0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2019-06-04 「勝てない相手とは、喧嘩はしない」のは、当たり前のことですが ―― [長年日記]

(一昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

もっとも、その方法を開示してしまえば、直ちに、その方法を仕込んだソフトウェアは、デリート(削除)されてしまい、別の方法が組込まれる可能性があります。

However, once the method has been disclosed, the software that has prepared the method may be deleted and another method may be installed.

各国政府としては、監視できるスパイ活動であれば、逆にそれを利用する方が得です。

As each government, if the spy activity can be monitored, it is better to use it conversely.

そういう観点では、具体的な方法を非公開とするのは当然です。

From that point of view, it is natural to make the specific method non-disclosure.

逆に、そのようなことを行う団体、または個人がいれば、圧力をかけてもやめさせたいだろう、と、思います。

On the contrary, I think that if there is an organization or an individual who does such a thing, any government wants to stop it even if I apply pressure.

というか、この問題、表向き「サイバースパイ」ですが、本質は、アメリカ合衆国政府が、中国政府にしかけた「戦争」です。

To begin with, this problem seem to be "cyber spy war", but the essence is the "war" that the United States government launched against the Chinese government.

この戦争、昔から、米国のお家芸です。

This war, from the old days, is a the US folk art.

ところで、皆さんは、

By the way, do you know the term of

『スーパー301条』

"Super 301"

という言葉を聞いたことがありますか?

-----

米国との輸出入の不均衡への「報復」として「日本への狙い打ち」を目的として作られた米国法です。

It is a US law that was created with the aim of "targeting Japan" as "retaliation" to the import / export imbalance with the United States.

米国通商法301条を強化するものとして、1988年に成立した法律(1988年時は時限立法だったが、1994年に復活)です。

The law was enacted in 1988 to strengthen Article 301 of the US Trade Code (in 1988, it was a time-limited law, but it was revived in 1994).

もちろん、我が国は、1945年の太平洋戦争による敗戦以来、米国から仕掛けられる戦争に対しては、どんな戦争であれ「戦わない」を国是としています。

Of course, our country has been defeated since the 1945 Pacific War. we made a national policy of "do not fight" against any war set up by the United States.

この時も、政府と民間が協調して、米国輸出の自主規制を実施し、米国との貿易戦争を回避しました。

At this time, the government and the private sector cooperated to implement self-regulation of US exports and avoid a trade war with the United States.

「勝てない相手とは、喧嘩はしない」のは、当たり前のことですが ――

It is a matter of course that "to hesitate with the opponent we can not win."

この時、米国は、国内の様々な「産業の芽」も潰していきました。

However, at this time, the United States also destroyed various "industrial innovation" in Japan.

私が覚えているだけでも、 宇宙開発事業(人工衛星)、スーパーコンピュータ、オペレーティングシステムなどまで、狙い打ちにされました。

As far as I know, development of space technology, super computer and computer operating system were listed as targets.

「米国に輸出できない」のであれば、「国内市場で稼げばいい」のようにも思えますが、この話(スーパー301条)にはもう一つの側面があります。

You might think "even if we cannot export the things to the US, we can buy the things in Japan", however, the activities of the law had another aspect.

「貿易不均衡解消」を理由とした、「米国製品の押し売り」です。

A high-pressured selling for American-made products that works as a remedy for trade imbalances

例えば、米国製の人工衛星やスパコンやOSを、日本国内で「押し売り」されれば、日本製の製品は、売れなくなります。

For example, if Japanese satellites, supercomputers and operating systems are "pushed" in Japan, Japanese products will not sell in Japan.

当然、企業は売れない製品への研究開発投資は行われなくなり、産業の芽が叩き潰される、という訳です。

Naturally, companies will not invest in R&D into products that can not sell, and the industrial innovation"will be crushed.

(続く)

(To be continued) <