない人を、運命的に憎むことになるからです。

Because they come to hate those who can not understand their ideas destiny.

-----

そういえば、三原順先生の著書「はみだしっこ」に、こんな感じの会話が出てきます。

Speaking of that, a conversation, like this, appears in Jun Mihara's book "Hamidashikko".

ジャック:「グレアムは、理想主義者なのか」

Jack: "Is Graham an idealist?"

アンジー:「何? グレアムが理想主義者なら、何か悪い?」

Angie: "What? If Graham is an idealist, what's wrong?"

ジャック:「そうだな・・、理想主義者であれば、理想を体現しようとしない者を、運命的に憎むことになるだろうな・・」

Jack: "Yes ... if he is an idealist, he will destiny hate those who do not embody the ideal ..."

つまり、そういうことです。

In short, that's it.

-----

『誰もが付いていけないほど高い技術力を持つエンジニア』

"Engineers with high technical skills that no one can catch up with"

私は、そういう人たちを見てきました。

I have seen such people.

そして、彼等の不遇と、世界の不運を、心の底から残念に思っています。

And I'm sorry for their misfortune and the bad luck of the world from the bottom of my heart.

だからこそ、私は、思うのです。

So, I think that.

『彼らの能力を、世界が理解可能とする為にも、がんばって勉強し続けなければ』

"I need to work hard and keep studying so that the world can understand their abilities."

と。