2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2013-06-17 「児ポ法改正」に関する一考察(その2)

さて、「児ポ法改正」に関する続きです。

-----

まあ、当然ですが「単純所持」に関する非難ゴウゴウです。

特に、「児童裸体画像を電子メールで送りつければ、誰でも冤罪に導ける」

というものが多いです。

実際、私、警察が組織的に冤罪を「作った」という事実を知っています。

それが、びっくりするくらい簡単で、残念なくらい知性がないやり方なんですよ。

-----

知らない人から「これ持っていて」と言われて、持たされて呆然と立っていたところ、「窃盗の現行犯だ!」と言われて、その場で逮捕された「学生運動家」の人を知っています。

警察というのは、「治安の維持」が主たる目的でして、「法の下の正義の実現」は、その下位に属します。

「学生運動家」の検挙は、例え「正義」に反しても、警察の存在意義に照らして正当です。

私は、別にそのようなことでは、いまさら何とも思いません。警察は、国家権力を維持する為に存在する機関なのですから。

私だって、将来「国家権力に嵌められること」がないとは言い切れません。しかし、できることでしたら、もう少しインテリジェンス、スマートで、カッチョイイ陰謀で「嵌めて欲しい」と願っています。

そこんところ、是非よろしくお願いします。

閑話休題。

-----

ただ、それでも、私、この「単純所持の陰謀論」というのは、あまりしっくりこないんですよね。

だって、その理屈、「拳銃」やら「麻薬」やらを、その家に投げ込むことと同じことですよね。

勿論、無体物である写真ファイルと一緒には論じられないとは思いますが。

「そんな猥褻写真を私のパソコンに入れこんできたら、発信元を特定して、その1000倍のコンテンツで、相手のパソコンを破壊して、消去できなくしてから、警察に連絡してやる」という、その具体的な報復方法までが、イメージできるからです。

これは、たまたま私がネットワーク技術者であるから、だけかもしれませんが。

いずれにしても、その理屈(単純所持の陰謀論)は、私個人には、あまり説得力がないんですよ。

-----

私が感じているのは、凄まじいまでの「違和感」です。

拳銃や麻薬の単純所持が、即違法行為というのは納得できます。他人や自分を害する目的以外の使用方法がないからです(ここで米国の拳銃所持合法論については論じません。面倒だから)。

少女の猥褻写真の単純所持が、自慰(オナニー)目的であったとして、それが、拳銃や麻薬と同列に論じられるかぁ? と思うのですよ。

オナニーが他人や自分を害することが ―― 自分を害することはできるかもしれなし、公衆の面前でやられたら他人の嫌悪感を引き起こすこともできるかもしれないけど ―― それでも、やっぱり、この論理付けには無理があると思う。

この理屈を「違和感」のないところまで持っていく為には、もう1ステップ程必要なように思えるのです。こんな感じで。

(論理A)「麻薬」や「覚醒剤」は社会悪だ → なぜなら、このようなものを所持している者は常習者になるからだ → かかる常習者は犯罪を犯しやすくなるからだ。

この理論を、そのまま平行移動してみますと、こんな感じになります。

(論理B)「児童ポルノコンテンツ」は社会悪だ → なぜなら、このようなものを嗜好している者は「異常性愛者」になるからだ → かかる「異常性愛者」は「子供への性犯罪」を犯しやすくなるからだ。

このステップは、かなり無理があるのですが、それでも一応論理付けはできていると思います。

-----

問題は、その客観性です。

「児童ポルノコンテンツを嗜好」という概念が分かり難いので、その対立概念として「嫌悪」をいうものを導入すると、こうなります。

―― 「児童ポルノコンテンツを嫌悪」しないものは、全て児童性犯罪予備軍である。

こうなるとですね、私を含めて、殆ど100%の男性は、児童性犯罪予備軍と断定して良いです。

若々しく、美しい、女性の裸体であって、それが性的アピールを持つものを「嫌い」という男は、いわゆる男性の定義から外れる、と思えるからです。

-----

では、明日、この最終回として、私を完全に混迷の渦に巻き込んだ(ほとんど、これを言いたい為だけに、ここまで引っ張ってきた一文

「自己の性的好奇心を満たす目的で所持」

という、フレーズについて論じたいと思います。


2014-06-17 角砂糖13個を食べる子どもを止めない親も、立派に「子どもを虐待している」と言ってもよさそうです。

先日、社内の安全に関する会議に出席してきた時に教えて貰ったのですが、甘味系のペットボトルの飲み物には、角砂糖13個分の糖分が入っているそうです。

When I attended the meeting about the company safety, I was taught that 13 pieces of cube sugar are included in sweet drink in plastic bottles.

炭酸系飲料の糖分は、さらに凄いそうです。

A carbonated beverage seems to be included more.

-----

ある苦痛系の勝負に「醤油を何倍飲めるか」というものがあるそうです(やめて下さいね。本当に命に関わりますので)が、

For a painful game, I heard that foolish game "how many cups are you drinking soy sauce?”(Don't do it. It is really danger)

角砂糖13個を食べる子どもを止めない親も、立派に「子どもを虐待している」と言ってもよさそうです。

The parents, who don't stop their children to eat more than 13 pieces of cube sugar, seem to be having an abuse perfectly.

ですので、先日、娘達には、「角砂糖13個」の話をしておきました。

So I told my daughter about the 13 pieces of cube sugar.

ただ、これでもまだ足りないと思っています。

But I am afraid that it is not enough.

次の週末に、ファミリーレストランのドリンクバーで、

Next week end, we are going to go a family restaurant and order free drink menu,

「砂糖13個入れた紅茶と、炭酸飲料を並べて、どっちも飲んで(比べて)貰う」

I will hold an event that,

Lining up both a cup of tea with 13 pieces of cube sugar and a glass of carbonated drink, and ask them to drink two at the same time.

というイベントを開催予定です。


2015-06-17 「江端さん、これ、フツーの結果ですね。もっと『私たちを驚愕させる数字』というものを出せないんですか?」

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, a new column is released, so I take a day off.

"Let's turn the world by "Number" Diet (16) We cannot continue diet more than two month? Let's check it true or false.

-----

今回も「無礼な後輩たち」は顕在ですが、全員分を書くことができませんでした。

This time, the rude younger co-workers are actual existence. Unfortunately, I could not write all of their comments.

例えば、

For example, a younger co-worker who said,

「江端さん、これ、フツーの結果ですね。もっと『私たちを驚愕させる数字』というものを出せないんですか?」

"Ebata-san. I am afraid that this result is not special. Could you find the number that I am floored out more?"

と言った後輩も、 ―― 実在します。

existed.

そんな凄い計算結果が、ポコポコ出てくる訳がないだろう!

Do you really think that it is possible to find the number easier?

-----

ところで、アンケートにお申し込み頂いた皆様。メールをありがとうございます。

By the way, I would like to say that I thank you very much for sending your mail to me.

江端のドラフト版原稿にご感想を頂いた方、「アンケート内容」の草案を送って頂いた方、その他の応援メールを送って頂いた皆様。

Some persons gave me their impression of my draft version, a blueprint of questionnaire, and support mail.

お返事できなくて申し訳ありません。

I am very sorry that I could not reply your mail soon.

頂いたメールは、すみからすみまで拝読した上で、コラムの「ネタ帳」ホルダに納めさせて頂いております。

However, I enjoy reading your mail from the top to the bottom, and I saved your mail to "notebook" holder.

-----

もし、皆様のご意見が、私のコラムに反映されていた場合は、

If my columns include your stuff in the future, please say

―― あのネタ、俺/あたしが、江端にくれてやったネタなんだ

"That stuff is originally mine, and I gave them to Ebata."

―― まったく、江端ときたら、ネタ切れ程度で泣き入れやがって、昔から困った奴だよ

"At all as for Ebata, he became to cry for running out ideas of column. I can do nothing with him from way back."

と、皆さんのお友達に吹聴して回ってください。

and please advertise the above to your friends.


2016-06-17 「私の2倍も3倍も汗を欠いて、数字で反論して貰う必要がある」

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

さて、ここから宣伝になるのですが、

Finally I am going to advertise my activity.

Now I am in charge of the serialization whose title is "Let the world with numbers".

私が、数字を使って、汗をかいています。

I am making an effort with using number(programming, statistic, and calculation)

本当に大汗をかいています。

I believe that I really make great effort.

だから、私の議論に反論する人は、

I expect a person who want to argue against my logic of my column, to

「私の2倍も3倍も汗を欠いて、数字で反論して貰う必要がある」

"make more than two or three times efforts than what I do"

と考えています。

-----

もっとも、これが「凄く不公平な話だ」ということは理解しています。

I also understand that this story is really unfair.

なぜなら、私は毎日のようにプログラムや数値と戯れることを生業(なりわい)とする数理研究員です。

Because I am a mathematical research engineer that use a lot of number or program everyday.

ですから、そうでない人が、私と同じ土俵で闘うことを強要するのは、―― はっきり言って「暴力」である ―― とも思えます。

If you are not a engineer, it might be a kind of "violence" to ask you to behave like me.

そもそも、私のコラムに対して「立証責任」が必要な訳もありません。

To begin with, nobody has a responsibility of "burden of proof" against my columns.

ですから、好きなようにコメントや批判、非難をして頂いて良いと思います(当たり前だ)。

I think that there is no problem to blame or complain about my columns (it is natural).

-----

ただ、江端を心底青冷めさせる為に、最も効果的な方法は、

However, if you want to annoy Ebata at the bottom of Ebata's heart,

the best way is to

「数字を伴って反論する」、

"argue against my columns using numbers"

ということに、違いはありません。

absolutely.


2017-06-17 (その2)「既存の作品(アニメ化)等の世界観が毀損される」という批判は失当である

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

==========================================================

(その2)「既存の作品(アニメ化)等の世界観が毀損される」という批判は失当である

==========================================================

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(Part 2) Criticism that "the view of the world such as an existing work (animation) is destroyed" is forfeiture

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

例えば、あるアニメを実写化することによって、そのアニメが廃盤になるとか、二度と視聴できなくなる、というのであれば、この批判は正当かもしれません。

This criticism may be justifiable if that animation will be out of print or never be able to be watched again, by making an animation live-viewing,

しかし、無体財産は、増えることがあっても、減ることはありません。

However, intangible assets will not decrease, but increase.

そのアニメが消える訳でもないのに、「その(アニメの)世界観が毀損される」というのは、「いいがかり」にも程があります。

The animation will not disappear, so it must be an unreasonable claim of That (world of anime) is harmed"

私には、分っています。

I know well that,

このような「いいがかり」をする人は、

the person who says such an unreasonable claim,

「私は、私が理解した形以外の世界観で、このコンテンツが世界に広まることに、我慢ができないのだ」――

"cannot put up with the spread of this content to the world in a world view other than what they understood" -

ということを。

そして、そのような人たちの振舞いは、逆説的に、

And the behavior of such people, paradoxically, is appealing to the world.

『私は、1つのコンテンツ作品から派生する多様な世界観を認めない、狭量な人間です』

"I am a small-minded person, who cannot recognize a diverse view of the world derived from one content work",

と、世間にアピールしているのです。

もっと過激に言ってしまえば、

To be more extreme,

『私は、アッラーの神を信じない人間や、イスラム教徒であっても、イスラムの教えを厳格に守らないものは、殺してもいいと思ってます』

"I think that I can kill a human being who does not believe in the God of Allah, or even Muslims, who do not strictly adhere to Islamic teachings"

と考える、あのイスラム原理主義のテロリストたちと、その「根っこ」が同じであることを、カミングアウトしている訳です。

I think that they are coming out that that "root" is the same with that Islamic fundamentalist terrorists.

(ちなみに、私は、このような人間を「コンテンツ原理主義者」と称呼しています)

(I usually call these people "contents fundamentalist".)

(続く)

(To be continued)