2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2015-07-01 確率的には、十分に賭ける価値のあるギャンブルです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

そもそも「結婚の前提に恋愛がある」なんてきまりはないし、そういうトレンドは、ごく最近のことです(まだ100年は経過していないだろう)。

Above all, there is no rule that a love affair is a condition for marriage. The trend has happened very recently, ( the 100 years has not passed yet.)

恋愛至上主義の概念で凝り固まった世間から、

If you are asked from the persons who are love supremacist,

「なぜ結婚するのか」

"Why are you going to get married ?"

と問われれば、

it is enough for you to answer

「そこに結婚(という概念)があるから」

"Because they are there (or the concept)"

と応答すれば十分です。

なにしろ、「なぜ山に登るのか」と問われて、「そこに山があるから」というふざけた応答が、世間に受け入れられているくらいなのです。

As you know, when a person was asked "why do you clime mountains?", the person said "because they are there", which was a very ludic answer. This answer has been accepted in the world.

「これからずっと一人で生きていくのも、ちょっと退屈かな」程度のノリや、Facebookの「いいね」ボタンを押すくらいの軽さで、十分だと思うのですよ。

I think that there is no problem that you can decide the marrige for the reason "it might be bored to live my life alone". So you could do it like pushing "good buttom" of Facebook.

もっとも、『赤の他人と一緒に生きていくなんぞ面倒なことは、まっぴらごめん』という人は、別ですが。

Of course, a person who think "I never like to live my life with another person", don't have to try it.

-----

就職もして、結婚もして、家族がいて、―― そんなお前にとやかく言われるのは、不愉快だ、という人も多いでしょう。

Some people might say that "you are really an offensive fellow, because you have already had job, wife and daughters."

確かに、私は、

Certainly,

聡明で美しい妻と、可愛く知的な二人の娘を持ち、社会では、一定の収入を会社から貰っている、サラリーマンの江端です。

I am Ebata, having a bright and beautiful wife and two pretty and intelligent daughters, and giving constant payment from my company.

「リア充」です。

I am a person who is satisfied with my real life.

だからこそ、分かることもあるんですよ。

Therefore I might understand it.

-----

もちろん、これだけでは納得できない人が多いと思います。

Many people cannot accept what I told the above.

So I have already calculated the capability of your happiness by marrige on this site.

結婚はギャンブルです。

Marrige is gambling.

しかし、確率的には、十分に賭ける価値のあるギャンブルです。

But it is worth of trying for your life, from the view of the possibility.


2015-07-02 『児童虐待の相談を受け付ける児童相談所の受け付け電話番号が、10ケタから3ケタの「189」に変わりました』 [長年日記]

先程、ニュース記事で、以下の内容を見つけたので、差し替えることにしました。

Just now, I found the following news header in the Internet, so I decided to replace today's diary with it.

『児童虐待の相談を受け付ける児童相談所の受け付け電話番号が、10ケタから3ケタの「189」に変わりました』

The reception desk phone number of the child consultation centre, which can accept the call of child abuse, has been changed from 10digit to 3digit "189".

-----

先日、帰宅途中、成人男性の大声と、物の壊れる音と、子どもの泣き声が聞こえました。

The other day, I heard the the sound that a loud adult male's voice, broken object and crying of the child.

びっくりして、その家の前で聞き耳立てていたのですが、その後、何も聞こえなくなったので、その時は警察には電話しませんでした。

I was surprised, and stood and listened for sounds in front of the house. After that I could not hear anything, so I didn't call the police at that time.

しかし、「189(イチハヤク)」という虐待専用の通報メカニズムを作って貰ったのですから、これからは、躊躇わずにバシバシ電話しますよ。

But the government had made the report mechanism for special case of the abuse, just calling "189". From now, I am never going to hesitate to call the policy.

匿名通報も可能だそうです。

The anonymity report seems to be possible too.

たった今、「虐待」という宛先で、携帯電話にも登録しました。

Just now, I have just registered the number "189" in my cell phone, whose index name is "abuse".

さあ、皆さんも登録しましょう、今すぐに。

Let's register it everybody just now!!

-----

江端の通勤途中にある、全ての住民の皆さんは、

I hope that all inhabitants on Ebata's way to work, don't forget that

『この江端の監視下にある』

"All of you are under the observation of Ebata"

ということを、肝に命じておいて下さい。

私は、子どもの虐待に関しては、1秒だって躊躇いません。

According to the child abuse, I do not hesitate even for one second.

誤報だった場合であっても、喜んで謝罪の土下座に参上するくらいの気持ちがあります。

Even if it is the false report, I am going to visit you with my kneeling of the apology, with pleasure.


2015-07-03 ―― パパ。今回の(アニメの)チョイス、今一つだったね [長年日記]

我が家で、アニメ番組の予約をするのは私です。

The recording reservation of animation program is my job in my family.

家族が面倒くさがってやらないからです。

Except for me, all members of my family are likely to escape from the reservation.

娘達も、ドラマ派の嫁さんの顔色をうかがってか、自分たちでは予約しません。

My daughters don't make the reservation because of my wife's nerve.

先日、4月からの春のクール(3ヶ月)が終了しましたが、長女が一言言いました。

The other day, after finishing the first equator, the senior daughter said,

―― パパ。今回の(アニメの)チョイス、今一つだったね

"Papa. Your selections of this period were not good"

-----

うん、私もそう思う。

Yes. I can agree to her.

全く大外れだった。楽しいと思える作品が、ほとんどなかった。

They were out of question. To tell you the truth, I didn't find works that I really made me fun.

女の子の裸体をやたら出す作品は「コンテンツで勝負せんか!」と叱りたくなるし、SFアクションは、設定のツメがやたら甘い。

About the work that many naked girl body appears on the scene, I feel anger with saying "have a match with your contents" and the configurations of the science fiction works are not loose.

根性モノは、設定が時代とずれていると感じるし、恋愛ものは「ご都合主義にも限度があるだろう」と白ける。

The works with guts and sweat, don't fit with the present young age, and the other works with love affair feel ill at ease.

というか、『私が夢中になれるアニメって、もうないのかな?』と自問してみたりしています。

Now I am wondering if the animation I could really love deeply exists.

―― 『シュタインズゲート』は、歴史的な傑作なのですよ、江端さん。

"Steins;Gate" is a historical masterpiece, Ebata-san.

と教えてくれた、後輩の言葉が胸に去来します。

The junior co-worker's phrase reminded me strongly.

-----

今朝、自動車の中での、次女と私がアニメのレビューをしているところで、

When the junior daughter and I were talking about animation works in this morning,

私が、

I came to say to her,

「(アニメの)マイブームは終ったように思う。今後、アニメの予約を、全面的に止めようかと思うんだ」

"I am going to stop the animation reservation from now. I become not to be interested in animation recently."

と言い出したら、

次女が、

She implored me, with saying

「それだけは、どうか勘弁して下さい」

"Please forgive me for this issue"

と懇願していました。


2015-07-04 「セルシン教」を作ろうかと思っているくらいです。 [長年日記]

以前、「冬のソナタ」の主人公を努めたペ・ヨンジュさんは、「ヨン様」と呼ばれる日本で最も人気のある韓国の俳優の一人です。

Mr. Bae, Yong Joon who had acted as a chief character of "Winter Song of Love" is the most famous Korea actors in Japan. and He has been called Yong-sama (It means "Your Majesty")

私「冬のソナタ」は見たことがないのですが(正確に言うと、キッチンに飲みものを取りにきた時に、最終回を2分だけ見たことがある)、「大王四神記」で「ヨン様」のファンになりました。

I am sorry but I had not watched the soap opera before, (Strictly speaking, I had watched it for two minutes from the kitchen). But I became an enthusiast of Yong-sama after watching a drama named "The Legend".

NHK大河ドラマにも、是非あの「大王四神記」のノリを実現して欲しい、と祈っている一人です。

I ask NHK staff to realize the paste of "The Legend" in the historical drama series on NHK TV.

それはさておき。

By the way,

-----

最近、私は、「ヨン様」ならぬ、「セルシン様」「セルシン様」と、心の中で連呼しております。

Recently, I am calling not "Yong-sama" but "Cercine-sama" again and again in my mind.

「セルシン教」を作ろうかと思っているくらいです。

I want to make "Cercine-Kyou" as a new religion by myself.

The Cercine is kind of the tranquilizer.

この春から夏に移り変わるこの時期、加えて、プログラムのコーディング作業や、各種の締切で追いやられてくると、私の持病である、早朝覚醒型の不眠が酷くなってきます(もう完治は諦めた)。

This time to change in summer from this spring, in addition, with work of programming and various deadline, the sleeplessness of the awakening type that is my chronic disease, becomes terrible early in the morning.(I had already gave up the complete recovery).

未明に意識が戻ると、その後は、膨大な情報(コラムネタ、計算式、図表等)が、怒涛のように頭の中のホワイトボードに書き込まれて、―― 朝からグッタリしてしまいます。

After getting up in the early morning, enormous information (the column material, calculating formula, chart) be written in at the white board in my head like a surging wave, I am dead tired from the morning.

4時間睡眠が、連続3日ぶっつづけで続くと、もう体はフラフラになります。

Four hours sleep for three days continuously, makes me dizzy.

(続く)

(To be continued)


2015-07-05 『自分で頑張るのも、ほどほどにしておかなければ』ということですね。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

もうこれ以上はダメだ ―― と、先日会社の診療所にいったら、サクッと、この「セルシン」を処方して貰えました。

After I thought I could do nothing, I went to a clinic of my company and the doctor prescribed the drag "Cercine" for me.

これが、凄くてですね、朝方、セルシンを一錠飲み込んで、布団の上に倒れこんでいるいると、ホワイトボードが頭の中から消えていくんです。

This drag is greater than I have expected. After taking an ace, the white board becomes to disappear in my head lying asleep.

ホワイトボードがなくなって、ホッとしているところで、目覚まし時計のアラームに起こされる、ということができます。

After I feel relieved to confirm the white board was leaving, I can wake up by an alarm clock.

十分な睡眠ではないかもしれませんが、鉛のような体を引きづって歩いていた日々を考えると、

According to the day I have to move my body such as lead, even if the sleep might not be enough for me,

そりゃもう

Sure,

『毎日がエブリディ』(著名な元野球選手のお言葉)

"Everyday is everyday" (It is a proverb of a famous former baseball player)

ですよ。

-----

まあ、何が言いたいかと言いますと、

What I really want to say,

『自分で頑張るのも、ほどほどにしておかなければ』ということですね。

"Everything I am going to do should be a halfway solution."

不眠やうつ状態が、続くのであれば、精神科でも心療内科でも、とっとと行っちゃおう、ということです。

If sleeplessness and a depressed mental state continue, we should go to psychiatry or psychosomatic medicine as soon as possible.

今の私は、安定剤の耐性がついて、効果が失われてしまうことが一番怖いのですが、まあ、『その時は、その時考えよう』と思います。

Now I really scared to get the tolerance of the stabiliser and lose the effect of the drag. But I think it again when the problem is going to happen.

「鉛の体」は、本当に重いのです。

Anyway the body such as a lead is really heavy.

-----

私が、誤作動で壊してしまったパソコンをリストアできるように、壊れてしまった心や体を、直せる人も沢山いるのですから。

Some persons can cure broken mind and body, like I can restore the PC which I broke by my malfunction.


2015-07-06 ―― 近い未来、図書館がなくなる [長年日記]

今、連載のネタの為に、古代人の体格を調べているのですが、資料が手に入らなくて、困っています。

For the next of the serialisation, I try to check ancients body. But I am in trouble that I can not get useful documents at all.

先日、市の中央図書館に資料があることが分ったので、久々に出向いたのですが、すっかり様変わりしていました。

The other day, I found that the document is in the city library. I went to the library after a long time, and I was surprised at the sudden change of tone.

貸出、返却システムだけでなく、本の予約や取り置きまで、自動化されていました。

As well as the rental and return system, the systems of reservation and the hold of the book has been automated.

I feel strongly that

―― 近い未来、完全無人化される

In the near future, this library will be made complete no person.

というか、

As a matter of fact,

―― 近い未来、図書館がなくなる

In the near future, this library will be vanished.

という実感を得ました。

これまで未来予測を外しまくってきた私ですが、残念ですがこの予測だけは外れないと思う。

I always keep excluding many future predictions, but unfortunately, I do not come off only this prediction.

書籍が、全部電子化されるのであれば、書籍を納める図書館も必要なくなりますから。

Because if all books are computerised, any library should not be needed as a books storage either.

-----

ただ、予測は外れないと思うけど、できるだけ遠い未来がいいな、と思っています。

Though my prediction might be hit, I hope that the time is far-off.

そうですね ―― 私が死んだ後でいい。

Well, all right after my death.


2015-07-07 結局のところ、私はなんとなく「世界」を選んで、なんとなく、そこに安住しているだけなのだなぁ、と実感します。 [長年日記]

10年ぶりくらいに、週末研究員として、Linuxのカーネルモジュールを作っています。

I am making a Linux kernel modules as a weekend researcher, after more than ten years.

同じく10年ぶりに、Linuxの環境を作っているのですが —— もう、慣れないことこの上もないです。

At the same time, I am making a linux environment for a software development. But unfortunately, it make me annoy deeply.

それにしても、オンラインインストールがデフォルトになっているとか、スーパーユーザの概念がガラっと変わっていることには、驚きました。

At any rate, I am very surprised at dynamic changes of the environment, for example, online installs are default manners, and changing the concept of "super users".

Linuxのディストリビューションにも流行がありまして、こういう場合は、自分の周りのユーザ数で決定します。

There are some popular linux distributions in many kinds. In this case, I will decide it by numbers of user who use linux OS.

複数の技法や手段から1つを選ぶ時には、「長いものには巻かれろ」が鉄板です。

"Don't kick against the pricks." is the best way to to select one of several possible technologies or methods.

-----

結局のところ、私はなんとなく「世界」を選んで、なんとなく、そこに安住しているだけなのだなぁ、と実感します。

I think that I select a world and have lived in it, somehow or other,after all.

例えば、私はemacsというエディタに巡りあって、viを履修する必要がなくなった訳であり、あるいは、私は、日本人として生まれた訳ではなく、たまたま日本に生まれただけのことだ、ということです。

For example, I l could meet "emacs" editor by chance, and I didn't have to learn "vi" editor. I was born in Japan by chance, but I didn't choose this Japan.

I think that

もし私が、viの愛用者であれば、emacsを賞賛して、viを罵倒する(というアホな発言を)することは絶対にないだろうし、

If I were a vi-lover, I would have no chance to admire "emacs " and abuse "vi" foolishly,

隣の国に生まれついていたなら、「日本人としての誇り」などという(意味不明な)フレーズを使い、隣国の文化風習に基づくアクションを、目くじら立てて罵倒することもないのだろうなぁ

If I were born in a neighboring country, I would have no chance to use the phrase (of uncertain meaning) "a pride of Japanese" and abuse the the neighboring country's behavior based on their original cultures and habits.

と思うのです。

そもそも、私達の立ち位置自体が、結構あやふやなもので構成されているのに、

Above all, our life platform is based on an ambiguous object, however,

そのいい加減なものの為に、

for the sake of the ambiguous object,

血相かえて、

changing facial expression or color

自分の正当性を主張し、

claiming their own justice,

相手を貶めることができることは、

abusing others actions or behaviors

might be

「一種の能力とか才能とか」

kinds of talent or ability.

そういうものなのかもしれないなぁ、と思うのですよ、最近特に。

I come to think that that's the reason, very recently.


2015-07-08 これって「暴力」だと思います。 [長年日記]

先週末から、Linuxでの開発環境の構築をやっているのですが、デスクトップ環境の改善が凄いですね。

From last week, I have made a linux programming develop environment. Especially I am surprised that the desktop environment has been improved dynamically.

数年も前から、話には聞いてはいたのですが、Linuxを使う機会がなくて、この度改めて実感することになりました。

Though I heard the story several years ago, I have not had chance to use Linux, and I can actually feel it.

特にオフィス環境(いわゆる、ワード、パワーポイント、エクセルのこと)が充実しており、Windowsのオフィス環境との互換性も、ほぼ担保されているようです(ファイル互換は大丈夫みたい)。

In special, the office environment(like MS Word, PowerPoint, and Excel) is really great, and the compatibility seem not to be bad.(No problem about File compatibility)

それはさておき。

Enough of that.

-----

Windows環境下でのオフィスのバージョンが変わる度に、ボタンやメニューの場所をフリーダムに変更されることや、テキストファイルをブラウザで表示できなくするなどで、—— 私は、相当に頭に来ています。

I really get mad with the MS co.'s behavior of Windows environment, like changing the location of buttons and menus without our end user's intentions, and making impossible to display text file in the web browser.

これって「暴力」だと思います。

I believe that this is really "violence".

力づくで奪ったデファクトスタンダードの上で、ユーザの利便性を無視して自由に振る舞うことは、

Behaving in defiance of the convenience of the user freely, on the de facto standard which they had taken by power,

経済力だけを背景にして、暴力で伴侶や家庭を支配する、下衆なドメスティックバイオレンス(DV)野郎と同じ扱いで十分でしょう。

is the same of the domestic violence (DV) guy who is petty-minded who rule a companion and family by violence, only backed by economic power,

(続く)

(To be continued)


2015-07-09 『アップグレードバイオレンス(UV)』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

先ずは称呼ですね。

Firstly I think an appellation.

この「暴力」を何と呼ぶべきか。

What should I call this violence?

ドメスティックバイオレンス(DV)と呼べないのであれば、インターナショナルバイオレンスと呼べばいいのか。いや、それだと、国際紛争や戦争になってしまうか。

If it is difficult to say "Domestic violence(DV)" in this case, "International violence" might be good. But I am afraid that it is not good because that means international dispute or war.

—— ならば、

『アップグレードバイオレンス(UV)』

"Upgrade violence(UV)"

これだな。

That's it.

「アップバージョンバイオレンス」でも"UV"の称呼は使える。

It is available even if "Up-version violence".

「紫外線(UV)」と混同されるかもしれませんが、危険度や嫌われ方において、同じようなものでしょう。

Some people might be confused with "ultraviolet(UV)" ,but both are almost same from the view of the danger or disgust.

-----

この機会にLinux(Ubuntu)に全面移行してもいいかな、と本気で考え始めています。

I really come to think that I am going to move the linux(Ubuntu) environment.

と、言いながら、これまでも同じようなことを考えてきました。

しかし、Windowsで動くアプリケーション数は圧倒的なので、結局、再び、Windows環境に引き戻されてきました。

But I have thought same things again and again for more than 20 years. Anyway numbers of windows application are tremendous, so I came back to the windows environment each time.

なんか、私のエンジニア人生、そんなことを繰り返しているだけだったようながします(まだ終っていないけど)。

Well, for my engineers life, I have always repeated same things again and again(However, I am not retired now)

これって、DVの配偶者と離婚に踏み切れない構造に似ているのかもしれません。

Maybe, this mind-set might be similar to the mind of person who cannot decide to divorce of the DV spouse.

-----

しかし、私のエンジニア人生、サラリーマン人生は、もうそんなに長くはない。

But a life time as a engineer or a business person is not so long.

Windowsとの離婚の準備を本格的に考えるには、良い時期なのかもしれません。

This time might be good for me to think out a preparation of divorcing with the Windows environment.


2015-07-10 最近、私は、週末研究員として、数値データ「だけ」を使ったダイエット方法を模索しています。 [長年日記]

昨年の11月の人間ドックで「生活習慣病予備軍」を宣言された直後に開始した、江端家ダイエットプロジェクトは、第1フェーズを完了し、現在第2フェーズを継続中です。

Last November, at the medical check-up, the doctor told me that I am a potential members of lifestyle disease. After that I had started the Ebata's diet project and the project was completed as the 1st phrase. We are in the 2nd phrase now.

長女を除く家族3人が参加中なのですが、第二フェーズからは各自ターゲットが変わっています。

My family except for the senior daughter, take part in the project, but the target of each member is going to be changed.

私はBMI=22の達成、次女は第一フェーズの目標未達のリカバリー、嫁さんはリバウンド防止、というような感じです。

For example, completion of BMI=22 for me, recovery trial of the first phase for the junior daughter and prohibition of rebound for my wife.

-----

最近、私は、週末研究員として、数値データ「だけ」を使ったダイエット方法を模索しています。

Recently, as a weekend researcher, I am going to find a new diet method only using numbers.

今は、「ダイエットした状態の体躯には美的価値があるか?」というテーゼに、「数値」と「法律(意匠法)」からアプローチしています。

Now I am trying the theme of "whether beauty values exist in the body on diet" from the viewpoint of number and law(design law).

多分、世界初の挑戦であろうと自負しております。

I believe that this is the first trial in the world.

—— うん、こんなアホな分析は、他の人はバカバカしくてやらないだろう

"Yes. Nobody tries such a stupid analysis because of the nonsense"

と、思う。

I think that.

まあ、それはさておき。

Apart from that;

(続く)

(To be continued)


2015-07-11 「私は『もう、一切のコメントをしない』と宣言したはずだぞ」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私が、家族のダイエットのプロセスや結果に関して、「数字」と「理屈」で迫ることもあって、家族からすっかり嫌われてしまいました。

I have been completely disliked by my family, because I approached in "a number" and "reason" about a process and a result of the diet of the family.

そんな訳で、現在は、家族のダイエットの状況に対して、そのプロセスや結果の善し悪しを含めて、一切口を出さないことを、家族に約束しました。

For that reason, I promised my family not to give my comments about the situation of the diet of the family, including the quality of process and result.

-----

先日、夜中の2時頃に、リビングに降りていくと、テーブルの下に人の気配を感じたので、覗いてみたら、そこには、シリアルの皿を握って固まっている長女がいました。

The other day at midnight about 2:00, I went down in living room, and I felt a signs of life under the table. When I peeped out, there was the senior daughter who I grasped the plate of the cereal.

溜息をつきながら、娘にいいました。

I said to a daughter while sighing.

江端:「私は『もう、一切のコメントをしない』と宣言したはずだぞ」

Ebata:"I have already declared that "I am not going to make all comments anymore""

長女:「でも、心の中で『コメント』しているハズだ。『なんで真夜中に高カロリー食品を摂取しているんだ、この娘は』と」

Daughter:"But you must have said a comment in your mind "why she takes in caloric food at the midnight?""

江端:「仮にそうであったとしても、人の内心まで立ち入ることはできまい。憲法でも保証されていることだぞ(日本国憲法第19条)」

Ebata:"Even if so, you don't blame for my mind at all. It is guaranteed by the Constitution."

長女:「いや、そうであっても、家族に対して、そのように考えることは許されない」

Daughter:"Even if so, you should not think such a thing against your family."

江端:「分かった。私は、今後、そのように考えることはしない」

Ebata:"O.K. I swear that I don't think it from now."

長女:「信じられない」

Daughter:"I can't believe you"

江端:「一体、どうしろというんだ」

Ebata:"What do you expect me on earth?"

長女:「夜中にリビングに下りてくる時は、目を閉じて耳を塞いで来るようにして貰いたい」

Daughter:"Whey you go down in the living room, I expect you to close your eyes and cover your ears."


2015-07-12 最近、小学生向けのプログラミング教室が流行っているそうです。 [長年日記]

最近、小学生向けのプログラミング教室が流行っているそうです。

I heard that programming class for junior school children, becomes popular recently.

とても良いことだと思います。

I think that it is good.

同じコンピュータに向うにしても、少なくともゲームなんぞで時間を「消費」しているだけのガキに比べれば、プログラミングは「創作」することなので、比較にならないほど価値があります。

According to using computer, "game" just consume their idle time however, "programming" is worth trying because it is a real creative action.

特に、学校で学んだ無味感想な数学の方程式による計算結果が、コンピュータの力づくの計算結果と同じ値になることを知ることは —— 大変な感動を与えると思うんですよね。

Especially, calculation results, from a bored formula in their school, becomes equal to the result from computer's enforced procedures. I think this will give them a great impression.

ただ、ちょっと危惧しているのが、 『子どものころから、英語教室に通わせれば、英語が使えるようになる』という幻想に捕われている保護者と同じレベルで、訳も分からず、 自分の子どもをプログラミング教室に突っ込むことですね。

But I am afraid that some guardians try to it from the same viewpoint of "English conversation school for children", with a illusion of "Attending English class make them use native English"

-----

この夏、次女(中学1年生)に、プログラムを教えてみようと思っています。

This summer, I am going to teach programming to my daughter(the seventh grade).

プログラミングに才覚があると認められるのであれば、プログラムのバイトさせよう、と考えています。

If I can confirm that she has a natural gift, I will ask her to work as a programmer.

金が絡まないとなかなか真剣になれないし、自宅でプログラミングするのであれば、学校とかにもバレやしませんしね(法律違反です)。

People becomes serious with money, and nobody knows who makes the program in my house.

プログラムの勉強できる上に、家計も助かる。

She can study programming, and save money for my family.


2015-07-13 週末は、そのLinuxシステム丸ごとのクローンを作っていました。 [長年日記]

最近、「Linuxのデスクトップ環境を使い始めている」という話をさせて頂いています。

Recently, I often write about a new desktop environment by Linux OS in my diary.

今も、少しずつ環境を整えつつあります。

Now I am developing the environment little by little.

その一方で、私は、過去において、両手を軽く越える数のシステムを破壊してきましたので、システム全体をバックアップすることに関しては、病的といっても良いです。

On the other hand I have already destroyed more than ten systems since then, so I have a nervous disposition about system backup.

なので、この週末は、そのLinuxシステム丸ごとのクローンを作っていました。

Therefor I have made a clone of the whole original Linux system last weekend.

-----

ところが、このクローン作成を試みている最中に、マスタ側にディスクエラーが発生して、処理を進めることができませんでした。

But I could not continue the task because the disk errors happened in the master disk.

そこで、エラースキップをするようにしたら、山程のエラーの表示が出てきましたが、それでも、今朝、処理の完了を確認し、クローンの方のシステムも立ち上がることを確認しました。

So I tried to skip the errors, but I found a lot of error messages on the display.

これがどういうことかというと、

This means,

—— マスタシステムに(システムクラッシュの)爆弾が仕込まれていて、そのクローンにも爆弾が仕込まれている

"The Mater system has a big bomb that is going to crash the system itself, and the clone system also have the bomb.

ということです。

-----

このような場合は、私は「『爆弾を含んだシステム』を使い続ける」こととしています。

In this case, I suppose to continue using the system including the bomb.

なぜなら、その爆弾を取り除こうとすると、大抵の場合、その爆弾以外の原因で、システムをクラッシュさせることになるからです。

Because when I try to remove the bomb, I always crash the system on the ground of other reasons except for the bomb.

仮にクラッシュしたとしても、クローンの方に切り替えて使い続けます。

Even if it is crashed, I am going to start using the clone system.

「問題は、問題になるまで、問題にならない」です。

It is said that "a problem does not have the problem until it becomes the problem"

-----

うん、全く本質的な問題解決になっていないんですけどね。

Yes. I know well that this is not any fundamental solution.

所詮は、私の個人のパソコンシステムの話ですから。

After all, this is the story about my personal computer.


2015-07-14 ―― よし、それなら、我が家の「数学ガール(次女)」は、MATLAB/Simulinkだ [長年日記]

データ分析用のソフトウェアを貸して頂いている株式会社NTTデータ数理システムさんを、訪問した時のことです。

When I visited NTT DATA Mathematical Systems Inc. that lease the data analysis software for me,

次女が、「『ゲーム理論」を夏休みの自由研究の題材にした」ときのことを話していた時に、面白い話を聞きました。

I told them that my junior daughter chose "game theory" as a research for her summer homework, and they gave me an interesting story.

なんでも、NTTデータ数理システムさんのところで開催されている、ツールのセミナに参加してくる「小学生」がいるそうなのです。

A junior school child has taken part in a seminar for this company's productions.

江端:「その子は、プログラミングでは飽き足らず、御社のツールを使って、ビックデータ解析を始めるつもりなんですか?!」

Ebata:"Is he going to start big data analysis, unsatisfying his programming ?!"

よく分かりませんが、とおっしゃっていましたが、どう考えても、それしか思いつきません。

Though they said "we don't know well", obviously I could not help but thinking it is true.

もうこうなってくると、単なる「算数マニア」の域を越えています。

At this moment, I think that he is beyond just Math nut.

-----

その話を聞いた時、なんか、訳の分からない敵愾心に駆られてしまいました。

When I heard the story, I was inflamed against him for no good reason.

―― よし、それなら、我が家の「数学ガール(次女)」は、MATLAB/Simulinkだ

"O.K. My "math girl(junior daughter)" is going to debut on the stage of MATLAB/Simulink."

―― 微分方程式と伝達関数を叩き込んで、熱力学方程式を使った、我が家の真夏の室温予測をさせてやるぞ

"I will let her to realize a simulation of my house temperature in this summer, using thermodynamics, after teaching differential equation and transfer function.

と。

うん、分かっています。

Yes. I know well.

こういうことを思いつく保護者は「親バカ」ではなく、

The guardian who comes to think of this one, is not "blind parental love"

ただの「馬鹿」です。

but just "nerd".


2015-07-15 先日も、長女(高2)の娘にその話題を出したら、「また、その話?」とうんざりしたような顔で言われてしまいました, [長年日記]

—— 今の若い人は、メールやSNSで簡単に異性と連絡が取れるようになって、恋愛の閾値はぐっと低くなった

"The younger generation is happier than our old generation, because they cat talk to boy or girl friend by cell phone easier"

—— 昔、異性に電話する為には、「電話」しかなくて、そこには「保護者」という巨大な壁があった

"The old day, we had had to use the steady phone to contact the girl or boy, and there had been a big obstacle whose name was "guardian".

という話、私を、何度もしていますが、 もう、この話、止めた方がよさそうです。

I had taken this story again and again, but I am afraid that I should stop do it now.

先日も、長女(高2)の娘にその話題を出したら、「また、その話?」とうんざりしたような顔で言われてしまいました,

When I told my senior daughter about this topic, she looked to be tired to death with saying "There you go again!"

なんでも、学校の担任教師が、同じことを繰り返しているらしく、生徒たちがゲンナリしているのだそうです。

I heard that her class teacher has taken this same story frequently in her class, and they really disgust to hear it.

-----

まあ、私達の世代だって、教師から

Well, in the case of our generation, when I heard the following from the teacher,

『戦争中はな・・・』

"In the last war period, we were ...."

だの

and,

『君達のような精神では、あの時代は生きられなかっただろう』

"You could not have survived if you had been in the period."

などと言われて、

I thought he was really foolish.

その時代に生まれれば、誰だって、その時代に適合して生きていくに決っとるだろうが、馬鹿野郎めが。

Even if I were born in the period, I could not have helped but live my life on the situation.

—— とは口に出して言いませんでしたけど、—— それでも、度を越えて繰替えされると、腹は立ちますよね。

I didn't say the above to the teacher directly. But everybody will get mad with be heard the same story again and again.

-----

その世代には、その世代なりの苦労がある。

There are different burdens in each generation.

自分の世代の不遇を示して、別の世代を評価・批判することは —— 「無礼」であるだけでなく、多分、とてつもなく「下品」なことなのでしょう。

Criticisms and valuation against the other generation based on their unhappy feeling is not only rudeness but also tremendous vulgarity probably


2015-07-16 ―― 江端さんみたいな人には、永遠に理解できないでしょうが、 [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, a new column is released, so I take a day off.

"Let's turn the world by "Number" Diet (17) Is it true that we can become beauty by diet.

-----

―― 江端さんみたいな人には、永遠に理解できないでしょうが、

"It might difficult to understand it for people like Ebata-san,"

と前置きして、

by way of introduction,

自分の中にある『精神的支柱としての「アイドル」論』を、

about "the theory of idol as a spiritual pillar" in his mind

滔々と、私に展開してみせた、

a junior coworker, who dashed along

そういう後輩は、

―― 実在します。

has existed.

-----

うん、ごめん。

Well,

悪いんだけど、

I'm sorry, but,

本当に理解できない。

I cannot really understand what he said, at all.


2015-07-17 「痩身ダイエットには、種の存続の危険があるのにもかかわらず、痩身を『美しい』と認識してしまう理由」 [長年日記]

今回、私は初めて 「読者に挑戦する」風のイベントを実施していまして、読者の皆さんからの「仮説」を募集しています。

As the first time, I make an event, like "the challenge to readers", and advertise for a hypothesis.

仮説のテーゼは、

The theme of the hypothesis is

「痩身ダイエットには、種の存続の危険があるのにもかかわらず、痩身を『美しい』と認識してしまう理由」

"Why we feel that slimming body is beautiful, even if the body has a risk of continued existence of a species"

です。

背景についてはコラムを読んで頂くことと致しまして、この「仮説」に関しては、一通りロジックとして閉じていれば良く、仮説の検証等は一切不要です。

I hope that you will read the column to understand the background. According to the hypothesis, you don't have to do the verification at all, but make it the closed rough logic.

「ああ、なるほど!」と、思わず膝を叩いてしまうようなストーリーとなっていれば、さらに嬉しいです。

If it is a plausible explanation, I will be happy.

-----

―― という趣旨のメールを、昨日、アンケートに応じて頂ける旨の返事を頂いたボランティアの皆さんに送付したところ、早速「仮説」を送って頂きました(現在、3人)。

Yesterday, I sent the mail including the idea, and now I have already got the hypothesis from three readers.

私の考えているものと、ほぼ同じ内容の「仮説」もあれば、後で詳しい解説をお願いすることになりそうな「仮説」もあり、なんと言うか、

One is almost what I am now thinking, and the other is a little difficult for me. So I might ask some explanations about it after that.

Anyway,

―― 楽しい

"It is fun for me."

「一人メシの友」として読ませて頂き、本日の昼食は、大変美味しい御飯となりました。

I could have a wonderful lunch time with reading the hypothesis, today.

-----

来月の原稿の校了まで、「仮説」の募集は続けますので、

I will continue to accept your hypothesis until the next finish proofreading.

アンケート用のメールアドレスから、私に御一報頂けましたら幸いです。

If you could join this event, I hope you will send me your mail using this mail address.


2015-07-18 最近、飲み会の後に、駅のトイレで倒れることが多くなりました。 [長年日記]

最近、飲み会の後に、駅のトイレで倒れることが多くなりました。

Recently, I often collapse in restroom at train station, after drinking party.

私はこんなにアルコールには弱くはなかったのに、最近の倒れ方は尋常ではありません。

I have not had a low tolerance for alcohol, but the recent collapse are nothing less than astounding.

これまでの実績から見れば、全く問題のない摂取量なのに、それはもう簡単に、吐くは、倒れるは、一体何がどうなっているのか、と。

From the view of previous behaviours, I believe the amount of alcohol is not problem. I don't know what is what about my body, falling unconscious and vomiting easily.

自分の身体に尋問したいくらいです。

I want to ask the reasons to my body directly.

「歳」かもしれませんし、「ダイエット」かもしれません。

It might be for my age, or a present diet.

両方が原因かもしれません。

Or both of them.

-----

それでも、(自分で言うのもなんですが)、個室(トイレ)に逃げ込み、リュックとバッグを拳をしっかりと握りしめながら倒れているあたりは、

However, even if I do say so it myself, going to a toilet stall and flopping into it,

―― さすがは、訓練されたIT研究員

"I am proud of me, as a disciplined IT researcher."

と自画自賛しています。

-----

フラフラになって帰宅して、『トイレで倒れていた話』を聞いた嫁さんは、その場で私に服を脱ぐように命じ、全部を洗濯機に叩き込みました。

When I went back home as a blind staggers and explained "down in the toilet stall" to my wife, I immediately ordered me take all of my clothes off. And she pitched them into the wash machine.

私は、『あまり気にしなくてもいいのに』 ―― なにしろ、夏のまな板には、便座よりも多い雑菌がいるそうだし、と、とボンヤリと考えていました。

I thought that "she is too nervous" ambiguously. I heard that cutting board in summer is more poisoned than a toilet lid.

いやいや、そうじゃない。

No, no. It is a different story.

これは、本格的にマズイです。

It is really hot spot.

(続く)

(To be continued)


2015-07-19 念の為に申し上げておりますが、私は「無茶なアルコールの鯨飲」をしていた訳ではないのです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

そこで提案なのですが、

I will propose the following.

いっそ、忘年会、新年会、その他、各種のイベントを、『休日に実施する』というのはどうでしょうか?

How about holding year-end parities, New year's parties and other drinking parties on holidays ?

もちろん、参加は各個人、完全自由とする、と。

Of course, it is free attendance.

飲み会が好きでない人も、家族サービスだの、法事だの、結婚式だのを口実にサボることができて、一石二鳥です。

Even people who don't like drinking parties, can refuse to appear easily, on the excuse of family events, sermons, and wedding parties.

だめかな?

How do you think it ?

だめだろうな。

I think it's a bad idea.

-----

念の為に申し上げておりますが、私は「無茶なアルコールの鯨飲」をしていた訳ではないのです。

Just to make sure, I didn't "drink like a lord" at all, like this.

ごく普通に会話を楽しみ、ごく普通にお酒を嗜なみ、その後、二次会等にも出席することなく、普通に飲み会を切り上げてきただけです。

I enjoyed some small talks, went easy on the drinks, declined another party, and wrapped up the drinking party.

飲み会の最中には、思考も正常、弁舌爽やか、人の悪口、他社の悪口、下ネタなど登場する余地など全くない、いつも通りクールなナイスミドルです。

During the party, I kept my thought normally, had a facile tongue and was always on the alert against gossips against others and sexual talks. And totally I was what I have been a pleasant middle-aged gentleman.

―― にも関わらず、

However,

私のこの「アルコール爆弾」は、飲み会終了後の30分~1時間に、いきなりスイッチが入ったかのように爆発するのです。

This my "alcohol bomb" is going to explode within from a half hour to one hour without previous notice.

これって、結構な恐怖です。

This is tremendous horror.

-----

アルコールを一滴も摂取しなければ良いのですが、それでは飲み会の趣旨に反しますし(「飲み会」というくらいですし)、皆も私も楽しくない。

If I don't drink at a drinking party at all, of course, no problem will happen. But I (and other attendances) will not become happy.

と言う訳で、今度の飲み会、出席させて頂きますが、皆さんの方でも、私を監視・管理しておいて下さい。

Anyway, I have already sent a message of "A", and I would like to ask you to manage and/or monitor me.

-----

ご理解頂きにくいかもしれませんが、今の私は、会社帰りに、飲み会に参加することが、

Though it might be difficult for you to understand the above situations, attending the drinking party after work,

―― 本当に怖いんです。

is really horrible.


2015-07-20 先日も、凄い仮説 ―― というか、あれはもう論文といっても良い ―― ものを送ってして頂き、驚いてしまいました。 [長年日記]

I wrote that I made an event "to challenge a reader" before.

先日も、凄い仮説 ―― というか、あれはもう論文といっても良い ―― ものを送ってして頂き、驚いてしまいました。

The other day, I was pleased to be given a great hypothesis from a reader that really surprised me. It is not just a hypothesis but also almost a thesis.

来月のコラムは、きっと楽しい執筆になる ―― と、いいな、と思っています。

The column of next month is surely going to make me fun, I hope.

-----

私のコラムは、長いし、理屈(ロジック)が面倒だし、数字多いし、「読むことが苦痛ですらある」という人はかなりの数いると思うのです。

My columns are long, troublesome arguments (logic), and many numbers, so some persons might feel "reading itself is considerable painful".

なにしろ、その内容は、理屈と数値だけに依拠し「血も涙もなく」なく、直感にも反する内容が多いです(『強い決意表明が決意を挫く』とか)

Anyway the contents depend on only reason and numerical value. and so called "cold-blooded". And in addition, some columns are against intuition (for example "a strong determination expression is going to destroy determination itself").

一説には、文章の中に数式が一行入るだけで、読者の半分が、そこで読むことを断念する、という話もあるくらいです。

There is a story that half of reader gives up reading when they face a sentence containing a numerical formula.

データ、解析結果、推論等でも、あまりウケは良くないように感じます。

Even if it not formula, I am afraid that many readers don't like data, analysis result, the reasoning either.

その割に、この「数字シリーズ」は、結構面倒なんです。

This "number series" is quite troublesome against my efforts.

データの収集だけで、一時は、体を壊しそうになったことすらあります。

Only by the collection of data, I had almost damaged my health at one time.

(Here is the story that I almost become to go mad by blog collection).

-----

ですので、このように、読者の方から、仮説を送付して頂けますと、大変元気が出てきたりするのです。

So, the gift like this great hypothesis from a reader will cherry me up.


2015-07-21 ここに「アルコール爆弾」を突っ込めば、「そりゃ、あっと言う間に引火するだろう」と自分でも思えます。 [長年日記]

先日、飲み会の後でトイレで倒れていた事件 について記載したところ、読者の方から 「精神安定剤(セルシン)との関係」 の指摘を頂きました。

The previous day, I wrote about the accident that I had collapsed onto a toilet stall at train station after drinking party.

A person who had read the diary, gave me an attention of a relationship between drinking party and tranquiliser.

―― うん、思いっきり、思い当たることがある。

Yes, I have the relationship in my mind deeply.

ダイエット、不眠症、安定剤投与。

Diet, insomnia and tranquiliser.

ここに「アルコール爆弾」を突っ込めば、「そりゃ、あっと言う間に引火するだろう」と自分でも思えます。

If I throw "alcohol bomb" into the situation, I think "it is natural to catch fire easily".

-----

ご存知の方もいるかと思いますが、私は、「睡眠薬 + アルコール」で、 成田空港で大変な事故を起こしています。

Some people might know about my previous stupid accident at the Narita Airport.

皆さんが、私のような「馬鹿者」とは思っておりませんが、それでも、どうかお気をつけ下さい。

Though I don't think that you are fool like me, I hope you should pay attention of these accidents.


2015-07-22 昨日の深夜より、「ダイエットアンケート」メールを大々的に送付させて頂いております。 [長年日記]

昨日の深夜より、「ダイエットアンケート」メールを大々的に送付させて頂いております。

I have sent "diet questionnaire mail" to many people since last mid-night.

ボランティアに応じて頂いた皆様の他にも、家族、親戚、ご協力頂いている法人様、職場に至るまで、私の届く範囲の全てで展開しております。

I am broadcasting the questionnaire mails, ranging from my family, relatives, cooperative companies to co-workers in my office.

-----

どんな内容のアンケートかと言うと、

The contents os this questionnaire are

『これまでダイエットに関して調査を行ってきましたが、ダイエットは「ロジック(論理)」ではなく「イモーショナル(感情)」に依拠する比率が高い、との、私の判断より、「直感」で答えて頂けるアンケートとして構成しました。』

"I made this questionnaire that you could answer based on your feeling. Because I think that many people take "diet action" not for their logical thinking but for emotional feeling."

『一見、不真面目な質問のように見えるかもしれませんが、これまでの連載のレビューと、これからの連載の展開を示唆する内容になっていることを見て取って頂けるものと考えております。』

"On first viewing, you might think that this questionnaire is devilment. But I believe that you could notice that this questionnaire is based on the privious my diet columns and give suggestions for future the diet columns of mine."

というようなアンケートです。

-----

取り敢えず、今週末、一度纏める予定としておりますので、アンケートにご興味のある方は、急ぎ、アンケート用のメールアドレスから、私にご連絡頂けますよう、お願い致します。

Anyway, I want to make up the answers of questionnaire by this weekend. So if you are interested in the questionnaire, please let me know by "diet@kobore.net" as soon as possible."


2015-07-23 『現在、会計不祥事問題で大変だと思いますが、江端さんは大丈夫でしょうか』 [長年日記]

昨日、私のコラムを読んで頂いている読者の方から、メールを頂きました。

Yesterday, I got a mail from my column reader.

『現在、会計不祥事問題で大変だと思いますが、江端さんは大丈夫でしょうか』

"Ebata-san, Are you O.K.? I am worry about a hot topic of misconduct accounting."

-----

お返事申し上げます。

Thank you for your concern. I cannot express my appreciation enough for your kindness.

二重の意味で、私は大丈夫です。

However, I am O.K. because of the following two meanings.

(1)会社は、江端に「金に近づかせない」ようにしているから

According to my tasks, I am very far from my company accounting.

これは、会社が、江端の財務処理を危険視している ―― という訳ではなく、そもそも、江端には、金に近付くだけの権限がない、ということです。

The reason is NOT that my company was anxious of a risk of Ebata's accounting capability, BUT I don't have any responsibilities about accounting tasks.

「奴(江端)には、ソースコードでも与えておけば、大人しく遊ん・・・もとい、仕事している」という、双方にとってのWin-Winな関係が構築されている、と思っています。

I think that it is a "Win-Win" relationship between my company and me. I guess that both of them think that "Ebata will become no problem if he can play...no,no, work with programming."

(2)日本には、総合電機メーカが、複数あるから。

Several comprehensive manufacturer of electric appliances has existed in Japan.

-----

本日も、不眠で、空腹で(ダイエットで)、顔色も悪く、今日あたり、安定剤を貰いに診療所に行こうかと考えていますが ――

Today, I am insomnia, hungry(on diet), looks pale, and going to the clinic to get stabiliser, however,

私は大丈夫です。

I am fine, thank you.


2015-07-24 『体重、身長、サイズを尋ねてこないダイエットアンケートなんて、初めて見ました』 [長年日記]

『江端さんのアンケートって変わっていますね』と、昨夜アンケートに応じて頂いた人からコメントを頂きました。

Last night I got mail from a person who answered my questionnaire, "Ebata-san's questionnaire is interesting."

『体重、身長、サイズを尋ねてこないダイエットアンケートなんて、初めて見ました』

"I have never seen an questionnaire without the columns of weight, height, and other size of body."

私も、英語教材のアンケートで、いきなり私の「TOEICの点数」を聞いてくる無礼なアンケートは、その場で、破り捨てているものですから。

I can understand the feeling, but I dislike a rude questionnaire of asking my "TOEIC" score to me easily either.

そういうことは尋ねられたくない、というのは、痛いほど理解できるのです

I also understand what kind of information I don't want to be asked by anyone.

-----

まあ、それにしても、私のアンケートは異色ではありますね。

Certainly, my questionnaire is strange.

なにしろ、第1問が、

Above all, the fist question is,

Q1:2秒で答えてください。「私はモテたい」

"Q1: Please answer within 2 seconds. "I want to come to be popular"

ですし、第2問も、

and the second is

Q2:2秒で答えてください。「モテることは、いいことだ」

"Q2: Please answer within 2 seconds. "Being popular is good for me."

ですからね。

-----

その一方で、このアンケートに対する疑義も多く表明されております。

On the other hand, some people appear qua-ere against this questionnaire.

例えば、

For examples,

■どのように答えても、論理矛盾が発生するようになっている

- "In any case, the contradiction answers happens."

■このような単純な質問で、有意な結果が導き出せるのかとは思えない

- "I don't think that an effective result is coming."

■このアンケートで何を狙っているのか分からない、等々

- "What are you going to aim, using this questionnaire?"

フッフッフッフ・・・あなたたちは、心理学に精通したデータアナリストが作る、周到なアンケートの本質が分かっていない・・・

"Fu,fu,fu.. You don't understand what a data analyst who is familiar with psychology is aiming "

―― と言いたいところなのですが、

実際のところ、私は、

I want to say that indeed, but

『今のところ、全く、なーんにも、全然、考えていませーん』

"I don't have any idea at all now."

-----

アンケートの内容から意味を出してくれるのは、「解析ツール」達です。

They are data analysis tools, which give me meaningful contents from the questionnaire.

解析ツールで、頂いたデータをあれこれ弄っていると、「えっ!」と驚くような結果が見えてくることがあるんです。

When I operate the given data by the analysis tools, I can sometimes get amazing results.

これまでの所、 ベイズ推論の結果で、腰を抜かしたことがありますが、 今回は、貸して頂いているツールで、20を越える解析アプローチを試せますので、色々な傾向が見えてくると思います(多分)。

At this moment, I had been petrified with Bayes estimator. This time, I am going to try more than twenty analysis approaches by the borrowed software. So I hope that I can come to find out several trend of the data.

私が「データ解析は、下手なゲームよりエキサイティング」と言っているのは、こういう理由があるからです。

It it the reason why I say "Data analysis is more exciting than average games".


2015-07-25 ―― ダイエットの勝ち組 [長年日記]

只今、ダイエットに関するアンケートを実施中なのですが、送付して頂いたアンケートの最後のコメント欄を、とても楽しく読んでいます。

Thank you very much for returning your questionnaire about the interview of diet, and especially I enjoy reading your comments at the bottom of this questionnaire.

ご本人のご許諾を頂いた上で、後日公開させて頂く予定です。

If I can get your permission of open about your comment, I am going to open it.

よく考えてみれば、当たり前のことだったのです、私のアンケートにボランティアで応じて頂ける方って、

On the second thought, it is natural that people who are kind of accepting my proposal are.

―― ダイエットの勝ち組

"are on a winning team of diet"

なんですよね。

コメント欄には、「自己のダイエット方法に関する熱い想い」が記載されていて、圧倒されます。

I am overcome by "a passion for their original diet methods" in the comment column.

-----

特にですね、

In particular,

Q:深夜の通販番組で、ダイエット器具を購入したことがある。

Q:I had had an experiment to buy a material for diet by mid-night advertising program.

という質問に関しては、100%が"No"回答で、昨日、ようやく一人の方から"Yes"を頂き、ホッとしていたのですが、

About the above question, all persons answered "No". But yesterday, only one person said "Yes", however,

その次の質問、

about the next question,

Q:ダイエット器具を購入したことは、(家族には)内緒である

Q:It is a secret againg my family or others,

が、"Yes"になっていないのですよ。

the answer is not "Yes".

なんと言うんでしょうか、ダイエットの「ダークサイド」が見えてこないのです。

How to say, I cannot come into "dark side" view of diet.

-----

今回のアンケートに応じて頂いた人たちって、

About the people who are kind of accepting my proposal,

間違っても

I believe that

―― 「楽々ダイエット」などと言う本には、決して手を出さない

many of them never pick up a book whose title is like "Easy and enjoy diet"

と確信させるような、そんな感じの人たちばかりなのです。

これから、データ解析を始めるのですが、少しバイアスかけて行う必要があるかなー、と思っています。

From now, I am going to start the data analysis using the questionnaire,


2015-07-26 一日かけてデータをエクセルファイルに纏めております。 [長年日記]

アンケートにご協力頂いた皆様、誠にありがとうございます。

Thank you for your cooperation about my diet questionnaire.

一日かけてデータをエクセルファイルに纏めております。

Today I compile the data and make a Excel file.

データ解析まで至りたかったのですが、残念ですが、力付きそうです。

I want to complete the data analysis, but unfortunately I will give it up because of my exhaustion.

-----

私が初めてパソコンを使ってから30年以上も経つというのに、データの編集を、未だに手動でやっています。

Now I compile data by my hand, though I have used a personal computer for more than thirty years.

改めて、この事実に絶望的な気持になります。

Coming as a fresh reminder that I have a desperate feeling.

勿論、データ編集用のプログラムを作成すれば、データの編集は一瞬で終わるでしょう。

Of course, the process is going to complete in a blink of an eye, if I make a program for it.

しかし、100件にも至らない、しかも、今回のみしか使用しないデータの編集の為に、プログラムを組む ―― その、虚しさに耐えらません。

But I cannot put up with the foolish action, that means, I make a program for less than one hundred questionnaires.

それに、プログラムに精通したものだけが、そのような「ラク」ができるということは、問題の解決になっていないと思うのです。

Above all, this is not a fundamental solution, because the method is available for specified programmers only.

-----

今回のようなメールベースのアンケートでは、頂いた回答メールに微妙にフォーマットの差が出てきます。

In this case of mail questionnaires. there are some slight different formats in the questionnaires.

空白や改行、あるいは引用文字が挿入、削除されていたり、アンケート結果にコメントを付けて頂ける場合もあります。

For example, added or deleted spaces, LFs and characters, some comments for readers.

このような事象に全部対応可能なプログラムは、――作れなくはありませんが―― その労力に、全く見合いません。

All purpose program is not meaningless for the cost performance, even if I can make it.

エディタ等で処理する方が早いです。

Using editor is better than making program.

(続く)

(To be continued)


2015-07-27 ―― アンケートに答えてやっているのに、この野郎、何をエラそうに [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

これとは逆に、アンケートをお願いする際に、記述フォーマットを規定して、厳しく守って頂く、という方法もありますが、私だったら

In opposition, when I ask for a questionnaire, I could prescribe a description format, and have you protect the format.

However if I were you,

―― アンケートに答えてやっているのに、この野郎、何をエラそうに

"How rude this EBATA is! I am a volunteer of questionnaire!!"

と怒って、アンケートメールを削除してしまうでしょう。

and I would delete the mail as soon as possible.

-----

その他、読者の方から、「クラウドのアンケートのサービス」の利用のご提案も頂きましたので、今後は検討したいと思います。

In addition, I want to examine "a cloud service of questionnaire" in future, a reader advised me.

しかし、「メールが来た時に、頂いたアンケート結果のコメントを読むのが楽しい」という私の嗜好もあるし、

However, I am looking forward to reading the questionnaire mail as soon as I get it.

メールで返事するという労を取って頂き、アンケートにご回答して頂いた方には、やはり感謝の気持も出てきます。

And I would like to say "thank you very much" for all people who gave me the mail in this questionnaire.

-----

纏めますと、

In conclusion,

―― 私は、矛盾したことばかりを言っている

"I say many contradictions in this diary"

ということになります。


2015-07-28 ―― うむ、そのプロバイダの迷惑メールフィルタは正しく動作している [長年日記]

昨日、アンケートの申し出を頂いた方に、アンケート用紙の送付を忘れる、という失態をやらかし、急ぎ、お詫びのメールを差し上げると同時に、慌てて再調査を開始しました。

Yesterday, I made a blunder that I had forgotten sending the questionnaire for the person who had applied to it. I started reexamination in a hurry at the same of sending the email of the apology.

送付前には、かなり厳重にチェックしたつもりだったので、結構ショックでした。

I intended to check it before the sending severely, so I did a shock plenty.

もしアンケート用紙が届いていない方がいらっしゃいましたら、お手数をおかけして恐縮ですが、再度、江端に御一報頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

If you has not got the questionnaire, I am very sorry but I hope you will send me a mail again (with your anger).

-----

本件は、当方のミスだったですが、昨日、読者の方から、『「江端のメール」が迷惑メールホルダに入っていた』との連絡を頂きました。

Though this was my mistake perfectly, I was given a mail from my column's reader that "Ebata's mail is in a folder of the unwanted e-mail.

感心しました。

I was very impressed to hear the story.

―― うむ、そのプロバイダの迷惑メールフィルタは正しく動作している

"Well, the mail filter of the provider works well"

いやいや、そうじゃない。

No, No, That isn't it.

----

まだ、電子メールが、大学のサーバ経由でファイルで転送されていた時代、

The times when an E-mail was still transferred via the server of the university, as a electric file, there was a story of

「全メールの3割が失われていた」

"30% of all emails had been lost"

という話があったそうです。

しかし、それはそれで良かったのです。

However, it was good as such.

その時代、電子メールとは、そういうものだったからです。

Because at the time, the E-mail were such things.

「既読スルー」どころか「未読スルー」。そして、電子メールの価値は「そこ」にあったのです。

Not "read through" but "unread through." And the value of the E-mail is in it.

―― あれ? そんなメール届いていないよ。

"What? such an email does not arrive."

を、シラっと言っても許される、良い時代でした。

We were allowed to say the above barefacedly in the period.

(続く)

(To be continued)


2015-07-29 江端さん、あなた、一体何やってるんですか? [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, a new column is released, so I take a day off.

Mr.Ebata's struggling for DIY Home Security System by EtherCAT(5) "Telepathy communication between master and maids"

-----

―― EtherCATの連載なんですよね? 江端さん、あなた、一体何やってるんですか?

"This is a serialization of EtherCat isn't it? Ebata-san, What are you doing on earth?"

と冷たい言葉で言い放ち、

with turning a cold shoulder to me,

編集担当者のMさんとの協議の上、原稿の大修正に追い込んだ

driving almost all of my work modify, after discussing the meeting with the editor in charge,

そういう後輩は、

the junior coworker

―― 実在します。

has existed.


2015-07-30 人間はネットで「つながる」必要がなく、現実世界ですら「つながる」必要もない、と信じています。 [長年日記]

(一昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

しかし、今や、メールフィルタによって、同じことが行われようとしています。

Now, a mail filter will do the same action again.

先日も、"Linux"の開発者であるリナスさんが、「開発に必要なメールの3割が、迷惑フィルターに引っかかっていた」と苦情を言っておられたようです。

The other days, a news said that Mr.Linus, who is the developer of Linux Operation system, complained about a mail filter functions, because 30% of his needful mails were deleted by the filter.

スパムメール対策として、メールフィルタは必要なものですが、同時に、それは、必要なメールも失なってしまう、というリスクも負うものです。

Against SPAM mails, a mail filter is needed for our society, but at the same time, we have a risk of deleting requisite information.

これは、携帯やスマホに依存している、現代社会の通信インフラを脅かす重大な問題

This issue is a great social problem for a present communication infrastructure.

―― という見方もできるでしょう。

There might be also some truth in ordinal person's perspective.

----

私の認識はちょっと違います。

I have a little different view of this problem.

―― 好機到来

"I think that a rare opportunity is coming."

です。

「仲間」「つながる」「絆」「コミュニティ」「KY」「スマホ」「オフサイトミーティング」等々 ――

"Friends”, "bond", "community", "KY", "Smart-phone", "off site meetings", etc., etc...

このような用語を、一貫して忌避してきたのが、私です。

It is me who have avoided using these terms thoughtfully.

そして、この「メールフィルタ」こそが、デジタル至上主義への反攻の第一歩だと考えています。

And I think that this "mail filter" is the first step against digital supremacist.

-----

『既読スルー』などという馬鹿げた言葉を作り上げ、

Making up the stupid phrase of "read and ignore",

自らの精神(こころ)の自由を放棄してまで、

Abandoning free of our spirits,

「つながる」ことに拘泥する

Insisting on "bond".

―― この気色の悪い

This "disgusting"

「ネット文化」なるものに、背を向けるきっかけになってくれれば、と思っています。

so-called, "the net culture", including above, I hope that the "mail filter" will give us a change to discard "the net culture".

----

私は、『ネットが、人々の心の距離を遠ざけ・・・』などとホザく、ステレオタイプ文化人とも違うと思っています。

I think that I am different from stereotypical "culturati" who apt to speak "the network destroy emotional ties..."

I think that

人間はネットで「つながる」必要がなく、

I don't need "bond" not only in the net,

現実世界ですら「つながる」必要もない、と信じています。

but also in the real world.

誰かが困っていれば、その人の為に、自分の意思で「つなげに行け」ばよく、

If someone needs help, I go to connect them with my will,

そして、助けた後はとっとと「切り離して」、次のことを考え始めれば良いのです。

after helping them, I disconnect them and start to the next.

-----

分かりにくいでしょうか。

Do I offer the confusing statement ?

じゃあ、乱暴に纏めてみますね。

Let me make a summary as follows.

■「つながる」んじゃねえ

- Don't be "bond"

■自分の意思で「つなげる」んだ

- Go to connect

■『誰かとお手々繋いで一緒でなければできない』なら、最初からやめちまえ

- Don't start anything if you need others who walk hand in hand

と、まあ、そんな風に思っている訳です。

I think that as usual.


2015-07-31 ネット詐欺に会いました。 [長年日記]

ネット詐欺に会いました。

I was taken in a cyberscam.

中古パソコンを、得体のしれないサイトから購入しようとして、振り込んでしまいました。

I have already credied to a zombi company to get a used PC.

被害額は7680円。

The amount of damage is 7,680 yen.

価格の他にも、急いで手に入れなければならなかった事情など、色々と原因はあると思いますが、基本的には、

It was true that I had had some reasons, for example a cheap cost and a urgent problem, but basically it all came down to the fact that

―― 注意不足だった

"Carelessness"

この一言に尽きます。

無論、今回の事件、最悪なのは詐欺の犯人そのものなのですが、手口は稚拙でかつ幼稚。あまりに簡単にひっかっかった自分が信じられないような気持です。

Needless to say, the worst person is the fraud. But the modus operandi was amateurish and childish. Even now, I cannot believe what has been happen for me.

本当に「私は詐欺やっていますよー」と告白しているようなサイトだったのに。

To tell you the truth, the site was clearly very suspicious, is as close as be making an announcement "I am a fraud".

-----

ネット通販を利用するようになって、数年が経過しているのですが、今のところ「トラブルゼロ」というのも油断に拍車をかけたと思います。

Several years has passed since I had started to use the net commerce. and I think that "zero trouble in the period" accelerated the carelessness.

変だと思って動いた時には、口座はすでに凍結され、逃げられた後でした。

When I felt strange, the frund run away, and the accouting was freezed.

犯人の方も、結構リスクの高いゲームをしているようではあります。

The criminal seems to play a quite high-risk game.

これに関しては、すでに動き出しておりまして、これから色々とやることがあります。

I have already started some actions, and do them my best.

後日、それらの全ての情報を開示する予定です。

For example, I am going to open all information about this accident by the internet.

-----

まあ、何を言っているかというと

Well, what I want to say is

―― 後で全部話すから、今は、いろいろ根掘り葉掘り聞いてくるな

"Do not hear about this accident in various ways now, because I all talk later."

ということです。

(続く)

(To be continued)