0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|

2014-07-02 ―― 多分、世の中の多くの人は、このことを知らずに一生を終えるんだろうなー [長年日記]

会社で「安全」に関する業務を行うことになって、かれこれ1年近くになります。

I have worked about safety missions for almost a year.

この1年で、私は「安全」を実現する為の「整理・整頓」というのが、極めて理に叶った体系的な「技術」であることを理解しつつあります。

In a year, I become to understand that neatness to realize safety is a logical reasonable and systematical technology.

でもって、あたらめて思うのです。

And I think again,

―― 多分、世の中の多くの人は、このことを知らずに一生を終えるんだろうなー

"Maybe a lot of people in the world don't know the fact and become to end their life."

と。

いえ、私もこんな業務をすることがなければ、絶対に「知らないまま」一生を終えるはずだった、という絶対的な自信があることと、

Of course, I am concerned that I am going to finish my life without knowing the significance absolutely, if I do such a business.

「まあ、別段知らなくても、人生の大部分は困らんしなー」という感じも、理解できるのです。

I can understand that "there seems to be no problem without knowing it"

(続く)

(To be continued)