2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2013-07-02 丸め誤差

昔、fjというニュースグループがあり、そのサブグループに、色々なコンピュータ言語を扱うものがありました。

ある日のこと、「コンピュータによる積分計算結果が論理値と合わない理由」について尋ねている質問がありました。

私は直ぐに、コンピュータでの計算結果で避けられない「丸め誤差」というものであると気がつきました。

(小数点以下の極めて小さい単位で値を丸めて計算した結果、計算結果と正しい値がわずかにずれる現象のこと)

-----

「ま、誰かが指摘するだろう」と放置しておいて、数時間後に見てみると、大量のコメントが付いていました。

しかも、その内容が、まあなんというか「下品」。

「丸め誤差」であることだけを教えて上げれば良いのに、

『そんなことも知らないのか』『これだから素人は・・・』というような、問題とは無関係なコメントが、―― いいですか、20個以上も連続して投稿されていたのです。

-----

「丸め誤差」を知らない人が、「丸め誤差」を知らないことは、別に何も悪い訳ではありません。それを、まるで人格批判のように責める、この果てしない『下品さ』

しかも、一定数のコメントが付いたのを確認してから、そのような批判を始めるところなど、現在のツイッターの「炎上」というやつにソックリです。

多数のコメントが出た「後」で、その尻馬に乗って、人の悪口を言うことは、目立たないし、さぞ気持の良いことなのでしょう。

-----

私は、このような人間が「嫌い」です。

できれば、あなたにも「嫌い」になって欲しいですが、それは私の我儘(わがまま)でしょう。

とりあえず、私は、そのようなツイートを読みたくないので、そのような人のフォローを、取り消すことにしています。


2014-07-02 ―― 多分、世の中の多くの人は、このことを知らずに一生を終えるんだろうなー

会社で「安全」に関する業務を行うことになって、かれこれ1年近くになります。

I have worked about safety missions for almost a year.

この1年で、私は「安全」を実現する為の「整理・整頓」というのが、極めて理に叶った体系的な「技術」であることを理解しつつあります。

In a year, I become to understand that neatness to realize safety is a logical reasonable and systematical technology.

でもって、あたらめて思うのです。

And I think again,

―― 多分、世の中の多くの人は、このことを知らずに一生を終えるんだろうなー

"Maybe a lot of people in the world don't know the fact and become to end their life."

と。

いえ、私もこんな業務をすることがなければ、絶対に「知らないまま」一生を終えるはずだった、という絶対的な自信があることと、

Of course, I am concerned that I am going to finish my life without knowing the significance absolutely, if I do such a business.

「まあ、別段知らなくても、人生の大部分は困らんしなー」という感じも、理解できるのです。

I can understand that "there seems to be no problem without knowing it"

(続く)

(To be continued)


2015-07-02 『児童虐待の相談を受け付ける児童相談所の受け付け電話番号が、10ケタから3ケタの「189」に変わりました』

先程、ニュース記事で、以下の内容を見つけたので、差し替えることにしました。

Just now, I found the following news header in the Internet, so I decided to replace today's diary with it.

『児童虐待の相談を受け付ける児童相談所の受け付け電話番号が、10ケタから3ケタの「189」に変わりました』

The reception desk phone number of the child consultation centre, which can accept the call of child abuse, has been changed from 10digit to 3digit "189".

-----

先日、帰宅途中、成人男性の大声と、物の壊れる音と、子どもの泣き声が聞こえました。

The other day, I heard the the sound that a loud adult male's voice, broken object and crying of the child.

びっくりして、その家の前で聞き耳立てていたのですが、その後、何も聞こえなくなったので、その時は警察には電話しませんでした。

I was surprised, and stood and listened for sounds in front of the house. After that I could not hear anything, so I didn't call the police at that time.

しかし、「189(イチハヤク)」という虐待専用の通報メカニズムを作って貰ったのですから、これからは、躊躇わずにバシバシ電話しますよ。

But the government had made the report mechanism for special case of the abuse, just calling "189". From now, I am never going to hesitate to call the policy.

匿名通報も可能だそうです。

The anonymity report seems to be possible too.

たった今、「虐待」という宛先で、携帯電話にも登録しました。

Just now, I have just registered the number "189" in my cell phone, whose index name is "abuse".

さあ、皆さんも登録しましょう、今すぐに。

Let's register it everybody just now!!

-----

江端の通勤途中にある、全ての住民の皆さんは、

I hope that all inhabitants on Ebata's way to work, don't forget that

『この江端の監視下にある』

"All of you are under the observation of Ebata"

ということを、肝に命じておいて下さい。

私は、子どもの虐待に関しては、1秒だって躊躇いません。

According to the child abuse, I do not hesitate even for one second.

誤報だった場合であっても、喜んで謝罪の土下座に参上するくらいの気持ちがあります。

Even if it is the false report, I am going to visit you with my kneeling of the apology, with pleasure.


2016-07-02 江端個人にのみ適用される「江端法」が存在し、この法律は極めて厳しく施行されています。

「「北極ラーメンもどき」の作り方」という動画をアップしました。(ヒット数はほとんどありませんが)

I uploaded the video clip "how to make a ramen like Hokkyoku-ramen" on Youtube, (Few page view count though).

今回、このようなビデオクリップを作ったのは、ビデオクリップの作り方の簡単な講習会をする為 ―― も、あるのですが、正直に言えば、以下のような理由です。

The reason why I tried to make this video clip at this time, is for preparation of a workshop of making video clips, however, to tell you the truth, I have another reason.

-----

私には、

In my mind, there is a private law, whose an article,for example is

「体重が67kgを切った日に限り、北極ラーメンを食べに行っても良い」

"Ebata can be allowed to go to have Hokkyoku-ramen when his weight becomes less than 67kg"

という、

―― 日本国憲法の直下に位置する

The law is located under the Constitution of Japan, and

江端個人にのみ適用される「江端法」が存在し、この法律は極めて厳しく施行されています。

this law have been managed extremely strictly.

しかし、隣国のことざわに曰く、「上有政策、下有対策」の通り、この法律にも抜け穴はあります。

However, the proverb in nearby country says, "there are measures wherever there are policies". This my private law also have a loophole.

私は、規定の体重に至らなければ「北極ラーメン」を食べることはできませんが、「北極ラーメンもどき」には、その法律の効力は及びません(限定解釈)。

I cannot have "Hokkyoku-ramen" without returning to specific weight, however, the effect of the law is beyond the reach of "Hokkyoku-ramen mock".

つまり「自分で作れば良い」のです。

In short, "DIY" has no problem.

と言う訳で、目下の私の目的は、家庭で簡単に手に入る材料を使った「北極ラーメンのコピー」を作ることです。

Therefore, one of the my purpose of the moment, is to make "knochoff of Hokkyoku-ramen" using ngredients available at home.

-----

とか言っていますが、本当は、私はこの目的を達成したいとは思っていないんです。

To tell you the truth, I am not so interested in accomplishing the purpose.

例えるなら、高い山を見上げながら、そのふもとで、酒を飲んでくだを巻く ―― そういう、オッサンくらいの気持でいます。

For example, I am just an old man, who is drinking during the day, with viewing a high mountain.

『お、俺が、そ、その気になりゃ、あ、あんな山、か、簡単に登れるんだぞ』

"Whenever I...I want, s.. standing on the s..summit is a piece of cake"

と、ろれつの回らない口調で、独り気を吐く、―― 私は、そういう、みっともないオッサンがいい。

I am shouting alone drunkenly ---- I want to be a such ugly old man.

-----

真面目な話 ――

Seriously,

「上」を目指すくらいならともかく、「てっぺん」を目指す生き方は、自分を苦しめますよ。

Apart from aiming "high", the life for aiming "top" suffers yourself.

そんなことは、やめた方がいい。

I think you should stop it.

どれくらい自分を苦しめるかというと、

How much you suffer is, for example

『自分を、ホームからレールに落としてしまうくらい』

"you make you drop from the home to the rail."

です。

本当です。

It is true.


2017-07-02 ―― 70年間も騙されれば、もうたくさんだ

ITメディア系の記事で、

In an article on IT media, some people say

やれ、「AIで仕事がなくなる」

"Our work is gone by AI"

やれ、「プログラミングができないと、食えなくなる」

"If we can not program, we will not be able to live."

とまあ、よく、まあ、これだけ、いい加減なことが言えるもんだ、と思います。

Well, I think why they can talk such stupid things without shame.

-----

さて、私が知る限り、戦後(1945年)から、70年間ずっと言われててきたことの一つに

Well, as far as I know, after the war (1945), one of the things that has been told for seventy years is

「『英語』ができないと、仕事がなくなる/食えなくなる」

"If you can not speak English, you will lose your job / you will not be able to eat it."

が、あります。

-----

AIや、プログラミングや、そして英語で、危機を煽る奴らに対して、

They who are using the words " AI", "programming", and "English", and inspiring fear

今の私は、こんな気持です。

I feel like this now.

―― 国際化を掲げる政治屋/資本家/知識人たちを信じたばかりに、俺たちは苦しんできた

"We have suffered from politicians / capitalists who are shouting "internationalization"

―― 70年間も騙されれば、もうたくさんだ

"It is enough to have been deceived for 70 years"

(A parody of "Shuri", Korean Movie 1987)


2018-07-02 『そのチームや選手への愛があるから良いのだ』 という弁明と、『"しつけ"という名の、愛のある虐待』との差が、私には分かりません。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

まあ、それはさておき。

Let us go back to the board.

-----

地元のプロ野球チームのラインナップを暗記する ―― はっきりいって、あれは苦痛でした。

Learning "the line-up of local professional baseball team" by heart -- it was really painful for me.

私は、人の名前を覚えるのが苦手です。

I am not good at storing other's name in my mind.

今ですら、娘の名前を簡単に間違えて呼ぶくらいです。

Now I sometimes call wrong my daughter's name.

全くの赤の他人の、打順やら守備なんぞを覚えて、どうする ―― 小学生とは、そういう理(ことわり)が通る世界ではありません。

Why should I learn the line-up or positions of complete stranger ? It cannot be helped that Junior school boys asked the reason.

そもそもが運動音痴でしたので、スポーツ嫌いというのも、背景にはあったと思います。

To begin with, I had a poor ports ability, so generally I didn't like sport games

しかし、高校を卒業してから、テニス、スキーなど『自分でやるスポーツ』が好きになったことは、ご存知の通りです。

After high-school graduation, you know, I came to like "sports that I do myself" like tennis and skiing.

ですが、相変わらず『他人のやっているスポーツ』に興味がない点については、変わりありません。

However, as usual, I don't care of "sports that others do themselves" at all,

さらに言えば、『他人のやっているスポーツ』については、原則として、一切の所感を口にしない ―― ということが、私の矜持です。

In addition, as a general rule, I do not say anything regarding "sports others are doing". That is my policy.

-----

ただし、例外もあります。

However, there are some exceptions.

それは、

For example,

―― 自分と1mmも接点のない人たちの、人生を賭けたプレーに対して、

"For complete stranger's playing for their best"

―― ポテトチップスを食べながら、ビールを飲みながら

"While eating potato chips, drinking beer,"

―― よくもまあ、あんなにも、えげつない非難の言葉を口にできるものだ

"they can heckle them with delirious deprecative words

ということです。

-----

『そのチームや選手への愛があるから良いのだ』 という弁明と、『"しつけ"という名の愛のある虐待』との差が、私には分かりません。

I don't know the difference between the excuse of "No problem because they are from "love"" and of "Loveful abuse named "training""

頭の悪い私に、誰か丁寧に教えて頂ければ、嬉しいです。

I would be happy if anyone carefully tell me with my bad head.

『論理が飛躍しすぎている』というのであれば、それも含めて、私に説明をお願いします。

If someone tell me "it is terrible logical leap", please explain to me including the logical leap.