2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2012-06-05 他人のことなど、どうでも良い

「給食が食べれない子供時代を経て為に、病気になってしまった大人」って、いるのでしょうか。

昔、給食が食べられなかった子供を、先生達は、居残りさせてまで食べさせていました。

醜悪な光景でした。

あれは意味があったんでしょうか。

多分、先生達も「馬鹿くさい」と思っていたと思うのです。

でも、学年指導教官の指示なので従わなせければならず、指導教官は、校長の指示なので従わければならず、

で、校長は戦後世代の「食料のない時代」に育った子供達だった、と。

「食事を残す」ということが、憎悪に近い行為であったといのは想像に難くないのですが、逆の発想はできなかったのでしょうか。

『戦後の、あの地獄のような食料危機を、俺たちは生き残ってきた』

『給食くらい抜いたって、人間は死にやしないぞ』

『わっはっはっは。』

無理か。

無理だろうな。

-----

私達だって、似たようなものです。

新人が入ってくる度に、

「新人類」

「ゆとり世代」

「くれない君」

だのと、まるでレッテルを張って「新人を苛める」ことが、まるで我々の業務であるかのような振舞い。

そして、我々はというと、

昔は寮が狭かっただの、席が汚かっただの、パソコンが奪いあいだっただの、TSSで計算ジョブを走らせただの、ワークステーションをプロセス過多で落したの、X端末やモザイクがなんだの、イエローケーブルがどうだの、

ああああああ、まったくもって「うるさい!うるさい!うるさい!」。

おめーらが、不幸だった時代を、なんで俺たちに、いちいち教え聞かせるんだ。

それで、なんか、お前らに「救い」でもでもあるんか。鬱陶しい。

―― と、私も思われているのでしょう。

とても残念なことですが。

-----

給食を食べれない子は、給食を食べれなくて良い。いつか食べれるようになるかもしれないし、ならないかもしれない。

仕事ができない新人は、仕事ができなくて良い。いつか仕事もできるようになるかもしれないし、ならないかもしれない。

我々が劣悪な環境で苦労してきたかもしれない。その苦労は、大変だったかもしれないし、大変でなかったかもしれない。

-----

「他人のことなど、どうでも良いことだ」

という観念に至るのは、やっぱり難しいことなのでしょうか。


2013-06-05 オブジェクト指向の「クラス」とは「たいやきの金型」である

IT業界用語は、私でも良く分からんことが多いです。

で、その用語を理解した人が書く、IT業界用語は、さらに訳が分からなくなるという傾向があります。

例えば、長い間、私は「クラウド」という言葉の意味が分かりませんでした。

今は、「IPアドレスなどを使わないで、ネットワーク上のサーバを使えるシステム」と言えばいいのに、と思うのです。

古い話では「ファジィ」なども、ちゃんと理解している人は少なかったです。

「Yes,Noの2値だけで構成される推論アルゴリズムに、Yes65%,No35%というような取り扱いができるようにした推論アルゴリズム」でいいのです。

-----

私は理解できない用語を、日常的な事例まで落して考えないと、良く分かりません。

そして、多くの他の人もそうだろうと勝手に決めつけています。

ですから、必然的に、そういうコラム記事が多くなります。

最近は、技術の話だけでなく、法律などにもこのやり方を適用していることはご存知の通りです。

それはさておき。

-----

私は、以前、産業用デバイスの操作マニュアルで「オブジェクト指向」に関する簡単な説明を書いたこととがあります。

もし、あなたが、

■オブジェクト指向の「クラス」とは「たいやきの金型」であり

■オブジェクト指向の「インスタンス」とは「たいやき」のことである

と記載した、産業用デバイスのマニュアルを見つけたら、

そのマニュアルの著者は、間違いなく、私です。


2014-06-05 新連載「世界を「数字」で回してみよう」が始まりました。

新連載、「世界を「数字」で回してみよう」が、始まりました。

We start a new serialization "Let's turn over the world by number".

皆さんにご愛読頂けまるよう、執筆がんばります。

I am going to do my best to make it good columns.

------

さて、この題目は、編集担当さんに決めて頂いたのですが、私からもいろいろ提案させて頂きました。

However this subject was decided by an editors of this serialization, I also proposed several subjects.

この下を読んで頂くと、私が、何をたくらんで・・・、もとい、狙っているのかを、ぼんやり理解して頂けるかと思います。

If you read the following subjects, I think you could understand what I set up, what I am aiming.

<「数字」至上主義の観点から>

From the viewpoint of a supremacist of "number"

■それなら「数字」で世界を回そう――時事問題をエンジニアリングで解く

So, let's turn over the world by numbers --- resolve problems by engineering methods.

■結局、世界は「数字」でできている ――数字で見る世界観

After all, the world is made of "numbers" - view of the world from numbers

■それでも地球は「数字」で動く ――世界を支配する数字という力

The world still run on numbers - Numbers rule the world.

■それでも世界は「数字」で回る ――世界を支配する数字という力

(Same as above)

■結局、世界は「数字」で回る ――数字で読み解く時事問題

(Same as above)

■そして、最後に「数字」が動き出す ――数字で解釈する時事問題

(Same as above)

<「論争」に勝つ為の手段という観点から>

From the viewpoint of methods to win disputation.

■数字で語れば、あなたも勝てる

When you tell number, you could win.

■論破されて悔しい思いをしたあなたが最後に使う「数字」という名の最終兵器

Ultimate weapon whose name is "number". You regretted to be refuted.

■全てを失った私達に残された、最後の武器「数字」

Ultimate weapon whose name is "number”, when we lost all.

■「数字」という名の暴力装置の使い方

How to use the violence unit whose name is "number".

■「数字」という名の暴力的な解決手段の取扱マニュアル

(Same as above)

■だったら、最後は数字で決めよう

So, let's decide it by numbers.

■それなら、最後に数字でケリをつけましょう

(Same as above)

■それなら、それを計算しましょう

So, let's calculate it by numbers.

<そのうち『なんだかよくわからなくなった』という観点から>

From the viewpoint of unknown.

■結局、全ては数字で終わる。

Finally, it is number.

■エンジニアは数字の夢を見るか?

Do engineers dream number?

■必要なことはすべて数字が教えてくれた/る。

Numbers give us the entire world.

■もし、世の中が数字だけだったら

If the world is made by only number

■取り除き最後に残るものは「数字」

Number -- the last straw

■あなたが数字が嫌いでも、「数字が好き」と言うのがいい理由。

The reason why you said "I love number", even if you hate number.

------

では皆さん。本連載を、よろしくお願い致します。

I hope that you are looking forward to reading this series.


2015-06-05 私は、自分のコラム(日記ではないほう)を、数人の後輩に査読して貰っています。

私は、自分のコラム(日記ではないほう)を、数人の後輩に査読して貰っています。

I have several younger fellows review my columns (that is not a diary).

その査読員である後輩達(以下「査読後輩」という)の選定基準は、

The selection criteria of younger fellows who are a member of reviewer are the two followings.

―― 世間や私が想定できない方向から批評、批判できること

- to be able to criticize my columns from the view of both the world and I cannot assume before,

―― 私が暗黙的に想定していた事項を、言語レベルで表現できること

- to be able to express my implicit ideas as their language level,

の2点としております。

『そんなこと、私にだってできるぞ』という人もいるのかもしれませんが、意外にこの任に耐える人間は少ないのです。

Though Some people might say "It is a piece of cake for me", I think that few people have the capabilities of the above two matters.

-----

(1)言うまでもなく、私のコラムの長さの文章をラクラクと読み通せる程度の、読解力が必要です。

(1)Needless to say, they can read my columns even if they are too long.

これができなければ、何も始めることはできないからです。

They cannot start anything if they have the capabilities.

(2)また、論理的な思考に基づく、論理的な説明ができることが必要です。

(2)They should explain their ideas logically based on their logical thought.

定性的な説明では足りず、自分の持っているデータに基づく定量的な根拠を伴っていることが必要です。

The qualitative explanation is not enough, and it is necessary to be accompanied by the quantitative grounds based on data they have.

私のコラムは「数字」を扱うものだからです(まあ、研究員を称する人間であれば、これも当然です)。

My columns are based on "numbers".(This is natural if they are researchers)

(3)通常の社会的な常識を「知っている」ことが必要です。

It is necessary "to know" the normal social common sense.

私のコラムは一部の研究員に向けた論文ではなく、ノンセクションの多くの人に読んでもらうものだからです。

My columns are not the articles for some researchers but just columns for ordinal people.

(4)上記(3)に関わらず、通常の社会的な常識を「信じていない」ことが必要です。

(4)Regardless of (3) mentioned above, it is necessary "not to believe" normal social common sense.

「常識」に立脚した視点から、私のコラムの内容を超越する批判はできないからです。

From a viewpoint based on "common sense", it is impossible to criticize the contents of my columns.

(5)自己の批評を、自力で、第三者に説明可能な程度まで論理的に組み立てられることが必要です。

(5)It is necessary "to make up" their own review to the degree that they can explain to a third party by themselves logically.

「中二病」的な薄っぺらな批評批判であることでは全く足りず、その思考自体が、きちんと自己の中で論理的に閉じており、かつ第三者に説明可能な程度に完成させる程度のレベルにあることが必要です。

It is not enough of simple thin review criticism like "self-conscience stage of puberty".

The thought should be logically completed in their brain, and be made up to be able to explain it to a third party.

(6)上記(5)の批評が、十分に面白いものであることが必要です。

(6)It is necessary for a review of (5) mentioned above to be interesting enough.

どんなに論理的に閉じていようが、面白いストーリーとして組立できなければ、お話になりません。面白くない話は「売れない」からです。

Even if the story is logical, it doesn't mean that they can build up an interesting story. We cannot sell the story that is not interesting.

そして、この(1)~(6)までが揃った極めてレアな後輩達は ―― 最悪です。

And, these extremely rare younger fellows who kept in this from (1) to (6), are the worst.

(続く)

(To be continued)


2016-06-05 ―― 頭髪をスカーフで覆ったアラブ系のネーチャン

先日、電車の中で、

The other day, in my commute train,

I saw a girl, who

■ガムをクチャクチャと噛みながら、

had a chew of gum

■ラップ系の音楽を聞きながら(ヘッドホンなので推測ですが)

heard rap with headphone, (just my guess)

■凄い勢いで、スマホの液晶を叩いていた、

hit the display of her smart phone rapidly,

―― 頭髪をスカーフで覆ったアラブ系のネーチャン

covered her head with a scarf,

looked like an Arab.

を見ました。

-----

分っている。

I know.

間違っているのは私だ。

I am wrong.

だが『私のイスラム教徒に対するピュアな敬意』が崩れていくような気がするので、

However, I felt that my pure respect for Muslim religion comes to seem to to be broken,

可能であれば、イスラム教を信仰している若い女性の皆さんは、『私の幻想』を守る方向で日々を過して貰えると ―― 私は嬉しい。

if possible, women of Muslim live their daily life to keep "my one-way private imagination", I am going to be very happy.

-----

ま、これが「リベラリストを振る舞う江端の限界」です。

It means, that this is Ebata's limitation, even though Ebata acts as a liberalist.


2017-06-05 先日、我が家の監視システムが、庭に入った不審者を検知しました。

先日、我が家の監視システムが、庭に入った不審者を検知しました。

A few days ago, the Ebata's Home Security System detected "suspicious individual" and the system sent me a alert message.

その後、ちょっとした騒ぎになりました(私が、「騒ぎに『しました』」)。

After that, I got involved in trouble (I made the trouble).

■電話での嫁さんへの連絡、LINEを使った家族間の確認、家族の位置確認とか、慌しく動き、

- I sent the alert message to my wife by phone, and broadcasted it to all of my family by LINE. In addition, I confirmed the present location information of my family.

■警察、町内会に報告する資料(写真付き)などを、数分で作成し、

- I made the report of this trouble for policy and neighborhood association in a few minutes.

嫁さんからの連絡を待機していました。

I was waiting for the condition report from my wife.

-----

その後、電話で、嫁さんから連絡が入りました。

At that time, I got call from her, and she said to me

「ガスの検針員の人かもしれないので、警察と町内会への連絡は、ちょっと待って」

"Wait a minutes. the "suspicious individual" might have been a meter reader of gas company.

―― あ。

"Oh".

私は、その可能性を完全に失念していました。

I had forgotten the possibility at all.

今思うと「慌てていたんだな」と思います。

Now I think again, "I was upset at that time"

嫁さんから、『自宅の郵便受けに、検針結果の票が入っている』との連絡を受けて、ようやく安堵しました。

When my wife gave me a message "I can find the receipt in the post-box", I could feel greatly relieved.

その後、家族全員にLINEで、「安全宣言」を行い、本件、完了しました。

After that, I issued declaration of safety by LINE, and this trouble finished.

-----

However,

その後、嫁さんから、

later, she told me that

『不審者が、まだ自宅にいるかもしれない、と思ったら怖かった』というコメントを聞き、

I felt scary, thinking "if the person is in my house".

再び、自分の対応の迂闊(うかつ)さに、自己嫌悪しました。

Again, I was filled with self-loathing for my thoughtless thing.


2018-06-05 『江端さん! 本当にありがとうございます。江端さんがいなければ、"シュタインズ・ゲート"を知らずに、一生を終えてしまうところでした!! 』

読者の方から、時々メール(ファンレター)を頂きます。

Sometimes I got am email from the person who has read my columns.

なかなか、お返事できずに申し訳ありません。

However, I'm sorry I could not reply.

―― 折角ファンレターを貰ったなら、気の効いた(かっこいい)こと言いたい

"I'd like to write something cool for the letter"

と考えているうちに、1ヶ月経過してしまった、なんてことが多くて。

At many case, one month has passed while thinking that.

まあ、私は「見栄っ張り」なのです。

I am a typical "swankpot".

気分を害されるませんよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

I appreciate your kindness so as to understand my mind.

それはさておき。

Apart from that.

------

読者の方からは、時々、こんな感じのメールを頂きます。

The following is one of the content of letter.

『江端さん! 本当にありがとうございます。江端さんがいなければ、"シュタインズ・ゲート"を知らずに、一生を終えてしまうところでした!! 』

"Ebata-san! Thank you so much. Even if Ebata-san is not, I was about to finish my life without knowing "Steins Gate"! "

・・・うん、いいんですよ。

Well, it is O.K.

私も、全ての世代に向けて、"シュタインズ・ゲート"の素晴しさを発信する布教者として、このような言葉を頂くと、布教活動にも力が入るものというものです。

As a propagator who sends out the splendor of "Steins Gate" for all generations, I am able to be given powers for the propagator activities.

-----

ただ ―― ですね。

However,

"シュタインズ・ゲート"に加えて、少しだけでいいですから

In addition to "Steins Gate", even if it is just a little bit,

併わせて、"私の著作(作品)"も賞賛して頂けると、

if you also admire "my work" too ,

私は、週末研究員兼ライターの業務にも力が入ります。

I will also be working on the work as weekend researchers and writers.