2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|

2016-06-01 これも「死は存在しない」と同義であると言えると思えたのです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

今回の胃カメラの麻酔だけでなく、全身麻酔なども含めて、

Using not only gastric camera at this time, but also general anesthetic,

「ゼロ時間での、意識から無意識への移行」というのは、

"Exchanging consciousness by unconsciousness during zero time"

もう一度、意識を取り戻せるか、ということを不問にすれば、

Even if we can sat aside "getting consciousness again"

(『そこを不問にして、どうする』 という意見もあるでしょうが)

(I know that some people blame me for escaping from the condition)

これも「死は存在しない」と同義であると言えると思えたのです。

I come to think that this is also almost "non-existing death".

-----

さて、この論を展開する前に、昨日の、絶滅収容所の所長の「死の哲学」を、軽く一蹴しておこうと思います。

Before arguing this my logic. I want to refuse flatly the "mortuary philosophy" of general manager of extermination camp that I had already talked the other day.

(1)主観的に「死」という概念をどんなに隠蔽したところで、そこに客観的な「死」が存在しているのは明快であり、

(1)Even if he try to cover a concept of death in whitewash subjectively, it makes clear that an objective death exists there.

(2)自己の「明日も生きるという権利」を、第三者が無許諾に強制的に停止・終了させられる行為に、いかなる正当性も主張できない。

(2)Nobody can invade "right to live one's life tomorrow" without reasons enforcedly.

実は、この(2)の議論は、死刑是非論に展開するので、今回はここには踏み込まないこととさせて下さい

To tell you the truth, the above (2) is going to right and wrong of death penalty,

この議論からは、逃げさせて下さい。

I want to run away from this argument.

-----

もし逃げないと、――

Without running, I have to start the followings.

例えば、

For example,

絶滅収容所の虐殺は、

According to extermination camp,

Eichmann's apologies were

■「当時のドイツにおける『国内上の行政手続』であった」

"The genocide was done on the domestic law of German at that time."

■「私は職務を遂行しただけ」

"What I did is to keep my affairs in order"

―― という、アドルフ・アイヒマンの主張に対して、今の私には、明確なロジックでこれを否定できるだけの力量がないし、

I have no clear logic to prove his arguments wrong now.

例えば、

For example,

■行政手続や法が、「明日を生きる権利」の下位に存在するのであれば、如何なる死刑も否定されなければならない、

"If any administrative procedure and laws are under the right to live tomorrow, we should reject any death penalty."

―― という死刑廃止論の根拠の一つに対して、今の私には、明確なロジックでこれを否定できるだけの力量がないし、

I have no clear logic to reject the argue of death-penalty opponent.

例えば、

For example,

上記に死刑廃止論の根拠に対する有効な反論の一つとしては、

I know there is an effective counter-argument against the above.

■「私的な報復権の国家による代行」

"Any nation is a agent to avenge a grievance"

があるとしても、

However,

■これを認めると、法治国家の根幹が否定される(法は、私闘や報復を認めていない)、

If this logic is permitted, the foundation of the rule of law is going to be denied (laws do not allow any dual and retaliation),

―― というパラドックスに対して、今の私には、明確なロジックでこれを論理付ける力量がないし、

I have no power to make the reasoning about the paradox.

つまり、『じゃけんワシにはよう分からん』 ―― といって、この論から逃げます。

In conclusion, I want to run away from this issue with saying "I don't know what is what".

(続く)

(To be continued)


2016-06-02 「自分の意思による、ゼロ時間での、生から死への移行」を、私は否定できない。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

さて、話を戻しまして、

Let go back to the board,

「痛みのない内視鏡検査」を、「痛みのない末期治療」と、おおむね同義、とできるのであれば、

If we can define the "painless endoscopy" equals "painful end-of-life care", and

そして、痛いことが(文字どおり)死ぬほど嫌いな私にとって、

for me, although I hate pain to death,

「自分の意思による、ゼロ時間での、生から死への移行」を、私は否定できない。

I cannot reject the transition from life to death at zero hour on my in my intention.

というか、大歓迎。

To tell you the truth, it is welcome.

いいじゃないですか。誰がなんと言おうとも、私は、痛いのや、苦しいのは、嫌です。

It is not bad. No matter what anybody say, I hate pain and suffering.

今回の、「無痛胃カメラ検診」だけでなく、私は「無痛分娩」だって賛成です

I can agree not only the "painless gastroscope examination" at this time, but also "painless delivery".

-----

この概念を、さらに拡大すると、

To extend this concept,

コラム執筆などは、「無痛業務」(上司から叱責を受けない業務)とも言えますし、

Writing column is "painless business"(that does not receive a reprimand from the boss),

コツコツと自分で作っているプログラム作成は「無痛プログラミング」であり、

Programming on my own is "painless programming".

構成から構図、着色まで全てを自分だけで決定できるイラストは「無痛イラスト」です。

Illustrations I can determine the structures, compositions, and color only by myself is "painless illustrations".

私の中では、「無痛」となるものは、全て正義です。

Any "painless something" is all justice in my mind.

考えてみると、ブログ、ツイッターも、好きなことを一方的に言っている限りは「無痛」です(炎上でもしない限り)

Come to think of it, blog, twitter are also "painless", as long as you are saying that you like unilaterally (until it becomes be in flame)

コミックマーケット(コミケ)などは、「無痛コンテンツ」の祭典であると言っても過言ではないでしょう(創作で苦しまない限り)

Comic Market, etc. (Comiket) is, so to speak, a festival of "painless content" (as long as you do not suffer in the creation)

(続く)

(To be continued)


2016-06-03 ―― 実に不愉快だ [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

つまり私にとっては、

For me,

「大きな苦しみを受けいれる代わりに、大きな喜びを得られる」(「エースをねらえ!」の桂コーチの名言)

"A great deal of pleasure is coming in return for a great deal of suffering" (by Mr.Katsura trainer in the comic "aim for your ace")

という人生よりも、

is inferior to

「全ての苦しみを拒絶する代わりに、凡庸な人生をダラダラと生きる」

"Living a mediocre life in return for rejecting all kinds of suffering".

という人生の方が、はるかに価値があるのです。

I think that the latter life is more valuable than the former.

-----

ところが私のような主張をする意見は少なく、その声も小さい。

However, my opinion like above is few, and the sound is small.

世の中には、自分の「痛み」の過去や「痛み」の哲学を語りたくってしょうがないヤツらで溢れかえっているのです。

There are a lot of guy who want to talk about their past pain and present philosophy in the world.

―― 実に不愉快だ

"How awful they are?"

無痛の人生の何が悪い?

What is wrong about painless life?

痛みを伴う人生が好きなヤツは、好きなだけ「痛み」を楽しめばいい。

If they love their pain so much, you enjoy them by themselves.

そんなマゾヒスティック哲学を私に押しつけるないで欲しいんですよ。

I don't want to be enforced their own masochistic behaviour.

迷惑ですから。

Because they annoy me.

-----

次は、「無痛の歯の治療」ですね。

The next target is "painless dental treatment".

その後は、「無痛恋愛」 ―― と書きかけて、気がつきました。

After that, we are going to aim "painless love affair".., but I came to that,

恋愛シミュレーションゲームで、「無痛恋愛」は完成していました。

we have already embodied the "painless love affair" by simulation games.

-----

そして、最終的には「無痛死」の論理づけに至りたいと思います。

I want to run into the logic of "painless death" eventually.


2016-06-04 ―― なんで、私はまだ生きているんだろう? [長年日記]

「友達がいない人は、早死にする」という研究結果が出ているようです。

There is a research of "People who have no friend, is like to become death in early life".

確かに、そういうものかもしれません。

Certainly, it might be right.

友人とのコミュニケーションは、心や体の活性化に資するものだろうし、同一の、または、異なる価値観の発見は、人生を豊かにしてくれるだろうとも思います。

Communications with friends can activate our mind and body, and the same or different person's senses of value make our life be enrich.

苦境に立ったとき、助けてくれて、苦しみを慰めてくれる友人とは、金銭では替えられない、大きな財産でしょう。

When I suffer something, a friend who conform me and cure my ache is a priceless property.

-----

ただ、ここに大きな疑義が一つ。

However, I have one big question against the research.

「友達がいない人は、早死にする」という事実に基づいた場合、不合理な事実が出てくるのです

Based on the research about "people who have no friend, is like to become death in early life". one unreasonable fact is coming.

―― なんで、私はまだ生きているんだろう?

"Why am I living still now?"

と。

私なんて、もう10年前くらいに死んでいても良さそう、と思うんですよ。

In my case, there is no problem that I was dead ten years ago.


2016-06-05 ―― 頭髪をスカーフで覆ったアラブ系のネーチャン [長年日記]

先日、電車の中で、

The other day, in my commute train,

I saw a girl, who

■ガムをクチャクチャと噛みながら、

had a chew of gum

■ラップ系の音楽を聞きながら(ヘッドホンなので推測ですが)

heard rap with headphone, (just my guess)

■凄い勢いで、スマホの液晶を叩いていた、

hit the display of her smart phone rapidly,

―― 頭髪をスカーフで覆ったアラブ系のネーチャン

covered her head with a scarf,

looked like an Arab.

を見ました。

-----

分っている。

I know.

間違っているのは私だ。

I am wrong.

だが『私のイスラム教徒に対するピュアな敬意』が崩れていくような気がするので、

However, I felt that my pure respect for Muslim religion comes to seem to to be broken,

可能であれば、イスラム教を信仰している若い女性の皆さんは、『私の幻想』を守る方向で日々を過して貰えると ―― 私は嬉しい。

if possible, women of Muslim live their daily life to keep "my one-way private imagination", I am going to be very happy.

-----

ま、これが「リベラリストを振る舞う江端の限界」です。

It means, that this is Ebata's limitation, even though Ebata acts as a liberalist.


2016-06-06 ―― 嫁さんの実家での、ホームセキュリティ(見守り)システムの構築 [長年日記]

今、飛行機にのって、嫁さんの実家(九州)から帰宅の途です。

Now I am on the way from my wife's country house to my home by airplane

一人で。

alone.

色々理由はあるのですが、今回の計画、私が一人でフリーダムに動けるという環境が、ベストであると判断し、

There were several reasons of this my action, however, according to this plan, I made a decision that the environment of giving me a free hand is the most important.

「それもそうだ」

"It is reasonable"

関係者全員が、それに同意したからです。

All people could agreed to my opinion.

今回の私の任務は、

This my mission was to

―― 嫁さんの実家での、ホームセキュリティ(見守り)システムの構築

"build up the observation home security system of my wife's country home"

でした。

-----

「寝食を忘れて」という言葉がありますが、文字通り、寝るのも食べるのも、ほとんど忘れて、ぶっつづけでシステム構築をしていました。

There is a phrase "wherever and whenever one could", in the literature I kept making the system around the clock.

というのも、自宅で何度もテストしたはずのシステムが、予定通りに動かない ―― なら対策も打てるのですが、

It means, that I had already tested the system in my home, though it didn't work well --- that was not so severe in fact.

「動いたり動かなかったりする」のには、本当に手を焼きました。

The biggest problem was that the system worked at one time, but didn't work at another time.

結果として、サーバ側に原因があると断定し、完全なシステム起動を確認できないままの帰宅となり、忸怩(じくじ)たる思いです。

Finally I came to a conclusion that there were some problems in the commerce server, and I had to go back home without confirmation the system activation.

まあ、機材の設営は完了したので、ここからは、東京からのリモート構築フェーズになります。

However, I could complete to install some devices in the house, I think that I am going to on the stage of remote system construction.

-----

今更ながら何ですが、

After all,

システム構築、運用というのは、―― それが個人のレベルであったとしても ―― けっこう大変なものなのです。

A system construction and management is difficult considerably for anyone, even if it a small and private system.


2016-06-07 今回の「嫁さんの実家の見守りシステム」に必要となる機材、材料は、全てネット通販で取り揃えることができました。 [長年日記]

今回の「嫁さんの家の見守りシステム」に必要となる機材、材料は、全てネット通販で取り揃えることができました。

I could get all equipments, materials devices for the "observation home security system in my wife's country house" by the Internet mail-order.

-----

「秋月通商」で部品を通販購入すると、郵送費用が結構大きいのですが、それでも、自宅から秋葉原を往復する金額を考えると、トントンくらいです。

If I want to get some devices from "Akizuki-Tuusho", the shipping cost becomes expensive. however, It almost equals the cost of round trip to Akihabara station.

来店する時間が節約される分、トクと言えます。

I think it becomes cheaper because of saving money to come to the shop.

また、Amazonで、中国製の300円のスピーカアンプのモジュール(部品剥き出し)を購入して、スピーカーに繋いで、実際に試聴した時、本当に驚きました。

When I bought a sound amplifying module made in China from Amazon by 300Yen, I was surprised to hear the sound from speakers.

この音質で、300円なら十二分、と思えました。

The sound quality is enough for me.

-----

Amazonで20メートルのイーサネットケーブルや、デバイス取り付け用のマウントなどは、当然入手できたのですが、木ねじや針くぎ、ACケーブル線などまで手に入るのには、驚きました。

I know I can get long Ethernet cables and some mounts of devices, however, I was surprised to know that I can also get wood screws pin nails and AC cable lines from Amazon.

おかげで、秋葉原やホームセンタに一歩も出向くことなく、全ての準備を完了することができました。

Thanks to the Internet mail order, I am able to complete all of the preparation without going to Akihabara and DIY shops.

ネジや金具は、実際のモノを、見て、触らないと、購入を判断できないとも思えますが、これも、今後は、自宅で3Dプリンタを使った「立体の印刷」で、問題は解消されていくと思います。

It seems to be difficult to purchase screws and brackets without watching and touching actual things, however, I believe that this problem is going to be resolved by using a 3D printer in the "three-dimensional printing" at home.

-----

Amazonは、駅前の本屋を叩き潰すだけでは足りず、すでにDIYのホームセンタも着実に破壊し始めたと、実感しています。

Amazon is not enough to crush bookstore in front of train stations. I think that they have already begun to destruct DIY shops steadily.

あとは、Amazonが、コメ、レタス、豚肉のパックを本格的に通販し始めたら、日本のスーパーマーケットは、Amazonの下請けと化することは確実でしょう。

After that, if Amazon begin to start rice, lettuce, and pork pack by the Internet mail order earnestly, all supermarkets in Japan become a subcontractor of Amazon.

―― ということは、私のような一般のエンドユーザから見ても、明々白々です。

That is, from the view of just an endures like me, is obvious.

-----

歩行がおぼつかない高齢者の方が、苦労しながらスーパーに向っているのを目にします。

I sometimes see the difficulty in walking elderly is going to a super market with struggling.

これは、たまたま、彼らがネットを使い熟すだけのリテラシーがないからです。

This is by chance, they don't have a literacy to use the Internet.

しかし、老人予備軍である私達は、ネットを使い倒すことができます。

However, we who are in prep-old generation can defeat use the Internet.

苦労してスーパーマーケットなんぞには、出かけません

We will not go to the supermarket painstakingly,

# まあ、これはこれで別の問題(健康寿命が短かい、超超・超高齢化社会)を発生させますが。

# however, another problem occurs (health life paddle short, ultra-super-aging society),

スーパーマーケットだって、この問題は十分に認識して、対応を開始しているとは思いますが、

I think even supermarkets are aware of this problem fully, and they have already started the correspondence.

DIYホームセンタへの浸食速度を考えると、

Given the erosion rate of the DIY shops, I might say,

―― Amazonの対応は、私達が考えているより恐しく速い

"Amazon's response is deadly faster than we expect"

ということは言えそうです。


2016-06-08 ―― 1mm 足りとも興味なし [長年日記]

今回の鹿児島滞在中、レンタカーで動き回っていたのですが

During this time of Kagoshima stay, but I was moving around in a rental car,

―― といっても、DIYショップとコンビニを往復する程度でしたが

however, I used the car just for round-trip a DIY shop and convenience stores

最近の軽自動車って、凄いんですね。

I thought that recent "light car" is great.

昔の軽自動車って、もっと狭くて乗り心地が悪く、パワーも少なかったように思うのですが、今回借りた軽自動車は、

Light car of old days, was poor ride, bad quality and narrow room and the power was also poor, however the light car I had rent at this time,

■内部が広く見える(ように、視覚を錯覚させているのかもしれない)し、

visible spacious( it might be just a illusion visual),

■アクセルを踏み込めば、登坂車線もストレスなく登れるし、

climbing lane also to climb without stress,

それに、

■アイドリングストップ

"Idling stop"

の技術に感心しました。

technology really surprised me.

当初、交差点のど真ん中でエンジンが止まることに、ちょっとした恐怖を感じましたが、

Firstly, I felt a little fear to stop the engine whenever in a center of intersection,

軽くアクセルに触れるだけで、瞬時にエンジンが再起動するメカニズムは、エンジニアとしては、酷く感心してしまうのです。

As soon as the touch lightly accelerator, the engine is going to be restarted instantaneously. I was really moved as an engineer.

(今や、アイドリングストップは、どの車でも標準装備なのでしょうか?)

(I don't know nowadays the idling stop mechanism is a standard equipment in any car)

私、「自動車」のエンジンの研究や、車載ネットワークの研究にも携わってきた身の上です。自動車の構造には、人一倍興味があります。

I am a research engineer, who had studies the vehicles engine and car area network(CAN), so I am very interested in the mechanism of any vehicle.

しかし、自動車の会社、自動車のデザイン、各種スペックには、

However, I am not interested in car makers, design or spec. of car

―― 1mm 足りとも興味なし

at all absolutely.

という人間です。

ですから、飲み会なので、同僚が、自動車について議論を始めても、何もしゃべることができません。

So I have no topics about motor vehicle in a drinking party,whenever my coworkers start to talk about cars.

あれなら、英語のミーティングの場にいる方がまだマシ、と思えるほど、孤独になります。

I become to feel lonely, and come to think "attending English meeting is better than being here"

(続く)

(To be continued)


2016-06-09 ―― それって、他人の事だろう? [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

自動車だけでなく、私が興味を持てないものは多岐に渡ります。

I have a lot of things I don't have interest in, beside the cars.

日韓ワールドカップの最中に、理髪店にいった時、理容師さんが、

When I went to a barbershop during the period of 2002 FIFA World Cup Korea/Japan, the haairdresser started to chat with me,

「昨日の日本のゴールは、凄かったですよね」

"It was a great goal of Japan team at last night game wasn't it?"

と話題を振ってきた時も、

I just said,

「凄かったんですか?」

"Was it so ?"

とだけ応えて、その後、会話を中断させてしまったこともあります。

After that, the talk was stopped and we kept silent.

-----

資料収集の為、NHKの施設に出向いた時、トイレの小便器の隣りの初老の男性が、

When I went to the NHK's facility to get some materials, the elderly gentleman said something to me in the restroom,

「『楽天』やりましたねえ」

"Well, "Rakuten" did it"

としゃべりかけてきたとき、私は、最初の1秒訳が分からず(ネット通販の新サービスかと思った)、次の1秒で状況を理解し、次の1秒で会話を完了しました。

For the first second, I couldn't understand what he was saying, and for the next second, I could understand it, and the last second, I shut the tallk.

「野球には興味はありません」

"I am not interested in baseball at all"

その男性が、気まずそうな顔をしているのを見て、私の方が申し訳ない気持ちになりました。

I saw the man looked uncomfortable, and I felt sorry for him.

芸能人の話題などに至っては、多分、世界中のどんな言語より、理解できないと思っています。

It is easier for me to understand any English conversation than gossip items of entertainment world.

-----

結局のところ、

After all, I come to think

―― それって、他人の事だろう?

"It is the affair of other people isn't it?"

と、思えてしまうんですよ。

(続く)

(To be continued)


2016-06-10 「人間、楽しく感じることができないことを覚えることは難しい」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

分かっています。

I know well.

私が今一つ、年齢に応じた昇進ができないのは、このような、「徹底した他人事意識」にあることは。

My this thoroughgoing isolationism is one of the reasons why I cannot be promoted in my company for my age.

マジョリティに共通する話題を持つことは、コミュニケーションにおいて、必須事項であることも、分っています。

I also know that it is important to have common popular topics for majority of people, in order to keep good relationships in the world.

だから、私も努力はしたんです。

So I had made efforts for them before.

野球やサッカーのチームやプレーヤーの名前を暗記しようとしたりしました。

I had tried to learn the names of football, baseball teams and the player by heart,

結局、この努力は無駄でした。

However, it had been in vain.

私には、娘の勉強につきあって、チンギスハンの息子や孫が、ヨーロッパや東南アジアに侵攻を始める年号を覚える方が、遥かにラクだったのです。

For me, it is easier to learn the year that Chengjisi Han's son or grandchild started to make inroads into Europe or East-Asia than above with my daughter's homework.

「人間、楽しく感じることができないことを覚えることは難しい」 ―― を再確認しただけでした。

After all, I could re-confirm that "For human beings, it is difficult to learn anything that we feel difficult.

(続く)

(To be continued)


2016-06-11 等しく、愚かしく意味がない。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

多くの人と興味を共有できなくとも、自分だけの興味だけでも、私の人生は、十分楽しい。

Even if I don't share interest of others, my life is enough fun with just my interest.

今、私は、「5000円以内」のコストで「消費電力1W以下」の見守りサーバを、自宅に構築するのに、色々調べまくっています。

Now I am researching to make a home server whose cost is lower than 500yen and power is less than 1W.

その調査にかかっているコストや時間を考えると、普通のサーバを購入した方が、遥かに安いかもしれません。

Given the cost and time that I should spend, it might be cheaper to buy a normal server machine for my home.

しかし、興味というものは、多分、そういうものなのでしょう。

However, that might be how it is.

■自分の利害と全く関わり合いのないチームや人物を応援したり罵倒することも、

cheering or cursing irrelevant teams or persons,

■トータルコストを無視したシステム構築も、

making a system construction with leaving the cost out of consideration,

等しく、愚かしく意味がない。

both are folly and meaningless.

# いや、野球やサッカーは、仲間が多い分、愚かしくなく、意味もあるかもしれない。

# Baseball or football might be better a making system, because their interests are shared by a lot of people.

-----

誰が何に興味を持とうとも、それは、個人の勝手です。

Nobody can restrict others interest.

しかし、少なくとも、マジョリティと共有できない興味や、他人に語れないような興味を持っている人は、私の仲間だ、と思う。

However I think at least that the persons are my fellows who has the interest not to be shared with the majority, or not to be come out.

もっとも、私はその方たちと、共に語り会いたいなどと1mmとも思わない、という点で、

On the other hand, I don't have an intention that I talk to them each other, at all, and it means,

―― それって、他人の事だろう?

"It is the affair of other people isn't it?"

という、最初の話に戻ってしまいますけど。

After all, I go to back to this topic opening.


2016-06-12 ■「北極ラーメンもどき(江端版)」の作り方 [長年日記]

Previously, I wrote the story how to make the "Hokkyoku-ramen mock (Ebata Edition) at home".

その話を、会社の同僚にしたところ、

When I talked the story in my office, they asked me to

―― 作り方を開示して欲しい

"open the recipe"

という要望を受けました。

そんな訳で、今週末、再度「北極ラーメンもどき(江端版)」を調理し、

This is why, I tried "Hokkyoku-ramen mock (Ebata Edition) at home" again this weekend,

I have just uploaded the video chip to Youtube.

-----

今週末の私のアクティビティの狙いは、

However, the aiming of this weekend activity of mine is not

■「北極ラーメンもどき(江端版)」の作り方

how to make the "Hokkyoku-ramen mock (Ebata Edition) at home"

ではなく、

but,

■ビデオクリップの作り方

how to make video clips by myself

の学習でした。

-----

そろそろ、自力で「ワークプロトのデモクリップ」くらい作れるようになりたい、と思うようになりまして。

I come to think that it is time to make "video clips for work prototype demonstration" by myself.


2016-06-13 ネットでの論争を見ていると、『「立証責任」の考え方を知らない人が多い』と思います。 [長年日記]

ネットでの論争を見ていると、『「立証責任」の考え方を知らない人が多い』と思います。

Watching a dispute on the Internet, I think that many people don't know "burden of proof".

# 私も、この「立証責任」については、法学ゼミに通うまでは全然知らなかったので、他の人のことを言えませんが。

# I also had not known this "burden of proof" since I started to go to a law seminar, so I cannot blame others.

-----

ある未来における二択の事象、例えば、英国の「EU離脱 or EU残留」の議論があったば場合、

If there are future two choices, for example "EU separation" or "EU stay" in UK,

トム:「EUから離脱すべきである。利益があるからである」

Tom:"The UK should be breakaway from EU. Because the choice brings us a profit."

ナンシー:「EUに残留すべきである。利益があるからである」

Nancy:"The UK should stay in EU. Because the choice brings us a profit."

という議論で、論争は始まる訳ですが、

A dispute is going to start like the above arguments.

議論が白熱してくると、

While becoming incandescent,

トム:「そんなことはない。EU離脱の方が利益がある」

Tom:"You are wrong. The breakaway is better than stay."

ナンシー:「では、『EU離脱が利益がある』という根拠を示せ」

Nancy:"If you say so, show me the evidence of your opinion"

とまあ、結構な頻度でこういう展開になります。

In many case, this type of argument is going like the above.

-----

しかし、この場合、ナンシーの言動は、正当性を欠いているのです。

However, in this case, Nancy's opinion is not fair.

これは、

This means,

■ナンシーに『EU離脱が利益がない』ということを立証する責任

"Nancy has a responsibility for "burden of proof" of "The breakaway is worse than stay."

または、

or

■ナンシーに『EU残留に利益がある』ということを立証する責任

"Nancy has a responsibility for "burden of proof" of "The stay is better than the breakaway."

がある、ということです。

-----

簡単な話です。

This is a simple story.

ナンシーがトムを論破する為に汗を流すのは、「ナンシー」であるべきで、

It is Nancy who should make an effort to argue TOM down, and

ナンシーの為に「トムが努力する必要はない」ということです。

Tom doesn't have to make an effort for Nancy's argument.

これを、

According to a legal parlance,

「立証責任は、その利益を得る側に発生する」

"Burden of proof" is generated by the side that needs the profit.

と言います。

-----

もっと分かり易く言えば、

In plain words, it means,

「自分の論を相手に押し付ける為には、自分自身が、汗をかかなければならない」

"If you want to enforce your policy to others, you should make an effort to realize it."

という、自明な話です。

as a self-evident truth.

(続く)

(To be continued)


2016-06-14 『主催者は、独身男性が、猫の里親となる資格を「欠いている」というデータを出せ!』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

しかし、ナンシーが、『EU残留に利益がある』ということを立証した場合(完璧な立証である必要はない)、

On the other hand, if Nancy can show the profit of "EU stay",( and it is O.K. even if it not perfect),

今度は、トムに、『EU離脱に利益がある』ことを、立証しなければなりません。

the next time, the "burden of proof" moves to Tom, who should show the profit of "EU breakaway"

反証です。

It is "counter proof".

「立証責任の転換」という言い方をすることもあります。

It is said "change of burden of proof"

もし、この反証ができない場合には、トムはナンシーに論破されたことになります。

If Tom fails to do this "counter proof", Tom is going have the worst of this dispute.

-----

なんかねー、自分の論の正当性を主張する為に、「相手に証拠を出させる」ことが、当然のごとく振る舞うような、

I think that in order to insist the claim of their own, some people are likely to act, for example, "making opposite people put the proofs", is normal.

However I am afraid that it is a clear

―― 不合理なロジック

"unreasonable logic"

が、まかり通っている気がするのです。

-----

例えば、ですね、

For example,

先日、「猫の里親会」に、独身男性の参加が拒否されて憤慨されている方(たぶん男性)のコメントを見ました。

The other day, I read a comment, that there was a meeting of foster parent(FP) of cats that rejects to join single men, and a person (maybe "male") became resentful.

これは、主催者が「独身男性」は猫のマネージメントができない(とか、あるいは異性の出会いの場として利用されている)などの理由で、拒否していることが起点となっているようです。

In this case, the promoter seemed to reject joining a single man with reasons of luck of cat management (or abuse intention to meet a single woman (just my estimation, though)).

この男性は、

This man seemed to claim

『主催者は、独身男性が、猫の里親となる資格を「欠いている」というデータを出せ!』

"The promoter should show me the data that a single man lacks the management capability of cat management."

と主張されているようなのですが、

and,

そして、―― その憤慨している気持ちも理解できるのですが ――

to tell you the truth, I can understand his anger deeply, however,

この場合、その憤慨している男性自身が、

in this case, it is reasonable that the man who get angry,

『独身男性が、猫の里親となる資格を「欠いていない」という客観的なデータ』

"should show the promoter the data that a single man doesn't lack the management capability of cat management."

を提出して、反論するのが「筋」なのです(もし「本気で反論しようとするなら」ですが)

and argue against the meeting policies(even if he really want to do it).

これが「立証責任」の考え方の、基本的なサンプルです。

This is a simple and basic example of "burden of proof".

(続く)

(To be continued)


2016-06-15 加害者の体液、頭髪、血液、指紋を採取し残存しておくこと [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

まあ、ここまで厳密に考える必要はないと思うのですが、

Well, I don't think that we should think a severe case like the above, however,

議論や法廷で、当たり前とされている、

I am afraid that it is a serious problem that the principle of

『利益を得たいと思う人が、汗をかく責任がある』

"The person who want to get a profit, should make an effort"

という原理原則が、義務教育の過程で教えられていないことは、かなり問題じゃないかなぁ、と思うんですよ。

is not unrecognized enough in compulsory education of Japan.

-----

と言うのは、

It means,

犯罪の被害者になった場合、

If you become a victim of crime,

■加害者には無罪を立証する責任なんぞ全く必要なく、

(1)the victimizer doesn't need any burden of proof of innocence.

and,

■被害者には有罪を立証する責任が100%発生する

(2)the victim needs all burden of proof of the guilty.

ということを、きちんと理解していないと、加害者が簡単に無罪になることを知らない人が多い様に思うからです。

If we don't know the principle correctly, it is difficult to make the victimizer guilty.

-----

本当に、えげつなくて、嫌な話ですが、例えば、レイプの被害にあった場合、

I don't want to talk about the following example "raping incident", however,

the victim should

(1)加害者の体液、頭髪、血液、指紋を採取し残存しておくこと

pick the body fluids of the victimizer, and preserve it.

(2)被害にあった自分の状況を写真等に残し、第三者に証言して貰えるようにしておくこと

take a picture as is, and show your figure to others as a witness.

(3)(どんなに辛くても)先ずは警察に連絡すること

call the police as soon as possible( even it is painful to death)

を実施することが大切です。

あなたが事を公にしたくないと思うのであれば、その事件を秘密にしておくこともできます(親告罪)。

If you hope to conceal the incident from others, you can keep it secret(an offense subject to prosecution on complaint)

しかし、もし、何も証拠を残していなければ、訴えを提起しても、何もできないまま、そのレイプの加害者は無罪放免になります。

However, if you cannot save anything of evidence, the court dismiss the suit of yours flattery, and the victimizer come to be acquitted of a charge.

「有罪の立証責任」は、被害者のあなたの側にあり、加害者には「無罪の立証責任」はないのです。

"Burden of proof of guilty" is on the side of victim, and "burden of proof of innocence" is not on the side of victimizer.

(続く)

(To be continued)


2016-06-16 法律は「被害者が汗をかかなければならない」と命じています [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

自動販売機のように、自動的に「正義が実現される」と思っているなら、それは大間違いです。

If you think that justice comes out automatically like vending machine, it is big misunderstanding.

法律は「被害者が汗をかかなければならない」と命じています

The present laws order victims to make an effort.

―― それが、どんなに理不尽であると感じても

、です。

Even if you feel it unreasonably.

-----

これが、それほど理不尽ではないことを、逆のケースから考えてみましょう。

On the other hand, let think it from the opposite aspect.

例えば、私が、顔も見たこともない女性から、

For example, if I get sued from an unknown woman who said

「江端にレイプされた」

"I was raped by Ebata"

と、主張された場合、

私が、

In addition, when I am ordered by a person to

■自分のアリバイ

prove an alibi of mine,

やら、

or

■すでに、そのような暴行を行う能力を喪失している(例えば、EDの薬を処方して貰っている、等)ことなど

prove my lack of sexual potency with submitting a medical prescription of ED, for example,

and

を、客観的に主張して、無罪を主張する必要がある ―― などと、言われたら、

to claim my innocence objectively,

私は、死ぬほど怒るぞ。

I will get mad with the person absolutely.

(続く)

(To be continued)


2016-06-17 「私の2倍も3倍も汗を欠いて、数字で反論して貰う必要がある」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

さて、ここから宣伝になるのですが、

Finally I am going to advertise my activity.

Now I am in charge of the serialization whose title is "Let the world with numbers".

私が、数字を使って、汗をかいています。

I am making an effort with using number(programming, statistic, and calculation)

本当に大汗をかいています。

I believe that I really make great effort.

だから、私の議論に反論する人は、

I expect a person who want to argue against my logic of my column, to

「私の2倍も3倍も汗を欠いて、数字で反論して貰う必要がある」

"make more than two or three times efforts than what I do"

と考えています。

-----

もっとも、これが「凄く不公平な話だ」ということは理解しています。

I also understand that this story is really unfair.

なぜなら、私は毎日のようにプログラムや数値と戯れることを生業(なりわい)とする数理研究員です。

Because I am a mathematical research engineer that use a lot of number or program everyday.

ですから、そうでない人が、私と同じ土俵で闘うことを強要するのは、―― はっきり言って「暴力」である ―― とも思えます。

If you are not a engineer, it might be a kind of "violence" to ask you to behave like me.

そもそも、私のコラムに対して「立証責任」が必要な訳もありません。

To begin with, nobody has a responsibility of "burden of proof" against my columns.

ですから、好きなようにコメントや批判、非難をして頂いて良いと思います(当たり前だ)。

I think that there is no problem to blame or complain about my columns (it is natural).

-----

ただ、江端を心底青冷めさせる為に、最も効果的な方法は、

However, if you want to annoy Ebata at the bottom of Ebata's heart,

the best way is to

「数字を伴って反論する」、

"argue against my columns using numbers"

ということに、違いはありません。

absolutely.


2016-06-18 こちらが、返金決定通知書。 [長年日記]

あの一世を風靡した、江端一世一代の「恥さらしコラム」

The shaming column of the greatest work of my lifetime, which caught the spirit of a generation,

"The day when a network researcher were in the net fraud"

のケリがつきました。

was completed a few days ago.

This is notice of determination.

-----

いや、正確に言うと、全然ケリはついていないんですけどね。

In fact, I have not completed this accident yet.

私をハメた、この「カン シュウシン」なる野郎を、

This person whose name is "Kan-Shuushin", who made me a victim of the scam.

絞首台に送り込むその時が「ケリがついた日」としなければなりません。

The completion should be the day when I send him to the rope.

(続く)

(To be continued)


2016-06-19 私を「揶揄し」「馬鹿にし」た、フレームコメントや、ネガティブコメントの全文を晒して [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

ところで、私のこのコラムに対して、

By the way, according to my column, some people attempted making fun or mock of me.

I think that I can write a column about this process with all of the above frame and negative comments,

詐欺の犯人以外で、「ネットワーク詐欺」を「支援」する者たちの動向や心理を、

コラムにして纏めても良い、と思っています。

and I also can analyze their mental and fisical activities that support the net frund.

-----

この企画、乗りませんか? > 編集部の担当者様

Dear Ms.editorial staff of my columns.

Are you interested in this project?


2016-06-20 「あの「無礼な後輩」って実在するの?」 [長年日記]

体調が悪かったので、早めに帰宅していたところ、電話がかかってきました。

Today, I came back home early being in bad condition. When I am in my room, my phone rang.

私のコラムの、付録のコメントをしてくれる、あの「無礼な後輩」からでした。

It was the "rude junior fellow" who gave me the comment of my column's appendix every month.

『私がゴーマンな意見をかます』→『「無礼な後輩」がそれを、ケチョンケチョンに貶す(けなす)』

Now my column is constructed by the following two parts.

As the former, I make a column including a lot of boastful messages.

As the latter, the "rude junior fellow" make fun of the messages thoroughly.

という構成になっているのですが、当初の意図を超えて、今や、定番化しています。

This pattern becomes a sort of standard, beyond the reach of my intention,

あの「水戸黄門」のような位置付けになっています。

like the television drama "Mito-Koumon".

-----

電話を終えて、リビングに降りていくと、次女が聞いてきました。

After talking to him, when I went down to the living room, my junior daughter asked me,

「仕事の電話?」

"About your work?"

「いや、あの「無礼な後輩」から、レビューを貰っていた」

"No. I was given some comment from the "rude coworker"

といったら、次女は驚いたような顔をして言いました。

she showed her surprised face, and said

「あの「無礼な後輩」って実在するの?」

"Has the rude coworker existed? "

-----

うん。分かる。

Yes. I understand what she feels.

確かにあの「無礼な後輩」が実在することをイメージするのは難しいかもしれませんが ―― 彼は確かに実在します。

It might be hard to make a image of "the rude coworker" for anyone, however, he has existed absolutely.


2016-06-21 「お前なんぞには頼まん」 [長年日記]

先日、かつての上司の、還暦をお祝いする会の司会を行ってきました。

The other day, I acted as master of ceremonies of my ex-boss 60th birthday.

もともと、私は、パーティで、ボーッと席で飯や酒を飲んでいるくらいなら、司会などで忙しくしている方が好きなので、こういう仕事は苦になりません。

Basically, I like better to act the master, than to just drink and have a dinner at a table. so I don't feel nervous about the task.

-----

後輩:「江端さん。先日の司会、お疲れ様でした」

Junior fellow(JF):"Ebata-san. Thank you for the toast master"

江端:「構うな。今、忙しい」

Ebata:"Don't disturb. I am busy"

後輩:「江端さん。そんなこと言っていていいんですか?」

JF:"Ebata-san, Are you really O.K. to say so?"

江端:「?」

Ebata:"What?"

後輩:「江端さんの還暦を祝う会を、企画運営するのは、私ですよ」

JF:"It is me to plan and manage your 60th birthday"

江端:「お前なんぞには頼まん」

Ebata:"I am not going to count on you at all"

後輩:「江端さんの会を開催してくれるような人間が、私以外にいると思うんですか?」

JF:"Who can care for it except of me?"

江端:「わかっとらんのはお前だ。『この私の還暦のお祝いの会』なんだろう?」

Ebata:"It's you who can not understand. You talk about "the ceremony of my 60th birthday don't you?"

後輩:「?」

JF:"?"

江端:「その会を企画・運営、そして司会も、それを実施するのは『この私』だ」

Ebata:"It is me that plan and manage the ceremony and to also act as a toast-master"

後輩:「・・・」

JF:"...."

江端:「例えば、私がマイクを持ちながら、『ただいま、私、江端が入場しいます。みなさん、この私、江端に盛大な拍手でお迎え下さい』くらいのことは、当然にやるぞ」

Ebata:"For example, I will say naturally, "Now I am coming to this hall. Everyone, please welcome me in a grand applause" talking with a microphone."

後輩:「・・・」

JF:"...."

江端:「花束贈呈だって、贈る側と、贈られる側の両方を、一人でやってみせるぞ」

Ebata:"Even bouquet presentation, I could act as both the person who give the bouquet and who is give the the bouquet at the same time"

後輩:「・・・」

JF:"...."

江端:「ほれ、分ったなら、とっととあっちへ行け」

Ebata:"Understood? if so, go far away soon."


2016-06-22 ―― 応答してきた [長年日記]

先日、鹿児島の嫁さんの実家にホームセキュリティシステム(以下、鹿児島システムという)の設営をしてきた、という話をしました。

The other day, I wrote that I had been to my wife's country house in Kagoshima prefecture to install the home security system (presented by me).

実際に鹿児島に飛ぶ前に、鹿児島システムを自宅で組み立ててみて、その稼動確認を実施しました。

Before flying to Kagoshima, I have installed "The Kagoshima system" in my house, and tried to check the system beforehand.

『完璧な事前準備をして、なおかつ、本番で動いてくれない ―― それがシステム』

"It is system that cannot run in the field, in spite of prefect preparation."

ということを、私は、本当に嫌になるほど体験してきたのです。

I have experimented a lot of the above case for my engineer life.

今回、この検証作業の為に、江端家のホームセキュリティシステム(以下、江端家システム)も、機能全開にして運用を開始しました。

On the other hand, I started the Ebata's Home security system, too with fully functions,

鹿児島システムとの性能差を確認する為です。

in order to check the difference between "Kagoshima System" and "The Ebata's System".

-----

そんな訳で、3年間近くも屋外で放置されていた、ある監視デバイスの再起動を試みました。

I tried to restart a monitoring device, left alone outdoor nearly three years.

当然に動かないだろうと思って、ネットワークからも切り離していました。

I have disconnected the device from the network, because I thought it doesn't work well naturally.

ところが、ネットワークを接続すると、デバイスの赤色LEDが点滅を開始し、稼動完了を示すグリーンに変ったので、私はびっくりしました。

However, when I connected it to a host computer with the network, the red LED started blinking and changed green soon, that meant "reboot completion", so I was really surprised to watch it.

ホストコンピュータで、江端家システムの接続状況を確認したら、普段、見たこともない、デバイスを一つ見つけました。

When I checked the system status from the host computer, I could find a device not to see usually.

そして、そのデバイスに向けて、制御命令のコマンドを発行したら、

I sent a control message to the device,

―― 応答してきた

The device answered.

正確に、規則正しく、3年前と全く変わらず。

Accurately, regularly, same as three years ago.

(続く)

(To be continued)


2016-06-23 『お前らごときが「IoT」を語るんじゃねえ』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

3年間もの間、システムから分断され、誰からもアクセスされることもなく、たった一人、スタンドアローンモードでデータを取り続けてきたデバイス。

The device that has been getting data as a stand-alone mode far from the network, without access from anyone for three years.

私が3年前に発行した最後の制御命令を、3年間、忠実に実行し、

It has kept the last command I ordered three years ago, for three years.

台風の日も、豪雪の日も、灼熱の日も、氷点下の日も、ただ、ひたすらに、ひたむきに、誰も見ることのないデータを送り続けていた。

even if when it was typhoon days, heavy snow days, burning days, and freezing days, it has eagerly concentrated on sending the data, nobody didn't watch.

―― 涙が出そうになった

"I was almost about to weep with emotion"

分からない人に、分かって貰おうとは思いませんが ――

I don't expect to understand my feeling, however,

I believe,

「モノに対する愛なき者に、エンジニアたる資格なし」

"No love to machines, no qualification to be an engineer".

と、私は思っています。

-----

今こそ言いたい。

I want to say here and now.

モノに対する理解なき者、そして、敬意なき者。

『お前らごときが「IoT」を語るんじゃねえ』

Don't tell "IoT" to me, like you

who cannot understand the inventions, technology, and mechanism, and has no respect to them.

と。


2016-06-24 「この番組の主人公は、『ちはや』でもなく、ましてや『たいち』でも『あらた』でもなく、『机くん』だろう」 [長年日記]

昨夜帰宅したら、次女が録画されていた「ちはやふる」(再放送)を見ていました。

Last night, when I came back home, the second daughter watched "Chihayafuru", in the HDD recorder.

「ちはやふる」は、競技カルタを題材とした、ティーンエイジャの話を描いたコミックで、アニメ化もされ(もう何度も語ってきたので、以下省略)。

"Chihayafuru" is a comic and an animation that depicts youth who enthuses competitive KARUTA game. (the rest is omitted)

主人公の、綾瀬千早が率いる、5人の競技カルタ部には、部員の戦歴を膨大なノートに記録するキャラクターとして、

In the KARUTA club whose leader is "Chihaya Hayase" as a high school girl, there is a boy who keep recording tremendous data of the member's game process, whose name is

「机くん」

"Tsukue-kun" ( that means "Mr.desk")

という男子生徒が部員にいます。

彼は、自分のチームの選手の戦いかたは勿論、対戦チームまで傾向分析を行い、部員を勝利に導く、「高校生データアナリスト」として活躍します。

H tries to analyse not only his club member's fighting styles but also adversary game trends, and finally works for an data analyst to make his team win.

-----

江端:「この番組の主人公は、『ちはや』でもなく、ましてや『たいち』でも『あらた』でもなく、『机くん』だろう」

Ebata; "It is absolutely "Tsukue-kun" who is a leading character of this animation, neither "Chihaya" nor "Taichi","Arata".

次女:「いやいやいや、それはないよ」

Second daughter(SD):"No, no, no, absolutely not".

江端:「何を言っているんだ。『ちはや』が本気でクイーンを目指すのであれば、『たいち』でも『あらた』なんぞより、一番必要なのは、データアナリストとしての『机くん』だろう」

Ebata:"What are you talking? If "Chihaya" try to aim to the Queen of KARUTA tournament, what she really need is not "Taichi" "Arata" but "Tsukue-kun" isn't it?"

次女:「いや、感情や気分だけで行動する女子高校生、そして、それを取り巻く、イケメンな男性群がいてこそ、話が盛り上がる訳で・・・」

SD:"No, a high school girl who executes actions with temporary emotions and feeling each day, and some nice guys are around the girl are needed in the juvenile story."

江端:「色恋沙汰ごときで、KPI(Key Perfomance Indicator)が達成できるか。事を成就したいのであれば、注力すべきは『ロジック』と『数値』だ」

Ebata:"It is not enough to accomplish her KPI(Key Performance Indicator) by love affair. If she want to do it, she should concentrate "logic" and "statistics"

次女:「・・・」

SD:"..."

江端:「『机くん』かぁ・・・うちのチームに欲しい。『ちはや』や『たいち』はいらんけど」

Ebata:"I need Tsukue-Kun really in my team, though, "Chihaya" and "Taichi" are not needed.

(続く)

(To be continued)


2016-06-25 "データアナリスト「机くん」" [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

という訳で、私、「ちはやふる」スピンオフ作品として、

It means, I want to propose

"データアナリスト「机くん」"

"Data analyst "Tsukue-kun""

を提案したいと思います。

as a "Chihayafuru" spin-off work,

「机くん」は、現在、ノートを使った確率論のみでデータ解析をしています。

"Tsukue-kun" is, currently, has a data analysis in probability theory only using the notebook.

これはデータ解析の基本中の基本ですが、実に惜しい。

Probability theory is basic of data analysis, but it is regrettable indeed.

■「条件付き確率」を教えたい(高校生なら基本は知っているだろうが)

- I want to teach the "conditional probability" to him (however, he know it because he is a high school students)

■「ベイズ解析」の技法を伝えたい

- I want to tell the techniques of "Bayesian analysis"

■必要なら、ベイジアンネットワーク解析ツールやパソコンを買い与えてもいい

- If necessary, I can give him a personal computer and Bayesian network analysis tool.

■仮想クイーン戦を想定した「推論エンジン『しのぶちゃん』」の作り方を教授しても良い

- It may be taught how to make "reasoning engine "Shinobu-chan", assuming a virtual Queen game.

-----

という訳で、このスピンオフ作品を御予定の原作者、および編集部の各位の皆様。

Dear author, and the editorial department of this spin-off work, even when it is realized,

ご要望があれば、監修はこの私が担当致しますので、お声がけ下さい。

If you have any demand, I will be in charge of supervisor of math field.

当方からの希望としは、「データアナリスト『机くん』」を、イケメンに描いて頂ければ、それで十分です。

The hope from me, is that good-looking "Tsukue-kun" in the work is enough.


2016-06-26 ビデオクリップは、「情報量が多くて助かる」のですが、同時に「情報量が多くて困る」とも言えます。 [長年日記]

最近、私はコラムにYoutubeを使うようになりました。

Recently, I have used a video-clip on "Youtube" in my columns.

実際に機器が動いている雰囲気を説明するのに、ビデオクリップはとても便利であるからです。

To explain how a device goes,video-clip is very useful.

-----

今週末は、ビデオクリップ編集のフリーソフトを使って、色々と試していましたが、ちょっと手の込んだことをしようとすると、いきなり行き詰ってしまいます。

This week end, I used a free-software of video-clip editor and tried some functions of the tool, however, I have to stop it, if I want to do a little complicated operation.

例えば、「動画を倍速にする」という処理一つをとってみても、どこを操作すれば良いのか良く分からなくて、最終的に検索エンジンに頼むという始末です。

For example. about "two times speed recording", I didn't know how to operate the GUI of the software, and finally I had to ask a search engine for operations instructions.

-----

で、このようなビデオクリップ編集ソフトウェアの解説は、やはり、Youtube上でビデオクリップで紹介されていることが多いのですが、

In addition, a lot of video clips of the software instruction are on Youtube, however,

―― これが、さっぱり分からん

"I cannot understand the instruction, at all."

まず、動画の動きが早いし速い。

For the first time, the speed of movies are fast and speedy.

メニューの選び方や、マウスの動きなどに追いつけません。

I cannot follow the menu selection and how to move the mouse.

次に、重要なポイントと、流すべきポイントの区別ができていない。

For the next time, I cannot tell the important point from others at all.

「このボタンのこの操作が重要」というメリハリのある説明になっていない。

There is no sharp description, for example. "This operation of this button is important.

どうやら、Youtubeの投稿者の多くは「操作が分かっている自分」と「操作が全然分からない初心者」の違いを理解できていないようです。

Apparently, many of the contributors of Youtube does not seem able to understand the difference between "the beginner of the tool" and "well-known myself".

まあ、これは、現役の教師でも難しいことですので、素人の私達が難しいのは当然と言えます。

Well, it is said that it is difficult even for active teachers, so it says for granted, it is more difficult for amateur like me.

-----

ビデオクリップは、「情報量が多くて助かる」のですが、同時に「情報量が多くて困る」とも言えます。

Video clips, are "helpful in the amount of information", however, at the same time ,"troublesome in the amount of information"

また、動画を使った教材は、色々な工夫を施さないと、普通の書籍ベースの教材に軽く負けてしまう、とも言えそうです。

In addition, teaching materials using the moving image, would lose lightly to ordinary book-based teaching materials.

特許出願や論文が、未だに文章と図面であるということは、「時流に遅れている」のではなく、それが「未だに『最適解』であり続けている」のかもしれません。

Patent application and papers, are still text and drawings. The reasons might still be "optimal solution, not "out of fashion".


2016-06-27 そもそも、「美味しいラーメン」と、皿洗いの修行、先輩や後輩、修行期間などとの間に因果関係なんぞある訳がない。 [長年日記]

06月21日に放送された、ガイアの夜明け、「新たな"プロ"の育て方」では、

The 21th, June, "New professional upbringing" in the TV program "Gaia no Yoake",

the following topics are broadcast

■「1週間でラーメン店開業に必要なノウハウが身につく」という学校、

- a school to teach the know-how for opening new ramen shop even for one week.

■「1カ月で左官職人を育成する」という会社

- a company to make a plasterer craftsmen in one month

が紹介されていました。

-----

―― ようやく、ここまで来たか

"It is coming here at last."

と感慨無量です。

with my deep emotion.

常々私は、「まずは皿洗いから」「技は教えない、目で見て盗め」などという馬鹿げた日本の職人育成方式を、絶望的な気持で見ていたのですが、この番組を見て、少し希望が湧いてきました。

I was always looking in a desperate feeling about stupid Japanese craftsman training method, like, "first from dishwashing," "steal them by your eyes". But after the program, I think that slight hope is coming.

特に、上記の「ラーメン学校」では、フラスコ、試験管、そして、各種の計測装置を使って、同じ味を完全に再現できる技術を教えていました。

Especially, the above "ramen school" teaches technologies to make up the same taste of ramen anytime anywhere, using flasks, test tube and several measurements.

これは、工学分野(特に製造業)では確立済みの普通のアプローチですが、これが、職人の世界では、理由もなく忌避され続けていました。

This ways are usual in industrial field (manufacturing industry, in special), however, the world of craftworkers has not been applicable for a long time without reasons.

-----

そもそも、「美味しいラーメン」と、皿洗いの修行、先輩や後輩、修行期間などとの間に因果関係なんぞある訳がない。

To begin with, needless to say, there is no relationship between "delicious ramen" and dishwashing, senior, junior, period of training.

そんなことは、論理的に考える必要すらない、自明の事実です。

It is a self-evident fact, having no use for logic.

私は、美味しいラーメンが食べられるのであれば、その職人のキャリアが1週間であろうが10年であろうが、そんなことは、全く気にしません。

I don't care for the craftworker's carrier, even if it just one week or more than ten years. It is out of my scope.

「頑固一徹」などと売りにしている店は、多分「嘘をついている」のです。

A shop who says "adamantine stubbornness" might tell a lie.

なぜなら、時代や顧客に応じて、味や質を改良を試みない店が、生き残れる訳がないからです。

Because no shop survives without trying improvement of tastes and other qualities, depending on trends and customers.

(続く)

(To be continued)


2016-06-28 そもそも、ラーメンとは、麺、スープ、トッピング等のサブシステムで構成される、システムです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

そもそも、ラーメンとは、麺、スープ、トッピング等のサブシステムで構成される、システムです。

Above all, ramen is a system that is compose of several subsystems, like soup, noddle, and other foods.

システムである以上、システム的アプローチが適用できない訳がない。

If ramen is a system, we can use system approach to the ramen.

こんな当たり前の理屈が、日本の閉じた職人の世界では理解されないのか、私はずっと不思議でした。

I have wondered why craftworkeds cannot understand this self-evident fact in Japan.

-----

このようなことは、すでに中世ヨーロッパでは、すでに「ギルド」というシステムで完成していました。

On the other hand, in medieval history, the same system had be completed, called "guild".

ギルドの目的は、一言で言えば、「特定の商工会議所が利益を得る為に、その構成員に限定して、できるだけ効率よく技術を伝承すること」でした。

The purpose of "guild" is, on one phrase, "imparting their skill to successors as efficiently as possible, in order to protect the profit margins.

その技術の伝承方法は、考えうる最速かつ短期間で行えるものとなっており、その伝承技術自身がギルドの財産でした。

The characteristics of the patrimony were fast, speedy and short period, and it is a asset of each guild.

ギルドの世界でも、「皿洗い」だの「雑巾がけ」はあったかもしれませんが、「技術そのものを教えない」(例えば『目で見て盗め』などという)、バカげた養成方法は存在しませんでした。

In the guild world, there might be "dish-washing" or "swabbing the desk" during the period of newcomer, however there was absolutely no stupid training method like, "do not teach the technology itself" (for example, "steal it by you eyes"),

-----

余談になりますが、私が、積極的に後輩に技術を伝承しようとしない理由は、極めて明快です。(業務上のタスクとしては、ちゃんとやっていますが)

As an aside, why I do not try to pass on technology actively in the junior, is a very clear

―― 面倒くさい

"It annoys me."

からです。

そんな時間があれば、私は、自分の勉強や趣味やコラムの為に時間を使いたいのです。

Even if I have such a time, I want to use the time for my own study and hobbies and columns.

So, I made this paper, and run away from younger just saying "read it".

(続く)

(To be continued)


2016-06-29 ―― 「忠臣蔵」はテロ行為 [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

"Let's turn the world by "Number" Accident resulting in injury or death (31) "

trying to simulate the injury in the "Ebaden"

-----

それでも、やっぱり、私は、

However, I still think

―― 「忠臣蔵」はテロ行為

""Chushingura" is terrorism"

だと思うんですよ。


2016-06-30 ―― 取り替え可能な社会の歯車 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

このように纏めてみると、ラーメン職人教室や、左官職人教室は、「メンター(指導者)」の存在を不用とするシステムと言えそうです。

In conclusion, the class room of professional ramen craftworkers and plasterers is a system to make the mentors fall into disuse.

メンターは、技術以外のところ、例えば、接客、経営、財務、営業、広報などの経験が期待されると思いますが ―― しかし、これらすらも、ラーメン職人教室のカリキュラムに加えてしまえば、

Of course, the mentors also are expected to lead newcomers toward several fields of service, management, account, sales and advertisement, but even so, if the class room also begins to teach them,

そこにあるのは、まさに、

the world of

「メンターレス社会」

"mentor-less society " is coming.

それは、社会的な知見のある経験者 ―― いわゆる年長者 ―― を、敬う(うやまう)ことが破壊された世界です。

It is the world that destroys any respect toward experiences, so called "seniors"

-----

この「メンターレス社会」は、今に始まったことではありません。

However, this "mentor-less society" has already started.

すでに、私達は、知らないことを「年長者」に質問しないで「Google検索エンジン」に尋ね、自分の悩みを、「人間」には打ち開けず「投稿サイト」に公開しています。

For example, we am going to ask unknown topics not for "seniors" but "Google search engine", and open our troubles not for persons but web sites.

多くの人が

Many people have thought that

―― ラーメン職人や左官職人などの職人の世界を、デジタルサービス化することはできない

"It is absolutely impossible to make a digital service of ramen and plasterers craftworkers"

と、高をくくっていたのかもしれませんが、

However,

このようなラーメン教室の成功は、「職人」が特別な存在ではなく、一般の社会人と同様に、社会システムの構成要素の一つ

The success of this "ramen class" means, that "craftworkers" are not also special, but they are same of ordinal business persons in the world.

つまり、

After all,

―― 取り替え可能な社会の歯車

They are also just "interchangeable parts".

であることを、図らずも証明してしまったと思うのです。

The fact was confirmed accidentally.

(続く)

(To be continued)