2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|

2014-01-07 私は、この、哀れなタヌキの遺体を自宅に持ち返ってやりたい、と、思いました。

新年初出勤で、自宅から駅までの通勤路途上、タヌキが路上に横たわって死んでいました。

At the first work day of the New Year, I found a dead raccoon on the way to the station.

それはもう、見事なほど完璧な成人のタヌキで、道行く学生達が、怪訝そうな顔をして見ていました。

It was a perfect adult raccoon, and the student who went to school also watched the dead raccoon with suspicious frown.

外傷、出血はなく、多分、自動車に跳ねられたショックによる死亡と推認しました。

I estimated the cause of dead seemed to be a shock disease by car confliction, because I could not see any blood and external injury.

-----

私は、この、哀れなタヌキの遺体を自宅に持ち返ってやりたい、と、思いました。

I wanted to bring to the dead raccoon body to my house,

いや、弔う為ではありません。

not to dedicate him or her.

『食べたら、さぞ美味しいだろうなー』と思いまして。

I thought it must be delicious to cook the raccoon.

この冬で最低気温の中で、不慮の事故で泣くなったタヌキです。保存状態は完璧でしょう。

It should be in good preservation in the coldest morning in this winter.

帰宅時まで、遺体がそのまま放置されていたら、持ちかえろう ―― と。

If the dead body leaves on the road, I was going to bring it to house.

-----

ただ、いつ、どこで、そのタヌキを捌くかが問題です。

The problem is when, where, and how to cut the body.

深夜、家族が寝静まってから、捌くかなあぁ。

It might be good to do it after my whole family go to bed.

できれば、その場で味噌したてのタヌキ汁を作りたいのです。

I want to make raccoon soup as soon as possible.

深夜のタヌキ汁料理。これは男のロマンです。

"A raccoon soup at midnight". It is absolutely a kind of male roman.

ただ、ちょっと調べてみると、「旨い」という説と、「食えたもんじゃない」という説の2説に完璧に分かれているようです。

As long as I have investigated, there seems two opinions "delicious" and "awful" simultaneously.

ならば、喰ってみるしかないでしょう。私、研究員ですから。

So, I have to try it, because I am a research engineer.

-----

でも、うっかり、捌いているところを、家族に見られたら大変なことになるでしょう。

But it will be awful if my family find that I am cutting the raccoon dead body.

深夜に、必死の形相で、血塗れになって、獣(けもの)を切り捌いている夫、または、父親を見たら、

At Midnight, with desperate bloody expression, their husband or father is cutting brutal dead body.

彼女らが悲鳴を上げて、昏倒することは、まあ、賭けてもいいです。

I can bet they give a scream and fall unconscious.


2015-01-07 正月三が日でも、一本メールを入れてくれるという、その配慮が嬉しい

この年末年始、実家で父の食事を作りながら、DI/DOコントローラの制御プログラムを作っていました。

This New Year holiday, I tried to make a controller program for DI/DO control with cooking for my father at my parent's house.

あるメーカが提供しているミドルウェアのAPIを使っていたのですが、最初のプログラムの起動処理が上手くいかず、正月2日まで、パソコンの前で唸っていました。

I used a middleware API that a product maker has provided, but I could not make the program start up well, I have been annoying in front of my PC.

―― こりゃ、もうダメだな

"I should give up it now."

と観念した私は、1月3日に、詳細なレポート(試した全部のパターンの操作等の羅列)を作成して、そのメーカにメールで送りつけて、プログラムの作成を断念しました。

I make the thorough report that I wrote all my trials about the program, and sent it to the maker. After that, I suspended the PC.

『まあ、年始めに、電話がかかってくるだろう』

I thought

"The calling will come at the first day of work after New Year's"

と思っていたら、その日の内に、営業担当者からメールがやってきました。

But a mail came to me from a salesperson of the maker on the day.

=======================

お世話になっております。

Thank you for your help.

私、△△社の営業担当をしております○○と申します。

I am John Smith, the salesperson of my company.

お問い合わせ頂きました下記メールの件、あいにく弊社のほうが1/4(日)までお休みとさせて頂いております。

According to today’s your mail, we are very sorry, but our first work day is going to at the fifty.

1/5(月)にあらためて担当よりご連絡させて頂きますので、お急ぎのところ申し訳ございませんが、今しばらくお待ち頂けますようお願い申し上げます。

Unfortunately, I am going to contact you at the day. Please wait for a while.

以上、よろしくお願い致します。

We are terribly sorry for your inconvenience.

△△社営業担当 ○○

Best regards,

John Smith, the salesperson of the company.

=======================

たったこれだけのメールで、私のこの会社の製品への好印象は、指数関数的に増大しました。

For just this short mail, the favorable impression of this company became growing exponentially.

正月三が日でも、一本メールを入れてくれるという、その配慮が嬉しい。

Even it was the period of the New Year's holiday, giving me the mail made me happy.

ただ、こういう日本型の木目細かいサービスが、色々な会社を「ブラック化」させる遠因にもなっているんだろうなぁ ―― とも思ってしまいました。

But I was afraid that this typical Japanese service will make companies, so called "black", as a remote cause.

(To be continued)


2016-01-07 『遠方より友が来なくても、また楽しからずや』です。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私は、電車に乗り込むやいなや、ノートパソコンを開いて、一日分の日記(このブログ)の執筆を開始します。

As soon as I get on the train, I open my note PC and start to write the diary of the day( for this blog).

隔日くらいの感覚で、ちょっと高いビール(サントリーのクラフトシリーズ)も購入しておきます。

Almost every second day, I buy an expensive beer (e.g.craft beer series of Suntry Co.).

一日の仕事を終え、夜の闇の中をひたすら走る電車の中で、エールビールを楽しみながら、コラムを書く。

After working, I write a column enjoying drinking a beer in the train running in the darkness.

『遠方より友が来なくても、また楽しからずや』です。

For me, it is true that "If a friend doesn't come from far, my life is happy as-is".

-----

早朝出社、定時退社 ―― もちろん、このような活動には大いなる意義があります。

Coming to the office early morning, leaving the office at regular time.

I believe that these activities are very significant.

人生を豊かにする方法の一つは、人生の方向ベクトルの多次元化です。

I think that the multidimensional life activities is one of the effective methods for good life.

プライベートとバブリックのリソースを最適に配分することは、とても大切なことで、早朝出社、定時退社は、その手段としては優れていると思います。

Resource distribution for both private and public is very important, and the above methods are one good way, I think.

ただ、その真逆の方法で、人生を楽しく、豊かにしようと試みている ―― そういう者もいることも、一応、覚えておいて頂きたいのです。

I hope you have it in the back of your head that on the other hand, a certain person who are trying to make his life rich by the opposite method has existed.


2017-01-07 ―― この人は、自分で何を言っているのか分かっていないだなぁ

バラエティ番組で、「家事を手伝っている」というセリフを、自慢気に語る芸能人がいるようですが、そのような人物を見る度に、

Whenever I watch a entertainer in s TV variety show who has said "I always lend a hand around the house" boastfully

I feel badly

―― この人は、自分で何を言っているのか分かっていないだなぁ

"This pitiful person cannot understand what he/she is saying "

と思ってしまいます。

「家事」というのは、文字通り「家の事」なのですから、主語は常に「自分」です。

"Household affairs" is an affairs of household in the literature, so, the subject is always "I".

つまり、家事は「やるもの」であって「手伝う」ものではないのです。

Therefore, "Household affairs" is "doing it by myseld" not "lending a hand"

-----

私は、家事 ―― 料理、洗濯、掃除、育児は、それ自体が「技術」ですが、「特殊技能」とは思っていません。

I don't think "cooking", "washing", "cleaning" and "child care" are special skills, even they are skills.

障害や老化によって、体が動かなくなってしまった人ならともかく、パソコンやスマホを使える人が、「家事ができない」などという理屈は、(私には)通用しません。

Therefore, the phrase of "I cannot do housework" is not acceptable for me, if you can use PC or smart-phone, except for the persons with impaired mobility by an accident or aging.

だから「家事を手伝っている」という発言をする人は、「家事を他人に押しつけている事実を歪めて、別の言い方をしているだけ」と、私は思っています。

So I think the person who who has said "I always lend a hand around the house" is just to push housework on the others and to try another way".

(続く)

(To be continued)


2018-01-07 しかし、それでも、OSの変更というのは、「家の引越し」のようなものです。

大学1年生の時に、パソコンを使い出してから、実に、

After using a personal computer when I was a sophomore in college,

MS-DOS, Windows3.1 Windows95,WindowsNT, Windows2000 WindowsXP,Windows7 とまあ、よくもこんだけ、OSの変更を強制させられてきたものだ、と思います(UNIX系については割愛)。

I was enforced to change many OS, MS-DOS, Windows3.1 Windows95,WindowsNT, Windows2000 WindowsXP,Windows7 (omitting the UNIX system).

しかし、それでも、OSの変更というのは、「家の引越し」のようなものです。

However, still, the change of the OS is like "moving".

引越しなんぞは、人生で3回(入学、就職、結婚の時くらい)もあれば十分だと思うのです。

I think that moving three times in life (about the time of enrollment, employment, marriage) is enough.

もっともパソコンの性能が、これだけ変化し続けてきたので(江端の計算方法では1970年から、実に4700兆倍)にもなっていますので、OSも頻繁に変更するのは、ある程度仕方がないことだ、とも思っています。

However, performances of PC has been promoting dynamically, (it is actually 4,700 trillion times by my calculation). So I also think that it is unavoidable to change the operating system frequently.

-----

まあ、引越し(OSの変更)は我慢するにしても、問題は「家具の買い替え」をしなければならないということです。

Well, even if I move (change OS), the problem is that you have to "replace furniture".

ここに、「家具」とは「アプリケーションソフト」のことです。

In this case "furniture" is "application software".

マイクロソフト社のオフィスシリーズは、まあ諦めるとしても、

Even though I have to use Microsoft's office series,

各種の便利なツール(コピペツール、画像サイズ変更ツール、ドローツール、その他、沢山)が、引越し先で使えないことが、かなりの確率で発生するのです。

A lot of useful tools (Copipe tool, Image size change tool, Draw tool, many, etc.) can not be used at the moving destination with a high probability.

これらの便利なツールの多くは、開発される方の善意で公開されて、ほとんどは無料(フリー)かつ、無制限(フリー)で配布が許されています。

Many of these useful tools are released with good intentions of developers, and most are free (free) and distributed with unlimited (free) distribution.

(続く)

(To be continued)