0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|

2022-01-01 YouTubeを見ながら、魚の捌き方を学んでいます。 [長年日記]

昨年、ブリ1尾、ボイルの蟹を1kgを注文しました。

Last year, I ordered 1 yellowtail and 1kg of boiled crab.

一昨年の正月に、ブリを1kg購入して、正月中ずっとブリ刺身を食べていたのですが、これが思いの他、家族に好評でした。

The year before last, I bought 1kg of yellowtail and ate yellowtail sashimi all through the New Year, which was unexpectedly popular with my family.

ブリ1尾は、その3倍以上はあり、さすがに多すぎた様です。正月三が日中で食べきるのは無理だろうと思っていますが、ブリは使い道が多いので、あまり心配はしていません。

One yellowtail is more than three times as much as last year, which is indeed too much. I don't think we will be able to eat it all in the three days of the New Year, but I'm not too worried because yellowtail has many uses.

-----

YouTubeを見ながら、魚の捌き方を学んでいます。

I'm learning how to process fish by watching YouTube.

というか、最近は『動画を見ながら料理をする』ということが普通になりつつあります。

Or rather, 'cooking while watching a video' is becoming the norm these days.

おかげで、私も、調理で失敗することは、滅多にありません。

Thanks to this, I rarely make mistakes in cooking.

料理に関しては、「レシピ」に固執したサービスが低調となり、ほぼ「動画サービス」で定着しています。

In terms of cooking, services that stick to "recipes" have become sluggish, and have been mostly established as "video services".

料理が「親から子への伝承」(いわゆる「おふくろの味」)という形態は、もはや必要ないのかもしれません。

It may no longer be necessary for cooking to be "handed down from parent to child" (so-called "mother's cooking").

家庭料理であれば、『クラウドからダウンロード』で、特に困ることもありません。

For home cooking, "Download from the Cloud" will not cause any problems.

-----

今どき、「おふくろの味」などというものに拘る人がいるとも思えませんが、もし、拘りたい人がいれば、自から教えを請うて、自力でその技術を継承すべきでしょう。

I don't think there is anyone who cares about "mother's taste" nowadays, but if there is someone who wants to, he or she should ask for help and pass on the technique by himself or herself.

そこには、女も男も年齢も結婚も未婚も、一切関係ありません。

It has nothing to do with women or men, age, married or unmarried.

『利益を受けたい者が、汗をかく』―― それだけのことです。

"People who want to benefit will sweat" - that's all there is to it.


2022-01-02 ―― その使い方を忘れてしまって、現時点で、年賀状が発送できていないこと [長年日記]

2001年から使い続けてきた年賀状ソフトが、10年ほど前に販売が中止し、後継ソフトも会社も存在しません。

The New Year's card software that I have been using since 2001 was discontinued about 10 years ago, and there is no successor software or company.

これまでソフトを騙し続けながら使い続けていたのですが、流石に危機を感じて、昨年、WordとExcelを連携させた、年賀状宛名書システムを使いました。

I had been using the software deceitfully, but I felt that I was in danger, so last year, I built a New Year's card addressing system that linked Word and Excel.

問題は、

The problem is.

―― その使い方を忘れてしまって、現時点で、年賀状が発送できていないこと

"I forgot how to use it, so I haven't been able to send out any New Year's cards yet"

です。

新年早々、なんとも間抜けな話ですが、悪しからずご了承下さい。

This is a very dumb thing to say at the beginning of the New Year, but please accept my apologies.

-----

ちなみに、嫁さんは、古い年賀状ソフトの利用を続けています。

By the way, my wife continues to use the old New Year's card software.

新しいソフトを覚える気が、全くないようです。

She doesn't seem to be interested in learning new software at all.

しかし、印刷等は、私に丸投げされています。

However, she throws all the printing, etc. to me.


2022-01-03 ―― 「新撰組」というのは、江戸幕府原理主義者によるタリバンのようなものだよな [長年日記]

シルベスタ・スターローンさん主演の代表作に「ランボー」というものがあります。

One of the best movies starring Sylvester Stallone is called "Rambo".

ベトナム戦争の帰還兵が、本国で理不尽な差別を受けて、保安官達との戦闘や、州兵による追撃を受けて、最終的に逆襲に転じるという、バトルアクション映画です。

This is a battle-action film about a Vietnam War veteran who is unreasonably discriminated against in his home country, battles with sheriffs and pursued by the National Guard, and finally strikes back.

非常に重い米国の社会問題を扱った映画として、当時、日本国内でも、かなりヒットしました。

As a film dealing with a very serious social issue in the United States, it was quite a hit in Japan at the time.

このシリーズに「ランボー3/怒りのアフガン」があります。

In this series, there is "Rambo 3: The Angry in Afghan".

これは、当時、アフガニスタンに侵攻していたソ連(今のロシア)に対するレジスタンスであるムジャーヒディーン(「ジハードを遂行する者」の意味)を支援して、ランボーが、ソ連軍に対して闘いを挑む、という内容でした。

It was about Rambo supporting the Mujahideen (meaning "those who carry out jihad"), a resistance group against the Soviet Union (now Russia) that was invading Afghanistan at the time, and challenging them to fight against the Soviet army.

映画の中では「愛国心をもったゲリラがいる国は征服できない。我々はそれをベトナムで体験した」という台詞が登場します。

In the film, the line "A country with patriotic guerrillas cannot be conquered. We experienced it in Vietnam" appears in the film.

また、ラストに「この映画をすべてのアフガン戦士たちに捧げる」というテロップも登場します。

At the end of the film, there is a message that says, "This film is dedicated to all Afghan warriors

かなり乱暴に纏めると、映画「ランボー3/怒りのアフガン」は、「米国民のランボーが、アフガニスタンのタリバンを支援する映画」と言えます。

To sum it up quite roughly, the movie "Rambo 3" can be described as "a movie in which Rambo, an American citizen, supports the Taliban in Afghanistan.

今調べたところ、Amazon Primeでも、この映画を視聴できます。

I just checked, and you can also watch this movie on Amazon Prime.

どうやら、ランボーとタリバンをリンクさせるような、捻くれた視点を持つのは、私くらいのようです。

Apparently, I am the only one who has a twisted perspective that links Rambo to the Taliban.

-----

一方、現実の世界でも、ソ連軍はアフガニスタンから撤退しました。

Meanwhile, in the real world as well, Soviet troops have withdrawn from Afghanistan.

しかし、その結果、ムジャーヒディーン同士の対立から内戦となり、タリバンの台頭を招くことになりました。

However, the resulting conflict between the Mujahideen led to a civil war and the rise of the Taliban.

米国政府は、『以前に軍事支援した国家から、自国の安全保障を脅かされる』ということを繰返してきた国です。

The U.S. government is a country that has repeatedly had its security threatened by nations that it has previously supported militarily.

ベトナム戦争にしても、湾岸戦争にしても、米国が、その国に膨大に渡した兵器によって、自国の軍隊が攻撃される、というケースには、枚挙にいとまがありません。

Whether it is the Vietnam War or the Gulf War, there is no shortage of cases where the U.S. has been attacked by its own troops because of the huge amount of weapons it has given to that country.

そういう意味では、我が国は、政治的判断(特に自衛隊に関する)が遅いことから、こういう事態から、運よく免れてきた、と言えます。

In that sense, Japan has been fortunate to have avoided this kind of situation because of its slow political decision-making (especially regarding the Self-Defense Forces).

―― 日本は、先進国の中で、唯一、イスラム原理主義者によるテロを国内で実施されていない国じゃないかな?

"Isn't Japan the only developed country that hasn't had a domestic terrorist attack carried out by Islamic fundamentalists?"

なのかなと思い、で、ちょっと調べてみたのですが、

So, I did some research.

アメリカ→(当然)あり、フランス→あり、イギリス→あり、ドイツ→あり、イタリア→摘発あり、カナダ→あり(昨年6月)(*)

U.S.A. -> (naturally) yes, France -> yes, U.K. -> yes, Germany -> yes, Italy -> yes, Italy -> yes, Canada -> yes (last June)(*)

(*)出典:国際テロリズム要覧2021 | 公安調査庁、その他

(*)Source: International Terrorism Handbook 2021 | Public Security Intelligence Agency, etc.

という結果でした。

ただ、上記の30分程度のネットを使った調査が、「事実」として流布されていくのは怖いので、私が、誤解、誤記しているようでしたら、メールにてご指摘下さい。

However, I am afraid that my 30-minute research on the Internet above will be spread as "fact", so if I have misunderstood or misrepresented anything, please point it out to me by e-mail.

-----

My wife once scolded me for saying that the Ako Roshi incident (Chushingura) was like a "riot of local samurai.

それ以後、私は、こういう表現を思いついても、口にするのは自粛するようにしています。

Since then, I have tried to refrain from saying such expressions even if they come to my mind.

昨夜、NHKで、2004年に放映されていた、大河ドラマ「新選組!スペシャル」(総集編)を、ちょっとだけ見ていたのですが、

Last night, I was watching NHK's 2004 Taiga Drama "Shinsengumi! Special" (compilation), which was aired on NHK in 2004. and I thought,

―― 「新撰組」というのは、江戸幕府原理主義者によるタリバンのようなものだよな

""Shinsengumi" is like the Taliban of Edo Shogunate fundamentalists."

と思いました。

そもそも、権力機関(江戸幕府)の承認も得ずに、ただの私的な部局の判断だけで、殺害を実行する組織、という点では、タリバンよりも悪質である、と言えます。

In the first place, it is more vicious than the Taliban in that it is an organization that carries out killings based only on the judgment of a private department without the approval of the authority (Edo Shogunate).

新撰組は、幕府の解散命令に抵抗した者が徒党を組み、会津藩主・松平容保の私財で運営された私的な傭兵部隊(民間軍事会社:PMC(private military company)です。

The Shinsengumi was a private military company (PMC) that was formed by those who resisted the Shogunate's order to disband the group and was funded by the private fortune of the Aizu domain lord, Matsudaira Yoho.

そういう意味でいえば、

In that same sense,

―― 「るろうに剣心」も、薩摩、長州藩がやとったPMCの一員であり、稀有な能力を有するテロリスト

""Rurouni Kenshin" is also a member of the PMC taken over by the Satsuma and Choshu clans, a terrorist with rare abilities."

とも言えます。

-----

しかしながら ――

However,

■「新撰組」についての上記の解釈を口にすれば、嫁さんから口をきいて貰えなくなり、

If I mention the above interpretation of "Shinsengumi", my wife will stop talking to me.

■「るろうに剣心」についての上記の解釈を口にすれば、長女から口をきいて貰えなくなる

If I mention the above interpretation of "Rurouni Kenshin", my senior daughter will not be able to talk to me.

ことは『確実』なので、いらんことは言わないようにしています。

This is a sure thing. Hence, I won't say anything they don't want to hear


2022-01-04 テーマは、ずばり「『お金に愛されないエンジニア』のための新行動論」です。 [長年日記]

正月三が日を終えて、本日から仕事始めです。

After the three New Year's days, today is the first day of work.

今日の江端家は、私だけが在宅勤務で家にいる状態です。

Today in the Ebata household, I'm the only one who works from home.

年末に、母の転院支援の為に帰省したことを除いて、私が、この年末年始休暇で移動した範囲は、

Except for a trip back home to support my mother's transfer to the hospital at the end of the year, the extent of my travel during this vacation season was

(1)歩いて15分のところにあるスーパー銭湯の往復(1回のみ)

(1) Walking to and from a super public bath located 15 minutes away (only once)

(2)嫁さんと2人での近所の神社への初詣

(2) New Year's visit to a nearby shrine with my wife.

(3)運動不足解消用の町内歩行(4.5km) with watching ダウンロードしたNetFlixの映画 on iPad (毎日)

(3) Walking around town (4.5km) with watching downloaded NetFlix movies on my iPad (daily) to get rid of lack of exercise.

という、完璧なローカル行動を徹底していました。

This was a perfect example of local behavior.

でも、なんか「暇していた」という感じではなかったです ―― ずっと、パソコンの前で、論文とプログラム(Golang)と格闘していましたので。

But I didn't feel like I was "bored" -- I was in front of the computer all the time, struggling with papers and programs (Golang).

-----

今月から新シリーズを開始する予定です。

I am planning to start a new series this month.

テーマは、ずばり「『お金に愛されないエンジニア』のための新行動論」です。

The theme is "A New Theory of Action for 'Engineers Who are not be Loved by Money'".

本年度もよろしくお願い致します。

I look forward to working with you again this year.


2022-01-05 江端:「搬入に関しては、本日、私が車で持ち込めるか、あるいは後日、姉に持ってきて貰うか、これから『戦略』を考えてみます」 [長年日記]

I have written about "self-aware words".

これらの用語が、『聞き手に不快感を与えている』というのは事実だと思いますが、仕事で使わなければならない言葉というのは、結構、日常でも出てきてしまうものなのです。

I think it's true that these terms 'make the listener feel uncomfortable,' but the words we come to use in our office, come up in our daily lives.

-----

昨年度の年末、母の病院の転院の支援の為に、実家に帰省していました。

At the end of last year, I had gone back to my parents' home to support my mother's hospital transfer.

『頼むから、来ないでくれよ』と、1ヶ月前から祈っていた"モノ"が、その日に来てしまいました。

The thing that I had been praying for a month, "Please don't come," came that day.

―― 数年に一度と言われている寒波と降雪

"Cold wave and snowfall said to be once in several years"

前日、夜遅くまで庭の風景をチェックし続けていたのですが、当日、完全に積雪していました。

The day before, I kept checking the landscape of the garden late into the night, but on the day of the event, it was completely covered with snow.

母の移動は介護タクシーで行うのですが、転院元と転院先で膨大な書類の処理と入院の物資の移動の為に、私は前日からレンタカーを借りていました。

My mother's transportation would be done by a care cab, but I had rented a car the day before to handle the huge amount of paperwork and moving the hospital supplies both at the source hospital and destination hospital.

I had brought general-purpose tire chains, but I am someone who knows how scary it is to drive in the snow (I almost killed my oldest daughter once).

その雪を見た瞬間に、プランAから、プランB(鉄道による移動)の変更を決断しました。

The moment I saw the snow, I decided to change my plan from Plan A to Plan B (travel by train).

降雪によって、鉄道ダイヤもメチャクチャになっていたのですが、何とか間に合うことができました。

The snowfall had messed up the train schedule, but we managed to make it in time.

-----

転院先の病院で、母の転院用の物品の搬入の必要があって、それを看護師さんと相談していた時です。

At the hospital where I was transferred, I was discussing with a nurse about the delivery of items for my mother's transfer.

江端:「搬入に関しては、本日、私が車で持ち込めるか、あるいは後日、姉に持ってきて貰うか、これから『戦略』を考えてみます」

Ebata: "As for the delivery, I'm going to think of a 'strategy' to see if I can bring it in by car today or have my sister bring it in later."

看護師さん:「『戦略』ですか・・・」

Nurse: "'Strategy'..."

と、クスリと笑われてしまい、とても恥しくなりました。

She giggled, and I felt very embarrassed.

-----

私は軍人ではありませんが、民間の研究所でも(多分普通の会社でも)『戦略』というのは普通に口頭で使われる用語ですが ――

I'm not a military man, but even in civilian laboratories (and probably in ordinary companies) "strategy" is a term that is commonly used verbally.

これからは、十分に、気をつけたいと思います。

However, I will be very, very careful from now on, .

もし『ストラテジー(strategy)』などと口にしていたら、恥しくて死ぬところでした。

If I had said something like "strategy," I would have died of embarrassment.


2022-01-06 ―― 私も社会人になりたての頃は、同じようなもんだったかなぁ [長年日記]

最近、大学生になったばかりの次女はともかく、社会人になったばかりの長女の生活リズムが悪くなっているのを危惧しています。

Lately, I've been concerned that my junior daughter, who just started college, but my senior daughter, who just started working, is losing her rhythm of life.

具体的には、(1)食事を食べている場面を見ない、(2)いつ起きて寝ているのか分からない、(3)体調を崩していることが多いように見える、などなどです。

Specifically, (1) I don't see them eating, (2) I don't know when they wake up and go to bed, and (3) they seem to be sick a lot.

もちろん『女の子なんだから』―― などと言うビジョンは、私には1mmもありません。

Of course, I don't have the vision to say, "They are girls".

ひたすら『おい!コロナウイルスを自宅に持ち込むなよ!』の一択です。

I just want to say, "Hey! Don't bring the coronavirus into our house!"

まあ、どんなに注意していても、感染する時は感染すると、腹を括ってはいますが ―― 感染しない方がいいに決っています。

Well, no matter how careful we are, when you get infected, we get infected. However, it's always better not to get infected, of course.

-----

てなことを考えていたのですが、

I've been thinking about the above, however,

I wonder if I was the same way when I first started working.

と思い返しています。

いや、この話に比べれば、長女の方が、まだマシかもしれません。

Well, compared to this story, my senior daughter might be better off.


2022-01-07 私たちが、息を切らしながら、雪に埋もった足でラッセルしながら歩いていることを、都心の皆さんは知らない。 [長年日記]

東京は雪に脆弱な街ですが、その中でも特に、南多摩地区は、

Tokyo is a city that is vulnerable to snow, especially in the South Tama area,

『南多摩地区積雪量 = 東京23区積雪量 X 10 』

"Snowfall in South Tama area = Snowfall in Tokyo 23 wards X 10"

という経験的な法則があります。

This is a solid rule of thumb.

簡単に言うと、「都心で3cmの積雪があると、我が家の周辺は30cmの積雪になる」ということです。

To put it simply, "if there is 3cm of snow in the city center, the area around our house will get 30cm of snow.

ですので、自宅を出る時は、長靴、防寒具の完全装備で、雪を掻き分けて外出しなければならず、結果として、新宿駅で悪目立ちする、というのが、多摩地区住民の運命でした。

So when I left my house, I had to go out through the snow, fully equipped with boots and cold weather gear, and as a result, I would be conspicuous at Shinjuku Station, which was the fate of residents in the Tama area.

-----

しかし、昨日の午後の積雪に関しては、この逆転現象が起きたようです。

However, this reversal seems to have occurred with regard to yesterday afternoon's snowfall.

昨日の積雪と本日の路面凍結によって、東京23区に多くの交通災害が発生しました。

Yesterday's snowfall and today's icy roads have caused many traffic disasters in the 23 wards of Tokyo.

首都高が数時間以上も渋滞し、交通事故が多発し、多くの歩行者が転倒し、多くの人が怪我をしているようです。

The Tokyo Metropolitan Expressway has been congested for more than several hours, traffic accidents have been frequent, many pedestrians have fallen, and many people seem to have been injured.

今日一日中、ニュースは都心の混乱情報を報道し続けています。

All day today, the news programs have been reporting on the chaos in the city center.

比して、南多摩地区は、それほどの積雪はなく、雪害、凍結等はあるものの、都心部ほど悲惨な状況にはなっていません。

In contrast, there is not much snow in the South Tama area, and although there is some snow damage and freezing, the situation is not as dire as in the city center.

これは、本当に珍しいケースです。

This is a really rare case.

-----

東京都民ならず、日本全国においても「多摩地区」というのは知名度が低いです。

The Tama area is not well known not only among Tokyo residents but also throughout Japan.

下手に「東京都」という名前を冠している分、説明が面倒くさくて、不快な思いをします。

The name "Tokyo Metropolitan Government" in poor taste makes the explanation cumbersome and uncomfortable.

最寄りの駅名は勿論、路線名すら『聞いたことがない』という人が多いです。

Many people have never heard of the name of the nearest station, or even the name of the train line.

-----

積雪で酷い目に遭遇し続けてきた南多摩地区住民の私としては、

As a resident of the South Tama area, I, who have had a lot of bad experiences with snowfall,

リビングの椅子に座り、コーヒーカップを片手に、現在の『都心部が大混乱している』の映像を見て、「誠にお気の毒に思っております」。

watched the current video of 'the city center is in chaos' and said, "I am truly sorry for their loss" with sitting on a chair in the living room, a cup of coffee in hand,

特に、新宿、渋谷あたりの映像には、「心からの遺憾の意」を表すものであります。

In particular, I would like to express my sincere regret for the video clips of Shinjuku and Shibuya.

-----

『今の都心は、薄らと雪景色の風景です』『キレイですね~』などとニュースのレポータが中継している時に ――

While the news reporter was reporting on the snow scene in the city center, saying "It's beautiful",

私たちが、息を切らしながら、雪に埋もった足でラッセルしながら歩いていることを、都心の皆さんは知らない。

People in the city center don't know that we are out of breath with wading through deep snow to open up a trail.


2022-01-08 ―― 高齢者にこそ、移動手段にバイクを [長年日記]

私、浪人生のころ、スーバーカブで新聞配達のバイトをやっており、学生になってから、姉からYAMAHAのDT-125(モトクロスバイク)を譲って貰いました。

I used to work part-time delivering newspapers on a Suber Cub while preparing the exam. When I became a college student, my sister gave me a YAMAHA DT-125 (motocross bike).

Now, our senior daughter is addicted to motorcycles and has obtained a medium-sized license.

嫁さんが事故を心配し、私がバイクの防寒性を心配した結果、長女は「ビックスクーター」型を購入して、日々、乗り回しているようです。

As a result of my wife's concern about accidents and my concern about the bike's thermal protection, my senior daughter has purchased a "big scooter" type and is riding it around on a daily basis.

-----

先日、長女が、我が家の自動車を使っていた時に、嫁さんから、次女を駅まで迎えに行くように言われました。

The other day, when my senior daughter was using our family's car, my wife asked me to pick up my junior daughter from the station.

江端:「いや、車がないよ」

Ebata: "No car here"

嫁さん:「(長女の)バイクに二人乗りで戻ってくれば、いいじゃん?」

Wife: "Why don't you two ride back on (senior daughter's) bike?"

と言いました。

バイク乗りでない人間は、これがいかに『無茶』なことでであるかが分かっていません。

People who don't ride motorcycles don't understand how 'reckless' this is.

まず、自分が日常的に乗っていないバイクは乗車自身が危険であり、さらに二人乗りは、その危険を二乗にするくらい危険です。

First of all, riding a motorcycle that we do not ride on a regular basis is dangerous in itself, and two ride back on is even more dangerous.

『4人家族を、一瞬で2人家族にしてもいい、という覚悟があるなら、やってもいいけど』

"If you're willing to turn a family of four into a family of two in an instant, I'm willing to do it"

と言ったら、諦めてくれたようです。

I told her, and she seemed to give up.

バイクは、ルールを守って正しい手順で使えば、それほど危険なものではありませんが、それでも、自動車に比べて、圧倒的に怪我や死亡率は高いです。

Motorcycles are not that dangerous if you follow the rules and use the correct procedures, but they still have a much higher injury and death rate than cars.

だから、街中で徒党を組んで爆音立てて珍走しているバカは ―― 『人類史上考えうる最低最悪のバカである』と断言できます。

That's why I can say that the idiots who are running around the streets in gangs and making noise are the worst idiots in the history of mankind.

それはさておき

That aside...

-----

TVアニメ「スーパーカブ」に影響された、ということもあるのですが、最近、私の中でバイク熱が高まってきました。

I was influenced by the TV anime "Super Cub", but lately, my enthusiasm for motorcycles has been growing.

もっとも、嫁さんからは、『次女が大学を卒業するまでは、止めてくれ』と言われていますので、もう暫くはガマンするつもりですが、

However, my wife has asked me to stop until my second daughter graduates from college, so I'm going to be patient for a while longer.

―― これからの老後のことを考えると、バイクというのは、良い選択肢ではないかな?

"Isn't a motorcycle a good option for my future retirement?

と思うことがあります。

Sometimes, I thought it.

いや、私も間違いなく、将来は移動困難者となり、かつ認知症も発病すると思います。

I definitely think I will have mobility problems in the future and also develop dementia.

一方、私は、父や母から移動手段(自動車)を奪ってから、彼等のQoL(Quality of Life)の劇的な劣化も、よく覚えています。

On the other hand, I also remember well the dramatic deterioration of their QoL (Quality of Life) after my father and mother were robbed of their means of transportation (cars).

高齢者の自動車運転が危険であることは、もはや、社会的合意に至っていると思います。

I believe that we have reached a social consensus that it is dangerous for the elderly to drive a car.

そこで、考えてみたのです。

So I thought about

―― ならば、高齢者のバイク運転はどうだろうか?

"Then how about elderly people driving motorcycles?"

と。

-----

『江端。お前、真正のバカなんじゃないのか?』という声が聞こえてきそうです。

"Ebata. Aren't you a real idiot?" I can almost hear you saying.

自動車が危険なら、バイクの危険性がさらに高いのは当然です。

If cars are dangerous, it stands to reason that motorcycles are even more dangerous.

私が、バイク事故で、私が死ぬのは ―― まあ、どうでもいいです。

It doesn't matter that I will die in a motorcycle accident.

しかし、『高齢者であれば、バイクによって、他人を死亡させるような事故の発生率は、低いのではないか』とも思います。

However, I also think that 'the incidence of accidents that cause death to others by motorcycle is low for elderly people.

まず、バイクであれば、アクセルとブレーキの踏み間違い、ということは、(構造的に)ないはずです。

First of all, if you are riding a motorcycle, there is no way (structurally speaking) that you can mistakenly step on the gas pedal and brake.

スロットルを誤動作するくらい認知症が進んでいるのであれば、まずバイクに乗ることができないと思います。

If your dementia is advanced enough to cause the throttle to malfunction, you will not be able to ride a motorcycle first.

しかし、バイクが建物や歩行者に突っ込んでいくリスクはあります。

However, there is a risk of motorcycles crashing into buildings and pedestrians.

ですので、バイクで人に怪我をさせる可能性はあります ―― が、バイクが加害者として殺傷するほどのケースは、そんなにない、と、思っています(珍走しているバカを除けば)。

So, it is possible for a motorcycle to injure a person -- but I don't think there are that many cases where the motorcycle is the aggressor and kills or injures (except for the idiots on the road).

で、ちょっと調べてみたのですが、バイク加害による事故データが見つかっていません(知っている方はURLを教えて下さい)

So, I did some research, but I haven't found any data on accidents caused by motorcycle assault (if you know of any, please let me know the URL).

-----

とは言え、認知機能を失ったライダーの運転するバイクは、かなり怖いとは思います。

Nevertheless, I do believe that a motorcycle driven by a rider who has lost cognitive function is quite scary.

それに、逆走したバイクを避けることなんかできません。確実に、そのライダーを跳ね飛すと思います。

Besides, there is no way to avoid a motorcycle that is going the wrong way. I would definitely hit the rider.

自分が、そんな事故の加害者にさせられら、たまったものではないでしょう。

It would be awful if I were made to be the perpetrator of such an accident.

これは、珍走するバカよりも、もっとたちの悪い『暴走老人』と認定されると思います。

I think this would qualify as a "runaway old man," which is even worse than a running idiot.

ですので、これは、社会的な(高齢者の移動手段の確保と、交通事故発生との)トレードオフの問題です。

So, this is a social trade-off (between the availability of transportation for the elderly and the occurrence of traffic accidents).

検討は必要ですが、

Further study is needed, however,

―― 高齢者にこそ、移動手段にバイクを

"Motorcycles as a means of transportation for the elderly"

というパラダイムは、もしかしたらありえる未来の一つかもしれない、と期待しています。

I am hopeful that this paradigm may be one of the possible futures.

-----

ここから本論に入ります。

The main argument comes in.

どなたか、あの"DT-125"と同じフィーリングを得られるバイクをご紹介頂けないでしょうか?

Can anyone recommend a bike that gives me the same feeling as the "DT-125"?

御礼は、私が、その購入したバイクを乗り回している写真でいかがでしょう?

Would you like to give you a picture of my riding on the bike I bought?

いらないか。

Who wants it?

うん、いらないだろうな。


2022-01-09 私は『アニメおたく』ではないようですが、長く生きているからこそ得られる感動が、アニメにもあります。 [長年日記]

私は、日本のアニメーションが好きですが、これまで『アニメおたく』と呼ばれることはありませんでした。

I love Japanese animation, but I've never been called an "anime otaku" before.

この理由について、次女と話をしたとき、『パパは、アニメに狂っている感じがしない』と言われました。

When I talked to my second daughter about this reason, she said, 'Dad, I don't feel like you're crazy about anime.

江端:「そんなことはないぞ。例えば、『シュタイイズゲート』とか、『シュタインズゲート・ゼロ』とか、十分に狂っている自覚がある」

Ebata: "That's not true. For example, I think that I am crazy for 'Steins;Gate' and 'Steins;Gate Zero'.

次女:「特定コンテンツに突出しているし、『ロジック』で言語化できる程度の『愛』では、『おたく』には足りない」

Daughter: "You are prominent in certain content. Moreover, the degree of 'love' that can be verbalized in 'logic' is not enough for an 'otaku'."

どうやら、「おたく」と呼んで貰えるようになるには、

Apparently, the only way to get people to call me "Otaku.", that

自分の視点でのみで世界が完結し、そこに他者の思惑や常識は介在しない ―― というレベルの狂気が必要

"I need a level of insanity where the world is complete only from my point of view, and the thoughts and common sense of others do not intervene"

ということのようです。

She said that,

一言で纏めるのであれば、『究極の主観』といったところでしょうか。

If I had to sum it up in one word, it would be "ultimate subjectivity".

「物理法則や数学の定理すらも捻じ曲げるような狂った愛」がなければ、「おたく」の称号は貰えないようです。

It seems that I have to have a "crazy love for twisting the laws of physics and even the theorems of mathematics" to get the title of "Otaku.

それはさておき。

Aside from that.

-----

私の「客観的なアニメへの愛」という観点で言えば、その出発点は「宇宙戦艦ヤマト」にありますが、その次に登場してくるのは「うる星やつら」でしょう。

In terms of my "objective love for anime", the starting point is "Space Battleship Yamato", and the next one would be "Urusei Yatsura".

「うる星やつら」の世界観は、単なる「ドタバタコメディ」という枠組みを越えて、『私がどんなに努力をしても、絶対辿りつけない才能がある』ということを、私に思い知らせた、人生最初の経験だったと思います。

The world of "Urusei Yatsura" is more than just a slapstick comedy, it was the first experience in my life that made me realize that no matter how hard I try, there is a talent that I will never reach.

今となっては、私の銘となっている、

It has now become my epithet.

―― 努力は、天才に勝てない

"Hard work is no match for genius"

を形作った、最初の事例です。

This is the first example of my epithet.

今となっては、「『天才に勝つ』必要って何?」にまで昇華していますが。

Nowadays, it has been changed to 'Do you need to "beat the genius"?'

ともあれ、「うる星やつら」は、私の人生の大切な道標の一つだったのです。

Anyway, "Urusei Yatsura" was one of the most important guideposts in my life.

-----

この「うる星やつら」が、1981~86年に放送されたテレビアニメ以来、約36年ぶりにテレビアニメ化されると聞き、驚いています。

I was surprised to hear that "Urusei Yatsura" will be adapted into a TV anime for the first time in about 36 years, since the TV anime that aired from 1981 to 1986.

この大役を担う声優が、なんと

The voice actor who will play this major role is...

「諸星あたる:神谷浩史」

"Morohoshi Ataru: Kamiya Hiroshi."

です。

たしかに、『現在の声優の世界にあって、この大役を担えるのは、神谷さんくらいだろう』と納得の人選です。

Indeed, I am convinced that only Mr. Kamiya is capable of taking on this major role in today's world of voice acting.

「ラム:上坂すみれ」さんについては、申し訳ありませんが、あまり詳しくは存じておりません。

I'm sorry, but I don't know much about "Ram: Sumire Uesaka".

ただ、初代ラムを努められた、平野文さんにつきましては、「生徒会役員共」に登場する「古屋(先輩)」の役で登場されていることを知って、『さらに美しくなった声』に、深々と感動していました。

However, I was deeply moved by the beautiful voice of Fumi Hirano, the first Ram, when I found out that she was playing the role of Furuya (senior) in "Student Council Members".

最近では、「ブルーピリオド」の「佐伯(先生)」の声を聞いて、

Recently, I heard the voice of "Saeki (teacher)" in "Blue Period".

―― あのラムが、ここまで落ち着いた大人になって・・・

-- "Ram" has become such a calm, mature adult...

と、言語化できない(そして、他人と共有できない)感動に浸っていました。

I was immersed in an emotion that I could not verbalize (and could not share with others).

-----

私は『アニメおたく』ではないようですが、長く生きているからこそ得られる感動が、アニメにもあります。

I don't think I'm an "anime otaku," but there are some emotions in anime that I can only get from living long enough.


2022-01-10 ところが、ここ数日間、訳の分からない体重増に、頭を抱えています。 [長年日記]

年末から正月にかけて、体重の変化(特に重くなる方)には気をつかってきまして、最終日を許容範囲内で抜けた時には、ホッとしたものです。

From the end of the year to the New Year, I've been paying attention to my weight changes (especially the heavier ones), and I was relieved when I made it through the last day within the acceptable range.

ところが、ここ数日間、訳の分からない体重増に、頭を抱えています。

However, for the past few days, I've been struggling with an inexplicable weight gain.

Once I tried to see if I could explain my weight gain with "transient phenomena" but at this time I failed spectacularly.

今回のケースが「7日間」という、超長期の遅延定数ではないだろう ―― と、思っています。

I am sure that this case is not a very long delay constant of "7 days" -- I am sure of that.

しかし、年末の食事量に体が慣れてしまい、過食状態が継続してしまっている、というのが、妥当な原因かと思います。

However, I think it is reasonable to say that my body has become accustomed to the amount of food I eat at the end of the year, and I am still overeating.

まあ、ここのところ、とにかくお腹が減るのです。

Well, these days, I'm hungry anyway.

-----

私、一日一回、もっとも体重の減る時間と場所を狙って、体重測定をしています。

I weigh myself once a day, targeting the time and place where I lose the most weight.

その為には、体重計の乗り方にも色々工夫をしています。

In order to do this, I have been working on various ways to get on the scale.

■トイレに行って、出せるものは全部出し

I went to the bathroom and took out everything I could.

■当然、全裸(パンツは除く)になり、

Naturally, I was completely naked (except for my pants).

■まず、体重計を廊下に出して、冷やして、センサーの感度を低下させ、

The first thing to do is to take the scales out into the hallway, let them cool down, reduce the sensitivity of the sensors.

■体重計を、床の木材の方向と直行する方向に配置し、

I install the scales in a direction perpendicular to the direction of the wood on the floor.

■体重計に乗る時は、重心点を体重計の外に出るように前かがみになり、

When I get on the scale, bend over so that my center of gravity is outside the scale.

■体重計が確定値を出す時間を逆算して、体に軽い単振動運動を発生させて、もっとも軽い体重で確定するようにする

By counting backwards from the timing the scale gives me a definite value, I can generate a light single oscillating motion in my body to determine the lightest weight.

などの、各種の工夫をして、毎日「体重計を欺(あざむ)く」闘いを行っています。

I have been fighting to "cheat the scales" every day by using various methods like that.

-----

『そこまでするなら、体重計に乗らなければ良いのに』と嫁さんには言われていますが ――

My wife says to me, "If you're going to go that far, you shouldn't be on the scale".

As we all know, the "mental damage caused by the scale" is the most effective way to lose weight.

『仮にそうだとしても、"体重計を欺く"ことに意味はあるのか』と問われれば ―― 私は、こう思うのです。

If you ask me, "Even if that's the case, what's the point of cheating the scales?"

------

どんなに残忍な殺人事件を起こし、検察側、弁護側、双方が事実認定に齟齬がないとしても ――

No matter how brutal the murder, and no matter how consistent the prosecution, defense, and both sides are in finding the case--

殺人事件の被疑者は、弁護側が考えうる最大限の弁護をし尽した上で、刑量が判断されるべきである。

A suspect in a murder case should be judged on the amount of sentence after the defense has exhausted all possible defenses.

特に「死刑判決」という極刑については、『もうこれ以上の弁護はできない』という、最大級の弁護の機会を与えられなけえればならない ――

Especially when it comes to the extreme penalty of the death sentence, we have to be given the maximum opportunity to defend ourselves, to say, like 'I can't defend myself any more'.

と。

-----

しかるに、「体重計」という裁判所が、「私の体重」という罪状を確定するのであれば ――

Therefore, if the court of "scales" establishes the charge of "my weight," then--

私は、あらゆる弁護の機会「あらゆる体重(の値)を減らす為の努力」が尽くすべきである

Every opportunity to defend "every effort to reduce weight (value)" should be exhausted.

―― と、私は信じているのです。

I believe that


2022-01-11 昨夜、母が突然他界してしまいました。 [長年日記]

昨夜、母が突然他界してしまいました。

Last night, my mother suddenly passed away.

今朝、始発の新幹線に乗って、本日17:00-からお通夜、明日8:30から本葬という仕儀に至っております。

I took the first bullet train this morning, and today the funeral wake will start at 5:00 p.m, and the funeral will start at 8:30 a.m.tomorrow.

コロナ禍の中ということもあり、出席はできるだけご遠慮頂き、数名で葬儀を執り行う予定です。

In the middle of the Corona disaster, we ask that you refrain from attending as much as possible and plan to hold a funeral service for a few people.

という訳で、暫く、日記の更新が滞るかもしれませんが、悪しからずご了承下さい。

So, please understand that I may not be able to update my diary for a while.


2022-01-12 ―― それは、私の責任ではなく、母の責任である [長年日記]

先程、葬儀の全イベントを終えて、実感に帰宅しました。

I just finished the whole funeral event and came home to realize it.

今、私の両親は、実家で、夫婦揃って遺影として飾られています。

Now, my parents are displayed as a couple of posthumous portraits in my parents' home.

コロナ禍中のイベントということもありまして、最小人数開催をお願いしましが、『最後に姉の顔を見たい』というご希望があれば、それは応じなければなりません。

During the Corona disaster, I asked for a minimum number of people to be held, but I had to accept the request to 'see the faces of my mother at the end'.

まあ、そのお陰もありまして、母の出生の話や、それだけでなく、私の幼少期の性格 ―― というか『戦略』―― も色々と知ることができました。

Well, thanks to that, I was able to learn a lot about my mother's birth story, as well as my childhood personality -- or rather, my "strategy.

-----

母は厳しい人で、なかなか私が欲しいもの(おもちゃ等)を買ってくれない人だったそうです。

My mother was very strict with me and did not buy me what I wanted (toys, etc.).

そして、私は、その母に要求に応じさせるために、『床の上を転げまわって泣いてで要求を通す』というプレゼンテーションを行っていたそうです。

And I heard that I was giving a presentation to my mother, 'rolling around on the floor and crying to get my demands through.

「対"母"決戦戦略」です。

It was a final strategy against my mother.

一方で、私は、母以外の人間にはそんな戦略は実行しない、大人しい子どもだったそうです。

On the other hand, I heard I was a quiet child who would not implement such a strategy on anyone.

私は、そのことを覚えていないのですが、火葬場の待ち時間で、3人の人間が証言していましたので、客観的な事実だと認めざるを得ません。

I don't remember any of this story, but I must admit that it is an objective fact, since three people testified about it, while waiting at the crematorium.

-----

しかし ―― 私は、問題解決の一つとして、

But -- one way to solve the problem is that a method of

『問題を、恣意的に悪化・炎上させることで、事態を明みにすることで、問題を解決する』

"Arbitrarily exacerbate or inflame the problem to make it go away"

という手段を用います。

つまり、今、私が使っているソリューションは、「母」という「仮想敵」がいたことで、培われてきた、と言って間違いなさそうです。

In other words, the solution I am using now has been cultivated by having a "virtual enemy", my mother.

これまで、私のこのソリューションによって被害にあった人は、少なくはないと思いますが、

I'm sure there are more than a few people who have been affected by this solution of mine.

―― それは、私の責任ではなく、母の責任である

"It's not my fault, but my mother's fault"

と断言して良いと、本日確信しました。

Today, I was convinced of it.


2022-01-13 姉:「私達が知らない兄弟姉妹を探す為だよ」 [長年日記]

父親の時にも実施しましたが、今回の母の死去に伴った、除籍謄本リレーをやっていました。

We had done the same thing with my father, and now I am doing the relay of the removal of my mother's name from the register with her death.

母親の人生(の場所)を巡る旅 ―― お役所クルーズです。

A journey through the life (and place) of a mother -- The bureaucratic cruise.

-----

私:「何の為にこんなことをするんだろう?」

I: "What am I doing this for?"

姉:「私達が知らない兄弟姉妹を探す為だよ」

Sister: "It's to find our brothers and sisters we don't know."

つまり、父や母に「隠し子」がいた場合に、その子供にも財産付与の権利が発生することになります。

In other words, if my father or mother has an "illegitimate child," that child will also have the right to be granted property.

そのような子供がいないことを、「法律的に確定」しないと、たとえ、こずかい程度の預金残高であろうとも、私達は受け取れないのです。

If we don't "legally establish" that we don't have such a child, we won't be able to receive even the smallest amount of money in my mother's bank account!

正直 ―― 面倒くさい、と思います。

Honestly -- it's a hassle, I think.

『その金、いらん』と思うこともあります。

There are times when I think, 'I don't need that money.

しかし、放置しておくと、それらの残金は国庫に回収されます ―― つまり、お国に召し上げられる、と。

However, if left unchecked, the remainder of the money will be collected by the treasury -- in other words, taken by the government.

私が受けとれないのは、全く構わないのですが、それを「国」が受けとることは、絶対に認容できません。

It's perfectly fine if I don't get it, but it is absolutely unacceptable for the "state" to get it.

-----

私の場合、そう考えるだけで、日本中を車で走り回り、地方に除籍謄本の申請手続をするのも、それほど「苦」と思えないのです。

In my case, just by thinking about it, driving all over Japan and going through the process of applying for a copy of the registry in a local area doesn't seem so "painful" to me.


2022-01-14 ―― もうすぐ、あなたにも、この拷問が日々が始まる。そして、誰もが、そこから逃げることはできない [長年日記]

今日は、姉と二人で、母の病歴追跡リレーをしていました。

Today, my sister and I were working on a medical history tracking relay for my mother.

母が、介護老人保健施設(老健)に入所したのは、10年前です。

It was 10 years ago that my mother was admitted to a geriatric health care facility.

そこから、母の入院歴を辿って、3つの病院を訪問して、母の入院の履歴を調べていました。

From there, I traced my mother's hospitalization history, visiting three different hospitals to find out more about her.

■頭蓋骨陥没骨折

-Depressed skull fracture

■うつ病

-Depression

■洞不全症候群・ペースメーカー装着

-Sinusoidal failure syndrome, pacemaker installation

■不眠症

-Insomnia

■鬱血性心不全

-Depressive cardiac insufficiency

■脳梗塞

-Cerebral infarction

■胃瘻増設

-Expansion of gastrostomy

■胆石胆嚢炎

-Gallstones cholecystitis

■脳梗塞後遺症

-Femoral infarction sequelae

■右肘打撲

-Right elbow bruise

■誤嚥性肺炎

-Swallowing pneumonia

■神経因性膀胱

-Neurogenic bladder

■帯状発疹

-Exanthem subitum

■肺炎

-Pneumonia

■慢性心不全増悪

-Chronic cardiac insufficiency additions

■洞不全症候群

-Sinusoidal failure syndrome

■誤嚥性肺炎

-Swallowing pneumonia

■死亡(2022年1月10日)

-Death (January 10, 2022)

-----

これが、この10年間の母の激痛の歴史です。

This is the history of my mother's severe pain for the past ten years.

None of this falls under the current judicial "death with dignity" decision.

そもそも、母が「尊厳死宣言」をしていませんでしたので、絶対に無理ですが。

In the first place, my mother was not declared to die with dignity, so it is absolutely impossible.

私たちと意思疎通ができなくなってからは、母が何を考えているのかも、全く分かなくなりました。

After she stopped communicating with us, I had no idea what she was thinking.

-----

私が申し上げたいことは一つです。

I would like to say one thing.

―― もうすぐ、あなたにも、この拷問が日々が始まる。そして、誰もが、そこから逃げることはできない

"Soon, the days of this torture will begin for you, too. And no one can escape from it"

ということです。

今から思えば、母には2回ほど、この長い拷問の開始を、自分で止める機会があったように思えます。

In hindsight, it seems that my mother had two opportunities to stop this long torture from starting on her own.

1つは「胃瘻建造」、もう1つは「ペースメーカー装着」です。

One is "gastrostomy construction" and the other is "pacemaker installation.

この2つは、人類が生み出した「英知」であり、同時に「呪い」です。

These two things are the "wisdom" and at the same time the "curse" created by humanity.

それでも、この2つを選んだのは「母自身」でした。

Nevertheless, it was "my mother herself" who chose these two.

だから ―― もう、母のことはいいのです。

So - I don't need to worry about my mother anymore.

-----

でも、忘れないで下さい。

But don't forget.

意思疎通ができなくなったら、(少なくとも現状の司法システムでは)あなたは、「死を選ぶ権利」の行使は、一切できなくなります。

If you are unable to communicate, you will not be able to exercise your "right to choose death" at all (at least in the current judicial system).

これは、絶対的な事実です。

This is an absolute fact.

自分を救えるのは自分だけで、そのチャンスは恐しく分かりにくいところにあります。

The only person who can save you is yourself, and the opportunity is frighteningly difficult to grasp.


2022-01-15 ―― 私たち姉弟は「『村上水軍』の末裔かもしれない」という大変眉唾な話 [長年日記]

昨夜と今朝、実家の遺品整理代行業者(2社)に来てもらって、見積をして貰いました。

Last night and this morning, I had two companies come to my parents' house to give me an estimate for the removal of their belongings.

少なくとも、四十九日の法要が終わるまでは、何もしないつもりですが、金額の「規模感」を知っておきたい、と思いまして。

I'm not going to do anything until at least the 49th day memorial service is over, but I wanted to know the "scale" of the amount.

2つの会社の人に見てもらったのですが、概ね、同程度の見積金額となりました。

I had people from two different companies look at it, and the estimates were generally about the same.

なんか、貰うモノはないかな、と、見回してみたのですが、

I looked around to see if there was anything I could get.

■PCディスプレイ

-PC display

■チェーンソー

-Chainsaw

■電動ドライバー

-Electric screwdriver

など、私が持ち込んだモノか、私が購入したモノばかりでした。

These were all things that I had brought in or purchased.

ちなみに、父が残したオーダーメードの服などもありました。

Incidentally, there were also some custom-made clothes left by my father.

しかし、業者の方から『洋服は、どれも取引対象になりません。和服もごく一部の種類が、僅かなお金で取引されるだけです』と断言されました。

However, the vendor assured me that none of the clothes would be traded. Only a few types of kimonos are traded for a small amount of money, they said to me.

-----

とは言え、元家具職人でもあった父の作ったテーブル、ライティングディスク、食器棚等は、私から見ても、しっかりしたモノであると思います。

However, as a former furniture maker, my father's tables, writing discs, cupboards, etc., are still very solid, even from my point of view.

膨大な数の布団などは、必要なところ(難民キャンプ等)では役に立つと思いますが、搬送の手段がありません(搬送料金で、新品が購入できる)。

A huge number of beddings and other items would be useful in places where they are needed (refugee camps, etc.), but there is no way to transport them (for the price of transport, you can buy new ones).

つまるところ、

In short,

―― 遺品は、そのほとんどがゴミになる運命にある

"Most of the relics are destined to become garbage"

ということです。

-----

父と母が、私達姉弟に残したものは、結局「思い出」だけだったな、と、思いました。

In the end, all that my father and mother left for us siblings was "memories".

しかし、価値のある「思い出」を共有できました。

However, we were able to share some worthwhile "memories".

『しんみり』というよりは、姉弟で『大爆笑』できる思い出というのは ―― これはこれで、"プライスレス"だと思うのです。

Rather than being "heartbroken," I think the memories of having a good laugh with my sister and brother are priceless.

-----

今回の、父と母にまつわる、姉との会話で最高傑作だったのが、

The best part of this conversation with my sister about my father and mother was...

―― 私たち姉弟は「『村上水軍』の末裔かもしれない」という大変眉唾な話

" We may be the descendants of the "Murakami Navy", a very eyebrow-raising story"

でした。

村上水軍 ―― いいじゃないですか。

Murakami Suigun -- That's good, isn't it?

中央権力(宮家や摂関)にも属さず、成り上がりの権力者(織田信長等)にも屈せず、反権力の独立自尊の戦闘集団。

It is an independent and self-respecting fighting group that does not belong to the central power (the imperial family or the regent) and does not bow down to upstart powers (such as Oda Nobunaga).

今回、姉と話して分かってきたことなのですが、

This time, after talking with my sister, I've come to understand...

『銭金は問題じゃない。一度闘うと決めたら、最後まで徹底的に闘い抜く』

"Money is not the issue. Once we decide to fight, we will fight to the bitter end"

というのは、どうやら、「江端家の家風」だったようです。

This seems to have been "the family style of the Ebatas".

私は、これまで色々やらかしてきましたが、これも私のせいではなく、私の「血」のせいのようです。

I've done a lot of things in my life, but it seems that they are not my fault, but my "blood".


2022-01-16 なにより、自分の親の人生を遡るラストクルーズを、他人にやらせる、という選択肢がなかったからです。 [長年日記]

昨日、母の死去に伴い、現時点でできる作業を終えて、帰宅しました。

Yesterday, I finished the work I could do at the moment with the passing of my mother and came home.

まだまだ、法律的な手続は続くのですが、とりあえず、一段落つきました。

There are still a lot of legal procedures to be completed, but for now, we are settled.

一連の葬儀に関することはともかく、姉と私が連携して、なおこれだけの手続と時間を要する、ということに ――

Aside from a series of funeral-related matters, my sister and I have been working together, and it still takes a lot of time and procedures.

改めて「死後イベント」の面倒くささに、疲労し尽しています。

Once again, I am exhausted by the tediousness of "post-mortem events".

『マイナンバーカード一枚で、全ての処理が一瞬で終わる』というくらい、手軽にならないものか、と思います。

I wonder if it would not be so easy to "finish the whole process in an instant with just one My Number card".

実際、これらの処理の面倒くささに、相続等の手続を諦める人も少なくないようです。

In fact, it seems that many people give up on inheritance and other procedures because of the hassle of these processes.

遺産が国庫に帰属するならまだしも、空家や空き地にして放置してしまう人も多くいます。

If the inheritance belongs to the national treasury, there are still many people who leave it as an empty house or vacant lot.

-----

で、ちょっと調べてみたのですが、空き地や空家というのは、遺産放棄をしたとしても、譲渡先がない限り、永遠に管理責任が発生するようです。

So, I did some research, and it seems that even if you abandon your estate, you will forever be responsible for the management of vacant land and houses, as long as there is no one to transfer them to.

つまり、いつまでも(自分の子々孫々に)付き纏われる背後霊みたいなものです。

In other words, it's like a spirit behind you that will haunt you (and your children) forever.

これ、かなりの社会問題となっているようです。

This seems to be quite a social problem.

しかし、逆に考えれば、利便性やリフォームなどを一切考えないで、ただ「住むところが欲しい」だけであれば、

However, if you think about it the other way around, if you just want a place to live, without any consideration for convenience or remodeling...

―― タダの土地つきの一戸建てなど、日本中どこにでも、ゴロゴロある

"There are plenty of free houses with land all over Japan"

ということです。

逆に『土地つきの一戸建てを貰って』、さらに『謝礼を貰える』まであるかもしれません。

On the other hand, you might even 'get a house with land' and even 'get a gratuity'.

都会でホームレスをしなければならなくなったら、「生活保護(または年金)を受けて田舎の一軒家」という戦略が、スコープに入ってきました(維持・管理費のことは忘れます)。

When I have to be homeless in the city, the strategy of "a house in the country on welfare (or pension)" has come into scope (forget about the maintenance and management costs).

-----

話を戻しまして。

Back to the topic at hand.

江端:「相続や保険の為の証拠集めって、これだけでビジネスになりそうだようね」

Ebata: "Gathering evidence for inheritance and insurance seems like it could be a business in itself."

姉:「そんなもの、とっくの昔からある」

Sister: "That stuff has been around for a long time."

と言われて調べてみたら、弁護士、税理士、行政書士、銀行・信託銀行の独壇場でした。

So I looked into it and found that it was the sole domain of lawyers, tax accountants, administrative scriveners, and banks and trust banks.

まあ、そりゃそうですよね。ただ、値段もハンパないようです。

Well, that's true, isn't it? However, the price seems to be expensive.

今回、私たち姉弟は、経費削減をしたくて動いた訳ではなく、また、始める前に大体の作業量が見積ることができて、外注に出す手間の方が、逆に手続が面倒になる、という予感もあったからで ――

This time, my sisters and I didn't want to cut costs, but also because we could estimate the amount of work to be done before we started, and we had a hunch that outsourcing would be more trouble than it was worth.

なにより、自分の親の人生を遡るラストクルーズを、他人にやらせる、という選択肢がなかったからです。

Most importantly, I didn't have the option of letting someone else take the last cruise of my parents' life.


2022-01-17 『定年まぎわに起業した父と、村上水軍の末裔の母の、息子であるこの私が、こんなところで、くたびれていてどうする!』 [長年日記]

The other day, I told you that the Ebata family is a descendant of the Murakami navy, without any evidence or proof.

この話で、思い出したのですが、小学生のころ

This story reminded me of when I was in elementary school.

―― 俺は、源氏の末裔だ

"I'm a descendant of the Minamoto clan"

と、自己主張している奴がいました。

There was a guy who was asserting himself in my class.

市営住宅から通っていて、クラスの中でも、特に成績が良い訳でも、スポーツに長じている訳でもなく、ただただ、騒がしい奴だったことを覚えています。

I remember that he went to school from the city housing and was not particularly good in his class, not particularly good at grades or sports, but just a noisy guy.

その時、私が思ったことは、

And that's when I thought...

『こいつを含めて、ここの家族は基本的に"バカ"なんだな』

"This family is basically stupid, including him"

ということと、

and

『(彼の中で"源氏"というものが何を差しているのかは不明でしたが)、"源氏"もお前のような子孫にまで落ちぶれて、気の毒なことだ』

"It's a pity that the Minamoto clan has fallen to descendants like you," (although he wasn't sure what "Minamoto" meant in his mind).

と思ったということです。

-----

ただ、今回の「村上水軍」の話を聞いたあと、ほんのちょっとだけ(1mm未満くらい)、見方が変わってきました。

However, after listening to the story of the "Murakami navy" this time, my view has changed just a little bit (less than 1mm).

―― 私が、村上水軍の末裔なら、私は、まだまだ、がんばれるはずだ

"If I am a descendant of the Murakami navy, I can still do my best"

という、まあ、本当に1ピコの可能性もない、本当に下らない話なのですが、ほんのちょっとした勇気を貰えた気がするのです。

It's a really trivial story, with not even a chance of a single pico, but I think it gave me a bit of courage.

-----

私の父は、かなり歳を取ってから、木工会社を自分で立ち上げ(起業)ました。

My father, when he was quite old, started his own woodworking company.

そして、今回、姉から、『私と同じ年齢の頃に起業した』ことを知って、私は衝撃を受けました。

This time, I was shocked to learn from my sister that my father started his own business when he was the same age as me.

『定年まぎわに起業した父と、村上水軍の末裔の母の、息子であるこの私が、こんなところで、くたびれていてどうする!』

I am the son of a father who started his own business just before retirement and a mother who was a descendant of the Murakami navy. Why am I depressed here, nonetheless?"

という、(言語化不能の)湧き上がるような勇気を貰えた気がします。

I feel like I was given a (inexpressible) surge of courage.

# もちろん『いや、それ錯覚だからね』という内なる理性の声は、ちゃんと聞こえていますので、ご安心下さい。

# Of course, the voice of inner reason that says, 'No, that's just an illusion,' can be heard, so don't worry.

-----

冒頭の「俺は、源氏の末裔だ」と主張していたあのバカは、ダメでゴミカスみたいな人間でしたが ――

That idiot at the beginning of the story who claimed to be a descendant of the Minamoto clan was a no-good, trashy human being, however,

それでも『その真偽はどうあれ、そのフレーズは、奴に勇気を与えていたのかもしれないなぁ』と、今、分かったような気がします。

Still, I think I understand now that 'whatever the truth of that phrase, it may have given him courage.


2022-01-18 ―― 殺害対象が『誰でもいい』って、どういうこと? そんでもって『捕まって死刑になりたい』って、どういうこと? [長年日記]

私は、カルト宗教や極右や極左のテロリズムについては、通り一遍くらいの理解はできてていると思っています。

I think I have a passing understanding of cults and far-right and far-left terrorism.

個人的な怒りが、自分の中で正当化されて、特定の人間に向けた殺意に変化するプロセスも、(経験的に)知っています。

I also know (from experience) the process by which personal anger can be justified within oneself and transformed into a murderous intent directed at a specific person.

特に、怒りの感情の定量化や忘却化については、数値モデル化して、『江端モデル』と(勝手に)名前をつけてシミュレーションに組み込んでいるくらいです。

In particular, the quantification and forgetting of anger emotions has been numerically modeled and incorporated into simulations under the (self-serving) name of the "Ebata Model".

なにしろ今ですら、殺害したいと思っている人間を3人くらい『実名』で示すことができます。

After all, even now, I can give you three "real names" of people I want to kill.

-----

しかし、最近の、小田急、京王、そして東大入試会場での無差別殺傷事件に関して、全く理解ができていません。

However, I have no understanding of the recent indiscriminate killings at Odakyu, Keio, and the University of Tokyo entrance exams.

―― 殺害対象が『誰でもいい』って、どういうこと? そんでもって『捕まって死刑になりたい』って、どういうこと?

"What do they mean when they say they don't care who they kill? And what do they mean, "I want to be caught and sentenced to death"?"

と思っています。

I can't understand them.

一言で言えば、合理的ではない。

In a word, it's not rational.

もちろん、世の中には非合理的な負の感情が山ほどあります(恨み、嫉み、怨嗟、憎悪、自棄、破壊衝動など)。

Of course, there are plenty of irrational negative emotions in the world (resentment, jealousy, vindictiveness, hatred, desperation, destructive impulses, etc.).

しかし、それらは、社会の中で共有されている感情であり、また自分の経験からも理解可能な感情です。

However, they are emotions that are shared in our society and also understandable from our own experiences.

そして、宗教や思想、あるいは上記のような個人的な感情に起因するテロリズムや犯罪行為に対しては、国家の治安部隊(刑事警察(*1)や公安警察(*2)とか)に頼るだけではなく、自分自身でもある程度の「予防措置」をとることができます。

And against terrorism and criminal acts caused by religion, ideology, or personal feelings as mentioned above, we can not only rely on the state security forces (such as criminal police (*1) or public security police (*2)), but also take some "preventive measures" by ourselves.

(*1)基本的には事件が起こってから捜査する

(*1) Basically, they investigate after an incident occurs.

(*2)事件が起こる前から国家の治安を脅かしそうな組織や個人について捜査を継続して行なう

(*2) Even before an incident occurs, they will continue to investigate organizations and individuals that may threaten the security of the nation.

ですが、、『(テロの対象が)誰でもよくて』『捕まって死刑になりたい』などと言うテロリストに対してとり得る対抗措置が、私には、まったく思いつかないのです。

But I can't think of any countermeasures that can be taken against terrorists who say, "I don't care who I will kill" or "I want to be caught and executed".

-----

宗教の自由を国是とする米国が、イスラム教徒を「テロリスト予備軍」として迫害していることは、今も現在進行形で続行中です。

The persecution of Muslims as "reserve terrorists" by the United States, whose national policy is freedom of religion, is still ongoing.

もちろん、これが人道的にも(多分、法律的にも)アウトであることは当然ですが、治安を守る国家の政府が『この程度の暴力ならやるだろう』と思います。

Of course, this is out of line humanely (and probably legally), but I think the government of a security state would 'do this level of violence'.

我が国の場合、政府や警察の努力(スパイとしての潜入工作や、インテリジェントな対テロ工作)によって、『暴力行為は無条件で"悪"』という国民合意(洗脳?)の形成に成功し、極左も極右もカルトも、次々と壊滅させられてきました(*)。

In the case of Japan, through the efforts of the government and the police (infiltration as spies and intelligent counter-terrorism operations), they have succeeded in forming a national consensus (brainwashing?) that violent acts are unconditionally "evil, and the far left, far right and cults have been destroyed by them one after another.

(*)そういう意味では「オウム真理教事件」は、壊滅に失敗した事例の一つだと思う。

(*) In this sense, I think the "Aum Shinrikyo case" is one of those cases that failed to be destroyed.

余談ですが、我が国の場合、この『暴力行為は無条件で"悪"』という観念を、宗教やイデオロギーではなく「空気」で実現した、というところに、他国にない特徴があると思っています。

As a side note, I believe that in Japan, the concept that violence is unconditionally "bad" has been realized not through religion or ideology, but through "air", which is a characteristic that no other country has.

(続く)

(To be continued)


2022-01-19 『この街を、核爆発の熱で、街ごと殺菌してやりたい』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

それはさておき。

That's beside the point.

-----

このようなテロリスト壊滅作戦を、そのまま踏襲することになるとすれば、

If they are to follow this kind of terrorist destruction strategy.

『(定義や定量化のできない)"勝ち組"などという歪んだ観念の存在を本気で信じている人間』や、

People who really believe in the existence of a distorted notion of a "winning side" (which cannot be defined or quantified), and,

『学業成績が伸び悩んでいるティーンエイジャ』も、

Even teenagers who are struggling academically...

取り締まりや監視対象にしなければならないことになります。

The police will have to crack down on and monitor them as well.

アニメ「PSYCHO-PASS」の世界の具現化です。

It is the embodiment of the world of the anime "PSYCHO-PASS.

そんでもって、その世界の中では、

And in that world...

―― 私(江端)は、24時間いつでも、犯罪係数"300"越え

"I, Ebata, have a crime coefficient of over 300, 24 hours, 7 days a week"

なのでしょう。

I guess it is.

-----

再度考えてみたのですが、小田急、京王、東大入試会場のテロリストの心理にアプローチできる、過去の私の体験を一つ見付けました。

I thought about it again, and found one of my past experiences that can approach the psychology of terrorists in Odakyu, Keio, and the University of Tokyo entrance examination hall.

"A near-death experience in New Delhi, India"

這う這うの体でニューデリー国際空港に辿りつき、ネパールのカトマンズ行きのフライトの窓から、下界の風景を眺めながら、

I crawled my way to the New Delhi International Airport. And as I gazed out the window of my flight to Kathmandu, Nepal, at the scenery below, I thought.

『この街を、核爆発の熱で、街ごと殺菌してやりたい』

"I want to sterilize this entire city with the heat of a nuclear explosion.

と、一瞬でも考えてしまった自分に、震撼したのを覚えています。

I remember being shaken by the fact that I had thought about it even for a moment.

-----

小田急、京王、東大入試会場で、殺傷事件を起こした奴等は、私があの街に抱いた憎悪と同じ憎悪を抱えていたのだろうか ―― と考えています。

I wonder if the guys who killed and injured people in Odakyu, Keio, and the University of Tokyo entrance exams had the same hatred that I had for that city.

私には、『あの街に殺されかけた』という、言語化できる「憎悪」がありました ―― もちろん、それは、理不尽で、不合理で、差別主義的で、レイシストの謗り(そしり)を受けるほど、滅茶苦茶な理屈である、と自覚しています。

I had a verbal "hatred" that said, "That city almost killed me. Of course, I am aware that this is an unreasonable, irrational, racist, and racist theory that is so outrageous that I have been accused of being a racist.

ただ、彼らを語らなければならなくなった時、『彼らにも、私と同程度の怒りと憎しみと復讐心があったのだろうか』が、私の中での彼らの断罪基準となりそうな気がします。

However, when I have to talk about them, 'Did they have the same level of anger, hatred, and vengeance as I did?' is going to be my standard for their condemnation.

まあ、しかし、奴等は「断罪」で確定でいいでしょう。

Well, but they should be "condemned" for sure.

なぜなら、奴等は、テロ行為を実施しましたけど、私は、核ミサイルの発射を思い留まりましたからね。

Because they carried out a terrorist act, but I refrained from launching a nuclear missile.


2022-01-20 『母の呪い』を受けているのかな、と疑っています ―― 葬儀の後、さんざん母の思い出で爆笑してきたので。 [長年日記]

現在執筆中の論文に関して社内レビューをて、修正作業をしているのですが、

I am currently working on revisions for a paper I am writing, after receiving an internal review. I'm crazy with

―― 2年以上の前に作ったシミュレータのコードレビュー

"Code review of a simulator I built more than two years ago"

で狂っています。

とは言え、私がスクラッチから作ったシミュレーションプログラムなので、わずか1~2日でキャッチアップできました。

However, since it was a simulation program that I created from scratch, I was able to catch up in just a day or two.

プログラムであれ、プロトタイプであれ「自作の強み」は、ここにあります。

Whether it is a program or a prototype, this is where the "strength of homebrew" lies.

ともあれ、コンパイルして、再起動できたことに感動しています。

Anyway, I'm impressed that I was able to compile and execute.

Here's the program.

最近、「どんな些細なプログラムでも、ブログに放り投げておく」という習慣のたまものです。

Lately, it's been a product of my habit of "tossing any trivial program onto my blog".

『他人の役にたつもりはない』と腹を括れば、どんな記録でも、自分の役に立つものだと、実感しています。

I have realized that any record can be useful to me if I am willing to say, "I don't mean to be useful to others".

-----

しかし、『2年前のレポート一致しない』ので、今日は午後からずっと悩んでいました。

However, I've been struggling all afternoon today because 'the report doesn't match two years ago'.

―― なんで、バスに乗車すると、到着時刻が遅くなるんだ?

"Why does taking the bus delay the arrival time?"

と、シミュレーションのログを眺めて頭を抱えていたのですが、「バスの速度を、歩行速度に置き間違えていた」ことに気がついて、無事、当初の目的のシミュレーション結果を得ることができて、一安心しています。

I was looking at the simulation log and scratching my head, but then I realized that I had misplaced the speed of the bus to the speed of walking, and I was relieved to have successfully obtained the simulation results for my original purpose.

-----

それはそうと、昨日の昼から、突然、腰が痛くなり、日常生活の稼動係数が、0.1以下になっています。

Well, since yesterday afternoon, my lower back has suddenly started to hurt, and the coefficient of operation for daily life has dropped below 0.1.

『ギクッ』とは来なかったのですが ―― 姿勢を動かすと、激痛が走る、というもので、症状は、あきらかに「ぎっくり腰」の症状です。

I didn't feel any pain, but when I moved my posture, I felt a lot of pain, and the symptoms were clearly those of a "slipped back".

母の葬儀からここまで、いつも通り全力で作業してきましたが、まったく平気でした。

From my mother's funeral to here, I've been working as hard as I can as usual, and I've been completely fine.

自分で言うのも何ですが、(驚くほど)メンタルは平常通りです。

If I do say so myself, my mental state is (surprisingly) normal.

しかし、フィジカルの方が、勝手に壊れかけているようです。

However, the physical seems to be on the verge of breaking down on its own.

-----

『母の呪い』を受けているのかな、と疑っています ―― 葬儀の後、さんざん母の思い出で爆笑してきたので。

I wonder if I'm under the "mother's curse" -- because I've been laughing a lot at the memory of my mother, after the funeral.

うん、思い返すと、私の母ならやりそうです ―― 私と同様に。

Yeah, thinking back, I think my mother would do that -- just like me.


2022-01-21 つまるところ、新型コロナウイルス感染対策とは、『道ばたに、死体が普通に転がっている』を見ないで済む生活の維持、と私は思っています [長年日記]

「なぜ、こんなに何度も自粛を繰返さなければならないのか?」

"Why do we have to repeat the curfew so many times?"

に対する答えは、

The answer is,

「COVID-19は、既存のインフルエンザと比較して、感染率が驚異的な値で、さらに死亡率がシャレにならないほど高いからです」

"COVID-19 has a staggeringly high infection rate compared to existing flu strains, and a punishingly high mortality rate".

です。

-----

政府の自粛要請を『完全』に無視すると、何が起こるかといえば、

What happens when we 'completely' ignore the government's request for self-restraint?

―― 『道ばたに、死体が転がっている』という日常がやってくる

"The daily life of "dead bodies lying on the street" is coming."

ということです。

政府も、このビジョンを、ちゃんと国民に示してもいい頃と思うんですけどね ―― 批判は受けるでしょうが、事実ですから。

I think it's about time that the government show this vision to the people properly -- it will be criticized, but it's true.

つまるところ、新型コロナウイルス感染対策とは、『道ばたに、死体が普通に転がっている』を見ないで済む生活の維持、と私は思っています

In short, I believe that the countermeasure against the new coronavirus infection is to maintain a life where we don't have to see "dead bodies lying on the street".

言い換えれば、『病院内で治療を受けながら、死に至れる環境』を担保する措置です。

In other words, it is a measure to ensure "an environment where people can die while receiving treatment in a hospital.

-----

インフルエンザウイルスと、新型コロナウイルスは"同じ"だという人が『まだ』いるようですが ―― まあ、"同じ"でもいいです。

There are still people who think that the influenza virus and the new coronavirus are "the same" -- well, "the same" is O.K.

つまるところ、

The bottom line is that

(1)「病院で治療を受けながら死ねる環境を維持するか」

(1) "Do we want to maintain an environment where people can die while receiving treatment in hospitals?"

(2)「病院に収容できなくなって、自宅や屋外で死ぬことを認容するか」

(2) "Do we accept dying at home or outdoors if people could no longer be accommodated in a hospital?"

だけの違いだと思っています。

That's the only difference, in my opinion.

同じ死ぬのであれば、私なら、

If I were to die the same way, I want to

(A)少しでも行き残る可能性に賭けたいと思いますし、

(A) bet on the possibility that I'll be able to stay, and

(B)酸素吸入や苦痛緩和の処置されながら、少しでもラクに逝きたいです。

(B) pass away as comfortably as possible while receiving oxygen inhalation and pain relief treatment.

-----

『どうせ死ぬなら、どっちでも同じことだ』という人は ―― 政府の「自粛要請」や「ワクチン接種要請」を無視してもいいと思います。

People who say, "If I'm going to die anyway, it doesn't really matter..." can ignore the government's request for self-restraint and vaccination.

ただ、その場合は、「診療自粛」→「自宅療養」→「自宅死(放置死)」をセットメニューとして選んで頂くことが「筋の通った行動」と思っています。

However, in such a case, I think the "reasonable course of action" is to choose "refrain from medical treatment," "home treatment," and "death at home (death by neglect)" as a set menu.

-----

―― というのが、私の従来のスタンスでした。

The above has always been my stance.

However, I was quite shocked to read an email I received from a reader the other day.

(続く)

(To be continued)


2022-01-22 「怖い」を「怖い」と言えて、その「怖い」を心で理解して、受け入れられる社会を作っていくこと ―― [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

メールを送って頂いた方は、東京在住で飲食業をしている4人のお子さんのお母さんでした。

The person who sent us the email was a mother of four children who lives in Tokyo and works in the restaurant business.

大変ご丁寧な文面の長文メールでしたので、私も気合を入れて、数回、読み返させて頂きました。

It was a long email with a very polite message, so I read it over several times with great enthusiasm.

■ご自分は、これまで2回COVID-19に感染されており(ただし軽症)

- She has been infected with COVID-19 twice before (but with mild disease).

■お父様が、COVID-19の肺炎でお亡くなりになっており

- Her father passed away from pneumonia with COVID-19.

加えて、

In addition,

■シバタ先生と私の共著のコラムは全て読まれており、

- She has read all the columns that Dr. Shibata and I have co-authored.

■ワクチン接種には恐怖を感じておられて、今も接種を躊躇されており、

- She was afraid of getting the vaccine and is still hesitant to get it.

■今は、お子さんへのワクチン接種の要否で深く悩んでおられる

- Now, she is deeply concerned about whether or not to vaccinate your child.

という状況でした。

The above is her situation at the present.

-----

上記の説明だけを読めば、多くの人は『なぜ?!』とつっこみたくなると思います。

If you only read the above explanation, many people will be tempted to ask, "Why? "

メールをご開示することはできませんが、そこには、御自分の持病、コロナ感染後の後遺症、各種医療機関での診断の結果など、

Although I cannot disclose her e-mail, I can tell you that it contains information about her medical conditions, the aftereffects of her coronary infection, and the results of her diagnosis at various medical institutions. In short,

―― 自分の体調や病症に関する精緻な自己分析結果

"The results of an elaborate self-analysis of her physical condition and illnesses"

が記載されていました。

were described in the mail.

これだけの自己分析を経て、なお拭えない「ワクチン接種への恐怖」というものを、私は、初めて知るに至ったのです。

After all this self-analysis, I came to realize for the first time that there is a fear of vaccination that she still cannot shake.

-----

I once wrote this diary -- however,

私は、この問題の『恐怖』の『本当の恐怖』を理解できていなかったと、自覚しました。

I realized that I didn't understand the 'real fear' of this issue.

―― それほどまでに怖いもの(ワクチン接種)を、一体、世界誰が「勧める」ことができるというのだ?

"Who in the world can "recommend" something so scary (vaccination)?"

と、心の底から思いました。

I thought it from the bottom of my heart.

-----

私たちの社会にとって、自分たちに都合の良い理論を持ち込んで、自分たちと違う行動をとる他人を批判するだけではダメなのです。

For our society, it is not enough to bring in theories that suit us and criticize others who act differently from us.

ですから、提案したいと思います ―― これからは、正直に『自分の"怖い"』を語り合いましょう。

So I'd like to propose something -- let's talk about our "fears" honestly.

そして、その『怖い』をロジックで理解するのではなく、『怖い』を『そのもの』で理解するように努めましょう。

And instead of understanding the "fear" with logic, try to understand the "fear" with "itself".

-----

■私(江端)は、コロナ感染&発病が怖いです。

- I (Ebata) am afraid of corona infection & disease.

■これといった持病もなく、健康でありますが、すでに高齢であり、死亡率も十分に高い年代に突入しています。

- I have no chronic illnesses and is in good health, but I am already old and entering an age where the mortality rate is high enough.

■ですから、だれもが、感染対策をして、ワクチン接種をして欲しいです。

- Therefore, I hope everyone will take precautions against infection and get vaccinated.

■私がコロナ感染に至らないように、どうかみなさんで助けて下さい。

- Please help me not to get a corona infection.

―― という私の『怖い』と

the above my "scary", and

■私(読者の方)は、コロナワクチン接種が怖いです。

- I (the reader) am afraid of coronary vaccination.

■すでに感染の経験があり、ブレインフォグに苦しんでおり、家族も殺されています。

- I've already been infected, I'm suffering from brain fog, and my family has been killed.

■それでも、未知のワクチンが、自分の子どもたちの、大切な未来を失う可能性が"0"とは言い切れないことが怖いです。

- Still, I am afraid that the possibility of losing my children's precious future to an unknown vaccine is not "zero".

■どうして良いのか本当に分からないのです。どうか、皆さん、私を助けて下さい

- I really don't know what to do. Please, everyone, help me.

―― という方の『怖い』は、

the above her "scary"

同じものとして、取り扱われるべきなのです。

should be treated as the same thing.

-----

ロジックで相手をやりこめるフェーズは、もう終わりにしましょう。

Let's end the phase where you can use logic to push your opponent over the edge.

「怖い」を「怖い」と言えて、その「怖い」を心で理解して、受け入れられる社会を作っていくこと ――

To create a society where people can say "I'm afraid" to each other, understand "I'm afraid" with all their hearts, and accept them.

これが、私たち「ウイズコロナ時代」のミッションです。

This is the mission of our "Wise Corona Age".


2022-01-23 思うに ―― これは『魔女の一撃』というよりは、『母の一撃』だな、と私は確信しています。 [長年日記]

先日ご報告した「ぎっくり腰(もどき)」が、本日、ようやく回復の方向に転じた感じがします。

Today, I finally feel like I'm on the road to recovery from the "strained back" I reported about the other day.

体験した人は、ご存知かと思いますが、「ぎっくり腰」は、洒落にならんくらいの激痛です。

If you've ever experienced it, you may know that a "strained back" is a serious painful condition.

あの激痛に対する症例を「ぎっくり腰」という名前で呼ぶの、なんとかならんのでしょうか。

Can't we do something about calling that case of severe pain "strained back"?

欧州では『魔女の一撃』とも呼ばれているようですが、これでも足りないです。

In Europe, it is also known as the "witch's blow," but even this is not enough.

ぎっくり腰の正式名称(総称)は「急性腰痛症」だそうですが ―― まだ、納得できません。

I've heard that the official name (general term) for a strained back is "acute back pain syndrome" -- but I'm still not convinced.

関節捻挫・筋肉損傷・筋膜性炎症 ―― という深刻な複合的な病症が、「急性腰痛症」、いわんや「ぎっくり腰」などという、侮蔑的な称呼でいいのか? と思います。

Can a serious complex disease of joint sprains, muscle injuries, and myofascial inflammation be called "acute low back pain" or even "strained back" in a derogatory way?

-----

なぜ、このような侮蔑的な称呼であるのかを、と考えてみるに、

Why is it such a derogatory name? I thought,

(1)信じられない程の激痛によって、日常的な動作の完全な停止を余儀なくされ、

(1) Incredibly severe pain that forces a complete cessation of daily activities, and

(2)その態様は、他人から嘲笑されるほど『不様』であり、

(2) The appearance of the person is so 'unseemly' that it is ridiculed by others.

(3)基本的に特効的な治療薬や治療法がなく(湿布くらい)、

(3) Basically, there is no effective remedy or treatment (only poultice).

(4)原則的に、長期間(数日から2週間程度の)完全な休息によって、快癒する

(4) In principle, complete rest for a long period of time (from a few days to two weeks) will heal the body.

という、「激痛」「不様」「根治手段なし」「快癒」という、きわめて評価しにくい項目の組合せにあると思います。

I think it is a combination of items that are extremely difficult to evaluate: "severe pain," "unseemly" "no cure method," and "healing".

-----

「ぎっくり腰」との闘いは、まず、『苦痛を感じない姿勢』の探索から始まります。

The first step in the fight against "strained back" is to find a posture that does not cause pain.

たとえば、書斎の椅子に深く腰掛けた状態(これを状態Aと言う)と、背筋を延ばした起立した状態(これを状態Bという)で、『苦痛を感じない姿勢』を見つけたとします。

For example, let's say you have found a posture in which you feel no pain, sitting deeply in a chair in your study (called state A) and standing up with your back straight (called state B).

ところが、この状態から、わずかにズレた状態にする(例えば、状態Bを、上半身をわずか角度2度程度前かがみにする)だけで、激痛が走ります。

However, a slight deviation from this state (e.g., state B with the upper body bent forward at a slight angle of about 2 degrees) is enough to cause severe pain.

その状態を維持する為に、回りのもの(机、本箱、棚)にしがみ付くのですが、その為は、全身を腕で支える必要があります。

In order to maintain this state, I cling to the things around me (desk, bookcase, shelves), which requires me to support my entire body with my arms.

しかし、私にはそんな筋力は、私にはありません。

But I don't have that kind of muscle power.

結局、状態Bから外れた状態B'の状態で、激痛で悲鳴を上げることになります。

Eventually, I will be in state B', which is out of state B, and I will be screaming in extreme pain.

身体を移動させる速度は秒速0.2m/秒程度となり、書斎からリビングテーブルまでの移動時間は、平均3~5分間程度となります(普段なら5秒間程度)。

The speed at which I move my body will be about 0.2m/second, and the average travel time from the study to the living room table will be about 3 to 5 minutes (usually about 5 seconds).

トイレでは、状態Aから状態Bの遷移状態を経るので、腕の力が重要になってきます。

In the toilet, arm strength is important as I go through the transition state from state A to state B.

それと合わせて、可能な限り痛みの少ない、状態Aから状態Bへの遷移ベクトルの模索が続きます ――

In the toilet, arm strength is important as I go through the transition state from state A to state B.

トライ & エラー with 悲鳴の日常です。

It is a daily routine of trial and error with screams.

-----

この週末は、徹底的な睡眠戦略を取りました。

I took a thorough sleep strategy this weekend.

十分な睡眠を取った後、されに、安定剤(×睡眠薬)を投入して睡眠を強制する方法を取りました。

After getting a good night's sleep, I finally took a method of forcing sleep by throwing in a stabilizer (x sleeping pills).

このような努力もあり、状態Aと状態Bの稼動範囲が広がるようになり、遷移ベクトルのパターンも増えてきて、「悲鳴」の回数が減ってきました。

Thanks in part to these efforts, the operational range of states A and B began to expand, the pattern of transition vectors increased, and the number of "screams" decreased.

この調子であれば、今週の中頃には快癒すると思います。

At this rate, I expect to be healed by the middle of this week.

で、快癒したら、私は多分、これを忘れる。

And when I'm healed, I'll probably forget about this.

ですので、今、このことを日記の記録として残しています。

So now, I am keeping this as a record in my diary.

-----

それにしても、今回は、身体の動かない私に、湿布を張ってくれる伴侶(嫁さん)がいなかったら ―― と考えるだけで、ゾッとします。

This time, however, I was horrified just thinking about what I would have done if I hadn't had a companion (wife) to put poultices on my immobile body.

今の私は、誰かから、結婚の意義を問われたら『自分の腰に湿布を張って貰うためだ』と、胸を張って答えることができます。

Now, when someone asks me what the point of marriage is, I can proudly answer, "To get a poultice on my lower back.

が、同時に、

But at the same time

■この痛みが日常となるであろう老化した身体の日々や

- This pain will become a part of my daily life as my body ages.

and,

■伴侶にも手の負えなくなった介護フェーズの突入

- Entering the nursing care phase where even the spouse is no longer able to help me,

のことを考えると、恐しくて仕方がありません。

I was afraid to think about the above.

「ぎっくり腰」とは、「快癒」が保障されているからこそ、この激痛に耐えられるのです。

It is only when I am assured of healing that I am able to endure this intense pain.

-----

今回の「ぎっくり腰」は、母の急死と、それに伴う各種対応が原因となっていることは間違いないと思います。

I am sure that this "strained back" was caused by the sudden death of my mother and the various responses that accompanied it.

これは、10年以上もの期間、介護の地獄を見てきた、私の母からの私へのメッセージであると信じています。

I believe this is a message to me from my mother, who has been through the hell of caregiving for over a decade.

思うに ―― これは『魔女の一撃』というよりは、『母の一撃』だな、と私は確信しています。

I think -- I am convinced that this is more of a "mother's blow" than a "witch's blow".


2022-01-24 私の遺体なんぞででよろしければ、先生の大学に全部差し上げますが、要ります? ―― コラム執筆の御礼としては、甚しく「粗品」とは思いますが。 [長年日記]

最近、以下のメールを大学機関に送付しています。

I have recently sent the following email to university institutions

-----

XXXXX研究/移植担当部門

XXXXX Research / Transplantation Department

○○先生

Dr.○○

突然のメールを差し上げる無礼をお許し下さい。

Please forgive my rudeness in sending you this email so suddenly.

私は、江端智一と申します。

I am Tomoichi Ebata.

私の死亡後、御大学への全臓器の移植提供と、献体を希望致したく考えております。

I would like to donate all my organs and body to your university after my death.

つきましては、その実施事項に際しまして、当方から希望する形がございます。そのご相談に乗って頂ければと考えております。

I would like to happy to discuss the procedure in detail.

○○先生の、お手すきの際に、ご連絡頂ければ幸いと存じます。

I would appreciate it if you could contact me when you are free.

また、ご担当が異なっておりましたら、お手数ですがその旨をお知らせ頂けますよう、お願い致します。

If you are a different contact person, please let us know the proper person.

お忙しい中、恐縮とは存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

I would like to thank you for your time.

江端智一

Tomoichi Ebata

-----

<以下、シバタ先生への私信>

The following is a personal letter to Dr. Shibata

私の遺体なんぞででよろしければ、先生の大学に全部差し上げますが、要ります? ―― コラム執筆の御礼としては、甚しく「粗品」とは思いますが。

If you'd like my death body, I can give it all to your university, if you'd like. -- I am afraid that it would be a very "little gift" for thanking you for writing the column.

シバタ先生の大学までの輸送に『鮮度』が落ちるかもしれないことが懸案です(もし、移植に使って頂けるのであれば)。

My concern is that it may not be 'fresh' to transport it to your university (if you can use it for the transplant).


2022-01-25 ―― 自分から積極的に動いてアピールしないと、あなたの臓器(一説には、総額1000万円相当)が、燃やされて(火葬)て灰になってしまう [長年日記]

Regarding yesterday's email, I received an email last night from the doctor in charge of the donation.

そこで、先程、その大学病院に電話してみました。

So, I just called the university hospital.

ご対応して頂いた方とのQ&Aの要点のみを纏めます。

The following is a summary of the main points of the Q&A session with the person who responded.

-----

Q: 移植は無制限にO.K. で 献体はN.G.という取り扱いは可能ですか? (嫁さんの要望)

Q: Is it possible to have "unlimited transplants" and "no donation"? (My wife's request).

→ 無理。原則として「移植」と「献体」は両立しないと考えて頂いた方が良いです(角膜移植のみの場合などの例外もある)。

-> Impossible. As a general rule, it is better to think that "transplant" and "donation" are incompatible (there are exceptions such as in the case of corneal transplants only).

Q: 献体するにはどうればいいのですか

Q: How can I donate my body?

→ 今年度分の予約は終了しましたので、4月1日以降に連絡を下さい。

-> Reservations for this year have been closed, so please contact us after April 1.

Q: 私の献体は可能ですか

Q: Is it possible for me to donate my body?

→ (住所を聞かれて)管轄内ですので可能です。

-> (When asked for the address) It's within our jurisdiction, so it's possible.

Q: 私の献体の条件は何ですか

Q: What are the requirements for my donation?

→ (1)コロナ等のウイルス感染による死、(2)梅毒、結核等の感染症による死、(3)自死 でないこと、となります。

-> There is no problem as long as the following items are not included. (1) Death due to viral infections such as corona, (2) Death due to infectious diseases such as syphilis and tuberculosis, (3) Suicide

Q: 献体の「使われ方」をインタビューまたは見学したいのですが、どうすれば良いですか?

Q: I would like to interview or observe the "use" of a donated body.

→ 本大学での対応は難しいので、全国ネットワークの「篤志会」にコンタクトされることをお勧めします。

-> Since it is difficult for our university to respond to this request, we recommend that you contact the national network of "benevolent societies".

-----

(嫁さんのように)「移植(のみ)を希望する場合はどうしたら良いのか」は、自分で調べてみました。

I did my own research on "What should I do if I want an organ transplant only?" like my wife.

Basically, this page contains everything you need to know.

特に、「臓器移植解説映像」が秀逸です。

In particular, the "organ transplant explanation video" is excellent.

今、私たちにできることは、結構簡単です。

What we can do now is pretty simple.

臓器移植提供を希望される方は、「今、ここで」やってしまいましょう。

If you want to donate your organs, do it "now, immediately".

(1)運転免許、マイナンバカード、臓器提供意思表示カード(私は、コンビニのレジで手に入れました)に住所と名前、その他を記入する

(1) Fill in your address, name, and other information on your driver's license, My Number Card, or Organ Donation Intention Card (I got this at the checkout counter of a convenience store).

(表面)

(裏面)

(ちなみに、マイナンバーカードのカード記入欄は、『どんな極細のペンなら記載できるんだ!』という位に小さい(怒)。これでは、『行政は「臓器移植をさせたくない」と考えている』ようにすら見えます)

(By the way, the field for filling out the card on the My Number Card is so small that it looks like "What kind of ultra-fine pen can you use to fill it out? This makes it look like the government doesn't want people to have organ transplants.)

(2)家族、友人、病院の方に「これらが財布に入っているから、私の死後に必ず連絡してくれ」と、繰返し言っておく。

(2) Repeatedly tell family, friends, and hospitals, "These are in my wallet, so be sure to contact the administration after my death.

後は、

After that,

(3)自分の臓器の再利用が可能な程度に健康な日々を送り、誰かに再利用して貰えるように祈る。

(3) Live each day healthy enough to be able to reuse my organs, and pray that someone else will reuse them.

です。

大切なのは、

The important thing is...

―― 自分から積極的に動いてアピールしないと、あなたの臓器(一説には、総額1000万円相当)が、燃やされて(火葬)て灰になってしまう

"If you don't actively promote yourself, your organs (worth a total of 10 million yen, according to one story) will be burned (cremated) to ashes."

という、絶対的な事実です。

which is an absolute true.

『意思を示しておけば、善意の誰かが何とかしてくれる』というのは ―― はっきりいって、「幻想」で「甘えた考え方」です。

The idea that "if I show my intentions, someone with good intentions will take care of it" is -- quite frankly -- an illusion and a naive way of thinking.

もちろん、これは、臓器移植の提供を希望する人のみへのお話です。

Of course, this is a story for those who wish to donate their organs for transplantation.

-----

ちなみに、「献体」v.s.「臓器提供」なら、私は後者優先です。

By the way, if it's "donation" versus "organ donation," I prefer the latter.

そして、人間の臓器を「デバイス」「部品」と考えているエンジニアの江端は、心の底から

And Ebata, an engineer who considers human organs as "devices" or "parts", from the bottom of his heart,

『お願い! 誰か私(の臓器)を貰って!!』

"Please! Somebody take my organs!"

と思っている1人です。

I want to shout that.

-----

ちなみに、これは、終活(人生の終わりのための活動)の一環ですが ―― なんか『婚活』とか『就活』に似ているなぁ、と思いました。

Incidentally, this is a part of the "life after life" (activities for the end of life) -- I thought it was somewhat similar to "marriage hunting" or "job hunting.


2022-01-26 「私の死亡後に関する葬儀ならびにそれらに関するメモ」 [長年日記]

本日は、ここ数日、家族+姉の間ですったもんだの原因となったメモを、ご覧頂きたいと思います。

Today, I'd like to share with you a memo that has been the cause of a lot of confusion between my family and my sister over the past few days.

"Funeral services after my death and notes regarding them"

私の死後に色々走り回るのは家族なので、私の意志は二の次、というのは仕方ないのかなぁ、と、かなりガックリきています。

My family will be the ones who will be running around after my death, so I guess it's inevitable that my will is secondary.

ちなみに、子どもからは『所詮、パパも、"普通"以外の道を歩けないんだよ』と言われてしまいました。

Incidentally, my children told me, "After all, you can't walk any other path than 'normal' either.


2022-01-27 そうですね ―― グループ含めて従業員10万人以上の、『デジタルで食っていくぜ』を宣言している大手企業であれば ―― [長年日記]

昨年、社用スマホのバッテリー寿命で、交換をしたのですが、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のイストールを忘れていたことに気がついて、今、慌ててインストールしました。

Last year, I had to replace the battery of my company phone due to its lifespan, but I realized that I had forgotten to install the new coronavirus contact confirmation application (COCOA), so I hurriedly installed it now.

このCOCOAですが、これまで何度も不具合が報告されており、『ダメじゃん』という感じになっているような気がします。

This COCOA has been reported to have many problems, and I feel that it is becoming a 'no-no'.

加えて、感染接触の報告が全然こなければ、興味も薄れるというものです。

In addition, if we don't receive any reports of infected contacts, we will lose interest.

そこで、『テスト感染』というテストモードを作ることを提案します。

Therefore, I propose that we create a test mode called "Test Infection".

例えば、仮想新型ウイルス『例:江端株(テスト用)』というものを使えるようにして、私が、街中を歩き回ることによって、濃厚接触者に、その感染情報が広がるようにするのです。

For example, I can use a virtual new type of virus, such as the Ebata strain (for testing), and spread the information about the infection to my close contacts as I walk around the city.

なんなら、ゲーム性を持たせて、『江端株(テスト用)感染クーポン』というものを発行しても良いかもしれません。

If we want, we can make it game-like and issue "Ebata stock (for testing) infection coupons".

これは、COCOAの使用率を上げる、ということの他に、フィールドテストの検証(バグ出し)などでも使える、というメリットがあります。

In addition to increasing the usage rate of COCOA, this has the advantage that it can be used for field test verification (bug detection).

―― てなことは、多分、デジタル庁も、厚生労働省だって考えたはずです

"I'm sure the Digital Agency and the Ministry of Health, Labor and Welfare have thought of this as well"

この程度のアイデアが出て来ていなければ、"無能"と言っちゃいますよ、私は。

If they hadn't come up with this level of idea, I'd call them "incompetent".

-----

分っているんです。

However, I know well.

このような、仮想新型ウイルス『江端株(テスト用)』みたいなテストモードを作れば ――

If they create a test mode like this, a virtual new virus called "Ebata strain (for testing)," and they use the virus as a tool for testing,

それを「コロナ濃厚感染」と勘違いしてしまう人が、少なからずいて、結果として、それが社会に混乱を与える大騒ぎになってしまう、ということを。

There are more than a few people who mistake it for a "concentrated corona infection," and as a result, it becomes a socially confusing fuss.

で、すでにシステム開発サイドには、このようなテストモードとテストモードを実施するチームが、存在していると思うのですが ――

So, I think there is already a team on the system development side that implements this kind of test mode and test mode...

問題は、一般の人へのCOCOAへの興味への低下です。

The problem is the declining interest of the general public in COCOA.

これは、悩ましい問題だと思います。

I think this is a vexing problem.

-----

テストモードの希望者を、集うというのはどうでしょうか?

How about gathering those who want to be in test mode?

事前に本人をテストして、適性を確認をする必要がありそうですが、それもレジストリ(登録)の手続が大変そうです。

It may be necessary to test the person beforehand to confirm his or her suitability, but it also seems that the registry (registration) process will be difficult.

ならば、政府から『テスト対象企業』を選択して要請する、という手もあります。

If this is the case, the government could select and request companies to be tested.

そこの従業員(の社用スマホ)には、無条件にテストモード対応のCOCOAがインストールされるとしてしまい、運用・管理も、その会社に丸投げする、というものです。

The idea is that the employees of the company (their company phones) will be unconditionally installed with COCOA that supports the test mode, and the operation and management will be thrown to the company.

そうですね ―― グループ含めて従業員10万人以上の、『デジタルで食っていくぜ』を宣言している大手企業であれば ――

Yes, if a major company with more than 100,000 employees, including group companies, has declared "we are going with digital services",

たぶん政府も要請しやすいんじゃないかな、と思うんですが、いかがでしょう?

I think it would be easier for the government to make a request, don't you think?


2022-01-28 それにしても、鉛筆を「名前入り」としただけで、大きな付加価値になるんだなぁ、と感心しています。 [長年日記]

Recently, there is a gift "pencils with names written on them".

義母から「病院でお世話になっている方のお子さんに、プレゼントとして贈りたいと」の希望を受けて、私がAmazonから発注・配送をしました。

My mother-in-law wanted to give it as a gift to the child of one of her patients at the hospital, and I ordered and delivered it from Amazon.

後日、さらに2人分の追加手続をお願いされました。

Later, I was asked to place an additional order for two more people.

なんでも「兄弟のもう一方が、そのエンピツを欲しがってしまって、困っている」ということらしいです。

It seems that one of the brothers is in trouble because the other one wants the pencil.

で、追加発注をしようとしたのですが ―― 在庫切れになってしまっていて、私も困っています。

So I tried to place an additional order -- but it's out of stock, and I'm having trouble with it, too.

-----

それにしても、鉛筆を「名前入り」としただけで、大きな付加価値になるんだなぁ、と感心しています。

Still, I'm impressed by the fact that just having a pencil "with your name on it" is a great added value.

値段としては、普通の鉛筆の2倍以上です。

The price is more than double that of a regular pencil.

まあ、鉛筆に印刷用の刻印入れるのは、結構な手間(特別な装置や入力の手間暇)がかかると思いますので、「2倍以上」でもペイしているのか、分かりませんが、

Well, I think it takes a lot of time and effort (special equipment and inputting time and effort) to put a print imprint on a pencil, so I don't know if "more than double" pays off.

―― 個人情報保護の時代を逆手にとった新ビジネス

"A new business that reverses the era of personal information protection"

というのは、考えすぎかな。

I guess I'm overthinking it.

-----

ただ、「個人に特化していく贈り物」というのは、「これからの時代、アリだな」と思っています。

However, I think that "the gift of specializing in individuals" is "the way" of the future.

そういえば、今朝、注文していた3Dプリンタが、中国から届いたようです。

Oh, by the way, the 3D printer I had ordered seems to have arrived from China this morning.


2022-01-29 こういう問題も含めて『ぶっちゃけ"墓"なんてろくなもんじゃねえ』という考え方には、それなりに説得力があると思うんです。 [長年日記]

ご存知かもしれませんが、私、"墓"というものに対するこだわりが、絶無です。

As you may know, I have never been particular about "graves".

If you read "The Tale of the Heike in Paris", you will understand what I mean.

あの時に、

At the time,

『朽ちていく墓標の、なんという悲しく惨めなことか―― あんなもの、ない方がマシだ』

"What a sad and miserable thing a decaying gravestone is -- It is better to have no grave at all.

という、最初の思いが生まれたと思います。

I think that was the first thought that came to my mind.

-----

大抵の民間墓地は50年もすれば、埋め立てされて、跡形もなくなります(更地になる)。

Most private cemeteries will be reclaimed and there will be no trace of them after 50 years. And the land will be cleared.

100年以上も墓地として存在し続けることは、かなりのレアケースで、残るのは、歴史的景勝地にある著名な有名人の墓くらいです。

It is quite rare for a cemetery to exist for more than 100 years, and the only ones that remain are the graves of famous celebrities in historical scenic spots.

そこに本人の遺骨が入っているのかどうかも、かなり怪しいものです。

It is also very doubtful that the person's remains are in there.

『私たちの今、住んでいる土地が、元墓地だった』という可能性は、無視できない程度には高いです。

The possibility that the land we now live on was once a cemetery is too high to ignore.

つまり ―― 墓とは、しょせんは、その程度のものなのです。

In other words -- a grave is just that -- a grave.

それでも、「家族、親族が集るためのランドマーク」という意義はあると思います。

Still, I think it has the significance of being a landmark for families and relatives to gather.

しかし、そのランドマークの有効期間は、間違いなく著作権(70年)より短かいし、下手すると特許権(20年)よりも短いかもしれません。

However, the validity period of the landmark is definitely shorter than copyright (70 years), and maybe even shorter than patent right(20 years).

-----

で、ここから、先日、ちょっと笑った話です。

So, here's a story that made me laugh a little the other day.

私は、すでに墓(というか"穴"?)を購入済みで、(葬儀はどうなるか不明ですが)遺骨の行き先だけは決まっています。

I have already purchased a grave (or is it a "hole"?). I don't know what the funeral will be like, but I do know where the remains will go.

で、先日から、大学病院への献体を検討しているという話を家族でしている時に、

The other day, when we were discussing with my family that we were considering donating our bodies to a university hospital, I said to them,

江端:「献体すれば、大学の集合墓地に埋葬してくれるらしいよ」

Ebata: "I heard that if I donate my body, they will bury me in the university's cemetery.

という話をしたら、

嫁さんに、

My wife was very upset and said to me

「なんだとぉ。私と一緒の墓には入れん、と言うのか?」

""What? You don't want to be in the grave with me, is that it?"

と凄まれました ―― 『俺の酒が飲めん、と言うのか』というノリで。

like "You don't want to drink with me"

私は、「いえいえ、一緒に入って、末永く一緒に過していきたいです」と、丁重にお返事させて頂きました。

I politely replied, "No, no, I want to join you and spend many years together.

私が、嫁さんと一緒の墓に入りたいのは本当です。なんか、楽しいことができそうな気がして。

It is true that I want to be in the same grave with my wife. I feel like we could have a lot of fun.

例えば、土壌を科学反応させて真冬に桜を満開させたり、常温核融合反応を実現して墓地一帯を吹き飛したり、とか。

For example, we can make cherry blossoms bloom in the middle of winter by scientifically reacting the soil, or blow up an entire cemetery by achieving a room temperature nuclear fusion reaction.

-----

ただ、『伴侶、舅や姑と同じ墓に入るのは、死んでも嫌』という人は、一定数(あるいは相当数)いると思うのです。

However, I think there are a certain number of people (or a significant number of people) who say, 'I don't want to be in the same grave as my spouse, father-in-law, or my mother-in-law, even if I die.

これを理解するには、『大っ嫌いな上司と、同じ墓に入る』というような、思考実験をされてみると良いかと思います。

To understand this, I suggest you try a thought experiment like "I'm going to the same grave as the boss I hate so much.

考えただけで、吐きそうになりました。

I felt like I was going to throw up just thinking about it.

こういう問題も含めて『ぶっちゃけ"墓"なんてろくなもんじゃねえ』という考え方には、それなりに説得力があると思うんです。

Including these issues, I think there is a certain persuasiveness to the idea that "graves" are the worst.


2022-01-30 ―― 政府関係者(私のことらしい)が、一般市民を装って寄稿している [長年日記]

There's a movie on Amazon Prime whose title is "Tokyo Nuclear Power Plant (*)" -- it's good. It's funny.

(*)広瀬さんの著書「東京に原発を」とは別のコンテンツです。

(*)This is a separate content from Mr.Hirose's book "Nuclear Power Plants in Tokyo".

是非、軽い気持ちで見てください。

Please watch it with a light heart.

なんなら、ラジオのように音声だけで聞いても十分楽しめます。

If you want, you can listen to the audio alone, like a radio, and enjoy it fully.

とは言え、これが2004年に制作されていたことを知って、衝撃を受けています。

Nevertheless, I was shocked to learn that this movie was produced in 2004.

まるで「2011年に何が起こるのか」を予知して作られたような、映画になっています。

It's as if the movie was made with a foreknowledge of what will happen in 2011.

-----

いきなり、話が変わりますが、我が家は、基本的に読売新聞を購読しています。

This is a sudden change of subject, but our family basically subscribes to the Yomiuri Shimbun.

私は、読売新聞の論調が基本的に『嫌い』なのですが、「テクニカルライティング」で書かれているという、その一点のみで購読を続けています。

I basically 'dislike' the tone of the Yomiuri Shimbun, but I continue to subscribe to it for one reason only: The articles are written in 'technical writing' style.

(Click here for a list of my biases against each newspaper in Japan)

最近、読売新聞は「震災・原発事故後の原子力政策"推し"」の記事で、正直ウザいですが ―― 知っておかなければならない情報として、第一面はしっかり読んでいます。

Recently, the Yomiuri Shimbun has been annoying me with its articles on the "push" for nuclear power policy after the earthquake and nuclear accident, however I read the front page of the paper as I need to know the information.

―― 「カーボンニュートラル」を奇貨として、復権を狙っているあの「もんじゅ」の亡霊たちの話が、ワンサカ登場しています

"The ghosts of Monju are making a comeback, using "carbon neutrality" as an oddity, and their stories are popping up all the time"

あいつら(原子力利権関係者)って、絶対的な意味において『不死身なんだな』、と、心の底から感嘆しています。

From the bottom of my heart, I marvel at how immortal they (the nuclear interests) are in an absolute sense.

-----

ところで、最近、私、「COVID-19ワクチンの接種を推奨する(ようにも読める)コラム」を寄稿しています。

By the way, I recently contributed columns recommending (or so it seems) the use of the COVID-19 vaccine.

そんでもって、どこぞの掲示板に、私(江端)のことを、

And I've been reading about me (Ebata) on some forums.

―― 政府関係者(私のことらしい)が、一般市民を装って寄稿している

"A government agent (apparently that's me) contributing under the guise of an ordinary citizen"

と記載されていて、かなり笑いました(嫁さんと2人で大爆笑でした)。

I laughed quite a bit when I saw it written (my wife and I were laughing hysterically).

正直、「政府の回しもの」で喰っていけるのであれば、喜んで、何でも書くつもりですが ―― が、政府は今まで一度も声をかけてくれませんでした。

To be honest, I would be happy to write anything if I could make a living as a "government agent" -- but the government has never approached me before.

Maybe this is the reason.

-----

もし、私が、「政府の回し者」であったとしたら、

If I were a "government agent,"

This column, or

This column

一発でクビだったと思うんですが ―― いかでしょうか?

would have made me be fired in a heartbeat, I think. What do you think of that?


2022-01-31 『データベースは結論を出せない』 [長年日記]

I've written a lot about "Hyouka", the novel and anime.

この中の主要人物である、「福部里志」は、あらゆる知識・雑学に精通している趣味人として描かれています。

The main character in this story, Satoshi Fukube, is portrayed as a hobbyist who is well versed in all kinds of knowledge and miscellaneous topics.

そして、

He calls himself a "database", with saying

『データベースは結論を出せない』

"The database cannot reach to conclusions"

と、自分の知識を、推論や予測に上手に使えないことを、自虐的に語ります。

and self-deprecates his inability to use his knowledge for reasoning and prediction.

しかし、これは、データベースに対する、(世間一般の)典型的な誤解です。

However, this is a typical misunderstanding of databases (by the public).

-----

データベースは、膨大な知識の記憶媒体だけ、というものではありません。

A database is not just a storage medium for vast amounts of knowledge.

データベースには、特定の複雑な条件にヒットするテーブルを、超高速で引っ張り出してくることができる機能があります ―― というか、それができないのであれば、「データベース」の名に値しません。

Databases have the ability to pull up tables that hit certain complex criteria at very high speed -- or rather, if they can't do that, they don't deserve the name "database".

# select * from passenger_log where riding_user IN ( select user_id from request_log_view where passenger_log.departure_time < time_before) ;

『出発時刻がバスの発車時刻としたリクエスト要求出しているユーザを特定し、その経路ルートのポイントを全て上げろ』

"Identify the users whose departure time is after the departure time of the bus, and raise all points on their travel route"

という条件を、数千万にも及ぶテーブルから、(SQL文などで)サクッと出すことができるような、

from tens of millions of tables (using SQL statements, etc.).

『複数検索条件を同時に走らせて、それを別の観点の情報として提出させることができる機能』を有するものが『データベース』です。

A database is one that has the ability to run multiple search conditions simultaneously and extract information from different perspectives.

もちろん、これは、「推論」でも「予測」でもなく、もちろん「結論」でもありません。

Of course, this is not an " estimation " or a " prediction ", and of course not a " conclusion".

しかし、時として、データベースの持つポテンシャルは、「それ以上の何か」なのです。

Sometimes, however, the potential of a database is "something more".

-----

しかし ―― 私もそんなことを真面目に論じたい訳ではありません。

Of course, this is not an " estimation " or a " prediction ", and of course not a " conclusion ".

一般的に「データベース」とは、広い知識に与えられる人の称号(尊称)で、良い、と思っています。

Generally speaking, "database" is a title (a title of respect) given to a person's broad knowledge, which is no problem, I think.

なんで、こんなことを書いているかというと、最近、また、データベースの構築をやっていて、そんでもって、バックグラウンドで「氷菓」を視聴していたものですから。

The reason why I'm writing this is because I've been working on building a database again recently, and I've been watching "Hyouka" in the background.